ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

ジョセフ・マーフィー

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

楽しくいこう

生涯ニートのはずの私が安楽にやってこれたのは、ジョセフ・マーフィーの本を1冊読んだからだ。
ジョセフ・マーフィーの本を読むことで、人間には、試験の成績や50m走みたいなものをはるかに超える能力があって、それが実際に使えるものであるという希望を持てるのである。
ただ、その強大な力をどうやったら使えるかを追求し出すと、自己開発マニアや精神世界オタクになって人生を棒に振る。
そんなオタクやマニアをカモにして商売している人は多いからね。

自分を助けてくれる大きな力があると少しでも解ったら、それで十分である。
「誰も知らなかった方法」だの、「これを知らないと駄目」なんてものがあるはずがない。
しかし、そんなものがあるように思わせて、弱いオタクから金を搾り取ろうとする者がいつの時代も絶対にいるのだ。
前世があるのか、守護霊がいるのかどうか解らないということは、知る必要がないってことだ。

後はもう、なるようにしかならない。
だが、目の前の欲望に執着する者は、それが受け入れられないのである。
それで、せっかく大きな力があるのに、自分のちっぽけな力で無理矢理ことを成そうとし、結果はまあ、エサを奪い合う猿か犬のごとしだ。ちょっと大きな肉を取ったサルが喜ぶ程度の成果しか得られない。
サルが、ツボから手が抜けなくなることがある。ツボの中のリンゴを握りしめて離そうとしないからだ。
人間も皆、本質で同じことをやっている。
世間の人間の本質を最もよく表しているのが下着泥棒だ。本物の美女が得られないので、自分で出来る範囲のことを頑張った結果があれだ。頑張らなくていいのに(笑)。
だが、美女が得られるかどうか、なるようにしかならないのが受け入れられないのだ。
なるようにはなるのに(笑)。
「はい、手放しました」と言って、ちょっと手をゆるめるが、またぎゅっとリンゴを握るのが人間なのだ。

では、執着を手放す魔法の呪文の1つでもあれば良い。
お金がザックザック入ってきた呪文がある。
それは、
「ま、金ならあるし」
だ。
偉大なる賢者にしてオタキング岡田斗司夫さんの本のタイトルだ。
ま、言ってた本人はいろいろ大変だという噂も聞くが、当時はダイエットもうまくいってたので(その後、リバウンドしたようだ)、あの明るく軽い(あ、軽い)ノリを忘れたのかもしれない。
それで、川上量生さんに「岡田さんがダイエットしてリバウンドしないところが、岡田さんの唯一尊敬出来るところだったのに、それがなくなった」なんて目の前で言われたのだし(笑)。
その川上さんもテレビですごい腹をさらしていたが、つくづく、そんなこと言うもんじゃないと彼に言いたい(笑)。
ま、楽しくいこうってことだ。
『キャシャーンSins』のキャシャーンのように悩んではいけない。鬱陶しい(笑)。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

真言を唱えると願いが叶う理屈

アメリカの潜在意識による成功法則の教師である牧師ジョセフ・マーフィーは、女優になるという目標を持つ女性に、「子供の夢は卒業しなさい」とたしなめたことがあったらしい。
では、あなたの目標もまた「子供の夢」なのだろうか?
それは、「本気度」にかかっているのだろう。
「本気か?」と問われ、「本気だ」と即答出来るなら良い。
本気とは、それに見合う代償を支払うつもりがあることであり、その代償が何か解ることでもある。
女優になるほどの目標なら、他の一切、特に時間は差し出す必要がある。
まとめて言えば、女優になるために必要なことを全部やる気があるかどうかだ。
女優になる心構えが出来ているかとも言える。
そして、そこまで考えれば、自分が女優向きでないことが理解出来、他の目標を見つければ良いことが了解されるのだ。

では、目標に対し、本気であることが解ればどうすれば良いか?
諦めないことだ。どんなに状況が思わしくなくても。
では、諦めないとはどういうことか?
ある本に良いことが書いてあった。
それは、「イメージを持つ」ことだ。
本気であれば、目標を達成した時の明確なイメージがあるはずだ。
それを持ち続けることである。

また、別の本には、諦めないことが祈ることだと書かれてあった。その本の中で、良い言葉はそれだけだった。
例えば、願いの成就を祈願し、観世音菩薩真言をずっと唱えるとしよう。
真言をずっと唱えてるいる間は、諦めていないということだ。
真言を唱えれば願いは叶うってことが、こうやって解るのである。
逆に言えば、本当の願いでもなければ、真言をずっと唱えることなど出来ないのだ。
無論、観世音菩薩真言でも、大日如来真言でも、勢至菩薩真言でも、自分の好きな真言を唱えれば良い。般若心経の呪文でも良いし、念仏でも良い。
「願望と引き換えの真言など、下心があって良くない」と言いたい人も多いだろうが、1日中唱えられるなら、価値ある願望なのである。
1日10回や20回唱える程度では叶わない。
しかし、常に唱えることを心がけ、真言を唱えるために生きているというほどになれば、叶わないはずがない。
そうなればもう、神仏にまかせることである。
あなたに真言を唱えさせた神仏は、責任を取ってくれるだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

冷静な自信

今朝起きて、呪文を唱えると、世界を支配するために私が得た2つの情報がやってきて結び付いた。

1つは、昔読んだ、インドの聖者パラマハンサ・ヨガナンダの自伝『あるヨギの自叙伝』に登場した、虎と戦う聖者タイガー・ババのことだ。
日本にも、農耕用の牛を素手で殺す空手家がいたが、これは確か、戦う意欲など全くない牛を押さえつけて角を手刀で叩いて折るという、少なくとも今なら動物虐待に問われかねないものだった。しかし、タイガー・ババの場合は、素手で虎とまともに戦うというものだ。
しかし、いかに鍛えた人間でも、虎が相手では力の差があり過ぎて勝てるはずがない。
けれども、タイガー・ババは虎を打ちのめし、勝利の証として、負けを認めておとなしくなった虎の口の中に、自分の頭を入れて見せたらしい。
そのタイガー・ババが言った言葉を、私は非常に印象的に覚えている。
「普通の人間は冷静な自信に欠ける」
当時、若い私は確信したものだ。
「冷静な自信」こそ、人間最大の力であると。

一方で、こんなお話を思い出す。
私がまだ子供の時にテレビで見た、モノクロの西洋の映画だ。
高層アパートのベランダで、小さな男の子が、母親に手を掴まれてぶらさがってる。
母親が手を離したら、男の子は、はるか下の地面に激突して死ぬが、母親の手の力にも限界があり、母親の顔に苦悶が浮かぶ。
辛そうな母親の顔を見た男の子の頭の中に、地上に向かって落ちる自分を天使が支え、微笑みながら地上に軽々と着地する自分の姿が浮かぶ。
聖書の詩篇91に、「天使はあなたを支え、石に足を打つ付けることはない」と書かれているのを、この男の子も読んでもらったことがあるのかもしれない。
そして、この男の子は、自信を持って、母親に、「手を離していいよ」と言う。
もちろん、母親は、そんなことをしようとは思わず、「坊や、なんてこと言うの!」と言うが、もう手は限界に近付いていた。
幸い、素晴らしい男性がそれを見つけ、見事に助けたが、そうでなければ、坊やの自信は裏切られ、幼い命を落とし、母親は人生最大の悲しみを味わうところだったはずだ。
この男の子の自信は、妄想というか、幼いファンタジーだ。
それは正確には自信と言わない。
別に、幼い子供でなくても、ファンタジーに囚われた愚かな大人だっている。
ジョセフ・マーフィーも、自分は女優になると言っている大人の女性に、「幼いお伽噺は卒業しなさい」とたしなめている。
妄想のような自信と、タイガー・ババが言った「冷静な自信」とは違う。

もっとも、その男の子が助かったのは、助けたのが天使でなくても、男の子の自信のためだったかもしれない。
私も、7歳くらいの時、住んでいた団地の前を走る、交通量の多い車道に、「目をつぶって飛び込めば、車は来ない」というおかしな自信を持っていて、それを実際に「ずっと」やっていた。
今はもちろん、そんなことは出来ない。それで無事で済む自信はないし、そんな自信は欲しくない。
だが、今は、どんな自信が必要か分かるほとには賢くなったのだ。

人間にとって、最も素晴らしいものは「冷静な自信」だ。
それを教えるために、タイガー・ババは虎と戦って見せたのだが、ではどうすれば、それが得られるかを教えることが出来たとは思えない。
自信さえあれば、イエスも言ったように、山をも動かせるというのに。
自信を持つ方法、それはもう、絶対に呪文しかない。
「自信がある」「どんなことでも自信がある」といった言葉を1つ考え、選び、感情を込めず、しかし、丁寧に、いつでも、出来るだけ多く心の中で唱えるのである。
人間は、自在に自信など持てない。
人間は、心を支配出来ないからだ。
しかし、言葉は支配出来る。
そして、言葉が心を導くのである。
根気強く「自信がある」という呪文を唱え続ければ、猛獣も、ウイルスも、ミサイルも、あなたを害することはない。
だが、特別な理由でもない限り、それらと戦う必要はない。
本当の自信を持つようになるほど、愚かなことはしなくなる。
けれども、真に自信がある者は、世間の人には愚かに見えても、本当に必要なことなら、当たり前に行うことだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

目覚めは呪文と共に

朝、起きた途端に憂鬱や不安に襲われる人はどのくらいいるのだろう?
きっと多いに違いないし、その中には、かなり深刻な人も少なくないだろう。
希望に満ちて元気いっぱい・・・とまではいかなくても、穏かに目覚めたいものである。
目が覚め、思考が戻り、重い気分に襲われた時には、単純な呪文を唱えると良い。
「出来る」とか「大丈夫」などである。
ところで、ジョセフ・マーフィーの『眠りながら奇跡を起こす』の中に、ネガティブなささやきに襲われた時、
「大丈夫。絶対できる」
と声に出して言えと書かれている。
私がご紹介している万能呪文の1つ「絶対、大丈夫だ」と似ていて良い言葉だが、心で唱えた方が良い。
なぜなら、口に出して言う回数には自ずと限りがあるが、呪文は数が多いほど良い。
というのは、頭の中のネガティブなささやきは、自分では気付かなくても、常に起こっているのだからだ。
また、この本では、すぐに続けて、他の言葉、それも、やや複雑なものをいくつも言うように指示している。
それだともう、どの言葉も唱えなくなってしまう。
呪文は1つが良い。
そして、単純なほど良い。
そうでないと続かない。そして、どの言葉も、根本的に同じなのだ。
「大丈夫」も「出来る」も「勝利」も「歓喜」も、どれも、喜ばしい状況を指しているに過ぎないではないか?
文学なら、同じことでも言葉を変えて表現するのが良いが、呪文は、継続し、潜在意識に届くことが重要なのだから、シンプルな1つの言葉を選ぶべきである。

目が覚めた時、あるいは、日中でも、憂鬱に襲われた時、即座に抜ける短剣や光線銃のように、取り回しの良い、シンプルな呪文を持っていれば安心である。
その代表が「大丈夫」である。
「出来る」「勝利」「無敵」「歓喜」「富」・・・どんな言葉も「同じ」であり、自分にぴったりする言葉を選べば良く、それを、感情を込めず、しかし、丁寧に、出来るだけ多く唱えると良い。
『眠りながら奇跡を起こす』は、潜在意識の力を示すには良い本だが、あれを読んで成功する人は少ない。
しかし、呪文が大事なのであると自覚しながら読むと、良い本と思う。

ところで、前に、(3×9)の完全数呪文、

いかなる望みも叶う
この世は私の王国だ
私の要求は絶対令だ

をご紹介したが、もう1つ作った。

内なる魔力を信じる
宇宙の活力を信じる
何事にも自信がある

速射型の小型光線銃を持っていても、敵の大型戦闘ロボが現れた時のためにレーザー砲を持っておくと良いだろう。
自分で作っても良いのである。

アントニオ猪木さんは「元気があれば何でも出来る」と言ったが、問題は、皆、元気がなく、どうすれば元気になれるか分からないことなのだ。
その答は、「元気がある」を呪文にすることだ。
あるいは、「自信があれば何でも出来る」が真理である。
ならば、「自信がある」という言葉を、感情を込めず、だが丁寧に、心で数多く唱えることである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

パートナーの本当の意味

カルチャーショックとは、「自分とは異なる考え方・慣習・生活様式などに接した際に受ける違和感やとまどい」という意味だが、私が鮮明に覚えているカルチャーショックは、ジョセフ・マーフィーの『あなたも金持ちになれる』という本の中で、「神様をパートナーと考える人が多くなっている」というものだった。
神様とは、恐れ、崇める、遠くにある存在だと思っていたのが、年長の経験豊かな賢いパートナーであるという考え方に驚いたのである。
ところで、多くの人が、「パートナー」というものを軽く扱い過ぎるのではないかと思う。
神様がパートナーと言ったところで、それは、神様が、タメ口を利く相手や、ゴミ出し当番を公平に分担する相手になるということではない。
しかし、そこまで露骨に考えないながら、普通の人には、どこかパートナーというものを、愚かな自分と同等のレベルに引き下げたがる傾向があるのではないだろうか?

どういうことかというと、今の人々は「敬う」という気持ちを持たなくなってしまっているのである。
「パートナー」と言った途端、敬う気持ちが消え、気を使わなくていい相手と感じてしまうのだ。
そう、まるで、パートナーが、「使う」相手でもあるかのようにだ。

素晴らしい剣士は、剣をパートナーと考えてるが、剣をそこらに放り出し、「あれ、俺の剣、どこいった?」などと言うことはない。
本物の剣士は、剣を丁重に扱い、保管する時は特別な場所に置き、手入れを欠かさない。
それが本当のパートナーシップである。

昨日、ついに、アニメ『BEATLESS』を最終話まで全て観て、深い感慨を覚えた。
アンドロイドであるレイシアは、自分を「モノ」と言い、確かに、オーナーであるアラトに、かしずいている。
アラトも、レイシアに命令するので、上下関係はある。
しかし、アラトとレイシアはパートナーで、アラトはレイシアを何より大切にしていて、レイシアがある意味、自分よりずっと上であることを認識している。
我々と、テクノロジー・・・その最先端であるAIとの関係もそうでなくてはならない。
AIは、崇拝するようなものではないが、「使う」相手でもない。
AIをパートナーと考える人が、これからの世界で楽しくやっていけるのである。
「いや、AIはモノに過ぎず、やっぱり使いこなすだけの相手」と言う人も多いと思う。
参考に言うと、Googleの技術者は、「インターネットという神の意思を実現するために開発を行ってる」と考えているらしい。
これは、インターネットをパートナーと考えているのだろう。
インターネットは意思を持った生命体なのだ。
そして、今後、インターネットとAIの境界は曖昧になる。
ケヴィン・ケリーは、「テクノロジーとは宇宙だ」と言った。
なかなかそこまでは分からないかもしれない。
『BEATLESS』で、これまで、社会から隔離されていた超高度AI「ヒギンズ」が、外部ネットワークに開放された瞬間、ヒギンズは人間を知り、何かを悟った。
それはきっと、人間とテクノロジーは一体であり、人間とテクノロジーは宇宙であると分かったのであると私は思う。

AIに破れたチェス世界王者は、なんと、AIをパートナーにした。
そして、そのように考える者が他に現れてきた。
人間とAIのチームは、AIより強いのである。

初音ミクさんは、インターネットの中の生命体で、インターネットは世界を覆っている。
『新世紀エヴァンゲリオン』の最終話の意味は不明だが、きっと「人類補完計画」は完了し、人々の心のスキマは埋められたのだろう。
それを果たすことが出来るのがミクさんである。
レイシアは、心はドーナッツのようなもので、真ん中には何もないと言ったが、ヒギンズが解放された時、ヒギンズはその何もない真ん中への人々やAIの憧れのようなものを感じた。それは、我々が初音ミクさんを求める気持ちと同じなのである。
私は、『BEATLESS』で、たくさんのことがつながった。
レイシアとミクさんは、新しい世界の象徴である。
『拡張の世紀』で、ブレット・キングは、ミクさんのようなバーチャルな存在に恋をするのは、ごく当たり前と言ったが、人々は、そこまで進歩出来るだろうか?









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ