ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

コリン・ウィルソン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

引き寄せはテクニックでも何でもない

怪異譚(かいいたん)とは、怪異のお話という意味である。
そして、怪異とは、「異様なほど不思議な」という意味であるから、怪異譚とは、「異様なほど不思議なお話」という意味だ。
怪異譚には、幽霊や妖怪の話が多いと思う。
怪異譚は、どこの国にもあるし、面白いものが多いので、それを、仕事や趣味で熱心に収集している人もいる。
私が大好きなオカルト系ジャーナリストだった中岡俊哉氏は、若い時に、中国でたっぷり仕入れた怪異譚のおかげで、人気作家になり、一時は、テレビで見ない日はないと言われるほど人気者のオカルト研究家にもなった。

ところで、「悪霊」と言えば、だいたいが古くからある怪異譚がベースなので、迷信的である場合がほとんどで、論理派を標榜(ひょうぼう。主張すること)する者には、「悪霊」と聞いただけで馬鹿にする者も多い。
しかし、その気になれば、悪霊をそれなりに科学的、あるいは、技術的にすら説明出来る。
それをやる気はないが、要は、悪霊というものはあるのだと思った方が良い。
もちろん、怪異譚に登場するような悪霊は、それが真実の姿ではないだろうが、それは、神や仏だって同じことで、一応、怪異譚に出てくるようなものと思って問題ないと思う。
では、なぜ、悪霊が存在すると思わなければならないかというと、それが、我々の運命に大きく影響するからである。

早い話が、悪霊がつくと不幸になり、特に、強い悪霊、あるいは、沢山の悪霊がつくほど、不幸度は大きくなる。
新約聖書の福音書で、イエス・キリストは、心身に大きな異常をきたした者から、悪霊(悪魔)を追い出して正常に戻すが、特に悪霊を追い出すことで癒したと書かかれていない場合でも、イエスが病気を超能力で治したというのは、その力で悪霊を追い払った場合がほとんどと思われる。

普通の人でも、3つや4つ、あるいは、数十の悪霊がついているのではないかと思う。
そして、外国の場合は分からないが、日本では、沢山の悪霊がついた者が、どうしようもなく増えていると思うのである。
そのせいか、私も、大勢の人が集まる場所に行くだけで、心身の調子がおかしくなってしまうのである。
つまり、悪霊が一時的にしろ、私の方に乗り移ってくるか、関係性が出来てしまうのだと思う。
上記、伝統的な言い方なので、やはり、馬鹿らしいと思う人は多いだろうが、科学的な話かもしれないのである。
また、私は、一時(高校生の時だが)、悪霊に非常に苦しめられ、家庭内でも不幸なことが多く起こったが、神主さんにお祓いしてもらったら、それが止んだことがあった。

悪霊を追い払えば追い払うほど、心身の状態は良くなり、健康や精神状態、知性、それに、運勢も向上するのである。
そして、どうすればそれが出来るのかというと、宗教や、霊能者が助けになる場合はあるだろうが、根本的には自分次第である。
つまり、自分が悪霊に同調しない、高貴な心、前向きな心、強い心、不屈の心、思いやりある心、そして、何より、「敬虔な心」を持つことが必要であると思う。
「敬虔」とは「敬いつつしむ」ことである。
悪霊に憑りつかれた者の特徴は、他人をすぐに馬鹿にすることで、逆に言えば、他人を敬う気持ちがないことである。
ゲーテが、「最も重要なものは、敬う気持ちである」と述べたが、その、最も重要なものを持っていないのである。
どんな人間も尊重し、他人の美点を敬う気持ちのある者は、間違いなく、常に神の恵を受けるだろう。
とはいえ、表面上、他人をおだてたり、媚びへつらったりするようなことと、本当に敬虔であることとは何の関係もない。

この重要なことについては、コリン・ウィルソンが心理学的評論書『至高体験』の中で取り上げた、マクシム・ゴーリキーの「詩のように美しい作品」と言われる短編小説、『二十六人の男と一人の少女(女)』を読まれることをお薦めする。
26人の落ちぶれ果てた年配の男達・・・小説では書かれていないが、やはり、ある意味、悪霊に憑りつかれ、気品も知性も、そして、運もなくしてしまっていた哀れな男達がいた。
だが、彼らは、ほとんど奇跡と言って良いが、向上を始める。
ターニャという16歳の少女と会うようになってからだ。
ターニャ自身は、可愛いが、特に優れた少女ではなく、男達を「囚人さん」などと呼んで見下していた。
しかし、男達の方は、ターニャを天使のように崇めた。
決して、(全てではないかもしれないが)今の日本や韓国や中国のように、女性アイドルを性的魅力によってもてはやすのとは全く違う。
26人の男達は、本人がいない場所でも、決してターニャについて下品なことは誰も言わなかったし、少なくとも、思わないようにしようという自制心はあったと思う。彼女を崇めるゆえにだ。
だから、男達は賢くなり、人間性も向上していったのである。
尚、コリン・ウィルソンは、『至高体験』の中では、ロマン・ゲイリ(ロオマン・ガリ)の『天国の根っこ(自由の大地)』の方を引用し、『二十六人の男と一人の少女』は同種のものとだけ書いていたが、残念ながら、『天国の根っこ』は入手が難しく、また、翻訳者の文章が難しいかもしれない(私は読むのにやや苦労した)。
ただ、コリン・ウィルソンは『至高体験』の中で、『天国の根っこ』の必要な部分を引用している。

引き寄せはテクニックでも何でもない。
どれほど沢山の引き寄せの良書を読んだところで、心を高めなければ・・・特に、敬虔な心、敬う心を持たないなら、全く駄目であろう。








悪者は役に立つことも言う

死を意識すると、人間は変わってしまうものらしい。
イギリスの世界的作家コリン・ウィルソンの場合はこうだった。
ウィルソンは、家が貧しくて高校に行けず、仕方なく工場労働者になるが、なんとか、高校の科学の授業だけは受けられるようになって、科学者になるという夢をつないだ。
しかし、その科学の教師のパワハラに遭って絶望し、こんな世界で生きるのが嫌になって、青酸カリという確実に死ねる毒薬を手に入れ、まさに口に含もうとした時、「意識が変わって」しまった。
ウィルソンは、敬愛する、イギリスが誇る世界的SF作家H.G.ウェルズの自伝的小説『ポリー氏の人生』にこう書かれていたことを思い出す。
「人生が気に入られないなら、変えてしまえばいい」
この言葉が、ウィルソンの座右の銘になったようだ。
それから、ウィルソンの壮大なヤバい人生が始まる。

大発明家であった理学博士、橋本健氏は、この世界は映画と同じで、我々は、映画を見ている客だと言う。
そして、見ている映画が気に入らないなら、映写室に行って、フィルムを取り換えてしまえば良いと言う。
映画がこの世であるなら、映写室は四次元世界で、本当の我々はそこに居るし、映写室には、どんなフィルムもあり、まさに人生は思い通りになる。
現代的に言うなら、この世界は三次元ホログラムで、それを作り出しているコンピューターがあり、そのコンピューターを操作すれば、世界は思い通りに変わるのである。
そして、この世界が、コンピューターが作る三次元ホログラムだというのは、「れっきとした事実」で、三次元ホログラムの内容は好きなように変えることが出来る。
どうすれば世界を思い通りに変えられるのかというと、思えば良いのである。
思い通りになるのに思わないから変わらないのだ。
そして、実際のところ、思い通りになったのが今の状況なのである。
その今の状況が気に入らないなら、『ポリー氏の人生』でウェルズが言ったように、変えてしまえば良いのである。
それには、気に入る状況を思えば良い。
例えば、今の状況は貧乏だから金持ちに変えたければ、「私は金持ちだ」と思えば良い。
まあ、問題は、なかなかそう思えないことだろう。
しかし、良い話ではないかもしれないが、ヒトラーの部下で宣伝部長だったゲッペルスが言ったように、
「嘘も百回言えば真実になる」
である。よって、
「私は金持ちだ」
と百回言えば良い。
悪者は役に立つことも言うのである(笑)。
ただ、そう言うと、普通の人はセカセカと百回言うのだが、「静かに、ゆっくり、丁寧」に言わないと、「思い」は変わらない。
また、これまで、「お前は貧乏だ」あるいは「お前が金持ちになるはずがない」としつこく言われ続けてきたのなら、なかなか「私は金持ちだ」と思えない。
そこで、ウィルソンのように死を意識すれば、ぱっと変わることがよくあるが、間違えて青酸カリを飲んでしまっては大変なので、別の手を使う。
1つは、「私は金持ちだ」と、千回言うことであり、それで駄目なら1万回言うことだ。
江戸末期の神道家、黒住宗忠は、ハンセン氏病(らい病)に罹った武士に、1日百回「ありがたい」と言うよう指示した。
だが、武士がその通りにしても治らない。
そこで、宗忠は、「では千回」と言い、武士は従ったがそれでも治らない。
「では1万回」
武士が1日1万回「ありがたい」と心を込めて言うと、1週間で治った。

「私は金持ちだ」と直接言っても良いが、宗忠が教えたように「ありがたい」と言うのも良いかもしれない。
あるいは、いつもお薦めする通り、「神様の奇跡が起こる」と唱えて大成功した者もいる。
どうしてもうまくいかないというのは、現在の状況に固定する設定が強過ぎるのだろう。
それでも、諦めずに世界を変えようとすれば、いつかは勝利するし、それで駄目なら、今後は、諦めたらうまくいくらしい。
ウィルソンも、諦めて死ぬことを選んだ時、世界が変わったのである。
ただ、死ぬ気になるのは良いが、本当に死んでは何にもならない。
そこまでうまくいかないなら、駄目な人達に教える役目でも選んでいるのかもしれない。
優等生だった教師が劣等生に教えることが難しいように、自分が駄目だったことがないと、駄目な人を教えられないからね。
そして、駄目な人、ものすごく増えてる(笑)。
教え方はいろいろなのだが、きっと忙しくなるだろう。








魔法使いになる方法

人間は、やりがいのある職業に就かないといけない。
皆、子供の時は、サッカー選手になるとか、科学者になるとか、ファッションモデルになるとか言う。
しかし、実際に大人になれば、軽蔑すべき上司にアゴで使われたり、不道徳な客にもペコペコ頭を下げたり、嫌いな人間の機嫌を取るような仕事をすることになる。
それが現実というものだし、そんなことが立派に出来るのが大人だ・・・という社会の常識とやらを信じて、なんとかやり過ごすが、楽しいはずがない。

昔、アメリカのSFテレビドラマ『トライライトゾーン』で、こんな話があった。
人間と区別が付かない精巧なアンドロイドを作った男が言う。
「僕は、どこかなりきれないんだ・・・大人にね。皆、子供の時は、博士になるとか偉くなるとか言う。しかし、やがて言わなくなる。だが僕は違った。僕は夢を捨てなかった」
結局、彼は、自分そっくりに作ったアンドロイドに殺されるが、それは、彼が悪いのではなく、彼のような人間を受け入れない世界の方が悪いのだろう。
では、彼は、どんな人間だったのか?
それは自分で言っている。
大人になりきれない人間・・・つまり、ある意味、子供なのだ。
イエスは、「子供のようでなければ天国に入れない」と言ったが、この「子供」とは、一般によく言われる「純真である」「無垢である」というだけではない。
人は、いったんは大人にならないといけない。
生きてくためには、駆け引きが必要な社会であることは仕方がない。
だが、子供らしさを捨ててはいけない。
その子供らしさとは、簡単に言えば、自分が魔法使いであることを知っていることだ。
私は、小学校低学年の時、学校で、将来なりたいものはと聞かれたら、決まって、「魔法使い」と答えた。
いい線いってたとは思うが、少し残念だ。
まあ、それは教師の質問が悪いのだが。
つまり、将来なりたいものが魔法使いなのではなく、元々、魔法使いなのに、そうでないと思い込まされてしまったのだ。

コリン・ウィルソンの『フランケンシュタインの城』か『右脳の冒険』に書かれていたが、ある賢い人が言っていたそうだ。
「人間の内側には魔法使いがいて、人が外界に注意を向けると、魔法使いは瞬時に世界を作る」
全く、その通りだ。
だから、この内なる魔法使いと仲良くなって、好ましい世界を作ってもらえば良い。
だが、我々は、学校やテレビで教わった通りの世界を作り、たまたま、自分の中の魔法使いの存在を知っても、どんな世界が本当に好ましいのかは分からないので、ちょっとずつ世界を変えていくよう魔法使いに頼んでみるのだが、少し、普通と違う世界を作ったら、「管理者」に脅される仕組みだ。
しかし、我々の内なる魔法使いは「管理者」などに負けない。
内なる魔法使いには、言葉やイメージで連絡するのだが、静かに、ゆっくり、丁寧に連絡しないと伝わらない。
例えば、成功したければ、まずは、「成功」という言葉を、そのように唱え、連絡することだ。
あるいは、「私は豊かだ」と言えば、内なる魔法使いは、豊かな世界を作ってくれる。

あなたが本を開くまで、本には何も書かれていない。
あなたが本を開いた瞬間に文字が現れる。
サルトルも言った通り、「本を読むとは、本を書くこと」だ。
だから、読むなら、優れた本を読まなければならない。
聖書を読んだなら、あなたは、聖書を書いたのである。
あなたが絵に目を向けるまで、キャンバスには何も描かれていない。
あなたが見た瞬間に絵が現れるのであり、その絵はあなたが描いたのだ。
だから、見るなら、優れた絵を見なければならない。
英雄について書かれたものを読む時、それは、自分の物語だと見なさなければならない。
そのようにして、悪魔があなたにかけた催眠術を解けば、あなた自身が魔法使いであると知るのである。








願いを叶える生命エネルギー

私が子供の時に、あり得ない奇跡を起こした時は、知識やテクニックなんてものは全く関係なく、ただ、「どうしても欲しい」「どうしても叶って欲しい」という熱情だけで結果を引き寄せたと思う。
つまり、欲しいものに対し、素直、正直、遠慮がないということだし、何があっても諦めない不屈の心があったのだと思う。
そういえば、あるお坊様の本に、「欲しいと素直に思うことが大事だが、大人になるとそれが出来なくなる」といったことが書かれていたと思う。
もっとも、欲しがるべきものでなければ我慢する分別は大切で、それが出来ない危ない大人(かなりの年配者にもいそうだ)が多くなっているが、逆に、諦めなくて良いことを諦めてしまっている者は、大人に限らず、子供にも増えているに違いない。
どうも、あまり良くない世の中になっているのだと思う。

子供が一途に欲しいと思う気持ちは「勢い」とも言える。
心のエネルギーを最大に高めないといけないが、それは、単なる興奮を超えて神懸かった状態が理想的なのだと思う。
だが、私の場合もそうだったが、そこまででなくても、「集中され、活性化された意識の状態」であれば良い。
それでも、私も、望みが叶うまでは、他のことはどうでも良い状態であったとは思う。
時には、願いは叶うまでに時間がかかることもあったが、その間は、その願いについて本当によく考えていたと思う。
ところが、大学生は、卒業する頃には、就職したいと思うだろうが、そんな時に、美味しいものが食べたいとか、デートがしたいと思っているようでは、やはり、集中力が足りないのではないかと思う。
あるいは、「プログラミングをマスターしたいが、うまくいかない」という人の話を聞くと、やはり、意識の割当量が少な過ぎると感じる。
別に、凄い努力をする必要はないが、情熱とか思い入れが足りなさ過ぎるのである。
実際、命を懸けてやれば叶わないことはないが、そこまででなくても、それなりに集中しなくては駄目だし、それが出来ないなら、不向きであるのだから、目標を変えた方が良い。
世の中には、やりがいのある目標など、いくらでもある。

また、戦争中の「欲しがりません、勝つまでは」のように、押し付けられた目標では、それほどのエネルギーを得られないのでうまくいかないが、現代は、日本を含めた多くの国で、権力者の都合の良い偽の目標を、自分の目標として押し付けらfれることに慣れてしまい、自分が本当に欲しいものが何か分からない人が多い。
たとえ自分では「私はこれが欲しいのだ」と思い込んでいても、実はそれは外部から植え付けられた奴隷の目標である場合が多いのである。

それで思い出すのが、戦争中、乗っていた船が何度も米軍の爆撃を受けて沈められ、大海原で漂流中に仲間達が、体力というよりは気力が途切れて皆死んでしまった中で、5回も生き残った男の話だ。
この男は大変な酒好きで、果てのない真っ暗な冷たい海で疲労困憊(ひろうこんぱい)し、鮫の襲撃を受けながらも、岡に上がって酒を飲むことを一途に考え続けていたらしい。
この「どうしても酒が飲みたい」という熱情こそが、奇跡を起こす原動力である。
(このエピソードは、『誰でも勝てる!完全「ケンカ」マニュアル』にある)
このような生命エネルギーを与える有力な手段が、地球のどんな場所にもある、祭という行事であるが、このことは、芸術家の岡本太郎氏や精神分析学者の岸田秀氏らも著書で指摘している。
まあ、ミク廃の人が、年に一度(あるいは二度)のマジカルミライ(初音ミクさんの企画展とライブコンサート)で生きるエネルギーを得るようなものだ(笑)。

生命エネルギーを得る方法にはいろいろあるが、イギリスの作家コリン・ウィルソンが生涯をかけて研究したテーマはそれだった。
そして、そのエネルギーを使えば、願いも叶うのである。
長くなったので、具体的には、おいおい語ろうと思う。








奇跡は意外によく起こる

私は、中学1年生の時に読んだ、イギリスの作家ハーバート・ジョージ・ウェルズの短編『奇跡を起こせる男』(1898)のことを、今でも時々考える。
この小説に登場する「奇跡を起こせる男」の名は、ジョージ・マクワーター・フォザリンゲーで、私はぱっとしない名であると感じるが、この小説でも「けっして、人に奇跡を期待させるような名前ではない」と書かれている。
この奇跡の男は、小説内では、常に「フォザリンゲー氏」と呼ばれている。
そして、フォザリンゲーは、いかにも「大したことない男」だ。
年齢は30歳で、小柄、容姿は十人並み以下だろう。仕事は店員で、重要人物ではない。
議論好きではあるが、それで一目置かれている訳でもなく、その議論好きな性質は周囲の人達にとっては、どちらかというと迷惑でしかないだろう。
だが、彼が起こせる奇跡の力は天井知らずで不可能はない。
もし、『涼宮ハルヒの憂鬱』から始まる『涼宮ハルヒ』シリーズをご存じなら、フォザリンゲーの力は涼宮ハルヒと張れるほどだが、フォザリンゲーの場合、その力を意識的に自由に発揮出来る。
例えば、「1万円札を千枚、ここに出せ」と言えば、その通りになる。
いや、1万枚、さらには、百万枚でも全く同じだろう。
ある時は、1人の刑事に対し、「地獄に行け」と言ったら、その刑事は消えてしまったが、悪いと思って、戻ってこさせたことがあった。その刑事が実際にどんなところに行っていたかは分からないが。
『サクラダリセット』のヒロイン、春埼美空(はるきみそら)は、「リセット」という、世界を最大3日、巻き戻せる驚異の能力があるが、フォザリンゲーにだって出来る。いや、フォザリンゲーなら、春埼美空のリセット能力にある様々な制限はないと思われる。

ウェルズは単に空想的な作品を書く人ではなく、『タイムマシン』や『宇宙戦争』といった作品も、どこかリアリティがあるので、いまだ映画化されるのだと思う。
私も、『奇跡を起こせる男』に関しては、単に、自分もそんなことが出来たらいいなというのではなく、当時から、どこか現実味を感じていたのだ。
というより、時々書いているが、私も奇跡を起こしたことがあったからだ。
猿が紙にインクをなすり付けたら小説になるというのを、奇跡と捉えることも偶然と捉えることも出来るが、私の奇跡は、そういった類のものだ。
その意味、私の奇跡は、涼宮ハルヒやフォザリンゲー、あるいは、春埼美空のように、確率の問題ではない超常現象を起こすのとは、奇跡の種類が違うかもしれないが、「ありえないこと」という意味では同じだ。
だが、私の奇跡も、フォザリンゲーらの奇跡も、この世界が、コンピューターが作っている仮想世界だとすれば、原理的には同じように可能なのである。
つまり、この世界が、『マトリックス』や『ソードアート・オンライン』に出てくるような作り物のデジタル世界であればである。
今、何かと話題になる49歳の世界一の大富豪イーロン・マスクは、この世界が仮想世界でない可能性はほぼゼロと言っているらしいが、今や、そう考える人は決して珍しくはない。
むしろ、本当に頭が良いかどうかは、この世界が仮想世界であることを、どう肯定するかで大体解るのではないかと思うほどだ・・・というのは私の主観だが、この世界が仮想世界であると語る賢い人達を見ていると、そう思うのである。

そして、我々凡人にとっては、この世が仮想世界であることの重大性はどうでもよく、重要なことは、フォザリンゲーのような奇跡の力を行使して、ぱっと幸せになれるかであろう。
もちろん、この可能世界を作った人間、あるいは、AI(のようなもの)は、我々の意思が実現するシステムに、何らかの制限はかけているだろうが、一定の範囲では、実現可能になっているのだと思う。
だから、私にだって、ある程度の奇跡は起こせる。
そして、奇跡を起こす鍵は、案外に、そこらに散らばっている。
『奇跡を起こせる男』なんて小説もその1つだ。
「神様の奇跡が起こる」と唱え続け、1憶円を2回当てたホームレスの話も、まさにそうだろう。

イギリスの作家コリン・ウィルソンは、23歳の時に書いた『アウトサイダー』で、ヒッピーから一夜で世界的作家になったが、彼が座右の銘とするのは、ウェルズの自伝的小説『ポリー氏の人生』にある、「人生が気に入らないなら変えてしまえばいい」だ。
超駄目男ポリーも、そうやって人生を変えたのである。
きっと、この仮想世界を操作する鍵を見つけたのだろう。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ



タグクラウド
QRコード
QRコード