ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ギリシャ神話

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

古事記を読むことはメリットだらけ

男性の場合を想定したのだと思うが、兵士が戦場で死ぬ時、意識があったら、必ず「お母さん」とか「ママ」とか言うらしい。
まあ、嘘である(笑)。
ただ、そんな話がまことしやかに言われる理由もある。
人間の自我の土台部分には、母親の性質がかなり組み込まれていて、母親の印象は決して忘れないものであることは確かだろう。
母親に育てられず、自我の土台に母親の色がないと、自我が不安定で苦しいものらしい。
それで、母親を知らない人は、いくつになっても、母親を探したい気持ちが強いことが多いのである。
ただし、本当の母親でなくても、とにかく、自我の土台に母親のパターンが入っていれば、それで良いらしい。
とはいえ、自分の母親が本当の母親ではないと知ると、自分の自我を偽物っぽく感じて、本当の母親を探したいと思う場合も多いようだ。

心理学者の岸田秀さんの本に、本当か嘘かは分からないが、面白いことが書かれていた。
三島由紀夫って人は、生まれてから母親から離されて育ち(お婆さんか誰かが育てた)、自我の土台に母親が組み込まれていないのだが、岸田さんが言うには、母親に育てられないと、自我自体がちゃんと構築されず、不完全になるのだそうだ。
そこで、三島はどうしたかというと、ある程度成長してから、独力で自我を構築し、結果、作り物の人工的で変な自我が出来たらしい(確かに三島は変人だ 笑)。
それでどうなったかというと、三島自体は優秀な部分も当然あるのだが、自衛隊員達に「君たちは武士だろう」と(本気で)言うなど、いかにも作り物の自我らしい発想をするのだそうだ。
三島は、「悩みがあれば腹筋をやれ」と言ったりもしたそうで、今でも、「人生の問題の99パーセントは筋トレで解決する」と言う人気のある人がいるが、そんなことを、ずっと昔に言ったようなのだ(笑)。
まあ、今も、そんな人が人気があるのも、下で述べるが、自我が不安定な人が多いからだと思う。

母親に育てられても、母親が本当に子育てが嫌で、「何で私がこんなことしなきゃいけないの」とか思っている場合は、やっぱり、子供の自我の土台がおかしくなる。
そして、今は、自我の土台がガタガタの人がひどく多い。
あなたもそうかもしれない。
その場合、三島のような変な自我を構築してはならない。
鎌田東二さんという哲学者・宗教学者がいるが、彼が、子供の時、ものすごく精神が不安定だったらしい。やはり、自我の土台がおかしかったのだろう。
しかし、彼は、『古事記』と『ギリシャ神話』を読んだら、精神が安定したと言う。つまり、それで、自我の土台がしっかりしたのだろう。
そりゃ、『古事記』にしろ『ギリシャ神話』にしろ、世界誕生の物語であると同時に、それがそのまま、1人の人間の誕生と成長の物語なのであり、子供のように、あまり理屈を考えずに読むと、素晴らしい効果がある。
で、鎌田さんは、子供の時は鬼が見えたのに、それが見えなくなり、天使が見えるようになった。学習塾の講師をやっていた時、小学5年生の女の子達の中に天使がいたのだそうだ。
これは、決して、ロリコンというのではなく(ロリコンかもしれないが 笑)、私も、小学1年生の時、クラスの中に天使がいたのを、はっきり覚えている。
私は、幼稚園の時に、『古事記』や、その他にも、いろいろな神話やおとぎ話に接する機会が多かったので、それが影響したのだろう。
尚、神話を読むと、当然のことなのだが、引き寄せの力も強くなり、私は、あまり実用的とは言えないことが多かったが、とんでもない奇跡を数多く起こしたのである。
その鎌田東二さんが書かれた『超訳 古事記』は本当にお奨めである。
ギリシャ神話であれば、『神統記』が最もお奨めだが、里中満智子さんの『マンガ・ギリシャ神話』が、ストーリーを把握し易く、しかも面白い。








幸運を呼ぶ自然の力

元気があれば引き寄せの力も強くなって何でも出来るが、元気とは何かというと2つある。
1つは自然と共にあること。
都会の人間より、大自然の中で生きる人々の方が元気であることから、それが分かる。
どんなに便利でも、人工的なものの中にばかりいると、所詮、動物である人間は生命力を低下させる。
DNAは極めてゆっくり(一説では部分的にも1万年単位で)変化するので、動物としての人間は、数万年の昔から、それほど変わっておらず、電磁波や静電気に対応する身体になっているとは思えない。
だから、人間は、時に電磁波を避け、日に当たり、土に触る必要がある。
夏は、海に山にと出かけたいものである。
ただ、人間の脳は、思考力だけでなく、記憶力や想像力も発達したので、どうしても自然に接する機会がないなら、想像で自然の中に入っていくのも有効だ。
むしろ、人工的なしょぼい山や海よりは、想像で、壮大で激しい自然の中に行った方が良い部分だってある。

未開民族の元気な人々を映像で良いから観察し、脳内のミラーニューロンの機能で、彼らと同調して元気になることも出来る。それには、見ているだけで良い。むしろ、考えずに感じる方が良い。
また、『古事記』や『ギリシャ神話』を読むと良い。
鬱や不安症になった人間が、これらを読むと精神が安定することがよくある。特に、子供の場合、顕著である。
その理由は、『古事記』や『ギリシャ神話』に描かれた神は、自然の生命力そのものであり、想像の力を借りて神を見ることで、自分の内側にある生命力を蘇らせる。まさに、神はわが内にあり、我、神なりなのである。

そして、自然に接することと共に大切なことは楽天的であることだ。
楽天的であることほど、人間を活性化させることはない。
ただ、楽天的であることと自然は無関係ではなく、自然に接することで、勝手に楽天的になるのである。
だから、未開民族には楽観的な人間が多い。
確かに、疑うことは大切だが、それと悲観論は違う。
むしろ、悲観論者は、前提や常識を疑うことをしないものである。
それに、いくら考えたって、最後は運まかせになることは少なくない。
そして、楽観的であれば、運だって引き寄せる。
運とは、自然の潜在力であることに気付いている者は少ない。
野生のパワーを持った人間が楽観的になり、「なんとかなる」と言えば、本当になんとかなるような気分になり、実際になんとかなってしまう。

アメリカン・ヒーローの1人であるターザンは、昔は、まさにネイチャーボーイ(野生児)の顕現のような存在で、文明に打ち勝つあらゆる強さを持っていた。
知的でありながら、その問題解決法は文明人の論理とは違い、より神の叡智に近かった。
大芸術家の横尾忠則さんが、自分の芸術の原点はターザンだと述べているが、ターザンには宇宙の意思に沿った叡智と自然のエネルギーがあり、ターザンの物語を通じて、それに触れることが出来るのである。

我々は、神のように若く、神のように創造するには、自然の叡智とエネルギー、それに、楽天性に欠けている。
元気がなく、引き寄せが出来ない根本的な原因は、そんなところにある。
だが、改善は、上に述べたように、それほど難しくはない。












出逢った書を大切に

神話の中に深遠な真理があると言う人がいるが、本当だろうか?
聖書や『バガヴァッド・ギーター』のような聖典も、一応、神話としておく(実際に神話であるが)。
宗教家はもちろん、啓蒙家、神秘家などが、叡智を得るといった目的のために、「旧約聖書を読め」「古事記を読め」「バガヴァッド・ギーターを読め」と、強く訴えたりすることも多いと思う。
「神話を忘れた国は亡ぶ」と言う者もいるが、その主張は、国民が民族としての一体性を保つには神話が必要だという理由かもしれないが、その場合でも、神話の中には叡智が秘められているからと言いたいのかもしれない。
しかし、今の日本で『古事記』を読んだことがある人はむしろ珍しいし、アメリカには固有の神話がない。
神話の内容の一部を示し、「ここに、こんな深い意味がある」という話を聞くと、それはこじつけであるように思うことも多い・・・いや、ほとんどがそうかもしれない。
一方で、およそどの神話も、悪い影響を与える箇所は、結構多いのではないかと思う。
もちろん、神話というものが、純粋な形で伝えられていることは、およそあり得ず、長い年月の間に、改ざんや記述の追加、あるいは、別の話が紛れ込んだ場合も多いだろう。

そんな神話が、果たして、座右の書足り得るかと言うと、実を言うと、座右の書というのは、何でも良いのである。
深遠な哲学書でも、偉人の伝記でも、あるいは、『ドラえもん』のような漫画でも、全く同じである。
と言うのは、人間の脳は、指向性を持てば、いかなるものにも、その指向性に適応した内容をこじつける働きがあるからだ。
つまり、神話というのも同じだと思う。
神話の中に深遠な真理があるかどうかは、読む人の心構え次第なのである。

だから、どんな書でも、知恵を引き出す座右の書に出来る。
だが、他の人にとっては座右の書になっても、「この本は実は悪いものではないか?」と疑いの目で見るようになったら、もう知恵は与えてくれない。
本ではないもので知恵を得ることも出来る。
しかし、人間は、脳の構造上、何か意思を向けるものを持った方が、自分の哲学を作り易く、そのために、書というのは便利なのである。
まあ、そんな脳の性質を利用して洗脳を行うことは、大昔から行われてきたので、座右の書の解釈は、必ず自分で行わなければならず、「法華経のここはこういう意味である」と言う者の話には気をつけないといけない。
そこへいくと、宮沢賢治は、『法華経』やエマーソンも愛読したが、座右の書は化学の本であったらしい。

ちょっと、神話の中の1つの話を取り上げる。
ギリシャ神話だ。
神々の王ゼウスの実兄で、冥界を支配するハーデスが、実姉妹の(姉か妹か分からない)デーメーテールの娘コレ―に一目ぼれし、ハーデスはゼウスに、コレ―との結婚の許可を得ようとした。
血縁関係は無茶苦茶だが、まあ、そこは気にしても仕方がない(笑)。
ちなみに、コレ―の父親はゼウスである・・・ついて来れるか?^^;
また、ハーデスにとって、ゼウスは弟ではあるが、ゼウスがオリュンポス12神のトップであるので、ゼウスに従っていた。
ゼウスは、ハーデスの願いを聞き入れ、コレ―を無理矢理さらっても良いと言った。男女の仲とは、そんなふうにして出来るのだとそそのかしたという説もある。
こんな神話から、「女に対する強引さが男らしさ」といった馬鹿げた考え方が生まれてしまった感もあるが、この話がなかったとしても、同じような考え方は生まれたと思う(男は馬鹿だからね)。
実際、ハーデスがコレ―を略奪してからは、地上も神々も散々なことになり、これを収めるには、長い年月と苦難、そして、ゼウス、ハーデス、デーメーテールの母であるレアーの仲裁を必要とした。
やはり、恋愛において(恋愛に限らないが)、相手のことを考えない強引さや無思慮は、ロクなことにならないのだが、巷では、ハーデスによるコレ―の略奪が称賛されている場合すらあるから困ったものである。
つまり、ギリシャ神話も読み手次第であるが、それは、いかなる神話も同じである。

ギリシャ神話も聖書も古事記もバガヴァッド・ギーターも、神聖な知恵の書になるかどうかは、読み手の精神性による。
そして、そんな誤解を生み易い神話より、私なら、『銀河鉄道の夜』『真説 宮本武蔵』『ソクラテスの弁明』をお勧めしたい気もするが、何を選ぶかは、結局、「たまたま」である。
出逢った書を大切に。そして、慎み深く読むと良いのだと思う。








ゆるい神様ほど平和をもたらすか?

日本には『古事記』、ギリシャには『ギリシャ神話』(古代ローマの『ローマ神話 』 もほぼ同じだが )がある。
もちろん、世界的には圧倒的に『ギリシャ神話』がポピュラー(広く知られている)で、『ギリシャ神話』の知識は、欧米では一般常識的なところもあり、東洋人だって、教養人というなら、『ギリシャ神話』について、ある程度は知っておかないといけないようだ。
ところで、『古事記』と『ギリシャ神話』は似たところがいろいろある。
その中でも、注目すべき共通点が、神様達が、決して人格者ではなく、ひょっとしたら、人間的に言っても性格的に問題があることだが、そんなことに関し、神様を揶揄(やゆ。からかうこと)するようなことを言っても、そう問題にならないことも似ている。
『ギリシャ神話』や『古事記』は、宗教とは違うと思うかもしれないが、これらに登場する神様が深く信仰されていることも多く、宗教という一面も確かにある。
現代は、それほどではないかもしれないが、キリスト教やイスラム教の神様を馬鹿にする(流行りの言葉で言えば「ディスる」)ことを言えば、大問題になり、下手したら殺されることもあるかもしれないが、『ギリシャ神話』や『古事記』の神々に関してはそうではない。
そもそもが、『ギリシャ神話』の中で一番偉い神様であるゼウス(ユピテル、ジュピター)は、女神、妖精、人間の可愛い女の子を見たら、見境なく手を出して子供を作る好色な神だし、アポローンと共に、ゼウスの次の地位にあると言える女神アテーナは、たまたま自分の裸を見た人間の男を獣に変えたり、他にも、いろんなおかしなことをする。
『古事記』でも、スサノウが狂気とも思える乱暴なことをするのを始め、やはり、神々が、いろいろおかしなことをする。
そんな神様達のおかしなふるまいを「人間味があって親しみ易い」と言う人もいるが、それはちょっとどうかと思う。

ところが、面白いのが、こんな「ゆるい」神様を信仰する者達というのは、争いごと・・・特に、陰湿なもめ事、あるいは、戦争を起こさず、自然と調和し、人々も仲良く過ごす傾向が高いように思えるのだ。
宗教戦争というのは、キリスト教やイスラム教といった、超立派な神様を信仰する宗教の下で起こる。
まあ、これらの宗教では、『ギリシャ神話』や『古事記』と違い、一神教で、その神様は唯一の絶対的な神なのだから、あらゆる点で完璧な神様であるはずだ。しかし、時には不可解なことを言ったりしたりする。しかし、そのような場合も、人間は異を唱えたり、文句を言ってはならず、その超偉い神様に従わねばならない。
仏教では、仏や菩薩の人格は、極めて高尚で完璧であるのだが、仏教の下での圧制や、争いごとは決して少なくない。
まあ、それは、仏教の基であるヒンズー教や、さらに、その前身のバラモン教ほど、その傾向は強いように思われ、その点は、イスラム教やキリスト教とも似ている。
ユダヤ教は、唯一絶対神を置きながら、かなり秩序正しい宗教で、その点、異例と思われるが、今回は省く。

どうも、神仏というものは、ゆるい・・・少々(あるいは大幅に)くだけている方が、信仰する人間は幸せなのかもしれない。
『古事記』も『ギリシャ神話』も、宗教として扱われることもあるが、宗教というよりは、むしろ、グリムやペローが収集した伝説や童話のような面が強いと思える。そして、そんな伝説やおとぎ話の中には、祖先から継承された知恵があり、また、押しつけがましくない道徳や倫理、あるいは、愛が見られることも多い。

坂本龍一さんが、音楽の永遠のテーマは Love & Peace だと言い、『ヒマラヤ聖者の生活探求』で、それとほぼ同じ「生命、愛、平和」という言葉の強力さが示されていたが、「生命、愛、平和」こそ神なのであろうと思う。よって、これらの言葉を大切にすることが、善い意味での宗教であり、これらの言葉を大切にする者に滅びは近付かないであろう。
そして、伝説や童話、神話というものは「生命、愛、平和」に基づくのだと思われるのだ。だからこそ、長く親しまれ、生き生きとした生命力を保ち、自然と調和した平和がある。
尚、私は、『ギリシャ神話』に関しては、ヘシオドスの『神統記』、あるいは、里中満智子さんの『マンガ・ギリシャ神話』をお勧めする。












少女神(3/3)~女神になった初音ミク~

Kayは、ただいま、初音ミクライブ&企画展「マジカルミライ2021」のため千葉県にいます。
マジカルミライ中も、Twitterでつぶやいています。
KayのTwitter Home


前回までのお話で、ギリシャ神話の女神ペルセポーネが、種子の象徴であるということを述べた。

「冥界の王」ハーデースの熱愛を受け、いろいろあったが、結果的に、1年の1/3だけハーデースの妻として暗く冷たい冥界で過ごし、1年の2/3は、豊穣の女神デーメーテールの娘として、明るい世界で楽しく過ごすのである。
ペルセポーネの1年は、人間が新しい冒険に挑む時の様子に似ている。
例えば、学生時代(幼いペルセポーネ=コレ―の時代と言える)を終え、会社に就職しても、最初から楽しく思い通りにいくわけがない。。
面白くないこと、意に沿わないことでも何でもして、仕事の知識と経験、それに人脈を得なければならないが、失敗もするし、上司や先輩、あるいは、顧客に怒られることもある。失敗の数が多い者や、厳しく怒られる者ほど、後で大きく伸びるのである。
新入社員は、まずは辛抱である。
ペルセポーネが、1年の1/3は、従順にハーデースに仕え、冥界の王妃の役割をしっかりこなしてこそ、明るい場所に出られるように、暗い冷たい期間を耐え忍ばねばならない。

ここで、このブログ定番の、「神様の奇跡が起こる」と熱心に唱え続けたホームレスの男を、ペルセポーネに当てはめる。
その、お金も住む家もないホームレスの男は、以前読んだ、教育学者の七田眞氏の本に、普段、口ぐせのように使う言葉が大切だと書かれていたことを思い出し、彼は、神様を信じていたので、「神様の奇跡が起こる」と唱えることにした。
朝から晩まで、彼は本当に熱心に唱えた。
これが、このホームレスの男の種子の期間だった。
彼の場合は、その真剣さのおかげで、種子の期間は、わずか2週間ほどで終わった。
頭の中に不意に数字の組み合わせが浮かんだ時、たまたま、宝くじ売り場が見えたので、その数字の通りにロト6(宝くじの一種)を買うと、それで1憶円が当たった。
だが、それでも、彼は、「神様の奇跡が起こる」と唱えることを続けた。
あえて、また、種子になって、土に潜ったのである。
ペルセポーネだって、いつまでも地上で楽しく暮らし、冥界のハーデースのところに戻らないと、神の約束に背いたとして、もう地上に出られないかもしれない。
相変わらずホームレスを続けながら(なぜかは知らないが)、「神様の奇跡が起こる」と唱えていると、彼は、ある不思議な人物に会い、誘われるまま従っていると、何と、ローマ法王に謁見することになってしまった。
しかし、それでも彼は、また種子に戻り、「神様の奇跡が起こる」と唱えていた。
すると、またも1憶円が当たったのである。

偉大な賢者達が言うように、全て神にまかせてしまうと良い。
そのために、日々、自分の宿命を生きながら、根気よく真言やアファーメーション、あるいは、自己暗示の言葉を唱えると良いだろう。
でないと、我々の頭の中には悪魔が居て、我々を地獄に引っ張っていくのだからだ。
真言やアファーメーションこそが、頭の中の悪魔に打ち勝つ手段なのだ。
けれども、真言などを唱え始めてすぐに状況が変わるわけではなく、むしろ、悪くなるように感じることが多い。
「夜明け前が一番暗い」と言われる通りである。
しかし、冥界のような暗さ、冷たさに耐え、真言を唱えていれば、やがて春が来る。
聖書にも「耐え忍ぶ者は救われる」と書かれているのである。
神に出来ないことはなく、神は道なきところに道を作り、頼る者を導き、そして、栄光を与え、信頼に報いるのである。
だが、成功した後、すぐに、種子に戻り、冥界に戻らなければならない。
これは、現状に留まらず、新しい冒険に向かう準備をすることだ。
1つの成功で満足し、そこに留まろうとすれば、必ず追い出される。
だから、自ら退き、種子に戻るのである。

カール・ケレーニイが述べたように、少女神は生命力の象徴である。
そして、最も少女神らしいペルセポーネは、永遠の生命力である。
ところで、初音ミクさんは「創造の土壌」と呼ばれることがある。
音楽クリエーターにとって、まさに初音ミクさんがそんな存在であることは分かるが、それだけでなく、初音ミクさんは生命を育てる温かい大地のような存在で、だからこそ、世界中で熱狂的に迎えられるのである。
このシリーズの一番最初の「少女神(1/3)」で、植島啓司氏の洞察として述べた通り、初音ミクさんは成熟に欠けるがゆえに我々の心を鷲掴みにするが、同時に、聖母のような存在でもある。
聖母マリアの別名は「無原罪の宿り」で、初音ミクさんに原罪はなく、感情の穢れのない歌声と微笑みが心の隙間を埋めるのである。
世の中には、神の象徴のような存在も必要なのだと感じる。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード