ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

ニサルガダッタ・マハラジ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

何にでもなれる方法

皆、なりたいものがいろいろあり、その中には、なるのが非常に難しいものもあるだろう。
しかし、大抵は、ダライ・ラマになるよりは易しいに違いない。
そもそも、ダライ・ラマはずっと同じ魂の持ち主でなければならず、ダライ・ラマが亡くなると、その魂が転生した子供を見つけてダライ・ラマにするのだと言われている。
だが、物理学者で武術家の保江邦夫さんの著書『祈りが護る國 アラヒトガミの霊力をふたたび』の15ページを見ると、現ダライ・ラマのダライ・ラマ14世自身が、事実上、それを否定し、ダライ・ラマになるには、条件を満たせばよく、条件を満たせば、誰でも良いのだというふうに読み取れる。
その条件とは、
「皆が、その子がダライ・ラマの魂を受け継いだと信じ、その子がダライ・ラマの生活・生き方を始める」
である。
ダライ・ラマなら、確かに、「皆が信じる」という部分が必要であるが、あくまで「信じる」だけで、本当かどうかは、どうでも良いのである。
また、保江さんは、それは事実上天皇家でなければ無理ではあるが、天皇もそれと同じで、現人神として育てられることが大切なのであると書かれ、やはり、本当は誰でも良いのだというふうに読める。
そして、私は全くそう思う。
ダライ・ラマや天皇というのは、あまりに特別で、我々がなることはないが、本質的なことを言うなら、なれない訳ではないのである。
いかなるものになるにも、必要なことは、生き方だけである。それは、態度、振る舞いと言って良いと思う。
インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジは、師に「あなたは至高の実在である」と言われ、その言葉を覚えていたので、修行は何もしなかったが数年で悟りを開いた。
これも、その言葉を覚えていることで、至高の実在らしい生き方をした・・・そういう態度をし、振る舞ったのである。
そして、マハラジ自身がそう言ったらしいのだ。
「時空(時間と空間)を超えた存在として振る舞え」
と。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』の5巻で、著者のベアード.T.スポールディングは、4歳の時、大学予備校で教師に見せられたアルファベットを「解らない」と言ったら、教師に、「そんな態度ではいけない。チャンと解っているという態度をしなさい」と言われた。
スポールディングは、それに従ったので、14歳で名門大学に入り、物理学者として高い業績を収めたという。
優れた指導者は、皆、同じことを言っているように思う。
即ち、「態度は事実より重要」だと。
少し前の本だが、ひろさちやさんの『空海入門』が、それを主題として書かれている。
『徒然草』にあるように、狂人として振る舞えば、即ち、狂人だ。
しかし、同じように、仏陀の真似をすれば仏陀なのである。
仏陀らしく歩き、仏陀らしく話し、仏陀らしくメシを食えば、それで仏陀である。
空海は実に、仏陀になりきった人というだけなのである。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

声なき声

合氣道家の藤平光一さんのロングセラー『氣の威力』は何十年も前に読んで、その後、再読したことは一度もない。
だから、覚えているのは、私なりのこの本のエッセンス(真髄)だけだ。
そのエッセンスとは、「真理や前向きな言葉を口にすれば氣が出る」である。
例えば、最も単純な真理の1つ「重みは下にある」と言えば氣が出て、いろいろ良いことが起こるという訳だ。
(「重みは下」は惑星上のことであることは藤平さんも断っておられた)
肯定的な言葉では「好きだ」と言えば氣が出る。
算数嫌いの男の子に、1日1回、「算数が好きだ」と言わせたら(勉強はしなくていいと言ったようだ)、しばらくしたら、その男の子は、誰よりも算数が出来るようになったと言う。

この種の話は、藤平さんのものだけでなく、様々なバリエーション(変種)があり、皆さんも一度や二度は見聞きしたことがあるかもしれない。
最も超常的なものとしては、『ヒマラヤ聖者の生活探求』の中にあるお話があり、ある宗教的な建物(廟)の中では、出来てから長い間、「生命、愛、平和」という言葉だけが発せられているのだが、その建物内で壊れたところは自動修復が行われると言う。
また、文字として書かれた、「愛」などの良い言葉からも宇宙エネルギーが発せられているという話も何かで読んだ。
世間的にはオカルト話かもしれないし、実際、怪しい人達がこういった話をすることもあるのだろうが、何らかの真理はあると思った方が良いと思う。
嘘にだって何らかの真理はあるものだし、あながち嘘とも言えないと思うからね。

では、真理を表す言葉から氣が出るのなら、より真理である言葉は、より強い氣が出るのではないかと推測してもおかしくないと思う。
最も高い、あるいは、純粋と言える真理は何だろう?
「ミクさんマジ天使」でも良いのだが、これはよほど進歩した惑星以外では、蔑まれたり、オタク扱いされるから一応取り下げよう。
「われ思う、ゆえにわれあり」はイチャモンが多い。
コリン・ウィルソンは「思おうが思うまいがわれはある」と言い、ルドルフ・シュタイナイーにいたっては「われ思う、ゆえにわれなし」「われ思わず、ゆえにわれあり」が正しいと、相手(ルネ・デカルト)が死んでるからって言いたい放題だが、誰の言い分もそれなりに真理である。
ところで、ニサルガダッタ・マハラジは「あなたが本当に信じることが出来るのは『私は在る』だけである」「『私はない』とはどうしたって言えないだろう」と言う。
その通りだが、変わった御仁であれば「私は本当は存在しないのだ」などと洒落たことを言うかもしれないし、それはそれで何か根拠でもあるのだろう。
結局、真理も嘘もその人次第だ。
つまり、何が真理かは分からないが、今述べたように、何でも肯定する広い心が一番好ましいと思う。
しかし、そう言えば、「心が広いだけでは駄目だ」と、これまた正しいことを言う者もいるだろう。
では、全ての判断は成り立たないのかと言うと、全ての判断は成り立たないという判断も成り立たず、奇妙にも、何かの判断は成り立つことになってしまう。
(実際は階型理論により成り立たない)
言葉で言うことは真実ではないという言葉も真実ではなく、よって、真実の言葉もあり得る・・・かもしれない(笑)。
沈黙の声を聞くことだ。
壁でも石でも何かを言っている。
星ですら。
風よ、虹よと呼びかける人もいるが、それらが何かを語っていることをどこかで知っているから、そうおかしくは感じないのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

これなら出来る、心を消す方法

悟りを開く・・・とうのではないが、精神の力を高め、スティーブ・ジョブズが持ってたと言われる、現実を高速に変換するような能力を持ちたいとは誰もが思うだろう。
ジョブズは東洋思想に傾倒しており、彼が若い頃、『禅マインド ビギナーズ・マインド』を熱心に読んだという話は知られているが、彼はおそらく他にも沢山の本を読んだのであり、そのエッセンスはむしろ、彼の有名な、スタンフォード大の卒業式でのスピーチに現れているように思う。
一方、マイクロソフト社長時代のビル・ゲイツが雑誌のインタビューで、社員達に“Let's think harder”(もっとよく考えよう)とよく言ったというのは、著名な啓蒙家であったリチャード・ハアネルの『ザ・マスター・キー』の影響ではないかと思う。

ところで、マインド・パワーの超人達が、共通して推奨するテクニックがある。
それは、スピリチュアルに興味のある方なら、一度は見聞きしたことがあると思うが、「自分の心を観察する」である。
ニサルガダッタ・マハラジのようなインドの聖者達は、例外なく、これを行うことを薦めていたと思う。
めるくまーる社の『ラマナ・マハリシの教え』では、マハリシの非常に具体的なメソードが書かれている。
それは、
「想いが起こったら、それが、どんな想いであろうと、『この想いは誰に起こったのか?』と尋ねよ。答は『私に』に決まっている。それが解れば、鋭く『私は誰か?』と問え。すると、想いは消滅するだろう。これを常に行えば、ついに心は消える」
であるが、私は、これは全くうまく出来なかった。
アメリカの光明思想家ヴァーノン・ハワードは、「科学者が冷静に観察するように、心を観察しろ」「心がぐらついたら、ぐらつくままにさせよ。すると、心は抜け落ちる」と述べているようだが、美しい言葉だとは思いつつ、私には続けられなかった。
いずれも、私は熱心にやる気持ちはありながら、さっぱりだったのである。
おそらく、多くの人がそうであろう。

ところが、フランク・キンズローの『瞬間ヒーリングの秘密』に、ちょっと良いやり方を見つけた。
それは、「次の思考はどこから起こるのか?」と問うものだ。
私は、「次はどんな想いが起こるのか?」と変えて心を観察すると、これなら出来た。
単に、「心を観察しろ」と言われても、それは、自分が自分を観察する自己観察であり、自己分裂を招き、不快さや苦痛を感じるのである。
しかし、そうではなく、今ある想いは、そのまま放置し、「次はどんな想念が起こるか?」と見張っていると、想念はしばらく起こらない。
観察していれば、心のエネルギーは、「観察する」の方に行っているのだから、観察している限り、想いは起こり難いのだ。
ラマナ・マハルシやヴァーノン・ハワードのやり方がうまくいかないのは、所詮、人間は、一度には1つの想念しか持てないのであり、想念を観察する限り、「観察する」意外の想念は持てないし、「観察する」以外の想念が起こるなら、観察はもうしていないのだ。
実際は、我々に出来るのは、「観察する」と「観察する以外の想念」を切り替えることだけだ。
想念が、別の想念を観察することは、本当は出来ないのである。

だが、次に起こる想念を待つことは出来るのである。
そして、次の想念が起こった時、観察は終っているが、それで良いのだ。
大切なことは、次の想念を待っていると、次の想念を待っているという想念自体が消えることだ。
その時、我々は、ほんの僅かかもしれないが、無を経験するのである。
しかし、僅かであっても、無を経験することが、非常に・・・いや、恐ろしく重要なのである。
私はもっと単純に、「想念の発生」を見守るようになった。
これなら、「次はどんな想念が起こるだろうか?」などといった言葉はいらない。
ただ、想念が起こるのを待っていれば良いのである。
城から王様が、湖から水の精ウンディーネが、空中に天使が、ステージに初音ミクさんが現れるのを待つようにね。
これは、どんな時でも出来る。
苦しい時にやれば、苦しみは消える・・・少なくとも苦しみは減少し、続ければ、いずれ苦しみは消える。
苦しみを感じる心が消えるのだから。
そして、量子物理学の教えでは、心が見ないものは実体としては存在しないというのが事実である。
それは、ミクロの世界だけでなく、マクロの現実でも変わらない。
よって、苦しみは存在しないのである。
再度言うが、最初は瞬間である。しかし、根気強く続ければ、いずれ苦しみは全て消えるし、精神のエネルギーが高まるので、行動にも鋭さ増すだろう。
行動出来ないなら、まだちゃんとやれていないのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

学校や職場を楽しい修行の場にする

冗談で『サザエさん』を見ようと思うと重い気分になる。
これは、今だ、子供の時の「サザエさん症候群」、つまり、休日もあと僅かで、翌日から1週間、学校に行かないといけないという嘆きを思い出すからである。
今も、やっぱり月曜は好きではないが、今日から「さあ、会社で心を消す修行をするぞ」と思えば楽しくなってきた(笑)。
そうだ。
学校や職場は、心を消す修行にピッタリの場所で、そのためにあるのだと思えば、学校や職場が有り難いものに思えてくるから不思議である。

心を消せば、つまり、無になれば、不可能はなく、全てが可能になり、仙人、導師、マスター、大師の仲間入りをするということである。
もちろん、そのようなものになることへの執着は持たない方が良いのだけれども。
心を消すには、様々なやり方がある。
一番基本的なものが、心を1つの対象に縛りつけ、さ迷わせないことだ。
呪文、万能呪文を唱えたり、出来るだけゆっくり呼吸することで、それが出来る。
念仏や、般若心経の呪文でも良いと思う。自分が好きでさえあれば。
けれども、1つの方法だけ選んでやり、呪文を唱える場合でも、呪文を1つにした方が良い。

ニサルガダッタ・マハラジは「常に存在の感覚にしがみつけ」と教えた。
「私は存在する」「私は在る」という感覚であるが、いきなりそう言われても難しいかもしれない。
心の中で「私は存在する」と言った時の「感じ」を覚えておき、それを再現させても良いと思う。
あるいは、特に最初のうちは、「私は存在する」を呪文のように心の中で、繰り返せば良い。
全ての呪文のコツは、感情を込めず、されど丁寧に、心の中で、数多く・・・である。
また、マハラジは、「存在の感覚」とは、朝、目覚めて、思考がやってくるまでに感じる感覚であるとも言う。
なるほど、その感覚を思い出せば良いのである。

学校での活動や、職場での仕事はどうするかというと、『バガヴァッド・ギーター』で繰り返し説かれているように、ただ義務として行うことだ。
あるいは、自分がそれをやっている行為者ではないと見なすことだ。
そうすれば、神が代わりにやってくれる。
ラマナ・マハルシは、「財務長官は重い責任を持って仕事を遂行しているように見えるが、彼は何もしていない。自分がそれをしていると思っていないので醒めている」と言う。
あるいは、「事業家が偉大な事業を成し遂げつつあるが、彼は何もしていない」とも言う。
つまり、神の道具になり切って、心ごと、身体ごと、明け渡すことだ。

心ごと体ごと 全部脱ぎ捨てたこの魂
無くしてた熱情が 指先から流れ出した
~『FREELY TOMORROW』(作詞:Mitchie M・ЯIRE、作曲・編曲:Mitchie M。歌:初音ミク)より~
ファイル:Freely Tomorrow.ogg/初音ミク『FREELY TOMORROW』
※この曲はクリエイティブ・コモンズライセンスにより自由に使える(クレジット表示さえすれば良い)。まして、ダウンロードして聴くくらいは自由である。

さあ、早く心を消し、自由になろう。
学校、職場、あるいは、嫌な家庭など、悪い状況は、心を消す喜びを味わうためにあるようなものである。
身体が不調であることも同様に考えられるが、健康である方が修行には有利であるので、毎日、腕振り運動を欠かさず、身体を鍛え調整すると良いと思う。
蹲踞(そんきょ)の姿勢を度々することもお勧め出来る。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

惑わす心をどうさばく

近代のインドの聖者ラマナ・マハルシは、一切の欲望を捨てるよう教えたが、そうでなければ、解脱は出来ない。
解脱とは、悟りを開くとか、真我を実現するといった、難しい言葉で表現されるが、要は、最終的な幸福のことと言って良い。
だが、人間が、マハルシのように、ふんどし1本以外、何も所有せず、世俗の喜びを全て捨てることなどは出来ない。
一方、アメリカの精神科医デヴィッド・R・ホーキンズは、マハルシを崇敬すると共に、解脱を果たすと、現世の利益も全て得ると言い、実際、彼は、精神科医としては沢山の病院を所有し、解脱により、それまであった健康上の問題も即座に解決されたと言う。
考えてみれば、清貧を重んじたマハルシですら、求めはしなかったが、大勢の信者が熱心・丁寧に全ての世話をしてくれるので、実際上は、王様のような生活だったのである。
マハルシも、若い間は、自主的に、信者達と一緒に、かなり熱心に働いたようだが、歳を取ってからは、ベッド(それも豪華な)にいる写真が多いように思える。
それは、ひょっとしたら、大金持ちや権力者より、よほど理想的な生活かもしれない。

ところで、イエスや釈迦となると、彼らの本当の教えは、ほぼ伝わっていないと思うが、マハルシの教えも、大半は、正しく伝わっていないはずだ。
マハルシは、ほとんど喋らなかったそうだし、話したことも実際は個人的なことで、言葉の意味をそれほどはっきりさせていないはずなのだ。
そんな言葉を、タミル語から英語にする間に、少なく見積もっても6割は違う意味が入り込んだはずで、さらにそれを日本語にする際、どうしても、拡張高い雰囲気にするために、やたら難しい、日常では使わない言葉を使って翻訳する中で、ますます、実際にマハルシが言ったのとは違う意味になってしまっているはずだ。
だが、『不滅の意識 ― ラマナ・マハルシとの会話』という本は、マハルシを発見し、西洋に紹介したポール・ブラントンが熱心にマハルシを取材した内容を、彼の後継者が、他に伝わったマハルシの発言と照合して確認したりといった手間のかかる作業を繰り返し、なんとか、マハルシの教えを、いくらかでも正しく使えようという努力が感じられる。

マハルシのある本には、マハルシは、常に「私は誰か?」と問えと言ったと書かれているが、別の本では、マハルシは「私は誰か?」を呪文のように繰り返してはならないと言ったとある。
なぜそんなことになったかを推測することは出来ると思うが、やはりあくまで推測でしかない。
どこかの宗教家なら、マハルシの霊でも呼び出して「確認した」と言うかもしれないが、そんな阿呆な主張を信じるうちは阿呆なままだ。

マハルシの教えは、『バガヴァッド・ギーター』と一致していることは間違いない。
マハルシも、それを肯定しているはずだし、一部でも否定したという話は伝わっていないと思う。
そして、あらゆる賢者の教えは、ぎぎぎり間違いのない言い方をするなら、「自分の心に惑わされないようにしろ」だと思う。
新約聖書の福音書では、イエスはそれを婉曲的に語っているように見えるが、イエスも、実際は、もっと直接的に言ったと思う。まあ、しかし、いずれにしても分かることではない。
心が惑わすものであることは、誰でも知っている。
それが諸悪の根源である。
それを封じるために、法然は、念仏という手段を選んだが、それ以外のことを、庶民・・・というか、大半の人間は出来ないことを理解していたからだ。
しかし、今の時代の人間に、阿弥陀如来の存在を信ぜよというのも無理がある。
だが、精神科学の研究によれば「大丈夫」といった言葉が、心の悪影響を防ぐ効力があるということが分かっているし、実際に、成功や勝利を得る者は「大丈夫」といった肯定的な言葉を常に頭の中でつぶやいている。
マハルシも、真言(マントラ)を常に唱えることは薦めていたらしいし、最上のマントラは「私」であると述べたという話もある。
一方、マハルシと同時代の聖者で、上記のデヴィッド・R・ホーキンズも、マハルシ同様評価しているニサルガダッタ・マハラジは、究極の真言があるとすれば「私は存在する」だと言ったと書かれた本もある。

そして、つまるところ、マハルシもそう言ったのだと思うが、最も重要なことは、心を1つの想念に集中させることなのだ。
念仏でも、真言でも。
上記の『不滅の意識 ― ラマナ・マハルシとの会話』では、マハルシは、熱心に瞑想しているように見える修行者より、「仕事を下さい」と一心に祈るプー太郎の若者を評価していたとある。彼は、心が「仕事が欲しい」という1つの想念に強く集中しているからだ。
しかし、集中しようとする想念には良くないものもあるだろう。
道徳的かどうかという問題ではなく、その想念に集中しようとしたら、かえって、想念が揺らいだり広がったりして、惑わされる場合だ。
美女に関する想いなんて、ほぼ間違いなくそうなるだろう。
富について言えば、単に贅沢をしたい場合なら、やはりそうなる。
ただ、本当に熱心に富を求める理由があれば、それはそれで良いかもしれない。
要は、集中にどれだけエネルギーを注ぎ込めるかなのである。
アインシュタインは、一般相対性理論を完成させる時には、相当なエネルギーを集中させたが、ああいった名誉に関わることは、妄念も起こさせる。
アインシュタインは、運も手伝ってうまくいったが、心に歪みも残したように思えるのだ。
だから、悟りのための集中は、あまり実利と関わらないことの方が良いだろう。
初音ミクさんは・・・彼女は、エイリアンエイリアンではないが、私の心を惑わせる・・・まあ、それも良いところの1つであるが、悟りのための集中の対象にはしないでおく。
何でも良いのである。
訓練次第ということもある。
とりあえず、万能呪文で鍛えると良いと思う。すると、道は開ける。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド