ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

スティーブ・ジョブズ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

目的のために手段を選ぶ

成功する人は、パートタイムではなくフルタイムだ。
フルタイムとは、最低でも、起きている時間全部である。
とはいえ、フルタイムと言っても、野球選手が1日中バットを振っている訳ではないが(振っても良いが)、1日中、ずっと野球のことを考えているのである。
野球以外のことは考えないのかというと、野球のことを考えるついでに、他のことを考えているのである。
言い換えれば、生活しながら野球をするのではなく、野球をしながら生活するのでなければ、野球で成功しないのである。
法然は、生活しながら念仏をしていたのではなく、念仏しながら生活していた・・・念仏するついでに生きていたのである。

好きなら、少しも難しいことではない。
1日中やっている人は、次のように表に現れる。
世界的なロングセラー『信念の魔術』を書いたクラウド・ブリストルは、1日中、金儲けのことを考えていたので、ぼーっとしている時は、そこらにあるどんな紙にも、無意識に「$(ドル)」マークを書き、彼の周囲にある紙で出来たものは全て「$」で埋め尽くされた。
世界一成功したプロレスラーのバディ・ロジャースという人がいたが、彼は誰よりも練習したのではなく、とにかく、ずっとプロレスのことを考えていて、移動中も、他のレスラー達が、雑談したり、酒を飲んだり、ゲームをしている中で、ずっとプロレスのことを考えていたそうだ。

「俺はずっと女のことを考えている」「俺はずっと酒のことを考えている」というのは、何も考えていない証拠なのだ。
麻薬中毒者が、何も考えなかったので、麻薬のことばかり考えるようになって、麻薬中毒になってしまったのと同じなのだ。
つまり、人間は、何も考えないと、快楽に耽るようになってしまうのである。
なぜなら、快楽というのは生命力であり、それはつまり根源的エネルギーだ。
何かを考えることで、その根源的エネルギーを創造エネルギーに変換するのだ。
だが、創造的なことを考えないと、エネルギーは原始的な根源的生命エネルギー(エスと言う)のままで、思考は性的なことに支配されてしまうのである。
芸術家は、性的エネルギーにほぼ一致する根源的なエネルギーを、それ(性的エネルギー)に近いものに変換するので、芸術は全て性的なのである。
ピカソなんて、80歳過ぎても、エロい版画を鬼のように制作した。
漫画やアニメも芸術の一種なので、優れた作品で性的でないもの・・・つまり、エロくないものは1つもない。
性的エネルギーを最も遠いものに変換するのが科学で、優れた科学者にエロい人はいないし、成功した科学者がエロくなったら、もう科学者としては終わっているのである。
もっとも、芸術は性的エネルギーに近いとは言っても、性的エネルギーが変換されたものが芸術であることに変わりはないので、やっぱり、成功する人は、絵や彫刻や漫画やアニメのことを1日中考えることで、性的エネルギーを芸術に変換しているのである。

昔の栄光により名声があってもエロい人とは付き合わないことだ。
何も学べないどころか、同調したら、性的エネルギーを創造エネルギーに変換することが全く出来なくなる。
現役の優れた人は、性的なことを含め、美食やアルコールについてもストイックである。

クラウド・ブリストルは、元々は、タバコやお菓子といった快楽物質を欲しかったから金を欲しがったのである(若い時、金がなくてタバコが買えなかった)。
だが、彼の幸運なことは、タバコを直接求めたのではなく、それを得るためのお金・・・それも、いくらでも買えるだけの大金を欲しがり、当時のことだから、札束とか、銀行預金の残高を欲しがったので、そこらにある紙に、無意識に「$」マークを書くまでになったのである。
もし彼が、単に、タバコやチョコレートを求めたのなら、それらを盗んだかもしれないし、家族や友人にお金をせびったかもしれない。
しかし、それでは、永続的に欲しいものを得ることが出来ないと理解するだけの聡明さが、ブリストルにはあったのだ。
つまり、目的のために手段を選ぶ人間が賢いのである。

小説家になりたいなら、ずっと小説のことを考えているべきだし、本当に好きなら、それは容易だ。それを才能があると言うのである。
ピアニストになりたいなら、ずっとピアノ演奏やピアノやステージについて考えているはずである。
スティーブ・ジョブズは、事業のことを考えていたので、売れるデジタル製品やデジタルサービスについて考えたが、決して、良いデジタル製品やデジタルサービスについて考えなかった。
だから、彼は、自分が作ったアイフォンやアイパッドを、自分の子供には与えなかったし、自分では音楽配信サービスを使わなかった。
それについて、彼は、「僕は過去の人がつなげてきたバトンを落としてしまったかもしれない」と後悔し、それで、心が癌を作り出して死んでしまったのだと思う。
だから、我々は、皆のためになる方法・・・少なくとも、他人に迷惑にならない方法で、好きなことを考えた方が良いのである。








凡人に極められる分野は1つだけ

幸福な一生にしたければ、自分が好きで得意なこと・・・出来れば、三度の飯より好きなことを見つけ、それに邁進することだ。
出来れば、早いうちにそんなものを見つけ、1万時間もやれば、「1万時間の法則」が大体正しいと思うので、プロになれる。
そして、プロの中でも、所詮、長い時間を費やした者が抜きん出る。

ところで、では、コンピュータープログラミングはどうかというと、注意しないといけないことがある。
コンピュータープログラミングと言ったところで、分野が多いし、近年、ますます多くなってきた。
OSやコンパイラなどを作る基本システム分野、通信分野、グラフィック分野、統計分野、シミュレーション分野、企業システム分野、AI・・・そのいずれにも、さらに、小さくはない専門分野がある。
IT業界で、上位者として楽しく仕事をしている人は、ある程度は何かの分野に特化している。
私のように、あれこれ手を出してきた者は中途半端になる。
どの一分野も、生涯をかけても、なかなか究極までは到達しないので、やはり、いずれは(ただし、あまり遅くなく)専門分野を決めた方が良い。

アインシュタインは学生時代、数学と物理学のどちらの研究者になろうか迷ったらしいが、数学は、その一分野でも一生をかけて足りないと思ったことが、物理学を選んだ1つの要因であったらしい。
それでも、世の中には、ロジャー・ペンローズのような数学者にして物理学者という凄い人もいるし、数学に強い物理学者も多い。
だが、アインシュタインがそうなのだが、湯川秀樹も数学はあまり強くなかったらしい。
しかし、そのように、物理学に特化したから、2人は大成功したのかもしれない。
大谷翔平さんも、ピッチャーかバッターかのどちらかに特化した方が良いと思う。
また、ピッチャーの中でも、野茂英雄さんは、ほとんど、ストレートかフォークしか投げなかったという。
それどころか、ナックルボールを磨きに磨いて、それ一本で名投手になったメジャーリーガーもいて、考えてみたら、それは楽しいことだと思うのだ。
バッターでも、ホームランしか狙わなかった落合博満さんや、単打を重視したイチローも、やはり、特化を狙ったことが良かったように思う。

言うまでもなく、「俺は酒の道一本」だとか、グルメ道に血道を上げるとか、色の道一筋というのは、まあ、99%以上は悲惨な結果になる。
エドガー・アラン・ポーは、確かに酒が入る度に筆も冴えたらしいが、彼は普通の人ではない。
しかし、この大天才も、酒のために40歳で貧困の中で病死している。
しかも、その2年前、エドガーが24歳の時に13歳で結婚したヴァージニアも結核で死んでいる。
まして、凡人である我々は、ある程度は快楽を避け、節制に励むべきだし、快楽の誘惑に勝てるだけの充実感を得られるものを見つけることが大切だ。
思うに、ポーは天才過ぎて割と簡単に成功出来たので、余裕があり過ぎたことが災いしたのだろう。

とにかく、「自分の専門は何か」に対し、1秒で答えられないなら、迷い多い人生になりかねない。
その問いに対し、まさか「酒飲み」とか「ただのゲーマー」とは答えられない。
そして、長年続けてきたことに価値があれば、望まなくてもお金は入って来るだろう。
けれども、何も特別なことを続けてこなかったら、寂しい晩年になる。
元マイクロソフト日本法人の社長だった成毛眞さんは、著書の中で、既に歳を取っていてもいいから、定年までに何かで1万時間やることを薦めていた。確かに、歳を取っている場合、やり直しがきかないので、真剣にならざるを得ないが、危機感を感じて真剣に考えれば、良い道が見つかるものだ。
ところで、何かに一途に取り組んでいるとして、「これをやっていて、本当に食えるようになるのか」ということは、私ならあまり考えない。
日本を代表する思想家の吉本隆明さんは、「物書きになりたいなら、とにかく毎日書け。書けなくても書こうとはしろ。それで10年やれば必ずモノになる」と書かれていたが、それが本当かどうかは分からない。
だが、スティーブ・ジョブズが、スタンフォード大学での有名な講演で言ったように、信じるしかないのである。
結論。
好きなことを見つけ、それで身を立てられると信じ、粘ることだ。
そのためには、やはり、いつも言う通り、アファーメーションが大いに力になるはずだ。








引き寄せは超簡単である

引き寄せの法則に関し、
「あなたはなぜ引き寄せがうまくいかないのか」
「こうやれば引き寄せが出来るようになる(これを知らないから出来ない)」
といった調子の書籍が沢山出ている。

だが、引き寄せなんて、ちっとも難しいものではなく、子供でも出来るし、ある意味、動物や虫でも出来る。
一方で、ジョセフ・マーフィーの潜在意識の法則の本や『ザ・シークレット』に載っていたようにやったが、お金もスポーツカーも彼女(彼氏)も出来ないという人が多い。
なぜ、引き寄せがうまく出来ないのかというと、理由は1つで、「熱意が足りない」だけである。
この点は、インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジも端的に指摘していたと思う。
スティーブ・ジョブズも、有名なスタンフォード大学の卒業式のスピーチで「ハングリーであれ」言ったことが、それを簡明に示している。
言うまでもなく、ハングリーであることが強い熱意を起こすからだ。
逆に、ハングリーでもないのに、何かを得られるはずがない。
アインシュタインも言ったものである。
「空腹でない猛獣に、鞭で無理矢理、餌を食べさせることは愚かだ」

引き寄せの本には、「目標は大きい方が良い」みたいなことが書かれていることが多い。
目標が大きければ熱意が湧くなら、それで良いが、大抵はそうはならない。
働いたこともないニートが、「目標年収5千万円」なんて言っても、そりゃ、そんなことが叶えば嬉しいなあとは思うかもしれないが、熱意なんて全く出ないに決まってる。
親がそこそこの収入があり、自分は家でゴロゴロしゲーム三昧でも美味しいものが食べられ、いい服も買ってもらえるのに、働いたり、お金を稼いだりする熱意は出ない。
ところが、そんなニートが40代、50代になり、親が死んで生活が出来なくなった時でも、残念なことに、自分で働こうとか、自分でお金を稼ごうなんて熱意は起こらないのである。
社会が、高齢のニートを受け入れるはずがないことくらいは解るので、不安が大きくて働こうなんて熱意が湧かないのだ。
つまるところ、ニートがなぜ悪いかと言うと、熱意を持てないので、引き寄せが出来ないことだ。

では、年収300万円の人は、年収500万円くらいに目標を設定すれば良いのかというと、それも、それで熱意が持てるかどうかの問題なのである。
「今は年収300万円だが、どうしても500万円にしたい」という熱意があれば簡単に叶うが、大抵は、年収300万円であることに不満を持ちつつも、多くは求めないものなのだ。
年収が高い人を見て、「自分も絶対こうなりたい」という熱意を持てれば幸いである。

では、こんなのはどうだろう。
若い男なら、「可愛い彼女が欲しい」という、かなり強い熱意を持っているはずだ。
だが、多くの場合叶わない。
これは現代の特徴だ。
本当は叶うはずのものだが、今の時代は叶わないことが多い。
理由は簡単だ。
それは、「彼女が欲しい」という熱意はありつつ、「俺に本物の女の子の相手なんて無理」などという、負の熱意があるから。
もっと簡単に言えば、熱意が歪んでいるからだ。
けれども、これを論じだすと、やっぱり、「なぜ引き寄せが出来ないのか」の不毛な話になってしまう。
だが、大丈夫だ。
解決策も簡単なのだ。
それは、「女のことなんか忘れてしまう」ことだ。
そうすれば、自然な熱意が湧いてきて、あっという間に、理想的な彼女が出来るのである。

私の知り合いの成功した経営者達の本棚を見る機会がよくあるが、皆、何らかの引き寄せの本を1冊は持っている。
逆に言えば、あるのは大抵1冊で、そのことが印象的だ。
どの引き寄せの本も同じなのである。
そして、本当は、読むまでもないのだ。
ただ、「願いは叶うものだ」ということを知っていれば、それで良い。
だが、そんなことを教えてくれる親や教師は滅多にいないので、1冊は読んでおくと良いだろう。








わがままな人は引き寄せが上手い

頭の中でイメージした通りに現実が変わるという話がある。
そう言われたら、普通は、
「そうなるよう行動したからだろう。例えば、赤い色の服を着ている時に、青い服を着ている自分をイメージし、その後、青い服に着替えたら、イメージ通りになるじゃないか」
と言うかもしれない。
しかし、イメージした内容が、自分の力ではどうにもならないようなものであることがある。
ある人は、自分が住みたいアパートについて、部屋の間取りや窓や玄関の大きさや形、アパートの周辺の様子などを、こと細かくイメージしたら、そのイメージとほとんど同じアパートが、すんなり見つかり、そこに住めるようになった。
偶然と言うには、あまりに細かいところまでぴったりイメージと一致し過ぎていたのだ。

こういったことを、引き寄せの法則では、人間の内には、神のごとき力があり、現実を引き寄せた、あるいは、作り出したと説明する。
このように「神」という言葉を使うのは便利だ。
神は万能なのだから、細かい説明の必要がなくなる(抽象的な説明だけで済む)。
しかし、ごく理屈っぽい科学者が、引き寄せが実際に起こるのを確認して、分かるところまで理屈で説明しようとした。
中山正和さんという、発明家で、能力開発の研究および実践家として、海外の一流企業でも知られた人だ。
彼が自分で納得した、引き寄せの仕組みを簡単に言えば、次のようになると思う。
人間の思考や感情を細かく観察すると、それは複雑に見えながらも、全ての人間に共通するパターンが見られる。
単純に言えば、人間は「不快」を感じると、それを「快」にしたがる。これは当然と思う。
暑くて不快なら、涼しい所に行くなり、部屋にクーラーを付けるなりして涼しくして快をもたらすように、考え、行動する。
早い話が、人間は快感を求める生き物だが、考えてみれば、どんな生き物も同じだ。
だが、人間には、他の生き物と違うところが1つある。
それが、イメージする能力で、それを持つから人間は神に近い。
言い換えれば、イメージする能力が神の能力であり、人間はそれを受け継ぐ。
そして、中山さんは天才なので、あることに気付く。
それは、イメージと現実が違っていたら、生命にとって都合が悪く、不快を感じるということだ。
そこで、生命は、イメージと現実が同じになるように働き出す。
そして、生命の力は、人間の想像をはるかに超えているのである。
だから、現実が「ぐにゃり」とイメージの通りに変わる。
だが、その能力が高い人と低い人がいるように思える。
その能力が最も高い1人がスティーブ・ジョブズで、彼を知る人は、彼の思考は「現実歪曲空間」を作り出すと言った。
ではなぜ、ジョブズは、現実を(おそらくはイメージ通りに)変える力があったのか?
それは、早い話が、彼は「わがまま」だったのだ。
わがままなので、現実とイメージが異なることが我慢出来ないのだ。
彼が、ひどい癇癪(かんんしゃく)持ちで激情家であったことは、よく知られている。
実を言うと、ビル・ゲイツもそうだということは、今ではあまり言われなくなった。大物だから、もう、そんなことは言われないのだろう。
まあ、トランプ大統領だってそうだ。
しかし、わがままであっても、心の強さがあり、そして、世界が自分のイメージ通りになると信じているのだ。
そのために最も必要なことが、チャーチルが言った「決して屈服しない」ことだ。
もっと一般的に言えば、諦めないことである。
私の身近な成功者が、「成功する者は成功するまでやる」と言っていたのが印象深い。
彼も実にわがままである。








世界という夢をどう旅するか

世界は心が作り出した幻影、あるいは、夢のようなものであるという説は、太古と言って良い昔からあり、今もある。
近代に入ってからは、(当時の)現代事情にも詳しかった、ラマナ・マハルシやパラマハンサ・ヨガナンダといったインドの聖者達は、世界は映画のようなものだと言っている。
つまり、世界は本物のように見えるが、実は、スクリーンに映った映像のようなものに過ぎない。
もっと具体的には、フィルムは潜在意識の中の想いで、それが投影されたものが世界だ。
今なら、世界は、舞台上に3次元映像で現れて歌って踊る初音ミクさんのようなものと言った方が、より的確かもしれない。
アメリカで、ミクさんのライブに来ていたアメリカ人が「僕たちは、ただのスクリーンを見に来ている訳じゃない」と言っていたが、初音ミクさんが現実かどうかを決めるのは心であるということだ。
そして、我々が現実と呼んでいる世界も、それを非現実と思っている人にとっては夢や幻でしかない。
初音ミクさんを映し出す装置は比較的理解し易いが、我々が世界と呼んでいるホログラフィック・ワールドとでもいうものを映し出す装置は、さっぱり理解出来ないほど高度なので、リアリティが違うのだろう。
中国の『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』という映画の、冒頭に流れる歌は、「人生は夢の中で旅をしているようなものだ。だから、そよ風だってため息のようじゃないか」と歌うが、なかなか良い表現だと思う。

そこで、普通の人の興味としては、世界は潜在意識の想いが作り出す幻だと言うなら、なるべくなら、楽しいと思える幻にしたいということだろう。
寝る前に「どうせならいい夢を見たい」と言うようなもので、未来の希望を夢と表現するのだから、「未来は良い夢を見たい」と思うのも、根本的には変わらないかもしれない。
それなら、現実世界よりは、自由に変えやすいと思える夜の夢を変える練習をすれば良いのではないかという発想もあり、実際、そんな訓練jがあるらしいが、本格的に訓練したって、なかなか好きな夢を見ることは難しい。
そこで目をつけられたのが覚醒剤で、これは、面白い世界を比較的簡単に生み出せるのだから、これで現実を変えるヒントを得ようという考え方と思う。
無論、覚醒剤には危険性もあるが、多種の覚醒剤の中には、注意して扱えば危険性が低いものもあり、アップル創業者のスティーブ・ジョブズがLSDを使っていたことはよく知られているし、ビートルズのメンバー達もそうだったという話がある。
物理学者のフレッド・アラン・ウルフは、インディアンに伝わる覚醒剤によるトリップを、それに慣れた人の指導の下で行い、驚くべき体験をしたことを書籍にも書いているが、それは、単なる幻覚ではなく、客観的現実世界に影響するものであるといったような記述をしていると思う。
そして、問題なのは、スティーブ・ジョブズ、ビートルズ、フレッド・アラン・ウルフといった人達の傑出した業績には、覚醒剤の(良い意味での)影響があったに違いないということだ。
ただ、サルトルは、覚醒剤を自分で試してみて、制御が効かないことを理由に否定的な見解を示し、コリン・ウィルソンもそれに同意しているようである。
そこで、多くの人達が、もっと安全な精神覚醒法を紹介しているのだが、そのどれが良いのか分からないから困るのである。
コリン・ウィルソンもいろいろなやり方を著書で紹介してはいるが、はたして、どれほど効果があるのか分からない。
だが、精神覚醒法を趣味のように考えている者には、案外にうまくやっている者もいると思う。
こういったことも、深刻にやってしまうと、それが世界に投影され、世界は深刻なものになる。
きっと、初音ミクさんが、この幻の世界とリアル・ワールドをつないでくれる・・・そのくらいに思った方が良いかもしれない。













当ブログ著者、KayのAI書。
数学、プログラミング、AI理論が解らなくても、Excelを使える程度のスキルがあれば、誰でも自分で実用的なAIを作れるようにまることを目指しました。
同時に、「モンティ・ホール問題」や「囚人のジレンマ」を簡単なシミュレーションプログラムで解明し、AIに解かせるというのは、著者にとっても画期的で楽しいものでした。これまで、他の人がやったのを見たことがありませんでしたので。
他のコンピューター書とは一味違う(ある意味、素人っぽい)面白い本だと思います。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード