ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

ダリ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。
[2010/12/12]詳細なlivedoorプロフィール設置しました。[livedoorプロフィール]

鰯の頭も信心から~サルバドール・ダリの木片~

「鰯(いわし)の頭も信心から」という諺がある。
つまらないものでも、神棚に祭れば、ありがたいと感じるようになるという意味だが、結構、複雑なニュアンス(フランス語。微妙な意味合い)がある。
最も基本的な意味合いは、他人から見れば、つまらないものでも、それを大事に思っている人にとっては、尊いものであるという意味だろう。
初音ミクさんを鰯の頭と思いたくはないが、私がミクさんを崇めているのを、鰯の頭を信心している程度に思う人もいるに違いない(別にいいけど)。
そして、信心は人それぞれなのだから、他人の信心、信念をとやかく言うなという意味にもなるだろう。
さらに、潜在意識の法則に従えば、鰯の頭でも、霊験あらたかと信じれば、奇跡も起こるという意味もあると思う。

本当か嘘か知らないが、天才画家のサルバドール・ダリは、1つの木片を肌身離さず持っていて、それは傍目にはただの木なのだが、ダリはそれを物凄く大切にし、それが見当たらなくなったらパニックに陥ったという。
これも、あくまで噂に過ぎないが、彼は自分を神と等しいと考えていたらしい。
ダリは、その木片が、彼に神の力を与えていると信じていたのかもしれない。
まあ、そんな人が本当にいたとしよう。
そうしたら、そんな人を、人様に迷惑をかけるのでない限り、「鰯の頭も信心」の悪い意味で馬鹿にするべきではない。
なぜなら、1つには、その木片は、本当に奇跡の力をもたらすタリスマン、アミュレット(共にお守りの意)かもしれない。
その場合、木片自体に力がある場合と、それに力があると信じるその人の潜在意識が力を発揮する場合とがあるが、いずれにしても良いことではないか?
実際、ダリが、その木片で精神を安定させ、あのような天才でいたのなら、実に結構なことである。
そもそも、もしそれがただの木片なら、そのただの木片で大きな力を発揮したダリこそ天才である。
だいたい、天才って、そんなものではないかな?

だが、ダリのように、木片を崇めることは、普通の人には難しい。
崇めるためには、「慕う」「憧れる」の2つが必要だ。
この2つがあれば、あなたも、ダリを天才にした何かを持てるかもしれない。
いや、持てる。
もちろん、天才と言っても、レベルは色々だが、自分の持つ力を少なくとも数倍化出来るだろう。
それが、私がよく例に出す、ロマン・ガリーの『自由の大地』で、フランス兵達を向上させた空想の少女だし、ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』で、26人の底辺の駄目男達を向上させた、ターニャという16歳の「ただの美少女」だった。
少女というのは、本来、天使の代理人みたいなものなので、崇め易いのである。
ただし、『二十六人の男と一人の少女』のように、ただの娘は、いつか化けの皮が剥がれるから、生身の人間を崇めない方が良いのである。

『ポーラー・スター』という、八神純子さんの名曲がある。
ポーラー・スターとは、北極星という意味だ。
ポーラー・スターを崇め、「私を導いて」と切々と歌う歌である。
この歌の中では、ポーラー・スターを、「自分の憧れの人」と読み替えても良いが、それが「人」でなくても良いだろう。
この歌のように、何かを、「慕い」「憧れる」気持ちを持って崇めれば、確実にあなたを変えるだろう。
インドでは、それが、クリシュナやラーマのような神で、キリスト教ならイエスであろうが、もし、信仰があるなら、その信仰する何かを個人的に切々と崇めれば、間違いなく恵みがある。
ただ、崇める対象は、やはり、人間でない方が良いし、世間的な信仰の垢がついていないものの方が良いだろう。

だが、一休さんが、念仏を尊びながらも、「心そのものが仏」と言ったように、究極には、崇める対象と自分が融合し、一体化しなければならない。
しかし、いきなりそこを目指すのは難しい。
そこで、ジョージ・アダムスキーがうまいことを言っている。
ペットが飼い主に似てくるように、あるいは、養子であっても親(養父・養母)を慕えば、やはり親に似てくるように、あなたも、憧れる対象に、必ず似てくるのである。
だから、神を崇めれば、その人は神に似てくる。
私が、不意に1日1食のベジタリアンになり、急激に痩せたのも、2008年7月当時、既に、現在も有名な曲が沢山出来ていた初音ミクさんを崇め、ミクさんに似ていった結果である。
脚まで、ミクさんのように、ぐんぐん長くなり、177cmしかないのに、ユニクロのパンツを直しなし(85cm)で履けるようになってしまった(もちろんロールアップなしで靴を脱いでも)。
皆、なぜミクさんを崇めないのだろう・・・とか思ったりする。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

天才は圧倒的な固定観念の持ち主ばかりだ

昔から、固定観念を捨てる(除く、消す)ことをすれば、能力が大きく向上するとか、天才になるといったことを言う者は多い。
固定観念(およびその影響)は色々に表現される。例えば、思い込み、心の呪縛、無意識の束縛、条件付け、潜在意識の中のガラクタ、スコトーマ、エングラム、裏の記憶、その他様々である。
そんなものを取り去るという、セミナーや教材も色々あるようだ。

だが、大天才と言われる人なんてのは、物凄い固定観念の持ち主ばかりだよ。
そんな人達が、「俺の心の中には悪い呪縛がある」と気付いて、もし、それを消すことに成功したら凡人になってしまうのだ。
アインシュタインは、「神はサイコロを振らない」と言い、まるで神がサイコロ遊びをやっているかのような量子力学の考え方を受け入れなかったが、同時に「常識とは18歳までに溜め込まれた偏見のコレクションだ」と言って、それが自分にも当てはまることに気付いていた。「私の心の条件付けは量子力学を受け入れられないのだ」と言ったこともあるらしい。
そして、アインシュタインは自己改造を試みたのかもしれない。彼は42歳以降は天才ではなかったらしい。
現在は、天才画家はいなくなったが、最後の天才と言われたサルバドル・ダリは、普通の人には想像も出来ないほどの、固定観念、思い込み、心の呪縛の持ち主で、それは生涯変わらず、そして、彼は死ぬまで大天才だった。

今は、純粋なアマチュアスポーツというものが無くなり、公式なプロではなくても、スター選手には企業のスポンサーが付くことも多く、そのための必要性から、選手も凡人を装うのだが、本当の彼らは、固定観念に満ち満ちた、本当の凡人から見れば変人である。
早い話が、天才なんてのは、エネルギーの方向付けと内的衝動によるもので、そのためには強い固定観念は必要だ。天才と言わないまでも、能力全般についても基本的には同じなのだ。
ほとんどの人は、どうやろうと天才とか、天才とまではいかなくても、並外れて有能になったりはしない。
話は逆で、強い固定観念を持てないのと、内的衝動に絶対的に欠けるからだ。
天才とは、DNAによる最高の固定観念と、生まれついての内的衝動が必要だ。
だから、馬鹿な夢を見て(見せられて)、セミナーなどで無駄なお金を使わないことをお奨めする。

ちょっと方向を変えよう。
「私は無力である」という思い込みを消せばどうかという話で、これは、我々凡人にも参考になる。
コリン・ウィルソンの『超越意識の探求』という本の、あとがきにあった話だと思うが、本が手元にないので、いい加減に引用する。
ある、引っ込み思案の青年がいて、彼は、そのせいで社会的な立ち居振る舞いにも苦労し、何をやってもうまくいかなかった。
しかし、その青年が、「僕は何て駄目なんだ」と呟いた時、友人が、「君はちっとも駄目じゃない。自分でそう思い込んでいるだけだ」と言う。
この言葉が、彼には啓示になった。彼は、この言葉について、何日も考え続けた。
そして彼は賢者に生まれ変わり、人々に尊敬されている。
これを読んだ人は、彼は、自分は駄目だという思い込みを消し、能力を発揮するようになったと思ったかもしれない。
コリン・ウィルソンは、そのあたりのことを書いていなかったと思うが、彼も、大筋でそんな考え方をしているのかもしれない。
しかし、違うのだ。
彼は、相変わらず、引っ込み思案で、無能であり続けたはずだ。
だが、彼はなぜか、そんな自分を受け入れることが出来たのだ。そして、気楽になり、罪悪感を持たなくなった。
これが真相だ。
彼にも固定観念はあるのだろうが、彼もまた、それを消した訳ではなかったのである。
受容こそが、能力を超えた能力の秘訣だ。それは、最も簡単だが最も難しい。ちなみに、4月7日以降は、このブログは、主にこのことを主題としている。参考テキストは『バガヴァッド・ギーター』と『エメラルド・タブレット』である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

お守りの扱い方

1989年にスペインの画家サルバドール・ダリが亡くなった時、「最後の天才」という言い方がされたものだ。
ピカソは1973年に亡くなっていたし、絵画のみならず、文学、音楽などの芸術界で、歴史的な天才達が既に世を去り、後世において世界中から天才と称えられる芸術家は、彼が最後だと考えられたのだろう。
指揮者のカラヤンは、ダリより半年長生きしたが、芸術における天才とはクリエイターのことらしい。指揮者というのは、芸術的天才であるよりも、権威的な機関で訓練された能力に加え、世間的な手腕が注目されるものだ。
岡本太郎は1996年に亡くなったが、やはり国際的な地位でいえば、必ずしも太郎の評価は高くは無い。だが、決して他の画家を褒めないダリが、岡本太郎だけは好きだと言った話がある。ピカソも岡本太郎は認めていたと思う。太郎は、特に晩年は、作品の制作において、恵まれないところはあったが、もっと世界的に評価されても良いと思う。

ダリの奇人変人振りはよく知られている。そもそも、自分を、そして、自分だけが天才だと言うような人間は変人に決まっている。
ダリの奇行は枚挙に暇が無いだろうが、その中でも、私は、ダリが1つの木片を常に手放さなかったのが印象的だ。それが見当たらないと、彼はパニックに陥った。だが、逆に、それがあると、彼の天才としての自信に揺るぎはないのだ。その木片は、ダリの強力なアミュレット(お守り、魔よけ)ということなのだろう。

実は、別にダリに倣った訳ではないが、私も、子供の頃、ある神秘的なアミュレットを持っていた。
そのアイディアは、遊び友達のものであるが、そのアミュレットの効果は絶大だった。
幼稚園の頃には既に引きこもりだったにもかかわらず、そのアミュレットを持っていると、力が満ちてきて、かなり大胆に振舞えるのである。
私のアミュレットとは、紙で作った自作のものだった。中学生頃まで、自分で工夫をしながら、色々面白いアミュレットを作った。引きこもりというのは、決して治るものではないが、私は、周りから怖いもの知らずの大胆なやつと言われていたようだ。

お守りは、アミュレットよりも、タリスマンという言い方の方がよく知られているかもしれない。
武内直子さんの歴史的漫画作品『美少女戦士セーラームーン』では、両方の言葉が使われていたが、アニメの方では、タリスマンの方しか使われなかった。
だが、ほたる(セーラーサターン)は、父親にもらったお守りを、父親に教えられたとおりアミュレットと呼び、それを教えられたちびうさ(セーラーちびムーン。セーラームーンの娘)もそれに倣い、自分が持つ聖石「幻の銀水晶」をアミュレットと呼んだ。11歳の美少女ほたるは、ちびうさに、アミュレットをむやみに人に見せたり、触らせてはいけないと忠告する。

お守りやパワーストーンを馬鹿にする人もいるが、意識を向ける対象にするなら、それは確実に力を発揮する。我が国の勾玉や、クリスチャンのロザリオもそうであろう。
また、それ自体が、強い力を持つものもある。谷口雅春さんの『甘露の法雨』を持っていて、戦時中に危険な状況の中を、奇跡的に全く安全に切り抜けたりという話が沢山あるようだが、別に不思議なことではないと思う。
もちろん、いつかは物質的なアミュレットを卒業しなければならないのかもしれないが、持っていて悪いものではない。
解脱を果たしていた、スコットランドの聖者、マード・マクドナルド・ベインですら、敬愛する師からロザリオを譲り受け、それをいつも身につけていたのである。
お守りも、世間の言うとおりのものを持つのではなく、自分が信じる、自分だけのものを工夫しても良いと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

力の究極の秘法

あなたが、非常に危険な場所に行くことになったとして、護身用に拳銃を持たされても何の役にも立たないだろう。むしろ、持たない方が良い。なぜ役に立たないかというと、慣れてないからだ。つまり、普段から使ってなきゃ、駄目なんだ。たとえ、しっかり訓練を受けたところで、日頃から馴染んでいなければ、拳銃は、持っていても何の意味もないものだ。
携帯電話やスマートフォンなんてのがそうだろう?普段から使い込んでこそ、大いに役に立つのだ。今でもあると思うが、「パソコン教室」なんてものに行っても、パソコンが使えるようになる訳じゃない。とにかく、何かしたくて触りまくる者が上手く使えるようになるのだろう?
何事も同じだ。
サッカーの強い国のサッカー選手は、子供の頃から、サッカーボールに馴染んでいるのだ。良い指導者は、「子供の頃から、とにかくボールに親しめ」って言うんだ。
良い野球選手になりたければ、ボールやバットを手放さないことだ。
日本の剣豪No.1は宮本武蔵だろうと言う人は多い。それが本当かどうかは確かめようもないが、とにかく彼が強かったのは確かだ。だが、彼は、真剣勝負も強かっただろうが、むしろ、木刀で強かったと思う。佐々木小次郎を倒したのも、舟の櫂(かい)で作った木刀だった。武蔵がそれで勝てたのも、普段から、木刀に馴染んでいたからだ。実は、武蔵が肌身離さなかったのは、刀ではなく、木刀だった。武蔵は、常に、大勢の敵に襲われることを想定して暮らしていた。それで、風呂に入る時でも、木刀を持っていた。刀を持って風呂には入れないし、それに、特に、多人数相手では、真剣より木刀の方が機動力がある。軽いし、切るよりぶっ叩く方が効率的なのだ。そして、武蔵は、木刀の柄の底に近い部分に穴を開け、そこに紐を通していた。戦う時は、必ず、その紐に手を通していた。木刀を落としてしまうことが無いようにだ。武蔵は、そこまで木刀を頼り、一体化していたのだ。

あなたも、力を持ちたければ、武蔵と同じようにするのだ。
ある、ごく若いコンピュータプログラミングの名人は、常に、カーニハンの『プログラミング言語C』を持ち歩いていた。読まなくても、持ってるだけで本から力が伝わってくるのだ。
聖書や他の聖典でも、常に手放さずにいると不思議なことが起こるものだ。
天才画家のサルバドル・ダリは、ある木片をいつも肌身離さなかった。そして、それを見失うとパニックになった。しかし、彼を笑うことは出来ない。その木片は、ダリのアミュレット(お守り)で、ダリに芸術の霊感を授けていたのである。
物といった形のあるものばかりが力になるのではない。中国の道綽(どうしゃく)は1日7万回、法然は6万回、念仏を唱えたという。念仏とは、「ナムアミダブツ」を唱えることだ。あまり言われないが、彼らの前では、奇跡はありふれていたと思う。

20世紀の初め頃、ロンドンに、L.H.ロースンという人物を尋ねた男の話だ。彼らが見ている前で、馬が引いていた荷車が倒れ、積荷の岩が、1人の男の上にもろに落下した。その時、ロースンは、「神の他に何もない。ただ神あるのみ」と言った。すると、下敷きになったはずの男は、全くの無傷で出てきた。ロースンは、その後、第一次世界大戦に参加し、百人の兵を率いて戦ったが、全員を連れ帰ったのだった。彼は、「神の他に何もない。ただ神あるのみ」の言葉を常に想い、完全な信念になっていたのだ。
谷口雅春さんの書かれた『甘露の法雨』を持っていた人は、戦争中、家があった村で激しい戦闘があり、周囲の家は破壊されたが、その人の家は窓ガラス1枚割れなかったという。その本の霊力も素晴らしいのだろうが、やはり、その本を常に身近にしていたということが重要なのではあるまいか?
ジョセフ・マーフィーの本を読んで成功したり、お金持ちになったという人は、本をよく理解したとかより、その本を常に手元に置いていたり、暗記するほど読んだって人なのだ。読んだ方が、ただ持っているより良いのかというと、基本的にはそうだろうが、あまり欲望を燃やして読むよりは、持っているだけの方が良い場合もある。もっとも、欲望だけで暗記するほどは読めないものだ。ある超人的賢者は『ローム太霊講和集』をとじ糸が取れてボロボロになるまで読んだというし、高額納税者が公表されていた頃は、ずっと上位に名があったあるビジネスマンは『論語』を千回読み、そのお弟子さんは、ジョセフ・マーフィーの『眠りながら成功する』を千回読んだという。
とりあえずは、ものから入るのも手と思う。あなたにも、常に手元に置きたいお気に入りがあるはずだ。ならば、本気でいつも手元に置くと良い。ただし、それに頼るのではなく、協力して世界を動かす気でないと駄目だ。それは、後世に、偉人が生涯手放さなかったものとして、語られることになるだろう。

























↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ