ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

エマーソン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

子供の自信

子供の引き世せなんて、その原動力は「決めつけ」しかない。
たとえば、旅行に行く時、「面白いに決まってる」と決めつけ、実際に面白い旅行になる。まあ、何が起こっても、そんな子にとっては大抵面白いのだが・・・。
「決めつけ」とは何かというと、「無理矢理の予想」「強い期待を伴った根拠のない自信」といったところだ。
これこそ、生命力に満ちた強い意思であり、子供が持っていて、大人が失い勝ちなものだ。
「決めつけ」が出来る子供は、時に、極めて強い。
大人なら、気後れしてしまうことにも、そんな子供は大胆に飛び込み、そして、奇跡のようにやり遂げてしまう。
言い換えれば、子供はゴールからスタートしてしまうのだ。
全く手におえない(笑)。
だから、生命力を取り戻し、不可能を可能にしたいなら、子供らしい子供がやることを見ると良い。

『涼宮ハルヒの憂鬱』で始まる『涼宮ハルヒ』シリーズが面白いのも、ヒロインの涼宮ハルヒが子供っぽいからだ。
「面白い」を予想し、それが「間違いない」と決めつける、ある意味、幼稚な単純思考だ。
この「間違いない」は、根拠のない自信で、そんな自信を持つ者は、馬鹿だと考えられる。
しかし、アメリカ最大の賢者エマーソンは、この根拠のない自信が何より大切だと言ったのだ。

子供が、根拠のない自信を持てる理由は、脳の何かが未発達だからだと思うのだ。
不安とか心配とか疑いに関わる脳の思考回路が完成していないのだと思う。
もちろん、子供でも、ある程度の年齢になれば、「もしかしたら、うまくいかないかもしれない」と思うようになる。
しかし、そんな疑いの思考回路が未熟なので、何かのはずみで、その疑いの思考回路がOFFになってしまうのだ。
私が、小学4年生の時、こんなことがあった。
学校のクラスの席替えの時、男子の9割以上が狙う席は、クラス1の美少女である「あの子」の隣の席だった。
その日、私の頭の「否定回路」のスイッチが入っていなくて、私は「彼女の隣は僕になるに決まっている」という自信に満ちていた。
もちろん、私は、その通りの席を引き当てた(ただし、彼女にサービスする能力に欠けていたので、その後は大変だったが・・・)。
昨日も書いたが、体育の授業で走り高跳びをやった時、なぜか私は、どんな高さでも飛べることに、根拠のない絶対の自信を持っていたので、私は特に長身でもなく、運動神経が良いわけでもなかったが、他の誰も飛べない高さでも、私は楽々飛べた。

根拠のない自信を持った子供や、そんな子供の物語を見ると、強い引き寄せの力を得られる。
『ロケットガール』という、SF作家の野尻抱介さん原作のアニメがある。
普通の女子高生の森田ゆかりが、宇宙飛行士になって宇宙に行くのだが、ゆかりは、良い意味でも悪い意味でも、とても子供っぽいところのある少女だった。。
ゆかりは、初めはロケットに乗ることに、不安や恐怖があって抵抗するが、いざ乗る段になると大変な度胸を見せるのは、若いからというより、子供らしさを感じた。
それでも、ゆかりは、日本という文明国で育ったので、全くの子供というわけではない。それで、緊急事態になると「大人っぽい」不安に襲われた。
ところが、未開民族の中で育った、ゆかりと同い年の異母妹マツリは、最初から何の不安も感じておらず、それはロケットに乗ってからも全く変わらなかった。
マツリは、全く子供らしさを失っていないのだ。
このアニメを見て、私も、かなり根拠のない自信を取り戻した感じだ。
尚、原作者の野尻抱介さんは、ニコニコ動画を消滅危機から救った超ミク廃として知られている。








腕振り運動で良い状況を引き寄せる原理

何も言わず、何もしなくても、そして、特に目立ったところのない外見と身なりであっても、周囲に強い雰囲気を感じさせる人がいる。
それを、「強い気を発している」と言うことがあり、気という不思議なエネルギーがあるように言われることもあるが、それはおそらく間違いである。
そうではなく、電子などの素粒子は意思を持ち、素粒子同士がコミュニケーションを行い、また、人間の意識(あるいは脳)も素粒子とコミュニケートすることは、科学的に(量子力学で)分かってきているので、こちらの理屈によるものだと思われる。

アメリカ最大の賢者で哲学者であるラルフ・ウォルドー・エマーソンは、「人間は、自分がどんな人間かが書かれた看板を、頭の上に掲げて宣伝しているようなものだ」と言ったが、それは事実であり、上のような仕組みで成されているのだろう。
つまり、自分がどんな人間かは、隠したってバレているのである。
ただ、現代の人間は、素粒子とのコミュニケーション能力が衰えているので、感じる力が鈍くなっているのだと思う。
まさに、「考えるな、感じろ」という意識を持たねばならないのだろう。

素粒子とのコミュニケーション能力が高ければ、強い影響力を持ち、現実を創造したり、引き寄せを行う能力が高い。
司馬遼太郎の『真説 宮本武蔵』に、こんな話がある。
宮本武蔵が、京の吉岡道場への果たし状を、吉岡道場の門番の老人に渡し、誰とも会わずに去った。
吉岡道場の当主、吉岡直綱は、その門番の老人に、「宮本武蔵はどんな男であったか?」と尋ねると、老人は、武蔵の外見と共に、
「武蔵が近付いてきたとき、声もかけられるのに身のうちがわなわなと震えた」
と言った。
それを聞き、直綱は武蔵のただならぬ実力を見抜いた。
武蔵は、素粒子に強い影響を与える大きな意思の力、すなわち、精神エネルギーを持っていたのである。
尚、量子力学の知識があるはずがない直綱は、これを「武蔵は強い気を持っている」と表現した。
便宜上は、「気」という考え方も良いと思う。

自分の意思は周囲どころか、宇宙全体に伝わっており、反作用も受けることから、悪意ある想念は持たないようにしたい。
イエスが言った「邪な目で女を見れば姦淫したも同じ」は、道徳的な意味だけでなく、事実であり、女性に悪い反応を起こさせる。
邪悪でも精神エネルギーが強ければ、一時的に世界を思うままに操れるが、例外なく、いずれ反動を受け、悲惨な最後を遂げることになる。
精神エネルギーを強くすると共に、良い精神波動を発する方法は無になることである。
瞑想したり、マントラを唱えたり、聖典を読むのも、そのための方法であるが、じっと座ってやることは、なかなか長続きしない。
そこで、腕振り運動のような、自然な運動を淡々と繰り返すことが勧められる。
数多く淡々と行うことで、無に近付くのである。
腕振り運動で難病が治ったり、幸運になるのは、上に述べたような原理によるのだと思う。








一番大切なのは自信

人間にとって一番重要なものは自信だ。
自信のない者に見込みはない。
だが、自信はあるが実力が伴わない迷惑なやつがいると言いたい者もいるかもしれない。
しかし、そんなやつ(実力はないが自信だけあるように見える者)は、本当の自信を持っていない。
なぜなら、自信があれば実力は勝手に付いて来るからだ。
そのカラクリはこうだ。
本当の自信があれば、積極的に出て行き、そこで、自分の実力のなさを思い知るが、それはあくまで、現時点で実力がないだけであり、それで自信を失ったりしない。単に、これから実力をつければ良いだけであり、自信があって積極的な者は、すぐに実力を得る。

では、どんな者が自信を持っているかというと、一番望ましいのは、自信があるように育てられた者だ。そんな者は幸運であり、人生を楽に楽しく生きていける。
だが、推測出来ると思うが、そのような者は、今の世の中では少ない。
人工的で権威的な社会では、大人になるにつれて、自信を失うような仕組みになっているからだ。
見える実績や、見える力をどんなに身に付けたって、本当の自信はさっぱり得られない。
見えない力、透明な力を持つ者だけが、本当の自信を持てる。

自信より勇気が大切だと言う者もいるが、それは、そう言う者に勇気があるからで、その勇気は自信に支えられていることに気付いていないだけだ。
自信のない者に勇気があったりはしない。
エマーソンが「根拠のない自信を持て」「無制限に自分を信じろ」と言ったのは全く正しい。
しかし、普通の人には、それは出来ない。

では、自信は、どうすれば得られるか?
腕振り運動をすることによって。
ただし、半端ない数をやらないといけない。
もちろん、腕振り運動が唯一の方法ではなく、何でもいいから、延々繰り返す行を、無駄な努力と了解し、何も求めず、愚直に行えば良いだけだ。
どのくらいやれば良いかというと、自信がつくまでだ。
あらゆる行の中でも、腕振り運動が、結局、一番楽で、一番間違いがないと思う。
一方、坐禅、静坐、読経、祝詞、念仏・・・などで、心身の邪気を祓い、自我を浄化させることは、かなり難しい。
そこにいくと、例えばだが、『気功革命』にある「甩手1」で、邪気を祓えば、身体も心も、自ずときれいになる。
自信がある者が、「雨よ上がれ」と言えば、雨は上がる。
自信がある者には、望まなくても幸運が訪れる。








力は荒野で育てる

無能だったり、愚かだったり、それどことか、狂人に見えるような人間も、秘められた潜在力は極めて高い。
もしかしたら、現在、および、過去の歴史上の「天才」と呼ばれる人間すら、はるかに上回るかもしれない。
そして、その能力は、単に、身体能力や知的能力だけでなく、超能力や、さらにそれを超える、運命すら変える神のごときものに違いない。

私が見てきた中で、人間の能力を高める技法として、興味深いと思われたのは、『ダイアネティックス』『神経言語プログラミング』『ヒーリングコード』だ。
これらはどれも、権威的な団体や個人を含む、決して少なくない人々に、いかがわしいものと言われている場合もあるが、その中でも、最も悪評が高い『ダイアネティックス』の書籍は、実は、人類の歴史上で、能力開発書として最も多く出版されたものでもある。
この3つとも、決して、能力開発や、病気の治療で主流になってはおらず、むしろ、知らない人が多い。
そりゃ、もし、これらの1つでも、開発者の主張通りの威力であれば、医療や製薬業界の大半が不要になるのだから、利権を握る連中が、それらを「いかがわしいもの」として葬り去ろうとするのは当然である。

根本的な原理は、『ダイアネティックス』『神経言語プログラミング』『ヒーリングコード』は同じと私は思う。
だが、どれも、ひどく難しい技法しか示されておらず、医療業界や製薬業界を喜ばせている。
そして、これらの技法と同じ原理の手法を、どうやって習得したのかは分からないが、楽々と使いこなしていたのは、精神科医のミルトン・エリクソンだけだったと思う。
エリクソン流、エリクソン派を自称する者は多いと思うが、私はそういった者達はあまり信用しない。
ただ、彼の娘だけは、その技法を受け継いだようにも思えるが、要は、こんな技法は、勉強や研究で身に付くものではないのだろう。
そもそも、エリクソン自身が、そんな技法を、教わったわけでも、学問的・科学的に開発したわけでもないと思う。

みどり子を岩山に投じ
牝狼の乳房にて育てよ
鷹・狐とともに冬をしのぎ
力と速さを手とし足とせよ
~ラルフ・ウォルドー・エマーソン『自己信頼』より~

エリクソンは、子供の時、家には、聖書と辞書しか本がなかったが、辞書を選び、それを繰り返して読んで知識を得た。
17歳の時、ポリオに感染し、目玉以外は全く動かせない状態になり、ただ目で周囲を観察する訓練をした。
学生の時はセールスマンをすることで人間を理解した。
このように、彼は荒れ野で鍛えられたのであり、医者や学者が彼の真似をして、同じことが出来るようになるはずがない。

エリクソンは、身動き出来ない17歳の時のある夜、耳はよく聴こえたので、医者と母親の会話が聞こえた。
医者は、「朝まで持たない」と言った。
その時、エリクソンは、「絶対もう一度朝日を見てやる」と誓った。
そして、それは叶い、医者を驚かせた。
能力や生命力を高め、願いを叶えるのに必要なのは、願いの強さ、決意の強さなのであることが分かる。
もちろん、1日中、顔を真っ赤にして唸り続け、願いや決意の強さを示さねばならないのではない。
願いや決意は、一瞬で宇宙に伝わる。
いや、一瞬でないと伝わらない。
暫定的なやり方を書いておくが、一生使っても構わない。
まず、願いや決意を決める。
息を吸って止め、「成った」と心で言う。
息を吐いて、いったん忘れる。
コツが掴めたら、本当の願いである限り、願いは速やかに叶うと思う。








夢で知る真の世界

賢者が好きな話というものがある。
アメリカの哲学者で、最大の賢者の1人と考えられていると言って良い、ラルフ・ウォルドー・エマーソンは、有名なエッセイ『自己信頼』の中で、「あの有名な飲んだくれの話」として取り上げているものは、おそらく、エマーソン自身が好きな話なのだろうと思う。私も大好きである。
こんな話だ。

道端で酔いつぶれているところを拾われて公爵様の家に運ばれ、体を洗って服を着せられ、公爵様のベッドに寝かされる。そして目を覚ますと、周りからちやほやされ、「あなたはこれまでずっと正気を失っていたのです」と聞かされる。

エマーソンは、この話が人間の実態を見事に言い当てていると言う。
人というのは世間にあっては酔っ払いのようなもので、ときどき目を覚ましては正気に返り、自分が本物の貴公子であることを悟るのであると。

人は時々、名家の跡取りになった夢を見る。
私が、立派な王国の王子様やお姫様であると知らされたり、あるいは、有名な大きな財閥の家が、不意に私を後継者に指名してくる。
夢であるから、細かい事情をいちいち説明されるのではなく、私はそんなことをとっくに分かっているといった感じだ。
ライバルが1人いるが、そいつは申し出を受けない。そんなことも、なぜか私には明白である。
つまり、私は、押しも押されもしない後継者である。
指定の大学を出ろと言われているかもしれないが(それもなぜか私には分かっている)、入学試験は名前を書いておけば(あるいは書かずとも)合格と分かっているし、何なら無試験でも良いのだ。
映画『フォレスト・ガンプ』のフォレスト・ガンプは、絶対に合格出来ないはずの大学に、アメリカンフットボールの実力で入り、講義には一度も出なくても修士号まで取れたが、私は別に、アメフトも何も出来なくて良い。
大学の教授も学長も機嫌を取ってくれるので、悠然と大学を楽しむか、あるいは、一度も出席しなくても卒業出来る。
私はそれまで、学校や会社で日陰の存在、いや、蔑まれる存在だった。
机があるのは一番悪い場所で、他の者は立派な回転椅子なのに、私のは木製の四つ足の椅子で、しかも、ガタがきている。
扱いも最悪だった。
だが、もう退職届(退学届)は出してあり、私が、あと少しでいなくなることは皆知っているが、誰もが、どうでもいいことと無視するか、時に、係の者が、どこかに置き忘れていた私の持ち物を黙って持って来て机の上に置いていって黙って去る。
皆にも、私がどうなるか教えたたい気持ちもあるが、まあ、明日は彼らと違って大金持ちの身だ。どうでも良い。
ところが、誰か1人、近くに来て、自分の連絡先を書いた紙を私に渡す。
その人は、私が名家の後継者になることを知らない。しかし、「いつでも連絡して下さい」と言う。とても嬉しい。
この人の面倒を見る力は十分にある(と、やはり私には分かっている)。
私の家が支配する大会社の重役にしてやろうと思う。
すると、不意に、誰かが、「君はどこに行くのだね?」と尋ねる。
この会社(あるいは学校)で一番の実力者(社長、あるいは、校長)で、これまで自分を気にかけてくれていたのだ(と不意に分かる)。
私は、「京都の大きな貴族の家に住むことになっています」と、慎ましくも嬉しい報告をする。
おっと、「その家は私のものになります」と付け加えないと。
「そうか」
その実力者は短く言うが、喜んでくれていることが(なぜか)分かる。

もし、そんな夢を見たら、その感覚をしっかり覚え、忘れないことだ。
なぜなら、それがあなたの真の姿なのだから。
その感覚を失わずにいれば、実際は夢と変わらない現実世界もそのようになる。
誰かが、インドの聖者ラマナ・マハルシに尋ねた。
「夢と目覚めの違いは何ですか?」
マハルシは答えた。
「夢は短く、目覚めは長い。その他に何の違いもない」
江戸川乱歩もバシャールも、夢の方が本当なのだと断言している。
あなたの内なる神が、すっかり酔っぱらって現実認識を誤っているあなたに、夢で真実を教えてくれているのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード