ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

チャップリン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

心の鍛え方

願いを叶える方法は、イエスが言ったように、「既に叶ったと思え」につきる。
だが、叶ったと本当に思うことが難しい。
「叶ったと思う」というのは、「叶ったと信じる」ということで、信じることが難しいのだ。
つまり、信念を持つことが難しい。
では、どうやれば信念を持てるかだが、テクニックなんてない。
ただ、「心を鍛える」以外にない。

アイルランドの詩聖W.B.イェイツは、最も心を鍛えてくれるのは孤独だと言ったらしい。
これは、孤独に耐えることで心が鍛えられるということだ。
孤独に負けているようではいけない。
長期に渡って孤独に気高く耐えることによって、心は強くなる。

ただし、ひきこもることが孤独なのではない。
ひきこもっても心は鍛えられない。むしろ弱くなる。
本当の孤独とは、

ひそかに清く自己を保持せよ。
自分の周りは荒れるにまかせよ。
~『ゲーテ格言集』(高橋健二訳。新潮文庫)より~

ということである。


Hey lonely girl リアルの孤独は 君を強くするから
~『愛Dee』(作詞:Mitchie M・Cotori、作曲・編曲:Mitchie M、歌:初音ミク・巡音ルカ)より~


だけど、最も心を鍛えるトレーニングになるのは、冒険的な仕事だけだろう。
結果の見えない、リスクを背負った仕事である。
それをやるには勇気が要る。
『荒野の七人』という映画で、盗賊達と戦おうとしない父親達は意気地なしだと言う子供達に、ガンマンのベルナルドは、
「俺には、子供を育てたり、収穫を待つ勇気はない」
と言って、子供達を叱責する。
子供を育てることも、収穫も、結果が保証されないリスクのあることである。
一方、ガンマンは、テクニックがあれば、結果は大抵見えるし、かなり無責任な生き方である。
ガンマンでさえそうなのだから、受験みたいな、テクニックでやれるもので心が強くなることはない。

とはいえ、イエスは、願わずとも、必要なものは与えられると言った。
その通りである。
なりゆきにまかせれば良いのであるが、それだって勇気が要る。
チャップリンは、人生に必要なものは、勇気と想像力と少しのお金と言ったそうだが、ロリコンの変態のくせによく分かっている。
ただ彼は、勇気と想像力と少しのお金で映画制作を始め、それを続けたが、自分の本当の幸福のためには使わなかった・・・と言うより、使えなかった。
やはり、ロリコンの変態だからかなあ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

「これだけあればいい」というもの

太古の昔から、老人達は「今の若者はだらしがない」と言う。
やや文明が発達した中世あたりになると、老人達は「時を経るごとに人間の品格が落ちていく」と言う。
これらは、老人のもうろくではなく、実際そうなのだ。
これがどういう意味か分かるだろうか?
老人がこんなセリフを吐けるということは、豊かになったということなのだ。
豊かになれば、若者がだらしくなり、人々の品格が落ちるのは、いわば、当然なのだ。

豊かになれば、なぜ、「若者がだらしくなり」「人々の品格が落ちる」のだろう?
豊かさとは何だろう?
これらのこと(若者がだらしなく、人々の品格が低下する)をもたらす豊かさとは、物質的な豊かさであり、物質的な豊かさの第一は、食べ物が豊富にあるということだ。
つまり、食べるものが沢山あり、必要以上に余計に食べると、特に若者に限らず、だらしくなくなり、品格を落とすのである。
ただ、活動量の多い若者ほど、だらしなさが目立つだけである。

では、食べるものがなければ、それだけで、人々が、だらしなくない、つまり、しっかりとし、品格を持てるのかというと、そうではない。
食べるものが十分にない時には、自分の食べる分を減らして、自分より弱い人達に、それ(食べ物)を回していた人が、ある程度いたのである。
また、自分が食べられなかった時のことを思い出したり、貧しい人達に同情し、今、自分は食べられるけど、あえて自分の食事の量を制限したり、美食を避ける貴族なども少数いたのだろう。
そういった、自主的に食を慎む者が、気概があり、品格に満ちているのである。

つまり、老人に馬鹿にされない、立派な人になりたければ、食を慎めば良いのである。
2つ食べられるところを1つにし、美味しいものを望まず、そこそこのもので満足する。
そうであれば、老人の評価などに関係なく、冒険に満ちた、充実した人生を生きていけるだろう。

もう1つ、老人達というか、大人達の顔をしかめさせることがある。
初音ミクさんの『積乱雲グラフィティ』という、今の時期にぴったりの曲の中の、「愛とmusicそれだけでいいんだ」というところだ。
「愛とmusic?それでどうやって食っていくんだ?」
という訳である。
しかし、愛とmusicだけで良いのである。
それだけあれば、後のものは創造できる。
ただし、本物の愛とmusicならね。
しかし、お腹いっぱいに食べていると、とてもではないが、本当の愛とmusicは生まれない。
この「愛とmusicそれだけでいいんだ」という詩には、「食べるものなんて、そんなになくていい」という意味が見えるのである。
食べるものだけじゃなくて、エアコン、自動車、服、社会的ステータス・・・そんな物質的なものは、不要とは言わないが、全く執着していないということが、この「愛とmusicそれだけでいいんだ」というところに表れている。
チャップリンは、人生に必要なものは「勇気と想像力、そして少々のお金」と言ったらしいが、当時の時代としては正しかったかもしれない。つまり、「少々のお金」が中々得られなかった時代なのだ。しかし、それでも、「勇気と想像力」があれば、チャップリンのようにやりたいことを存分にやって、結果、お金持ちにだって、なってしまうかもしれない。
この「勇気と想像力」を楽しい言葉で言えば、「愛とmusic」になるってことかもしれない。

愛とmusicそれだけでいいんだ
大事なものは全てあるのさ 最初から
君の中に
~『積乱雲グラフィティ』(作詞:Dixie Flatline、作曲・編曲:ryo、歌:初音ミク)より~

ただ、「勇気と想像力」「愛とmusic」を持ち難い世の中だ。
国家は、国民が本物のそんなものを持つと困ると思っているので、偽者を与えて、本物の方を壊滅させようとしているのである。
その中で、「勇気と想像力」「愛とmusic」を持つことが出来る、具体的な行いが、「早起きと食の慎み」である。
全然詩的でないが、「早起きと食の慎み」それだけで良いのである。
これがあれば、後のことは心配しなくていい。
ただし、『バガヴァッド・ギーター』にもあるように、睡眠が少な過ぎてもいけないし、少食過ぎてもいけない。
また、チャップリンは止む無く、「少しのお金」と破廉恥なことを言ってしまったが、今なら、「腕振り運動」と言っておきたい。
もちろん、他のものでも良いが、何か1つ、自分の修行を持っておくということである。
さらに発展的なものが、心の微かな声の呪文で、こちらは魔術的である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ