ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ニサルガダッタ・マハラジ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

超能力者になる言葉

当たり前の言葉を言えば、超能力者になる。
その言葉が当たり前であればあるほど、超能力は強くなる。
この「超能力者」は分かり易く言っただけで、「引き寄せマスター」程度のつもりで使った。
もっと、癖のある言い方をする者もいる。
例えば、合氣道家の藤平光一さんは、「当たり前のことを言えば氣が出る」と言った。
「氣が出る」とは、潜在能力が発揮されるという意味で、まあ、超能力者になることと言って良い。
ちなみに、藤平さんが勧める当たり前の言葉は「重みは下にある」だったと思う。

当たり前ということは、自然という意味で、真理であるということだ。
デカルトは、言葉というのではないが、最高の真理を探究し、そして、彼が辿り着いた答が、
「われ思う、ゆえにわれあり」
だった。
彼は、「宇宙は広い」とか「火は熱い」というのは疑ったが、「われ思う、ゆえにわれあり」は信じたのだ。
だが、私は、ルドルフ・シュタイナーが言った、
「われ思う、ゆえにわれなし。われ思わず、ゆえにわれあり」
の方が好きだ。
ただ、デカルトとシュタイナーは反対のことを言っているようで、それは単に「われ」の定義の問題であり、実際は、そんなに違わないと思う。

別に、どの言葉が良く、どの言葉が悪いということはない。
大切なことは、自分が納得する言葉ではなく、魂が納得する言葉を使うことだ。

ニサルガダッタ・マハラジが至高の真理と言った言葉は、
「私は在る(私は存在する)」
だ。
これで良いと思えば使うと良い。
私も、この言葉には散々、お世話になり、良い想いをした。

『福音書』にはイエスの、『法句経(ダンマパダ)』や『感興のことば(ウダーナヴァルガ)』には釈迦の、『老子』には老子の、『荘子』には荘子の、『論語』には孔子の言葉が沢山書かれているので、それらを読み、その中から選んでも良い。
あまり迷わず、とりあえず何か使うと良い。
真理度が多少低かろうが、言わないよりは、はるかにマシだからだ。
藤平氏の「重みは下にある」も、マハラジの「私は在る」も十分と思う。

「私は生きている」も、「私はいつか死ぬ」も、なかなか確からしい。
「ありがたい」こそ真理と思えるなら幸いだ・・・いや、確かに、魂はそれを納得するだろう。
「俺に不可能はない」は、魂的には正しいが、心の葛藤を生む可能性があるので、お勧めしない。
同じく、「私は神である」もだ。
だが、使いたければ使うと良い。












超人化の手引き

どんな言い方が適切であるのかは迷うが、人間は、超人化、あるいは、神化することが出来る。
それは、無意識(意識に対する無意識)に身体の支配を渡した状態であるのだが、夢遊病状態ではなく、自覚がある状態だ。
催眠術で操られている状態とも違う。
これが、至道無難(しどうむなん。江戸時代初期の臨済宗の僧)が言った、

生きながら死人となりて なり果てて 思いのままにするわざぞよき

ということだろう。
だが、死人と言っても、自覚のある死人なのだから難しい。
岡田虎二郎(明治、大正の教育家)は同じことを、「自分を地下千メートルに埋葬した気持ち」と言ったが、やはり、その自分は眠っておらず自覚がある。

インドの聖者ラマナ・マハルシは、人間の究極の状態は、自我が消滅した状態と言ったとされるが、果たして、マハルシの言葉が正しく翻訳・解釈されているのかは疑問だ。
マハルシにしたって、自我はあるとしか思えないのだから。
むしろ、マハルシと同時代のインドの聖者ニサルガダッタ・マハラジが言ったとされている「私は世間的には死んでいる」の方が、より適切な言い方であると思う。

そんな状態は、心理学で言う、トランス状態、ゾーン、フロー、あるいは、至高体験のようなものと近いと思われる。
心理学でも、ゾーンやフローの状態であれば、最高のパフォーマンスを発揮すると言われているが、その究極であれば、神のようなものである。

となると、どうすればそんな状態になれるか・・・ということを知りたがるが、その前に必要なことがある。
信念がある強く清らかな心を持つ必要があることだ。
そうでなくても、ゾーンやフロー、あるいは、それ以上の状態に達することは出来るかもしれないが、心が穢れていれば、逸脱し狂気に陥ったり、あるいは、本当に自我が消滅してしまう。そんな状態になった者を、昔から、悪霊に憑りつかれたとか、悪魔に魂を売ったと言われるのだ。

聖人とは言わないが、ある程度、清らかな心を持っていれば、神化を試すことが出来る。
簡単に言えば、ぼーっとすれば良いのだが、そのために、薄目で見たり、呼吸を微かにしてみる・・・薄目のまま荒い息をすることは出来ないので、薄目をするだけで良いのだが。
あるいは、息を吸って止めれば、普通の思考をすることは出来ないので、ぼーっとした感じになる。
しかし、呼吸を意識的にコントロールすることは、みだりに行ってはならないとも言われる。
よって、ただ、薄目で見ればよく、芸術家が芸術作品を作る時には、自然に薄目になるし、薄目でないなら、芸術ではなくデザインを作っているのだ(芸術とデザインの区別も難しいが)。
ただ、緊急事態には・・・ショッカーが現れた時に仮面ライダーに変身するごとく(古いなあw)、あるいは、1日に何度か、心からの願いを宇宙に投げる時には、薄目で息を吸って止めると良い。
ただし・・信念のある、清らかな心がなければ、ほとんど何も起こらないか、穢れた信念を持っていれば、マイナスの結果が出る恐れがある。
そうならないために、聖書を読んでキリストを崇めたり、真言を唱える者もいるが、どうやるかは自分次第だ。
ちなみに、腕振り運動をするのも良い方法なのでお勧めする。








宇宙との通路を開く

発明家で能力開発の大家であった中山正和氏は、能力を上げ、超能力を得るには、つまるところ、「嘘の情報を記憶するな」と言ったのだと思う。
なぜ嘘を覚えてはならないのかというと、嘘は複雑だからだ。
例えば、オバケは本当にいるのかもしれないが、世の中には嘘のオバケの情報があり、嘘であるから、いろんなオバケの情報が無限にある。
もし、本当のオバケがいて、オバケの実態が分かっているなら、もっと「オバケとはどんなものか」といった情報に共通性があり、すっきりしているはずだ。
このように、嘘の情報は複雑怪奇で、真実の情報はシンプルだ。
「人間とは複雑だ」「愛は複雑だ」と思うかもしれないが、それは、人間に関する嘘の情報、愛に関する嘘の情報が出回っていて、人間や愛を複雑に感じさせてしまっているからである。
ただし、「人間とは、食って、寝て、垂れるだけだ」というのは嘘の単純さで、ここからも複雑な嘘が生まれる。

嘘の情報が記憶から無くなれば、透明になった心の奥は、意識と宇宙の良好な通路になる。
そうなれば、宇宙の英知を読み取ることは簡単で、正しいことが瞬時に分かる・・・つまり、直観が冴えるし、また、宇宙へのお願い事も、すんなり届くようになる。
だから、嘘の情報を記憶に入れてはならない。
だが、残念なことに、我々は、常に嘘の情報にさらされている。
ただ、正確に言えば、嘘の情報が記憶にあっても、その嘘の情報に「嘘」とラベルが貼ってあれば良い・・・つまり、嘘とはっきり認識していればいい・・・もっと別の言い方をすれば、信じなければ良い。
結果、デカルトは、全ての情報に嘘のラベルを貼ることになったが、嘘のラベルを貼る自分がいることだけは正しいとして、「われ思う、ゆえにわれあり」と言ったのである。
クリシュナムルティに至っては、「私は何も信じない」と言っている。

結局、この世の全ては嘘である。
その中で、最高に真理に近いものは、「私は在る」だ。
そして、「私は在る」と考え続けると、全ての嘘は溶解し、心の奥が透明になり、宇宙との通路が開く。
そうすれば、何でも分かるし、願い事を宇宙に簡単に投げることが出来る。
映画『ザ・シークレット: デア・トゥー・ドリーム』で、台風の夜、ミランダの子供達が、自分の食べたいピザについて話していると、その通りのピザが配達された。
これは、心の法則をマスターしていたブレイという男の影響を受けた男の子が、無意識のうちに、心の奥を透明にして、宇宙にリクエストを送ったのだが、あなたも同じことが出来る。
それには、「私は在る」と心で唱えることによって、心を透明にすれば良い。
インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジは、「私は在る」が最高のマントラ(真言)であると言ったのである。








願いを素早く叶える魔法の言葉

世界は心が創り出している。
心の深いところに潜れば潜るほど、自分の意思で世界を改変出来る。
意識(顕在意識)でいくら考えても、世界はほとんど変わらないが、無意識(潜在意識)の深い部分に潜るほど、世界は思った通りに変わる。
潜在意識の最も深い部分(ここを超越意識とか純粋意識などと言う)にまで達すれば、世界は思うがままである。
そして、世界を変える最も易しい方法が、「私は〇〇だ」と宣言することだ。
「私は〇〇だ」と心の中で唱えれば唱えるほど、この言葉が心の深くに沈んでいくので、いずれ、世界はその通りに変わる。
(「神」という言葉を使うことにも、似た原理があり、世界を動かすが、今回は「私は〇〇だ」に絞って話す)

だから、「私は〇〇だ」と心で唱えるだけで、その通りになるのである。
しかし、現代人は、意識の浅い部分(顕在意識。左脳)だけを使うことに慣れてしまい、意識の深い部分(潜在意識。右脳)との通路が狭いので、「私は〇〇だ」と宣言しても、なかなか世界は動かず、私が〇〇になるまで、長い時間がかかり、「実現しない」と思って、諦めてしまう。
では、どうすれば良いかというと、意識の深い部分に潜るテクニックを使えば良い。
このテクニックは、相当な昔、人類が宇宙人から教わったもので、誰でも知っているはずのものだが、理由はともかく、今は、ほとんど誰も知らない。
「シークレット」とか言って、お金を取って教えられているものは、偽物である(これは個人的意見としておく)。
そのテクニックは「私は在る」と心で唱えることだ。
「私は〇〇である」と唱えるより先に、あるいは、並行して、「私は在る」と唱えれば唱えるほど、心の深い部分に潜っていくので、「私は〇〇だ」が速く簡単に実現する。

多くの賢者が「私は在る」と唱えなさいと教えたが、聞いた者が、その意味が分からなかったので、注意が払われなかった。
例えば、ニサルガダッタ・マハラジとの対話集『アイアムザットアイアム』で、マハラジは「『私は在る』が最高のマントラである」と述べたと書かれているが、読者はそこに注意をj払わない。
『マスターの教え』にも「アイアムザットアイアム」が最も偉大な言葉と書かれているが、そんなことをさりげなく扱っているだけだ(その方が良いのかもしれない。つまり、分かる者だけ分かれば良い)。
そして、ネヴィル・ゴダードが『At Your Command(邦訳:世界はどうしたってあなたの意のまま)』で、「私は在る」と唱えよと述べているが、あまり実践されていないと思う。現代の教育や世間の教義や信条とは全然違うからだろう。
だから、こう書いても、実践する者は少ないかもしれない。
しかし、やればうまくいくだろう。








迫りくる闇に打ち勝つ

インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジに、ある西洋人が「我々が、オームのような真言を唱えて効果があるのでしょうか?」と尋ねた。
すると、マハラジは「驚くべき効果があるだろう」と答えた。
マハラジが言ったからといって正しいかどうかは分からないが、あれほどの聖者の言うことだから軽視も出来ない。

ただ、1回や2回「オーム」と唱えただけで効果が出るのではない。
また、特別な時刻に特別な場所で唱えることは悪くはないが、真言とは日常的に唱えるものである。
岡田虎二郎は、岡田式静坐法を教えたが、彼が背広で静坐をしたことに深い意味があった。
彼にとって、背広は平服であるから、「普段の格好で」、つまり、「平常に」静坐をしていたことを示しているからだ。
尚、岡田式静坐法とは、つまるところ、姿勢を正し、ゆったりと呼吸をしながら腹に力を入れることで、いつでもどこでも出来ることであり、岡田も彼の弟子達も、そうしていたのだと思う。

法然の念仏がそうであったが、真言も、静坐も、あるいは、中村天風が言う「常に肛門を締める」も、彼らが言うように、本当に起きている間中ずっと出来れば良いのかもしれないが、現実的に、それは不可能である。
そこで、「いつでもやる」を心がければ良いのである。
思い出したら、すぐに心の中で真言を唱えるのである。
これは決して「たまに唱えれば良い」とか「思い出した時に唱えれば良い」と言うのではない。
「1日中、常に唱える」心構えは必要なのだ。
ある気功家は、「1日にトータルで1時間、肛門を引き締めろ」とうまい案を出したが、これは、「常に肛門を締める」心構えがあって初めて達成出来ることだ。

真言さえ唱えていれば、一切の問題が解決し救われる。
それなら、1日中、真言を唱える心構えを持つことは良いことと思われる。

今、世界に、あるいは、我々に闇が襲い掛かっている。
それは、おそらくは誰もが、大なり小なり感じていると思う。
全く感じていないのは、あまりに洗脳されて鈍くなってしまった者達だ。
一方、「闇が迫っている」と人々が感じていることを利用して、人々を騙して利益を得ようとしている者達もいる。それも含めて闇なのである。
これは、まさに、新約聖書・福音書の、特に「ヨハネ黙示録」に書かれ、イエスも常々言っていたことだ。
ついに、その時が来たのかもしれない。
だが、我々は、宗教団体に入る必要もなければ、特定の誰かを崇める必要もない。
ただ、真言を唱えれば良いのである。
ところが、これについても、「私が勧めるこの真言だけを唱えよ」と言う偽物が出てくるので、耳を貸してはならない。
真言に上下優劣はない。
ただ、真言は「古い言葉」であることだけは望ましいのだ。
なぜなら、長い間、多くの人が唱えてきて、今に残る言葉であり、それは、人類共通の超意識に息づき、また、現代人には直接には意味がないことによって、思考が反応しないからだ。
「南無阿弥陀仏」だって、直接には意味を感じないから良いのである。
ひょっとしたら、「南無阿弥陀仏」は「阿弥陀如来に帰依します」という意味だと知っているかもしれないが、これを唱えている時に、そんな意味を考えているわけではない。
私の場合は、阿弥陀如来真言「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン(「テイセイ」は「テイゼイ」でも良い)」を唱えているが、観世音菩薩真言「オン、アロリキャ、ソワカ」や「南無観世音菩薩」でも同じだし、大日如来真言「オン、アビラウンケン」でも良い。
もし、大日如来真言は「オン、バザラダト、バン」だと思うなら、そう唱えれば良い。
実を言うと、私は「オン、アビラウンケン」も「オン、バザラダド、バン(「バザラダド」でも「バザラダト」でも良い)」両方唱える。
また、1つの真言だけを唱えても良いし、いろいろな真言を唱えても構わない。
だが、主に唱える真言は1つに決めておくと良いと思う。

闇が既に襲い掛かってきているかもしれず、危険であることも確かだが、真言があなたを護り、安楽を与えてくれるだろう。
逆に言えば、真言以外で防ぎ、打ち勝つのは難しい。
無論、岡田式静坐法や、中村天風の心身統一法でも、あるいは、他の何でも良い。
しかし、念仏を含む真言が、最も簡単なのであり、私の見解では、普通の人が唯一やれるものだ。無論、特に優れた人には、いろいろなやり方があろうが、私には無理と思われる。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード