ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

スクワット

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

空を飛べる予感

最近、すっかり私のお気に入りの運動になった「超ショートスクワット」は、自然に立った状態から少し膝を緩め、数センチ(2~3センチか)身体を沈めて戻すだけの、軽い運動である。
踵は床についており、膝と足首を曲げることになる。
体重は、足の親指の付け根にかける感じで、足の親指にやや力を入れて行う。
このような運動をご紹介すると、その「楽さ」に意識が行き過ぎる人がいると思うが、大切なことは、一回一回が軽いので、数百回、数千回と行えることである。
私は「毎日5分」とかいった類の運動は全く信用しない。
運動は、全身の細胞が共鳴し、血行が良くなることが大切だが、それには、数十分かかるのである。
弱い運動を多数繰り返すことで、血行が促進され、筋肉が柔らかくなり、特に、この超ショーツスクワットは全身運動であるから、身体全体が調整され、悪い部分は治ってしまう。

また、特に脚力を強化したいなら、これを片脚でやるという方法もある。
ただし、片脚を不安定に浮かせてフラフラしながらやる必要はない。
片脚超ショートスクワットのやり方はこうだ。
左脚でやる場合、右足を少し前に出し、その右足の踵を浮かせつま先だったような(実際は、足の指の付け根の「中足」と呼ばれる部分で支えている)形で支え、倒れないようにする。それで、左脚に体重をかけて、超ショートスクワットをするのである。
これだと、慣れないうちは百回でもちょっと苦しいかもしれないが、無理せず、徐々に慣れていくと良い。

私は、両脚の超ショートスクワットを、1日2千回くらいやっているが、1ヶ月を過ぎて、ますます効果がはっきりしてきた。
筋力がつくとかいうレベルではなく、潜在意識が、私の身体は妖精のように軽いと認識してきて、実際、重力に影響されずに動ける。
さらに進めば、イギリスの文豪チェスタートンが言った通り、
「天使がなぜ飛べるのかというと、天使は自分が軽いと思っているからだ(Angels can fly because they can take themselves lightly※)」
※『正統とは何か』より
ということになるだろう。
この「軽いと思っている」とは、潜在意識がそう思っているということで、私もいずれ空を飛ぶかもしれない。
ヨーギや仙人には空を飛ぶ者もいるらしいからね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

西洋的な身体に適した運動

「喧嘩芸」骨法を編み出した格闘家の堀部正史さんは、日本人と西洋人の身体の違いに着目したという。
日本人と西洋人の身体の大きな違いは膝で、西洋人は伸びていて、日本人は曲がっている。
歩いている姿も、西洋人は膝が伸びているので、さっそうと腰から脚が出ていて、脚が長く見えて格好良いが、日本人は膝を曲げているので、歩幅が小さく、ちょこちょこしたアヒルのような歩き方になり勝ちだ。
実際、西洋では、「日本人の女の子は歩き方がアヒルのようで可愛い」と言うのだそうだ。
脚の長さの比率自体は、北欧あたりは日本人より少々長いようだが、アメリカ人と日本人では変わらないものらしい。
しかし、やはり、アメリカ人の方が脚が長く見えるのは、膝が伸びているからだろう。
これは、椅子で生活する西洋人と、床で正座や胡座で座る日本人という違いが根本だろう。
また、西洋人は狩猟民族が多いし、農耕をやるにしても、あまりしゃがむようなことをしないが、日本人は田植えや稲刈りでしゃがむ姿勢をすることが多い。
日本人は今でも、狭くて畳のある家に住み、ほぼ全ての家で玄関で靴を脱ぎ、洋式トイレが普及しても、和式トイレにそれほど抵抗はない。
しかし、それがそろそろ不自然になってはきていると思う。
日本人も、膝を伸ばすのが自然な身体になってきていると思う。
ただし、膝を伸ばし、脚を前に投げ出して椅子に座るのは、どう見ても頭が悪いか幼稚にしか見えないので、絶対にやめるように。
また、そんな座り方をすることで、頭が悪くなるのである(その気になれば、根拠も示せると思う)。

西洋のダンスも、膝が伸びている姿が圧倒的に多い。
一方、歌舞伎や狂言を見ると、とにかくよくしゃがむ。しゃがんでぴょんぴょん飛び跳ねるなどは、西洋の踊りには決して見られない。
歌舞伎や狂言は、しゃがむ姿が美しいのである。
あのようなことをやるには、普段から正座をしている必要があるような気がする。
IAさんの『SEE THE LIGHT』のダンスは、膝の伸びやかさが美しい。そして、膝を曲げない分、全身で動いているの分かるが、それが西洋流のダンスの特徴だろう。
【IA OFFICIAL】SEE THE LIGHTS feat. IA / ASY (MUSIC VIDEO) - YouTube -

私は、ずっと、腕立て伏せやスクワットを、膝や肘を深く曲げる形でやってきたが、故障に悩まされ続けた。
それで、どんどん膝や肘を曲げないようにしていったら、脚や腕が完全に健康になり、身体が軽くなった。
もう、我々の身体は西洋人と同じなのだ。
だから、それにあった運動をしなくてはならないのだと思う。
西洋では、スクワットはハーフスクワットが中心だし、以前、腕立て伏せチャンピオンの少年の腕立て伏せをテレビで見たが、腕を伸ばしたところから、少し曲げるだけだった。
日本では、スクワットも腕立て伏せも、あるいは、腹筋運動でも、深く曲げれば曲げるほど有り難いとされ、「もっとしっかり曲げろ」と叱責されたりもする。
私は、今では、腕立て伏せもスクワットも、数センチしか曲げないが、全身で動いていて、特にスクワットは非常に気持ちがよく、数千回でもやりたい気分になる。
長く悩まされてきた腕のしびれや腰痛が消え、ちょっと速足で歩いていたら当たり前に4段の階段なら飛び上がってしまうようになった。

いずれにしろ、全く運動をしないことに比べたら、スクワットは、自然に立った姿勢から、2~3センチでいいから曲げて伸ばすのなら、楽でしかも気持ち良いのだから、長く続けられると思う。そして、私の場合、最高の効果があったのだ。
ただ、これも日本的なものかもしれないが、相撲や剣道で行われる蹲踞(そんきょ)の姿勢は良いと思う。
足の親指が鍛えられて身体が不動になり、腰が引き締まり調整され、体幹も鍛えられる。
まさに、蹲踞の姿勢こそ、秘法中の秘法と思う。
ひょっとしたらだが、蹲踞の姿勢と腕振り運動さえしていれば、少なくとも、健康で身軽な身体が維持出来るかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

貧乏ゆすりをしなくて済むようになる運動

貧乏ゆすりは、周囲にいる者からすれば不快な行為であるが、身体を温めるとか、血行を良くするために行っているのであり、やっている本人は気持ちが良いのである。
また、貧乏ゆすりは、左右均等に行う訳ではない・・・例えば、まず右脚をゆすって、次は左脚といったものではなく、片方の脚ばかりゆすっている場合があることから考えると、身体の歪みを矯正する無意識の行為でもあるのだと思う。
すると、それもまた必要な行為で、やっている本人は気持ち良いのだと思う。

私がある大学を受験した時、試験中、貧乏ゆすりをしている受験生がいて、その前の席の受験生が、その貧乏ゆすりをしている人に、たまらず注意していたことがあった(人にそんな注意をするのは勇気がいるものだと思うので、よくよく耐え難かったのだろう)。
すると、貧乏ゆすりをしていた受験生は貧乏ゆすりをやめたが、しばらくすると、また貧乏ゆすりを始め、また注意をされる・・・全く迷惑な受験生である。

貧乏ゆすりは、いずれにしろ、身体のために起こる無意識な行為であるから、やめさせない方が身体のためには良いのだが、迷惑だし、実質的被害がなくても、だらしないので、視界に入るだけで不快に思う人も多いだろう。気にしない人もいるのだと思うが、私も不快に思う方だ。
貧乏ゆすりは、自分は気持ち良いからと言って気にせずやって良いものではない。
それは、喫煙やスマートフォンいじりと同じで、場所をわきまえる必要がある。

そして、貧乏ゆすりが多い人は、やはり身体に問題があるのだ。
主には、姿勢の歪みにより、骨、筋、血流、その他に歪みが生じているのである。
それは、やはり、多くの場合、怠惰な生活を送ってきた自分の責任であり、それを解消するために、人様に迷惑をかけて貧乏ゆすりをするのが正しいはずはない。
では、どうすれば良いかというと、毎日、貧乏ゆすりをしなくて済む運動をすれば良い。

私が毎日やっている運動は、貧乏ゆすりと同じではないが、似たところはある。
まず、振幅が小さいことと、延々繰り返すことだ。
スクワットは、それこそ、数センチの振幅で数百回繰り返す。あまりしんどくはないが、血行は良くなり、実用的な筋肉が発達し、小振幅とはいえ、丁寧に姿勢正しくやるyので、身体の歪みも調整される。
おかげで、痛いところや不快なところは全くなく、普段の動作は軽やかで、いつも姿勢はぴしりと決まっている。
日本人だけの傾向かどうかは分からないが、運動と言えば「効く」つまり、しんどくて、辛いものでなければ有り難くないと思っている人が多いと思う。
そんな辛い運動も、スポーツ選手には必要性があるのかもしれないが、そんな運動を無理にやっていると身体を壊すし、一流のスポーツ選手は引退時には身体はボロボロである。
また、学生時代、みっちりスポーツをした人には、後遺症で身体の不調を抱えた人が多いはずだ。
私は、元々、腰痛を避けるため、腹筋運動はしなかったが、今は、首だけを上げる腹筋運動をしていて、これだと、数百回を楽々やれるが、腰痛は全く起こらず、身体が引き締まり、体調も良いのである。
腕振り運動は、毎日千回やっているが、筋肉を刺激して発達させ、血行が良くなると同時に、背骨や腰の骨を調整して正しい位置に戻すので、やはり、身体が軽やかになる。
腕振り運動の振幅は、意識的に小さくしている。
無論、そんな私は、貧乏ゆすりとは無縁である。
身体が正常なら、寒かったり、身体に歪みがあると、筋肉が自動的に小さく振動し血行を良くするのであり、貧乏ゆすりが必要になるなら異常度が大きいので、対策しないと、やがて困ったことになりかねないだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

最上の運動は立つこと

自分の中の小さな神である潜在意識を働かせる最上の方法は呪文だ。
中でも、万能呪文には失敗がない。
小さくとも神なのであり、その力は、たとえは悪いが原爆の比ではなく、およそ人間に想像が出来る望みは何でも実現出来る。

ところで、最も優れたスポーツは何かというと、立つことだ。
優れたスポーツとは、試合に勝つことではなく、健康で美しく、若い狼のように軽やかに速く動ける身体を持てるようになることだ。
では、1日立って仕事をする店員さんやガードマンさんが最高のアスリートなのかというと、それは違う。
立たされたり、嫌々立つのは、良い立ち方ではない。
家にいて、座ったり寝転んだり出来る状況で、自分の意志で立つことが良いのだ。
つまり、大切なことは自主性である。
もちろん、ガードマンさん達も、立つことの素晴らしさを意識しながら立つと、素晴らしい成果を得られるだろう。

ある政治犯が、牢獄で、2年間、発言を禁じられ、解放された時、「私は2年の沈黙の行を行った」と言った。
しかし、ラマナ・マハルシは「強制された沈黙は、沈黙の行ではない」と、それを否定した。
マハルシは若い時、自主的に会話をしない沈黙の行を2年行ったのである。

自分の意志で自主的に立ち上がり、自分の身体を意識すると、「お腹が引き締まる」と思えばそうなり、「格好良い身体つきになる」と思えば、やはりそうなる。
また、「腰痛が治る」「肩凝りが治る」と思うと、それも、その通りになる。
「ヒーローのように逞しくなる」と思っても意のままだ。
おそらく、「脚が長くなる」と思うと、そのようになるだろう。

2016年9月11日、私は幕張メッセの国際展示場9番ホールで、パイプ椅子に座っていた。
これから、初音ミクさんのライブが始まるのに、体調は最悪だった。
頭痛と吐き気、ここまで歩いてくるのもフラフラしていた。
バンドの演奏が始まった。
そこで、「立つぞ」と思うと、何かのスイッチが入って、力が満ちた。
そして、ミクさんの姿を見ると、まるでシャワーを浴びたような清々しい気持ちなり、ミクさんの歌声を聴くと心は宇宙を駆け巡る。
素晴らしい体験である。
以降、ミクさんのライブの度に、身体は若返り、強く、美しくなっていった。
確かに、ミクさんのライブのような神懸った効果がすぐに現れることはあまりないが、自主的に立つことで、身体に関する、大きな恵みが得られるだろう。

私は、毎日腕立て伏せをしているが、熱心にやっていると、やがて腕に痺れが起こり、手の感覚が弱くなったり、肩を壊したこともあった。
スクワットも、やり過ぎると、むしろ疲労が蓄積したり、脚に故障が起こることも多い。
それで、いろんなものを調べたり、過去に見聞きしたり、経験したことを思い返し、よく考えると、意識して自主的に立つことが最良の運動であることが分かった。
腕振り運動も、義務的に、ましてや、嫌々やってもあまり効果はないが、「今、腕振り運動をやっている」と意識しながらやると、まるで仙人になってしまうのではないかと思うような感覚を感じるほどである。
もちろん、スクワットや腕立て伏せも、良い意識を持って適度にやれば素晴らしい運動である。
意識とは、かくも重要である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

変な人のお正月の過ごし方

今日は元旦であったが、私は毎年、正月に正月らしいことは何もしない。
ただ、家の軒下に、しめ縄を付けたら、案外きれいだった。
仏壇と神棚に、鏡餅やお菓子を供え、ロウソクに火を燈し・・・と考えたら、かなりお正月してたようだ。

そして、朝からよく寝た。ただし、ソファーに座ったままでね。
普段、4時間くらいしか眠らないので、眠かったのだ。
人によっては「3時間寝れば十分」なんて人もいるが、私は、可能なら、夜の9時から朝6時まで寝たいタイプだ(9時間睡眠だ)。
そんな生活が、夢と言えば夢だ。
時々、起きては蹲踞(そんきょ)の姿勢をした。
相撲や剣道でよく見られる座り方で、私は今、これにはまっている。
これをやると、心身が統一され、体調も気分も良くなる。

そして、午後は、『グレイテスト・アイドル』(Mitchie M feat.初音ミク )を、居間のウーハー付スピーカーで通して聴いた。
「買って良かった」と心から思っているCDだ。
前向きで、未来への希望に溢れたアルバムで、斬新な試みも取り入れられていて、作者の満足度は知らないが、私は完全に満足だ。
人生に必要なものは全て、このアルバムで学べるだろう。一家に一枚必要と思う。
それでいて、私にとって、一番鮮烈なのは、『シティー・ボーイ』という曲の最初の、ミクさんの「オー!」という掛け声だ。可愛いにもほどがある。
1曲目の、ニコニコ動画500万オーバー再生曲で、私の大好きな『FREELY TOMORROW』は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスが与えられていて、この曲の場合、クレジット(作品名、作者名)を表示しさえすれば、複製、改変、配布、公開が自由に出来る。
曲の高品質な電子ファイルが、以下のウィキペディアコモンズサイト、あるいは、初音ミクさんのウィキペディアページで、誰でも合法的にダウンロード出来る。
★File:Freely Tomorrow.ogg

私の正月休みは5日間。
その間、毎晩、ヒンズースクワット300回を含むトレーニングを余裕を持って出来る。
また、私の武術も、かなり完成してきた。
いつもより早くも寝られる。
運動が嫌いな人でも、蹲踞の姿勢と腕振り運動だけはすると良いと思う。
それだけでも、するとしないでは全然違う。
蹲踞は、調べれば調べるほど凄い。腕振り運動もだが。
だから、この2つをやれば、「ちょっと良い」や「かなり良い」ではなく、「恐ろしく良い」のだと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ