ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

サウンド・オブ・ミュージック

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

秘教的呪文の形

有名なミュージカル映画『サウンド・オブ・ミュージック』のサウンドトラックを高校生の時に買ったが、その中の、『I Have Confidence in Me(自信を持って)』という曲の1フレーズをよく覚えている。

Everything will turn out fine

「全ては良くなる」といった意味だろう。
次の行はこうだ。

I have confidence the world can all be mine

「世界は全て私のものだという自信がある」といったところだ。
詩を書いたのは、アメリカの偉大な作詞家・脚本家であるオスカー・ハマースタイン2世だ。

素晴らしいアファーメーションであり、効果的な自己暗示、呪文になり得る言葉だ。
明るい未来を指し示す言葉は、人々にエネルギーを与えるだろう。
これは、私がお勧めしている呪文、「全てうまくいく」と同じと言える。
普通は、これで良い。

ただ、秘教的にすることも出来る。
簡単に言う。
上の歌詞は、「未来はこうなる」という形だ。
これを現在形にしてしまう。

Everything will turn out fine → Everything is fine(全て良好)
I have confidence the world can all be mine → I have confidence the world is mine(世界は今、全て私のものと信じる)

仏教の深い教えでもあるが、潜在意識に時間というものはなく、常に「今」である。
だから、「マジカルミライ2018」で、初音ミクさんが「みんな大好きなあの歌」と言った曲のタイトル『ワールド・イズ・マイン』は究極的呪文である。

「全てうまくいく」の呪文で、ものごとがうまく回り始めたら、「全て善し」「全て順調」「全てうまくいっている」とすれば、さらに効果は強烈になる。
別に、初めからこうしても良いが、多少は、今の感覚に配慮し、馴染むやり方を選べば良いと思う。

とはいえ、あまりこだわることでもない。
そして、「大丈夫」「絶対大丈夫」は、そのまま現在形であるが、より今を実感するためには、「大丈夫だ」「絶対大丈夫だ」とすれば良いだろう。
それで言えば、さくらちゃん(『カードキャプターさくら』)の最強の呪文「絶対に大丈夫だよ」にも大きな意味があることになる。

いずれにしろ、呪文を唱えることを決して忘れないように。
それで幸福は約束されるのだから。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

生きているということ

ミュージカル映画『サウンド・オブ・ミュージック』の主題歌『The Sound of Music』の初めは、「The hills are alive」だったと思う。
「丘は生きている」と言われたら、何となく雰囲気が分かるもの・・・だろうか?
『エースをねらえ!』の岡ひろみなら、「ああ、生きているなあ」と思うだろうが、「丘」は生きているのか。

つまりね、「丘が生きている」と思う人は、本当の意味で、「自分が生きている」のである。
「生きている人」「死んだような人」という言い方をよくするだろう。
ゾンビじゃないのだから、死んでない限り生きているのだが、生物学的に生きていても、「死んだような人」がいる。
まあ、「生き生きとした人」と「そうでない人」に分かれるような感じだ。

竹宮恵子さんの古い漫画で、町の人々がみんな死んでいるように感じている1人の少年(青年という雰囲気だったが)が、そんな死んだような人達の中に、「彼女は生きている!」と感じる1人の少女を見つけ、追いかけていったら、彼女は魔女で、心臓を食べられてしまう・・・といったオチだったが、なるほど、今の世の中、生きているのは魔女くらいのものだろう。

だが、我々は本当に生きていないといけない。
では、どんな人が「生きている」と言えるのか?
「大きな夢を持っている人」なんて聞くと恥ずかしくていけないが、「年商百億」とか「業界制覇」なんていう夢は、場合によっては地獄の目標で、そんなものを持っている人は、「生きている人」の場合もあるだろうが、「悪魔の手先」「小悪魔」かもしれない。
もっと良い言い方は、「主体性を持って生きている」ということだろう。
国家の言いなり、社会の言いなり、テレビの言いなり、有名人の言いなり、世間の言いなり、会社の言いなり、学校の言いなり、ママの言いなり・・・などの者は、主体性がなく、生きていないということだ。
ある意味、「わがままに生きている」とも言えるが、パパやママ、あるいは、会社に依存しながら勝手気ままに生きているのを、主体的とは言わない。
そうでなく、「完全にわがままに生きている」か、あるいは、「俺流で生きている」と言った方が良いだろう。

超絶俺様主義のキミに合うのはあたしだけ
~『Baby Maniacs』(作詞:q*Left、作・編曲:八王子P、歌:初音ミク)より~

「超絶俺様主義」って、まさに生きている感じだが、「キミに合う私」というのは、決して、「キミのいいなりになる」という意味でなく、「私もまた生きている」ということだ。
主体性を持つとは、自分の考えを持つということで、「千万人と雖も吾往かん(センマンニントイエドモワレユカン)」と言うことだ。
まあそれも、自分の力を冷静に見極めながらでないと、この世で生きていけないが、見極め過ぎてもいけないのだから難しい。
そうだ。現実問題、主体性を持って生きるには力が要る。
そして、鍛えない限り、力は得られない。
鍛えるとは、本を読むことでも、勉強することでも、肉体の鍛錬をすることでもない。
だが、自らの意志で、死ぬ気で、読む、学ぶ、鍛錬するなら、生きることにつながる。

「生きる」ってことは「死ぬ気でやる」ってことだ。
寺山修司氏の作詞による『あしたのジョー』のオープニング曲『あしたのジョー』の中の、
「たたけ!たたけ!たたけ!」
「吠えろ!吠えろ!吠えろ!」
「やるぞ!やるぞ!やるぞ!」
ってところが、いかにも「生きている」って感じるじゃないか?
獣の血、荒野の渇望、意地・・・そんなものを持ってるってことだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人間の価値

ミュージカル映画『サウンド・オブ・ミュージック』で、マリアが歌った『I have confidence(自信を持って)』という歌の中の、

Strength doesn't lie in numbers
強さは数字ではない

という歌詞を、私は中学生の時からよく覚えている。
しかし、最近、強く感じるが、強さは、往々にして数字だ。
頭の良さは学校の成績にかなり現れるし、有能さ優秀さは収入に端的に現れる。
もちろん、例外はあるが、例外以外はそうである。

私が、2月12日から読み始め、昨日、ファーストシーズンの12冊を読み終わった西尾維新さんの『物語シリーズ』(『化物語シリーズ』と言っても良いらしい)の10冊目『囮物語(おとりものがたり)』の最初のところに、この作品のヒロインの1人、千石撫子(せんごくなでこ)の通知表の成績が書かれている(撫子が自分で語るという形である)。
国語3
数学2
社会4
理科2
英語3
保健体育2
音楽2
美術4
技術・家庭5
(中学2年1学期)
である。
ほっとされると同時に、撫子に好感を持った人は、あまり成績が良くなかった人だろう。
私もそうである。
作中、撫子が馬鹿であることは容赦なく描かれる。
ネタバレしない程度に言うつもりだが、撫子の馬鹿は知能指数というよりも、可愛いことが原因である。
馬鹿が許されるほど可愛いのである。
極端に可愛いようだ。
可愛いことが不幸だなんて、それこそ作り話の中だけのことであり、リアリティがないと思われる向きもあるだろうが、この作品ではそうでないことが見事に描かれている。
まあ、過ぎたるは何とやらで、過ぎた可愛さは不幸ということかもしれないが。

ドワンゴ会長の川上量生氏やチームラボ社長の猪子寿之氏らが、対談の中などで、「学校は、『可愛い子は得』といった当たり前のことを教えない」といったことを言われていたと思うが、まあ、普通は、可愛ければ少々馬鹿でも良い思いが出来るかもしれない。
それは主に女子に言えるが、男の子でも当てはまる場合がある。しかし、いずれにしろ、若い時限定だ。
私の職場にいる、まるで駄目男君(30歳過ぎの人生の落伍者。派遣社員)は、少しも可愛くない上にオッサンなのに、可愛い女の子でないと許されないことをするのだから惨めである。
まるで駄目男君を見ていたら、我々・・・いや、私は撫子でないのだと自覚しようと強く思う。

偉人の中には学生時代、成績が悪かったと云われている人達がいる。
アインシュタインとエジソンが、その代表のようなものだろう。
しかし、案外に彼らの成績だって、それほど悪くはなかったと私は思っている。
たまには試験の時に調子が悪かったことがあったり、たまたま、教師とソリが合わないことが原因で瞬間的なトラブルがあったというだけではないだろうか?
何だかんだ言って、アインシュタインは名門大学を卒業しているし、エジソンだって普段は成績は良かったのではないかと思うのだ。

世界的なセールスマンだった夏目志郎氏が、著書の中で、「人間の価値は収入」と断言しておられたのが衝撃的だったが、反発は感じなかった(私がまだ若くて、極端に収入が少なかった時のことである)。
無論、例外はあるにしろ、それは控え目に言っても、最も正しい基準の1つとは言えるのだ。

確かに、教育にお金をかけられる家庭に生まれることは有利であるが、本当は、「有利に作用する」という程度である。
生まれつきの知能指数はもっと重要だ。
いくら金をかけても、出来ない子は出来ないというのも現実である。
収入もそうで、知能指数との相関関係はやはりあると思う。

売れる作家というのは、例外なく、知能指数は高いだろう。
物語シリーズの作者、西尾維新さんも、かなり高そうだ。
そんな西尾維新さんの描く撫子の馬鹿振りは、なかなかのもの・・・つまり、自然でリアリティがある。
尚、撫子は153cmで38kg。16歳の初音ミクさんより5cm低く、4kg少ない。
さすが、知能指数が高い西尾氏はツボを心得ている(何の?)。
尚、阿弥陀如来様の知能指数は10の106乗・・・つまり無限だ。
撫子でない私は念仏を称えよう。いや、撫子こそ念仏を称えるべきだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

何かいいこと

思いがけず、良いことがあった時、我々は「ツイてる!」とか「ラッキー!」と思う。
だが、その幸運には、何か原因があるのだろうか?
原因があったとして、それは、過去や、あるいは、過去世の、優れた善行のおかげであろうか?
あるいは、絶えず、何かの儀式、修行、祈りといった立派なことをしたためであろうか?

手塚治虫さんの漫画『火の鳥』の『鳳凰編』だったと思うが、子供の時に読んだきりなので、はっきり覚えていないが、こんなことがあったと思う。
我王という名の、悪行三昧で生きている荒くれ者がいた。我王は、ある時、美しい少女をみつけ、彼女を強奪し、無理矢理、妻にしてしまう。
だが、その少女は我王によく尽くした。
我王も、彼女を信頼するようになっていた。
これは、善いことなど、何もしてこなかったはずの我王の超幸運と言える。
しかし、ある時、誤解により我王はその妻を恨み、彼女を殺すが、妻は死に際に、「私は、あなたに命を助けられたことがある」と言う。
我王に覚えはない。
だが、妻は小さな虫だったのであり、我王は確かに、その虫の命を救ったことがあったのだった。

ミュージカル映画『サウンド・オブ・ミュージック』の中の、『何かいいこと(Something good)』という歌は、だいたいの意味で、
「私は、ロクな子供時代、青春時代を送ってこなかったけど、こうしてあなたと巡り会えたってことは、きっと、そんな中でも、何かいいことがあったのね」
といったものであったと思う。
その「何かいいこと」の意味が曖昧ではっきりしない。原詩では、moment of truth(真実の時)なんて言葉だったが、それは、やはり、上の我王のように、「ふと、何気なくやった善い行い」みたいなものではないかと思う。

これらは、仏教の法華経的なものではないかと思う。
立派な仏塔を建てるといったことは勿論、立派な行いであるが、土を重ねて仏塔を作ったり、子供が砂を集めて仏塔を作っても、やっぱり立派なことなのである。
仏の像や絵を熱心に礼拝するのは善いことだとしても、別に信仰心を持ってなくても、それらにちょっと頭を垂れるだけでも、それも善いことなのである。
だから、ある時、思いがけない大変な幸運に恵まれた時、本人は、覚えていなくても、その因は、かつて、仏様の像に、ふと、何気なく、頭を垂れたためだったということもあるのだろう。
そういった、「ふと、何気なく善いことをする」ようなことを、mount of truth(真実の時)と言うのだと私は思う。

上にいくつか挙げた善行は、いずれも、「ふと、何気なくやったこと」であり、意図的にやったことではない。
それは、お賽銭箱にお金を放り込み、「神様、受験に合格させて下さい」というのとは全然違う。
何の見返りも求めない、善いことをしているという意識すらない、自然な行い・・・そんな行いこそが最も貴く、それが幸運の因となるのは、むしろ当然である。
それは、初音ミクさんの歌を創る無償の行為のようなもので、そんな歌を、初音ミクさんが歌うのを聴けば、そんな理(ことわり)がよく分かるのである。
何も求めず、腕振り運動をただやったり、呪文をただ唱えるようなことも、真実の時である。
『灼眼のシャナ』で、坂井悠二(高校1年男子)が、死に際に、「大事なことは、ただやるってことだったんだ」と言うが、若いのに大した悟りであると思う。
だが、ただやる・・・何も求めない自然な無償の行い、ふと何気なく行う善行・・・そういったことを、誰もやらなくなった。
腕振り運動や、心の微かな声の呪文を、その訓練のつもりで、できるだけ、意図や期待を持たずにやると良いと思う。
ずっと前に、私が「腕振り運動は何も期待せずにやれ」といったことを書くと、誰かが、「何かをやるのに何も期待しないはずがないでしょ?」と文句を言ってきたが、これが典型的な現代人であるのだろう。寂しいことである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

輝きは戻る

『サウンド・オブ・ミュージック』というミュージカル映画の中の歌の1つに、『Something Good(何か良いこと)』というものがある。
その歌詞の中に、大体の意味で、
「私はたちの悪い子供だったかもしれないし、青春時代は概ね惨めなものだったかもしれないが、真実の瞬間だってあったのだ」
というところがある。

我々が、世界の所有者になるか、奴隷になるかの違いは、(象徴的な言い方だが)神と悪魔のどちらを選び、親しむかだけである。
そして、今の日本の多くの人が悪魔の方を選んでしまっている。
だが、あまり他人のことは言えない。
私だって、そうなのかもしれないのだ。
神か悪魔の選択は、プラスかマイナスの選択とか、真か偽りの選択、本物か偽物の選択などとも言えるだろう。
ごく短いお話である『The Magic Story』(邦訳は『マジック・ストーリー』と『人生を変える魔法の物語』がある)では、マイナスの自分と馴染んでいた者がプラスの自分を選択するだけで、一瞬で成功者になる。
それは当たり前のことなのだ。
しかし、どうすれば、プラスの自分、本当の自分、神である自分を選べるのか分からないかもしれない。
その時に、上に挙げた『Something Good』を思い出すと良いと思った。
あなたが、どんな子供時代や青春時代を過ごしたかは分からないし、それらはあまり良いものではなかったかもしれない。
しかし、どんなにわずかでも、輝くようなきらめく時があったはずなのだ。
誰でも、子供時代や、ごく若い頃には、実際は、かなり、そんな時があるのだからだ。
それは、プラスの自分と一体化していた時だ。
その時を思い出し、その時にそうであったように、自然に神と親しむことで、エネルギーが溢れ、強く、賢くなり、願わずとも要求するだけで全てを得、どんな目標を立てても楽々とそれを達成できるはずだ。
なぜなら、プラスの自分とは、世界の所有者であり、プラトンの頭脳、シーザーの手腕、シェイクスピアの詩、キリストの愛の所有者であるのだからだ。
きっと、真実の時を思い出すだけで良いのだ。
必ずあった、かけがえのない真実の瞬間を蘇らせ、その時の自分とシンクロするのだ。
(過去の思い出に耽るのではなく、現在の自分として感じるのだ)
その時、あなたは世界の支配者になるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ