ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ジョセフ・マーフィー

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

ニュータイプの就活

私が以前勤めていた会社のある先輩は、中学は普通の公立に通っていたが、非常に成績が良かったので、高校は、私立のトップクラスの進学校に入ったらしい。
すると、それまではずっと1番だったのが、その進学校では下の方になってしまい、あまり良い想いをせずに過ごすことになり、大学は、立派な公立大学に入ったから、普通の受験生から見れば成功の部類とも言えるが、その進学校からすれば、どちらかというと恥ずかしい大学だった。
ちなみに、私は、中学では勉強はさっぱりで、公立高校では入れるところもなかったが、一応、進学校と言われる私立を受けたら合格したので、そこに入った。私の成績では、相当苦労するようなことを言われ、少し心配だったが、別にそんなこともなく(本当は、自分の成績がどの位置か全く考えたことがなかった)、そこそこの公立大学に入った。実は、その大学が、上で述べた、一流進学校に行った先輩と同じだった。

学校はともかく、職場では、周囲の者達があまり優秀でない方が気分良く働けるので、あまりレベルの高い職場に行かない方が良いと言う人もいる。最近も、あるネットのインフルエンサーがそんなことを言う動画を見たが、その動画を見て「なるほど」と思った人も多いと思う。
ドワンゴを創業して1部上場まで果たし、KADOKAWAの会長や社長も務めた川上量生さんは、京大工学部を出て入った会社では、同期に4大卒は自分だけだったという面白い人だった。
比べては悪いが、私は、最初に入った職場は、やはり大卒はおらず、偏差値の低い高校の卒業生ばかりで、中卒も結構いた。私は、そこから転職を繰り返し、1部上場企業や、一流大学卒業生ばかりの会社にも入ったが、社員の優秀さは、どこも同じで、むしろ、一番最初の、中卒&下位高校卒の職場の従業員の方が、1部上場企業や、一流大学卒が大半の会社の社員より、総合的に優秀とすら思えた。
まあ、私は、阿弥陀如来真言を唱えるだけで、どこの職場でも、ほとんど仕事をした覚えがないので、自分のレベルは全く分らない(笑)。
私に見る目がないのだろうが、「こいつは優秀だ」と思う人に会ったことはない。
経営者には素晴らしい人がいたが、ナンバー2以下は、極めて平凡だった。
何かの本に、平社員と専務の差より、専務と社長の差の方がずっと大きいと書かれていたが、実際、そんなものかもしれない。

就活とは厳しいものらしいが、待遇で贅沢を言わなければ、普通の大卒なら、簡単に就職出来ると思う。いや、まともな人なら、高卒以下でも同じと思う。
そもそも、人手不足で困っている会社も多く、歓迎されることも多いはずだ。
それに、小さい会社の方が、仕事や社会のことが早く分るようになるものだと思う。大きな会社では、かなりの歳になっても、自分の会社のことしか知らない人が多いが、小さな会社なら、初めから、お客様であるいろんな会社に行き、いろんな人と会って見聞を広められることが多いと思う。
もちろん、どんな会社に入っても楽ではないし、特に、初めて就職したなら、非常に厳しく感じることが多いと思う。
しかし、そこで、ジョセフ・マーフィーなどの本を読んで、自分の中には無限の力があることを信じ、また、私のように、真言やまじないを唱えて、神秘の力で楽をさせてもらうと良い。
その間に、良ければ、プログラミング、特に、事務系なら、Excel VBAをマスターしておくと道が開けるかもしれない。








万能の力を使えるのは当たり前(個人的に永久保存版)

アメリカで3年間、ベストセラーの最上位を保ったと言われる、ノーマン・ヴィンセント・ピールの著書『積極的考え方の力』の最初の章は、破滅寸前のような状況の40歳の男が、ピールに個人相談をする話で始まる。
困難に直面し、すっかり自信を失っている男に、ピールは、聖書の言葉を1つ教え、出来るだけ多く、この言葉を唱えるよう指示した。
その言葉は、「私を強くして下さる方によって、私はどんなことも出来る」であった。

※ちなみに、その言葉は、1964年にダイヤモンド社から出版された翻訳では、「我を強くし給ふ者によりて凡ての事をなし得るなり」という重厚な訳になっていた。最新の翻訳では、「わたしを強めてくださる方のお蔭で、わたしにはすべてが可能です」となっている。

それを実際に行うことで、この男はうまくいった。
この言葉は、特にキリスト教徒でなくても有効であるが、「私を強くして下さる方」は、神を指すと思われるので、無神論とは言わないまでも、普段、あまり神のことを考えない人は、やや違和感があるかもしれない。
ピールより11日だけ早く生まれたジョセフ・マーフィーは、ピールと同じ牧師であるが、聖書の価値を認めつつ、宗教に優劣をつけず、神というものは、それぞれの心の中にいるものとし、簡単に、潜在意識と神を同一視した。無論、厳密な意味でではないが、それが分かり易くて便利だからである。
人間の意識には、表に現れた思考する意識である顕在意識(けんざいいしき)と、意識は出来ないが巨大な存在である潜在意識の2つがある。
全意識の少なくとも9割は潜在意識であると言われ、この潜在意識の中に、神に匹敵する万能の力がある。
ある意味、潜在意識が神そのものである。
そして、潜在意識の力を使うことは当然の権利であり、本来、誰でも自由に使える。
だから、上記の「私を強くして下さる方によって、私はどんなことでも出来る」は、「潜在意識の力により、私はどんなことでも出来る」と言い換えられる。

では、どうすれば、潜在意識の力を使えるのかが問題と思うかもしれないが、そんなことは考えない方が良い。
丁度、どうすれば歩けるかとか、どうすれば喋れるかなど、考えなくても良いのと同じだ。
なぜ歩けるのかというと、歩けると知っているからに他ならない。
もっと正確に言えば、歩けないことを知らないからである。
それはどういう意味だろう?
例えば、あなたは、もし、脚を折ったら、歩くことが出来ない。
脚が折れたら歩けないことを知っているからだ。
ところが、トーチェ夫妻の著書『トーチェ氏の心の法則』には、ある未開の地域の人々は、脚が折れても元気に走り回るのだそうだ。彼らは、脚が折れたら走れないことを知らないからである。

あなたは単に、万能の潜在意識の力を自由に使えることを知っていれば良いのである。
あるいは、万能の潜在意識の力を使えないことを知らずにいることだ。
そのために、何かする必要はない。
せいぜい、当たり前のように、静かに、「潜在意識の力により、私はどんなことでも出来る」とか「私は潜在意識の万能の力を自在に使える」と、たまに言ってみれば良いだけである。
それらの言葉を、顔を真っ赤にして、力んで唱えるようなことはしてはならない。逆効果になるから。
それは、「地球は丸い」とか「水は低い方に流れる」というのと同じくらい、当たり前のことなのだから、穏やかに、静かに言うしかない。
誰がいまどき、顔を真っ赤にして、必死に「地球は丸いんだ」と言うだろうか?
例えば、「私は初音ミクが好きで、私は潜在意識の万能の力を自由に使える」というふうに「当たり前のこと」を並べて言えば、前者と同じくらい後者も当たり前になる。








就活、婚活は簡単

就活とは、単に仕事探しだし、婚活とは、単なる恋愛の1つだ。
仕事探しと恋愛では、仕事探しの方がずっと簡単だ。
なぜなら、仕事探しでは、面白いとまでは言わなくても、嫌ではない仕事でお金が得られれば良いのであり、それに比べ、恋愛はいろいろ面倒だ。
だから、まずは、適切な仕事を得てから、望むなら、じっくり恋愛に取り組めば良いのである。
とはいえ、本当は、両者にそれほどの差はない。
さっき、仕事は、嫌でないことでお金が得られれば良いと書いたが、やりがいとか生きがいみたいなことを言うなら、それは、仕事ではなく事業だ。
仕事というなら、「楽でさえあれば良い」というのも成り立つ。私がいつもそうだったのだが・・・

仕事探しや恋愛がうまくいかない理由は簡単で、自分の力と偶然という2つのことしか考えていないからだ。
どんな優れた人間だって、個人の力など、たかが知れているし、偶然に頼っていては、不確実で不安でしかない。
もっと大切な力があるのだが、それは世間で認知されていないので、世間的な言い方はなく、やむなく、神の力、潜在意識の力、宇宙の力、引き寄せ・・・などと言うのである。
一番、宗教っぽくないという意味で、潜在意識の力と呼ぶが、これを使わないからうまくいかないのだが、これを使わない人が多過ぎる。
トランプ大統領がこよなく尊敬したノーマン・ヴィンセント・ピールの『積極的考え方の力』の最後で、ピールは、「なぜ神の力を求めないのか?」と書いたが、いまだ、この言葉は一般の人に伝わらない。
この、「なぜ神の力を求めないのか」は、「なぜ潜在意識の力を使わないのか」と同じことである。

ところで、良い仕事、良い恋愛というものを、普通の人はイメージ出来ないと思う。
実は、一生、良い仕事や良い恋愛と縁のない人が大半なのだ。
「そんな馬鹿な」と思うかもしれないが、普通の人は、仕事や恋愛(あるいは結婚)に関し、学校やテレビで叩き込まれた、偽りのイメージを持っているだけで、確かに、そのイメージ通りの仕事や恋愛を得るだけなのだ。
だから、良い仕事とは何か、良い恋愛とは何かは、神様、あるいは、潜在意識にまかせてしまう方が良い。
確かにそれは、楽しい仕事とか、楽しい恋愛であるのだが、普通の人は、何が本当に楽しい仕事で、何が本当に楽しい恋愛かが分からないのだ。
だから、神様、あるいは、潜在意識にまかせれば、本当に楽しい仕事とは何か、本当に楽しい恋愛とは何かを分からせてくれるだろう。

それらを得る方法について知りたいなら、ジョセフ・マーフィーの著作か、クラウド・ブリステルの『信念の魔術』を読めば分かるのであるが、頭が悪くてすんなり理解出来ない人もいると、最近、思うようになった(まさに私がそうなのだが)。
そこで、潜在意識にまかせる簡単な方法を述べる。
まず、目的が、良い仕事か、良い恋愛かを決める。
そして、息を吸い止める。
1秒で良いから、無念無想になる。息を吸って止めれば全く難しくないはずだ。
そしたら、心の中で「成った」と言う。
良い仕事や恋愛を得ることが成ったという意味の「成った」だ。
別に、「成った」でなくても、「成功した」「得た」「OK」など、何でも良い。
一度でうまくいかなくても、あせらず、何度かやってみると良い。
それと共に、上に挙げた本を少しずつでも真面目に読むと、さらに良いだろう。
ちなみに、私を長いニート生活から解放し、トップセールスマンから(楽な)プログラマー、システムエンジニアに導いてくれたのは、ジョセフ・マーフィーの『努力嫌いの成功法』(単行本では『あなたも幸せになれる』のタイトル)だった。








能力がない者でもうまくいく成功法則

このブログでは、何度も、ジョセフ・マーフィーのことを書いたが、あまりご存じない方もいるだろうからジョセフ・マーフィーについて簡単に説明すると、ジョセフ・マーフィーは、聖書について、一般的なキリスト教の教会とは異なった考え方をし、それを教える牧師だ。
ただ、マーフィーは、極めて良識派であり、カルト宗教と見なされるような説は唱えず、一般にも受け入れられている場合が多い。
その教えは、宗教的というよりは実用的で、彼の本は、宗教コーナーや精神世界コーナーではなく、ビジネスコーナーにある場合が多い。
マーフィーが提唱する理論は、簡単に言えば、まず、一般的な心理学の教えと同様、人間の心には、表に現れた心である顕在意識(けんざいいしき)と、表には現れないが、顕在意識よりはるかに大きな潜在意識(せんざいいしき)というものがあり、この潜在意識には万能の力があること、そして、この潜在意識に願いを伝えれば、いかなる願いでも実現するというものだ。
そして、マーフィーは、潜在意識に願いを伝えるための、あらゆる方法を考案し、それを人々に教えたのである。

ところで、マーフィーの成功法則には、暗黙の前提がある。暗黙であるからには、表立っては言われないが、マーフィーの成功法則は、使い手を選ぶのである。
使い手の条件は2つと言える。

1つについて、マーフィーはこう書いている。
「特別な能力は必要としない。私の本を読んで理解出来る能力があれば良い」
だが、マーフィーの本を読んで理解出来ない人は少なくないのである。
別に、高度に理解する必要はない。
だが、読んで、「なるほど」と思い、興味が持てる程度には理解出来ないといけない。
しかし、それが出来ない人が、案外に多いのである。
これは、1つには、純粋に頭が悪いということ、そして、もう1つは、読解は出来ても、マーフィーの法則を頭から否定する人だ。
ただ、この2つが微妙に混ざっているという場合もよくあった。
頭の良さと学校の成績は必ずしも一致しないが、私は、中学時代からの知り合い(男)で、勉強が全然駄目だった者に、マーフィーの本を1冊あげたことがあった。
マーフィー法則について、彼に簡単に説明し、彼も興味を持ったように思え、「本をあげるから読むか?」と聞いたら「読みたい」と言うのでプレゼントしたのだった。
ところが、しばらく経ってから、彼に本の感想を聞いたら、「難しかった」の一言だった。
そして、質問してみたら、確かに、全く理解していなかった。
そんな者もいる。
また、あるキリスト教徒の女性にも、本をプレゼントしたことがあった。こちらも、事前に、マーフィーの成功法則を簡単に説明し、興味を持っているように思えたからで、彼女も、喜んで本を受け取ったように見えた。
だが、彼女は、正統なキリスト教の教義を教育されていたから、彼女には、マーフィーの教えは異端でしかなく、マーフィーの教えを露骨ではないが、嘲笑しているようだった。
そして、キリスト教徒ではなくても、マーフィーの成功法則は、一般社会では非常識であり、カルト宗教のように非難されないまでも、受け入れられはしないのだと思う。

もう1つの条件は、「普通に働いて自立している」ということだ。
マーフィーの本の事例に出てくる人達は、その時は失業中であろうと、それ以前は、ちゃんと働いて生計を立てていた者ばかりで、社会経験のある大人なのである。
また、事業や、その他の仕事で、うまくいっていない場合でも、やはり、仕事はやっているのである。
確かに、学生や、さらには、子供が、マーフィーの成功法則を使って願いを叶えた例も、本に沢山書かれているが、それらの若者達は、今は経済的に自立していないが、精神的には自立しており、大人っぽく、非常に立派であることが特徴だ。
幼くて、精神的にも自立していない子供の例も僅かにはあるが、そんな子は、性格が良く純真だ。これは、親にあまり甘やかされていないことを意味する。
マーフィーも、子供を甘やかすことを害悪とし、こずかいを与えるにも、何らかの労働と引き換えに与えるべきと本に書いている。

つまり、マーフィーの成功法則を使うには、馬鹿であってはならず、自立した精神を持っていないといけない。
幸い、私は、馬鹿ではあっても、それほどの馬鹿ではないし、このブログを見に来てくれる人が、マーフィーの成功法則を使えないほど馬鹿ということはないと思う。
ただ、私の場合は、初めてマーフィーの本を読んだ時はニートで、精神的にも自立とはほど遠かったが、それでも、マーフィーの成功法則は力を発揮し、ニートを脱出出来たので、少々、心がヤワでも何とかなるのだと思う。
まあ、私の目標が、何せニートだから(笑)、ちゃんとお金を稼ぐことで、それが出来てからは、格好良い仕事、そして、楽な仕事で高給を得ることだった。
それらはことごとく達成されたが、私は、単なるニートではなく、筋金入りのニートだったのだから、この成果は驚異と言える。
そして、成功した事業家の本棚に、マーフィーの本が1冊あるのはよく見たし、理論的、あるいは、直観的にも、目標の大きい小さいは、マーフィーの成功法則には関係がないと思える。
だから、どんな目標がある場合でも、安心してマーフィーの本を読むと良いと思う。
また、私は、マーフィーの成功法則には適していない、頭の悪い者、精神が未熟な者も、何とかなると思っている。
マーフィーの成功法則があるのだから、後は、そちらの救済が重要と思うし、そんな低能力の者でも使えるものこそ、誰にとっても、真に強力なのである。








現実になる想像とは

ジョセフ・マーフィーの、お金を引き寄せる優れたテクニックに、1憶円の使い道を考えるというものがある。
想像力を働かせて1憶円をどう使うかを考えることで、1憶円を使う現実が引き寄せられるのである。
ただ、普通の人は、なかなか1憶円の使い道を思いつかない。
そりゃ、1憶円あったら、実際は変えないもの・・・例えば、超高級車や宝石などを買えるだろうが、そんなものを買ったことを想像しても、大抵は、「だから何?」ということになり、その空想世界は灰色になり、小さな凍った世界になってしまう。
精神を操作する技術であるNLP(神経言語プログラミング)において、強く印象付けたいイメージは、
・大きく
・近く
・カラーで
・明るく
・動きがある
ように想像しなくてはならない。
そこで、自分が超高級車に乗っている様子を、大きく、近く、カラーで、明るく、動きのある映像として想像しても、普通は、そう長くは続かない。
つまり、それは本当の望みではないのだ。
面白いことに、失業していて就職したい人が、自分が通勤する様子や、オフィスで働いている様子を、そのように想像しても、どこか虚しく感じ、長く続かず、下手したら、モノクロの暗く静止した映像を想像し始めることがある。
このような人は、なかなか就職出来ないし、ひょっとしたら、働くことが向いていないのかもしれない。

これまで、このブログで何度か、「気分が良ければ、さらに気分が良くなる幸運がやって来る」と書いたが、それは確かなことである。
そして、気分が良いとは、大きく、明るく、カラーの動く映像として、楽に想像出来ることなのだ。
だから、動く、大きな、明るい映像として、楽に想像出来ることを求めれば、簡単に手に入る。

ところが、こんな話がある。
高校からずっとバンドをやっている大学生がいたが、彼は、自分が将来、バンドをやっている姿を想像しても、暗く、小さく、そして、遠い情景にしかならなかった。
それほど本気でやっているわけではなかったのである。
本人も、自分がバンドをやっているのは、どこか無理があると分かっていたのだが、何かつまらない理由でしがみついていたのだ。これは、よくあることである。

自分が何をしている姿が、大きな、明るい、動く映像として想像出来るのか、分からない人が多い。
それは、そんな想像が出来るはずのことを、育った家庭や学校やテレビで禁じられている場合が多いからだ。
イタリア映画『愛のほほえみ』という作品で、オルガという名の可愛い少女(9歳くらい)が、タバコを手に、主人公のルーカス(もうすぐ9歳)に「火をお持ちでないこと?」と言って驚かせるが、オルガは、「あたし、やっちゃいけないって言われることは全部やりたいの」と言う。
オルガは、明るく躍動する想像力を捨てずに済むだろう。

中河原啓さんの『持っているだけで奇跡が起こる本』という本がある。
この手の本を胡散臭く思う人もいるだろうが、この本がまさに、明るく、大きく、躍動するイメージを与えてくれる絵が描かれた本で、見ていると、自然な想像力を取り戻し、そんなイメージに相応しいことを思い出させてくれるのである。
つまり、奇跡も起こるのである。
とはいえ、慌てなくても、例えば、「神様の奇跡が起こる」と唱えていれば、やがて、気分も良くなり、幸運が訪れるが、あまりに心が固くなってしまっていて、変化に時間がかかる人は、参考にしても良いと思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード