ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

オタク

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

オタクよりキチガイでありたい

オタクという言葉は、肯定的な意味に使われることも多くなったが、やっぱりどこか、ドンヨリしてキモい感じがする。
そもそも、オタクは「お宅」から来ていて、家に閉じこもった感があり、積極性・・・ましてや、攻撃性に欠ける。
やはり、本当に好きなものに対しては、アグレッシブ(攻撃的、侵略的)でなければならない。

そこで、差別用語として忌み嫌われることがあるが、「キチガイ」の方がよほど良いと思う。
キチガイ・・・そうだ、狂気こそ最高の友ではないだろうか?
テクノロジーオタクでは革命を起こせないが、テクノロジーキチガイなら、何かやらかしそうな気がする。
車オタクは単なる車マニアだが、カーキチならレーサーになれるかもしれない・・・と言うか、少なくとも、その気が感じられるのである。

私は、プログラミングオタク・・・程度ではあったかもしれないが、プログラミングキチガイではなかった。
実際、プログラミングキチガイには敵わない。

何のキチガイにもなれない・・・つまり、狂気を持って生きられない人生に何の意味があるだろう?
『閑吟集』という、昔の庶民の歌集だったものに、「何せうぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂へ」(真面目くさってどうする? 人生は夢だ、ただ狂え)とあるが、全くその通りではないかね?
「20世紀最大の詩人」W.B.イェイツは、老人になっても安らぎを拒否し、不良老人として狂い続けた。
だから、死の寸前にも凄い詩を書いた。
我々若いモンが、そんなアイルランドの爺さんに負けてはならない。

まあ、狂うにも元気が要る。
元気のない狂人なんて、ただのオタクだ(笑)。
リリカルなのはのように、全力全開で狂わなければならない。
出来るだけ人様に迷惑をかけないように・・・ね(笑)。

夢を叶えるのはキチガイだけなのだ。
夢の途中で、前のめりに果てることこそが最高の夢ではないか?
それは、死ぬまで自分でいたってことだからね。
「あいつはキチガイだ」
そう言われなくて何の人生ぞ。
人生はどうせ夢だし、世界は幻想だ。
狂わずにいられようか?









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

オタクは創造的であれ

日本、あるいは、世界でも、最もクリエイティブな企業の1つであるチームラボは以前、社員募集の第一条件として、「オタクであること」を挙げていたと思う。
創造的オタクとでも言おうか。
一方、2次元美少女・・・つまり、アニメやコンピューターゲームのキャラクターである美少女だけに特化した2次元オタクという人が多くなっていて、こちらは悲惨なものであるらしい。
2次元オタクというのは、小中学生の時に、女の子に全く相手にされず、アニメの美少女に逃避してしまった者がなるという話がある。
ところで、小中学校で女の子にモテないというだけでは、必ずしも不幸な結果にはならない。
それなら、恋愛に向けるエネルギーをそっくり、勉強やスポーツ、あるいは、武道や芸術に使い、打ち込めば、普通の人以上の存在になれる。
アインシュタインやエジソンだってそうだった。
私の知り合いにも、やはり子供の時に全くモテず、その悔しさを勉強にぶつけたような男性がいる。
彼の親が特に教育熱心というのではないので、親にしてみれば予想外の秀才になった。
とはいえ、彼は受験そのものが目的ではなく、勉強して社会的強者になることが目的だったので、東大を目指したことは一度もないらしく、塾や予備校にも全く興味がなかった。
彼がもし、東京に住んでいたら東大に入ったかもしれないが、良い大学、あるいは、良い会社に入ることをゴールにする発想は全くなかったようだ。
それで、彼は地元の国立大学に入ってそこでも猛烈に勉強し、研究者として成功し、研究者仲間の女性と結婚し、そして、起業して社長にもなっている。

しかし、今は、モテない男子は、彼らを2次元オタクにして儲けようという企業の強烈な誘惑の罠に、容易く捕まってしまうのだ。
また、モテないながらも、なんとか普通以上に成功した中年男性を2次元オタク化すれば、妻子のない彼らはお金を持っているので物凄く美味しい客になるが、そんなビジネスも大いに繁栄している。

一説によれば、『新世紀エヴァンゲリオン』の1つのラストで、碇シンジが、浜辺に横たわるアスカの首を絞めるが、やがてシンジは無表情のアスカから手を離し、泣き崩れ、それを横目で見ながらアスカが「気持ちわる・・・」と言ったのは、製作者の「オタクは駄目だよ。気持ち悪いんだ。君たち、まともに生きろよ」というメッセージであるらしい。
もし、それが本当だとしても、では、何をすれば良いのかという道を示してはいないが、それは、上に挙げたように、性エネルギーを創造的なものに向けることだろう。
成功哲学で有名なナポレオン・ヒルの主張も、根本的にはそれである。
ただし、ヒルは、現実の女性へ向けるエネルギーを創造活動に向けよと言ったのであり、現在の、魔性の2次元美少女の存在を予期してはいなかっただろう。

初音ミクさんのファンが、2次元オタクであるかというと、そういう場合もあるだろう。
しかし、ミクさんは、根本的に楽器であり、また、色のない透明なキャラクターであり、クリプトン・フューチャーメディアの伊藤博之社長が以前言ったように、「創造の土壌」なのである。
ミクさんは、2次元美少女キャラクターとして愛好するだけのものではない。
直接的には、彼女が歌う曲を作り、彼女の絵を描き、あるいは、文章を作るために存在しているが、ミクさんの熱烈なファンだというチームラボの猪子寿之社長のように、彼女をデジタル技術、デジタルアートの象徴と見て、創造エネルギーを引き出すということもある。

バーチャルな美少女を性的対象にさせて儲けるハイエナのような企業を相手にしてはならない。
そして、完璧な理想である2次元美少女は創造の源になり得る。
身体を鍛え、勉強し、そして、アインシュタインやエジソンや、ニコラ・テスラのように、何かに打ち込むことだ。
そうすれば、これからの時代をリードするに相応しい人間になれるだろう。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

オタクでなければ幸福になれない時代

幸福とは何か、そして、不幸とは何かには、もう答が出ている。
退屈なことが不幸で、退屈でないことが幸福だ。
こう言ったら、「世界には、安全や食料を得られない人々や、難病で苦しむ人々も沢山いるのに、平和ボケしたことを言うな」と怒られそうだ。
しかし、そんな問題もすぐに克服される。
100年後か、200年後かは分からないが、そんな時間は、人類の歴史の中では一瞬のことに過ぎない。
今後、ますます社会は機械化されると共に、AI(人工知能)が人間に取って代わると、人間は、どんどんやることがなくなる。
そうなれば、冗談ではなく、人類は退屈で滅びる。
人間は昔から、天国や桃源郷や極楽浄土に憧れてきたが、本当にそんなところがあり、そこに住むことになってしまったら、退屈で気が狂うに違いない。

ニートで引きこもりだが、親が資産家で一生食べられるからと、ずっとそのままでいたら、やっぱり退屈で精神が崩壊してしまうだろう。
そして、実は、退屈を回避出来る者・・・早い話が、暇つぶしがうまい者が社会で成功して金持ちになり、逆に、暇つぶしが下手な者が、貧しいまま、あくせくし続け、「バタバタしてます」という間抜けなことを言うのである。
街角でハーモニカを吹いてさえいれば満足出来るような者だけがミュージシャンで成功し、暇を持て余しながらバンド活動をやっている者はプロになれない。
つまり、本当に好きなものを持たなければならない。
学校で真面目な優等生をやっている者は、本当に好きなものを持つことが出来ず、退屈な生活をするようになり、それを紛らわすために、無駄な消費ばかりするようになるのである。

「三度のメシより好きなもの」がある者が、充実した人生を送れるのは当然のことだ。
ところで、「三度のメシより好きなもの」とは、単なる、ファンとかマニアの「好き」とは違う。
言うなれば、「オタクの好き」なのである。
文明の発達途上では、オタクという存在は進歩し過ぎていて、世の中に受け入れられないが、豊かな国では、オタクでなければ、幸福にもなれないし、成功もしない。
そして、現在、「オタク」と呼ばれている人達の多くは、まだまだ、せいぜいが、ファンやマニアだ。
オタクとは、好きな対象に命を賭けるほどでなくてはならない。

ちょっと昔なら、「三度のメシより好きなものがある人は幸せだ」などと言っていたが、今は、「三度のメシより好きなものがない者はひどく不幸だ」という時代なのである。
毎朝ガッツポーズをして、呪文を唱えていれば、好きなものの方からやってくるだろう。
だが、掴むか見過ごすかは自分次第である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

超オタクはIQが高い

ネット上には、沢山のIQ(知能指数)テストがあり、Googleで「IQテスト」とかで検索すれば、見つけられるだろう。
また、スマートフォン用アプリのIQテストも、Android、iOSのそれぞれに、いくつか(沢山?)ある。
なかなか立派な感じのものが多いが、それらのIQテストに信憑性があるだろうか?
私は十分にあると思う。
その根拠はというと、以下のようなものだ。
心理学者の村上宣寛(むらかみよしひろ)さんの『IQってホントは何なんだ?』という本がある。いかにも学者が書いたというお堅い本なのだが、その中にあるIQテストが興味深かった。
多くの人は、それを見たら、「これがIQテスト?」と疑問に思うことだろう。
テレビのクイズ番組で出題しても面白くないような、お堅い8つの問いに答えるだけである。
例えば、「イギリスの首都はどこですか」とか、「世界で一番長い川はなんですか」といった感じである。
それで、IQ62から140までが判定出来る。
高得点が取れなかったIQマニアみたいな人達の、「こんなものでIQが分かるもんか」という文句が聴こえてきそうな気がする。
だが、村上さんの、「テストって、こんなものなのだ」という記述に、大いに納得してしまった。

問題の作り方は、簡単にいえば、それなりに常識的な知識を問う問題を沢山作って、多くの人に答えてもらい、不適切な問題を除き8問を選ぶ。
それぞれの問題の正答率から、問題全部での得点分布みたいなものが出来るから、そこから、得点とIQとの関係を推測するのである。
あまりに大雑把であるが、それなりのテストにはなる。
それに、一般知識とIQとの相関関係は、かなりあると見て良いだろう。
頭の良い人は、やはり物知りだ。
これは、知識を詰め込めば頭が良くなるというのではなく、頭の良い人は好奇心が強いので、自然に知識量が増えると言えば、納得してもらえると思う。
もちろん、問題内容にもよる。頭が良いからといって、アイドルの名前やサッカーのルールに必ずしも詳しいとは限らない。

いずれにしろ、肝心なことは、沢山の人がテストを受け、それなりの統計からIQを推定するようなものなら、そのテストは、まずます信頼性があると考えて良い。
そして、ネット上のIQテストの多くが、そんなふうにIQを算出しているので、そこそこに正確である。
その証拠に、人気のあるIQテストは、同じ人がやってみると、どれでも似たような成績になる。

私が知っているある人は、ネットのIQテストをいろいろやってみたら、大抵、全問正解してしまうので、
「あなたは、このテストで計測出来ないほど頭が良い。IQは129以上」
「IQ150。このテストでの最高値です」
「IQ140(ただし、全問正解なので、そのテストの最高値が140であると思われる)」
「IQ160と推定。人類の上位0.1%に入る『可能性がある』」
といった結果になるが、これらからも、テストの信憑性の高さを感じると思う。
IQは、ある限度より高いと、実際はどれくらいなのかは分からないはずだからだ。

ところで、知識とIQの関係について、もう少し述べよう。

ある時、小さな会社の社長に、「今の学生は、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康らが天下を取った順番を知らない」と言われ、「そんなアホな」と思ったことがある。
それで、ある時、短大を出て入社してきた女性に、それを尋ねてみたら、本当に知らなくてビックリした。
言っては悪いが、この女性は、あまりIQが高いことはないといって間違いないだろう。
彼女は、創造的な仕事には向かないが、それなりに真面目なら、雑用みたいな仕事なら十分に務まり、それで本人も「私はOLだ」と感じ、多くの場合、やがて、自分は結構有能だと勘違いするようにもなるだろう。
だが、こんな人を、「訓練して優秀な人材にしよう」などと考えると、問題が起こるのである。それはハナから無理なのである。

歴女とかいって、戦国武将への憧れから、その方面に非常に詳しいという女性が、最近よくいるらしいが、そんな歴女になれる女性というのは、やはりそれなりにIQが高いのだと思う。
男性でも、戦闘機マニア、ガンマニアなどがいるが、そういった人達で、まるっきりの馬鹿というのも、やはりいないはずであるし、呆れるほど深い知識を持っているなら、IQが高い可能性もあると思う。
猪子寿之さんが社長を務めるチームラボという、デジタルアートで有名な会社があるが、入社条件が「オタクであること」というのは、IQが高い人を取る適切なものであり、さすがに猪子さんはIQが超高くて、超分かっている(猪子さんは会話でよく「超」を使うので真似てみた)。
ちなみに、猪子さんは初音ミクさんの熱烈なファンらしい。そして、世界中から仕事がひっきりなしにやってくるのに、英語がさっぱりで、覚える気もないようだ。
なかなか面白い人であり、猪子さんを研究すると、知性の正体が分かるかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

世の中に対して恨みがあるなら天才である

昔、ディール・カーネギーの『人を動かす』を読んだことがあるが、その中で、人間が最も求めるものは「自己重要感」であると書かれていたと思う。
「自己重要感」で意味が分からない訳ではないが、我々人間が最も求めるものなのに、こんな日常使わないような言葉で表現するのは、おかしなことだ。
そもそも、「自己重要感」とは、自分の価値を実感することであると思うが、人間は、そんなものを求めている訳ではない。
人間は、他者の承認を求めているのだ。
他者の承認は、自分に価値があるから得られるというのは、西洋的な考え方であり、それは誤解だ。

子供は親に大事に思われる場合が多いが、それは、論理的な意味で子供に価値があるからではなく、本能的なものだ。
もし、子供に価値があるから大事にするというなら、それは打算的な親切だ。
「馬鹿な子ほど可愛い」というが、子供に何の値打ちもなくても大事に思うのが本能であり、それが純粋な愛と言えるかもしれない。

人間が求めてやまないのは、どんな理由も必要としない盲目的な愛なのである。
分かり易くいうなら、無条件で大事にして欲しいのである。

多くの子供は、親からだけは、本能による盲目的な愛が得られ、無条件で大事にされる。
親以外から、盲目的、一方的な愛を得られるのは、普通に考えると、容姿が優れた子供・・・いわゆる、美少年、美少女だ。
ところが、それよりも重要な条件が、「分かり易い子供」であることだ。
分かり易い上に美少年、美少女であれば、誰からも非常に大事にされるが、たとえ容姿が優れていても、分かり難い子は、分かり難いほど、承認されず、大事にもされない。
逆に、多少、容姿が冴えなくても、分かり易ければ承認され、大事にされるのである。

大人になれば、ますます、分かり易い者が承認され、大事にされるということがはっきりしてくる。
美男美女であったり、特別な能力を持っている者が認められるような気もするが、そうではない。
どんな天才、図抜けた美男美女であっても、分かり難ければ誰も好きにならないのだ。
例えば、ミュージシャンで俳優のGACKTさんは、凡人を超越したシュールな超美男子のようなイメージがあるが、あれほど分かり易い人はいない。
イチローや浅田真央さんは天才かもしれないが、全然理解し難い人達ではなく、人間的な部分では極めて凡人である。
ただ、彼らが凡人の演技をしていることは考えられるが、その演技はうまくいっているのだ。

分かり難い者は、子供の時から、誰にも承認されず、大事にされず、そればかりか、嫌われる。
粗探しをされ、欠点をクローズアップされ、蔑まれ、馬鹿にされ、見下され、疎まれ、悪意で無視される。
容姿や能力が劣っていれば、そんな仕打ちは厳しくなる場合が多いが、優れた容姿や実力があるのに、さっぱり認められず、悪いところばかり見られて嘲られると、より辛く、また、「なぜ?」と困惑する。
そして、彼らは、世の中に恨みを持つようになる。
イアン・フレミングの『007シリーズ』で、ジェームズ・ボンドは、「私は背の低い男を信用しない。彼は背が低いことで劣等感を持ち、世の中に対して恨みを持っているからだ」と言ったらしいのだが、それなら、ボンドは間違っている。
背が低くても、分かり易い人間であれば、誰からも好かれるので、劣等感はあまり強くはなく、世の中に恨みを持ったりしない。
背が高くても、分かり難ければ、誰にも好かれず、よって、承認されず、大事にされないので、劣等感を持ち、世の中に対して恨みを持つのだ。

オタクというのは、普通の人には分かり難い。
分かり易いオタクというものがあるなら、それはオタクではなく、単なるマニアだ。
ただ、何かが好きなマニアってのは分かり易いのだ。
だから、オタクの多くは、劣等感を持ち、ネットに逃避し、世間から引きこもり、世の中に恨みを持つ。

だがね、分かり難い者というのは、とても優秀で、天才である場合も少なくないのだ。
優秀だから、普通の人には分かり難いのだ。
ドワンゴの川上量生さんは、本当に頭のいいやつはネットにいると言われていたが、そこしか居場所がないのだ。

世の中に対して本当に恨みがあるなら、それは優秀な証拠なのだ。
だが、恨みを持っている限り、能力は発揮されない。
恨みは荒い呼吸と共にある。
なるべく微かな呼吸をすることで、恨みは消える。
恨みもそうだが、邪悪な感情は粗雑を餌にする。
微かな呼吸は精神を精妙にする。そこに、邪悪な感情はいられないのだ。
世の中に対して恨みを持っているが、偶然に微かな呼吸を身につけた者が飛翔したのである。
政木和三さんは吃音のせいで世の中に恨みを持っていたが、腹式呼吸の訓練で微かな呼吸を得て才能を示せるようになり、戦争中、学生でありながら、数千円で家が建った時代に千万単位の金も稼げた。
もう、ほとんど息をしていないようになれば、何でも思い通りになるだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ