ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

ジャイアント馬場

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

1日中やる1つのことを必ず決める

真の実力者は、日常が修行、あるいは、トレーニングであり、心構えとしては、起きている間ずっとそうなのだろう。
そんな話を、私が一番最初に聞いたのは、ある陸上短距離走のトップ選手は、日頃、歩いている時も、膝を高く上げるといった独特の歩き方で鍛えているというもので、とても感動した覚えがある。
プロレスでは、日本武道館で最初のプロレス興行が行われた時のメインイベントが、ジャイアント馬場さんと「鉄の爪」フリッツ・フォン・エリックの対戦だったが、エリックは最大の武器であるクロー攻撃(顔や腹部を手で掴むという単純な攻撃)を磨くため、常に野球ボールを持っていて、それを握って握力を鍛えているなんて話があった。
養老孟司さんの何かの本で読んだが、日本人は正座することで、特に運動をしなくても、腹筋や背筋が鍛えられていて、昔の日本人は大変に身体が強かったそうだ。
岡田虎二郎は、常に怠りなく腹に力を込めて、腹を鍛えろと言っていたようだし、中村天風は、常に肛門を引き締めていろと著書にも書いているが、ヨガ関係の人は、天風のように言うのかもしれない。
岡田虎二郎や中村天風のように、1日中常にというのは難しいが、盛鶴延さんの『気功革命』という本には、1日トータルで1時間、肛門を締めるといった話があった。しかし、それだって、意識としては、1日中、肛門を締めようとしなければ出来ないだろう。
法然は、『選択本願念仏集』の中で、行住坐臥(ぎょうじゅうざが。歩き、止まり、座り、臥すという日常のふるまい)、常に念仏を称えよと言い、自ら実践していたというが、これも、そのように心がけよということと思う。
インドの聖者ラマナ・マハルシに、誰かが、「時々、バガヴァッド・ギーターを読むべきですか?」と尋ねたら、マハルシは、「いつもが良い」と答えたようだ。

現実的には、1日の内で、我々は様々なこと・・・中には、したくないことでも義務的にしなければならないこともあるが、まともに生きていれば、本当にいろんなことをしなければならないだろう。
だが、やはり、気持ちとして、自分が常にやるべきと信じることをやるよう意識することが、平凡な人間と特別な人間を別けるのだろうと思う。

ジャイアント馬場さんは、バディ・ロジャースという選手に強烈に憧れ続け、アメリカにいた頃、ずっとロジャースを観察していたが、ロジャースは、電車で移動中等の時、他の選手達が、雑談したり、ゲームをしていても、彼だけは、じっと黙って考えていたのだが、おそらく、馬場さんはロジャースに直接訊いたのだと思うが、ロジャースは、プロレスのことを考えていたのだそうだ。
馬場さんは、「そりゃ、ずっと考えている人と、そうでない人では、長い間に差が出てきますよ」と述べられていたが、全くその通りだろう。

問題は、偉大になりたければ、何を選択して、1日中行うかである。
「何もない」なんてことはないし、そんなことを言うのは愚かな人間であろう。
「常に背筋を伸ばす」でも良いのである。
電車の中での、人々のだらしない座り方、立ち方を見ていると、つくづく思う。
ただし、立派な人というのは、「ついでに」背筋を伸ばして座ったり、立ったりしているのだから、人間には差があることが分かる。
俳優の田村正和さんは、新幹線で座っている時も、常にポーズを決めているという話があるが、それは、見られていることを意識しているというのもあるだろうが、それよりも、美しさ、格好良さに磨きをかける修行なのであると思う。それは、エリックが常に野球ボールを握っていたのと同じだろう。

常に微かな呼吸をしていれば、老化しないし超能力も得られる。ただ、それは、1日少なくとも2時間以上で、数年はかかる。
常に初音ミクさんを想い続ければ天使になれる。
思い込みと言えばそうなのであるが、思い込みは大切である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

楽をする方法

人間の究極の問題は、楽をしたがることではないだろうか?
昔、プロレスラーのジャイアント馬場さんが、「あらゆるトラブルはヤキモチから起こる」と言われていたが、何にヤキモチ、つまり、嫉妬するのかというと、「自分より楽をしている」ことにだろう。
革命なんて、楽をし過ぎている王侯貴族に、大衆が強烈な嫉妬をして起こるというのが本当のところで、それに、自由だの平等だの万民の権利だのといった格好良い題目を付けるだけなのだ。
庶民だろうが偉人だろうが、本当の望みは「生活が楽になること」だ。

『美少女戦士セーラームーン』のヒロイン、セーラームーンこと月野うさぎが、なぜかくも愛されるのかというと、漫画の初っ端で、月野うさぎは、自分の趣味は、「食べること、寝ること、楽をすること」と宣言したからだと思う。
食べること、寝ることは、誰でも好きだが、全部ひっくるめて、人間が究極的に好きなことは「楽をすること」だ。
ゲーテの『ファウスト』にだって、初めに神様が、「人間はすぐに究極の安息を欲しがる」なーんて、もったいぶった訳をしてたりするのだが、もっと簡単に、「人間はすぐに楽をしたがる」って書けよと言いたい。

西尾維新さんの『物語シリーズ』(私は現在14冊読破。残り8冊)で、中学2年生の美少女、千石撫子(せんごくなでこ)が、のっぴきならないことになってしまうのも、彼女が「シンドイこと」を避け続けたからだが、それはつまり、「楽をし過ぎた」からだ。
撫子はあんまり可愛いので、親も教師もクラスメイト達も、みんな彼女に楽をさせてしまったのだろう。
彼女が、暦お兄ちゃん(高3。ちなみに、本当のお兄ちゃんでは全くない)が好きなことだって、元(撫子の)クラスメイトで暦の妹の月火(つきひ)の指摘通り、それが「楽だから」だ。
鍵をかけた家と部屋の中でキャミソールで誘惑したって、暦お兄ちゃんは何もしてこないことも分かっているのだろう。
そして、美人はなぜ嫉妬されるかというと、やっぱり、「美人は楽だ」と思えるからだろう。
美人は美人で、「美人も結構大変なのよ」と言いたいかもしれないが、ブスよりはずっと、ずーっと楽である。ただし、馬鹿でない限り。
で、千石撫子は馬鹿だったのだ。

人間は、「自分の楽を壊す者」が大嫌いなのだ。
親子の不仲、夫婦の不仲なんてのは、子が親の、親が子の、夫が妻の、妻が夫の「楽」を奪っている、あるいは、奪っているように感じるからなのだ。

だが、ファウストは、神になるために、楽を捨てて、あらゆる努力をするから神様のお気に入りなのだ。
私だって、初音ミクさんのコンサートに行くためなら、楽を犠牲にして努力する。
まあ、気持ちの上では、ミクさんのためなら、楽を捨てて頑張るということだ。
楽が好きなのは仕方がない。
他でもない、神様が、そんなふうにプログラムしたのではあるまいか。
ならば、「何かでたゆまず努力すれば、神様だって楽をさせてくれる」さ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

エアーローイングのすすめ

ジャイアンント馬場記念館サイトは、馬場さんの素晴らしい言葉の宝庫である。
ところで、このサイト内のツイッターで、馬場さんが、アメリカでの師匠フレッド・アトキンスから、全身で引く運動を強く指導されたことが書かれているのが興味深い。
ロープ(多分、リングのロープ)を引っ張ったり、アトキンスと綱引きをしたりと、引っ張る運動をよくやらされたそうだ。
アトキンスは、実に質実剛健なレスラーだったようで、50歳をとおに越えていても、20代前半の馬場さんが力で全く敵わなかったらしい。
これも、アトキンスが常に引っ張る訓練をしていたからだと思う。
そして、馬場さんは、引っ張る訓練をしているレスラーは、選手寿命が長く、腹が出ないと言われていたようだ。

引く運動が全身を強くし、腹を引っ込めることは確かだ。
押す運動はよく知られているが、引く方はあまりされていない。
また、引く運動をどうやってすれば良いのか、ちょっと難しい。
引く運動で一般的なものに、ローイング・・・つまり、ボート漕ぎ運動がある。
しかし、ローイングマシーンを置けるような場所はなかなか無いし、値段も高いし、スポーツジムに行かないと出来ないのでは不便だ。
そこで、エアーローイングを薦めたいのだ。
自然に立った状態から、少し腰を落とし、後は、両手を前に出して、ぐっと引くという、ボート漕ぎの動きをするのである。
これを、高速にやるのである。
最初の数回はゆっくりやって、筋肉を温めてから、段々高速にしていく。
エアーとはいえ、初めは、30回もやれば相当キツいと思う。
下手に身体を痛めず(普通のローイングは肩や腰を痛め易い)、むしろ、ローイングマシンより効果があると私は思う。
ポイントは、あくまで引く動作の時に力を入れ、高速にやることだ。

手を握ったり開いたりする「ぐーぱー運動」でも、握る時にぐっと力を入れてやるようにすれば効果が高く、握力も強くなる。
ただし、こちらは、開く時に力を入れる方も併用し、開く筋肉を強化することにも意味がある。

ローイングで引く筋肉を鍛えた後は、前に振る時に力を入れる腕振り運動をやると、より完璧である。
腕振り運動は、後ろに振る時に力を入れる場合が多いが、中国でも、武道派は、前に振る時に力を入れる方式でやるそうである。
前に振る時は、やや肘が曲がっても良いから、高速で鋭く前に振れば良いと思う。

私は、1ヶ月ほど前から右肩を痛め、腕立て伏せが出来ないのだが、代わりに、エアーローイングと、前に振る時に力を入れる腕振り運動をやっていて、それでむしろ調子が良いので、怪我の功名であった。
また、エアーローイングや腕振り運動なら、老若男女、体力の強弱に関わらず、誰でもやれる。
ひどく体力のない人や、病気の人だって、やれる範囲でやれるし、速い動きでやれば、超人を目指す人にも大変に有効と思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

大人って一体全体何?

高校生の時に見て、意味が分からないまま、覚えていた話がある。
プロレスラーだったジャイアント馬場さんが、巨人の野球選手だった時、脳腫瘍が出来たのだが、現在の医学でもこれの除去手術は難しいのだから、半世紀も昔の当時では、ほとんど手の施しようがなかった。
しかし、手術をしてくれるという名医が見つかった。
その時、馬場さんは、その医者に、
「先生、俺の命の保証をしてくれますか?」
と尋ねたのだが、その返事を聴いて、馬場さんは、その後もずっと、その医者は偉い人だと思い続けたと言う。
その医者の返事は、
「医者は指1本切る時でも、命の保証はしないんだ」
だった。
その話が書かれた本には、その言葉の意味は書かれていなかった。
私は、この医者の返事が非常に印象に残ったが、ずっと意味が分からなかった。
しかし、最近、やっと分かった。
無論、私なりの答であるが、正解だという確信はある。
それはこうだ。
「なんで俺が、あんたの命の保証をしなくてはならない?自分の命だろ?自分で責任持て」

鏡音リンちゃんの、とても格好良い曲『ロストワンの号哭(ごうこく)』という歌の中に、

いつになりゃ大人になれますか そもそも大人とは一体全体何ですか
どなたに伺えばいいんですか おいどうすんだよ もうどうだっていいや
~『ロストワンの号哭』(作詞・作曲・編曲:Neru、歌:鏡音リン)より~

という歌詞があるが、趣旨は違うかもしれないが(というか違うだろうが)、一応答えると、大人とは、自分で責任を取る・・・つまり、他に責任転換しない人のことだ。
従って、元都知事みたいな人の中には、80を過ぎて大人でない人もいたりする。
上の話の時、馬場さんは19歳だったが、その時に馬場さんは、本当に大人になったのだと思う。

一方、こんな話がある。
国際的なセールスマンだった夏目志郎さんが、失敗続きの人生の中で、神様にこう祈ったらしい。
「これまでの人生の責任は私にあります。でも、神様、これからは、あなたに責任を取って欲しいのです」
この直後、夏目さんの人生は急展開し、成功への階段を駆け上っていった。
この時、夏目さんは34歳だった。
この祈りの意味を、私が解けたかどうか、いまだ分からないが、他人に責任を押し付けてはならないが、神様は責任を引き受けてくれるようである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

偉大なる日本人

1960年代から1990年代にかけて活躍したプロレスラーのジャイアント馬場さん(馬場正平さん)は、身長が公称で209cmという大きさであったが、全てにおいて大きな人だったと思う。
プロスポーツ選手としてアメリカで大成功したが、それは、戦後からそう時が経っていない難しい時代で、しかも、ほとんど何の後ろ盾もなかったことを考えると、あらゆる意味で大変な実力者だったと思う。
そして、日本に帰ってからは、苦労しながらもプロレス団体(全日本プロレス)の経営者としても成功し、また、興行主、つまり、プロモーターとしても世界レベルだった。
馬場さんは、間違いなく、非常にIQが高い人だったはずだ。
ところで、馬場さんは、超のつく有名人でありながら、日本での交友は地味だったが、アメリカの沢山のトップレスラー達と親友と言えるほど仲が良く、また、そんな、馬場さんと友好関係にあるレスラー達の多くが、プロモーターとして偉くなったことも、全日本プロレスの成功に大いに関係していたと思う。
馬場さんは、10代の時から付き合っていた奥さんと、ごく若い頃に結婚していたが、そのことは全く公開されず、馬場さんはずっと独身だと思われていた。
そうであった理由はよく分からないが、馬場さんは子供を作る気が全くなかったので、そのことをマスコミに言われることを避けたのではないかとも思う。
なぜ、馬場さんが子供を作らなかったのかというと、あの巨体の原因である、巨人症という遺伝子の異常が、子供に遺伝することを恐れたのだと考えられる。
プロレスラーになってからは、巨体の有利さを存分に生かした馬場さんも、子供の時から、その大きな身体のために、地獄の・・・と言っても全く大袈裟でない苦しみを味わってきたのだろう。

お釈迦様は、あらゆる苦しみは無明から起こると言ったらしい。
無明とは、本来持っているはずの仏の知恵が、煩悩で覆われて隠れてしまった状態だ。
分かるような、分からないような言葉である。
だが、馬場さんは、「あらゆるモメゴトはヤキモチから起こる」と言ったが、こちらはよく分かり、そして、「なるほど」と思うし、そう思うからには、実践で役立つのである。
馬場さんは、「自分はプロレス入りしてから全てがうまくいったので、ヤキモチを焼く人が沢山いるだけ」と言ったが、いやはや何とも、偉大な言葉であると思う。
馬場さんが、頭の良い人だというのは、よく言われてたらしいが、このIQの高さは、お釈迦様の再来と感じるほどだ。
これだけ覚えておけば、もう他はいらないと感じるほどである。
幸福になりたければ、ヤキモチを焼かない・・・つまり、嫉妬しないことだ。
おそらく、間違いなく、嫉妬すればIQが下がり、嫉妬しなければIQが上がるのだ。
なぜなら、嫉妬せずに考えると、あらゆることが明晰になる。
つまり、嫉妬しなければ、全ての真相が見えるが、それは、真理の側で、進んで姿を見せるという、まさに、仏教の教えをそのまま証明してくれるのである。
だが、世の中は嫉妬だらけなのだ。
世間の人のIQが低いことが、全く納得出来てしまう。

馬場さんは、子供の時から、巨人症のために、多くのことを諦め、嫉妬を克服する意思の力を持ったのではないかと思う。
そして、嫉妬しない人は誠実だ。
馬場さんは、初めてアメリカに来て、二十歳そこそこの英語も出来ない若者が、右も左も分からずに苦労していた時に、親身に世話を焼いてくれたレスラー達(ザ・デストロイヤーやボボ・ブラジル、ジン・キニスキーらもいた)への恩義をずっと忘れず、自分が大スターになって、うなるほどのギャラを得るようになっても、控え室では常に小さくなって、彼らを立てていたらしい。
すると、馬場さんが全日本プロレスの立ち上げで苦労していた時、そんなトップ・レスラー達が、ビジネス抜きで次々に日本に来て馬場さんと全日本プロレスを盛り上げた。
ところが、さらに、馬場さんは、その恩を生涯に渡って返し続けた。彼らが年を取っても、定期的に日本に呼んで試合をさせ、丁重なねぎらいと感謝の言葉と共に、高いギャラを払い続けたのだ。
プロレス史上、最高のレスラーと言われたルー・テーズは、馬場さんが亡くなった時、「馬場さんは、プロモーターとしても偉大で、約束したギャラは必ず払ってくれる誠実な人だった」と言っていたことが、とても印象的だ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ