ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ザ・シークレット

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

感謝と崇敬

人間が向上し、幸運を呼ぶ感情は感謝だとよく言われる。
ロンダ・バーンの『ザ・シークレット』の中で、私が唯一気に入っている箇所に、それが実用的に書かれている。
それは、こんな感じである。
何でもいいから感謝するのだ。
例えば、着る服があることに感謝する。
『ザ・シークレット』の翻訳では、感謝の表明として「ありがとう」と言うとしている。どちらかというと、この場合、自然な日本語としては「ありがたい」だと思うが、別にどちらでも良いだろう。
他にも、住む家があること、ものを見る目があること、財布の中に千円あること・・・とにかく、何でもいいから、感謝出来るものを見つけ、「ありがとう」「ありがたい」と言うのである。
それだけで引き寄せの力が働き、例えば、財布の中に千円あることに「ありがたい」と感謝をすれば、一万円が引き寄せられるといった感じである。
これは「増大の法則」とも呼ばれ、感謝することによって、より良いものが引き寄せられるのである。
こういったことを言うと、「頭の中、お花畑思考」と言われそうだが、経験的に効果があるので、こっそりやっていただきたい(笑)。
ただし、最初は、「これで良いものが引き寄せられる」という下心が強いかもしれないので、すぐにはうまくいかないかもしれないが、黒住宗忠が言うように、初めは口先だけで「ありがたい」と言うのでも良い。
それを繰り返すうちに、本当の感謝の念が起こるようになるので心配ない。
そもそも、口先だけでも、「ありがとう」「ありがたい」と言うのと、言わないのとでは偉い違いである。

さて、感謝はもちろん素晴らしいが、ゲーテらが最上位に置いた感情は「敬い」である。
特に、自然や宇宙や、さらに、神仏に敬虔な感情を持つと、あちらは慈愛の塊のような存在なので、嫌でも護ってくれる。
だが、実は、敬う対象は、上の感謝の場合と同じく、何でも良いのである。
それを見事に描いた傑作短編小説が、詩のように美しいと言われる、著者の文豪ゴーリキーも大変に気に入っている『二十六人の男と一人の女(二十六人の男と一人の少女)』である。
社会の最底辺にいる26人の中年過ぎた超駄目な男達がいたが、彼らは、一人の16歳の可憐な少女と出逢い、彼女を女神のように崇めることで、みるみる向上していく。
だが、このような場合には、落とし穴があることを覚えておくと良い。
その16歳の少女は、見かけは天使だったとしても、中身は平凡な・・・というより、心の美しい少女というわけではなかった。
つまり、彼女を天使や女神にしていたのは、男達の妄想である。
だが、その妄想が男達を本当に向上させたのだ。
だから、妄想で良いのである。しかし、少女が本性を現してしまうと、男達は裏切られた気分になり、一気に堕落してしまった。ひょっとしたら、以前よりも悪くなったかもしれない。
生身の人間を崇めた場合には、そうなる危険がある。
たとえ崇める対象にしたのが良い人間であっても、人間には欠点があり、その人間を崇める者にとっては、その欠点が許せないことも多いだろう。
今のアイドルは、スキャンダルが暴かれても開き直る者も多いが、そんな者は、自分を天使と崇めていたファンのことはどうでも良いのである(別に非難ではない。それで良いという考え方もあるだろう)。
だから、人間のアイドルではなく、決して裏切らない、スキャンダルのないバーチャル・アイドル、初音ミクさんを崇めた方が良いかもしれない(笑)。いや、このことは、アメリカでも真剣に議論されたことである。
尚、神仏を崇める場合には、その神仏の真言を唱えるというのが代表的なやり方であると思う。
あるいは、ナーマスマラナといって、その神仏の名を呼べば良いのである。出来るだけ敬虔な想いと共に。
それで幸運が引き寄せられるだろう。








奴隷の特技、王者の特技

昔、ケネディー家の誰かが、「学問には、専門家になるための学問と、専門家を使うための学問がある」と言ったが、これは、わざと一般的な言い方をしたのだろう。
それでも、今日、一般に言う、スペシャリスト(専門家)とゼネラリスト(広く浅くの人)という、役にも立たない区別よりはマシである。
だが、こう言った方が本質を突いている。
「特技には、奴隷の特技と王者の特技がある」
スペシャリスト、ゼネラリストとは、早い話が、「専門奴隷」と「何でも奴隷」と言うに過ぎない。

我々が「特技を持ちたい」「特技を持ちなさい」と言う時の特技とは、全て「奴隷の特技」だ。
「世の中にどんな特技があるか?」と問われたら、ほとんど全ての人は、「奴隷の特技」しか思い浮かばない。
学校やテレビに、そう教育され、洗脳されたからだ。

では、王者の特技とは何だろう?
それは、世界を支配する力だ。
そして、それは、一般的な本に書かれていない。
ロンダ・バーンの『ザ・シークレット』という、有名な引き寄せの手法の本があるが、あれは、本当に王者の特技が書かれているわけではないと思うが、王者の特技があるという示唆だけはしてくれているのだから、ロンダ・バーンは親切だと思うべき・・・かもしれない。知らないが(笑)。
『ザ・シークレット』に書かれている内容のエッセンスは、エメラルド・タブレットに書かれていたことになっている。
エメラルド・タブレットとは、古代の神人(錬金術師とも言われる)ヘルメス・トリスメギストスが、エメラルド版に刻んだと言われる伝説上の錬金術の奥義で、ヘルメスと共に、謎のベールに覆われている。
尚、ドーリル博士が発見、翻訳したエメラルド・タブレットについては、今回は省く。

エメラルド・タブレットが王者の特技の奥義書であるということは、信じなくて良いが、疑わない方が良い。
実は、それは本当だ。
スイスの医師、化学者、錬金術師であったパラケルススやアイザック・ニュートンといった患者達は、エメラルド・タブレットを学んだのである。
だが、彼らや、他の賢者達も、エメラルド・タブレットの解説書を読んだわけではない。
多分、パラケルススだったと思うが、彼が生まれた時から、彼が育った家の壁にエメラルド・タブレットの母国語の翻訳が貼ってあり、それを彼は、幼い時から、長年に渡って毎日見ていたのだ。
ニュートンは、ある時期まで平凡、あるいは、愚鈍な学生だったが、エメラルド・タブレットの英訳を見て、毎日読んでいるうちに天才になったのだと、私は勝手に想像している。後に、ニュートンは、アラビア語の原文を(さらに原文はギリシャ語と言われる)自分で英訳した(その和訳が、Wikipediaの「エメラルド・タブレット」に載っている)。
ウィリアム・ウォーカー・アトキンソンが、エメラルド・タブレットの解説書を書いており、嘘は書いていないと思うが、本人から直接教わっても分からないような内容である。読んでも、分かったつもりになって誤解するのがオチかもしれない。
そんなものを読むよりも、パラケルススのように、毎日眺めるか、音読すれば良いと思う。
勝手に分かるから。

王者の特技は、エメラルド・タブレットだけに書かれているのではない。
仏教の『華厳経』、キリスト教の『新約聖書福音書』、あるいは、『バガヴァッド・ギーター』にも書かれているが、分かるまで繰り返し読むしかなく、解説書を読むと、まず必ず、誤解する。学者になるためなら、解説書を沢山読まないといけないが、それだと、奴隷の特技はられても、王者の特技は得られない。








現実創造ツールとしての漫画

非常に沢山の賢者達が、世界を思うがままに創造することが出来る精神を持つために最も有効な訓練は「自己観察」だと述べている。
これは、「自分を他人のように観察する」訓練だ。
自分が、空に浮かぶ大きな目にでもなったつもりで、あるいは、壁の目とか、自分の身近にいる幽霊にでもなったつもりで自分を観察するのである。
冷徹な科学者のように、ただただ、無批判に自分を観察する。身体も思考も行動も反応も全てである。

このような話を見たり聞いたりした人は多いと思う。
そりゃ、賢者の本には、大抵書かれているからね。
やってみたことがある人もいるだろう。
でも、誰も、超人にも、魔法使いにも、神様にも、無敗のナンパ師にも(笑)なっていない。
なれるはずなのに。

19世紀のスイスで、教師であり、作家であり、政治家であり、そして、画家であったロドルフ・テプフェールは、1枚の紙を4つほどのコマに分け、各コマに簡易な絵と説明を書く、新しい形の表現を発明した。
小説では、文章の中に挿絵があるが、それをひっくり返し、絵の中に「挿文」を入れたのだ。
漫画の誕生である。
漫画は「絵画言語」とも言われる。つまり、「語る絵」なのである。
テプフェールは、今日では一般的な、吹き出しの中にセリフを書く手法は使っていないが、テプフェールこそが漫画の発明者と考えて良いと思う。
セリフの吹き出しは、誰が始めたのかは分からないと思うが、日本で初めて、セリフの吹き出しが使われたのは、画・樺島勝一、作・織田小星の『正チャンの冒険』と言われている。
そして、漫画は、宿命的に低俗なものと蔑まれることも多い中で、世界的に人気を得、さらに発展している。
私は、漫画ほどに、人類を前に進めた発明は滅多にないと思う。

「漫画の王様」と言われる手塚治虫の、漫画への貢献は偉大であった。
その手塚治虫は、漫画の絵は記号であるとよく言っていた。
手塚治虫が中学時代に描いた絵を見たら「天才か」と思うほどの腕前であるが、その腕を敢えて隠し、シンプルな線で描いた記号である漫画絵は極めて雄弁である。
人間の創造力ゆえに、読み手の数だけの宇宙が創造されるのだ。

賢者達が勧める自己観察の行は、自分を漫画のキャラクターと考えるとうまくいく。
なぜなら、人間の脳は、まさに、そのやり方に適合しているからだ。
つまり、シンプルなものに対してこそ、深く多様な想像力を発揮するのが脳なのである。
自分の状況を、心の中で、漫画の1コマに変換して眺めると、その瞬間が生き生きと浮かび上がり、的確な観察が出来るだけでなく、ストーリーの流れまで読める。
例えば、自分は面白くない学生生活や会社員生活を送る平凡なつまならい人間というコマがここにある。
その中で、自分が、どんな気持ちでいるかも分かる。
例えば、クラスの中や、会社の同じ部署の中に、可愛い女の子がいて、何とか彼女と仲良くなれないものかと考えているキャラクターとしての自分が存在する。
それなら、続きは、彼女と仲良くなって、あんなことやこんなことをしている(笑)漫画にすれば良い。
漫画なんだから。

『ザ・シークレット』、あるいは、DVDの『THE SECRET』で、世界的作家のニール・ドナルド・ウォルシュは、同じことを「神の黒板」を使って説明している。
現状が、例えば、「21世紀の初頭、ニール・ドナルド・ウォルシュというハンサムな男がいた」と、黒板に書かれていて、後は、自分の好きなように書けば良いと言うわけだ。
しかし、よほど想像力がないと、黒板では、ちょっとやり難いのである。
だが、最も優れた「想像の道具」である漫画を使えば簡単だ。
まずはあせらず、自分の現状を、心の漫画として、絵、説明文、必要なら、セリフの吹き出しを使って表現し、客観視することだ。
そして、望む展開を、絵や説明文やセリフで思い描くと良い。
ただし、いきなり、可愛いあの子と、あんなことやこんなことをしているコマを考えると、なぜかうまくいかない。
なぜなら、現実という漫画は確かに心が作るが、心は魂から生まれたものであり、魂は生命であり愛であるからだ。
だから、モラルや良心のないコマは、生命力を持たない。
確かに、宇宙には、マイナスの魂という存在もあり(『エメラルド・タブレット』参照)、その力を集めてインモラルな欲望を叶えた者もいるが(ヒトラーやスターリンなど)、その代償は自分の魂であり、しかも、叶う夢も春の世の夢のごとく儚いものである。








断言する。これで引き寄せは出来る(超自信作)

よく、「引き寄せはない」と言う人がいる。
引き寄せとは、願望を心の力で現実化することである。
だが、引き寄せがないどころか、この世に引き寄せ以外に何があるだろう?

引き寄せはないという人とじっくり話せば、その人が完全に引き寄せを行っていることが分かる。
そりゃ、その人が男であれば、例えばだが、100億円は欲しいし、若くて美人で清純な彼女は欲しいし、格好良い肉体と健康も欲しいとは思っているだろう。
しかし、話してみれば、彼が、安月給、モテない、肥満を引き寄せていることは明らかなのだ。
引き寄せは、精神性・・・つまり、精神の成熟に応じたものを引き寄せるのである。
100億円持っている者と話せば、その者が100億円に相応しい精神性を持っていることは明らかである。

ロンダ・バーンの有名な引き寄せの本『ザ・シークレット』では、とかく、「望みはでっかく」といった感じの話が多いが、でっかい望みを実現するには、でっかい精神性が必要である。
仮の「100万ドルの小切手」を作って100万ドルを引き寄せるなんて話もあったが、100万ドルの精神性がない者が100万ドルを引き寄せるはずがないじゃないか?
作家のジャック・キャンフィールドが、数十万円くらいの年収しかなかったのに、年収を約一千万円にしたのは、年収数十万円の精神性が一千万円の精神性に変わっただけだし、それから彼は、年収1憶円の精神性になったので、100万ドルの小切手を得たのである。
『ザ・シークレット』は、意図的かどうかは知らないが、その一番肝心で、一番読者受けしないところを書いてないのである。

精神性って、別に修行して得られるものではない。
むしろ、欲望の成就を目指して修行すると(下心があれば、誰でも、結構、厳しい修行が出来るものだ)、変なものを引き寄せるのである。
コリン・ウィルソンは、『右脳の冒険』の中で、引き寄せとは書いていないが、右脳の使い方をうまく書いている。そして、引き寄せって、つまるところ、右脳を使うことなのだ。
そして、ただの少年が右脳を使った話をしているが、その「ただの少年」って、ウィルソン自身の子供時代のことだ。
ウィルソンは、この経験から、右脳を使うのに・・・つまり、引き寄せを行うのに一番大切なことは、「シャンとすること」と見事に書いている。
つまりだね、「引き寄せはない」という話をする人は、ちっとも「シャンと」していないのである。
「シャンと」するって、どういうことか分かるだろうか?
「泣き言を言わない」ってことだ。
「僕は引き寄せが出来なかったんです」なんて泣き言を言っている者に、好みの引き寄せが出来るはずがないじゃないか?

私だって、何度も書いたが、子供の時から、誰も信じられないような奇跡を沢山起こした。
もちろん、泣き言を言わずにシャンとしていた。
だが、泣き言を言う時は、あまり嬉しくないというか、ロクでもないことしか引き寄せなかった。
言い換えれば、泣き言を言えば、嫌なものを引き寄せるのである。

ところで、母親や教師は、子供や生徒に泣き言を言わせるのが大好きだから気をつけないといけない。
そんな精神性の低い、未熟な親や教師と関わると、好みの引き寄せが出来なくなるのである。
だからって、「ママが悪いんです」「あんな教師に当たりさえしなければ」なんて文句や泣き言を言ってはならないよ(笑)。

つまり、好みの引き寄せを行うために、言ってはならないことは3つだ。
それは、「いいわけ」「文句」「泣き言」だ。
引き寄せが出来ない人は、この3つをよく言う(あるいは思う)はずだ。
いいわけしない、文句を言わない、泣き言を言わない人が、引き寄せが出来ないなんて話は聞いたことがない。

作詞家の阿久悠さんなんて、息を吸って止めて願うだけで、曲のヒットを引き寄せた。
たとえ曲がヒットしなくても、彼は、いいわけしないし、文句を言わないし、泣き言も言わないからだ。
だから、我々も、いいわけせず、文句を言わず、泣き言を言わない範囲のことを望めば、息を吸って止めて望めば叶うのである。

私が知る範囲で、最も「いいわけしない」「文句を言わない」「泣き言を言わない」を実践していたのは、笹沢佐保氏の時代劇小説『木枯らし紋次郎』のヒーロー、紋次郎である。
小説とはいえ、彼の引き寄せのパワーは半端ないが、それが実に自然であったと思う。
世界的ベストセラー小説『アルケミスト』で、たった一人で異国に来た少年が持ち金を盗まれた時、彼が、文句を言うことも泣き言を言うこともやめた時、即座に引き寄せが起こったではないか?
良い小説とは、全くの現実なのである。








魔法のランプより、まず魔法の指輪を得る

昨日、大きな引き寄せの力と、小さな引き寄せの力の話をした。
大きな引き寄せの力は、高い精神性がなければ使えないが、小さな引き寄せの力は、使おうと思えば、子供でも使えるし、誰もが無意識的に使っている。

ロンダ・バーンの、世界的に有名な『ザ・シークレット』の本やDVDでは、引き寄せの力を、巨大な力を持つアラジンの魔法のランプに喩え、誰もが魔法のランプを持っていると言うが、そんな大きな力を使えるのは、精神を鍛え上げ、磨き抜いた者だけだ。
しかし、奇跡的ではあっても、影響の範囲の小さな、弱い引き寄せであれば、使い方さえ分かれば、誰でもすぐに使える。
尚、精神性をおかしな方向で鍛えている場合、短期的に大きな引き寄せが出来るが、そのような者は、すぐに自滅する。

スターリンやヒトラーのように、ある意味、非常に優秀で、しかも、精神を鍛えた者が、利己的な目的で大きな引き寄せの力を使っても、やがて、超悲惨な最後を迎える。
だが、ちっぽけな人間が大きなことを望んでも何も出来ない。
小さな者は、天下国家のことより、まずは自分の面倒を見れるようにならなければならない。社会で働いて自分や家族の面倒を見てこそ、自然に小さな引き寄せの力も発動し、同時に、精神性が高まり、さらに努力を続ければ、大きな引き寄せの力も使えるようになるかもしれない。

『アラビアンナイト』の魔法のランプの話では、アラジンは、魔法のランプと共に、魔法の指輪も手に入れている。
(※本当は、アラジンと魔法のランプの話は、『アラビアンナイト』の話ではないらしいが、その件は今回は無視する)
魔法の指輪の魔神の力は、魔法のランプの魔神の力に劣る。
しかし、私は、子供の時から、魔法の指輪の方が好きだった。
持ち運びに便利だし、使っても影響力が小さそうなので、気楽に使える感じがするからだ。
だが、アラジンは、愛しいバドルウルバドゥール姫を取り戻すためには、魔法のランプを奪い返す必要があったように、人生において、魔法のランプの力を必要とする者もいる。いわゆる、大人物、大物になる者だ。
そんな者は、まず、試練に遭い、これに打ち勝つ必要がある。

魔法の指輪のような、小さな引き寄せ、小さな魔法は誰にでも使えるはずだが、今は、意図的には使えない人が圧倒的になった。
それだけ、人々の心が卑しくなっているのかもしれない。
小さな魔法を使うには、それほど高い精神性は必要としないが、腐り切ったような人間には使えないのかもしれない。
とはいえ、大きな引き寄せの力のように、試練と戦って磨き高めた心が必要なわけではなく、幼子のような精神性か、それがなければ、個人的な修行をすれば、すぐに使えるようになる。
イエスは、「幼子のようになれ」と言ったが、それは、特に現代では難しく、むしろ、少し修行をした方が良いと思う。
その修行は「自分にはちょっと難しいかな」と思う程度のものを、毎日、続ければ良い。
自分には少しハードルが高いと思えるだけのジョギングとか、腕立て伏せとか、あるいは、腕振り運動を1日千回でも良い。
念仏1日30分とか、真言1日千回でも良いのだが、身体を動かすものの方が続け易いと思う。とはいえ、人それぞれなので、自分の好きな修行をすれば良い。
そうすれば、息を吸って止めて願えば叶うし、目を薄目にして真面目に願っても叶う。
私のお気に入りの、西田文郎氏の「かもの法則」が分かり易いし、精神的にストレスがないので良い「かも」しれない(笑)。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード