ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

トランプ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

無敵のトランプ

アメリカのトランプ大統領のメンタルの強さには、心底憧れる。
大統領選挙戦中、録音された、女性蔑視発言というより猥褻発言を公開されたことがあったのを覚えておられるだろうか?
確かに、男なら誰でも言っている程度の内容だし、ひょっとしたら女性も同等以上の話をするのかもしれないが、それを晒されたら、普通の人なら立ち直れまい。
まあ、あんなもの公開する方は、もっと恥ずかしいやつであることは間違いないし、そもそも、人間のやることではないと思うが、トランプの、まるでビクともしない態度には、「まじぱない」と言いたくなる。
「まじぱない」とは、「マジで半端ない」という意味だ。

トランプの本は沢山出ているが、そんなトランプの力の本質に迫ったものは、おそらくない。
どれも2次的なことばかり扱っている。
トランプの強さの秘密は、自分が何者であるかを知っていることだ。
その「何者」が、本物かどうかどうでも良い。トランプ自身が思い込めるなら。
彼は、自分がどんな人間で、世界の中で何をすれば良いのかといったストーリー(物語)を持っているのだ。
それが幻想だろうが何だろうが関係ない。
強い自分のストーリーを持っている者が強いのである。
人間は、誰もが、自分が作ったストーリー通りの人間になる。
あなたの今の状況は完全に、自分で作ったストーリーの通りである。

トランプは、自分は特別で、スーパースターで、王者であると信じ、その通りに振舞っている。
若い時からであるが、おそらくは子供の時からだ。
それでいながら、放縦(勝手きまま)にならず、締めるべきところは締めている・・・自分を制約しているし、お堅い人達が好む言いをすれば、自己管理が出来ているのだ。

そして、もっと基本的なことは、彼の右手の、親指と人差し指で作る輪っかだ。
どんな時も、あんなふうに、輪っかを作り、その手をゆっくり、大きく前後に動かせば、嫌でも呼吸が整い、自然に心も落ち着く。
彼は、決して口で呼吸せず、常に口を堅く引き結び、鼻で悠然と呼吸しているし、この右手の輪っかの威力で、いつでも不動心に導かれるのだ。
彼が人格的にどんな人間か知らないが、いやはや、大した人物である・・・アメリカ大統領なのだから当然というだけでなく、他の歴代大統領が小物に見えるほどだし、ヒラリーなど道化でしかなかった。
大統領選におけるロシア介入疑惑など、彼にとってはどうでも良いことだろうし、間違いなく切り抜けるだろう。

トランプのストーリーだって、実際は、彼が子供の時に見た漫画のヒーローの真似か何かかもしれないが、それで良いのである。
そして、鼻で呼吸し、心が揺らぐ時は、自分に「大丈夫だ」と言って勇気付けたり、慰めたりすることだ。
それを1日24時間、忘れないことだ。
忘れた分、小さくなる。
あなたをこき下ろす悪魔がどこにでも、いくらでもいるのだから。
トランプを見ていると、もし、ドン・キホーテが鼻呼吸し、常に自分に「大丈夫」と言い聞かせていれば、どんなに偉大になれたかと思うのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

スティーブとマイケル

今朝、スティーブ・ジョブスが亡くなったことを知った時に感じたのは、マイケル・ジャクソンが亡くなったニュースを見た時のような感覚だった。
2人ともカリスマであり、世界中に多くのファンがいながらも、一方で、奇人変人のように扱われることもあった。
ジョブズに関しては、若い時は、そう言われても仕方がないところもあったかもしれない。
しかし、そんな若かったある時、彼は、「僕だって普通の人間なんだ。みんな、なぜそれが分からないのだ」と言って嘆いたという。

スティーブとマイケルが、まだ20代の頃と思う。スティーブはコンサート中のマイケルの楽屋を訪ね、マイケルに、マッキントッシュパソコンをプレゼントした。しかし、いくら小型のパソコンとはいえ(ステーブは電話機の底面積と同じか小さくするよう指示して開発させた)、ブラウン管モニタの時代のパソコンであり、今のiPadのようなものとは訳が違う。マイケルは戸惑いながら、「サンクス」と言って受け取り、そのままスタッフに手渡して、二度と触らなかったという。

スティーブもマイケルも、本質はシャイだった。それによる誤解もあるのだろう。
スティーブが普通の人間であると認める者がいたとしたら、その人自身、世間から見れば普通ではない。
テキサスの大富豪ロス・ペローは、ニューヨークの不動産王ドナルド・トランプを毛嫌いしていた。しかし、そんなペローもスティーブに対しては援助した。大統領選に出馬したこともあるロス・ペローも相当な変わり者かもしれないが、そのロス・ペローにも分からない人物がいた。彼の妻である。ロス・ペローは、妻が、なぜ自分のような醜い男と結婚してくれたのか、永遠の謎であるのだった。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ