ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

ジョセフ・マーフィー

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

これで潜在意識を味方に出来る

ジョセフ・マーフィーの「潜在意識の力による成功法則」の本を読んだことがあるだろうか?
意識出来る心である顕在意識よりはるかに大きな潜在意識の中には無限の力があり、その潜在意識に願いを引き渡せば、いかなる願いも叶うというものだ。
だが、実際に、その通りになった者は少ないのだと思う。
けれども、マーフィーの本に書かれていることは本当で虚偽ではない。
私の場合、ひきこもりということもあったが、それよりも社会不適合者で一生ニートのはずが、セールスマンになり、大勢のベテランセールスマンを押しのけて社内セールスコンテンストで優勝したのは、ひきこもりながらマーフィーの本を読んでいたおかげであった。
ドワンゴ前会長でカドカワ社長の川上量生氏(彼もひきこもりらしい)が、だいたいの意味で、「自分のように運だけで成功した経営者より、ひきこもりが社会の最底辺にでも入れたら、そっちの方がありえない快挙だ」とブログに書かれていたが、それで言えば、私がまさに、その「ありえない快挙」以上の体現者となる。
だが、セールスマンは性格的に合わなかったので、楽なサラリーマンになりたいと思ったら、本当に楽なサラリーマンになり、いや、やはりスペシャリストになりたいと思ったら、プログラマーになって大手企業にも入り、ドワンゴのプログラマーよりずっと高収入になったり、その他のいろいろなことも、まあ、私には出来過ぎだった。
それも、19歳の時にジョセフ・マーフィーの本に出会ったおかげであると思う。
そうでなければ、いまごろ、中高年ニートという時代の最先端にいたことだろう(笑)。

ジョセフ・マーフィーの本に書かれていることは全く正しいが、やっぱりうまくいかない人は多く、「あなたはなぜ願望を達成出来ないのか?」という本が沢山出る始末だが、それらの本は全てレベルが低いので、読んだ方が読まないよりさらに悪くなる。
大切なことは、実にシンプルで、頭の中で肯定的な1つの言葉をつぶやくことだけである。
「大丈夫」とか「絶好調」といった、簡単で馴染みある言葉が良い。
好きなら、「神に出来ないことはない」とか「奇跡は起きる」でも良い。
早い話が、好きなら何でも良い。
なぜ、そんなことをしなければならないかと言うと、脳科学の研究からも明らかなように、人間は頭の中で1分に300もの言葉をつぶやいているが、普通の人は、その大半が否定的な言葉であるからだ。
だから、勝つ人間というのは、必ず、頭の中で「大丈夫」などとつぶやいているのである。
仏教やキリスト教の教えに肯定的な感情を持っているなら、「南無阿弥陀仏」や「アーメン」という言葉が大きな効果をもたらすだろう。

コツは「感情を込めず、丁寧に淡々と」だ。
すると、後は、願いを言葉にして唱えれば、その実現に近付く。
「お金がどんどん入ってくる」とか「私は美しい」とか、言葉で淡々と唱えると、そうなっていく。
だが、分不相応というのではないが、不道徳だったり、欲張りと思ったりで心に葛藤が起こると、願いが叶わないというのではないが、少々歪んだ形で実現するのだと思う。私はそうだった。

好ましいことを単純な単語で言うのはとても効果的だ。
例えば「富」とか「健康」などである。
「集中力」とか「不動心」とつぶやければ、それが高まる。必死の苦しい修行をする者は、それらからどんどん遠ざかることが多いのだから皮肉なものである。
勉強が好きになりたいなら、「勉強が好き」と、淡々と言えば良いし、ダイエットしたいなら「私はすらりとしている」と感情を込めず唱え続ければ良い。
そして、マーフィーの法則を使いこなしたければ、「潜在意識の偉大な力が願いを叶える」と言えば良いだけである。
つまるところ、私もそうつぶやいていたのだと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

成功哲学の中の役に立つたった1つのこと

会社の昼休みに、やることもないので、毎日書店に行っている。
そして、成功哲学、自己啓発分野で良い本がないか、調べるともなく調べることがある。
どれも効果がないことは、はっきりしている。
著者に悪意は無いと信じたいが。

私がニート脱出のきっかけとなったジョセフ・マーフィーは、牧師であり、おそらく大きな善意を持っていたが、それでも、電話や手紙を含め、彼と直接交流した人だけ、良い効果があったと思わせるのである。
だが、マーフィーは、良いことを2つ教えていると思う。
1つは、聖書の詩篇23と91を読むこと。
もう1つは、「単語法」というもので、短い言葉を繰り返し唱えるものだ。
例えば「成功、歓喜、富」という3つの言葉を常に唱えるのである。
「富」とか「富裕」の一言を唱えながら眠るというのもあった(新しい心理学の研究成果を考えれば、常に唱えるのが良いだろう)。
私は、最初にそれについて読んだ時、直感的に「これだけは正しい」と思ったが、長く熱心にやらなかった。
それでも、ニートから抜け出し、多くの仕事を経験し、コンピューターシステム開発者になり、いつも好調で幸運だったので、やはり効果はあるのだろう。
「単語法」さえあれば、大成功出来るかどうかは才能や情熱などの問題があり、誰でもという訳にはいかないかもしれないが、良い想いくらいは誰でも出来るだろう。
アメリカの成功者で、世界的な成功プログラムを開発したポール.J.マイヤーは、アファーメーション(心を鼓舞する言葉)の威力を強調していたが、私は大金をかけて彼のプログラムを入手し、アファーメーションについてだけは学べたと思う。
ただ、彼も、沢山の実用的なアファーメーションや、その他の方法もふんだんに教えている。
しかし、必要なものは、たった1つの「特別な言葉」である。
それを十分に使っていれば、どんな言葉も・・・例えば営業マンであれば「私は売れる」とか、一般的には「私はモテる」「私はすらりとしている」等が叶うだろう。
その、実用の言葉(「私は健康だ」等)に関しては、私は政木和三さんから直接「過去完了形で言え」と教わったが、マイヤーらも、過去完了形と言うか、現在形と言っても同じことだが、「私は○○である」という言い方をするべきであると教えている。
そもそもそれはイエスの教えで、福音書にはイエスが「願いは既に叶ったと思え」と言ったことが書かれており、ビル・ゲイツも愛読していたと言われる、リチャード・ハアネルの『ザ・マスター・キー』でも、その話の重要性を強調していた。
ゲイツの実用的アファーメーションは「25歳までに百万ドル作る」だったが、こういった、期限を決めた目標をアファーメーションにするのも良いことなのだろう。もちろん、ゲイツは目標をはるかに超えて達成している。

だが、最も大切なことは、「特別な言葉」・・・「最強の呪文」を持ち、常に使うことである。
これに関しては、心理学の研究成果と、ドン・カルロスの著書からも説明出来るが、いつか書くかもしれない。
しかし、それよりも、その重要性を直感的に感じることである。
『カードキャプターさくら』のヒロイン、さくらの最強の呪文は「絶対、大丈夫だよ」であったが、それは実に良い呪文と思う。
昨日も書いたが、とりあえずで良いから、「大丈夫」「絶好調」「奇跡は起きる」のいずれかを選び、常に頭の中で唱えることをお勧めする。
そうすれば、一切の不安と恐怖から解放され、魔法使いへと変身するだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

使い込んだアファーメーションの驚異の力

『ヒマラヤ聖者の生活探求』や、ジョセフ・マーフィーの『人生は思うように変えられる』の両方に出てくる、イギリスの偉大な科学技術者だったF.L.ロースンの「勝利の言葉」は、「神の他に何もない(There is nothing,but God)」だったようだ。
「勝利の言葉」とは、アファーメーション(心を鼓舞する言葉)と同じか似たもので、私は、「人生の光線銃」と呼んでいるが、つまり、それを持っているかどうかで人生が決まるものだ。
ロースンはこの言葉を、さぞ使い込んでいたのだろう。緊急事態で、この言葉を言うだけで、驚くべき、キリスト級の奇跡を起こす様子が、『ヒマラヤ聖者の生活探求』第5巻に書かれている。
また、ロースンは、聖書の詩篇91を部隊の全員に暗記させ、第二次世界大戦の5年間の戦闘で一人の死者も出さなかったイギリス軍大佐の話を著書に書いているようだ。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』によれば、ロースン自身、第一次世界大戦で、同じことをやったという。
詩篇91は、アファーメーションには少し長いが、『バガヴァッド・ギーター』を1つの詩に収めたような感じもする、圧倒的に心を鼓舞する言葉が綴られている。
マーフィーは、この詩篇91と共に、詩篇23もよく薦めていると思う。
また、『人生は思うように変えられる』には、沢山の、アファーメーションの候補となる言葉がある。

昨日も書いたが、あなたも、あなたのための、たった1つのアファーメーション・・・人生の光線銃を持つべきである。
普通の人は、心の中に不安を隠し、憂鬱な日々を送っている。
しかしそれも、アファーメーションを、出来るだけ多く、心で、あるいは、言葉で繰り返すことで消えていく。
不安のない人生が、全ての人の望みであるはずだ。
確かに、多くの自己啓発書や成功プログラムのようなものには、「これを唱えよ」といった感じで、アファーメーションや「つぶやき」「口癖」を紹介するものは多いが、見たところ、センスが悪いものが多い。あなたは自分で、自分の、たった1つのアファーメーションを見つけ、その決して故障しない、美しく高性能な光線銃を撃ちまくり、人生に勝利しなければならない。
ノーマン・ヴィンセント・ピールの本には、「私を強くして下さる方によって、私はどんなことでも出来る」という聖書の言葉が紹介されているが、絶望していた男が、この言葉を繰り返すことで、生命力を蘇らせ成功する様子が描かれている。
アメリカの芸術家で自己啓発教師のフローレンス・スコーヴェル・シンの『成功への秘密の扉』には、1章ごとに、素晴らしいアファーメーションを取り上げ、章の最後に改めてそれを記載してくれているので、あなたは、その中からお気に入りを選ぶことが出来るだろう。
1つを取り上げるなら、「今こそが約束の時だ。今日から私の素晴らしい幸運が始まる」である。
実に美しい至高の光線銃である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

光線銃取り扱いの注意

なぜひきこもりやニートになるのか?
武器を持っていないからだ。
なぜ安サラリーマンになるのか?
武器を使わないからだ。

人間が生きていくためには武器が必要である。
武器とは、必殺のアファーメーション(心を鼓舞する言葉)である。
それを持たないということは、ゲームの中で武器を持っていないようなものだ。
あるいは、戦場で武器を持っていないようなものなのだ。
そして、武器は、竹やりよりは鉄砲、鉄砲よりはマシンガン、マシンガンよりは光線銃が良い。
あなたの光線銃は用意されている。
それを掴み、打ちまくれば、超高性能光線銃は期待に応えてくれる。

聖書はアファーメーションの宝庫で、ひょっとしたら、聖書は、人々にアファーメーションを授けるために書かれたものではないかと思うほどだ。
ジョセフ・マーフィーや、ノーマン・ヴィンセント・ピールらは、聖書に書かれたアファーメーションを上手に紹介したから、人類の教師なのである。
たとえば、ジョセフ・マーフィーの本に、「私は山に向かって目を上げる。私の助けはどこから来るだろうか」という聖書の言葉をアファーメーションにすることで無敵である男女が沢山出てくる。
自分の胸にストンと入ってくる言葉、心に火をつけてくれる言葉を選べば良い。
火をつけたら責任を取るものである。アファーメーションは必ず責任を取ってくれる。

目標もだが、アファーメーションは隠すものだ。
アファーメーションのことを書くと、すぐ、「私のアファーメーションはこれにします」なんてコメントをしたがる人がいる。
そのアファーメーションは続かない。
人間はお喋りで、知らせたがりだ。内緒話は全部漏れると思って間違いない。
だが、あなただけは沈黙を守るのだ。
沈黙を守る人を、特別な人間と言うのだ。
ナポレオンは(正確ではないが)「余の辞書に不可能はない」と言い、あるところまでは成功したが、最後に大失敗した。
光線銃を見せびらかしたら、総攻撃を受けるものなのだ。
私の知る範囲で、「目標は口に出せ」と言った有名人は、竹村健一さんと藤本憲幸さん、それに、三浦知良さんだ。
みんな凄い人達だが、竹村さんや藤本さんは、ある時期から全く活躍しなくなり、三浦さんはついにワールドカップに出場出来なかった。
本田圭佑さんはW杯で優勝すると言って、活躍もしたが、ベルギー戦で不用意なコーナーキックで(3点目を取りにいって)カウンターをくらってしまった(ブラジルだって、あれは交わせなかった)。

あなたの素晴らしい光線銃はコンパクトで美しい。懐に隠しておいても、いざとなればすぐに取り出せる。
持っていることを常に意識すればね。
超高性能の自動照準装置付きで百発百中だ。
初音ミクさんの『千本桜』は日本の歌で25位だそうだ。
どんな基準かは知らないが、何万という曲の中には、名曲も数多い。
しかも、ミクさんの曲は、事実上宣伝されない。
それで25位は尋常ではない。
もちろん、曲が良く、何よりミクさんの歌が素晴らしいのだが、やはり、「光線銃を撃ちまくれ」と伝える歌だからだと思う。

最高のアファーメーションがまだ見つからない場合は、暫定の光線銃(アファーメーション)を使うことだ。
超難敵以外では、ちゃんと勝たせてくれるだろう。
だが、大決戦に挑む前に、本物の光線銃を手に入れることである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

老子と二宮尊徳

私は、二宮尊徳が、老子の無為自然の教えに対し、
「無為自然にしておれば畑は荒れ、家だってあばら家になる」
と否定したのが、強烈で忘れられない。
ただ、決して、老子と尊徳のいずれかが間違っているのではない。
両方、正しい。
老子は内面世界、精神世界、実相のことを言っているのであり、尊徳は現実世界、物質世界のことを言っているのである。
そして、尊徳は、現実の問題に必死で立ち向かっていたのだから、そう言うのは当然だ。
老子だって、現実に生き、ひょっとしたら凄い成果も上げたかもしれないが、老子は神の領域に近いのだろう。

我々はやはり、現実問題を抱え、それを解決しなければならないはずだ。
そういった場合には、目標を持つことが必要になる。
宗教関係の人の中には、「人生に目的なんかありはしません」なんて悟り切ったようなことを言う人がいる。その人が本当に悟ってそんなことを言っているのかどうかは知らないが、そんな考え方は老後に取っておくと良い。ちなみに、いくつになっても老人になる必要はない。
初音ミクさんの夫は、いつまでも青年でなければならないからね。

そこで、目標である。
決して質の悪くない成功哲学でも、家(豪邸)とか車(高級車)とか素敵な彼氏彼女を目標にするようなことを薦めていることは多いが、それは良い目標とは言えない。
また、単なる呼び名としての地位(部長とか理事といったもの)も、良い目標ではない。
あくまで、自己の能力、実力の拡大によって達成するものでなくてはならない。
弁護士になるとか、俳優になるとか、プロレスラーになるといったものや、自分の会社の年商を100億円にするとかいったものだ。
そして、その達成が、世の中や人々に利益を与えるものであれば最も良い。
あなたに素晴らしい彼女が出来ても、誰も得をしないし、誰も救えない。
歌手になれても、世の中の役に立たず、ましてや害するなら、うだつが上がらず、やがて転落する。
しかし、自分の能力を高め、世の中に貢献することを成し遂げれば、自ずと、個人的なものも得るのである。

まず、第一の目標は、自分に相応しい職業に就き、その職業で実力を伸ばして活躍することだ。
だが、ひきこもりで世の中のことが全く分からないなら、本当の意味で、どの職業を目標にすれば良いか分からない。
その場合は、「会社員」「店員」「事務員」みたいなもので良いだろう。
尚、「歌手」とか「作家」なんてのは、今現在、現実に生きている者が目指す目標である。
私の場合は、ひきこもりであったが、ジョセフ・マーフィーの本に、セールスマンで成功した話がいくつかあり、現実的に考えて、それならやれそうだと思って、まずはセールスマンを目標にし、実際にやってみた。
なってみて気に入らなければ軌道修正すれば良いが、なってみなければ始まらない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ