ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

ニサルガダッタ・マハラジ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

惑わす心をどうさばく

近代のインドの聖者ラマナ・マハルシは、一切の欲望を捨てるよう教えたが、そうでなければ、解脱は出来ない。
解脱とは、悟りを開くとか、真我を実現するといった、難しい言葉で表現されるが、要は、最終的な幸福のことと言って良い。
だが、人間が、マハルシのように、ふんどし1本以外、何も所有せず、世俗の喜びを全て捨てることなどは出来ない。
一方、アメリカの精神科医デヴィッド・R・ホーキンズは、マハルシを崇敬すると共に、解脱を果たすと、現世の利益も全て得ると言い、実際、彼は、精神科医としては沢山の病院を所有し、解脱により、それまであった健康上の問題も即座に解決されたと言う。
考えてみれば、清貧を重んじたマハルシですら、求めはしなかったが、大勢の信者が熱心・丁寧に全ての世話をしてくれるので、実際上は、王様のような生活だったのである。
マハルシも、若い間は、自主的に、信者達と一緒に、かなり熱心に働いたようだが、歳を取ってからは、ベッド(それも豪華な)にいる写真が多いように思える。
それは、ひょっとしたら、大金持ちや権力者より、よほど理想的な生活かもしれない。

ところで、イエスや釈迦となると、彼らの本当の教えは、ほぼ伝わっていないと思うが、マハルシの教えも、大半は、正しく伝わっていないはずだ。
マハルシは、ほとんど喋らなかったそうだし、話したことも実際は個人的なことで、言葉の意味をそれほどはっきりさせていないはずなのだ。
そんな言葉を、タミル語から英語にする間に、少なく見積もっても6割は違う意味が入り込んだはずで、さらにそれを日本語にする際、どうしても、拡張高い雰囲気にするために、やたら難しい、日常では使わない言葉を使って翻訳する中で、ますます、実際にマハルシが言ったのとは違う意味になってしまっているはずだ。
だが、『不滅の意識 ― ラマナ・マハルシとの会話』という本は、マハルシを発見し、西洋に紹介したポール・ブラントンが熱心にマハルシを取材した内容を、彼の後継者が、他に伝わったマハルシの発言と照合して確認したりといった手間のかかる作業を繰り返し、なんとか、マハルシの教えを、いくらかでも正しく使えようという努力が感じられる。

マハルシのある本には、マハルシは、常に「私は誰か?」と問えと言ったと書かれているが、別の本では、マハルシは「私は誰か?」を呪文のように繰り返してはならないと言ったとある。
なぜそんなことになったかを推測することは出来ると思うが、やはりあくまで推測でしかない。
どこかの宗教家なら、マハルシの霊でも呼び出して「確認した」と言うかもしれないが、そんな阿呆な主張を信じるうちは阿呆なままだ。

マハルシの教えは、『バガヴァッド・ギーター』と一致していることは間違いない。
マハルシも、それを肯定しているはずだし、一部でも否定したという話は伝わっていないと思う。
そして、あらゆる賢者の教えは、ぎぎぎり間違いのない言い方をするなら、「自分の心に惑わされないようにしろ」だと思う。
新約聖書の福音書では、イエスはそれを婉曲的に語っているように見えるが、イエスも、実際は、もっと直接的に言ったと思う。まあ、しかし、いずれにしても分かることではない。
心が惑わすものであることは、誰でも知っている。
それが諸悪の根源である。
それを封じるために、法然は、念仏という手段を選んだが、それ以外のことを、庶民・・・というか、大半の人間は出来ないことを理解していたからだ。
しかし、今の時代の人間に、阿弥陀如来の存在を信ぜよというのも無理がある。
だが、精神科学の研究によれば「大丈夫」といった言葉が、心の悪影響を防ぐ効力があるということが分かっているし、実際に、成功や勝利を得る者は「大丈夫」といった肯定的な言葉を常に頭の中でつぶやいている。
マハルシも、真言(マントラ)を常に唱えることは薦めていたらしいし、最上のマントラは「私」であると述べたという話もある。
一方、マハルシと同時代の聖者で、上記のデヴィッド・R・ホーキンズも、マハルシ同様評価しているニサルガダッタ・マハラジは、究極の真言があるとすれば「私は存在する」だと言ったと書かれた本もある。

そして、つまるところ、マハルシもそう言ったのだと思うが、最も重要なことは、心を1つの想念に集中させることなのだ。
念仏でも、真言でも。
上記の『不滅の意識 ― ラマナ・マハルシとの会話』では、マハルシは、熱心に瞑想しているように見える修行者より、「仕事を下さい」と一心に祈るプー太郎の若者を評価していたとある。彼は、心が「仕事が欲しい」という1つの想念に強く集中しているからだ。
しかし、集中しようとする想念には良くないものもあるだろう。
道徳的かどうかという問題ではなく、その想念に集中しようとしたら、かえって、想念が揺らいだり広がったりして、惑わされる場合だ。
美女に関する想いなんて、ほぼ間違いなくそうなるだろう。
富について言えば、単に贅沢をしたい場合なら、やはりそうなる。
ただ、本当に熱心に富を求める理由があれば、それはそれで良いかもしれない。
要は、集中にどれだけエネルギーを注ぎ込めるかなのである。
アインシュタインは、一般相対性理論を完成させる時には、相当なエネルギーを集中させたが、ああいった名誉に関わることは、妄念も起こさせる。
アインシュタインは、運も手伝ってうまくいったが、心に歪みも残したように思えるのだ。
だから、悟りのための集中は、あまり実利と関わらないことの方が良いだろう。
初音ミクさんは・・・彼女は、エイリアンエイリアンではないが、私の心を惑わせる・・・まあ、それも良いところの1つであるが、悟りのための集中の対象にはしないでおく。
何でも良いのである。
訓練次第ということもある。
とりあえず、万能呪文で鍛えると良いと思う。すると、道は開ける。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

恋愛の行く末を神様にまかせると

古代中国の賢者の荘子と、近代インドの聖者ラマナ・マハルシやニサルガダッタ・マハラジの教えは似ていて、その根本を一言で言えば「人生の明け渡し」になると思う。
マハラジの弟子、ラメッシ・バルセカールも、「人生の明け渡し」を第一としていた。
「人生の明け渡し」とは、人生がどうなるかの一切を神(あるいは高次の力とか至高者)にまかせてしまうことである。

ただ、マハリシもマハラジも荘子も、まかせた結果、どうなるかは全く述べていないし、そうすることで、悲惨な状況で一生を送る可能性があることを、それとなく示すこともあったと思う。
一方、まかせた結果は良いことばかりと断言したのが、江戸末期の偉大な神道家で、イエス並の力を現実に持っていた黒住宗忠だ。
宗忠自身、重病で何年も寝たきりだったのが、神(天照大神)への全託(全てまかせること)に目覚めた途端、わずか数日で全快してしまった。
また、イエスも、「お前達ですら、自分の子供の面倒を熱心に見るではないか。ましてや、天の父である神が、我々に良くしてくれるのは当たり前じゃないか。心配するな」と言っている。

中国出身のアメリカの作家で、事業家、自己啓発指導者でもあるチン・ニンチュウは、ある夜、自分が羊になり、羊飼いに会う夢を見て、自分は羊飼い(神)にしっかり面倒を見てもらいさえすれば良く、自分が努力する必要はないのだと悟り、安心と安堵で涙が流れて止まらなかったと言う。
アメリカの著名なイラストレーターで、啓蒙家としても名高いフローレンス・スコーヴェル・シンも、自分が努力しようなどと決して思ってはならず、神様にまかせること・・・「神が自分の代わりに戦う」のであることを強調した。

ところが、手強い論敵がいた。
日本の誇る二宮尊徳である。
彼は努力を力説した。
「老子が言うように、無為自然で何もしなければ、畑は荒れ、家はあばら家になるではないか」
だから、しっかり努力せよと言う訳だ。
なるほど、現代だって、好きなものを好きなだけ食べ、運動もしなければ、肥満してモテなくなるばかりか、病気になりかねない。
だが、スーフィー(イスラム教神秘主義)には、こんな教えがある。
「神を信頼しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
いくら何でも、ラクダをつないでおくくらいのことはすべきだ。
それに、そうでないと、退屈でやってられないはずだ。
上に挙げた、フローレンス・スコーヴェル・シンも、こんな話をしている。
ある女性が、無職でお金がなくて困っていたが、彼女は自分は努力しない人なので、周囲の人が、仕事が出来るよう段取りしてくれた。
すると、その女性は、「そうじゃなくて、私は家で雑誌を読んで過ごせるようになりたいの」と言う。彼女は、本当にファッション誌が好きだった。
シンは、この女性は、雑誌記者を目指すべきだと言う。
そうすれば、楽しく生き甲斐がある人生になり、ついでにお金も入るという訳だ。その道は神様が開いてくれるので、それに関しては努力しなくて良いが、やはり、ラクダをつなぐ程度のことはしなくてはならない。
アメリカの作家、マイク・ハーナッキーも、自分が作家になれた経緯を元に、簡単に出来る成功法則の本を書いたが、「言う通りにやっても何も起こらない」と文句を言ってくる読者がいた。
だが、聞いてみると、その読者は、成功のために電話1本しなかったと言う。
神に一切をまかせることとは怠惰になることではない。
あなただって、いくら子供が可愛くても、子供が寝転がって口を開け、「ここにチョコケーキを入れて」と言ったら、「自分で食べろ」と叱責し、また、マナー良く食べられるよう指導するはずだ。
我々が似たようなことをしたら、神様もちょっとした罰を与えるのかもしれない。
(いつまでも改まらないと厳罰になるかもしれない)
好きな女の子には、告らないまでも、親切にはすべきである。
後は神様にまかせておけば・・・もっと可愛い子と出会うかもしれない(よくあることだ)。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

台所のゴミと空の星の扱い方

聖者ニサルガダッタ・マハラジは、「一切を愛する」か、「一切に無関心でいる」かのいずれかでなければならないと言ったそうだ。
美しい言葉だと感じるから、それが正しいのだと思う。
しかし、花は美しいし、犬や猫や鳩は可愛い。
そして、初音ミクさんはとても愛しい。
対して、多くの人間は、どうしても好きになれない。
私には、ミクさんや猫さんに無関心でいることも、醜い人間を愛することも出来そうにない。

だがまあ、聖者の真似をして葛藤するより、身の丈に合ったやり方をするものだ。
それには、賢くあらねばならない。
「嫌いな人に会ったことがない」という奇特な方がおられるそうだが、多分、嘘つきだろう(笑)。
しかし、嘘じゃないことも分かる。
私も、本当の私は誰も嫌いでないことは感じるのだ。

嫌いな相手にエネルギーを与えなければ、相手はあなたを害することは出来ない。
エネルギーを与えるとは、関心を向けることだ。
つまり、無視すれば良い。
すると、相手は消えてしまう。
しかし、無視すると言いながら、ついつい、意識を向けてしまうものなのだ。
それに、ヒトラーみたいなのが現れた時、無視してないでちゃんと対処しなければならない。
だけど、ヒトラーってのは、大衆の関心を自分に向けさせることでエネルギーを得たのだ。
大衆が彼を無視したら、彼には何の力もなかった。
ヒトラーの行為には対処しなければならないが、ヒトラー自体には無関心でいることだ。
台所のゴミは無視せず捨てなければならない。
しかし、ゴミの成分を分析する必要はない。
ヒトラーは台所のゴミなのだ。
同じく、あなたの嫌いな人も台所のゴミだ。
ゴミだからといって、忌み嫌う必要はないが、ゴミに憎しみを持つなんておかしなことだ。
今度から嫌いな人にあったら、彼や彼女は台所のゴミだと思うことだ。

では、鳩や猫や初音ミクさんのような愛すべきものはどうするのか?
西郷輝彦さんの『星のフラメンコ』という歌は、神が浜口庫之助さんにインスピレーションを与えて作らせた傑作だ。
あの歌の通りにやればいい。
「好きなんだけど 離れてるのさ 遠くで星をみるように」

嫌いな人は台所のゴミ。
ただ捨てれば良い。
初音ミクさんは星。
ただ眺めれば良い。
すると、素敵なことに、向こうもただ見ていてくれる。
犬や鳩に静かに見つめられるのって良いものだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

悟りを開きなさい、パートタイムで良いから。

デヴィッド.R.ホーキングはアメリカの精神科医だが、彼について、あまりに大雑把で、ひょっとしたらいい加減な話をする。
医者というのは、崇高な使命を持った職業であるはずだが、商売という面も確かにあり、特に、現代のように医者が多過ぎる世の中では、人気のある病院や医者と、そうでない病院や医者では、生活や社会的状況が全く異なる。
そして今は、ほとんど商売に徹し、医療技術や病院サービスは、あくまでビジネスの道具と心得る医者も少なくないのだろう。
まあ、それで言えば、プログラマーだって、社会的義務や責任、あるいは、もっと高貴な使命感でやってる者もいれば、金のためだけにやっている者もいるし、後者の場合が圧倒的かもしれない。
ただ、医者は、聖職であることを求められるからこそ、国に優遇され、高収入が得易い仕組みがある・・・とはいえ、それも「売れて」こそだ。

ホーキング博士は、あることがきっかで、患者が急増した。全米中から患者が押し寄せ、やむなく、病院を増やし続け、何十という病院に何千という患者がいるという大変な状況になる。
そのきっかけとは、何というか、悟りを開いた・・・といったことだった。
何もせずとも、会うだけで、他のあらゆる医者に見離された悲惨な状況の患者も、たちどころに回復することもよくある。
患者でなくても、極悪な無法者(ある意味、精神病患者だが)も、彼の前に出ると、たじろいで何も出来なくなる。
悟りを開いていたイエス・キリストがそうであったことを、まさに再現するかのようだ。
とはいえ、悟りを開いたからとて、誰もが、このような物質世界の超人になる訳ではない。
ただ、イエスやホーキングは、現実世界への関心を失わなかったのだ。
イエスに関しては、そんな運命だったのだろうし、それはホーキングも同じだろうが、ホーキングの場合、子供の時の体験の影響が大きく、人々を救いたいという願望が、世の中に無関心であることを許さないのだろう。
まあ、正確には、他人を救うことは自分を救うことであり、ホーキングには救わねばならないトラウマがあるのかもしれないが、事情は複雑なので詮索しても仕方がない。

我々も、ホーキングほどになれるかは分からないが、悟りを開くことで、望まずとも自然にうまくいくだろうが、そんな利益を目当てにして悟りを開くことは出来ない。
そこが厄介なところだ。
しかし、一時で良いから、欲望を手放し、無になれば、いくらかの良いことはやって来る。
私の場合は、プログラミングの勉強をしつつ、本を頼りに、それほどでもない霊的修行をしていたが、修得したプログラミング技能にマッチした「ちょうどよい仕事」がやって来るようになった。
いくらプログラミングを勉強しても、儲からなかったら仕方がない。
そして、自分の実力をあまりに超えた仕事が来て、うっかりそれに手を出せば、悲惨な結果になりかねない。
しかし、私の場合、あきらかに高次の存在がうまく調整してくれて、ちょうどいい仕事を「回してくれた」。
当時、よく思ったのが、『美少女戦士セーラームーン』で、セーラームーンの成長に合わせた「ちょうどよい敵」が現れるようなものだということだった。
セーラームーンが、正義の戦士として目覚めたばかりの時の敵は、その時は強敵でも、後の成長したセーラームーンから見れば雑魚に過ぎないし、逆に、強く大きくなったセーラームーンの前に現れる大敵は、「愛の戦士の新人時代」のセーラームーンの前には決して現れないのだ。

そんな訳で、あなたも悟りを開きなさい。
パートタイムで良いから・・・
その方法は、ホーキング博士の本を見れば良いだろうが、やっぱり何でも良いのだと思う。
ホーキング博士の本では、一番新しい『I<わたし>』がお薦めだ。Kndle版があるのが、私には有り難かった。
霊的、宗教的な本(たとえば、ラマナ・マハルシのもの)よりも、現代人に合った説明をしてくれている。
逆に、ホーキング博士の本を読めば、ラマナ・マハルシやニサルガダッタ・マハラジが分かるかもしれない。
ホーキング博士も、これらの聖者を深く敬っているのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ご苦労様、シンドかったね

悟りを開く、解脱する、真我を実現する、真の自己になる、神と一致する、ONEになる、ALLになる、イっちゃってる、宇宙になる、キリストになる、ブッダになる・・・いろんな言い方があるが、どれが一番自然かというと、どれも不自然なのだろう(笑)。
不自然なのだが、人間は言葉でコミュニケーションするしかないので、仕方なく、どれかを選ぶのだろう。
後は、好みの問題だ。
本当にそれに達した人は、あまり言わないが、イメージしたことが、そのまま即座に現実になる。
大抵の場合は、病気などの不調は消え、近視や遠視、乱視も治ってしまう。
しかし、望みを叶えたいとか、病気を治したいという執着が、それに達することを妨げることが多いから面倒だ。

それで、どうすれば良いのかというと、誰か、それを実現する方法を簡単に教えてくれれば良い。
そんなことを言ったら、そんな簡単なものじゃないよバーカと言う人と、あまりに簡単なので、誰も真面目にやらないという人などがいると思う。
で、本当のところはというと、やっぱり簡単なのだ。
問題は、ただ、本気にならないことだけなのだろう。
なぜって、世の中には楽しいことが沢山あるし、なんと言っても、誰もが優越感が大好きだからだ。
それに達する唯一の障害が何かというと、優越性への執着だろう。
しかし、そんなもの・・・つまり、エゴを直接滅ぼすことは出来ない。
そこで、なんとか本気になって、その簡単な方法を実行したいものである。
そして、ほとんどの場合、本気になる人というのは、よほど辛い目に遭ったりして、人生に絶望したり、社会の中で、甘えではなく本当に「もーやだ」って思っている人なのだ。
ただ、そうなるのは、ほとんどが老人になってからだ。
大半の老人は、人生に絶望する。
そこで、本気になって悟りを開けば、スーパーじいちゃん、スーパーばあちゃんになれるのである。
でも、どうせなら若いうちにとも思うのだが、やっぱり、あんなことやあんなことは楽しいのである(笑)。

で、その簡単な方法だが、『アイ・アム・ザット』という本に、こんなことが書かれている。
ニサルガダッタ・マハラジの教えだ。
それは、「常に存在の感覚にしがみつけ」だ。
正直に言って、もっとマシな言い方はないのかと文句を言いたい。
とはいえ、インドの方言から英語、そこから日本語に訳したのだから、その本当の意味が理解出来るのでない限り、そう書くしかないのだろう。
むしろ、訳者の誤解した言葉を書いて人々を混乱させないだけ、直訳風に書くのは、実際は善良なのである。
聖者の本というのは、そんなものが多く、読んでも、何となくいい・・・くらいにしか感じることが出来ない。
じゃあ、正しくは何と言うのだいと言うなら、それは神様に教えてもらうことだ。
だから、素直に、「私は存在する」と言葉で思いなさい。
マハラジも、それが最高のマントラ(真言)だと言ったらしい。
そもそも、「私は存在する」は、自我の知りえる最高の真理である。
ならば、それだけでも魔法のような力がある。

そんな訳で、悟りを開くことだ。
ご苦労様、シンドかったね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ