ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ザ・シークレット

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

偶然は匿名での神の贈り物

昨日、ご紹介した映画『ザ・シークレット:デア・トゥー・ドリーム』の中では、何度も、出来過ぎと感じる幸運な出来事が起こる。
このような、あまりにも都合の良い偶然を、我々は奇跡と言う。
おそらくは誰もが、そんな奇跡とも思える体験の1つや2つは覚えているものだと思う。
そして、奇跡をどう考えるかで、人生は決まる。

『マスターの教え』の中で、マスターは、「奇跡は頻繁に起こっているのに、皆、それに気付かない」と言う。
この本の中でも、人生のどん底にあった男が、気晴らしに劇場に行き、安い席のチケットを買うが、なぜか、高価なBOX席のチケットを受け取ってしまう。
そして、そのBOX席で、マスターと呼ばれる不思議な人物と隣り合わせることとなり、そのマスターに話しかけられたことで人生が変わった。
なぜ、そんなことが起こったのかというと、彼は、心の奥でそのような奇跡を強く願っていたからだと言う。
上の映画の中でも、マスターのような存在である大学教授のブレイは、子供達に、磁石が金属製のクリップを引き寄せるところを見せ、「願いが強いほど強く引き寄せる」と言う。そして、その直後に奇跡が起こる。
ブレイは、こうも言う。
「偶然は、匿名での神様の贈り物だ」
と。
これは、アインシュタインが言ったことらしい。
アメリカの作家、マイク・ハーナッキーも、引き寄せマスターと言える力を獲得した人間だが、「奇跡は単に珍しい出来事で、そんなものは誰でも起こせる」と『成功の扉』に書いていた。

私も、小学生の時、天体望遠鏡が欲しいと思って懸賞に応募したら(特等の懸賞が天体望遠鏡だった)、懸賞に外れたことが分かった直後、親から、「従兄がお前に天体望遠鏡を譲ると言っている」と教えられた。私は、その従兄の顔も知らなかったし、その従兄も、私が天体望遠鏡を欲しがっていることなど知らないはずで、なぜ、従兄が不意にそんな気になったのか謎だった。
いずれにしろ、私は、このことが「たまたま」とは思えない。
また、私は、好きな女の子のことを考えていると、その数秒後には、彼女が居ることなど、あり得ない場所であるに関わらず、出会ってしまうことがよくあった。
一度だけ、「偶然」に会った翌日に、相手の女の子に、「なぜ、あんなところにいたの?」と聞いたことがあるが、彼女の返事は、「私も分からない」みたいな感じだった。
さっきの、天体望遠鏡をくれた従兄にも、ずっと後で、あの時の天体望遠鏡のことを尋ねてみたが、やはり、どうもよく分からないようだった。

これだけは信じた方が良い宇宙の仕組みは、
「良い気分でいれば良いことが起こり、悪い気分でいれば悪いことが起こる」
だ。
つまり、良い気分でいれば、好ましい偶然が起こり、それは、しばしば、奇跡と感じる。
それと共に、上のブレイが言ったことのように、強い願いは、磁石のように願ったことを引き寄せる。
この2つは同時に考えれば最強だ。
つまり、良い気分で強く願えば、即座に奇跡は起こる。
そして、面白いことに、落ち込んだ時に、気持ちを切り替えて、肯定的な気持ち(即ち良い気分)になると、不意に願いが叶うのである。
例えば、こんな話がある。
イギリスの作家コリン・ウィルソンが、子供の時、弟と一緒に森で迷い、長時間歩いてクタクタになった上、雨に降られて身体が冷え、森からの出口はさっぱり分からない絶望的な状況の中、泣き出す弟を見て、コリン・ウィルソンは兄の自覚を思い出し、「しゃんと」したところ、不意にスムーズに森を出ることが出来た。
ウィルソンは、これに対して、難しい解釈を述べていたが、つまるところ、彼は気持ちを切り替え、肯定的な気持ちになることで幸運を引き寄せ、現実を変えたのだ。
我々も、困った時ほど、無理にでも笑顔を作り、ガッツポーズをし、それによって、気持ちを「しゃんと」させると、奇跡だって起こるだろう。
1回や2回で駄目でも、百回ほどやれば良いと思う。








映画『ザ・シークレット:デア・トゥー・ドリーム』(2020)について

今年、ロンダ・バーンの引き寄せの法則の本『ザ・シークレット』を原作とする映画『ザ・シークレット:デア・トゥー・ドリーム』が制作され、今月から、Amazon prine ビデオで配信されている(有償)。
(この映画は、新型コロナウイルスの影響で、劇場公開は見送られた)
『ザ・シークレット』を原作にすると言っても、正しくは、「『ザ・シークレット』の思想に基づいた映画作品」と言うべきで、『ザ・シークレット』を解説する映画ではない。
(『ザ・シークレット』の書籍を映画化した『ザ・シークレット』は別に存在する)
Wikipediaを見る限り、評価は高くないようだが、私は、良い作品で、引き寄せの法則が、より直観的に理解出来ると思う。

主人公のミランダ・ウェルズ役は、ケイティ・ホームズ。
ケイティ・ホームズは、かつての美貌の青春スターの時と違い、15歳の長女を筆頭に3人の子供を抱える、夫と死別したシングル・マザー役で、すっかり疲れたオバサンといった雰囲気だった。
彼女の一家の前に現れた大学教授ブレイ・ジョンソンは、大きな不幸を乗り越える中で、心の力に目覚めた男で、「引き寄せマスター」と呼びたいほどの、エネルギーに満ちた明るい男だ。
とはいえ、彼にだって、悪いことは起こる。
だが、彼は、「僕はどん底でも可能性を信じる」と言い、その力強い肯定性に、ミランダの15歳の娘ミッシーは、「あなた、仏教徒?」と尋ねるほどだ。
私は、ミッシー同様、フレディに強い好意を持った。
ちょっと彼の真似をしようと思う(笑)。
それほど、「引き寄せマスター」の名に相応しいと思う。

ところで、ご存じの方も多いと思うが、ケイティ・ホームズは、トム・クルーズの元妻の1人だ。
これもご存じかもしれないが、トム・クルーズは、サイエントロジーという新興の宗教団体の熱心な信者で、他にも、ジョン・トラボルタが、やはり同教団の敬虔な信者であるが、他にも有名人の信者は多い。
ケイティ・ホームズも、トム・クルーズと結婚するにあたり、サイエントロジーの信者になった。今はどうか知らないが、多分、サイエントロジーから離れていると思う。
私は、サイエントロジーにはほとんど興味がないが、サイエントロジーの創始者であるSF作家、L.ロン.ハバートの著作『ダイアネティックス』は、一頃、熱心に読んでいた。
『ダイアネティックス』は、人間の能力を最大化する方法が書かれた、やや分厚い本で、Wikipediaによれば、この本は、1950年の出版以来、2000万部が売れていて、単一書籍の売上げとしては、世界の歴史の中で51位になる(聖書やユークリッドの『原論』など、実際の出版数が分からない本は除く)。
ただ、この映画の主題とも言える『ザ・シークレット』も2000万部以上売れているそうだ(Wikipediaの該当項目には未掲載)。
私個人としては、『ダイアネティックス』は、とても興味深いとは思ったが、昔から、いろいろな矛盾には気付いていた。
今は『ダイアネティックス』に興味を失くしたが、著名な批評家による『ダイアネティックス』の批判の文章を読むと、彼らは、本当には『ダイアネティックス』を読んでいないのだろうと思うし、あまりに口汚い批判にはまるで同意出来るところはない。
また、L.ロン.ハバートが書いた教育書には、稲森和夫氏や、日本の高位の教育関係者らの推薦の言葉が書かれている。
そして、ハバートの小説には、アイザック・アシモフ、レイ・ブラッド・ベリ、スティーブン・キングらの超大物作家達が称賛の言葉を寄せているのを見たことがある。
尚、『ザ・シークレット』も『ダイアネティックス』もDVD(『ダイアネティックス』はblu-rayもある)が出ていて、ごく個人的感想であるが、『ザ・シークレット』は、何度見ても興味深いが、『ダイアネティックス』は、見ていて、とにかく疲れる。理屈が通ってないように思えるが、それでいて、非常に押しつけがましいのが原因と思う(あくまで私見)。

ケイティ・ホームズのように、本格的に『ダイアネティックス』と『ザ・シークレット』に関わった人に対しては、決して軽薄な好奇心ではなく、彼女がどう考えているか興味深いが、彼女は多分、そういったことは語らないのではと思う。








我々は法華経や新約聖書に登場する転落した息子である

新約聖書の福音書と、仏教の最も有名な経典である法華経に似たお話があって面白い。
イエスと釈迦が語ったことになっている。
いずれも、金持ちの息子の転落と復活のお話だ。
「俺、金持ちの家の出じゃなから関係ない」なんて思わないで欲しい。釈迦もイエスも、「これはあなたのお話」と言っているのである。

イエスの方のお話はこうだ。
金持ちの地主に、2人の息子がいた。
うち1人の息子が父に、家を出るから財産を分けてくれと願い、父はその通りにしてやった。
だが、出て行った息子は遊び暮らして財産を失くし、貧乏のどん底に陥る。
そこで、父に下僕として雇ってもらおうと思って家に戻ると、父は大歓迎し、盛大なお帰りなさいパーティーまで開いてくれた。
面白くないのは、長年、真面目に働いてきたもう1人の息子だが、父は、その息子の機嫌も取る。

釈迦の方の話はこうだ。
途方もない金持ちがいたが、その息子が幼い時に行方不明になってしまう。
金持ちは必死に探すが見つからなかった。しかし、50年後、遂に息子を見つける。
しかし、貧しい息子は、すっかり貧乏根性が身に付き、父親が近付くとビビってしまい、話が出来そうにない。
そこで、父親は、自分が父であるとは言わず、息子を下僕に雇い、自分も下僕のふりをして一緒に働きながら息子を導く。
20年かかったが、なんとか息子は立派になり、死が迫った父は、有力者達と共に息子を呼び、「お前は私の息子で、私の全財産の相続者である」と皆の前で宣言し、息子もそれを受け入れる。

イエスの話の金持ちの地主は神であり、一度出て行った息子は、我々のことだ。
そして、釈迦の話の大金持ちは仏であり、貧しくなった息子は、我々のことだ。

つまり、人間というのは、宇宙最大の富と権力のある親がいて、その親と一緒に居れば良いのに、(精神的に)離れてしまうことで不幸になるということを言っている。
だが、親の元に戻りさえすれば、欠けているものは何もないのである。
ここまでは、それぞれの宗教の信者は分かっていることであるが、どうすれば親の元に戻れるか、はっきり教えていない。
いや、妙好人(在家の優れた念仏信者)として知られる因幡の源左という教育のない明治時代の農民や、江戸末期の神道家、黒住宗忠らが、苦労の末、それは、神や仏にまかせきることであると教えていて、その通りなのであるが、肝心のところが隠されたままだ。
その最も肝心なことは「気分を良くする」こである。
イエスの話の息子は、家の仕事が嫌で気分が悪かったから、大金を持っても、心の隙間を埋めるために遊び狂って全財産を潰し、気分が悪いので何をやってもうまくいかなかった。
しかし、どん底の中で、わが身を振り返り、少し気分が良くなったので、父の元に帰るというアイデアが浮かび、自分は愚か者だから下僕で良いと覚悟したので、気分爽やか・・・つまり、気分は良かった。
そして、家に帰ると、神である父は「私のものは全部お前のもの」と言ったのである。
けれども、家に残って真面目に働いていた息子が「なんであんなアホが僕と平等以上の扱いを受けるのですか」と文句を言うが、父は、「そんなこと考えちゃいけないよ。私のものは全部、お前のものじゃないか」と言うが、おそらく、その後、「だから気分良くいなさい」と言ったことは削られているのだ。
父が両方の息子に「私のものは全部お前のもの」と言ったことに引っかかる必要はない。神の財産は無限なのだからだ。
釈迦の話の息子は、長い貧乏生活の中で、すっかり、気分を悪くする習慣が身についていたので、どんどん駄目になっていた。
息子は、気分さえ良ければ、父は「私はお前の息子。私のものは全部、お前のもの」と言って、息子もそれを簡単に受け入れ、すぐに幸せになれたのに、父があの手この手で、息子に、気分が良くなることを教えるまで、それが出来なかった。

我々は、気分を良くしさえすれば、すぐに神や仏の財産を与えられる。
宇宙は、人間の気分に同調し、気分が良い者には、さらに気分が良くなる出来事を、気分が悪い者には、さらに気分が悪くなる出来事を起こすのである。
ある意味、我々は、笑顔やガッツポーズで、気分を良くする訓練をすると良いと思う。
訓練とは楽しいものであり、イチローのように、多くやればやるほど上手くなる。
イチローも、トレーニングが楽しいので、毎日長時間やりたいと言っていたはずだ。
仏典も聖書も、「気分を良くすればOK」という最も肝心なことは隠されてしまった。
今、こう言われても「そんな馬鹿な話は信じません」と言う人が多いのである。
ロンダ・バーンの『ザ・シークレット』の本やDVDを見ると、『ザ・シークレット』が出る前から金持ちで、バーンの手下でも何でもない成功者達が、気分の秘法をあっけらかんと明かしているので、一度見てみると良いと思う。
だが、この本も、こう言ってやらないと解らない人は多いと思うのだ。








気分が良い時は心は静かである

日本航空の社長や日本銀行(にっぽんぎんこう)の副総裁を務めた柳田誠二郎氏(1893-1993)は、学生の時に、「岡田式静坐法」で知られた岡田虎二郎(1873-1920)の弟子になり、生涯、岡田式静坐法を続け、また、岡田虎二郎に関する書籍を何冊か書いている。
そのどれかの本だったが、岡田虎二郎にある男性が、自分は金に困っていると言ったところ、岡田は確か、「金?腹に力がつけば、金はいくらでも出来ますよ」と応えたようである。
「腹に力がつく」とは、何とも分かり難いのであるが、岡田式静坐法では、腹に力を込めて静坐するのであるが、岡田は、静坐とは、実際に座っている間だけでなく、1日中やるものであり、常に腹に力を入れていなければならないと教えたらしい。
これは、なかなか難しい。
中村天風は、1日中、肛門を引き締めよと教えたことが、中村天風の講演録にも書かれているが、これと似たものと思う。
しかし、こう断言して良いだろう。
そんなの、両方、不可能だ。
ある有名な気功家は、1日トータルで1時間、肛門を引き締めよと本に書いているが、これすら非常に難しい。
私もやってみたが、1日10分でも続かないと思う。
だが、中村天風は、それをやらないといけないと譲らない。

中村天風の高弟の1人で、神道の神官でもあった佐々木の将人(まさんど)氏は、そこまで無茶は言わなかったようだ。
彼は、武道において、人差し指が「師匠預けの指」として、使ってはならないこと、即ち、人差し指を開き、小指に力を入れることを教えたが、そうすると、肛門は自然に引き締まる。
だが、それとて、木刀を持っているような間のことで、普通の人は木刀を持つ機会はないし、カラオケでマイクを握る時は、小指を立てることすらあるくらいである。
一方、中村天風の別の高弟であった、藤平光一氏は、中村天風の教えを否定し(中村天風自身が、自分の教えは忘れろ、これからは藤平に聞けと言ったと、藤平氏の著書に書かれている)、藤平氏は、『氣の威力』などで、腹に力を入れてはいけないとも書いている。
もう、こうなると、我々は弄ばれているようで、何が何やら分からない(笑)。
私も、散々、困惑させられたが、ニサルガダッタ・マハラジによれば、そういった、困惑させる人は必要だし、困惑させられることも必要なのらしい。

だが私は、腹に力を入れるとか、肛門を引き締めるということの真意を理解するに至った。
無論、私なりの解釈であるが、それは、「気分を良くする」である。
気分が良い時、霊的な腹に力があり、肛門に位置する霊的機関のエネルギーは高まる。
そこで、最初の、岡田虎二党の教えを正しく言い直すと、こうなる。
「金?気分が良ければ、金はいくらでも出来ますよ」
偶然というよりは必然であろうが、ロンダ・バーンの『ザ・シークレット』の神髄が、まさにこれである。
気分が良いとは、愉悦にあること、喜びに満ちていることである。
しかし、勘違いされることが多いが、それは、ハイであるといった、騒がしい状態ではない。
どちらかというと、非常に静かな状態、あるいは、徹底的に静かな状態なのだと思う。

「嘘も千回言えば真実になる」と言ったらしい人の言うことだから、どこまで信用して良いか分からないが、世界的な空手家であった、大山倍達氏の話が参考になる。
実際、以下は多分、作り話だとは思うが、似た体験はあったと思われるリアルさは感じるのだ。
大山氏が、真剣を持った剣の達人と素手で決闘した時のことだ。
大山氏は、死を完全に覚悟し、手足の1本でも残っていれば、相打ちに持ち込もうとだけ思い、突進していった後の記憶がないと言うが、気がついたら、剣の達人は伸びていて、自分は無傷だったという。
似たこんな話がある。
ボクシング世界タイトルの防衛回数で日本記録を持つ具志堅用高氏は、グスマンという世界チャンピオンを倒して世界チャンピオンになったのだが、グスマンのスパーリングを初めて見た時、そのあまりの強さに恐ろしくなり、緊張のあまり、試合の時、ゴングが鳴った後のことは覚えていないが、気がついたらグスマンは伸びていたという。まあ、これも、当時のマスコミが作っただけの話かもしれないが。
恐怖を持ったまま、心が揺れているままでは負けるが、それを飛び越えて無になった時に、無限の力を発揮するということと思う。

そして、気分が良いというのも、心がとても静かな状態なのだ。
だが、それを、今まで言われていたような、難行苦行の末に得るものと思ってはならない。
普通に気分が良ければ、心は静かになるのだ。
好きな音楽を聴いたり、美味しいものを食べた時に、ごく自然に得られる状態なのである。
ただ、音楽を聴いて馬鹿騒ぎをしたり、刺激的な食物を「がっつく」ような状態とは程遠い。
とはいえ、実に簡単なことである。
>








プログラミング等のスキルを努力なしに得る

難しいものも含め、何かのスキルを身に付けること、あるいは、資格の取得、受験の合格も、最大の効率で行うコツは、皆、同じだ。
それは、気分良くやることだ。
逆に言えば、気分良くやれないなら、やらずに済むならやらないことを、強くお薦めする。
いや、はっきり言って、気分良くやれないことはすべきでないと思う。

英語教育業界(官民含め)の宣伝では、「これからの国際社会で英語は必須」なんて大嘘を昔から言っているが、英語をやって気分が良くないなら、やらない方が良いだろう。
どうしてもやるなら、自分の責任で、気分良く取り組むべきである。
でないと、時間と金の無駄になる。
(尚、日本が衰退する中で、英語業界の思惑とは全く関係ない理由で、英語や中国語の重要性は確かに上がっている。)

この宇宙は、気分が良いと、さらに気分が良くなることが起き、気分が悪いと、さらに気分が悪くなることが起こるようになっている。
絶対的にね。それは、歴史的、経験的に確かだが、今や、科学的にも解明されようとしている。
そして、何かの勉強や訓練をする時、それが実を結んだ際に心が躍るほどの気分の良さが得られそうもなかったり、勉強や訓練が、努力と感じて気分が良くないものなら、果たして、自分のためになるかどうか疑問である。
これからの新しい時代においては、「楽しくなければ、勉強や訓練ではない」のである。
いや、本当は、大昔から、そう主張していた賢い人はいたのだが、権力者や支配者には都合が悪いので、庶民には、そうさせなかっただけである。
上層の人間にとって、庶民は、奴隷のスキルを磨いてくれれば良いのだからである。
しかし、そんな時代は、いい加減、終わらせたい。

例えば、プログラミングの勉強も、気分良く出来るかどうかだけが問題である。
IQテストでも標準の頭脳である私が、全く努力せずにプログラミングをマスター出来たのも、気分良くやっていたからに他ならない。
確かに、修行中(この言い方も止めた方が良いが)、私は、毎日のように、プログラミングの本を買い、深夜の2時過ぎまでパソコンに向かっていたが、それが単に、面白かったからである。
ただ、私の場合、たまに気分良くやれないこともあったので、時間がかかったり、スキルがなかなか高くならなかったりしたのだ。
では、どうすれば、プログラミングの勉強が楽しくなるか?
それは、実際はそうでなくても、プログラミングを既にマスターしていると思い、その気分の良さを感じれば良いだけだ。
プログラミングを深くマスターしたことで、周囲から丁重に扱われ、好きな仕事を、誰にも指図されず、自信たっぷりに楽しくやれる愉快さを先に感じるのだ。
それで気分が良くなれば、その状況が当然のように現れるのである。
『ザ・シークレット』のDVDで、信頼を感じさせる教師の1人が、こう述べていた。
「自分は既に豊かだ、健康だと思って良いのです。たとえ、実際にはそうでなくても」
それで気分が良くなれば、ほどなく、自分が願っている通りになるだろうが、逆に、気分を良く出来ず、今が貧しいからとか、病気だからと悪い気分でいれば、なかなか良い状況にはならないだろう。













当ブログ著者、KayのAI書。
実用的なAIを作るために、最も大切なことは、AIのセンスです。
AIのセンスとは、問題を、推測問題に捉え直し、データを整えることです。そのためには、数学も、プログラミングも、難しいAI理論も不要です。
必要なものは、Excelが使える程度のスキルです。
また、この本では、類書に見られる、無味乾燥で退屈なテーマではなく、「モンティ・ホール問題」(クイズ番組で行われた簡単なゲームだが意外性があって面白い)を始め、なるべく楽しいテーマを採用しました。
人間には、なかなか解決出来ない問題を、実際にAIに解かせることで、簡単にAIの威力を実感出来、そして、自分にもAIが作れることが解ると思います。
本書の、ほぼ全ての実習が出来るデータを作ることが出来るExcelマクロ(VBAプログラム)を、出版社サイトから無料でダウンロード出来ます。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード