ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

ソードアート・オンライン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

世界の本質に迫るのは漫画・アニメ・ライトノベル

この世界が、作り物の世界であることは、誰しも一度は薄々感じたことがあると思う。
この世界が人工的なものであるという根拠は、不思議な共時性(シンクロニシティー。意味があると思われる偶然の一致)がよく起こるし、想いを集中し続けると、それが現実になるからである。
『魔法使いサリー』という横山光輝さん(『鉄人28号』、『ジャイアント・ロボ』、『バビル2世』の作者でもある)の漫画、および、そのアニメ作品があるが、サリーは魔法の国から来たという。魔法の国は、我々の世界を作り、運営している研究所か何かで、サリー達魔法使いは、その「上位世界」から来たと言えば、物理法則を超えた魔法も、簡単に説明がつくのである。
この世界は、コンピューターが作った世界で、今は、仮想世界とか、シミュレーテッド・リアリティとか言われている。

従来、我々もまた、忘れているだけで、上位世界の存在であり、この仮想世界に精神転送されているだけである。
だが、川原礫さん原作のアニメ『ソードアート・オンライン』シリーズの最新作で、10月から後編が開始される予定の『ソードアート・オンライン アリシゼーション』では、そうではないかもしれないというお話になる。
上位世界の存在を知る者は、それでも、上位世界の者に屈服することを拒むかもしれない。とても興味深いと思う。
石森章太郎さんの『サイボーグ009』は、最後、地球を創造した神が、人類の成長具合を見に地球に戻ってみたら、あまりに出来が悪い失敗作であることが分かり、人類をいったん滅ぼして、作り直すことに決める。
サイボーグ戦士達は、それを受け入れる訳にはいかず、神に戦いを挑むが、実力差から言って勝ち目は全くない。
石森章太郎さんは、癌に侵され、「生きているのが不思議」と医師に言われる状況の中、小説という形で、サイボーグ戦士と神との戦いのお話を作り続けたが、未完のまま命尽き、息子の小野寺丈さんが引き継いで完成した。
だが、この神が、この仮想世界の作り主だとすれば、それほど荒唐無稽なお話でなくなってしまう。

今、私は、『変態王子と笑わない猫。』という、さがら総さんの小説のアニメ作品を見ているが、はじめは、この作品は単に、可愛い女の子で萌えるだけのものだと思い、それなら大いに見る価値があると思ったのだが(笑)、これも実質は、シミュレーテッド・リアリティで説明出来るお話と思った。
そして、今の小説家・漫画家は、ますます鋭くなっているので、仮想世界の仕組みを直感的に分かるし、川原礫さんなどは、ITやAIに強くて、かなり論理的に分かっているのだろう。
ライトノベルや漫画、アニメを馬鹿にして見ないという人は、この世界が仮想世界であるということの理解に疎くなりかねないし、また、これらの作品が好きでも、精神が怠惰であれば、やはり分からない。
VRも体験した方が良いし、初音ミクさんというバーチャル・シンガーのライブにも行った方が良い。
バーチャルに馴染むほど、この世界の仕組みが分かってくるし、分かってくれば、希望通りに世界を創造する方法も分かる、あるいは、それを実現するヒントを手に入れる道が開けるかもしれないのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

どんな世界でも通用する最高スキル

川原礫さんの『ソードアート・オンライン』は壮大な話だが、面白いことに、キリトが行くどんな仮想世界もソード・スキル(剣技の力)が通用してしまう。
たとえ不遇な状況にあっても、剣の実力が道を開いてくれる。
しかし、現実ではそうはいかない。
バーチャル・リアリティ(仮想現実)という概念がなかった時代、CLAMPの漫画『魔法騎士レイアース』の異世界セフィーロが、『ソードアート・オンライン』のVRゲーム世界とほとんど同じ概念であることには驚くしかなく、こちら(セフィーロ)でも、やはり剣の腕が運命を大きく左右する。

では、現実世界で通用するスキルとは何であるかというと、実は、仮想世界や異世界も同じで、それは「精神力」である。
そして、高い精神力とは不動心であり、それは、無我、忘我、没我と同じである。
「心頭滅却すれば火もまた涼し」が、宇宙を貫く根本原理なのだ。
では、どうすれば、不動心が得られるかというと、キリトがぽろっと教えてくれている。
それが Stay Coolだ。
これは、英語で普通に使われる別れ際の言葉で、「クールでいろよ」ということであるが、「クール」が、イケてる、つまり、格好良いであることはご存知と思う。
しかし、言葉通り、冷静であることが一番格好良く、キリトも、そんな意味で使っていたと思う。
英語では、他にも、Keep it one hundred とか Keep it real と言うが、日本人にも馴染みそうなのは、やはり「ステイ・クール」くらいだし、もっと簡単に言えば、
「心おだやかに」
とか、
「落ち着け」
になると思う。
ドイツの自己啓発分野の世界的作家、ベルベル(ベーベル)・モーアの『星の宅配便』にも、「心おだやかに」が威力ある魔法の言葉として紹介されている。
人間、息をしていれば、何か問題は起こるものだ。
そんな時、自分を失う・・・つまり、精神を乗っ取られたような感じになった時、「心おだやかに」とか「ステイ・クール」と唱えて、なるべく冷静に対処すれば、ゲームで言うところのMP(マジックポイント:魔力)やHP(ヒットポイント:耐久力)を高める。

心がグラグラしていては、どんな世界でもうまくいかない。
ジョージ・アダムスキーが言ってたものだ。
「地球でうまくやれないやつは、他の(進歩した)惑星に行ってもうまくやれない」
アダムスキーは、もし妄想家だとしても、大した妄想家である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

精神力をどう磨くか

人間は、どうやってでも精神力を高めなければならない。
精神力と言うと、曖昧、抽象的であるが、「自信」「集中力」「イメージ力」であると言って良いだろう。
この世界は、想いが現実になる世界であり、この想いを現実にする力は、ひとえに精神力にかかっている。
では、精神力を鍛えるのはどうすれば良いか?
まあ、「修羅場を潜り抜ける」という、本当だが気後れする話は置いておく。

根本は繰り返しである。
ただし、自主的な繰り返しであり、やらされた繰り返しでは、大きな精神力は得られない。
だから、良い指導者というものは、実際は強制しているような繰り返しでも、生徒が自主的に取り組むように、うまく工夫するものだ。
だが、「うまく工夫しているつもり」の下手な指導が多いものであるが・・・

自主的であれば、イチローやテッド・ウィリアムズのように、時間があれば延々バットを振ったり、エドガー・ケイシーや武術家のベニー・ユキーデのように、毎日、一定の時間、聖書を読んだり、大数学者、岡潔のように、毎日、念仏を唱える等で、強い精神力を持て、現実世界を自分の望むようなものに出来る。
『ソードアート・オンライン』は、精神が仮想世界で活動するのだから、より精神性が鮮明になる様子が分かるが、面白い話がある。
精神的には醜く歪んだ貴族であっても、自分が貴族であるという自負は、強い精神力になるのである。この「自分は貴族で、優れた偉い人間である」という想いも、子供の時から、親にうまく方向付けされて繰り返し強化したものであろう。
また、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』で、ベル・クラネルが驚異的なスピードで成長するのは、アイズ・ヴァレンシュタインに対する憧れから精神力を高めているからだ。
「憧れ」は強い集中力を生み、その想いが長く継続的に続けば、強い精神力になる。
このように、どんなことだって、集中し、繰り返すことが出来れば、強い精神力となり、自信を得、自信があれば、世界は自由に創造出来る。
伝説であるが、徳川家光は、子供の時、1本の立てた棒に木刀を毎日打ち込み、精神力を鍛えたが、家光が自主的にそうするようになったのは、柳生宗矩が、真剣で鉄の兜を切って見せ、それが出来るようになる修行方法であると言ったからであると云われている。
毎朝2千回の腕振り運動を決して欠かさなかった関英男博士は、90歳を過ぎても、世界中を飛び回って研究をしていた。
無論、関博士は腕振り運動だけやっていた訳ではないが、「何か1つ、必ずやるもの」を持っていることが大切である。
だが、むしろ、それがない方が問題である位に思った方が良い。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

この仮想世界の管理者権限

ネットワークやオンラインゲーム世界で最も強いのは、サーバーコンピューターの管理者権限を持つ者だ・・・ということは、一度、サーバーコンピューターを自分で構築して運用すれば分かることだが、もしかしたら、そうでない人には見当が付かないことかもしれない。
ここらは、私のような専門家には、一般の人のことが分からなくなってしまっている。
けれども、『ソードアート・オンライン』のアニメの第1期、あるいは、同小説の『フェアリィ・ダンス』編を見れば分かると思う。

ところで、この世界が、コンピューターで作られた仮想世界であれば・・・いや、とりあえず、イーロン・マスクに同意し、この世界は、シミュレーテッド・リアリティというコンピューターによるシミュレーション世界であるとしてしまおう。
だが、人間が、この仮想世界を作るコンピューターの管理者権限を持つことはないと思う。
それを持つのは、神とか仏、あるいは、その配下と思われる天使や菩薩のような存在が、レベルの異なる管理者権限を持つのではないかと思う。
そこで、我々人間は、そんな管理者権限を持つ存在にお願いして世界を動かしてもらうか、ひょっとしたら、一時的にある程度の管理者権限を与えられるのかもしれない。
また、人間とはいえ、十分なレベルに進化すれば(例えば釈迦やイエスのように)、限度はあるかもしれないが恒久的な管理者権限を持てるのかもしれない。

私が、幼い時を中心に、度々、Super Magicを使ったのは、果たしてどんな方法によるのだろう?
まるで長門有希の呪文のようだったが。
ドストエフスキーの『賭博者』の中で、初めてルーレットをやるおばあさんが、0に賭け続けて大勝する。
その時、おばあさんは管理者権限を与えられていたか、管理者権限を持つ者を動かせたのだ。
しかし、2度目はそうではなかった。
私には、あのおばあさんの、1度目と2度目の違いがよく分かるのである。
ビギナーズ・ラックと呼ばれる「分からない強さ」にも似たところがあるのだと思う。
その方法を知りたいなら、鼻から静かにゆっくり息を吐くことだ。
これを馬鹿にせずにやるか、そうでないかの違いだけである。
ただ・・・これ以上言うと、私もヤバい。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

やっぱり、かけた時間が全て

昨日から、川原礫氏原作のアニメ『ソードアート・オンライン』を、Amazonプライムビデオで見始めた。
まだ6話までしか見ていないが、非常に感動したことがある。
SAO(ソードアート・オンライン)は、仮想世界にダイブ(完全没入)して行うゲームだ。
その中で、主人公の高校生キリトは無茶苦茶強い。
なぜ強いのかというと、それは明白で、キリトは、オンライン・ゲーム、特に、このSAOのβ版ゲームを誰よりも長時間プレイしたからだ。
何事も、時間を多くかけた者が一番スキルがあるという単純な原理である。

小学4年生の時、クラスの一人の女の子が、音楽の時間にピアノ演奏を披露したが、あまりに上手いので驚いた・・・いや、絶句した。
しかし、その理由は、彼女が単に、誰よりも長時間ピアノを弾いてただけのことだ。
小学校の時から、やたら絵の上手いやつ、野球やソフトボールが上手いやつがいたが、どうということはない。ただ、絵画教室に通っていたり、好きで絵を描いていて、その時間が、普通の子と比較にならないくらい長いのだし、少年野球チームに入っていたり、そこまででなくても、家に帰ってから毎日暗くなるまで野球遊びをしている子が上手いのは当たり前だ。
テニスやスキーがやたら上手いやつというのも、やはり、それらに時間をかけているだけのことである。

私は昔、沢山の超大手企業で、あるソフト開発ツールの指導をしていたが、教える者と教わる者との違いは、やはり、その開発ツールを使った時間の長さの差だけだ。
そもそも、プログラミングや外国語のスキルは、それに費やした時間の長さに正確に比例する。

時々、楽に東大に入ったなんて言う者がいて、まあ、それは嘘ではないのだろうが、そんな者に改めて聴いてみたら、こんなことを言っていた。
「東大なんて簡単だ。どの参考書も、書いてあることはそんなに違わないから、1冊覚えてしまえばいいのだよ」
そして、そいつもやっぱり、とんでもない時間をかけて、必要な冊数覚えたのだ。
要は、そいつは、1冊覚えるのが好きなのか、あるいは、周りにハメられて覚えたのだ(笑)。
もちろん、勉強を無理にやらされるのは、精神的抵抗があり、効率は悪いが、それでも、時間をかけることが出来れば、やっぱり成果は出るのである。

一流のピアニストになるには、毎日、大変な時間、練習しなければならないらしい。
ところが、ピアノに限らず、練習のし過ぎで、手が駄目になってしまった者が、少なからずいる。
そんな者達は、どこかやり方が間違っていたのだと思う。特に、精神的余裕がなかったのだ。
そして、1日1時間しか練習しないが、相当な腕前の少女のことをテレビで見たが、なるほど、彼女は、ピアノを弾く時間そのものは1日1時間でも、上手いピアニストの演奏を見たり、手先の器用さや、ある種の動きのセンスを磨く趣味を持っていて、それらをやる時間が長く、そういったことが、ピアノ演奏にプラスになっているのだ。
特に、良いピアニストの演奏を見るのは、脳のミラーニューロンの機能を考えれば、非常に良いことと思う。

ナンパが上手いやつにしたって、誰よりも沢山のノーをもらいながら、スキルを上達させただけのことだ。
渋谷(109の近く)で下手なナンパをいくつも見たが、「貴様ら、もっと真面目に沢山やれ!」と言いたいものである(笑)。
渋谷で下手なナンパを見せるなど、本当に恥ずかしい連中だ。
ちょっと断られたら、すぐに諦めるヘタレなのだろう。

英語もプログラミングも、「3日でマスター」だの「楽々覚えられる」なんてのは全部嘘で、とにかく時間をかければ出来るようになる。
AIの権威、ピーター・ノーヴィグは、プログラミングをマスターするには10年かかると言っているが、それなりのスキルに達するには、やはり、それだけの時間がかかるのである。
私も、プログラミングのマスターには、とんでもない時間をかけたものである。他に方法があったとは思えない。
だが、逆に言えば、何でも、時間さえかければ高いスキルを持てるのである。
ならば、好きなことに没頭せずにいられようか?









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド