ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

トーシャ・シルバー

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

星の銀貨効果

魂(第一生命体)が弱い人間が、強い知的エネルギー(第二、第三生命体)を呼び寄せる方法の第二弾である。
弱い者が強くなるには、強い者の真似をすれば良い。
とはいえ、トランプ大統領のように、能力、ハート、経験、人脈、資産など、桁外れに高い人間の真似などは出来ない。
イエスに関しては、一部では真似出来るし、そうすべきではあるが、彼は自分はソロモン(イエスの祖先の賢王)やヨナ(預言者。『ヨナ書』著者)に優ると宣言しており、やはり、とてつもない。

そこで、グリム童話の『星の銀貨』のヒロインの少女を取り上げたいが、これが極めて良いことと思う。
『星の銀貨』はとても短いお話だ。
楠山正雄の素晴らしい翻訳が、青空文庫で公開されている。
【青空文庫】星の銀貨

簡単に言えば、『星の銀貨』は、こんなお話だ。
住むところもない貧しい女の子が、いまや、着ているものと、恵んでもらったパンしか持っていなかったが、そのパンも、そして、着ているものも全部、乞われて与えてしまった。
そして、何も着ず何も持たない女の子が夜の森で1人でいると、空の星が落ちて来て沢山の銀貨になり、女の子はいつのまにか上等の服を着ていた。

この女の子の真似をすると言っても、本当に、人に自分の持っているものを全部あげるというのではない。
このブログで先週6日の、「3つの奇跡話(その2)」で書いた、余命3ヵ月の癌から奇跡の回復をした女性に関し、トーシャ・シルバーが言ったことと、その奇跡の女性の言葉を再度、取り上げたい。

著者のトーシャ・シルバーは、こう書いている。
「必要なものも欲しいものもなく、この世に別れを告げていた彼女にとって、この才能(※)はあっちから勝手にやってきたものだった」
そして、この奇跡の女性はこう言ったらしい。
「もしかしたら、何も必要じゃなくなったとき、すべてを得られるのかもしれない。そして、物事を起こそうとがんばるのをやめたとき、どんなことも起こりうるのかも」
「わかるのはただ、以前いた”私”はもういなくなったってこと。私は脇にのいたの」
※この才能:完全な引き寄せの力
~『とんでもなく全開になれば、すべてはうまくいく』(トーシャ・シルバー著)より~

『星の銀貨』は、聖書同様、事実そのままが書かれているのではなく、象徴的なお話なのだが、この女の子が富を得たのは必然であったと思う。
そして、決意は必要ながらも、これは弱い人間でも出来るし、どうにも救いようのない人間にとっては、最後の一発逆転のチャンスになるかもしれない。








3つの奇跡話(その2)

今朝の記事の続きである。
今朝は、「神様の奇跡が起こる」という言葉を1日中唱えることで、
・1憶円の宝くじが当たる
・ローマ法王に謁見する
・再度1憶円の宝くじが当たる
という、奇跡を起こしたホームレスさんの話だった。

2つ目の奇跡の話をするが、私はこれと同様のものを割と沢山知っている。
しかし、これが、最もポイントを掴みやすいと思うので取り上げる。
お話は、書籍『とんでもなく全開になれば、すべてはうまくいく』から引用する。
このお話は以前も少し紹介したことがあるものだ。
ある40歳くらいの女性が、癌で余命3ヵ月の宣告を受ける。
そこで、彼女は、身の周りの整理に励んだ。
借金を返済し、不要なものを残らず手放した。
無駄な会話をやめ、皆に真実を言うようになった。
やりたくないことをするのを一切やめた。
自分がいなくても世界はうまくいくことが分った。
こうして、平和な断絶状態に包まれていたようだ。
そして3か月後・・・癌は消えた。
彼女は死ななかったのだ。
それだけでも奇跡だが、さらに奇跡が起こっていた。
彼女は、何でも現実化したり、癒したりする力を得ていたのだ。
ある金額を思うと、それがすんなりやってきた。
りんごを思い浮かべると、見知らぬ人が鞄からりんごを取り出して彼女に与えた。
病気の人々が助けを求めてくるようになった(それで治ることが多かったのだろう)。

彼女に何が起こったのだろう?
著者のトーシャ・シルバーは、こう書いている。
「必要なものも欲しいものもなく、この世に別れを告げていた彼女にとって、この才能はあっちから勝手にやってきたものだった」
そして、この奇跡の女性はこう言ったらしい。
「もしかしたら、何も必要じゃなくなったとき、すべてを得られるのかもしれない。そして、物事を起こそうとがんばるのをやめたとき、どんなことも起こりうるのかも」
「わかるのはただ、以前いた”私”はもういなくなったってこと。私は脇にのいたの」

どうも、余計な解説はしない方が良さそうだ。
著者と、この女性のコメントを何度も読めば、静かな気づきが得られるに違いない。
そして、『 とんでもなく全開になれば、すべてはうまくいく 』の全体を読めば、さらによく分ると思う。
この本は、自分の力でやろうとせず、神様に全てまかせればうまくいくのだということを教えている。
つまり、今朝の、「神様の奇跡が起こる」というのと、本質的には同じなのだと思う。
ただ、神様への身のまかせ方もいろいろあるのだということだ。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ



タグクラウド
QRコード
QRコード