ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ジョセフ・マーフィー

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

壁を壊す

アファーメーション(肯定的断言)を行っているのに、なかなか良いことが起こらないとしたら、その理由は、ほぼ間違いなく、これまでに築いてしまった、強固な心の壁のせいである。
フローレンス・スコーヴェル・シンは、この心の壁を、旧約聖書の『ヨシュア記』に出てくる「エリコの壁」に喩えた。
自分のエリコの壁を壊さなければならない。
『ヨシュア記』では、時の声を上げることで、エリコの壁が崩れた。
ところが、時の声こそがアファーメーションであるとフローレンス・スコーヴェル・シンは言う。
つまり、壁があるなら、まだアファーメーションが足りないのだ。

アファーメーションを心掛けていると、本当によく気がつくのは、放っておいたら、頭の中で、マイナスの言葉がいかに多く起こるかだ。
そのマイナスの言葉がエリコの壁を強化しているに違いない。
そして、長年、アファーメーションをせずに放置した怠惰のせいなのかと思うが、すぐに頭の中で、ロクでもないおしゃべりが始まる。
脳科学の研究によれば、人間の頭の中では、1分間に300ものつぶやきが起こるらしく、現代人の場合、そのつぶやきは、ほとんどがマイナスの言葉だと思われるのだ。
そこで、もう何でもいいから・・・例えば、「大丈夫」「勝った」「ありがたい」「絶好調」などのプラスの言葉を、意識的につぶやかないと、マイナスのつぶやきに攻められ続け、エリコの壁はますます強固になる。
ジョセフ・マーフィーは、どうせなら、1つの言葉で百の概念が起こる言葉をという意味で、「成功」「富」「勝利」などの言葉を、最も高い効果を発揮させるために、静かに、ゆっくり繰り返すことを薦めている。
そして、最も良い言葉の1つが、七田眞氏が『奇跡の超「右脳」開運法』で書かれていた、「神様の奇跡が起こる」だ。
良ければ、暇があれば「神様の奇跡が起こる」と唱えることをお薦めする。
無論、自分の信念、あるいは、好みに従い、「南無阿弥陀仏」「アジマリカン」と唱えても良い。

幼い時から、テレビと学校で叩き込まれた奴隷的常識というエリコの壁は、本当に強固である。
我々の使命は、なんとしても、このエリコの壁を崩すことだ。
そうすれば、我々は先に進み、膨大なお宝を得ることが出来るのである。
エリコの壁が崩れるまで、我々は、諦めず、挫けずに、弛まずアファーメーションを繰り返さなければならない。

「常識に囚われてはいけない」というが、長年かけて作ってしまった世間常識に囚われるのは仕方がない。
イエス・キリストは立派な人だという常識を持っているかもしれないが、あんなのが(笑)、もし現代にいたら、教会に立ち入り禁止になるだろうという意見があるが、私もそうだと思うし、また、そうでなければならない。
教会に有難く受け入れられるようなのがイエスであるはずがない。
トランプ大統領のことを皆、「パワフルだが人格に大きな欠陥のあるロクでもない人物」と誤解しているが、偉大な人間が誤解されるのは仕方がない。
だから、岡本太郎は、「誤解されたっていい、いや、誤解されないといけない」と言ったのだ。
岡本太郎は自分のことについても、「認められなくていい、いや、認められてたまるか」と言ったのである。
ところが、そう思っていると認められるのである。
しかし、我々は、一切に構わず、ただ、アファーメーションを繰り返せば良い。
それこそが、「誤解されないといけない」「認められてたまるか」ということであると思う。
「誤解しないで」「認めて」などという奴隷は、アファーメーションなどしないからだ。

ラマナ・マハルシは、仕事について、「働く運命にあれば仕事は避けられない。だが、働く運命になければ、いくら探しても仕事は見つからない」と言ったが、それなら、仕事が見つからなくても、「これでいいのだ」と思わないといけない。
働いてうまくいくこともあれば、働かずにうまくいくこともある。
賢者たちは、必ずしも、「一生懸命働け」なんて言っていない。
あの邱永漢氏だって、例えばだが、「ヒモになって女に食べさせてもらいうのも手」と言ったくらいである。
だが、こう言われて、「じゃあ、僕、働かずに成功します」なんて言うのは馬鹿である。
それを決めるのは自分ではない。
それを決めるのは、運命、カルマ、神、宇宙のパワー・・・なんと呼んでも良いが、自分を超えたものなのである。
スティーヴ・ジョブズだって言ったのだ。「信じるしかない」って。
そして、アファーメーションを唱える限り、信じて良いのである。








私の唯一の仕事

フランスのエミール・クーエ(1857~1926)の自己暗示法は、現在にいたるまで、多くの著名な自己啓発の指導者達に活用されている。
クーエ自身は、正式に心理学や医学を修めた訳ではないらしいが、彼の診療所では、数多くの難病を奇跡のように、そして、多くは短時間で治した。
例えば、脚の障害で、自分で歩くことが出来ずに担ぎ込まれた者が、十分後には元気に走り回っていたという。
治療法は暗示だけである。
ところが、不思議なことに、言葉が分からない赤ん坊であっても、赤ん坊を抱く人が自己暗示を行うことで癒すことが出来たという。

クーエの自己暗示の言葉は、クーエ自身が作ったフランス語のものと、クーエが監修した英語のものがある。
日本語の訳としては、

毎日、あらゆる面で、私はますますよくなってゆく。
『自己暗示』(G.H.ブルックス/E.クーエ著、河野徹訳。法政大学出版局)

私は毎日あらゆる面でますますよくなってゆく。
『暗示で心と体を癒しなさい!』(エミール・クーエ著、林陽訳。かんき出版)

である。
ところで、上記のように「あらゆる」ことを対象にする自己暗示を、「一般暗示」と言う。
一方、脚が痛い時に、「脚の痛みが消える」とか、ダイエットしたい時に、「私は痩せる」といったように、個々のことを対象にする自己暗示を「特殊暗示」と言う。
特殊暗示は、一般暗示の中に含まれ、また、効果としても、一般暗示の方が高いことが確認されているようだ。
だから、実際のところ、特殊暗示は必要ではなく、一般暗示のみで良い。
また、自己暗示に対し、催眠術師によって暗示をかけてもらうような「他者暗示」もあるが、他者暗示といったところで、それを自己暗示として受け入れた時のみ有効なのであり、つまるところ、必要なのは、一般暗示である自己暗示である。

ところで、自分の必要なものは自分が一番知っているように思っているが、実は、そうではない場合が多い。
つまり、自分が本当は何を望んでいるのかが分からないのだ。
だが、全意識の5パーセントに過ぎないと言われる顕在意識には分からなくても、はるかに広大な潜在意識には分かっている。
一般暗示で「あらゆる面」と言った時、自分では気付かない必要や願いも、ちゃんと対象になるのである。
イエスが「神はあなたの必要なものをよく知っている」と言ったようなものである。

クーエは、自己暗示の言葉はリズムが大事だと考え、苦労して作ったようだ。
しかし、上記の日本語訳はどうかというと、あくまで主観だが、あまりリズムがあるとは思えない。
また、これもあくまで私にとってはだが、まず、これらの言葉は長過ぎると思う。
そこで私としては、いつもご紹介する、「神様の奇跡が起こる」と唱える方を選ぶのである。
(「神様の奇跡が起こる」は、教育学者、七田眞氏の『奇跡の超「右脳」開運法』にある、ホームレスの男が奇跡を起こした言葉)
これも偉大な一般暗示であると思う。
それでも長いと思う時は、ジョセフ・マーフィーの「単語法」と呼ばれる、「成功」とか「勝利」という言葉を唱えるだけでも良い。
こちらの方が好みに合い、楽しくやれる人も多いだろう。
また、これは一見、特殊暗示に属すると思われるが、「富」という言葉は、実際のところ、経済面だけでなく、健康、友愛などの面での豊かさを示唆するのではないかと思う。
それに、お金が全てではないが、多くの人間の第一の悩みはお金であると思う。
だから、「富」という言葉の単語法を好ましく思う人も多いと思われ、そんな人は「富」と唱えれば良い。
効果は、ジョセフ・マーフィーも保証している。

幸福になる方法が分からないなら、クーエの自己暗示を行うか、「神様の奇跡が起こる」、あるいは、「成功」「勝利」「富」などの言葉を唱えることをすぐに始めるのが良いと思う。
クーエは、夜、床についてからと、朝、目覚めた時に、20回ほど唱えることを薦めている。
ジョセフ・マーフィーは、単語法を、やはり、眠りながら唱えることも薦めているが、日中も定期的に、あるいは、いつでも唱えることも薦めている。
「神様の奇跡が起こる」で奇跡を起こしたホームレスは、1日中、1週間か2週間唱えることで奇跡が起こった。
私は、法然が念仏を、「常に」唱えるよう教えたように、常に唱えるのが良いと思う。
なぜなら、我々は、幼い頃から、マイナスの暗示を叩きこまれ、さらに、テレビ、新聞などのメディアからもマイナスの暗示になる言葉を、長年、浴びせられ続けている。
そして、頭の良い権力者達によって、我々に奴隷精神を叩き込むために、意図的に我々に聞かせたり見させたりするマイナスの言葉も多いに違いないのだ。
それに打ち勝ち、自分が本来持っている驚異の力を解放するためには、法然の念仏のように、「生活しながら唱える」のではなく「唱えながら生活する」ほどでなくてはならないと思う。
私に関して言えば、自己暗示やアファーメーションだけが仕事なのであり、それ以外は自動的に行われることであると見なしている。








引き寄せの神髄を表した詩

『世界一かんたんな自己実現法』(ジョセフ・マーフィー著。 富永佐知子訳。きこ書房。原書: THE BEST OF DR.JOSEPH MURPHY )に、 ミニー・ルイーズ・ハスキンズ(1875〜 1957)の、『時代の門(The Gate of the Year)』という詩が引用されている。

時代の門

時代の門の前で立つ男に告げた
「未知のはざまに恙無く(つつがなく)入れるよう われに光を与えたまえ」
すると男は答えた
「闇のなかへ向かい 神の御手にその手を重ねるがよい
光を持って歩むより 知りたる道を進むより
そなたにとって よろしかろう」

翻訳者の富永氏は、マーフィーの考えはこの詩に集約されていると指摘している。
しかし、ミステリアスな詩と思う。
が、言っていることは明白ではないだろうか。
宗教的な言い方をするなら、「神の導きに従え」ということだが、もっと簡単に言えば、「神を頼れ」ということだ。
これでもまだ、宗教的で抵抗があるというなら、富永氏も書かれていたが、自分の心に備わった力(潜在意識の力)を信じれば、全て思い通りになり、何も恐れることはないということだ。
つまり、人間の内部に神の力が宿っているのである。

だが、おかしなことに感じるが、どうすれば神を頼れば良いかが、現代人は分からないのだ。
単に、小さい子供が親を頼るようにすれば良いのであえるが・・・
「南無阿弥陀仏」という念仏がまさに、阿弥陀如来という宇宙最強の仏様に頼るという意味なのであり、この念仏を唱えれば良いのである。
ただ、現代人としては、この阿弥陀如来という仏様が、その原語であるアミターバ(無限の光)、あるいは、アミタ―ユス(無限の生命)の通り、無限の知恵と力・・・つまり、絶対神のようなものであると理解した方が良いかもしれない。
それで納得出来れば、念仏こそ最強である。
しかし、念仏には宗教の手垢がついてしまっていて、現代人は、そうそう素直に念仏を唱えることが出来ないかもしれない。
それなら、ここで度々取り上げる言葉「神様の奇跡が起こる」を唱えれば良い。
この言葉が即ち、神を信頼することである。

スーフィー(イスラム教神秘主義)に、こんな言葉がある。

神を信頼しろ
だが、ラクダはつないでおけ

私は当初、これを、「神様を信頼して全てまかせれば良いが、自分で出来ることは自分でしろ」という意味と理解していたし、一般にもそう信じられていると思う。
それは別に間違いではないと思う。
しかし、深く洞察すれば、ラクダとは人間の心であり、それはさ迷い易いので、ちゃんとつないでおけという意味だと思った。
では、どうすれば、心であるラクダをつないでおけるのか?
それが、念仏であり、アファーメーションや自己暗示である。
法然が、「常に念仏を唱えよ」と言った通り、我々は常に、念仏、アファーメーション、自己暗示、肯定的なつぶやきをすれば良い。
七田眞氏の著書『奇跡の超「右脳」開運法』に書かれているエピソード・・・ホームレスの男が、「神様の奇跡が起こる」とずっと唱え、1億円の宝くじを2回当てたように。
ジョセフ・マーフィーは、いろいろな著書の中で、「富」「成功」「富、成功」「歓喜、成功、富」といった言葉を唱える「単語法」をいうテクニックを紹介し、これらの言葉(の1つ)を、数多く唱えることを薦めているが、これも「ラクダをつなぐ」ことである。

引き寄せの法則の本は、「つまるところ、何をすれば良いのか」が分からなかったり、分かっても、そのやることが難し過ぎたり面倒過ぎたりするが、念仏、あるいは、アファーメーション、あるいは、単語法なら、誰でもすぐに出来る。








どんな世の中になっても安心な武器

世界は、心が作り出したホログラム(三次元映像)のようなものであることは確かだろう。
それならば、心のパターンを変えれば世界は変わるのであり、それを意図的に起こす方法が、「引き寄せ」と呼ばれているものである。
引き寄せの手法は世の中に沢山あり、世界的に有名なものだけでも十種類以上ある。
それらは、書籍の形で伝えられているが、古いものでは「引き寄せ」という呼称を用いず、「潜在意識による成功法則」とか、単純に、「成功法」「願望達成術」「成功哲学」「幸せになる方法」などと言っている。
だが、いずれにしろ、普通の人が使えるのは、ごく単純なアファーメーション(肯定的断言)か、「単語法」と呼ばれる、肯定的な単語を繰り返し唱えることだけである。
単純なアファーメーションとは、例えば、「私は健康だ」「私は豊かだ」「私は人気作家だ」などで、肯定的な言葉では、例えば、「成功」「富」「勝利」その他が用いられる。
なぜ、この2つの方法でしかうまくいかないのかというと、心のパターンを変えるには、非常に多くの数が必要だからだ。
つまり、継続が必要であるが、普通の人は、簡単なことでないと続けられない。
特別な方法で、短い時間で心のパターンを変える方法もあるとは思うが、失敗する場合が圧倒的に多いし、心に歪みも起こす危険がある。
また、短いアファーメーションではなく、優れた文章を繰り返し聞き、心のパターンを変える方法もある(高価な成功プログラムに多い)が、それは不自然な洗脳であり、必ず問題を起こすと私は思う。

元々が、私が念頭に置いている人というのが、例えば引きこもり等の社会不適合者かそれに近い人達であるが、特に、そんな人達は、単純なアファーメーションか単語法以外はうまくいかないと私は考える。
ところで、これらの方法を使っても、うまくいかない問題はある。
3歳までの幼い時に、繰り返し送り込まれた言葉によるものだ。
例えば、幼い時に、「お前は腕力がない」と何度も言われたら、いくら鍛えても、なぜか腕力が強くならないといったものである。
遺伝的病気も、治すことは不可能ではないかもしれないが、難しいことがある(遺伝子情報の変化も確認されているが、時間がかかる)。
だが、これらに関しても、単純なアファーメーションや単語法が効いた事例は少なくない。
そして、改善が難しい部分はあっても、その他を変えれば大きな報いがあるはずである。

単純なアファーメーションは、「口癖」「つぶやき」「呪文」「自己暗示」などと呼ばれる場合が多い。
効果が高い言葉には、「大丈夫」「絶好調」「うまくいく」「なんとかなる」「良くなる」などがある。
「心配するな」「問題ない」など、否定語を含むものは駄目だと言う説もあるが、さあ、どうだろう。
それなら、「安心」「解決した」などと言っても良いだろう。

アメリカ合衆国の公式標語は「In God We Trust(我々は神を信じる)」で、州議会の入り口など、公的な場所のドアの上などに、金色の大きな文字で書かれているのを見たこともあると思う。
アメリカの昔の賢い人が作った最高のアファーメーションで、これがあったから、アメリカは世界最強の国家になったが、今のアメリカ人は忘れている人が多く、アメリカもすっかりおかしな国になったように思える。
私が思い出す有名なアファーメーションには、合氣道家の藤平光一氏の「私は信念が強くなる」というものがある。
私が一番好きなアファーメーションはやはり、「神様の奇跡が起こる」で、教育学者の七田眞氏の著書『奇跡の超「右脳」開運法』には、この言葉を1日中唱え、宝くじで1憶円を2回当てたホームレスの話があり、著名な著者は、それを「まぎれもない事実」と保証している。
単語法(これも一種のアファーメーションであるが)では、潜在意識の法則の世界的指導者ジョセフ・マーフィー博士の本では、「成功」「富」「富、成功」「歓喜、成功、富」という言葉がよく紹介されている。

生活しながらアファーメーションをするのではなく、アファーメーションをしながら生活するほどでなくてはうまくいかないかもしれない。
実際は、なかなかそうはいかないが、そんな心構えが必要だと思う。
だが、この武器を持ち、使うなら、世の中がどう変わろうが、安心である。








全ての目的に有効なアファーメーション

現代人は、喩えて言えば、牢獄の壁に取り囲まれ、閉じ込められているようなもので、自由はなく、何も見えていない。
引き寄せの偉大な教師であった、フローレンス・スコーヴェル・シンは、この壁は、旧約聖書の『ヨシュア記』に描かれた、ヨシュアの民(イスラエル人)の前に立ちふさがる「エリコの壁」のようなものだと言った。
エリコの壁を崩してエリコの街に入れば、あらゆる財宝を手に入れることが出来るのだ。
では、ヨシュアは、エリコの壁をどうやって崩したか?
その方法を、ヨシュアは神に教えられた。
神は、イスラエル人達が「時の声」を上げることで、エリコの壁が崩れるとヨシュアに伝え、その通りになった。
「時の声」こそ、フローレンス・スコーヴェル・シンは、アファーメーション(肯定的断言)であると言う。
我々は、周囲に立ちふさがる、(教育やマスコミによって作られた) 強大な壁を、アファーメーションの力で崩さないといけないが、それには、何度も何度も繰り返し行う必要がある。
だが、果てしなく繰り返せば、いずれ、エリコの壁は崩れ、我々は自由になり、その時に、自分が超人であることを知るのである。

ところで、エリコの壁、あるいは、牢獄の壁を、簡単に壊した小学生の話が、合氣道家の藤平光一氏の著書『氣の威力』にあったと思う。
算数が大嫌いで、当然、算数が全く出来ない男の子の話だ。
藤平氏は、その男の子に、勉強しなくていいから、1日1回、算数の教科書を開いて、「算数が好きだ」と言うよう指示した。
やがて、その男の子は、誰よりも算数が出来る子になった。
元々、この男の子が算数が嫌いで出来なかったのは、親や教師やテレビの悪い言葉を聞くことによって、自分で作ってしまった精神的な「エリコの壁」のせいであった。
それが、1日たった1回の「算数が好きだ」というアファーメーションで崩れてしまったのだ。
子供の場合は、エリコの壁は、短期間で築かれたものなので、薄くて弱い。
だが、大人の場合は、長い期間、エリコの壁が増強され続けているので、数多いアファーメーションが必要になる。
また、子供の場合でも、ごく幼い時から、親などの周囲の大人の言葉によって作られ続けたエリコの壁は、かなりの強敵である。
とはいえ、アファーメーションの方が絶対に強いので、根気よく続ければ、必ず崩れる。
大人の場合、プログラミングをマスターしようと思って、プログラミングの本を開いて1日1回「プログラミングが好きだ」と言っても、プログラミングをマスター出来ない場合が多いだろう。
だが、プログラミング程度なら、「私は優秀なプログラマーだ」と千回もアファーメーションすれば、その中で自然にプログラミングに打ち込むようになり、知らず知らず出来るようになると思う。

ところで、フランスの心理学者エミール・クーエが発見した、偉大な自己暗示の法則を取り入れた方が良いかもしれない。
アファーメーションも、自己暗示の一種と言って良い。
クーエは、自己暗示を、「一般暗示」と「特殊暗示」に分けた。
特殊暗示とは、上で述べた、算数やプログラミングなど、個々の問題に効くもので、「算数が好きだ」とか「私は優秀なプログラマーだ」というものだ。
だが、一般暗示では、「全て、あらゆる」という言葉で、あらゆる問題を含めるのである。
クーエの世界的に知られている自己暗示は、「私は毎日あらゆる面でますます良くなる」であり、この暗示で、能力、健康、精神などの、いかなる分野のいかなる問題も良くなるのである。
よって、クーエのこの自己暗示を使っても良いが、ジョセフ・マーフィーは、これを、「成功」「勝利」といった言葉に込めることが出来ることを、数多くのカウンセリングを通して確認したのである。
従って、我々はただ、「成功」あるいは「勝利」あるいは、それに類した好きな言葉を唱えれば良いのである。
特に、経済面に関心がある場合には、「富」という言葉が効果的であるようだ。

いつもごご紹介する「神様の奇跡が起こる」も、偉大な一般暗示、あるいは、汎用アファーメーションである。
いかなる問題に対しても、思いがけない形で道が開けるのである。
フローレンス・スコーヴェル・シンがよく勧めたアファーメーションに「神は道なきところに道を作る」というものがあり、これも「神様の奇跡が起こる」と通じていて、実に強力な力を持つアファーメーションである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。






最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
【広告】 Udemy
IT学習
タグクラウド
QRコード
QRコード