ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ドナルド・トランプ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

あの人はなぜ世の光か

引き寄せの法則の大きな原則の1つが、「良い気分だと良い現実を引き寄せる」であることは、引き寄せの名人のほとんどが同意すると思う。
「幸福の絶頂で不幸に襲われて急転落」なんてのは、お話としては面白いが、転落が訪れる前には、実際は、心に大きな影が落ちているものだ。

だから、人に幸運をもたらしてくれる有難い人というのは、人を良い気分にしてくれる人だ。
斎藤一人さんが、「有名人になると、一緒に食事をしてあげるだけで喜んでもらえる」といったことを本に書かれていたのを思い出すが、それは、斎藤さんを好きな人が沢山いるという意味で正しいだろう。
もちろん、いくら有名でも、斎藤さんを知らない人は多いし、斎藤さんを知らない人が斎藤さんと食事して、斎藤さんに、スピリチュアルに「幸福になる神の真理はだね…」などと言われたら、さっさと帰りたいと思うだろう(笑)。
一方、やはり、斎藤さんのファンなら、斎藤さんと一緒に食事が出来れば、天にも昇る気持ちになるかもしれない。

だが、一番良い気分にしてくれるのは、やはり、身近な人なのだ。
例えば、勤めている会社の社長とか、会社の偉い人が褒めてくれたら、勇気を与えられるなど、良い気分になる場合が多いと思う。
まあ、上司であっても、部下に「あいつにだめは褒められたくない」と言われる人も、今はかなり多いし、私もいっぱい見た(笑)。
そこで、出来れば、家族、友達、恋人が、相手を心から良い気分にしてあげられると良いと思うが、これも、昨今は難しくなりつつあるかもしれない。
自分以外の誰か1人でも良い気分にしてあげられる人が本当に立派な人で、ドナルド・トランプのように、膨大な数の人を良い気分にしてあげられる人は世の光なんだろう。
ジョー・バイデンを見て良い気分になる人が・・・いるとは思えないが、どうなんだろう?(笑)

人を良い気分にしてあげられる人は、まず、自分が良い気分でなければならない。
トランプ大統領は、苦しい状況でも、きっといつも上機嫌なのだと思う。
私もそうありたいと思うが、そういえば、最近は私もいつも上機嫌・・・とまではいかないが、「わりと」良い気分である(笑)。
人間は、「わたしはXXXXだ」とアファーメーション(肯定的な断言)をしていれば、その言葉がやがて無意識に伝わり、そのようになるのだから、「私は上機嫌だ」、あるいは、「私はトランプのようにいつも上機嫌だ」と、ずっと唱えていれば、最初にうちは抵抗があっても、愚直に続けていれば、抵抗が消え(自我はそんなに粘り強くない)、気分が良くなっていき、自然に引き寄せ体質がどんどん強くなっていく。
私も、「わたしはミクさんと一緒にいるように上機嫌だ」とでもアファーメーションしようかな(笑)。
気分が良ければ、全てが回り出し、良いものはどんどん引き寄せられるだろう。
そして、自分がいつも良い気分でいられるようになれば、他の人も良い気分にしてあげると良い。そんな人は、さらに幸運になるに違いない。








ルパンを超えて自由に生きる方法

能力を高めるということは、生命力を高めるということで、生命力を高めるとは自由に生きることだ。
だが、この世の中で、自由に生きることは難しい。
そこで、フランスの作家モーリス・ルブラン(1864~1941)は、自由に生きる人間のモデルとして「怪盗」を考え、それを、アルセーヌ・ルパンという怪盗紳士としてデザインした。
ルパンの人気は爆発した。
なぜなら、ルパンこそ、辛い社会で生きる人間にとっての理想であるからだ。
日本で、モンキー・パンチ氏(1937~2019)の『ルパン三世』が歴史的なヒットになった理由も同じところにあると思う。
それこそ、日本には、昔から、鼠小僧や石川五右衛門といった怪盗というか、盗賊が人気があった。
また、小作のつもりが人気が出て長期連載となりアニメ化もされた、立川恵氏の『怪盗セイント・テール』という漫画も、主人公の美少女怪盗には異色の魅力があった。

ところで、これら人気怪盗達は、正義の味方でなければならない宿命がある。
怪盗だって食べるし、住居や衣服も必要だが、自分は、生産も、販売も、サービスもしないのだ。
だから、「せめて正義の味方」であることで、それらを得ている・・・しかも、贅沢に得ているのである。
だが、怪盗には、やっぱり負い目がある。
最初はヒットしなかったが、結局は名作であると認められた『ルパン三世 カリオストロの城』では、ルパンは、クラリスという素晴らしい美少女(宮崎駿監督の理想のタイプ)を、最大の精神力を使って振り捨てないといけなかったのは、やはり「怪盗も所詮、泥棒」だからである。
これは、元祖ルパンであるアルセーヌ・ルパンも、『緑の目の令嬢』で、オーレリーという美少女に対し、同じことをしている。
そして、『怪盗セイント・テール』では、セイント・テールこと羽丘芽美は、愛を得たら怪盗をやめている。

まず、怪盗は能力が高くないといけない。
それも、半端な能力では駄目で、超人的でなくてはならない。
つまり、「理想の自由人」である怪盗は、超人的な正義の味方であり、非現実的なフェアリー・テール(おとぎ話)でしかない。
我々凡人が、怪盗モデルを取り入れようとしたら、犯罪を避けたとしても、いずれ行き詰まる。つまり、無理がある。

かくて、ルブランの野望は砕かれた。
だが、ご安心を。
ルパンのように生きる方法はある。
どうすれば良いかというと、ルパンの欠点を除けば良い。
つまり、盗むことをやめる。
この「盗む」は、文字通りの意味だけでなく、不道徳なことでお金を稼ぐことも意味する。
どうするかというと、お金に関しては、Xにまかせることだ。
Xは定義出来ないが、宇宙エネルギー、神、潜在意識などと言われることがある。
そして、負い目のためではなく、胸を張るために、正しく、強くあることだ。

盗賊と武士は同じなのである。
武士は、いざ戦争という時のために、働かずに食べることが許された。
しかし、江戸時代、太平の世になり、戦争が無くなっても、働かずに食べることに、誠実な武士は負い目を感じていた。
そこで、武士は。せめて立派な人間になろうとした。
そんな誤魔化しをしていた武士は、ちっとも立派ではない。
だが、立派な武士もいた。
正しく、強い武士で、警察のような活動をしなくても、存在から発する波動が、世の中にプラスの影響を与えたのだ。

さあ、これで解った。
自由に生きるためには、真の意味で、正しく、そして、強くあれば良いのである。
真に正しく、強くなるためには、国家や学校で教えられた方法では駄目だ。それでは、奴隷頭にしかなれない。
それは、ビジネスマンでありながら、最も実績のある大統領になったドナルド・トランプに学べば良い。
彼自身は、ノーマン・ヴィンセント・ピールに学んだのであるから、そこから学べば効率的である。
そして、ピールの教えこそまさに、神の力を求めることであったのだ。








「うまくいって当たり前」思考

目標を設定し、その実現に向かって奮闘する姿は素晴らしいかもしれないが、そうでないこともある。
つまり、目標にこだわって視野が狭くなったり、目標が餌のようなもので、その餌を必死に求める姿が浅ましかったり、あくせくし過ぎのように見えることが、世の中で非常に多いのである。
「それでも、目標がなく、何もしないよりマシではないのか?」
と言う人もいるだろうが、そんな「マシ」より、もちっとマシな「マシ」を取れば良いじゃないか?
人間なのだから。

鼻先にぶら下げられたニンジンを求めて突進する馬のようにならないための良い話がある。
受験、就職、結婚、出世・・・どれも心の持ち方次第では良い目標なのだが、これらが鼻先にぶら下げられたニンジンのようにしか見えない者が多過ぎる・・・いや、ほとんどがそうかもしれない。
だから、どれにも、あまり良いイメージがない。

ひろさちや氏の古い本『空海入門』にこんな話がある。
ちなみに、私は、ひろさんの数百冊の著書の中で、私が知る範囲でベストは、この本と思っている。
空海は803年、遣唐使の一員として中国に渡った。
中国に渡った・・・なんて簡単に言うが、当時の船で中国に行くのは、無事到着する方が珍しいという危険なことだったらしい。
実際、この時の遣唐使の数隻の船も、全部が無事中国に行けた訳ではなかったし、空海が乗った船も危うく海の藻屑となりかけ、目的地とはかなりズレての命からがらの到着だった。
そうなることは分かっているので、日本を出発した時、遣唐使達は不安や、さらに、恐怖を感じていたかもしれない。
しかし、ひろさちや氏は、空海は超然としていたと書いていた。
もちろん、本当のことが分かるはずがないが、そうでないといけないのだ。
船上の空海は、こう考えていた(とひろさんは思っていた)。
「次はインドにでも行こうか」
空海は、自分をブッダと見なしていた。
ブッダは人々を救うものだ。
そんな自分が中国に着くのは当たり前である。
「無事に着けるか?」などという馬鹿げた発想など全くない。あるはずがない。
これこそが、引き寄せの極意である。
空海には、引き寄せは出来て当たり前である。自分はブッダなのだから。

我々もそうだ。
なるほど、受験は1つの目標かもしれない。
しかし、それが最終目標になってしまっているから、愚かで格好悪くて惨めで浅はかで馬鹿なのである(ひどい言い方だなあw)。
まあ、私も大手予備校に仕事で関わったことがあり、内情をたっぷり見たのでリアルにそう思うのである。
大学など、入りたければ入って当たり前。入ってから何をするか考えれば、大学の方で「入ってくれ」と懇願してくる。
金持ちになりたいなんて下種な考えで、金持ちになったら、その財力で何をしたいのか?
それがさっぱり分からない者ばかりなので、金を欲しがる者達は餓鬼ばかりなのである。
ドナルド・トランプは、大統領に再選されるかどうかなど、全く心配していない。
邪な国に侵されたアメリカの闇を一掃し、アメリカを再び偉大な国にして地球に民主主義を確立させる英雄なのだから、再選されるのは当たり前過ぎて、目標でも何でもないのである。
>








4通りの超能力開発法

いまさらながら、私は、マスコミの言うことは一切、信用しないことを決意する。
私は、ほんの数ヵ月前までは、アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプに関し、多くの人と同じく、「(悪い意味で)まともな人間でない」と思っていた。
ただ、大統領として、少なくとも経済で成功していることは事実だと解っていた。
その点、オバマは客観的に言って大失敗だった。
そして、この2ヵ月と少しで、トランプが、素晴らしいと言うより、凄い人であることが解った。

マスコミがその筆頭と言って良いが、人が伝える情報・・・特に風説(世間のとりざた。うわさ)も、それがいかに本当のようでも全く信用しないことに決めた。
電波工学の世界的権威であった、関英男博士も、まともでない人間・・・古い言い方では「トンデモ」さんだと言われていた。
だが、あれほど偉い人はいないと思う。
また、政木和三博士や、橋本健博士らも、似たところがある。
ところで、私は、政木博士とは何度も会ったし、橋本博士とは、直接には会わないまでも、何度か重要なメールのやり取りをした。
しかし、ついに、関博士とは、会うことも、eメールや手紙のやり取りをすることもなかった。
だが、私がこれまで、特に社会的なことで引き寄せを上手くやれた時というのは、考えてみれば、関博士のやり方を実施した時だった。
それは、1つは腕振り運動で、もう1つが、「ゆっくり息を吐くこと」だ。
参考に、もう2つ言っておくと、1つが、両てのひらを合わせる・・・つまり合掌することで、左右の手のひらの間でエネルギー交換を行うこと、そしてもう1つが、「私は元々超能力者である」という呪文を唱えることだ。
結局、私は、この4つ(1つずつのことが大半だが)で、いつも良い思いをしてきたのである。
よろしければ、やってみていただきたい。








アメリカ人の魂を見た

アメリカ合衆国大統領は、就任式で聖書に宣誓を行うことはご存じと思う。
また、裁判においても、嘘を言わないことを誓うために、初めに聖書に宣誓を行う。
どんな悪者だって、神様に向かって嘘は言わないのである。
これらは、日本人には不思議な感じもすると思う。

クライスラー社を立て直したことで知られる伝説のCEO、リー・アイアコッカの自叙伝『アイアコッカ わが闘魂の経営』は大ベストセラーになったが、アイアコッカは、その続編『トーキング・ストレート アイアコッカPart2』の前書きに、「『ジョーズ2』はそんなにヒットしなかった。パート2は駄目なんだ」などと書いていたが(笑)、確かに、パート1ほどはヒットしなかったこちらに、私にはとても印象深い話が沢山あった。
その中でも最大のものが、アイアコッカが主導となって行った、ニューヨークの自由の女神の老朽に伴う大規模な補修プロジェクトの話だ。
ある老婦人が、自由の女神再建に多額の寄付をする条件として、 『アイアコッカ わが闘魂の経営』を貰えないかと言う。
図書館では、長く順番待ちをしないといけないが、買ってまで読もうとは思わないと言う(笑)。
アイアコッカは「自動車業界に入って四苦八苦する男の話には10ドルでも勿体ないが、自由の女神のためには数十万ドルでも惜しくないらしい」と言いながら、その女性に本を贈ったらしい。
そんなこんなで、自由の女神復旧式典の日が来たが、その日、ニューヨークでは車のホイール1つも盗まれなかったと言う。
自由の女神をお祝いする日は、泥棒だって休日にするのである。

今回のアメリカ大統領選挙の不正と戦うため、自主的にトランプ陣営に参加している(トランプ弁護団の正式メンバーではない)、元連邦検察官であるスーパー弁護士のシドニー・パウエルは、この戦いの意義を「アメリカの自由と正義のため」「神への崇拝のため」であることを強調するが、それが、非常に崇高な信念と強い決意を感じさせる。
彼女は、本当のアメリカ人なのだ。
パウエルだけでなく、不正に抗議し、ワシントンに集まる数十万の人達(日米の主要メディアは「数千人」と嘘を言う)も、「自由」「アメリカの正義」「神への崇拝」を堂々口にし、高らかに『ゴッド・ブレス・アメリカ』を歌う。
これがアメリカの建国精神であり、それが今も、多くのアメリカ国民の心にしっかり息づいていることが分かる。
こんな人達がいる限り、トランプ再選は疑いないと思うのだ。
不正選挙を平気で行う者達は、それが、中国共産党の陰謀か何かは私には分からないが、利益のために、貴いアメリカン・スピリットを生ごみと一緒に捨ててしまったのだろう。

全てのアメリカの貨幣には、「IN GOD WE TRUST(我々は神を信じる)」と刻印されている。
これは、アメリカ合衆国の公式の標語であり、オハイオ州と並んで、大統領選を決すると言われるフロリダ州の標語だ。
この2つの州では、さすがに不正を行う者がいなかったのか、トランプが圧勝したが、この2つの州を落としながらバイデンが勝利するというあり得ないことが起こった。
ところが、集計終了後もバイデンの得票は伸び続け(笑)、今や、8千万を超えようとしている。いずれ、アメリカの人口も超えるかもしれない。
トランプの7千3百万以上の得票も記録的だが、こちらは、かなりの数が盗まれていながらである。
合わせて1憶5千万以上・・・あり得るだろうか?
インチキはどうやってもバレるのだ(イエス様もそう言っている)。
この異常事態の中でも、日米の主要メディアは、今だ、勝手にバイデンが次期大統領であると決め(大統領を決めるのはアメリカの法で、メディアではない)、トランプのネガティブな捏造報道を行うのであるから、今やメディアが世界を滅ぼそうとしているのであり、この選挙結果によっては、アメリカだけでなく、人類は終焉に向かう。

無神論者と言われる日本人だって「神を畏れよ」という言葉を軽くは感じない。
聖書の神と比べ、日本の神は優しくて大らかであるし、仏様は限りなく慈悲深い。
だが、いかに神仏が優しくても、それが魂の奥底にある人間には、自ずと悪事に制限がかかるし、法だからというよりは、気持ち良いから悪を避け、いざという時は善をなすのが日本人のはずである。
神を宿す魂を踏みにじる者は、自ら滅びるだろう。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード