ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

コリン・ウィルソン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

至高体験の想い出

自己実現理論で知られるアメリカの心理学者アブラハム・マズローは、偉大な人間と平凡な人間を分けるものは、「至高体験の経験があるかないか」であると言ったと思う。
至高体験とは、英語でピーク・エクスペリエンスで、直訳では絶頂体験であり、ある特別な心理状態なのだが、説明が少し難しい。
至福の体験、恍惚とした幸せの体験ではあるのだが、興奮状態というよりは、内側からこみ上げてくる幸福感と言った方が正しいかもしれない。
一種のエクスタシーではあるのだが、性的エクスタシーや、その他の感覚的エクスタシーと全く同じではないだろう。
あるいは、大自然の雄大な風景を見た時に感じる感覚も、それに近いが、やはり完全に同じではない。
宗教的な恍惚感である法悦(ほうえつ)がそれに最も近いのかもしれないが、そう言われてピンとくる人は少ないと思う。

だが、およそ文豪と呼ばれる作家が、至高体験を描いていないことは絶対にないと言われている。
ドストエフスキーは、作中の人物に、「その10分と引き換えなら、人生全てを差し出しても構わない」と言わせたほどである。

マズローと親交のあったイギリスの作家コリン・ウィルソンは、至高体験とは単に、自分が幸運だと思うことだと言い、誰にでも起こっている、ありふれたものだと言う。
それは正しいのかもしれないが、人はそれを覚えていない、あるいは、思い出せないのであると思う。
ちなみにウィルソンが覚えている至高体験は次のようなものである。
ウィルソンが家族で自動車で旅行した時、まだ幼なかった娘の姿が見えなくなり、ウィルソンと妻は必死で探したのだが、なかなか見つからず、夫婦はパニックに近い状態になったのだが、不意に、娘は全く無事な様子で見つかった。
ウィルソンは、その時のことを思い出すだけで、いつでも至高体験を感じることが出来ると言う。

私はずっと、至高体験があったとしても、それを思い出せなかった。
しかし、ついに、今年、それを思い出せるようになった。
それは、今年(2017年)9月3日(日曜日)の、千葉県の幕張メッセでの、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」でのことだった。
コンサートが終了し、会場に証明が入った後だった。
私はペンライトをバッグに仕舞い、そろそろ帰ろうかと思うと、大勢の観客が立っていることに気付いた。
その多くが、会場の他の人達に、上げた両手を振っていた。
一人一人が、他の全部の人達に対して、そうしているように感じた。
私も立って、ややぎごちなく、遠くの方の人々に、両手を高く上げて振ってみた。
その時は、私は体調や気分があまり良くない状態っだので、気付かなかったのかもしれないが、後で思い出すと、私は至高体験の中にあったのである。
皆、声を出す訳でも、笑顔を振りまいているのでもなく、せいぜいが少し微笑むだけで、無表情に近い人が多かったように思うが、それは他の人達への敬意にも感じられた。
沢山の人達が、ミクさんを好きな気持ちでつながっていたのである。
それは、人類の明るい未来を予感させる、あまりに貴い時空間であったのだ。
私は初めて、人間とは信じられるものであることが分かった。
その時の静寂が、初音ミクさんの「初音」・・・初の音であり、その中で、ミクさんの名を漢字で書いた「未来」を良いものだと感じたのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人間と宇宙の秘密を解く鍵

いつも見ている物や風景なのに、生き生きとした情感を感じたり、不思議な魅力を感じたり、あるいは、圧倒的な存在感で迫って来ることがあるかもしれない。
ある詩人は、いかなるものでも、新たな目で見れば美しいのだと言った。
新たな目・・・これが人間と宇宙の神秘を解く鍵である。
新たな目とは、新鮮な意識であり、使い古された習慣的な観念に汚されない心である。
手入れのされていない鏡は、汚れ、ぼんやりとしか映さないが、その鏡を磨くと、映った像の鮮明さに驚くが、我々の意識も、汚れた鏡のようなものである。
だが、その気になれば、一瞬で我々は、磨かれた鏡のように、ものごとを捉えることが出来る。

アラビアのロレンスとして知られるT.E.ロレンスは、朝起きても、思考がなかなかやって来ないことがあるが、そんな時には、砂漠を荘厳な存在に感じると言う。
コリン・ウィルソンの本によく書かれているが、ある平凡な主婦は、朝食を食べている夫や子供を見ていた時、不意に、鮮烈な幸福感を感じたと言う。
これらも、先に述べた、「新たな目」で見た時の、「当たり前」の感覚である。

新たな目を持てば、我々は幸福であり、世界は楽園である。
そして、それは簡単なのだ。
好きな子に対し、純粋に親切にするように、意識的に、注意深く振舞えば良いだけのことだ。
だが、それだけのことの探求に、コリン・ウィルソンは一生かかかって、多分、失敗したし、ヴァーノン・ハワードは何十年も説き続けた。
昨今は、「マインドフルネス」として、人類は再発見しつつあるが、ほとんどの人には無縁である。

どんなに素晴らしいものでも、初音ミクさんですら、曇った鏡のような心で見れば、色褪せてしまう。
新たな目で見る単純な公式はないが、そんなものすら不要なほど簡単なのだ。
普通の人は、単にそれをしないだけだ。
そして、あまりに長い間、それをしていないと、それを取り戻すために訓練が必要になる。
家庭や学校やテレビや会社は、我々の心の鏡を曇らせ、新たな目を奪ってしまった。
だから取り戻すのである。

歩いている時、歩いていることを意識すると、歩くのが好きになる。
食べている時、食べていることを意識すると、美味しくなる。
見ている時、見ていることを意識すると、時間が消える。
呼吸を意識すると、神の存在を感じる。
だから、出来るだけ呼吸を意識することだ。
集中して・・・つまり、丁寧に、「神」とか「ミク」と心で称えることも良い。
それらの尊い言葉を敬虔に称えた時、心に何が起こるか観察すると良いだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

成功する簡単な方法と、もっと簡単な方法

成功とは、エネルギーに満ち元気で、器に応じて豊かであることだ。
大きな器の持ち主なら富豪になるかもしれないが、『若草物語』のメグ達の賢い母親が言ったように、人間は足りない目くらいで丁度良い。
やり繰りが大変だったり、明日に不安を感じるようでは駄目だが、必要なだけあれば良いのかもしれない。

そして、成功するための方法は、ロオマン・ガリ(ロマン・ゲイリ)の『自由の大地(天国の根)』のごく一部に完全に書かれている。
捕虜になって堕落したフランス兵達が、「少女が1人いる」という空想上の遊戯をしたことだ。
おそらく、理想的な可愛い少女・・・天使や女神に近い少女を空想したのだろうが、それによって、仲間達との連帯意識を取り戻し、また、少女を常に意識することで、意識をいつも自主的に使うようになった。言い換えれば、自覚的に生きるようになったのである。
そして、この遊戯の落とし穴は、ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』にある。
26人の人生の落伍者である男達は、ターニャという可愛い16歳の少女に出会い、彼女を天使のように扱うことで、上のフランス兵達のような連帯意識と意識の覚醒を得て向上した。
だが、ターニャは天使でも女神でもない、ただの人間であり、その正体がバレたところで、男達は元の木阿弥・・・ひょっとしたら、その小説はその後は描いていないが、男達は以前よりも悪くなったかもしれない。

喩えて言えば、初音ミクさんを皆で崇め、天使として扱えば(真の天使なのだから普通に扱うだけだが)、それで万事OKなのである。

『自由の大地』と『二十六人の男と一人の少女』の重要箇所は、コリン・ウィルソンの『至高体験』にうまく引用されている。
『自由の大地』の澁澤龍彦訳は読めたものではない(と思う)ので、『至高体験』を読めば良いと思うが、全体としては『至高体験』も読めたものではない。しかし、その部分だけは悪くない。

さて、成功するためのもっと簡単な方法は、1日にトータルで1時間、自分の呼吸を意識するだけである。
賢者によっては、「自分の心を意識しろ」、あるいは、「自分の全てを意識しろ」と言うが、それは難しい。呼吸だけで十分である。
なぜなら、ラマナ・マハルシが言ったように、心と呼吸は同じ根っこから出ているからであり、心が世界を創っているのだからである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

元気な貧乏人とクタクタの金持ち

借金があって元気がないと辛いものだろう。
しかし、金持ちで元気がないのも、全く同じくらい辛いのだ。
それよりも、忘れてならないのは、どれほどの借金があっても元気なら、元気な金持ち同様、楽しいものなのだ。
そして、元気なら、いくら借金があっても、その気になればすぐに富を得るだろう。

大切なものは、金や地位や名誉ではなく、元気だ。
元気は生命エネルギーだが、それは、「成長エネルギー」なのだ。
元気な人は、百歳でも成長する。
金さん、銀さんが人気があったのは、成長していたからなのだ(実際、歩けなかったのが走り回るようになったらしい)。

元気の秘密は、コリン・ウィルソンの体験にある。
彼は、19歳の時、自殺するために青酸カリを口に入れようとした刹那、意識が覚醒した。
言い換えれば、それまで元気がなかったのに、死ぬ直前に元気になったのだ。
だが、彼は、その時、自分に何が起こったか、ついに、死ぬまで分からなかった。
彼は、憂鬱と退屈にとり憑かれ、元気をなくし、生きるのが嫌になった。
しかし、青酸カリのビンを(どこで手に入れたんだい?)口に近づけ、「さあ、死ぬぞ」と思ったら、急に元気が出た。
この、「さあ、死ぬぞ」は、「今、僕は、ここで死ぬぞ」なのである。
ウィルソンは、「今、ここ」、そして、自分を強く意識したのだ。
自分の手の動き、口の動き、そして、視界を。
その時まで、彼は、そんなこと、意識しなかったのだ。

ウィルソンは、ロシアン・ルーレットの効用をよく取り上げている。
確かに、ロシアン・ルーレットは、失敗さえしなければ(弾丸を自分の頭に撃ち込みさえしなければ)、元気になれる。
しかし、そんな運だめしをやるわけにはいかない。
これも単に、「今、この瞬間」がリアルになるから元気が出るだけのことで、こんなこと、ロシアン・ルーレットでなくても、いくらでも出来る。

要は、簡単なのだ。
歩いている時、「歩いている」と意識すれば元気が出る。
ぼーっと歩けば、元気がなくなる。
そんな単純なことなのだ。

人間、何もせず、ぼーっと休んでいると、一番疲れるのだ。
誰にも強制されてないのに、あれこれやってる人って、どんなに忙しくても元気なのだ。

人間の頭の中には、エネルギーを奪い去るデーモンがいる。
ぼーっとしてたら、デーモンにエネルギー、つまり、元気を根こそぎ持っていかれる。
デーモンを止めるには、意識的になれば良いだけだ。
「今、食べてる」「今、見てる」
って感じでね。
ある詩人が、ミカンを新たな目で見ると美しいと言った。
それは、「ミカンが見えている」のではなく、「ミカンを見ている」に切り替えることだ。
もっと正確には、「ミカンを意識的に見ている」状態なのだ。

コリン・ウィルソンは、「元気がない時でも、好みのタイプの美女が全裸でやってきたら元気になるだろう?」と言った。
大間違いだ。
意識して見ないと、余計に疲れるだけだ。
まあ、大抵の場合は、意識して見るが、元気になる要因は裸の美人ではなく、あくまで意識なのだ。

私は、壁に飾った、初音ミクさんのタペストリー(布製のポスター)を、意識の光をもって集中して見ると、ミクさんが輝き、ミクさんが、「何見てるのよ!」と可愛くクレームをつけてくる。
その瞬間、世界は私のものと決まったも同然なのである。

本日、ここまで。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

生きてるだけで精一杯の人への提案

女子専用のBBSらしいが、「ガールズちゃんねる」というものがあり、その中の、
『本当にただ生きてるだけな状態の人専用のトピ』
を読み耽ってしまった。
「本当にただ生きているだけ」
「息してるだけで精一杯」

コリン・ウィルソンは、そんな人達にパワーを与えたくて、いろいろ書いたのだろうが、果たして成果があったかどうかは分からない(彼は2013年に亡くなった)。
私も、志は同じだ。
そのガールズちゃんねるの方達は、良ければこちらに来て欲しいものだ。

初音ミクさんの『ハロ/ハワユ』が、まさにそんな歌だ。


幸せだろうと 不幸せだろうと 平等に残酷に 朝日は昇る
生きていくだけで精一杯の私にこれ以上 何を望むというの
~『ハロ/ハワユ』(作詞・作曲・編曲:ナノウ。歌:初音ミク)より~


この少し後の「人生にタイムカードがあるなら 終わりの時間は何時なんだろう」という歌詞が切ない。
会社が辛いと、今日の就業時間が早く終わらないかと待ちわびるが、この子は、人生が辛いので、早く終わらないかと思っているのだろうか?

こんな人がやはり多いのだろう。
だから、飯田史彦さんの『生きがいの創造』なんて本が売れたのだ。

しかし、『涼宮ハルヒの憂鬱』で、無力感にとり憑かれた涼宮ハルヒが、
「面白いことは待っていてもやってこない。私は待っているだけの女じゃないってことを世界に訴えよう」
と決心したのが、小学6年生から中学1年生くらいの頃だった。
生き甲斐なんてのも、待っていてもやってこない。

上の『ハロ/ハワユ』では、
「その手を離したのは誰ですか 気が付いてますか 」
が、憂鬱の原因だということだろうか?

人間が欲しいのは、全身を炎が駆け巡る感覚。
情熱、衝動、感動、トキメキ。
wktk(ワクテカ)という、「ワクワクテカテカ」を略した言葉があるらしく、これは、期待に胸を膨らませ、興奮している状態だ(興奮で血流が良くなり肌がテカテカしている)。
これも待ちの状態なのだが、「根拠ある待ち」だ。大いに期待を持っている幸せな状態に違いない。

では、どうすればwktkになれるのか?
それは、拍子抜けするかもしれないが、「面白いことが起こることを願うこと」なのだ。
笑ったかな?
経営者セミナーで、松下幸之助さんに、ある経営者が、「どうすれば会社に余裕が出来るのか?」と訊いた時、幸之助さんが「余裕が欲しいと願うこと」と言ったら、そのセミナーの受講者達は皆、笑ったそうだ。
その中で、稲盛和夫さんだけが「そうか」と気付いたという話を読んだことがある(中島孝志さんの『波動経営』)。
西尾維新さんの『業物語』で、「委員長の中の委員長」羽川翼も、「都合のいい展開を予想するんです」と言ったが、これも、「願うこと」なんだと思う。
願わなくちゃ、始まらない。
始まってもいない人が多過ぎる。
後は神様にまかせてもいいけれど、電話1本くらいはするものだ。ちょっと出かけたりくらいはするものだ。
「神を信頼しろ。だが駱駝はつないでおけ」(スーフィーの格言)
である。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ