ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

シュタイナー

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

知性と感情、理屈と気持ち

人間の心には、知性と感情がある。
言い換えれば、理屈の考えと気持ちだ。

イエスは、「山に『動いて海に入れ』と言い、そうなると信じて疑わないならそうなる」と言ったが、当時の人ですら、そんなことは信じなかっただろうし、まして、現代の人間が信じられるはずがない。
だが、それは、知性、理屈では信じられないということで、感情や気持ちでは信じられるかもしれない。

神道家の葉室頼昭さんが、医学生時代、重病になり、大阪から東京に帰るために新幹線に乗る時、板に乗せられて運び込まれるほどだったという。
だが、葉室さんは、新幹線の中で、おそらく、谷口雅春さんの『生命の実相』だと思うが、ヒマだから読んでいたところ、なぜだか分からないが、涙がとめどなく流れ、そして、病気が治ってしまったらしい。
葉室さんは、『生命の実相』を、理屈では分からなかったが、気持ちでは分かったということだと思う。

週間アスキー誌の50代の編集長が、取材のために初音ミクさんのコンサートに行ったところ、ステージが進むにつれ、不思議な感動を覚え、最後の曲『メルト』で、どうしてか分からないが、とめどなく涙が流れて止まらなくなったという。
これも、その編集長が、理屈では「アニメキャラが歌っている」くらいに考えているが、気持ちは、何か、深い、大切なことを分かってしまったということなのだ。

ドワンゴの川上会長が、大学を出て勤めていた会社に、仕事の出来ない課長がいたらしい。川上さんは、はばかることなく、その課長を批判し、「あんなやつクビだ」と言っても、誰も文句を言ってこなかったようだ。その課長が駄目だというのを、みんな分かっていたのかもしれない。
ところが、川上さんは、社長に呼び出されて怒られたのだが、社長の怒り方が尋常でなかったという。
だが、川上さんは、なぜ怒られるのか分からない。社長は、あの課長にも生活があるといったことを言うが、だから川上さんが悪いという理屈にならないのだろう。
しかし、川上さんは、10年以上経って、やはり理屈では分からないが、気持ちで分かるようになったという。

知性だけの世界だと思われている数学すら、感情なしには決して成り立たないことが、ちゃんと証明されているらしい。
まして人間は、理屈だけでは駄目だし、感情だけでも駄目だ。
あるセミナーで、1人の受講者が、講師の話を聞いていたら、「なぜか涙がこぼれていた」と言う。
そして、彼は騙されてしまった。
宗教にも、こんな話は多いのだろう。
セミナーでは、受講者の理屈の思考を麻痺させ、感情にのみ訴えるのが常套手段だ。
理屈も捨ててはならないのだ。

知性、理屈は物質的で、感情、気持ちは非物資的ともいえる。
ルドルフ・シュタイナーは、イエス・キリストは物質的なものと非物質的なものを統合するために現れたのだと言い、いずれかに偏ることを戒めている。
しかし、現代は、物質的なものに偏り、非物質的なもの・・・つまり、見えないものが分からなくなっている。
だが、『星の王子様』で言われた通り、「本当に大切なものは見えない」のだ。
とはいえ、見えるものも大切なのである。
ただ、見えないもの・・・感情、気持ちの方が、より大切なのである。

「大儀のために感情を抑える」とか言う。
そして、大儀とは知性や理屈で出来たものだと思っている人が多いと思う。
そうではない。
大儀こそ、感情や気持ちが凝り固まったものだ。
過ぎた感情なのだ。
理屈で破壊しなければならない、偏った感情もあるのである。

正しい感情は、熱過ぎたり、激し過ぎたりせず、頬を撫でる柔らかな風のようだ。
正しい理屈は美しい。
このことは覚えておくと良い。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

魂を抜かれた哀れな亡者にならないために

昔の多くの庶民の悩みは、「やることがない」ことだった。
その弱味につけ込んで、学校や会社は、生徒や社員を長時間、拘束してきた。
そして今は、人々は、やることだけは出来た。
少し昔であれば携帯電話による電子メールで、今は、スマートフォンによるゲームやSNSだ。
しかし、電車の中で、ずっとスマートフォンを見ている人達の様子は異様だ。
SNSの書き込みをぼーっと見ている男性や、ゲームに熱中している女性らを見ると、抽象的な言い方だが、魂を抜かれたような雰囲気を強く感じるのである。

なぜ、そんなことになるのかというと、彼らは、「反応しているだけ」だからだ。
昔の携帯電話のメールでも、考えて文章を組み立てて、表現するのではなく、パターン通りの語句をパターン通りに並べるだけのことをしていて、頭の思考回路を見事に迂回し、何も考えないまま、お決まりの作業をしているだけなのだ。
今の普通の人達がやっているデジタル・ゲームの大半も、頭を使わない、反射神経型や、パターン通りに対応しながら偶然に頼るようなものだと思う。

携帯メールの時代から、現代のSNS、モバイルゲームのようなものは、「やることがない」ことの一万倍、害があるのだ。
その害とは、思考力を捨て去ってしまうといいう害だ。
立ってスマートフォンでゲームをしながら、肩に担いだバッグを目の前に座っている人の身体に押し付けて平気だという人は多いが、これは、無神経というよりは、考える能力、感じる能力を失くしてしまっているのである。

携帯電話すら普及していなかった時代の本だと思うが、こんなことが書かれてあった。
コンビニで支払いを済ませたOLさんが、後ろにまだ人が沢山並んでいる状態だったが、購入した商品の中から、チューブタイプのゼリー飲料を掴み、キャップを開けると、口に含み、ゼリーを吸引して食べ終わると、満足そうに息をついだ。
つまり、このOLさんは、全く普通に、異常なことをやっているのだ。
きっと、彼女は、自分で考えずに、人の言う通りのこと(家庭や学校や会社で強制されたこと)だけを、パターン通りにやり、自分で深く考えるといったことをしてこなかったので、思考力を失ってしまったのだ。
現代人は、簡単に、このOLさんより、はるかに「何も考えない」状態に陥る危険が高いのである。

昨夜、ドワンゴ会長の川上量生氏が、ゲームは思考力を鍛えると述べている話を書いたが、これは、あくまで、考えることが必要なゲームである。
学校の試験や受験では、「知っているか知らないか」「覚えているか覚えていないか」だけで勝負が決まり、1つのことを10時間も考えるというような訓練をしない。
しかし、思考型ゲームでは、攻略法を、何時間も何日も考え続ける。
だが、川上氏も、今は、以前のオンラインゲームのような、考える楽しさのあるゲームが少ないと述べていたと思う。かなり良いゲームでも、以前のものほど手強くないし、裏技を考える楽しみもなくなってしまったようである。
川上氏は、『ルールを変える思考法』で、最初はゲームの効用を述べていたが、最後はゲームを否定するようなことを書かれていた(川上氏の話の特徴でもあるような気はする)。
これが、ゲームというものの泣き所であるのだろう。
確かに、ゲームに効用、メリットはある。しかし、同時に害も多く、特に、現代のゲームは害のあるものが多いのだろう。

確かに、無駄なことを考えてはいけない。
無駄な考えとは、エゴを満足させる方法を過分に考えることであるが、現代人も、これだけはよくやっている。
しかし、それは、思考回路の中の、エネルギー消費が大きく、しかも粗野な部分で行われる思考なのだ。

考える力を失くし、魂を守ることも出来なくなった哀れな人達・・・それが、暇があれば(歩きながらでも)スマートフォンを見ているような者達だ。
そんな連中のようにならないためにはどうすれば良いだろう?
手軽に出来ることの中で最良なのは、ある程度難しい本を読むことだ。
科学や哲学の本でも良いし、文章自体はさして難しくないが、最初は意味がさっぱり分からない『老子』や『荘子』をよく読むことである。
ルドルフ・シュタイナーの本などもとても良い。
深い真理が書かれているが、なかなか手強い。
しかし、忍耐強く読み通せば、得られるものは大きい。
大天才であった博物学者の南方熊楠は、40歳くらいで結婚する時、妻になる20代の女性に、本を大きな樽一杯に詰め込んで送り、「一冊でも多く読むように」と指示した。
我々も、熊楠にそう言われたように、まずは、一冊でも多く読まなければならない。
全てはまずそこから・・・自分で自分の頭を使う基礎を作ることから始まるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

我々は最悪のもののフリをして最悪のものになっていく

「心身医学の父」と言われ、フロイトにエス(無意識の生命エネルギー)の概念を与えたドイツ人医師ゲオルグ・グロデックが『エスの本』で、こんなことを述べていた。
「幼い女の子達が集まって話している様子は、彼女達の母親そのままだ」
これは、主婦達の井戸端会議の破廉恥で放埓(勝手きまま)な様子のことだろう。
この話で、私は、インコやオウムに言葉を教える話を思い出すのだ。
喋ることができる鳥に言葉を教えるのは根気がいる。
鳥のそばで、同じ言葉を、何日も、あるいは、何週間も繰り返さないといけない。
そして、もちろん、きれいな言葉を教えようとするだろう。
「こんにちは、ごきげんいかがですか」
「私はオードリーです」
などだ。
ところが、ある日突然、その鳥は、「アホ!」「いいじゃねーか」「何やってんだ」などと言いだすのだ。
つまり、下品な言葉ほど言い易いので鳥によく聴かせてしまうのだし、鳥の方も、そんな言葉の方が喋り易いのだろう。
「ごきげんいかが」なんて、普段決して言わない言葉は不自然で「どもっている」だろうし、鳥の方だって、じっと見られながら緊張している時に聴くので覚えにくい。
オウムも幼女も同じで、下品なことほど、すみやかに真似してしまうということだ。

もちろん、鳥と小さな女の子ばかりではない。
「まあ、息子さん、お父さんにそっくりね」
と言う場合、お父さんの良い面であることはまずない。
家庭は、男が一番みっともない姿、あるいは、傲慢で殿様振った様子を見せる場所だ。
これもまた、真似しやすく、息子は簡単にコピーしてしまう。
学校の教師は、せいぜい生徒達の前で格好をつけているつもりだろうが、特に同性の生徒の前では油断することが多いだろう。
いずれにしろ、生徒達が真似するのは、教師達の最悪の部分だけだ。

テレビドラマやアニメでさえ、子供達はヒーローやヒロインではなく、オマヌケキャラのやることを真似するものだ。
もちろん、その方が真似し易く、面白いからだ。
『パイレーツ・オブ・カリビアン』も、ヒーローのウィル・ターナーより、崩れた下品な海賊ジャック・スパロウの方が断然真似しやすく、そっちの方が人気が出てしまう。

そしてアメリカの大作家カート・ヴォネガットが言ったらしいが、
「人間はフリをした通りのものになるのだから、何のフリをするかを慎重に決めないといけない」
というのは、おそらく本当のことだ。
そして、上に述べた通り、誰も、自分が何のフリをするかを、ちっとも慎重に考えておらず、最悪のもののフリをして、最悪のものになるのだ。
全く、残念な話である。
だが、幸いにも、これを読んだあなたは、自分がなりたい人物のフリをして欲しい。

私は、カート・ヴォネガットは皮肉屋ではあるが、賢い人だと思う。
それは、彼が、シェイクスピアの『ハムレット』について、実に良い指摘をしていることではっきり分かるのだ。
それは、ハムレットの父の幽霊が、自分はハムレットの叔父に殺されたということをハムレットに教えたということについてだ。
ヴォネガットは、その幽霊が本当にハムレットの父だったかは分かっていないのだと言う。
全くその通りだ。
簡単に信じてしまったハムレットは大馬鹿野郎に違いない。
ルドルフ・シュタイナーは、幽霊ってのは、本人の魂のカスみたいなもので、信用すべきでないと著書に書いていたが、そうなのかもしれない。
シェイクスピアだって、このことについて確信犯だったに違いないが、ヴォネガットが指摘するまで、世界は4世紀も騙されてしまったのだ。
それはひょっとしたら、シェイクスピアの大誤算かもしれない。

ところで、今、角川のKindle本が安い。
『新訳ハムレット』は199円、『時をかける少女』は181円だ。
必要なものは、今のうちに買っておいた方が良いだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

屈しろ、そうすれば自由自在だ

ルドルフ・シュタイナーは、「教師は空気のようでないといけない」と言った。
つまり、良い教師は空気のようなのだ。
教師だけじゃない。
良い歌手は空気のような歌手だ。
良いサッカー選手は空気のようなサッカー選手だ。
良い社長は空気のような社長だ。
良い親とは空気のような親だ。

そして、本当の詩人は空気のようなのだ。
一番良い歌手は初音ミクで、男という範囲まで広げても、一番良い男は木枯し紋次郎だ。
ミクさんも紋次郎さんも、いちばん空気のようだからだ。

空気のような人とは、潜在意識に曇りがない者だ。
潜在意識が澄み切っているから、神様がまるごと見え、神様とつながっている。
潜在意識を澄み切らせるために、ラマナ・マハルシは「私は誰か?」と問えと言い、法然は、「南無阿弥陀仏」の念仏を唱えろと言った。
親鸞は、念仏よりもむしろ、阿弥陀如来に全てをまかせろと言った。
荘子は、すべてなりゆきにまかせろと言い、老子はただ「屈しろ」と言った。
そして、一番良い方法は肛門を締めることだ。
老子の「曲則全」(屈すれば自在)は、肛門を締めることの結果だ。
最も根底の場所に力を集めれば、全てはあるべき場所に収まる。
初音ミクや木枯し紋次郎のようになるには、いつも肛門を締めていなければならない。
ミクや紋次郎に近い偉大な人に近付くには、いつも肛門を締めるようにしなければならない。
後のことは、神様が(あるいは仏様が、道が、真我が)全て面倒を見てくれるだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

日本一いい女、峰不二子とは何か?

日本で一番モテるオンナと言えば、峰不二子だろう。
峰不二子そのものでなくても、峰不二子的な女性は愛される。
男は馬鹿だから、外見の魅力の力も大きいのだが、峰不二子は女性にも愛される。
峰不二子を一言で言うなら、自由奔放であり、もう一言いいなら、世間よりも権威よりも自分の気持ちを優先する女である。
女性が、単なるわがまま娘、自分勝手な女と峰不二子の違いを認識すれば、嫌でもモテるようになり、人気アイドル、大女優にすらなってしまう。

自分の気持ち優先ということは、自分の気持ちをよく分かっているということであり、それを強く保てるということは、実際はナチュラル(自然)であるということだ。
時代によっては、峰不二子は大聖者だ。

自由奔放で、自分の気持ちを優先する・・・いや、自分の気持ちに嘘がつけず、時には、世間的に困ったことになる。
セーラームーンこと月野うさぎもそんなタイプで、作品の中では、彼女は世間と対立することはなかったが、世間の価値や立場を受け入れる水野亜美や、天王はるからが、「この子(月野うさぎ)には敵わない」と思っていることは明白である。

宮崎駿監督は、昔、『ルパン三世 カリオストロの城』で、自分の理想のタイプの女性であるクラリスを登場させ、峰不二子を抑え付けてしまったが、クラリスは峰不二子に敵わない。
クラリスの良さも分かるのだが、彼女は都合の良い女で、やがて世間臭くなるタイプと思うし、既に世間臭い。
カリオストロ伯爵との結婚を嫌って花嫁衣裳のまま(仮縫いをしていたのだが)逃げ出したというのは、むしろ、行動が遅い。
最後に、「自分も泥棒になるから連れて行って」とルパンに頼むが、強引にそうしない。
峰不二子なら、クラリスと同じ17歳の時でも、ルパンにくっついていったことだろう。
ただ、あの時は、「日本一モテる男」ルパンがそれを止(とど)めたということだろうが、ルパンも、案外にクラリスに抵抗があるのではないかと思ったものだ。
ルパンがクラリスを連れていかなかったことに対し、宮崎駿さんは、ルパン原本の一つである『緑の目の令嬢』で、ルパン(一世)が緑の目の令嬢オーレリーを捨てることに喩えていたと思うが、クラリスやオーレリーは、端的に言うなら、どこか不純なのである。
もっとも、あまりにピュア(純)だと、むしろ悲劇であるのだから、その意味では、クラリスやオーレリーは「愛すべき」女性である。
峰不二子タイプといえば、涼宮ハルヒもそうなのだが、峰不二子と並ぶほどの国民的アイドル、綾波レイも、秘密が多いだけで、実際は同じタイプであると思う。
尚、涼宮ハルヒは、次第に世間的な普通の女性になっていくことが暗示されてもいたと思う。彼女は普通に幸福になれるかもしれない。

峰不二子や、セーラームーンや、涼宮ハルヒ、綾波レイの本性、あるいは、クレオパトラのように、自由奔放で自分の気持ちに正直な女性は、強烈に魅力的だが、男を破滅させる。
それを端的に表したのが、ジロドゥの戯曲の傑作『オンディーヌ』だ。
オンディーヌは水の精で、「オンディーヌ」はドイツ語だが、フランス語の「ウンディーネ」もよく使われる。しかし、英語の「アインダイン」の呼び方は意外に知られていない。
15歳の水の精オンディーヌは、全くナチュラルで奔放、自分の気持ちに100%忠実で、しかも、絶世の美少女だった。
騎士ハンスは、オンディーヌのあまりの正直さ誠実さに大いに戸惑うが、彼女を愛さずにはいられない。
もちろん、そんなオンディーヌを愛してただで済むはずがない。
私は以前、初音ミクは、水の精ウンディーネの化身で、初音ミクを創造したクリエイター達の無意識の中にウンディーネのイメージが作用したと述べたことがあるが、初音ミクの『こちら、幸福安心委員会です。』という歌(作詞:鳥居羊、作曲・編曲:うたたP)で、ミクがオンディーヌになって語ることが、なかなかオンディーヌ的で、ちょっと恐い。
「幸せなのは義務なんです」「幸せですか?義務ですよ」と繰り返し、「幸せですか? 義務ですよ? 果たしてますか? 」と念押しする。
面白いことに、ジロドゥが『オンディーヌ』を発表したのが1939年・・・ミク(39)の年だ。
そして、誰よりもオンディーヌの姿を正しく描いた神秘学者ルドルフ・シュタイナー(教育家、芸術家、ゲーテ研究の権威、農業・医学・建築研究家、哲学博士)が死んだのが1939年である。
私は、『オンディーヌ』ほど純粋な愛を描くことに成功した作品を他に知らないし、個人的に、これほど面白いと思ったものもない。
今の時代のピュアな人が読めば、人生を変えるだろう。
大いに変えていただきたい。
それで破滅を呼ぶ可能性もあるが、破滅こそが最大の幸福であるかもしれない。

尚、『こちら、幸福安心委員会です。』は、技術と芸術性が融合した驚異の舞台と思う『初音ミク HATSUNE Appearance 夏祭初音鑑』の序曲になっていたものが面白かった。全編において、ビジュアル・アートもここまで来たのかと思ったものである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。






最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
【広告】 Udemy
IT学習
タグクラウド
QRコード
QRコード