ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

スティーブ・ジョブズ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

目に見えない大切なものは何かの解答

この世界のシステムで、ある程度うまくいくと、「見えないもの」を信じなくなる。
それに、「見えないものを信じていない」態度が、この世界のシステムでうまくやっていく方法なのだ。
この世界でうまくやると、お金が入ってくるので、歳を取ってくると、それが有り難く思えてくるのだ。
感動とトキメキがなくなってくると、お金ほど頼りになるものはないと、ますます思えてくるからだろう。

『星の王子様』で、薔薇が言ったのだったっけ(?)・・・有名な、「本当に大切なものは目に見えない」という言葉がある。
目に見えない大切なものって何だろう?
重力ほど大切なものはなく、これは確かに目には見えないが、その効果の方は、いくらでも見える。
思いやりは、目に見えないどころか、見える方が良い。いくら、「あなたのためを思ってます」と言ったところで、飢えてる人に対し「神の恵みを」と思うより、食べ物をあげた方が良いだろう。
崖にぶら下がって落ちそうな人に対し、ひっそり「あなたが幸福であることを祈ります」って思うんじゃなくて助けてやれーってね(笑)。

目に見えないものが、神の助けだとしたら、神の助けはどうすれば得られるのだろう?
サミュエル・スマイルズの有名な『自助論』は、「神は自分を助ける者を助ける」から始まっていて、以下読む必要がない(笑)。
つまりは、自分で自分を助ける自助の人であれば神様が助けてくれ、自分で自分を助けない人は神様は助けてくれないって訳だ。
一方、法然や親鸞は、人間には何の力もなく、自分も他人も救えない。だから、全部、阿弥陀如来にまかせ、念仏を唱えてさえいれば良いのだよ・・・ということなのだが、怠惰な人にこれを聞かせるとエラいことになる・・・が、やっぱりそう言うしかないのだ。
『荘子』も、阿弥陀如来こそ出てこないが、全てなりゆきにまかせ、作為を捨てれば(自助なんてものも捨てるのだろうか)、うまくいくかどうかは分からないが、安らかでいられるらしい。
まあ、普通の人は、安らかさよりお金が欲しいのだろうし、お金がないと安らかでいられないと思っているのだろう。
だが、EA(えれくとりっく・えんじぇぅ)メソードを教えてくれたアレクサンダー・ロイド博士(彼はEAメソードなんて言ってないが)は、「100万ドル欲しい」というある女性に対し、「何でそんなもの欲しいの?」と聞いたら、その女性は「安らかになれるから」と答え、そうしたらロイドは「欲しいのは安らぎで、金じゃないでしょ?」と指摘し、女性は納得したらしい。

言葉遊びは、そのうち飽きるので、結論を言えば、スティーブ・ジョブズが教えてくれている。
それは、「つながると信じること」だ。
ジョブズは、里親が一生かけて蓄えた資産が、自分の大学の学費に消えてしまうことに耐えられず大学をやめたが、興味があったカリグラフィーの講座だけは、違法に勝手に受講した。それが何になるのかは分からなかった(何になるとも思っていなかったというのが正しいのだろう)が、後にマッキントッシュパソコンを作る時に大いに役に立った。
今やっていることが、将来どうつながるか、何につながるかは分からない。
しかし、「信じるしかない」とジョブズは言う。
いや、もっと大雑把に、いい加減に、「何かを信じろ」と言ったような気もする。
信じればいいってモンじゃない・・・いや、いいってモンなんだ。

何千も何万も紡いで繋ぐ
すればいいってモンじゃない
いや、いいってモンなんだ!
~『リバースユニバース』(作詞・作曲・編曲:ナユタン星人。歌:初音ミク)より~

この歌もだが、ボカロ曲というのは、いろんな歌がつながっていることが多くなってきた。
脳内では、ニューロンが1体多に無限に並行につながっていく。
脳は、宇宙の構造をそのまま現している。
宇宙はつながることで生まれる。
ボカロ曲そのものだ。
しかし、ジョブズの言うように、運命(じゃじゃじゃじゃーん)という意味では、何が何とどうつながるかは分からない。
つながると信じて何かをするしかないのだよ、人間は。
だから、Excel VBAをやろうよ(笑)。
将来、何かにつながるかもしれないけれど、いますぐ役に立つからね。
それで言えば、JavaScriptやPythonとなると、何につながるかは分からないが、何かにはつながるんじゃないかな?

目に見えない大切なこととは、つながるってことだ。
つながると信じることである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

運とは点と点がつながること

大きな犯罪を犯し、生涯の大半を刑務所で過ごした者が、講演者として人気があることが多い。
犯罪者は講演で、特に若い人達や子供達に、「俺のようになるな」と言うが、それは口先だけなく本気で言っている熱意が伝わるのだろう。
一方、イチローやビル・ゲイツのような成功者が「どうすれば自分のようになれるか」といった話をしても、聴衆は、有名人を見て、その声を聴く楽しさはあっても、さほどのことはないのである。イチロー達だって、自分がどうして成功したかなんて解っていないのだ。
彼らに代わって言うなら、彼らは運が良かっただけである。

スティーブ・ジョブズが、スタンフォード大学の卒業式で行った講演が名講演と言われる訳は、誰も指摘しないが、ジョブズが運を呼ぶ方法を語ったからだ。
だから、あの講演は聴く価値があったのである。
もちろん、ジョブズだって、運を呼ぶ方法なんて、はっきり解っていた訳ではない。
水野南北のように、「食を慎めば必ず幸運に恵まれる」だの、斎藤一人さんのように「ツイてると言えばツクのです」と断言したりしない。
ただ、「信じるしかない」と言ったのであり、人間には何も解らないと言ったのだ。
実際にジョブズが言った話は、「人生は点と点をつなげることだ」(あらゆる活動、あらゆる現象は「点」である)、「今やっていること(点)が将来、どんな点につながるかは、後になってみないと解らない」、「しかし、僕達は信じるしかないんだ」ということである。
具体的には、ジョブズは大学を辞めたが、大学に居残って、純粋に興味があるカリグラフィーの講義を熱心に受けた(違法かもしれないが)。それが将来、何の役に立つかは解らなかったが、後に、マッキントッシュを作る時に大いに役立ったのである。カリグラフィーの勉強という「点」が、マッキントッシュを作るという「点」につながったのだ。

つまり、運とは、点と点がつながることである。
なら、まず、点を作らないといけないはずだ。
だが、作った点を、何かの点にむずびつけるのは、天か神か運命かカルマか解らないが、我々を超えた何かの計らいであり、とにかく、人間のやることではない。
ジョブズが純粋にカリグラフィーに興味を持ち、熱心に学んだように、イチローが純粋にバッティングに興味を持ち、熱心に練習したように、ビル・ゲイツがコンピュータープログラミングに興味を持ち、熱心にプログラミングに取り組んだように、純粋な心と熱意で作った点が、強い別の点に結び付くのだろう。
初音ミクさんの名曲『Tell Your World』(作詞・作曲・編曲:kz)は、まさに、それを歌っていて、しかも、点と点を結ぶ線は円になると言う。何とも素晴らしい。
livetune feat. 初音ミク 『Tell Your World』Music Video -YouTube-

犯罪者は、悪い点を作ったのだろうか?
そうとも言えるかもしれないが、むしろ、点を作ることを怠ったのだろう。
それで、どんな点とつながることも出来なかったのだ。
また、ひきこもりが孤独死したら、部屋の中には、アダルトDVDやアイドルのCDやポスター、あるいは、美少女フィギュアが、物凄い数あったという話がある。
彼らもまた、点を作ることを怠り、どんな点も作らず、船(これも点)にたどり着けなかった漂流者のように流されてしまったのだ。
ジョズブは、カリグラフィーというボートを作ったおかげで、起業、あるいは、マッキントッシュという船とつながったのだ。

成功者の本を読んだり、話を聴く時には、彼らがどんな点を作ったのかに注意すると良い。
しかし、彼らは、あまりそんなことを言わないものだ。
だから、とりあえず、スティーブ・ジョブズの、あの講演を知ると良いだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

成功法則の本を1冊と言われたら

成功法則の本を1冊と問われたら、私は、斎藤一人さんの一番最初の本である『変な人が書いた成功法則』と答えたい。
この本に書かれていることで覚えておくべきことは、たった1つ。
「困ったことなんか起こるはずがない」
である。
他に覚えておくべきことは何もないし、もし、困ったことが起きているなら、これを忘れているからだ。
本のタイトルは「変な人が・・・」であるが、少しも変な人ではなく、世間から見れば変な人という意味だ。
スティーブ・ジョブズが、スタンフォード大学の卒業式での有名なスピーチの最後に「ハングリーであれ、愚かであれ」と言ったのも、ハングリーはそのままで良いが、「愚か」は、世間から見ての「愚か」であり、本当は少しも愚かなことではない。

例えば、斎藤さんは、中学生の時、教師に「英語の勉強をしておかないと、これからの世の中で困るぞ」と言われたが、英語の値打ちはともかくとして、困るはずなんかないと思ったのだろう。そして、実際、全く困らなかったらしい。
今でも、外資系企業のドワンゴを大きくした川上量生さんは「僕の立場で英語が出来ないなんて、ありえなかった」と言うが、実際は彼は英語はサッパリで、米国本社から義務付けられた報告も全くしなかったが、それで困ることはなかったようだ。
チームラボの猪子寿之社長も、世界中から依頼が殺到しながら、英語は超サッパリながら、超困っていないようだ(彼は日本語の方も崩壊しているらしい。それに、いまどき、やたら「超」を使う)。
今の世の中、「英語なんかいらん」と断言したら、変な人かもしれないが、実際は英語なんかいらんのである。
自分は仕方なく英語をやったという、マイクロソフト日本法人社長だった成毛眞さんは、ほとんどの日本人にとって英語の勉強は時間の無駄と言うし、英語、中国語、日本語を駆使して活動するソフトブレーン創業者の宋文州さんも、国際ビジネスと英語は無関係と言う。
つまり、本当は、英語が出来ないと困ると言う人の方が、変な人というより、怪しい人なのだ。まあ、大抵は英語教育ビジネス関係者なのだと思うが(笑)。
無論、英語を話す可愛い女の子も多い訳で、彼女達とお近付きになれるなら、張り切って英語を学ぼうという意欲も湧くが、現実は、英語が出来ても、そうなれる可能性は薄い。そうではなく、誰か有名な人も言っていたが、彼がそうであったように、アメリカの可愛い女の子とまず仲良くなって、彼女に英語を教われば良いのである。英会話学校で英語をマスター出来た人なんか見たことがないが、その方法なら、英語でもフランス語でもロシア語でも、あっという間に身につくだろう。

「困ったことなんか起こるはずがない」とは、天才バカボンのパパの「これでいいのだ」と同じであり、スティーブ・ジョブズの「愚かであれ」と同じである。
だが、「いや、俺は困っているぞ!」と言う人も多いのだろう。
私もそう思うことがあるが、「本当に困っているか?」と考えると、やっぱり困っていないのである。
ただ、最近、父親の虐待で亡くなった8歳の女の子がいたが、彼女は本当に困っていた。
なぜ、そんなことになったのかというと、彼女のその父親が、物凄く困っていたのだろうと思う。
だが、その父親だって、本当は困る必要なんかなかったのだ。
それが解っていれば、あの子のことも、ちゃんと可愛がれたのではないかと思うのだ。
私も、いろいろあったように思えて、実は、困ったことなど、一度もないのである。
昔、会社で、なぜか事務員の女性に嫌われて、事務手続きをしてもらえず、とても困っていたが、斎藤さんのその本のことを思い出し、「困ったことなんか起こるはずがない」と思うと、いったい、何がどうなったのか覚えていないが、困ったことにならなかった。誰か親切な人が代わりに手続きをしてくれて楽させてもらったような気もするし、なりゆきで手続き不要になったのかもしれない。
まあ、「神の御業は奇し(くすし。不思議だ、霊妙だ)」ということなのだろう。それでいいのである。
ん?金がなくて困っている?
困るはずがないじゃないか?困らなければ金はいくらでも出来るのだから。
岡田虎二郎が、金に窮しているという男に、「金?腹に力がつけば、金はくらでも出来ますよ」と言ったが、腹に力がつくとは、本当は、「困ったことなんか起こるはずがない」と解ることなのだろうと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ジョブズのような信念を持つには

勝利か敗北かを決すのは信念の強さだ。
偉大なことをした者は、巨大な信念を持っていたはずだが、彼らがどんな信念を持っていたのかは、なかなか分からない。
だが、現代の人物であれば、多少は分かることが多い。

スティーブ・ジョブズは、ある種の美しさへの信念を持っていたのだろう。
それは、初期からの彼が作ったものを見れば分かるし、最後の彼の作品であるiPhoneや音楽配信サービスでは決定的だった。
彼の作品や事業は、高性能とか使い易いとか、あるいは、人の役に立つとかが第一なのではなく、最も大事なことは美しいことだ。
一方、ビル・ゲイツの信念は、それぞれの作品に対し、それを使うユーザーが使い易くすることだったはずだ。
ジョブズは、美しくするためなら、使い難くなることも躊躇しない場合が確かにあったが、ゲイツが指揮した作品は、機能にがっかりすることはあっても、使い難くてがっかりしたことはなかった。
確かに、ジョブズの作品は、欠陥は多くても美しかった。美しくしようとするあまり、使い物にならなくて大損害を与えたものすらあったのだ。
まあ、今のアップルやマイクロソフトには、彼らの影響はそれほど残っていないが。

きっと、ゲイツの頭の中では、論理性を極めるための言葉がつぶやかれ続けているはずだし、ジョブズの頭の中には、美的であることを崇拝する言葉が途絶えなかったはずだ。
そういったことが、凡人と彼らとの違いだ。
だが、我々だって、たった1つの言葉を頭の中で繰り返し続ければ、それは信念になり、長く続けば、強い信念になる。
すると、彼らほどの規模にはならないかもしれないが、現実を改変してしまうほどの力になるはずだ。
そして、少なくとも、普通の人には、世界を変えるだけの信念を持つには、呪文のような言葉を持つしかないのである。
それ以外の方法は、必ず失敗する。
法然や親鸞も、そう思ったはずだし、また、彼らほどの優れた人物でも、それしか出来ないというのは、謙遜でも何でもなく本当のことで、彼らは一切の修行を否定し、念仏のみを選んだのだ。

エマーソンの究極の信念は、意外かもしれないが、「天上天下唯我独尊」だったのだろう。
彼は、『歴史』という詩の中で、「私は世界の所有者」と述べている。
そして、詩人としては、「私はシェイクスピアの詩の所有者」と言い放つ。
あなたも、「天上天下唯我独尊」と常に唱えれば、極めて特異な存在として崇拝されることになるだろう。
また、何を目指すにしても「王者」という言葉は、必要な状況を強制的に引き寄せるだろう。
これらの言葉を好きになれる限りね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

現実はこうしてハッキング(書き換え)される

誰もが、潜在意識という恐るべき巨大な力を持っているのに、人生が下らないとしたら、それは自分が下らない人間だからだ。
潜在意識は、我々の意思の実現を自動化するだけだから、潜在意識が下らない意味しか持てないのは、用途が下らないから。

実は、これは、長谷敏司氏(人工知能学会倫理委員会会員)のSF『BEATLESS』(2012年。角川書店)の、紅霞(こうか)のセリフを適当に書き換えたものだ。
すると、潜在意識の働きが実によく掴めた。
紅霞は少女型アンドロイドで、ヒロインのレイシアの一番目の妹を自称している。
正式には紅霞は「レイシア級ヒューマノイド・インターフェイス・エレメンツ、Type-001(タイプワン)」という。
目の覚めるような美少女のレイシアの妹だけあって可憐だが、好戦的で挑発的だ。
小説での元のセリフはこうだ。

「私とお姉様の戦いが無意味だとしたら、それはアンタがくだらない人間だから」
「私たちはオーナーの意思の実現を自動化するだけだから。道具がくだらない意味しか持てないのは、用途がくだらないからさ」

ただ、先月発売の角川文庫版では確認していない。
著者は、文庫化にあたって大幅に加筆修正を行ったようで、これから読むなら文庫版を薦めている。
尚、今年1月から放送しているアニメでのセリフは、

「私とお姉さまの戦いが無意味だとしたら、それはアンタが下らない人間だから」
「私達はオーナーの意思の実現を自動化するだけ。道具が下らない意味しか持てないのは、用途が下らないから」

である。

アラトにとって、意思の実現を自動化する超高度な能力を持つ存在はレイシアだが、この作品を読み進めていくと、まさに、レイシアは潜在意識に喩えるのが相応しく思える。
なぜなら、潜在意識は現実世界をハッキング(書き換え)するのであるが、レイシアは情報世界を恐ろしく見事にハッキングするからである。そして今や、現実世界と情報世界は、どんどん接近しつつある。
ステーブ・ジョブズは、よく「現実歪曲空間」を生み出す能力を持つと言われていたが、彼の潜在意識がそのような力を持つのは、ジョブズの意思がそれだけ強かったからである。
そして、『BEATLESS』で、アラトが成長するにつれ、レイシアの力も大きくなっていくように思える。
この作品を読めば、あなたも、あなたのレイシアである潜在意識の力を解放することが出来るのではないかと思う。
同時に、「現実歪曲空間」を作り出せたスティーブ・ジョブズのスタンフォード大学での講演と、潜在意識の力を詳しく説明したジョセフ・マーフィーの本をよく読めば、さらに完璧と思う。
後は、自分が立派な意思を持つだけである。
それで、あなたは確実に世界の王になる。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ