ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ゲーテ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

引き寄せはテクニックでも何でもない

怪異譚(かいいたん)とは、怪異のお話という意味である。
そして、怪異とは、「異様なほど不思議な」という意味であるから、怪異譚とは、「異様なほど不思議なお話」という意味だ。
怪異譚には、幽霊や妖怪の話が多いと思う。
怪異譚は、どこの国にもあるし、面白いものが多いので、それを、仕事や趣味で熱心に収集している人もいる。
私が大好きなオカルト系ジャーナリストだった中岡俊哉氏は、若い時に、中国でたっぷり仕入れた怪異譚のおかげで、人気作家になり、一時は、テレビで見ない日はないと言われるほど人気者のオカルト研究家にもなった。

ところで、「悪霊」と言えば、だいたいが古くからある怪異譚がベースなので、迷信的である場合がほとんどで、論理派を標榜(ひょうぼう。主張すること)する者には、「悪霊」と聞いただけで馬鹿にする者も多い。
しかし、その気になれば、悪霊をそれなりに科学的、あるいは、技術的にすら説明出来る。
それをやる気はないが、要は、悪霊というものはあるのだと思った方が良い。
もちろん、怪異譚に登場するような悪霊は、それが真実の姿ではないだろうが、それは、神や仏だって同じことで、一応、怪異譚に出てくるようなものと思って問題ないと思う。
では、なぜ、悪霊が存在すると思わなければならないかというと、それが、我々の運命に大きく影響するからである。

早い話が、悪霊がつくと不幸になり、特に、強い悪霊、あるいは、沢山の悪霊がつくほど、不幸度は大きくなる。
新約聖書の福音書で、イエス・キリストは、心身に大きな異常をきたした者から、悪霊(悪魔)を追い出して正常に戻すが、特に悪霊を追い出すことで癒したと書かかれていない場合でも、イエスが病気を超能力で治したというのは、その力で悪霊を追い払った場合がほとんどと思われる。

普通の人でも、3つや4つ、あるいは、数十の悪霊がついているのではないかと思う。
そして、外国の場合は分からないが、日本では、沢山の悪霊がついた者が、どうしようもなく増えていると思うのである。
そのせいか、私も、大勢の人が集まる場所に行くだけで、心身の調子がおかしくなってしまうのである。
つまり、悪霊が一時的にしろ、私の方に乗り移ってくるか、関係性が出来てしまうのだと思う。
上記、伝統的な言い方なので、やはり、馬鹿らしいと思う人は多いだろうが、科学的な話かもしれないのである。
また、私は、一時(高校生の時だが)、悪霊に非常に苦しめられ、家庭内でも不幸なことが多く起こったが、神主さんにお祓いしてもらったら、それが止んだことがあった。

悪霊を追い払えば追い払うほど、心身の状態は良くなり、健康や精神状態、知性、それに、運勢も向上するのである。
そして、どうすればそれが出来るのかというと、宗教や、霊能者が助けになる場合はあるだろうが、根本的には自分次第である。
つまり、自分が悪霊に同調しない、高貴な心、前向きな心、強い心、不屈の心、思いやりある心、そして、何より、「敬虔な心」を持つことが必要であると思う。
「敬虔」とは「敬いつつしむ」ことである。
悪霊に憑りつかれた者の特徴は、他人をすぐに馬鹿にすることで、逆に言えば、他人を敬う気持ちがないことである。
ゲーテが、「最も重要なものは、敬う気持ちである」と述べたが、その、最も重要なものを持っていないのである。
どんな人間も尊重し、他人の美点を敬う気持ちのある者は、間違いなく、常に神の恵を受けるだろう。
とはいえ、表面上、他人をおだてたり、媚びへつらったりするようなことと、本当に敬虔であることとは何の関係もない。

この重要なことについては、コリン・ウィルソンが心理学的評論書『至高体験』の中で取り上げた、マクシム・ゴーリキーの「詩のように美しい作品」と言われる短編小説、『二十六人の男と一人の少女(女)』を読まれることをお薦めする。
26人の落ちぶれ果てた年配の男達・・・小説では書かれていないが、やはり、ある意味、悪霊に憑りつかれ、気品も知性も、そして、運もなくしてしまっていた哀れな男達がいた。
だが、彼らは、ほとんど奇跡と言って良いが、向上を始める。
ターニャという16歳の少女と会うようになってからだ。
ターニャ自身は、可愛いが、特に優れた少女ではなく、男達を「囚人さん」などと呼んで見下していた。
しかし、男達の方は、ターニャを天使のように崇めた。
決して、(全てではないかもしれないが)今の日本や韓国や中国のように、女性アイドルを性的魅力によってもてはやすのとは全く違う。
26人の男達は、本人がいない場所でも、決してターニャについて下品なことは誰も言わなかったし、少なくとも、思わないようにしようという自制心はあったと思う。彼女を崇めるゆえにだ。
だから、男達は賢くなり、人間性も向上していったのである。
尚、コリン・ウィルソンは、『至高体験』の中では、ロマン・ゲイリ(ロオマン・ガリ)の『天国の根っこ(自由の大地)』の方を引用し、『二十六人の男と一人の少女』は同種のものとだけ書いていたが、残念ながら、『天国の根っこ』は入手が難しく、また、翻訳者の文章が難しいかもしれない(私は読むのにやや苦労した)。
ただ、コリン・ウィルソンは『至高体験』の中で、『天国の根っこ』の必要な部分を引用している。

引き寄せはテクニックでも何でもない。
どれほど沢山の引き寄せの良書を読んだところで、心を高めなければ・・・特に、敬虔な心、敬う心を持たないなら、全く駄目であろう。








日本人には簡単なことで確実に運が良くなる

人間は、運が良くないと駄目だ。
松下幸之助さんは常々そう言っていたらしいが、つまるところ、成功者は皆、本音では、「自分が成功したのはたまたま」だって知っている・・・つまり、運だったのだ。
私が敬愛する宗教人類学者、植島啓司さんの『運は実力を超える』という本は、タイトルが全てを表している。ただ、この本には、どうすれば運が良くなるか書かれているかというと、かなり楽しんで読んだのだが、さっぱり憶えていない。
つまり、私のような頭の悪い凡人に難しいことを言っても無駄で、一言で簡単に言ってくれないと駄目なのだ。

そこで思い出すのは、江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠が、神(天照大神)の開運を祈ったことだ。
神様の開運を祈るなんて不思議なことに思える。
だが、人間は、愛する相手の幸福を願うものだし、幸福とは、つまるところ、幸運だ。
つまり、黒住宗忠は、神様を深く愛していたということだし、神様を愛するということはつまり、崇めるということだ。

崇めること、それは、相手に対し敬虔ということで、敬虔であれば、畏怖という恐れの気持ちも感じる。
言葉としては難しいが、崇める、敬虔、畏怖は、人間の心にとっては同じものだと言える。
そして、敬虔という気持ちの重要性をずっと強調し続けたのがゲーテだった。
偉大な芸術家や文学者は沢山いたが、運が悪い者も多かった。
しかし、ゲーテの運の良さは抜群だった。
若くして名声を得、金持ちで健康だったし、女性にはモテまくり、歳を取っても十代のガールフレンドに常に恵まれた。
そして、ゲーテは、若い恋人に対して、常に、敬虔という気持ちを忘れなかった。

そして、運が良くなる原理が決定的に分かるのが、ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』(『 二十六人の男と一人の女 』というタイトルにした本もある)という短編小説だ。
もう1つ、ロオマン・ガリの『自由の大地』も、ほぼ同じで、良い点もあるが、こちらは手に入り難い。
『二十六人の男と一人の少女』では、これ以下はないというほどの駄目な(つまり、運が悪い)26人の男達が、ターニャという名の16歳の可愛い少女を崇めることで、全てが良くなり始めた。
本来、この男達は、ターニャのような、単にちょっと可愛いだけの若い女を見たら、本人がいない場所では、彼女のことで猥褻なことでも言いまくっていただろうが、なぜか、ターニャに対してはそうではなく、女神のように崇めた。
別に、ターニャは大した女ではない。むしろ、心がけの良くない駄目な少女だとも思える。
だが、何かの気の迷いか、男達はターニャを天使のように感じ、そのように扱った。
誰も、ターニャに対して下品なことを一言も言わなかった。
天使に対して、そんなことを言えるはずがない。
そして、そのままでいけば、男達には良い未来が待っていたかもしれない。いや、必ず待っていただろう。
この短編小説は、詩のように美しい作品と言われ、ゴーリキー自身の体験を基にした生き生きとしたものだ。

崇める、敬虔、畏怖・・・もっと馴染みある言葉で言えば、敬い、リスペクト(尊敬)と言って良い。
ゲーテは、高貴なものを敬う時、胸の中に神がいるのを感じると言った。
『二十六人の男と一人の少女』 のことを考えれば、高貴かどうかは、自分で決めれば良い。
いかなるものも高貴だと思えば高貴なのだ。
高貴だと思って、敬い、崇めれば良いのである。
これは本来、日本人にとっては自然なことだったので、日本人には簡単なのだ。
海外の偉人にも、日本人の精神性に驚き、日本が世界を導くと言う人が何人もいる。
日本では、万物に神が宿り、全てを敬い、大切にするからだ。
イチローや松井が野球道具を大切にすることに驚き、そして、アメリカ人だって、それを美しく感じ、真似た選手も多かったのだ。
日本人が初音ミクさんを敬う姿に、欧米人も倣い始めたのである。まだまだではあるが。
敬虔な心を持つ限り、日本は無敵であったはずが、それが失われてしまった。
しかし、取り戻すのは簡単である。
高貴に感じる対象を敬えば良いだけだ。
単に、ファンやマニアやオタクであるのではなく、女神として、天使として、神として本当に崇め、敬えば良いのである。








変な人、ズレた人の成功法

私は、中学、高校と、ずっと、ゲーテの詩集を持ち歩いていたが(キモいやつだw)、その中で、何を一番覚えているかというと、「最後は所詮、人格だ」といったことが書かれていたことだ。
多分、私は、それに同意していたのだろう。
では、人格とは何なのか?
人格に、松竹梅のランクがあるとして(笑)、松は想像もつかないし、竹は立派過ぎるとしても、普通の人は梅でなければならないのだろう。
では、梅(必要不可欠)の人格とは何だろう?
それを持っていなければ、成功どころか、社会生活に支障をきたしかねない。
おそらく、必要最低限の人格とは、
「誰とでも仲良くやっていけること」
だと思い至った。
つまり、相手が少々、おかしなヤツであっても、嫌わないことだ。
だが、こんなのは、当たり前のことである。
ところが、私は、それが全く駄目だったのである。
小さい子供がいる人は、成績とかお稽古事も、もちろん大事だが、何よりも、誰とでも仲良くやっていける子・・・嫌いだと思う相手とも折り合いの付けられる程度には賢い子になるよう、気をつけてあげて欲しいと思う。

最近は、コロナのために、あまり見ることが出来ないかもしれないが、もし、幼稚園や小学校のグラウンドに大勢の子供達がいて、彼らが自由に振る舞う様子を見ることが出来たら、必ず、1人でぽつんとしている子が居ると思う。
今も昔も変わらず、20~30人に1人といったところで、もっと多い場合もあるかもしれない。
1人でぽつんとして、動かない。どこか異様と思う。
そんな子の将来は、憂うべきものだ。
アニメであれば、そんな子が女の子だと、都合良くエラい美少女で(笑)、ドラマが展開されていい感じになるが、実際はそうはならない。
それならまだ、嫌われつつ、他の子に向かっていく子の方がずっとマシだ。

何度も取り上げたが、著名な教育学者の七田眞氏の本『奇跡の超「右脳」開運法』という本の中に、あるホームレスの男の話がある。
その男が、やはり七田氏の本で知ったのだが、1日中、「神様の奇跡が起こる」と唱え続けたら、しばらく(2週間程度か)したら、頭の中に数字が浮かび、その数字の通りに宝くじ(ロト6)を買ったら、一億円が当たった。
その後、再度やったら、また一億円当たった。
この話は、絶対に事実であるらしい。
しかし、思うのだ。
このホームレスの男は、人格に問題があるのでホームレスだったのだ。
そしてねえ、そんなやり方を教える七田氏も、失礼ながら、どこか人格に問題があるのだと推測するのである。
多少でも、他人と仲良くやっていける者はホームレスにならないし、人格的欠陥がなければ、もっとまともなやり方を教えるものだ。
実際、七田氏は、誰からも称賛されるというよりは、かなり胡散臭く思われているし、私は七田氏と関りのあった人を知っているが、たまたまかもしれないが、優れたところもある反面、問題の多い人だった。
だが、七田氏は、自分と同じような、欠陥の大きな人に、救いの手を差し伸べることが出来たのだから、やはり立派な人である。
そんな訳で、人間的な欠点が大きい者は、少々、無茶で変な方法を使う必要があるかもしれない。
だが、それは蛇の道である。
「神様の奇跡が起こる」と唱えるなら、本当に1日中唱えないといけない。
引き寄せの本を読むなら、暗記するまで読み込まないといけない。
まともな人間なら、そもそも、そんなことをする必要はない。
しかし、まともでない人間が増えている。
一生、そんなことをやって駄目かもしれないが、それで元々と思わなくてはならない。
幸運を祈る。
お元気で・・・って、変な人は、自分に言わなければならない。
でないと、生きていられないので。








人間は多機能データ収集端末

人間とは何かというと、データ収集端末みたいなものなのだろう・・・と思う(笑)。
データ収集端末と言っても、別に、地球の地質調査や水質調査をしている訳ではない。
人間は、我々の観念の調査マシンとは比較にならないくらい複雑で精妙に出来ている。
まるで高性能アンドロイドだ・・・って、その通りなのだが(笑)。
我々は、他の人間や、周囲のあらゆる状況に対し、どう感じ、どんなことを考え、どんなふうに対応するのかのデータを取られてるのだろう。だいたいの意味でね。
だから、じっとして動かない端末(人間)は、動くように刺激を与えられる。敵がやって来たリ、病気になったり、事故や天災が起こったりだ。
ゲーテの『ファウスト』で、神様が、そのことを言っている。
「人間はすぐ怠けたがる。そこで、そんな人間には悪魔を送り込み、悪魔として生きさせる」
ってね。

昔であれば、例えば、若者の頭の中に、「お前はミュージシャンになりたがる」といった信号を送って、「俺はミュージシャンになるんだ」という情熱が起こる。
そこで、楽器と当面の生活費(時にはそれすらなく)を持って東京に行き、バイトをしながら仲間を見つけてバンドを組んだりする。
もちろん、成功するのは万に1つで、いかにパッションがあっても、30歳くらいになったら諦めて実家に(あればだが)帰って来る。
その過程は、なかなか貴重なデータなのかもしれない。
今は、パソコンで黙々と音楽を作り、ニコニコやYouTubeに投稿し、全然駄目だったり、そこそこ人気が出たり、米津玄師さんのようにビッグになってしまうこともあるが、いずれにしても、我々の管理者(神か?)に良いデータを提供するのである。まあ、ビッグになったらなったで、次の貴重なデータを要求されて大変なのだが・・・

そんな訳で、我々は自主的に奮闘しなければ、強制的に奮闘させられる可能性が高いが、その場合(強制的奮闘の場合)、どんなことをやらされるか分からないし、ひょっとしたら、面白くない状況に追いやられるかもしれないので、やっぱり自主的であった方が良い。
それで、どうすれば、一番楽しくやれるかというと、面白いことをやることだ。
面白いことをやる端末(人間)が、管理者にとって一番良いデータを出すもののようだ。

だが、そこには、因果応報の法則というものはあるのだろう。善いことをすれば楽しいことが返って来るし、悪いことをすれば、嫌なことが返って来る。
私の場合、善いことはしないので、その方面は分からないが(笑)、悪いことをすれば、絶対に見逃されず、まずいことが起こるものだ。
だから、アメリカの作家カート・ヴォネガットも言ったじゃないか?
「私が知っているこの星の決まりは一つだけだ。人に優しくしろ」
ついでに、犬、猫、鳩、カラス、亀にも優しい方が良い。
猫には優しいが、犬は無視というタイプは、かなり嫌な目に遭う(笑)。

でもね、家に引きこもってゲームをするにしても、全力全開でやってれば、それなりに褒美がもらえるかもしれない。
『魔法少女リリカルなのは』のなのはや、『カードキャプターさくら』の桜のような(全力全開で進む)タイプは、大きな課題も与えられるが、報いも大きいのである。
早い話が、「極めろ」ってことである。
ただし、他のものへの配慮を忘れずに。












当ブログ著者、KayのAI書。
21世紀初頭に現れた、人類の新しい武器「推測するマシン」(ディープラーニング型AI)の現物を、あなたも手に入れよう。
それは、数学、プログラミング、AI理論なしに、あなたにも手に入れられます。この本があれば。
機械工学や熱力学、工場プラントが解らなくても、自動車を得られるようにです。
逆に言えば、熱力学理論をいくら勉強したって、自動車を使えるようにはなりません。
今後、AIは、自動車よりもはるかに重要で強力になりますし、AIを使えないと、AIを悪いことに使う者たち(政府や大企業とは言いませんがw)にプライバシーを丸裸にされ管理される一方です(無知な相手が一番御し易い)。
一番簡単にAIを自分で作れるように書いたつもりです。

若返りたいと願うか

私が子供の時、何かの雑誌で、「若い時に戻りたいか?」をテーマにした文章を読んだのを覚えている。
その筆者自身は、「私は戻りたくない」だった。
なぜかというと、彼の若い頃というのは戦争中だったからだ。
私は、「若い時に戻るとは、今、この場で若返るのではなく、昔に戻るということなのか?」と奇妙に感じたが、そもそも、その私が子供の時は、「戦争中だったから、若い時に戻りたくない」というのも不思議に思えたものだ。
確かに、若さが一番というのは、ある意味、真理であるが、複雑な面もあるはずだ。

「20世紀最大の詩人」と言われる、アイルランドのW.B.イェイツは、何かの詩で、「老人の本音なんて、もう一度若くなって、あの娘を抱きたいってことなんだ」といったことを書いていたが、こちらは、今、この場で若返るってことだ。
老人全部がそうなのかどうかは分からないが、まあ、解るような気はする(笑)。
ちなみに、このイェイツも、そして、ゲーテも、老人になってからだって、若い娘を熱心に口説いていたようで、イェイツの方は知らないが、ゲーテはかなり達成していたのだと思う。
「芸術家は60代が青春」と言うピカソのように、60歳過ぎても美術学校の十代の女生徒達に次々言い寄り、挙句、結婚までしてしまったのもいるし、そもそもの起源は、見境なしに若い娘に子供を産ませた神々の王ゼウスがいる。

なんて冗談はともかく、私も、若い頃に戻れるとしても、気が進まない。
その理由は、若い時は、あまりに馬鹿だったからだ。
まあ、今も救いようのない馬鹿なんだろうが(自覚は薄いが)、それなら、若い時は半端ない馬鹿であったに違いない。
後でひどい後悔をしないためにも、出来れば、子供のうちに謙譲(謙遜と同じ。へりくだりゆずること)の美徳を身に付けさせると良い。
おそらく、MITを主席で卒業する秀才でも、オリンピックで金メダルを取ったり、年間何十億円も稼ぐプロスポーツ選手であってすら、傲慢であると、必ず悲惨なことになる。人類史上、例外はない。ましてや、我々凡人は。
自信があるのと謙虚であるというのは両立するし、何かで自信がなければ、本当に謙虚であることは出来ない。
傲慢さは、劣等感の裏返しであることは、皆、ご存知と思う。

臨死体験をした人が成功する場合が多いのは、自分以上の存在を感じ、謙虚になるからだ。
他にも、宇宙飛行士が、宇宙で神の存在を感じ、少なくとも、当分の間は敬虔さを備えた良い人間になるらしい。
ただ、宇宙飛行士は、持ち上げられる機会も多いので、油断すると傲慢になってしまうのだと思う。
だが、臨死体験も宇宙飛行も、なかなか出来るものではない。
そこで、神仏の名を唱えるジャパやナーマスマラナ、あるいは、念仏といったものの意義が大きくなる。
あるいは、量子力学や微生物学などを学び、大自然を作った英知に比べ、いくら賢い人間の知恵も猿知恵以下に過ぎないことを実感する手もあるかもしれない(賢い人向きか)。
自然運動を通じて、高次な力を感じることが、ヨーガや仙道の目的ではなかいと思う。
それなら、腕振り運動を熱心にやったり、呼吸を静かに細いものにするのも効果的だ。
自信はあるが謙虚である。
そんな人間が成功しないはずがない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ



タグクラウド
QRコード
QRコード