ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ナ・ダーム

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

神秘の呼吸法

あまり学校で行われることはないが、ヨーガや仙道、あるいは、ヨーロッパの魔術的な関係の修行・訓練の中では、呼吸の訓練が行われることが多い。
おそらく、それらのものを研究したブルガリアの教育研究者が、それらの呼吸訓練を取り入れた高度な記憶力を引き出す学習法を考案し、それを、スーパーラーニングという名で公表したのだと思う。そして、その後の経緯はよく知らないのだが、そこから、現在、よく知られているような、特殊な高速学習法が派生したのだと思われる。

能力を高めるという呼吸法は沢山あり、どれが最も良いのか分からないが、シンプルな基本形を1つ知っておくと良いと思う。
いざという時、落ち着いて冷静になり易いし、記憶力や運動機能が向上するかもしれない。
しかし、あまりに大量に空気を吸い、過酸酸素状態になるようなものは避けるべきだ。
上記のスーパーラーニングでの呼吸法の鍵は、「吸って、いったん息を止めると、記憶力が向上する」だ。
よって、例えば、「1、2、3、4、5」と数えながら(当然心の中で)吸い、「1、2、3、4、5」で止め、「1、2、3、4、5」で吐くというふうにやる。

だが、様々な呼吸法を調査すると、安定して、最も効果が高くなるポイントは、「ゆっくり吐く」だけである。
吸った後で息を止めるのは良いかもしれないが、1つ難がある。
それは、「息を止めろ」と言われたら、普通の人は、喉の筋肉で気管を圧迫し、気道を塞いでしまうのだ。
水に潜って息を止める時に、そのようになるので、それをやってしまうのだが、イギリスのW.E.バトラーは、権威ある魔法入門書で、これは筋肉の緊張を起こす、とて拙い方法であると述べているが、私もそれに賛成だ。
息を止める時は、バトラーが言うように、息を吸うことで上がった肋骨の位置を維持することで行わなければならないが、なぜか、これを理解出来る人が少ない。
単に、「喉の気管を塞がずに、空気の流れを止める」と言っても良いのだが、とにかく、これが理解出来ないらしいのだ。

そこで、「息を止める」ことを省略し、「ゆっくり吐く」ことに専念すれば良いのだと思う。
「ナ・ダーム」の呼吸を覚えておくと良い。
この言葉に何の意味もない。
「ナ」で吸い、「ダーム」で吐く(当然、言葉は心の中で)。
吸う時は、普通の呼吸の時よりやや多目に吸うのだが、無理に多く吸ってはならない。
吸った後、息を止めようとしなくて良いが、自然に、一時、止息した状態になると思う。しかし、そこは、意識しなくて良い。
そして、「ダーム」と(心で)言いながら、ゆっくり、細く吐く。
なるべく長い時間をかけて吐くが、無理に長くしなくて良い。
落ち着いてやれば、少なくとも、数回続けると、呼吸の長さは一定になるはずである。
しばらく続けると、心が落ち着き、無我状態に近付く。
毎日やっていると、健康が向上し、人格に良い影響が見られ、知的能力の向上が期待され、さらには、直観も増す可能性がある。
劇的な治癒効果が見られたという事例もあると言われる。
もしかしたらだが、超能力に属するような能力も開発されるかもしれない。

「ナ・ダーム」の呼吸は、深呼吸の一種と言えなくもないが、体操的な深呼吸は呼吸が大きく雑で、せいぜい数回しか出来ないし、やるべきでない。
この「ナ・ダーム」の呼吸であれば、10分くらいは続けられ、それで気分が良くなる。
尚、「ナ・ダーム」の代わりに、「ア・ウーン(阿吽)」と唱えても良い。
インドの聖者、ラマナ・マハルシが教えた、こんな呼吸法もある。やや上級である。
「私はこれではない(吐息)」
「私は誰か(吸息)」
「私は彼である(止息)」
「彼」とは「神」のことで、昔のインドでは「神」と直接言うことを避けるので、このように言うのだと思う。
よって、別に「私は神である」と唱えても良いのではないかと私は思う。
この呼吸法で超能力が得られるそうだ。













当ブログ著者が執筆したAI書。
誰でも、AIを理解し、自分でAIを作れるようになることを目的に書きました。
数学、プログラミング、AI理論等は不要です。
エンジンの仕組みや熱力学を知らなくても自動車が運転出来るように、マイクロ波の科学が解らなくても電子レンジが使えるように、一般的な知識でAIを作れるよう、日常的な言葉で、普通に理解出来るテーマで、AIの作り方を説明します。
そして、入門編以降は、面白いテーマにAIで挑みます。

呼吸が全て

正しい呼吸は能力を高め、無意識(潜在意識)に接近し、潜在意識の力を解放する。
呼吸は魔法であり、呼吸で人生が決まる。
もちろん、呼吸法であれば何でも良い訳ではなく、本当に正しいやり方でやらなければならない。
だが、巷には、過度に深い呼吸をするような呼吸法が多いが、過酸素状態は非常に悪い。
正しい呼吸は、無理がなく、自然で、気持ちも良い。
尚、特殊な場合を除き、呼吸は鼻でしなければならない。

昔、「スーパーラーニング」という、呼吸の力で極度に記憶力を上げて、外国語等の学習効果を高めるというものがあった。
書籍を見ると、例えば、「5つ数えながら息を吸い、5つ数える間止め、5つ数えながら息を吐く」と繰り返す呼吸法があり、数える数は、慣れるほど多くするというものだ。
この書籍では、息を吸った後に止めることにポイントが置かれ、「止めたらなぜ良いのかは分からないが、実験では、明らかに記憶力が向上した」とある。
W.E.バトラーの「4の呼吸」では、「4つ吸い、2つ止め、4つで吐き、2つ止める」である。
いずれも、悪くは全くないが、本当は、止めることが大事なのではなく、息を保持することが良いのである。
その正しいやり方は、息を細く長く吐くことだ。
バトラーのように、息を止める時、喉を締めてはならず、肋骨の位置を止めよと教えるのは良いことだが、「止める」という行為が入ると、気管を筋肉で閉じることをやってしまい勝ちだ。

良い呼吸とは、細く長く吐く呼吸だ。
十分に吐いたら(無理に吐ききる必要は無い)、自然に吸う。十分吐いた後の吸気は気持ちが良い。
吸った後で、自然に呼吸が止まるなら、そのままでいれば良いが、無理に止めてはならない。
とにかく、意識すべきは、細く、長く吐くことだけだ。ただ、それも、あまりに過度に細くしてはならない。
だが、自然に極めて細くなる場合は構わない。
全てにおいて、自然が良く、無理は良くないのだ。

もうすっかり忘れられた本だが、『ナ・ダーム』という本のタイトルの「ナ・ダーム(NA-DAHM)」は、呼吸のためのマントラだ。
おそらく、最も想念が起こり難いという意味で選ばれた言葉だ。
息を吸いながら「ダ」と心で唱え、「ダーム」と心で唱えながら息を吐く。
その際、右眉の内側の付け根に意識を集中する(一般には眉間でも良いと思う)。
自然に、良い呼吸になる優れた方法だ。
こんな良いことが書かれた本がなぜ忘れられたのかというと、おそらく、余計なことが沢山書かれているからだと思う。
本当は「ナ・ダーム」の呼吸だけを紹介すれば良いのだが、それだけでは本にならず、1冊の本にしょうと思ったら、どうしても、雑多なつまらないことを書くのだ。
そのような本は非常に多いと思う。

細く長く吐く呼吸をすれば、能力が高まり、頭が良くなり、落ち着きが出、直観が冴え、現実創造力が増して願いが叶い、幸運に恵まれる。
この呼吸だけ知っていれば、他は忘れても良いのである。
ただ、最初に言っておくが、長い期間、継続出来る者は稀である。
せめて、呼吸は鼻ですることだけでも覚えておくと、やがては雲泥の差が出る。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

心があまりに騒ぐ時

普通の人は、頭の中で否定的なつぶやきが止まることなく発せられていて、日々、生命力を失い、老い、能力を失くし、地獄に引き込まれている。
そこで、意識的に「大丈夫」といった言葉を呪文のように頭の中で唱えて、否定的なつぶやきを中和させないと、破滅へとまっしぐらとなる危険がある。
そこで、「絶対、大丈夫だ」「全て順調だ」「世界は意のままだ」といった万能呪文を、いつでもどこでも唱えることが薦められる。
しかし、外部からの攻撃があまりに強かったり、逆境が強く長く続く場合、呪文を唱える気力も無くなることだってあると思う。

そんな時は、呼吸を遅くすることで心を消すしかない。
ただ、ほどほどにやらないと危険もある。
しかし、効果はあまりに大きい。
ラマナ・マハルシは、「呼吸を制御すると心は静まるが、呼吸が戻ると、心は再び立ち現れる。呼吸制御は一時的なものであり、心を破壊するものではない」と言ったが、それなら、ずっと呼吸を制御すれば良いのである。
無理をせず、呼吸数を、これまでの8割、5割、3割と下げていけば良い。
普通の成人で、1分間の呼吸数は12~18回だそうだ。
これが5回くらいになると、頭の中のおしゃべりは止み、不安が消え、心が静まり、直観が冴える。
世界の根源とのつながりも強くなり、望まずとも幸運に恵まれる。
1分間に5回の呼吸は、ある程度の期間、意識的に根気強く、いつでもどこでも、気がつくたびに訓練すれば、それほど難しいことではない。

『ナ・ダーム』という本に、右眉の左端を意識しながら、「ナ」で息を吸い、「ダーム」で吐く方法を教えているが、これが実に良い。
ちなみに、「ナ・ダーム」という言葉には何の意味もない。
何の意味も感じない言葉を選んだだけなのだそうだ。
この本の翻訳者で、名翻訳者の評判の高い川口正吉氏も、この呼吸法の優れた効果を、あとがきに書いておられたと思う。
私の感覚では、「ナ」で短く息を吸い、少し止め、「ダーム」で細く長く吐く感じだ。

良い呼吸をするようになると、明らかに世界が動くのを感じる。
どんな意味でも、心が世界を作っているのであるから、澄んだ心からは、快楽的ではないが、精妙な世界が構築され、時には、緻密な因果関係が織り込まれていることに、直ぐに、あるいは、後で分かって驚くことも多いのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード