ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

エマーソン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

ミス・ユニバース出場者を美しいと思うか?

私は、ミス・ユニバース等、世界的ミスコンに出場する女性達を美しいとか、すごく好ましいと思ったことは全くない。
時には、それほど強くはないが、彼女達に嫌悪感を感じることもある。
これが世界最高クラスの美人だと言われたって了承する気にはなれないし、しない。
だが、彼女達が物凄い美人だと思う人の感覚に文句を言う気もない。
実際、時代により、また、国などの地域により、さらには、同じ時代の同じ国でさえ、女性の美しさ、男性の美しさの基準なんて、「てんでバラバラ」だ。
しかし、ミス・ユニバースの審査員達が「これが美人だ」と押し付けてくると、それを受け入れてしまう人が多い。
これも一種の権威の力なのかもしれないが、美しいと思わないなら、
「これを美しいと言う人を否定はしない。しかし、私は美しいとは少しも思わない」
とはっきり言わなければならない。
未来のいつか、美しいと思う可能性もあるのかもしれないが・・・私の場合はおそらく無い。

たまたまミス・ユニバースを取り上げたが、いかなる価値も決めるのは自分である。
では、個人の独断を優先するのかと言うと、その通りだ。
確かに、自分の価値観を疑うことが賢明なこともある。
ただしそれは、「この価値観は私の本当の価値観ではなく、外部からの押し付けではないだろうか?」と疑う場合だけである。
曇りがないと感じる自分の価値観は信じなければならない。

エマーソンの『HISTORY』という詩がある。
その後半は、
I am owner of the sphere,
Of the seven stars and the solar year,
Of Caesar's hand, and Plato's brain,
Of Lord Christ's heart, and Shakspeare's strain.
だが、意味は、だいたいで、
「私は天空の所有者、7つの星の所有者、太陽年の所有者、カエサルの手腕、プラトーンの頭脳、主イエスの愛、シェイクスピアの詩の所有者」
だと思うが、釈迦の「天上天下唯我独尊」に劣らない自信である。
これを信じる信じないは、勝手と言えば勝手かもしれないが、修行をして信じられるようになると良いと思う。
つまり、「天上天下唯我独尊」は簡単に得られるものではないが、元々がそうなのである。
そして、修行とは、自分を信じられるようになるために行うものである。
自分に押し付けられた権威を捨て、本当の自分を救い出すことが修行である。
偽の自分を殺す修行は良いが、本当の自分を見捨てるような偽の修行をしてはならない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

こうすればイケメンはあなたに跪き、可愛い女の子はあなたに身を任せる

「きょどる」という若者言葉をご存知だろうか?
「あいつは、きょどってる」というふうに使う。
「きょどる」は「挙動不審」からきていて、「挙動不審な行動を取る」「怪しい態度を取る」といった意味だが、どちらかとうと、「きょどきょどしている」といった感じで、「おどおど・びくびくしている」といった、肝っ玉の小さな人間が不安げな様子であることと言った方が的確と思う。

NO だって言う筈が キョドって YES を声に出す
~『ゴーストルール』(作詞・作曲・編曲:DECO*27、歌:初音ミク)より~
※DECO*27は「デコニ-ナ」と読む。

例えば、会社で、社員旅行に行きたくないのに、上司が「自分勝手はいかん。社員旅行は仕事のうちだ」と威圧的に言われて、キョドって「はい、行きます」と言うようなものだ。

きょどるの反対は何かと言うと、私は「威風堂々」だと思う。
「威風堂々」は、雰囲気で分かると思うが、「態度や雰囲気に威厳が満ちあふれて立派な様子」といった意味だ。

権威者は、人々が威風堂々とすることを許さない。
エリート達は、凡人はきょどっていないと納得しない。
親は子が、教師は生徒が、上司は部下が、自分の前できょどっていることに満足する。
子供や生徒や部下(要するに自分より格下の者)が威風堂々としていると、激しく攻撃する。

ところが、どこで見たのか忘れたが、「堂々としていれば、誰もあなたを傷付けることは出来ない」と書かれているのを見て、全く同感だと思った。
私が小学3年生くらいのことだった。
私は、ずっときょどっている子で、教師や、腕白小僧の前ではいつも、びくびくしていた。
だが、何のきっかけだったかは忘れたが、「今日は堂々としていよう」と決め、がんばってそんな態度でいた。
すると、誰もが私を敬い、機嫌すら取り、向こうがきょどっていた。
エマーソンも『自己信頼』の中で、「私は偉い人の機嫌を取ろうとは思わない。むしろ、彼らに私の機嫌を取らせたい」と書いている。
それには、威風堂々とすることだ。
それだけで良い。
しかし、普通の人は、それだけの胆力がないかもしれない。
だが、胆力は修行で身に付く。
何でも良いが、ちょっと大変だなと思う修行を、1年365日、よほどのことがない限り1日も欠かさず続ければ、胆力が身に付く。
胆力とは、実は、意思を自由自在に使う力である。
それを得れば、「威風堂々としよう」と思うだけで、それが出来る。
女性の場合は、「凛とした」と言った方が相応しいかもしれないが、実質はやはり「威風堂々」である。
威風堂々とすれば無敵である。
企業はあなたを良い条件で採用したがり、強盗すらあなたを丁重に扱い、イケメンはあなたにひざまずき、可愛い女の子はあなたに身を任せる。
あまり無理な修行は、続かないのでいけないが、出来るだけ厳しい修行を自分に課し、それを鉄の意志で続ければ、当然そうなる。
ただ、どんな修行をするかは自分で決めろ。
これらのことは、以下に挙げた本を読めば納得出来ると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

一生食べていけ、一生女(男)に困らない秘訣

本の値打ちは、読む人次第だ。
どんなに優れた本でも、読む人が馬鹿なら、少しも良い本ではない。
ただ、本当のところ、一冊の中に、1~2行、素晴らしいことが書かれていれば良い本だ。
エマーソンの本のように、万遍なく良いことが書かれている本もあるが、それは特例中の特例であるし、それほど優れた本が役に立つのは、それなりに優れた人だけだ。
そして、それなりに良い本には、1~2行は素晴らしいことが書かれているから、そこを見つければ、その本を読んだ意味があったと言えるのだが、有り難いことに、大抵の場合は、読むべき価値のあることは最初の方に書かれているので、「ああ、これだな」と思ったら、後は読まなくて良い。
岡田虎二郎は、ルソーの『エミール』の前書きだけを読んで非常に感銘を受け、人生を変えたと言うが、実際、ルソーは、その前書きだけを書くつもりだったらしい。
『エミール』全体が良いかどうか分からないが、読むと憂鬱になるような気はする。

ところで私は、ジェームス・スキナーの『100%』という本は、12%から14%のところに書かれた、「たったひとつの原則」の最初の章である「◇こげばいいでしょう!こげば!」だけ読めば良いのだと思う。
だいたい、こんなことが書いてある。
自転車を5000kmこぐというクレージーなイベント「ツール・ド・ヨーロッパ」というものがある。
初日の夜には皮膚は焦げ、足はパンパンで、全員クタクタ。
3日目のスペインのアンダルシア地方では外気温は摂氏48度で、身体は塩を吹き、夜になっても、ホテルに到着する選手はいない。
そこで、1人の選手がつぶやく。
「こげばいいでしょう!こげば!」
それ以来、この言葉が選手全員の口癖になった。

「道を間違ってしまった。30km伸びまーす!」
「こげばいいでしょう!こげば!」

選手が転倒し、ろっ骨を折り、2週間安静の大怪我をした。
「こげばいいでしょう!こげば!」

「今晩のホテル、お湯は出ません」
「こげばいいでしょう!こげば」

そして、37日後、平均年齢43歳の選手達は全員がゴールした。
その後も、少し良いことが書いてあるので、興味を持ったら、読んでみると良い。

人間が成功するかどうかは、この「こげばいいでしょう!こげば!」で全て決まると言って良い。
「やるかやらないか」人生それだけで、後は運に任せるしかない。
運が悪ければ、次やれば良い。
10連敗くらいはあるかもしれないが、100連敗はない。
いや、101戦目で大勝利をするかもしれない。

美しく、すらりとした身体になりたければ、毎日、ヒンズースクワットをすれば良い。
1平方メートルの場所があれば良いだけで、道具は何もいらない。
部屋の中で出来るので、格好良いスポーツウェアを着る必要も、ナイキのシューズをはく必要も、髪形を決める必要もない。
続かないようなら、「スクワットすればいいでしょう!すれば!」と言えば良い。
それで3ヵ月後にはヒーロー、ヒロインだ。
プログラミングをマスターしたいなら、とりあえず写経(プログラムを書き写すことを、こう言うことがある)すれば良い。
「写経すればいいでしょう!すれば!」
である。
それで一生食べていける。
女の子にモテたいなら、女の子に親切にすれば良い。
「親切にすればいいでしょう!すれば」
99人にスルーされても、最高の1人が用意されている。
仏の恵みを得たいなら、『法華経』の『観音経』に書いてある通り、「南無観世音菩薩」と唱えれば良い。
「唱えればいいでしょう!唱えれば!」

最後に、このブログに毎日、素晴らしいコメントを沢山いただいていることに感謝する。
何とも素晴らしいコメントに感服することもあった。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

英雄になる方法

憧れている人物を真似れば、そのような人物に近付けるという話がある。
それは本当だが、多くの人は勘違いする。
まるで、物真似芸人のように、その人物の真似をしても、何にもならない。
それで本物になれるなら、一流の物真似芸人は、彼らが真似しているスポーツ選手や歌手のような大スポーツ選手、大歌手になるはずだが、そんなことはあり得ない。
普通の人なら、いくら大人物の真似が上手くなっても、せいぜいが、宴会やかくし芸大会の人気者になれれば合格だろう。

しかし、何か困難な問題にぶつかった時、「あの人ならどうするだろうか?」と考えることには意味があるかもしれない。
ただし、もちろん、そのためには、あの人(憧れる大人物)のことを、ある程度理解していることが必要だ。
しかし、別に、その大人物が書いた本を読んだり、鞄持ちをして四六時中接していなくても、人間の感覚というのは大したもので、澄んだ心で、その人物の雰囲気を感じていれば、かなり、その人物のことを、心の奥では理解出来るものなのである。
また、遠い過去の人で、映像すら見ることが出来ず、声の録音がない場合でも、その人が書いたものや、インタビュー記事があれば、直感的にその人のことが分かる。心静かに見ればね。
釈迦のことが知りたければ『スッタニパータ』を読めば、イエスのことが知りたければ『新約聖書』の福音書を読めば、彼らのことがかなり分かるだろう。
それらの書物は真実を伝えていないという話もあるが、そう思うのであれば、初めから、釈迦やイエスへの憧れは出てこないだろう。
そして、これらの書物は、完全ではないにしろ、十分に、釈迦やイエスの真実を伝えている。
ラルフ・ウォルドー・エマーソンは、「英雄の話を読む時は、自分のことが書かれていると思え」と、目の醒めるような教えを残している。
『スッタニパータ』や『新約聖書・福音書』を読む時、それは、自分のことを書いていると認識しなければならない。
ただし、呼吸を微かにして読むなら。
呼吸が微かであれば、おかしな妄想を起こすことはない。
無論、他の大人物について書かれたものを読む時も同じである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

死んだ時、真面目で、明るくて、熱心で、人気者だった・・・なんて言われたいか?

ひろさちやさんという、仏教関連の本を何百冊も書いている人がいるが、そのひろさんの『狂いのすすめ』という本の帯に、『人生に意味なんてありません。「生き甲斐」なんてペテンです』と書かれている。
ところが、そんな帯がついた本を書いたひろさんは、仏教を通して人々を啓蒙することが、明らかに人生の意味だし、生き甲斐でもあるだろうから、まあ、矛盾もいいところだ。
けれども、ご本人にそんな指摘をしても、「いえ、少しも矛盾ではないのです」とか言って、理屈をこねたり、ややこしい話でケムに巻くのかもしれない。
それとも、「矛盾だ。文句あるか?」と言われるとしたら、私は、こっちが好きだ。
矛盾、大いに結構である。
そして、さらに、ひろさんが別の機会に、人生の意味や生き甲斐を説いていたら面白い。
エマーソンだって、話に一貫性を持たせる必要なんて全然ないと述べていたと思う。

で、人生の意味があるかだが、元々は、そんなものはない。
ひろさんの人生の意味は、ひろさんが自分で作ったストーリーだ。
そして、そのストーリーが生き甲斐になっているのである。
それで、パワフルに何百冊も本を書き、大学の教授やったり、講演したりで大儲けしているのである。

人生の意味は、世間や宗教が教えるような「ご立派」なものでなくて良い。
いや、「ご立派」であってはならない。
ある女性は、子供の時は、「セーラームーンになる」ことが人生の意味で、生き生きとしていたのに、中学生くらいになると、すっかり学校に洗脳されて、けち臭い人生の意味の幻を掲げるようになって、すっかりつまらないやつになってしまった。
まあ、女性は現実的なのかもしれないが、大物になった男なんてものは、いつまでも、子供の時に憧れたアニメのヒーローになり切っているのである。

自分が死んだ時、
「真面目で優秀な営業社員でした」
「生徒の心の指導に熱意を持った先生でした」
「明るくてみんなの人気者でした」
などと言われたいだろうか?
私は、私の葬式は絶対しないように言ってあるが、刺殺でもされて、テレビ局が職場の人にインタビューでもしたら、お義理に、そんなことを言われてしまうかと思うと、おちおち死んでもいられない。
せめて、「ミク廃でした」、「いい歳ぶっこいて、みっくみくにされてました」と言って欲しいが、それは不遜ということになるのだろう。
スティーブ・ジョブズが死んだ時、ビル・ゲイツも立場があるから、それらしいことを言っただろうし、他の人達も押し並べて、世間的なジョブズの称賛をしただろうが、ジョブズ本人の意図とは全然違うことだったろう。
ジョブズともなれば、普通の人から見れば、さぞ荒唐無稽なストーリーを自分の人生にしていたはずなのだ。
デタラメなストーリーと言って良いだろう。
その滅茶苦茶なストーリーを本気で信じ込んだので、彼は「現実歪曲空間」を作り出す超能力を発揮したのだ。
そこにいくと、我々は現実的過ぎる。
いや、進歩した宇宙人から見れば、ジョブズのストーリーだって、さぞ「ちゃちい」ことだろう。

エマーソンだって、自分の本心に逆らわないなら、悪魔になっても良いと言ったはずである。
ただし、悪魔なんて甘いものではないけれどね。
でも、自分が情熱を持てれば、何でも良いのである。

ただ、鼻呼吸を忘れないように。
口で呼吸すると、情熱のエネルギーが、脳や筋肉や臓器に・・・その前に血液の中に満ちないのである。
そして、自分の思い通りに生きようとしたら、必ず抵抗を受ける。
『マスターの教え』のマスターは、抵抗に負けない方法を具体的に教えてくれていないが、傑出した人物達はみんな、自分に、「大丈夫だ」と言い続けることで、障害に打ち勝ったのである。
鼻呼吸と、「大丈夫」の呪文を忘れなければ、「絶対大丈夫」であるが、忘れたら、死後に言われる反吐が出るような言葉の通りに生きなければならない。
それは「死んでも嫌」ではないだろうか?
私なら、「ミク廃」はともかく、最低でも、「恐ろしい人でした」、「訳の分からない人でした」、「未確認生命体」と言われたい。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ