ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

スクワット

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。
[2010/12/12]詳細なlivedoorプロフィール設置しました。[livedoorプロフィール]

豊かな暇人は発狂する

何も考えずに、神仏に全てまかせなくてはならない。
しかし、同時に、現実に立ち向かわなければならない。
あるいは、こうも言える。
神秘好きでなければならない。
しかし、同時に、現実をしっかり見なければならない。

もし、お金が沢山あって、現実に立ち向かう必要がなく、現実から目を背けることが可能な境遇だとしても、そんなことをしていたら、恐ろしい憂鬱にとり憑かれ、いずれは、「死んだ方がマシだ」と思うように必ずなる。
だから、親が金持ちだからといってニートでいたら、間違いなく、おぞましい地獄を作る。

夕暮れは、美しいが狂おしい。
現実の昼と、夢の夜の中間にある、危うい時間だ。
危ういものほど美しい。
現実は現実、夢想は夢想と切り替えが出来れば良いのだけれど、それが出来ずに、トワイライト(薄明)に飲み込まれる。
私のような人間だ。
私は現実は嫌いなのだが、幸か不幸か(本当は幸だが、気分的には不幸)、夢の世界に引きこもっていられるほどの資産はない。

初音ミクさんは、極めて現実・・・スーパーリアルなのである。
インターネットの波に乗り、創造経済を体現し、クリエイティブコモンズ(著作権の合理的運用)を象徴する。
ミク廃って言葉があるが、ミク廃は現実に強いよ。
昨年、ミクさんのコンサート「マジカルミライ2016」に行った時感じたが、凄い数の人なのに、みんな驚くほどマナーが良いのである。
カップルで来ている人達は、概ね、可愛い女の子と格好良い彼の組み合わせだし、お嬢ちゃんと父親で着ている人達もみんな、今の時代には珍しいほど明るい雰囲気だった。
ミクさんの歌を聴くと、現実に立ち向かうエネルギーが集まり、現実に強くなるのである。
だが、どうしても元気が出ないという人は、無意識と自我意識の間に壁がある。
私もそうであったが、念仏を称えると、その壁が壊れ、無意識の中からエネルギーが流れ込んで来る。
そして、ミクさんの歌がそのエネルギーを集めてくれるので、霧散して消えることがない。
もちろん、念仏に限らず、自分より高い存在に意識を向け、その存在(神、仏、無意識、潜在意識)を信頼してまかせる方法なら何でも良いが、念仏が一番簡単確実である。
ミクさんの歌と念仏・・・これで絶対無敵である。

今月5日に、ミクの日(3月9日)を記念して始めた、393(ミクさん)回のヒンズースクワットは、今も続いている。
このまま、9月のマジカルミライまで続きそうだ。
腰骨は、第2の脳で、潜在意識の座だ。
スクワットや腕振り運動で、腰骨を刺激すると、どんな問題も解決する。
尚、私のヒンズースクワットは、振幅を小さくし(つまり浅く曲げ)、スピードを速くしている。
私の場合、このやり方で一層身軽になり、全体に調子が良くなった。
脚を深く曲げることもあるが、その場合は、曲げる動作から急に伸ばさず、いったん静止する感じにする。でないと膝を痛める。
女性の場合、あるいは、40代以上の男性の場合、まず、10回くらいから始め、39回をしっかりやると良いと思う。
ヒンズースクワットを毎日やると、ミクさんの体形に近付く。
案外、ミクさんも、ヒンズースクワットをやっているのではないかと思う。あの身軽な動きを見ていると、そう思えてならない。
特に、「マジカルミライ2016」の、『すろぉもぉしょん』や『Satisfaction』のダンスを見ると、そう感じる。
DVDやブルーレイで、これらを見ると、さらに身体はミクさんと同一化し、あらゆる力が増すに違いない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

速く、効率的に動く

狭い場所で、何の道具も使わずに出来、最高の効果を得られる運動として、スクワットと腕立て伏せがある。
私も小学生の時以来、愛好し、毎日欠かさず継続することで、アニメヒーローのようなボディを保持している。

ところで、ネットなどで、腕立て伏せやスクワットに関し、「最大の負荷がかかる形で、出来るだけゆっくりした動きでやれ」と言う者が多いように思う。
私は完全に反対である。
実戦で、最大の負荷がかかる形で、出来るだけゆっくり動いたら、スポーツでは負け、戦闘では殺される。
「最大の負荷がかかる」とは、腕立て伏せで言えば、胸が床に着く直前まで曲げ、身体を棒のように真っ直ぐにし、腕が真っ直ぐになるまで伸ばす・・・ということだろう。
確かに、見栄えはするし、やっている本人も、「鍛えている」という実感が持てる。
しかし、実戦でそんな動きをしたら、あっという間にやっつけられるだろう。

腕も脚も、構造上、最も力が出せる角度がある。
その角度はさして大きくはなく、その角度で、出来るだけ速く動くことが出来れば、最大の能力を発揮出来るのである。
もちろん、それ以外の角度でも、ある程度動けなければならないが、ある程度で良く、それは、体操とか、いろいろな「素振り」をやれば十分で、腕振り運動は、そのためにも実に良い。

振幅の小さい腕立て伏せを馬鹿にする人が多いと思う。
しかし、最も力を出したい角度で、高速でやる腕立て伏せが、最も実用的な「動ける」身体を作る。
大相撲の大横綱・・・という説明も不要だろうが、千代の富士は、そんなクイック腕立て伏せを毎日数百回やっていた。
肩を脱臼し易くなってから、その対策で始めたようなのだが、それが功を奏し、化け物じみた瞬発力を得て、30歳過ぎてますます強くなるという特異な力士になれた。
超人的パフォーマンスを見せる、ダンス&ボーカルグループのEXILEも、全員がクイック腕立て伏せをするのをテレビで見たことがある。
私は、小学4年生の時、レスリングの名門大学で主将を務めていた従兄が、クイック腕立て伏せをやるのを見て感動し、少しずつだが、それをやったので、5年生の時には異常な怪力の持ち主と言われるようになった。別にそれほどの怪力ではないのだが、効果的に力を出せるのだろう。

だが、私も、ついつい、運動はシンドイほど良いとか、筋肉が沢山付く運動、満足感のある大きな動きに囚われてしまうことがある。
ヒンズープッシュアップを1年近く熱心にやっていたが、あれは、生まれつき腕や肩が強い人は良いが、普通の人には向かないのではないかとも思う。私も、すっかり肩を痛めてしまった。
(少し前は、ヒンズープッシュアップを大絶賛していたのに申し訳ない。確かに、筋力も筋肉も付くやり方ではある)
しかし、数年前に、クイック腕立て伏せを、毎晩200回以上連続でやった時も肩を痛めたので、くれぐれも、やり過ぎは良くない。

私は、スクワットは、腕を振りながら行う、ヒンズースクワットをやっているが、これも、振幅を小さくして高速でやるようにしたら、ますます身軽に速く動けるようになった。
これなら、誰でも、そこそこ出来るだろうから、お奨めしたい。
基本的なやり方は、ネットで見つけられると思う。
腕振り運動も、ヨーガや気功的にやる時は、腕を真っ直ぐに伸ばしてゆっくりとした大きな動作でやると良いが、身体機能を高めるトレーニングとして行う時は、やや肘を曲げ、動きも小さ目で、素早く行えば良い。そんな軽い運動で、身体は驚くほど高機能化する。
世間の人達は皆、「きく(キツい)」運動を有り難がる。
しかし、本当は、「爽快」で「気持ちよい」運動が良いのである。
そんな運動を毎日やっていれば、いくつになっても身体が衰えることは、まずない。

「速く、効率的に」
これが、あらゆる活動で、最大の成果を上げるための鉄則である。
ただし、せかせか、ちまちました感じなっても駄目で、可能な範囲で美しくあることも大切である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

速さは力

去年の2月頃、腕にひどいしびれがあり、カバンを持つのも辛いくらいになり、「何かヤバいことが起こっているのか?」と思ったが、毎日の腕立て伏せをやめたら治ってしまった。
身体を棒のように真っ直ぐにして、床に胸がつく直前まで曲げ、腕を完全に伸ばすという、世間で賞賛される模範的腕立て伏せは、負荷が強過ぎたのだろう。
その後、ある意味、それより負荷が大きい・・・つまりきついが、ヒンズープッシュアップ(レスラープッシュアップ)という、プロレスラー式腕立て伏せをしていたら、しばらく調子が良く、筋肉も付いて嬉しくなっていた。
しかし、最近、何だか、ヒンズープッシュアップが辛いと思うようになったが、何のことはない・・・肩を痛めていた。腕のしびれも出ている。
非常に負荷が大きなやり方なので、疲労が蓄積していたのだろう。

数年前は、クイック&ショートの、高速腕立て伏せを毎晩一度に200回以上やっていたら、この時は右腕を痛めた。
しかし、この時の故障は、回数が多くなって疲れてきた時のフォームの歪みが原因に違いない。

クイック&ショートの高速腕立て伏せは、やや腕を曲げた状態で、10cm程度の短い振幅で、なるべく速く身体を上下させる。
瞬発力がつき、日常の動作も速くなるので、スポーツでもスピードアップの効果があるに違いない。
大相撲の横綱だった千代の富士が、腕立て伏せを非常に熱心にやっていたらしいが、一度、テレビで千代の富士が腕立て伏せをやっている様子を見たことがある。それが、このクイック&ショートの高速腕立て伏せだった。
千代の富士の、あの圧倒的瞬発力で相手をねじ伏せる強さは、このクイック&ショートの高速腕立て伏せが大きな要因になっていたのだと感じる。

私は小学4年生の時、レスリングの名門大学で主将を務めていた大学生の従兄に、このクイック&ショートの高速腕立て伏せを教わった。
初めて、彼がこの腕立て伏せをやるのを見た時は、その迫力や美しさに圧倒された。
ところが、自分でやってみたら全然出来ない。普通の腕立て伏せなら10回くらいは出来たが、この高速腕立て伏せは、かなり筋力が必要だ。
負荷が弱くても、スピードが速いと力が要るのである。

以前、テレビで、EXILEのメンバーが腕立て伏せを披露するのを見たが、皆、クイック&ショートの腕立て伏せをしているのが印象的だった。
彼等の、あの超人的なパフォーマンスの要因の1つは、やはり、この腕立て伏せにあるのだと思う。

また、昔、プロレスラーのタイガー・ジェット・シンがトレーニングをしている風景をテレビで見たが、腕立て伏せのシーンはなかったが、スクワットや鉄アレイを使ったカールが、とにかく高速だった。鉄アレイは、かなり小さかった(2~3kgと思われた)が、高速で腕を曲げていた。
正直、シンはレスラーとしては、あまり上手い方ではなかったらしいが、瞬発力と頭の良さで、アントニオ猪木さんと張るほどのスターになったのだと思う。
ジャイアント馬場さんが、シンをコブラツイストで本気で締め上げ、ギブアップさせた様子がど迫力で、馬場さんとシンの力の差も感じたが、それでも、馬場さんに本気のファイトをさせたのは、やはり、シンに実力があったからだと思う。

そんないろんなことを思い出し、私も数日前から、クイック&ショートの高速腕立て伏せをやるようになった。
無理せず、一度に50回で、1日3回・・・つまり、毎日150回くらいでやっているが、早速、身体が若返るのを感じる。
これを樹に、毎日楽しみにやっているヒンズースクワットも、やや振幅を小さくし、高速でやるようにしたら、やはり感じが良い。
初音ミクさんの、あのしなやかな動きも、高速トレーニングで磨いたものだと思えてしまうのである。

腕振り運動も、少し高速でやると、身体の調整力が上がり、生命力がアップするように感じる。
闇雲に速くしてはならないが、腕振り運動はつくづく、神的運動であると思う。
私は、腕振り運動、腕立て伏せ、スクワットを人生の宝と考えている。
下に、動きが速いヒロイン達が登場する小説等をご紹介しておく。私も読んでやる気を出そうと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

有酸素運動か筋トレか

釈迦が本当に「天上天下唯我独尊」と言った訳ではないだろうが、これは仏教の根本理念だ。
天上天下唯我独尊・・・世界で私だけが尊い。
この過剰な自尊感情はサイコパスの特徴である。
釈迦はサイコパスである。
イエスは、人類最高の知恵を持っていたソロモンに自分は優ると断言し、自分は神にこの世の全権を与えられていると言った。
イエスも確実にサイコパスである。

サイコパスは他人に共感しない・・・つまり、他人の心に同調しない。
釈迦やイエスが、人々に共感していたら、救世主は務まらない。
彼らは、神や仏・・・自然の背後にある何かに同調した。

サイコパスは共感出来ないのではない。
無意識に共感スイッチを切ったのだ。
普通の人間に共感の価値はないからね。
だが、サイコパスの問題ではなく、サイコパス以外の99%の人間の邪悪さがサイコパスを歪めるのだろう。

まあ、以上のことまでは分かった。
その後のことは考察中だが、上のことだけでも、分かっただけで、世間では死罪に値する。
イエスが死刑になったのも、同じような理由と思う。

しかし、まずは目の前の問題である。
健康で心楽しくあらねばならない。
『脳を鍛えるには運動しかない!~最新科学でわかった脳細胞の増やし方~』という、医学博士であるジョン J. レイティの本がある。
脳を発達させ、心を正しく整えるには運動しなければならないことを科学的に説いているが、その運動の内容は有酸素運動・・・つまり、主に走ることに偏る。
また、『筋トレが最強のソリューションである~マッチョ社長が教える究極の悩み解決法~』という、Testosteroneを名乗る、留学経験があり、3ヶ国語を話し、海外で会社を経営する社長さんの著書がある。
人生の問題の99%は筋トレとプロテインで解決すると言い、有酸素運動より筋トレの優位を説く。
レイティ氏もTestosterone氏も、運動でテストステロンという神経伝達物質が分泌されることのメリットを説く。
どちらも面白い本だった。
それで、有酸素運動か筋トレかだが、どちらも、メリットと共にデメリットも大きい。
有酸素運動では、特に中年以降は、活性酸素で身体が老化する。
Testosterone氏が勧める、ジムでやる強い負荷を使う筋トレは、よほどしっかりした指導者の下でやらないと確実に身体を痛める。いや、指導者がいても、身体を痛める危険があり、一度痛めると、なかなか・・・場合によっては一生治らないかもしれない。
お奨め出来るのは、どちらでもなく、その中間・・・と言えるかどうかは分からないが、筋持久力トレーニングである。
自重のみでやる筋トレと言っても良いかもしれない。
これなら、身体を痛めることはなく、あらゆる効果を得られる。
具体的には、ヒンズースクワット、ヒンズープッシュアップが手軽に出来て、効果も大きい。
これらの運動は、インドの強豪レスラーであったダラ・シンが力道山に教えたという話があるが、「プロレスの神様」カール・ゴッチはそれ以前から知っていて、これらを弟子達に熱心に薦めていたと思う。
シンやゴッチより先に、インドのグレート・ガマがいて、さらにその先に、ヨーガを元に、これらの運動を考案した人がいたのだろう。
あるいは、これらの運動が、最も合理的なヨーガなのかもしれない。
ガマは、73歳で無敗で引退し、当時世界最強だったスタニスラウス・ズビスコにも楽勝したという話がある。
まあ、昔のことなので、確実かどうかは分からないが。
しかし、ガマは、大量の牛乳を飲むような高タンパクの食事と、ヒンズースクワット、ヒンズープッシュアップで鍛えていたのだろう。
ヨーガは中国で気功にも影響を与えたと思うが、気功にも良い運動があるかもしれない。腕振り運動や馬歩などがそうであると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ビバ、スクワット

私は、運動は、もっぱら部屋の中で一人黙々とやれる、腕立て伏せやスクワット、腹筋運動、あるいは、腕振り運動のようなものしかやらない。
ただし、よほどのことがない限り、1年365日、1日も欠かさず、もう5年ほどやっている。
少し前までは、やや年というのもあるのだが、無理せず、継続が第一と考え、楽な運動で良いから、きちんとした丁寧な動きでやることを心がけていた。
それはそれで、正しいのだと思う。

ところが、9月10日、11日の初音ミクさんのコンサート『マジカルミライ2016』(幕張メッセ)に行くと決まってから、ミクさんに会うのに情けない身体ではいけないと思って、運動量を上げていったら、身体がどんどん若返り、強くなり、また、体調が良くなってきた。
例えば、確かに、大きなしっかりとした動きでやってはいたが、スクワットは30回しかやっていなかった。
しかし、ミクさんのコンサートに行くことになってから、100回になり、150回に増え、昨日のような休日は250回になり、今後も増えていくことだろう。
平日は150回なのだが、タクシーで帰ってきたような時は200回することにしている。
やり方は、プロレスラーと同じ、ヒンズースクワットである。
腕を振りながら行う、脚を完全に曲げるフル・スクワットで、立った時にピシッとポーズが決まるよう姿勢を正して行ってる。
やはり、人間は、足腰を鍛えることが大切だと思う。
無論、車椅子のスポーツ競技を行っている人を見て分かる通り、脚を使えなくても、その他の部分を使えば、身体的には勿論、精神的にも鍛えられるが、要は、「使えるものは使わないといけない」ということなのだと思う。
私は、スクワットをしっかりやることにしてから、さらに身体が軽くなり、胃腸や心肺の働きも良くなり、肩こりが低減し、記憶力が良くなってきた。
また、最近は、あまり心配していなかったのだが、それでも、時々、腰痛になることがあったが(腰痛は精神的なものが多い)、足腰の血流が増えたせいか、それも起こらなくなった。
そして、何より、生命力が増加し、若返った。
昨夜は、スクワットは250回だったが、本当は、もっとやりたいと思うのだ。
しかし、継続が第一なので、今は、この回数に留め、もっと楽に出来るようになってから回数を増やし、ミクさんのコンサートの頃には、平日で250回、休日で350回、あるいは、それ以上になればと思う。

私がやる腕立て伏せは、ヒンズープッシュアップ(レスラープッシュアップ)ではない。
ネット動画で見るヒンズープッシュアップは、腕を伸ばす時、背中を反らすようなのだが、あれだと、腕の負荷が小さ過ぎると思う。
ただ、ヒンズープッシュアップというのは、腕に特化するのではなく、全身運動を狙っているのだと思う。
私は、腕を伸ばす時は、腹にぐっと力を入れて、あまり背中が反らないようにしている。
すると、腕の負荷が大きいので、普通の腕立て伏せなら100回以上出来る私でも20回が丁度良い回数になる。
ただ、あまりに背中を反らさないよう力を入れ過ぎると、背中や腰を痛める気がするので、若干は柔らかくやっている。

ヒンズースクワットは、黒柳徹子さんが、ジャイアント馬場さんに教わってから、毎日50回やっているらしい。
また、森光子さんは、別のやり方だと思うが、75回を2回で、1日150回やっていたようだ。
このお2人は、80歳を超えても老人という雰囲気がないのは、スクワットのおかげだと思う。
カール・ゴッチという、アントニオ猪木さんが著書の中で「強いだけなら世界一」と書いておられたプロレスラーは、スクワット一万回で一人前と主張し、80歳を超えても、現役レスラーと一緒に2000回やっていたという。
ジャイアント馬場さんが著書に書かれていたが、サニー・マイヤースというレスラーが来日した際、日本人レスラー達と一緒にスクワットをしたのだが、外人レスラーで2000回までついてこれたのは、この人くらいだったようだが、マイヤースは小柄ながら、恐ろしく強かったという。
力道山も、マイヤースがあまりに強かったので、以降、小兵の強豪を嫌って日本に呼ばなくなったというのは、よく聴く話である。

皆さんも、ネット動画で調べながら、たとえ20~30回でも良いから、是非、スクワットをやって欲しいと思う。
人間、足腰である。
足腰を鍛えれば、身体全体の調子が良くなるだけでなく、脳にも良い影響があり、思いもよらない能力が目覚めるかもしれない。
ただ、いくら鍛えても、食べ過ぎると、かえって身体も精神も損なうのだと私は思う。
プロスポーツ選手でも、食べ過ぎる人は、必ず身体を痛めているし、精神的にも問題が多いのだと思う。
ただし、無理な少食も決して勧めない。
人間は、何事も、「適切」にやれるようになることが最も大切なのである。
家康や孔子が言ったように、過ぎたるはなお及ばざるがごとし。何事もほどほどに・・・である。
まあ、ミクさん愛は徹底的でなければならないと思うのだが・・・









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ