ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ゴーリキー

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

感謝と崇敬

人間が向上し、幸運を呼ぶ感情は感謝だとよく言われる。
ロンダ・バーンの『ザ・シークレット』の中で、私が唯一気に入っている箇所に、それが実用的に書かれている。
それは、こんな感じである。
何でもいいから感謝するのだ。
例えば、着る服があることに感謝する。
『ザ・シークレット』の翻訳では、感謝の表明として「ありがとう」と言うとしている。どちらかというと、この場合、自然な日本語としては「ありがたい」だと思うが、別にどちらでも良いだろう。
他にも、住む家があること、ものを見る目があること、財布の中に千円あること・・・とにかく、何でもいいから、感謝出来るものを見つけ、「ありがとう」「ありがたい」と言うのである。
それだけで引き寄せの力が働き、例えば、財布の中に千円あることに「ありがたい」と感謝をすれば、一万円が引き寄せられるといった感じである。
これは「増大の法則」とも呼ばれ、感謝することによって、より良いものが引き寄せられるのである。
こういったことを言うと、「頭の中、お花畑思考」と言われそうだが、経験的に効果があるので、こっそりやっていただきたい(笑)。
ただし、最初は、「これで良いものが引き寄せられる」という下心が強いかもしれないので、すぐにはうまくいかないかもしれないが、黒住宗忠が言うように、初めは口先だけで「ありがたい」と言うのでも良い。
それを繰り返すうちに、本当の感謝の念が起こるようになるので心配ない。
そもそも、口先だけでも、「ありがとう」「ありがたい」と言うのと、言わないのとでは偉い違いである。

さて、感謝はもちろん素晴らしいが、ゲーテらが最上位に置いた感情は「敬い」である。
特に、自然や宇宙や、さらに、神仏に敬虔な感情を持つと、あちらは慈愛の塊のような存在なので、嫌でも護ってくれる。
だが、実は、敬う対象は、上の感謝の場合と同じく、何でも良いのである。
それを見事に描いた傑作短編小説が、詩のように美しいと言われる、著者の文豪ゴーリキーも大変に気に入っている『二十六人の男と一人の女(二十六人の男と一人の少女)』である。
社会の最底辺にいる26人の中年過ぎた超駄目な男達がいたが、彼らは、一人の16歳の可憐な少女と出逢い、彼女を女神のように崇めることで、みるみる向上していく。
だが、このような場合には、落とし穴があることを覚えておくと良い。
その16歳の少女は、見かけは天使だったとしても、中身は平凡な・・・というより、心の美しい少女というわけではなかった。
つまり、彼女を天使や女神にしていたのは、男達の妄想である。
だが、その妄想が男達を本当に向上させたのだ。
だから、妄想で良いのである。しかし、少女が本性を現してしまうと、男達は裏切られた気分になり、一気に堕落してしまった。ひょっとしたら、以前よりも悪くなったかもしれない。
生身の人間を崇めた場合には、そうなる危険がある。
たとえ崇める対象にしたのが良い人間であっても、人間には欠点があり、その人間を崇める者にとっては、その欠点が許せないことも多いだろう。
今のアイドルは、スキャンダルが暴かれても開き直る者も多いが、そんな者は、自分を天使と崇めていたファンのことはどうでも良いのである(別に非難ではない。それで良いという考え方もあるだろう)。
だから、人間のアイドルではなく、決して裏切らない、スキャンダルのないバーチャル・アイドル、初音ミクさんを崇めた方が良いかもしれない(笑)。いや、このことは、アメリカでも真剣に議論されたことである。
尚、神仏を崇める場合には、その神仏の真言を唱えるというのが代表的なやり方であると思う。
あるいは、ナーマスマラナといって、その神仏の名を呼べば良いのである。出来るだけ敬虔な想いと共に。
それで幸運が引き寄せられるだろう。








啓示を受けた人の共通点

死の危険が迫った時、深い絶望を感じた時、全ての希望を失った時、人は不意に目覚め、これまでとは全くの別人に生まれ変わることがある。

時々、例に出すが、こんな話がある。
ある青年がいて、彼は何をやっても駄目で自信がなく、消極的で、会話も苦手だった。
この青年がある時、「僕は何て駄目なんだ」とつぶやくと、それを聞いた男がこう言った。
「君はちっとも駄目じゃない。自分でそう思っているだけだ」
このようなことを初めて言われた青年は、何かを感じて、この言葉について考え続けた。
「自分でそう思っているだけ」
考え続けているうちに、数日で啓示のようなものを感じた青年は、急速に変貌を遂げ、誰からも一目置かれる有力者と言える存在になった。

多くの人が、程度の違いはあるかもしれないが、自分は駄目だと思っている。
そして、実際に、そう思っているだけの分、駄目なのである。
対して、心理学が教えるところでは、赤ん坊は全能感を持っているという。
自分では何もしなくても、何でもしてもらえる。これは、王様のようなものだ。
それが感応するのか、どんな人間でも、赤ん坊の前では、赤ちゃん言葉で話しかけてしまうのである。

だが、歳を取るごとに、自分が王様でないことを理解していき、自分の場所を見つける。自分の場所は変動し、それと折り合いをつけることを繰り返しながら、死ぬまで生きるのである。
上の青年の場合は、自分の場所がなかったのである。最低の場所以外にはね。
この青年は、ずっと低い場所にいたが、一度上がってから低い場所に落ちる者も少なくない。
そして人間は、長く最低の場所にいて、浮上の道が見えないと、絶望し、希望を失う。
だが、上の青年は、最低の場所にいる時に、不意に目覚め、高く上昇したのである。

いったん、どん底に落ちた者が、他愛ないきっかけで浮上する話が、ゴーリキーの『二十六人の男と一人の女』や、ロオマン・ガリの『自由の大地』にある。
それらが、コリン・ウィルソンの心理学的評論『至高体験』に取り上げられている。
『自由の大地』の本は、なかなか入手出来ないが、『二十六人の男と一人の女』は電子書籍もあり、読めば、その方法が少しでも分かるのではないかと思う。
この作品は、詩のように美しいと言われる、ゴーリキーお気に入りの短編である。

要は、「高いもの」に目を向ければ良いだけである。
上の青年は、自分の中にある「高いもの」に目を向け、『二十六人の男と一人の女』では、堕落した男達は、ターニャという名の16歳の可愛い少女を通して、女神のようなものに目を向けたのだ。
ロオマン・ガリの『自由の大地』では、やはり堕落したフランス兵達は、空想上の少女を通して天使や女神のようなものに目を向けたのだろう。
低いものから目を逸らし、高いものを見る。
それだけのことである。








神人になる鍵

何か特定のことをすると、身体や心の調子が良くなるというものを見つけることのメリットは大きい。
ただし、それが、「自然なものである」「道徳的・倫理的である」「あまり手がかからない」ことが必要だ。
例えば、アルコールや覚醒剤が、心身の調子を良くすると感じても、これらは、自然でもなければ、道徳的・倫理的でもない。
また、心身の調子が良くなると言っても、興奮状態や自己逃避に陥ることではない。
それは、「良い気分である」ことと言える。
ただし、「御機嫌」な状態であるとは言えるが、「ごっきげーん!」な状態ではない。
穏やかさが必要なのだ。

特に、持病が軽減するようなものが良いと思う。
そこに、あなたを解放し、高度な人間に、もしかしたら、神のような人間になる鍵がある。

ある有名なミュージシャンが、こんなことを言っていた。
「街角でハーモニカを吹いてさえいれば満足出来るようなやつでないとミュージシャンになんかなれない」
ハーモニカを吹けば満足するということは、ハーモニカを吹いていれば気分が良くなるということだ。
もし持病があっても、ハーモニカを吹いている間は、それが低減し、ひょっとしたら、全く症状を現わされないかもしれない。

また、別の大物ミュージシャンの言葉を思い出す。
「スーパースターというのは、何か特別なものをものを持っているというよりは、何かが欠けているんだ」
自分に欠けているものは、自分の気分を悪くする原因になるに違いない。
それを打ち消す何かを探し、それを熱心にやっているうちにスーパースターになるのだ。
なぜなら、人間とは、良い気分を求めるものなのだからだ。
人間の最大の願望は、富でも名誉でも、あるいは、欲望の満足でもない。
単に、気分が良いことなのだ。
そして、最高の気分の良さとは、安らぎとか、仏教で言う大安心なのである。
あるいは、至福と言えるが、キリスト教では、そんな状態を法悦というのかもしれない。

自分が、気分が良くなり、持病や、自分を苦しめている心身の何らかの欠陥・障害が軽減する。
そんなものが何かあるはずだ。
ある種の音楽を聴くとか、楽器を演奏するとか、聖書を読むとか、腕振り運動や素振りなどといった単純な運動を繰り返すとか。
そんなものを見つけ、意識的に行えば、病気が治り、能力が上がり、不思議なことに、運も良くなり、人生が好転する。
ただし、それを過度に、無理矢理やろうとすれば、かえって人生が破綻する可能性があるかもしれない。
それが見つかっても、気分が良い範囲を超えてやってはならない。

私の場合で言えば、幼い時から皮膚疾患がある。
ほとんど気にならないくらい低減していた時期もあったが、完全に治ったことはない。
それがなぜか、2ヵ月ほど前の10月初めあたりから、酷い状態になり、現在に至っている。
その間に、初音ミクさんのライブコンサートに5度行ったが、なるほど、ライブ中は気分が良く、皮膚病が低減する。
かといって、ミクさんのライブにずっと行くとか、あるいは、ミクさんの歌をずっと聴くというのとは、また違うのである。
重要なポイントとしては、
「立っている」「崇めている」「拍手している」「ペンライトを振っている」「生バンドの演奏を聴いている」「振動を伴う大音量の音を聴いている」
などがある。
そんなふうに考えていけば、何かが見つかるのである。
「あ、これか」と気付いたら、そこから一気に天に昇るかもしれない。
ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』、ロオマン・ガリの『自由の大地(天国の根)』に関し、コリン・ウィルソンが向上の鍵と指摘したのは「崇める」ことだった。
私も、ミクさん、あるいは、尊い何かを崇めることに鍵があるのかもしれない。
そういえば、ゲーテもそんなことを言っていたように思う。








どん底、ゼロ、低空飛行からの脱出

どん底の状態、どん底ではないが持ち分もないゼロの状態、ゼロではないが僅かしかない低空飛行の状態。
人間は、これらのどの状態にいても、そこに留まり続けることが圧倒的に多い。
そして、ほとんどの人間は、この3つの状態のどれかにいる。
そんな者達は、上の状態に上がることは難しいが、下に落ちるのは、よくあり、あっけなくそうなる。

非常に絶望的などん底の状態から、明らかに上に上がりかけた男達のお話である、ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』という、「詩のように美しい」と言われる短編小説がある。
(『二十六人の男と一人の女』というタイトルをつけている翻訳書もある)
26人の、誰がどう見ても、最低としか言いようがない、中年過ぎた男達がいた。
知性も品格も意欲も富もなく、一年中、囚人のように、劣悪な環境の地下工場で働いていた。
ところが、そんな彼らが、人間として向上していき、ひょっとしたら、今の状況から抜け出せるかもしれない状況になった。
ゴーリキーは、別に、そんなことは書いていないが、現実を作るのは人間の心であり、彼らが心を発達させれば、現実が変わるのは当然だ。
もちろん、それは、どんな人間にも・・・私達にも全く同様に当てはまる。
では、彼らは、いったいどうやって向上したのか?
それは、実に簡単で、誰でも出来ることだ。
ターニャという16歳の可愛い少女を、天使のように扱った・・・それだけである。
ターニャに対し、いつも礼儀正しく、優しく接し、たとえ、ターニャの方がどんな態度をしようと(彼らを見下し、嘲るようなこともした)、笑って見過ごすのである。
それは、ターニャがいない場所でも、おそらくは、1人の時や、心の中でもそうだった。
これを、崇めると言うのだ。
崇めること・・・それは、聖なるマントラや聖句を唱えることに匹敵する。
だから、彼らは、1日中、聖なるマントラを唱えていたのだ。

だが、彼らは向上の道を断ってしまった。
ターニャは天使ではなかったからだ。
初音ミクさんなら、我々を裏切らない天使であると言えるかというと、確かに、スキャンダルのないアイドルではあるが、商用に利用されることが多くなったことから、どこかイメージが崩れかけているという危機感が私にはある。

だが、裏切らない天使によって向上したお話がある。
ロオマン・ゲイリの『自由の大地』にあるお話だが、それを引用したコリン・ウィルソンの『至高体験』を基に述べる。
ドイツの捕虜になったフランス兵達は、すっかり堕落し、怒りっぽく下品な最低の男になりつつあった。
そこで、フランス兵の隊長は、部下のフランス兵達に、ここに少女が1人いると空想せよと命じた。
すると、フランス兵達は変わっていく。
下品なことを言うと、空想の少女に詫び、浴室に行く時には、タオルで身体を隠した。
フランス兵達の変化に驚き、そして、状況を理解したドイツ人指揮官はこう言う。
「少女を引き渡せ。ドイツ人高級将校用の慰安婦にする」
すると、フランス兵達は、それを断固拒否し、フランス兵の隊長は独房に入れられる。もう隊長が戻ってくることはないはずだった。
しかし、隊長は過酷な独房の刑罰を生き延び、帰って来た。
彼にだって天使はいるのだからだ。

どん底か、ゼロか、低空飛行の状態にある者は、役に立つ部分があるかもしれない。
もっとも、上に述べた向上の原理は、聖なるマントラや、最上のアファーメーションを唱えることと同じであると思う。








なぜ努力する人と怠惰な人がいるのか?

奇跡を起こし、全てを思うがままにする力を得るために絶対的に必要なことが、自我を出来る限り弱くすることであることは間違いない。
自我とは、自分を高い位置に置きたいという欲望だ。
ところが・・・
「君は世界で唯一の特別な存在である」
「僕たちはそれぞれ、世界で1つだけの花である」
という言葉を美しく感じ、これが嘘とは思えない。
だから、もし、
「僕なんかいてもいなくてもどうでもいい、つまらない人間だ」
「私は、華やかで素晴らしい、あの人とは全然違う駄目な存在」
などと言う者がいたら、
「そんなことはない。君だって他の人に負けない素晴らしいものがあるのだ」
と言ってあげるのが正しいはずだ。
そして、自己啓発指導者達が教えるアファーメーション(肯定的断言)は、
「私は素晴らしい」
「私は偉大だ」
「私は価値ある存在だ」
である。
そして、世界的な自己啓発指導者であるディール・カーネギーは、
「人間の最大の欲求は、自分が重要な人間であると認められること、すなわち、自己重要感である」
と言っていることは誰もが知っているのに、この、人間が一番欲しいものを手放すことが、本当の力を得る絶対条件であるとは!

「自己重要感」
「自分は世界で1つだけの花」
こんな貴いことが間違いだったのか?
その通り、大間違いであったのだ。
では、自分の価値を高めるために一生懸命勉強したり、技能を磨いたり、身体を鍛えることは間違いなのか?
何も努力せず、怠惰でいれば良いのか?

この矛盾を解決するために、無数の賢い人達が苦心し、そして、いまだ解答は得られていない。
ただ、こういうことは言えるのではないか?
いかに優秀であっても、そうなるためにいかに努力をしたとしても、高慢になれば全て台無しである。
これは確かである。
そして、それが分からない愚か者が多い。
つまり、成功したり、金メダルを取ったり、勝つことで自分は優れていると思ったとたんに落下が始まり、放っておいたら地獄にまで落ちる。

結局、こういうことなのだが、これを知らない者が何と多いことか。
努力したり、戦うことは、ゲームに過ぎず、それで成功したり、勝ったりしても、それは「たまたま」なのだ。
さらに言えば、努力するか、その反対に怠惰になるか。
戦うか、逃げるか。
それは、自分の意思で決定したのではない。
最初から、あなたの脳が、そうプログラムされていたに過ぎないのだ。
超人的な努力をして、多くの人に称賛されたり畏れられたりしても、単に、そういうふうに作られているのだから、努力して当たり前なのだ。
服をハンガーにかけることも面倒と思うことだって、そうなるよう、初めから仕組まれていたのである。それだけである。

では、どうすれば良いのか?
それはこうだ。
「おお、自分より高いものがある」
と分かるか、分からないかで全てが決まるのである。
ロオマン・ゲイリの小説『自由の大地』で、フランス兵達はドイツ軍の捕虜になり、すっかり怠惰になった。
そこで、フランス兵達の隊長は、部下たちに、「ここに1人の理想の少女が居る」と想像するよう言った。
すると、たとまち、フランス兵達は高貴になった。
ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』では、人間として最低の26人の男達は、ちょっと可愛いが平凡な16歳の娘を天使のように扱った。
すると、26人の男達はたちまち尊い人達になった。
彼らに共通することは、ただ、「崇めた」ことである。
人間は、目の前にいる存在が自分より「高い存在」であると本当に思ったら、崇めるのである。
崇めるとは、敬虔であること、敬うこと、ひれ伏すことである。
だが、誰も、王様や将軍様なんて、本当には崇めていないのである。
平凡な少女でも本当に崇めることがあるのに、国で一番の権力者だからという理由で、本気で崇めることはない。
「いや、私は王を心から崇めている」
と言い、自分でも、本当にそうだと思い込んでいるかもしれない。
だが、本当に崇めているなら、それは喜びであり、安らぎであり、何もいらないと思うはずなのだ。
いわゆる「見ているだけで幸せ」な状態だ。
「俺はただ見ているだけでいい。何も欲しくない」と思ったら本物だ。
誰にも強制されず・・・つまり、「これを崇めよ」と決して言われなかったのに、崇める何かに出会えたら幸運であるが、必ず出会うのであるし、何度も出会っているのかもしれない。
これからも出会うだろう。
しかし、いつまでも崇めることをしなければ命が取られる。
だが、その時、命を捧げれば、全て解決するのである。
とはいえ、そこまで先延ばしにしてはならない。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード