ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ドナルド・トランプ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

アメリカ人の魂を見た

アメリカ合衆国大統領は、就任式で聖書に宣誓を行うことはご存じと思う。
また、裁判においても、嘘を言わないことを誓うために、初めに聖書に宣誓を行う。
どんな悪者だって、神様に向かって嘘は言わないのである。
これらは、日本人には不思議な感じもすると思う。

クライスラー社を立て直したことで知られる伝説のCEO、リー・アイアコッカの自叙伝『アイアコッカ わが闘魂の経営』は大ベストセラーになったが、アイアコッカは、その続編『トーキング・ストレート アイアコッカPart2』の前書きに、「『ジョーズ2』はそんなにヒットしなかった。パート2は駄目なんだ」などと書いていたが(笑)、確かに、パート1ほどはヒットしなかったこちらに、私にはとても印象深い話が沢山あった。
その中でも最大のものが、アイアコッカが主導となって行った、ニューヨークの自由の女神の老朽に伴う大規模な補修プロジェクトの話だ。
ある老婦人が、自由の女神再建に多額の寄付をする条件として、 『アイアコッカ わが闘魂の経営』を貰えないかと言う。
図書館では、長く順番待ちをしないといけないが、買ってまで読もうとは思わないと言う(笑)。
アイアコッカは「自動車業界に入って四苦八苦する男の話には10ドルでも勿体ないが、自由の女神のためには数十万ドルでも惜しくないらしい」と言いながら、その女性に本を贈ったらしい。
そんなこんなで、自由の女神復旧式典の日が来たが、その日、ニューヨークでは車のホイール1つも盗まれなかったと言う。
自由の女神をお祝いする日は、泥棒だって休日にするのである。

今回のアメリカ大統領選挙の不正と戦うため、自主的にトランプ陣営に参加している(トランプ弁護団の正式メンバーではない)、元連邦検察官であるスーパー弁護士のシドニー・パウエルは、この戦いの意義を「アメリカの自由と正義のため」「神への崇拝のため」であることを強調するが、それが、非常に崇高な信念と強い決意を感じさせる。
彼女は、本当のアメリカ人なのだ。
パウエルだけでなく、不正に抗議し、ワシントンに集まる数十万の人達(日米の主要メディアは「数千人」と嘘を言う)も、「自由」「アメリカの正義」「神への崇拝」を堂々口にし、高らかに『ゴッド・ブレス・アメリカ』を歌う。
これがアメリカの建国精神であり、それが今も、多くのアメリカ国民の心にしっかり息づいていることが分かる。
こんな人達がいる限り、トランプ再選は疑いないと思うのだ。
不正選挙を平気で行う者達は、それが、中国共産党の陰謀か何かは私には分からないが、利益のために、貴いアメリカン・スピリットを生ごみと一緒に捨ててしまったのだろう。

全てのアメリカの貨幣には、「IN GOD WE TRUST(我々は神を信じる)」と刻印されている。
これは、アメリカ合衆国の公式の標語であり、オハイオ州と並んで、大統領選を決すると言われるフロリダ州の標語だ。
この2つの州では、さすがに不正を行う者がいなかったのか、トランプが圧勝したが、この2つの州を落としながらバイデンが勝利するというあり得ないことが起こった。
ところが、集計終了後もバイデンの得票は伸び続け(笑)、今や、8千万を超えようとしている。いずれ、アメリカの人口も超えるかもしれない。
トランプの7千3百万以上の得票も記録的だが、こちらは、かなりの数が盗まれていながらである。
合わせて1憶5千万以上・・・あり得るだろうか?
インチキはどうやってもバレるのだ(イエス様もそう言っている)。
この異常事態の中でも、日米の主要メディアは、今だ、勝手にバイデンが次期大統領であると決め(大統領を決めるのはアメリカの法で、メディアではない)、トランプのネガティブな捏造報道を行うのであるから、今やメディアが世界を滅ぼそうとしているのであり、この選挙結果によっては、アメリカだけでなく、人類は終焉に向かう。

無神論者と言われる日本人だって「神を畏れよ」という言葉を軽くは感じない。
聖書の神と比べ、日本の神は優しくて大らかであるし、仏様は限りなく慈悲深い。
だが、いかに神仏が優しくても、それが魂の奥底にある人間には、自ずと悪事に制限がかかるし、法だからというよりは、気持ち良いから悪を避け、いざという時は善をなすのが日本人のはずである。
神を宿す魂を踏みにじる者は、自ら滅びるだろう。








何か1つだけ聖なるものを持つ

鴨長明(かものちょうめい。1155~1216)の『方丈記』という、日記調の随筆ほど簡明を受ける書はそうはないと私は思う。
確かにこれは、我が国で、『徒然草』、『枕草子』と並ぶ、古典三大随筆と言われているらしい。
鴨長明は、本当は、「かものながあき」という名で、歌人であったが、神職の、まあ、国家公務員みたいなものだったのだと思う。
それが、世間的な患い事でストレスが溜まり、世の中というか人生がすっかり嫌になったところは、経済的苦労はそんなにないが、何のために生きているのか分からないという、今のサラリーマンや公務員みたいなものではないかと思う。
それで、お勤めを辞め、山の中の小さな小屋に引きこもって、自然の中で清々しく生きることに決めた。
そんな清貧な生活を続け、聖人にでもなった気になり、そこそこ自己満足したのかもしれない。
だが、ある朝、何かのきっかけで気付いてしまった。
自分は、煩悩まみれの穢れた人間であることは、ちっとも変っていないということに。
まあ、どうせ、昨日見たJKのことでも思い出してムラムラしたのだろう(笑)。
その時、鴨長明は思わず、「南無阿弥陀仏」と念仏を三回唱えた。
確かに、念仏は、こんな人間のものだ。

ドナルド・トランプは、本当に、聖書を熱心に読み、神を信じて、正義を行おうとしているのかもしれない。
だが、全くの俗人でもあり、時にはボロも出る・・・いや、出まくりだ(笑)。
しかし、それを非難出来るような人間なんているはずもない。
それなのに、他人のこととなると、自分のことは棚に上げて、汚い言葉で糾弾する。
皆そうであるが、自覚があるかどうかの問題だけで、鴨長明は、いい歳になって、やっと認識・自覚出来たのだ。

私も、正義好きではあるが、つくづく俗人だ(笑)。
だから、鴨長明も、それを認めたことで、お友達という訳だ。
いや、私がそう思っているだけだが・・・(苦笑)
なら、それでいいから、例えば、念仏のようなものを持っていれば良いだろう。
マイク・ペンス副大統領は、トランプと違って(笑)、超人格者として知られ、彼を悪く言う人はいないという。
彼は、確かに日頃の行いは立派だが(妻以外の女性と食事をすることもないという)、彼とて聖人ではなく、やっぱり俗人であることは確かだろう。
その彼は、旧約聖書のエレミヤ書29章11節の聖句を、常に心に留めているそうだ。
それはこうだ。
「わたしは、あなたたちのために立てた計画をよく心に留めている、と主は言われる。それは平和の計画であって、災いの計画ではない。将来と希望を与えるものである」
後4年、トランプが大統領をやった後、ペンスが引き継げば、アメリカは良くなる・・・かもしれない(笑)。
だが本当、何でも良いのだ。
聖なるものを何か1つ持っている人がよく生きられるのではないかと思う。
私の知り合いに、とても成功した事業家がいて、見かけは貫禄ある人格者だが、付き合うと・・・まあ、やっぱり俗人で、それが理由で、彼のことをあまり快く思わない人も多い。
だが、やはり彼は凄いのだ。
そして、彼がこっそり、般若心経の小さなお経を常に携帯していることを知っている者はあまりいない。
彼は、時々、それを出して読むのらしい。だが、お経の意味とかはあまり知らないと言う。
そんなものを、1つくらいは持っていても良いと思う。
もちろん、念仏でも、短い祝詞でも良いのである。








Never give up(絶対に屈服するな)

私は、ごく若い頃、ナポレオン・ヒルの『巨富を築く13の条件』という本を読んだが、当時は今よりずっとものを知らなかったこともあるが、覚えていることは3つだ。
それはこうである。

(1)過去、どれほど愚かであっても成功出来る。リンカーンも40歳まではろくでなしだった(別の本で、ジョージ・ワシントンもそうだと分かった)。
(2)性エネルギーを浪費している(色ごとにうつつを抜かしている)間は成功しない。
(3)成功に必要な第一の特質は「粘り根性」だ。

今考えると、全く同感である。
(1)の何歳になってもやれるというのはこのままで良いだろう。
(2)の性エネルギーに関しては、残念ながら、浪費してしまっている人が多いだろう。そうさせることによって儲けている者も多い。
そして、(3)の粘り根性であるが、これがない者が多いのである。
引き寄せの法則を使えば、努力なく願いを叶えることが出来るのであるが、最初から、そう簡単にうまくいくはずがない。
だが、ほんの数ヵ月でうまくいかない程度で諦めてしまう者が多い。

「執着する」という言葉は、悪い意味で使われることも多い。
そこで、この言葉は、「諦めない」「屈服しない」「負けない(負けを認めない)」などと言い換えた方が良いだろう。
もちろん、例えば格闘技において、未熟な時に上級者と戦って、その時は、嫌というほど屈服を味わったり、悔しくても負けを認めるのは、むしろ非常に良いことだが、
「勝つことを諦めない」
「いつまでも屈服はしない」
「いつまでも負けていることは認めない」
ことは良いことだ。
アメリカ大統領選挙で、大手メディアは、負けを認めないトランプを非難(というより中傷)するが、トランプは不正に負けないだけである。
少々タフな人間でも、諦め、屈服し、負けを認める状況でも、彼は決して負けを認めない、屈服しない、諦めないだろう。
彼の粘り根性を焼き付けおくべきである。

そして、粘り根性に関する最上の処方箋がある。
ウィンストン・チャーチルの、歴史的な最高の講演を思い出せば良い。
死の直前だった、年老いたチャーチルがまた講演を行うというので、イギリス中が湧きかえった。
ところが、演壇に立ったチャーチルは、黙ってつっ立っていた。
もはや、話すことも困難になっているのだろうかと人々は思った。
だが、ついに彼は前かがみになり、こう言った。

Never, never, never, never give up.
絶対に屈服するな、絶対に、絶対に、絶対に。

4400ドルの家に生まれ、身長165センチの醜い男でありながら、海軍兵学校では委員長に立候補して当選してホワイトハウスに招かれ、アイゼンハワー大統領と握手し、誰もコンピューターを触ったことがない時代にコンピューターに取り組んで大事業を成し遂げ、社員がテロリストに拉致された際には、「こんな醜い男が社長だなんて誰も思わないだろう」と言って自ら交渉に出向き、大統領選挙に無党派で立候補して、一時は最高の支持率を得るも正当な理由があって撤退した、テキサスの大富豪ロス・ペローは、これを「究極のスピーチ」と言った。
もっとも、彼は、トランプのことは大嫌いだったらしいが(笑)。
※ペローは昨年(2019年)7月に亡くなった。








目標設定の恐るべき力

ドナルド・トランプは、少し前まで実業家だったのであり、政治の素人がいきなり大統領になったのである。
だが、彼は、この4年で、公約のほとんどを実現し、コロナ前は、米経済は絶好調で、コロナで落ち込んだ経済も、急速に再興しつつあり、今も失業率は驚くほど低い。
中東和平の合意を達成した業績に対しては、2度目のノーベル平和賞候補にノミネートされた。
つまり、彼のビジネスの知恵は政治でも立派に通用したのだ。
何度も破産し、いくつもの会社を倒産させて磨き抜いた知恵でね。
そんな知恵は、自分自身が痛みを負う破滅的な失敗を経験することのないエリート政治家には決してないものだ。
一説では、トランプは、ペンシルベニア大学に、替え玉受験で合格したという話があるが、もし、それが本当なら痛快なだけだ。
学校は実際には役に立たないばかりか、むしろ、偏見を植え付けられ、馬鹿になるだけかもしれないからだ。

トランプには学ぶべきところがあるが、本当は皆、大なり小なり、トランプのように生きたいのだから、特に研究すべき人間と思う。
彼の1つの大きな特徴はポジティブ・シンキング(積極思考)だが、彼は、ノーマン・ヴィンセント・ピールの『積極的考え方の力』の愛読者だ。
この本は、1952年に出版され、3年間、ベストセラーのトップを保持し、現在もロングセラーを続けている。
もう1つの特徴は、目標を明確にすることだろう。
メキシコとの国境に、どんな壁をどこからどこまで作るかを最初から明確に示したし、TPPやパリ協定、後には、WHOを脱退と言って、実際に脱退(あるいは脱退を通知)した。
自動車生産工場を、賃金の安い中国やメキシコに移した自動車会社に激を飛ばし、生産を国内に戻させて雇用を作ったが、これも、計画を発表した時は、誰もが無茶だと思った。
日本の菅総理なんかは、「行政の縦割りを打破」だの「雇用を確保」だのといった、曖昧な一般論の公約しか出せず、実際に何をするか全く分からない(本人も分かっていない)のとは偉い違いだ。
デジタル庁を作ると言うだけでドヤ顔をするが、何のビジョンもないので、何も良いことは起こらないだろう。

ところで、目標を明確にする力について参考になる面白い話をしよう。
アメリカのある大学で、卒業生に、将来持ちたい資産の大きさを質問した。
20年後に調査したら、目標資産の明確な額を答えた2%の卒業生の資産の総額は、残りの98%の卒業生の総額よりはるかに多かったようだ。
また、アメリカで65歳以上の高齢者を調査したところ、自力で生計を立てていたのは20%だけで、余裕があったのはわずか5%だった。
さらに聴き込み調査で明らかになったのは、自力で生活出来る20%は、目標を持っていて、余裕のある5%は、目標を紙に書いていた。
きっと、トップの1%は「明確な目標を紙に書いていた」のだと思う。
まとめるとこうだ。
・自分の力で生活出来ない80% -> 目標がない
・自分の力で生活出来る20% -> 目標があるが、15%の者は目標がぼんやりしている
・余裕がある5% -> 目標を紙に書いていた
・金持ちの1% ー> 明確な目標を紙に書いていた
このよいやり方は、『イット・ワークス』を参考にすると良いと思う。
わずか30ページの本で、180円(Kindlke版)だ。
成功法則の古典で、今でも最上のものだと思う。








戦いに勝つ極意教えます

アメリカの大統領選挙は、まだまだ続くし、トランプには徹底的に抗戦して欲しいと思う。
その弊害も分かるが、アメリカのメディアは不正疑惑を完全に無視・・・どころか、それがあったなんて言う者は社会不適合者だという観念に民衆を誘導し、日本のメディアもそれに倣っているが、もし、本当に不正があったのなら、このまま見過ごすことは、人類の滅亡につながるということが分かっているだろうか?
天は、そこまで道理に反することに寛容ではないと思うからだ。
もちろん、真実は私には分からないが、不正は9割方、あったと思う。

そして、ついでにという訳ではないが、トランプには、良い戦い方の見本を見せて欲しいと思う。
本を読むより、実際の戦いを見た方が分かり易いからだ。
昔は、マスメディアの全く信用出来ない報道しか見ることが出来なかったが、今はインターネットや、その上のSNSがある。
そして、ネットの情報の真偽を判断することが、今後、絶対的に必要な能力なので、マスコミの情報は、単に1つの(怪しい可能性が高い)情報として扱い、後は、ネットの情報を自分で収集・分析すると良い。
トランプがもし、アメリカの腐敗に立ち向かうなら、全く楽な戦いではないが、中途半端に撤退せずに、最後まで戦って欲しい。

ところで、真偽は判らない情報だが、トランプ(陣営)は、本物の投票用紙には、GPS対応のナノチップを埋め込んでいて、民主党が用意した偽の不正な投票用紙(ナノチップが埋め込まれていない)を簡単に区別出来るという話がある。
通信が出来るナノマシン自体は、だいぶ前から軍事関係で研究されていることは確実で、おそらく、既にある。
何せ、今後は、マイクロレベル以上の大きさの兵器は時代遅れとまで言われていて、兵器の主流は、ナノレベル以下になると言われている。
1マイクロメートル=0.001 ミリメートル
1ナノメートル=0.000001ミリメートル
だが、紙に、目視しただけでは分からない秘密コードを埋め込むだけなら、現在はまだ特殊技術だとはいえ、プリンターで出来、普通のオフィスでも利用されている。

一説では、ウィスコンシン州やミシガン州では、バイデンに投票された、それぞれ12~14万枚位の偽の投票用紙が運び込まれたが、本物の投票用紙に、上で述べたような細工をしておけば、偽物が簡単に判別出来るのである。
このように、敵の作戦を事前に推測して、その裏をかくことが最良の戦術であり、もし、トランプが、民主党の計略を予測し、上記のような備えを事前にしていたなら、しっかりとした戦術家と言え、国家のリーダーとして頼もしい。

戦国時代に、伊達政宗は、自分の書状に押す紋の一部に針で穴を空けていたが、ヤバい密書にだけは、穴を空けなかったという。
それにより、密書を奪われて晒された時は、
「それは偽物の密書である。私の本物の書状であれば、必ず、紋に針で穴が空けてある。お疑いなら、私の書状を全て調べてみよ」
と言ったという話がある。

戦術とは、事前に備えてこそ威力があるのであり、「俺はいつも出たとこ勝負だ」と言う者は、戦いにおいて、役立たずの無能者である。
事前に備えるには、優れた予測能力が必要で、優れた予測をするには、情報収集能力が必要である。
そして、AIは予測する道具なのであり、今後の世の中で戦いに勝ちたければ、私の、誰でもAIを作れるようになる本を読むことをお薦めする。
『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)である(宣伝だー 笑)。

ところで、予測して事前に準備して戦うことを、感動するほど見事にやるのが、『BEATLESS』の美しき少女型アンドロイド、レイシアだ。
戦力、火力で劣っていても、強大な敵が、レイシアの頭の良さの前に、ペテンにかけられたように慌てる。
『バガヴァッド・ギーター』でも、至高神クリシュナが言っていたではないか。
「私は大賭博における詐欺師」
トランプには、レイシアのような、クエリシュナのような戦術の冴えを見せて欲しい。
ところで、私なら、月わずか500万ドルで雇えるのである(笑)。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード