ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

デカルト

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

超能力者になる言葉

当たり前の言葉を言えば、超能力者になる。
その言葉が当たり前であればあるほど、超能力は強くなる。
この「超能力者」は分かり易く言っただけで、「引き寄せマスター」程度のつもりで使った。
もっと、癖のある言い方をする者もいる。
例えば、合氣道家の藤平光一さんは、「当たり前のことを言えば氣が出る」と言った。
「氣が出る」とは、潜在能力が発揮されるという意味で、まあ、超能力者になることと言って良い。
ちなみに、藤平さんが勧める当たり前の言葉は「重みは下にある」だったと思う。

当たり前ということは、自然という意味で、真理であるということだ。
デカルトは、言葉というのではないが、最高の真理を探究し、そして、彼が辿り着いた答が、
「われ思う、ゆえにわれあり」
だった。
彼は、「宇宙は広い」とか「火は熱い」というのは疑ったが、「われ思う、ゆえにわれあり」は信じたのだ。
だが、私は、ルドルフ・シュタイナーが言った、
「われ思う、ゆえにわれなし。われ思わず、ゆえにわれあり」
の方が好きだ。
ただ、デカルトとシュタイナーは反対のことを言っているようで、それは単に「われ」の定義の問題であり、実際は、そんなに違わないと思う。

別に、どの言葉が良く、どの言葉が悪いということはない。
大切なことは、自分が納得する言葉ではなく、魂が納得する言葉を使うことだ。

ニサルガダッタ・マハラジが至高の真理と言った言葉は、
「私は在る(私は存在する)」
だ。
これで良いと思えば使うと良い。
私も、この言葉には散々、お世話になり、良い想いをした。

『福音書』にはイエスの、『法句経(ダンマパダ)』や『感興のことば(ウダーナヴァルガ)』には釈迦の、『老子』には老子の、『荘子』には荘子の、『論語』には孔子の言葉が沢山書かれているので、それらを読み、その中から選んでも良い。
あまり迷わず、とりあえず何か使うと良い。
真理度が多少低かろうが、言わないよりは、はるかにマシだからだ。
藤平氏の「重みは下にある」も、マハラジの「私は在る」も十分と思う。

「私は生きている」も、「私はいつか死ぬ」も、なかなか確からしい。
「ありがたい」こそ真理と思えるなら幸いだ・・・いや、確かに、魂はそれを納得するだろう。
「俺に不可能はない」は、魂的には正しいが、心の葛藤を生む可能性があるので、お勧めしない。
同じく、「私は神である」もだ。
だが、使いたければ使うと良い。












騙されないために必要な当たり前のこと

テレビ、新聞といったマスメディアが偏向報道でなかったことはないが、特に今はひどい偏向振りで、偽情報だらけと言えるかもしれない。
一方、インターネットの、特にSNSに沢山の情報があるが、こちらは玉石混交だ。
大手メディアの「我々は正しい」という権威的な姿勢に対し、SNSでは、発信する情報の根拠を示す謙虚さがある場合が多い。
だから、SNSは、見る者が情報の真偽を判断出来るが、SNSでも人気インフルエンサーになると、傲慢にも根拠を示さず「俺が言うのだから正しい」というマスメディア的な態度だったり、真面目そうに見える発信者であっても、根拠自体がフェイクだったりすることも多い。
特に、根拠を、事実ではなく、論理で示す場合は、いくらでも巧妙な嘘がつける。

マスメディアの情報の根拠は、現地取材をしているとか、映像や音声を示すといった、いかにも信頼性が高いように見えるものが多いが、映像や音声の一部を切り取ったり、それらを組み合わせれば、事実と真逆の情報を作ることが出来、実際、それが行われている。さらに、映像や音声自体が、本物らしい偽物であることも珍しくはなくなった。それが、マスメディアで堂々と行われれている。
そして、重要なことは、マスメディアの情報を否定することは難しく、また、マスメディアの嘘がバレても、マスメディアの権威はいささかも揺るがない。その理由は、国民が馬鹿だからであるとしか言えない。
SNSは、とにかく、情報の根拠を見ることだ。
マスメディアでさえあることだが、SNSでは、「関係者によれば」という言い方が多い。だが、そう書かかれていれば、最初からフェイクだと断定するしかないと思う。
その「関係者」が具体的であることが信用するための最低条件であることは、子供でもない限り分かるはずだ。

そんなわけで、あらゆる情報・・・特に大手メディアの情報に対する私の態度はこうである。
「別に疑わない。だが、信用もしない」
最初から疑ってしまったら、良い情報や、デタラメの中に混じった正しい情報も見逃してしまう。
だが、疑いようのないほど真でない限り、信じてはならない。
デカルトの情報に対する態度はこうだった。
「疑いようもないほど正しくなければ、全て偽」
「よって、単に確からしく思えるものは、全て虚偽とする」
だが、ここまでやってしまえば、日常生活を送ることも出来ないので、我々としては、
「疑いはしない。だが、信用もしない」
が、最良の態度と思う。
そして、「疑いようもなく真であるなら信じる」に関しては同じであるはずだ。
デカルトは、「疑いようもないほど真」というものがなかなか見つけられなかったが、最後に、「疑っている自分がいることは、疑いようもなく真」とし、
「疑っている我は、確かに存在している」
を真理とした。
これは、今日では、「われ思う、ゆえにわれあり」として知られている。
だが、これはやはり実用的でない。
では、我々は、どう考えれば良いのか?
それは簡単ではないだろうか?
魂の声を聞けば良いのである。
我々の中には、魂、聖霊、神・・・何と呼んでも良いが、絶対的に正しいものが存在する。
デカルトだって、「自分の中に絶対的に正しいものがあるから、疑うことが出来るのだ」と言ったが、この言葉は、我々の魂の声も正しいと言っているのではないかと思う。

魂の声を聞くなんて、本来、当たり前のことであったはずが、現代の、特に文明国では、皆、それを忘れてしまった。
現代の悲惨の原因はそこにある。
逆に、魂の声を聞けば不安はないはずである。








より良く生きるための単純なルールを持つ

専制政治(支配者が独断的に支配すること)が行われている国、即ち、専制国家では、必ず情報統制(情報のやり取りを制限すること)が行われている。
簡単な言い方をすれば、支配者が国民を騙しているということで、騙すとは、真実でない嘘の情報を信じさせることだ。
嘘の情報を信じ、嘘の情報に基づいた思想を持つことを、マインドコントロールされている、あるいは、洗脳されているというのである。

ただ、専制政治が全く行われていない国など存在しない。
国の体を保つためには、ある程度の情報統制が必要で、結果、思想統制、即ち、洗脳が行われている。
思想家の吉本隆明氏が『共同幻想論』で書いたように、国というものは、根本的には幻想であると言えるかもしれない。

現在、ロシアでは、政府による強い情報統制、言論統制が行われ、国民が正しい情報を得ておらず、嘘の情報で騙されていると言われている。
日本でも、戦時中は、「大本営発表」と言って、国民に嘘の情報が与えられていたが、その目的は、国民思想を戦争肯定にするためである。例えば、日本軍が敗北に次ぐ敗北を重ねていても、日本軍は大勝利していると、当時の主要メディアである、新聞やラジオで言っていたのである。
現代は、インターネットがあると言っても、インターネットの情報を制限・統制することは容易く、むしろ、これが、国家による情報統制・言論統制に効果的に使われている。
日本にいる我々は、ロシアの人々が嘘の情報を与えられていることが分かるが、日本にだって一般のロシア人がいて、そんなことを知っている。
日本にいるロシア人が、ロシアにいる人々に正しい情報を言っても、ほとんど役に立たない。政府の言論統制が、そんなもので揺らぐほど甘いものではないからだ。

だが、ロシア人が情報統制を受け、嘘の情報を信じさせられていると言っても、我々日本人だって、ロシアのことについて、正しいことを知っているのかどうかは全く分からないのである。
そして、まず間違いなく、我々が知っている、ロシア関連の情報の多くは真っ赤な嘘なのだと思う。
おそらく、ロシア人がロシア政府によって与えられているよりはマシな情報を我々は知っていると思っているが、それも、本当のところは「全く分からない」のである。
もちろん、ロシアのことだけではなく、アメリカ、中国、ヨーロッパ・・・さらには、日本の本当のことだって、我々が、どれだけ正しいことを知っているかは、やはり、「全く分からない」。
特に近年では、2020年のアメリカ大統領選挙、新型コロナウイルス情報、そして、新型コロナウイルス・ワクチンに関し、相反する情報があり、その内の一方を「陰謀論」と呼ぶ習わしになっているように感じるが、陰謀論と、それに対する一般論とされるものにも、実はいろいろあり、そのどれが正しいのかの判定は難しい。
つまり、一般論にも本当と嘘があり、陰謀論とされるものにも、本当と嘘がある。
一般論のあるものが真っ赤な嘘かもしれず、陰謀論と言われるものに真実があるのかもしれない。
しかし、その判定は困難だ。

このような中で、私は何も信じていないのである。
とはいえ、何も信じなければ、生活にも支障が出る。
ルネ・デカルトは、「単に真らしいことは全て虚偽とする」と、言ったが、これも私の態度と似ている。
そして、デカルトは、生活など、生きるために、仮のルールを作ったのである。どんなルールだったかは忘れたが、まあ、差しさわりなく生きられるものだろう。
『サクラダリセット』で、中学2年生の少女、春埼美空(はるきみそら)は、大きな力を持つが判断力が乏しい自分のために、行動規範のルールを作り、それはなかなか面白いものだったが、我々は彼女のような大きな力を持たないので、それほど特別なルールは必要ない。
アシモフの「ロボット3原則」も、力と知性のあるロボットのために作られたもので、我々個人個人は、もっとゆるいルールで良い。
で、私の私のためのルールは、笹沢佐保氏の時代劇小説『木枯らし紋次郎』で、ヒーローの紋次郎が自分に課していたルールと同じである。
即ち、「疑わないが、信じもしない」である。
新聞やテレビの発表(私はどちらもほとんど見ないが)、インターネット・ニュースやSNSの情報、政府や政府機関、行政の発表等を、「疑いはしないが、信じもしない」である。

私はある意味、以前、賭け麻雀をやった検事長に感謝している。
というのは、法の最高権威者が賭博をやっても、何の制裁も課さないことで、日本という国家が全く信用ならないことがはっきり分かったからである。
そんな国が安全だというワクチンなど、怖くて打てない。しかし、これはあくまで私の感覚であり、他の人がどうかは、私が関知しうることではない。

ただ、デカルトは、かなり難しい表現をしたが、人間の内には、信じられる何かがある。
それを私は、魂の声と呼び、それに従うこととしている。
データでビジネスをしていると言っても過言ではないAmazonの副社長が「データは危険である」と言い、「では、何を信じるのか?」と尋ねたら、「CEOの心の声」と答えたらしい。
私の言う魂の声も、この心の声に似ていると思うが、若干異なるかもしれない。
ただ、私が魂の声に従うことを、どれだけ出来ているかは分からない。ひょっとしたら、ほとんど出来ていないかもしれない。








疑わず、信じず

ファクトチェック(事実確認)なんて言葉が流行っているが、ファクトチェックなんて、どのくらい可能なのだろう?
フランスの数学者・哲学者のルネ・デカルトの結論は、「ファクトチェックは一切不可能」だった。
私もこれに同意する。
だが、デカルトは、何か1つくらい、ファクト(真実)が分かるのではないかと探し続け、それなら、「ファクトかどうかと疑っている私は存在する」ことだけは確実にファクトだとした。
この説は、
「疑っている私は確かに存在する」
と言い表された。しかし、どういう経緯かは分からないが、これが、
「われ思う、ゆえにわれあり」
として、現在も伝えられている。
これに対し、思おうが思うまいが私は存在しているという主張もある。
インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジは、それを(思おうが思うまいが私は存在する)さらに洗練させ、こう言ったらしい。
「あなたが本当に納得出来ることは、あなたが存在しているということだけだ」
私も、いったんは、これに納得した・・・つもりでいた。
しかし、今は全く信じていない。
一方、ルドルフ・シュタイナーは、形としては、「われ思う、ゆえにわれあり」へのアンチテーゼ(否定の主張)としてかもしれないが、
「われ思う、ゆえにわれなし。われ思わず、ゆえにわれあり」
と言ったようだが、私も、むしろ、こっちに与する(あくまで「むしろ」だ)。
ただし、このシュタイナーの言葉は、いかなるファクトチェックも出来ない。
まず、「われ思う、ゆえにわれなし」であるが、「思っているわれがない」ことのファクトは証明しようがない。
次に、われが思わなければ、われがあることを証明出来ない。

『荘子』の中で、賢者に対し、「全ては不可知ということですか?」と尋ねると、賢者は、「そんな判断を求めるな」と言う。
余計だが言っておくと、「全てが不可知か?」に対し、イエスと言えば、不可知でないことが1つ出来てしまうし、ノーと言っても「全てが不可知かは分からないことが分かっている」という矛盾が生まれる。まあ、こんな話が好きな人もいるようであるが。

今、マスメディアでもネットでも、ロシアのウクライナ侵攻のニュースが多量に飛び交っているが、何が本当かは全く分からない。だが、分かったつもりになっている人が多いだろうし、分かっているような顔でペラペラと解説する識者やインフルエンサーもいっぱいいる。
私は、どの情報も解説も、疑いはしないが、信用もしない。
ヒトラーが悪魔のような人物であったというのは世界の常識であるが、これも捏造かもしれない。しかし、たとえそうであっても、我々には絶対に分からないのだ。
だから、いかなることも「疑いはしないが、信じもしない」というのが正しい態度である。
これは、笹沢佐保さんの時代劇小説『木枯らし紋次郎』のヒーロー、紋次郎がよく言った言葉だ。
学校に行ったことも、本を読んだこともない紋次郎が最も賢いということになるが、そのはずだと思う。
実際、紋次郎は恐ろしく賢い。
もちろん、学校も本も役に立つこともあるが、害になることも多い。それを認識した上でなら、学校や本で遊ぶのも良いだろう。

何も信じず、一切の判断をしなければ、自ずと正しくなる。
なぜなら、そんな時にのみ、意識の数万倍(あくまで喩え)賢い無意識が出てくるからだ。
腕振り運動というのは、淡々と数を数え、努力なく腕を振ることで、判断を離れる行である。








存在証明と物質支配の法則

主義、信念がはっきりしていて変わらない人は「アイデンティティーを持った人」と呼ばれる。
だが、その主義、信念が偏ったものであると、その人は「厄介な人」だ。
そして、何が正しく何が間違っているのかは難しい問題だ。

2400年ほど前の実在の人物と言われる荘子(荘周とも言う)は、おそらくだが、「アイデンティティーなんて持つな」と言ったのだと思う。
つまり、主義、信念を持つなということだ。
もっと簡単に言えば、「私は何者でもない」という態度を持てということであるが、我々は、幼い時から、自分が何者であるかを、ほとんどの場合、押し付けられる。私は〇〇家の次男であるとか、私は△△小学校の生徒であるなどとね。

ある人間が、総理大臣であったり、俳優であったり、ホームレスであったり、プログラマーであるのは、「万物が移り変わる中で現れた1つの様相」に過ぎない。
「全ては変化する」というのが、唯一の変化しない真理であるわけだ。

デカルトの「われ思う、ゆえにわれあり」というのは、面白い言葉だ。
われが存在することに関し、アイデンティティー、つまり、主義や信念は何の影響も及ぼさない。
アイデンティティーが「存在証明」と訳されることもあるが、自分の存在証明は、ただ「思う」ことだけであるというわけだ。
ところが、目の前に、ペンやハサミがあったとして、おそらく、それらは思ってはいないだろうが、存在しないとは言えない。
だが、デカルトは、あくまで人間本位で考える。
目の前にペンやハサミがあると言っても、ただそう見えるだけであり、本当にそうなのか(ペンやハサミがあるのか)は分からない。
確かなことは、「目の前にペンがある」と思っているわれが存在することだけだ。

だが、デカルトの論では、無意識状態の人間は存在していないことになる。
ここがちょっと面白いところなのだ。
筒井康隆さんの短編小説『悪夢の真相』(『時をかける少女』と一緒に収録されていることが多い)で、般若の面が怖くて仕方がない中学生の少女が登場する。
彼女は覚えていないが、彼女は過去、無意識状態になった時に、般若の面を見たのである。それで般若の面が怖くなったのだ。
つまり、彼女は「思っていない」時、つまり、彼女が「存在していなかった」時に見たものが、思っている、つまり、普段の彼女に影響を与えている。
これはつまり、「思っていない」時の彼女も存在していると考えないとおかしくなる。
意識には、意識と無意識があり、「意識がある」と言われる意識は、意識全体のほんの一部で、意識全体のほとんどは無意識だ。
よって、無意識が存在しないことはないが、無意識は「思わない」。
ここで、「われが思おうが思うまいが、われは存在する」ことが分かってしまった。
そして、ただ、「われは意識である」ということが分かる。この「意識」は、意識と無意識を区別しない。

そして、ここから一気に分からないかもしれないが、生死に関わりなく意識は存在し、よって、われは死なないのである。
人間は、自分が意識であることに気付きさえすれば、完全に癒され、完全に安心出来る。
そのために、ラマナ・マハルシは「私は誰か?」と問えと言ったが、これは、実際には難しい。
それよりも、「私は在る」と思う方が面白い。
なぜ面白いかというと、いつも「私は在る」と思っていると、思っていない(つまり思考していない)時にも、無意識の中に「私は在る」があり、それは否定し難い真実なので、ちょっと面白いことが起こるのだ。
その時、正確に何が起こるのかは分からないが、無意識の中の「私は在る」以外は力を失い、「私は在る」として、意識と無意識が統合され、意識に無意識が見えるようになる。
そうなれば、キリストやブッダに近付いたと言えるのであり、物質界を支配出来る。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード