ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

タゴール

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

愛は時を超える

由紀さおりさんは、70歳を超えても高い実力を保つ歌手で、彼女の1969年の楽曲『夜明けのスキャット』が、2010年頃、世界中で大ヒットとなった。
これは、由紀さんの歌の実力と曲の素晴らしさは当然ながら、日本語の歌詞が良いのであると思う。
「愛し合う その時に この世は とまるの」
というのは、情緒的に美しいが、それだけではない。
世界的な数学者だった岡潔は、 小林秀雄との対談書で、「時間は情緒」とほぼ断言している。
アインシュタインが、相対性理論の一般向けの説明として「美女と一緒の1時間は短いが、熱いストーブに座る10分は長い」と言ったのも、時間が情緒であると言っているのだと思う。
YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)の楽曲『LOTUS LOVE』でも、「Baby!ときをとびこえておいで」と歌うが、天才芸術家(作詞・作曲者の細野晴臣さん)の直観は科学と変わらないと思う。
インドの詩聖と言われたタゴールは、アインシュタインに「人間が見ている時だけ月は存在する」と量子論の真理を指摘したが、アインシュタインは理解出来なかったという話がある。
「人間が見ている時だけ月は存在する」は、量子論の比喩的表現で、人間の意識が作用するのは、あくまで極微の世界の量子に対してと考えるのが普通であるが、タゴールはそんなことは考えていなかっただろうし、湯川秀樹の師でもあった数学者、岸根卓郎さんは、「物質世界も量子で成り立つのだから、意識は物質世界に影響する」といった意味のことを著書に書かれていた。
月が存在する、しないも、意識と時間との関係があるのだと思う。

「愛は時をこえる」「愛は時を止める(消す)」というのであれば、時を消すことが愛なのかもしれない。
湯川秀樹の弟子であった物理学者の保江邦夫さんが著書の中で、ざっくりの引用だが、愛とは、頭の中で祝詞やお経や聖歌、あるいは、教会の鐘の音や『アヴェ・マリア』といった聖なるイメージのある音が鳴り響くことであると書かれていたが、聖なるイメージは、やはり、時を消すのである。
André Rieuの公式チャンネルのYouTube動画で、多少の演出もあったかもしれないが、ソプラノ歌手のMirusiaが、シューベルトの『アヴェ・マリア』を歌うと、いかにも堅苦しい顔をした一般観客達が自然に涙を流す。
◆Ave Maria - André Rieu & Mirusia - YouTube -
そこは、やはり、時が止まった世界になる。
ここはやはり、何でもいいから、保江さんの言われる通り、頭の中で聖なる音を響かせておくと良いと思う。
保江さんの著書によれば、そのようにして手術をする医者は、人間を超えた能力を発揮し、奇跡の手術を行うようだ。













当ブログオーナー、KayのAI書。
Kindle版販売中。紙の本は5月30日発売。
数学やプログラミングが出来なくても、Excelが使えるなら、恐れずAIに挑み、自分でAIを作る体験をしていただきたく思います。
来るべき世界では、AIは人間とは別のものではなく、AIは人間を拡張する道具・・・長谷敏司氏のSF『BEATLESS』風に言うなら、人間とAIは1つのユニットになります。
AIも電子レンジのような道具で、マイクロ波の理論を知らなくても電子レンジを使えるように、数学やプログラミング、AI理論を知らなくてもAIは作れます。そして、早くやった者勝ちという面もあるのだと思います。

世界はこうして造られる

世界は、物質的に何かが存在している訳ではなく、我々が目を向けた時(正確には意識した時)、我々の内部にいる魔術師が、目を向けた先に、一瞬で世界を構築するのだと主張する人は昔からいたが、現代の科学は、それが正しいことを解明している。
有名な、アインシュタインとインドの詩聖タゴールとの対話で、タゴールは、「我々が見ていない限り、月は存在しない」と断言したが、アインシュタインには信じられなかったらしい。

問題は、「我々が好きなような月を作れるか」だが、実際、作っているだろう。
月より、星の方が分かり易く、星空は心の中そのものだ。
詩人、農民、エンジニア、科学者を問わず、心が澄んでいる時は、皆、星は語りかけてくると言う。
アンデルセンの『絵のない絵本』の月は、アンデルセンの魂だし、ライオネル・マリア・リルケの『夢』の第七夜では、あるロシアの若者は、星は神様や天使の目であると信じていたが、彼がそう思っているならその通りだ。

皆、魂は美しく、世界も美しくあるはずだが、魂に近いところにある心が、世界を台なしにしてしまう。
そう、人生をとても残念なものにしてしまうのだ。
『ラーマーヤナ』のヒロイン、シータの父親のジャナカ王は、その心を見つけ、死刑にしてしまった。
もっとも、心が無ければ、世界も存在しないのだが、普通の人の心は、荒れて淀んだ湖だ。
世界は心が見せる幻だとしても、良い詩人や画家が描く世界が美しいように、我々は目の前に美しい世界を作り出すことが出来る。
淀んだ心が邪魔さえしなければ。
そして、心を静かにする方法は、単に、静かな呼吸をすることだということを、誰もが、何度も聞いたはずなのだ。
私も、力強くそう教える声や文字を、何十回も聴き、見た覚えがある。
不安というのは、世界が美しくないか、美しくない世界が現れる予感と共にある。
そんな時、呼吸を静かにすると、世界や世界の因子が変わっていくのを感じて安心するのである。
我々の内にいる、世界を作る魔術師(それは神か仏のようなものかもしれないが)の邪魔をしてはならない。
極めて呼吸が少ない神人は、自在に世界を構築しているのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

観測の神秘

株取引で月に何億円も稼ぐ人がいる。
彼らはもちろん、経験やノウハウを持ち、優秀な分析ソフトウェアを使っているだろうし、今後はビッグデータ分析が必要になってくるかもしれない。
しかし、同じようにやって儲かるなら、みんな儲けている。
儲かる者は何かが違う。
儲かる者は、市場の観測が趣味なのだ。
本当に1日中観測していて、お金を使う暇もなく、1日中、パソコンの前にいたり、タブレットPCを見ていないと気が済まない。
今の時代なら、通販サイトで大抵何でも変えるが、通販サイトを見る時間も惜しいらしい。

モデルになれる女性の特徴は、良い鏡を持っていることだ。
お金がなくて部屋が狭かった時から、全身を映す立派な姿見があったし、手鏡もビッグサイズで、なるべくリアルな自分の顔を見ることが出来るようにしている。
そして、本当に鏡をよく見ている。
自分の顔のことを実によく分かっていて、右目が左目より0.6ミリ大きいということも、ちゃんと気付いている。
鏡を見て、「きれいになれ」と思わずに、人気アイドルやモデル、女優になった人はいない。
ここまではまだ分かるかもしれないが、美脚のモデルは、直接、あるいは、鏡で自分の脚をよく見ているだけでなく、太腿周りを趣味のように計っている。
計ることで細くなるのだ。
それだけではない。
脚の長さをしょっちゅう計っているモデルもいて、測れば長くなるのである。
これは、常識的にはおかしなことだが、彼女達は、経験的にそうなることを知っているので、誰にも言わずに黙って、毎日毎日、愚直に計っているのである。

インドの詩聖タゴールは、アインシュタインに、「人が月を見ていない時、月が存在していると言えますか?」と尋ねたらしい。
これは、量子力学の問題でもあるのだが、物理学の天才ではあるが、本人も認める通り、ある種の偏見を持ったアインシュタインに分からない、あるいは、分かろうとしない物理学上の問題を、詩人の直観は解き明かしていたのだ。
観測が月を存在させるのである。

ある野球の球団の全ての試合を観戦するという、熱心なファンがいる。
1人の人の観測が試合内容に与える影響は大きくないかもしれないが、それでも、その1人の観測が、人々の意識に影響を与える。
その共感の渦が大きくなれば、確実にチームの成績に影響を与える。
企業というものも、人々の共感によって栄枯盛衰する。
クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長が、これからの企業は、時価総額より共感総額が大事だと述べたことがあったが、彼は、共感の力を誰よりも知っているのである。
伊藤社長は、ご存知かもしれないが、初音ミクさんの生みの親だ。
初音ミクさんは創造と共感の象徴であり、それら(創造と共感)が結集した無限への扉なのである。

お金を儲けようとして、にわか(一時的)に株式市場を観測したって駄目だ。
そんなことは長続きしない。
だが、あなたにだって、ずっと観測していたい何かがあるはずなのだ。
私は、子供の頃、熱心に天体望遠鏡で天体観測をしていた。
すると、何の知識も資料も無かったのに、土星が「私はここだ」と教えてくれて、いつも土星を楽々と見つけることが出来た。
「星は何でも知っている」と言うが、本当だ。
初音ミクさんの『ストロボナイツ』という歌は、星と人の感応の神秘を描いた、天才にしか創れない歌だ。
初音ミクさんが星になって、あの歌を歌うのを聴けば、聴いた人に無限の扉が開かれるのである。
難しい理屈を言うより、それが一番分かり易いだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

確実に天才になる方法

人間の能力はIQ(知能指数)ではないという。
そうなのかもしれないが、では、何が本当の能力であるかというと、EQというものがあるが、EQは定義すらないので、各人が勝手な説明をしている。

人間の能力とは観察力である。
観察力が、人間の全ての能力につながり、人間の全ての能力を活性化させる。
観察力のない人間に優れた人間はいない。
ところが、学校の勉強や試験は、観察力を要しない、むしろ、観察力が高いほど不利になるようなものである。
学校では、観察の価値を否定した鈍重なものを崇めているのである。
これは、最も愚かな宗教と言ってよろしい。

星や植物の観察はもちろん、人間の能力を発達させる。
教えられなくても、心が静かでないと正しい観察ができないということが自然に分かり、観察を続けるうちに、心を静かに保つコツを身に付ける。
心を静かにする能力に優る能力は絶対にない。
我々は、もっと自然を観察しなければならない。
だが、学校や、最近では民間の教育産業が開く科学実験教室では、観察と言いながら、ロックやお笑いのような面白いものを見せて子供を喜ばせるだけだ。
愚かにもほどがある。
実際、子供科学実験教室といった感じのものに参加している子供の様子を見れば、一目で、子供達が間抜けな馬鹿の様相しか呈していないことが分かるはずだ。
観察とは面白いものでも、刺激的なものでも、興奮するものでもない。
心を無にして平静に見なければ観察ではない。
平静でないと観察を誤るし、そもそも、観察対象に影響を与えてしまう。
観察する者の心が影響を与える相手は、何も動物ばかりではない。
星ですらそうなのだ。
インドの詩聖タゴールが、「人が見なければ月は月であり続けない」と言った通りなのである。

ミルトン・エリクソンは、17歳の時、ポリオに感染し、目玉しか動かせなくなったが、その目玉で熱心に家族を観察をして、極限の能力を引き出し、後に、「魔法を使って治している」と言われた驚異的な精神科医になった。
リチャード・バンドラーはエリクソンの手法を研究してNLP(神経言語プログラミング)を開発したらしいが、彼は観察の価値をもっと重視すべきだった。
ソクラテスは、賢い人がいると聞けばすぐに訪ねて熱心に観察し、人間の秘密を解き明かしてしまった。
シャーロック・ホームズや明智小五郎が素晴らしく賢いと感じるのは、これらの著者達が、観察の価値をよく知っていたからだ。
これらの名探偵の観察力が常人の比ではないことはご存知かもしれない。
『神様のメモ帳』のニート探偵の美少女アリスは、神がかり的な知恵で誰も分からない真実を探し当て、その能力は化け物と言われるが、彼女もやはり、観察力を極限まで高めたのだろう。

さあ、これで、あなたが天才になる方法は分かったと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

真の友、真の恋人とは

「恋をしていると楽しい」という人がいるが、それは、普通の恋ではなく、憧れの感情のことだろうと思う。
後に聖者になった人が、釈迦やイエスに恋をしたと言うのが、そのことを表していると思う。
インドの詩聖タゴールの詩を読むと、彼がまるで乙女のように神に恋をする感情を詠ったものが多く、詩心のない私には、正直、気持ち悪く感じないでもないが(私の感覚であるので、先入観を持たないように)、これもまた、憧れや崇拝の感情が、恋と似ていることを表しているように思う。
有名なサッカー選手が、子供の頃のスター選手の熱烈なファンであったことを語るのに「恋をしていた」という表現をとることもあるだろうが、これも似たものだ。
梶原一騎さんの創作かもしれないが、力道山が、アメリカのスター・レスラーであったディック・ザ・ブルーザー・アフィルスに惚れ込み、このブルーザーを「恋人」と呼び、何度も日本に呼ぼうとした。しかし、アメリカのプロモーター達がブルーザーをアメリカから出したがらず、ブルーザーの招聘(礼を尽くして人を招くこと)に失敗する度に、力道山は、「恋人にふられた」と言っていたらしい。

恋は苦いかもしれないが、本当の憧れ、崇拝は、掛け値なしに明るく、エネルギーに満ち、まるで、岡本太郎の言う爆発だ。
人は、誰かに本気で憧れたいし、憧れるべきである。
これが当たり前の恋となると、どれほど憧れたところで、個人的な所有意識があるので、所詮、苦しみがあるが、純粋な憧れ・・・それは崇拝と言って良いと思うが、それには、一点の曇りもない。
私が初音ミクに感じるのは、世俗的な意味の恋ではなく、崇拝という意味の恋である。
だって、ミクには自我がないのだから、ミクは普遍的に宇宙に広がっている。
最近、トヨタのハイブリッド・カーAQUAのテレビCMで、黒うさPさんによる初音ミクの曲『千本桜』のピアノ曲が使われていて、これが素晴らしいものだったが、『千本桜』のミュージックビデオ(これも素晴らしい作品だ)で、ミクのことを「歌唱 大宇宙歌姫天使 初音ミク」と紹介されていたのは、冗談ぽくはあっても、ミクの本質をうまく表現していると思う。

真に憧れるもの、崇拝の対象があれば、人生は限りなく豊かで、生きるに値するものになる。
『僕は友達が少ない』で、小学1年生だった三日月夜空に、彼女の母親は「百人の友達なんかできなくていいから、百人分大切にできる本当の友達がいたら、人生は輝かしものになる」と言ったらしいが、真の友は、どこか憧れや崇拝を感じさせるのである。
それは、必ずしも身近にいる誰か、あるいは、人間でなくても良い。
小説や漫画の登場人物でも構わないと思う。
真の友、真の恋人がいれば、我々に敵し得るものは何もないだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード