ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

スティーブ・ジョブズ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

偉人の誓約

GAFAの一角であるアップルの共同創業者スティーブ・ジョブズは、特に若い時は、人間的に悪い評判もあった。
ところで、彼は、若い時、ヒッピーであったし、東洋思想に傾倒していた。
そんな彼が、インドに行った時のことだ。
そこで、ジョブズは、アメリカでは経験したことがない、スコール(突発的な烈風)に伴う猛烈な豪雨に野外で見舞われた。
そのあまりの凄まじさに、死の危険を感じ恐怖したジョブズは、他に頼る者のない中で神に祈った。
「助けて下さいましたら・・・善い人間になります」
ジョブズは死なずに済んだが、私は、この、ジョブズの神との約束は、冷笑と共に「守られなかった」と思っていた。
その後の彼の言動からして、そう思えたからであるが、今思うと、ジョブズは、それを守ろうとしていたのかもしれないと思う。
確かに、人間は、短期間に人間性を大幅に向上させることは、なかなか出来ない。
及第点に達するには、何年も、あるいは、何十年も、あるいは、一生かかっても駄目かもしれない。
しかし、決意することは出来るし、そうすれば、そうでない場合とは比較にならないほどの向上が期待出来ると思う。

危機的な状況に陥った時、神に祈る人は多いだろう。
しかし、普通は、お願いするばかりで、犠牲の誓約を差し出すことは、なかなかしない。そうしたくないと言うよりは、思いが及ばないのだ。
春日局は、幼少時の徳川家光が重病になった時、その回復を神に祈願し、それと引き換えに、自分は生涯、薬を服用しないことを神に誓った。もちろん、家光は無事に回復している。
上杉謙信は、戦での勝利を毘沙門天に祈念する際、生涯、女を抱かないことを誓い、それを守った。そして、謙信は、生涯、戦では負け知らずであった。
だが、ジョブズの「善い人間になる」は、単純ながら、最も好ましいものではないかと思う。

私は、先月(2021年12月)の初め頃、皮膚病が最も悪い時、神に祈ったとしても、そういった制約を思いつかなかった。
ここらが偉人との決定的な違いかもしれない。
皆さんは、願いと共に、是非、「善い人間」になるよう誓約されれば、偉人の仲間入りが出来るかもしれない。
今朝も書いたが、私は、せめて「立派な人間」になることを心掛けようと思う。まあ、相当時間はかかるだろうが、とにかく、そうしよう。








皆、こうして天才・超人になった

一気にハイレベルな神秘力を得た人は、それは偶然のきっかけによる場合がほとんどと思う。
コリン・ウィルソンは、ただの文学かぶれの青年に過ぎなかった19歳の時、自殺するために、劇薬である青酸カリを、いまや口に含もうとした時に、その極度の緊張の反動のようなもので意識が澄み渡り、別の次元を垣間見、それで天才になった。
インドの聖者ラマナ・マハルシは、16歳の時、部屋で寝転んだら、不意に金縛りにあったが、スポーツ万能の彼であっただけに、全身が動かないことへの恐怖を感じ、それに反発して強い集中を長く行ったことで、一気に意識が覚醒したのだと思う。そして、彼がそんな状況になった原因は、身体や脳に、何らかの異常があったのではあるまいか?
なぜなら、彼は、ボクシングや水泳に励んでいたことで、脳に、衝撃や振動、あるいは、酸素不足の状態をかなり作り出し、それが蓄積することで、何らかの症状があったのではないかと思う。
著名な精神科医であり、『パワーかフォースか』で知られる神秘家であるデヴィッド.R.ホーキング博士も、少年時代、事故が原因で、厳寒の中で凍死しそうになった時、神秘的なビジョンを見て、それから、世界を自由に動かせるようになったらしい。
こんな話は無限にあるし、おそらく、並外れた人間には、必ず、こういった体験があるのだと思う。
そして、これらの現象は、アルコールで引き起こされるものより、ずっと強力であるのだと思う。
例えば、スティーブ・ジョブズや著名な哲学者サルトルの場合は、ヘロインやLSDのような幻覚剤を使ったが、同じような著名人は、上げればキリがないほどだ。

確かに、粘り強く「私は在る」と唱えれば、超越次元に入れるが、それまでに、飽きて止めてしまう人が多いのである。
かなり根気強くやっていた人でも、もっと刺激のあるものがないかと思ってしまい、別のことをやって、「私は在る」と唱えることを止めてしまう場合が多いのだと思う。

日本では幻覚剤が法律で禁止されているが、そうでなくても、それらを使って高次元に入るのは、むしろ弊害が多くて、悪い状態になる場合がほとんどだ。
サルトルだって、自分の体験から、他の人には、幻覚剤を使わないことを勧めていたほどだ。
並の人間の場合、その影響をコントロールし難く、下手をしたら、脳に変調をきたすことになる。
だが、高次元に触れたことがある者と、そうでない者では、引き寄せや世界の創造能力は相当に違う。
合法的なやり方もいろいろあるが、やはり、どこか危険なのである。
合法的なやり方とは、例えば、瞑想やヘミシンクだが、これらは、うまくいくことは少ないし、悪い結果になることもある。
実は、案外に効果がある怪しい方法もあるのだが、気楽に教えるべきではないだろう(笑)。

ただ、ほとんどの人には、高次元への参入は必要ない。
とはいえ、普通にやっていては、どん底に落ちるしかない、どうしようもない人間が確かにいる。
実のところ、スティーブ・ジョブズも、コリン・ウィルソンも、本来は、最底辺の人生を送り、60歳かそこらで半分野垂れ持になるような(あるいは本当に野垂れ死にする)運命だったのだと思う。
だが、彼らは、道があることを信じ、それを強烈に求めたのだ。
そして、人間を超えたければ、彼らのようにやるしかない。
敢えて繰り返すと、道があることを信じ、それを強烈に求めることだ。
その気持ちがない者が、幻覚剤を使ったり、特別なテクニックを教えてもらって行うと、もうロクなことにならない。
もし、今の自分の状況がどうしても嫌で、何としてでもそこから抜け出し、神のように生きたいと、本気で願うのでなくてはならない。
それが出来ないなら、小市民としてせいぜい安楽に生きることを願うべきである。
だが、本気であるなら、「求めよ、そうすれば、与えられる」である。
本気なら、導きは向こうからやって来る。
そうなれば、僅かな回数、あるいは、たった1度、「私は在る」と唱えただけでうまくいくかもしれない。
だが、それまでは、ダメモトでも「私は在る」と唱えなければならない。
そして、何かと戦いながら、人間を超えることを、強く強く求めるのである。それが高次元参入の資格である。








あなたを守る「現実歪曲空間」の簡単な作り方

引きこもりで、致命的に人間関係のイロハを知らず、社会不適合者だった者が、社会に出てみたら、大活躍というのではないが、どこでも、一番の実力者に大事にされ、仕事もせずに高い給料をもらい、良い想いばかりしていた。
そんなふうになれる簡単なノウハウがあれば、知りたいものである。
では、教えよう(笑)。

彼は、楽しくない引きこもり生活をしていた時、ジョセフ・マーフィーの本を1冊買って、あまり熱心に読んだわけではなかったが、1年くらいかけて通読した。
そして、気紛れで就職面接に行くと、「じゃあ、来月から」という話になり、その帰りに書店に寄って、もう1冊、ジョセフ・マーフィーの本を買った。
それだけである。
では、ジョセフ・マーフィーの本に書いてあることを真剣にやったのかというと、それはなかった(笑)。
たまに、ちょっとやる程度だ。
では、ジョセフ・マーフィーの本が、そんなに良いのかというと、そうかもしれないが、それはどうでも良い(笑)。
いや、ある意味、ジョセフ・マーフィーの本は、極めて良いところがある。
それは、ジョセフ・マーフィーの本には、「神」という言葉が多く使われていることだ。
それだけで良いのである。
そもそも、ジョセフ・マーフィーの本が、世界的ロングセラーを続けるのは、内容そのものよりも、「神」という言葉が多く使われているからだと思う。
他にも、トランプ大統領が愛読するノーマン・ヴィンセント・ピールの『積極的考え方の力』や、他にも、トラインやアディントン、シュラー、ワトルズなどの、世界的に売れたニューソート(キリスト教新思想)関連の啓蒙書は全て、そうなのである。「神」という語を多く使わなかった本は売れていない。
何より、人類史上最大のベストセラー『聖書』は、最も多く「神」という言葉が使われているのである。

つまり、「神」という言葉を、読んだり、見たり、思ったりするごとに、パワーフィールド・・・スティーブ・ジョブズの言うところででは「現実歪曲空間」が発生し、「神」という言葉を多く使えば使うほど、このパワーフィールドが強く大きくなる。
このパワーフィールドは、あなたの生存確率を高める・・・つまり、あなたを守り、快をもたらすエネルギー場なのである。
そもそも、ジョブズこそが、頻繁に「神」という語を思う人だったのだ。
ジョブズが、インドで激しいスコールに遭った時の話が面白い。
スコールのあまりの凄まじさに、すっかり恐怖したジョブズは、こう祈ったのだ。
「神様、命を助けてくれたら・・・良い人間になります」
多分、彼は約束を守らなかったが(笑)、それはまあ、どうでも良い。
賢き神様に、そんなことが予測出来ないはずがない。
ただ、大事なのは、ジョブズが何度も「神様!」と思ったことなのだ。
彼がすい臓がんになった時、彼の症状では助からないはずだったが、奇跡的に手術で治る珍しい例であることが分かり、実際、一度は治り、彼は、ガリガリの身体になったが、力強く復帰した。
しかし、なぜかそこで、「神」という言葉を忘れたのだと思う。
『波動の法則』を見ても分かる通り、すい臓は潜在意識の座だ。そこをいじることで、彼は、何かの理由で「神」と思わなくなったのかもしれない。あるいは、使命を終えたと思ったのだろうか?

ちなみに、最初の話の引きこもりは私のことであり、長く研究して、この通りであることは、解明出来たと思う。
私は、あまり、パワーフィールド、あるいは、現実歪曲空間を大きくはしなかったが、確実に作り出した。それは、目に見えるほどである。
あなたも、現実が辛かったり、嫌であったら、早速作るべきと思う。








目的のために手段を選ぶ

成功する人は、パートタイムではなくフルタイムだ。
フルタイムとは、最低でも、起きている時間全部である。
とはいえ、フルタイムと言っても、野球選手が1日中バットを振っている訳ではないが(振っても良いが)、1日中、ずっと野球のことを考えているのである。
野球以外のことは考えないのかというと、野球のことを考えるついでに、他のことを考えているのである。
言い換えれば、生活しながら野球をするのではなく、野球をしながら生活するのでなければ、野球で成功しないのである。
法然は、生活しながら念仏をしていたのではなく、念仏しながら生活していた・・・念仏するついでに生きていたのである。

好きなら、少しも難しいことではない。
1日中やっている人は、次のように表に現れる。
世界的なロングセラー『信念の魔術』を書いたクラウド・ブリストルは、1日中、金儲けのことを考えていたので、ぼーっとしている時は、そこらにあるどんな紙にも、無意識に「$(ドル)」マークを書き、彼の周囲にある紙で出来たものは全て「$」で埋め尽くされた。
世界一成功したプロレスラーのバディ・ロジャースという人がいたが、彼は誰よりも練習したのではなく、とにかく、ずっとプロレスのことを考えていて、移動中も、他のレスラー達が、雑談したり、酒を飲んだり、ゲームをしている中で、ずっとプロレスのことを考えていたそうだ。

「俺はずっと女のことを考えている」「俺はずっと酒のことを考えている」というのは、何も考えていない証拠なのだ。
麻薬中毒者が、何も考えなかったので、麻薬のことばかり考えるようになって、麻薬中毒になってしまったのと同じなのだ。
つまり、人間は、何も考えないと、快楽に耽るようになってしまうのである。
なぜなら、快楽というのは生命力であり、それはつまり根源的エネルギーだ。
何かを考えることで、その根源的エネルギーを創造エネルギーに変換するのだ。
だが、創造的なことを考えないと、エネルギーは原始的な根源的生命エネルギー(エスと言う)のままで、思考は性的なことに支配されてしまうのである。
芸術家は、性的エネルギーにほぼ一致する根源的なエネルギーを、それ(性的エネルギー)に近いものに変換するので、芸術は全て性的なのである。
ピカソなんて、80歳過ぎても、エロい版画を鬼のように制作した。
漫画やアニメも芸術の一種なので、優れた作品で性的でないもの・・・つまり、エロくないものは1つもない。
性的エネルギーを最も遠いものに変換するのが科学で、優れた科学者にエロい人はいないし、成功した科学者がエロくなったら、もう科学者としては終わっているのである。
もっとも、芸術は性的エネルギーに近いとは言っても、性的エネルギーが変換されたものが芸術であることに変わりはないので、やっぱり、成功する人は、絵や彫刻や漫画やアニメのことを1日中考えることで、性的エネルギーを芸術に変換しているのである。

昔の栄光により名声があってもエロい人とは付き合わないことだ。
何も学べないどころか、同調したら、性的エネルギーを創造エネルギーに変換することが全く出来なくなる。
現役の優れた人は、性的なことを含め、美食やアルコールについてもストイックである。

クラウド・ブリストルは、元々は、タバコやお菓子といった快楽物質を欲しかったから金を欲しがったのである(若い時、金がなくてタバコが買えなかった)。
だが、彼の幸運なことは、タバコを直接求めたのではなく、それを得るためのお金・・・それも、いくらでも買えるだけの大金を欲しがり、当時のことだから、札束とか、銀行預金の残高を欲しがったので、そこらにある紙に、無意識に「$」マークを書くまでになったのである。
もし彼が、単に、タバコやチョコレートを求めたのなら、それらを盗んだかもしれないし、家族や友人にお金をせびったかもしれない。
しかし、それでは、永続的に欲しいものを得ることが出来ないと理解するだけの聡明さが、ブリストルにはあったのだ。
つまり、目的のために手段を選ぶ人間が賢いのである。

小説家になりたいなら、ずっと小説のことを考えているべきだし、本当に好きなら、それは容易だ。それを才能があると言うのである。
ピアニストになりたいなら、ずっとピアノ演奏やピアノやステージについて考えているはずである。
スティーブ・ジョブズは、事業のことを考えていたので、売れるデジタル製品やデジタルサービスについて考えたが、決して、良いデジタル製品やデジタルサービスについて考えなかった。
だから、彼は、自分が作ったアイフォンやアイパッドを、自分の子供には与えなかったし、自分では音楽配信サービスを使わなかった。
それについて、彼は、「僕は過去の人がつなげてきたバトンを落としてしまったかもしれない」と後悔し、それで、心が癌を作り出して死んでしまったのだと思う。
だから、我々は、皆のためになる方法・・・少なくとも、他人に迷惑にならない方法で、好きなことを考えた方が良いのである。








凡人に極められる分野は1つだけ

幸福な一生にしたければ、自分が好きで得意なこと・・・出来れば、三度の飯より好きなことを見つけ、それに邁進することだ。
出来れば、早いうちにそんなものを見つけ、1万時間もやれば、「1万時間の法則」が大体正しいと思うので、プロになれる。
そして、プロの中でも、所詮、長い時間を費やした者が抜きん出る。

ところで、では、コンピュータープログラミングはどうかというと、注意しないといけないことがある。
コンピュータープログラミングと言ったところで、分野が多いし、近年、ますます多くなってきた。
OSやコンパイラなどを作る基本システム分野、通信分野、グラフィック分野、統計分野、シミュレーション分野、企業システム分野、AI・・・そのいずれにも、さらに、小さくはない専門分野がある。
IT業界で、上位者として楽しく仕事をしている人は、ある程度は何かの分野に特化している。
私のように、あれこれ手を出してきた者は中途半端になる。
どの一分野も、生涯をかけても、なかなか究極までは到達しないので、やはり、いずれは(ただし、あまり遅くなく)専門分野を決めた方が良い。

アインシュタインは学生時代、数学と物理学のどちらの研究者になろうか迷ったらしいが、数学は、その一分野でも一生をかけて足りないと思ったことが、物理学を選んだ1つの要因であったらしい。
それでも、世の中には、ロジャー・ペンローズのような数学者にして物理学者という凄い人もいるし、数学に強い物理学者も多い。
だが、アインシュタインがそうなのだが、湯川秀樹も数学はあまり強くなかったらしい。
しかし、そのように、物理学に特化したから、2人は大成功したのかもしれない。
大谷翔平さんも、ピッチャーかバッターかのどちらかに特化した方が良いと思う。
また、ピッチャーの中でも、野茂英雄さんは、ほとんど、ストレートかフォークしか投げなかったという。
それどころか、ナックルボールを磨きに磨いて、それ一本で名投手になったメジャーリーガーもいて、考えてみたら、それは楽しいことだと思うのだ。
バッターでも、ホームランしか狙わなかった落合博満さんや、単打を重視したイチローも、やはり、特化を狙ったことが良かったように思う。

言うまでもなく、「俺は酒の道一本」だとか、グルメ道に血道を上げるとか、色の道一筋というのは、まあ、99%以上は悲惨な結果になる。
エドガー・アラン・ポーは、確かに酒が入る度に筆も冴えたらしいが、彼は普通の人ではない。
しかし、この大天才も、酒のために40歳で貧困の中で病死している。
しかも、その2年前、エドガーが24歳の時に13歳で結婚したヴァージニアも結核で死んでいる。
まして、凡人である我々は、ある程度は快楽を避け、節制に励むべきだし、快楽の誘惑に勝てるだけの充実感を得られるものを見つけることが大切だ。
思うに、ポーは天才過ぎて割と簡単に成功出来たので、余裕があり過ぎたことが災いしたのだろう。

とにかく、「自分の専門は何か」に対し、1秒で答えられないなら、迷い多い人生になりかねない。
その問いに対し、まさか「酒飲み」とか「ただのゲーマー」とは答えられない。
そして、長年続けてきたことに価値があれば、望まなくてもお金は入って来るだろう。
けれども、何も特別なことを続けてこなかったら、寂しい晩年になる。
元マイクロソフト日本法人の社長だった成毛眞さんは、著書の中で、既に歳を取っていてもいいから、定年までに何かで1万時間やることを薦めていた。確かに、歳を取っている場合、やり直しがきかないので、真剣にならざるを得ないが、危機感を感じて真剣に考えれば、良い道が見つかるものだ。
ところで、何かに一途に取り組んでいるとして、「これをやっていて、本当に食えるようになるのか」ということは、私ならあまり考えない。
日本を代表する思想家の吉本隆明さんは、「物書きになりたいなら、とにかく毎日書け。書けなくても書こうとはしろ。それで10年やれば必ずモノになる」と書かれていたが、それが本当かどうかは分からない。
だが、スティーブ・ジョブズが、スタンフォード大学での有名な講演で言ったように、信じるしかないのである。
結論。
好きなことを見つけ、それで身を立てられると信じ、粘ることだ。
そのためには、やはり、いつも言う通り、アファーメーションが大いに力になるはずだ。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード