ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ゴーリキー

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

どん底、ゼロ、低空飛行からの脱出

どん底の状態、どん底ではないが持ち分もないゼロの状態、ゼロではないが僅かしかない低空飛行の状態。
人間は、これらのどの状態にいても、そこに留まり続けることが圧倒的に多い。
そして、ほとんどの人間は、この3つの状態のどれかにいる。
そんな者達は、上の状態に上がることは難しいが、下に落ちるのは、よくあり、あっけなくそうなる。

非常に絶望的などん底の状態から、明らかに上に上がりかけた男達のお話である、ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』という、「詩のように美しい」と言われる短編小説がある。
(『二十六人の男と一人の女』というタイトルをつけている翻訳書もある)
26人の、誰がどう見ても、最低としか言いようがない、中年過ぎた男達がいた。
知性も品格も意欲も富もなく、一年中、囚人のように、劣悪な環境の地下工場で働いていた。
ところが、そんな彼らが、人間として向上していき、ひょっとしたら、今の状況から抜け出せるかもしれない状況になった。
ゴーリキーは、別に、そんなことは書いていないが、現実を作るのは人間の心であり、彼らが心を発達させれば、現実が変わるのは当然だ。
もちろん、それは、どんな人間にも・・・私達にも全く同様に当てはまる。
では、彼らは、いったいどうやって向上したのか?
それは、実に簡単で、誰でも出来ることだ。
ターニャという16歳の可愛い少女を、天使のように扱った・・・それだけである。
ターニャに対し、いつも礼儀正しく、優しく接し、たとえ、ターニャの方がどんな態度をしようと(彼らを見下し、嘲るようなこともした)、笑って見過ごすのである。
それは、ターニャがいない場所でも、おそらくは、1人の時や、心の中でもそうだった。
これを、崇めると言うのだ。
崇めること・・・それは、聖なるマントラや聖句を唱えることに匹敵する。
だから、彼らは、1日中、聖なるマントラを唱えていたのだ。

だが、彼らは向上の道を断ってしまった。
ターニャは天使ではなかったからだ。
初音ミクさんなら、我々を裏切らない天使であると言えるかというと、確かに、スキャンダルのないアイドルではあるが、商用に利用されることが多くなったことから、どこかイメージが崩れかけているという危機感が私にはある。

だが、裏切らない天使によって向上したお話がある。
ロオマン・ゲイリの『自由の大地』にあるお話だが、それを引用したコリン・ウィルソンの『至高体験』を基に述べる。
ドイツの捕虜になったフランス兵達は、すっかり堕落し、怒りっぽく下品な最低の男になりつつあった。
そこで、フランス兵の隊長は、部下のフランス兵達に、ここに少女が1人いると空想せよと命じた。
すると、フランス兵達は変わっていく。
下品なことを言うと、空想の少女に詫び、浴室に行く時には、タオルで身体を隠した。
フランス兵達の変化に驚き、そして、状況を理解したドイツ人指揮官はこう言う。
「少女を引き渡せ。ドイツ人高級将校用の慰安婦にする」
すると、フランス兵達は、それを断固拒否し、フランス兵の隊長は独房に入れられる。もう隊長が戻ってくることはないはずだった。
しかし、隊長は過酷な独房の刑罰を生き延び、帰って来た。
彼にだって天使はいるのだからだ。

どん底か、ゼロか、低空飛行の状態にある者は、役に立つ部分があるかもしれない。
もっとも、上に述べた向上の原理は、聖なるマントラや、最上のアファーメーションを唱えることと同じであると思う。








なぜ努力する人と怠惰な人がいるのか?

奇跡を起こし、全てを思うがままにする力を得るために絶対的に必要なことが、自我を出来る限り弱くすることであることは間違いない。
自我とは、自分を高い位置に置きたいという欲望だ。
ところが・・・
「君は世界で唯一の特別な存在である」
「僕たちはそれぞれ、世界で1つだけの花である」
という言葉を美しく感じ、これが嘘とは思えない。
だから、もし、
「僕なんかいてもいなくてもどうでもいい、つまらない人間だ」
「私は、華やかで素晴らしい、あの人とは全然違う駄目な存在」
などと言う者がいたら、
「そんなことはない。君だって他の人に負けない素晴らしいものがあるのだ」
と言ってあげるのが正しいはずだ。
そして、自己啓発指導者達が教えるアファーメーション(肯定的断言)は、
「私は素晴らしい」
「私は偉大だ」
「私は価値ある存在だ」
である。
そして、世界的な自己啓発指導者であるディール・カーネギーは、
「人間の最大の欲求は、自分が重要な人間であると認められること、すなわち、自己重要感である」
と言っていることは誰もが知っているのに、この、人間が一番欲しいものを手放すことが、本当の力を得る絶対条件であるとは!

「自己重要感」
「自分は世界で1つだけの花」
こんな貴いことが間違いだったのか?
その通り、大間違いであったのだ。
では、自分の価値を高めるために一生懸命勉強したり、技能を磨いたり、身体を鍛えることは間違いなのか?
何も努力せず、怠惰でいれば良いのか?

この矛盾を解決するために、無数の賢い人達が苦心し、そして、いまだ解答は得られていない。
ただ、こういうことは言えるのではないか?
いかに優秀であっても、そうなるためにいかに努力をしたとしても、高慢になれば全て台無しである。
これは確かである。
そして、それが分からない愚か者が多い。
つまり、成功したり、金メダルを取ったり、勝つことで自分は優れていると思ったとたんに落下が始まり、放っておいたら地獄にまで落ちる。

結局、こういうことなのだが、これを知らない者が何と多いことか。
努力したり、戦うことは、ゲームに過ぎず、それで成功したり、勝ったりしても、それは「たまたま」なのだ。
さらに言えば、努力するか、その反対に怠惰になるか。
戦うか、逃げるか。
それは、自分の意思で決定したのではない。
最初から、あなたの脳が、そうプログラムされていたに過ぎないのだ。
超人的な努力をして、多くの人に称賛されたり畏れられたりしても、単に、そういうふうに作られているのだから、努力して当たり前なのだ。
服をハンガーにかけることも面倒と思うことだって、そうなるよう、初めから仕組まれていたのである。それだけである。

では、どうすれば良いのか?
それはこうだ。
「おお、自分より高いものがある」
と分かるか、分からないかで全てが決まるのである。
ロオマン・ゲイリの小説『自由の大地』で、フランス兵達はドイツ軍の捕虜になり、すっかり怠惰になった。
そこで、フランス兵達の隊長は、部下たちに、「ここに1人の理想の少女が居る」と想像するよう言った。
すると、たとまち、フランス兵達は高貴になった。
ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』では、人間として最低の26人の男達は、ちょっと可愛いが平凡な16歳の娘を天使のように扱った。
すると、26人の男達はたちまち尊い人達になった。
彼らに共通することは、ただ、「崇めた」ことである。
人間は、目の前にいる存在が自分より「高い存在」であると本当に思ったら、崇めるのである。
崇めるとは、敬虔であること、敬うこと、ひれ伏すことである。
だが、誰も、王様や将軍様なんて、本当には崇めていないのである。
平凡な少女でも本当に崇めることがあるのに、国で一番の権力者だからという理由で、本気で崇めることはない。
「いや、私は王を心から崇めている」
と言い、自分でも、本当にそうだと思い込んでいるかもしれない。
だが、本当に崇めているなら、それは喜びであり、安らぎであり、何もいらないと思うはずなのだ。
いわゆる「見ているだけで幸せ」な状態だ。
「俺はただ見ているだけでいい。何も欲しくない」と思ったら本物だ。
誰にも強制されず・・・つまり、「これを崇めよ」と決して言われなかったのに、崇める何かに出会えたら幸運であるが、必ず出会うのであるし、何度も出会っているのかもしれない。
これからも出会うだろう。
しかし、いつまでも崇めることをしなければ命が取られる。
だが、その時、命を捧げれば、全て解決するのである。
とはいえ、そこまで先延ばしにしてはならない。








日本人には簡単なことで確実に運が良くなる

人間は、運が良くないと駄目だ。
松下幸之助さんは常々そう言っていたらしいが、つまるところ、成功者は皆、本音では、「自分が成功したのはたまたま」だって知っている・・・つまり、運だったのだ。
私が敬愛する宗教人類学者、植島啓司さんの『運は実力を超える』という本は、タイトルが全てを表している。ただ、この本には、どうすれば運が良くなるか書かれているかというと、かなり楽しんで読んだのだが、さっぱり憶えていない。
つまり、私のような頭の悪い凡人に難しいことを言っても無駄で、一言で簡単に言ってくれないと駄目なのだ。

そこで思い出すのは、江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠が、神(天照大神)の開運を祈ったことだ。
神様の開運を祈るなんて不思議なことに思える。
だが、人間は、愛する相手の幸福を願うものだし、幸福とは、つまるところ、幸運だ。
つまり、黒住宗忠は、神様を深く愛していたということだし、神様を愛するということはつまり、崇めるということだ。

崇めること、それは、相手に対し敬虔ということで、敬虔であれば、畏怖という恐れの気持ちも感じる。
言葉としては難しいが、崇める、敬虔、畏怖は、人間の心にとっては同じものだと言える。
そして、敬虔という気持ちの重要性をずっと強調し続けたのがゲーテだった。
偉大な芸術家や文学者は沢山いたが、運が悪い者も多かった。
しかし、ゲーテの運の良さは抜群だった。
若くして名声を得、金持ちで健康だったし、女性にはモテまくり、歳を取っても十代のガールフレンドに常に恵まれた。
そして、ゲーテは、若い恋人に対して、常に、敬虔という気持ちを忘れなかった。

そして、運が良くなる原理が決定的に分かるのが、ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』(『 二十六人の男と一人の女 』というタイトルにした本もある)という短編小説だ。
もう1つ、ロオマン・ガリの『自由の大地』も、ほぼ同じで、良い点もあるが、こちらは手に入り難い。
『二十六人の男と一人の少女』では、これ以下はないというほどの駄目な(つまり、運が悪い)26人の男達が、ターニャという名の16歳の可愛い少女を崇めることで、全てが良くなり始めた。
本来、この男達は、ターニャのような、単にちょっと可愛いだけの若い女を見たら、本人がいない場所では、彼女のことで猥褻なことでも言いまくっていただろうが、なぜか、ターニャに対してはそうではなく、女神のように崇めた。
別に、ターニャは大した女ではない。むしろ、心がけの良くない駄目な少女だとも思える。
だが、何かの気の迷いか、男達はターニャを天使のように感じ、そのように扱った。
誰も、ターニャに対して下品なことを一言も言わなかった。
天使に対して、そんなことを言えるはずがない。
そして、そのままでいけば、男達には良い未来が待っていたかもしれない。いや、必ず待っていただろう。
この短編小説は、詩のように美しい作品と言われ、ゴーリキー自身の体験を基にした生き生きとしたものだ。

崇める、敬虔、畏怖・・・もっと馴染みある言葉で言えば、敬い、リスペクト(尊敬)と言って良い。
ゲーテは、高貴なものを敬う時、胸の中に神がいるのを感じると言った。
『二十六人の男と一人の少女』 のことを考えれば、高貴かどうかは、自分で決めれば良い。
いかなるものも高貴だと思えば高貴なのだ。
高貴だと思って、敬い、崇めれば良いのである。
これは本来、日本人にとっては自然なことだったので、日本人には簡単なのだ。
海外の偉人にも、日本人の精神性に驚き、日本が世界を導くと言う人が何人もいる。
日本では、万物に神が宿り、全てを敬い、大切にするからだ。
イチローや松井が野球道具を大切にすることに驚き、そして、アメリカ人だって、それを美しく感じ、真似た選手も多かったのだ。
日本人が初音ミクさんを敬う姿に、欧米人も倣い始めたのである。まだまだではあるが。
敬虔な心を持つ限り、日本は無敵であったはずが、それが失われてしまった。
しかし、取り戻すのは簡単である。
高貴に感じる対象を敬えば良いだけだ。
単に、ファンやマニアやオタクであるのではなく、女神として、天使として、神として本当に崇め、敬えば良いのである。








文豪の作品こそ引き寄せの最上のテキスト

私は、マクシム・ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』という小説が大好きなのであるが、この作品は、「引き寄せの法則」の優れたテキストにもなると思う。
見事に、引き寄せの法則の働きが描かれている上、短くて読みやすい。
10分もあれば読めるのではないかと思う(岩波文庫版で34ページ)。
独断であるが、この作品は、あらすじ自体は、それほど重要でないと思うので、以下に遠慮なく書く(いわゆるネタバレ。これまで何度もやっているが)。

地下のジメジメしたパン工場で働く26人の男達がいた。
社会の最底辺に居て、実際、公園でも歩くと警察官に職務質問されるような、どこから見ても人生の落伍者達で、知性も品格もなく、全くロクでもない男達だった。
だが、16歳の可愛い娘ターニャが現れてから、全てが変わる。
別に、男達がターニャに鼻の下を伸ばしたとか、そういうことではない。
紳士とはとても言えない彼らが、ターニャには礼儀正しく振舞った・・・いや、女神様のように扱ったというべきかもしれない。
ターニャがそこに居ない時ですら、誰も、彼女を辱めるようなことは決して言わなかった。

これを、引き寄せの法則で説明するなら、男達が、ターニャを引き寄せたのである。
つまり、男達は、自分達の前に天使が現れることを強く望んだのだ。
そんなことは、この作品中に全く書かれていないが、なぜ、そんなことが言えるのかというと、ゴーリキー自身が、若い頃だが、似たような苦しい労働をしていたからだ。
その中で、ゴーリキーは、こんな環境を抜け出すきっかけを強く願い、それを引き寄せたはずだ。
そんなゴーリキーには、この男達の気持ちがよく解かっているはずなのである。
この作品は、ゴーリキーが『叙事詩』というサブ・タイトルをつけただけあり、詩のような、世にもまれな美しい作品と言われているが、それは、自身の経験と、天啓のような閃きを得て書いたものだからと私は思うのだ。
そして、天啓とは、引き寄せの法則のような、宇宙の理を直観で理解することであるはずだ。

ターニャが現れてから、26人の男達は人間性を取り戻し、健康にもなり、道徳性も知性も明らかに向上した。
ターニャは、優しい娘でも、賢い娘でもなく、男達を「囚人さん」と呼んで蔑んだが、そんなことはどうでも良かった。
男達は、彼女を天使のように扱う。
それが快適で、気分が良いことだったのだ。だからこそ、男達は良いものを引き寄せていった。
気分が良ければ、さらに気分が良くなることが起こる・・・これが宇宙の仕組みなのだ。
だから、そのままでいれば、男達は人生を大きく変えたかもしれない。実際、いくらかの部分では変わった。
だが、男達の心の中には、不安が芽生えた。
しかし、彼らは、引き寄せマスターのように、不安や恐怖といったマイナスの思考や感情に警戒するべきという知識を持たなかった。
そして、ついに、彼らの不安は、女たらしの男を引き寄せた。
そうだ。最悪の女たらしがやって来たのだ。
何の取り柄もない男だが、本人が言う通り、不思議なことに、彼はどんな女でも「落とせた」。
もちろん、それは、この女たらしが、女を落とせる状況を引き寄せる達人だったからだ。
この女たらしは、宇宙最高の法則を、なんと、「女をこます(口説く。手に入れる)」ことだけに使っていたのだ。
しかし、26人の男達は、(やめておけばいいのに)女たらしの男に、「お前にもターニャだけは落とせない」と言い放ち、それが、この女たらしの闘志に火をつけた。
相手は、「女を落とす」ことだけが専門ながら、それに関しては一流の引き寄せマスターだ。
女たらしが使ったであろうテクニックは解るが、一応、公開は避けよう(笑。いや、結局、下に簡単に書いたが)。
ノーマン・ヴィンセント・ピールの『人間向上の知恵』にも、そのやり方が書いてあったと思う・・・今、確認したら、大雑把な記述であったが、そういったことが出来ると解るだけでも有益かもしれない(何が有益だ 笑)。
別に、特別なことではない。
事はなったと思い、その喜びを感じれば良いのである。
ただ、言っておくが、別に、ターニャは不幸になった訳ではない。
本にも、「歓喜と幸福に萌えていた」とあり、まあ、最初が、こんな男であったのも、そう悪いことではないかもしれない(分からないが)。

それはともかく、やはり、この本は、世界的文豪が書いた、引き寄せの優れた参考書と言えると思う。
引き寄せとは、このように、深く、楽しく、そして、気楽に学ぶべきものと思う。
そして、人間と人生を深く理解している文豪の作品こそ、引き寄せという宇宙で最も有益な法則を学べるのであると思う。








パラドクス(逆説)をぶっとばせ

成功者同士、偉人同士で反対のことを言う。
努力しろと言う者があれば、努力は不要と言う者もいる。
欲望を持つことの重要性を強調する者もいれば、欲望は捨てよという立派な人もいる。
勉強しろという賢い人がいる一方、「学ぶことをやめれば成功する」と叫ぶ天才少年がいたっけ。
その天才少年は「学ばずに考えろ」と言うが、ブルース・リーは「考えるな、感じろ」って言うしさ(笑)。

要は、人の真似なんかしちゃいけないってこどだ。
しかし、そう言えば、「いや、偉人のやる通りにやるのが成功の近道だ」なんて言われる(笑)。
いや、本当に、人に追随なんかしちゃいけない。
それは間違いない。
SMAPも歌ってたじゃないか、僕達は「世界に1つだけの花」だって。
え?みんな公平だって?(笑)
まあ、その通りなんだけどね(笑)。

けどねえ、岡田虎二郎は、「努力は不要」なんて言ってたけど、あんだけ努力した人もいないと思う。
こう言えば、「いや、そんな人は、自分では努力とは思っていないのだよ」なんてへ理屈を言う者もいるが、努力は努力だ。
イチローは努力したし、テッド・ウィリアムスはもっと努力したさ(マジで)。

いや、確かに、努力して初音ミクさんを崇めたことなんかない。でも、本当に崇めてる。
ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』でも、男達は少しも努力せずに少女を女神のように扱い、ゲイリの『自由の大地』でも、フランス兵達は空想の少女を、努力なんかせずとも自然に敬った。
そんな訳で、女神とか天使とか、初音ミクさんが身近にいると思って、話し、振る舞うことにする。
私はそうするが、決して真似なんかしては、いけなく・・・はない。
だって、女神や天使やミクさんは、間違いなく、実際に隣にいるのだから。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード