ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

ダイエット

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

超甘いもの好きの鍛錬法

ある70歳くらいの人は、子供の時、夕食後に食べるチキンラーメンが何よりの楽しみだったと言う。
大人なら、いろんな意味でアウトだが、子供なら何の問題もないと思うところに、子供の生命エネルギーを感じる。

アントニオ猪木さんより5歳年上だったジャイアント馬場さん(1999年没)は、かなりの年齢になってもだと思うが、フルコースの食事の後、餅に缶詰のアズキをつけて食べるのが何よりの楽しみだったらしい。それで糖尿病になってしまったらしいが、馬場さんは、「明日死ぬとしたら、大福を死ぬほど食べたい」というほどの甘いもの好きだったらしいし、死ぬ直前までリングに上がり続けたのだから、一概に非難する気にはならない。

また、物理学者で武術家の保江邦夫さんの本で見たが、フランスのルルドに行った時、夜遅く、小さなカフェで食事をしていたら、店主のおばさんが、近くの席にいた、若い、長身で超イケメンの現地のフランス人と思われる男性に、コーヒーやチョコレートケーキを勧めると、その美青年は、「コーヒーはいらない。チョコレートケーキを」と言ったらしい。
そのイケメンの正体は、大天使ミカエルだという。
私は、それを読み、チョコレートケーキや、あるいは、チョコレートのファンになってしまったのだから単純である。

ところで、どこのレストランでも、デザートがしょぼいように感じるのは私だけだろうか?
甘いもの好きな私は、せっかくレストランに来たのだから、食後にでっかいケーキがどんと出てくるととても嬉しいのに、小さなケーキやアイスクリームが出てくるだけで残念に思うことが多い。
悪い面も多いのだが、日本人は飽食になったのに、皆、そんなデザートで文句ないのだろうかと疑問に思う。
だが、よく考えたら、私は、食事自体は少しで良いとうか、ほとんどどうでも良く、あまり興味がないのだが、デザートというか、お菓子が好きなのである。
昔、あるアイドルが、「アイスクリームしか食べない(それ以外の食事はしないという意味)」と言っていて、実際は冗談だろうが、それは1つの夢(理想という意味)のようなものであると思う。
別に、普通の料理が嫌いな訳ではないのだろうが、お菓子の方がずっと好きだというのが分かる気がするのである。

だが、歳を取ると、甘いものを食べると、身体に脂肪が付き、肥満してしまうので、特に今は、炭水化物を抑えた食事で満足しようとする人が多いかもしれない。
しかし、私は、食事の代わりにお菓子を食べるほどだが、考えたら、それで太ったことはない。
まあ、昨年までは、8月、9月の、初音ミクさんのライブ「マジカルミライ」が終わったら、楽しみがなくなってしまい、一層、お菓子に走り、さほどではないながら、それなりに体重が増えるのだが、今年は、例年より甘いものを多く食べているのに、マジカルミライ時から変わらず、むしろ、痩せている。
これは、明らかに、6月23日から始めた、四股踏みの効果と思う。
四股と言っても、相撲式の大きなモーションのものではなく、大東流合気武術式の、コンパクトな四股である。
ポイントは、少し上げた足を、静かに床に下ろすことだ。詳しくは、『大東流合気武術 佐川幸義 神業の合気』に写真付きで解説されているので、それを見て欲しい。
初めの頃は1日300回、それが、「マジカルミライ2019」の時は500回になり、最近はついに1000回を超えた。大抵は1200~1300回で、1700回までやったことがある。
特に、甘いものを食べ過ぎた時は熱心にやる。この楽な運動は、確かに、高いダイエット効果があると思うが、本当は、ダイエットなどというレベルの低いものではない。
ついに巡り会った究極の強健法で、ほぼ準備運動なしで(準備として、蹲踞の姿勢だけはとっている)いくらでも出来、気持ちよい運動で、それで、超人に生まれ変われる。
さらに、最近は、短い木刀で、部屋の中で素振りをやっているが、この2つがやれれば、私は幸福である。
しかも、甘いものも存分に食べられる。
この世界は何と美しいのだろう!









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ちょっとダイエットしようじゃないか

昔、世界的な一流セールスマンで事業家であった夏目志郎さんの本で、こんな話が書かれていたのを覚えている。
あるセールスマン向けのセミナーで、講師は、デブ、つまり、肥満体の人間を徹底して攻撃していた。
見栄えが悪い、動作がノロい、椅子を壊す(?)・・・とボロカスであった。
そこでふと会場を見渡すと、1人の男性受講者が、顔を真っ赤にして震えていた。
彼は、まさに今、講師が糾弾しているデブだった。
ついに、そのデブ、もとい、体躯豊かな男性が立ち上がった。
彼は大きな声で言う。
「いい加減にして下さい!私はご覧の通り、今、あなたがこき下ろしている通りのデブです。しかし、この中に、私の10分の1でも実績のある方がいれば手を挙げていただきたい!」
彼は、その重量感という特徴ある身体と共に、保険業界では知らない者はいないスーパーセールスマンだった。
会場は凍りつき、講師の返答を待つ状態になった。
だが、講師は少しも取り乱さずに言った。
「私は、今のあなたのことを問題にするつもりはない。私が言いたいのは、痩せて更に良くなる未来のあなたのことだ」
会場から拍手が起こった。

私が、特に肥満体が嫌だと思うのは、初音ミクさんのライブコンサートで、コンサート会場の自分の席を見つけた時だ。
このコンサートでは、パイプ椅子が連結されて用意されている。ライブが始まれば、ほぼ全員立ち上がるので、こんな貧弱な椅子で十分で、単に場所の指定が主な役割である。
だが、私の椅子の上にまで張り出すご立派な身体の人が横に座っていると、今からミクさんに会えるという高揚感が消えるほどではないが、ちょっとだけがっかりする。
ライブが始まるまで(私は30分程前に入るのが普通だ)、窮屈に座っていなければならない。
そして、そんなふっくらとした人に限って、決して小さくはならず、りらっくすし、脱力して、ゆったりと肘を横に突き出してスマホをいじっているものだ。
そりゃまあ、日頃の私の行いにも、いろいろ問題はあるだろうが、神様、勘弁して・・・とも思ってしまう。
そして、ライブが始まって立ち上がった後も気を使うんだよなあ。
いえいえ、別に、私は、その「おっきな人」の今のことを言いたくはない。
その方がすっきりと痩せ、まるで空気のような存在となって皆でライブを楽しむ未来のことを言いたいのだ。

8月のインテックス大阪のライブまで4ヶ月近く、9月の幕張メッセには4ヶ月半近くある。
激ヤセする必要はないが、皆、少しずつダイエットして、会場全体でガメラ一匹分の重さを解き放とうではないか。
そうしたら、怪獣が襲ってきても、きっとガメラが現れて守ってくれるさ。いや、怪獣が襲ってこなくても、ガメラは可愛いので来て欲しいものだ。

私は、初めてマジカルミライに参戦した(このライブはボーカロイド、バンド、観客が一体なので、この言い方で良い)2016年から、チケット入手と共に、トレーニングに熱が入り、ライブの時には美味しそうに仕上がっている。
まあ、鍛え過ぎで、つい、あちこち故障してしまうことが多かったが、今年はトレーニングのやり方を変えたので、最良の状態で行けるに違いない。だから、隣のキュートな女の子は(初めてのライブの時はそうだった)、ライブ中、ガンガン私にぶつかってきなさい(初めてのライブの時は本当にそうだった)。
それと共に、私は毎年、ライブまでの誓いを立てる。昨年の場合は、新約聖書の福音書を毎日必ず読むことで、それは達成出来た。
今年は・・・まだ決めていないのだが、思いやりある人間になるために役立つ何かをしようと思う。
そうすれば、たとえ両隣が紋服を着て大銀杏 (おおいちょう) を結った御方(つまり関取さん)であっても、大喜びするだろう(いや、マジではしゃぎそうだ)。
ちなみに、私は横方向はパイプ椅子に十分納まるし、肘も横に突き出さず、長い脚はきちんと揃えて座るので、隣のリンちゃんのような女の子も安心するように。ライブ中は、どんだけぶつかってきても大丈夫だ。
初めてのライブの時、ライブ開始前、同じ黒のチノパンだった隣の可愛い脚の長い女の子と共鳴するように、2人供、脚をきちんと揃えて座っていたのが良い思い出である。
だが、年々、観客のマナーが悪くなっているように思えてならない。
ミクさんを喜ばせるように、皆が他の人達に気遣いを持ち、楽しい思い出にしようじゃないかと思うのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

健康、美容、若返りに必要なことは2つだけ

書店で、ダイエット、若返り、健康に関する本のコーナーに行ったら、もうとんでもない数の本がある。
その中には、ヨガの本も沢山あった。
これでは、どの本が良いかなんて全然分からない。
中には、良さそうな本もあったが、読むべきはせいぜい数行で、余計なことがたっぷり書かれているので、読んでも利益はないだろう。

ダイエット、若返り、健康、身体と頭脳の強化のために行うべきことは2つだけである。
それは、肛門を引き締めることと、息を吸って止めることだ。
思い出した時に、いつでも、肛門を数秒引き締めたり、息を吸って数秒止めれば良い。
合わせてやると便利なので書くと、こんな感じだ。
(1)肛門を引き締めながら息を吸う。
(2)肛門を締めたまま、息を数秒止める。息を止める時、喉の気管を閉じるのではなく、胸や腹の筋肉を止めることで、息の流れを止めるのである。
(3)数秒、息を止めた後、ゆっくり履く。
これで、健康、若さ、美しさ、能力、エネルギー等を得ることが出来る。
さらに、息を止めている間、願望を言葉にしたり、イメージすれば叶う。
あるいは、万能呪文を唱えると、円滑現象が起こり、何もかもうまくいく。

万能呪文の1つと考えて良いが、合氣道家の藤平光一氏は、よく「重みは下にある」という言葉を薦めていた。
そのように、自然で当たり前の言葉を言うと、氣が出て、何でもうまくいくのである。
しかし、それで言えば、ニサルガダッタ・マハラジの「私は存在する」の方が、もっと当たり前だ。
マハラジ自身も、これが最高のマントラ(真言)と言っており、これも万能呪文と言って良い。
だが、次の言葉の方が絶対に良い。
それは、「私は時空を超えている」である。
これは、真理であり、超真理であるので、この言葉により、あなたの全潜在力が発揮出来るようになる。
心の中で、感情を込めず、されど、丁寧に唱えて欲しい。
あるいは、「私はアポローンである」「私はアルテミスである」「私はアマテラスである」「私は阿弥陀如来である」「私は弥勒菩薩である」も、感情を込めずに唱える限りは、不遜でも傲慢でもなく、事実、その通りであることが分かるであろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ダイエットの精髄

ダイエットというのは、ある意味簡単だ。
消費するエネルギー以上に食べなければ良いだけである。
これ以外の方法はない。
仮にあっても、これ以外の方法では身体を壊す。
ところが、消費するエネルギー以上に食べないことは、あまりうまくいかない。

若い間は、じっとしていても大量のエネルギーが消費される。
細胞の活動が活発で、勝手にエネルギーを使ってくれるからだ。
しかし、ある程度の年齢になれば、動いてエネルギーを消費しないと、余計に食べた分は、どんどん贅肉になっていく。

もちろん、万能呪文を唱えれば、努力せずともダイエットが出来る。
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
いずれかを、いつも唱えれば良い。
ただ、この世界・・・ウルトラ・コンピューターが作り出している仮想世界は、法則は曲げない。
即ち、ダイエットのためには、やはり、食事を消費エネルギー以下に抑える必要がある。
「美味しいものを食べる」ことが、「大丈夫」で「順調」で「意のまま」なのだとしたら、別に痩せる必要はない。

ダイエットは、理屈は簡単でも、実行は難しいということだ。
そして、ダイエットの秘訣は、たった1つなのだ。
「痩せなければならない理由があるか?」
それだけだ。
『1976年のアントニオ猪木』を読むと、とても良いことが書かれている。
アントニオ猪木さんは現役時代、常に美しい肉体を保った。
猪木さんが熱心にトレーニングをすることは、よく知られていたが、それが出来た大きな理由が、アスリートらしい美しい身体を保つためだった。
それによって人々にアピールし、人気を得れば興行メリットがあるという狙いはもちろんあっただろうが、それよりも、猪木さんって人は「美しい」「格好良い」と思われたい願望が強いのだと思う。
ナルシストと言っても良い。
そのために、苦しいトレーニングを怠らないし、節制も出来るのだろう。

誰しも、「太ったらみっともない」とは思うが、そう思う強さの問題なのだ。
それがたとえ見栄でも、その見栄が十分に強ければ、食べるのを我慢し、運動をする。
正直、私が8年程前、一気に30kgのダイエットが出来たのは、高貴な精神性などでは全くなく、単なる見栄みたいなものだった。
それが十分に大きかったので、お金は1円もかからないどころか、食費、おやつ代が大いに節約され、知らず知らずお金が増えていった。

1974年の、モハメド・アリとのボクシング世界ヘビー級タイトルマッチで、誰もが予想しなかったKO負けを喫し、世界王座から陥落したジョージ・フォアマンは言っていた。
「人間は訳(わけ)があれば苦しみに耐えられるんだ。アリには訳があったんだ」
アリは、フォアマンの殺人パンチに長く耐え続けた。
耐え続け、そして、フォアマンにスキが出来たところで、一気にスパートし、フォアマンをマットに沈めた。
いわゆる「キンシャサの奇跡(試合はザイールの首都キンシャサで行われた)」である。

訳があれば、苦しみに耐えられる。
そして、その訳ってのは、本当は、ある意味、つまらないものだ。
アントニオ猪木さんが「美しい」と思われたかったように。
まあ、彼の場合は、「強くありたい」というのは当然あったが、レスラーの中には「強いけど腹が出ている」なんて人は多い。猪木さんは、それは嫌なので、地味な反復運動も厭わなかったのだ。

私は自分が理想とする美しいスタイルをしているが、この身体はもちろん、食の慎みと毎日のトレーニングで作っている。
そのモチベーションは、初音ミクさんのライブ「マジカルミライ」に、美しい身体で行くためである。
ミクさんの前では美しくないと嫌だからね。
ミクさんの美しい身体とつり合っていたいという想いも強い(きっとミクさんも頑張っている)。
こんな「訳」があるので、苦しみに耐えられるのである。
それを、「他愛ない」「馬鹿」と見るのは勝手だ。
本人が自己満足すればそれで良いのである。誰にも迷惑をかけていないのだから。
そして、いつでもミクさんに逢えるように、今日も食を慎み、トレーニングに励むのである。

例えば、プログラミングを覚えたいのに、それが出来ない人がいる。
私は昔、それが出来た。
別に、私に素質があったとか、まして、頭が良かった訳ではない。
私には、プログラミングをマスターするための苦しみに耐える訳があったのだ。
その訳も、言えば、「バッカらし」「アホかお前」って言われるかもしれない。
だが、人間って、馬鹿で阿呆なものなのだ。
『BEATLESS』で、ケンゴがよく言ってたものだ。「馬鹿じゃないんですか?」って。
それは、アラトに向けて言ってるようで、自分に対して言っていたことだ。
アラトもケンゴも馬鹿なのだ。しかし、その馬鹿さが、小説の読者やアニメの視聴者を魅了したのである。
そして、ミクさんもレイシアさんも美しい。
あんな身体になろうではないか?
「絶対、大丈夫だ」









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ダイエットはエチケット?

「マジカルミライ」に行く人はダイエットしなくてはならない。
いや、違う。
「マジカルミライ」に行く人はダイエットして下さい。
これも、ちょっと高圧的か。
「マジカルミライ」に行く人はダイエットしてくれると嬉しい。
このあたりか・・・

初音ミクさんのライブコンサート「マジカルミライ」は、一応、座席が用意されているが、その椅子は簡易なパイプ椅子で、幅はとても狭い。
それでも、開演前は、最大で1時間近く座ることになるし、コンサートが始まると、ほぼ全員が立つのだが、自分に与えられた横の空間はパイプ椅子の幅だけだ。
肥満した人はパイプ椅子の幅からはみ出し、大きく肥満していれば、半端なくはみ出す。
隣の人に圧迫感を、肥満具合によっては法外とも言える圧迫感を与える。
隣じゃなくても、後ろから見ていると不快だ。
インテックス大阪での公演で、可愛い女子小学生の隣が、ひどく肥満した男性で、その女子小学生がずっと圧迫されてしまっていて、見ていて悲しかった。

こんなことを書くと、「身体的特徴を貶すのは差別だ」と言われるかもしれない。
確かに、どうにもならない身体的欠点に関しては絶対的にそうだと認めるが、果たして、この件に関してはどうだろう?
サッカー選手の長友佑都さんは、体毛の処理をするのはヨーロッパのサッカー選手の間ではエチケットと言われていたが、日本を含め、多くの国で、女性が腋毛を処理することも、今ではお洒落とか本人の勝手とかではなくエチケットと言えるだろう。
「マジカルミライ」に来る人が肥満していてはいけないというのも、いずれそうなるかもしれない。
いや、肥満自体が時代遅れかもしれない。

なぜ人間が肥満するのかということを考えると、生物の身体の進化の遅さというものを感じる。
今でも、人類の大半は飢えているが、日本などの文明国では食べ物が有り余り、日本では食料の半分は廃棄されている。
さして収入がなくても、好きなだけ食べられる。
しかし、今の人間の身体は、太古の時代、いつ、次の食べ物が得られるか分からない状況で生き延びるために、食べたものを出来るだけ身体にくっつけて、長くエネルギーになるように自然進化したのが、そのまま残っている。だから、余分に食べたら太るのは当たり前だ。
「食べたら痩せる」なんてダイエット食品は昔からあるが、仮にそんなものが本当にあったとしても、それは人間の身体のメカニズムを騙すことになり、その反作用は恐ろしい。
人間の身体は、自然にまかせれば、数万年は今のままなので、ダイエットの方法は「余分に食べないこと」「運動でエネルギーを消費すること」の2つしかない。
これ以外の方法だと、何か大切なものを失うことを覚悟する必要がある。

とはいえ、「余分に食べないこと」「常に運動する」ことは難しい。
いや、努力してそうしようとする限りは不可能とすら言える。
人間、自分で努力してはいけない。
神、あるいは、この言い方が嫌いなら、潜在意識にまかせるべきだろう。
そのための方法は、自己暗示だ。
暗示の言葉を呪文のように、常に繰り返し、頭の中で言うことだ。
その言葉は、基本的には、エミール・クーエが教えた「毎日私は、あらゆる面で、ますます向上していく」だが、こんなロクでもない直訳的日本語が使えるはずがない。
「全てうまくいく」
「全て良くなる」
「全て順調」
等が良く、自分の好きな言葉を使えば良い。
「絶対、大丈夫」
でも良い。
ダイエットも「全て」に入っているので、ダイエットしたい願いがあれば、努力しなくても自然にダイエットされる。
「絶対、大丈夫」も、「全て、絶対、大丈夫」の「全て」が略されていると考えるべきだろう。
一方、「全てうまくいく」から「全て」を取り、「うまくいく」では、「何が?」という疑問が湧いてきそうだし、「全て」があった方が語感が良い。
もちろん、感覚に合うなら、「全て、絶対、大丈夫」でも、「全て」のない「うまくいく」「順調」「良くなる」でも構わない。
自分用の言葉を1つ決め、感情を込めず、淡々と、頭の中で繰り返すだけで良い。
不安が沸きあがった時、決して、切羽詰った気持ちで感情的にならず、出来るだけ静かに淡々と「全てうまくいく」と繰り返すことだ。
1日、少なくとも30回だが、多ければ多いほど良い。
しかし、「1日千回」など、目標を立てるのもどうかと思う。
それだと、努力になってしまう。
自己暗示には気楽さ、ソフトさが必要である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド