ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

コリン・ウィルソン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

人生を変える易しいやり方

我々は、人間のふりをした神様のようなものらしい。
ふりをしていると言うよりは、意図的に万能の力があることを忘れているのだと言って良いかもしれない。
なぜ、そんなことをしているのかは、はっきりとは分からないが、「面白いから」と説明する人がいる。
「いや、貧乏だし、モテないし、面白くないぞ」と言う人もいるだろうが(笑)、イギリスの作家コリン・ウィルソンも、ある時期まではそうだったらしい。
ウィルソンは、あまりに面白くないので、19歳の時、ついに、青酸カリのびんを開け、その猛毒をまさに口に入れようとした時、何かを感じてやめたようだ。
ウィルソンは、おそらく、H.G.ウェルズ(イギリスのSF作家。『宇宙戦争』『タイムマシン』等の著者)を最高の作家と考えていたのだと思うが、ウェルズの自伝的小説である『ポリー氏の人生』(今年2月、ようやく翻訳が出版された)にあった「人生が気にいらないなら、変えてしまえば良い」という言葉を思い出し、それを、座右の銘とまでしたと思われる。以降、ウィルソンは人生が面白くなったようで、それからまもなく、『アウトサイダー』で、一夜にして世界的作家になってしまった。

我々は目的があって人間のふりをしているのだから、そうそう神のごとき力を発揮する訳にはいかないし、出来ないようになっているのだろう。
例えば、本来で言えば、(我々は神のようなものなのだから)ピアノを習ったことがなくても、名演奏をする能力があるが、そうはいかない。
しかし、稀に、そんな真似をする人もいて、私もそんな人に、2人ほど会ったことがある。
1人は政木和三さんで、ピアノを習ったことは一度もないし、普段、弾いてもいないが、それは見事な腕前で演奏した(自分で作曲・演奏したCDも出している)。
もう1人は画家、写真家、ミュージシャン、神道家の方で、やはり、楽器の演奏を習ったとか練習したことはないが、音楽でもプロとして活躍している。
私は幸い、その2人とじっくり2人で話したことがあるのだが、揃って、「君にだって出来るよ」と当然のように言ってくれた・・・だが、私はやったことはないが(笑)。

政木さんは、やり方は、「欲望をぽーんと捨てる」ことであると言い、画家の方の人は、単に「今すぐ出来る」と言われた。
ただ、一般向けには、政木さんは、脳波をシータ波に下げることで可能になると言い、彼は、子供の時、腹式呼吸の練習によって出来るようになったと言うが、それは時間がかかってシンドいので、政木さんは、パラメモリという装置を発明し、パラメモリはその後、アルファシータやバイオソニックと名を変えて商品化された。
しかし、それらは今は販売されておらず、モノであるからには耐用年数もあるが、J-DATA社の佐々木耕司社長が、スマートフォン用アプリ(GeniLax)として再現し、無料で公開してくれている。
◆GeniLax ~ 音で気分をリフレッシュ

ただ、政木さんは、「欲望があるうちは効果がない」と言われた通り、この装置で上手いことやってやろうと思っているうちは駄目と思う。
そして今は、欲望まみれの時代で、儲かれば何をやっても良い経済最優先の時代である。
だから、新型コロナウイルスみたいな手に負えないものも出てくるのではないだろうか。

まあ、プロになるには少なくとも10年や20年は練習しないといけないと言われるピアノですら、瞬間にプロ並に演奏出来るようになる可能性があるなら、プログラミングなど、お茶の子さいさいであろう(もっとも、著名なコンピューター科学者ピーター・ノーヴィグは、プログラミングの習得にも10年かかると言っているが)。
その他のことも同様である。
欲望をぽーんと捨ててやってみようではないか。
スマホがあれば、GeniLaxが無料で使えるので、ハードルは下がっている。
なんとかなるぜ、世の中は・・・である(笑)。
ただ、GeniLaxは、iPhoneの場合、iOS11には未対応とあるので、それ以降のバージョンでは使えないのかもしれない。
Android版も、以前は、他のアプリと並行で動いたが、私が2018年に購入したAndroid6.0のものでは、それが出来ない。それで、Nexus7で使っている。
GeniLax専用に古いAndroid機を買う価値もあると思う(SIMフリー機を買い、SIMカードを入れなくても、Wifiでアプリをインストールすれば良いと思う)。













当ブログ著者、KayのAI書。
今や、AIを実用的に作るために、数学、プログラミング、AI理論は不要です。
確かに、数学やプログラミングは偏見を持たずに取り組めば面白いところもあるのですが、我々が脳の構造自体を知る必要がないように、AI理論を知る必要はなく、また、それは難しいものです。
ただ、人間の知性の使い方をちゃんと知っておくと良いように、AIも、ちゃんとした使い方を知っておくと、簡単にAIを活用出来るでしょう。
この本では、いかにもコンピューターや数学の専門家が持ち出したがるような常識的に我々に縁のないテーマではなく、普通に理解出来るテーマを使って入門し、その後、普通に考えて面白いと思えるテーマにAIで挑みます。
ほぼ全ての実習のためのデータが作れるExcelマクロ(VBAプログラム)を無料でダウンロード出来ます。

天職を見つけることに失敗する理由

私の身近で、プロのミュージシャンやプロスポーツ選手として成功した人はいないが、もしいたら、それがミュージシャンなら、成功する前から、奇跡のように上手い上、強烈な魅力を持っていただろうし、スポーツ選手なら、天才にしか見えず、高校生にもなれば、そこらの大会ではいつも楽勝のはずで、やはり、常人とは違う雰囲気を持っているのではないだろうか。
ミュージシャンになりたいという若者は多いと思うが、例えばロックなら、顔が小さくてガリガリに痩せている訳でもない普通の男の子がそんなこと言ったって笑うしかないだろう。
学校の部活や、少しも強豪でない社会人チームの中ですらレギュラーを取れないのにプロを目指すなんてのも、やっぱりお笑い種だろう。

昔のSMAPの歌に、うろ覚えだが、「ナンバー・ワンになれなくていい、元々、特別なオンリー・ワン」なんて歌うのがあったが、私なら、子供の時に聴いたって反吐が出そうだ(※個人的感想)。
なんだよ、オンリー・ワンって?(笑)そんな訳わからないものではなく、ナンバー・ワンとは言わないが、せめて、20位くらいには入らないといけない。そうだろう?
スポーツでも音楽でも、その他何でも、プロになるという目標に関し、やってみないと分からないという場合もあるかもしれないが、やらなくても分かることが多い。
ミュージシャンになりたいと本人が言っても、彼に1パーセントの見込みもないことは、客観的にだけでなく、遅くとも高校生にもなれば、自分で分かると思う。
プロ野球選手とかプロサッカー選手もだ。
まあ、画家であれば、ゴーギャンのように30歳過ぎてから絵を始めたとか、40代のジャーナリストが岡本太郎にインタビューして触発されて画家になったとか、有名な俳優やプロレスラーが歳をとってから画家に転向して成功したなんて話も知っているが、それらは稀な例だし、有名人の場合は、純粋な実力というよりはネームバリューのおかげである場合が多いのだろう。ゴーギャンだって、時代が違えば、ただの日曜画家に終わっていたかもしれないのだ。芸術というのは、そんな面があるのだと思う。

自分には能力がないことを認めてしまった方が道を誤らずに済む。
一生、夢を追い続けるというのは、ひょっとしたら楽しいとか、格好良いと感じることもあるかもしれないが、まあ、はっきり言って、悲惨・・・とまでは言いたくないが、あまり良いものではない。
昔、40代とか50代になっても、歌手として成功することを諦めずにがんばっているという人達にスポットを当てた番組があったが・・・見ていられなかった。どこにも良いところがない。

私には成功した事業家の知り合いがいて、彼は長い間、私には事業家の素質があるようなことを言ってくれていたが、最近、私には根本的な金儲けの能力がないと言ったが、私は少しも落胆せず、それどころか、納得した。
私に事業家の才があると言った事業家は、実は他にも沢山いるので(上記の人ほど成功した事業家はいなかったが)、私には事業家もどきに見えるところがあるのかもしれない。それなら、せいぜい、詐欺師の才能はあるということかもしれない。本当にあれば良いが(笑)。

繰り返すが、自分の才能を見極め、駄目だと分かれば、道を変えた方が絶対良い。
その道にこだわらず、もっと向いた道を目指していれば、かなり成功したかもしれないという人は、案外に多いのだと思う。
もちろん、少しやって上手くいかないからと言って止めてしまうのは、単に根気がない愚か者だろうが、それでも、どうしても情熱が沸き起こってこないなら、やはり、向いてないのかもしれない。
向いたことであれば、未熟なうちでも、何らかの衝動的意欲は湧いてくるのではないかと思う。
コリン・ウィルソンが『至高体験』の中で、「天才というのは、所詮、内なる衝動だ」と言ったのは、だいたい正しいのだと思う。

世の中には、学問や研究の道を究めたいと思い、才能もありそうなのに、経済的な事情や、その他の抗えない理由で学問や研究を続けられない人もいて、そんな人が、覇気のない人生を送ってしまうことがあるかもしれない。
しかし、そんな状況でも、諦めずに粘って、研究で成功した人もいる。
だが、それにはやはり、向いたことをしないといけない。
私は、イチローがよく、子供達向けの講演で「好きなことを早く見つけて下さい」と言うのが、あまり好きでなかったが、好きなこと、向いていることを探すという意思は必要だ。
つまり、「僕はこれが好きだ」と強く思い、その道に進んで成功するという単純なパターンは少なく、面白いことを探していろんなことをやっているうちに、たまたま、自分の天職に出会う場合がほとんどだ。
だから、自分に向いているというか、やはり、面白いものを探す意識は必要だと思う。
涼宮ハルヒのようにね(笑)。
いや、実際、涼宮ハルヒは良い。彼女は、小学6年生の時、自分は実はつまらない存在だと気付き、どうすれば人生が面白くなるのかと必死で探求し続けたのだ。
一度、涼宮ハルヒシリーズを読むと良い。最初の『涼宮ハルヒの憂鬱』1冊でも良いから(笑)。













当ブログ著者、Kayによる機械学習・ディープラーニング型AI開発の実用書。
数学、プログラミング、AI理論に向いていない人でも、Excelが使える程度のスキルがあれば、誰でもAIを自分で作れるように書きました。
入門のテーマには、日常と縁遠くてピンとこないものではなく、足し算や掛け算といった、誰でも分かるものを選びました。それをAIに教えることで、あらかた、AIの作り方は分かります。
そして、応用テーマには、「モンティ・ホール問題」や「囚人のジレンマ」など、今までは知らなかったかもしれませんが、とても面白いものを選び、それをAIで解きます。
これからの時代に必要なAIの実用的なスキルを身に付けていただきたいと思います。

人にはタイトロープ状態が必要

釈迦、イエスはじめ、聖人と呼ばれる人が特別な人間になるには、何らかの神秘体験があったのだと思われる。
ただ、その神秘体験の小さなものなら、誰でも体験していて、比較的大きな神秘体験をした者が偉人になる場合が多いと推測される。
では、その神秘体験がどうやったら起こるかというと、コリン・ウィルソンの『右脳の冒険』を参考に考えると、「長い緊張状態から解放される」ことである。
例えば、この本の中で言えば、心神喪失に陥った妻をずっと・・・起きている間は欠かさず観察し続けた男がいたが、数週間後か数ヶ月後だったか忘れたが、妻が意識を取り戻した時、男は長い緊張状態から一気に解放され、そして、聖者と言って差し支えない者となった。

プロボクシング世界ヘビー級王者だったジョージ・フォアマンが、1974年にザイールの首都キンシャサで行われたモハメド・アリとの試合で、圧倒的有利の予測だったはずが、挑戦者アリに逆転のKO負けを喫した。その後、フォアマンは控え室かどこかで「白い光」を見たという。
これもまた、フォアマンが長い極端な緊張状態から解放された時に起こった神秘体験と思われる。フォアマンはその後まもなく引退し、伝道師になるが、あの試合から20年後、45歳になって奇跡の世界王座返り咲きを果たした。
癌になり、僅かな余命を宣告された者が、神秘体験の後、癌が消えたという話がよくある。これも、死が迫る激しい緊張状態の後、何らかのきっかけで緊張が解けてしまった時に、神秘体験が起こったのだと思う。

人間に根本的変化を起こす神秘体験は、強い緊張状態から解放された時に起こる。
緊張と集中は違うという話はあるが、一致する場合も多いと思う。
むしろ、極端な緊張を通り過ぎた状態が、本当の集中かもしれない。
例えば、レーサーや宇宙飛行士が、そのような状態になり易いかもしれない。
逆に言えば、生半可な緊張や集中では、あまり大きな神秘体験はやってこない。
会社などでも、楽な立場で過ごす者より、責任重い立場を長く続けた者の方が、大きな神秘体験をすると思われる。

緊張状態にあることは、よく、タイトロープを渡ることに喩えられる。
人間は、タイトロープを渡るような緊張感が必要である。
それはいつか解放される。
その時に神秘体験が起こり、あなたは超人に生まれ変わるのである。
サルトルは、いつ撃たれてもおかしくはない紛争状態のパリで、夜間に好んで出かけた。
その恐ろしい緊張状態が必要なことを理解していたのだ。
だから、あのようなものが書けるようになったのだろう。
安楽、怠惰が人間の敵である。
貧しい者は幸い・・・苦しい状況を喜ぶべきである。
まあ、ロシアン・ルーレットのようなものは、効果的ではあるが、避けた方が良いだろうが。













当ブログオーナー、KayのAI書。
なぜ、このような本を書いたのかの理由は次の通りです。
「概要だけのAIの本は役に立たない」
「従来の実践的なAIの本は、とんでもなく難しくハードルが高い」
「従来の実践的なAIの本は、扱う問題が面白くない」
そこで、実践的であっても、Excelが使える以上のスキルを求めず、なるべく面白いテーマを考えました。
「モンティ・ホール問題」や「囚人のジレンマ」を、簡単なシミュレーションでやっているものは、私の知る範囲ではありませんし、それを、AIに解り易く解かせるのも見たことがありません。
それらのExcel VBAプログラムでのシミュレーションも載せてあります(プログラムは無料ダウンロード出来ます)。

奇跡を何度でも起こす方法

ドストエフスキーの『賭博者』という中編小説がある。
実は私は読んでおらず、偉大な宗教人類学者の植島啓司氏の、多分『賭ける魂』だったと思うが、その本で『賭博者』の粗筋を見ただけだが、深い印象を持った。
(尚、植島啓司氏がなぜ「偉大な」宗教人類学者だと私が認識しているかというと、彼が65歳位の時と思うが、初音ミクさんのライブに初めて行き、「お水取り」という仏教の壮大な行司に匹敵するほどであったと語っておられたからだ。いや、それがなくても偉大な方で、彼の本は全て素晴らしいので読むことをお薦めする)

『賭博者』の中で、あるおばあさんがルーレットで初めてのギャンブルをする。
そのおばあさんはずっと0(ゼロ)に賭け続けて大勝し、大金を得た。
だが、しばらくしてから、そのおばあさんは、またルーレットをし、同じように0に賭けるが、今度はボロ負けした。

ギャンブルの中には、プレイヤーのテクニックや経験が勝敗に影響を与えるものもあると思うが、ほとんどは偶然の運で決まる。
その中でも、ルーレットは完全に運でしかなく、そのおばあさんのように、0に賭け続けて一晩で大金を稼ぐことはあり得ない。
もし、確率論を超えた成績を上げるなら、それは超常現象ということになる。
超能力で偶然の確率を有意に変えて見せたと主張する者は、過去に沢山いたが、それが実証されたことは、おそらくないと思う。

だが、私は、そのおばあさん並か、ひょっとしたらそれ以上の現象を何度も見たし、その多くは私が意図的に起こした(あるいは起こさせた)と言うしかないものだった。
その1つに、私が中学1年生の時、1枚のコインを使って1人で出来るゲームを考案したものがある。
そのゲームは、勝率50%になるはずが、私は100連勝してから、もうしなくなった。
しかし、しばらくしてやってみたら、やはり半分しか勝てなかった。
最初にやった時、何かが起こったのだ。
だが、その頃には、私は何度もそんなことを経験していたので、別に驚きもしなかった(内容は、このブログでも何度も書いたが、今回は省略する)。
つまり、超常現象、あるいは、超能力は確かに存在する。
だが、それを客観的に証明出来るかとなると、多分、無理だろう。
しかし、確率50%どころか、ルーレットで0を出すことすら確率的に及ばないことも、何度も実現した。
そんなことを奇跡とか言うのだが、やはり、奇跡は起こり得る。

自分の利益のために、奇跡を起こせるかと言うと、普通は無理と思う。
だが、何度かご紹介したが、教育学者の七田眞さんが、正真正銘の事実として紹介した、こんな話がある。
あるホームレスの男性が、「神様の奇跡が起こる」と1日中、1週間か2週間唱えていたら、宝くじで1億円が当たった。
そのホームレスの男性が、七田さんの会社に電話し、「こんなことやっても良いのか?」と尋ねたら、対応したスタッフは「良い」「人の役に立つように使って欲しい」と言ったらしい。尚、その後、そのホームレスの男性は、同じことをして、また1億円当てたのである。

では、奇跡を起こす決め手は何だろう?
それは、普通で申し訳ないが、強い想いだったり、集中力だったりすると思う。
「こうあって欲しい」と本気で思ったことは必ず実現する。
ただし、不自然というか、作り物の強い想いでは駄目なのだ。
自然発生的に起こるものでなくてはならない。
例えば、『フランダースの犬』で、ネルロがルーベンスの絵を見たいと思った純粋な衝動のようなものである。
そして、心に抵抗がないことも必要だろう。
たとえ悪事であっても、それをする者が葛藤を感じていなければ、成功してしまうのである。
それを、完全に意図的に起こすことは難しい。
だが、それに近いことなら、割と簡単に出来る。
1つは、英国の世界的作家コリン・ウィルソンがいろんな本で書いているが、こんなものである。
「ペンの先などに10秒間ほど強く集中し、不意に集中を解く。これを数回繰り返す」
もう1つは、『強くなる瞑想法』のカバーに、有名作詞家の阿久悠さんの言葉として書かれていたが、「息を吸って止める」である。
その時に、奇跡を起こせる精神状態に近くなっており、ある程度のことは実現すると思う。












KayのAI書。5月30日発売。
新型コロナウイルス後の世界は、それまでの世界とは一変し、AIが電気のように普通に使われるデジタルワールドになるのだと思います。
電気を使わなかった者が電気を使った者に全然敵わなかったように、AIを味方に付け、AIと一体化し、AIで能力を拡張した者が、新しい世界で自由に生きられる可能性が高いのだと思います。
本書は、数学やプログラミング、難しいAI理論が分からなくても、AIを使えるようになることを目指して書きました。

心が世界を創ってる証拠を掴む

現在の自分の状況には、100パーセント、自分に責任がある。
言い換えれば、自分の世界は、全て自分の心が創ったものだ。
そりゃ、あなたに、偏見とか、小さく凝り固まった信条を叩き込んだのは、親や学校教師やテレビかもしれないが、それを言い訳にすることは許されない。
イギリスの作家コリン・ウィルソンは、同じイギリスの作家ハーバート・ジョージ・ウェルズをこよなく尊敬していたようだが、その中でも、『ポリー氏の人生』を重要視していたのだと思う。そして、その作品の中の、「人生が気に入らないなら変えてしまえば良い」という言葉を座右の銘にしていたように思うのだ。
そして、自分の状況を誰か他の人のせいにしていては、人生を思うように変えることは出来ない。
どうやって人生を自分の思うように変えるか以前に、状況の責任は完全に自分にあること、世界は自分の心が創っていることを認めなければならない。

とはいえ、自分の人生の状況とか、世界の様子を見て、「こんなに悪いのは俺が悪いんだ」と自分を責めても仕方がない。
反省と言えば聞こえは良いが、後悔ばかりしていると、むしろ、悪い現状を強化し、同じような失敗をいつまでも繰り返すものだ。

人間の問題は、自分が本当は何を求めているか分からないことだ。
目標を立てたことはあるだろうが、それが本当の自分の目標だったかというと、そうではなく、他人に操作されたものだ。
「逆上がりが出来るようになる」
「整理整頓が出来るようになる」
「算数のテストで80点より良い点を取る」
などは、全て押し付けられたものであり、たまに、自分の本当の目標を言うと馬鹿にされたり、怒られたりするので、嘘の目標しか言わなくなる。
「今月の売上目標3000万円」
なんて、もうやめて(笑)。
私も駆け出しセールスマンの時、3000万円の目標を立て、3000万円+1000円を達成して褒められたことがあり、それはそれで、心の力の一端は証明したのだが、同時に奴隷根性も強化してしまったのである。

それで、ほとんどの人は、本当の目標と言えば、「貯金1000万円」だとか「容子ちゃんを彼女にする(か、容子ちゃんとエッチする)」くらいのものしか思いつかなくなっている。
しかし、それは辛いことなのだ。そして、あまりにストレスが大きくなると、大災害を起こしたり、凶悪なウイルスを蔓延させ、自分の心を直視する機会を作るのだが、あまりに心が歪んでいると、それらを他人事のように感じてしまうのだ。親鸞が、「阿弥陀如来の誓願は、この親鸞一人のためのものだった」と言ったように、新型コロナウイルスを現出させたのは、あなた一人の心である。
だが、「こんなもの作っちゃって、ゴメンナサイ!ゴメンナサイ!」と嘆くのは、的外れもいいところだ。
ウイルスに影響されない心を持っていれば、何の影響も受けない。
だが、「俺はウイルスなんてへっちゃらさ」なんて言ってる者ほど危ないのである。
ウイルスのことを本当に何も知らないか、知っていても、自分がどうこう出来ないので、なりゆきにまかせる者が一番安全である。

なりゆきにまかせてはいるが、世界は自分の心が創っているという、小さな頭で考えると、理解不能なことになる。
ちっぽけな思考では、
「なりゆきにまかせたら、世界は自分の意志とは関係ない偶然に支配される」
「自分が望む世界にしたければ、なりゆきにまかせず、行為しなければならない」
という考え方しか納得出来ない。皆、頭悪いからね(笑)。
そこで、行為するならするで、善良なことを純粋にやってみれば良い。
たとえば、トイレのスリッパはちゃんと揃えて出るとか、毎日聖書を10分読むとか。
そしたら、世界はどう創られるか、少しずつ解ってくるものである。













KayのAI書籍が出版されます。

「AIに足し算をやらせたらうまくいかない」と言う一流数学講師の疑問から始まりました。
私は、長年の疑問だったモンティ・ホール問題をAIにやらせてみたら納得しました。
この本は「AIとの冒険の書」です。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード