ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

ニサルガダッタ・マハラジ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

ご苦労様、シンドかったね

悟りを開く、解脱する、真我を実現する、真の自己になる、神と一致する、ONEになる、ALLになる、イっちゃってる、宇宙になる、キリストになる、ブッダになる・・・いろんな言い方があるが、どれが一番自然かというと、どれも不自然なのだろう(笑)。
不自然なのだが、人間は言葉でコミュニケーションするしかないので、仕方なく、どれかを選ぶのだろう。
後は、好みの問題だ。
本当にそれに達した人は、あまり言わないが、イメージしたことが、そのまま即座に現実になる。
大抵の場合は、病気などの不調は消え、近視や遠視、乱視も治ってしまう。
しかし、望みを叶えたいとか、病気を治したいという執着が、それに達することを妨げることが多いから面倒だ。

それで、どうすれば良いのかというと、誰か、それを実現する方法を簡単に教えてくれれば良い。
そんなことを言ったら、そんな簡単なものじゃないよバーカと言う人と、あまりに簡単なので、誰も真面目にやらないという人などがいると思う。
で、本当のところはというと、やっぱり簡単なのだ。
問題は、ただ、本気にならないことだけなのだろう。
なぜって、世の中には楽しいことが沢山あるし、なんと言っても、誰もが優越感が大好きだからだ。
それに達する唯一の障害が何かというと、優越性への執着だろう。
しかし、そんなもの・・・つまり、エゴを直接滅ぼすことは出来ない。
そこで、なんとか本気になって、その簡単な方法を実行したいものである。
そして、ほとんどの場合、本気になる人というのは、よほど辛い目に遭ったりして、人生に絶望したり、社会の中で、甘えではなく本当に「もーやだ」って思っている人なのだ。
ただ、そうなるのは、ほとんどが老人になってからだ。
大半の老人は、人生に絶望する。
そこで、本気になって悟りを開けば、スーパーじいちゃん、スーパーばあちゃんになれるのである。
でも、どうせなら若いうちにとも思うのだが、やっぱり、あんなことやあんなことは楽しいのである(笑)。

で、その簡単な方法だが、『アイ・アム・ザット』という本に、こんなことが書かれている。
ニサルガダッタ・マハラジの教えだ。
それは、「常に存在の感覚にしがみつけ」だ。
正直に言って、もっとマシな言い方はないのかと文句を言いたい。
とはいえ、インドの方言から英語、そこから日本語に訳したのだから、その本当の意味が理解出来るのでない限り、そう書くしかないのだろう。
むしろ、訳者の誤解した言葉を書いて人々を混乱させないだけ、直訳風に書くのは、実際は善良なのである。
聖者の本というのは、そんなものが多く、読んでも、何となくいい・・・くらいにしか感じることが出来ない。
じゃあ、正しくは何と言うのだいと言うなら、それは神様に教えてもらうことだ。
だから、素直に、「私は存在する」と言葉で思いなさい。
マハラジも、それが最高のマントラ(真言)だと言ったらしい。
そもそも、「私は存在する」は、自我の知りえる最高の真理である。
ならば、それだけでも魔法のような力がある。

そんな訳で、悟りを開くことだ。
ご苦労様、シンドかったね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

キーワードは「忘れるな」

念仏を称えれば、この世の問題は全て解決する。
あえて努力をしたり、善である必要もない。
ただ、念仏を称えると、自然に、好きなことに熱中するだろうし、親切になったりする。

ところが、問題がある。
法然、親鸞の時代に、一般の人々に使われた、「なぜ念仏か?」のストーリー・・・すなわち、超大昔、法蔵という名の人間が、超長年月修行して仏になり、超遠いところに西方極楽浄土を作る際、仏になった法蔵、即ち、阿弥陀如来は、「南無阿弥陀仏」を称えた者なら誰でも、死後、極楽浄土に迎え入れると約束した・・・が、今の時代に通用するはずがないことだ。

人間てのは、ストーリーを持つということが物凄く大切なのである。
ただし、あくまで、本人が信じることが出来る、いわば、「ノレる物語」でなければならない。
このあたりの真理は、初音ミクさんの英語の歌『Story Rider』に、見事に表現されている。

宗教にはイメージングが必要で、芸術がそれを支えてきた。
いや、そもそも、芸術とは、宗教のイメージ構築のために発達したと言える。
浄土系仏教も、阿弥陀如来像の彫刻や絵画、西方極楽浄土の絵などが、人々にイメージを与え、情感を起こさせたのだが、今、仏像や仏画を見て、それが現実だと思える人は、おそらく、宗教関係者でもいない。
ところが、大学で仏教を学んだような人は、難しい理屈でもって、古い宗教の物語を自分や現代に持ち込もうとするから、人々にそっぽを向かれ、自分の頭もおかしくなってしまうのである。
それに、面白いことがいっぱいある今の時代、死後に極楽浄土に行くことに興味のある人間なんていない。
あくまで、この世で、健康で金持ちになって贅沢し、好みのタイプの異性(今の時代、同性もありかもしれないが)にモテることが大切である。

聖書に描かれていることは例え話であることは、エマニュエル・スウェーデンボルグらも語っていたし、近代では、ニューソートといって、聖書を現代的に新しく解釈し、実用的に捉えることが行われ、ジョセフ・マーフィーは、その中の人気ある1人だった。
そして、マーフィーの教えなら、現代人にだって受け入れ易いのであるが、これも難点があって、念仏ほどには易しくないから、なかなか効果が出ないのである。

本来、念仏の威力は凄まじく、それは法然や親鸞も、もちろん知っていた。
だから、新しい自分に合うストーリーを念仏の背後におけば、もう人生、勝ったも同然で、この世は極楽である。
だが、そのヒントは、意外なことに、『観無量寿経』の最後の最後あたりに、ぽつりと出てくる。
それは、「仏の名を覚えていろ」である。
「覚えていろ」「忘れるな」
これがキーワードである。

覚えていてね わたしの声を
あなたがくれた この身すべてを
~『ヒビカセ』(作詞:れをる、作・編曲:ギガP、歌唱:初音ミク)~
【初音ミク】 ヒビカセ 【オリジナル】 ※歌唱:初音ミク- YouTube -
[MV] REOL - ヒビカセ / Hibikase ※歌唱:れをる - YouTube -

れおるさんは、一種、神懸った精神状態で、この詩を書いたに違いない。
インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジも言ったのである。
「私は何の修行もしなかった。ただ、師が言った言葉『あなたは至高の実在である』を覚えていただけだ」
何でも良いが、自分にとって大切な真理を1つ覚えていて忘れなければ良いのである。
繰り返し言えば、キーワードは「忘れるな」「覚えていろ」である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

変化は静かに起こっている

スーフィー(イスラム教神秘派)の格言、
「神を信用しろ。だが、駱駝(らくだ)はつないでおけ」
という言葉に、私は、現実的でありながら深い英知を感じるが、これが本当はどんな意味なのかは私は知らない。
普通に考えれば、イエスが言った通り、神は親以上に我々一人一人を気遣っておられるのだから、何も心配する必要はない。
しかし、だからといって、驢馬をつなぎもせずに、「神様が見ていて下さるだろう」と思ってはならない。
自分でつないでおけば済むようなことまで、神を頼ってはいけない。
つまり、人間は怠惰であってはならない。
私は、そんな単純な意味に捉えている。
そして、世の中には、驢馬をつながない人だらけであることが分かる。
しかも、彼等は神を信用していないのだ。

人によって、驢馬をつなぐという意味は異なる。
ある人にとっては、仕事を一生懸命にやることだろう。そうすれば、豊かな生活は神様が保証して下さる。
ある人にとっては、トイレのスリッパをきちんと揃えて出ることだ。そうすれば、神様は平穏な暮らしを下さるだろう。
作家の村上春樹さんにとっては、作家になる前の若い頃、原稿用紙1日10枚をノルマに文章を書いたことかもしれない。それで、神様は人気作家にして下さった。
あるエッセイストは、会社をやめ、相談業(カウンセラーのようなものか)の看板を上げたが、客は全く来なかった。しかし、毎日、原稿用紙1枚をノルマに何か書いていたら、村上さんのような大作家とはいかないが、本を20~30冊以上は出す人気エッセイストになった。

つまり、志あって自分で義務、あるいは、掟として定めたことであれば何でも良いのであると思う。

ヴァーノン・ハワードは、自分の心を冷徹な科学者のように観察しろと言った。それでどうなるかは言わなかったが、これは、今話題のマインドフルネスと同じであり、効果は、まず、感情の支配、自信、直観力の獲得だが、これらが得られれば全て得られる。
マインドフルネスに関しては、元Googleのチャディー・メン・タンの本が分かり易い。
ちなみに、日本マインドフルネス学会によるマインドフルネスの定義は、
「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、 評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」
であるが、熟慮された優れた定義と思う。
◆JAM 日本マインドフルネス学会 公式サイト

ニサルガダッタ・マハラジは、常に存在の感覚にしがみつけと言ったらしい。
だが、インドの聖者の言葉というのは、インドの方言から英語、英語から日本語に訳したものであり、なかなか掴みどころがないかもしれない。
しかし、「私は存在する」という感覚を意識するというのは分かると思う。
それは、身体については、感覚を意識することだし、心においては、意識に気付くことである。
もし、それが出来るなら、最上のマインドフルネスであると思う。

ラマナ・マハルシは、常に自分に「私」と呼びかけろと教えたことがあったらしい。
これは、どういうことかと考えてみたが、私の解釈では、「私」という言葉を心で真摯に発した時の、心の反応を観察せよということだ。
一般には、マハルシは「私は誰か?」と、常に自分に問えと言ったとされる。
一方で、マハルシは、「私は誰か」を呪文にしてはいけないと言ったという記述もある。
これを私は、やはり、「私は誰か?」と真摯に自分に問うた時の、心の反応を観察せよということと理解した。

最も簡単には、自分の呼吸を「マインドフルネスする」ことだ。
それで何かが起こるのを感じることはないかもしれない。
だから、刺激的でなく、面白くないと最初は感じるかもしれないが、変化は自然にさり気なく起こっている。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

存在感の秘密

インドの聖者と言われるニサルガダッタ・マハラジは、「1日中、存在の感覚にしがみつけ」と言ったと書籍に書かれているが、もっとマシな翻訳はなかったのだろうかと思う。
彼の発言の翻訳に、ロクに学校に行ったことのない彼が使うとはとても思えない難しい言葉を当てたり、また、やたら抽象的な言い回しにして、神秘めかそうとする意図はなかっただろうか?
実際の彼の言葉は、単純素朴で、何ら特別なことを言ったりはしていないはずなのだ。
それは、釈迦の言葉にも言えるらしく、釈迦は、教養など全くない庶民の中に入って行って、日常の言葉で簡単なことを言ったはずが、自分達を権威付けようとする僧侶や学者(あるいは、それらを兼任する者達)が、釈迦の教えを難しくしてしまったらしい。
釈迦が、般若心経に書かれている、馬鹿みたいに難しいことを言ったとはとても思えないのだ。

さて、最初の、マハラジの「存在の感覚にしがみつけ」であるが、優れた人々の間で、「存在感」について改めて見直されている。
というのも、人間の力は存在感に現れるし、ものごとがうまくいくかどうかは、関係する人や人々の存在感で決まるように思われるからだ。
「あの人は存在感がある」
「彼女の存在感は特別だ」
などと言い、真に優れた人の存在感は、言葉では言い表せないが、やはり何か特別なのである。

アントニオ猪木さんが嫌いという人は少ないのではないかと思う。
あの人がテレビに登場すると、ぱーっと陽性の気が広がり、安心感を感じるほどで、彼の講演会が大変に人気があるのも納得出来るのである。
つまり、彼の存在感は特別なのである。
サッカーの三浦知良さんも、特別な存在感があり、それは英雄的ムードと言えるほどだと思う。
俳優の丹波哲郎さんなども、彼がいるだけで、その場が明るくなり、人々に生命力を与えたものだった。
そして、ビジネスの重要な交渉が成功するかどうかは、プレゼンテーションをする人の存在感に関わることが分かってきていて、アメリカのビジネススクールでは、存在感について本格的に研究し、学生にそれを得させようとしている。

とはいえ、存在感について、そう難しく考える必要はないと思う。
存在感とは意図的に演出出来るものではないし、それをしようとすればするほど、存在感は賎しくなり、軽くなる。
存在感のある人とは、「あるがままの人」であり、「自分らしくある人」、「自然な人」、「飾らない人」である。
普通の人は、自分を大きく見せよう、自分を飾ろうとして、かえって小さく、賎しい存在になってしまっているのだ。
つまり、最初の、マハラジの「存在の感覚にしがみつけ」と言ったらしいことは、実際は、「余計なことをするな」というだけのことだろう。
マハラジはきっと、「余計なことを考えず、どっしり構えなさい」程度のことを言ったのだろうと思うのだ。

言葉で表現し難いので、「特別な存在感」と言うが、そんな特別な存在感を持っているのが初音ミクさんだ。
チームラボ社長の猪子寿之さんと、斎藤ウイリアム浩幸さん(凄過ぎるので何者と紹介し難い)が、日経ビジネスオンラインで対談したことがあるが、その時に、初音ミクさんの熱烈なファンである猪子さんは、「初音ミクに本物はいないし、偽者もいない。全部、初音ミク」と言われていたが、本当にそうだと思う。
猪子さんらは、それは、ミクさんが非実在だからと言われていたが、それこそが、何にも優る実在なのである。
非実在というより、遍在なのだ・・・なんて難しいことを言うと、やはり神秘めかすことになってしまうなあ・・・
でも、ミクさんが好きな人達は、そんなことを、理屈ではなく、ハートで、「ミクさんマジ天使」って言うのだと思う。
感謝祭のミクさんも、ミクパのミクさんも、Hatsune Miku Expoのミクさんも、マジカルミライのミクさんも、ままま式あぴミクさんも、そして、誰が描いたミクさんも、全部ミクさんなのである。
「マジカルミライ」の企画展では、人々が壁に貼られた大きな紙にミクさんのイラストを描くのだが、それらがもう、まさにミクさんそのものなのである。
あれこそが本物の芸術なのであると確信する。
私は、「マジカルミライ」の企画展やライブコンサートで、初音ミクさんの存在を魂で感じ、プレゼンス(存在)に目覚めたのだが、誰もがそうであったのだろう。
インドまで聖者を訪ねる必要もない。
イエス流に言えば、それに優る者がいたのだった。それがミクさんである。
リアルな存在に触れたからには、銃で撃たれようが、ミサイルを打ち込まれようがビクともするものではないし、そもそも、あるがままである者に逆らうことなど出来ないだろう。

◆チームが機能しないと売れるものはつくれない ~齋藤ウィリアム浩幸氏×猪子寿之氏のデジタル時代のチーム論(前編)~
◆日本の「あいまいさ」が競争力になる ~齋藤ウィリアム浩幸氏×猪子寿之氏のデジタル時代のチーム論(後編)~
※会員登録しないと読めないが、会員登録は無料。ただし、会員登録したメールアドレスには、毎日のようにセールスメールが来る(悪い内容ではないが・・・)。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自分だけの真言を持て

合気道家の藤平光一氏の本に、「重みは下にある」と言えば、氣が出ると書かれていた。
これは、氣を出す1つの方法が、真理をあえて口に出すこと・・・というものだったと思う。
そして、重みが下にあるのは、確たる真理だということだろう。
「氣」は、普通、気功などで言う「気」と同じだが、藤平氏は「氣」の字に大変にこだわっておられた。

ところで、私は、「重みは下にある」という言葉には抵抗があった。
重みが下にあるのではなく、重みがかかる方向を下と言うとしか思えなかったからだ。
「地球には重力がある」と言うなら、まだマシだが、それなら、月や火星にだって重力はある。
結局のところ、真理というなら、万有引力があるということになるが、これとて、万有引力があるというよりは、万有引力の原因があるということだと思う。
別に、私が特別にひねくれていると言うのではなく、理系・・・と言うほどでなくても、現代的に考える癖があれば、私のように思うのではないかと思う。

藤平氏はとても偉い人のようだが、残念なことに、その教えは、あまり私にはしっくりこなかった(勿論、参考にはなった)。
そして、彼が言う、「下腹の一点に想いを沈める」なんてのは、分からないものは分からないのであり、それを分かったフリをするのは馬鹿だと思うのである。

ニサルガダッタ・マハラジは、「私は在る」こそ究極の真理であり、「私は在る」が最高のマントラ(真言)であるとも言っていたと思う。
しかし、これも、「私」の意味が、あまりに曖昧である。
よって、私は、「私は在る」と思うごとに疑問が浮かび、心が乱れた。
本で見る限り、彼の教えは美しいと思う部分も多いが、私には結局、意味不明だった。
追求していけば、分かったつもりにはなれても、臨終になるまで、本当のところは分からないだろう。

別に、藤平光一氏やニサルガダッタ・マハラジの教えに問題があるのではない。
単に、私には合わなかったというだけのことだ。
そして、そんなものを後生大事に抱えていられるほど、人生は長くない。

「重みは下にある」、「私は在る」が、真理として受け入れられる人もいるかもしれない。
そんな人にとっては、これらの言葉が貴いマントラ(真言)になる。
貴いマントラであれば、それを言ったり、想ったりすると、心に喜びが満ちるだろう。
『歎異抄』には、唯円が親鸞に、「念仏を唱えても、躍り上がるほどの喜びが湧かないのですが、どうしたことでしょう?」と尋ねると、親鸞は、「私もじゃ。それは煩悩のせいなのだが、煩悩の深い凡夫を救うのが阿弥陀如来様の意思なのだから、ますます往生確実じゃ」とうまいことを言ったことが書かれている。
『歎異抄』は大好きだが、しかし、これはちょっとどうかと思うのだ。
「躍り上がる」の度合いにもよるが、念仏が自分に合っているなら、それなりの喜びが湧いてくるはずである。
そうしたら、そんな疑問は出てこないと思う。
つまり、唯円は、親鸞の弟子に安住していないで、自分の道を探すべきだったかもしれないのだ。
土台、いつまでも師匠の元にいるやつに、ロクなのはいないじゃないか?
別に、人間は、必ずしもロクなものになる必要はない。
ロクなものでないということなら、私は相当な自信がある。
単に、唯円は、私同様ロクデナシの一人と(勿論、唯円は私の百万倍マシだが)、貶す訳ではなく、本当のことを言いたいのである。

皆、権威あるものを捨て、自分だけの真理を探さないといけない。
でないと、短い生涯を、満足のないまま終わってしまう。
ましてや、会社のポリシーを崇めるなんてことは、会社や経営者には都合が良いかもしれないが、そんなことをいつまでも続けたら、死ぬ時に後悔するぞと言っておく。
L.H.ロースンの言った「神の他に何もない。ただ神だけがある」という言葉は素晴らしいと思うが、やはり、これは彼の言葉だ。私には関係ない。
YMOの『LOTUS LOVE』では、「I Love You」がいつもの呪文だと言うが、これも、「そんな人もいるだろう」といいうだけのことだ。
私には、「ミクさんの他に何もない。ただミクさんだけがある」の方が真理であり、「I Love Miku」が私らしい呪文である。

唱えれば、大地が振動し、天楽が響き、花が舞い散る真理を、各自が持たなければならない。
それは権威に平伏したり、人真似をすることをやめない限り得られない。
聖書を権威的に見ずに探せば、自分に合う言葉も見つかるだろう。
私は、そうやって見つけたのだ。
だが、唯円が親鸞に言ったように、唱えて躍り上がる・・・かどうかはともかく、喜びが湧き上がらないなら正しくない。
ただし、言葉は神である。
だから、自分もまた、少しは、それを受けるに相応しくしなければ、それは得られない。
それにはただ、権威、あるいは、世間の教義や信念に平伏すことをやめ、人真似もやめること・・・それが、「自分であること」である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ