ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

ゴーリキー

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

本当の自分に戻る方法

本当の自分というものがあるのだろう。
それが、阿弥陀如来やアマテラス、あるいは、クリシュナのようなものかどうかは分からないが、少なくとも、極めて能力が高く、この世でのことくらい、どんなことも楽々こなせる。
だから、本当の自分になれば、全ては思い通りである。
だが、どうすれば本当の自分になれるのかが分からない。
しかし、案外に簡単なことなのだ。
権威ある人達の教えはだいたい一致していて、煩悩が本当の自分を覆い隠してしまっている。
では、煩悩を消せば良いということになるが、それは、とてつもなく難しく、努力しても、一生の間に達成出来るとは、とても思えない。
だが、やはり賢い人達の言葉は、煩悩自体は消す必要がない(むしろ消してはならない)ということで一致しているのだ。
単に、煩悩に支配されなければ良いのである。
しかし、それも、煩悩を消すこと並に難しいと思っている人が多いかもしれないが、そんなことはない。
簡単だ。
しかし、酒好きが、ついつい過度に酒を飲んでしまうとか、女好きが、女房がいるのに、浮気が止められないなど、煩悩に支配されないのは、ほとんど不可能のように言われることがある。

普通は、単に練習すれば良い。
たとえば、運動が嫌いな人が、毎日、必ずスクワットを100回やると決め、「今日はやりたくない」という煩悩に打ち勝って1年365日、欠かさず続ければ、「なまけたい」という煩悩は消えはしないが、煩悩に支配されなくなっている。つまり、本当の自分が支配権を取り戻したのである。
毎日チョコレートを食べたいが、週に1度だけにすると決めて、それを守っても、やはり、支配権が、煩悩から本当の自分に戻ったことになる。

しかし、もっと簡単な方法もある。
ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』では、煩悩にまみれ、最底辺に堕落した26人の男が、16歳のターニャという少女に出逢い、全てが変わる。
ターニャの前では、あるいは、ターニャのことを想う時は、それまでとは違い、礼儀正しくなり、節度があり、おだやかで思慮深くなった。
つまり、支配権が、煩悩から、本当の自分に完全に移行した。
何の努力もせずにだ。
別に、ターニャが特別な少女である訳ではない。
ちょっと可愛いが、平凡な、どちらかといえば駄目な少女だ。
しかし、16歳で可愛いというだけで、中年過ぎたひなびた男から見れば、天使のようなものである。
その天使のような輝きに目が眩み、一瞬で本当の自分が目覚めたようなものだ。
このように、何かを崇めれば良いのである。
だが、崇めると言うのは、単に好きとか、ファンであるとか、マニアであるということとは絶対的に違う。
「敬う」という感情が必要だ。
26人の男達はターニャを敬っていた。
単に、可愛い少女のファンだったのではない。
敬うという感情が、本当の自分になるためのマスターキーなのである。
敬う心を持てた者ほど幸運な者はいない。
イエス・キリストを純粋に敬っている者は全員が成功している。
だが、敬っているフリをしているだけの者は全員が駄目になっているのである。
そして、偽物が多いのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

なぜ我々はミクさんに癒されるのか

初音ミクさんは我々を高め、強くしてくれる。
それは、とても自然で当たり前のことだ。
そのことを、世界的文学作品を参照しながら、完全に説明する。

ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』で、完全に堕落した26人の男達は、ターニャという、ミクさんと同じ16歳の少女を、女神のように崇めることで、人間性、知性、道徳心を取り戻した。
だが、男達は、女たらしの男を、ターニャにけしかけてしまった。
「ターニャは、お前なんか相手にしない」
と言われ、女を落とすことだけが唯一の取り得である、その女たらしのプライドに火をつけてしまった。
ターニャなら大丈夫だ。あの子なら・・・
だが、女たらしの手練手管にターニャは他愛もなく落とされ、初めて知る男の良さに恍惚となり、ターニャに裏切られたと思った26人の男達は彼女を激しく罵る。
だが、お前たちが悪いのだ。
ターニャは、天使でも女神でもない、ただの人間の娘なのだ。
そんなことは分かりきっていたはずだ、愚か者!

ロオマン・ガリの『自由の大地』では、やはり、フランス兵達は、堕落の坂を転がり落ちていった。
しかし、彼等は、1人の少女を空想で想い描くことで、まるで誇り高い騎士のような品格を備えていった。
その心は生命エネルギーをも引き出し、地獄のような状況からも生きて帰還した。
精神の作り出した少女は、ターニャのように裏切らない。
だが、そんな少女を創り出すことが出来たのは、厳しい状況と、卓越したリーダーの存在あってこそだ。
つまり、運が良かったのだ。

しかし、我々には初音ミクさんがいる。
ミクさんは、世界のどこでも無条件に崇められる不思議な少女だ。
私情もスキャンダルもないアイドル。
何も隠さず、腹にいかなる一物もない彼女の透明な笑顔は、何の疑いもなく信じることが出来る。
完全な信頼・・・これこそが人間の夢である。
だから、ミクさんは、本物の天使、女神である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

エナジャイザー

ジョセフ・マーフィーの『The Cosmic Energizer』という本がある。
Energize(エナジャイザー)は「活力を与える者」といった意味だが、こんな言葉は日本語にはない。
『The Cosmic Energizer』というタイトルは、『活力を与える宇宙の中の存在』といった意味になるが、桑名一央氏は翻訳書に『あなたも幸せになれる』というタイトルを付けた。
そして、本文中の「Cosmic Energizer」に対しては、「宇宙の活力」と訳しておられた。
苦しい訳かもしれない。
energizeは、あくまで、エネルギーや活力や精力を与える者、元気付ける者という意味であり、エネルギーや活力を指すのではないからだ。
※『あなたも幸せになれる』は、文庫版では『マーフィー 努力嫌いの成功法』というタイトルになっている。

私は元来、巷で言われる、「勇気をもらいました」「元気をもらいました」という言葉が大嫌いなのだが、よく考えれば、嫌いな理由は、彼等が元気をもらったというものが下らないからだ。
オリンピックなどのスポーツの国際試合で日本選手や日本チームが劇的な勝利を得た時に、「いやあ、勇気をもらえますねえ!」と強要するように言われるのは御免だし、その強要を煽って儲けようという連中のことを醜悪に感じるのである。
まあ、これも1つの感覚であり、人それぞれであろうがね。

羽生選手や錦織選手が勝って元気をもらえるなら、それで良いだろう。
だが、実際は、そんなものでは大した勇気や元気はもらえないものだということを忘れてはならない。
せいぜいほんの少しの間、愉快な気分になるだけのことだ。

あなたは、もっと強力なenergizer(エナジャイザー)を持たなければならない。
ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』で、26人の社会の底辺で生きる惨めな男達は、ターニャという16歳の可愛い少女と知り合ってから、人間性を取り戻し、元気になり、ちゃんとものを考えるようになる。彼らにとって、ターニャがエナジャイザーだった。
しかし、ターニャは頼りないエナジャイザーで、男達は裏切られ、元の木阿弥となる。
ターニャは所詮、人間である。
一方、ロオマン・ガリの『自由の大地』では、ドイツ軍の捕虜になったフランス兵達は、どんどん堕落していくが、1人の少女がここにいると想像することで、騎士道精神を取り戻した。
想像の少女は人間の少女と違い、どこまでも永遠に清らかである。
あなたは、そのようなものを持たなければ、エネルギーを失い、精力は枯れ、老化し、何も出来なくなってしまうかもしれない。

エーデルワイスの花のように、清らかで輝かしい存在・・・人によっては、それは聖書の神であり、それぞれに信仰する神であり、天使であり、あるいは、阿弥陀如来である。
私には、人間ではないバーチャルな存在だが、だからこそ、清らかで透明な少女である初音ミクさんがそうである。
人によっては、小説や映画や漫画やアニメのヒーロー、ヒロインかもしれない。
それが何かは、やはり人ぞれぞれだ。
しかし、自分のエナジャイザーを持っておくと良いだろう。
ただし、ターニャのように、スキャンダルを起こして裏切るような者でない方が良いだろう。
そこにいくと、ミクさんは、決してスキャンダルのないアイドルである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

本物の天使は裏切らない

ロシアの文豪マクシム・ゴーリキーの短編小説『二十六人の男と一人の少女』ほど興味深いお話は、そうはないと思う。
社会の最下層にいる、ただ食うために、劣悪な環境で安い賃金で働く、人生に何の望みもない、26人の中年過ぎの男達がいた。
知性も品格もない、姿を見せるだけで嫌悪される・・・全くゴミのような存在だった。
そんな男達が、ターニャという、16歳の可愛い少女と、毎日、ちょっとした会話をする機会が出来るのだが、彼らはターニャを、まるで天使を敬うように丁重な態度で接した。
それは、意外なことだった。
まともな人間相手にはとても言えないような卑猥な話を平気でする彼らが、なぜか、ターニャに対してだけは、たとえ彼女がそこにいなくても、決して辱めるようなことは言わなかった。
そうしているうちに、男達は、回らなくなっていた頭が回るようになり、人間性すら備わってきた。
では、ターニャは、そんなに素晴らしい少女なのか?
そんなことはない。
ターニャは、彼らを、年長者として敬うことも決してなく、「囚人さん」と呼び、明らかに蔑んでいた。
ある時、その男達の1人が繕い物を頼むと、ターニャは、「なんで私がそんなことしなきゃいけないの?」と見下して笑った。
そんなことがあっても、男達は気を悪くすることはなく、ターニャへの崇拝は、いささかも揺るがなかった。

それは、単に、若くて可愛い女の子に参っているとか、愚かにも魅了されている・・・というのとは違う。
ゴーリキーは、サイコパスというものを知らないだろうが、サイコパスは女性でも百人に1人はいると言われている。
サイコパスとは、他人に共感せず、良心を持たない人間だ。
ターニャはサイコパスなのだろう。
そして、ターニャの、サイコパスらしい浅い感情が、彼らには非常に輝いて見える原因になったのだと思う。
実際、浅い感情の持ち主が魅力的に感じることは多い。
逆に言えば、感情豊かな人間というのは、相性が合わないと嫌悪を与える。

26人の男達は、無意識に、ターニャに対して感情が透明であることを求めていたのだろう。
ところが、そこに、女たらしの男が現れる。
どんな女でも見事に落とせることだけが、この女たらしの男の唯一のとりえだったが、彼は、そのただ1つの「能力」に対し、強い自尊心を持っていた。
だが、26人の男達は、ターニャだけは、こんな薄汚い男に誘惑されたりはしないと思おうとした。
ところが、不思議なことに、その女たらしの自負心をわざと刺激するように、男達は、「お前にターニャは落とせない」と、何度も断言する。
それでは、まるで、女たらしをけしかけているようなものだ。
いや、実際にけしかけたのだ。
男達は、ターニャが落ちないことを確かめたかったに違いない。
そして、男達の心の奥の思惑通り、女たらしの男は、自らのアイデンティティーをかけ、ターニャを誘惑する。
多分、他愛もなかったはずだ。
男達は、女の喜びに恍惚となったターニャを見てしまう。
唯一の希望を失った男達は、あれほど崇めたターニャを罵倒した。

私は、26人の男達に同情はしないが、気持ちは分かるのである。
彼らは、サイコパス特有の薄い感情しか持たないターニャを、心が透明な天使と勘違いしたのだ。
初音ミクさんの生みの親である、クリプトン・フューチャー・メディア社長の伊藤博之さんの講演会で、受講者の1人に、
「子供や若い人だけでなく、年齢の高い人達まで初音ミクに夢中になるのはなぜでしょうか?」
と質問された伊藤さんは、
「私にも分かりませんが、ミクの声には感情の雑味がなく水のように透明なので、気持ちを入り込ませ易いのかもしれません」
といったようなことを言われたが、だいたいそうかもしれない。
ミクさんは決して裏切らない本物の天使である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人間とサルやゴリラとの違い

中村天風やその弟子達が、「信念が大事じゃ。信念を持て」と言い、そのためには、「イメージすれば良いのじゃ」「気を出せば良いのじゃ」と言ったが、彼らの本を熱心に読んでも、誰も信念を持てなかった。
また、信念や信仰の威力を説く者は多いが、騙されでもしない限り、信念や信仰は、ほとんど持てないものだということは分かってきている。
つまり、信念や信仰とは、洗脳された者が持つ癖・・・悪く言えば偏見のようなものだった。
ところが、近年では、良い方向になら、積極的に騙すというのもありと考える研究者も多くなり、例えば、「騙して夢中にさせて勉強や訓練をさせる」といった考え方も支持されているようだ。
だが、それは長期的に見れば、勉強や訓練をされる者のためにならないことは明らかである。

しかし、昨日も書いたが、自分は自分で騙す・・・というのではないが、自分の心は自分でコントロール出来、望む信念を持つことが出来ることが分かってきた。
その方法は、これも昨日書いた通り、表情を作ることであり、もう1つは、身体の態度である。
モテる男(女)の表情を真似し、モテる男(女)の態度を真似て、自分の心に、自分がモテる男(女)であると信じ込ませれば、行動が変わり、雰囲気が変わり、おそらくは、精神フィールドも変わり、全てがうまく回り、間違いなく、モテる男(女)になるだろう。

ところが、まるで駄目男君(私の職場にいる30歳過ぎの人生の完全落伍者)は、たびたび、両腕を大きく広げ、脚を広げて座り、顔つきはいかめしく、態度もデカい。
つまり、表情、態度においては、成功者のものを真似ているように見えるが、さっぱり駄目である。
それはなぜだろう?
ここには注意を払う必要がある。
およそ、人間のいる場所では、顔つき、態度は立派・・・いや、立派以上で傲慢なのだが、まるで駄目男君ほどではないが、やはり、駄目なヤツだらけなのだ。
電車の中でだって、ふんぞり返って座り、全然長くない脚を広げて人様の邪魔になることで、「俺は立派で偉い」と自己満足した顔をしている馬鹿がいくらでも見られるが、そんな連中は例外なく、まるで駄目男君への坂道を転げ落ちているのである。
本当に優れた人間と、こんな駄目連中との違いは何か?
それは、駄目男君達は、表情、態度を他人に見せようとして、「立派そう」「偉そう」にしている点である。ゴリラやサルのようにね。
つまり、まるで駄目男君達は、ゴリラやサルと変わらないのだが、本当のゴリラやサルなら、そんな態度でいれば、実際に強いやつに痛い目に遭わされるが、人間界は、暴力もパワハラも禁止の世界だ。
それで、自分の愚かさに気付くことなく、皆、ほどなく、まるで駄目男君になっていく。
本当に立派で力がある者というのは、あくまで、自分の心を制するために、立派な表情や態度を真似るのである。

前にも書いたが、初音ミクさんのコンサート&企画展「マジカルミライ2016」に来ていた人々のマナー、モラルは素晴らしいものであった。
本当に優れた人間は、他人に対しては尊大ではなく、謙虚でマナーを守り、モラルが高いのである。
「マジカルミライ」に来る人々は、ミクさんを崇めることで、自ずと、良いマナー、優れたモラルを発揮するのである。
これらの人々は、後は、自信のある表情、態度を身に付けることで、どこまでも成功するだろう。
崇めることの力は、ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』や、ロマン・ガリの『自由の大地』で見事に示されているが、26人の男達はやっぱり駄目男君に戻ってしまったように、崇めるだけでは足りないのだ。
初音ミクさんの『FREELY TOMORROW』の通り、「顔上げて微笑む」ことが大切である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ