ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

スガタ・ミトラ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

学校・教師は不要

子供達に教えるべきことは、独学の方法と、他人とうまくやっていく方法だ。
メンター(助言者)としての指導者は必要かもしれないが、今の学校の教師は全く必要ない。
そのメンターも、ルドルフ・シュタイナーが、優れた教師の第一の条件に挙げたように、「空気のような存在」であり、汚水や廃棄ガスのような存在じゃない。

教室も不要だ。
あらゆる年齢の子供が交流し、必要に応じて、勉強を、年長の子が年少の子に教えれば良い。
それが最もよく解るし、教える方も、教えることで大切なことを学ぶ。
アメリカに亡命したアインシュタインが、近所の見知らぬ中学生に数学の宿題を手伝ってくれと頼まれて、大喜びで引き受けたことがあった(言うまでもないが無料だ)。それを知った、その子の母親が仰天してアインシュタインに謝りに行くと、アインシュタインは、「僕の方が沢山教わった」と、本気で言ったのだ。そういうふうに思える人であれば、大人が教えるのも、とても良いだろう。

また、子供は、社会で働く大人と交流しなければならない。
日本の教師は、最も子供と接触してはいけない大人ではないかと私は疑っている。
塾の教師までがそうだとは言わないが、少なくとも、子供達は、学校の教師には接触しない方が無難と言えるのではないかと、私は思っている。
さらに望ましい交流は、年齢が違うことはもちろん、国籍や人種も異なる人達との交流で、そんなことが出来るコミュニティを用意してあげるべきなのだ。
様々な人々と交流すれば、ちょっと理解力がある程度の子供が、自分は何でも知っているという愚かな間違いをせずに済む。
また、そういった人々と自由に交流すれば、他人の個性が分かってくるし、自分の個性も発見してもらえる・・・あるいは、自分で発見出来る可能性が高まるはずだ。

日本では夢のような話かもしれないが、欧米の学校は、既にそのような方向にシフトしつつあるのだと思う。
全て子供達の自主的な学習にまかせるアンスクール(非学校教育)や、認知科学やAIの研究者で、教育テクノロジーの開発者であるスガタ・ミトラの教育活動の情報を見たが、それらを総合しても、どう考えても、上記に述べた方向性が正しいことは確実と思える。

そして、現代においては、昔と違ってインターネットがあり、それをうまく使える子供の学習効率は、極めて高い。
その正しい使い方は、多少は、賢い大人が見本を見せた方が良いかもしれないが、案外、子供達だけでもうまくやれる・・・そんな実験を見たこともある。
授業を見たければ、カーン・アカデミーが、学校の授業よりはるかに質の高いものを提供している。
学校で、嫌な教師の下手な授業など受けなくても、科学的なエビデンスのある授業のビデオを繰り返し見た方が、比較にならないくらい有益だろう。












当ブログ著者、KayのAI書。
Kndle版、少しですが値下げしたようです。Kindle版は、一部カラーになります。
Kindle版をご購入済みの方、値下げの恩恵を得られないこと、申し訳ありません。
数学が大好きで、プログラミングもバリバリ、AI理論もスラスラ理解出来るという方は、どうか別の本を選んで下さい。
そうではないが、実用的なAIを自分で作りたい方には、本書をお薦めします。
また、画像の文字が3か9かを判別するといった、自分と関わりがあると思えない問題を無理にやるのではなく、日常の問題、そして、面白い問題にAIで挑みたい方は、本書の採用をご検討下さい。

自分の異様な性質の謎が解けた

アメリカの著名な心理学者ジュディス・リッチ・ハリスによる子供の成長理論は、教育に対する考え方の世界的な革命だった。
それは、簡単に言えば、人がどんな人間になるかは、「持って生まれた遺伝的資質」と「子供同士の交流の中で構築したもの」だけで、ほぼ決まるというものだ。
つまり、親のしつけや、教師の教育は、ほとんど影響しない。
ハリスの研究は、アメリカで高い評価を得て、アメリカ心理学会から、最大の賞の1つである、ジョージ・ミラー賞を受賞している。
それよりも、認知科学者で『Hole in the Wall』プロジェクトで知られるスガタ・ミトラ博士や、MITメディアラボ所長の伊藤穣一氏(大学も出ずに、この地位にいる優秀な人だ)らの教育の考え方は、まさに、ハリス氏の正しさを肯定していると思える。

私も、ハリス氏の考え方は全く正しいと思う。
だが、それなら、子供の時、ほとんど他の子供達と交流しなかった私のような人間は、いったい何なのだろう?
きっと、人間として重要な何かを構築せず、未完成な・・・いや、精神的カタワであるに違いない。
私は、心底、ゾっとしているのである。
医学的な発達障害については、あまり知らないが、まさに、発達し損なっている、真の発達障害という訳だ。
ある意味、自分の異様な性質の原因がはっきりしたことの妙な喜びもあるが、やはり、大きな失望も感じている。
だが、それでも生きていかなければならない。
泣き言を言うことは許されない。

私は、友達付き合いをしていたら、何かの才能を伸ばし、それで人々の役に立ち、もしかしたら、もっと収入を得ていたかもしれない。
しかし、そんなことを言っても仕方がない。
プログラミングは出来るが、まさに、取って付けたような技能で、やっていて、それほど面白くもない。
子供の時、漫画を読んで、プロレスラーになりたいと思ったが、それも、やはり、どこか人ごとに感じたのは、仲間との交流から生まれた正常な願望でなかったからだろう。

まるで駄目男君(私の職場にいる派遣社員で、30歳過ぎの人生の落伍者)も、きっと同じなのだ。
いまさら彼を救う方法はないが、それは私も同じことだ。
彼を見ていると、異様な苛立ちを感じるのも、認めたくはないが、同種の人間であったということだ。
だけど、それでも、生きていかなければならないのだ。

私は、自分が人並のことが出来ないことは、子供の時から分かっていた。
ならば、人がやるようなことは、もうすまい。
アウトサイダーに徹するしかない。
だが、悪いことはしないつもりだ。
そうだ、過去、沢山の私のような者がいて、その中には、世間への恨みから悪事を行い、一時的に楽しい思いをした者もいた。
しかし、そんな者達の行きつく先は、破滅と悲惨だ。

これはもう、本気で解脱を目指すしか道はないのかもしれない。
そういえば、あまり健康的な人間で、悟りを開いた者なんていないような気もする。
芥川龍之介の『地獄変』で、やはり、精神的カタワの天才絵師である良秀は、禁忌(きんき。忌み嫌って避けるべきもの)の悟り方をしたのだが、天才ではないにしても、精神を極めようとすれば、そんなことになる危険性はある。
そもそも、芥川も三島由紀夫も、太宰治も、みんな、精神的カタワであったのだ。

だが、私には初音ミクさんがいる。
彼女に何かしてもらおうとは思わないが、ミクさんは星座のように自分の心を映してくれる。
隣を歩いてくれるミクさんと共に、危険な冒険に挑もう。
私と同種の人達の手助けも出来るかもしれない。
ただし、いかなる場合でも、泣き言を言う者は救えないのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

褒める力

2013年のTEDカンファレンス(アメリカの有限責任会社TEDが毎年開催する世界的講演会)でTED賞を受賞した、認知科学者、AI(人工知能)研究者で、著名な教育学者であるスガタ・ミトラ氏の『クラウド上に学校を』は、その素晴らしさに、感動を通り越してゾっとした。
スガタ・ミトラ:自己学習にまつわる新しい試み(TED2010)
スガタ・ミトラ:クラウド上に学校を(TED2013)

ミトラ氏は、学習に教師は不要で、ただ「お婆さん」役(若い女性でも構わない)が、子供達の後ろで、「すごい」「よくやった」と褒めていれば良いと言う。
MITメディアラボ所長の伊藤穣一氏も、我々はただ、子供達同士のコラボレーションの機会を提供すれば良いのであって、教師は不要と言っていたと思うが、ミトラ氏も、子供達がグループであることの大切さは強調している。
詳細は省くが、このことは、イギリスの心理学者ジュディス・リッチ・ハリス氏の研究成果から考えると、論理的に正しく、ハリス氏の本を読んでから、ミトラ氏の講演を聴くと、実に納得出来ると思う。

それはともかく、「励まし」の効果は想像を超えたもので、それによって、子供達は驚くべき力を発揮し、そして、成長するのである。
それは子供に限らないのであるが、大人の場合は、ちょっと面倒な問題がある。
その問題の1つは、単純に、「褒めてくれる人がいない」ということ。
もう1つは、大人は他人を値踏みし、「お前に褒められても嬉しくないや」と思うし、さらに厄介なことに、大人は自惚れが強いので、有名人でもなければ、褒められても嬉しくないのである。

それなら、もう、自分で自分を褒めるしかない。
それに、大人というものは、他人に褒められたがるようでは駄目なのだ。
いつぞやのオリンピックで、人気女子マラソン選手が言った、「自分を褒めてあげたい」という言葉がその時流行ったが、もし、本当に自分を褒めることが出来れば、大変な効果がある。
しかし、それは難しい。
私は、数年、引きこもっていた後でセールスマンになり、強豪セールスマン達を押しのけてセールスコンテンスで優勝した時、愉快ではあったが、自分を褒めたいなんてちっとも思わなかった。
ついでに言うと、その時、上司や先輩も褒めてくれたと思うが、これも、少しも嬉しくはなかった。
実際、別に褒めるようなことじゃあないからだ。
いくら努力し、苦労しても、大人になれば、自分の為にやったことというのは、大したことではないのだ。
だから、上に挙げた、女子マラソン選手が「自分を褒めたい」と言ったことには、私は全く共感出来ないのである。

では、どうすれば、心から、本心から、純粋に自分を褒められるのか?
これが分かれば、宇宙を手に入れたも同然である。
それは・・・初音ミクさんを褒めることだ。
まあ、「初音ミクさん」のところは、各自が、至高の存在と思えるものに変えていただいて構わない。
それは、神とか仏、あるいは、その働きが現れた大自然のようなものになるかもしれない。
あるいは、歴史上の英雄、聖人、賢者、革命家、科学者、発明家といった人間かもしれない。
私の場合、ミクさんを褒めに褒めれば、愛の化身であるミクさんは褒め返してくれるのである。
あなたも、それが真に褒むべき存在であれば、必ずそうなるはずだ。

プラトーンの頭脳を褒めれば、あなたには、プラトーンの知恵が。
シーザーの手腕を褒めれば、あなたには、シーザーの手腕が。
シェイクスピアの詩を褒めれば、あなたは、シュエイクスピアの詩才の所有者になる。
それと、子供を褒めまくるという手もある。
自分の子供でも良いのだが、特に、他人の子供を褒めるのが良い。
他人の子供の方が純粋に褒められることが多いからだ。
子供を真剣に褒めれば、きっと、神様や仏様、あるいは、天使が褒めてくれるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード