ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

トライン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

古代インドの英知「それはお前だ」

「タト・トワム・アシ」という古代インドの言葉は、いろいろな意味があるが、ミヒャエル・エンデはエッセイ『文明砂漠』の中で、これを「それはお前だ」という意味で使ったという。
これはどういうことか簡単に言えば、
「君が知覚しているものが君自身だ」
ということらしい。
少し解り易く言うなら、おそらく、
「自分と異なるものは知覚出来ない」
ということだろう。
例えば、素晴らしいものを見て、「素晴らしい!」と感動する人は、その人自身が、その素晴らしいものと同一なのだ。
その同じものを、それと全く異なる人が見たら、その人にはそれがさっぱり分からないので、「これのどこが良いのか?馬鹿かお前」ってことになるだろう。

以前、YouTubeで見たが、初音ミクさんの熱烈なファンの男性が、ミクさんのファンを念頭に、「僕たちは皆、ミクなんだ」と言ったが、彼は、「タト・トワム・アシ」という言葉は知らなくても、その偉大な英知を感じていたのだ。
ミクさんと異なる人は、ミクさんが見えないのである。
もちろん、「本当には見えない」という意味であるが。

また、こんな話を、何かの本で見たことがある。
コロンブスがアメリカ大陸にやって来て、乗って来た大きな船を、周囲の1つの島の近くに停泊させたが、原住民には、その船が見えなかった。
原住民にとっては、船とはカヌーのような小さなものなので、コロンブスが乗って来た大きな船が何か全く分からないので、意識から消えてしまったのだ。
自分とは「自分の考え」であるとも言えるので、自分が考える船でなければ、それは自分にとっては船ではないのである。

そして、終局的に言えることは、自分と世界は同一であり、異なるものではないということだ。
我々が見ている世界は、自分そのものだ。
自分が知らないことは世界の中に存在しない。
丁夢がそのようであると言えば納得し易いかもしれないが、現実世界も何ら変わらないのである。
だが、人間の心には想像力がある。
想像力の正体が、深い心に隠された何かなのか、あるいは、神からのメッセージなのかは分からないが、心は新しいものを生み出すのである。
そして、心が生み出したものが外界に現れる。
逆に言えば、心が生み出さない限り、何も外界に現れない。

心は放置すると、悪魔でも入り込むのか、悪いことを考えて、悪いものを作り出すものだ。
そこで、意思で心を使い、好ましいものを作らなければならない。
そのために、良いイメージを思い浮かべるのが、上級の人のやり方だが、現代の人類のほとんどは、それが出来なくなっている。
だが、言葉なら使えるので、例えば、「私は美人だ」と言い続ければ美人になるのである。
けれども、絶えず「私は美人だ」と言わないと、悪魔は、「お前は醜い」という考えを送り続け、40歳にもなればオバサンになってしまう。
ところが、悪魔の声より多く「私は美人だ」と言えば、80歳程度でオバサンになったりはしない。
そんな例が、トラインの超ロングセラー『人生の扉をひらく「万能の鍵」』にある。
しかし、「私は美人だ」「私は健康だ」「私は裕福だ」と、個々のことをいちいち言っていては面倒で仕方がないので、「全て良くなる」と言うのが賢いのである。
そして、大きく状況を改善したければ、いつも言うが、「神様の奇跡が起こる」と唱え続けるのも素晴らしい手である。








心配せずに済む方法

人間の理想は「泰然自若」、つまり、「落ち着いていてどんなことにも動じない」ことだ。
それは、簡単な言い方をすれば「いっさいの心配をしない」ということだ。
しかし、流行歌には、「心配ないからね」とか「君はそのままでいい」なんて歌うものが多いが、私は、そんな歌を聴く度に虫唾が走ったものだった。
いや、言葉そのものは正しいのだが、甘えた人間がそんなことを聴くと、逃避や怠惰に陥るに決まっているからだ。
けれども考えた。
もし、困難に際し、逃避し、責任を果さず怠惰になる者というのは、心配が絶えないものなのだ。

一休さんの遺言が「心配するな。なんとかなる」だったそうだ。
私が聞いたところでは、一休さんは臨終にあたり、弟子に封を渡し、「本当に困った時に空けよ」と遺言したらしい。
そして、弟子達にどうしようもない困難が襲い掛かった時、それを空けると、中に入っていた紙には、「心配するな。なんとかなる」と書かれていたようだ。
じゃあ、一休さんが、なぜ、最初にそう教えなかったのかというと、徹底的にピンチにならなければ、その言葉が響かないからだと思う。

心配しない人のことを「楽天家」と言う。
ヘレン・ケラーは、徹底した楽天家であったと思う。しかも、若い時からそうだったはずだ。
彼女の境遇では、楽天家でなければやっていられなかったに違いない。
そして、それでうまくいったのだろう。

トラインの『In Tune With The Infinite』には、楽天主義の80過ぎの女性が25歳以上には見えなかったという話がある。
確かに、心配は人を老化させるが、楽天は若さを保つ、あるいは、若返らせるのかもしれない。
そもそも、心配は心が苦しく、辛いものだ。
仕事がなくて、家族を養えないような状況で、心配しないというのは難しい。
しかし、ラマナ・マハルシは「働く運命にあれば仕事は避けられないが、働く運命になければ、いくら探しても仕事は見つからない」と言ったようだ。
心配したからといって、何か良くなる訳ではない。

でも、心配があるから、防御をしたり、蓄えたりする。
いや、それは嘘でね。心配する者というのは、防御も蓄えもしないし、防御や蓄えをする人というのは、心配だからではなく、ただの合理性からなのである。
心配する人の防御は防御にならないし、蓄えも出来ないものだ。
『アリとキリギリス』で、アリが蓄えたのは義務感からだし、キリギリスが蓄えなかったのは、安心していたのではなく、心配から現実逃避をしていたのだろう。

確かに、やり手は用心深い。
だが、心配から来る用心深さは裏切られる。
やり手の用心深さは義務のようなものだ。

究極の一言はこうである。
「神を信頼しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
ラクダをつなぐ程度のことは、義務としてやっておくことだ。
すると、不思議と心配がなくなるし、うまくいくものである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

悪霊退散の法

悪霊というものは、いろんな国や民族の伝統的なイメージの通りではないかもしれないし、その存在は科学的とは言えないだろうが、それでも、だいたい我々の思う通りで良いのだと思う。
そして、そんな悪霊は、そこらにいて、そいつらの精神性に同調すれば、連中は容易く人間の中に入り込めるのだろう。
全くもって非科学的なんだろうが、こう考えておいた方が良い。
それに、科学のパラダイム(認識の枠組み)が変われば、案外、正しいのだと思う。
一方、善霊と言うべき、天使とか高級霊も存在していて、やはり身近にいると考えて良い。

こう考えると、新約聖書のイエスの教えや、法句経などの釈迦の根本的な教え、それに、バガヴァッド・ギーターも、つまるところ、悪霊を寄せ付けず、善霊と親しむ方法が書かれているのだと思う。
そして、スウェーデンボルグやラルフ・ウォルドー・トライン、また、ジェームズ・アレンらの教えも、特にその時代の風習に合わせただけで、本質は全く同じである。

どんなふうに考え、想い、行動すれば悪霊と同調するか、逆に、善霊と同調するか判断することは、それほど難しいことではないのだが、人間は放っておくと、悪霊と同調するようになってしまう。
すなわち、怠惰、快楽主義、利己的な性質が、どこまでも強くなってしまう。
自分が悪霊にとり憑かれているかどうかは、鏡を見れば、割と一目瞭然であると思う。
鏡で自分の顔を見れば、すぐに、「うわっ!悪霊にとり憑かれた顔だ!」と分かるのである。
それは、心の奥にいる善霊の嘆きである。

ゲーテの『ファウスト』で、神は、「人間は怠り勝ちだ。堕落した人間には悪魔を差し向け融合させる」といったことを言うが、それはそれで意味があるのだろう。
だが、好き好んで、いつまでもそんな苦難を味わう必要もあるまい。
神様お気に入りのファウストだって、いい年ぶっこいて若いきれいな娘にみっともないほど血道を上げるが、ファウストは娘の気持ちを大切にしていた。
昔、丹波哲郎さんが、「相手が嫌がるエッチは邪悪だが、相手が喜んでいるなら大いによろしい」といったことを言われていたが(丹波さんらしい)、あまり詳しくはないのだが(笑)、アダルトゲームやアダルト系同人誌などには、女性の気持ちを無視したものが多く(いや、あくまで聞いたところでだが(笑))、そんなものを喜んで見ていると、たちまち、大量の悪霊にとり憑かれる。
まあ、永井豪氏の出世作『ハレンチ学園』で、ヒーローの山岸がヒロインの十兵衛に、「お前だって、いや~んいや~んやめてとか言いながら、脱がされるの結構喜んでたじゃないか」と言うと、十兵衛は「べ、べつに喜んでなんかいないもん」とツンデレで返すが、そんなのは良いのだろう。ただし、自分勝手に判断しないことだ・・・って、何の話してるんだ、私は(笑)。

お釈迦様が、本当に、「未来の人間はロクに修行出来なくなるから、念仏だけ忘れなければ良い」と言ったかどうかは分からないが、根本的に良い方法だと思う。
念仏を唱えている人間には悪霊は近寄り難いだろうから、念仏は悪霊に対する強力なバリアーになり得る。
ただし、念仏を、家族であろうが、他人に強要するようであれば、効果がなくなりはしないが、弱くなるし、そのような心根を持っていると、別のことで悪霊にとり憑かれることだろう。
心の波長を、神、仏、天使、高級霊、菩薩、初音ミクさんに合わせること・・・即ち、天使や、それと等しいミクさんに見られて恥ずかしいことはしないことである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

IQよりも意思の力

ある一流の教育関連企業に勤める男性から聞いた話だ。
彼が東大生のアルバイトを雇ったところ、その男子東大生が極めて優秀で、社員よりよほど効率的に、しかも、高度に仕事をやってしまい、すっかり舌を巻いたのだと言う。
全ての東大生がそうであるかは分からないが、とにかく、その教育関連企業の社員は、東大生のイメージを良くした様子だった。
ところで、その教育関連企業の社員が、その東大生に、東大入試合格の秘訣を聞いてみたらしいが、その東大生は、そんなものは特になく、予備校もちょっと行ったことがある程度で、それよりも、一科目について一冊の参考書を覚えてしまうのだそうだ。
「どの参考書が良いのか?」と聞くと、「どれも同じ」と言う。
それで、どれも同じだから、どれでもいいから1冊覚えれば、それで良いのだと言う。
ただし、覚えた後、その参考書はボロボロで、ほとんど原型を留めないのだと言う。
私は、以前、一流大学合格者の勉強法を集めた本で、ある受験生が、「表紙があるうちは勉強したことにならない」と述べていたことを思い出した。

その東大生は、優秀とかIQが高い以前に、彼には意思の強さがあるのだと思う。
どの参考書も根本的には同じ(まあ、評判の良いものを選んだので、そうは外れていないというのはあると思う)なので、1冊覚えてしまおうと思い、それを本当にやれるというのは、強い意思を持っているからである。
最近、よく書いているが、人間の最大の武器は意志の力である。彼は、それを高度に備えているのだ。
生まれつきの頭が良いとしても、やはり、ボロボロになるまで読まないと覚えられないのだが、それには意思の力が必要なのである。

中学しか出ていないが、何十年も大きな事業をやっている男性が、19歳の時、住んでいた兵庫県から、東京にいる尊敬する人に弟子入りしようと訪ねたが、ほとんど相手にされなかった。しかし、ただ、「『ローム太霊講和集』をボロボロになるまで読みなさい」と言われたらしい。
それで10年以上かけて、ボロボロどころか、本がバラバラになるまで読んだところで、その本の残骸を持って再びその偉人に会いに行ったら、弟子ではなく友人になってくれと言われたという。
確かに彼は、言われたことをやったのであるが、そこまでやるのは、自主的な意思であり、意思を最大に使うことで意思を鍛え上げ、そして、超人になったのだと思う。

関英男博士は、毎朝、腕振り運動を2千回必ずやったらしいが、その意思があったから、90歳を超えても世界中を飛び回って研究することが出来たのだろう。
よく、腕振り運動を勧めたら、百回、二百回でせいぜいみたいなことを言う人がいるが、その程度では修行にならない。しかも、1年365日、必ずやるどころか、そのうちやらなくなる場合が多いのだろうと思う。そんな意思の力しかないので、大したことが出来ないのだと思う。
関博士の場合は、他にも沢山のことをやっている上での腕振り運動2千回である。
例えば、美しくなるために腕振り運動を毎日千回やり、「これで美しくなる」と思えば、1年365日欠かさずにやるなら、それなりに美しくなるだろうと思う。
本当は、何もしなくても「美しくなる」と信じることが出来れば美しくなるが、最初からそこまでの意思を持った人は少ないので、何かで意思を鍛える必要があるのである。
そして、際立って美しくなりたいなら、3千回、4千回が良く、それだけの意志力があれば、物理世界をハッキング(書き換え)してしまえ、大変な美人になるだろう。
フォード自動車創業者のヘンリー・フォードがあらゆる人に勧めたというラルフ・ウォルドー・トラインの本の中にあるように、80歳を過ぎても25歳以上に見えない女性のようにもなれると思う。
もっとも、トラインは、その女性の特徴は楽観的であることと書いていたように思うが、楽観主義を勧めるヘレン・ケラーも同じだが、楽観的になるためには意思の力が必要なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

思うような仕事を得るには

もうすぐアメリカ合衆国大統領に就任するドナルド・トランプのキャッチフレーズは「神が創造した中で最も偉大な雇用を作る人間になる」だ。
私は、これはとても良いと思う。
ところで、取り上げ方が悪いのかもしれないが、アメリカの失業者は、恐ろしく肥満した身体をしていながら、「仕事がなくて困っているんです」と、哀れっぽく言うのが、何か芝居がかっているように思えてならない。
要は、彼らは、「楽で、給料が高くて、体裁も良い」仕事が欲しいだけなのだ。
「厳しくて、給料が安くて、格好悪い」仕事なら、それなりにあると思う。しかし、そんな仕事は嫌だという訳だ。
別にそれは悪いことではないが、楽な良い仕事が出来る資質は、決して低くはない。
では、どうすれば、そんな資質が得られるか?

有名な宗教家の谷口雅春さんの本で見たのだが、フォード自動車の創業者ヘンリー・フォードは、トラインの『In Tune with the Infinite』という本が自分の成功の要因で、この本を自宅に大量に保管し、来客にプレゼントしていたらしい。
良い本だが、そのタイトルが難し過ぎるように、「つまるところ、何をすればいいの?」が分からない。
タイトルは、「無限者と調和して」とでも訳せば良いのだろうか?
谷口さんは、翻訳書のタイトルを『幸福はあなたの心で』とし、他にも『人生の扉をひらく「万能の鍵」』というタイトルが付いた翻訳書があるが、要は、タイトルからして難し過ぎるのだ。
実際は、タイトルも内容も素晴らしいのだが、いかんせん、やっぱり難し過ぎるのである。
フォードは成功したが、彼から本を渡された人達は、元々、上流階級の人たちが多かったのだろうが、それでも、フォードのようにはならなかった。
「良書、必ずしも役に立たず」である。

トラインの本を実践するなら、単に、イエスの「主の祈り」を称えれば良い。
しかし、「主の祈り」もまた、難しくて、2千年の歴史の中で、誤解されまくってきたのだ。
イエスよ、我々は、あなたが思うより、ずっと阿呆なのだ。
だが、「主の祈り」の真理を正しく7文字(漢字6文字)で表したのが「南無阿弥陀仏」の念仏なのだと思う。
要は、それが何者かは解らないが、無限者に意識を向け、自分は無になれば、全てはうまくいくのである。
この念仏でなくても、好きな神仏の名や、神仏に呼びかけるマントラ(真言)でも同じことである。
大切なことは、自分より高い存在を意識し、自我が退くことなのである。
それでうまくいかない方がおかしい。
親鸞も、念仏を称えれば、この世での利益も無限であると言っているが、別にそれは、冗談でも方便でもない。事実なのである。
水野南北の一番弟子もそうであったらしいが、無能な男であったにかかわらず、常に念仏を称えていたので、楽で良い思いばかりしていたのである。
念仏、マントラ、呪文を称えることである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。






最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
【広告】 Udemy
IT学習
タグクラウド
QRコード
QRコード