ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

チャクラ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

腕振り運動の本当の成果

腕振り運動を熱心に行っていると、奇跡をも起こす、ある感覚に目覚める。
それが、どのようなものかを、分かり易く、たとえ話で話そう。

何年か前、テレビで、日本の年配の俳優が、昔の時代劇映画の撮影時のエピソードを話していたのを、私は、最初はあまり関心なく聴いていたが、やがて惹き込まれた。
この俳優は大物俳優になったのだが、若い時に彗星のように現れたようなシンデレラボーイではなく、下積み時代の長い苦労人の俳優だった。
そんな彼が、若くて全く無名だった時、ある時代劇の端役とすら言えない、その他大勢の1人として出演したことがあった。
彼の役は、冬の海で船が転覆して、海に投げ出される大勢の中の1人といったところだった。
本当に冬の海で撮影し、主役を含め、大勢が海に落ちるという場面である。
恐ろしい寒さなので、監督の撮影完了の声と共に、待ち構えていた救助の船が出て、役者を海から引き上げるが、当然ながら、まず、主役、および、有名俳優達が助けられる。
そして、次に助けられるのが、何と、馬なのだ。馬は高いからね(笑)。
そんな中、この話をしていた俳優を含む三下俳優らは、寒い冬の海で凍り付きそうな身体で必死に立ち泳ぎをしているのである。
こんな思い出話を、面白おかしく語っていた俳優だが、ちょっと真面目な顔になって、こう言う。
「でもね、主役の俳優は、そんな俺達を見て、心の中で『すまん!』って、手を合わせてたんだと思う。そんな人じゃないと、絶対、上にいけない」
もちろん、本当のところは分からない。
とはいえ、彼自身が有名な俳優になったのだから、ある程度、信用しても良いと思う。
だが、それよりも、やっぱり、彼の言う通りだと思うのである。
それが、腕振り運動をやっている者が、早くに得られる感覚だ。
特に、魂の声、宇宙の声を聞く、胸のチャクラ(ハート・チャクラ、アナーハタ・チャクラ)が活性化していれば、よく分ると思う。
また、胃の後ろの太陽神経叢のチャクラであるネェベル・チャクラ(マニピュラ・チャクラ)が活性化し、大物の感情を有する者は、それを当然と思って疑わない。そのような者が成功するのである。
腕振り運動をやっていると、自然にチャクラが活性化し、このようなことは、ごく当然と感じるようになるだろう。
腕振り運動の成果とは、利己的な力ではなく、当たり前の人間の心を取り戻し、そして、宇宙の心と融合することである。
そうなれば、確かに無敵であるが、利己的な欲望が強いうちは、なかなかそうならない。
しかし、だからといって、宗教的な教えや考えに傾倒するのではなく、ひたすら、淡々と愚直に腕振り運動をやれば、自然にうまくいくだろう。








驚くべきチャクラの力

いかなる奇跡も、願望の成就も、幸運な偶然も、引き寄せも、チャクラ(人体にある霊的中枢。7つある)の力によらないものはない。
普通の人に出来るチャクラ覚醒法は、私が知る範囲では、腕振り運動をしながら、チャクラに意識を向けることだけであると思う。
瞑想や呼吸法でチャクラを活性化することは、おそらく、普通の人には極めて難しい。

このブログで、何度、紹介したかもしれないが、七田眞氏の著書『奇跡の超「右脳」開運法』に書かれた、この世界的教育学者が「正真正銘の実話」という、こんな話がある。
あるホームレスの男性が、「神様の奇跡が起こる」と1日中唱えていたら、2週間ほどした時、頭に数字が浮かんだので、その通りに宝くじを買うと1憶円当たり、ローマ法王に謁見する機会にも恵まれた。
そして、さらに、「神様の奇跡が起こる」と唱えると、また、1憶円当たった。
このホームレスの男性は、「神様の奇跡が起こる」と唱えているうちに、胸のチャクラ(ハート・チャクラ、アナハタ・チャクラ)が活性化したのだろう。
ハート・チャクラは、宇宙の声を伝える。これは、一般には直観と言うだろう。
この男性は、神様を信じていたので、「神様の奇跡が起こる」と唱えている間に、胸に意識が集中し、それを続けることで、胸(あるいは心臓)にあるハート・チャクラが活性化したのだと私は思う。

また、昔のこんな話がある。
インドの話だ。
悟りを求める修行僧達が瞑想していたが、ここでの瞑想のやり方は、眉間に矢が刺さっているようイメージしながら瞑想するのである。
眉間には、「第三の目」と言われるブラウ・チャクラ(アジナ・チャクラ)があり、予知や透視の力がある。
すると、ある日、修行僧達が瞑想していると、矢が飛んできて、一人の修行僧の額に命中した。
第三の目に予知能力があると言っても、未来に起こることを作るのは人間の心である。
つまり、修行が進み、ブラウ・チャクラが活性化した僧の額に、イメージ通りに矢が刺さったのである。
荒唐無稽な話と思うかもしれないが、似た話が、「心身医学の父」と言われる著名なドイツ人医師、ゲオルグ・グロデックの論文にある。
戦争中、ある兵士が仲間の兵士に、自分の膝を指さしながら、こう言った。
「ここに弾が飛んできて当たれば、故郷に帰れるのになあ」
すると、本当に弾が飛んできて、まさに、その膝に当たり、この兵士は故郷に帰還した。
グロデックは、これが、エスという、心の中の不可思議なエネルギーの力であると述べる。
しかし、エスがこのように働くためには、チャクラの活性化が必要で、この兵士も、何らかの理由で額のチャクラが活性化していたのだろう。

瞑想でチャクラを活性化させることは、やはり難しい。
なぜなら、そんな、じっと座ってやる方法では、退屈だし、血行も悪くなって、心身ともに不快になり、長続きするはずがないからだ。
しかし、腕振り運動をしながら、活性化させたいチャクラに意識を向けることなら、少し根気があれば、毎日、ある程度の時間、行うことが出来るだろう。

例えば、若く美しくいたいなら、喉のチャクラであるスロウト・チャクラ(ビスダ・チャクラ)に意識を向けながら、腕振り運動をすると良いだろう。
作家になりたいなら、『チャタレイ夫人の恋人』で知られる、D.H.ロレンス同様、太陽神経曹である、胃の後ろにあるネェベル・チャクラ(マニピュラ・チャクラ)を活性化すると良いだろう。
事業で成功する人は、やはり、ハート・チャクラが活性化し、直観の冴えた人が多いと思う。








チャクラ覚醒に危険はあるか

最近は、このブログで、腕振り運動によるチャクラ(ヨガでいう霊的中枢。人体に7か所あるが肉体的な器官ではない)の活性化について書いている。
ところで、チャクラを急速に覚醒させることが危険であることをご存じの方がいるかもしれない。
発狂したり、死ぬこともあると言われる。
だが、急速にチャクラを覚醒させるには、死を伴う危険があるほどの厳しい苦行が必要になる。
それを明らかに体験した最も有名な人は、イスラム教の開祖ムハマンド(昔は日本ではマホメットと表記されたが、今は、ムハマンドが標準)だ。
数十日におよぶ断食をはじめ、常人には不可能な苦行に明け暮れていたムハマンドは、急速にチャクラが覚醒し、死の苦しみに襲われ、ムハマンドは苦行をやめようとした。
だが、気丈な彼の妻が、世界のために修行を完成するよう励まし、ムハマンドは苦行を続け、やがて、精神が安定し、神の声を聞くようになった。
ムハマンドが教える神の言葉は、非常に厳しい。
だが、宗教というものは、当時、開祖が居た地域の様子を考慮する必要がある。それほど厳しい言葉が必要なほど、いろいろ乱れていた可能性があるわけだ。

ともかく、チャクラの急速な覚醒のためには、普通には考えられない厳しい苦行が必要であり、私のような、毎日1万回の腕振り運動をしている程度では話にならない。
腕振り運動によって、弱いチャクラの覚醒・・・というのも変だが、チャクラが活性化されるのだと言えば良いだろう。
このことを、「チャクラは覚醒と共に大きくなる」と表現されることも多い。
実際は、チャクラは霊的なものなので、大きさがあるかどうかは分からないが、覚醒の度合いを言葉で言うと、こんなふうにもなるのだろう。

ところが、「クンダリニ―の上昇」という現象があり、これは素晴らしいものであるはずなのに、これによって苦しむ人がいることについて述べておく。
これは、尾てい骨のチャクラであるルート・チャクラ(ムーラーダーラ・チャクラ)のエネルギーが背骨を伝って上昇し、各チャクラを刺激するのだが、これを非常に気持ちの良いエクスタシーの体験だと言う人もいれば、痛みや圧迫感、その他の不快な症状として報告する人もいる。
クンダリニーの上昇も、チャクラ(特に尾てい骨のチャクラ)の活性化によるものなので、「やはりチャクラ覚醒は危険だ」と言う人もいる。
だが、クンダリニーの上昇は、瞑想を習慣にする人の間でも時たま起こるものであり、「だから瞑想は駄目だ」と言うことにはなるまい。

クンダリニ―の上昇の弊害については、騒ぐだけの人が多く、解決策を示す人は滅多にいない。
ところが、クンダリニ―の上昇について調査・研究し、メカニズムを考察し、ごくまっとうな解決策を示した人がいた。
それは、来年、生誕百周年となる、チェコ生まれのアメリカの生物医学エンジニア、イツァク・ベントフだ。
ベントフは『超意識の物理学入門』という世界的ロングセラーの最終章で、そのことについて、詳細かつ具体的に述べている。
彼は、幼稚園中退という華々しい、最高最善の学歴の持ち主だが、科学技術の天才で、多くの有益な生物医学機器(例えば無痛皮下注射器)を発明した。
早い話が、クンダリニ―の上昇で異常が現れるのは、チャクラの問題ではなく、そんな異常が現れる人の精神的ストレスのためであるとベントフは言う。これは非常に正当な見解であると思う。
そもそも、西洋では、瞑想をストレスマネジメントを目的として行う場合が多く、それは、ストレスに悩んでいるということなので、西洋人の瞑想家に、クンダリニ―の上昇で異常が現れる場合が多いのも合点がいく。
ストレス低減の目的で瞑想をしているのに、ストレスが減らないまま、瞑想がチャクラの活性化のみ促したのだ。
それは、やはり、じっと座ってやる瞑想の欠点だと私は思う。
じっと座っていたら、血行も悪くなり、それが精神にも悪影響を与えるのだ。
そこで、達磨は、最もストレスのない楽で気持ち良い運動で、精神をリラックスさせる腕振り運動を発明したのだと思う。
腕振り運動をしながら、せいぜい100数える間、1つのチャクラに意識を向けることで、ゆるやかなチャクラの活性化が行われ、クンダリニ―の上昇で良い体験が持てるのではないかと思う。








イギリスの大作家も気付いていたチャクラの力

現代の一般的観念を超える力を得るには、ヨガで言うチャクラのような霊的中枢を覚醒させることが必要になる。
『チャタレイ夫人の恋人』などで知られるイギリスの世界的作家デーヴィッド・ハーバート・ロレンスは、『無意識の幻想』の最初で、「一般人は、この本をすぐゴミ箱に捨てろ」と書くほど、普通の人には理解出来ないと断りつつ、この本で、ヨガで言うネェベル・チャクラ(マニピュラ・チャクラ)にあたる太陽神経叢(胃の裏側にある)の重要性を説いた。
ロレンスが取り上げたチャクラは、この1つであるが、これだけでも非常に強い力を発揮し、ロレンスは、このチャクラを活性化させることで、大作家になれたのだと思う。
もっとも、もっと多くのチャクラを活性化していれば、ロレンスは44歳の若さで死なずに済んだかもしれない。

そして、今は、腕振り運動を使って、この胃のチャクラだけでなく、全てのチャクラを活性化させることが出来ると思う。
やり方は、
【当ブログ内リンク】腕振り運動で、望む力を得る
で書いた。

ところで、私は、ヨガでは、昔から、藤本憲幸氏の本をよく読んでいる。
藤本氏は、生まれつき虚弱で、17歳の時、医者に、二十歳まで生きられないと言われ、医療を捨て、ヨガに賭けた。
すると、藤本氏は、超人に生まれ変わり、ヨガの普及活動を行ってヨガブームを起こし、おそらく、日本では、ヨガに関する本を誰よりも多く出した。
まさに、命懸けで修得したヨガであるので、効き目が違う。
ところが、その藤本氏も、69歳くらいで亡くなられた。
生まれつきの心臓の持病のせいで、これだけはヨガでもどうにもならなかった。
とはいえ、あれほどの活躍をしたのだから、彼のヨガに偽りはない。
そして、いかにヨガでも、超えられない宿命があるのだと分かる。
これは、多くの人々の人生の難問を解決した、真言密教の高僧であった、織田隆弘(おだりゅうこう)氏が、著書『観音開運法』で、「観音様でも、宿命は断ち切れない」と書かれていた通りである。
私の場合で言えば、乾癬という皮膚病は宿命だと思うが、それでも、かなり軽減し、日常生活に支障がなくなったので、全く問題ない。
人によっては、結婚出来ない、仕事に就けない、友達が出来ないなどの、いかに努力しても、どうにもならない宿命がある場合がある。
まあ、何でもかでも宿命のせいにしてはならず、努力で解決出来ることまで怠惰になってはならないが、やはり、宿命というものがあるのだと思う。
私の場合、前世で誰かをひどく苦しめたのだとしたら、この程度の宿命は仕方がないし、むしろ、これほど軽くなったのだから有り難い(普通の人から見れば、少しも軽く思えないかもしれないが)。

チャクラの話に戻るが、いろいろな人が、チャクラの活性化の方法について本に書いたりしているが、実行不可能なものが多い。
瞑想でそれをしようなんてものが多いが、そんなやり方が続くはずがないし、そもそも、本に書いてあるやり方が、分かり難いものが多い。
一方、腕振り運動の場合は、極めて簡単で、いつものように、名古屋身体均整院様のサイト内を紹介すると、
【リンク】万病を治す腕振り運動
の通りである。
この腕振り運動を、上でもご紹介した、このブログ内の、
【当ブログ内リンク】腕振り運動で、望む力を得る
のようにやれば良いと思う。
ただ、あくまで、チャクラを意識しながら腕振り運動をすれば良いだけで、これは、あくまで一例と思っていただきたい。ただ、参考になれば幸いである。

チャクラ開発の行として、私は、ますます、腕振り運動に熱が入ってきた。
この11日間は、毎日1万回行っているが、実に楽しいものになっている。








腕振り運動とヒーリングコードの比較

チャクラ(ヨガでいう身体の霊的中枢。主要なものは7つ)を意識しながら腕振り運動を行うと、世界的に心身の治療実績がある、アレクサンダー・ロイド博士の「ヒーリング・コード」や「エネルギー療法」と同等以上の効果があるのではないかと思う。
ロイド博士のヒーリングコードは、指先から発せられる電磁波を、首から上のチャクラに送ることで治療効果を発揮する。
対象のチャクラは、眉間のチャクラ、喉のチャクラはヨガの主要チャクラと一致する。
他に、ロイド博士は、こめかみとあごを対象としたが、これらは、主要な7つのチャクラにはない。しかし、チャクラは主要な7つ以外にもある。
チャクラではないが、私は、骨法という武道で知られた堀部正史氏が、やはり、こめかみあたりを「ミミクラ」と呼び、指で刺激することで心身を強くすることが出来ると述べていたことを思い出す。私も、実際にやって効果があったと思う。
だが、ロイド博士は、ヒーリングコードの4つの位置だけでは不足と感じたのか、その後で開発したエネルギー療法では、眉間だけがヒーリングコードと共通するが、胸と頭頂の、ヨガの2つの主要チャクラを加え、実際に、これらをチャクラの名で呼んでいる。つまり、やはり、ロイド博士は、ヨガを元にヒーリングコードやエネルギー療法を考案したのであると分かる。

私も、ヒーリングコードやエネルギー療法の効果は実感出来たと思う。
だが、正直、続け難い。
ヒーリングコードでは、じっと座って、指先を4つの箇所に順番に、30秒の間向けて動かないということを3回繰り返さないといけない。
言っては何だが、苦行である。
エネルギー療法では、多少は腕を動かすが、特に頭頂のチャクラに関しては、無理な姿勢になり、不快に感じるせいか、私は気乗りがせず、正直、やらなくなった。
一方、腕振り運動は、運動としても理に適い、続け易いと思う。

ヒーリングコードやエネルギー療法では、指先やてのひらから、何かの電磁波が発せられるということが暗黙の前提で、科学的実証は不可能だが、実績から考え、とりあえず、そうであるとしても良いと思う。
腕振り運動に関しては、関英男博士の仮説では、両てのひらを向かい合わせて振ることで、てのひらの間にGTP(グラヴィトン粒子)が発生する。
GTPは、ヨガのプラーナや、気功の気と同じで、実際は、てのひらを向かい合わせてじっとしてもGTPは出るのだと思うが、振ることによって多量に出るし、振る回数は多いほど出る。
この点も、動きがあまり、あるいは、全くないヒーリングコードやエネルギー療法に対してアドバンテージがあると思う。

また、チャクラは肉体の器官ではなく霊的なものなので、手や指を当てること自体に意味があるのではなく、それによって、その部分に意識を向けることに意味があるのだと思う。
よって、腕振り運動をしながら、意識を向ければ同じであるし、むしろ、意識だけで集中する方が効果があるかもしれない。

これらから考え、活性化させたいチャクラを意識しながら腕振り運動を行うことには、偉大な力があるのではないかと思う。
チャクラの位置と効果については、昨日の記事、
【リンク】腕振り運動で、望む力を得る
を参照願う。

ヒーリングコードやエネルギー療法は素晴らしいものだが、腕振り運動は、これらを合わせたものと同等以上の効果があるかもしれない。
それに、何と言っても、気持ち良さによる続け易さ、そして、運動効果という意味でも、腕振り運動に圧倒的な有利さがあると思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード