ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ニート

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

ニートでも自信を得るには

ニートという、就業も就学もしていない人が日本に70万人以上いるらしい。
しかも、この数は急速に増大中で、若者だけでなく、高い年齢にも多くなってきつつあるようだ。

ニートの中には、就業意欲のない者もいるだろうが、そうではなく、働きたい(あるいは収入を得たい)けど働けないという者も沢山いる。
なぜ働けないのかというと、根本的には、自信がなく、他人に対し気後れし、社会や人が怖いのではないかと思う。
そして、これは、ニートだけの問題ではない。
働いてはいるが、やりがいのない仕事、向いてない仕事・・・有体に言えば、嫌な仕事を無理にしている人は大変に多いと思うが、そんな人達が自分に向いた仕事に就けないのは、やはり、自信がなく、そのために、冒険する勇気が出ないのだ。

では、自信を付け、冒険に挑める勇気は、どうやれば得られるだろう。
まあ、確かに、弱気な自分に打ち勝ち、冒険してみる・・・というのが、一番手っ取り早く、また、効果も大きいのであろうが、それを無理強い出来ない状況もあるだろうし、実際のところ、勇気を振り絞って失敗して弱気になると回復が難しいかもしれない。

しかし、何を隠そう、私もかつてニートだったが、割と颯爽(さっそう)と就業した。
そして、向いてない仕事を何年もやったが、希望通り、プログラマーやシステムエンジニアになり、その他、いろいろ面白いこともしている。
そうなるためには、どうすれば良いかというと、自信を持つことであり、根本的な自信とは、自分を信じることだ。
しかし、人間は、直接、自分を信じることは難しい。
どういうことかというと、自分の自我を信用出来るはずがないからだ。
自我なんてものは、臆病で、自分勝手で、スケベで(笑)・・・まあ、ロクなものではない。
だから、自分に中に、無限の知恵と力が潜んでいることを知れば良いのである。それは、実際に、確実に在るのだから。
私の場合、アメリカの啓蒙家であるジョセフ・マーフィーの本を読み、人間の潜在意識の中には無限の知恵と力があって万能であることを知ったのである。
マーフィーは牧師であるから、キリスト教的に語ることも多いが、別に、宗教が必要ではないし、逆に、どんな宗教を持っていても差し支えないと、マーフィーも断言している。
潜在意識の法則には、宗教は、直接的には関係がない。
ただ、本物の宗教の教えは、むしろ科学的で、潜在意識の法則をうまく説明出来る場合も多い。
マーフィーも、宗教的に語ることと科学的に語ることを使い分け、科学的に語る場合には、無限の力を潜在意識と言い、本によっては、宇宙の活力(コズミック・エナージャイザー)と呼んでいる。
ただ、科学的に言っていても、こういうことを、胡散臭いと言う人は多いし、実を言うと、私も少しそうであった(笑)。
だが、最近の私は、シミュレーション仮説や、量子力学を理解するにつれ、マーフィーの潜在意識の法則が、実に自然であると思うようになった。
必ずしも、シミュレーション仮説や量子力学が必要な訳ではないが、他のやり方でも、潜在意識の法則を理解する工夫をすることは良いことである。
尚、むしろ、私がシミュレーション仮説を理解したのは、『涼宮ハルヒの憂鬱』『ソードアート・オンライン』『アクセル・ワールド』『サクラダリセット』『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』といった、小説やアニメである。
量子力学も、難しい数式を使える人が必ずしもよく理解しているとは限らない。
むしろ、本質が理解出来ないので数式に逃げていると正直に言う物理学修士もいた。
量子力学の第一人者が、量子力学は言葉で語らないと本物ではないと言うのも、それと同じ理由だろう。
そんな学者は、むしろ、量子力学は簡単で、ニュートン力学より簡単であると言う。
だが、優秀と言われる学生や学者の多くが、難しくて解らないのであるから面白い。

尚、ジョセフ・マーフィーの法則は、本で読むのも良いが、耳で聴いた方が分かり易い面もあると思う。













当ブログ著者、KayのAI書。
Excelが使えるスキルがあればOKで、数学、プログラミング、AI理論は特に必要ありません。
小難しかったり、退屈なテーマを避け、まず、足し算をAIに教えることで、AIツール(ソニーNNC)の使い方をマスターし、その後、モンティ・ホール問題などの面白いテーマにAIを適用することによって、自分で実用AIを作るために必要なセンスを身に付けます。
本書のほぼ全ての実習が出来るデータを作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ます。

愚者の希望

人は誰でも、幸せになりたい、豊かになりたい、嬉しいこと楽しいことと、いつも共にありたいと思っているだろう。
そのために、みんなそれなりに頑張っているのだが、特に努力が大きい訳でもなく、賢くもないどころか、とんでもない馬鹿なのに、かなりうまくいくやつもいれば、全く駄目なまるで駄目男、まるで駄目子もいる。
いったい、その差は何なのだろう?
さっきも言ったが、うまくいく者の中には、本当に呆れるほどの馬鹿(思い出したくないので具体的に描写しないが)も少なくないのである。

そこで、植島啓司さんの『運は実力を超える』という本を思いだす。
しかし、植島さんは超実力者だ。東大出て、留学して、日本やアメリカの大学で教えて、テレビでも人気が出て、本は売れまくっている。
まあ、彼と同等以上の能力がある者でも、さっぱりな者は多いはずだから、あながち間違いではないにしろ、凡人の全く駄目なやつでも運でうまくいくものだろうか?
ドワンゴ創業者でカドカワ社長の川上量生さんも、時々、自分が運だけで成功したようなことを言うが、受験勉強せずに京大工学部に入ってきっちり卒業し、その後も奮闘努力したはずである。どう考えても大したやつだ。

しかし、ここに、本当に凡人の駄目なやつがいる。
大学は入ったが(大した大学ではない)、全く通学せず1日中寝て暮らしのニートの中のニートが。
暇なので、親のいない昼間には、宗教の勧誘が来たら家に上げて話を聞くほどだった。まあ、そんな私も勧誘出来ない宗教の魅力のなさは考えものだが・・・
スタート時点では、私とまるで駄目男君(私の職場にいる30歳過ぎの人生の落伍者。派遣の雑用係)で差はない。
彼と私の差は、ジョセフ・マーフィーの本を読んでいたかどうかだけだ。
ただ、私も、マーフィーの本に書いてある、ややこしい手順や長いお祈りはさっぱり駄目だが、本の中で紹介されていた「言葉法」という簡単なやり方が好きだった。
それは、「富」「成功」「歓喜」といった、良い言葉をただ唱えるというものだ。
これは、斎藤一人さんの「千回の法則」と本質的に同じと言って差し支えないと思う。
斎藤一人さんは、「幸せだなあ」「有り難いなあ」といった言葉を、心なんか込めなくていいから、とにかく口に出すよう(駄目なやつに)教えてやって欲しいと本に書かれていたと思う。
うん、本当に、まるで駄目男君に教えてやりたいが、多分、いや、絶対、彼は、こんな簡単なことすら続けないのだ。彼の願いは、誰かが自分の面倒を見てくれることだけだ。
つまり、自立心ゼロで依存性百なのだ。
だが、あなたはそうではない。
もう何やっても駄目なら、波動の高い言葉を、ひたすら、ただ声に出すことだ。
「幸せだなあ」と言えば、脳は、その言葉と整合性を取ろうとし、潜在意識に通信を送って、潜在意識の中の巨大な力によって、つじつまを合わさせる・・・つまり、幸せな状況を作ってしまうのである。
それについては、天才発明家で仏教研究家の中山正和さんも、脳のメカニズムとして解説していたように思う。
「幸運だなあ」、斎藤一人さん風には「ツイてる」と言えば、運も味方するのかもしれない。
そんな訳で、実験報告、お待ちしている。
私に関しては、千回続いた言葉については、百パーセントだと思う。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

結局、イエスの1つの教えに帰る

Amazonで成功するための本を1冊選択すると、類書を山ほど紹介される。
書店の自己啓発コーナーに行けば、もう壮観というほど、沢山の成功のための本がある。
いろんな人が、次々に本を出すし、斎藤一人さんのように、一人で際限なくそんな成功本を出す人もいるから、こんな馬鹿みたいなことになるのだろう。
もうはっきり言える。
こんなもん読んでちゃ駄目だ!
そりゃ、どの本にもいいことは書いてあるが、読むことの弊害の方がずっと大きい。
それに、読むまでもない。
知っておくべきは1つ。
イエスが言った、「求めよ、そうすれば与えられる」だけだ。
真面目に、熱心に求めれば、どんな願いでも叶う。
願う必要もない。想い続ければ「出現する」のである。
私が子供の時、ローラ・インガルス・ワイルダーの『大きな森の小さな家』という本で、ローラ達の父親のチャールズがローラ達に、自分が夜の森の中に居ると、「誰だ?」「誰だ?」という沢山の声を聴いて、恐くて逃げ出した話をするのを読んだ。
要は、フクロウが「フー」と鳴くのが、英語のWho(誰だ?)に聴こえるのだが、私はそれが印象的で、その場面をずっと想像していた。
すると、次の日曜の昼、テレビを見ていたら、海外ドキュメンタリーで、西洋のおじいさんが、夜の森の中で、
「フー、フー、フーアーユー(Who? Who? Who are You?)」
と鳴くフクロウの話をした。
こんな偶然を、私は山ほど上げられるが、子供の時は、世界はそんなものだと思っていて、世界のことを気に入っていたが、なんで学校は嫌なことが多いのだろうと疑問を持っていた。
しかし、学校も嫌なりに面白い遊び場所だった。ただ、教師の意地悪さにうんざりしていたのだ。
まあ、親に権威者だと教え込まれた教師が、実は大したものでも強いものでもないということを見抜けばゲームは終わっていたのだが、それが難しかったのだ。
そう教えた親自体が、実に弱いということが分かったのは、随分後のことだった。

松下幸之助さんに誰かが、会社が蓄えを持つにはどうすれば良いか尋ねると、松下さんは「蓄えが欲しいと願うこと」と答えたそうだが、こんな馬鹿みたいに簡単なことが真理なのだ。
その答を大抵の人は笑ったが、稲盛和夫さんだけは笑わなかったので成功したのだ。

ただ、今の日本では、子供の時から欲しいものが何でも手に入るので、過剰に刺激的なものばかり求めるという不幸はあると思う。
親に経済的余裕があって、ひきこもりのニートを続けることが出来ても、それでは、自分の力で得る楽しさや、自分の力を知る喜びが得られないのだから、これほど不幸なことはない。
親の援助が一生続く訳ではないし、50歳や60歳で1人放り出されたら・・・もちろん、50歳でも60歳でも70歳でも、願いを叶えるパワーは自分の中にあるのだが、心が腐ってしまったら、その力を使おうとはしないのである。
だから、若い時から「気高く求める」ことをするべきなのだ。
「卑しく盗ろうと」してはならない。
意気揚々と、ロマンに満ちながら求めてこそ、得た時の喜びが大きいのである。
あえて余計なことを言えば、世界は自分のためにあるのだから、王のようでなければならないはずだ。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

全ては決断次第

昨日は、いくつの決断をしただろうか?
もし、決断を全く、あるいは、ほとんどしなかったというなら、問題を先延ばしにしただけかもしれない。
人間の仕事とは、決断することだけなのだ。
それを放棄すれば、人間でなくなる。

たとえば、ニートから脱出する唯一の方法は、ニートをやめると決断することだ。
そうすれば、昼まで寝たり、嫌な人に会わずに済むとか、自分を好きでもない人に従う・・・といったことを捨て、ムカつく、傷付くことに黙って耐えることを受け入れる必要がある。
それらをちゃんとする責任を負う。
それが決断するってことだ。

マイク・ハーナッキーは、成功の秘訣は、「必要なことを全て進んで行う心構えを持つ」なんて、馬鹿みたいにややこしいことを言ったが、それを一言で「決断」と言うのだ。
決断すれば成功する。

『BEATLESS』で、17歳の男子高校生アラトは、美しきアンドロイドのレイシアに、何度も決断を求められる。
「ご決断を。オーナー」
「賢明なご決断を」
「その命令は曖昧で、責任の所在が不明確です」
時には、悪人とはいえ、人一人殺す決断も迫られる。
そして、結果の責任は決断した者が取るものだ。
レイシアは、責任を取らなければならないことを、アラトにきちんと明言する。
だから、アラトは決断の度に、悩み迷うこともあるが、それがアラトを成長させる。
なんと素晴らしい作品であろうか。
人生で必要なものは全て、この小説で学べるのだ。

好きな人を恋人や妻(あるいは夫)にしたければ、告白を決断しなければならない。
告白しなければ、どうにもならない。
そして、告白しないと決断したら、その相手は捨てることだ。
岡本太郎は、「片想いも愛」などと書いているが、彼ともあろうものが世間に迎合したのだろう。
少なくとも、「俺とつきあえ」と言う決断は必要だ。
相手がどんな反応をしても、その責任は取らなければならないし、つきあった結果、「別れる」という決断が必要なこともあるだろう。
いずれにしても、必要な時に決断をするのが人間だ。

決断をする度に、魂は大きくなる。
足立育朗さんの『波動の法則』によれば、決心すれば魂とも言うべき原子核の集合体の振動数が上がり、決心に従って行動すれば、原子核の数が増える。
それが、力がつく原理であり、願いを叶える秘訣である。
まずは決断だ。
決断すれば、行動せざるを得なくなる。
そして、決断すれば、何をすれば良いのかが分かるようになる。

たとえば、サッカー選手になりたいとする。
だけど、そんな人でも、ほとんど、「サッカー選手になる」という決断をせず、単に、「なれたらいいなあ」と思っているだけなのだ。
だが、「サッカー選手になる」と決断すれば、自分がサッカー選手の器でないことが分かってくる。
しかし、決断しなければ、いつまでも、「なれればいいなあ」と思い続け、他の大切なことをせずに人生を無駄にしてしまう。
また、本当にサッカー選手になれる素質があるのに、決断しなかったばかりに、選手になりそこねた人もいると思う。

私は、強く美しくなると決断し、朝晩のトレーニングを始め、5年以上、1年365日欠かさずやっている。
この程度のことでも、それなりに魂が大きくなり、輝きを増している(原子核の集合体が多くなり、振動数が増している)。
そうすると、もっと大きな決断も出来るようになるし、しなければならない。

変な話だが、ロリコンの男が近所で非常に可愛い、まさに好みのタイプの女子小学生を見つけてしまったとする。
彼女を自分のものにすると決断するなら、その責任を取ることになる。
それは悪魔に魂を売るという決断であり、この世でもあの世でも地獄に住むという決断だ。
しかし、彼女をすっぱり諦める決断をすれば、悪魔と手を切る決断をしたのであり、人生が開けるだろう。
そう考えると、ロリコンもあながち悪くはない。
地獄に住みたい馬鹿はいないだろうし、ロリコン程度が地獄に住んだら、下っ端の悪霊の奴隷がいいところなのである。
そして、地獄で、「この下っ端の悪霊共のボスになる」なんて決断をしても、その決断が全て公開されてしまうので、それらのチンケな悪霊共にいびり抜かれることになる。
後悔せぬうちに、賢明な決断をすることだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

唯一のひきこもり対策

ひきこもり、ニートは、かつて青少年問題だったが、今は、中高年問題になりつつある。
そりゃそうで、20年や30年なんて、あっという間であり、かつてひきこもりだった青少年も、すぐに、中高年になる。
そして、若い時にひきこもりやニートになると、ほとんどがそのままなのだと思う。
今朝の朝日新聞にも、40代のひきこもりの息子を80代の親が養っていたり、80代の女性が死に、孤独死かと思われたら、ゴミ屋敷になった家の奥に60代の息子が生活していたという話が載っていた。

私も、そうなる可能性は十分あったのだと思う。
なぜ、私がそうならなかったのかと言うと、2つの面から見なければならない。
1つは、異常なほど運が良かったこと。これは、4次元的要因と思える。
それなら、3次元的(つまり、現実的)要因はというと、プログラミングが出来るようになったことだ。
だから、ひきこもりの人が、このブログを見てプログラミングをマスターして豊かになったなら、その人には4次元的な作用、つまり、運があることになる。

はっきり言って、プログラマー、システムエンジニア(私はどちらも同じと思っている)の仕事は面白いものではない。嫌なところの方が多いかもしれない。
しかし、振り返ると、それでも、他の仕事と比べると、断然マシとは言えると思うのだ。

突出したプログラマーになるような人なら、私のブログなど見る必要もなく、自然にプログラミングを始めていることだろう。
私自身が、天性のプログラマーではない。
だが、上級であるとは言えると思う。そして、そうなれたのも、やはり運が良過ぎたのだ。

ところで、聞かれて困るのが、「どのプログラミング言語を勉強すれば良いですか?」だ。
主要なプログラミング言語だけで軽く3桁、一流のWebのサービスサイトだって、FacebookもTwitterもAmazonも、はてなも、LINEも、YouTubeもニコニコ動画も、ほとんど全て違う言語で作られているが、それぞれのサイトの製作者に聞けば、その言語を選んだ正当性、論理性、合理性・・・つまるところ、自分の賢さを熱く主張するだろうが、まあ、真に受けない方が良い。それは単なる、趣味や偏見でしかない・・・と言ったら言い過ぎであるが、違う言語で作ったって、そんなに変わらなかったはずだ。
何と言っても、スマートフォン用となると、どれも(ほとんど)同じ言語で作るしかないのに、やっぱりどれも同じくらい良いじゃないか?

ところで、「PHPなら仕事が沢山あるから、PHPなら間違いない」と言う人は多いが、それもどんなものかと思う。
PHPを使うなら、HTMLやCSSを十分使いこなせることが必要で、現実的には、JavaScriptも、少なくとも、本片手にプログラミング出来るようでないといけない。
また、PHPというのは、データベースシステムを使ってこそ意味があるので、MySQL、PostgreSQL(やや少ないが)、SQL Server、あるいは、Oracleなどが使えないといけないが、それぞれが、バージョンが違えば別物と言うほど異なる場合もある。
また、サーバーOSやWeb OSもある程度(いや、かなり)扱えないと、高給取りにはなれない。
つまり、豊かになれるハードルが高過ぎる。

それで私は、本物のプログラマを自称するほどの人からは、多分、ディスられる(馬鹿にされる)だろうが、ExcelやAccessと一緒に使うVBA(ビジュアル・ベーシック・フォー・アプリケーション)を一貫して勧めている。
もちろん、上に述べた、天性のプログラマーに対しては、何も言うことはない。
だが、特に自分は技術系ではないとか、極まった技術者になる自信がない、あるいは、やや年齢も高いという場合には、「悪い事は言わねえ。VBAやりなさい」と言いたい。
1つには、技術馬鹿にならずに済むということもある。
それに、たとえVBAでも、高度にマスターすれば、他の言語は難しくはない。

別に、ひきこもり対策と言うのではなく、社会で楽にやっていくためには、自分の武器が必要であるという事実、いや、真実を、もっと皆、頭に叩き込むべきなのだ。
学歴は、相変わらず強味ではあるが、昔に比べ、かなり無効になってきた。そして、これからは、ますます役に立たなくなり、後少しで、何の意味もないというほどになる。
かといって、誰でもすぐにマスター出来るようなことなど、ちっとも武器にならない。
そして、唯一のひきこもり対策は、単純に「強くなること」で、そのためには、武器を持つしかなく、社会でやっていく武器は鍛えて作るしかない。
「自分がやりたい仕事をする」というのは、「自分が身に付けたい武器を鍛える」ということと同じことなのだ。
それは、学校の勉強と違い、深海に潜るカプセルを作る時のように、本気でやらないといけないのである。
学校の勉強が、深海に潜るシミュレーションであるのに比べ、社会で働くとは、本当に深海に潜ることなのであるから。
シミュレーションでは、想定外のことは起こらない。
しかし、現実社会で働くと、思いもかけなかったことが次々にやってくる。
それに対処出来るのは、本物の武器を持つ者だけである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード