ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

トランプ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

「危険な時ほどよく狙え」を実現する魔法の言葉

アメリカ大統領選挙に関し、日本では、バイデンの当選が決まったように報道され、お祭り気分は終わって、テレビでは、「バイデンの政策はどうか」「バイデン政権の日本への対応は」などが話し合われている。
そして、トランプに関しては、時々、「いまだ負けを認めない愚か者」「トランプの訴訟チームの弁護士は次々撤退」「トランプの(選挙に不正があったという)主張には何の証拠もない」「メラニア夫人がトランプに負けを受け入れるよう説得」などといった報道ばかりが行われている。
しかし、事実は、票の集計自体が多くの州で今も継続中で終了してはおらず、アメリカ司法省長官は不正疑惑の捜査を承認、ジョージア州ではいち早く手作業の再集計の実施が決定・・・など、大統領選挙は全くの途中段階である。
また、アメリカでも、「トランプは、選挙に不正があったという虚偽で詐欺の主張をしている」という、ジャーナリズム精神に反した報道が行われており、日本のメディアはそれに追随しているだけだ。
メラニア夫人がトランプに敗北を認めるよう説得したという報道は、メラニア夫人自身が否定しているように、それこそ、何の根拠もない報道が、マスメディアで堂々行われていることが分かる。
ワシントンポストが、「不正の内部告発をした郵便局員が発言を取り下げた」と報道したが、郵便局員自身が、「そんな(発言を取り下げたという)事実はない」とSNSで反論している。
ワシントンポストのような一流紙が、ジャーナリズムの重要な精神を捨ててしまっていたのだ。
一方、ホワイトハウスのアイドル(と言ったら失礼かもしれないが)、麗しきケイリー・マケナニー報道官は、「あなた方は証拠がないと言うが、証拠はある」と言って、234ページの宣誓供述書(法的責任を伴う証言)を示した。もちろん、これは証拠のほんの一部だ。

事実はいずれ明らかになる。
ところで、事実の確認はしていないが、こんな話をSNSで見た。
今、共和党のトランプ陣営は、どんな状態なのかについての情報だ。
意外かもしれないが、彼らは落ち着いていて、支持者達に対し、「安心して欲しい」と言ったという。
私は、戦いがどうなるかを超えて、この話に心を打たれた。
焦ってどうなるものでもない。
正義は我にあると信じるなら、気を落ち着かせるべきなのだ。
そして、やるべきことを、淡々と、だが、断固としてやれば良い。

我々も同じだ。
なかなか願いが叶わない時、状況が思わしくない時、凡人たる我々は、つい焦り、誤ったことを考え、まずい手を打ってしまう。
浮足立った未熟者が、そんな愚かな状態に陥りそうな時、経験豊かな賢い人は、いつも、「落ち着け!」と愛情込めて叱責するのだ。
西部劇『怒りの荒野』で有名な「ガンマン十戒」の6番「危険な時ほどよく狙え」は本当に大切な心構えだが、そのためには、まずは落ち着く必要があるのだ。
ベルベル・モーアの『その望みは宇宙がかなえてくれる』には、「心おだやかに」という言葉の威力が語られている。
ある10歳の女の子が、いつも嫌がらせをしてくる男の子のことが憂うつで仕方がなかったが、この「心おだやかに」という呪文を教わり、怒りや屈辱を感じた時には唱えるようにした。
なかなか状況は好転しなかったが、粘り強く続けると、何と、その男の子が、彼女から教わって、「心おだやかに」と唱えるようになり、やがて、皆が唱えるようになった。
あなたもいろいろ問題を抱えていると思う。
実は私もだ(笑)。
それなら、我々も、「落ち着け」「心おだやかに」と唱えてみると良いかもしれない。








今が世界が滅ぶかどうかの瀬戸際かもしれない

正義と言い、悪と言っても、それは相対的なものだ・・・つまり、ある立場から見れば善であるものも、別の立場からは悪であることもある。
ある時代、ある地域では極悪であっても、別の時代、場所では、称賛される善である場合もある。
例えば、肉食は動物を虐待する悪だと言う者もいるが、狩猟民族では、動物を上手く狩ることが善だろう。
現代では、やや事情は異なっているかもしれないが、エスキモーは、トナカイを狩らないと生きていけない。
エスキモーにとって、家族や一族のために、見事にトナカイを狩ることが最善なのである。

CLAMPの古い漫画作品『魔法騎士レイアース』は、「この世に絶対的善、絶対的悪はない」というのがテーマだったらしいが、確かに、絶対的善と言われるものに疑問を感じることはあるだろう。
キリスト教世界では、イエス・キリストは絶対的善と思われるが、フリードリヒ・ニーチェ、オスカー・ワイルド、ウィリアム・バトラー・イェイツらは、そうではないことを著作の中で述べている。
『バガヴァッド・ギーター』では、アルジュナ王子は、親族、尊敬する師、親しい友人達がいる敵との戦争を放棄しようとするが、それは善であると思う場合が多いと思う。
しかし、アルジュナの親友で、実は神であるクリシュナは、『バガヴァッド・ギーター』全18章を通じ、アルジュナに、戦うことこそ善であることを説く。

善と悪とは、それほど判定が難しいものであろうか?
私は、馬鹿馬鹿しいほど、そんなことは全くないと思う。
そりゃ、究極的な話となると、判断がつかない場合もあるかもしれない。
だが、日常においての善悪は、比較的明らかだ。
これは、物理学の法則に似ている・・・と言っても、難しい話ではない。
物理法則は、極大の世界では相対性理論が適用され、極微の世界では量子力学が適用される。
しかし、人間の感覚で捉えることが出来る重さ、速さにおいては、ニュートン力学で十分である。

善悪についても、判定が難しい場合があることは認めつつも、日常の範囲での善悪は明白であると思う。
だが、こんなことが問題になるかもしれない。
「譲り合い」は善であるが、ライバル企業と競合になった場合、ライバル企業に理由もなく契約を譲ることは悪ではないか・・・といったことだ。
しかし、譲り合いと、正当な競争の放棄は全く違うことは、明らかであり、それが分からないなら、あまりに未熟なだけである。
そりゃ、巨大IT企業が、反トラスト法(独占禁止法)に違反しているかどうかは難しい問題かもしれず、裁判が必要なこともあるかもしれないが、これは本当は善悪を争っているのではなく、当事者にも解らないことを客観的に判断しようというだけのことである。
まあ、これは特殊なレベルの話であるが、それでも、ずっと後の世になり、人類が進歩すれば、何が善かは明白であると思う。

ところで、現在、アメリカの大統領選挙が混迷しているが、これは、トランプが正義であると思うのである。
いや、別にトランプのファンだからというのではなく、トランプ派の情報にも、おかしなものが多いことはよく解っているが、実を言うと、ネットの情報を見るまでもなく、トランプが正義に近い。
悪はマスコミである。
その証拠は、トランプの「民主党に不正があった」という主張に対し、多くのマスメディアは「トランプは虚偽の主張をしている」とあからさまに書いていることだ。
例えば、明らかに殺人を犯したと思われる容疑者に対しても、容疑者である段階では、容疑者の主張を誰も「虚偽である」とは言えない。
だが、容疑者でも何でもないトランプに対し、BBCは、
Donald Trump refuses to accept Joe Biden's projected victory, and has made unsubstantiated fraud claims.
と、トランプの主張を「根拠のない詐欺の主張」と書いているのは、ジャーナリズムの理念以前の、完全な悪と私は思う。
なぜなら、詐欺かどうかを決めるのは裁判所であり、マスコミではないからだ。
これほどに奢ったマスコミは悪と言って良いと私は思う。
これは、BBCだけでなく、アメリカの大手メディア、そして、それに追随するだけの日本のメディアも全く同じである。
また、ジョー・バイデンが、マスコミが「当選確実」と報道した段階で、政権移行チームを立ち上げたと発表したことや、コロナ対策などの政策を開始したということ(その他には沢山あるが)も信じ難いことであるが、メディアはそれに賛同する。
それらは、当選が決定した後でやるべきことで、まるでバイデンやマスコミは、バイデンの勝利を最初から分かっていたようである。
つまり、大掛かりな不正行為により、自分達の勝利は確実と考えていたのだと思う。
まあ、こんなことは、私的な意見と捉えられるかもしれないし、それでも良いが、私はそうは思っていない。
私は、明らかに正義はトランプにあると思う。
ただ、多くのトランプ派のネット投稿者が言うほど、トランプの戦いは楽ではなく、冷静に考えれば、極めて厳しい。
しかし、トランプは、彼の愛読書であるノーマン・ヴィンセント・ピールの『積極的考え方の力』にあるように、正義がある限り、決して挫けないだろう。
そして、最後はおそらくは勝利する。もし、そうでないなら、神は世界を終わらそうとしているのかもしれない。
今回のことで、神は判定を行うつもりかもしれない。








今こそトランプの良いところに学ぶ

アメリカ大統領選挙そのものを論じるのではなく、これを楽しみながら、賢くなり、引き寄せがうまくなるヒントを得ようと思う。
私自身、政治に詳しい訳ではない。

日本では、CNNやニューヨークタイムズといった、アメリカのメジャーなメディアの「バイデン有利」という情報を、日本の新聞などがよく取り上げ、バイデン有利と思っている人が多い。
CNNの世論調査では、バイデンがトランプを7ポイント(7パーセント)リードと伝えている。
しかし、新興ながら大手メディアの1つであるFOXニュースは、トランプ有利を伝えている。
早い話が、元々、CNNは民主党(バイデン側)寄りなのであり、FOXニュースは共和党(トランプ側)寄りなのである。
報道内容を見ても、CNNは、バイデンと彼の息子のハンター・バイデンのウクライナでの汚職疑惑を一切取り上げないが、FOXニュースは大きく取り上げている。
報道先進国のアメリカでも、この程度なのである。
ただし、FOXニュースは、決して一方的にトランプに肩入れする訳ではなく、トランプに不利な報道もし、時に、トランプに厳しく非難されたこともあるのだから、まだ信用出来るように思う。
まして、日本のテレビ、新聞を鵜呑みにするような馬鹿をしてはならない。

1992年に、トランプのように、事業家でありながら、アメリカ大統領選挙に立候補した、ロス・ペローという大富豪がいた。
ペローは、昨年(2019年)7月に亡くなっている。
ペローは、共和党、民主党、いずれにも所属せず、無党派で立候補するという異例なことをしたが、一時はかなり善戦した(支持率トップになったこともあ)。そのままいけば、大統領になる可能性もあったと思われた。
しかし、いろいろな事情で、途中で立候補を取り下げた。
そのペローが、昔からトランプが大嫌いなことは有名で、彼はトランプを「ニューヨークの目立ちたがり屋」と言っていたが、ペローも相当な目立ちたがり屋だった。
トランプが目立ちたがり屋だということは、誰でも分かると思う。
それは、トランプが30歳そこそこで、ニューヨークの不動産王と呼ばれるほど成功した時から知られ、ファンも多いがアンチも多かった。
だが、トランプは、何事も必勝の秘訣は「目立つ」ことであることをよく心得ていた。
たとえ反感、不評、非難、糾弾であろうと、目立てば勝ちなのである。
このことは、トランプから学ばないといけない。
彼が目立って損をしたことなど一度もない。たとえ大批判であってもだ。
トランプの暴露本がベストセラーになるなど、実は、トランプにとって願ったり叶ったりなのだ。
マドンナら超有名人らの批判もである。
会社でも、出世するのは目立つやつであり、優秀なやつではないことはご存じと思う。
沢山の人の意識を集めさえすれば勝てるのである。
それを最大に活用したのはヒットラーだった。
これが、ユングが言った「批判するものは蔓延る」の意味である。

ところで、ロス・ペローは、
「戦おうとする時に、作戦を公表する馬鹿はいない」
という名言を残している。
しかし、バイデンは、この馬鹿をやっている。
正しくは、やったのはオバマだ。
23日の、トランプVSバイデンの討論会の2日前、ペンシルベニアでオバマがバイデンの応援演説をした際、トランプが中国に口座を持っていることを取り上げ、トランプはあれほど中国を攻撃しながら、自分は中国から利益を得ていると非難した。
これは、討論会でのバイデンの切り札だった。
だが、これをオバマがバラした。
オバマがやったことこそ、ペローの言う「戦おうとする時に作戦を公表する馬鹿」なことだったのだ。
トランプは、オバマのおかげで、中国口座問題に対し、すっかり対策を立て、バイデンから、このことを言われた時、完璧に対応した。
「当時私はビジネスマンだった。中国で事業をしようと思って、何の不思議があるか?」
「だから口座も開設した。だが、中国での事業は結局やめ、口座は消した」
「しかし、君(バイデン)は、ロシアから莫大な収益を得、君の息子は、副大統領だった君の口利きでウクライナで大儲けしてるじゃないか」
「私は事業家だったが、君はずっと政治家だ。中国、ロシアに対し、何もしなかったのはどういう訳だね?」

そして、CNNなどは無視していることだが、討論会では、トランプは見事にバイデンを引っかけた。
トランプが、
「君は石油産業を移行させるなんて言ってるが、君の計画は全く不可能だ。本当に出来るのか?」
とバイデンに言うと、バイデンは、
「出来る。私は断固、石油産業を自然エネルギーに移行する。石油エネルギーの環境破壊を食い止めるのが私の使命だ」
と答えるが、この時、バイデン陣営は真っ青になった。
今やアメリカは世界最大の産油国であり、石油関連事業は強大で、これに従事する労働者も多い。
バイデンは、アメリカの石油産業を敵に回してしまった。
バイデンは、後で慌てて弁明するが、ペンシルベニアなど、石油に頼る州で、今後、トランプは精力的な遊説で、
「皆さん、バイデンは石油産業を破壊するとはっきり言ったぞ」
と言い続けるだろう。
トランプの作戦に見事に引っかかる頭の悪い人を大統領にしようなどと、本当に思うのだろうか?

トランプの選挙手法は、ロナルド・レーガンと似ている。
レーガンは、教養ある相手候補が難しい話をするのを後目に、自分が大統領になれば、「アメリカは強くなる」「暮らしは良くなる」とだけ言い続けた。
庶民にとって関心事は、自分の生活と、アメリカ人である誇りだけで、難しいことに興味はない。
だから、レーガンの相手候補が言ったことは何も覚えていないが、レーガンの「アメリカは強くなる」「生活は良くなる」は、はっきり覚えていて、レーガンに投票した。
トランプも、一貫して「アメリカファースト」を掲げ、「アメリカを再び偉大にする」と言い続けた。
単純で解り易い言葉を使う重要性が分かると思う。
そして、CNNすら、トランプが経済政策で国民に支持されていることは認めざるを得ない。
彼は優秀なビジネスマンで、驚くべき大胆な手法で経済を盛り返し、コロナ前のアメリカ経済は絶好調で、国民も、暮らしの改善を実感していた。
経済で実績のある候補が負けたことは、ほぼないのである。
私は、個人的には、バイデンは大統領の器ではないと思う。
まさか、アメリカ人がバイデンを選ぶことはないと思うが、それはアメリカ人が決めることである。








無敵のトランプ

アメリカのトランプ大統領のメンタルの強さには、心底憧れる。
大統領選挙戦中、録音された、女性蔑視発言というより猥褻発言を公開されたことがあったのを覚えておられるだろうか?
確かに、男なら誰でも言っている程度の内容だし、ひょっとしたら女性も同等以上の話をするのかもしれないが、それを晒されたら、普通の人なら立ち直れまい。
まあ、あんなもの公開する方は、もっと恥ずかしいやつであることは間違いないし、そもそも、人間のやることではないと思うが、トランプの、まるでビクともしない態度には、「まじぱない」と言いたくなる。
「まじぱない」とは、「マジで半端ない」という意味だ。

トランプの本は沢山出ているが、そんなトランプの力の本質に迫ったものは、おそらくない。
どれも2次的なことばかり扱っている。
トランプの強さの秘密は、自分が何者であるかを知っていることだ。
その「何者」が、本物かどうかどうでも良い。トランプ自身が思い込めるなら。
彼は、自分がどんな人間で、世界の中で何をすれば良いのかといったストーリー(物語)を持っているのだ。
それが幻想だろうが何だろうが関係ない。
強い自分のストーリーを持っている者が強いのである。
人間は、誰もが、自分が作ったストーリー通りの人間になる。
あなたの今の状況は完全に、自分で作ったストーリーの通りである。

トランプは、自分は特別で、スーパースターで、王者であると信じ、その通りに振舞っている。
若い時からであるが、おそらくは子供の時からだ。
それでいながら、放縦(勝手きまま)にならず、締めるべきところは締めている・・・自分を制約しているし、お堅い人達が好む言いをすれば、自己管理が出来ているのだ。

そして、もっと基本的なことは、彼の右手の、親指と人差し指で作る輪っかだ。
どんな時も、あんなふうに、輪っかを作り、その手をゆっくり、大きく前後に動かせば、嫌でも呼吸が整い、自然に心も落ち着く。
彼は、決して口で呼吸せず、常に口を堅く引き結び、鼻で悠然と呼吸しているし、この右手の輪っかの威力で、いつでも不動心に導かれるのだ。
彼が人格的にどんな人間か知らないが、いやはや、大した人物である・・・アメリカ大統領なのだから当然というだけでなく、他の歴代大統領が小物に見えるほどだし、ヒラリーなど道化でしかなかった。
大統領選におけるロシア介入疑惑など、彼にとってはどうでも良いことだろうし、間違いなく切り抜けるだろう。

トランプのストーリーだって、実際は、彼が子供の時に見た漫画のヒーローの真似か何かかもしれないが、それで良いのである。
そして、鼻で呼吸し、心が揺らぐ時は、自分に「大丈夫だ」と言って勇気付けたり、慰めたりすることだ。
それを1日24時間、忘れないことだ。
忘れた分、小さくなる。
あなたをこき下ろす悪魔がどこにでも、いくらでもいるのだから。
トランプを見ていると、もし、ドン・キホーテが鼻呼吸し、常に自分に「大丈夫」と言い聞かせていれば、どんなに偉大になれたかと思うのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

スティーブとマイケル

今朝、スティーブ・ジョブスが亡くなったことを知った時に感じたのは、マイケル・ジャクソンが亡くなったニュースを見た時のような感覚だった。
2人ともカリスマであり、世界中に多くのファンがいながらも、一方で、奇人変人のように扱われることもあった。
ジョブズに関しては、若い時は、そう言われても仕方がないところもあったかもしれない。
しかし、そんな若かったある時、彼は、「僕だって普通の人間なんだ。みんな、なぜそれが分からないのだ」と言って嘆いたという。

スティーブとマイケルが、まだ20代の頃と思う。スティーブはコンサート中のマイケルの楽屋を訪ね、マイケルに、マッキントッシュパソコンをプレゼントした。しかし、いくら小型のパソコンとはいえ(ステーブは電話機の底面積と同じか小さくするよう指示して開発させた)、ブラウン管モニタの時代のパソコンであり、今のiPadのようなものとは訳が違う。マイケルは戸惑いながら、「サンクス」と言って受け取り、そのままスタッフに手渡して、二度と触らなかったという。

スティーブもマイケルも、本質はシャイだった。それによる誤解もあるのだろう。
スティーブが普通の人間であると認める者がいたとしたら、その人自身、世間から見れば普通ではない。
テキサスの大富豪ロス・ペローは、ニューヨークの不動産王ドナルド・トランプを毛嫌いしていた。しかし、そんなペローもスティーブに対しては援助した。大統領選に出馬したこともあるロス・ペローも相当な変わり者かもしれないが、そのロス・ペローにも分からない人物がいた。彼の妻である。ロス・ペローは、妻が、なぜ自分のような醜い男と結婚してくれたのか、永遠の謎であるのだった。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード