ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ソクラテス

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

超大物を跪かせる少女

経験豊かな人間とか、生きた知識が多い物知りな人がいる。
一方、冒険的行動が少なければ、経験や生きた知識は少ない。
現代は、40代、50代以上でも、ほとんど就労したことがない引きこもりや、働いているとしても1つの会社にずっと勤めていて世間が狭い者が多いが、そんな者達も、経験や生きた知識が少ない。
当然だが、試験の点を取るためだけの知識が多い者は、本当に大切なことは何も知らない。

ところで、いかに経験豊かな者でも、全く未経験で見当もつかないことや、いかに物知りでも、全く知らずに恥をかくことはいくらでもある。
事業で大きな実績がある人は、経験や生きた知識が大きく、そういった人間的な厚みの点でも、人々から称賛され、畏敬の目で見られることもあるが、1人の人間が経験出来ることや、知ることが出来ることは、たかが知れている。
世界一級のビジネスマンや軍人、革命家も、ニートの引きこもりと大した違いはない。
老子、荘子の老荘思想(「タオイズム」と言うこともある)では、そのように考えるのだと思う。
『荘子』には、「生まれてすぐ死ぬ赤ん坊も、800歳生きたと言われる彭祖(ほうそ)という伝説の人物も同じである」とあり、さらに、「一本の指もまた天下である」と記されている。

『愛と誠』という古い漫画で、こんな興味深い場面があった。
座王与平(ざおうよへい)は、実業界も政界もヤクザ社会も影から操る超大物である。
また、与平は、若い時は、中国大陸で馬賊を率いていたと言い、拳銃を撃てば今でも百発百中の腕前という、どこまでも凄い人物で、貫禄も半端ではない。
ところが、与平は、なぜか、主人公の、高校1年生である早乙女愛に対し、まるで冴えないオッサンか、シャイでダサい大学生のように低姿勢で接する。
愛の父親も相当な大物であるが、与平は全く各違いと言えるほど上で、愛の父親に対しては与平は完全に見下した態度で接し、逆に、愛の父親は与平に対し、王様に対する家臣のようにビクビクしながら接していた。
それなのに、与平は、愛に対してはだらしないほど「負けている」。確かに愛は超がつく美少女であるが、別に、与平が若い子好みの好きものというわけでもない。
与平が愛に対し、慇懃(いんぎん。丁寧で礼儀正しい)である理由の1つは、与平の亡くなった内縁の妻が愛に似ている(ただし、目だけ。愛とは月とスッポンというほど大して美人でなかったと与平は言う)ことだが、それだけではあるまい。
愛に、年齢や経験を超えた深いものがあるからだ。
それで思うのだが、与平とて、自分が何でも知っていると己惚れているのではない。むしろ、自分はほとんど何も知らないと思ってるに違いない。だからこそ、超大物なのだ。

つまり、いかに経験豊かで知識が豊富であるとしても、「俺に分からないことはない」と思っているなら、大したことはないのである。
大事業家になれば、周りが持ち上げるので、ついつい己惚れてしまって、「世界には自分に分からないことが沢山ある」ことを忘れ、ただのモウロク爺さんになることが多いのはそのためである。
逆に、経験や知識が少なくても、自分が無知であることを本当に自覚していれば、若くても大物である。
それに対し、若い人で、天才的な能力があっても、(特に外見も良い場合にそうなるが)もてはやされてしまい、それで己惚れてしまえば、見苦しい雑魚に過ぎないだろう。
ソクラテスは「私が知っている唯一のことは、私が何も知らないということだ」と言ったらしいが、自然にそう思うなら、いかなる相手も恐れないだろう。
ここまでは指摘する者は多いが、では、どうすれば、そうなれるかを単純に言う者は少ない。
その方法は、ナーマスマラナ(神仏の名を心で唱えること。純粋な念仏もその1つ)である。
もし、早乙女愛のような者がいるとしたら、その者は、人間を超えた存在を感じているはずである。
それを無意識に行えるほどであれば、天使や菩薩のようなものであり、小説や漫画であれば、そのような人物を描くことも出来るが、実際には、ナーマスマラナを行うより他、そのようになるのは難しい。
ナーマスマラナは、ナーマ(名前)をスマラナ(心で唱える)というように、必ず、心の中で唱えなければならない。それも、丁寧に数多く。
声に出して唱えると、宗教に巻き込まれる恐れがあるし、他者の存在や反応により、成果が少ないか、逆に、負の影響を受けかねない。
心の中は宮殿のようなものだ。そこに静かに引きこもって、敬虔に神仏の名を唱えれば、神仏と親しく交わり、融合して一体となるのである。
「神と和らぎなさい。そうすれば平安を得るだろう」(旧約聖書、ヨブ記より)。








洗脳を解くとはこういうこと

信者を騙して大金を得るといった詐欺罪で逮捕された宗教家の中には、実は、罪がないばかりか、本当に偉大な人物もいたかもしれない。
逆に、今、多くの信者に尊敬されている宗教団体の教祖や聖者と言われている人だって、ひょっとしたら、詐欺師として逮捕されていたかもしれない。
そもそも、イエス・キリストや、宗教家ではないが哲学者のソクラテスだって、思想的な罪で死刑になっているのである。
そして、福音書や『ソクラテスの弁明』を見る限り、当時の裁判は民主的だったと思えるのだ。
もちろん、イエスを敵視し、イエスを犯罪者として排除したがった者はいたはずだが、それでも、一応は、イエスが罪人であるという証拠をちゃんと探したし、イエスに判決を下す権限を持っていた、ローマから派遣された総督ピラトは、イエスを死刑にしろと訴える民衆に対し、「イエスが罪人だという証拠はない」として、とりあえず、不敬罪みたいなもので鞭打ちで終わらせようとしたのだ。
ソクラテスについては、当時のギリシアは民主国家で、『ソクラテスの弁明』にある通り、ソクラテスにも十分な弁明の機会が与えられ、実は、ソクラテスの言い方次第では、死刑にまでなることはなかったはずである。

さすがに、オウムのように、凶悪な犯罪を起こしたものには罪を認めざるを得ないが、それでも、私個人は直接には何も知らないのだから、実際は、それほどの確信は持っていないのだ。
私が行った自己啓発セミナーとか、購入した自己開発教材だって、セミナーや教材の問題ではなく、セミナー実施者などが(もしいればだが)闇の支配者の怒りでも買えば、逮捕でも何でも、どうにでも出来るのだと思う。
要は、名が通ってくれば、そのあたり、うまくやらないといけない。
別に、長い物には巻かれろとか、権力者に逆らうなというのではないが、玉砕して終わりというのは、やはり賢明とは言えないのである。

昨年のアメリカの大統領選挙は、個人的には、実際はトランプが圧勝していたが、民主党の不正でバイデンが当選したのだと思っている。
まあ、そう思っている人は、実は非常に沢山いるし、そんな人の中には、トランプは軍隊を使って、戒厳令なり反乱法なりで、選挙結果をひっくり返すべきだったとか、1月6日に行われた、 アメリカ大統領選の投票結果を認定する連邦議会上下両院合同会議で、議長であったペンス副大統領が、バイデンの当選を破棄すれば良かったと思っている人も少なくないと思う。
しかし、結果として、今の状況の方が、アメリカや、日本も含めた世界にとって良くはなかったかと思う。
バイデンがドミニオンパワーで大統領になった(笑…う理由が分かる人だけ笑って)からといって、トランプが宇宙人パワーで大統領に復帰するなんてのではなく、トランプ陣営が地道な戦いをすることで、我々一般人は、アメリカの政治やメディアやテクノロジーの陰の部分を知ることが出来た・・・つまり、私のような凡民が少しは賢くなったのだから、悪いことではないし、何より、時間を巻き戻すことは出来ないのだから、今現在の状況で戦うしかないのである。そして、宇宙人はいない(仮にいたとしても、いないとして行動しなければならない)。

実は、私は今、昔、逮捕された、ある宗教家の本を読んでいるが、この内容が実に良いのである。
まあ、誰の本かは言わないが(笑。関英男博士も推薦文を書いていた)。
ただ、その本の全部が全部良いというのではなく、良い部分があるということで、逮捕され、宗教家人生を終わらせたことには、確かに、彼のミスや欠点もあったと思うのだ。
岡本太郎が、よく、
「認められなくていい、いや、認められてたまるか」
「嫌われてもいい、いや、嫌われないといけない」
と言っていたが、美しい言葉であると思う。
それで、ある意味、逮捕もされない宗教家は、あまり大したことはないのでは・・・などという不遜なことを少し考えたのである。少しだがね(笑)。
今のところ、私は、ヒトラーの『わが闘争』から学ぼうという気はないが、角川春樹氏のようにヒトラーを崇拝する大事業家もいるのだから、それも可能なのかもしれない。だが、幸い、他に学ぶべきことがあるだろう。

私は普段、学校やマスコミの洗脳を捨てられれば良いと述べているが、それは、上に書いたようなことが必要なのであると思う。








天下は遠い

「馬鹿と言う者が馬鹿」という言葉は誰でも知っているのではないかと思うが、この言葉はおそらく真実だ。
そして、他人を馬鹿だと思うことが多いほど、馬鹿さ加減も大きいに違いない。
こんなテレビ番組を見た覚えがある。
番組の演出っぽい感じもあったが、一流と言われる中学校の生徒達が、賢そうに世間の大人達を馬鹿にする様子が放送されていたが、それが彼らの思考傾向であるような雰囲気が感じられた。
それなら、この生徒達は馬鹿なのだろう。
しかし、それを彼らに言ってやる大人がいないのかもしれない。
それどころか、大人達も、これらの生徒達は賢いのだと誤解をし、彼らを「賢い」と言うことも多いのだと思う。
だが、この生徒達は、きっと、今後、悩むことになる。
賢いはずの自分が、実際には何も出来ないからだ。
そんな悩みが大きくなった時、「お前は馬鹿だ」と言ってやれば、彼らもほっとするのである。
「ああ、やっぱりそうだったのか」ってね。
おそらく、一流中学の生徒が皆、馬鹿だというわけではない。
そんな中学校の中にだって、他人を決して馬鹿にしない賢い生徒だっているかもしれない(そう思いたい)。

こんなことを書いておいて、私が心底馬鹿だと思った人間の話を書く。
相手を馬鹿だと思うなら、自分はそれと同等以下のはずなので(でないと相手が馬鹿だと感じないらしい)、確かにそうなのだろうし、最近は、ほんのちょっとだが自覚するようになった(笑)。
それは、私が珍しく、会社の社員旅行なんてものに参加した時のことだ。
本当に何の気紛れだったのか、今も謎だ(笑)。
ホテルの大部屋に5~6人が割り当てられていたと思う。
そのホテルに到着し、皆で少し休憩していた。
1人の30代の男性が、部屋に用意されていた、お湯の沸いた電気ポット、急須(和風ティーポット)でお茶を入れ始めた。
彼は、急須に、本当にギリギリいっぱいまでお湯を注いだ。
進んで皆にお茶を入れてあげようというのだから、殊勝だと思いこそすれ、ケチをつけるわけにはいかないが、「数回に分けて入れろよ」と思ってしまう。
そして、湯飲みにお茶を入れるが、最初の大きな湯飲みに、これまた、本当にギリギリいっぱいまでお茶を入れる。
「いや、そんなにいっぱいに入れたら、運ぶの大変だし、そのビッグな湯飲みいっぱいのお茶じゃ多過ぎるし・・・」と心で思ったが、まあ、放っておいた。
ところが、彼は、そのいっぱいにお茶を入れた湯飲みを掴むと、それを飲み始めた。
ごくごくと、あっという間に全部飲み干す。
空になった湯飲みに、急須に残ったお茶を入れると、再度、湯飲みはいっぱいになった。
彼は、そのお茶を再度、自分でごくごくと飲み、あっけなく飲み干す。
私はもう、蟻が歩いているのを見るように、ただ傍観するしかなかった。
それで、彼が再度、ポットから急須に、ぎりぎりいっぱいまでお湯を注ぎ、そして、そのお茶を湯飲みをまたいっぱいに入れ、それをやはり自分で飲み始めたのも、務めて平然と見ていた。
三杯目を飲んだ後、彼は私に、渋く微笑みながら「僕、お茶好きなんです!」と言った。
その会社は、全員が大卒で、しかも、ほとんどが、そこそこ以上の偏差値の大学や大学院の卒業生ばかりだから、彼も学歴は悪くないと思う。
まあ、学歴が高いほど馬鹿だと言う論もありそうな気がするが。

ところで、その時、周囲に人が沢山いたのだが、他の者は誰も、彼の行動を不審に思っていない様子だった。
ところが、私を彼を、心底馬鹿にしている。
つまり、彼レベルの馬鹿は私だけということになる。
これは、ほんの少しショックである(笑)。
しかし、私はもっと馬鹿なのだという閃きは与えてくれたかもしれないのだから、彼には感謝しなくてはならない。
これこそが、ソクラテスも座右の銘とした、ギリシャのデルフォイ島のアポロン神殿の入り口に書かれているという、「グノーティ・サウトン」・・・「汝自身を知れ」「身の程を知れ」ということなのだろうと思う。
伝説によれば、徳川家康は、天下取りの秘訣を問われたら、短い方は「上を見るな」で、長い方は「身の程を知れ」だと言ったらしい。
しかし、その天下のアドバイスは、聞いた者には役に立たなかったのだろう。
家康は、自分が馬鹿だということを心底、思い知っていたという証拠がある。
だから天下を取れたのだろう。
だが、私には天下は遠そうだ。








超科学の活用法

ラジオニクスというのは、身体波動を調整することで治療を行う装置であるが、科学的には、そのようなものは存在しない。
しかし、逆にいえば、いかなるものでもラジオニクスになり得る。
つまり、空っぽの小さな箱を「身体波動を調整して治療を行う装置だ」と言って、患者の身体に当てれば、プラシーボ効果によって病気が治ってしまうということもあり得る。
プラシーボとは偽薬という意味で、「砂糖の塊でも、薬だと思って飲めば効く」という、思い込み効果を起こす物とか、その効果自体を指す。
しかし、思い込み効果を軽視すべきではない。
人間の心は世界を丸ごと生み出すほどの力を持つとも考えられ、思い込むことさえ出来ればほとんど不可能はない。
多くの宗教的奇跡は、思い込みの魔術・・・信念の魔術によって起こされたものと考えて良い。
1954年に出版され、今も世界中で読み続けられている、クラウド・ブリストルの『信念の魔術』に書かれている通り、人間の信念は現実的な力であり、しかも、いかなる力よりも大きいかもしれない。
ただし、従来は、信念の力の使い方が古く、意図的に使おうとしても、失敗することが多かった。
人間は、宗教的な、あるいは、ラジオニクス的な雰囲気とか気分といったものが大切なのである。

デタラメであっても、素晴らしい雰囲気のある機器を「超高度な」「宇宙人からもらった」身体の波動を調整する装置だと言い、患者にそれを信じさせれば、病気が治る可能性がある。
あるいは、ただのボロ布を、「キリストの服の一部」だと信じさせれば、信仰深い人であれば、病気治癒をはじめ、あらゆることで偉大な効果を起こすことがあるだろう。
それなら、「迷信だ」「妄想だ」「似非(えせ)科学だ」などと言わず、有効に活用すれば良い。

アリストテレスやソクラテスといった古代の賢者の霊と交信するという人がいて、たとえそれが、その者の思い込みであるとしても、それにより、賢者に相応しい知恵が出れば良いのである。
そのソクラテスは、いかなる人間であっても、優れた能力は、人間の内部の神秘的な存在(霊)から来ると考えていたが、おそらく、その通りなのだろう。
その力をうまく発揮出来れば良いのである。
また、信念の効果は、ただの思い込みだけでなく、脳科学や量子力学から、いくらか、あるいは、ほとんど説明出来ると考える者もいる。
もっと自信を持って、ラジオニクスのようなものを活用すれば良い。
それこそ、妄想や妄信に陥らないよう気を付ければ。

具体的にどうやるか、その方法は無限であり、自分が好きなようにやれば良い。
例えば、頭の中で、何か神秘な物体を想像し、それは現実であり、それは無限の英知を持つと考える。
その物体の姿は、好みに合えば、映画の『2001年宇宙の旅』で、人類の祖先の類人猿達の前に現れた巨大なモニュメントのように想像しても良いだろう。
手塚治虫さんの『火の鳥・未来編』や、横山光輝さんの『バビル二世』のような古い漫画にも、人間を超える知能を持つコンピューターが雰囲気たっぷりに描かれ、当時の子供達や若い人達の想像力を刺激したが、そんな子供達の中には、宇宙人的な発想を起こした人だっていたと思うのである。
人間は想像力豊かであり、情緒的な存在である。
ある意味、子供を「その気」にさせるのが教育である、その悪い方向付けを「洗脳」と言うのだが、良い方向であれば、モチベーションとかエンスージアズムなどと言われる。
まあ、何を持って、良い動機付けか悪い動機付けかと区別するのは難しいところであるが、その子と世界を幸福な方向に導くことを良い動機付けとでも言うしかない。
そして、自分で自分を動機付けることも出来る。
外国語でも、コンピュータープログラムでも、うまくマスター出来る者とそうでない者がいるが、それは、頭の良し悪しや方法の良い悪いよりも、熱意の問題であることが多く、熱意は動機付けや思い込みといった、いわば曖昧な要因から起こるのである。
いわゆる「その気になる」かどうかである。
それなら、変な副作用さえ起こさないなら、あらゆる手を使って、まずは自分をその気にさせれば良い。
「この絵を見れば痩せるのだ」と説得力を持って「言いくるめることが出来れば」どんな絵であろうが、見れば確実に痩せる。
同じように、頭の中で、宇宙人が作った超高度なコンピューターと、あらゆる現象を生成出来る波動発生装置(光る球体などが良いと思う)を想像し、情緒的に、それが実際の力を持つと感じれば、それが驚くべき効果を発揮しても、少しも驚くに値しない。
それに、こんなことは楽しいと思う。
ただし、現代の教育やマスコミによって、想像力を破壊されてしまっている者も多く、そのような者は、まず、固定観念を捨て、頭を柔らかくする必要がある。
固定観念を捨てることが、秘められた能力を発揮する鍵であることはよく指摘されている。
自分の、そして、世界の幸福のために、学校やマスコミに叩き込まれた、余計な固定観念、偏見、制限を取り払うことを虎視眈々(虎が獲物を狙うような感じ)と行うと良いだろう。








人間性とは

結局のところ、人の運命は人間性で決まるのかもしれない。
こう言うと、「いや、人間性が低くても楽しい人生を送る者もいれば、素晴らしい人間性を持っているのに不幸な人生を送る者もいる」と言いたい人もいると思う。
しかし、たとえ、他人に関してはそのように見えても、「自分に関しては、運命は人間性次第」なのではないか。
外部から幸福そうに見える人間が本当に幸福か、不幸に見える人間が本当に不幸かは、決して分からないし、それを探求しても仕方がない。

では、どんな人間が人間性が高いのか、モデルを知りたいと思う。
世の中では、そんな(人間性の高い)人間の代表として、ガンジーやマザー・テレサを上げる人が多いと思う。
しかし、彼らが本当はどんな人間かは分からない。
ほとんどの人が、ただ何となく、ガンジーやマザー・テレサを素晴らしい人間だと思っているが、それを自分で確かめた訳ではないし、確かめたつもりでも、その根拠となる情報の正確さは全く不明だと言って良いだろう。
聖人とも言われるジッドゥ・クリシュナムルティ(1895~1986)は、ガンジーを非常に批判的に捉えている。
そして、クリシュナムルティは、「私は何も信じない」と言うが、それが正しい態度なのかもしれない。

聖書に登場する聖人達・・・モーセ、ヨシュア、ダビデ王、ソロモン王、洗礼のヨハネ、そして、イエス・キリストはどうか?
聖書に記述されている通りなら、非常に素晴らしい人達だと思う。
では、彼らはいったいどこが素晴らしいのだろう?
それは、自分の意思より神の意思を優先したことで、神の前では、「自分が全くない」「自分が空っぽ」であるところだ。
このことを上手く言い表した言葉がある。

人々が作家としての私をちやほやするのは、さっぱり理解できない。
私は単に、水を流して撒く庭のホースに過ぎないのに。
ーージョイス・キャロル・オーツーーー
※『とんでもなく全開になれば、すべてはうまくいく』(トーシャ・シルバー著)より引用

もし、このオーツが、人々にちやほやされて、「自分が優秀だから高く評価される作家になれたのだ」と思えば、もう水は出て来ないかもしれない。
しかし、普段はそう(自分が偉いから良い作品が書ける)思っていても、執筆中は自分が書いているという意思を失くし、己を虚しくして書いている偉大な作家もいる。
いや、ほとんどの偉大な作家がそうなのだ。
ただし、あまりにその度合いが大きく、執筆中にすら「偉い自分が書いている」という意識が出てくれば、すぐに駄目になるだろう。
そんなことを最も理解していたのはソクラテスだった。
いかなる職業でも、その職業において優れた人間というのは、仕事中は、オーツが言うところのホースになっているのである。
ソクラテスは、巫女に「あなたは人類の中で最も知恵がある」と言われた。
しかし、ソクラテスは、「そんなことがあるはずがない」と思った。
だが、やがて彼は、巫女の言う通りだと確信した。
なぜなら、自分は何も知らないことを知っているからで、そのような人間が他にいなかったからである。

自分を虚しくするため、般若心経や大祓祝詞を延々と上げた人もいる。
黒住宗忠も、一月に1万回、大祓祝詞を上げたというから、起きている時間全てでそれをやっていたとしても足りないと思うほどだ。
だが、それで宗忠は、あらゆる奇跡を起こすようになったし、伝説による限りは、彼は、自分というものが全くなかった。
宗忠は、おいはぎに「十両出せ」と言われたら、「今、五両しかない。残りは明日必ず」と言って、その必然性は全くないのに、ただ約束したという理由だけで、翌日、本当に五両を用立てて、そのおいはぎに渡した。
そのおいはぎは宗忠の門下に入った。
念仏者の因幡の源左(いなばのげんざ)は、自分の畑の芋が掘り返されて盗まれると、その後は、畑に鍬を置いておいた。
「手で掘って怪我をしてはいけないから」という理由である。

私は、大したことは出来ないが、気が付く度に、阿弥陀如来真言「オン・アミリタ・テイセイ・カラウン」を心で唱えている。
敬愛する中岡俊哉さんの『守護霊占運学』に、干支の守護仏の真言を唱えるよう書かれているからである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード