ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

エリナー・リグビー

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

エリナー・リグビーにならないために

ビートルズの『エリナー・リグビー』と『ひとりぼっちのあいつ(Nowhereman)』は、私にとっては不安をかき立てる歌だった。
老婆になっても王子様を待ち続けるエリナー・リグビー。
誰も説教を聴きに来ないマッケンジー神父。
そして、自分だけの世界に住み、誰の役にも立たない計画を考えるだけの「ひとりぼっちのあいつ」。
今でなら、彼らのことを、ひきこもりとか、社会不適合者と言うのだろう。
全く私のことだったが、『ひとりぼっちのあいつ』では、そのひとりぼっちのあいつのことを、歌い手が聴き手に語るように、「君や僕のようなやつなのさ」と歌うのが、なんだか、少し救われた気になっていた。「皆、そうなのかな?」って思えてね。

この3人とも、人付き合いが苦手なことは解る。
社会でうまくやれない理由は、それしかない。
「人付き合いが苦手で」なんて言う人がいるが、それは「私は社会不適合者だ」と言っているのと同じであり、どこにも居場所がないと宣言しているようなものだ。
子供がいるなら、絶対に、人付き合いが出来ない人間にしてはならない。
よほど特別な人間であれば、人付き合いが出来なくてもやっていく道はあるかもしれないが、あなたや、あなたの子供がそれほど特別である可能性は限りなくゼロだ。

思想家の吉本隆明が、「ひきこもりは、他人と接することなしに出来る仕事を見つけるしかない」といったことを著書に書いていたが、そんな仕事はない。
インターネットのいかなる仕事も、人付き合いのスキルのない者では、儲けることは出来ない。
リアル、バーチャルに限らず、駄目なやつに共通するのは、人付き合いが出来ないことだ。

『ひとりぼっちのあいつ』の結論は、「誰かが助けてくれるのを待て」だった。
しかし、孤独者を、少ない、あるいは、ゼロの見返りで助けてくれる者などいない。
ただ、この歌では、きっと誰かが助けてくれるから、あせるな、落ち着け、心配するなと言う。
一言で言えば、「大丈夫だと思え」ということだ。
そうだ。
大丈夫だと思うことが出来れば、本当に誰かが助けてくれる。
それが出来るようになる、極めて稀な教えを言ったのは、因幡の源左という妙好人(救われた念仏者)の父だ。
源左が19歳の時に亡くなった父は、源左に「これからは親様を頼れ」と言い残した。
親様とは、阿弥陀如来のことで、浄土仏教的には、それは、念仏を唱えろという意味になる。
浄土仏教の教えは、念仏を唱えれば、死後、極楽浄土に行けるというものだが、源左の父は、念仏は現世でも力を持つことを知っていたのだ。
今の時代に相応しい言い方をするなら、自分で世界を無理矢理動かそうとせず、絶対的な力にまかせろということだ。
それは、見かけ上は、「平気でなりゆきにまかせる」と言うことになる。
意外なことに、エリナー・リグビーも、マッケンジー神父も、ひとりぼっちのあいつも、自分で世界を動かそうとしていたのだ。
だが、無力感にとり憑かれ、エネルギーを失ってしまったのだ。
悪いことなんか起こるはずがないと信じ、なりゆきにまかせることが出来れば、うまくいく・・・古代から、賢者達はそう教えてきたのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

「上がらねば転落する」が人間

私がビートルスの曲で最も強い印象を持っているのは『エリナー・リグビー』だ。
ビートルズの13枚目のシングルである。
エリナー・リグビーとは女性の名で、彼女の境遇はいろいろ考えられ固定はしていないが、私が持ったイメージは、「王子様を待ち続けたまま死んだ哀れな貧しい老女」だ。
ゾっとするイメージである。
ひきこもっていた20歳くらいの私は、それが自分の未来と予感してしまったので、その通りになりそうになった。
こんな人間を救済出来るものならしたいと思う。
そして、エリナー・リグビーと同じになる運命にあるのが、このブログで度々登場する、まるで駄目男君(私の職場にいる30歳過ぎの人生の落伍者。派遣の雑用係)だ。
『エリナー・リグビー』には、彼女と並ぶ駄目人間、マッケンジー神父も登場する。しかし、マッケンジーの説教を誰も聞きに来ないとしても、それでも彼は神父様だ。
それだけで、かつての私はマッケンジーを崇めていたし、今ですら、そんなところがある。

まるで駄目男君は、どうしたら、まるで駄目男でなくなるのだろう。
毎朝5時までに起床する人間が、まるで駄目というのは考え難い。
エリナー・リグビーやマッケンジー神父もきっと、昼まで寝ているだらしないタイプだろう。
しかし、ひょっとしたら、彼女達は5時までに起きているかもしれない。
早起きは良い人生を送る決定的要因ではないかもしれない。
腕振り運動も、ガッツポーズも、1年365日、ほとんど同じ時刻に実践して、どのくらい効き目があるだろう?
まるで駄目男君は、そのどれも、あるいは、それらに匹敵する何もやっていない。
だから、やれば、まるで駄目男君にはならないに違いないが。

そういえば、私も、早起きでもなければ、修行を何もしていなかった。
しかし、ひきこもり中、何が幸いだったかというと、ジョセフ・マーフィーの潜在意識の法則の本を見つけ、読み始めたことだろう。
私が、ひきこもり、ニートを脱した最大の要因はそれに違いない。
つまり、人間には希望が必要で、希望が活動エネルギーを与えてくれるのである。
そして、私のフリーターみたいなものからの脱出の要因は、プログラミングの習得だった。
まるで駄目男君が、JavaやC#言語で仕事をする姿は想像も出来ないが、VBAなら可能ではないかと思う。
それに、VBAだって奥は深い。
世の中で、VBAを馬鹿にしている者で、VBAを高度に使える者は決していないだろう。
だって、VBAに、馬鹿に出来るところなんて何もないのだから。
それを十分に使いこなせるなら、稀有な得がたい人材である。
そして、そこまで来たら、ニーチェの言う小難しい変人の超人ではなく、『ヒマラヤ聖者の生活探求』や『マスターの教え』に登場する本物のマスター(大師)を目指すことだ。
つまりね、人間は常に向上しなければならない。
ニートを脱出しても、プログラミングをマスターしても、もっと凄い人になっても、そこで安住すれば、どんどん惨めになるのである。
そして、究極はマスターなのだが、実際は、マスター達ですら、自分の奇跡の力に安住せず、更なる高見を目指している。
「もっと上」それがなくなったら下がる一方であることに気付いた今日この頃である。
政府の要職にある者が、表向きにはつまらないセクハラで転落しているが、その本当の原因は、彼が現状に安住し、上を見ることを忘れたからである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

地獄を紙一重で逃れたことを知りゾっとする

デルポイ(デルフォイ)の神託の第一、「汝自身を知れ(身の程を知れ)」が本当に難しいことを思い知った。

自分を知るには、自分と似た人を研究すれば良いのではないだろうか?
私に似ているのは、脳の機能的欠陥により、共感や良心を持たないサイコパスだ。
しかし、書籍で取り上げられるサイコパスには、たとえ凶悪犯罪者であっても、スペックが高い者が多いし、あからさまに、「サイコパスは高い能力を秘めている」と主張する研究者や批評家、ジャーナリストもいる。
サイコパスには、感情に左右されずに冷徹な判断を下すことが成功につながる、経営者、弁護士、医師、将校が多いと言う。
刑務所に入るような下級サイコパスにしたって、そこで驚くべき才能を発揮して、いい思いをしているという例もあった。
どうも、彼らは私よりずっとハイスペックのようで、彼らを通して自分を見ることは出来ない。

精神分析学者の岸田秀氏は、毒親(母親)に育てられて精神が病み、それをなんとかしようとして精神の研究をして、人間の本性を解明した(らしい)。
岸田秀氏の著書には、非常に納得出来るところが多く、一頃はハマったが、離れてしまった。
岸田氏は、自分がおかしいことは認めているが、結局、人間自体が狂った存在であるとしている。
私だって、人間は大なり小なり狂っているというのは認めるし、世の中の人間がクズだらけなのは分かるが、全般的に言えば私よりマシだということを、感情的には納得しないが、論理的に分かってしまった。
そんな訳で、岸田氏の理論は、私には役に立たない。
岸田氏がモデルにした、吉本隆明氏の思想はと言うと、彼は日本最高の思想家らしいが、私には、やはり無縁の存在だ。いや、彼が間違っているのではなく、やはり彼の説く人間の性質ってのが、私からすれば上等過ぎるからなのだが。

これまで、「ああ、これが私だ」と思ったのは、ビートルスの『エリナー・リグビー』に出てくる、変な老女エリナー・リグビーだった。この歌に出てくる、もう一人の「孤独な人」マッケンジー神父は、いやしくも神父様だ。私だって、神父や僧侶になりたいが無理で、やはり、マッケンジー殿も、私からすればハイスペックだ。
では、エリナーお婆さんは?
老婆になっても、王子様を待っているような雰囲気があるあたり、妄想という点では私に似ているといえなくもないが、あそこまで信念があるからこそ、銅像まで作ってもらえたのだろう。私が死んでも、絶対に銅像は作ってもらえない。
どうやら、私はエリナーさんにも負けているようだ。
いや、そもそも、エリナーさんは大物である。
でないと、マッカートニーに歌ってもらえないさ。

だが、ついに、私が勝てる人間がいることが分かった。
詳しく言うのもはばかられるが、自分以下の人間の存在を知って爽快感を味わいたければ、中村淳彦氏の『ルポ 中年童貞 (幻冬舎新書) 』を読むと良い。
しかしだ。私が、この本に出てくる、とんでもナイナイな人間にならなかったのは、やはり、プログラミングが出来るようになったからだ。
紙一重ってやつだ。笑い事ではない。
BASIC言語を発明し、その著作権を放棄してくれた、ジョン・ケメニー博士とトーマス・カーツ博士に感謝する。
そして、彼らのBASICをパソコンに移植し、誰でもプログラミングが出来る世界を作ってくれたビル・ゲイツに感謝する。
だが、私は、微かに存在する自分以下の人間を見ることで、私自身が、かなり分かってしまった。
それまでは、自分はもう少し高級な人間と思っていたが、それは希望的な思い込みに過ぎなかった。
せめて、中村氏の本のような人間になる瀬戸際の人を救うために、プログラミングをお奨めしたく思う。悪いが、私には、他にお奨め出来るほど知っていることはない。
だから、プログラミングに興味があるなら死ぬ気でやって欲しいと本当に思う。
来年の目標とかにしたりしてね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自分が出て行かなくても、王子様はやって来る

結婚したいのに出来ない女性に対し、
「待っているだけでは駄目だ。自分で探しに行くべきだ」
と言う人がいると思う。
しかし、それはどうかと思う。
自分が出て行ったら、涙ぐましい努力をした挙句、焦って、カスを掴むのがオチだ。

自分で出て行かず、待ち続けて死んでしまった悲惨な女が、ビートルズの『エリナー・リグビー』に登場する老婆エリナー・リグビーだ。
しかし、彼女には足りないものがあったのだ。
そもそも、彼女は、端(はな)から王子様が現れることなど、信じちゃいなかったのだ。

西尾維新さんの「物語シリーズ」のヒロインの一人、羽川翼がこう言ったことがある。
「都合の良い展開を想像するんです。でないと、そうなった時に手を差し出すことが出来ません」
その通りだ。
チャンスは必ずやってくる。
そして、チャンスを引き寄せるために、自分を磨くのだ。
内海康満さんが良いことを本に書かれていた。
「矢に的が当る」
ってね。
「え?『的に矢が当る』じゃないの?」
って?
そうではない。
矢を磨いていれば、的の方から当りに来るのだ。
女を磨いていれば、王子様の方からやって来るのである。
白雪姫のように。

何事も同じである。
日々、顔を上げて、明るく過ごすことだ。
出来るだけ、自分の呼吸を意識すれば、自分が磨かれる。
そうしていれば、やるべきことがあれば、自然にやるようになる。
そして、都合の良い展開を想像するのだ。
もしかしたら、想像と全く同じ展開にはならないかもしれない(大抵は想像以上だからね)。
それでも、助けが来た時には分かるものだ。
自分を磨いておけば、それが正しい助けだと分かるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人間のほとんど全ての問題は「人に好かれない」こと

インターネットによって、これまで、社会と没交渉だった孤独な人が個人的に社会と関わることが出来るようになった。
それで分かったことがある。
それは、「人間のほとんどの問題は、人に好かれないこと」だ。

「生きるのが辛い」「人生が苦しい」「悪い星の下に生まれた」
こういった類の苦しみを訴える者の、ほとんど唯一の原因は、人に好かれないことだ。
しかし、本人(生きるのが苦しい人)にとって、こう指摘されることは、あまりに「痛い」ことだろう。

ビートルズの『エリナー・リグビー』に登場する、誰にも相手にされない老婆エリナー・リグビーや、誰も説教を聴きに来ないマッケンジー神父の問題もただ1つ、「人に好かれないこと」なのであることは明らかだ。
彼等が、少しでも人に好かれるなら、あれほど惨めになったりはしない。
この歌の作者ポール・マッカトニーは(ジョン・レノンが多少、歌詞に手を入れたらしいが)、エリナーらを「孤独な人」と呼ぶが、孤独な人とは、人に好かれない人とイコールだ。

ジャイアント馬場さんは、「全てのモメゴトは嫉妬から起こる」と言ったが、モメゴトすら起こせない孤独な人がいるのだ。
モメゴトが起こせるなら立派なものだよ。

もし、学校にまともな先生がいるなら、「こいつ、このままでは誰にも好かれない」と思う子供がいれば、なんとかしてやらないといけない。
そのままでは、その子は一生不幸なのだから。
だが、教師は、そんなことしてる余裕はないらしい。

『新世紀エヴァンゲリオン』の最終回あたりで、碇ゲンドウが、「私は自分が愛されるなんて信じていなかった」と言うが、愛かどうかはともかく、案外に好かれてはいたさ。
綾波レイにはもちろんとして、シンジにだって。
それよりも、視聴者にね(笑)。
全く、羨ましい限りだ。


ハロ 昔のアニメにそんなのいたっけな
ハワユ 羨ましいな 皆に愛されて
~『ハロ/ハワユ』(作詞・作曲・編曲:ナノウ。歌:初音ミク)より~


初音ミクさんが、孤独なOL(?)を演じるこの歌が、まさに、辛い、嫌な人生を生きるしかない人間の状態を表している。
【初音ミクSoft】 ハロ/ハワユ 【オリジナル】 - YouTube -

さて、どうすれば人に好かれるかだが、それは人類最大の難問だ。
せいぜい、人気者を観察して原因を解明するしかないが、孤独な人にとっては、その原因は「反吐が出る」ようなもので、だから、その人は孤独なのだがね。
私が昨年9月、超満員の幕張メッセ国際展示場9番ホールで見た、初音ミクさんの愛されっぷりは半端じゃなかった。
それは、アメリカでもカナダでもメキシコでも中国でも台湾でも、それに、インドネシアでもそうだ。
なぜミクさんが愛されるのかというと、可愛いから・・・だけでなく、彼女は運命を生きているからだ。
曲の作者が意図した通りに忠実に歌う。それが彼女の運命だ。
そして、その運命を淡々と生きている。
『荘子』の中に、アイタイダという、天下一の醜男ながら、男にも女にもモテまくる男がいる。
彼が、まさに自分の運命を生きていたのだろう。
自分の運命でなければ、宰相の地位を押し付けられても、黙って消えてしまった。
孔子(の口を借りて荘子がなのだが)が言っていたが、アイタイダは生まれながらの本性のまま生きている。それはつまり、運命を受け入れて生きているってことだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ