ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

ジョセフ・マーフィー

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

入門書の大事さを実感する

どんなことでも、入門書は良いものを選んだ方が良い。
最近、つくづく、そう思い知った。
プログラミングでも、「簡単」とか「3日でマスター」なんてノリのものは避けるべきだ。
私は大昔、初めて買ったプログラミングの本を、なぜかいまだ本棚の目立つところに置いているが、その著者の森口繁一(もりぐちしげいち)さんが、恐ろしく偉い人だということを最近まで知らなかった。
教え子の今野浩さんが著書『工学部ヒラノ教授と昭和のスーパー・エンジニア -森口繁一という天才- 』で、森口さんのことを詳しく書かれていて、自分を凡人だという今野さんは実際は偉大な科学技術者なのだが、その今野さんは、自分と比べたら森口さんは宇宙人だと言うのは、おそらく、本当にそう思っていたのだと思う。
森口さんは、東大で30年に1人の天才と言われ、戦後まもなくアメリカに留学し、「日本にMoriguchiあり」と言われ、どんな難解な論文も、一度読めば頭に入ってしまい、広い分野で偉大な業績を挙げた。そして、当時は、まともな学者の研究対象と見られていなかったコンピューター・プログラミングを重要視して積極的に取り組み、この人がいなければ、日本のコンピューターの普及発展はかなり遅れただろうと思われる。
私が読んだ、森口さんの本は『基本BASIC講座』という、入門者向きの易しい本だったが、初歩的な数学問題をプログラミングで面白く取り上げるセンスは、当時としては異例であったと思われる。
私がスムーズにプログラミング、特に、BASIC言語を覚え、今も、AIの機械学習のデータ作成をVBAで効率よくやれているのも、元を正せば、この本のおかげである。

私は、C言語は、今でも名著の誉れ高い、レス・ハンコックの『C言語入門』を読み、プログラミング全体では、ブライアン・カーニハンの『プログラム書法』を読んだおかげで、プロで通用するようになった。だが、いずれも、今は絶版だ。
『プログラム書法』の代わりなら、同じブライアン・カーニハンの『プログラミング作法』を読めば良いと思う。

魔法に関しては、W.E.バトラーの『魔法入門』を12歳の時、入手して、さっぱり分からなかったが、少しは熱心に読んだので、超能力を発揮するようになった。
とりあえず、「4の呼吸」だけでもやってみると良いし、バトラーの『魔法修行』なら、今でも新品で入手可能と思う。
引き寄せに関しては、19歳のひきこもり中に、ジョセフ・マーフィーの『あなたも幸せになれる』(原題:COSMIC ENERGIZER;宇宙の活力。文庫版は『努力嫌いの成功法』)を読んだので、ひきこもりが社会の最底辺に入れてもらえるという、川上量生さん言うところの、「運だけで成功した経営者(川上さん本人のことと思う)をはるかに超える快挙」を達成した。
いずれも、最上の入門書だ。
今の、山のようにあふれた、軽い、卑しい、馬鹿馬鹿しい引き寄せの本は、読まない方が良い。

ところで、1つ外したものがある。
経営に関して、船井幸雄さんの『ベイシック経営のすすめ』を読んだことだ。おかげで、経営者になれなかったし、ならなくて良かった。
いや、非常に良い本だとは思うが、インターネット時代に古過ぎるのは、ダイエー、大丸、そごうの凋落を見れば明らかと思う(いずれもブランド名だけは残っている)。
川上量生さんの『ニコニコ哲学』も、良い本と思ったが、あれは天才、川上量生さんの思考パターンだし、嘘とは言わないが、冗談もかなり入っている。
何をやるにも、入門書とは大事であると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

霊力を普通に使うには

日本人は、特に仏教徒という訳ではないが、家単位で仏教の檀家(寺に所属すること)というものになってる場合が多い。
だから、「私の家は浄土宗だ」「私の家は臨済宗だ」などと言う。
なぜそんなことになっているのかというと、江戸時代にキリスト教を排除するために、民衆全部を無理矢理仏教徒にするための政策がいまだ残っているからのようだ。

私の家もそうなのだが、浄土真宗が最も多く、次が浄土宗なのだと思う。
この2つの宗派の教えは、「南無阿弥陀仏」の念仏を唱えれば、死後、極楽浄土に行けるというシンプルで解り易く、それは、現在の仏教の主な出番であるお葬式に実にマッチするので都合が良い。

それで、少し真面目に浄土宗や浄土真宗について学ぶ者も、「極楽浄土は死後に行く安楽な世界で、そこに行くためには生きている間に念仏を唱えれば良い」と理解しているのだと思う。
実際、浄土宗や浄土真宗の経典である『無量寿経(大無量寿経)』や『観無量寿経』を見ると、表向きはそう書いてある。表向きはと言ったのは、経典というのは、それほど単純に書かれておらず、解釈が難しいからである。
それでも、「極楽浄土は死後に行く、キリスト教で言う天国のようなもの」「念仏を唱えることで極楽浄土に行ける」というのが、浄土宗や浄土真宗の正統な教えとなっているのだと思う。
これについては、法然や親鸞、あるいは、一遍らの時代、民衆は、生きている間の希望がほとんどなく、せめて死後の世界で幸福になれると説くしかなかったという事情があったのだと学校で教わったものだ。

だが、親鸞より後の(室町時代の)臨済宗の僧侶、一休が、法然や親鸞を大変に誉め、自らも念仏を唱えていたが、彼が、念仏と極楽浄土の正しい教えを説いていることは、本来、もっと理解しておくと良いと思う。
一休は、「極楽浄土は西の遠い彼方にあると言われるが、実際には南、即ち、皆身・・・我々の中にある」と言ったが、これも、民衆に解り易い喩えであり、正確には、極楽浄土は、今、ここにあり、どこにでもあると言ったのである。
スターウォーズで、ルークがヨーダに「フォース(霊的な力)なんてどこにあるんです?」と問うと、ヨーダは「どこにでもある。ここにも、ほら、そこにも」と言うが、ルークには理解出来なかった。
しかし、理解するしないに関係なく、フォースも極楽浄土も同じで、どこにでもあるのである。
だが、それが解るためには、極楽浄土が、この世と重なり合うように存在する異次元の世界であると理解しなければならないが、正確には、重なり合っているという訳でもないだろう。しかし、人間の感覚的には、せいぜい、重なり合うと言うしかないのである。

ジョセフ・マーフィーは、潜在意識のことを、フロイトが言うものとはやや異なる、あらゆる力の源のようなものと言い、ヨーダのフォースに近いと言えなくもないが、『あなたも幸せになれる(原題:THE COSMIC ENERGIZER)』で、潜在意識を「宇宙の活力(THE COSMIC ENERGIZER)」と呼び、それは万能の力であり、宇宙に偏在する、即ち、あらゆるところにあると説いている。

極楽浄土、フォース、潜在意識、宇宙の活力は、全て同じで、最近、物理学者の保江邦夫さんが「素領域理論」で物理学で説明しているのが、解り易いとは言えないながら、一応、それらを統一した考え方になっていると思う。
これらは全て、実用的と言っては下品なのかもしれないが、実際の力になるものであるのだから、そのように習得するべきと思う。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

やわらかい魔力

成功法則、潜在意識の法則、引き寄せの法則が書かれた沢山の本の中で、私が一番気に入っているのは、クラウド・ブリストルの『信念の魔術』だ。
これほど、著者の真面目さ、謙虚さが伝わってくる成功法則の本はないと思う。
彼は、大事業家であるとか博士号を持った学者とかであるのではなく、貧乏な下級兵という底辺からスタートし、新聞記者になり、なんらかの縁で銀行に勤めて副頭取にまでなり、いくつか事業を手がけて成功し、作家になったといった人で、自分が一角の人物であることは認めても、偉い人だという雰囲気は一切見せない。
何となく、初音ミクさんのお父さん、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長の講演会で、伊藤社長の素朴で真面目な人柄を感じたのを思い出す。それでも、伊藤社長には、自信とか力強さというものも感じたのだが、ブリストルもそうなんだろうと思う。

ところで、ブリストルは『信念の魔術』の中で、明確な目標と、それを達成するための熱情が必要であるということも書いているが、ご本人がうまくいった時のエピソードを見ると、案外「ゆるい」のである。
たとえば、ある船旅で、売り切れ寸前になんとかチケットを買って乗船した時、ディナーで船長と同じテーブルに座れたらいいなあと思ったら、実際に、船長の真向かいの席になった。船長と面識があった訳ではなく、また、船内には、自分よりクラスが上の乗客は他に沢山いたに関わらずだ。
そして、これは偶然ではなく、ずっと後で船長に確認したら、船長は、その時のことをよく覚えていて、「なぜか分からないが、あなたを私のテーブルに入れようと思ったのです」と言う。
他にも、ブリストルは、願望を持ちながらも、固執するほどではなく、「そうなればいいなあ」という明るい期待を持ったということが多いように感じるのだ。

ジョセフ・マーフィーも『眠りながら成功する』で、「ソフトタッチさ」の大切さを何度も強調していたが、ブリストルのものは「ソフトタッチな明るい期待」なのであると思う。
これに関し、「魔法を使って治している」とまで言われた、アメリカの精神科医、ミルトン・エリクソンの、こんなエピソードを思い出す。
エリクソンのところに、手のつけられないほどの不良男子高校生が連れてこられた。
エリクソンは彼に、「君が真面目になったら、皆、驚くだろうね」と言うと、彼は、「そりゃ、驚くだろうな」と言った。
エリクソンは、それだけで彼を連れていかせ、連れてきた医師は、エリクソンはその男子高校生を見限ったのだと思った。
しかし、その男子高校生は、すぐに真面目な学生になったのである。
以下は私の私見である。
その不良男子高校生にだって、「皆に好かれるようになったらいいなあ」という願望は、心の奥底にあったはずなのだ。エリクソンは、それを巧みに引き出しのだと思う。
それは一瞬で良かったのだ。
エリクソンは高校生の時、ポリオに感染し、ある日の夕刻、医師が母親に「彼(エリクソンのこと)は明日の朝まで持たないでしょう」と言うのを聴く。
その時、エリクソンは「明日の夕陽を見てやる!」と誓う。
エリクソンには「死なないぞ!」という執念もあったかもしれないが、「もう一度夕陽が見れたらなあ」という頼りない希望ではない、「もう一度夕陽が見れたらいいなあ」という明るい期待があったのだと思うのだ。それを持てることが、エリクソンの恐るべき能力の源であるように思うのである。
そして、それは誰でも出来ることであると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

日常魔法の秘訣

自分で使った魔法の使い方は言語化し難い。
藤子・F・不二雄さんの有名な『パーマン』という漫画や、そのアニメ化作品のパーマンというのは、パーマンの専用マスクを顔に付けると筋力は6600倍になり、マントを付けると時速91kmで空を飛べるという夢のアイテムを、宇宙人スーパーマンに授けられたというお話だ。
ところがある時、パーマンのマントを付けて飛ぼうとした男が、全く飛べないので、「どうやったら飛べるんだ?」と尋ねると、パーマンは「飛びたいなあって思えばいいのさ」と言う。
全く衝撃的だ。魔法の秘訣をさらりと言うのだからだ。

私が小学4年生の時、「天体望遠鏡が欲しいなあ」と思ったら、そのタイミングで、漫画雑誌で天体望遠鏡の懸賞付クイズがあったので応募した。
ただし、天体望遠鏡は一等の賞品で、普通に考えたら、当たるはずがない。
しかし、私は当たると思い、結果発表を待ったが、結果は、一等はおろか、下位の賞品も当たってなかった。
ところが、しばらくしたら、大学生の従兄が不意に、あの一等賞品とそっくりの天体望遠鏡を譲ってくれた。
あの時、私は、「当たれ!当たれ!」と念じていた訳ではなく、やはり、「欲しいなあ」と思っていたのだ。
そして、念願の天体望遠鏡を手に入れ、しばらく月を観測していたが、星というものは、大抵、天体望遠鏡で見たところで、やはり光の点に過ぎない。
しかし、土星なら輪が付いているはずなので、是非見たいと思ったが、どれが土星かなんて、私に分かるはずがなく、インターネットもなかった当時は、調べるのは難しいし、調べる気もなかった。
しかし、すぐに土星を捉え、ちゃんと輪っか付きの姿を見ていた。思っていたより随分小さかったが、それでも感動した。
どうやって土星をキャッチ出来たかというより、土星を創造してしまったのかもしれない。私は、いつでも土星を見つけることが出来たのだから。
そして、そのコツがまさに「土星を見たいなあと思う」ことだった。ただし、言葉で「土星を見たいなあ」とは言わなかったかもしれない。しかし、言っても悪くは無いと思う。
これが、熱意を込めて「土星よ出て来い!」とか思ったり、執念深く「土星土星」と思ったら、土星を見ることは出来なかったかもしれない。

中学1年くらいの時、広くもない庭だが、猫でいっぱいにしたことがある。
そこまでしたのは1回だけだったが、猫集めはいつでも出来た。
そのやり方は・・・そう、「猫がいればいいなあ」と思うことだ。

高校生の時、アメリカのテレビドラマ『大草原の小さな家』を見て、メアリー役のメリッサ・スー・アンダーソン(当時、10代半ば)に惚れでもしたのか、原作本でもないかなと思って図書館に行ったが、アメリカ文学のコーナーに行こうと思うまでもなく、真っ直ぐ歩いた先の棚に『大草原の小さな町』という本を見つけた。
後で分かったが、『大草原の小さな町』は、『大草原の小さな家』から数年後のお話である。
本を手に取って、登場人物の紹介を見たら、メアリーについて「盲目だが美しい娘」とあり、メアリーが後に盲目になると知って驚いたものだった。
この本を見つけたのも、少しも論理的でなく、「見たいなあ」と思っただけだった。

『眠りながら成功する』で、ジョセフ・マーフィーは、「潜在意識の力を引き出すには、ソフトタッチであることが必要」と述べていたが、全くその通りと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

本ばかり読んでなさい

「人は見かけによらない」というのは、「人を見くびるな」という意味と言って良いと思うが、それは、見くびる方が悪いのである。
つまり、本当は優れた人間なのに、その人を見下すとしたら、見下す者のレベルが低いだけのことだ。
愚かな人間にとっては、釈迦もイエスも見下す対象に違いない。
そして、実に、優れた人間とは、人を見下さない人間、つまり、優越感を求めない人間のようだ。

それはそうと、昔、書店に来ていた時、「精神世界」と書かれたコーナーに若い女性客がいて、ジョセフ・マーフィーの『あなたにも超能力がある』を見ていた。
実に駄目そうな女性だった・・・と言う者が(上に書いた通り)駄目なのだが、そもそも、超能力を得ようなんて者は駄目に決まっている。
駄目な人間の特質とは、根気がないことであるが、超能力なんてものを欲しがるのは、それがあると根気がなくて済みそうだからだ。
美人になりたいなんてのも、美人は根気がなくてもやっていけると思うからだろう。
まあ、一応、『あなたも超能力者になれる』を見ていた、その女性は駄目な人としよう。
だが、別に不思議なことではないが、もし、その女性が、その本を買い、20回も読めば、駄目でなくなり、超能力も得られたのである。
だって、そんなことが出来るなら、根気を持てたからである。
どんな本でも良いって訳ではないかもしれないが、その本自体は、日本語タイトルの付け方は悪かったかもしれないが(そんなタイトルがウけた時代だった)、良い本である。

数年前、ものすごく駄目な男に、ひょんなことから、ディール・カーネギーの『人を動かす』を読むことを薦めてしまったら、そのまるで駄目男君はその気になって、読んでくれた。
そこで私は「百回読め」と言ったら、彼は「読む」と言う。
百回とは言わないが、20回でも読めば、彼は駄目男でなくなっていたはずだ。
しかし、十数回読んだと彼が自己申告した後、しばらくして聞いてみたら、「読んでません」と言う。
やはり彼は駄目なやつだった。
彼の駄目の唯一の原因は根気のなさである。

「本ばかり読んでいてはいけない」というのをよく聞くし、私もずっとそう思っていたが、それは、読み方が足りない場合のことで、そうでないなら、本ばかり読んでいても良いのである。
世界を創造するのは精神だからだ。
デカルトが『方法序説』の中で、「昔の物語を読むのは良いことだが、読み過ぎてはいけない」と言った根拠は、時代遅れになるからだが、「かぶれて」時代遅れな言動をするなら、やっぱり、読み方が足りないのである。
と言って、必ず、時代遅れの時期が来るのではないが、根気のない者は、確かにそうなり易い。ただし、根気が出来てくれば、そんなことはなくなる。
まあ、少しの間、時代遅れになるのも良いだろう。
しかし、年配者がスマートフォンを使いたがらないのも、年のせいでこらえ性がなくなっているのが原因だろう。新しいことをマスターするには根気がいるからね。
若い者は、面白いことのためなら、少しは根気を発揮するのである。しかし、少しの場合が多いのだろう。
より根気がいるパソコンを使わない若者は増えているし、まして、パソコンで実用的なことをするのはもっと根気がいる。

名の通った本で、そんなに悪い本はない。
20回も読めば、状況は変わるはずである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ