ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

ジャイアント馬場

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

「これが出来る」より「これしか出来ない」を考える

イチローが凄いことは誰でも知ってるが、イチローがなぜ凄いかを理解出来ている人は少ない。
もちろん、才能や努力ということもあるのだが、根本的には、彼には、野球以外にやることが何もないからだ。
彼が、シーズンオフでも、毎日球場に行って練習する姿勢が称賛され、確かに称賛されるに値するが、彼にすれば他にやることがないのだから、「休みたいと思う気持ちが分からない」ということになるのだ。
野球以外にやることが沢山ある選手は、あまり偉大な選手になれない。
むしろ、元ヤンキースのバーニー・ウィリアムズが、プロ級のギターの腕前を持っているのに偉大な選手になったことが驚愕である。恐ろしい野球の才能である。
しかし、もし彼がギターに興味がなければ、もっと偉大な選手になれた可能性が高いと思う。ギターが野球にプラスになった面も、もちろんあるだろうが、それほど大きなものではないはずだ。

プロレスのジャイアント馬場さんは、アメリカで活躍していた全盛期は、イチロー以上のスターだったという話もある。純粋な実績だけではなく、日本のスポーツ選手がアメリカで活動することがほとんどなかったという時代であったことを考慮すれば、それは間違いないと思う。
その場場さんは、63歳で亡くなるまで現役だったが、インタビューで、「プロレス一筋でやれた理由は?」と尋ねられた時の返答を、私はよく覚えている。
アントニオ猪木さんは国会議員になり、他にも、「副業」を持っていたレスラーは多かった。
馬場さんの答は、「有体(ありてい)に言えば、他に出来ることがなかった」だった。
馬場さんは、営業のためにバラエティ番組にもよく出ていたし、CMにも出演したが、ピントがずれていた面白さがあったのは、単に自然にやっていたからだ。つまり、芸人的なことなんて、何も出来ないし、しようとしないのが、結果的に良かったのだ。
また、馬場さんは経営者としても立派で、全日本プロレスの社長として黒字経営をしたが、それは、散々赤字を続けた後のことだ。
馬場さんのことは、長く、いろいろ調べたが、結局のところ、馬場さんは、受けた恩を忘れず、義理を大切にし、常に誠意を持ち、それでいて、言い訳をせず男らしく責任を取る姿勢でい続けたこと、そして、謙虚で控え目な性格が愛され、沢山の人達の協力が得られたから成功したのであり、別に、ビジネスが上手い訳でも何でもなかったのだと思う。

人類史上屈指のピアニストだったグレン・グールドは、ピアノ以外は何も出来ないどころか、あきらかに欠陥人間であったが、だから誰よりも偉大なピアニストになれたのだと思う。
もちろん、多方面で活躍する、いわゆるマルチ人間も確かにいるが、そんな人間は、後で考えると、「結局、この人、何だったの?」ということになる。
つまり、1つの際立った才能を発揮した人が、その知名度を利用していろいろやったのが、たまたまうまくいっただけのことで、普通は、余計なことをやると、1つの才能も潰してしまって駄目になってしまうはずだ。実際、それで落ちぶれた方の例はいくらでもある。

若いうちはいろいろやった方が良いのは、隠れた才能を発見するため、そして、必要な常識を身に付けるためだ。
子供のうちに才能を見出され、1つの道だけに邁進し、大きな成果を上げたとしても、引退したら、ただの人どころか、常識がなく、迷惑なだけの人になり、せっかく作った財産を失ってしまったり、騒ぎを起こして世の中から抹殺されることも多い。
だけど、ある程度の年齢になれば、自分の道を決め、断固とした決意で、その道での成功を目指さねばならない。
ただ、それが凄い仕事や高尚な仕事である必要はない。
日本一の泥棒・・・は、あまりよくないかもしれないが、日本一の乞食なら、それも良い。確かに、富豪の乞食も存在するのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

本当に自慢出来ること

あなたには、自慢出来ることが何かあるだろうか?
ただし、「本当に自慢出来ること」だ。
私には何もないなあ。

ジャイアント馬場さんというプロレスラーがいたが、全盛期は、野球のON(王貞治、長嶋茂雄)と並ぶ国民的スターだった。
馬場さんは、アメリカでも大スターで、力道山が生きている間はアメリカで転戦していたが、全米のプロモーターが馬場さんを呼ぶのに高額のギャラを用意し、さらに馬場さんの機嫌を取ったようだ。
その場場さんは、全日本プロレスという団体の社長でもあったのだが、著書で、
「経営はずっと赤字で苦しかったが、選手へのギャラの支払いの遅延は一度も起こさなかったことが俺の唯一の自慢だ」
と書かれていた。
あれほど凄い人でも、そんなことだけが自慢だったというのは、とても興味深い。
プロレス史上最高のレスラーだったルー・テーズも、馬場さんが亡くなった時、朝日新聞で、
「馬場さんはプロモーターとしても偉大で、約束したギャラは必ず払ってくれる誠実な人だった」
と述べていたと思う。

有名人でも何でもないが、創業した会社は数百人の従業員を雇いながら、常に黒字経営を続ける経営者が、同窓会に行くのが憂鬱だと言う。
「みんな(同窓生)には、俺が何か成功者に見えるらしい」
と、さも変なことのように言うが、普通に見て、まさに成功者そのものである。
しかし、彼は、ビルはいくつも建てたが、自宅も自家用車も、ちょっと高級取りのサラリーマンと同じ程度だ。
その彼が、常に自慢そうに言うのが、法人税を沢山払っていることと、社員の給料が業界水準を超えて高いことだ。

無論、普通の人には、彼らが自慢に思うことも出来ないが、こんな話を見たことがある。
ある、それこそ本当に平凡な男性が、
「死んで閻魔様の前に出たら、私は人生で何も大したことは出来なかったが、便所の下駄だけはきちんと揃えていたと言うつもりだ」
と言ったらしい。

他人の評価ではなく、自分が本当に自慢出来るもの、心から満足出来ることであれば、それがあることが幸せなのだろう。
そして、それはどうも、他者への奉仕であることが必要なのだと思う。
便所の下駄を揃えるのだって、次に利用する人の快適さを考えてのことで、単なる美観に自己満足するという意味ではなかろう。
つまり、自分の出来る範囲で、他者を喜ばせたり、役に立つことが、自慢であり、満足であり、幸福なのだろう。
普通は、自分の子供を「まともな人間」に育てれば、それで十分満足して良いのかもしれない。
それに今は、まともでない人間が多いから、もし、そんなことが出来たのなら、本当に満足して良いのではないかと思う。
馬場さんには子供はいないので、その分、別のことに(良い意味で)執着したのかもしれないとも思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2人の王者の言葉

ジャイアント馬場さんが、こんなことを言われたそうだ。
「馬場という男は、プロレス入りして以来、全てが順調だった」
言うまでもなく、苦労や挫折がなかった訳ではなく、それどころか、試練に晒され続けたことだろう。
だが、襲い来る苦難に耐え続けたからこそ、馬場さんは順調だった・・・つまり、成功したのだ。

ところで、ではなぜ、馬場さんは耐えることが出来たのか?
そのヒントになることを、プロボクシングの世界ヘビー級チャンピオンだったジョージ・フォアマンが述べていた。
ところで、ボクシングといい、プロレスといい、世界王座を認定するのは、あくまで民間団体であり、最初から公的な権威があった訳ではない。
長い活動の中で権威を作っていったという訳だ。
これは、実に、IOC(国際オリンピック委員会)も同じなのである。
「一般の人々」が権威を育て上げたところは素晴らしいのだが、腐敗すれば無に帰すところも同じである。
プロボクシングで最も古い世界王者認定団体WBAは、元々、プロレス王者も認定していたが、プロレス部門は全米レスリング協会(NWA)として独立した。
フォアマンはWBA世界王者(WBC王者も兼ねていた)で、馬場さんはNWA世界ヘビー級王座を3度獲得している。

そのフォアマンの、後に「キンシャサの奇跡」と呼ばれることになる、モハメッド・アリとの世界ヘビー級タイトルマッチで、大方の予想を覆して、不利と言われたアリがKO勝ちを収め、アリは世界王者に返り咲いた。
そのフォアマンが後に、自分の殺人パンチをボディに受け続けて倒れなかったアリに対し、
「人間は理由があれば痛みに耐えられるんだ。アリには耐える理由があった」
と語っていたと思う。
アリにどんな理由があったのかは分からない。
そして、馬場さんにも、痛みに耐える理由があったはずだが、それが何かも分からない。
だが思うのだ。
その理由は、必ずしも、壮大なものでも、高潔なものでもないかもしれない。
たとえば、他人からすれば、実につまらないことかもしれない。
しかし、本人には、どんな苦痛にも耐える理由になるもの、あるいは、苦痛に耐える力を与えるものなのだ。
それは必ず、誰にもあるはずなのに、ほとんどの人は、それをないがしろにしているのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

望むものに相応しい態度を

立場に相応しい言動や身なりは、やはり必要である。
逆に、言動、振る舞い、身なりに相応しい立場を引き寄せるということもあるのだと思う。

思い出すのが、ジャイアント馬場さんは、割とショボい家に住んでいて、何度か泥棒に入られた後、周囲から、「王者に相応しい家に住んで欲しい」と苦言を呈されてしまったことがあったらしいことだ。
まあ、それで、馬場さんは高級マンションを買ったついでに地下室も買い、自宅でトレーニング出来るようになったら、40歳過ぎてまた強くなったようだ。
馬場さんは、住むところへのこだわりがなかったのだろうが、他の点では、プロレスの王者、大プロモーターに相応しく、車はキャデラックだったし、着る服も常に高級品で、しかも、1日に何度も着替えるほどだったようだ。
馬場さんは心得ていたのだろう。

態度、振る舞いは大切で、それに相応しい状況を作り出す。
男は結婚したら、いつまでも夢を追う少年であってはならない。
大人の男にならないと、しっかりとした家庭を築けない。
女性も、結婚したら、もう、若くて可愛い女の子であってはならない。
大人の女性にならないと、ままごと遊びの家庭になり、それは決して幸福なものにはならない。
本来は、大人の態度、振る舞いが出来るようになった男女が自然に結婚するのだが、日本では、ある時期から、子供っぽい友達どうしが結婚してしまうようになり、不幸な家庭が増えているのだろう。

まだ若く、有名でなかった頃のバート・レイノルズが、既に大俳優だったクリント・イーストウッドに、「成功するまで何をしていたのか?」と尋ねたら、イーストウッドは「成功するための準備をしていた」と応え、それでレイノルズは何かを掴んで、自分もスターになることが出来たようだ。
私は、レイノルズは、レッスンや営業といった当たり前の努力もしただろうが、同時に、スターに相応しい態度、振る舞いを身に付けたのだと思う。
むしろ、態度、振る舞いの方が重要に違いない。
それなしに、たまたま成功しても、すぐに転落してしまう。

フローレンス・スコーヴェル・シンという、画家で成功哲学の教師であった女性の著書には、態度、振る舞いの大切さがよく書かれている。
旅行がしたいのにお金がないなら、せめて旅行鞄を買って、旅行に行けて当然という態度、振る舞いでいれば、必要な状況に導かれる。
彼女がいない男性が彼女が欲しいなら、それなりに良い服を着て、立ち居振る舞いに気をつけ、そして何より、女性を尊重する態度でいれば、嫌でもモテモテになる。
それを簡単にやれるのが口ぐせだ。
「女性とは大切なものだ」という口ぐせを持てば良いのである。
上辺の態度だけでなく、むしろ、心の態度を重んじれば、結果は自ずとついてくる。
『物語シリーズ』のヒロインの一人である天才少女、羽川翼は、「都合の良い状況を想像する」ことの大切さを語ったが、彼女はそれを、態度、振る舞いで示していたのだろう。
では、我々は、もっと簡単に口ぐせでそれをすれば良い。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自分なりの誠意を貫く

世界的プロレスラーだったジャイアント馬場さんは、全日本プロレスの社長でもあった。
だが、元々、彼は団体経営者などになる気はなかったようだ。
所属していたプロレス団体が、経営者達の放漫経営で潰れてしまったのだが、アメリカで人気が高い馬場さんは、アメリカに行けば大歓迎され、物凄いギャラも待っていた。
しかし、他のレスラー達や、そもそも、日本のプロレスを守るために、苦しい道、損な道を選んだのだろう。
それに、長年世話になったテレビ局への恩義もあったようだ。
だが、経営は苦しく、長年、赤字経営だったそうである。
そんな馬場さんが、著書に、
「俺の自慢は、どんなに経営が苦しくても、選手へのギャラの支払いだけは、遅延を一度も起こさなかったこと」
と書かれていたのを、よく覚えている(どの本だったかは忘れたが)。

その場場さんが63歳で亡くなった時、史上最高のプロレスラーと言われるルー・テーズが、
「馬場さんは、プロモーターとしても偉大で、約束したギャラは必ず払ってくれる誠実な人だった」
とコメントしたことが、朝日新聞に書かれていたのを、やはり私は印象深く覚えている。
馬場さんは、22歳でアメリカに行った時、右も左も分からない自分に世話を焼いてくれたアメリカ人レスラー達への恩を忘れず、自分が大スターになっても、控え室では常に小さくなって彼らを立て、彼らが歳を取っても定期的に日本に呼んで、スターに相応しい高いギャラを払ったらしい。

馬場さんほどでなくても、我々は、せめて何か1つで誠意を持たなければならないのだろうと思う。
経営者にとっては、おそらく、楽なことではないはずだが、社員に必ず給料を払うことが、一番の誠意なのだと思う。
21歳の愛人を作っていた60歳過ぎの総理大臣がいたが、彼が恥さらしだったのは、若い愛人がいたことではなく、その愛人に、
「お金じゃないんです。誠意が欲しかった」
と言って、マスコミに自分の存在を暴露されたことだったが、これについて、誰かが良いことを言っていた。
「金のことを男の誠意と言うのだ。彼女だって、1億ももらっていたら黙っていたに違いない」
その「ソーリ」は、彼女に本当にちょっとしか金を出していなかったらしい。
つまり、誠意のない男だということを世間に知られたことが、最大の恥さらしなのである。

人間には器量というものがあり、このブログでよく例に出すが、ある人は、便所のスリッパをちゃんと揃えて出ることが、彼に出来る唯一の誠意なのだろう。
水野南北にとっては、余分に食べて、余分に糞を出さないことが、この世に対する誠意なのだと思う。
ある人気ロッカーは、二十歳にならない女性には絶対に手を出さないと言っていたが、それを貫くなら立派な誠意だ。
聖人君子である必要はないが、自分なりの誠意を貫くなら、運勢がそう悪くなることはないだろう。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ