ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

スティーブ・ジョブズ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

引き寄せは超簡単である

引き寄せの法則に関し、
「あなたはなぜ引き寄せがうまくいかないのか」
「こうやれば引き寄せが出来るようになる(これを知らないから出来ない)」
といった調子の書籍が沢山出ている。

だが、引き寄せなんて、ちっとも難しいものではなく、子供でも出来るし、ある意味、動物や虫でも出来る。
一方で、ジョセフ・マーフィーの潜在意識の法則の本や『ザ・シークレット』に載っていたようにやったが、お金もスポーツカーも彼女(彼氏)も出来ないという人が多い。
なぜ、引き寄せがうまく出来ないのかというと、理由は1つで、「熱意が足りない」だけである。
この点は、インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジも端的に指摘していたと思う。
スティーブ・ジョブズも、有名なスタンフォード大学の卒業式のスピーチで「ハングリーであれ」言ったことが、それを簡明に示している。
言うまでもなく、ハングリーであることが強い熱意を起こすからだ。
逆に、ハングリーでもないのに、何かを得られるはずがない。
アインシュタインも言ったものである。
「空腹でない猛獣に、鞭で無理矢理、餌を食べさせることは愚かだ」

引き寄せの本には、「目標は大きい方が良い」みたいなことが書かれていることが多い。
目標が大きければ熱意が湧くなら、それで良いが、大抵はそうはならない。
働いたこともないニートが、「目標年収5千万円」なんて言っても、そりゃ、そんなことが叶えば嬉しいなあとは思うかもしれないが、熱意なんて全く出ないに決まってる。
親がそこそこの収入があり、自分は家でゴロゴロしゲーム三昧でも美味しいものが食べられ、いい服も買ってもらえるのに、働いたり、お金を稼いだりする熱意は出ない。
ところが、そんなニートが40代、50代になり、親が死んで生活が出来なくなった時でも、残念なことに、自分で働こうとか、自分でお金を稼ごうなんて熱意は起こらないのである。
社会が、高齢のニートを受け入れるはずがないことくらいは解るので、不安が大きくて働こうなんて熱意が湧かないのだ。
つまるところ、ニートがなぜ悪いかと言うと、熱意を持てないので、引き寄せが出来ないことだ。

では、年収300万円の人は、年収500万円くらいに目標を設定すれば良いのかというと、それも、それで熱意が持てるかどうかの問題なのである。
「今は年収300万円だが、どうしても500万円にしたい」という熱意があれば簡単に叶うが、大抵は、年収300万円であることに不満を持ちつつも、多くは求めないものなのだ。
年収が高い人を見て、「自分も絶対こうなりたい」という熱意を持てれば幸いである。

では、こんなのはどうだろう。
若い男なら、「可愛い彼女が欲しい」という、かなり強い熱意を持っているはずだ。
だが、多くの場合叶わない。
これは現代の特徴だ。
本当は叶うはずのものだが、今の時代は叶わないことが多い。
理由は簡単だ。
それは、「彼女が欲しい」という熱意はありつつ、「俺に本物の女の子の相手なんて無理」などという、負の熱意があるから。
もっと簡単に言えば、熱意が歪んでいるからだ。
けれども、これを論じだすと、やっぱり、「なぜ引き寄せが出来ないのか」の不毛な話になってしまう。
だが、大丈夫だ。
解決策も簡単なのだ。
それは、「女のことなんか忘れてしまう」ことだ。
そうすれば、自然な熱意が湧いてきて、あっという間に、理想的な彼女が出来るのである。

私の知り合いの成功した経営者達の本棚を見る機会がよくあるが、皆、何らかの引き寄せの本を1冊は持っている。
逆に言えば、あるのは大抵1冊で、そのことが印象的だ。
どの引き寄せの本も同じなのである。
そして、本当は、読むまでもないのだ。
ただ、「願いは叶うものだ」ということを知っていれば、それで良い。
だが、そんなことを教えてくれる親や教師は滅多にいないので、1冊は読んでおくと良いだろう。








わがままな人は引き寄せが上手い

頭の中でイメージした通りに現実が変わるという話がある。
そう言われたら、普通は、
「そうなるよう行動したからだろう。例えば、赤い色の服を着ている時に、青い服を着ている自分をイメージし、その後、青い服に着替えたら、イメージ通りになるじゃないか」
と言うかもしれない。
しかし、イメージした内容が、自分の力ではどうにもならないようなものであることがある。
ある人は、自分が住みたいアパートについて、部屋の間取りや窓や玄関の大きさや形、アパートの周辺の様子などを、こと細かくイメージしたら、そのイメージとほとんど同じアパートが、すんなり見つかり、そこに住めるようになった。
偶然と言うには、あまりに細かいところまでぴったりイメージと一致し過ぎていたのだ。

こういったことを、引き寄せの法則では、人間の内には、神のごとき力があり、現実を引き寄せた、あるいは、作り出したと説明する。
このように「神」という言葉を使うのは便利だ。
神は万能なのだから、細かい説明の必要がなくなる(抽象的な説明だけで済む)。
しかし、ごく理屈っぽい科学者が、引き寄せが実際に起こるのを確認して、分かるところまで理屈で説明しようとした。
中山正和さんという、発明家で、能力開発の研究および実践家として、海外の一流企業でも知られた人だ。
彼が自分で納得した、引き寄せの仕組みを簡単に言えば、次のようになると思う。
人間の思考や感情を細かく観察すると、それは複雑に見えながらも、全ての人間に共通するパターンが見られる。
単純に言えば、人間は「不快」を感じると、それを「快」にしたがる。これは当然と思う。
暑くて不快なら、涼しい所に行くなり、部屋にクーラーを付けるなりして涼しくして快をもたらすように、考え、行動する。
早い話が、人間は快感を求める生き物だが、考えてみれば、どんな生き物も同じだ。
だが、人間には、他の生き物と違うところが1つある。
それが、イメージする能力で、それを持つから人間は神に近い。
言い換えれば、イメージする能力が神の能力であり、人間はそれを受け継ぐ。
そして、中山さんは天才なので、あることに気付く。
それは、イメージと現実が違っていたら、生命にとって都合が悪く、不快を感じるということだ。
そこで、生命は、イメージと現実が同じになるように働き出す。
そして、生命の力は、人間の想像をはるかに超えているのである。
だから、現実が「ぐにゃり」とイメージの通りに変わる。
だが、その能力が高い人と低い人がいるように思える。
その能力が最も高い1人がスティーブ・ジョブズで、彼を知る人は、彼の思考は「現実歪曲空間」を作り出すと言った。
ではなぜ、ジョブズは、現実を(おそらくはイメージ通りに)変える力があったのか?
それは、早い話が、彼は「わがまま」だったのだ。
わがままなので、現実とイメージが異なることが我慢出来ないのだ。
彼が、ひどい癇癪(かんんしゃく)持ちで激情家であったことは、よく知られている。
実を言うと、ビル・ゲイツもそうだということは、今ではあまり言われなくなった。大物だから、もう、そんなことは言われないのだろう。
まあ、トランプ大統領だってそうだ。
しかし、わがままであっても、心の強さがあり、そして、世界が自分のイメージ通りになると信じているのだ。
そのために最も必要なことが、チャーチルが言った「決して屈服しない」ことだ。
もっと一般的に言えば、諦めないことである。
私の身近な成功者が、「成功する者は成功するまでやる」と言っていたのが印象深い。
彼も実にわがままである。








世界という夢をどう旅するか

世界は心が作り出した幻影、あるいは、夢のようなものであるという説は、太古と言って良い昔からあり、今もある。
近代に入ってからは、(当時の)現代事情にも詳しかった、ラマナ・マハルシやパラマハンサ・ヨガナンダといったインドの聖者達は、世界は映画のようなものだと言っている。
つまり、世界は本物のように見えるが、実は、スクリーンに映った映像のようなものに過ぎない。
もっと具体的には、フィルムは潜在意識の中の想いで、それが投影されたものが世界だ。
今なら、世界は、舞台上に3次元映像で現れて歌って踊る初音ミクさんのようなものと言った方が、より的確かもしれない。
アメリカで、ミクさんのライブに来ていたアメリカ人が「僕たちは、ただのスクリーンを見に来ている訳じゃない」と言っていたが、初音ミクさんが現実かどうかを決めるのは心であるということだ。
そして、我々が現実と呼んでいる世界も、それを非現実と思っている人にとっては夢や幻でしかない。
初音ミクさんを映し出す装置は比較的理解し易いが、我々が世界と呼んでいるホログラフィック・ワールドとでもいうものを映し出す装置は、さっぱり理解出来ないほど高度なので、リアリティが違うのだろう。
中国の『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』という映画の、冒頭に流れる歌は、「人生は夢の中で旅をしているようなものだ。だから、そよ風だってため息のようじゃないか」と歌うが、なかなか良い表現だと思う。

そこで、普通の人の興味としては、世界は潜在意識の想いが作り出す幻だと言うなら、なるべくなら、楽しいと思える幻にしたいということだろう。
寝る前に「どうせならいい夢を見たい」と言うようなもので、未来の希望を夢と表現するのだから、「未来は良い夢を見たい」と思うのも、根本的には変わらないかもしれない。
それなら、現実世界よりは、自由に変えやすいと思える夜の夢を変える練習をすれば良いのではないかという発想もあり、実際、そんな訓練jがあるらしいが、本格的に訓練したって、なかなか好きな夢を見ることは難しい。
そこで目をつけられたのが覚醒剤で、これは、面白い世界を比較的簡単に生み出せるのだから、これで現実を変えるヒントを得ようという考え方と思う。
無論、覚醒剤には危険性もあるが、多種の覚醒剤の中には、注意して扱えば危険性が低いものもあり、アップル創業者のスティーブ・ジョブズがLSDを使っていたことはよく知られているし、ビートルズのメンバー達もそうだったという話がある。
物理学者のフレッド・アラン・ウルフは、インディアンに伝わる覚醒剤によるトリップを、それに慣れた人の指導の下で行い、驚くべき体験をしたことを書籍にも書いているが、それは、単なる幻覚ではなく、客観的現実世界に影響するものであるといったような記述をしていると思う。
そして、問題なのは、スティーブ・ジョブズ、ビートルズ、フレッド・アラン・ウルフといった人達の傑出した業績には、覚醒剤の(良い意味での)影響があったに違いないということだ。
ただ、サルトルは、覚醒剤を自分で試してみて、制御が効かないことを理由に否定的な見解を示し、コリン・ウィルソンもそれに同意しているようである。
そこで、多くの人達が、もっと安全な精神覚醒法を紹介しているのだが、そのどれが良いのか分からないから困るのである。
コリン・ウィルソンもいろいろなやり方を著書で紹介してはいるが、はたして、どれほど効果があるのか分からない。
だが、精神覚醒法を趣味のように考えている者には、案外にうまくやっている者もいると思う。
こういったことも、深刻にやってしまうと、それが世界に投影され、世界は深刻なものになる。
きっと、初音ミクさんが、この幻の世界とリアル・ワールドをつないでくれる・・・そのくらいに思った方が良いかもしれない。













当ブログ著者、KayのAI書。
数学、プログラミング、AI理論が解らなくても、Excelを使える程度のスキルがあれば、誰でも自分で実用的なAIを作れるようにまることを目指しました。
同時に、「モンティ・ホール問題」や「囚人のジレンマ」を簡単なシミュレーションプログラムで解明し、AIに解かせるというのは、著者にとっても画期的で楽しいものでした。これまで、他の人がやったのを見たことがありませんでしたので。
他のコンピューター書とは一味違う(ある意味、素人っぽい)面白い本だと思います。

素人に毛の生えた程度で良いから必ず専門を持て

専門を持たずに、成功したり、お金持ちになったり、あるいは、悠々と人生を送れる人はいない。
ところが、成功者の中には、「俺は何も出来ないよ」と言ったり、「学問には、専門家になる学問と専門家を使う学問がある。俺は後者をやった」と言う者がいる。
しかし、そんな者だって、絶対に専門はある。
ただし、その専門が、必ずしも一流である必要はない。
例えば、一世を風靡した評論家の竹村健一氏は、留学で身につけた英語で売り出したが、本人が「僕の英語なんて、素人に毛が生えた程度ですよ」と言ったのは、それほど謙遜でもないと思う。
「素人に毛の生えた」・・・そのくらいが良いと思う。

アップルは、マイクロソフトやグーグルと違い、基本的にハードウェアの会社だ。
創業者のスティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックがハードウェア技術者だったから、そうなったのだと思う。
ところで、ウォズニアックはハードウェアの天才だが、ジョブズは、大したことはなかった。
ジョブズは、高校時代に、コンピューターの基盤か何かのハードウェアを作る会社でアルバイトをしたりで、コンピューターハードは好きだったらしいが、1つの伝記によれば、「現場のリーダーが出来る程度」のレベルだったらしい。
また、ジョブズは、リード大学を辞めた後、リード大学でカリグラフィ(文字装飾技術)の講座を熱心に聴いたらしいが(はっきり言って違法だ)、そのカリグラフィの知識が、後に、マッキントッシュコンピューターを作る際に役に立ったというから、一応、これも専門と言えるかもしれない。しかし、やはり、ちょっとの間、大学で無断受講したというだけで、高度な専門家とは言い難い。
ジョブズもまた、素人に毛の生えた程度の専門で始めたのだ。

また、マイクロソフト創業者の1人で、世界一の富豪ビル・ゲイツは、若い頃、「天才プログラマー」と言われていたが、それは怪しい。
彼は、自分のプログラマーとしての実績は「8080BASIC」という、初期のマイコン(パソコンの体をなさない簡易コンピューター)用のBASIC言語だけと言うが、その8080BASICも実は、共同創業者のポール・アレンがほとんど作ったものらしい。
私は、ビル・ゲイツもまた、プログラミングに関し、普通の人に比べればかなりやるとは思うが、やはり、素人に毛の生えたレベルと思っている。

マイクロソフト日本法人の社長だった成毛眞氏が、著書で、「いまどきC言語なら分かると言うのは時代遅れのおじさんだ」みたいなことを書かれていたが、C言語がそこそこ出来れば、素人に毛の生えた程度の専門として有益だ。
C言語だけは、代替が効かないプログラミング言語であり、最も基本的な言語だ。
ドワンゴ創業者の川上量生氏が、インタビューなどで「C言語を使っていた」「しかしプログラマーとしての実績はない」と述べられていたのが、まさに、素人に毛の生えた専門家だったのだと思う。

船井総研を作った船井幸雄氏は、オカルトおじさんのように思っていた人も多いと思うが、彼も、マーケティングの専門家だ。しかし、若い頃は「船井にまかせると会社を潰される」と言われていたと、本人が言っていたらしいが、そのレベルの専門家だったということと思う。
斉藤一人さんも、本来は、そこそこの漢方の専門家なのではないかと私は勝手に思っている。
だから、彼らの本が役に立つとしたら、専門を持っていればの話で、何も特技がない者が「ツイてる」って言ってもツカないのであると私は思う。

だから、何も専門を持っていないというのは駄目だが、別に、超一流でなくても良いのだ。
素人に毛の生えた程度で良いのである。
ただ、素人に毛の生えた程度の専門でも、本を読んだ程度で身につくものではなく、それなりに実践をしなければならない。
会社勤めしている人なら、Excel VBAをやればどうかと思う。
業務を効率化したり改善する強力なツールなので、活用出来る場面は多いので、実践も積み易い。
英語も良いが、今は、英語が出来る人が多いので、むしろ、中国語が良いと思う。
実際、毛の生えた程度の中国語が出来る人で、その他に特に大した能力がなくても、良い思いをしている人を私は結構知っている。
ジム・ロジャースも、子供に中国語を教え、日本を見捨てるよう進言していたが、あながち荒唐無稽ではないと思う。
とにかく、専門を1つ。ただし、実用的なものを。
私で言えば、2年ほどはセールスをサボりながらではあったが、本を読みつつ実践したし、プログラミングも絶対に超一流ではなく、やはり、素人に毛の生えた程度である。













当ブログオーナー、KayのAI書。
普通の人が役に立つAIを作るために必要なことは、「問題を推測問題に捉え直すセンス」です。数学、プログラミング、AI理論ではありません。
AIは今や、誰でも作れます。しかし、Excelを使えるスキルは、今後も必要になると思います。AIには、データが必要だからです。
この本では、普通の言葉を使い、なるべく楽しいテーマで実習をし、自分でAIを作れるようになることを目指しました。

馬鹿なことをしたくなった時

人間は、「良い選択をした」と思った時は、大抵、間違った選択をしている。

1881年10月26日、アリゾナ州コチセ郡トゥームストーンので起こった銃撃戦、通称『OK牧場の決闘』を題材に、多くの映画が作られた。
その中で最も有名なものが、1957年公開の、バート・ランカスターとカーク・ダグラスが共演した西部劇『OK牧場の決斗』だ。
日本では、史実を『OK牧場の決闘』、映画を『OK牧場の決斗』と表記するが、英語ではいずれも“Gunfight at the O.K. Corral”だ。

『OK牧場の決斗』で、こんな印象的な場面がある。
賭博師のドク・ホリデイ(本名はヘンリー・ホリデイ。歯学博士を取得している元歯科医)が、名高い名保安官ワイアット・アープに、何と、儲け話を持ちかける。
それは、ワイアット・アープが、悪名高いドク・ホリデイを町から追っ払うために来た時だった。
ホリデイはアープに、自分に千ドル投資すれば、大儲けさせてやるというが、もちろん、アープが耳を貸すはずがない・・・と思いきや、アープは承諾してしまう。
しかし、いかに、ホリデイが話術に長けた詐欺師でもあっても、百戦錬磨の名保安官アープが騙されるはずがない。
吹き替え版では、アープは「一生に一度くらいは馬鹿なことをやってみたくなった」と、半ば言い訳を自分にする。

アープが、ホリデイに男惚れし、友情を感じていることは見れば分かるが、ホリデイは誰もが認める最低のクズだ。
だが、最初に述べたように、人間は「良い選択をした」と思う時は、大概、愚かな選択をしている時だが、「馬鹿な選択をした」と思った時は、それが正解なのである。
理屈の頭は、いつも間違うのだ。
直観と理性が対立した時は、直観を選んで良い。

同じことが再度起こる。
アープが、殺し屋3人を逮捕に向かおうとした時、助手が出払っていて1人もいなかった。
近くでそれを聴いていたホリデイは「俺が手を貸そうか?」と言うが、当然、アープは「馬鹿を言え。俺1人でやる」と言い捨てて出て行く。
だが、アープは立ち止まって戻って来ると、ホリデイに「右手を上げろ」と言う。そして、保安官助手採用の簡易儀式をやり始めるが、すぐにアープは、「馬鹿らしい」と言って取りやめ、口で「保安官助手採用だ」と言って、ホリデイと出動する。

馬鹿なことをやったことがない人生は淋しいものだが、今は、そんな人が多い。
参議院幹事長、蓮舫(れんほう)氏が、新型コロナウイルスで親の収入が激減した等の理由で、大学を辞めざるをえなくなっている人のことを「高卒になってしまう」と言って、低学歴者を差別したとして非難されたが、私なら、「高卒になっちゃえば良い」と思う。
大学に通っている者の多くが、実は内心、「辞めた方が良い」と思っているのに、それは、理屈や理性では「馬鹿な選択」なのでそれが出来ない。
もし、コロナのおかげで、そんな「馬鹿な選択」をする後押しがされたなら、乗ってみてはどうだろう?
素晴らしく楽しい人生になるかもしれない。
まあ、後で後悔するかもしれないが、この程度の後悔は安いものに違いない。責任は持てないが(笑)。

本当は、「馬鹿な選択が正しい」と言うよりは「気持ちに素直な選択は正しい」と言うべきだろう。
だが、「素直な選択」は、やはり馬鹿に見えることが多い。
スティーブ・ジョブズが大学を辞めたのは、元々、やる気がなくなっていたのと、里親の財産を使い果たすのが嫌だったからだ(ジョブズが在学していたリード大学の学費は、今で言えば年間400~500万円以上)。
『まちカドまぞく』で、優子がバイトをして、桃への借金を返しに来た時、桃は、優子のバイト代全部を巻き上げるのが嫌で、返済を拒否する。
それを優子も拒否するが、桃の家庭事情の一端を垣間見て(桃に家族はいない)、何かを感じて、それを受け入れる。
どれも大正解であったが、ジョブズは、あの有名なスピーチで、その最善の部分を説明していない。自分でも気付いていなかったのだろう。













KayのAI書。5月30日発売。
これまで、人間を拡張し、能力を高めてきたものには、火、馬、馬車、自動車、鉄道、飛行機、銃、ダイナマイト、電気、コンピューター、インターネット等があります。
そして、人類は、いよいよ、最強のパートナーAIを手に入れます。
AIは、本当は、AI( artificial intelligence;人工知能)ではなく、EI(extended intelligence;拡張知能)です。権威者は、これを独占しようとしますが、そんなことをされたら、あなたはプライバシーを丸裸にされた奴隷です。
この本を手掛かりに、自分を著しく拡張する武器を手に入れましょう。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード