ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

カードキャプターさくら

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

人生という劇のストーリーを決める自己暗示

誰がそうであるかは重要ではないので、あるダンスパフォーマンスで有名なグループにいた元芸能人(元ダンスパフォーマー)とするが、グループを脱退して長く経ち、すっかり肥満していた。
それが、一大決心をして鍛え直し、現役時代並の身体を取り戻した。
これは、なかなか出来ることではないし、本人も、初めはとても無理と思ったらしい。
ところが、結局うまくいった最大の要因は、トレーナーが「絶対、大丈夫」と言い続けてくれたことだった。
「絶対、大丈夫」は、CLAMPの漫画・アニメ『カードキャプターさくら』のヒロイン、木之本桜の最強の呪文である。
さくらの場合は「絶対、大丈夫だよ」であるが、普通は「だよ」まではいらないだろう。
この元ダンスパフォーマーの場合は、トレーナーからの他者暗示ということになるが、暗示療法で世界的に知られるエミール・クーエが言う通り、いかなる暗示も自己暗示なのである。
他者から与えられる暗示も、自分が受け入れなければ効力を発揮しない。
だから、この元ダンスパフォーマーも、トレーナーからの暗示を受け入れ、自己暗示になったから成功したのであり、本来は、最初から自己暗示でやれば良かったのである。
確かに彼は、最初は、自分では成功の自信がなく、他者暗示が必要に思えたかもしれない。
しかし、自信などなくても、自分で「絶対、大丈夫」と唱えていれば、やがて自信を持てるのである。

イエスは、「山に向かって、海に飛び込めと言い、その通りになると信じて疑わないなら、その通りになる」と言ったが、そんな自信は、無理に持とうとして持てるものではない。
人間は、自分の心をコントロール出来ない。
しかし、言葉だけは支配出来る。
その言葉で、「全てうまくいく」と自分に言い続ければ、自然に自信が持て、山は海に飛び込むことになる。
ただ、その呪文、あるいは、自己暗示は、「感情を込めず、静かに、淡々と」唱えなければならない。
感情を込めて唱えると長続きしない。
1日、少なくとも30回、出来るだけ、思い出した時はいつでも、自分のお気に入りのただ1つの呪文を唱えることで、何でも望む通りになる。
呪文は、上記のように「絶対、大丈夫」でも良いし、「全てうまくいく」、あるいは、その組み合わせ「絶対、全てうまくいく」、「大丈夫だ、全てうまくいく」でも良い。
あるいは、全く別の言葉でも良い。
しかし、個々の願い・・・例えば、「ダイエットに成功する」「お金持ちになる」「格好良い彼氏を作る」「可愛い彼女を作る」は入れない方が良い。
これも、エミール・クーエが言ったように、「全てうまくいく」とすれば、「全て」に含まれるからだ。
個々の願いを言葉にすると、欲望にかられて、結果、大抵は失敗する。
そして、やはりイエスが言ったように、神はあなたの必要なものなど、とっくにご存知だ。
言い換えれば、潜在意識は、あなたの願望を、あなた以上に知っている。
さらにいえば、神、あるいは、潜在意識は、あなたの10年先の願望すら知っているのである。
全てを、神、あるいは、潜在意識にまかせることである。

さて、「マジカルミライ2018」が終わってしまうと、全てのことが些事に思え、どうでも良く思えるが、これは悪いことではあるまい。
つまらないことにこだわらず、「マジカルミライ2018」で巡音ルカさんが歌ったジミーサムPさんの『No Logic』のように、気楽にやりたいことをやれば良い。
ある程度は力を抜き「ソフトタッチ」でやることが必要である。
呪文を忘れずにね。
それにしても、私にとって、今や世界は幼稚園のお遊戯だ。
『燃えよドラゴン』で、ブルース・リーも言ってたではないか?
「良い闘いは、少人数でやる劇に似ている」
と。
「20世紀最大の詩人」W.B.イェイツは「良い役者は自分が泣いたりしない」と言った。
ハムレットもリア王も陽気なのだ。
良い役者は、それが劇であることを自覚している。
あるいは、劇でしかないと分かっている。
人生は面白い夢でしかない。
まあ、楽しくやろうってことだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

最強の呪文三択

2年に一度くらいは書いている気がする、私の好きな話だ。
元プロ野球選手、元プロ野球監督の中畑清さんは、自分は大した素質のある選手ではないと言っていたと思うが、長く巨人の4番を打ったのだから、大した選手だったに決まっている。
彼を大バッターにしたのも言葉だった。
彼は若手選手だった時、当時の長嶋茂雄監督に「調子はどうだ?」と聞かれ、中畑さんは「まあまあです」と答えた。
すると、長嶋監督に「馬鹿野郎!こんな時は嘘でも絶好調だと言え!」と激を飛ばされ、中畑さんは、「はい、絶好調です」と言い直した。
以降、中畑さんは「絶好調」と言い続け、「絶好調男」と呼ばれるまでになり、ほとんどのプロスポーツのスター選手が引退後、ぱっとしなかったり不遇である中、彼はいまだ大活躍の絶好調振りだ。

人間とは、自分の言葉通りの存在なのである。
だから、アファーメーション(自分を鼓舞する言葉)は何より大切であり、常にアファーメーションが出来るよう、その言葉は1つでなければならない。
そして、そのたった1つの言葉は平凡でも良い・・・いや、平凡なのが良い。
「絶好調」は誰にでも合う言葉である。
私は数年前、まるで駄目男君(私の職場にいる人生の落伍者。30歳過ぎの派遣雑用係)に、この話をしたら、彼も少しは感動したようなので、「じゃあ、お前も絶好調と言え」と言ったら、彼は、右腕をふざけたようにちょっと上げ、締まらない顔でヘラヘラ笑いながら「ぜっこおちょ~」と軽薄な声で弱々しく言う。
これが、まるで駄目な男の、人生に対する心構えなのだなあと私は落胆し(ある意味納得し)、そいつを見捨てた。
言うまでもないが、あなたは、こんな哀れな人間の真似を絶対にしてはならない。
ちなみに、長嶋茂雄さんのアファーメーションは「僕は絶対打てる」である。

「絶好調」と並ぶ、単純だが効果あるアファーメーションは「大丈夫」だ。
永遠に人気が衰えない『カードキャプターさくら』のヒロイン、さくらの最強の呪文は「絶対、大丈夫だよ」であったが、全く最強だ。
「アファーメーション」を正確に訳せば、「最強の呪文」なのだろう(もちろん、言語学的な意味ではなく)。

バラク・オバマは「イエス・ウイ・キャン」や「チェンジ」など、アファーメーションを考えたが、いまひとつだった。
そもそも、「イエス・アイ・キャン」を最強のアファーメーションに掲げたアメリカの牧師ロバート・シュラーは、最後は惨めだった。
人間が、自分の頭脳や筋肉で出来ることは、たかが知れている。
だから、より高次の力を求める言葉が必要である。
「絶好調」「大丈夫」には、そんな力の存在を秘めているのだし、そんな力と一体になる感覚を得られるのである。
初音ミクさんの『FREELY TOMORROW』の中の「奇跡は起きる」や、マイケル・ジャクソンの『Black Or White』の中の「僕は奇跡を信じる」も、やっぱり高次の存在を暗示しているのである。
アメリカには元々「イン・ゴッド・ウイ・トラスト(我々は神を信頼する)」という素晴らしいアファーメーションがあり、それがアメリカを最強の国にしたが、オバマはエリートで、個人の力を重んじる頭でっかちだから、つまらないことを言ってしまったのかもしれない。
一方、長嶋茂雄さんの「僕は絶対打てる」は「絶対」を付けることで、どこか神懸っているのである。また「僕は打つ」ではなく「僕は打てる」と言うところが良い。

世界は「思い通り」と言うよりは「言う通り」なのである。
思いは自由にならないし、コロコロ変わるし、悪い方にも行き易い。
思い・・・心が言葉を支配した場合もそうである。
しかし、意思は心は支配出来なくても、言葉は支配出来る。
意思が言葉を支配し「絶好調」とか「大丈夫」と言い続ければ確実に勝つのである。
「絶好調」「大丈夫」「奇跡は起きる」のどれかを最強の呪文にすると、世界に勝ったも同然である。
お気付きの方もいるかもしれないが、「絶対大丈夫」「絶対奇跡は起こる」は恐ろしく強力である。「絶好調」は「絶対好調」を意味するので、そのままで良い。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

幸運なハプニングを起こすコツ

先月(2017年11月)の17日、大阪のフェスティバルホールで公演された「初音ミクシンフォニー2017」に行くために、自宅を出て駅に向かって歩いていた時のことだ。
駅までは1.6kmで、その半分くらいまで来たところで、不意に、バッグに財布を入れていないことに気付いた。
別にバッグの中を見た訳ではないが、入れた覚えがなかったからである。
それで入っていたら、健忘症を疑うところであるが(その方が良かったが)、やはり入っていなかった。
別にお金が必要な予定はないが、万一の時、10円もないというのも何なので、やはり家に引き返した。
コンサートに行く時には、チケットを忘れていないかは、しつこくチェックするが、他のことで何か1つくらいは忘れることがあるものだ。
しかし、財布とはなかなか大物だ。
フェスティバルホールに着くあたりで喉が渇いたが、適度な喫茶店もなかったし、会場でちょっと喉を潤すのに飲み物を持っていた方が良いと思い、コンビニでペットボトルのレモンティーを買った。
フェスティバルホール近くでコンビニを見つけるのに苦労したが、その近くの地下にあった(洒落…でもないか)。
外は寒いのに、フェスティバルホールの中はかなり暑かったので、やはり飲み物を買っておいて良かった。

で、ポイントは、1.6kmもの駅への道の半分を引き返しても、時間には余裕で間に合ったことである。
私は、いつも、緊急事態はあるものと考え、時間には余裕を持つことにしている。
よって、約束の時間に遅れたり、準備不足になるということは全くない。
待ち合わせでは、少なくとも20分前には到着するのが普通であるが、約束の時間を10分も過ぎてから、相手から、「今、○○にいる。後10分はかかると思う」という電話があったりする。
そんな時、私は穏かな声で「いいよ。全然構わないから、慌てずに来たまえ」と言って、「嗚呼、俺って何て人格者なんだ!」と自己満足するのである(笑)。

そうだ、人生は予期せぬことが起こる。
漫画『カードキャプターさくら』で、エリオルがスピネルにこう言う場面がある。
「スピネル。人生で一番楽しいことは何か知ってるかね?」
「何ですか?エリオル」
「予想しないことが起こることさ」

思わぬ幸運とは、予期しないものだ。
願いが叶う時には、全く予想しないことが起こる。
最近の私は、つかの間の空想の中ですら、予期せぬ展開が起こって楽しむことが多い。
だが、普通の人は、思いもかけないことが起こることを嫌がる。
それで、予期せぬ幸運が訪れ難いのだ。
私なんて、そりゃもう、超可愛い女の子が、私の前で、バシバシ財布を落とす(笑)。
いや、別に、それで儲けるというのではもちろんなく、出会いときっかけであるww

予期せぬ悪いことなんてない。
予期しないことでさえあれば、皆、良いことなのだ。
予期せぬことが起こるのを許すのだ。
すると、嬉しいハプニングだらけになる。
「思いもかけない良いことが起こる」
そう呪文のように唱えることだ。
いや、これを呪文と言うのだが。
これが、セレンディピティを起こすコツである。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

馬鹿だって生きている

キリスト教もそうだと思うが、仏教にも、本当にいろんな宗派があり、同じ釈迦の教えと言いながら、もう別物である。
私は、仏教の中では、念仏の教え・・・日本では、浄土宗や浄土真宗ということになるのだが、それよりも、法然や親鸞の教えというべきものが好きだ。
その理由は、「どんな馬鹿でも出来るから」である。
と言っても、法然自体は大変な学僧で、子供の時から神童だったし、親鸞も、著書を見れば、かなりのものであったことが分かる。
そして、やはり頭が良く、勉強家でもあった、一休や良寛といった有名な僧達も、最期には念仏の教えに行き着いた。
彼らは「庶民のため」ということも当然あったのだが、何より、どんな賢い人だって、念仏の教えくらい単純でないと続かないのだと思う。
宮沢賢治は、法華経が大好きで、念仏の教えは大嫌いだったらしいが、私が法華経の中で一番好きな「観音経」(法華経の第25章)には、「南無観世音菩薩」と唱えよと書かれている。

だが、今の人に、「南無阿弥陀仏」、あるは、「南無観世音菩薩」と唱えればオールオーケーだと言っても、反感や違和感を感じることが多いだろう。
今の人は、賢いとか、情報が多いからと言うより、自分の理屈に合わないことは受け入れないからだが、新興宗教ってのは、教義を、それぞれの人の「私の理屈」にうまく組み込んでしまうので、理屈屋であるはずの人達だって簡単に騙せてしまうのである。
それに、武道や芸術の教えなんて、頭では絶対に理解出来ないので(「考えるな、感じろ」のごとし)、理屈屋は、武道や芸術で全然上達しない。
(理屈を否定する気はさらさらない。私も理屈は大切と思う。狭い理屈を嫌うだけだ)
また、現実的な問題として、仏教でも宗派の違う人達や、仏教でない宗教を持つ人に「南無阿弥陀仏」は、ちょっと無理だ。
もっとも、一休や良寛は他宗派の僧であったのだが。

江戸末期の神道家、黒住宗忠は、「ありがたい」と唱えさせることで、それぞれの人にどんな奇跡だって起こさせたが、理屈屋でも、「ありがたい」に反感を持つ人は、そういないだろう。
で、私も、「ありがたい」こそ、最高の呪文と思っていた。
だが、少し前に書いたが、「大丈夫だ」が、それを超えるかもしれない。
実際、世界で、最も過酷な状況にある人達が、自分に「大丈夫だ」と言い続けることで、その困難に打ち勝っている。
ポール・マッカートニーは「レット・イット・ビー(あるがままに)」で救われたのかもしれないが、「あるがままに」では、普通はちょっと・・・いや、相当苦しいのだ。
ラマナ・マハルシは、自分に「私」と呼びかけよ、常にそうしろ、「私」は最高の真言である・・・と言ったが、私もやってみたが、はっきり言って挫けた。
馬鹿で根性なしにも出来るのは、念仏か、「ありたがい」、「大丈夫だ」であるが、私は、念仏や「ありがたい」には僅かながら違和感を感じてしまう。
だが、「大丈夫だ」では、それがなかった。
『カードキャプターさくら』のヒロイン、桜ちゃんの最強の呪文は「絶対、大丈夫だよ」だが、まあ、「だよ」は要らない(笑)。好きなら別につけても良いが。
だが、「絶対」は良いかもしれない。

最近、どんな願いであっても、それを成し遂げるためにどんなことでもするという心構えがあれば叶うと、くどいほど書いているが、それだって、いつかは試練に遭う。
そんな時には、呪文が必要になる。
「大丈夫だ」「絶対大丈夫だ」と自分に言い続ければ、そんな試練を容易く乗り越えるだろう。
とはいえ、『歎異抄』を読むと、「やっぱり念仏だ」と思うのだが、私にだって世俗の望みはある。それを叶えることも大切である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

究極最強の呪文

鼻呼吸を忘れなければ、平穏な人生が得られるし、呼吸が微かになるほど大きな力を持つ。
これだけ覚えておけば、他には何もいらない。
ただ、運動をした方が、鼻呼吸や微かな呼吸を身につけ易いということはある。

だが、1つの呪文のことを思いついたところ、人生の最初から今まで、これがいかに偉大であったか、一気に思い知ったのである。
私は、それまで、最高の呪文は、おそらく、「ありがたい」と「南無阿弥陀仏」だと思っていた。
しかし、さらに上があるのだと思い知らされたのである。
「まさかこれが」とも思ったのだが。

それは、「大丈夫」だ。
「大丈夫」という文字は少し奇妙に思えるかもしれない。
確かにこれは、元々、中国の言葉で、丈夫は成人男子で、これに大を付けることで、「立派な男」といった程度の意味らしい。
しかし、日本では、「ダイジョウブ」と呪文化していたのである。
ただ、「大きな丈夫」とは、なんとも素晴らしい言葉であるからこそ、呪文化したのだろう。
また、これの英語に当る“All Right”は、英語最大の呪文なのである。
ある特殊部隊の入隊試験は、その人権無視どころでないあまりの過酷さに、いかな選りすぐりの鍛え上げられた男でも、根を上げて脱落し、入隊が叶わないほどであるという。
ところが、奇跡的にその試練を突破した男達を調査したら、彼らは試験中、自分に、“All Right(大丈夫)”と言い聞かせていたのである。
合格者には、能力的にはやや劣る者すらいたが、この呪文の驚異的な威力で突破出来たのだ。

英語の“All Right”も、素晴らしい言葉だ。
「全て善し」なのであるから。
これが最強の呪文になるのは当然だ。
ビートルズの歌の歌詞でも、この言葉は沢山使われている。
それが、ビートルズが成功した大きな要因でもあると思う。
フランス語では“Tout va bien(全て善し)”になるのだと思う。

ところで、1996年発表の作品ながら、いまだ全く人気が衰えない漫画・アニメである『カードキャプターさくら』では、「魔法少女」さくらの最強の呪文が、「絶対、大丈夫だよ」なのである。
最後の「だよ」は、ちょっといらないと思うが、確かに、この呪文が最強であり、それを信じ、忘れずに覚えていた女の子達は、さぞ素晴らしい人生になっているだろう。
このアニメのオープニングソングはどれも素晴らしかったが、その1つである『扉をあけて』(作詞:きくこ、作曲:広瀬香美、歌唱:ANZA)の最初が、「It's all right 大丈夫 ダイジョウブ だいじょう 奇跡だって起こせる」であった。

昨年(2016年)9月、千葉県の幕張メッセで行われた、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2016」の、アンコール前のラスト曲は、BUMP OF CHICKENの『ray』だった。
2014年に東京ドームのBUMPのコンサートで、ミクさんがBUMPとコラボした時の歌だったが、それをミクさんが1人で歌ったのである。
この歌では、「大丈夫だ」という言葉が4回使われている。
ミクさんが歌い終り、光の粒子となって消えると、会場の空気が一変し、あたかも天上の風が吹いているようであった。
これが、ミクさんの歌、BUMPの曲、そして、最強の呪文の力である。
平穏なだけでなく、冒険に挑む人生を望むのなら、これを覚えておくと良い。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ