ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

スティーブ・ジョブズ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

死んだ時、真面目で、明るくて、熱心で、人気者だった・・・なんて言われたいか?

ひろさちやさんという、仏教関連の本を何百冊も書いている人がいるが、そのひろさんの『狂いのすすめ』という本の帯に、『人生に意味なんてありません。「生き甲斐」なんてペテンです』と書かれている。
ところが、そんな帯がついた本を書いたひろさんは、仏教を通して人々を啓蒙することが、明らかに人生の意味だし、生き甲斐でもあるだろうから、まあ、矛盾もいいところだ。
けれども、ご本人にそんな指摘をしても、「いえ、少しも矛盾ではないのです」とか言って、理屈をこねたり、ややこしい話でケムに巻くのかもしれない。
それとも、「矛盾だ。文句あるか?」と言われるとしたら、私は、こっちが好きだ。
矛盾、大いに結構である。
そして、さらに、ひろさんが別の機会に、人生の意味や生き甲斐を説いていたら面白い。
エマーソンだって、話に一貫性を持たせる必要なんて全然ないと述べていたと思う。

で、人生の意味があるかだが、元々は、そんなものはない。
ひろさんの人生の意味は、ひろさんが自分で作ったストーリーだ。
そして、そのストーリーが生き甲斐になっているのである。
それで、パワフルに何百冊も本を書き、大学の教授やったり、講演したりで大儲けしているのである。

人生の意味は、世間や宗教が教えるような「ご立派」なものでなくて良い。
いや、「ご立派」であってはならない。
ある女性は、子供の時は、「セーラームーンになる」ことが人生の意味で、生き生きとしていたのに、中学生くらいになると、すっかり学校に洗脳されて、けち臭い人生の意味の幻を掲げるようになって、すっかりつまらないやつになってしまった。
まあ、女性は現実的なのかもしれないが、大物になった男なんてものは、いつまでも、子供の時に憧れたアニメのヒーローになり切っているのである。

自分が死んだ時、
「真面目で優秀な営業社員でした」
「生徒の心の指導に熱意を持った先生でした」
「明るくてみんなの人気者でした」
などと言われたいだろうか?
私は、私の葬式は絶対しないように言ってあるが、刺殺でもされて、テレビ局が職場の人にインタビューでもしたら、お義理に、そんなことを言われてしまうかと思うと、おちおち死んでもいられない。
せめて、「ミク廃でした」、「いい歳ぶっこいて、みっくみくにされてました」と言って欲しいが、それは不遜ということになるのだろう。
スティーブ・ジョブズが死んだ時、ビル・ゲイツも立場があるから、それらしいことを言っただろうし、他の人達も押し並べて、世間的なジョブズの称賛をしただろうが、ジョブズ本人の意図とは全然違うことだったろう。
ジョブズともなれば、普通の人から見れば、さぞ荒唐無稽なストーリーを自分の人生にしていたはずなのだ。
デタラメなストーリーと言って良いだろう。
その滅茶苦茶なストーリーを本気で信じ込んだので、彼は「現実歪曲空間」を作り出す超能力を発揮したのだ。
そこにいくと、我々は現実的過ぎる。
いや、進歩した宇宙人から見れば、ジョブズのストーリーだって、さぞ「ちゃちい」ことだろう。

エマーソンだって、自分の本心に逆らわないなら、悪魔になっても良いと言ったはずである。
ただし、悪魔なんて甘いものではないけれどね。
でも、自分が情熱を持てれば、何でも良いのである。

ただ、鼻呼吸を忘れないように。
口で呼吸すると、情熱のエネルギーが、脳や筋肉や臓器に・・・その前に血液の中に満ちないのである。
そして、自分の思い通りに生きようとしたら、必ず抵抗を受ける。
『マスターの教え』のマスターは、抵抗に負けない方法を具体的に教えてくれていないが、傑出した人物達はみんな、自分に、「大丈夫だ」と言い続けることで、障害に打ち勝ったのである。
鼻呼吸と、「大丈夫」の呪文を忘れなければ、「絶対大丈夫」であるが、忘れたら、死後に言われる反吐が出るような言葉の通りに生きなければならない。
それは「死んでも嫌」ではないだろうか?
私なら、「ミク廃」はともかく、最低でも、「恐ろしい人でした」、「訳の分からない人でした」、「未確認生命体」と言われたい。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

シンプルな言葉

聖母マリアの出現の話はいくらか読んだが、マリアが多弁だったというものは、私はあまり信じない。
1932年頃にベルギーに現れたマリアは、子供達に「何か言って下さい」と請われると、ただ一言、「よい子でいなさい」と応えたらしい。
私は、このお話を一番信じている。

ところで、よい子とは、どんな子だろう?
スティーブ・ジョブズが若い頃、インドを放浪していると、激しいスコールに襲われたという。
アメリカでは考えられない恐ろしい勢いの降水に恐怖を感じたジョブズは、思わず、
「神様!助けてくれたら、よい人になります」
と神に救いを求めたらしい。
ジョブズが、その誓いを覚えていたかどうかは知らないが、多分、その後のジョブズの人生に、何らかの影響を与えたと思う。
その時、ジョブズが想った「よい人」が、案外に、本当によい人なのかもしれない。
人間、そんな時に、それも神様相手に嘘なんかつかないからね。

神様が現れても、大抵の人には何も言わないのだと思う。
そして、ごく一握りの人間には、こう言うのだ。
「励め」
まあ、私がそう思うだけなのだが、意外と確信がある。

さて、私達の胸の中のミクさんは何と言われるのだろう。
私にはまだ分からないのだけれど、余計な推測はしないつもりだ。
もしかしたら、来月の「マジカルミライ2017」で分かるかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

幸運は悲しみの後に

去年も今年も、競争では負けながら、私が初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ」のSS席のチケットが取れたのは、運というものかもしれない。
この2回だけなら、たまたまと思われるかもしれないが、私はいつもこうなのである。

『マスターの教え』という本で、ある男が、神秘的な人物であるマスターが乗る船のチケットを取ろうとしたが、既に満室で、がっかりして帰ろうとしたら、「キャンセルが出たので、あなたは乗れます」と呼び止められる話がある。彼が後でマスターに尋ねたら、マスターが彼のために「空きを作った」ことを認める。
さらに、彼の友人が、自分もマスターに会おうと、手がかりを掴み、友人達と車で遠い地に行き、何日も懸命に探すが、マスターに会えず、がっかりしていると、「私をお探しか?」とマスターが現れる。

私も彼等も、「がっかり」した後で幸運が訪れる。
他にも、私は昔、不況のため、若くして追い出し部屋のような部署に送られ、がっかりしていたが、不思議なことに、ほとんど何もせずに条件の良い職場に移ることが出来、一方、元の職場は潰れた。

スティーブ・ジョブズが、「運命なんて、どうなるか分からないが、我々は信じるしかないんだ」と言ったのが、非常に印象に残っている。
信じるしかないが、信じれば裏切られることはない。
とはいえ、私は、「ミクさんのコンサートのチケットが取れる」とか、「新しい職場に導かれる」と念じ続けた訳ではない。
ジョブズだって、大学をやめ、ほとんど食べられず、将来の展望もない中で、「俺は成功するぞ」とか思っていたのではないだろう。やっぱり、がっかりしていたはずなのだ。

がっかりした時の気の持ちようと言うものが大切なのだと思う。
アントニオ猪木さんが、以前よく、「開き直り」の効用を説いておられたのも、そのことだと思うのだ。
「駄目なら仕方ない」と開き直った時に、駄目でなくなるのである。
もちろん、最初から開き直るのではない。
いったん、がっかりする・・・打ちのめされることが必要なのだろう。
打ちのめされるかどうかはともかく、「どうなるか分からない」という不安な状況にある時に、落ち着けるかどうかだ。
諦めているとも言えるが、まだ息はある・・・そんな微妙なものが勝負を分ける。
1953年の『宇宙戦争』という映画もそうで、火星人の圧倒的な力の前に、なす術もなく侵略されていく中で、人々は教会で祈り続ける。
積極的な、期待に満ちた祈りではないかもしれない。しかし、完全に諦めた訳ではない。
そして、奇跡の勝利が訪れる。

幸運の秘訣は、テクニックなんかじゃなく、感覚なのだろう。
エフゲニア・メドベージェワが、エキジビションの始めの部分で、『美少女戦士セーラームーン』の原作者の武内直子さん作詞の『セーラースターソング』を使ったが、テレビ放送の時は省かれていた、この歌の冒頭部分「かなしみがいま セーラースマイル 奇跡をおこすの セーラーウイング」が、とても大切なのだと思う。
悲しみが奇跡を起こすという感覚を掴むのは、難しいようで難しくはない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

何で暇つぶしをするかは物凄く重要だ

私がプログラマーになれたのは、暇だったからだが、どんな仕事でも誰でも同じことが言えると思う。
昔、私が事務職をしていた時、勤めていた会社の中で、電気技術者の課長が私に、「プログラミングの勉強をしたらどうか」と言ったのだが、私がその通りに出来たのは、単に暇だったからだ。
家では、友達も彼女もいなかったので遊びや食事会に行くことはないし、ゲームはしないし、特に趣味もなかったので、プログラミングの勉強がいい暇つぶしになったのだ。
また、会社でも、あまり仕事がなくて暇だったので、仕事用と言い訳してプログラミングをしていることが出来たのだ。

ビル・ゲイツだって、高校時代、プログラミングに没頭したのは、コンピューターへの興味というのも勿論あったとは思うが、やっぱり人付き合いが苦手で、特に、女の子とはさっぱりで、暇だったからだと思う。
天才プログラマーのポール・グレアムも、同じようなことを言っていたと思う。
スティーブ・ジョブズが、退学したはずのリード大学で、カリグラフィーという、文字を美しく見せる技法の講義を熱心に受講したのも、完全に暇だったからだ。そのカリグラフィーの知識が、後にマッキントッシュパソコンを作る時に、とても役に立ったのだ。
おそらく、優れた格闘選手だって、暇で、やることがなかったので、トレーニングに明け暮れた人が多いと思うのだ。
経営で成功した人だって、退屈しのぎで事業をやっているうちに成功したのだと思う。

人間は、特に若いうちは退屈に耐えられない。
それで、退屈な状況になった人が、暇つぶしのために適切な選択をすることで成功するのである。
私は別に成功した訳ではないが、本来ならニートで一生を送るはずが、奇跡的に社会の最底辺にでも参加出来ているのは、時間のかかる遊びや趣味や付き合いがなかったからだ。
私は昔、まだまだ未熟なプログラマーだった時のある年の年末から、翌年のゴールデンウィーク明けまで、1日も休まず、朝7時半に出勤し、夜は0時前まで働いた(0時で駐車場が締まるので、やむなくその時間で帰った)。
結局、過労で倒れて、そんな生活は終わったが、その間にスキルは急上昇した。
だが、そんなことが出来たのは、暇で退屈だったからに他ならない。

人生とは暇つぶしだ。
だが、どんな暇つぶしをするかで運命が決まる。
つまらない友達とだべったり、つまらない遊びで暇つぶしをしてはならない。
暇つぶしにゲームをするなら、戦略ゲームのような、思考を鍛えるものをやるべきと思う。このことは、ドワンゴの川上会長も薦めていたように思う。ただ、やり過ぎもいけないが。
また、自動車のハンドルさえ握っていれば満足と言って、一晩中、車に乗って「流している」者も割にいたが、大抵はロクなことになっていない。
私は二十歳そこそこで自分の車を持っていたが、あまり運転が好きでなかったので、その点も良かったのだと思う。

この世は暇つぶしのためにある。
だから、どんな暇つぶしをするかを、少しは真面目に考えるべきだろう。
まあ、ガッツポーズ(パワーポーズ)とマントラ(真言、呪文、念仏等)を忘れなければ、自然にうまくいくとは思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

間抜けさと恥が我々のアイデンティティー

スティーブ・ジョブズは大変に素晴らしい人だが、IQが高い彼が、笑えるようなことを、よく言ったりしたりもしている。
逆に言えば、IQが高い彼が、おかしなことをしてしまうのだから、それだけ大きく行動したってことだ。
そして、ジョブズがやった間抜けは、普通の人間のやる間抜けとは違う。個性的な間抜けさが、彼の魅力だ。

スタンフォード大学の卒業式の講演で、彼がちょっとした冗談を言った。
彼は、リード大学という私立の名門大学に入学したのだが、すぐに中退している。その理由について、彼は、
「スタンフォード大並に高いリード大学の学費が両親(里親)の大きな負担になっていた」
と言ったのだ(アメリカの私立大学の学費は日本よりはるかに高い)。
まあ、「君達のような裕福な家の子じゃないんだ」ということである。
しかし、彼は、大学の寮の友達の部屋に居座り、面白そうな講義に出ていた。
立派な法律違反だが、非難する人なんかいないばかりか、称賛されている。
これが有名な、ジョブズが作り出す、「現実歪曲空間」か。つまり、彼は、現実を支配出来る。

彼の話のメインは、人生のある時の点(勉強したことや経験等)が、未来の点(成功、幸運、悟り等)につながるということだった。
(ここらは、初音ミクさんの世界的名曲『Tell Your World』に絶妙に表現されている)
ところが、それと共に印象深く、重要なことは、あまり誰も指摘しないが、彼が、
「つながると信じるしかないんだ」
と言ったことだ。
そこが人間の限界である。
彼ですら、それ(人間の限界)を感じていた・・・というより、現実を支配出来る彼だから感じていたのだ。

そのこと(彼が人間の限界を感じていた)についての話のために、彼の別の、笑える話をする。
もっとも、彼にとっては「笑えない」ことだったが。
彼は、若い時に、神秘主義に魅かれ、インドに行った。
頭を剃り、修行僧のような格好で外を歩く回っていたのだと思うが、野外で激しいスコールに遭う。
それは、彼が全く経験したことがないような、恐ろしい勢い、水量で、ジョブズは強い恐怖を感じ、思わず神にこう祈る。
「神様!助けてくれたら善い人間になります!」
さて、助かった彼は、神様との約束を忘れなかっただろうか?
何とも言えない。

つまりね、最後は、神頼みしかないこともあるのだ。
それで、さっきの、「人生の点と点がつながると、信じるしかない」であるが、まさに、人間としては、信じるしかない・・・神頼みのようなものだ。
どういうことかというと、人間には何も分からないってことだ。
もっとも、普通の人(IQが高くない人)には、何も分からないってことが分からないのだがね。
人間が何も分からないっていうのは、1つには、人間の感覚の問題がある。
人間というのは、時間と空間を通してしか、ものごとを認識出来ない。
普通の人は、時間と空間の中にあるものが、この世の全てだと思っている。
あまり細かく言わないが、時間と空間なんて、広大な壁に空いた、小さな小さなのぞき穴みたいなものでしかないのだ。
人間は、その小さな穴を通してしか、世界を知ることは出来ない。
さらに、人間の脳は、ロジャー・ペンローズが言うように、脳の器官が起こす量子的作用で意識を生じる、一種の量子コンピューターなのだが、アーサー・ケストラーが「人間の脳は、どうしようもない出来損ない」と思ったほどに、制約や不味い配線だらけだ。

そんな人間は、「信じるしかない」のである。
だが、若きジョブズが、自分ではどうにもならない事態で神様にすがったように、自分の無力を知って初めて、自分を超えたものを、間抜けな形であろうと、少し感じることが出来る・・・のかもしれない。

其(そ)して恥を知り 惨めになれば
全てが廻りだした
~『心臓デモクラシー』(作詞・作曲・編曲:みきとP、歌:初音ミク)より~

人間を超えた大きな何かから見れば、IQが超高い人も、低い人も、全く差はない。
いや、IQが低い人でも、そんな存在に頼めば、高くなるかもしれない。
ただし、ジョブズがスコールで味わったような絶望から来る切実さがあればだが。
そんな絶望を感じるためにも、プレッシャーを感じることを、いろいろやってみることだ。
もう若くない?
その方が簡単なのだよ。
ニートを脱出出来そうもない?
ベリーグッドだ。
だがまず、現実を見て、「恥を知り、惨めになる」ことだ。
もっと、もっとね。
その意味で、ネットの情報という曖昧なソースからだが、SMAPの木村さんが今後、大飛躍しそうだ。
彼は、50代になったら、ジョブズ並の良いスピーチをしてくれるかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ