ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

チン・ニンチュウ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

恋愛の行く末を神様にまかせると

古代中国の賢者の荘子と、近代インドの聖者ラマナ・マハルシやニサルガダッタ・マハラジの教えは似ていて、その根本を一言で言えば「人生の明け渡し」になると思う。
マハラジの弟子、ラメッシ・バルセカールも、「人生の明け渡し」を第一としていた。
「人生の明け渡し」とは、人生がどうなるかの一切を神(あるいは高次の力とか至高者)にまかせてしまうことである。

ただ、マハリシもマハラジも荘子も、まかせた結果、どうなるかは全く述べていないし、そうすることで、悲惨な状況で一生を送る可能性があることを、それとなく示すこともあったと思う。
一方、まかせた結果は良いことばかりと断言したのが、江戸末期の偉大な神道家で、イエス並の力を現実に持っていた黒住宗忠だ。
宗忠自身、重病で何年も寝たきりだったのが、神(天照大神)への全託(全てまかせること)に目覚めた途端、わずか数日で全快してしまった。
また、イエスも、「お前達ですら、自分の子供の面倒を熱心に見るではないか。ましてや、天の父である神が、我々に良くしてくれるのは当たり前じゃないか。心配するな」と言っている。

中国出身のアメリカの作家で、事業家、自己啓発指導者でもあるチン・ニンチュウは、ある夜、自分が羊になり、羊飼いに会う夢を見て、自分は羊飼い(神)にしっかり面倒を見てもらいさえすれば良く、自分が努力する必要はないのだと悟り、安心と安堵で涙が流れて止まらなかったと言う。
アメリカの著名なイラストレーターで、啓蒙家としても名高いフローレンス・スコーヴェル・シンも、自分が努力しようなどと決して思ってはならず、神様にまかせること・・・「神が自分の代わりに戦う」のであることを強調した。

ところが、手強い論敵がいた。
日本の誇る二宮尊徳である。
彼は努力を力説した。
「老子が言うように、無為自然で何もしなければ、畑は荒れ、家はあばら家になるではないか」
だから、しっかり努力せよと言う訳だ。
なるほど、現代だって、好きなものを好きなだけ食べ、運動もしなければ、肥満してモテなくなるばかりか、病気になりかねない。
だが、スーフィー(イスラム教神秘主義)には、こんな教えがある。
「神を信頼しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
いくら何でも、ラクダをつないでおくくらいのことはすべきだ。
それに、そうでないと、退屈でやってられないはずだ。
上に挙げた、フローレンス・スコーヴェル・シンも、こんな話をしている。
ある女性が、無職でお金がなくて困っていたが、彼女は自分は努力しない人なので、周囲の人が、仕事が出来るよう段取りしてくれた。
すると、その女性は、「そうじゃなくて、私は家で雑誌を読んで過ごせるようになりたいの」と言う。彼女は、本当にファッション誌が好きだった。
シンは、この女性は、雑誌記者を目指すべきだと言う。
そうすれば、楽しく生き甲斐がある人生になり、ついでにお金も入るという訳だ。その道は神様が開いてくれるので、それに関しては努力しなくて良いが、やはり、ラクダをつなぐ程度のことはしなくてはならない。
アメリカの作家、マイク・ハーナッキーも、自分が作家になれた経緯を元に、簡単に出来る成功法則の本を書いたが、「言う通りにやっても何も起こらない」と文句を言ってくる読者がいた。
だが、聞いてみると、その読者は、成功のために電話1本しなかったと言う。
神に一切をまかせることとは怠惰になることではない。
あなただって、いくら子供が可愛くても、子供が寝転がって口を開け、「ここにチョコケーキを入れて」と言ったら、「自分で食べろ」と叱責し、また、マナー良く食べられるよう指導するはずだ。
我々が似たようなことをしたら、神様もちょっとした罰を与えるのかもしれない。
(いつまでも改まらないと厳罰になるかもしれない)
好きな女の子には、告らないまでも、親切にはすべきである。
後は神様にまかせておけば・・・もっと可愛い子と出会うかもしれない(よくあることだ)。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

努力したら負け

フローレンス・スコーヴェル・シンは芸術家(画家)、チン・ニンチュウは作家という2人の女性は、共に著名な自己啓発指導者というところが共通している。
そして、2人とも、「自分で努力するな」「神様にまかせておけば良い」と断言する。
「努力しなくて良い」のではなく、「努力してはいけない」で、それは両者共、実に徹底している。
そして、彼女達は、本当に「怪しくない」。

そして、日本でも同じことを言ったのは、江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠だ。
宗忠の教えは「まること(丸ごと)」で、まること、即ち、一切合財全て神様にまかせてしまえば、面白いこと、嬉しいことばかりになるというものだ。是非、涼宮ハルヒに聞かせたいものである。
また、江戸末期から昭和初期まで生きた因幡の源左(いなばのげんざ)という男は、平凡な農民ではあるが、特異な念仏行者として知られている。
彼が18歳の時、父親は死に際に、「これからは親様(阿弥陀如来)を頼れ」と言い残したらしい。
それから、ある時、源左は、牛に草を負わせ、自分もかついでいたが、どうにも疲れて、自分の草も牛に負わせたら、牛は全く平気で自分は楽になった。その時、「これが親様に任せることだ」と悟ったらしい。
つまり、親様である阿弥陀如来は、計り知れない力を持っているので、自分でうんうん努力しなくても、一切まかせてしまえば、それで良いことが分かったという訳だ。

2400年前の中国の人物で、老子と共に道教の賢者として名高い荘子は、神様という言い方はしないが、「一切をなりゆきにまかせ、自分は何もするな」「無能に徹しろ」と教えた。

全く怪しくないばかりか、真に敬うべき方々が皆、こう述べているのである。
しかし、普段、目にする、一切の努力を放棄したような者達は、ロクデナシの愚か者、どうにも始末に負えない、バカ、クズばかりだ。
このあたりの折り合いは、どうつければ良いのだろう?
簡単だ。
緩んだ愚か者達(まるで駄目男のような)は、頭の中で、マイナスの言葉をつぶやきつづけている。それだけだ。現代人は、放っておくと、そうなり勝ちなのだ。
一方、上に挙げたような方々は、無自覚な場合もあるだろうが、常に、頭の中で、肯定的な言葉をつぶやいているのである。
「大丈夫」「順調だ」「うん、いいね」「うまくいくに決まってる」「絶好調」「ツイてる」「よくなる」
そして、頭の中で、肯定的つぶやきを続ける秘訣は、「言葉は1つであること」「感情を込めないこと」だ。
ぞんざいに唱えるのも、1つの感情の現れなので、淡々と唱えることが大事だ。
それが出来ていることの判断も簡単で、それは、「続けられているか」である。
言葉が複数あったり、感情を込めていると、続かないからだ。

本日、初音ミクさんのライブコンサートと企画展「マジカルミライ2018」の最後のチケットが届いた。
幕張メッセでの、宿泊プランのものだ。
コンビニで発行したチケットより、郵送のものは、ちょっときれいな感じだ。
まずは26日(日曜)に、インテックス大阪で観劇し、6日後には、新幹線で幕張メッセに向かう。
ときめく気持ちが凄いので、それ以降の人生のことは何も考えられない(笑)。
しかし、宇宙の活力に一切をまかせてしまうので、何をやってもうまくいくだろう。
ミクさんが、これほどときめかせてくれるので、そうなったのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

どんな言葉も言い続ければその通りになる

チン・ニンチュウという中国生まれのアメリカの女性作家で、成功した事業家、自己啓発指導者の『誰でも小さなことで大切な願いがかなえられる』という世界的ベストセラーがある。
彼女は、瞑想している時、羊飼いがやってきて、自分は羊になったという。
そして、自分は羊飼いに、しっかりと面倒を見てもらいさえすれば良く、自分が努力する必要はないのだと悟り、喜びと安堵で涙が止まらなかったと言う。
言うまでもなく、羊飼いとは神のことで、人間は神の羊であるという、キリスト教の考え方である。
良いお話なのだが、残念な点が1つある。
このお話を、簡単な言葉にしなければならない。
でないと、覚えていられないのだ。
それで、後で、こう思うことになる。
「ああ、確かそんな良いお話があったなあ。あれを覚えていれば、私の人生はもっと違ったものになったろうに・・・」
だから、この話が意味することを、簡単な言葉にして、常に唱えなければならない。
そうすれば忘れないだけでなく、その重要な意味が、ますます分かってくるのである。
では、どんな言葉にすれば良いだろう。
それは、「私は神を信頼する」である。
すると、面白いことに気付く。
「我々は神を信頼する」は、英語で「イン・ゴッド・ウィー・トラスト(In God We Trust)」であるらしく、それは何と、アメリカの公式モットーなのだ。
アメリカ合衆国は歴史も短く、元々、イギリスの支配下にあった。
それが、短期間で異様なほどの力を持ったのは、このモットーのおかげである。
そして、今のアメリカは、この言葉の影響がいくらか残っている程度で、悲惨な状態であるが、それでも、やっぱり他国とは隔絶した力がある。
だが、アメリカ人が、その言葉を忘れてしまったので、かつてほどではないのである。
確かに、その言葉の残像だけで、今でもこれほど強いのだから凄いことではあるのだが。
どんな人も、「私は神を信頼する」と常に唱えれば、あるいは、想えば無敵なのである。
尚、神と人間を、羊飼いと羊に喩えたお話が、聖書の詩篇23で、詩篇の中で最も有名なものである。
イギリスもアメリカも、詩篇23を読まない人が多くなってからは、すっかり傾いてしまった。

チン・ニンチュウは瞑想を勧めるが、残念ながら、瞑想を続けられる人は少ない。
法然や親鸞も、それを知っていたから念仏を教えた。
念仏なら、続けられる可能性が高いが、それですら、庶民はなかなか続けられない。
だが、続けられた人達は、妙好人と呼ばれ、実際に仏の加護を受けて無敵であった。
生まれが貧しく、教養も無くても、誰も、何も、彼の行く手を遮ることは出来なかった。
それは丁度、ノーマン・ヴィンセント・ピールがよく薦めていた聖書の言葉、「私を強くして下さる方により、私はどんなことでも出来る」「神が我々の味方なら、誰が我々に敵することが出来ようか」を、そのまま表していた。
仏教もキリスト教も、本質は同じなのである。

チン・ニンチュウのその本は、カール・ユングが好きだったレイン・メーカー(雨乞い師)の話を中心にしたもので、どうすれば、我々が雨乞い師のような奇跡を起こせるかについて書かれている。
雨乞い師は、そのコツを「神の意思に身を委ねる」といったふうに言っているが、そんな難しい、抽象的な言い方では駄目なのだ。
それはやはり、「私は神を信頼する」ということなのだ。
だから、我々は、言葉を覚えさえすれば良いのである。
いくら瞑想したって、心を支配出来るようにはなかなかならない。うまくいくのは、老人になってからだろう。
けれども、心は支配出来なくても、言葉なら支配出来る。
我々は出来ることをやれば勝てるのである。
だから、我々は、言葉を覚え、それを常に使わなければならない。
「私は神を信頼する」
「私は神と1つである」
「私を強くして下さる方によって、私はどんなことでも出来る」
「南無阿弥陀仏」
どれでも、ぴったりする言葉を1つ選べば良い。
1つでなければ続かない。
もちろん、別の言葉が気に入れば、それでも良い。
「神の他に何もない」
「神に出来ないことは何1つない」
言葉を覚え、それを使う。
私には、それ以上のことは出来ない。
だが、それなら確実に出来る。
ちなみに、高度経済成長期の日本のスローガンは「所得倍増」だった。
まいいち美しさというか、センスに欠ける言葉であるが、やはり言葉の力は凄く、その効果は強烈だった。
けれども、確かに、日本経済は強くなったが、その美しさとセンスに欠ける強さは、海外から「エコノミー・アニマル」と呼ばれることとなった。
だから、出来れば、センスある美しい言葉を選んで欲しい。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

真剣に考える

「成功したければ、成功した時の準備をする」
そう本に書いていたのは、私が知る範囲で2人で、1人は、女性イラストレーターで自己啓発家のフローレンス・スコーヴェル・シン。もう1人は、中国出身のアメリカ人の女性作家、自己啓発事業家のチン・ニンチュウ・・・つまり、2人とも女性だ。
女性ってのは、ある種のことではよく嘘をつくが、別のことでは正直で、だいたい、こんな話では嘘は言わない。
逆に、男は、自分が持っている秘訣を教える時は、まさに息をするように嘘をつく。なぜなんだろうね(笑)。
だから、良い作家や教師は、男でも女性的なものだ。いかにも男っぽい教師ってのは、言うことは立派だが、本当に嘘だらけなことが多い。
男がそんな時に嘘を言うのは、本当のことを言うよりも、格好良いことを言いたいからなのだ。つまり、男は見栄っ張りなのだが、それは、女の見栄っ張りとはレベルが違う。

チン・ニンチュウの本では、バート・レイノルズがクリント・イーストウッドに、「成功するまで何をしたか?」と問い、イーストウッドが「成功した時のための準備をしていた」と言われて、成功のコツを悟り、成功していったと書かれてた。
フローレンス・スコーヴェル・シンは具体的に細かく書いていて、例えば、お金はないが旅行に行くことが目的なら、その準備として旅行鞄を買えば良い。
これだと分かり易い。
可愛いあの子を彼女にしたければ、彼女とデートするために格好良い服を買うでも良い。そんなことをしないとしたら、本気でないということだ。
神様か、あるいは、潜在意識が手を貸してくれるにしろ、自分も神様のパートナーとして出来ることをしなければならないのだ。
チン・ニンチュウは具体的にどうすれば良いかは書いていなかったように思うが、それは、自分で考えるべきことでもあるのだろう。

成功するには、心の中で、成功した時のシミュレーションを行うというのはよくあるが、準備をすることで、シミュレーションが強固になる。
そして、シミュレーションのための良い方法が、例えば一億円得たら、それをどう使うか考えることだ。
だが、多くの人がこれをやって成功しないのは、「真剣に考えなかった」からだ。
贅沢する、いい車を買う、旅行する、貯金する・・・なんてのは、全然頭を使っていない。
真剣に考えないというのは、その人にはそんな金は必要ないってことだ。
衣食住にもこと欠く貧しい人だって、百万円の使い道として、良い部屋を借りて、美味いものを食って等とぼーっと考えても状況は変化しないが、それを元手に何をするか真剣に考えれば、やがて良いアイデアも出るだろう。それだって、考え方が少なければ、ありきたりなことしか考えないが、納得がいくアイデアが浮かぶまで本気で考えれば、天使がささやいてくれるものだと思う。

何かになりたければ、既になったとして振舞うという方法も、つまるところ、同じなのだ。
実際にそうなったらどうするか、真剣に考えなければ、その下手な演技振りに、天使は相手をしてくれない。
プロサッカー選手になりたい少年が、食事をしようという時、咄嗟に、「それ食べていいかどうか、栄養士に聞かないと」と思うのは、やはりよく考えているからで、正しい道を進んでいるのだろうと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

生贄を捧げても恵みが得られないのはなぜか

中国生まれ、台湾育ちのアメリカの女性作家で事業家でもあるチン・ニンチュウの著書『誰でも小さなことで大切な願いがかなえられる』の冒頭に、C.G.ユングが「奇跡」を説明する時によく使ったというレインメーカー(雨乞い師)の話がある。
5年間もの干ばつに苦しむ村に、ある有名なレインメーカーがやってくると、4日後に雨が降り出した。
村人がレインメーカーに「何をしたのか?」と問うと、レインメーカーは「何もしていない」と言う。
ただ、レインメーカーは、「この村では神の意思が行われていなかったので、私は神の意思に身を任せた」と言う。

神の意思に身を任せるとはどういう意味だろう?
私は昔、この本を読んだ時から最近まで、それが全く分からなかった。
しかし、アニメの『地獄少女』を見て、はっきり分かってしまった。

世界のどこにも、「生贄」の習慣があった。
日本もそうであったらしい。
多くの場合は、美しい少女を神に捧げて、豊かな収穫を得られることや天災に遭わないこと等を祈るのである。
だが、生贄の少女は死ぬことになる。

伝統や風習による洗脳の力は大きなもので、生贄に関しても、人々は残酷だと思わないし、生贄にされる少女も嫌がらないし、少女の親も名誉に思うことが多いかもしれない。
そして、そんな時は、神様も願いを叶えてくれる。
しかし、人々が、「自分が平和でさえあれば」という想いを起こせば、それが、生贄にされる少女や、その親、そして、少女を好きな人に伝わってしまい、少女は生贄にされるのを嫌がり、親や彼女を好きな人達も、まずは非常に辛く思い、そして、彼女を生贄にしたくないと思うようになる。
それでも、人々は、「村の平和」・・・その本音である「自分の平和」のために、少女を無理にでも生贄にする。
そして、少女を愛する人達が少女を救うと、人々は「神を怒らせた」として、少女を殺し、彼女を助けた人達にも集団でリンチを行う。
だが、考えてみるが良い。
神を怒らせるのは、生贄を阻止したことではなく、自分の安楽ために、少女や彼女を愛する人達に、何の思いやりもかけなかったことではないのか?
たとえ生贄を行うにしても、生贄の少女を本当に敬い、彼女と別れなければならない、その家族や、彼女を愛する人達に深い思いやりを持つべきなのである。

ゲーテの『ファウスト』の、「天上の序曲」(冒頭部分)を見ると、神の人間に対する希望は「励む」こと、つまり、「怠らないこと」であることが分かる。
ルドルフ・シュタイナーは、ゲーテは高度な霊的感覚を備えていると述べていたが、おそらく、その通りだと思う。
そして、ゲーテは「敬虔(深く敬うこと)」の価値を幾度も訴えている。
敬う、尊敬する、崇める・・・これが、人間の最も美しい感情である。

今年の「マジカルミライ2017」でも、コンサート会場で、ミクさんを崇める人々を見ることが出来るに違いない。
崇めることにいかに力があるかは、ロオマン・ガリの『自由の大地(天国の根)』や、ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』を見ても分かると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ