ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

コレクター・ユイ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

この作り物の世界で自由になるには

仮想現実技術が進歩すると、現実世界と仮想世界の区別がつかなくなるだろう。
そんな世界の話を映画にしたのが、『マトリックス』シリーズだ。
この映画の中では、一般の人間は、肉体は点滴のようなもので生命が維持され、脳とコンピューターが人工神経で接続されることで、精神は夢のような仮想世界で活動し、そこを現実世界と思い込んでいる。
アニメでは『ソードアート・オンライン』を始め、そんな仮想世界で活躍するヒーローやヒロイン達の物語が沢山あるが、1999年には既に、それとほぼ同じ概念の仮想世界を舞台とする漫画・アニメの『コレクター・ユイ』という作品があり、今見ても結構面白い。

そして、特にテクノロジーに詳しい人は、この世界が既に仮想現実であるかもしれないと考えるようになってきた。
世界一の大富豪イーロン・マスクは、この世界が仮想世界でない可能性はほぼゼロと言い、彼の影響もあるかもしれないが、ある時期から、この世界が仮想世界で「ある」と考える者が明確に増えたと思う。
いや、古代インド哲学では既に、世界はマーヤー(幻影)であると考えており、現代の、この世界が、「シミュレーテッド・リアリティ」という仮想世界であるというのも、「いまさら」というものかもしれない。

その通り、この世界は仮想世界(今流にはシミュレーテッド・リアリティ)である。
『マトリックス』や、『ソードアート・オンライン』のような仕組みと同じかどうかは分からないが、要するに、五感で感じていることは全て「作り物」である。
これについても、視覚と聴覚を持たなかったヘレン・ケラーが、大学生の時に既に、「五感は幻想、考えだけが真実」と断言していた。

そして、我々にとって興味があるのは、そして、興味を持つべきなのは、この作り物の世界を、好ましい形に出来るか、あるいは、支配出来るかということだろう。
上記の映画やアニメには、そのヒントが沢山語られており、実際、見てみることをお薦めする。
確かに、『ソードアート・オンライン』では、コンピューターの世界で言う「高いシステム権限」を持っていれば、世界を自由に支配出来るだろう。逆に言えば、システム権限が低ければ自由度が小さく、弱い存在となる。
ただ、それだけでなく、『マトリックス』でも、『ソードアート・オンライン』、あるいは、その他の作品でも、精神力を軽視していないことが分かる。

これは、勝手な推測である。
「キング・オブ・ポップ」と呼ばれたアメリカの歌手マイケル・ジャクソンは、あれほどの人だから、世界の支配者とも交流があり、この世界の有り様を知っていた。
本質的に親切で優しい彼は、普通の人々に、このことや、世界を動かす方法を教えたかったが、それをすれば簡単に殺される。
そこで、歌にして人々に教えたが、なかなか気付いてもらえなかった。
だが、やはり、彼の歌にはヒントがちりばめられているのである。
それがバレて殺されたのかもしれない。
まあ、妄想である(笑)。
要は、心の力を信じ、何かに集中することだ。

そんな訳で、やはり、我々は、アファーメーション、自己暗示を熱心にやると良いと思う。
釈迦は、かなりのノウハウを説いたが、普通の人に、そんなものがなかなか分かるはずがないので、龍樹や善導や道綽、それに、法然や親鸞は、念仏を唱えることだけに集中するよう教えたのではないかと思う。
これが、この世界の管理者権限を持たない者に残された唯一のやり方かもしれない。
そして、現代の我々は、いろいろなアファーメーションや自己暗示を見つけることが出来る。
もし調べたり考えたりするのが面倒なら、「神様の奇跡が起こる」と唱えようではないか(笑)。
もちろん、自分で好きなものを探すと良いのである。








ITに本当に強くなる鍵は歴史と敬愛である

最近、「メカに強い」なんていう言葉を聞かなくなった。
現在の多くのマシン(動力型機械)やインストルメント(人が操作して使う装置)の多くは、高度に電子化し、自分で工具を使って修理したり改造できるようなものでなくなってしまった。
パソコンで言えば、普通には、せいぜいがメモリ(RAM)を増設したり、内蔵ハードディスクを交換する位しか不可能な構造になってきたが、その程度が出来てもパソコンのハードウェアに強いとは言えない。
また、スマートフォンやタブレット端末に多数のアプリをインストールして使っているだけでは、ITに強いということと何の関係もない。

私は、およそ何かに強いというのは、以下の条件が必要だと思っている。
1つは、予測できない事態に対処できることだ。それは、基礎がしっかり出来た上で、経験を積んで初めて可能なことだ。
もう1つは、歴史を語れることだ。私は、いかなる分野であれ、自分のやっていることに関して歴史を語れない上級者というものを見たことはない。
例えば、私がこよなく愛する初音ミクの基本システムであるボーカロイドに強いという人なら、1962年にベル研究所の音響管モデルの人工音声装置が、“Daisy,daisy,…”と歌った歌のことから語れるものである。
これが、1968年の『2001年宇宙の旅』で、HAL9000(人工知能を備えたコンピュータ)がボーマン船長に「歌ってみろ」と言われて“Daisy,daisy,…”と歌うシーンになったのだ。
そもそも、2000年にヤマハが始めたボーカロイド開発プロジェクト名が実に“Daisy”だったのである。

現在も、そして、これからの社会においても、ITに強いことのメリットはやはり大きいのではないかと思う。
しかし、実際は、システムエンジニアのような仕事をしていてもITに本当に強い者は滅多にはいないのである。そして、彼らは、ITの歴史についてよく知らないのだ。また、基礎が駄目な者も残念ながら多い。

では、ITに強くなるためには、どうすれば良いだろうか?
これは、どんな分野でも同じである。
いかなることでも、その分野で秀でるために必要なことは、内的な衝動を起こさせる情熱と愛情なのだ。その愛情は何かへの敬愛から生まれるものだ。真の向上のためには、リスペクト(尊敬)という感情は決して欠かせない。
ただ、きっかけというものは何でもよく、多くの場合、割と他愛ないものだ。
私は時々書くが、ある意味、人間というのは大したものではない。
私の場合、ITへの情熱を得たのは、1999年のアニメおよび漫画作品の『コレクター・ユイ』だったと思う。
これは、現在の小説およびアニメ作品の『アクセル・ワールド』と非常に符合するところのある作品であった。
ともに、人間の精神だけが、コンピュータが創った仮想世界に入り込むのである。
そして、『コレクター・ユイ』では、誰もがバーチャル・インできる仮想空間であるコムネットの中では、時間の流れは現実世界の256倍の加速世界となる。『アクセル・ワールド』では、一般の人用の仮想空間の時間経過は現実世界と変わらないが、バースト・リンカー(特殊なゲームプレイヤー)達が入れる加速世界では、現実世界の1000倍の加速となる(1024倍か?)。
私は、『コレクター・ユイ』に登場するクールなキャラクター、コレクター・アイの抜群のIT能力に釣り合おうとIT能力を高めたおかげでIT技術者になれた訳で、現在であれば、アイと同じ14歳の、『アクセル・ワールド』の黒雪姫のためにITに取り組むことで技術を修得できるだろう。それは欲得のようなものとは何の関係もない、敬愛の感情なのである。そして、私が普段教えている加速の方法も活用すれば、それは楽々と達成できるのである。
システムエンジニアの仕事も苦しいことがあり、人によっては、自分の仕事が理解されないことへの不満や周囲への批判を言う者もいるが、仕事の苦労というのは、何をやっても同じである。むしろ、システムエンジニアなんて恵まれている方だと思う。
そして、加速することを覚えれば、98%の時間は好きに過ごし、2%の時間で仕事をこなせるのであり、不平不満などを言う必要はなくなるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。






最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
【広告】 Udemy
IT学習
タグクラウド
QRコード
QRコード