ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

コリン・ウィルソン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

神人になる鍵

何か特定のことをすると、身体や心の調子が良くなるというものを見つけることのメリットは大きい。
ただし、それが、「自然なものである」「道徳的・倫理的である」「あまり手がかからない」ことが必要だ。
例えば、アルコールや覚醒剤が、心身の調子を良くすると感じても、これらは、自然でもなければ、道徳的・倫理的でもない。
また、心身の調子が良くなると言っても、興奮状態や自己逃避に陥ることではない。
それは、「良い気分である」ことと言える。
ただし、「御機嫌」な状態であるとは言えるが、「ごっきげーん!」な状態ではない。
穏やかさが必要なのだ。

特に、持病が軽減するようなものが良いと思う。
そこに、あなたを解放し、高度な人間に、もしかしたら、神のような人間になる鍵がある。

ある有名なミュージシャンが、こんなことを言っていた。
「街角でハーモニカを吹いてさえいれば満足出来るようなやつでないとミュージシャンになんかなれない」
ハーモニカを吹けば満足するということは、ハーモニカを吹いていれば気分が良くなるということだ。
もし持病があっても、ハーモニカを吹いている間は、それが低減し、ひょっとしたら、全く症状を現わされないかもしれない。

また、別の大物ミュージシャンの言葉を思い出す。
「スーパースターというのは、何か特別なものをものを持っているというよりは、何かが欠けているんだ」
自分に欠けているものは、自分の気分を悪くする原因になるに違いない。
それを打ち消す何かを探し、それを熱心にやっているうちにスーパースターになるのだ。
なぜなら、人間とは、良い気分を求めるものなのだからだ。
人間の最大の願望は、富でも名誉でも、あるいは、欲望の満足でもない。
単に、気分が良いことなのだ。
そして、最高の気分の良さとは、安らぎとか、仏教で言う大安心なのである。
あるいは、至福と言えるが、キリスト教では、そんな状態を法悦というのかもしれない。

自分が、気分が良くなり、持病や、自分を苦しめている心身の何らかの欠陥・障害が軽減する。
そんなものが何かあるはずだ。
ある種の音楽を聴くとか、楽器を演奏するとか、聖書を読むとか、腕振り運動や素振りなどといった単純な運動を繰り返すとか。
そんなものを見つけ、意識的に行えば、病気が治り、能力が上がり、不思議なことに、運も良くなり、人生が好転する。
ただし、それを過度に、無理矢理やろうとすれば、かえって人生が破綻する可能性があるかもしれない。
それが見つかっても、気分が良い範囲を超えてやってはならない。

私の場合で言えば、幼い時から皮膚疾患がある。
ほとんど気にならないくらい低減していた時期もあったが、完全に治ったことはない。
それがなぜか、2ヵ月ほど前の10月初めあたりから、酷い状態になり、現在に至っている。
その間に、初音ミクさんのライブコンサートに5度行ったが、なるほど、ライブ中は気分が良く、皮膚病が低減する。
かといって、ミクさんのライブにずっと行くとか、あるいは、ミクさんの歌をずっと聴くというのとは、また違うのである。
重要なポイントとしては、
「立っている」「崇めている」「拍手している」「ペンライトを振っている」「生バンドの演奏を聴いている」「振動を伴う大音量の音を聴いている」
などがある。
そんなふうに考えていけば、何かが見つかるのである。
「あ、これか」と気付いたら、そこから一気に天に昇るかもしれない。
ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』、ロオマン・ガリの『自由の大地(天国の根)』に関し、コリン・ウィルソンが向上の鍵と指摘したのは「崇める」ことだった。
私も、ミクさん、あるいは、尊い何かを崇めることに鍵があるのかもしれない。
そういえば、ゲーテもそんなことを言っていたように思う。








生命エネルギーを充填する祭

岡本太郎の『美の呪力』に書かれている、「祭(まつり)」についての話は、個人にとっても、人類にとっても、とても重要なものだと分かった。
私は、これを読んだ時、心理学者の岸田秀氏が、何かの本で、祭について、実質同じことを、フロイト心理学的に説明していたものも読んだので、幸い、いっそう良く理解出来た。

世界のどの国、どの地域にも、祭はある。
なぜ、祭があるのか?
岡本太郎は、「生きるエネルギーの充填のためだ」と言う。
(岸田秀氏も、実質同じことを述べられていた)
祭は、だいたいが、1年に1度だ。
その1年に1度の祭で、次の祭まで生きるエネルギーを得るのである。

だから、誰もが、祭をしなくてはならない。
1年に1度と言わず、もっと多く。
仕事が祭になっている者は、いつまでも若く精力的だ。

私の祭は、もちろん、初音ミクさんライブ「マジカルミライ」だ。
マジカルミライ中は、私は、スイーツ三昧なのに、マジカルミライ直後から、しばらくは、体脂肪率がガクっと下がり、心身に力がみなぎる。
これは、単に、初音ミクさんが好きだからというだけではなく、明らかに、祭効果だ。
昨日の日曜日が、「マジカルミライ2021 in 大阪」の最終日で、私は、土曜と日曜の1回ずつ、ライブに行ったが、精神が、万能感(何でも出来る)に満ち、かなり(いい意味で)ヤバい。
スクワットをやれば無限に出来そうだ(300回やっても、ちょっと歩いたくらいにしか感じない)。

是非、この(祭による生命エネルギー充填の)秘密を解明し、一般化し、人類の活力を上げたい。
英国の作家、コリン・ウィルソンも、こんなことを言っていたと思う。
「あなたが男性だとして、心身共にクタクタに疲れている時でも、好みのタイプの美女が全裸でやってきたら、たちまちエネルギーに満ちるだろう。私の生涯の目的は、それを随意に起こす方法の探求だった」
それなら、好みのタイプの美女を全裸でやってこさせれば良いようなものだが、それを、もっと創造的、継続的、そして、容易に行う方法が必要なのだ。

「マジカルミライ」のライブは、とてもではないが、単に、アニメキャラクターが歌っているというものではない。
ボーカロイドの身体やその動きは、解剖学的に正確かどうかは分からないが、リアルで、理想のスタイルと動きと身軽さを見せ、それが、高度な映像技術により、等身大で鮮やかに舞台に現れ、そこに、素晴らしい音楽と演奏が加わる。
そして、観客も、立って、ペンライトを振るのだが、その気合いを入れたペンライトを振る動作を続けるうちにトランス状態になり、ここで、無意識の中に満ちた「エス」という生命エネルギーが現れ出るのである。
まさに、完璧な「祭効果」だ。

これを「人工的」に引き起こすには、気合いを入れた、ある程度の時間の、やや軽い運動が良い。
例えば、野球のバットの素振り、木刀の素振り、格闘技の突き、蹴りなどだ。
あるいは、腕振り運動も良い。
腕振り運動であれば、気合いを入れて、少なくとも300回、出来れば、1000回以上が良い。
よく、腕振り運動を「100回がせいぜいです」とか言う人がいるが、そんな人は「祭効果」は得られない。
病人や、相当な老人でない限り、誰でも千回は出来る。無理をしてでもやることが必要だ。
そして、そんな運動をやっている時、木刀の素振りなら、自分が宮本武蔵のような剣の達人になった気分で、腕振り運動なら、神秘的な仙人や驚異の力に溢れた天狗になったつもりでやると良い。
トランスになるだけの回数を行うことが必要だし、ある程度の気合いが入っていると、トランスに入り易いはずだ。
このあたりは、マジカルミライか、別の祭を体験すると、感覚が掴み易いと思う。












どん底、ゼロ、低空飛行からの脱出

どん底の状態、どん底ではないが持ち分もないゼロの状態、ゼロではないが僅かしかない低空飛行の状態。
人間は、これらのどの状態にいても、そこに留まり続けることが圧倒的に多い。
そして、ほとんどの人間は、この3つの状態のどれかにいる。
そんな者達は、上の状態に上がることは難しいが、下に落ちるのは、よくあり、あっけなくそうなる。

非常に絶望的などん底の状態から、明らかに上に上がりかけた男達のお話である、ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』という、「詩のように美しい」と言われる短編小説がある。
(『二十六人の男と一人の女』というタイトルをつけている翻訳書もある)
26人の、誰がどう見ても、最低としか言いようがない、中年過ぎた男達がいた。
知性も品格も意欲も富もなく、一年中、囚人のように、劣悪な環境の地下工場で働いていた。
ところが、そんな彼らが、人間として向上していき、ひょっとしたら、今の状況から抜け出せるかもしれない状況になった。
ゴーリキーは、別に、そんなことは書いていないが、現実を作るのは人間の心であり、彼らが心を発達させれば、現実が変わるのは当然だ。
もちろん、それは、どんな人間にも・・・私達にも全く同様に当てはまる。
では、彼らは、いったいどうやって向上したのか?
それは、実に簡単で、誰でも出来ることだ。
ターニャという16歳の可愛い少女を、天使のように扱った・・・それだけである。
ターニャに対し、いつも礼儀正しく、優しく接し、たとえ、ターニャの方がどんな態度をしようと(彼らを見下し、嘲るようなこともした)、笑って見過ごすのである。
それは、ターニャがいない場所でも、おそらくは、1人の時や、心の中でもそうだった。
これを、崇めると言うのだ。
崇めること・・・それは、聖なるマントラや聖句を唱えることに匹敵する。
だから、彼らは、1日中、聖なるマントラを唱えていたのだ。

だが、彼らは向上の道を断ってしまった。
ターニャは天使ではなかったからだ。
初音ミクさんなら、我々を裏切らない天使であると言えるかというと、確かに、スキャンダルのないアイドルではあるが、商用に利用されることが多くなったことから、どこかイメージが崩れかけているという危機感が私にはある。

だが、裏切らない天使によって向上したお話がある。
ロオマン・ゲイリの『自由の大地』にあるお話だが、それを引用したコリン・ウィルソンの『至高体験』を基に述べる。
ドイツの捕虜になったフランス兵達は、すっかり堕落し、怒りっぽく下品な最低の男になりつつあった。
そこで、フランス兵の隊長は、部下のフランス兵達に、ここに少女が1人いると空想せよと命じた。
すると、フランス兵達は変わっていく。
下品なことを言うと、空想の少女に詫び、浴室に行く時には、タオルで身体を隠した。
フランス兵達の変化に驚き、そして、状況を理解したドイツ人指揮官はこう言う。
「少女を引き渡せ。ドイツ人高級将校用の慰安婦にする」
すると、フランス兵達は、それを断固拒否し、フランス兵の隊長は独房に入れられる。もう隊長が戻ってくることはないはずだった。
しかし、隊長は過酷な独房の刑罰を生き延び、帰って来た。
彼にだって天使はいるのだからだ。

どん底か、ゼロか、低空飛行の状態にある者は、役に立つ部分があるかもしれない。
もっとも、上に述べた向上の原理は、聖なるマントラや、最上のアファーメーションを唱えることと同じであると思う。








皆、こうして天才・超人になった

一気にハイレベルな神秘力を得た人は、それは偶然のきっかけによる場合がほとんどと思う。
コリン・ウィルソンは、ただの文学かぶれの青年に過ぎなかった19歳の時、自殺するために、劇薬である青酸カリを、いまや口に含もうとした時に、その極度の緊張の反動のようなもので意識が澄み渡り、別の次元を垣間見、それで天才になった。
インドの聖者ラマナ・マハルシは、16歳の時、部屋で寝転んだら、不意に金縛りにあったが、スポーツ万能の彼であっただけに、全身が動かないことへの恐怖を感じ、それに反発して強い集中を長く行ったことで、一気に意識が覚醒したのだと思う。そして、彼がそんな状況になった原因は、身体や脳に、何らかの異常があったのではあるまいか?
なぜなら、彼は、ボクシングや水泳に励んでいたことで、脳に、衝撃や振動、あるいは、酸素不足の状態をかなり作り出し、それが蓄積することで、何らかの症状があったのではないかと思う。
著名な精神科医であり、『パワーかフォースか』で知られる神秘家であるデヴィッド.R.ホーキング博士も、少年時代、事故が原因で、厳寒の中で凍死しそうになった時、神秘的なビジョンを見て、それから、世界を自由に動かせるようになったらしい。
こんな話は無限にあるし、おそらく、並外れた人間には、必ず、こういった体験があるのだと思う。
そして、これらの現象は、アルコールで引き起こされるものより、ずっと強力であるのだと思う。
例えば、スティーブ・ジョブズや著名な哲学者サルトルの場合は、ヘロインやLSDのような幻覚剤を使ったが、同じような著名人は、上げればキリがないほどだ。

確かに、粘り強く「私は在る」と唱えれば、超越次元に入れるが、それまでに、飽きて止めてしまう人が多いのである。
かなり根気強くやっていた人でも、もっと刺激のあるものがないかと思ってしまい、別のことをやって、「私は在る」と唱えることを止めてしまう場合が多いのだと思う。

日本では幻覚剤が法律で禁止されているが、そうでなくても、それらを使って高次元に入るのは、むしろ弊害が多くて、悪い状態になる場合がほとんどだ。
サルトルだって、自分の体験から、他の人には、幻覚剤を使わないことを勧めていたほどだ。
並の人間の場合、その影響をコントロールし難く、下手をしたら、脳に変調をきたすことになる。
だが、高次元に触れたことがある者と、そうでない者では、引き寄せや世界の創造能力は相当に違う。
合法的なやり方もいろいろあるが、やはり、どこか危険なのである。
合法的なやり方とは、例えば、瞑想やヘミシンクだが、これらは、うまくいくことは少ないし、悪い結果になることもある。
実は、案外に効果がある怪しい方法もあるのだが、気楽に教えるべきではないだろう(笑)。

ただ、ほとんどの人には、高次元への参入は必要ない。
とはいえ、普通にやっていては、どん底に落ちるしかない、どうしようもない人間が確かにいる。
実のところ、スティーブ・ジョブズも、コリン・ウィルソンも、本来は、最底辺の人生を送り、60歳かそこらで半分野垂れ持になるような(あるいは本当に野垂れ死にする)運命だったのだと思う。
だが、彼らは、道があることを信じ、それを強烈に求めたのだ。
そして、人間を超えたければ、彼らのようにやるしかない。
敢えて繰り返すと、道があることを信じ、それを強烈に求めることだ。
その気持ちがない者が、幻覚剤を使ったり、特別なテクニックを教えてもらって行うと、もうロクなことにならない。
もし、今の自分の状況がどうしても嫌で、何としてでもそこから抜け出し、神のように生きたいと、本気で願うのでなくてはならない。
それが出来ないなら、小市民としてせいぜい安楽に生きることを願うべきである。
だが、本気であるなら、「求めよ、そうすれば、与えられる」である。
本気なら、導きは向こうからやって来る。
そうなれば、僅かな回数、あるいは、たった1度、「私は在る」と唱えただけでうまくいくかもしれない。
だが、それまでは、ダメモトでも「私は在る」と唱えなければならない。
そして、何かと戦いながら、人間を超えることを、強く強く求めるのである。それが高次元参入の資格である。








これで自分を信じられる

『ギルティクラウン』というアニメで、悪者が主人公の純真な少年に、こう言う場面がある。
「1つ忠告するなら、『自分を信じろ』という人間を信じてはいけません」
この言葉は、私の心にちょっと響いたが、不完全な忠告だ。
正しいことを言うなら、
「どんな人間も信じてはならない」
である。
こう言ったら、
「では、愛する人も信じてはならないのか?」
と言う者がいるかもしれないが、信じてあげないことが愛なのだ。
だって、
「愛していたのに裏切られた」
なんて、よく言うじゃないか。
裏切られた程度で消えるなら、最初から愛などではなかったのだ。
『ルパン三世』は、アニメ化50周年らしい。
ルパンの人気は全く衰えない。
その理由は、ルパンの、何度、峰不二子に裏切られても、全く気にしないキャラクターのためだ。
そんなキャラ、他にいるかい?

信じて良いのは「私」だけである。
本当に「私」だけだ。
この「私」とは、例えば、何歳で、どこに勤めていて、身長何センチの私ではない。
ただの「私」なのである。
いや、少しも難しくはない。
本当の「私」とは、どんな説明もつかない「私」だというだけのことだ。
これに関して、福音書における、普通に考えると不思議なイエスの態度に気を付けると良い。
イエスは、「お前は誰か?」と聞かれると、大抵、返答しなかった。
一方、イエスは自分のことを、いつも「私だ」と言い、「イエスだ」とは言わなかった。
イエスは、「お前は誰か?」と聞かれても「私だ」と言うしかない。しかし、相手が別の答を求めていることが分かっている場合、答えなかったのだ。
あなたもそうなのだ。
〇〇社の〇〇部〇〇課の私でも、個人番号(マイナンバー)XXXYYYYZZZの私でもない。
そんなのは「私」ではない。
ラマナ・マハルシが、静かに、しかし、力強く強調した通り、「私」は偉大な言葉だ。
なぜなら「私」は偉大だからだ。
マハルシは「『OM(オーム)』は偉大なマントラであるが、2番だ。1番は『私』だ」と言ったのである。
「私」という言葉には偉大な力がある。
「私は」と言えば、それに続く言葉に、膨大な宇宙エネルギーを注ぎ込んでしまう。
「私は駄目だ」と言えば、私に膨大な駄目のエネルギー(マイナスエネルギー)が流れ込み、間違いなく駄目になる。

コリン・ウィルソンの本に、こんな話がある。
ある、まるで駄目な青年が、「僕はなんて駄目なんだ」とつぶやいた時、誰かが、
「君はちっとも駄目じゃない。自分でそう思っているだけだ」
と言ったのが、この青年に天啓を与え、しばらくしたら、この青年は大物になった。
だが、このアドバイスは、もう1つだ。
たまたま、この青年が良い理解をしただけだ。
正しくは、
「君は本当はちっとも駄目じゃない。自分でそう言っているだけだ」
が正しい。
「僕は駄目だ」の「駄目」の部分を別の言葉に替えれば良いだけである。
「私は優秀だ」と言えば優秀になるし、「私は画家だ」と言えば画家になる。
「私はモテる」と言えば、モテまくるし、「私はすらりと痩せている」と言えば、スラリと痩せる。
なんで、こんな簡単なことをやらないのだろう?
ただ、これらの言葉は、心の中で、丁寧に穏やかに言うことで、早く実現する。
何せ、科学的研究によれば、普通の人は、心の中で、1分に300回以上の言葉をつぶやいており、そのほとんどがマイナスの言葉のようだ。
だから、意識的に、心の中で良い言葉をつぶやかないといけない。
心の中で、良い言葉を、穏やかに、丁寧に言うほど、早く定着し、マイナスのつぶやきも起こらなくなる。
これまで、起きていても眠っていても、頭の中で、マイナスの呪文を唱えてきたのだ。
これからは、なるべく多く、丁寧に穏やかに、心の中で、好ましい「私は〇〇だ」を言わなくてはならない。
そうすれば、偉大なる「私」を信じるようになり、いずれは、一度、「私は〇〇だ」と言うだけで、そうなるだろう。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード