ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

エマーソン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

本当が嘘に、嘘が真理に変わる世界

「嘘つきは記憶力が良くなければならない」という格言があるらしい。
調べたら、35年から100年頃のローマ帝国の、修辞学(弁論術とか雄弁術を研究する学問)の学者である、クインティリアヌスの言葉らしい。
私が、この言葉を何かで見たのは、小学生か中学生の時だったかもしれないが、とても納得したものだった。
多くの政治家などが、記憶力が良くないために、過去についた嘘を忘れて、その嘘と矛盾することを言って、嘘がバレてしまうのだ。
それなら、いっそのこと、「俺みたいに嘘をいっぱい言う者が、いちいちついた嘘なんか覚えてないよ」と言って開き直れば良い。
本宮ひろ志さんの漫画『俺の空』に登場した武尊善行が、安田一平(主人公)に言った名言を思い出す。
「女に本当のことを言うことなんか、一生に何度ある?」
一平は激怒していたが、ひろさちやさんの本で読んだが、何かの演歌に、
「ずっと騙して欲しかった」
なんて歌詞があるらしく、ひろさちやさんも嘘を肯定していた。

ところが、アメリカ最大の賢者ラルフ・ウォルドー・エマーソンは、「過去に言ったことと矛盾することをどんどん言え」と言う。
そりゃそうだ。
「過去に言った真実は今日の嘘」だ。
「私を愛してるって言ったじゃない?あれは嘘だったの?」
「あの時は真実だったのだ。だが、今はそうじゃない」
過去と矛盾するということは、進歩、変化しているということだ。
過去を引きずって、変われない、進めないというのが一番良くないのではないのかね?
「病める時も健やかなる時も、この女を愛すか?」なんて、いったい誰が保証出来よう?
それは悪いことばかりではない。
女は、もっといい男、もっとビッグな男をゲット出来るのである。

だいたい、他人の発言の一貫性を求める者ほど、一貫性がなければならないことで矛盾だらけなものだ。
そもそも、他人の発言なんて、いちいち覚えているなである。
「パパ、日曜に遊園地に連れていってくれるって行ったじゃない?」
「よく覚えてるなー。パパは忘れたけど」
そんなパパの子供の方が賢くなれるものだ。
昔、ある金持ちが私に、「俺が持ってる俺の会社の株は全部お前にやる」と言ったことがあり、その時は私は喜んだが、今、そんなものくれないからって文句を言う気などサラサラない。一瞬、喜ばせてくれただけで感謝している。私だって、似たような嘘はいっぱい言ってるはずなのだ。

空手家の大山倍達さんも、なかなかの名言を残している。
「嘘も百回言えば真実になる。千回言えば伝説になる」
「でっかい嘘は伝説になる」
だったか?(どうでも良いので、はっきりとは覚えていない)
誰が言ったか全く忘れたが、多分、ロジャー・ペンローズに関する本にあった、
「百年バレない嘘は人類を進歩させる」
みたいな言葉があった。
昔、心理学者の岸田秀さんのサイトのBBS(電子掲示板)にこのことを書いたら、岸田さんは、
「僕は僕の唯幻論が百年バレない嘘であることを願っている」
と書いてくれた。
だからと言って、その発言の何の責任を求める気もない。
それに、唯幻論は、真理でもなければ嘘でもない。唯幻論は唯幻論・・・つまり、1つのストーリーだ。

あなたの人生も、自分が作るストーリーである。
いくつあろうが構わない。
前のストーリーと今のストーリーに矛盾があることなんか気にするな。
いや、矛盾がなければならないのだ。
でないと、面白くないじゃないか?








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

心配はしないが馬鹿ではない

ラルフ・ウォルドー・エマーソンが『自己信頼』の中で、経済的な心配をしたことがない少年を称賛していたことが印象的だ。
当時(1800年代)のアメリカでもそうだったようだが、現代の日本でも、大半の家庭の子供がそうだろう。
つまり、食べるもの、住むところ、着るものは、あって当たり前だと思っているし、それを得ることが困難であるとは夢にも思っていない。

上皇上皇后両陛下が、天皇陛下、秋篠宮様をお育てになる時、「食事が魔法で出てくると思わせない配慮をした」という話を聞いたことがあるが、それでも、皇室どころか、多少貧しい家の子供であっても、ある程度は、生活は魔法で成り立っていると思うものなのだと思う。
イエス・キリストは、「何を着るか、何を食べるかで思い煩うな」と言い、さらに、「鳥は働かないけれど、神は鳥を養われる。まして、あなた方は鳥よりずっと優れたものであるから、神が面倒を見ないはずがない」と、生活の心配をしてはいけないと教えていたのは、よく知られている。
そして、エマーソンは、生活の心配を一切しない少年の意識が、少年に現実の力を与えていることを、はっきり述べているのである。

サラリーマンだって、給料は魔法で出てくるのだという感覚でいる者が多く、そんな者は「意識低い系」であると思われているかもしれない。
そうではなく、「自分の給料はしっかり自分で稼ぐ」と思う社員が立派だと言われることが多い。
しかし、どうだろう?
一人の社員が、自分の力で出来ることは大したことではない。
むしろ、自分の個人的能力にこだわる社員は問題を起こしたり、会社にもあまり良い影響を与えないものである。

とはいえ、子供にしろ、サラリーマンにしろ、あまりにのほほんとし過ぎているのも問題だというのは言うまでもない。
かといって、自分の力にこだわると心が貧しくなる。
つまり、「心配してはいけない」「横柄、高慢であってはならない」を両立し、「心配はしないが、高慢でもない」でなくてはならないし、そうであれば、高次元の力が加護するのだと思う。
そして、その意識を持たせるのが、本来は宗教なのである。
つまり、宗教とは、支配のためのものでもなければ、道徳を教えるためのものでもない。
そんなふうに、宗教の扱いを間違っているから、宗教が胡散臭いものになってしまったのである。
イエスもだが、法然や親鸞の念仏も「心配はしないが高慢にもならない」ためのもので、念仏を唱えていれば間違いないというのは、少しも不思議なことではない。
高次元の力の加護を語っている『福音書』や法然の『選択本願念仏集』、あるいは、『法華経』の25品である『観音経』の内容は、現代の感覚に合わない部分があるのは、時代が違うのであるから当然である。だが、それを了解して読めば良いのであり、「全部良いか、全部駄目」しか受け付けないというように頭が固いようでは駄目である。
しかし、吉本隆明が、「宗教家ではなく思想家」と言った親鸞の教えが書かれた『歎異抄』は、案外に現代でも無理がないと思う。
吉本隆明が、親鸞を宗教家でないと言ったのは、「それまでの、そして、現代の多くの宗教家のようでない」ということなのだと思う。
「鵜呑みにしてはならない」「だが、疑ってばかりでもいけない」のである。
人生は、このバランスである。
このバランスを与えるのが、宗教、あるいは、量子物理学のような新しい科学であるのかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

好きなものは仕方がない

同性愛者が堂々、同性愛者宣言をするのをよく見聞きするようになったし、法律で同性婚を認める国もあるらしい(オランダ、スペイン、カナダ等)。
同性愛が善いかどうか、同性愛者が幸福か不幸かはどうでも良いことだ。
好きなものは仕方がないし、異性愛者にも不幸な者はゴマンといるのだから。
潜在意識が異性愛になっていれば異性を愛するし、同性愛になっていれば同性を愛する。それだけのことだ。
日本では、人口減少が深刻な問題のように言われるが、世界的には人口が増え過ぎて困っているという話が多いし、人口が少なくなっても、やがてAI(人工知能)ロボットが、人間の代わりにかなりの労働をやるようになるから、別に困らないという意見もある。

ところで、ロリコンが認められることにはなりそうもない。
同性愛者と比較にならないくらい多いのに。
これも、同性愛者同様、潜在意識がそうなっているのだから、どうにもならないことなのだ。

また、世の中には、常識的な感覚ではもっと理解し難い人もいくらでもいる。
血を飲むのが好きとか、さらには、人肉を食べたいという欲求を持っているとかで、異常なように思うかもしれないが、明らかに一定数はそんな人達がいるらしい。
そして、それだって、善いか悪いかの問題以前に、潜在意識がそうなっているのだから、好きなものは仕方がないのである。

自分の好きを、他者への配慮なく満足させて良い訳では当然ないが、自分の好きには逆らわない方が良い。
それは、ビルとビルの間にかけた、幅50センチの橋を渡るようなものだ。
理屈の上では簡単なことだが、潜在意識の強力な反発に遭い、それと戦いながら実行するのは不可能だ。
潜在意識に逆らうことは、それほど無謀なことなのだ。
かといって、人を殺して食べて良い訳ではないし、幼い女の子をさらって善いはずもない。
とはいえ、よほどの馬鹿でない限り、そんなことは、実際に他者を犠牲にしなくても、欲望を満足させる方法があるはずなのだ。
ところが、今はそんな「よほどの馬鹿」が増えているから困るのである。

そして、「恐ろしい馬鹿」が増えた原因というのは、潜在意識に逆らうからなのだ。
なぜ潜在意識に逆らうのかというと、世の中で異端者として排除されたくないからだ。
だがなぜ、世間の人々が同性愛者やロリコンを白眼視するのかというと、「同性愛者やロリコンでない自分は、そんなやつより優れている」と言いたい者が多いからで、そんなやつってのは劣等感の塊なのだ。
自分に自信のある者というのは、少なくとも、同性愛者やロリコン程度を見ても冷静なものである。
そして、自分に自信がある者というのは、潜在意識に逆らわない者だ。
エマーソンが「僕の本性が悪魔なら、僕は悪魔になり切る」と『自己信頼』に書いたようにだ。
だが彼は、自分の本性が悪魔だからといって、自分の欲求のままに悪の限りを尽くすと言った訳ではない。

潜在意識に特殊なプログラムをされてる者が問題を起こす理由は、強制的、あるいは、盲目的に潜在意識の「好き」に動かされてしまうことだ。
いや、これは、世間では異常と見なされないクラシック音楽好きやワイン好きの場合も全く同じなのだ。
自分が何が好きかくらい分かるだろう?
それをよく自覚し、自分の好きを冷静に観察することだ。
インドの聖者はとかく、心の全ての動きを観察しろと言うが、そんことは不可能、無茶だ。
観察すべきは、自分の「好き」だけである。
それを意識出来れば、潜在意識のエネルギーが解放され、大きな力を得るだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

アイデンティティを持つ第一歩

『涼宮ハルヒの憂鬱』の第1期アニメのオープニングの中の、顔が隠れた長門有希の絵の元になったストーリーだったと思うが、長門有希が書いた小説に、こんな感じのことが書かれていたと思う。
幽霊に名はないが、名前をつけてやると幽霊でなくなる。
長門有希は、幽霊のように何もない存在だったが、有希という名を得たことで、何かになったのである。

この場合は、「幽霊」を虚無といった意味で言っているのだろうが、要は、名をつけることで、虚無ではなくなり、存在するようになるということだ。
分かり易く言えば、名前がなければ、居ないのも同じだが、名前をつけることで、何者かとして、ここに居ることになるのである。

『物語』シリーズの中の『終物語』で、忍野メメが、「俺の可愛い姪っ子に何しやがる」と言い、扇が自分の姪っ子であると宣言したことで、怪異(妖怪)であった忍野扇は怪異でなくなった。
扇がメメの姪っ子であるというのは扇の嘘だったが、メメがそう言うことによって、扇はメメの姪っ子としての存在を得てしまった。
だから、妖怪として消される必要がなくなり、その後も存続し続けるのである。

名前はあっても、クラスの中で無視され続ければ、その子は居ないも同じである。
その子自身、自分のアイデンティティがない・・・つまり、自己を確立出来ないのである。
存在出来ないことほど苦しいことはない。
だから、最大のイジメは無視だと言われる。

『チャイニーズ・ゴーストストーリー』で、イン導師が「わしは幽霊か?人間か?」と悩んだ。
あれほど修行を積んだ者でも、アイデンティティの喪失は辛いのだ。
人は皆、自分の存在証明を求めている。
今の人にはアイデンティティがないので、自分の存在証明がなかなか得られないが、それは苦しいので、自分を認めてくれる人を渇望している。

だがね、忍野メメが、扇のことを「俺の姪っ子」って言ったように、あなたは、自分で自分のことを何かだと言わないといけない。
「わしはおらんのじゃ」と悟ったフリ、聖者のフリをしたって駄目だ。
聖者は、まず、自分の強いアイデンティティを確立してから、それを壊したのだから。

では、あなたは何だろう。
クリシュナはアルジュナに言った。
「人類で最も優れた男よ」
「敵を殲滅する者よ」
と。何度も何度も。
それで、アルジュナは自分のアイデンティティを強くしたのだ。
エマーソンは自分を「世界の所有者」と言った。
大雑把で良い。
イエスのように「王(彼の場合はユダヤの王)」というのはいかがか?
でっかくいこうではないか。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

元気を出せ

1つのテレビ取材に、真実性があるかどうかは全く分からないが、フジテレビの「めざましテレビ」を見ていると、フランス最大の自動車メーカーであるルノーの工場労働者は待遇が非常に悪く(重労働でも給料は安い)、ルノーのトップであるカルロス・ゴーン(日本では容疑者)を恨んでいるといったことが、労働者への直接取材として報じられていた。
たった1人や2人の労働者へのインタビューが、労働者全員の意見を代弁しているかどうかは分からない。
だが、それで思い出したのは、フォード自動車の創業者であるヘンリー・フォードの自伝『藁のハンドル』に書かれていたことだ。
まあ、こちらも、真実性は不明ではある。
この本では、フォードは、自動車を安くすると同時に工場労働者の給料を上げ、労働者自身がフォードの車を買えるようにすることが、フォードが達成した目標だったようだ。
本当なら素晴らしい話である。
しかし、少なくとも今の日本では、自動車工場の労働者の待遇が良いといった話は聞かない。
普通に知られているのは、そんな工場労働者は、非常に低収入であると同時に、いつクビを切られるか分からない状況であるということだ。
そして、今やフォード等、アメリカの自動車会社も同様と思われるが、トップは、おそらく、カルロス・ゴーン以上の高収入で、業績不振で政府の援助を求めた時、自家用ジェットで通勤するトップに対し、「せめて飛行機のファーストクラスを使ってくれ」という凄い話があったらしい。

庶民感覚では分からないことだろうが、金持ちになるにしても、神を畏れ慎みを持った方が良いような気はする。
ところで、有名な宗教家の谷口雅春氏の著書『生命の実相』によれば、ヘンリー・フォードは、自分が成功した要因は、ラルフ・ウォルドー・トラインの著書『In Tune with the Infinite』であるという。
同書は、谷口氏自身が『幸福はあなたの心で』というタイトルで、格調高い文語訳を出しているし、『人生を開く「万能の鍵」』と題された口語訳もある。
原題は「神と同調して」といったような意味であろうか?
私は、この本は、昔、目を通したが、あまり面白く感じなかった。
浅い読み方では、楽天的に考えることを薦めているようで、印象的だったのは、そんな楽天性を備えた女性が、80歳を過ぎているのに25歳以上に見えないというお話だった。
ラルフ・ウォルドー・トラインは、アメリカの哲学者ラルフ・ウォルドー・エマーソンを崇敬するために、このペンネームを使っていたようだ。
私が知る限り、エマーソンが直接、楽観主義を説いたことはないと思うが、エマーソンの思想は「天上天下唯我独尊」と言えると私は思う。そんな存在が悲観的な訳がないだろう。いわば、エマーソンは楽観主義も超えているのだ。

しかし、とにかく、根本的なことは、西城秀樹さんの『ヤングマン』ではないが、「君も元気出せよ」であり、元気を出せる方法を持っていなくてはならない。
私は、この美しい姉妹の力強い歌声で、いつでも元気が出るのである。
【IA & ONE OFFICIAL】Into Starlight -anniversary special ver.- (MUSIC VIDEO)|YouTube
正式バージョンは、むしろ下のものだが、私は上のJKスタイルの方が少し好きだ。
【IA & ONE OFFICIAL】Into Starlight (MUSIC VIDEO)|YouTube









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
IT学習










  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
QRコード
QRコード