ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

コリン・ウィルソン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

世界は柔らかい

イギリスの作家コリン・ウィルソンは、23歳の時、『アウトサイダー』で、ヒッピーの労働者だったのが一瞬で世界的作家になり、人生が一変した。
もっとも、彼の世界が変わったのは、19歳の時、まさに、青酸カリ(超がつく毒薬)を口に入れようとした時だった。
その時、カチリと音がして世界が変わったのだ。
ウィルソンは、ロシアン・ルーレットをやった後で人生が変わった者の話も好んで引用していたと思う。
そのウィルソンの座右の銘は、彼が崇拝するイギリスのSF作家H.G.ウェルズの自伝的小説『The History of Mr. Polly (1910)』(『ポーリー氏の生涯』未翻訳)で、ポーリー氏が言う、
「人生が気に入られないなら変えてしまえばいい」
だ。
(ウィルソンは、ウェルズを「女性のスカートの中にしか興味がない色キチガイ」と断じていたが、それでも崇めていたのだと思う)
「それが出来れば苦労はない」と誰もが言うかもしれないが、そう言うのは世間的な大人だ。
私は、ごく若い、経済的な苦労を知らない頃は、世界は本当に柔らかかった。
小学生の時、大学生の従兄にもらった天体望遠鏡で土星を見たくて、夜空の星の1つをデタラメに選んで見てみたら、ちゃんと輪がついていた。
高校生の時、ローラ・インガルス・ワイルダーの自伝小説『大きな森の小さな家』の中で、ローラの父親が、森で「お前は誰だ?」という声を聴いて逃げ出した話をローラにするのを読んだ後でテレビをつけたら、男性の老人の声で、
「フクロウは人間に話しかける。『お前は誰だ?』ってね」
と言うのを聴いた。
※フクロウの鳴き声は、「フー(誰だ?)、フー(誰だ)、フーアーユー(お前は誰だ?)」に聴こえる。
油断すると、世界はずっとそんな感じで、ユングのシンクロニシティー(共時性)どころの話じゃなかった。
小さい時は、それこそ、交通量の多い車道に目をつぶって飛び込んだものだ(決して真似しないように)。
kzさんが作った初音ミクさんの歌『DECORATOR』のように、「君のちょっとで5分後は変わる」し、「未来は弱い」のである(あの人、悟ってるなあ)。

世界は柔らかかったのだが、経済的になるにつれ、世界は固くなった。
このあたりは、経済的な苦労を知らない少年の方が支配力があることを、アメリカ最大の賢者ラルフ・ウォルドー・エマーソンも『自己信頼』に書いていた。
まあ、経済的なことが悪いのではなく、経済的な不安を持つことが悪いのだろう。
岡田斗司夫さんの本のタイトル「ま、金ならあるし」を呪文のように唱えていたら、世界はだんだん柔らかくなっていくだろう。
ただし、欲張らない限り。
魔法を使う子供の特徴は「欲張らない」ことで、ある世界最高の投資家が言う成功のコツも「欲張らないこと」だ。
意外に投資家ってのは、子供っぽい感性を持ってないといけないのである。
ラマナ・マハルシも「賢者と子供はある意味似てる」と言い、荘子は、「賢者の心は鏡のようだ。来るものはそのまま写すが、去ってしまえば痕跡を残さない」と言ったが、マハルシの言う、賢者と子供に共通する特性がそれだ。
投資家ではなく事業家だが、スティーブ・ジョブズはそんな達人だった。

コツを掴めばそれで良いのだから、まあ、心配しないことである。
H.G.ウェルズの『塀についたドア』と『奇跡をおこせる男』を読むと良いと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

アウトサイダーの中でも落ちこぼれなら

社会でうまくやっていくには、やはり学歴は力になる。
特にスタート時点で学歴は役に立つが、何事も最初は肝心だ。
だから、不況になっても教育産業は衰えないと言われてきた(最近は怪しくなりつつあるが)。
だが、学歴があろうが、実際に能力が高かろうが、容姿に恵まれていようが、一番大切なものは、他人とうまくやっていく能力なのだが、このスキルをほとんど持っていない者が多くなった。
元来で言えば、本当に頭が良くてIQが高い人間は、他人と仲良くすることは難しくないはずだが、そんな恵まれた人間に、他人を嫌悪する者が多くなっている。
これは、本当は不思議なことで、頭が良ければ、他人と仲良くすることのメリット、コスパの高さは明確に理解出来るはずなのに、どうしても他人が嫌いなのである。

一方、学歴がなく、頭も良いとは言えないのに他人が嫌いとなると、目も当てられない。
コリン・ウィルソンが23歳の時に書いた世界的ベストセラー『アウトサイダー』に登場する(主に架空の人物なのだが)アウトサイダー達・・・社会の裏側に潜む、忌み嫌われる異常な人間達・・・見かけはそれほど違わなくても、普通の人間の仲間と言えない人達は、アウトサイダーの代表的な存在で、社会では日陰者である場合が多い。
今年(2019年)4月に31歳の若さで亡くなったミュージシャンのWOWAKAさんは、大学は東大だから学歴があって頭も少なくともそこそこは良いのだろうが、作る歌といい、雰囲気といい、まさにアウトサイダーだ。無論、優秀なアウトサイダーだって少なくはない。
まあ、彼は東大出身を売りものにしたことはなかったように思うし、そんなことを知らずにファンをやってた人も多いはずだ。
彼のほとんど最後のボカロ曲だったかもしれないが、初音ミクさんが歌う『アンノウン・マザーグース』の中の「ガラクタばかり投げつけられてきたその背中」という言葉は、アウトサイダーでなければ書けそうにない詩だと感じるのである。
私が好きな『アンノウン・マザーグース』の動画は以下のものだ。公式のものではないが、ミクさんが美しい。
【MMD】YYB式初音ミク//Unknown Mother-Goose/アンノウン・マザーグース -YouTube-

WOWAKAさんのように、才能があって優秀な人は、アウトサイダーとはいえ、本来は私の興味の対象外で、本当に能力もなければ、人間関係が悲惨なまでに苦手で、社会の底辺で苦しむ人達が逆転出来るという夢物語が私は好きである。
まあ、実際はほとんどないが、その可能性を感じさせる小説が、ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』(「少女」を女と訳した本もある)で、超底辺の歳も行ってしまった26人のどうしようもない男達が、ターニャという名の、可愛いが平凡な(性質はやや劣悪かもしれない)16歳の少女を崇めることで、なぜか人間性や能力を向上させる。
コリン・ウィルソンも、この作品を『至高体験』で取り上げ、何か解説していた(解説内容が難しくて解らなかったが)。
ウィルソンは、『至高体験』で同時に、ロオマン・ガリー(『至高体験』の訳書ではロマン・ゲイリ)の『天国の根っこ』(『自由の大地』のタイトルの方が有名と思う)で、堕落したフランス兵達が、空想の少女を想い描くことで、見る見る、騎士道精神とでも言えるものを取り戻す様子も引用していた。
ウィルソンも「崇める」ことの効果は認めていたようだ。
仏教の念仏や、ヒンズー教のジャパ(神の名を称名すること)は、神仏を真摯に崇めることであり、効果も非常に大きいと思える。
江戸末期から唱和初期にかけて、妙好人という念仏を唱えることで高度な人間性を示した人達は、自分が愚民であることを表明し、自分でも認識していたのだろうが、実際は能力的にも高く向上していたのだと思う。
今の人だって、念仏やジャパを素直に出来れば良いのだが、実際のところ、この超情報化時代に、それには難があると認めるしかない。
それなら、どう考えても実際は超優秀だったラマナ・マハルシが薦めたように「私」をマントラとして唱えたり、原子物理学の優秀な研究者であったベアード.T.スポールディングの『ヒマラヤ聖者の生活探求』に書かれてあるように「神」という言葉をよく使うと良いと思われるところがあるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

こみ上げる幸福感

自分が不幸だとか、苦しい状況にあると思っていても、難民や戦争状態にある地域に住む人のことを思うと、平和そのものである。
日本で、それほどの不幸になることは滅多にない。
まさに、「日本に生まれただけで丸儲け」である。
まるで駄目男君(ある30代後半の人生の落伍者)が「逆境に耐えてます」と言った時は、私は怒りがこみ上げ、本当に殴ってやろうかと思ったほどだ。まあ、殴る値打ちもないが。

それでも、人間は不満を持ち易いものであるから、自分が恵まれていることを知るために、アンネ・フランクの『日記』を読めば良いと思ったことがあるが、それは駄目だった。私は『アンネの日記』は30%も読んでいないと思う。
あの状況で明るさを保ったアンネは大したものだと思うし、かなり頭の良い子だとも思うが、彼女は普通の少女である。そして、彼女が普通の少女であり続けたことが、日記の価値を高めている面もあるのだと思うが、私は、その普通の少女の感覚というものについていけない。時代が違うとはいえ、少女というものは、そんなに変わらないのではと思う。

それでは、ナチス強制収容所に送られるも、奇跡の生還を果したユダヤ人精神科医のヴィクトール・フランクルの『夜と霧』を読めば、今度こそ、相対的な自分の幸福を実感出来ると思ったが、予想外な意味で「アテが外れた」。
確かに、フランクルの苦痛や苦悩は大変なものなのであるが、やはり、読んだだけでは実感が出来ないことに関しては納得が出来た。
しかし、フランクルもまた、「普通の人間」であることをやめなかったのだ。
彼は、あの極限状況でも正気を保ち、良心を持ち続けた。思考という点では、彼も言う通り、薄弱になったり、感覚も鈍磨していたが、それでも、彼は異常にならず、また、強制収容所時代、そして、解放されてからも「超人」にはならなかった。
それなら、平和な状況にある我々が、どんな修行をしたところで、人間を超えることなんか出来る訳がない。
平凡かどうかは分からないが、人間は人間として生きるしかないことが分かるのである。
だが、安心して良い。

人間の精神というものは、普通の人が考えるよりはるかに高度なもので、その中に神がいると考えて差し支えないのだから。
『アラビアのロレンス』のモデルになったイギリスの軍人トマス・エドワード・ロレンスの『知恵の七柱』の中に、早朝の砂漠でロレンスが体験した、神秘的な精神状態を語っている場面があるが、それは、フランクルも感じたことがあったし、強制収容所の他の囚人にもあったようだった。
そして、それは本来、誰でも感じることが出来るし、心理学者のアブラハム・マズローや作家コリン・ウィルソンの著作にも、ごく普通の人々が、そんな「高い精神状態」に達した実例が描かれている。
それは、宗教で言う法悦と似ている、あるいは、同じである。
ラルフ・ウォルドー・エマーソンは、それを、「神の魂が自分の魂の中に流れ込む」ことであると言い、その体験は忘れることが出来ないと述べている。
そして、それはやはり、異常なことでも、特殊なことでもなく、人間の精神の中に標準で備わった機能なのである。
子供であれば、見知らぬ地に旅行に連れて行ってもらう時や、明日から夏休みという時に、しばしば、それを感じているのである。

それは「至高体験」と言われるものかもしれないが、コリン・ウィルソンは、それは単に「自分が幸運であると思うこと」であると言う。
しかし、「自分が幸運であると思うこと」とは、フランクルの著作と合わせて考えると、「楽しみを求めない」ことに深く関係することが分かる。
既に幸運であるのに、楽しみを求める必要はないからだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

至高体験の本質

心理学者のアブラハム・マズローが、「偉大な人間かどうかは、至高体験の有無だけで決まる」と言ったという話がある。
至高体験とは、万物と一体となった没我(忘我)の体験で、宗教でいう「法悦」は、その極限であると思われる。
道元は「仏道とは我を忘れることだ」と言い、W.B.イェイツは「芸術の目的はエクスタシー(忘我)」と言っていたようだ。
現代の心理学で言うフロー(完全にのめり込んだ状態)にも通じるかと思う。

ところが、マズローと親交のあったイギリスの作家コリン・ウィルソンは「至高体験は誰にでもある、ありふれたもの」と言い、緊張の後に弛緩した時に起こり易いと言った。
緊張の後の弛緩の極端な例で言えば、地雷や時限爆弾を解体し、起爆の可能性がなくなってほっとした時などだが、それほどでなくても、緊張した後、安心してほっとすることは誰にでもある。
『荘子』には、名料理人の包丁(ほうてい。刃物の包丁の語源)が、牛を見事に解体し終えた時に、常にそれを感じるような記述があった。
そして、マズローもウィルソンも同意したと思われるのは、至高体験とは、単に、自分を幸運だと思うことだ。
だから、マズローは大学で、学生達を被験者にした実験で、教室の中で学生達に、自分の幸運の体験を話させると、他の学生達の至高体験を引き起こしたと言う。
私は昔、志ある大人達(10人ほどだったと思う)に、これをさせたことがある。
その時、1人の50代の女性の、自分が強盗に遭い、冷静に切り抜けることが出来た体験の話で、他の人達も至高体験に達したのを感じた。

ところで、では、幸運体験を発表し合う機会のない、ぼっちはどうやって至高体験を得れば良いかというと、これも、コリン・ウィルソンが凶悪犯罪者相手に教えている。
ペン等の先に強く集中し、いっきに集中を解くのである。
それを何度か繰り返せば、至高体験、あるいは、それに近い状態に達する。

至高体験は、本来、量子論(量子物理学、量子力学)で解くべきものではないかと思う。
量子論とは、波動と粒子の変換の科学と言えるかもしれない。
じっと集中し、粒子の状態になった後、弛緩して波動の状態になると、真の世界を垣間見る・・・それが至高体験である。

昔、歴史的テニス・プレイヤーのジミー・コナーズが「テニス選手には2種類しかない。ウィンブルドンのタイトルを持つ者と、そうでない者だ」と言ったという話がある。
4大タイトルの中でも別格のウィンブルドン(全英オープン)大会のマッチポイントという最大の緊張の後、勝利が確定し、一気に緊張が解けた時は、さぞ、大きな波動の状態になるのだろう。

ナチス強制収容所から生還したヴィクトール・フランクルは、『夜と霧』の中で、「人間には2種類しかない。まともな人間とまともでない人間だ」と述べているが、まともでない人間とは、小さなことに凝り固まり、広がることがない人間なのだろう。
緊張や集中は必要である。
しかし、弛緩や解放も必要である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

成功を約束する至高体験

大成功した事業家の斎藤一人さんが昔の著書で、「私が成功したのは、頭が良いからでも頑張ったからでもなく、ツイてたからで、なぜツイてたかというと、ツイてると言葉で言ったからだ」といったことを書いていたと思うが、これだけ見ると、受け入れない人も多いと思う。
だが、こんな話がある。
著名な心理学者のアブラハム・マズローは、「優れた人間と平凡な人間の違いは、至高体験があるかないかだけ」と言っているらしい。
至高体験とは英語のpeak experienceの訳で、ある人は「絶頂体験」と訳す方が良いと言っているが、表現し難い体験である。
万物と一体となった没我の体験と言う人もいるが、このようなものは、エクスタシーと言った方が良いかもしれない。しかし、エクスタシーと至高体験は別のものではない。
「20世紀最大の詩人」とも言われるアイルランドのW.B.イェイツは、「芸術の目的はエクスタシーである」と言った。
また、夏目漱石は、おそらく、同じことを「天賓」と呼んだし、およそ文豪で、この体験を知らない者はなく、ロマン・ロランは、至高体験と同じことを太洋感情と言っていた。

至高体験の最も直接的なビジュアルは、ジャン・ロレンツォ・ベルニーニの彫刻「聖テレジアの法悦」であろう。
「聖テレジアの法悦」は、英語でEcstasy of St Theresaで、まさに、「聖テレジアのエクスタシー」で、原語とも言えるイタリア語のEstasi di santa Teresa d'Avilaも全く同じである。
聖テレジアの法悦
この彫刻(特にテレジアの様子)を「エロい」と言っても、決して不謹慎ではあるまい。ベルニーニも、そんな意図で作らなかったとは思えない。
私なら、閻魔あいと 御景ゆずきの姿にしたいが・・・と思うのであるから、やはりそうである(笑)。

マズローは、至高体験は特別なもので、これが得られるかどうかは幸運に頼るしかないと言うが、マズローと親交のあったイギリスの作家コリン・ウィルソンは、「至高体験とは、単に自分を幸運と思うこと。誰にでもある、ありふれた体験」と言った。
この中卒のヒッピー作家は、超エリートのマズローを超えていた。
そして、マズローが、大学の教室で学生達に、「自分が幸運だと思う体験」を発表させたら、皆が至高体験に達した。
斎藤一人さん風に言うなら「ツイてる体験」であろう。
不幸な人生を送っているあなただって、ツイてた経験、幸運だった経験の1つや2つあるはずだ。
何かの人気小説のように、中学生の少女が不意に胸を見せてくれた・・・なんて特例はなかなかないだろうが(私はもっと凄いのがあるが内緒だw)、幸運の1つもない人間はいないし、思い起こせば奇跡的な幸運だってあるに違いないのだ。
いや、実際は人生は奇跡だらけだ。
それが解れば・・・そうでなくても、きっと「ツイてる」と言えば、奇跡も起こるし、過去の奇跡も思い出すだろう。そうすれば、さらに奇跡は起こる。

成功を約束する短い話が出来てしまった。百円頂戴と言いたいところである(笑)。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ