ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

ジョセフ・マーフィー

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

やわらかい魔力

成功法則、潜在意識の法則、引き寄せの法則が書かれた沢山の本の中で、私が一番気に入っているのは、クラウド・ブリストルの『信念の魔術』だ。
これほど、著者の真面目さ、謙虚さが伝わってくる成功法則の本はないと思う。
彼は、大事業家であるとか博士号を持った学者とかであるのではなく、貧乏な下級兵という底辺からスタートし、新聞記者になり、なんらかの縁で銀行に勤めて副頭取にまでなり、いくつか事業を手がけて成功し、作家になったといった人で、自分が一角の人物であることは認めても、偉い人だという雰囲気は一切見せない。
何となく、初音ミクさんのお父さん、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長の講演会で、伊藤社長の素朴で真面目な人柄を感じたのを思い出す。それでも、伊藤社長には、自信とか力強さというものも感じたのだが、ブリストルもそうなんだろうと思う。

ところで、ブリストルは『信念の魔術』の中で、明確な目標と、それを達成するための熱情が必要であるということも書いているが、ご本人がうまくいった時のエピソードを見ると、案外「ゆるい」のである。
たとえば、ある船旅で、売り切れ寸前になんとかチケットを買って乗船した時、ディナーで船長と同じテーブルに座れたらいいなあと思ったら、実際に、船長の真向かいの席になった。船長と面識があった訳ではなく、また、船内には、自分よりクラスが上の乗客は他に沢山いたに関わらずだ。
そして、これは偶然ではなく、ずっと後で船長に確認したら、船長は、その時のことをよく覚えていて、「なぜか分からないが、あなたを私のテーブルに入れようと思ったのです」と言う。
他にも、ブリストルは、願望を持ちながらも、固執するほどではなく、「そうなればいいなあ」という明るい期待を持ったということが多いように感じるのだ。

ジョセフ・マーフィーも『眠りながら成功する』で、「ソフトタッチさ」の大切さを何度も強調していたが、ブリストルのものは「ソフトタッチな明るい期待」なのであると思う。
これに関し、「魔法を使って治している」とまで言われた、アメリカの精神科医、ミルトン・エリクソンの、こんなエピソードを思い出す。
エリクソンのところに、手のつけられないほどの不良男子高校生が連れてこられた。
エリクソンは彼に、「君が真面目になったら、皆、驚くだろうね」と言うと、彼は、「そりゃ、驚くだろうな」と言った。
エリクソンは、それだけで彼を連れていかせ、連れてきた医師は、エリクソンはその男子高校生を見限ったのだと思った。
しかし、その男子高校生は、すぐに真面目な学生になったのである。
以下は私の私見である。
その不良男子高校生にだって、「皆に好かれるようになったらいいなあ」という願望は、心の奥底にあったはずなのだ。エリクソンは、それを巧みに引き出しのだと思う。
それは一瞬で良かったのだ。
エリクソンは高校生の時、ポリオに感染し、ある日の夕刻、医師が母親に「彼(エリクソンのこと)は明日の朝まで持たないでしょう」と言うのを聴く。
その時、エリクソンは「明日の夕陽を見てやる!」と誓う。
エリクソンには「死なないぞ!」という執念もあったかもしれないが、「もう一度夕陽が見れたらなあ」という頼りない希望ではない、「もう一度夕陽が見れたらいいなあ」という明るい期待があったのだと思うのだ。それを持てることが、エリクソンの恐るべき能力の源であるように思うのである。
そして、それは誰でも出来ることであると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

日常魔法の秘訣

自分で使った魔法の使い方は言語化し難い。
藤子・F・不二雄さんの有名な『パーマン』という漫画や、そのアニメ化作品のパーマンというのは、パーマンの専用マスクを顔に付けると筋力は6600倍になり、マントを付けると時速91kmで空を飛べるという夢のアイテムを、宇宙人スーパーマンに授けられたというお話だ。
ところがある時、パーマンのマントを付けて飛ぼうとした男が、全く飛べないので、「どうやったら飛べるんだ?」と尋ねると、パーマンは「飛びたいなあって思えばいいのさ」と言う。
全く衝撃的だ。魔法の秘訣をさらりと言うのだからだ。

私が小学4年生の時、「天体望遠鏡が欲しいなあ」と思ったら、そのタイミングで、漫画雑誌で天体望遠鏡の懸賞付クイズがあったので応募した。
ただし、天体望遠鏡は一等の賞品で、普通に考えたら、当たるはずがない。
しかし、私は当たると思い、結果発表を待ったが、結果は、一等はおろか、下位の賞品も当たってなかった。
ところが、しばらくしたら、大学生の従兄が不意に、あの一等賞品とそっくりの天体望遠鏡を譲ってくれた。
あの時、私は、「当たれ!当たれ!」と念じていた訳ではなく、やはり、「欲しいなあ」と思っていたのだ。
そして、念願の天体望遠鏡を手に入れ、しばらく月を観測していたが、星というものは、大抵、天体望遠鏡で見たところで、やはり光の点に過ぎない。
しかし、土星なら輪が付いているはずなので、是非見たいと思ったが、どれが土星かなんて、私に分かるはずがなく、インターネットもなかった当時は、調べるのは難しいし、調べる気もなかった。
しかし、すぐに土星を捉え、ちゃんと輪っか付きの姿を見ていた。思っていたより随分小さかったが、それでも感動した。
どうやって土星をキャッチ出来たかというより、土星を創造してしまったのかもしれない。私は、いつでも土星を見つけることが出来たのだから。
そして、そのコツがまさに「土星を見たいなあと思う」ことだった。ただし、言葉で「土星を見たいなあ」とは言わなかったかもしれない。しかし、言っても悪くは無いと思う。
これが、熱意を込めて「土星よ出て来い!」とか思ったり、執念深く「土星土星」と思ったら、土星を見ることは出来なかったかもしれない。

中学1年くらいの時、広くもない庭だが、猫でいっぱいにしたことがある。
そこまでしたのは1回だけだったが、猫集めはいつでも出来た。
そのやり方は・・・そう、「猫がいればいいなあ」と思うことだ。

高校生の時、アメリカのテレビドラマ『大草原の小さな家』を見て、メアリー役のメリッサ・スー・アンダーソン(当時、10代半ば)に惚れでもしたのか、原作本でもないかなと思って図書館に行ったが、アメリカ文学のコーナーに行こうと思うまでもなく、真っ直ぐ歩いた先の棚に『大草原の小さな町』という本を見つけた。
後で分かったが、『大草原の小さな町』は、『大草原の小さな家』から数年後のお話である。
本を手に取って、登場人物の紹介を見たら、メアリーについて「盲目だが美しい娘」とあり、メアリーが後に盲目になると知って驚いたものだった。
この本を見つけたのも、少しも論理的でなく、「見たいなあ」と思っただけだった。

『眠りながら成功する』で、ジョセフ・マーフィーは、「潜在意識の力を引き出すには、ソフトタッチであることが必要」と述べていたが、全くその通りと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

本ばかり読んでなさい

「人は見かけによらない」というのは、「人を見くびるな」という意味と言って良いと思うが、それは、見くびる方が悪いのである。
つまり、本当は優れた人間なのに、その人を見下すとしたら、見下す者のレベルが低いだけのことだ。
愚かな人間にとっては、釈迦もイエスも見下す対象に違いない。
そして、実に、優れた人間とは、人を見下さない人間、つまり、優越感を求めない人間のようだ。

それはそうと、昔、書店に来ていた時、「精神世界」と書かれたコーナーに若い女性客がいて、ジョセフ・マーフィーの『あなたにも超能力がある』を見ていた。
実に駄目そうな女性だった・・・と言う者が(上に書いた通り)駄目なのだが、そもそも、超能力を得ようなんて者は駄目に決まっている。
駄目な人間の特質とは、根気がないことであるが、超能力なんてものを欲しがるのは、それがあると根気がなくて済みそうだからだ。
美人になりたいなんてのも、美人は根気がなくてもやっていけると思うからだろう。
まあ、一応、『あなたも超能力者になれる』を見ていた、その女性は駄目な人としよう。
だが、別に不思議なことではないが、もし、その女性が、その本を買い、20回も読めば、駄目でなくなり、超能力も得られたのである。
だって、そんなことが出来るなら、根気を持てたからである。
どんな本でも良いって訳ではないかもしれないが、その本自体は、日本語タイトルの付け方は悪かったかもしれないが(そんなタイトルがウけた時代だった)、良い本である。

数年前、ものすごく駄目な男に、ひょんなことから、ディール・カーネギーの『人を動かす』を読むことを薦めてしまったら、そのまるで駄目男君はその気になって、読んでくれた。
そこで私は「百回読め」と言ったら、彼は「読む」と言う。
百回とは言わないが、20回でも読めば、彼は駄目男でなくなっていたはずだ。
しかし、十数回読んだと彼が自己申告した後、しばらくして聞いてみたら、「読んでません」と言う。
やはり彼は駄目なやつだった。
彼の駄目の唯一の原因は根気のなさである。

「本ばかり読んでいてはいけない」というのをよく聞くし、私もずっとそう思っていたが、それは、読み方が足りない場合のことで、そうでないなら、本ばかり読んでいても良いのである。
世界を創造するのは精神だからだ。
デカルトが『方法序説』の中で、「昔の物語を読むのは良いことだが、読み過ぎてはいけない」と言った根拠は、時代遅れになるからだが、「かぶれて」時代遅れな言動をするなら、やっぱり、読み方が足りないのである。
と言って、必ず、時代遅れの時期が来るのではないが、根気のない者は、確かにそうなり易い。ただし、根気が出来てくれば、そんなことはなくなる。
まあ、少しの間、時代遅れになるのも良いだろう。
しかし、年配者がスマートフォンを使いたがらないのも、年のせいでこらえ性がなくなっているのが原因だろう。新しいことをマスターするには根気がいるからね。
若い者は、面白いことのためなら、少しは根気を発揮するのである。しかし、少しの場合が多いのだろう。
より根気がいるパソコンを使わない若者は増えているし、まして、パソコンで実用的なことをするのはもっと根気がいる。

名の通った本で、そんなに悪い本はない。
20回も読めば、状況は変わるはずである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

四股と腕振り運動のリズム

「想い続ければ願いは叶う」これが原則と思う。
願いが叶わないのは、想いが弱いので継続しないからである。
ところが、しばしば、「しつこい」ほど継続する願いが、本当にいつまでも叶わないことがある。
その理由は、文字通り「しつこい」からだ。
レーザー光線のように真っ直ぐな願いと、「しつこい」願いの違いは何だろう?
それは、「美しい」か「美しくない」かだ。
美しくない願いは叶わない。
この「美しくなさ」を示すことに、指導者達は苦労し、それだけのために百万言を費やした。
ジョセフ・マーフィーは、「ソフトタッチでなければならない」と、簡単ではあるが、多分、苦労して考えた上で言ったのだと思う。

しつこい・・・を示す「執拗」という漢字をみれば、その醜さは一目瞭然である。
マーフィーの言う「ソフトタッチ」、つまり、軽やかさとはほど遠い。
まさに、北風と太陽・・・無理矢理にコートを脱がせようとする北風と、温めてコートを脱がせようとする太陽のごとしだ。
この目的の場合、しつこい北風は醜く、ソフトタッチな太陽は美しい。

ギンギラギンにさりげなく・・・なんて言っても、内側の欲望がしつこいと、いつまでもさりげなくいられるものではない。
だが、本当に、いつまでもさりげなくいられたら願いは叶う。

本当に、「しつこい(執拗)」と「ソフトタッチ(さりげない)」の違いは、真剣に考えるべきである。
それで一生が決まるのだからだ。
イソップの『北風と太陽』は、よく味わうべきである。
しかし、本当は、頭で理解するより、身体で覚えるに限るし、身体からでないと解らない。
腕振り運動を毎日千回以上、あるいは、四股を毎日300回以上を3年続ければ解ってくるのではと思う。
なぜなら、これらは、ギンギラギンではだめで、ソフトタッチでないと続かないからだ。
北風のようにではなく、太陽のようにやれるようになれば、そして、そのように願うようになれば願いは叶うだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

確信を持てば楽々うまくいく

松本元(まつもとげん。1940-2003)さんという優秀な脳科学者が書いた『愛は脳を活性化する』という素晴らしい本がある。
脳科学者ではあるが、AI(人工知能)の開発に多大な成果を上げた。
その本は1990年代の本だが、機械学習という最新のAIをそれなりに勉強している私が読んでも、古臭さが全くないばかりか、むしろ、機械学習の仕組みを裏付けるような記述が多く、驚くと共に面白い。

この本に、脳は、確信を持つと、それを実現するよう効率良く働くとあるが、それは、確信を持つことで、目標の実現のための回路が脳内に出来ると考えて良いのではと思う。
例えば、人類が(最初にやったのはライト兄弟だが)飛行機を作ることが出来たのは、空を飛ぶ鳥を見て、「この世界は、飛ぶことが可能な世界」であることが分かり、技術さえあれば、飛ぶ機械を作ることが出来ると確信したからだ。

出来ると確信するのと、そうでないのとでは、脳科学的にも効率が全然違うのだと思う。
イギリスのある大学の研究では、人間の60%はコンピュータープログラミングをマスター出来ないらしいが、これは単に、「自分はコンピュータープログラミングをマスター出来る」と確信した人が40%だけだったというだけの話だ。
もし、実験者の80%の人達に「自分はコンピュータープログラミングのマスターが可能」と確信させることが出来たら、80%の人達が出来たことだろう。

パラマハンサ・ヨガナンダの『あるヨギの自叙伝』に登場した、虎と戦って勝つヨーギ(ヨガ行者)のタイガー・ババが「人々には冷静な自信が欠けている」と言っていたというのが印象的だ。彼は、「虎に勝てる」と確信しているから勝てるのである。
もちろん、妄想の自信では駄目で、彼が言う「冷静な自信」であることが大切である。

ひきこもりが働くのは難しいと言われるが、「自分は社会でやっていくことが出来る」と確信すれば、それは容易いことだ。
重度のひきこもりだった私も、ジョセフ・マーフィーの本を読んで、「手に職はないが、セールスマンなら出来る」と確信し、すぐに才能あるセールスマンと認められ、セールスを始めて1年後に入った会社では、強豪セールスマン達を押しのけてセールス・コンテストで優勝した。
コンピュータープログラミングに関しては、昔のことだから、当時はワープロを打てる人も少ない中で、毎日ワープロ打ちをやらされたおかげで、キーボードに慣れると、それだけで「プログラミングだって出来る」と勘違いかもしれないが確信を持ったから、割と楽々とプログラミングをマスター出来た。
プログラミングをマスター出来ない人は沢山見たが、彼らはやはり「自分にも出来る」という「冷静な自信」・・・確信が欠けているのである。

もちろん、プロ野球選手になれる、大きな会社の社長になれる、売れっ子画家になれるという確信は、なかなか持ち難いし、私も持ったことはないが、楽に高い給料を取れるシステムエンジニアやプログラマーになら、誰だってなれると確信出来ると思う。
だから私は、「誰でもシステムエンジニアやプログラマーになれる」とは言わない。
「確信さえ持てれば、誰でもシステムエンジニアやプログラマーになれる」と言うのである。

なぜ、タイガー・ババが言うように、普通の人々には冷静な自信が欠けているのかというと、親や教師から「お前にロクなことは出来ない」と言われ続けたからだ。
だから、そうでない人、まして、「お前なら出来るよ」と言ってもらえた人は、何でもスイスイ出来るのである。
ドワンゴ創業者の有名な経営者である川上量生さんは「自分は運だけで成功した」と言ってたと思うが、運もあっただろうが、やはり彼は自分はドワンゴを成功させることが出来ると確信していたのだと思う。ある程度は勘違いもあったと思うが、妄想というほどではなかったはずだ。

あなたは、辛い仕事や、低収入の仕事に甘んじる必要はない。
楽しいか、せめて、嫌でない仕事をして、沢山のお金を稼げるのである。
冷静な自信・・・確信さえ持てれば。
だから、それを得るために全力を注ぐべきである。
まずは、私が薦める「EA(えれくとりっく・えんじぇぅ)メソッド」に励み、エネルギーを高めると良い。
やることは、初音ミクさんが『えれくとりっく・えんじぇぅ』を歌う時に、胸の前で手を回すのを参考に(あそこまでダイナミックにやらなくて良いが)、胸の前で手を重ね、その手を好きな方向にゆっくり回せば良い。十数秒回したら、逆方向に十数秒回すというふうにやれば効果的であるらしい。
【PS4FT】えれくとりっく・えんじぇぅ【初音ミク:スクール(ディープスカイ)眼鏡なし】PV -YouTube-
ただ、自分に合ったやり方があるので、工夫すると良い。
面倒なら、気がつく度に、胸の前で手を重ねるだけでも良い。
同じことを、額や頭頂でも行うと、さらに良い。
詳しくは、アレクサンダー・ロイド博士(心理学)の『「潜在意識」を変えれば、すべてうまくいく』を読んでいただきたい。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ