ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

スターウォーズ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

魂の力

『スターウォーズ』って、なぜウケたのだろう?
別に大した話でもないのに。
俳優だって、悪くはないが、それほど格好良くもキレイでもない。
その時代を超えた特撮技術は勿論、素晴らしいものだった。
だけど、一番は「フォース」を扱っていたからだ。
フォースは1つの呼び名に過ぎず、何でも良いのだが、その神秘的でありながら、奇妙なリアリティを感じさせるその「力」への憧れが人々を惹きつけたのだ。
そんな力があることは、心の内では皆知っている。

映画『ベン・ハー』で、権力を傘に着た傲慢で暴力的な男が、ただの貧しい庶民にしか見えない、そして、ただ立っているだけのイエス・キリストに全く逆らうことが出来ない場面があった。
そのイエスの力だ。
沢山の雄ライオンを檻に入れていると、自然に順列が出来るという。
ところが、必ずしも、肉体の力が優れた者がボスになるのではないらしい。しかし、身体の力で劣っていたとしても、そのボスに、どのライオンも平伏し、ボスは一番良い肉を当然のように取る。
弁慶が18歳の時、後に妻になる10歳の玉虫という名の少女を馬に乗せようとしたら、彼女の足を支える弁慶の強力無双の腕がなぜか震えてしまう・・・という話がある。
玉虫も不思議な力を持っていたのだろう。
ある漫画の話だが、非行グループのような連中が、1人の少年を全裸にするのだが、グループのボスは、その少年のおちんちんが縮んでいないのを見て敬服する。少年の「力」を感じたのだ。

石ノ森章太郎さんが、癌に侵され、生きているのが不思議と医師が思う状態で書いた、『サイボーグ009 完結編』で描かれるジョー(009)の力がまさにそうである。
ジョーが初めて神と戦った時、神の前では無に等しい力しか持たないジョーが、一瞬、神を慌てさせた力・・・そんな力だ。

長谷敏司さんのSF小説(アニメ放送中)『BEATLESS』で、悪魔のような電子戦(ハッキング)能力を持つレイシアがなぜ遠藤アラトという平凡な少年を必要としたのか?
レイシアがそういうふうに作られているというより、レイシアを作った超高度AIヒギンズが、人間の魂の「力」をいくらかでも理解していたからではないかと私は思っている。
小説には全く書かれていないが、レイシアにだって魂はあるはずだ。だが、アラトに比べると弱いのだ。

こういった「力」をあなたは持っている。
その力を解放するのに、本1冊読む必要はない。
本1冊にもなってしまう方法は嘘である。
上のお話で説明は終わっているのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

世界は仮想現実ではなく拡張現実だ

般若心経では、全ては空だと言い、ラマナ・マハルシのような聖者達は、この世は仮想世界(バーチャル・リアリティ)だと言う。
だが、少し違うのだ。
この世は、運命という現実があり、そこに心が拡張現実を作る世界なのだ。

仮想世界はいくらか分かっていても、拡張現実とは聞きなれないかもしれない。
そして、拡張現実について、ややこいしい説明をしてくれる者達が多過ぎる。
「拡張現実とは現実を改変するものだ」なんて、下らない説明をよくもできたものだ。
『スターウォーズ』で、ルークの冒険は、レイア姫の3次元映像を見たところから始まる。
ルークは、レイアに萌え萌えになって、「助けに行こう」って思ったのだ。
まあ、後にレイアは双子の妹か何かになったようだが(宮沢賢治も妹萌えであったという話もあるが・・・)。
『禁断の惑星』という1956年の古いSF映画でも、アルタという若い女性の3次元映像が出てくる。
このレイアやアルタの映像が拡張現実だ。
あなたが、メガネ型のウェアラブルコンピュータを装着し、「猫」と言ったら、目の前のテーブルの上に猫が現れる・・・この猫の映像が拡張現実だ。
現実に仮想がプラスされる・・・そんなのを拡張現実という。
現実は現実、仮想は仮想だ。
知覚がそれをごっちゃにしたからといって、現実が実際に改変される訳ではない。

初音ミクのライブコンサートは拡張現実と言って良い。
現実にある舞台、バンドなどの中に、初音ミクという仮想の存在が現れる。
初音ミクは舞台に設置された、ディラッド・ボードという、株式会社キモトが開発した透明ボード上に立体的に現れる。
だが、渋谷慶一郎さんが制作した、初音ミク主演のオペラ『THE END』は、仮想現実に近いものだ。
あれはディラッド・ボードを使っているのではなく、特殊なホログラム技術で、舞台の上にまるごと仮想世界を創っている。
どの技術を使ったか明かしてくれてないので分からないが、デンマークのVizoo社のFreeFormatだと思う。
もっとも、これも、現実空間の中に、ホログラムで大規模な拡張現実を創ったとも言えるが、現実の劇場は基本的には重視せず、「無い」と見なして良いという理由で、仮想現実に近い。

この世界は、運命という現実に、人の心が拡張を加えた世界だ。
一休さんは、念仏を唱えれば、この世に極楽浄土が現れると言ったが、仮想現実として、この世の一切が極楽浄土になるのではなく、拡張現実的に極楽浄土が、この現実世界に「付け加わる」だけのことだ。
だから、念仏を唱えても、貧乏だとか、病気だとかいった現実の方はなかなか変わらない。
だが、テーブルという現実の上に、猫という拡張現実があるとして、猫という仮想物は変えられるが、テーブルだって変えることができる。
同じく、病気も貧乏も治せる。
しかし、テーブルを変える(取り替える、テーブルクロスをかける)には、現実的な手段が必要なように、貧乏や病気の状態を変えるには、現実的にやらなければならない。
それなのに、仮想の方を変えて病気という現実を変えようというのが宗教だ。
現実は悲惨なのに、幸せな夢を現実と思うのは精神病患者でしかない。
現実を「変えよう」という意思を起こすのは心だ。
テーブルを変えるぞと本気で思わなければ、本当に変えようとはしない。
同じく、金持ちになるとか、健康になるとかも、本気で考えないと、そうなったりはしないのだ。
願っただけでは叶わないってやつだ。
現実を変える意思の力が大切だ。
それを得るために、毎日決まった(早い)時間に起きるとか、食を節するとか、毎日トレーニングをしたりするのだ。
そんな簡単な修行もできないようでは、現実を変えるなんてことはできない。
だから、毎日、必ずやる修行を少なくとも1つ決めて、鉄の意志で行うことだ。
その程度ができないようでは救いようがない。
だが、心配しなくても、誰でも意思の力を鍛えることはできる。
それができれば、現実を変えられるのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ