ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

セレンディピティ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

セレンディピティを起こす真言

「セレンディピティ」という言葉を説明しようとすると、ちょっと気後れを感じる。
難しい言葉ではないはずなのだが、この言葉について語る人は皆、どこか煮え切らない、歯切れの悪い、明晰さに欠ける・・・といった、妙にぐにゃぐにゃした言い方をする・・・ように感じる。
例えば、Wikipediaを見れば、今のところ、

素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。また、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること。平たく言うと、ふとした偶然をきっかけに、幸運をつかみ取ることである。

と、分かったような分からないようなことが書かれているし、goo辞書では、

求めずして思わぬ発見をする能力。思いがけないものの発見。運よく発見したもの。偶然の発見。

とある。
やはり、ちょっと分かり難いと思う。
また、Wikipediaに、こんな記述がある。

(セレンディピティは)「偶察力」と訳される場合もあるが、確固とした訳語は定まっていない。精神科医の中井久夫は『徴候・記憶・外傷』(みすず書房2004年)で「徴候的知」と呼んでいる。

もう勘弁して欲しい(笑)。

私は、ある時まで、「セレンディピティ」という言葉自体、知らなかった。
教えてくれたのは、ある公立大学の教授で、学部長を務めておられた工学博士だった(その数年後、学長になられた)。
その工学博士を呼び、数人のグループで勉強会みたいなものをしたのだが、その時に、その工学博士が、
「いまどき、セレンディピティを知らないようでは知識人とは言えない」
と言われた。まあ、私は知らなかったのであるが(笑)。
他の人達が、どれほど知っていたかは分からないが、物知りそうな1人のメンバーは「言葉は知っていたし、何となくは分かっていたが、はっきりとは知らなかった」と言ったが、まあ、皆、そんなところと思う。
ところが、その工学博士は、意外にも、シンプルに教えてくれた。
その人が教えてくれたセレンディピティの意味は、
「幸運な偶然を起こす力」
だった。
その後、ずっと、この定義で不足を感じたことはない。
5年程前、私は、北海道のクリプトン・フューチャー・メディア(初音ミクさんの会社)の伊藤博之社長の、神戸での講演会に行った。
その講演で、伊藤社長は、好きなことをやり続けることの大切さを説き、
「好きなことをやり続けていれば、セレンディピティが起こります」
と言われたが、おかげで、私は意味がよく分かった。
つまり、
「好きなことをやり続ければ、飛躍のきっかけとなる幸運な偶然が起こる」
あるいは、
「好きなことをやり続ければ、飛躍のきっかけとなる幸運な偶然を引き寄せる力が得られる」
のだと思う。

私は、クオン株式会社が、株式会社エイベック研究所だった時、この会社の広報誌である「Q-O-N(クオン)」の1冊(裏表紙含めて39ページ)を送ってもらったことがあるが、その回のメインは、伊藤博之社長とエイベック(現クオン)の武田隆社長の対談で、その中で、伊藤社長の物語が語られていたが、それはまさに、セレンディピティの言葉の元になった『セレンディップの三人の王子たち』にも劣らないセレンディピティの物語で、大変に面白く、そして、勉強になった。
伊藤社長は、若い時に、6畳半1間の部屋に住んでおられたが、そこには、コンピューターとシンセサイザー10台があり、Memory Moog という巨大なシンセサイザーの上に板を敷き、その上でご飯を食べていたと書かれていた。そんな感じで電子音楽を続けられ、長い年月の間にいろいろあった中で、セレンディピティが何度か起こり、ついに初音ミクさんが生まれることになったのだと思う。
この対談は、以前はダイヤモンド社のWebサイト「ダイヤモンド・オンライン」で公開されていたが、今は残念ながら公開終了しているようである。

では、セレンディピティを起こすには、好きなことをやり続ければ良いのであるが、なかなか思うようには生きられない人が多い。
だが、私がいつも言うように、たゆまず真言を唱えていれば、少なくとも、小さなセレンディピティはよく起こると思う。
セレンディピティは1つの奇跡のようなもので、真言によって、奇跡が起こる原理は度々書いたが、それならば、真言がセレンディピティを起こしても、不思議なこととは思わない。
伊藤社長のような大きな成功をするには、いろんな要因もあり、我々が必ずしも初音ミクさんのような良いものを生み出せるとは限らないが、セレンディピティを生み出すに足ることをしていれば、世の中を明るくし、自分も楽しくなれるだろう。
そして、真言以上の善はなく、たゆまず真言を唱えていれば、何か面白いことを楽に続けられる偶然に恵まれると思う。








セレンディピティで成功する鍵

今はご存じの方は少ないかもしれないが、栗山天心氏という、注目された事業家がいて、面白い本を何冊か出しておられた。
それらの本は、自己啓発本の中でも大変にユニークだった。
その栗山天心さんの本の中で、こんな話が印象に残っている。
ある男性の老人が亡くなる時、彼は孫の男性にこう言ったそうだ。
「俺のような寂しい人生を送るな」
この「寂しい」という言葉が、この孫にとっても、栗山さんにとっても、非常に感慨深かったのだろう。
「寂しい人生」とは、この老人の場合は、「冒険をしなかった人生」と言って良いと思う。
この老人は、若い時から、分をわきまえ、身の程を知り、出過ぎた真似をせず、周囲に気を配り、トラブルもリスクも避ける人生を送ったのだろう。
それで、栗山さんは、「冒険しよう」「身の程なんかわきまえるな」「出過ぎたことをしよう」「リスクがあるのが男の人生だ」などという話に持っていったのだと思う。

だけどねえ、言っては悪いが、この老人は、孫のためを思って言ったのではなく、おそらくだが、負け惜しみを言ったのだ。
その負け惜しみとは、「思ったほど手堅くやれなかった」こと、つまり、今で言えば、サラリーマンとして出世出来なかったことに対する負け惜しみなのである。
うまく出世出来たサラリーマンだって、それなりに失敗はしているはずで、それを悔んでいる場合も多いだろう。
しかし、そんなふうに、そこそこうまくいった者は、息子に「冒険しろ」とは言わないものなのだ。
そこそこうまくいったが、もしかしたら役員になれたかもしれないのに、部長で終わった者は「やっぱり手堅いのが一番」「真面目に生きることが結局は正しいのだ」と息子に言うものなのだ。
ところが、しょぼいまま終わったお父さんほど、息子には「思った通りに生きよ」「冒険こそ男のロマン」なんて言うのだ。

早い話が、年寄のアドバイスは、話半分に聞いた方が良いということだ(笑)。
少し前のことだが、初音ミクさんの会社のクリプトン・フューチャー・メディアの社長である伊藤博之氏の講演で、こんな話を聞いた。
「私の故郷(北海道)でも、ミュージシャン目指して東京に行った者がいたが、皆、30歳くらいで諦めている。しかし、その歳から別のことでスタートするのは難しい」
そう言われるからには、伊藤社長もミュージシャンになりたかったのだろうなあと想像する。
だが、伊藤社長さん本人は、高校卒業後、公務員(北大職員)をやりながら、夜間大学を卒業するという、出来る範囲で手堅い道を進まれている。
その中で、好きな音楽にかなりの時間とお金を注いだのだが、電子音楽の分野ということもあり、仕事や大学を捨てるほどではなかった。
そして、たまたまっぽいが、電子音楽で小さな商売を重ねているうちに、それがビジネスになってきたので、30歳くらいで独立されたのだと思う。
その伊藤社長が講演で言われた、次の一言が私の心に響いた。
「人生を賭けるな」
ミュージシャンになろうと地方から東京に行くのは、人生を賭けてのことで、格好は良いが、ほぼ全員がうまくいかない・・・つまり、冒険者のほとんどが人生を棒に振る。
とはいえ、人生を賭けてはいけないが、好きなことを何かしないといけないということと思う。

ビル・ゲイツは、大学生でありながらコンピュータービジネスに熱中したが、家は金持ちだし、若かったので、人生を賭けてる感はなかったと思う。
それで、たまたま成功したのだ。
スティーブ・ジョブズは、里子として育った家庭は金持ちではなく、大学をやめた時は食べるのにも困ったが、きっと、楽天家だったのだし、大学の寮に転がり込める友達がいたし、エレクトロニクスが好きだったので、その趣味を生かして電子機器の会社で働きつつ、たまたま知り合った天才スティーブ・ウォズニアックと意気投合して、いろいろ変なことをやっているうちに、たまたま成功したのだ。

モノになるかどうかは分からないが、好きなことをある意味気楽に(ただし熱心に)やっていれば、伊藤社長も言われていたが「セレンディピティ(幸運な偶然)」を掴んで成功するかもしれない。
伊藤社長もゲイツもジョブズもまさに、セレンディピティで成功したのだと思う。








東大出身者が成功することが多い訳

今年の東大の入学式での祝辞の中で、言葉を飾らずに言えば、こんなことが言われていた。
「君達は、能力があったり、努力をしたから東大に入れたと思っているかもしれないが、単に恵まれていただけだ」
もちろん、そこそこ能力はあるのかもしれない。
自ら東大を大学院まで行って博士号も取っている人気者の脳科学者は、東大生はIQが高い凡人だと言い、やはり東大と東大大学院と進んで博士号を持つ人気科学者(やはり脳関係の科学)となると、そのIQですら、平均120程度と大したことはないと言う。

ただ、東大に入れたということは、大変にツイてるのだと思う。
あの祝辞では、そのツキを、自分のためだけでなく、ツイてない人のために使って欲しいといった話もあったが、それは、要望と言うより警告であると思う。
東大に入れたのが、自分の能力や努力のおかげと思っていると、ツキは消え、その後の人生は苦しくなる。
また、ツキを自分で独占しようとすると、不幸になるかどうかはともかく、ショボい人生になるのは確かだ。
もし、本当に頭が良いなら、論理的に考えてそうなることが解ると思う。

別に東大入学に限らない。
大きなこと、小さなことに限らず(東大入学自体は、広い世界から見れば、間違いなく小さなことだろう)、自分の成功は運が良かっただけだと悟り、恵まれた分を恵まれていない人のためにも使おうとしない限り、運に見捨てられる。
もちろん、どんな成功も、寝てて何もしなければやって来ない。
滅多にいないが、宝くじで高額当選をする人だって、少なくとも1枚は宝くじを買ったのである。
私なら、宝くじを買うことは、あまりに面倒で、やや恥ずかしくもあり、とても買う気にならないので、宝くじに当たることはない。
(ただし、毎日、そして、一生宝くじを買い続けたところで、高額当選する可能性は、ほぼないのも事実だが)

セレンディピティという言葉がある。
この言葉をややこしく説明する人が多いが、単に「幸運を掴み取る能力」のことだ。
東大入学生も、東大に入れたことに関しては、セレンディピティを発揮したと言えると思う。
その点では、他の人達より早く、この貴重な能力を多少なりとも得ているのであり、東大出身者(卒業しない場合も含め)が成功する場合が多いのもうなづける。
では、どうすればセレンディピティを得られるのだろう?
我らが初音ミクさんの「お父さん」である、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長の講演会で、伊藤社長は、「好きなことをすること」を上げておられた。
なぜかというと、好きなことなら、続けられる可能性が高いからだ。
続けることが出来れば上手くなる。
何かを上手くなればなるほど、幸運は掴み易くなるのも、理屈でだって解る。
ただし、続けられたのも、上手くなったのも、そして、それで何かで成功したとしても、それも、自分の能力や努力と言うよりは、恵まれていた・・・つまり、運が良かったのだと理解しないと、それ以上のツキは来なくなる。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

備えあれば憂いなし

人生を変える出来事は、全て偶然だ。
大人物ほど、「もしそのことがなかったら、後の彼(彼女)はない」という重要な出来事がある。
王貞治さんだって、草野球をしていた時に、たまたまプロ野球のコーチが通りかかり、当時右打ちをしていた王さんに「左で打ちなさい」と言わなければ、野球選手になっていなかったと王さんが言われていたと思う。
普通の人だって、良い状況になる前に、何か思いがけない偶然の出来事があったのだ。

だが、大切なことは、偶然の出来事があった時に対応出来る準備を、普段からしているかどうかだ。
駆け出し俳優だったバート・レイノルズが、既に大俳優だったクリント・イーストウッドに、「成功するまで何をしていたか?」と尋ねた時、イーストウッドは「成功するための準備をしていた」と言ったらしい。
それは、要は、「チャンスに備えて準備しておけ」ということだろう。
早い話が、俳優なら、演技の訓練を怠らず、キメポーズやキメ顔も大真面目に考え、普段の生活にも常に気を配れということだ。
片想いの彼女と思いがけず一緒にどこかに行くチャンスが出来た時、いい服やいい靴を持っていなかったり、いろんな準備をしていなければお話にならないだろう。
そして、ちゃんとした準備が出来ている者に、思いかげない偶然のチャンスが訪れるものなのだ。

セレンディピティという言葉は、思いがけない偶然を引き寄せる能力といった意味だが、初音ミクさんのお父さん、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長は講演会で、何かを熱心に続けていればセレンディピティが起こると言われていた。そして、続けるためには、やはりそれが好きでなければならない。そして、好きなことを続ける仕組みは自分で作らないといけないと、親切にアドバイスをしてくれていたのである。

現状を嘆く人は多いが、それを打開するための準備を何もしていないなら、新約聖書のマタイの福音書にある、イエスが話した十人の乙女の話の中の、5人の愚かな乙女のようである。
夜中に花婿がやって来るのだが、花婿は遅くやって来たので、ランプの油を十分に用意していなかった乙女達は、油を買いに行っている間に、花婿の家の門を閉ざされてしまう。
しかし、油をちゃんと準備していた賢い5人の乙女達は、花婿達と一緒に家に入れた。
私は、何の特技もない事務員だった時、たまたま技術課長に、「君、プログラミングをやりなさい」と言われてすぐに従ったが、それは、何か特技が欲しいと常に望み、また、専門技術者を敬う心構えがあったからで、そんな心がけが準備になっていたのだろう。また、パソコンソフトを使うなら、それを徹底的にマスターし、パソコンに慣れていたということもある。
今、何も特技がないなら、プログラマーになってはどうだろうかと、私はよく言う。
そのための準備の1つは以下の通り。
Excelを使える状況にはあるだろうし、もし、そうでなくても、家のパソコンにExcelを入れるくらいは出来るだろう。
そうしたら、まず、Excelを一通り使えるようになり、そして、Excelに入っているVBAというプログラミング言語でプログラミング出来るようになれば、会社にとって貴重な戦力になれる。
会社の仕事だって、ExcelとVBAでどう処理すれば良いのかと考えると、業務を改善、あるいは、改革出来るようになる可能性もある。
ExcelからAccessに進み、AccessでVBAを使えれば、十分に専門プログラマーになれる。

ハッカー的プログラマーを目指すなら、そんな人ならもうとっくにやっているはずだが、今は自分のパソコンに本格的な開発環境を無料で入れることが出来る。
C言語もC++、C#も、JavaもRubyもPythonもLispも、何でもやりたいことはやり放題。本当に良い時代だ。
勉強する範囲は、OS、WebOS、ネットワーク、その他広くなるだろうが、今はWeb上にいくらでも情報がある。
なんとも羨ましい時代だ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

幸運なハプニングを起こすコツ

先月(2017年11月)の17日、大阪のフェスティバルホールで公演された「初音ミクシンフォニー2017」に行くために、自宅を出て駅に向かって歩いていた時のことだ。
駅までは1.6kmで、その半分くらいまで来たところで、不意に、バッグに財布を入れていないことに気付いた。
別にバッグの中を見た訳ではないが、入れた覚えがなかったからである。
それで入っていたら、健忘症を疑うところであるが(その方が良かったが)、やはり入っていなかった。
別にお金が必要な予定はないが、万一の時、10円もないというのも何なので、やはり家に引き返した。
コンサートに行く時には、チケットを忘れていないかは、しつこくチェックするが、他のことで何か1つくらいは忘れることがあるものだ。
しかし、財布とはなかなか大物だ。
フェスティバルホールに着くあたりで喉が渇いたが、適度な喫茶店もなかったし、会場でちょっと喉を潤すのに飲み物を持っていた方が良いと思い、コンビニでペットボトルのレモンティーを買った。
フェスティバルホール近くでコンビニを見つけるのに苦労したが、その近くの地下にあった(洒落…でもないか)。
外は寒いのに、フェスティバルホールの中はかなり暑かったので、やはり飲み物を買っておいて良かった。

で、ポイントは、1.6kmもの駅への道の半分を引き返しても、時間には余裕で間に合ったことである。
私は、いつも、緊急事態はあるものと考え、時間には余裕を持つことにしている。
よって、約束の時間に遅れたり、準備不足になるということは全くない。
待ち合わせでは、少なくとも20分前には到着するのが普通であるが、約束の時間を10分も過ぎてから、相手から、「今、○○にいる。後10分はかかると思う」という電話があったりする。
そんな時、私は穏かな声で「いいよ。全然構わないから、慌てずに来たまえ」と言って、「嗚呼、俺って何て人格者なんだ!」と自己満足するのである(笑)。

そうだ、人生は予期せぬことが起こる。
漫画『カードキャプターさくら』で、エリオルがスピネルにこう言う場面がある。
「スピネル。人生で一番楽しいことは何か知ってるかね?」
「何ですか?エリオル」
「予想しないことが起こることさ」

思わぬ幸運とは、予期しないものだ。
願いが叶う時には、全く予想しないことが起こる。
最近の私は、つかの間の空想の中ですら、予期せぬ展開が起こって楽しむことが多い。
だが、普通の人は、思いもかけないことが起こることを嫌がる。
それで、予期せぬ幸運が訪れ難いのだ。
私なんて、そりゃもう、超可愛い女の子が、私の前で、バシバシ財布を落とす(笑)。
いや、別に、それで儲けるというのではもちろんなく、出会いときっかけであるww

予期せぬ悪いことなんてない。
予期しないことでさえあれば、皆、良いことなのだ。
予期せぬことが起こるのを許すのだ。
すると、嬉しいハプニングだらけになる。
「思いもかけない良いことが起こる」
そう呪文のように唱えることだ。
いや、これを呪文と言うのだが。
これが、セレンディピティを起こすコツである。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード