ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

エマーソン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

世界は私のためにある

私は、自己暗示やアファーメーションなどもひっくるめ、呪文と呼んでいるが、人間を向上させ、世界を塗り替え、願いを叶える第一のものは呪文なのである。
もし、呪文を唱えていないなら、「大丈夫」とか「何でもできる」で良いから、唱えるようにした方が良い。
唱えるのと唱えないのとでは、恐ろしい差になる。
例えば、全く運動しないのと、たとえ、スクワット10回、腕立て伏せ1回でも、やらないよりやった方がはるかにマシで、しかも、そのマシは月日の経過と共に、とんでもない違いになってしまうが、呪文がもたらす違いは、それどころではない。

呪文は、「たった1つの言葉を、感情を込めず、しかし、丁寧に、心の中で出来るだけ多く」唱えることで最大の効果がある。
そして、慣れてくれば効果が加速する。
「自信がある」という呪文を唱えていたら、呪文の上級者になると、数日で唱える必要がなくなる。もう、自信があるのが当たり前になるからだ。
そもそも、人間は、勇気や元気や自信があるのが正常な状態なのだが、現代は、それらがないのが当たり前で、そんな「あって当たり前のもの」を得なければならないのである。

今の日本の、大半の小学生、中学生、高校生は、「どうやって今日のおまんまにありつこうか」とか「ナイキのスニーカーを買う金をどうしようか」などと考えない。
ご飯は自動的に出てくるし、欲しいものは「パパ(言うまでもなく本当のお父さん)買って」と言えば、パパは父親の面子にかけて買ってくれる。
そんな少年少女のことを、「世間知らず」「ガキ」などと思ったり言ったりする人も多いと思うが、アメリカ最大の賢者エマーソンは、そんな少年少女の態度を賞賛する。
そして、我々大人もそうでないといけない。
家はそう滅多に買うものではないが、自動車程度なら、欲しいならいつでも買えるし、まして、イギリスのツイードのジャケットは良いものを買わないといけない。
少年少女のように、手に入って当たり前と思っていると、当然そうなる。
もちろん、欲しくもないのに無理に欲しがらなくて良いが、必要なものなら買えば良い。「パパ買って」の感覚でね。
この世界は、超高性能コンピューターが作る仮想世界、シミュレーテッド・リアリティなので、プログラムが厳密に定義した物理法則に外れない限り何でも可能だ(稀にはだが、物理法則から外れることもあるかもしれない)。
だから、イーロン・マスクのような常識外れの事業家は「物理学を勉強しろ」と言うのだろう。彼も、当然、この世界が仮想世界であることを認めている・・・いや、知っている。
彼は、礼儀正しいが、全くガキの態度だ。
少年少女の頭の中には「食うに困るぞ」といったつぶやきはないのである。
彼らの頭の中には、程度の差こそあれ、良い呪文が流れている。
だが、それが、親や教師や世間のせいで続かなくなる。
だから、意識的に「大丈夫」とつぶやくと良いが、感情を込めて「大丈夫」と唱えたら、かえって「大丈夫じゃないんじゃないか」と不安が大きくなる。
本当に、さりげなくやることだ。
私には好きな女子高生がいるが、彼女の自然で気ままな態度には本当に癒される。
大人も、あんなふうにいられるのである。

呪文の目的は、人間本来の力・・・それを潜在能力とか言うのだろうが、それを引き出すことだ。
それは少しも難しいことではない。
そして、それが出来たら、世間がどんなに甘くなかろうが、子供の遊び場も同然なのである。
「世界は私のためにある」と気合いを込めて唱えたら、身の程知らずの傲慢な阿呆だが、感情を込めず、ただし、丁寧に唱えれば、それが当たり前になる。
実際、世界はあなたのためにある。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

家康の大嘘、釈迦の正直

今朝、「狂気」について書いたが、狂気って何だろう?
それは、自分が一番だと思うこと、天下を取ろうと思うこと、天上天下唯我独尊と思うことだ。
お釈迦様も、かなりイっちゃってたのだと思う。
イエスだって、自分はソロモン以上の賢者、神の子、ユダヤの王って言ってた、あるいは、言われて否定しなかった。
エマーソンは、「私は世界の所有者」と詩に書いている。

これほどの根性、気合いがないなら、成功しようなどと思わず、平穏無事な人生を願うことだ。
そして、エマーソンは皆に、王になることを薦めている・・・いや、正確には、元々、王であるのだから、それらしくしなさいと言っていたのだと思う。
「英雄について書かれたものを読む時は、それは自分の話として読むべきである」
とね。
『マジック・ストーリー』では、プラス・エンティティ(プラスの自分)は、
「世界は私のものだ。私は人にものを頼まない。要求するだけだ。私の要求は絶対だ」
と言う。
この呆れ返る、凡人からすれば狂気でしかない気構えが、本当の自分には必要なのである。

ずっと前に書いたが、徳川家康が、天下を取る秘訣を聞かれた時、家康が、
「長い方、短い方、どっちが良いか?」
と言うので、「両方」と願うと、家康は、
「短い方は、『上を見るな』。長い方は、『身の程を知れ』だ」
と言った。
大嘘だ!!
身の程知らずで、上を見続ける狂気を忘れなかった家康が天下を取ったのだ。
家康のその答は、家康が家臣を従える方便か、日本国家が国民を治めるために、家康を利用したのだろう。

「弾は俺には当らぬ」と悠然と戦場を歩いた信長の、そして、藤平光一氏の狂気を見習うべきだ。

無論、何の根拠もなく、闇雲に傲慢に構えれば、たちまち潰される(弾も当っちゃう)。
だから、呪文を唱えよ。
「世界は意のままだ」
「俺に不可能はない」
「内なる全能の力を信じる」
「いかなることにも自信がある」
「天上天下唯我独尊」
「私は世界の所有者」
「鉄の自信がある」
「天が味方だ」
大事なことだから、何度でも言うが、呪文は、
「ただ1つの呪文を、感情を込めず、けれども丁寧に、心の中で、出来るだけ多く」
唱えるのである。
すると、このシミュレーテッドリアリティである仮想世界に、現実歪曲空間が発生し、全てが回り始めるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自己信頼

人気が出たからスターになるのではなく、スターだから人気が出るのである。
スターは初めからスターなのである。
AKB48みたいなアイドルグループでも、トップになれる人と、駄目になって消える人は、最初から分かるものだ。
スポーツのスター選手が魅力があるのは、マスコミが作ったイメージということもあるだろうが、本物の輝きがなければ、人気、そして、活躍が長続きするものではない。
そして、スター選手が引退後、必ずしも忘れられる訳ではない。
すっかり「過去の人」になってしまう「元スター」は、その人をスターにした何かを失くしたのである。
人を上に押し上げ、それが無くなるとただの人になるもの、それは自己信頼である。

軽んじられる人間、能力を発揮出来ない人間に欠けているものは、ただ自己信頼である。
では、手っ取り早く自己信頼を得る法方はと言うと、やはり呪文なのである。
「私は自分を信じる」
この呪文を使えば良い。
これも、高度な万能呪文だ。
これまで教えてきた万能呪文、
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
は、やはりどれも効果があり、自己信頼だって向上させる。
しかし、世の中には、致命的なまでに自己信頼に欠ける人がいる。
ラルフ・ウォルドー・エマーソンは名著『自己信頼』で、無謀なまでの自己信頼の重要性を熱く説いたが、では、それをどう得るかについては全く書いていない。
その方法は、言葉によるしかない。なぜなら、我々は、心を自由にコントロール出来ないので、自在に自分を信頼することは出来ないからだ。
だが、言葉だけは支配出来る。
「私は自分を信じる」
この言葉を、万能呪文の流儀に従って、感情を込めず、丁寧に、心の中で、出来るだけ多く唱えることだ。
自分を信じることが出来れば、全てを得る。

私が、レイシア(BEATLESS)や香々地アイリス(天動のシンギュラリティ)に強く惹かれるのは、彼女達はブレることなく自分を信じていることが感じられるからである。
初音ミクさんの場合は、その穢れなき歌声と、軽々とした理想的な少女の姿によるところが大きいのだが、やはり自分を信じていることを感じるのである。
セーラームーンは、月野うさぎとしては迷うこともあったが、究極の場面ではいつも自分の信念を貫いた。クイン・メタリアとの絶望的な戦いの中でも「私は世界を信じる」と断言した。これは自分を完全に信頼する者にしか言えない言葉だ。だから、彼女は世界的なスターだったのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

夏休みの真の課題

どれほどの、まるで駄目男、まるで駄目子であっても、1つの言葉でアファーメーション(呪文と言って良い)を続ければ、まずは普通の人並になり、平凡を超え、アファーメーションを本当に多くやれば、やがてはエリート、英雄になる。

ところで、10日近い休暇を取っていると、学生の時の夏休みを思い出す。
ほとんどの小中学生は、午前中などは、ある程度暇でゴロゴロしていることも多いと思うが、ぼーっとしながらでも、頭の中で1つの良い言葉を淡々と繰り返せば、すぐにでもヒーロー、ヒロインになれるものを、大切な時間を無駄にしてしまっている。
そして、親やテレビや、いまでは、ネットの悪い影響を受け、下がっていくだけなのかもしれない。
頭の中で「大丈夫」「無敵」「絶好調」「不死身」など、1つの言葉をずっとつぶやいていれば、夏休みの終わりに自死するようなことはなくなる。

あらためて、エマーソンの『自己信頼』を読むと、自己信頼がいかに大切なものであるかが分かるし、ブリステルの『信念の魔術』を読むと、信念の力の強大さがはっきり分かるが、では、どうすれば、自己信頼や信念が得られるかは、全く書かれていない。「書かれていない」などと言うと、反論もあるだろうが、実際に、それらを得るためのことが何も出来ないのだから、書いてないも同様なのだ。
優秀なだけでなく善良なはずの彼らでさえ、正しいかもしれないが難しいことを書くのが精一杯なのだ。
ニーチェすら、ツァラトゥストラに「高貴な魂の持ち主」と言わせたイエスは(※ニーチェはイエスが嫌い)、いくつかの易しいやり方を教えはしたが、それでも難しい。なるほど、彼の教えにより、世界は2千年をかけて随分良くなったが、いまだ多くの庶民は苦しいままだ。
イエスは、第一の法として、「神を強く愛しなさい、誰でも自分のように愛しなさい」と言ったが、感情を込めず、淡々と、「わが信頼する神」と頭の中でつぶやきなさいとは教えなかった。
実際は、それだけで良いのだ。
そして、それを教えたのが、善導、道綽といった中国の僧で、それを日本で引き継いだのが、法然、親鸞だった。
「南無阿弥陀仏」とは、「わが信頼する神」と全く同じ意味である。
しかし、宗教が、念仏に余計な意味をつけてしまい、人々が救われないようにしてしまった。
「南無阿弥陀仏」とは、無限の知恵と力を持ち、限りなく世話を焼いてくれる仏様への親愛を示すものなのだが、宗教は、そんな当たり前で簡単なことを教えない。

自己信頼を難しく考えるくらいなら、「凄いぞ俺」と、頭の中で淡々とつぶやけば良いし、「信念とは何ぞや」などと時間つぶしをするくらいなら、「大丈夫」と心でさりげなくつぶやきながら好きなことをすれば良いのである。
長嶋茂雄は「俺は絶対に打てる」といつも言葉でつぶやいていたし、200安打にこだわったイチローはきっと「俺は200本打てる」という言葉が頭の中にあったのだろうと思う。

私は、プログラマーとしては、短期間でバグのないプログラムを書くことにこだわった。
それで、普通の人が1ヶ月かかるプログラムを数日で書くし、バグはほとんどなく、リリース後は、あまりにトラブルがないので、その仕事から縁がなくなってしまうほどだ。
私はずっと昔、あまり程度の良くない本だったかもしれないが、その中に、
「短期間でバグのないプログラムが書ければ、ロリコンの変態でも一目置かれる」
と書かれていたのをよく覚えていたのだ。
私は、ロリコンでも変態でもない・・・はずだから(笑)、なおさらそうである(変態でない人間などいるのか?)。
だが、「バグのないプログラムを超スピードで書ける」という言葉にして、頭の中で淡々とつぶやいていれば、もっと上手くなっていたと思う。

ただ、法然の時代と違い、今は、誰もが英雄になる時代だ。
だから、唱える言葉は、自分で1つ選ばなければならない。
それが出来れば勝ったも同然であるが、実際、好きな言葉なら、何でも良いのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ジョブズのような信念を持つには

勝利か敗北かを決すのは信念の強さだ。
偉大なことをした者は、巨大な信念を持っていたはずだが、彼らがどんな信念を持っていたのかは、なかなか分からない。
だが、現代の人物であれば、多少は分かることが多い。

スティーブ・ジョブズは、ある種の美しさへの信念を持っていたのだろう。
それは、初期からの彼が作ったものを見れば分かるし、最後の彼の作品であるiPhoneや音楽配信サービスでは決定的だった。
彼の作品や事業は、高性能とか使い易いとか、あるいは、人の役に立つとかが第一なのではなく、最も大事なことは美しいことだ。
一方、ビル・ゲイツの信念は、それぞれの作品に対し、それを使うユーザーが使い易くすることだったはずだ。
ジョブズは、美しくするためなら、使い難くなることも躊躇しない場合が確かにあったが、ゲイツが指揮した作品は、機能にがっかりすることはあっても、使い難くてがっかりしたことはなかった。
確かに、ジョブズの作品は、欠陥は多くても美しかった。美しくしようとするあまり、使い物にならなくて大損害を与えたものすらあったのだ。
まあ、今のアップルやマイクロソフトには、彼らの影響はそれほど残っていないが。

きっと、ゲイツの頭の中では、論理性を極めるための言葉がつぶやかれ続けているはずだし、ジョブズの頭の中には、美的であることを崇拝する言葉が途絶えなかったはずだ。
そういったことが、凡人と彼らとの違いだ。
だが、我々だって、たった1つの言葉を頭の中で繰り返し続ければ、それは信念になり、長く続けば、強い信念になる。
すると、彼らほどの規模にはならないかもしれないが、現実を改変してしまうほどの力になるはずだ。
そして、少なくとも、普通の人には、世界を変えるだけの信念を持つには、呪文のような言葉を持つしかないのである。
それ以外の方法は、必ず失敗する。
法然や親鸞も、そう思ったはずだし、また、彼らほどの優れた人物でも、それしか出来ないというのは、謙遜でも何でもなく本当のことで、彼らは一切の修行を否定し、念仏のみを選んだのだ。

エマーソンの究極の信念は、意外かもしれないが、「天上天下唯我独尊」だったのだろう。
彼は、『歴史』という詩の中で、「私は世界の所有者」と述べている。
そして、詩人としては、「私はシェイクスピアの詩の所有者」と言い放つ。
あなたも、「天上天下唯我独尊」と常に唱えれば、極めて特異な存在として崇拝されることになるだろう。
また、何を目指すにしても「王者」という言葉は、必要な状況を強制的に引き寄せるだろう。
これらの言葉を好きになれる限りね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ