ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

コリン・ウィルソン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

本当の気分の良さ、幸福感とは何か

良い出来事を引き寄せるというのは、精神状態の問題だ。
スピリチュアル世界の人気者達は、引き寄せ状態にある精神状態を、「気分が良い」、「機嫌が良い」、「ワクワクする」、「ウキウキする」、「周波数が高い」等々と言うが、全部、同じことである。
しかし、ずっと、そんな状態でいられるわけがない。
しかも、それらが「本当は」どんなものか、誰もちゃんと説明しない(出来ないに違いない)。
じゃあ、誰も引き寄せが出来ないわけである。
だが、ちゃんと説明した人がいる。

私だって、仕事中に、初音ミクさんの動画をスマホで見ても、そんなに気分は良くなく、むしろ、気が重くなる。
あまりストーリーのない萌えアニメや、面白いだけのアニメを見ると憂うつになる。

良い精神状態・・・ワクワクでもウキウキでも同じだが、それは、一言で言い表すと何だろう?
近年では、心理学で、ゾーンとかフローとか言い、そちらの方がまだ、曖昧さや誤魔化しがない・・・ないが、いかんせん複雑だ。学術用語みたいなものだからね。
昔は、至高体験とか太洋感情とか言っていて、本当に優秀な人が、長く真面目に研究した結果、結局のところ、それは、忘我、没我、無我、エクスタシー等といった、法悦とか解脱といった宗教体験と同じようなものだと考えられたが、これも難し過ぎる。
そして、ついには、有名な世界的心理学者のアブラハム・マズローが「至高体験は偉大な人間にしかない。それが起こるのは偶然にまかせるしかない」と言う始末だ。
偉大な人間は極めて少なく、普通に言う、ワクワクや「ゴキゲン!」なんてものは何の役にも立たない。
だが、マズローと親交のあった中卒の作家が、あっさりと正解を言った。
その作家とは、イギリスの世界的作家コリン・ウィルソンである。
その正解とは、
「至高体験は誰にでもあるありふれたものだ。それは単に自分を幸運だと思うことだ」
である。
マズローも、これが正しいと認めざるを得なくなる。
マズローが、大学の自分の教室で、学生達に、「自分が幸運だと思ったこと」を発表させていったら、沢山の学生が至高体験に入ったからだ。
ちなみに、私も小規模な経営者達を対象にしたセミナーでやってみたが、同じことが起こった。

ある主婦は、夫や子供達が朝食を食べているのを見て、不意に至高体験に入った。
その時、朝陽がさっと差したらしい。それが、思考を奪ったのだろう。
すると、平和に朝食を食べている家族を見て、自分は幸運だなあと、しみじみと感じたのだ。
コリン・ウィルソン自身は、昔、家族旅行をした時、小さな娘の姿が見えなくなって必死で探し、無事に見つかった時のことを考えると、いつでも至高体験に入るという。
あなただって、自分が本当に幸運だと思ったことを、しっかり考えたら1つや2つは思い出せると思う。
確かに、美味しい食事をした時「こんな美味しいものが食べられてありがたいなあ」といったように、あらゆることに感謝するのも良い方法だが、正直言って、退屈だと思う。
それよりも、自分の幸運な体験を思い出す方が、ドカンと心の周波数が上がる。これは、必要な時・・・心の周波数を上げ、宇宙の恵みを得たい時にやれば良い。

スピリチュアル系の有名人・人気者達が、いい加減に言っている「良い気分」、「ワクワク」、「周波数を上げりゃいいんだ」というのは、こんなふうにちゃんと説明しないと分からない。
それは、単に、刺激的だったり、快楽だったり、「ごっきげん!」といったものとは全く違うのである。








天国の感覚

至高体験、超越意識体験、純粋意識体験、ゾーン、フロー・・・何と呼んでも構わないが、誰しも、普段の意識の状態とは違う、恍惚とした、神秘的な、ある意味異様な、宙に浮いているような、星に親しく見られているような・・・誰でも、そんな感覚になったことがあるはずである。
その時、その人は、無に限りなく近づいている。
人間は、無になれば不可能はない・・・どんな願いも叶う。
その感覚を得るために、厳しい修行をしたり、長時間の瞑想に励む者もいると思う。
しかし、過去に、我々がその感覚を得た時、修行や瞑想なんかしていなかった。

世界的心理学者アブラハム・マズローも、その感覚は、稀にしか訪れない、特殊なものだと思っていた。
だが、英国の作家コリン・ウィルソンは、そんなものは、しょっちゅう起こっているし、意図的に起こすことも出来ると言い、後に、マズローも同意した。
特に、学校が嫌いな子供なら、明日から夏休みという日には、そんな感覚が起こりっぱなしだ。
私は、小学4年生の時の、明日から夏休みという日の、学校からの帰り道、誰もいない道を歩いていて、空き地に茂る草を見た時に、その感覚が起こったことを、今でも鮮明に思い出す。
その感覚は、敢えて言葉で言えば、至福、静寂、光明、幽玄、純粋、透明、栄光・・・まあ、そんなところだろうか。
映画『小さな恋のメロディ(原題:Melody)』の原作小説(映画の脚本を書いたアラン・パーカーの作品)の中で、主人公の11歳の少年ダニエルは、幸福な時の気分を「天国」と表現していた。
なるほど、確かに、あの無の感覚は天国とも言える。
きっと、アラン・パーカー自身がそうだったのだろう。
天才画家が描いた天国、あるいは、天使の絵には、無の感覚を呼び覚ますものが多い。
それは、人間が描いた絵ではなく、神のような何かが画家の手を通して描いたものだろう。
私の場合、ギュスターヴ・ドレや、マルク・シャガールの、天国や天使の絵を見ると、いつも、その感覚に近付く。

つまらないものを見ている時間を、至福の感覚を思い出したり、天国や天使の絵画を見ることに当て、純粋意識に馴染んでいけば、少しずつでも、世界の中心に近付く(それが無である)。
そこは、世界を形作る者の座である。








人生を変えてしまう秘法

人間は、誰しも、自分の願いを叶えたいと思っている。
それで、願いが叶うことを強く期待したり、願いを叶えるためにかなり奮闘する人もいる。
だが、なかなか願いは叶わないし、叶うきざしも見えないので憂うつな想いでいる人も多いと思う。
しかし、願いは常に100%叶っている。
目の前にあるのは、願った通りの世界だ。
もちろん、意識の大半(一説では9割以上)を占める無意識の願いが叶っているのであり、無意識の願いは、親や学校やテレビなどで誘導されて作られたものだ。
ただ、実は、意識と無意識は、それほど境界がはっきりしているわけではない。
コップの水の中に落とした一滴のインクが、コップの水全体に広がるように、意識を拡大していけば、無意識の願いが分かり、無意識の願いが気に入らなければ、それを変えることが出来る。
英国の作家コリン・ウィルソンが愛読していたH.G.ウェルズの自伝的小説『ポリー氏の人生』で、ポリー氏が言った、ウィルソンの座右の銘になった言葉「人生が気に入らないなら、変えてしまえばいい」を行う方法は、無意識を変えることである。
コリン・ウィルソンは、自殺の実行中にそれに気付いた。
青酸カリを口に含む瞬間に、意識が無意識の中に広がったのだ。まあ、これは、意識が消えたように感じるのだが。
そうなれば、願うまでもなく、幸運がやって来る。

で、意識を無意識の中に広げるには、いろんな方法があり、選り取り見取りであるが、まあ、ウィルソンのように自殺を試みることはやめた方が良い。成功率が低いからだ。
私が思うに、一番簡単なのは、力を向いて、淡々と腕振り運動か、四股踏み運動をすることで、実際、そんなことをしている人は引き寄せがうまい。
かなり腕振り運動や四股踏み運動をやりながら、引き寄せが出来ないのは、頑張ってやっているから・・・つまり、力が入り過ぎているからだ。
楽に、つまり、リラックスしてそれらをやるコツは「楽に3千回やろう」と思うことだ。実際、楽だし、楽に出来たら、別に3千回やらなくても良いと思う。
もう1つ、簡単な方法は、自分が「幸運だったなあ」と思う経験を思い出すことだ。
メカニズムは省くが、自分の幸運だった経験を思い出す度に、意識が無意識に広がっていくのである。そうなると、願うまでもなく、幸運がやって来る。

話をややこしくしないために、今回は、このくらいにしておくが、是非やってみて欲しい・・・というのではなく、私がやろうと思う。超利己主義である(笑)。








至高体験を起こす

至高体験という、最高の幸福感に満たされる心理現象がある。
それは、麻薬で感じる快楽とは異なり、肉体ではなく、心で感じるものだ。
世界的心理学者のアブラハム・マズローは、「偉大な人間と平凡な人間の違いは、至高体験の有無だけ」と言った。
だが、英国の作家コリン・ウィルソンは、「至高体験は誰にでもある、ありふれたもの」と言い、やがて、マズローもそれを認めた。
ただ、やはり、平凡な人間は、至高体験を覚えていないのだ。
そしてさらに言えば、偉大な人間は、至高体験を、割と容易に「起こすことが出来る」。
至高体験は、宗教で言う法悦と同じで、神がかった状態であり、人間を万能にする。
よって、我々は、至高体験を起こせるようになった方が良い。

そもそも、至高体験の正体とは何だろう?
これも、コリン・ウィルソンが、あっさりと明かしている。
それは単に、「自分を幸運だと思うこと」だ。
これが分かれば、至高体験を起こせるようになったも同然だ。
つまり、自分の幸運に、喜んだり、感謝すれば良い。
たとえば、住む家があることに「ありがたいなあ」とか「ツイてるなあ」とか「嬉しいなあ」と思えば良い。
あるいは、着る服があること、見る目があること、食べる物があること、試験の成績が良かったこと・・・何でもいい。
これらは皆、幸運だから得られたのだということを認識しなければならない。
そんな幸運なことを見つけたら、口や心の中で、さっきの「ありがたいなあ」とか「ツイてるなあ」といった言葉を言えば良いだろう。
どんな言葉を言うかは、自分にピッタリくるものであれば、別に決まりはなく、何でも良い。
そんなことをやっていたら、至高体験を起こすことが出来るようになる。
そうなれば、自由自在にならないわけがない。








現実を創造する人間の精神性を得る方法

人間の想念が現実を創ることを描いたフィクションに心惹かれるなら、あなたにも、その能力がある。
楳図かずおさんの漫画作品『洗礼』、谷川流さんの小説・アニメ『涼宮ハルヒ』シリーズ、城平京さんの小説・アニメ『虚構推理』などが、そのようなお話だが、他にも沢山あるはずだ。
『涼宮ハルヒ』シリーズでは、涼宮ハルヒという特別な力を持った少女が、無自覚に世界を大きく動かす。
だが、『洗礼』では、少々変わった家庭で育った、そして、大変な美少女ではあっても、別に特別な少女ではないさくらが、不思議で恐ろしい現実を作り出す。
そして、『虚構推理』では、特別な能力を持った人間は、可能な範囲でそれを行うが、平凡な人間であっても、SNSを媒介にして、共同で想念を作れば、あり得ないような現実を作り出すことが描かれている。
これらは、普通、あくまでフィクションとされるが、ここまでドラマチックではなくても、そんなことを何度もやった私からすれば、やはり、こんなことは起こり得るし、起こっているし、本来は誰でも起こせるのである。

引き寄せのマスタークラスの人がよく、「お金をうまく得られない人は、心がお金の受け取りを拒否している」と書いてあるのをよく見るが、それは本当に正しい。
ただし、私など、その仕組みが分かっていながら拒否することがあり、心の性質というものは、なかなか厄介である。
心の性質を変えるため、肯定的な言葉を唱えたり、催眠療法を施すこともあると思うが、大抵はうまくいかない。
凡人の心は、それほど強固に、駄目な方向に固定されているのである。
普通の生活を普通に送っている限り、精神の傾向は変わったりしない。
よほど驚くか、よほど感動するか、あるいは、よほど絶望するか・・・などといったことでもない限り、心のベクトルは変わらないのだ。
いわゆる、人生観を変える出来事が必要だ。
誰だったか、ある偉人は、目の前で、犬が雷に打たれて死ぬのを見て人生観を変えたらしいが、多くの偉大な人物には、そんな経験があり、そんな経験がないから平凡な人間であるのかもしれない。

人生観を変える体験は、ゾーンとかフローと呼ばれる体験の一種であり、昔、世界的心理学者のアブラハム・マズローは、そんな体験を至高体験と呼んだ。
そして、マズローは、「偉大な人間とそうでない人間との唯一の違いは、至高体験があるかないかだ」と言ったが、英国の作家コリン・ウィルソンは、「至高体験はありふれたもので、誰でも体験している」と言い、後にマズローもそれに同意した。
大切なことは、至高体験の頻度というよりは、それを覚えているかどうかだ。
そして、それは思い出せる。
どうやって思い出すのかというと、最も簡単なのは、他の人の至高体験を聞くことだ。
マズローも大学で、その実験をやった。教室で学生達に、自分の至高体験を語ってもらうと、それを聞いていた学生達が次々に至高体験に入っていった。
私も、主に小規模な企業の経営者を集めたセミナーでやってみたことがあり、やはり、そんなふうになった。
そんな会に参加する機会がなければ、至高体験が提示されている本を読むのも手である。
コリン・ウィルソンの『右脳の冒険』には、そんなことが書かれているだけでなく、疑似至高体験を起こす簡単な方法が紹介されている。
それは、「ペン・トリック」と呼ばれ、59ページあたりに書かれている。
やり方を簡単に言えば、模様のない背景の中にかざしたペンや鉛筆の先に意識を集中させては緩めるということを繰り返すだけである。
興味があれば、本を参照していただきたい。

また、度々言うが、腕振り運動や四股を、淡々と丁寧に長時間行っていれば、至高体験、ゾーン、フロー、あるいは、それらに近い意識状態になる。
だから、これらを熱心にやっている者は引き寄せがうまい場合が多い。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード