ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

チン・ニンチュウ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

ハッピーエンドは賢い準備から

中国出身の女性実業家、自己啓発指導者、作家であるチン・ニンチュウの『誰でも小さなことで大切な願いがかなえられる』に、夢を叶えるための、ある簡単な秘訣が書かれているが、それは聖書にも明確な例が見られるもので、本物の引き寄せ指導者が好んで語るものである。
『誰でも小さなことで大切な願いがかなえられる』では、こんな話だ。

ハリウッド・スターのバート・レイノルズがまだ駆け出しの頃、既に大スターだったクリント・イーストウッドに、
「人気が出るまで何をしていましたか?」
と尋ねると、イーストウッドは、
「成功するための準備をしていた」
と答え、それを聞いたレイノルズは成功への階段を駆け上がった。
しかし、この本の著者は、これについて、ただ、レイノルズは「深遠な原則を理解し」としか書いてくれていない。
何て不親切なんだ・・・と思うが、まあ、要は、成功の準備をすれば良いのである。
偉大なる引き寄せマスターのフローレンス・スコーヴェル・シンは、お金がないが世界一周旅行に行きたいという男性に、旅行カバンを買って、旅行の準備をするよう薦めた。
その男性がそれに従うと、思いがけないところから大金が入り、彼は旅行に出かけた・・・こんな感じである。

旧約聖書の『列王紀略下』に、エリシャが砂漠に雨を降らせた話がある。
エリシャは、どんな準備をしたのだろうか?
エリシャは王に、砂漠に、水路となる溝を掘るよう要請し、王はエリシャを信じて溝を掘らせた。
すると、大量の雨が降った。
つまり、溝を掘って、雨が降った時に必要な水路の準備をしたのである。

これらの準備は適切だった。
しかし、少し注意が必要だ。

可愛いあの子を彼女にしたいなら、まず、格好良い服を買い、髪型も決めてデートの準備をするべきだし、さらに、デートでのエスコートを余裕で出来るよう、お店をしっかり調べておくことも必要だろう。
だが、モテないやつは、この方面の準備が下手なものであり、準備がかえって逆効果になることも多い。
準備とは、決して表面上のことではなく、心の問題であり、あの子を彼女に出来る心の準備が出来ているかどうかなのである。
これについては、新約聖書の『マタイ福音書』の「十人の乙女のたとえ」のイエスの話が参考になる。
十人の乙女が花婿を迎えに行った。
十人の乙女はランプを持っていたが、予備の油を持っていたのは五人だけだった。
だが、花婿の到着が遅れ、ランプの油が切れてしまった。
五人の乙女は予備の油を持っていたので大丈夫だったが、残りの五人は油を買いに行く間に花婿が来てしまい、婚礼の宴の建物に入れてもらえず、油を準備していた五人だけが結婚出来た。
油を準備していなかった五人の乙女も、下らないものの準備はしていたかもしれない。
だが、知恵がなかったので、肝心の油を準備していなかったのだ。
知恵のない者の準備の例を上げれば、例えば「病気になった時のためにお金を貯めておこう」といったものだ。
すると、準備した通り、病気になるのだ。
知恵のない準備は虚しい結果を呼ぶ。

知恵のない準備をした者の例に、あの童話作家のアンデルセンがいる。
24歳のアンデルセンは、好きな女性が出来、彼女を得るための準備をした。
その準備とは、自分のことを知ってもらうための自伝を書いたのだ。
当然、振られた(笑)。
一般的なオタクが失敗するパターンだ。
つまり、自分のことを知ってもらうのではなく、相手を理解することが必要なのだ。
この点、アンデルセンもただの阿呆で、もちろん、彼は一生独身だった。
だが彼は、14歳でデンマークに出て来てから長い間、作家として成功するための長い準備をしたのだ。
志した歌手や役者としては全く認められずに馬鹿にされ、その後、教師のパワハラに耐え続けて学業を終えたのである。
『人魚姫』や『マッチ売りの少女』などのヒロイン達の苦しみを、アンデルセンが美しく描けたのは、自身の辛い経験があったからである。
準備は、パートタイムでやるものではない。
常に、怠りなく備えなければならない。
根気も必要であるが、自然でまっとうなことをやれば良いのであるから、それほど辛くはなく、むしろ楽しいし、もし、辛いならば報いも大きいであろう。
アンデルセンも、苦難が報われた時の感動(学生たちの称賛の儀式)を自伝で熱く語っている。








我々の超強力な味方を認識せよ

今、『鬼滅の刃』というアニメが大変に人気があり、さらに人気は世界中に広がりつつある。
基本的に、このアニメは、炭治郎という少年が鬼と戦うのであるが、炭治郎は少年ながら大変な修行をして超人的な力を持つも、その戦いは楽ではない。
いや、楽どころか、毎回、恐ろしく強い敵が登場し、ギリギリの勝利を得る感じだ。
このパターンは、あらゆるアニメで共通で、今年25周年を迎え、昔から世界的に人気がある『美少女戦士セーラームーン』では、どんどん強い敵が登場し、セーラームーンがそれに合わせるかのようにレベルアップしていくが、いつも苦戦の連続である。
ヒーロー、ヒロインが強過ぎては、お話にならない、あるいは、お話が面白くないのだろう。

プロレスの試合は、最初から、勝敗や試合の流れが決まっているショーであるが、長く、真剣勝負をやっていることにされていた(表向きは今もされているが)。
戦後間もない頃、力道山という国民的英雄であるレスラーがアメリカ人レスラーを倒すのであるが、力道山も決して楽勝するのではなく、苦戦の後、根性で逆転勝ちするよう設定され、それは成功して大プロレスブームを起こし、そのパターンはその後、そして、現在も、おそらく未来も受け継がれるだろう。

ところが、アメリカンヒーローの代表であるスーパーマンの、1941年の最初のアニメ(カラーで凄いクオリティのアニメだ)では、スーパーマンはとにかく強い。
多少のスリルは感じさせるものの、スーパーマンの力は絶対的で、スーパーマンが登場すれば、もう視聴者は安心して見ていられた。
また、日本でも、『黄金バット』(1967)では、黄金バットは強過ぎるくらい強く、敵のナゾーがどんな怪物や巨大ロボットを出してきても、まあ、何の問題もなく黄金バットは楽勝した。
スーパーマンや黄金バットのように圧倒的・絶対的に強いヒーローは面白くないと思うかもしれないが、気楽に見れるだけでなく、やはり、どこか爽快なところがある。
私も最近、Amazon Prime Videoでこれらを見てみたが、強過ぎるヒーローも良いものだと思った。

そのような「強過ぎる」ヒーロー・ヒロインは、一般的には面白くないこともあり、珍しく、ほとんどないと思う。
ところが、2012年のアニメ『BEATLESS』のヒロインである美少女型アンドロイド、レイシアが少し違う形で極めて強い。
彼女は、身体そのものは無敵ではなく、敵の中でも、メトーデという超強力なアンドロイドに対しては、「メトーデとの直接対決は自殺行為」と自分で言うほど、メトーデの方が強い。
しかし、強力なメトーデに大苦戦するように見えても、最後には、計算通りという感じで大どんでん返しをして、敵を、そして、視聴者を驚かせる。
レイシアの恐ろしい強さは、身体ではなく、頭脳とテクノロジーなのだ。
ある時、レイシアはアラト(主人公で17歳の男子高校生)に、自信たっぷりに言う。
「私には、あなたが望む未来を引き寄せる力があります」
それは、戦闘力などとは次元の違う巨大な力である。
アラトの親友リョウは、その力を恐れ、アラトに敵対する。

だが、アラトには、レイシアがいなくても、望む未来を引き寄せる力は、自分の内にある。
そして、それは、どんな人間も同じなのだ。
我々全てが、アラトのように、レイシアが身近にいるようなもの・・・いや、レイシアなど比較にならないほどの力が味方なのだ。
『黄金バット』では、マリーという名の金髪の少女が呼べば、いついかなる場所でも、黄金バットは即座に、颯爽と現れ、マリー達のピンチを救い、敵をやっつける。ほとんど危なげなく。
だが、我々は、黄金バットにはるかに優る存在と共にあり、それはいつでも味方してくれる。
聖書にはこう書かれており、ドナルド・トランプがこよなく崇敬するノーマン・ヴィンセント・ピールの『積極的考え方の力』では、ピールは絶望の淵にいる男に、その言葉を教えて立ち直らせる。
その言葉は、
「もし神が我々の味方であれば、誰が我々に適し得ようか」
である。
「神」という言い方に抵抗がある人もいるだろうが、ジョセフ・マーフィーは『あなたも幸せになれる(文庫版では「努力嫌いの成功法」、原題は「コズミック・エナージャイザー)』で、偏在する全知全能の力を「宇宙の活力(コズミック・エナージャイザー)」と呼び、それをいつでも使えることを示した。
一般的には、マーフィーは、その力は潜在意識の力としている。
我々は、アニメや映画を通して、「あっぷあっぷの大苦戦ゲーム」に慣らされてしまい、しかも、自分はヒーローやヒロインでないので、負けるのが当たり前になってしまっているかもしれない。
だが、そうではないことを知らなければならない。
我々は、アラトやマリーより良い立場なのである。
それをはっきり認識しなければならない。
中国出身の著名なアメリカの女性作家で事業家で自己啓発の指導者であるチン・ニンチュウは、ある夜、自分が羊になり、神様に世話をしてもらう夢を見て、自分はただ、神様にしっかり面倒を見てもらえば良いのだと気付き、涙が止まらなかったと言う。
我々も同じなのである。








釈迦やイエスの教えの神髄は簡単過ぎて伝わらなかった

いかに賢い人、偉大な人の教えであっても、どこか欠けたところがあり、しかも・・・一番重要な部分が欠けているかもしれない。
釈迦やイエスが、その大事なところを言わなかった訳ではないのだが、それが、あまりに簡単であるために、教えを伝える立場の者が、敢えて書こうとしなかったのかもしれない。
その大事なこととは、もちろん、気分(心地)である。
人間は常に良い気分でいなければならず、もし、気分が悪ければ、すぐに気持ちを切り替えて良い気分にならなければならない。
その理由はこうだ。
人間の内部に存在する、ある偉大な力が世界を作っているのだが、その偉大な力は、人間の気分に同調した世界を作るのである。
だから、気分が良ければ、さらに気分を良くしてくれる状況が、気分が悪ければ、さらに気分が悪くなる状況が現れるのである。

ここで、カール・グスタフ・ユングが好きだったという雨乞師(あまごいし。祈祷などで雨を降らせる特異能力者)の話を取り上げる。
これは、チン・ニンチュウの『誰でも小さなことで大切な願いがかなえられる』の最初のところにあるお話だが、これも「気分」という観点が抜けているので、曖昧で、誤魔化したような話で終わってしまっている。
だいたい、こんな話だ。
5年も干ばつが続く村で、有名な雨乞師を呼び、雨を降らせてくれるよう頼んだ。
雨乞師が、4日の間、テントにこもると、見事に雨が降った。
村の人が、雨乞師に、「何をしたのですか?」と尋ねたら、雨乞師は「何もしてない」と言う。
困惑する村の人達に、雨乞師はこう言った。
「この村は、神の意思に沿っていない。私は神の意思に身をまかせた」
なんて駄目な説明なんだ!(笑)
「神の意思に身をまかせる」って、具体的にどうすんじゃい!
・・・と文句を言いたくもなる。
似非賢者は、みんなこんな説明をするのだ。
「あるがままに」なんてね(笑)。
「あるがままに」なんて、格好良いから歌の歌詞には良いが、こんなんじゃ誰も救えない。

雨乞師は、こう言うべきだった。
「あんたら、みんな、気分が悪そうな顔しとったでしょ?わしはテントの中で気分良く過ごしたんじゃよ」
つまりね、雨が降らないから気分が悪いんじゃなく、気分が悪いから雨が降らないのだ。
ところで、雨乞氏がそう言わなかったのは、こんなことバラしたら、商売あがったりになるからかもしれない。
これが、雨乞師の秘中の秘だからだ。
これさえ知っていれば、雨乞師は不要になってしまう。
それを私がバラシてしまった(笑)。
とはいえ、一般の人は馬鹿だから、簡単過ぎるという理由で、馬鹿にして重視せず、結果、覚えないから、やっぱり雨乞師は儲かるのだ。
雨乞師が、テントの中で何をしてたのかは知らないが、ニコニコと笑顔になり、ガッツポーズでもしてたのだろう。
時々、舌を思いっきり出して、身体をしゃきっとさせたりもしたかもしれない。
そして、5年も干ばつが続く場所で、4日で雨を降らせることが出来るのだから、どんな願いだって叶うだろう。








常識を壊せば不可能はなくなる

アメリカでベストセラーになったビジネス書、『誰でも小さなことで大切な願いがかなえられる 』の著者であるチン・ニンチュウという中国生まれのアメリカ人の女性は、若い頃から、なかなか波乱の人生を送ったようだ。
だが、ある時、彼女に人生の目覚めがやってきた。
瞑想をしていた時だったが、半分眠っていて、夢を見ているような状態だったと思う。
自分は羊になり、羊飼いが保護者になってくれた。
そして、自分は、羊飼いにしっかり面倒を見てもらいさえすれば良く、何もする必要がないと分かり、安堵の涙が止まらなかったという。
修道女、資産家の妻、女優、スーパーセールスマン、事業家と大活躍した彼女ですらそうなのだ。

上記の本も、リラックスしろ、頑張り過ぎるな・・・といったことを書いているのだが、もっと簡単に言えば、やはり、この宇宙の究極法則を言っているのだと思う。
つまり、気分が良ければ、さらに気分が良くなることが、気分が悪ければ、さらに気分が悪いことが起こるのである。

ところで、我々の心の奥に刻まれた、魔法力の封印を解くためのお話をしようと思う。
これであなたも魔法使いだ。
その封印とは、世の中の常識である。

皆さんも、ヴィクトル・ユーゴーの長編小説『ラ・ミゼラブル(ああ無情)』の有名な絵をご存じと思う。
ボロボロの服を着た、痩せた小さな女の子が、冬の濡れた道で、裸足で、自分より大きなホウキで掃除をしている絵だ。
彼女が、コゼットのいう名であることもご存じかもしれない。
丁度、ザンドリヨン(シンデレラ)そのままの境遇であった。
だが、ジャン・ヴァルジャンが、コゼットをこき使っていた夫婦に大金を払って、彼女を救い出した。その時、コゼットは8つくらいだったと思う。
それからは、ひっそりと暮らす必要はあったが(ジャン・ヴァルジャンは追われる身であった)、コゼットは、ジャン・ヴァルジャンと平和に暮らしていた。
だが、やがて、コゼットは美少女に成長し、ジャン・ヴァルジャンと一緒によく散歩する道で、マリウスという名の青年がコゼットに魅了されてしまう。
ジャン・ヴァルジャンとコゼットも、マリウスには気付いていて、しかも、コゼットもマリウスを、遠くからだが、会うのを楽しみにするようになった。
それで、ジャン・ヴァルジャンは、散歩コースを変え、ついには、移住を決意する。
だが、ジャン・ヴァルジャンは葛藤していた。
自分は、幼い時から、悲惨な、辛く苦しいだけの人生を送って来た。
そして、もう60歳を越えた今、自分にはコゼットしかおらず、ずっとコゼットと一緒に暮らしていたかった。
マリウスが素晴らしい青年だということは分かるが、コゼットを渡す訳にはいかない。
そして、マリウスは、革命軍に参加して戦うことになった。
戦況から言って、マリウスは確実に死ぬ。
ジャン・ヴァルジャンにとって、全く理想通りの展開であった。
だが、ジャン・ヴァルジャンは、戦場で重症を負ったマリウスを、あらゆる危険を冒して単身救い出し、コゼットに会わせ、結婚を許す。
そして、全財産60万フラン(現在で約7千万円。当時なら数十億円か)を持参金としてコゼットに持たせ、自分は去った。

さて、ジャン・ヴァルジャンは正しかっただろうか?
自分の、コゼットと一緒に居たいという想いを打ち消し、コゼットの幸福を選んだ。
きっと、誰でも、気高く貴い決断だと称賛するだろう。
だが、そんなことはないのだ・・・と言ったら、非難されるだろうなあ(笑)。
いや、ジャン・ヴァルジャンが、そう(コゼットとマリウスを結婚させる)することで気分が良くなるなら、そうすれば良い。
しかし、自分が、コゼットと一緒にいることで、自分の気分が良いなら、そうしようと思えば良いのだ。
ただ、ジャン・ヴァルジャンの間違いは、コゼットをマリウスと会わせまいとして、散歩コースを変えたり、引っ越ししようとしたことだ。
つまり、自分の願いを、自分の浅はかな頭で、どうにかしようとするから、皆、ロクなことにならないのだ。
ジャン・ヴァルジャンが、コゼットと一緒に暮らし続けることが気分が良く、そうすることを決断したら、コゼットはずっと一緒だし、それでコゼットも幸福になれる。
また、そうしていれば、マリウスはマリウスで、別の女の子を見つけて幸せになるだろう。

もっと一般的な話として、隣の奥さんを好きになって、どうにかしたいと思ったらどうだろう?
全然悪くない。
それで良い気分になれるなら、うまくいくだろう。そして、誰も不幸にならず、隣の奥さんだって幸福になれる。
実は、そんなことはザラにある。
ただこれも、多くの愚か者は、自分で無理矢理どうにかしようとするから、目も当てられない悲惨な結果になる。
まあ、普通は、良い気分でいれば、隣の奥さんと親しい友達になるくらいで終わるが、別の結果になっても、それはそれで構わないことだ。

では、隣のセーラー服の女の子の場合はどうか?
これも構わないと言ったら、女子中高生の親御さん方はたまったものではないだろうが、むしろ、下手な規制や道徳を主張するから、かえってまずい結果になる。
セーラー服の女の子を好きになって、気分を良くすれば、その女の子と仲良くなるかもしれないが、大抵の場合、その女の子は、思っていたのと全然違うことが分かるだろう。
アニメの美少女は、13歳の身体に50歳の円熟した人格が乗っているが、実際は、まさかそんなことはない。
それでも、ずっと仲良くいられたら、皆、幸福になる。
しかし、自分の力でどうこうしようとしてはならない。
『カードキャプターさくら』(CLAMP著)だって、桜の同級生(小学4年)の美少女、佐々木利佳は、男性教師の寺田と恋人同士になったし、桜の兄、桃矢は、同級生男子の月城雪兎と事実上結ばれた。
皆、それで気分が良かったので、全く平和なのである。

この世界は、仮想世界、あるいは、夢のようなものだ。
こうあらねばならないということなど、何もない。
それが分かり、気楽になれば、人間に不可能はなくなるのである。








願いを叶えるための準備

中国出身のアメリカ人の女性事業家で作家のチン・ニンチュウの著書である、『誰でも小さなことで大切な願いがかなえられる』という本を、私は、国際的なコンサルタントの方に教えてもらったのだが、そのコンサルタントが特に取り上げた箇所は、次のところだ。

まだ無名の俳優だったバート・レイノルズが、大スター、クリント・イーストウッドに、
「成功するまで何をしていましたか?」
と尋ねると、イーストウッドは、
「成功するための準備をしていた」
と応え、レイノルズはそれで光明を得て、スターダムにのし上がっていった。
ところが、そのコンサルタントもだが、その本を見ても、レイノルズが何を悟ったかの本質は明快に書かれていない。

だが、イーストウッドが言ったことの神髄は、おそらくこうだ。
「小さなことは人間がやり、大きなことは神がやる」
人間に出来ることは、たかが知れている。
しかし、その簡単なことをきちんとやれば、後は、神がやってくれる。
これを、スーフィー(イスラム教神秘主義)では、こういう格言にしているのだと思う。
「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
人間が出来ることは、ラクダをつないでおく程度だが、それはしっかりやらないといけないのである。

アメリカの有名なイラストレーターで、著名な自己啓発指導者でもあった、フローレンス・スコーヴェル・シンは、お金はないが、海外旅行をしたいという人に、旅行カバンを買うことを薦めた。すると、その人は不意に大金を得て、実際に旅行に行った。
イーストウッドの話に喩えると、成功(海外旅行)のための準備がバッグを買うことで、人間に出来ることは、その程度のことだが、それをすると、後は、神が取り計らってくれるのである。
もちろん、バッグを買って、旅行気分を盛り上げ、いい気分になるべきである。

空海は密教を学ぶために遣唐使に参加したが、当時の空海には、それはさほど難しいことではなかったと思う。
つまり、自分で出来ることをしたのだ。すると、後は神が(空海の場合は仏がと言うべきかもしれないが)取り計らい、唐では、幸運に恵まれて密教の大家に巡り合い、首尾よく密教をマスター出来たのであると思う。

武内直子さんの漫画、『美少女戦士セーラームーン』で、タキシード仮面こと地場衛は、「俺たちは俺たちに出来ることをしよう」と言い、この言葉は、アニメでも「俺たちに出来ることをやるんだ」という形で使われた。
『ウルトラマンティガ』でも、ウルトラマンティガことダイゴは、「僕は人間だから、出来ることをする」と言ったのが印象的だった。

幸運、あるいは、神の助力を得て勝つ人間は皆、同じことを言うのである。













当ブログ著者、KayのAI書。
数学やプログラミングが出来なくても大丈夫です。
難しいAI理論も不要で、専門知識は必要なことだけ簡略に書いています。
それで、Excelが使えるくらいのスキルがあれば、興味深いテーマを使った楽しい実習を通して、自分で実用AIを作れるようにしました。
本書のほぼ全ての実習のためのデータが作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ます。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ



タグクラウド
QRコード
QRコード