ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

ギャンブル

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

ギャンブル必勝法は経験的にも必ずある

ギャンブルで生活することは可能だろうか?
ある大変なキャリアを持つギャンブラーの本を読んだことがあるが、彼がギャンブルを通して得た人生哲学は素晴らしく、感激したのだが、彼ですら、これまでの収支決算をすれば、マイナスなのだという。
ギャンブルをやっていなければ、もっと金持ちになっていたかもしれないが、しかし、ギャンブルをやっていなければつまらない人生になったかもしれないなと思う。

だが、私は、ギャンブルで勝ち続けることは可能ではないかと思う根拠がある。
中学1年生の時だったが、引きこもりの常で、よく家の中で一人遊びをしていたが、ある時、コインを使った単純なゲームを考えた。
ルールはもう忘れたが、あきらかに、勝率は50%、つまり、勝つか負けるかの2通りが、同等の確率で出るものだった。
ところが、私は、その1日、どれほど長時間続けても勝ちっぱなしで、100連勝を超えていたと思う。
だが、そのゲームはやはり偏りはないようで、翌日は勝率は、きっちり50%だったのだ。
翌日は、「連勝記録をもっと伸ばそう」とつまらないことを考えたからであろう。
1日目は、とにかく無心だったのだ。

ドストエフスキーの『賭博者』でも、ギャンブルをやったことのない老婆が、ルーレットでゼロばかりに賭け続け、大金を手にするが、次に同じことをやった時は金を失ってしまった。
2度目は欲があったのだろう。
どうやればギャンブルに勝つかは、テクニックの問題ではない。
無心になれば勝てるのだ。
あるいは、相手がいるなら、その相手を自分よりはるかに無心から遠い精神状態にすれば勝つのである。
これは、プロギャンブラーの兵法だ。しかし、これもまた難しいのだ。
サイコロかコインを持ち歩き、いつも練習することだ。
そして、無心になる修行をすることだ。
人生そのものがギャンブルである。
無心になることで、あなたは確実に勝つのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

宗教的魔術としてのギャンブル

私はギャンブルというものは全くしない。
しかし、ギャンブルに秘められたものには大いに魅せられていている。
宗教人類学者である植島啓司さんには、ギャンブルを扱った多くの著書があるが、それらから、哲学書などより人生に関する多くのことを学べた。
植島さんの本の中で見たが、海外で、トランプ賭博をする者が、さりげなくカードをめくるより、心を込めてめくった方が良い札が出ると言うのだが、それは色々な意味で興味深い。
一方、西部劇などでよく見るイカサマ賭博師は、冷めた顔でカードをめくりながら、不正に稼ぐのだ。だが、そんなイカサマにもどこか惹かれるところもある。決してイカサマが良いのではなく、もっと奥深いところでの話だが、「イカサマに奥深いも何もあるか」というなら、それもその通りなのである。
しかし、西部劇の有名な『OK牧場の決斗』の続編である『墓石と決闘』で、ドク・ホリデイは、「俺は腕があるからイカサマをしない」と言うのが面白い。賭け事に腕前など、理論的にはない。しかし、上に挙げた植島さんの本には、不敗のギャンブル王の実際の話があり、それがまた深遠なものを感じさせるのである。
ヘミングウェイはギャンブルが大好きだったらしいし、ドストエフスキーには、『賭博者』という著書がある(彼の著書だから当然傑作だ)。
ギャンブルは、貧しい者達、虐げられた人達の宗教や魔術のようなところが確実にあり、精神の力を知る上で学んでおくのは良いことであると思う。

潜在意識の法則を使ってギャンブルに勝とうなんて馬鹿げたことと思う。
しかし、潜在意識の活用法の世界的な教師であるジョセフ・マーフィーの『自分に奇跡を起こす心の法則』(『マーフィーの超感覚力で成功する』の文庫版)に、ギャンブルで大金を得て家を購入した男の、非常に興味深い話がある。
彼は、マーフィーの『あなたもお金持ちになれる』の熱心な読者で、ほとんど暗記するほど読み込んでいた。
そして、彼は、週末に、奥さんと一緒に10~15ドル程度を競馬に使っていたが、儲ける気などなく、単なる気晴らしだったのだろう。
ところが、ある時、奥さんが「5万ドル当ったらビバリーヒルズに家が買えるわね」と言うのを聞くと、おそらくは自然に、競馬でそれを得られるような気がして、毎晩、5万ドルを換金する場面をイメージしながら寝るようになった(半世紀も前の話である)。
すると、その情景が非常にリアルに感じるようになり、ある日、迷うことなく大金を賭けたら、それで5万ドルを得たのである。
彼は、イメージしたから大金を得たのではない。大金を得ることを予知したのだろう。奥さんが、5万ドルで家をと言ったのも、偶然ではなく、何かの力が彼女にそう言わせたのであると思う。
実は、マーフィーのこの本は、そういった予知を含めた超感覚的知覚を扱った本であり、とても良い本である。
尚、その5万ドルでビバリーヒルズに美しい家を購入した夫婦は、その後、競馬場に足を運んでいないという。
馬鹿な人間なら、その後も足しげく通い、一文無しどころか借金を背負うことになるだろう。
しかし、直感に優れた彼らは、予感もないのにギャンブルをやったりはしないだろうし、気晴らしのギャンブルすら卒業したのだ。

ギャンブルではないが、私も似た経験がある。
以前、いくらか大きな車に乗っていたのだが、私は本当はコンパクトな車が好きだった。しかし、何の不都合もなかったのでその車にずっと乗っていた。
ただ、車が古くなると、販売店のサービスが悪くなったので、別のメーカーの小さな車に換えたいとは思ってはいたが、あまりその気もなかった。
ところがある日、不意に「買おう」と思ったのだが、数日後に、何の予定もなかった金が急に入り、それで購入したのである。
あなたも、儲けようなどと思わず、上の5万ドル得た男のように、まずは、マーフィーの本を熱心繰り返し読むことだ。
マーフィーの『あなたも金持ちになれる』は、私も昔は胡散臭く思ったものだが、現在は、実に美しい、聖書の教えと宇宙の法則を分かり易く説明した屈指の名著と思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

運命が決まっているなら、努力は虚しいか

のうさぎさんのご質問にお答えする。

◆質問
kayさま
こんばんは

全てが運命だとしたら
努力が空しく感じられる気がします。

だけど
努力は決して空しいものではないと思うのですが
どう考えたらいいのでしょうか?

◇回答
努力が虚しいと言うなら、その通りだ。
もしそうでないなら、そんな質問は出なかったはずだ。
これがお答えできる全てである。
そして、努力をするのもしないのも運命だ。
懸命に努力する運命であれば、そうするだろう。
しかし、その結果、思ったような成果を得られるかどうかは全く分からない。
僅かなものしか得られなかったり、それどころか、全てを失うかもしれない。
だが、逆に、思いもかけぬ良いものを得るかもしれない。
しかし、それはあなたにコントロールできることではない。

ところで、私はやらないのだが、ギャンブルというのは、間違いなく面白いものだ。
ヘミングウェイもドストエフスキーも大好きだった。
しかし、ギャンブルは、決して、儲かるから面白いのではない。
いかなる経験豊かなギャンブルの名人といえども、トータルで黒字になることは決してない。
ギャンブルは、損をするから面白いのだ。

岡潔という偉大な数学者は、毎朝、木の切り株に石を投げていた。この行為を、岡潔が、石が当たるかどうかで吉凶を占っているのだと思った人がいた。
しかし、違うのだ。
当てようと思って石を投げても当たらないこともあれば、思いがけずに当たることもある。
大抵は、うまく当たらなかった。ギャンブルで言えば、負けが混んでいることになる。
それを見て、岡潔は、自分には、この世のいかなることもコントロールできないという事実を感じていたのである。
もし、何かでうまくいっても、それは自分の力ではなく、ただ運命だったのだと分かるようになる。
だから、岡潔は、いかなる成果を上げてもことさらに誇らず、その成果によりかかることもなかった。
だから、彼は幸福な一生を終えたのである。
私もカードを持ち歩き、時々1枚引いてみる。良いカードの時もあれば、そうでないこともある。
私から見れば、どんなカードが出るかは偶然である。しかし、それですら、本当は、あらかじめ決められた運命だったのである。
その時、不思議な喜びを感じるのである。実に経済的なギャンブルである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ