ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

ソードアート・オンライン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

人生は芝居、あるいは、バーチャル・ゲーム

インドや中国では、古代の賢者達がそう言ったからかもしれないが、人生は夢のようなものだという考え方があると思う。
日本でも、室町時代の歌謡集である閑吟集(かんぎんしゅう)に、「なにせうぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂へ(人生は夢だ。深刻にならずただ狂え)」というものがあり、それはインドや中国の(仏教や道教の)影響もあるだろうが、やはり、人生は儚い夢と考えることもあるのだと思う。
私の場合は、誰かに教えられた訳でもないと思うのだが(実際は何かの影響はあったかもしれないが)、子供の時から、人生は芝居の舞台のようなものだと思っていた。
我々は皆、舞台で演技をする役者なのだが、人生が芝居であることを忘れてしまっている。
しかし、舞台での自分の役割が終わると・・・即ち、死ぬと、普通は、「ああ、これは芝居だった。つい真剣になって本物の世界だと思い込んでしまった」などと言うのだと「解っていた」。
芝居が終わった後の世界のことがよく分からないような気もするが、そうでないと芝居が面白くならないのだろう。

アイルランドの「20世紀最大の詩人」と言われたW.B.イェイツも、やはり人生は芝居だと思っていたのかもしれない。
彼は、人々が自分が舞台の役者であることを忘れ、ハムレットやリア王のように悩んでいる様子を滑稽だという詩を書いている。
だが、優れた役者・・・即ち高度な人間は、人生が芝居であることを自覚し、「良い役者は(観客は泣かせても)自分が泣いたりしない」と詩の中で述べている。
映画『燃えよドラゴン』で、ブルース・リー演じる、少林寺の拳法の達人リーが師に、「良い闘いは少人数で真剣に演じる劇に似ている」と言ったのも、何か面白いと思う。

いかに人生が芝居だとしても、盗みでもやったら、かなり嫌な役割になる・・・いや、実は、盗みをするのも、その後、悪い展開になるのも既定のシナリオであるのかもしれない。これもまた、古代の賢者達がよく言ったことである。

じゃあ、辛い役柄にある人は、どうすれば良いかと言うと、先程の閑吟集の歌のように、「真面目くさってないで、ただ狂え」ということになる。
また、やはり上で取り上げたイェイツは「リア王もハムレットも陽気なのだよ」と言う。つまり、悲劇を演じていても、醒めているばかりか、内心では演技を楽しんでいるのである。
芝居なんだから、隣の美人の奥さんにちょっかいを・・・出したら、まあ、ロクでもない展開が待っている。しかし、そんな役割が決まっているなら避けられない。
ラマナ・マハルシは、「働く運命なら仕事は避けられないが、働かない運命なら、いくら探しても仕事は見つからない」と言ったらしい。
なら、ニートも運命なのであるから、ニートも、その親も、真面目くさって深刻にならず、陽気で・・・とは、なかなかいられない。普通の人は三流の役者なのだ。

もちろん、現代では、人生は芝居というより、バーチャル・ゲームであるという認識に進みつつある。
『ソードアート・オンライン』などを見て、隠しコマンドを探してみても良いかもしれない。
そういえば、昔にだって『ゲームの達人』なんてものがあったのだよ。










迫り来るディストピアに打ち勝つには

何かで読んだが、ある途上国のGNPの大きな割合が麻薬の輸出によるものなので、同国で麻薬を作るのをやめさせることは出来ないらしい。
また、やはりどこかの途上国に旅行した日本人が盗難被害に遭い、警察に訴えると、警察は「持ち物の管理をしないお前が悪い」と、とり合ってくれなかったらしい。この国では、泥棒をしないと生きていけない人が沢山いるのだ。
ついでにもう1つ。ある国(やはり途上国と思う)の企業が、日本の企業に商品を発注し、納品を受けた。だが、その代金を払わずに踏み倒した担当者が、会社に利益をもたらしたとして、表彰されたという。そういうことをしないと、会社を維持することが出来ないのだ。だから、その「踏み倒し屋」は、会社を救った英雄というわけだ。
これらの話を本に書いた著者達は、だから、善や悪というものは、場所によって全く異なるのだと主張していたように思う。

だが、そうだろうか?もちろん、非常に難しい問題であるのは確かで、上記のような主張を否定出来ないとしても、少なくとも、そんな言い分を安易に受け入れるべきではない。
世界中の人が平和に暮らすことが可能かどうかは、分からない。
ジョセフ・マーフィーやウォレス・ワトルズの本を見ると、資源的には、それは十分過ぎるほど可能だという。
例えば、現在、世界では1日4万人が餓死しているというが、日本では食料の半分以上が消費されず廃棄されているのだがから、輸送その他の経費をとりあえず無視すれば、そのくらいの人数は軽く救える。また、飢餓状態にある8.5億の人も、日本だけで、6千万人分の食糧が余っているし、アメリカでは貧困層でも丸々と肥満しているのだから、もっと余っていると考えられるので、この2国だけで、世界中の人達を最悪の飢餓の状態からは救えると考えられる。
ものごと、そう簡単にはいかないにしても、無理と決め付けてしまうのは間違っているだろう。

AIが発達すると、Aは全ての人間を監視出来るようになる。
Googleは、全ての人のGmailの中身や、クラウドに登録したデータを、AIが閲覧していることを認めているが、その他のGAFMAも似たり寄ったりか、それ以上と思う。
日本は政府がITに弱いのでそうではないが、アメリカ、ロシア、中国では、国家がそれを行ってる。
国家の秘密警察や国家保安部による国民監視には、国の繁栄の目的もあるのだが、支配者の利益を増大させる目的が強い。
しかし、もし、Googleなどが善意の目的で、AIやビッグデータを使えば、人類を幸福にする道は開ける。
ここで、考えるべきことを1つだけ述べる。
それは、AIの力で世界を幸福にするためには、我々のプライバシーが、AIに対しては公開されることが必要だということだ。
Googleは、AIは見ても、人間は見ていないと発表している。とはいえ、Googleのトップ達は、自分達のプライバシーを隠すやり方は知っているだろう。
そして、ロシアや中国の場合、支配者は、国民のプライバシーは見ても、自分達のプライバーは鉄の扉で完全に守る。
これは、どういう意味だろう?
簡単な話で、穏便な言い方をすれば、情報公開だが、もっと当を得た言い方をすれば、プライバシーを丸裸にされるのは、庶民だけで、偉い人達はそうではないということだ。
そりゃ、会社や官庁でも、情報の透明化を謳っても、情報を透明にされるのは、偉くない社員や職員で、偉い人達は、パソコン内の情報すら検査されることはない。「そこに機密情報があるから」なんて綺麗事を言ってね。

そして、話はそれだけで終わらない。
これから、ますますテクノロジーが進歩し、AIや、それに、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)の技術が発達すると、地球まるごと、人類まるごとのデジタルコピーが必ず作られ、世界は、リアルとバーチャルに完全に別れ、バーチャル世界が主になる。
そうなった時の、プライバー格差は、今の経済的な格差をはるかに超える不平等をもたらす。
特権層は、バーチャル世界で神にも匹敵する幸福を享受するが、我々庶民は、一切の自由を奪われかねない。
その自由の剥奪振りは、秘密警察によるものどころではない。
偉い人達のコマンド1つで、我々はどうにでもされる。
『ソードアート・オンライン』では、キリト達は、ネット世界のスキルで高位の権限を得たが、そんなことは出来ないのだ。
そんな訳で、出来るだけ、AI、インターネット、VR、AR、MR等の勉強をした方が良い。
今年4月に、私が数学講師と共著で出す書籍では、まず、誰もがAIを実戦的に作れるノウハウを提供しようと思う。











世界の本質に迫るのは漫画・アニメ・ライトノベル

この世界が、作り物の世界であることは、誰しも一度は薄々感じたことがあると思う。
この世界が人工的なものであるという根拠は、不思議な共時性(シンクロニシティー。意味があると思われる偶然の一致)がよく起こるし、想いを集中し続けると、それが現実になるからである。
『魔法使いサリー』という横山光輝さん(『鉄人28号』、『ジャイアント・ロボ』、『バビル2世』の作者でもある)の漫画、および、そのアニメ作品があるが、サリーは魔法の国から来たという。魔法の国は、我々の世界を作り、運営している研究所か何かで、サリー達魔法使いは、その「上位世界」から来たと言えば、物理法則を超えた魔法も、簡単に説明がつくのである。
この世界は、コンピューターが作った世界で、今は、仮想世界とか、シミュレーテッド・リアリティとか言われている。

従来、我々もまた、忘れているだけで、上位世界の存在であり、この仮想世界に精神転送されているだけである。
だが、川原礫さん原作のアニメ『ソードアート・オンライン』シリーズの最新作で、10月から後編が開始される予定の『ソードアート・オンライン アリシゼーション』では、そうではないかもしれないというお話になる。
上位世界の存在を知る者は、それでも、上位世界の者に屈服することを拒むかもしれない。とても興味深いと思う。
石森章太郎さんの『サイボーグ009』は、最後、地球を創造した神が、人類の成長具合を見に地球に戻ってみたら、あまりに出来が悪い失敗作であることが分かり、人類をいったん滅ぼして、作り直すことに決める。
サイボーグ戦士達は、それを受け入れる訳にはいかず、神に戦いを挑むが、実力差から言って勝ち目は全くない。
石森章太郎さんは、癌に侵され、「生きているのが不思議」と医師に言われる状況の中、小説という形で、サイボーグ戦士と神との戦いのお話を作り続けたが、未完のまま命尽き、息子の小野寺丈さんが引き継いで完成した。
だが、この神が、この仮想世界の作り主だとすれば、それほど荒唐無稽なお話でなくなってしまう。

今、私は、『変態王子と笑わない猫。』という、さがら総さんの小説のアニメ作品を見ているが、はじめは、この作品は単に、可愛い女の子で萌えるだけのものだと思い、それなら大いに見る価値があると思ったのだが(笑)、これも実質は、シミュレーテッド・リアリティで説明出来るお話と思った。
そして、今の小説家・漫画家は、ますます鋭くなっているので、仮想世界の仕組みを直感的に分かるし、川原礫さんなどは、ITやAIに強くて、かなり論理的に分かっているのだろう。
ライトノベルや漫画、アニメを馬鹿にして見ないという人は、この世界が仮想世界であるということの理解に疎くなりかねないし、また、これらの作品が好きでも、精神が怠惰であれば、やはり分からない。
VRも体験した方が良いし、初音ミクさんというバーチャル・シンガーのライブにも行った方が良い。
バーチャルに馴染むほど、この世界の仕組みが分かってくるし、分かってくれば、希望通りに世界を創造する方法も分かる、あるいは、それを実現するヒントを手に入れる道が開けるかもしれないのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

どんな世界でも通用する最高スキル

川原礫さんの『ソードアート・オンライン』は壮大な話だが、面白いことに、キリトが行くどんな仮想世界もソード・スキル(剣技の力)が通用してしまう。
たとえ不遇な状況にあっても、剣の実力が道を開いてくれる。
しかし、現実ではそうはいかない。
バーチャル・リアリティ(仮想現実)という概念がなかった時代、CLAMPの漫画『魔法騎士レイアース』の異世界セフィーロが、『ソードアート・オンライン』のVRゲーム世界とほとんど同じ概念であることには驚くしかなく、こちら(セフィーロ)でも、やはり剣の腕が運命を大きく左右する。

では、現実世界で通用するスキルとは何であるかというと、実は、仮想世界や異世界も同じで、それは「精神力」である。
そして、高い精神力とは不動心であり、それは、無我、忘我、没我と同じである。
「心頭滅却すれば火もまた涼し」が、宇宙を貫く根本原理なのだ。
では、どうすれば、不動心が得られるかというと、キリトがぽろっと教えてくれている。
それが Stay Coolだ。
これは、英語で普通に使われる別れ際の言葉で、「クールでいろよ」ということであるが、「クール」が、イケてる、つまり、格好良いであることはご存知と思う。
しかし、言葉通り、冷静であることが一番格好良く、キリトも、そんな意味で使っていたと思う。
英語では、他にも、Keep it one hundred とか Keep it real と言うが、日本人にも馴染みそうなのは、やはり「ステイ・クール」くらいだし、もっと簡単に言えば、
「心おだやかに」
とか、
「落ち着け」
になると思う。
ドイツの自己啓発分野の世界的作家、ベルベル(ベーベル)・モーアの『星の宅配便』にも、「心おだやかに」が威力ある魔法の言葉として紹介されている。
人間、息をしていれば、何か問題は起こるものだ。
そんな時、自分を失う・・・つまり、精神を乗っ取られたような感じになった時、「心おだやかに」とか「ステイ・クール」と唱えて、なるべく冷静に対処すれば、ゲームで言うところのMP(マジックポイント:魔力)やHP(ヒットポイント:耐久力)を高める。

心がグラグラしていては、どんな世界でもうまくいかない。
ジョージ・アダムスキーが言ってたものだ。
「地球でうまくやれないやつは、他の(進歩した)惑星に行ってもうまくやれない」
アダムスキーは、もし妄想家だとしても、大した妄想家である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

精神力をどう磨くか

人間は、どうやってでも精神力を高めなければならない。
精神力と言うと、曖昧、抽象的であるが、「自信」「集中力」「イメージ力」であると言って良いだろう。
この世界は、想いが現実になる世界であり、この想いを現実にする力は、ひとえに精神力にかかっている。
では、精神力を鍛えるのはどうすれば良いか?
まあ、「修羅場を潜り抜ける」という、本当だが気後れする話は置いておく。

根本は繰り返しである。
ただし、自主的な繰り返しであり、やらされた繰り返しでは、大きな精神力は得られない。
だから、良い指導者というものは、実際は強制しているような繰り返しでも、生徒が自主的に取り組むように、うまく工夫するものだ。
だが、「うまく工夫しているつもり」の下手な指導が多いものであるが・・・

自主的であれば、イチローやテッド・ウィリアムズのように、時間があれば延々バットを振ったり、エドガー・ケイシーや武術家のベニー・ユキーデのように、毎日、一定の時間、聖書を読んだり、大数学者、岡潔のように、毎日、念仏を唱える等で、強い精神力を持て、現実世界を自分の望むようなものに出来る。
『ソードアート・オンライン』は、精神が仮想世界で活動するのだから、より精神性が鮮明になる様子が分かるが、面白い話がある。
精神的には醜く歪んだ貴族であっても、自分が貴族であるという自負は、強い精神力になるのである。この「自分は貴族で、優れた偉い人間である」という想いも、子供の時から、親にうまく方向付けされて繰り返し強化したものであろう。
また、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』で、ベル・クラネルが驚異的なスピードで成長するのは、アイズ・ヴァレンシュタインに対する憧れから精神力を高めているからだ。
「憧れ」は強い集中力を生み、その想いが長く継続的に続けば、強い精神力になる。
このように、どんなことだって、集中し、繰り返すことが出来れば、強い精神力となり、自信を得、自信があれば、世界は自由に創造出来る。
伝説であるが、徳川家光は、子供の時、1本の立てた棒に木刀を毎日打ち込み、精神力を鍛えたが、家光が自主的にそうするようになったのは、柳生宗矩が、真剣で鉄の兜を切って見せ、それが出来るようになる修行方法であると言ったからであると云われている。
毎朝2千回の腕振り運動を決して欠かさなかった関英男博士は、90歳を過ぎても、世界中を飛び回って研究をしていた。
無論、関博士は腕振り運動だけやっていた訳ではないが、「何か1つ、必ずやるもの」を持っていることが大切である。
だが、むしろ、それがない方が問題である位に思った方が良い。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
IT学習
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ









タグクラウド
QRコード
QRコード