ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ソクラテス

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

考えることを放棄した者が最強な理由

私が本当に名言だと思うのは、BLOGOSに掲載された、UFO研究家の矢追純一さんのインタビュー記事
「宇宙人が飛んでくるから、それを撮るんです」〜矢追純一氏がUFO特集を始めたワケ
の中の、
「僕は小さい時に、自分でものを考えることを放棄したんです。頭も悪いから。」
だ。
私は、矢追さんはソクラテスの生まれ変わりではないかと思っている。
ソクラテスは、「私だけが、自分は何も知らないと分かっているので、私が人類で一番の知恵者でなのだ」と言ったのだ。
ただ、矢追さんは「方針だけは決めろ」と言われているように思う。
方針・・・と言ったら何やら抽象的だが、英語で言えば、ポリシーとかプランで、こっちの方が少し分かり易いかもしれない。
ただ、ざっくりとしたポリシーやプランなのだろう。
丁度、長谷敏司さんのSF『BEATLESS』で、超高度AIである美少女アンドロイドのレイシアが、17歳のアラトに「私たちが共に歩む未来をデザインして下さい」と言い、結局、アラトが、後にその「デザイン」を、ざっくりと、「皆が信じられる未来」と言ったようにだ。
まあ、普通の人の場合は、「方針/ポリシー/プラン」は、社長になるとか、プログラマーになるとか、金持ちになるといった感じかもしれない。
だけど、自分で、それをどう実現するかと考えると、もう、ややこしくなってうまくいかないし、そもそも、思った通りに事は運ばない。
さらに、「考え」なんてのは、自分の意志で起こしているように感じても、実際は、頭の中で勝手に起こるものであり、それを「私が考えている」と思っているだけというのが科学的真実らしい。
だから、方針をはっきりさせて、考えることを放棄すれば、方針にそった良い考えが発生するし、それどころか、「流れ」とでも言うべきものが生まれ、自然にうまくいくはずだ。ちなみに、世間で言う「思考停止」とは、実際は、考えていないのではなく、「下らないことを沢山考えている状態」なのである。
方針をバシッと一度で頭にインプットすることは難しいので、例えば、「社長になる」と頭の中で唱え続けると良い。
これに関しては「社長になった」と過去完了形で言うのが良いと言う人もいるが、好きなようにやれば良い。
別に私は社長になりたくはないが、もし、そんな方針を持つなら、「社長、社長、社長・・・」と単語だけで唱える。
「社長になる」とか「社長になった」なんて唱えると、まず、反発が起こり、潜在意識に定着しないからだ。
では、いよいよ、私も考えることを放棄しよう。











何でそんな難しい言葉使うの?

GSOMIA(ジーソミア)について、テレビニュースを見ていて、韓国政府が、
「いつでも失効が可能という前提で終了通告の効力を停止する」
と発表したという報道を聞き、頭がクラクラした。
また、韓国が、
「輸出管理強化措置の世界貿易機関(WTO)への提訴プロセスを中断する」
というのもそうだ。

こんな言葉、小学校の教室で使う子がいたら、普通は、間違いなく怒られるはずだ。
そんなややこしい言い方をするのは馬鹿と決まっているので、治るうちに怒ってでも馬鹿を治してあげないといけない。しかし、もう手遅れな人が多い。

仏典の釈迦の言葉についても、お釈迦様が、あんな難解な言い方をする訳がない。
難しい言葉や、普通の人が分かるはずがない専門用語を使う人は、自分のプライドにしか興味がないが、お釈迦様はプライドを持たないからブッダなのだから。
GSOMIAのニュースはともかく、数学でも物理学でも、あるいは、コンピューターでも、普通の人に分からない言い方をすれば、自分は賢いと思う馬鹿は漫画の中にしかいないと思っていたら、結構いるようである。

もちろん、
「俺は専門知識はゼロだ。その俺に分かるように言え」
という傲慢な人には、誰も何も教えてくれない。
かといって、
「俺とちゃんと話したかったら、大学の専門課程で学びなさい」
と言うのも阿呆なのだ。だって、出来もしないことを言うのはオツムが悪いと相場が決まっているはずだから。

優越感を持ちたいという欲求自体が馬鹿の証拠だが、人間なら、誰でも大なり小なりそうなのだから、人間はみんな馬鹿なのである。そして、その欲求が強い者ほど馬鹿の度合いが大きいのである。
岡本太郎が賢いのかどうかは知らないが、彼は、
「誤解されてもいいじゃないか?いや、誤解されないといけない」
と言ったところをみると、普通の人よりはずっと賢かったのだと思う。
「黙っていて馬鹿だと思われる方が、喋って馬鹿を証明するよりマシ」という名言があるが、これは間違っている。
他人を馬鹿だと思う馬鹿に、何と思われようが、どうでも良いではないか?
それに、自分は、証明するまでもなく馬鹿なのである。
それが分からない者を馬鹿と言う。
だから、それを分かるためなら、喋って馬鹿を証明する意味がある。
まあ、大抵は、「そこまで言って委員会」のように、馬鹿ほど声がデカくなるのを見ても分かる通り、自分の馬鹿さに気付けずに終わるのだが。

「いや、俺は馬鹿じゃないぞ」と言う者が、間違いなく、一番馬鹿なのである。
アンタが馬鹿か賢いかには、誰も興味がないのである。大切なことは、問題を解決出来るかどうかなのであるが、愚か者にとって大切なことは優越感を持つことなのだ。
ソクラテスは、「私は自分が馬鹿だと知っていることに関して、他の人よりマシ」と言っている。
ソクラテスが賢いと感じるのは、そこだけなのである。
「僕は頭が悪いから考えることを放棄した」と言う矢追純一さんは本当に賢い。ただし、馬鹿でも分かることはちゃんとしなくてはならないのである。








ソクラテスが教える、特別な存在になる方法

人間は、自分を高く評価し、他人を低く評価する。
そう言われると、「確かにその通り」と思う。
だが、十代前半くらいまでは、「しかし、自分だけは別。自分だけは確かに特別」と思うことも多いものだ。
しかし、今は、いくつになっても、そう思い続ける者がひどく多いのだ。

「え?私は『世界に一つだけの花』じゃないの?」
って、それは・・・・・まあ、うまい商売って、そんなもんじゃないだろうか?
いや、確かに、他人と自分を比べても仕方がない。
それを、ドングリの背比べと言うのだから。

だが、ご安心を。
特別な存在になれる方法なら、あのソクラテスが明確に教えてくれている。
ソクラテスは言ったのだ。
「私は自分が特別だと解った。私だけが、自分は特別じゃないって知っているからだ」
なんと、中二病(自分を特別な存在と思うこと)ってのは、現代日本特有の病ではなく、ソクラテスの時代からそうだったのだ。
ただ、病状の重さは、やはり我々の方がずっと上だ(自慢にならないが)。
しかし、アンドリュー・カーネギーだったか誰だったか忘れたが、世界で特別視されている人物はこう言った。
「どう間違えても、私がソクラテスより偉いはずがないので、やっぱり私は大したことはないのだ」
自然な、まともな理解である。
ところが、この程度のことが解らない者が多いのだ。
まあ、そのことが解るから、彼も、普通の人よりは偉大だったのだ。

シーモア・パパートは、数学、コンピューター、教育、心理学の分野で、人類を前に進めたが、彼は、自分の能力は平均的だと言う。
ただ彼は、自分は幼い(3つか4つ)時、歯車に惚れ込み、ものごとを歯車で考えたから、うまくいった・・・つまり、「概念の力」を持っていたし、それを持てば、誰でも私程度のことは出来ると言った。
まあ、それがちょっと難しいらしく、パパートも、教育学者、あるいは、現場の教師として、子供達に、何らかの「歯車」を持たせようとしたが、あまり成功しなかったような気がする(少しはうまくいったこともあっただろうが)。
パパートは歯車を好きになったのだが、それは、自然にそうなったのであり、誰も、彼に、歯車を好きになるようそそのかした訳でも、まして、強要した訳でもない。
アインシュタインも、Google創業者のラリー・ペイジも、何かを好きになったのだし、我らが初音ミクさんのお父さん、クリプトン・フューチャー・メディア社長の伊藤博之さんは電子音楽を好きになったのだ。
まさに、セベ・バレストロスのお父さんの教えのように、「何でもいいから好きになれ」である。
それは歯車で十分なのだ。
武道家の堀部正史さんは「誰でも三度のメシより好きなものがある。私の場合はケンカだった」と言うが、彼のケンカ好きは半端でなかった。そして、本当のケンカ好きは弱い者いじめは決してしない。それは、極真空手の大山倍達さんも同じだった。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

最高の金言は「身の程を知れ」

身の丈に合った仕事をし、身の丈に合った収入に満足していれば、日本で貧しくなることはない。
しかし、身の程を知らない職業や給料を望むと、おかしなことになり、長年月、収入が得られない状態が続き、挙句、落伍者になりかねない。
30代半ばの、人生の落伍者と言うしかない「まるで駄目男君」に、「社長にでもなるか?」と、半分冗談、半分励ましで言ったら、まるで駄目男君は、「社長、いいですねえ」と真顔で言うのに呆れたことがある。
彼が人生の落伍者であるのは、身の丈、身の程を知らないからだ。

若い時に、身の程をわきまえた仕事をしていれば、やがては実力もつき、自然に待遇も良くなっていく。
しかし、最初から高望みし、何もしなければ、身の丈はどんどん小さくなるだけである。
私は昔、詐欺師紛いの仕事をして、若いのに高級車に乗っていた男を知っていたが、やはり彼も、身の程を知らない収入を望んだから、そんな仕事をするようになってしまったのであり、そんな仕事では何の実力もつかないので、中年になってから全うな仕事をしようと思っても、とんでもなく困難なのである。

少なくとも8割の人間は、自分の身の丈を、実際より相当高く見誤っている。
そんな人達は、自分の容姿や好感度さえ、かなり自惚れた誤解をしているものだ。
卑屈になって、自分を肯定出来ない人も多いと聞くが、私はそんな人は、やはり、自分を高く見積もり過ぎ、周りがそれに見合った扱いをしてくれないことの不満から、そうなっているのだと思えるのだ。

そもそも、凡人というものは、全く大したものではないし、我々も、少しも特別でない凡人なのだから、大した者であるはずがない。
しかし、自分を凡人でなく、特別な者であると思い違いしている人が多過ぎるのである。
それは、高学歴であろうが、スポーツで好成績を上げた者であろうが、全く同じなのである。

そして、ソクラテスが典型なのであるが、本当に凄い人は、自分を本当に身の丈通りに・・・つまり、自分は凡人だと認識しているのである。
徳川家康も全くそうだったのだと思う。
彼は、天下取りの秘訣は「身の程を知る」であると言ったのだ。
本気で謙る者は、神が助けるので、危うさはないのだと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ニュートンとソクラテスの差

自分を高く評価し、自信を持たなければならないとも言われるが、一方、自分は取るに足らない者だという謙虚さを持たねばならないとも言われる。
どちらも、キラ星のごとき偉人達が言っているからややこしい。
持つべきものは自信か謙虚さか?
確かに、身の程知らずの法外な自信を持っている馬鹿は多いし、「自分なんて・・・」とウジウジしている卑屈な連中も沢山いる。
まあ、身の程知らずは、本当は自信なんて持ってないし、卑屈なやつは心の中は傲慢なものなのだが。
だから、あくまで、本物の自信、本物の謙虚さを問題にしなければならないが、「本当に自信がある者は謙虚である」なーんて当たり前のことを言っていてはならない。
そんなことを言うのは小賢しいだけの馬鹿だ。

ソクラテスは、権威ある巫女に、「お前が人間の中で一番賢い」と言われ、巫女に逆らうつもりはないが、そんな言を受け入れる訳にはいかないと思った。
それで、賢いと評判の人を全て訪ね、自分より賢い人がいることを証明しようと思った。
ところが、訪ねていった賢い人達は、皆、彼らが賢いと言われる訳になってる彼らの仕事について、「自分の能力でやっている」「自分は貴重な秘訣を知っている」と思っている。
しかし、ソクラテスは、自分は何も知らず、神が教えてくれるだけだと言う。
そして、ソクラテスは、「私は、自分が何も知らないことを知っているがゆえに、私が一番賢い」と結論する。
だけど、貧乏な一生を送り、あげく、老人になって死刑だ。
ちーっとも賢くない。

一方、アイザック・ニュートンは、あの感動的な言葉、「私は浜辺で遊ぶ子供に過ぎず、時々、きれいな貝や石を拾い上げたが、目の前に横たわる真理の大海には全く手をつけられなかった」を残した。
「嗚呼!美しい!!」などと騙されてはいけない。
ニュートンほど傲慢な人間はいないのだ。
だが、ニュートンは富豪で地位も高かった。
ソクラテスとは偉い違いだ。

で、やり過ぎてはならないが、皆さんはニュートンを目指して欲しい。
ニュートンは、実に執念深かった。
しかしそれは、言い換えれば、根気があるってことだ。
その根気を支えたのは熱情だ。
ニュートンは、1つの部屋に、大きな猫のために大きなドアを、小さな猫のために小さなドアを作るほどの阿呆だった。
だが、熱情と粘りを持っていたのだ。
だから、あなたもそうあれば良い。
何に熱意を持てば良いか分からないなんてことはあり得ない。
ヒントを言えば、誰だって劣等感を持っている。
それを帳消しにする目標を持てば良いのである。
それが基本ってやつじゃないのか?









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード