ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ジョージ・ワシントン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

運命に逆らわない

年配の人は別かもしれないが、我々は子供の時から、「叶わない夢はない」「なりたいものになれる」などと言われてきたと思う。
しかし、世界的なスポーツ選手や音楽家になるには、努力以前に才能が必要という考え方も、かなり定着してきた。
一方で、「人間に差はない。かけた時間で決まる」という「一万時間の法則」のようなものも信奉者がいる。
村上龍氏と坂本龍一氏の対談書で、村上氏が、こんな話をしていたのを憶えている。
「今の坂本があるのは(彼らは呼び捨て出来る間柄)、才能ということもあるが、3歳の時から十年、みっちりピアノを弾いたからだ」
しかし、「才能がなければ、十年ピアノを弾いても駄目」とは言っていない。
だから、
「大工になるなら、中学生の時から十年、みっちり大工の修行をした方が良い」
という結論となるわけである。
まあ、一般人の場合はしょぼいのは仕方がないが、重要なことを言っているのである。
チームラボの猪子寿之社長と、現在はドワンゴの社長をしている夏野剛氏の対談でも、猪子氏は、
「人間の能力に差はない。イチローは元々大したことない選手だったが、誰よりも野球に時間をかけたから成功した」
というが、イチロー並に時間をかけて日本の一軍選手にすらなれない選手もいるかもしれない(多分いる)。
しかし、自分に見合ったことで時間をかけることには意味があるだろう。

イチローや坂本龍一どころか、ちょっとした人気歌手や、そこそこの規模の会社の経営者にだって、なれない人はなれないのである。
それは、努力の問題ではなく、さして努力しなくても、そんなものになれる人もいれば、いくら努力してもさっぱりな人もいる。
「天は人の上に人を作らず」と言った人がいるが、それは疑わしい。
才能と言えば才能なのだろうが、才能が必要ないようなことでも、うまくいかない人はうまくいかないように思うのである。
まるで駄目男は、どこまで行ってもまるで駄目男である。

つまり、運命は決まっているということだ。
大物になる運命にない人は、どうあがこうが、大望を持とうが、トンビが鷹になれないようなものである。
どんなに頑張っても、猫は虎に勝てない。
ラマナ・マハルシは、
「働く運命にあれば仕事は避けられない。しかし、働く運命になければ、いくら探しても仕事は見つからない」
と言った。
ニートも運命かもしれない。
ハンス・クリスチャン・アンデルセンは、元々、故郷のオーデンセで職人として生涯を送る運命だったが、運命に逆らって、14歳で1人でデンマークに出て作家になったと思っている人が多い。
しかし、作家になることがアンデルセンの運命で、彼だって、歌手や俳優を目指していた頃はさっぱりだったのだ。

だが、自分の運命を見極め、運命に従うことに決めれば、良い人生になる。
例えば、ジョージ・ワシントンやアブラハム・リンカーンだって、運命に従わなかった40歳くらいまでは、かなりの駄目男だったのである。
ワシントンは見栄っ張りで、金持ちの名士になるのが目標で、金持ちの未亡人と結婚したり、危ない事業をやったりしたが、それは運命に合わないことだったので、いつも大失敗して散々な目に遭ってきた。
彼は、軍人のような、苦しい上に、出世して儲かるかどうか分からないことなど、元々、やる気はなかった。
しかし、そのような運命にあることを悟り、運命に従うことを決意し、まず、軍人になって、ついに、アメリカを独立させた英雄になった。
まあ、やはり、我々のほとんどは、英雄どころか、トップにもなれないのだと思う。
だが、運命に従えば、英雄にだって味わえない甘露を得られるかもしれない。

「人間は無になれば不可能はない」という。
しかし、正しくは、「人間は無になれば運命を悟る」のではないかと思う。
無になるにはどうすれば良いかというと、それはいろいろあるだろうが、ある意味、考えることをやめることが必要だ。
そのためには、例えば、お経を上げたり、祝詞を唱えたり、真言を唱えたりするのが効果的な方法であることを示してくれる人が多くなってきたと思う。








我々はたまたま成功する

ジョージ・ワシントンは子供の時、ちょっとした事故に遭った際に、大人に「大丈夫か?」と聞かれると、「将来、アメリカを救う英雄になる僕が、このくらいのことで怪我なんかしない」と応えたという話がある。
もちろん、この手の話は風説(うわさ)の可能性があるが、私は、絶対に作り話だと思う。
もし、これが本当の話だとすれば、それは、ワシントンの愚かで悔恨に満ちた前半生を暗示するものだろう。
英雄であれば、そんな時、「ああ、良かった」と思うものである。

外国の話だが、ある人が電車に乗っている時、トイレに行ったが、使用中だったので、別の車両のトイレに行った。
ところが、その時、電車は空爆を受け、彼が元いた車両が爆撃された。
彼がいた車両のトイレが使用中でなかったら、彼は用を足しながら死んでいたことだろう。
彼は、自分が助かったのはただの偶然と思った。
だが、彼は、ビル・ゲイツのような大富豪、ネイマールのようなサッカーのスーパースターに優る成功者である。
死すべき状況を切り抜け生きているのだから。
ところが彼は、自分が生き残れたのは「たまたま」だと言う。
彼こそ英雄である。
明石家さんまさんが「生きてるだけで丸儲け」と思っているらしいが、もしそうであるなら、彼も英雄だ。

本当はどう思っているのかは知らないが、ドワンゴの川上量生会長は、著書とかインタビューで、自分が成功したのはたまたまで、本来、自分は最も成功しないタイプの人間だと述べているが、全面的かどうかはともかく、多分、彼は本当にそう思っているのだろう。
私の身近な成功者も、一度、雑談の際に、「俺がうまくいったのは、たまたまタイミングが良かっただけだ」と言っていたのを、よく覚えている。

本当は誰だって、恐るべき成功者である。
川上量生さんは以前ブログで、ひきこもりが社会の最下層にでも入れてもらえたら自分以上の快挙と書かれていたが、それなら、私も成功者だ。
だが、「たまたま」と考えるのはちょっと恐ろしい。
それほど「たまたま」だったからだ。
しかし、これからは認めよう。
人間、生きている限り失敗はしていない。

『灼眼のシャナ』で、フレイムヘイズという超人になったばかりのシャナ(当時は名無しの少女)が初めて戦ったのは、敵からも味方からも恐れられる、最強最悪の怪物、天目一個だった。
勝ったシャナに、師でもあるアラストールは、そのあまりに危険な戦い方に、「無茶をするやつだ」と嗜(たしな)める。
するとシャナは、勝ち誇るでもなく、「たまたまうまくいったのは分かっている」と静かに応える。
そうでもなければ勝てない相手だった。
だが、敗れた天目一個は、この世のものでない存在となってからも、シャナを敬っていたのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

英雄になる人とそうでない人との違い

アメリカ初代大統領のジョージ・ワシントンが少年時代、もらった斧の切れ味を試したくて、父が大切にしていた桜の木を切ったが、そのことを正直に父に話したら、かえって誉められたという有名な話は、作り話かもしれない。
だが、長く伝わる話というのは、それなりの原因があるものだ。良い話であれば、そう思えば何かを学べる。
やはり、ワシントンが子供の時、彼が高い所から転落するかどうかして、慌てて駆けつけた大人に「大丈夫か?」と尋ねられたところ、「アメリカを救う英雄になる僕は、こんなことくらいでは平気だ」と応えたという話もある。
こちらも、事実ではないのかもしれないが、私は、本当かもしれないと思う。
と言うのは、この心構えが素晴らしいからだ。
たとえ思い込みでも、「僕は未来の英雄」と思い続けることが出来る子は、他の子達とは全然違ってくる。
人間が何かを思い込むきっかけは、ほとんどの場合、割につまらないものである。
しかし、どんな馬鹿げた誘因でも、何かを信じた者が、大物に、英雄に、あるいは、並外れた人物になるのである。
ジャンヌ・ダルクが、神の啓示を受けたと思うにいたった本当の理由は、今ではもう分からないだろうが、案外にありふれた、他愛ないことかもしれない。
だが、英雄を英雄にした出来事のほとんどは、たまたま起こった、ちょっと珍しい程度のことなのだ。
しかし、そういった、ほとんどの人が忘れてしまうようなことを、英雄は忘れずにいただけなのだ。

オーソン・ウェルズが25歳の時に、監督、脚本、主演をした傑作映画『市民ケーン』の中で、新聞社の偉い老人だったかともしれないが、彼が学生だった時に見かけた、白いパラソルを持った少女のことをなぜか忘れられない話をし、「人間はつまらないことを覚えているものだ」と言う。
だが、世間的にはつまらないことでも、霊的には重要な出来事かもしれないのだ。

あなたも、一度は英雄になる鍵を天使からもらっているはずなのだ。
しかし、ほとんどの人は、それを失くしてしまったのだ。
それは、子供の時に読んだ本の中の話かもしれないし、たまたま聴いた誰かの会話の中にあった話かもしれない。
あるいは、偶然に目にした光景から、魂の中に入り込んできた何らかの印象かもしれない。
そして、それは1つとは限らない。
1つは、偉大な指導者になるための鍵。
1つは、恐るべき悪党になるための鍵。
そのような鍵が、沢山あったのである。
ところが、学校や会社といった世間に平伏(ひれふ)すうちに、大切なことを忘れてしまったのだ。

だけど、覚えていないならいないで構わない。
あなたは、自分が人類を救う英雄であることを忘れてはならない。
そうであるからには、掟を持っているはずである。
エドガー・ケイシーは、毎朝、必ず聖書を読み、偉大な霊能力を持つことになった。
数学史上屈指と言っても良いと思う岡潔さんは、毎朝1時間、念仏を唱えていたと云われる。
だが、いかに偉大な人物であろうと、誰かの真似をする必要はないし、真似をしてはならない。
あなたはあなたの掟を持ち、それを厳しく守ると良いのだと思う。
私もそうしているところである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

肌がゾクゾクするような目標を持つには

ジョージ・ワシントンが少年時代、斧の切れ味を試したくて、父親が大切にしていた桜の木を切ってしまったが、父親に正直に告白したら、父親は怒るどころか、かえって感心して彼を誉めたという有名な逸話は、どうやら作り話らしい。
ワシントンにはもう1つ、真偽が疑われる逸話がある。
それは、ワシントンがやはり少年時代、屋根から落ちたか、穴に落ちたのかは忘れたが、大人に、「大丈夫か?」と聞かれた時、「将来、アメリカを救う英雄になる僕が、こんなことくらいでどうにかなるはずがない」と答えたというものだ。
このような思い込みを持てることは幸運なことだ。
人間を動かす大きなエネルギーは、根拠のない自信、盲目的な信念だ。
だがそれは、意図的に持つことは出来ない。
だが、これこそ、「求めよ、そうすれば与えられる」である。
どうすればそれが与えられるかが、今回のお話である。
これを持てば、情熱溢れるスリリングな、不安などとは無縁な、楽しい冒険の人生が待っている。

アルベルト・シュヴァイツァーは二十歳の時、学者になるか宗教家(キリスト教の神父と思う)になるかで悩んでいた。優秀な彼は、いずれの道にも自信があった。
しかし、ふと、こんなことで迷うのは、自分のことしか考えていないからだと気付いた。
それで、「30歳までは自分のために生きる。30歳からは他の人のために生きる」と決意したら、迷いは消えた。
そして、学者、音楽家として大成功し、富も名誉も得たが、二十歳の時の誓いも忘れてはいなかった。
だが、何をすれば良いのか分からない。
ところが、30歳目前という時、たまたま見たパンフレットに、「アフリカでは人々が医療サービスを受けることが出来ず苦しんでいるので、誰か助けて欲しい」ということが書かれているのを見て、「これだ!」と思い、30歳にして医大に入学し、38歳で医学博士になると、90歳を過ぎて亡くなるまで、アフリカで医療活動を行い、また、そうしながら得た思想を『生命への畏敬』と題して発表した。
シュヴァイツァーの「30歳までは自分のため。30歳からは人のため」というのは、一種の霊感によるものと思うが、これが下りてきたのも、二十歳の時の彼がすでに、非利己的な人間であったからだと思う。

シュヴァイツァーの真似・・・というのも何だが、20代で医学博士の学位と富を得たアーマンド・ハマーは、「青春は終わった」と宣言し、医療機器を満載した船で、旧ソ連に行ったが、チホノフ首相に「医者はソ連にも居る。経済を頼む」と言われて、ビジネスで旧ソ連に貢献した。
このハマーの盲目的な信念が面白い・・・と言っては不遜だが、実際、興味深い。
それを得たのは、彼が7歳の時。
それはある願いなのだが、それは、「自分より優れた人のために役に立つこと」で、これが彼の生涯忘れなかった目標だった。
「自分より優れた人」というのは、自分以外の全ての人と解釈して間違いあるまい。
この謙虚さに満ちた利他的な目標が、彼に無限のエネルギーと幸運を与えたのだ。

偉大になる鍵は、利他的な目標である。
しかし、それを持つ器というものがあるのかもしれない。
普通の人は、自分が何とかやっていけるようにと願い、それを目標にする。
しかし、それでも別に構わない。
「人様に迷惑をかけない人間になる」というのは、庶民の目標として立派であるし、そう簡単なことでもない。
そもそも、まずこちらを達成してからでないと、利他的な目標もあったものではないので、まず、こちらを目標に持っても良いのかもしれない。

自分がまだ自立していないと思ったら、腕振り運動をしながら、少し、「人様に迷惑をかけない人間に」と思っていれば、アイデアは出てくるし、運も開け、必要なものは容易く得られる。
自分が自立していたら、あるいは、その自信があれば、「世のため人のため」と少し思いながら腕振り運動をやれば、より大きな閃きと幸運がやってくる。
あるいは、心の中で、微かな声で、「愛」とか「神」という一言を囁けば、そして、それを思い出す度にやれば、やがて、肌がゾクゾクするような霊感が起こるだろう。
人生というのはなかなか楽しいもののようである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

運命を受け入れれば強くなれる

子供の夢というほど幼いものではなく、若い時に何かになりたいと思うものだが、その夢を叶える人はほとんどいない。
本当にそれになりたいと思い、努力をしても、いつか現実を知り、諦め、それはやがて遠い幻になる。
そんな夢を諦めた人というのは凡人であると思い違いをする人がいるが、ジョージ・ワシントンもそうであったと言う人がいる。
彼は上流階級の名士になりたくて、それに相応しい職業を選び、裏表であらゆる工作をし、富裕な上流階級の未亡人と結婚までして、目標に向かって突き進んでいった。
しかし、実力もないのに、地位と名誉のためだけに高級将校(大佐)になったことで、大勢の部下を戦死させて、やっと運命に目覚め、自分のやるべきことをやり始めたのだという話がある。
有名なスポーツ選手を見ると、人々はその人を、夢を叶えた人と思うが、実は、そのスポーツ選手が夢を諦めるのは、これからであるかもしれないのだ。
人生の本当の目標なんて、現役のスポーツ選手をやれるような年齢で達成できるようなものではない。

きっと、いかなる人であっても、一度は夢を諦めるのだ。
その時に自分の運命を知るが、それを受け入れられるかどうかは分からない。
だが、受け入れようが拒否しようが、運命を免れることはできない。
それならば、運命を受け入れてしまうしかないし、そうすれば、あらゆることに自在に対応して、運命を楽しむことができる。
運命を頭でいちいち理解しなくても良い。
運命とはあるがままのことであり、日常の全てが運命なのだ。

イギリスの作家コリン・ウィルソンは、同じイギリスの最大のSF作家H.G.ウェルズの『ポーリー氏の物語』(翻訳はないと思う)に書かれた、「人生が気に入らないなら変えてしまえばいい」という言葉が若い時から気に入っていたようだが、運命は変えられない。変えられるのは、運命に対する態度である。
運命・・・つまり、日常が気に入らなくても悲観したり、後ろ向きに考える必要はない。
鷹揚に、楽天的に受け入れれば人生は楽しくなる。
『神様のメモ帳』という小説で、アリスと名乗る引きこもりの美少女は、神様のメモ帳を見てしまい、自分の運命を知るが、それは、今の彼女には呪わしいと思われる部分が大きいのだろう。しかし、彼女は運命を受け入れる強さを手に入れつつあるのかもしれない。
このお話に登場するニート達も、神様のメモ帳を「あ、そう」と思える程度に応じて強くなっていくのだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード