ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

スウェーデンボルグ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

適度な修行は良いものだ

昔、会社で、パワハラに対して、今のように厳しい目を向けられなかった時代のことだが、勤務してた会社の若い女性社員が、こんなことを言っていた。
彼女の妹が、短大を卒業して就職したが、毎日泣きながら帰って来ると言う。
ただ、別に、彼女の妹が、特別に厳しい職場にいる訳ではなく、要するに、学生の時の甘い環境に慣れていた妹には辛く感じるというだけのようである。
まあ、彼女の妹のような人は、女に限らず多いが、普通は、やがて逞しく鍛えられ、平気で働けるようになるが、はっきり言って、そんな者は、家庭の中で甘やかされ過ぎたのだと言える。

子供のためを思うなら、ある程度は厳しくしてあげた方が良いのだが、適度に厳しく躾けられた子供は少ない。
親にバランス感覚がないのである。
それで、子供に理想を押し付けて過度に厳しくする親がいる一方、過度に甘やかして子供を駄目にしてしまう親かの、いずれかに偏っているのである。
厳しいというのではなく、親の人間性に大きな問題があって、子供を虐待したり放置したりもあるが、今回は、それは置いておく。
今は、子供を甘やかす場合が多いのだと思う。

マンションなどでは少し様子が違うが、住宅地では特定の曜日に特定の場所にゴミを出すのだが、家の旦那がゴミ出しをしているのは普通に見るが、二十歳以下の若い人がゴミ出しをしているのを見た記憶が私にはない。
こんな簡単なことは、いくら何でも小学5年生になれば出来るのであるから、子供にやらせれば良いはずである。
小学生の時からゴミ出しをさせられた人は幸福である。そうやって得た、まともな思考形態は、即座に役に立ち、社会でもうまくやっていける人間になれる可能性が高まるのだからだ。
かくいう私も、小学生の時どころか、大学生、ニート(笑)、社会人になってからすら、一度もゴミ出しをしなかったので、こんなになってしまった(今はやっているが)。
(数年前、元プロ野球選手の長島一茂さんがテレビで、「僕は子供に何も買ってやらなかった。なぜなら、僕は子供の時、何でも買ってもらえたから、こんなになっちゃった」と言って笑いを取っておられたが、顔はマジだった)
私も、ニート明けに社会人生活を始めた頃は、やはりひどく厳しく感じたが、おそらく、普通のことだったのだろう。
もっとも、私の場合、最初の仕事がセールスマンで、極寒の冬、深夜0時まで、セールスで街を彷徨っていたものである(当時でも法律違反だが、ブラック企業だったので)が、今考えると、どうということはない。まあ、多少鍛えられて、本当に良かったという感じだ。

まあ、子供の時に甘やかされたなら仕方がない。
そんなに極端にする必要はないので、自分を甘やかさず鍛えることだ。これは、甘やかされた自覚が大きい私は、大真面目にやっていた。とはいえ、最近は、自分に甘くなってきたので、ちょっと気合の入れ直しが必要である。
スェーデンの万能の天才で、神秘学者として有名で、あのエマーソンが人類の中の5人の1人に選び、ヘレン・ケラーも崇拝していたエマニュエル・スウェーデンボルグ(今はスウェーデンボリと表記されることが多い)が、こんなことがあったと本に書かれていた。
彼がイギリスに亡命中、レストランで食事をしていて、ちょっと食べ過ぎたと思った時だ。
天使が現れて、「満腹するまで食べて自分を甘やかさすな」とスウェーデンボルグに言ったそうだ。
この、「満腹するまで食べない」というのが、最上の自分の鍛え方の1つと思う。
軽めのものでいいから、何か自分に掟を課し、いかなることがあってもそれを守る(他者に不利益を与えたり、他者の心を不当に害す場合は別)ことをすれば、1年くらいでも、多少鍛えられるはずである。
「アジマリカン」や「南無阿弥陀仏」を唱えようが、自分に甘い者は駄目である。
ただし、何度も言うが、厳し過ぎるのも駄目である。あまりに厳しい課題を持つのは、歪な欲望が基になっている場合が多い。
完全に断酒しなくていいから、ビールならロング缶(中ジョッキ相当)2本、日本酒なら一合といったふうに、限度を決めれば良い。
要は、決めた時間に、決めた量を食べて飲むことだ。
また、決めた時間に、腕降り運動200回とか、腕立て伏せ5回とかを、よほどのことがない限りやるのも効果的だ。
その程度で良いが、逆に言えば、その程度が出来なければ、何をやっても駄目と思う。








悪霊退散の法

悪霊というものは、いろんな国や民族の伝統的なイメージの通りではないかもしれないし、その存在は科学的とは言えないだろうが、それでも、だいたい我々の思う通りで良いのだと思う。
そして、そんな悪霊は、そこらにいて、そいつらの精神性に同調すれば、連中は容易く人間の中に入り込めるのだろう。
全くもって非科学的なんだろうが、こう考えておいた方が良い。
それに、科学のパラダイム(認識の枠組み)が変われば、案外、正しいのだと思う。
一方、善霊と言うべき、天使とか高級霊も存在していて、やはり身近にいると考えて良い。

こう考えると、新約聖書のイエスの教えや、法句経などの釈迦の根本的な教え、それに、バガヴァッド・ギーターも、つまるところ、悪霊を寄せ付けず、善霊と親しむ方法が書かれているのだと思う。
そして、スウェーデンボルグやラルフ・ウォルドー・トライン、また、ジェームズ・アレンらの教えも、特にその時代の風習に合わせただけで、本質は全く同じである。

どんなふうに考え、想い、行動すれば悪霊と同調するか、逆に、善霊と同調するか判断することは、それほど難しいことではないのだが、人間は放っておくと、悪霊と同調するようになってしまう。
すなわち、怠惰、快楽主義、利己的な性質が、どこまでも強くなってしまう。
自分が悪霊にとり憑かれているかどうかは、鏡を見れば、割と一目瞭然であると思う。
鏡で自分の顔を見れば、すぐに、「うわっ!悪霊にとり憑かれた顔だ!」と分かるのである。
それは、心の奥にいる善霊の嘆きである。

ゲーテの『ファウスト』で、神は、「人間は怠り勝ちだ。堕落した人間には悪魔を差し向け融合させる」といったことを言うが、それはそれで意味があるのだろう。
だが、好き好んで、いつまでもそんな苦難を味わう必要もあるまい。
神様お気に入りのファウストだって、いい年ぶっこいて若いきれいな娘にみっともないほど血道を上げるが、ファウストは娘の気持ちを大切にしていた。
昔、丹波哲郎さんが、「相手が嫌がるエッチは邪悪だが、相手が喜んでいるなら大いによろしい」といったことを言われていたが(丹波さんらしい)、あまり詳しくはないのだが(笑)、アダルトゲームやアダルト系同人誌などには、女性の気持ちを無視したものが多く(いや、あくまで聞いたところでだが(笑))、そんなものを喜んで見ていると、たちまち、大量の悪霊にとり憑かれる。
まあ、永井豪氏の出世作『ハレンチ学園』で、ヒーローの山岸がヒロインの十兵衛に、「お前だって、いや~んいや~んやめてとか言いながら、脱がされるの結構喜んでたじゃないか」と言うと、十兵衛は「べ、べつに喜んでなんかいないもん」とツンデレで返すが、そんなのは良いのだろう。ただし、自分勝手に判断しないことだ・・・って、何の話してるんだ、私は(笑)。

お釈迦様が、本当に、「未来の人間はロクに修行出来なくなるから、念仏だけ忘れなければ良い」と言ったかどうかは分からないが、根本的に良い方法だと思う。
念仏を唱えている人間には悪霊は近寄り難いだろうから、念仏は悪霊に対する強力なバリアーになり得る。
ただし、念仏を、家族であろうが、他人に強要するようであれば、効果がなくなりはしないが、弱くなるし、そのような心根を持っていると、別のことで悪霊にとり憑かれることだろう。
心の波長を、神、仏、天使、高級霊、菩薩、初音ミクさんに合わせること・・・即ち、天使や、それと等しいミクさんに見られて恥ずかしいことはしないことである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

楽な方に流れないために

私が初めて社会人らしきものになった時の職場にいた先輩が、今考えても、物凄くいい男だった。
貫禄があって35歳くらいに見えたが、なんと23歳だった。
180cmを超える長身で、肥満してはいなかったが、堂々たる体格で、80kgはあったはずだと思う。
我々の仕事はセールスだったが、その先輩の前職は工場労働者で、肌がボロボロになるほどの熱い環境で1日中、肉体労働をしていたそうだ。
その先輩が、私の少し後輩(とはいえ、37歳の元国家公務員だったが)と一緒に、おしるこを食べに連れていってくれたことがあった。
その時、店の中で、先輩が、私の後輩に言ったことを、よく覚えている。
「人間は放っておいたら楽な方に行ってしまいますよね」

多分、その先輩も、それを実感していたのだと思う。
ゲーテ『ファウスト』の「天上の序曲」の中で、神が、

人間の活動はとかくゆるみがちだ
人間はすぐ絶対的な休息をしたがる
(高橋健二訳)

一体人間のしている事は兎角たゆみ勝ちになる。
少し間が好いと絶待的に休むのが好きだ。
(森鴎外訳)

と言っていた通りである。
つまり、ゲーテだって、自分に対して、それを感じていたのだと思う。

毎日、決まった時刻に適度な範囲のトレーニングをすると決めていても、それをやめようという誘惑は必ず起こる。
だが、怠惰な自分に打ち勝って、長くトレーニングを続ければ、身体も心も強くなる。
当初は一番の目的に据えていたかもしれない美しい身体も、副産物として手に入る。
もっと食べたい、もっと飲みたいと思っても、厳しく節する。
それで魂まで向上する。

だが、自分を甘やかし、怠惰に流れると、哀れな醜い存在に成り果てる。
それをいつまでも続けると、おぞましい姿に腐った心を宿し、地獄に落ちる・・・つまり、惨めな人生の終末を迎える。
エマニュエル・スウェーデンボルグすら、ちょっと食べ過ぎたと思った時、天使が現れ、「満腹するまで食べて自分を甘やかすな」と警告され、それを生涯守ったようだ。

私は、来月初めの初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」に行くことを考えると、毎日のトレーニングに熱が入り、大好きな甘いお菓子も厳しく制限するようになった。
それで身体が引き締まり、より理想的になってきた。
最近、ユニクロでも、商品を着用したモデルさんの身長を記すことがあるが、182cmなら、ジーンズ等のパンツは32インチ(実ウエストで81センチ位)をはいている場合が多い(それでも十分、すらりとしているが)。
しかし、世界最高のジーンズメーカーであるディーゼルのサイトを見ると、そのくらいの身長なら、30インチ(実ウエスト76cm)をはいている。それは、かなり絞り込んだ身体で、特に痩せているようには見えないが、やはり素晴らしい身体をしている。
もちろん、あまり過度な制限は好ましくはないが、まず、目は良いものに向けなければならない。
例えば私なら、可愛い声で歌う、明るいミクさんの、あのすらりとした四肢や軽やかな動きには憧れるので、それを見ていたら、自然、自己制約が出来るのである。
「ミクさん、ありがとう」は常に伝えたいと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

神から安定した良い仕事をもらうには何をすれば良いか?

スーフィー(イスラム教神秘主義)では、「神を信用しろ。だが、駱駝はつないでおけ」と言うらしい。
彼等が、どんな意味で言っているのか正確には知らないが、
「自分で出来ることは自分でやれ」
「怠惰になるな」
ということと思う。

水野南北の教えは、
「神を信用しろ。だが、食は慎め」
と言えるかもしれない。
エマニュエル・スウェーデンボルグは、天使に、「満腹するまで食べて自分を甘やかすな」と言われたらしいが、これも、
「神を信用しろ。だが、満腹するまで食べるな」
と言って良いのだと思う。
親鸞の教えだって、
「阿弥陀如来を信じろ。だが、念仏は称えておけ」
と言って良いと私は思う。

ニートが、安定した良い仕事が欲しい場合は、どうすれば良いだろうか?
もちろん、それぞれが良いと思うことをやれば良いのだが、的外れをやっているうちは上手くいかないだろう。
私が思うに、一番相応しいのは、規則正しい生活をすることだ。
安定した仕事というのは、毎日、同じ時間に始業するのだからだ。

賢者になりたければ?
神は自分の内部におられるのだから、神を信用すれば、心の奥から叡智が湧き出てくる。
だが、『バガヴァッド・ギーター』は読め・・・といった感じになると思う。

逆に言えば、駱駝を自分でつなぐ、食を自分の意志で慎む、誰にも強制されずに念仏を称える、自主的に規則正しい生活をする、進んで『バガヴァッド・ギーター』を読む・・・といったことをすれば、神を信用出来るようになるだろう。
しかし、あまりに無理な努力をする者は、自分だけを信じ、神を信じていないのだ。
そんな者は、自分1人分の力は発揮出来るかもしれないが、それはかなりちっぽけなものに違いない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

閻魔様の前で何を言おうか?

ギリシャ神話でも、エジプトの死者の書でも、人間は死んだら、生前の行為を裁かれ、死後の運命が決まるとされている。
仏教にも六道輪廻というものがあるが、キリスト教では、最後の審判まで死者は眠り続けるようだ。
だが、熱心なキリスト教徒であるダンテは、『神曲』で、死後の世界のことを詳細に描いているが、やはり、生前の行いにより、死後どうなるかが決まるのである。
エマニュエル・スウェーデンボルグは、死後の世界を、事実として示したが、裁かれて天国に行くか地獄に行くかが決まるのではなく、仲間の霊が迎えに来るらしい。

他にも、色々な死後の様子のことが語られ、どれが本当か、全部嘘か、あるいは、物質世界では想像も出来ないミラクルな仕組みで、全て本当か・・・それは分からない。
しかし、裁かれるかどうかは別として、人生の総合評価がどうなるか、考えてみても良いと思う。

スティーブ・マックイーンとダスティン・ホフマンが共演した1973年公開の150分の長編映画『パピヨン』で、スティーブ・マックイーン演じるパピヨンと呼ばれる男は、殺人罪などにより、終身刑の流刑となる。しかし、それは無実の罪だった。
流刑の地でも問題を起こし、独房に入れられたパピヨンは、砂漠の中で裁判を受ける夢を見る。
裁判官は「有罪」を告げ、パピヨンは「俺は殺していない」と訴える。
だが、裁判官は、「その罪ではない」と言う。
パピヨンが、「どの罪だ?」と問うと、裁判官は、「人生を無駄にした罪だ」と告げる。
それを聴いたパピヨンは呆然として、うな垂れる。
そして、パピヨンは力なく言う。
「確かに有罪だ・・・認めるよ」

人生を無駄にすることが最大の罪であるようだ。
パピヨンもそうであったように、私も、なるほどと思ったものだ。
つまり、人生は値打ちのあるものであり、大切にしなければならない。

昔、こんなことが書かれているのを見たことがある。
「私は死んで閻魔様の前に出たら、大したことは何もしなかったが、便所の下駄だけは揃えて出たと言うつもりだ」
みみっちいようではあるが、もし、一生の間、パーフェクトに実行したなら大したものである。
そして、このように、自分の掟を持ってい者は、大事業とは言わないまでも、それなりに人生を有意義に過ごし、人生を無駄にはしないのかもしれない。
例えば、子供を立派に育てたりしてね。

さて、私は、人生裁判があれば、どう裁かれるのか?
どんな人生であったかと問われれば、アレルギーと人間嫌いに苦しむ人生だったかもしれない。
もちろん、それが人生を無駄にした言い訳にはならない。
というのは、私のそんなハンデはむしろ軽い方だからだ。
そして、子供を立派に育てるなんてことも・・・まあ、絶対しない。
で、威厳ある、敬うべき閻魔様が、
「お前は人生で何をした?」
と問われるなら、私は、
「初音ミクさんを愛しました」
とお答えする。
他には何もない。
そこで、恐ろしい形相で私を震え上がらせた閻魔様が、
「それが何になる?」
と、問い詰めるなら、私は言うだろう。
「それが神に近付くことでした」
しかし、閻魔様は、こう言われるかもしれない。
「それなら、善行に励めば良かったのではないか?」
しかも、悪行は多いときている。
駄目だこりゃ・・・
しかし、言わずとも、私の魂はこう告げる。
「ミクさんを崇めることに優る善はない」
同時に、閻魔様は教えて下さるだろう。
「ゆえに観音はお前を助けた」
確かに、恵み多い人生である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード