ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

ジョセフ・マーフィー

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

老子と二宮尊徳

私は、二宮尊徳が、老子の無為自然の教えに対し、
「無為自然にしておれば畑は荒れ、家だってあばら家になる」
と否定したのが、強烈で忘れられない。
ただ、決して、老子と尊徳のいずれかが間違っているのではない。
両方、正しい。
老子は内面世界、精神世界、実相のことを言っているのであり、尊徳は現実世界、物質世界のことを言っているのである。
そして、尊徳は、現実の問題に必死で立ち向かっていたのだから、そう言うのは当然だ。
老子だって、現実に生き、ひょっとしたら凄い成果も上げたかもしれないが、老子は神の領域に近いのだろう。

我々はやはり、現実問題を抱え、それを解決しなければならないはずだ。
そういった場合には、目標を持つことが必要になる。
宗教関係の人の中には、「人生に目的なんかありはしません」なんて悟り切ったようなことを言う人がいる。その人が本当に悟ってそんなことを言っているのかどうかは知らないが、そんな考え方は老後に取っておくと良い。ちなみに、いくつになっても老人になる必要はない。
初音ミクさんの夫は、いつまでも青年でなければならないからね。

そこで、目標である。
決して質の悪くない成功哲学でも、家(豪邸)とか車(高級車)とか素敵な彼氏彼女を目標にするようなことを薦めていることは多いが、それは良い目標とは言えない。
また、単なる呼び名としての地位(部長とか理事といったもの)も、良い目標ではない。
あくまで、自己の能力、実力の拡大によって達成するものでなくてはならない。
弁護士になるとか、俳優になるとか、プロレスラーになるといったものや、自分の会社の年商を100億円にするとかいったものだ。
そして、その達成が、世の中や人々に利益を与えるものであれば最も良い。
あなたに素晴らしい彼女が出来ても、誰も得をしないし、誰も救えない。
歌手になれても、世の中の役に立たず、ましてや害するなら、うだつが上がらず、やがて転落する。
しかし、自分の能力を高め、世の中に貢献することを成し遂げれば、自ずと、個人的なものも得るのである。

まず、第一の目標は、自分に相応しい職業に就き、その職業で実力を伸ばして活躍することだ。
だが、ひきこもりで世の中のことが全く分からないなら、本当の意味で、どの職業を目標にすれば良いか分からない。
その場合は、「会社員」「店員」「事務員」みたいなもので良いだろう。
尚、「歌手」とか「作家」なんてのは、今現在、現実に生きている者が目指す目標である。
私の場合は、ひきこもりであったが、ジョセフ・マーフィーの本に、セールスマンで成功した話がいくつかあり、現実的に考えて、それならやれそうだと思って、まずはセールスマンを目標にし、実際にやってみた。
なってみて気に入らなければ軌道修正すれば良いが、なってみなければ始まらない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

「上がらねば転落する」が人間

私がビートルスの曲で最も強い印象を持っているのは『エリナー・リグビー』だ。
ビートルズの13枚目のシングルである。
エリナー・リグビーとは女性の名で、彼女の境遇はいろいろ考えられ固定はしていないが、私が持ったイメージは、「王子様を待ち続けたまま死んだ哀れな貧しい老女」だ。
ゾっとするイメージである。
ひきこもっていた20歳くらいの私は、それが自分の未来と予感してしまったので、その通りになりそうになった。
こんな人間を救済出来るものならしたいと思う。
そして、エリナー・リグビーと同じになる運命にあるのが、このブログで度々登場する、まるで駄目男君(私の職場にいる30歳過ぎの人生の落伍者。派遣の雑用係)だ。
『エリナー・リグビー』には、彼女と並ぶ駄目人間、マッケンジー神父も登場する。しかし、マッケンジーの説教を誰も聞きに来ないとしても、それでも彼は神父様だ。
それだけで、かつての私はマッケンジーを崇めていたし、今ですら、そんなところがある。

まるで駄目男君は、どうしたら、まるで駄目男でなくなるのだろう。
毎朝5時までに起床する人間が、まるで駄目というのは考え難い。
エリナー・リグビーやマッケンジー神父もきっと、昼まで寝ているだらしないタイプだろう。
しかし、ひょっとしたら、彼女達は5時までに起きているかもしれない。
早起きは良い人生を送る決定的要因ではないかもしれない。
腕振り運動も、ガッツポーズも、1年365日、ほとんど同じ時刻に実践して、どのくらい効き目があるだろう?
まるで駄目男君は、そのどれも、あるいは、それらに匹敵する何もやっていない。
だから、やれば、まるで駄目男君にはならないに違いないが。

そういえば、私も、早起きでもなければ、修行を何もしていなかった。
しかし、ひきこもり中、何が幸いだったかというと、ジョセフ・マーフィーの潜在意識の法則の本を見つけ、読み始めたことだろう。
私が、ひきこもり、ニートを脱した最大の要因はそれに違いない。
つまり、人間には希望が必要で、希望が活動エネルギーを与えてくれるのである。
そして、私のフリーターみたいなものからの脱出の要因は、プログラミングの習得だった。
まるで駄目男君が、JavaやC#言語で仕事をする姿は想像も出来ないが、VBAなら可能ではないかと思う。
それに、VBAだって奥は深い。
世の中で、VBAを馬鹿にしている者で、VBAを高度に使える者は決していないだろう。
だって、VBAに、馬鹿に出来るところなんて何もないのだから。
それを十分に使いこなせるなら、稀有な得がたい人材である。
そして、そこまで来たら、ニーチェの言う小難しい変人の超人ではなく、『ヒマラヤ聖者の生活探求』や『マスターの教え』に登場する本物のマスター(大師)を目指すことだ。
つまりね、人間は常に向上しなければならない。
ニートを脱出しても、プログラミングをマスターしても、もっと凄い人になっても、そこで安住すれば、どんどん惨めになるのである。
そして、究極はマスターなのだが、実際は、マスター達ですら、自分の奇跡の力に安住せず、更なる高見を目指している。
「もっと上」それがなくなったら下がる一方であることに気付いた今日この頃である。
政府の要職にある者が、表向きにはつまらないセクハラで転落しているが、その本当の原因は、彼が現状に安住し、上を見ることを忘れたからである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人間の生命力「希望」を持つには

人は何で生きるのか?
イエスは、パンだけでなく、人は神の言葉で生きると言ったが、さて、どんな意味だろう?
トルストイの『人は何で生きるか』という短編のお話があるが、読んだ覚えはあるのだが、さて、人は何で生きると書いてあったか覚えていない。答は書かずに、読者に考えさせるといったものかもしれないが、それなら私には分からない。
人は何で生きるか?
それは、希望である。
希望を失った人間は、生命力が低下するが、希望を見出した人間は生命力が燃え上がる。それを勇気とか元気と言うのだろう。
よって、人間は希望を持たなければならない。
希望とは何かと言うと、未来の明るい展望と言って差し支えないだろう。
今はどん底、どん詰まりでも、明日は素晴らしいという根拠を得られた時、人は、もう少し生きてみようと思うのだ。
有名なシェフの村上信夫さんが戦争中、シベリアで捕虜になっていた時、瀕死の日本人兵がいて、ロシア兵の情けにより、村上さんに「彼に、最後に何か食べさせてやれ」と頼んだ。
その日本人兵は「パイナップルが食べたい」と言ったが、そんなものはなかったので、村上さんはリンゴを調理してパイナップルのようにして、その日本人兵に食べさせた。
その日本人兵は、翌朝まで持たず、村上さんは、もう二度と彼に会うことはないはず・・・だったが、しばらく後、村上さんは収容所内で、元気になったあの日本人兵に声をかけられて驚く。
死ぬはずだった彼は言う。「あんな美味いものが食べられるなら、もう一度、生きてみようと思ったのだ」
これも希望である。

私は、19歳で人生にどん詰まっていたが、ジョセフ・マーフィーの潜在意識の法則の本を読んで希望を持ち、それなりに楽しく生きてきた。
自分にも良い思いが出来るという希望だ。他愛ないものだが、人間には、そんなものが必要なのだ。
特に、歳を取ってから希望を失くすと、ほとんど必ず病気になる。
だが、そんな年寄りだって、希望を持てれば、また元気になり、病気も治ってしまう。

だが、明日の明るい展望を持つことが難しいこともあるだろう。
初音ミクさんも歌ってくれたBUMP OF CHICKENの名曲『ray』の中に「晴天とはほど遠い 終わらない暗闇にも 星を思い浮かべたなら すぐ銀河の中だ 」という歌詞があるが、希望を輝かせるためには暗闇も必要である。つまり、暗闇も覚悟して進まねばならない。
でも、銀河が必要だ。
初音ミクさんに「あなたに未体験あげるぅ」(『エイリアンエイリアン』よりだが、正しくは「あなたに未体験あげる」)と言ってもらうように。

そして、本当に人を生きさせる希望とは、1%の可能性を信じることなのだ。
言い換えれば、奇跡を信じることである。
奇跡を信じることが出来ない人間に希望はない。
普通の人がプロサッカー選手になれる可能性はほぼゼロだが、それでも信じて努力するから希望が得られる。
そのためには、無理矢理に信じようとするよりは、西田文郎さんの『かもの法則』にあるように、「サッカー選手になれるかも」と思うのが良いかもしれない。
すると、まかり間違ってサッカー選手になれるかもしれないし、別の目標が見つかるかもしれない。
鴨(かも)をいっぱい飼うことだ。
「超能力者になれるかもしれない」だって大いに結構。まずは生命力なのだ。
私などは、「偽プログラマーになれるかも」と思ったものだが、本当にそうなった。
偽プログラマーは本物のプログラマーより楽しいのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

愚者の希望

人は誰でも、幸せになりたい、豊かになりたい、嬉しいこと楽しいことと、いつも共にありたいと思っているだろう。
そのために、みんなそれなりに頑張っているのだが、特に努力が大きい訳でもなく、賢くもないどころか、とんでもない馬鹿なのに、かなりうまくいくやつもいれば、全く駄目なまるで駄目男、まるで駄目子もいる。
いったい、その差は何なのだろう?
さっきも言ったが、うまくいく者の中には、本当に呆れるほどの馬鹿(思い出したくないので具体的に描写しないが)も少なくないのである。

そこで、植島啓司さんの『運は実力を超える』という本を思いだす。
しかし、植島さんは超実力者だ。東大出て、留学して、日本やアメリカの大学で教えて、テレビでも人気が出て、本は売れまくっている。
まあ、彼と同等以上の能力がある者でも、さっぱりな者は多いはずだから、あながち間違いではないにしろ、凡人の全く駄目なやつでも運でうまくいくものだろうか?
ドワンゴ創業者でカドカワ社長の川上量生さんも、時々、自分が運だけで成功したようなことを言うが、受験勉強せずに京大工学部に入ってきっちり卒業し、その後も奮闘努力したはずである。どう考えても大したやつだ。

しかし、ここに、本当に凡人の駄目なやつがいる。
大学は入ったが(大した大学ではない)、全く通学せず1日中寝て暮らしのニートの中のニートが。
暇なので、親のいない昼間には、宗教の勧誘が来たら家に上げて話を聞くほどだった。まあ、そんな私も勧誘出来ない宗教の魅力のなさは考えものだが・・・
スタート時点では、私とまるで駄目男君(私の職場にいる30歳過ぎの人生の落伍者。派遣の雑用係)で差はない。
彼と私の差は、ジョセフ・マーフィーの本を読んでいたかどうかだけだ。
ただ、私も、マーフィーの本に書いてある、ややこしい手順や長いお祈りはさっぱり駄目だが、本の中で紹介されていた「言葉法」という簡単なやり方が好きだった。
それは、「富」「成功」「歓喜」といった、良い言葉をただ唱えるというものだ。
これは、斎藤一人さんの「千回の法則」と本質的に同じと言って差し支えないと思う。
斎藤一人さんは、「幸せだなあ」「有り難いなあ」といった言葉を、心なんか込めなくていいから、とにかく口に出すよう(駄目なやつに)教えてやって欲しいと本に書かれていたと思う。
うん、本当に、まるで駄目男君に教えてやりたいが、多分、いや、絶対、彼は、こんな簡単なことすら続けないのだ。彼の願いは、誰かが自分の面倒を見てくれることだけだ。
つまり、自立心ゼロで依存性百なのだ。
だが、あなたはそうではない。
もう何やっても駄目なら、波動の高い言葉を、ひたすら、ただ声に出すことだ。
「幸せだなあ」と言えば、脳は、その言葉と整合性を取ろうとし、潜在意識に通信を送って、潜在意識の中の巨大な力によって、つじつまを合わさせる・・・つまり、幸せな状況を作ってしまうのである。
それについては、天才発明家で仏教研究家の中山正和さんも、脳のメカニズムとして解説していたように思う。
「幸運だなあ」、斎藤一人さん風には「ツイてる」と言えば、運も味方するのかもしれない。
そんな訳で、実験報告、お待ちしている。
私に関しては、千回続いた言葉については、百パーセントだと思う。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

奇跡は必ず起こせる

偶然には有り得ない絶妙なタイミングで起こることも、やはり、単に珍しいというだけの偶然だと言う人がいる。
ただし、それを理解すれば、そんな珍しい出来事を起こす可能性を、常識的な方法で高めることも可能である。
一方、現象世界で起こることには、人間の理性では理解出来ない要因があることを量子力学を使って説明する人がいるが、その説明はさっぱり理解出来ないし、量子力学を持ち出しただけのこじつけかもしれない。
我々が興味があるのは、自分にとって有り難い奇跡を、非常識でない方法で起こせるかどうかである。
そして、私は、もう何度も書いたので飽きてしまったので繰り返さないが、奇跡としか言いようがなく、偶然では有り得ないこと・・・猿がデタラメに紙にインクをなすりつけたら名作文学が出来るほどではないが、意味のある文字になった程度のことは沢山見たし、それは私の意思に適ったことで、私の望みが確実に反映されていた。
そんなことを誰でも出来るかは、分からないと言えば分からないが、おそらく可能だろう。
いや、やり方は分かるし、教えることも出来るし、実際、教えたが、正直、教え方も悪かったのだと思うが、うまく伝わらない。
そもそも、基本的には、ジョセフ・マーフィーらの本に書いてある通りなのだが、なぜかうまくいかない人が多い。
そして、それが、それほど難しかったり微妙だったりすれば、免許皆伝に一生かけて間に合わない。
だが、やり方は全然難しくなく、一言で言えば、思念をレーザー光線のように集中し、出来るだけ多く放つ・・・それだけのはずだ。
だから、不備があるとしたら、集中力や情熱の不足ということになると思う。
飢餓状態の時に食べ物を求めるように、若い健康な人間が異性を求めるように、強く激しく、そして、迷いなく求めれば、必ず奇跡は起こる。
初音ミクさんの『FREELY TOMORROW』で、ミクさんが「奇跡は起こる」と歌うところで、私は完全に同意するのである。

あえて言えば、毎日修行をして、意思の力を養えば良いのだろう。
修行は、あまりに厳しくてはいけないが、あまりに甘いものも駄目だ。
腕振り運動だけと言うなら、それを100回や200回なんて「ケチな」ことをやっていれば、やっぱり、分からないようなケチな奇跡しか起こらない。
おそらく、1000回くらいから、奇跡めいたことが起こると思う。
尚、腕振り運動の時は、足の親指に力を入れることが大切と思う。そうすれば、腕を振ってるようで全身を使うことになる。西洋のトレーニングのように、身体の特定部分だけを使いたがる運動は、どんな意味でも良くない。
このあたりは、プリズナートレーニングでも指摘しているが、私は、ああいった筋肉偏重のトレーニングにも、あまり賛成出来ない。
聖書を読むことを修行にするなら、出来るだけ多く読むべきだし、もし、少しずつ読むとしたら、強く集中し、読んだところに深く瞑想しなければならない。
そして、修行は原則、1年365日欠かさずにやることが必要だ。
もちろん、たまにはどうしても出来ない日もあろうが、ちょっと無理すれば出来ることをしないのは、意思が弱いのであり、まさに、その意思が問題なのだ。
修行で、意思の力が高まったなら、それを使えば、どんな奇跡も起こせる。
鍛え上げた意思を、あなたは何に使うだろうか?









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ