ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

テッド・ウィリアムズ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

人間に才能なんてものはない

モーツァルトは神童の代名詞のようなもので、幼い時に、いきなり、ピアノを凄い腕前で弾き、素晴らしい曲を作った・・・なんて聞いたか見たかした覚えがある。
しかし、そんな話は、必ずと言って良いほど誇張がある・・・ないはずがない。
幼いモーツァルトがロクに練習もせず名演奏をしたという話は、実際は、モーツァルトは、なんらかの理由でそれなりの期間、猛練習していたに違いないのだ。
幼いモーツァルトが作った曲も、実際は大したことないものだったが、「立派な曲」にされてしまったのだろう。
よくある話じゃないか。
ただ、モーツァルトが恵まれた環境にあり、音楽をやる時間がたっぷりあり、また、音楽を好きになる出来事や状況があったのは確実だと思える。

イギリスの作家コリン・ウィルソンが『至高体験』で書いたように、「天才とは全て、内なる衝動」なのである。
イチローは、天才と言われるのが嫌なように思うが、彼も、どれだけ練習したかはあまり言わない。
しかし、メジャーの大打者テッド・ウィリアムズ(出塁率メジャー記録保持者。最後の4割打者。三冠王2度はメジャーの歴史で2人)は、少年時代から、起きている時間の全てをバッティングの練習に注ぎ込んでいると言われるほどだった。
イチローも負けていなかったのだとと思う。
国際的な陸上選手だった為末大さんは「アスリートは才能が99%」と言ったらしく、私も長く信じていたが、多分、それは間違いだ。
ある人類屈指の水泳選手がいて、その選手の体形が泳ぐためにいかに有利かと語られたことがあったが、名スイマーの全部が、そんな体形をしている訳ではない。
短足で不向きと言われながら、陸上の短距離で無敵を誇ったマイケル・ジョンソンは極端な例だが、どう見ても、向いているとは思えない競技で成功したアスリートは多いし、成功したら、向いている点が無理矢理に強調されるものなのだ。

まあ、超一流の話は我々に縁遠いので、私がなぜプログラミングが上手くなったかという話をすれば、暇で他にやることがなかった・・・以外に特に理由はない。
昔の話だが、パソコンの普及期、標準言語だったBASICをマスター出来る者は100人に1人とか言われたが、それが極端な言い方であることは確かとしても、実際、プログラミングをマスターした者は少なかった。
しかし、プログラミングをマスター出来なかった理由は、その気がないか、暇がないかのどちらかでしかない。
理系か文系か、若いか年配か、男か女か、要領が良いかドン臭いか、対話などでの感じで頭が良いか悪いか・・・一切、関係ない。
集中力があるとか、のめり込む・・・などと言えば聴こえは良いが、自分の殻に閉じこもるとか、周囲を無視して自分勝手に行動出来る者がプログラミングをマスターしたように思う。私が全くそうだ。
だが、テッド・ウィリアムズやイチローも、伝え聞く範囲では、極端なまでにそうなのだ。
イチローは修学旅行が嫌で、それに行かなくて済むよう、甲子園に出るために大活躍したと言うし、テッド・ウィリアムズは周囲の都合を一切無視してバットを振ったし、私も社員旅行などは、どれほど常務等の役員に脅されても絶対に行かなかった(あれほどの時間の無駄と精神の苦痛はない。今は、私がいた会社でも無理に社員旅行に行かせるのはパワハラであるという認識が外部から教えられた)。

人間に才能などない。
その気になって時間を注ぎ込んだ者だけが勝利する。それだけが事実だ。
スポーツでも仕事でも、スタート時点で頭抜ける者がいるものだが、そんな者は大抵、ある時期からうまくいかず、むしろ、スタート時点で「向いてない」と言われた者が逆転してトップに立つものである。
才能で成功したかのような者の裏側に何があったかなんて誰も知らないし、ジャーナリズムなんてのは、本当に肝心な情報を知らせないのが鉄板(確実なこと)である。







伝記の99%は余計な話

サッカー少年、野球少年の中には、将来、セリエAやメジャーリーグで活躍したいと言う子もいるだろう。
そんな子達に、「それは余程の才能がなければ無理なこと」と言ってやらないのはフェアじゃないという考え方もあるのかもしれない。
しかし、ほとんどの大人は、むしろ、面倒だからという理由で「頑張れ」とか言うのだと思う。期待している訳でも、馬鹿馬鹿しいと思っている訳でもない。
ただ、その子がモノになる可能性が僅かでもあるかどうかは、少し見れば分かると思う。
すなわち、サッカーの王者志望なら、1日中、何らかの意味でサッカーをしているか、サッカーのことを考えているのである。
その極端な例が、野球のメジャーリーガーの「最後の4割打者」テッド・ウィリアムズで、彼は少年の時から、起きている時間の全部をバッティングの練習に捧げたがり、挙句、夜は両親が無理矢理ベッドに押し込まない限り、いつまでも練習しようとしていたらしい。
ところが、そんな話を知っている野球少年って、あんまりいないのだと思う。
ニコラ・テスラは、学生の時、毎日13時間勉強するので、心配した父親が勉強禁止令を出したほどだった。

テッド・ウィリアムズやニコラ・テスラが天才かどうかは知らないが、彼らでも高みに達するのは簡単ではなかったのである。
しかし、そんなことを知らない子供達はものごとをなめるようになる・・・つまり、難しいことを簡単に考えるようになる。
他人が成し遂げたことに対し、「そんなの簡単だ」と言う子が多いと思う。
クラスメイトが何かを苦労して達成しても、「そんなん、大したことないやん」と笑うような子は、大人になるにつれ、その傾向性も大きくなり、そんな者に見込みはない。

昔のパソコンのOSのCP/MやMS-DOS、あるいは、昔のOS-9は、比較的単純に見え、ちょっとプログラミングが出来る者の中には、「あの程度は自分でも作れる範囲」などと言う者がよくいたが、彼らは全く大した者にはなっていないはずだ。
ネットワーク高校のN高等学校のプログラミング授業で「ニコニコ動画を作れるようになる」というものがあったと思うが(今もあるのかもしれないが)、やはり、少しプログラミングが出来る愚かな者は、「ニコニコ動画なんか、作ろうと思ったら俺でも作れる」と思ったり、言ったりするのである。
それなら、本当に作ってみたら、自分が思っているより千倍も難しいことが解るのだが、そんな者に限って何もしない。
以前、中途採用の若い開発技術者に「あの会社のシステムの構築は難しい」と言ったら、その者は「そんなことはないでしょう」みたいなことを言うので、難しい理由を説明してやったが、その者は「なんで、そんなことが難しいのでしょう」といった雰囲気の、何か見下した目で私を見た。
その者のその後は、やはり、低レベルであったが、それでも、非常にプライドが高くて扱い難かった。
よくは解らないが、育ちが悪いのかなあとか思ってしまうのだ。

最近は、「自己肯定感を高める」といったタイトルの本をよく見るし、それも大切なんだろうとは思うが、むしろ、自己肯定感が高過ぎることが問題な場合が多いように思えてならない。
「どうせ私なんか」と言うのは、その裏に、「どうせ私なんか大したことない」と証明してしまうことを恐れる気持ちがあるのではないかと思う。
それでいて、「では君は、黙っていて馬鹿だと思われる方が、喋って馬鹿を証明するより良いと思っているのだね?」と言ってやると怒るのだからややこしいのだ。
やっぱり、プライドだけは高いのである。

プライドを捨てたように見える人間だって、実は、しっかりプライドを持っているというのが、デール・カーネギーの『人を動かす』の重要な教えであると思う。
『荘子』には、「高度な人間にはプライドがない」といったことが書かれていて、その通りであると思う。しかし、プライドを無理に捨てることは出来ない。
また、プライドを壊してやる必要もない。それに、他人のプライドを壊すことで、自分のプライドを強固にしてしまうものだ。
成功するには、1万時間、あるいは、10年の継続が必要だと教えてあげれば良いし、それは、起きている時間のほとんどを費やすことだと解らせてやれば良い。
ところが、伝記の99%は、そんな話は省かれ、面白いが、どうでも良いエピソードを寄せ集めているのである。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

もっと真面目にやれ

サッカー強豪国では、子供達に、サッカー選手になりたければ、とにかく長くボールに触れるよう勧めるらしい。
ロナウドやネイマールより長くボールに触れた子供なんて、そうはいないだろう。
最後の4割打者で、出塁率は48.2%で歴代メジャー1位、通算長打率は2位のテッド・ウィリアムズは、子供の時から、バットを手放さなかった。
イチローの高校時代からの素振り好きも伝説的らしい。
宮本武蔵は、本物の剣豪ではなかったかもしれないが、木刀を肌身離さなかったといわれる(護身のためもあっただろうが)。
ビル・ゲイツはハイスクール時代、ずっとパソコンを触っていた。
ある有名なミュージシャンが「街角でハーモニカを吹いてたら満足するようなやつでないとミュージシャンになどなれないさ」と言ったのは、それほどいつでも楽器に触っているという意味だろう。玉置浩二さんは、居酒屋で飲みながらギターを弾き、次の店への移動の途中も弾いていたなんて話があった。風説だったとしても、そんな話が出来るほどの原因はあるはずだ。

私は、社会人になって初めてやった仕事はセールスだったが、若いが一流のセールスマンが、「3ヶ月は1日中セールスしろ」と言ったのを印象深く覚えている。
世界的セールスマンだった夏目志郎さんも、修行時代と言えると思うが、土日も深夜までセールスしたらしい(当時は、訪問販売の時間の法的規制がなかった)。
私は、セールスではやらなかったが、コンピュータープログラミングをやり始めた頃は、半年くらいは、1日中といった感じで、プログラミング自体はしなくても、プログラムのことばかり考えていたと思う。もっと長ければ、一流プログラマーになってしまっていたかもしれない。
そこらは、新庄剛志さんが「ボク、あんまり野球好きじゃないし」と言ってたのに似ているかもしれない。だが、彼だって、野球が嫌いな訳ではない。

本を読んだけど引き寄せ(願望が叶った状況を引き寄せること)がうまくいかないという人がよくいると思うが、それは読み方が足りないのかもしれない。
『こうして、思考は現実になる』シリーズの著者、パム・グラウトは、ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』をボロボロになるまで読んだらしい。
仙骨療法の内海康満さんは『ローム太霊講和集』を、とじ糸が取れてバラバラになるまで読んだというから凄い。
情熱を注がなかったことでうまくいかなくても、文句を言えないということだろう。
ある超人的詐欺師が、三流詐欺師に言ってたものだ。「詐欺はもっと真面目にやれ」。尚、彼のターゲットは、悪徳業者や権力者で、いわゆる堅気には手を出さないらしい。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

死ぬほど好きなこと

イチロー以上のバッターは誰かと尋ねられて、確信を持って答えられる人は、特に日本人では少ないだろう。
私なら、テッド・ウィリアムズがそうではないかと思う。
テッドは、メジャーでは1936年から1960年まで活躍したが、途中3年は戦争でリーグは閉幕、1952年と1953年もほとんど軍隊生活を送っている。
戦争中は、実際に空軍で戦闘機に乗り、戦闘も行った。
実質のメジャーでのキャリアは19年ということになる。
それで、通算安打2654本、本塁打521本、生涯打率.344、打点1839。
最高打率は.406で、最後の4割バッターと言われるが、そのシーズンの最終試合には出場している(周囲からは欠場を勧められた)。
三冠王を2度獲得している。
オールスター戦で左肘を骨折したシーズンも106安打、28本塁打を記録した。
テッドは、少年時代から、起きている時間の全てを野球につぎ込み、野球のことだけを考えていた。
学校では、野球の練習に時間を作るだけの理由で、宿題が少ないクラスを選んだ。
その学校は、朝早く登校して野球の練習をし、放課後は近所のグラウンドで照明が消える9時まで練習し、それから帰っても、両親にせかされてベッドに入るまで練習した。
練習はもっぱらバッティングで、守備に興味はなかったが、メジャーでの失策は生涯で113(守備率.974)と、特に多くはない。
イチローも、少年時代から、「いつでもどこでも」練習していたらしいが、テッドも負けていないと思う。

おそらくだが、誰でも、テッドやイチローのように、好きなことがあって、それに打ち込めることを羨ましく思うのではないだろうか?
たとえ、それほどの才能がなくてもである。
初音ミクさんのお父さん、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長は、高校を出て夜間大学に通いながら北海道大学の職員をしていた時、4畳半の部屋に電子音楽機器を詰め込み、その上に板をおいて食事をしたというが、彼も、自分の好きなことをやり通していたのだろう。そして、やはり、私は、そんなことをしたいと思うのだが、それは誰もが同じであろうと思う。
イチローが常々、子供達に「早く好きなことを見つけて欲しい」と言う気持ちが少し分かるような気がする。イチロー自信が、それが良かったと思っているのだろう。

彼らを羨ましいと思う通り、私は、それほど打ち込むものを持っていなかった。
生まれ変わったら、野球選手になって、1日中、素振りをしたいと本当に思うことがある。
私も、プログラミングを始めた頃は、1日中、プログラミングのことを考えていたと思う。
日曜にドライブしながら、頭の中でプログラムの問題を考え続けていたことを覚えている。
しかし、熱意が足りず、他のこと(つまらないことも多い)を考えるようになってしまったのだ。
テッドは、妻にプロポーズする時、彼女に「私を1番に考えてくれる?」と聞かれると、「ノー」と即答し、「1番は野球、2番は釣りで、君は3番だ」と言ったらしいが、それでも結婚してもらえたのは正直だったからだろう。
私なら、ミクさんに「私のこと1番に考えてくれる?」と訊かれたら、「もちろんだよ」と答えるが、やはり凡人である。

武術家の堀部正史さんが子供の時から、テッド・ウィリアムズ並に好きだったのは喧嘩で、実践にも励んでおり、喧嘩ノートをつけて研究も怠らなかった。
そんな彼を見咎めた教師は、彼の母親に通告したが、母親は息子が好きなことにケチをつけず、教師を呆れさせたという。
しかし、テッドが好きなものが野球でなく喧嘩であったら、両親は止めたかもしれないし、それが良いか悪いかは分からない。
ニコラ・テスラは学生時代、1日13時間、技術の勉強をしていて、父親に止められた。
だが、いずれにしても、それほどやりたいことがあることは幸せである。
そして、それはいつからでも遅くはない。
私も、何か見つけようと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

何のために生きるのか

昨日、メジャーの歴史の中でも最高のバッターの1人、テッド・ウィリアムズの言葉、
「私は、次の打席に入るためだけに生きている」
を引用して、心から離れなくなった。
「何のために生きているか」を知っている人が本当にいたのである。
普通の言い方をすれば、「生き甲斐」でああろう。
『生き甲斐の創造』なんて本がロングセラーになっているが、それほど、皆、明確な生き甲斐が欲しいのだ。

書店で、『紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男』という本の表紙に、
「いい女を抱くためだけに、私は大金持ちになった」
と書かれているのを見た。
もし、本当にそれだけなら、あまり良い人生ではなかったと思う。

『ルパン三世 血の刻印 永遠のmermaid』というアニメで、ルパンが次元に、
「お前は何のために泥棒やってるんだ?」
と尋ねると、次元はいつものように、
「美味い酒を飲むためさ」
とクールに答えるが、ルパンは、自分もそうだが、それだけじゃないと言う。
そして、それは次元も同じだろうが、次元は、そんなことを言うのは、恥ずかしいというか、格好悪いと思っているのだろう。

ドイツ美術界の権威ヴィル・グローマン博士は、池田満寿夫さんへの手紙の中で、
「君の版画を私の部屋に飾っている。毎日、この絵を見るのが楽しみだ」
と書かれていたそうだ。
画家冥利に尽きる言葉だが、それが本当なら、グローマンは、その絵を見ることが、生き甲斐の1つになっているってことだ。
そういえば私も、初音ミクさんのタペストリーを見るのが毎日の楽しみであるが・・・

ジャイアント馬場さんは、「プロレス一筋でやってきた理由は?」とインタビューされた時、
「有体に言えば、他に何も出来ないから」
と答えている。
ルパンも、泥棒しか出来ないのだ。
この「しか出来ない」は「しかしたくない」という意味ではあるのだが、それしか出来ないことに間違いはない。

横尾忠則さんは「自分は、天国の美を地上に降ろすための道具」といったことを言われていたと思う。
そうだ。
ルパンは泥棒をする神の道具で、ジャイアント馬場さんはプロレスをする神の道具だ。
泥棒をするのは神で、プロレスをするのも神である。
要は、神は、あなたを何の道具にしたいのかだ。
それが、『バガヴァッド・ギーター』や、ウォレス・ワトルズの本に書かれていることである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
IT学習
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ









タグクラウド
QRコード
QRコード