ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ソクラテス

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

人間性とは

結局のところ、人の運命は人間性で決まるのかもしれない。
こう言うと、「いや、人間性が低くても楽しい人生を送る者もいれば、素晴らしい人間性を持っているのに不幸な人生を送る者もいる」と言いたい人もいると思う。
しかし、たとえ、他人に関してはそのように見えても、「自分に関しては、運命は人間性次第」なのではないか。
外部から幸福そうに見える人間が本当に幸福か、不幸に見える人間が本当に不幸かは、決して分からないし、それを探求しても仕方がない。

では、どんな人間が人間性が高いのか、モデルを知りたいと思う。
世の中では、そんな(人間性の高い)人間の代表として、ガンジーやマザー・テレサを上げる人が多いと思う。
しかし、彼らが本当はどんな人間かは分からない。
ほとんどの人が、ただ何となく、ガンジーやマザー・テレサを素晴らしい人間だと思っているが、それを自分で確かめた訳ではないし、確かめたつもりでも、その根拠となる情報の正確さは全く不明だと言って良いだろう。
聖人とも言われるジッドゥ・クリシュナムルティ(1895~1986)は、ガンジーを非常に批判的に捉えている。
そして、クリシュナムルティは、「私は何も信じない」と言うが、それが正しい態度なのかもしれない。

聖書に登場する聖人達・・・モーセ、ヨシュア、ダビデ王、ソロモン王、洗礼のヨハネ、そして、イエス・キリストはどうか?
聖書に記述されている通りなら、非常に素晴らしい人達だと思う。
では、彼らはいったいどこが素晴らしいのだろう?
それは、自分の意思より神の意思を優先したことで、神の前では、「自分が全くない」「自分が空っぽ」であるところだ。
このことを上手く言い表した言葉がある。

人々が作家としての私をちやほやするのは、さっぱり理解できない。
私は単に、水を流して撒く庭のホースに過ぎないのに。
ーージョイス・キャロル・オーツーーー
※『とんでもなく全開になれば、すべてはうまくいく』(トーシャ・シルバー著)より引用

もし、このオーツが、人々にちやほやされて、「自分が優秀だから高く評価される作家になれたのだ」と思えば、もう水は出て来ないかもしれない。
しかし、普段はそう(自分が偉いから良い作品が書ける)思っていても、執筆中は自分が書いているという意思を失くし、己を虚しくして書いている偉大な作家もいる。
いや、ほとんどの偉大な作家がそうなのだ。
ただし、あまりにその度合いが大きく、執筆中にすら「偉い自分が書いている」という意識が出てくれば、すぐに駄目になるだろう。
そんなことを最も理解していたのはソクラテスだった。
いかなる職業でも、その職業において優れた人間というのは、仕事中は、オーツが言うところのホースになっているのである。
ソクラテスは、巫女に「あなたは人類の中で最も知恵がある」と言われた。
しかし、ソクラテスは、「そんなことがあるはずがない」と思った。
だが、やがて彼は、巫女の言う通りだと確信した。
なぜなら、自分は何も知らないことを知っているからで、そのような人間が他にいなかったからである。

自分を虚しくするため、般若心経や大祓祝詞を延々と上げた人もいる。
黒住宗忠も、一月に1万回、大祓祝詞を上げたというから、起きている時間全てでそれをやっていたとしても足りないと思うほどだ。
だが、それで宗忠は、あらゆる奇跡を起こすようになったし、伝説による限りは、彼は、自分というものが全くなかった。
宗忠は、おいはぎに「十両出せ」と言われたら、「今、五両しかない。残りは明日必ず」と言って、その必然性は全くないのに、ただ約束したという理由だけで、翌日、本当に五両を用立てて、そのおいはぎに渡した。
そのおいはぎは宗忠の門下に入った。
念仏者の因幡の源左(いなばのげんざ)は、自分の畑の芋が掘り返されて盗まれると、その後は、畑に鍬を置いておいた。
「手で掘って怪我をしてはいけないから」という理由である。

私は、大したことは出来ないが、気が付く度に、阿弥陀如来真言「オン・アミリタ・テイセイ・カラウン」を心で唱えている。
敬愛する中岡俊哉さんの『守護霊占運学』に、干支の守護仏の真言を唱えるよう書かれているからである。








自分を知る

IQ(知能指数)テストを行ってくれる病院・クリニックは多いらしい。
IQテストを受けることに興味がある人というのは、IQが高い傾向があると思う。
IQは、頭の良さのごく一面ではあるらしいが、そのことを認識した上で、客観的な値を確認しておくのも良いかもしれない。
それに、私の考えでは、IQは固定されたものではなく、少なくともある程度は向上させることが可能で、L.ロン.ハバードの『ダイアネティックス』に書かれているように、誰もが本来の頭脳の能力は高く、その力を目覚めさせることが出来れば、IQは「打ち上げ花火のごとく」向上するのではないかと思う。
とはいえ、個人的には『ダイアネティックス』療法はお薦めしない。理由は、単に、「面倒である」からだ。
私は、能力の開発自体は、もっと単純な方法で行えると思っている。
面倒なやり方だと、どうしても金儲けに利用される。
ただし、『ダイアネティックス』など、ハバードの著作は面白かった。

他にも、自分について、なかなか知ることが出来ないことを知る方法がある。
例えば、あなたは、自分の脳のMRI(核磁気共鳴画像法)画像を見たことがあるだろうか?
この画像を見ただけでも、脳の性能や性質がかなり分かるらしい。
こんな話がある。
TEDで講演したこともある、神経科学者のジェームス・ファロンは、ある時、1枚の脳のMRI画像を見て愕然とした。
ひどい画像だった。
それは、凶悪殺人犯の脳の特徴を明瞭に現わしていた。
ファロン博士は、この気の毒な脳の持ち主を電算室に問い合わせた。
しかし、返事を受け取ると、電算室に対し、もっとしっかり仕事をするよう激を飛ばし、再度、解答を要求した。
しかし、電算室の担当者は、ファロン博士にこう言うしかなかった。
「ファロン博士。その脳のMRI画像は、ジェームズ・ファロン博士、あなたのものに間違いありません」
ファロン博士は、自分がサイコパス(共感能力の欠如により良心を持たない人間)であることを認識し、自分に対する研究成果を基に著書『サイコパス・インサイド』を書き、TEDでも講演した。
確かに、その本を読むと、ファロンが、IQの高い優秀で、かつ、エネルギッシュな人間ではあっても、いかに人でなしの超欠陥人間であるかが、はっきり分かるのである。

私は、10年以上前に、自分の脳のMRI画像を撮影し、見せてもらったことがある。
医者は、実にきれいな脳だと褒めてくれた。
そりゃバラ色だからね(笑)。
しかし、私は、自分が性質的にはサイコパス的なところも多いことは自覚しているので、医者も営業トークをしただけかもしれない。

いろんな意味で、自分を知ることは大切である。
例えば、ある人は、他人を傷付けるに決まっている言葉を平気で言うのだが、本人はそれを自覚していなかった。
その人の両親が、言うべきでないことを無神経に言う人で、それが当たり前になってしまったようである。
このような、治すべきことは、早くに発見して治しておかないと、人生で多大な損失を招くかもしれない。
実際、自覚しない悪癖で人生を棒に振る人は少なくないと思う。
逆に、自分の美点に気付かず、それを生かせば、かなり成功出来た可能性があるのに、それをしなかった「勿体ない」人も多いのだと思う。
そんな意味でも、気心の知れた、何でも言ってくれる友人がいることは、やはり、良いことなのだ。

ギリシャのデルフォイ島のアポロン神殿の扉には、「自分自身を知りなさい」と書かれているらしい(なんで「汝自身を知れ」なんて難しい訳し方をするのだろう)。
だが、そう書かれていても、自分を知ることが出来る人は滅多にいない。
だが、ソクラテスは、それが出来た数少ない人間で、それゆえ、彼は人類で最も知恵のある者になった。
彼は何を知ったのか?
それは、「私は何も知らない」ということである。
なるほど、彼は最高の知恵者だ。
ただし、言っておくが、「私は何も知らない」と言うだけでは駄目である。
本当に知っていなければ。
それなら、彼の弟子のプラトンが書いた『ソクラテスの弁明』を読むと良い(ソクラテス自身は著書を残していない)。
それで、「ああ、私は何も知らない」「私は何も出来ない」と分かれば、知恵に目覚めたことになる。
彼は、貧乏で悪妻に苦しめられ、挙句、死刑になったが、だからといって不幸だった訳ではない。
おそらく、世俗的な意味の幸福など、得ようと思えば得られたと思う。
しかし、彼の目的はあくまで知恵だったので、あの環境が良かったのであると思う。








自分で自分を教育する

我々は皆、自分で自分を教育し直さないといけない。
学校で、致命的なまでに悲惨で歪んだ教育をされたからだ。
小学校に行っていたなら例外なくそうで、中学、高校と行くたびに悪くなり、その後も同じだ。
教育とは偏見の別名だと言った著名な教育者がいたが、それでは学校教育の恐ろしさを表現出来ていない。
自分の中から学校教育を全力で消さなければならず、それに代わる、少しはマシな教育を自分に対し行わないといけない。

良い教育とは、観察と体験であり、自然と人間の営みを観察しなければならない。
そのために参考になる本を読むのは良いことだが、あまり本に頼ってはいけない。
まして、著者の主張めいたことが書かれていれば、それは偏見である場合がほとんどなので、著者の自我が現れた本には注意しなければならない。
著者が、必要もなく個人的体験を書き連ねていたら、嫌な感じがするはずだから、その感覚に気をつけなくてはならない。
もちろん、他者の体験が必要なこともあるが、もし、それを本から学ぶ場合は、感情を込めず淡々と書かれたものか、自分以外の者を観察した記録として書かれたものを読むと良いだろう。

自己主張が人間を愚かにすることを、本当なら小学生の時に知っておくべきだが、これに関し、学校では2重の意味で悪い教育をされた。
1つは作り物の主張を自分の主張だと思い込まされたこと。
もう1つは、その作りものの自己主張をすることが称賛されたことだ。
これは、専制国家を観察すれば分かるはずのことであるが、そもそも、自分が専制国家と何ら変わらない教育をされているのだから、他の専制国家の思想教育を見ても、単に、自分と異なる主張を持っている程度にしか感じないだろう。
『老子』や『ソクラテスの弁明』の何が良いかというと、彼らは、自分が愚かだと明確に表明していることだ。
それにより、老子やソクラテスに劣る自分が、いかに愚かか気付けるはずなのである。
「ソクラテスは馬鹿だ」と言うのは、ある意味正しい。
ところが、自分はもっと馬鹿だと気付けないなら、救いようがない馬鹿なのである。

本来、いろんな年齢、いろんな職業、いろんな人種の人達と交流するコミュニティーに参加する必要がある。
そうすれば、自分が賢いなどという、これほど馬鹿げたことはないというほどの愚かさを持たずに済む。
だが、今の学校では試験の成績が良いことで自分は賢いと思う愚か者だらけなのである。これを傲慢な馬鹿と言う。
逆に、試験の成績が悪い者が、それが理由で自分を愚かだと見なせば卑屈という馬鹿になる。
傲慢も卑屈も、共に悪いのは、いずれも、低いレベルから全く進歩出来ないからである。
だが、謙虚であれば、とりあえずはコミュニティーに参加出来なくても嘆かなくていい。そして、謙虚であるためには、敬うことだ。
人間にとって、敬うことほど大切なことはそうはない。
よく、偽物の教育者が「感謝する心を持て」などと言うが、感謝する心は無理やり持てるものではない。
そんな教育下では、試験の点が良い者、スポーツで好成績を上げる者を敬う愚か者だらけなのである。
敬うべきは自然であり、自然に則って生きている(それが自然を敬うということなのだが)者を敬うことである。

もし、イエスや釈迦が偉大だとすれば、彼らは自然だから偉大なのである。
イエスに「第一の教えは何か?」と問うたら「神を愛すること」と答えたらしい。
それは、神が大自然そのものであるからだ。
ちょっと難しく言うなら、神は自然の全潜在力と言っても良いかもしれない。
自然の全潜在力がイエスの味方であったように、イエスのようであれば、自然の全潜在力、即ち、神、即ち、宇宙はあなたに味方する。
それにはどうすれば良いかというと、自分(自我)を、神、即ち、宇宙大自然より下に置く謙虚さを持つことで、これが教育の目的である。
それを、神を愛するとか、崇めるとか言うのである。
これを、呪文として言えば、例えば、「神の他には何もない」となる。
正しい呪文を常に唱えていれば、自然の全潜在力が味方するのだから、奇跡だって起こる。
初心者としては、「神様の奇跡が起こる」と唱えるのも良いだろう。
自然の全潜在力は、邪魔をしなければ、安心、大丈夫になるのだから、「大丈夫」「心配ない」「なんとかなる」と唱えても良い。
そんな唱え言葉で、詰め込まれたゴミのような教育を洗い流すと良いだろう。








一番賢い人

不思議なこと、神秘的なことが好きな人のことを、否定的な意味で「夢想家」「神秘家」「オカルティスト」「現実逃避」等と言って蔑む人が多い。
だが、ある程度は、不思議なことが好きでないといけない。
なぜなら、宇宙は、不思議なことに満ちているからだ。

度の過ぎた不思議好き、神秘好きで、現実を見ないという人がいるという話がある。
だが、「現実を見ない」というのは、実は、不思議好き、神秘好きとはあまり関係がない。
不思議なことを話す者を馬鹿にしている学生には、毎日の食事が魔法のような力で出てくる・・・つまり、親が苦労してお金を稼いでいたり、食べ物の材料を誰かが収穫、生産し、そして、誰かが運んでいる・・・等ということを全く考えたことがないという者も多い。
上皇陛下、上皇后陛下が、子供の時の天皇陛下きょうだいを育てられる時、「毎日の食事が魔法で出てくるのだと思わせないよう配慮した」という話を聞いたことがあるが、普通の家庭の方が、よほど、そんなことを考えていないのだと思う。

この世が神秘に満ちていると言ったら、
「それは科学が未熟なためで、いずれは、全てを合理的に説明出来るようになる」
と言う者もいるが、それは傲慢というものかもしれない。
『ミクロの決死圏』というSF映画で、モノをミクロサイズに縮小する技術で小さくなって、人間の身体の中に入り込んだ科学者達がミクロレベルでの生体活動を見て、ある科学者は「神の存在証明だ」と言うが、別の科学者は「偶然の進化」と言う。
どっちの考えを支持するとしても、浅はかであってはならない。

2400年前の荘子が、人間の知性などたかが知れていると言ったが、賢くなればなるほど、そう思うものではないだろうか?
学校の試験の成績が良いことで自分が賢いと思うことは、実は馬鹿なことだと教えてもらえない世の中であることが、無駄な不幸や問題を起こしているのではないだろうか?
最も賢い者は、ソクラテスのように、「私は、自分が何も知らないということだけを知っている」と考えているかもしれない。

人間の中には万能の力があり、信じたことは実現する。
人間の知性の範囲で考えれば、これは愚かな考えである。
だが、自分を超えた存在があると思うことが出来るなら、希望を見出し、人生は生きるに値するものになるかもしれない。
もし、知性にとって神秘に感じるものがないとしたら、ある芸術家が言ったように、人生など下男にやらせておけば良いのであるが、その下男も真理を知れば、そして必要があれば、下男をやめることが出来る。

だが、それでも、人間の知性で全てを説明出来る、あるいは、説明出来るようになると信じる者がいるなら、それはそれで尊重する。
知性で一応の説明が出来ることも多い。
だが、当たり前の現象の背後にも、やはり、人間の理解を超えたものが存在する。
そして、なまじ感性が鋭く、知性があるために、解るはずがないことを解ろうとして悩む者もいる。
解らないことを、うまく留保することも知恵である。
解らないからといって否定すれば、解らなくても使えるはずの神秘の力を拒否することになる。
実際のところ、我々は、自分の手をどうやって動かしているかについても、ほんの少しのことしか知らない。
まして、奇跡のような大きな力のことは、ほとんど理解出来ない。
宇宙がどのように出来たか、少しは解っているかもしれないが、全体としては、全く解っていないに等しい。
だが、宇宙を創造した力が手を貸してくれるという好意を断わる必要もあるまい。








偉大な国、偉大な人間が持っているもの

アメリカ合衆国は、唯一の超大国として、今日まで生き残っている。
かつての超大国ソビエト連邦は崩壊し、現在のロシア連邦として再構成されたが、ロシアのGDP(国民総生産)は世界11位でカナダ、韓国並。1人当たりGDPでは、日本も悲惨なもの(25位)だが、ロシアは65位で、これは中国やメキシコ並で、途上国と競うレベルだ。
中国は全体としては超大国と言えるかもしれないが、上の1人当たりGDPを見ても分かる通り、貧富の差が激しく、早い話が国民の大半は幸福とは言えない。

なぜ、アメリカがこれほど偉大な国であるのかというと、アメリカ合衆国憲法の力と言えるのだと思う。
アメリカ合衆国憲法は、1787年9月17日に作成され、1788年に発効している。
アメリカ建国者達が、将来ずっと、アメリカが発展し、子孫が幸福であることだけを願って、知恵を絞り、最大のエネルギーを費やして作ったのが、このアメリカ合衆国憲法だ。
その前文は感動的であるので、Wikipediaから和訳を引用する。

われら合衆国の人民は、より完全な連邦を形成し、正義を樹立し、国内の平穏を保障し、共同の防衛に備え、一般の福祉を増進し、われらとわれらの子孫のうえに自由のもたらす恵沢を確保する目的をもって、アメリカ合衆国のために、この憲法を制定する。

スーパーマンは自由と正義のために戦うが、まさにそれが、アメリカ合衆国憲法の精神なのである。
これと共に、アメリカの公式モットー、「IN GOG WE TRUST(我々は神を信じる)」が、アメリカに超自然的な加護をもたらしたように思う。
だが、今や、アメリカの権力者達は、アメリカ合衆国憲法を踏みにじり、神への崇拝を巣て拝金主義に成り下がり、アメリカは危機的状況にある。
トランプ大統領は、「私の最大の責務は合衆国憲法を護ること」と言ったが、他の多くの政治家はそうではないのである。
だが、軍のトップは、誰に従うかと聞かれ、「憲法に従う」と述べたのであり、アメリカ軍はまだ生きている。
アメリカ合衆国憲法が存続出来るか、それとも、捨てられるか、そして、アメリカが神を崇拝する国か、神を捨てた国になるかが、次の6日の上院下院合同会議で決まるかもしれないのである。

ところで、人間が個人で、優れた憲法のような格率(かくりつ。行動規則)を持てば、その者は、他に抜きん出た偉大な人間になれるかもしれない。
フランスの哲学者ルネ・デカルトにとっては、自ら作った『方法序説』がそれ(自己の格率)で、これは6章から構成され、序文のデカルト自身の弁によれば、「12歳の子供でも理解出来る」ものである。
プラトンの『ソクラテスの弁明』を読めば、ソクラテスも、シンプルで特別な格率を持っていたと思われるのである。
空手家の大山倍達氏は、中学生の時に、パスカルの『パンセ』を熟読し、それによって、自分なりの格率を持っていたから、世界的な空手組織を作るまでになれたのだと思う。
偉大な人間は、やはり、何か具体的な格率があると言って間違いない。
その上で、やはり皆、様々な形ではあるが、強い信仰を持っているのである。
格率は、一般的には、「自己の哲学」とも言えるが、自分に合った、そして、現実的には、あまり難しくないものが良いに違いない。
そして、それを持つ者のみが偉大になれるのではないか、あるいは、成功するのではないかと思うのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ



タグクラウド
QRコード
QRコード