ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

スーパーラーニング

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

神秘の呼吸法

あまり学校で行われることはないが、ヨーガや仙道、あるいは、ヨーロッパの魔術的な関係の修行・訓練の中では、呼吸の訓練が行われることが多い。
おそらく、それらのものを研究したブルガリアの教育研究者が、それらの呼吸訓練を取り入れた高度な記憶力を引き出す学習法を考案し、それを、スーパーラーニングという名で公表したのだと思う。そして、その後の経緯はよく知らないのだが、そこから、現在、よく知られているような、特殊な高速学習法が派生したのだと思われる。

能力を高めるという呼吸法は沢山あり、どれが最も良いのか分からないが、シンプルな基本形を1つ知っておくと良いと思う。
いざという時、落ち着いて冷静になり易いし、記憶力や運動機能が向上するかもしれない。
しかし、あまりに大量に空気を吸い、過酸酸素状態になるようなものは避けるべきだ。
上記のスーパーラーニングでの呼吸法の鍵は、「吸って、いったん息を止めると、記憶力が向上する」だ。
よって、例えば、「1、2、3、4、5」と数えながら(当然心の中で)吸い、「1、2、3、4、5」で止め、「1、2、3、4、5」で吐くというふうにやる。

だが、様々な呼吸法を調査すると、安定して、最も効果が高くなるポイントは、「ゆっくり吐く」だけである。
吸った後で息を止めるのは良いかもしれないが、1つ難がある。
それは、「息を止めろ」と言われたら、普通の人は、喉の筋肉で気管を圧迫し、気道を塞いでしまうのだ。
水に潜って息を止める時に、そのようになるので、それをやってしまうのだが、イギリスのW.E.バトラーは、権威ある魔法入門書で、これは筋肉の緊張を起こす、とて拙い方法であると述べているが、私もそれに賛成だ。
息を止める時は、バトラーが言うように、息を吸うことで上がった肋骨の位置を維持することで行わなければならないが、なぜか、これを理解出来る人が少ない。
単に、「喉の気管を塞がずに、空気の流れを止める」と言っても良いのだが、とにかく、これが理解出来ないらしいのだ。

そこで、「息を止める」ことを省略し、「ゆっくり吐く」ことに専念すれば良いのだと思う。
「ナ・ダーム」の呼吸を覚えておくと良い。
この言葉に何の意味もない。
「ナ」で吸い、「ダーム」で吐く(当然、言葉は心の中で)。
吸う時は、普通の呼吸の時よりやや多目に吸うのだが、無理に多く吸ってはならない。
吸った後、息を止めようとしなくて良いが、自然に、一時、止息した状態になると思う。しかし、そこは、意識しなくて良い。
そして、「ダーム」と(心で)言いながら、ゆっくり、細く吐く。
なるべく長い時間をかけて吐くが、無理に長くしなくて良い。
落ち着いてやれば、少なくとも、数回続けると、呼吸の長さは一定になるはずである。
しばらく続けると、心が落ち着き、無我状態に近付く。
毎日やっていると、健康が向上し、人格に良い影響が見られ、知的能力の向上が期待され、さらには、直観も増す可能性がある。
劇的な治癒効果が見られたという事例もあると言われる。
もしかしたらだが、超能力に属するような能力も開発されるかもしれない。

「ナ・ダーム」の呼吸は、深呼吸の一種と言えなくもないが、体操的な深呼吸は呼吸が大きく雑で、せいぜい数回しか出来ないし、やるべきでない。
この「ナ・ダーム」の呼吸であれば、10分くらいは続けられ、それで気分が良くなる。
尚、「ナ・ダーム」の代わりに、「ア・ウーン(阿吽)」と唱えても良い。
インドの聖者、ラマナ・マハルシが教えた、こんな呼吸法もある。やや上級である。
「私はこれではない(吐息)」
「私は誰か(吸息)」
「私は彼である(止息)」
「彼」とは「神」のことで、昔のインドでは「神」と直接言うことを避けるので、このように言うのだと思う。
よって、別に「私は神である」と唱えても良いのではないかと私は思う。
この呼吸法で超能力が得られるそうだ。













当ブログ著者が執筆したAI書。
誰でも、AIを理解し、自分でAIを作れるようになることを目的に書きました。
数学、プログラミング、AI理論等は不要です。
エンジンの仕組みや熱力学を知らなくても自動車が運転出来るように、マイクロ波の科学が解らなくても電子レンジが使えるように、一般的な知識でAIを作れるよう、日常的な言葉で、普通に理解出来るテーマで、AIの作り方を説明します。
そして、入門編以降は、面白いテーマにAIで挑みます。

本物の能力開発は商売になり得ない

息を吸ってしばらく呼吸を止めると記憶力が向上する・・・それも異常なほど向上することを、ヨーロッパで誰かが気付き、それが、スーパーラーニング、加速学習みたいなものになったと思うのだが、これらがさっぱり発展していかないのは、余計なことを付け加えたせいだと思う。
単に、息を吸って止めるだけで良いのであり、他には何もいらない。
だから、商売になどならない。
誰でも、無料で自由に活用すれば良いだけである。
中村天風という、とても偉い人は、肛門を締めよと教えたのは良かったが、やっぱり余計なことを言ったのだと思う。
天風が「肩の力を抜け」なんて言ったという話も聞くが、肩の力を抜くなんて難しいことをサラリと言うなんて、いかがなものかと思う。
肛門を締めるだけで良いのであり、やっぱり商売も教団もやれないのである。
藤平光一氏は、中村天風の一番弟子だったが、天風が偉人であったことは完全に認めながら、教えの全ては間違いだったとバラしてしまった。
その藤平氏の教えも、私には抽象的でさっぱり分からないか、矛盾を感じるかである。
中でも、藤平氏は、天風の言った「腹に力を込めよ」はいけないと言うし、確かに、意図的に腹に力を入れるべきでないとは思うが、肛門を締めれば、自然、腹や、さらには、臀部や脚(太腿や脹脛)にまで力は入るし、それは気持ちいいことなのだから、間違いではない。
やってみれば分かるが、上記を全てまとめ、肛門を締めながら息を吸い、肛門を締めたまま息を止めると、心が澄み、身体に力がみなぎる。

念仏と呪文は、原理は同じで、親鸞自身、念仏を誦文(じゅもん)と言ったこともあるが、誦文と呪文は同じである。
親鸞も、その師、法然も、念仏だけを薦めたが、人間には、言葉が向いている人もいれば、身体で行うことが向いている人もいる。
大抵の人は、それが適度に交じり合っているのであるが、強さの度合いは違うのである。
やはり原理は念仏と同じだが、現代人に合うものとして、万能呪文がある。
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
他にも、好きな言葉なら何でも良いが、たった1つの言葉を、感情を込めず、されど丁寧に、心の中で数多く繰り返せば、人間を滅ぼす、頭の中のつぶやきに打ち勝てる。
だが、身体を使うのが好きな人は、肛門を締めながら息を吸い、肛門を締めたまま息を止める方法が向いていることが分かった。
これを、1日20回ほどやれば、目覚しい効果があるが、数に制限はなく、多い方が良い。だが、数は徐々に増やしていくのが良い。
とはいえ、少なくとも、1日10回、志あるなら、20回以上やるべきである。
この肛門を締め、息を止めることは、続ければ超人になってしまう。
だから、謙虚さを要求されるところが、やや難しいところである。
傲慢な超人は必ず滅ぶからである。

だが、一番強い方法は、心からの願いがある場合だけだが、それを1日中でも祈ることである。
そんな願いがある者は幸いであるように見えるが、状況としては不幸である場合が多い。
どういうことかと言うと、「この辛い病気が治りますように」「いじめっ子と会わずにいられますように」といった、厳しいマイナスを解消する希望が、強い願いになるのだからだ。
普通に「彼女が欲しい」というのは、あまり強い願いにならないが、全ての女の子に厳しく見下される日々を過ごす者にとっては、強烈な願いになることがある。
逆境にある者専用の方法だが、実は、これが最強なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ヨガの偉い先生方の教えは、こちらに賢い学び方が必要

ヨガの大家の方々は、皆、肛門を締めることを大切なこととして教え、本にも書いているが、問題は、これらの偉い先生方の言うやり方が全部違ってて、てんでバラバラだということだ。
いったい、どれをやればいいのか全然分からないかもしれない。
また、呼吸の仕方と肛門を締めることについて、こと細かく書いている先生もいるが、肝心なところを曖昧な書き方をしているので、正確な意味が全く分からないものばかりだ。
自分には分かるが、人にちゃんと説明できないというのは小学生の作文だが、これら偉い先生には博士号を持っているような人もいるのだから、おかしなものだ。
つまりこういうことだ。
偉い先生方の、「俺のやり方が一番なんだ。アイアム・キング、アイアム・グレート」というエゴイズムのせいで、一番肝心な肛門を締めるということを誰もやらないという残念な結果になったのだ。
別に悪いことではないが、ほぼ例外なく、ヨガの偉い先生の実態というのは、我が強く、聖者とはほど遠いものなのだ。
それを、弟子達が神聖化して宣伝するので、親分肌の師匠は、可愛い弟子達の要望に合わせようとするものなのだ。
これら尊師様方は、傲慢ではあるが、親しい人にはとても優しいものなのだよ。
そんな先生方の本は、読むべき数ページを見つけたら(肝心なところは数ページしかない)、そこだけコピーしたり、自分で電子化すればいいのじゃないかな?

やり方もへったくれもない。
ただ、肛門を締めれば良い。
それだけのことだ。

ただ、あえていえば、肛門を締めるという、単純なことを長く続けるのは難しいので、少しでも、やり易い、楽しい方法があればと思う。
それで言えば、肛門を締めることと、息を止めることには関係があるので、息を止めれば、肛門も締め易い。
息を、無理のない範囲で十分吸い、息を止めて同時に肛門を締め、そのままでしばらく(無理のない範囲で。3~10秒といったところか)、息を止め、肛門を締めていると良い。
息を吐いた時も、少しでいいから、息を止め、肛門を締めると良い。
これは、中村天風の教えたのと、ほぼ同じと思う。
息を吸って止めると、頭脳が活性化するというのは、スーパーラーニング(今は加速学習と言うのだろうか)で十分実証されていると思う。
さらに、肛門を締めると、威力は数倍化、数十倍化するだろう。
IQは、打ち上げ花火のように向上するだずだ。

また、腕振り運動と肛門を締めることは最強の組み合わせと思う。
腕振り運動もまた、単調な運動なので、続けるには根気がいるが(その根気が大切なのだが)、肛門を締めながらやると、これが気持ちいいので、いくらでも楽しくできてしまう。
肛門を締めながら腕振り運動をすると、宇宙エネルギーか、プラーナか、グラヴィトンかは好きなように呼べば良いが、それが急速に流入してくることは間違いないと思う。
赤ん坊の時に最大量を持っているある神秘的エネルギーは減る一方で、それで老化し、いつか死ぬが、このエネルギーを取り込むことで不死、不老を実現している人達がいる。
腕振り運動と肛門を締める組み合わせが、それを可能にするのではないかと思う。
尚、関英男博士と、佐々木の将人さんの共著『心は宇宙の鏡-いま見えてきた「グラヴィトン」の時代』は、大変な名著と思う。共著というものは、お互い遠慮し合うためか、良い本になることが多い。腕振り運動と、肛門を締めることの両方が書かれている貴重な本でもある。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

呼吸による加速詳細

眠っている中での一瞬の間に、長い夢を見ることがあるという話を聞いたことがある人も多いと思う。
本当かどうかは知らないが、数ヶ月に渡るほどの長い夢を、現実時間では数分の間に見たという話もあるらしい。
ただ、私は、半覚醒状態で、瞬間的に夢を見ることがよくあり、それがかなりの長さの場合もあるので、夢の中の時間と現実の時間は異なるというのは分かるように思う。
また、臨死体験から蘇った人が、死に際に、自分のこれまでの人生を全て見たという話もよくあると思う。

多分、いずれの場合も、呼吸はほとんど停止状態にあるのだろう。
瞑想中に非常に多量の情報や壮大なイメージが浮かんだ時も、呼吸はほとんど停止している。
停止とは言っても、本当に止まっているのではなく、極めて遅くなっているということだろう。
では、逆に、呼吸を遅くすれば、精神を加速できるのではないかと考えてみてはどうだろう?
スーパーラーニングや加速学習(共に、ブルガリアのラザロフ博士の研究から作られた)といった、高速学習法では、呼吸を遅くする訓練が含まれる。つまり、本当に、呼吸の低速化は精神の高速化を導くようである。

こういった、何らかの状態(例えば精神の加速)が起こった時に、それと同時に見られる、シンプルな現象(呼吸の停止)を発見し、そのシンプルな現象を利用して、元の方の状態を起こすことが出来るのではと、賢い人たちは考えたのだ。
例えば、嬉しいことがあった時、自分が膨らんだ感じがする場合が多い。
逆に、嫌なことがあると、自分が小さくなったように感じる。
それなら、「では、自分が膨らんだようにイメージすれば嬉しい気分になるのでは」と考えられ、それは実際にそうなのだ。
「色褪せた思い出」などというが、それなら、その思い出を鮮やかな色を付けて頭の中で再現すれば、再び情熱を感じる素晴らしい思い出になる。
逆に、悪い思い出は、薄暗くして、しかも小さく描けば、思い出しても、さして嫌でなくなる。
こういったことについて、NLP(神経言語プログラミング)の開発者であるリチャード・バンドラーの『神経言語プログラミング』に、色々なテクニックが書かれている。

これらのことをうまく使えば、最近、私がよく話題にする加速状態に楽に入ることが出来る。
アインシュタインは、重力は空間の性質だと言ったが、時間もそうであると思う。
実際、重力が大きくなると時間はゆっくり流れるし、高速移動するほど時間の流れはやはり遅くなる。
そして、こんな実験が実際に出来る。
目を閉じ、呼吸をゆっくりにして(あるいは苦しくない範囲で止めて)、かつて訪れた田舎や浜辺の風景を思い浮かべる。そして、そっと秒針のある時計を見る。すると、あっと驚く。秒針がぴたっと止まっているのだ。
あなたは加速しているのである。
これは、チェコスロバキアの天才エンジニアで神秘思想家のイツァク・ベントフの本に書かれていたものだが、中国では同じようなものが異世界に入る方法として伝えられている。
例えば、子供の時に過ごした場所のことを思い浮かべ、そこに自分がいると想像すると、既に異世界に入っているのである。他にも、様々なバリエーションがある。
「かつて行った場所を思い浮かべる」というのは、リアリティを持つためであり、本当は場所が特定できればそれで良いと思う。大気圏外から地球を見下ろしているとか、土星の近くに飛んだって構わない。だが、それではイメージがうまく構築できないなら、もっと無難な風景でやった方が良いだろう。

ポイントの1つは呼吸である。
ゆっくりとした呼吸が加速を招く。
スーパーラーニングでは、例えば、こんな呼吸の訓練をする。
「5秒吸う。5秒止める。5秒で吐く」
私は最初の頃は、E.W.バトラーが『魔法入門』で書いていた「4の呼吸」をやっていた。これは、
「ゆっくり4つ数えながら吸い、2つ数えながら止め、4つで吐き、最後に2つ止める」
というものだ。
人によっては、「5つ数えながら吸い、2つで止め、5つで吐く。吐いた後は止めない」という人もいる。
また、「5つ吸い、2つ止め、10吐く」と言う人もいる。こういった、長く吐くのが良いと言う人も多いが、根拠もあるのだと思う。
自分に適したものでやれば良いが、やはり、「止める」ということが肝心のようだ。
ただ、究極は、政木和三さんが言ったように、「欲望を捨てる」ことだ。それが出来れば、数万倍、いや、無限に加速できる。
一説では、お釈迦様は、美少女との結婚間近の従弟を加速させて天界に運び、そこにいる天女を見せた。人間の美少女とは全く比べ物にならない美しさに、従弟は結婚をやめ、修行に打ち込んだという。
まあ、お釈迦様は、「修行すれば、この天女はお前のものだ」と言ったらしいが、修行するうちに、従弟もそれは忘れてくれたようだった。
私も、次元界(仙境)で、実に美しい仙女を見た・・・ような気がする。自分で確かめてみて欲しい。
尚、関英男博士によると、呼吸の度にGTP(重力子化された粒子で、気功の気やヨガのプラーナと同じもの)が消費されるので、呼吸数が少ないほど若くてエネルギーがある。GTPは減る一方であるが、腕振り運動で増加させることができるとしている。
また、あまりに微かな呼吸は、精妙な世界(霊界)まで運ぶが、普通はそれはなかなか出来ない。ちなみに、霊界には時間はない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード