ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

エマーソン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

英雄になる方法

憧れている人物を真似れば、そのような人物に近付けるという話がある。
それは本当だが、多くの人は勘違いする。
まるで、物真似芸人のように、その人物の真似をしても、何にもならない。
それで本物になれるなら、一流の物真似芸人は、彼らが真似しているスポーツ選手や歌手のような大スポーツ選手、大歌手になるはずだが、そんなことはあり得ない。
普通の人なら、いくら大人物の真似が上手くなっても、せいぜいが、宴会やかくし芸大会の人気者になれれば合格だろう。

しかし、何か困難な問題にぶつかった時、「あの人ならどうするだろうか?」と考えることには意味があるかもしれない。
ただし、もちろん、そのためには、あの人(憧れる大人物)のことを、ある程度理解していることが必要だ。
しかし、別に、その大人物が書いた本を読んだり、鞄持ちをして四六時中接していなくても、人間の感覚というのは大したもので、澄んだ心で、その人物の雰囲気を感じていれば、かなり、その人物のことを、心の奥では理解出来るものなのである。
また、遠い過去の人で、映像すら見ることが出来ず、声の録音がない場合でも、その人が書いたものや、インタビュー記事があれば、直感的にその人のことが分かる。心静かに見ればね。
釈迦のことが知りたければ『スッタニパータ』を読めば、イエスのことが知りたければ『新約聖書』の福音書を読めば、彼らのことがかなり分かるだろう。
それらの書物は真実を伝えていないという話もあるが、そう思うのであれば、初めから、釈迦やイエスへの憧れは出てこないだろう。
そして、これらの書物は、完全ではないにしろ、十分に、釈迦やイエスの真実を伝えている。
ラルフ・ウォルドー・エマーソンは、「英雄の話を読む時は、自分のことが書かれていると思え」と、目の醒めるような教えを残している。
『スッタニパータ』や『新約聖書・福音書』を読む時、それは、自分のことを書いていると認識しなければならない。
ただし、呼吸を微かにして読むなら。
呼吸が微かであれば、おかしな妄想を起こすことはない。
無論、他の大人物について書かれたものを読む時も同じである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

死んだ時、真面目で、明るくて、熱心で、人気者だった・・・なんて言われたいか?

ひろさちやさんという、仏教関連の本を何百冊も書いている人がいるが、そのひろさんの『狂いのすすめ』という本の帯に、『人生に意味なんてありません。「生き甲斐」なんてペテンです』と書かれている。
ところが、そんな帯がついた本を書いたひろさんは、仏教を通して人々を啓蒙することが、明らかに人生の意味だし、生き甲斐でもあるだろうから、まあ、矛盾もいいところだ。
けれども、ご本人にそんな指摘をしても、「いえ、少しも矛盾ではないのです」とか言って、理屈をこねたり、ややこしい話でケムに巻くのかもしれない。
それとも、「矛盾だ。文句あるか?」と言われるとしたら、私は、こっちが好きだ。
矛盾、大いに結構である。
そして、さらに、ひろさんが別の機会に、人生の意味や生き甲斐を説いていたら面白い。
エマーソンだって、話に一貫性を持たせる必要なんて全然ないと述べていたと思う。

で、人生の意味があるかだが、元々は、そんなものはない。
ひろさんの人生の意味は、ひろさんが自分で作ったストーリーだ。
そして、そのストーリーが生き甲斐になっているのである。
それで、パワフルに何百冊も本を書き、大学の教授やったり、講演したりで大儲けしているのである。

人生の意味は、世間や宗教が教えるような「ご立派」なものでなくて良い。
いや、「ご立派」であってはならない。
ある女性は、子供の時は、「セーラームーンになる」ことが人生の意味で、生き生きとしていたのに、中学生くらいになると、すっかり学校に洗脳されて、けち臭い人生の意味の幻を掲げるようになって、すっかりつまらないやつになってしまった。
まあ、女性は現実的なのかもしれないが、大物になった男なんてものは、いつまでも、子供の時に憧れたアニメのヒーローになり切っているのである。

自分が死んだ時、
「真面目で優秀な営業社員でした」
「生徒の心の指導に熱意を持った先生でした」
「明るくてみんなの人気者でした」
などと言われたいだろうか?
私は、私の葬式は絶対しないように言ってあるが、刺殺でもされて、テレビ局が職場の人にインタビューでもしたら、お義理に、そんなことを言われてしまうかと思うと、おちおち死んでもいられない。
せめて、「ミク廃でした」、「いい歳ぶっこいて、みっくみくにされてました」と言って欲しいが、それは不遜ということになるのだろう。
スティーブ・ジョブズが死んだ時、ビル・ゲイツも立場があるから、それらしいことを言っただろうし、他の人達も押し並べて、世間的なジョブズの称賛をしただろうが、ジョブズ本人の意図とは全然違うことだったろう。
ジョブズともなれば、普通の人から見れば、さぞ荒唐無稽なストーリーを自分の人生にしていたはずなのだ。
デタラメなストーリーと言って良いだろう。
その滅茶苦茶なストーリーを本気で信じ込んだので、彼は「現実歪曲空間」を作り出す超能力を発揮したのだ。
そこにいくと、我々は現実的過ぎる。
いや、進歩した宇宙人から見れば、ジョブズのストーリーだって、さぞ「ちゃちい」ことだろう。

エマーソンだって、自分の本心に逆らわないなら、悪魔になっても良いと言ったはずである。
ただし、悪魔なんて甘いものではないけれどね。
でも、自分が情熱を持てれば、何でも良いのである。

ただ、鼻呼吸を忘れないように。
口で呼吸すると、情熱のエネルギーが、脳や筋肉や臓器に・・・その前に血液の中に満ちないのである。
そして、自分の思い通りに生きようとしたら、必ず抵抗を受ける。
『マスターの教え』のマスターは、抵抗に負けない方法を具体的に教えてくれていないが、傑出した人物達はみんな、自分に、「大丈夫だ」と言い続けることで、障害に打ち勝ったのである。
鼻呼吸と、「大丈夫」の呪文を忘れなければ、「絶対大丈夫」であるが、忘れたら、死後に言われる反吐が出るような言葉の通りに生きなければならない。
それは「死んでも嫌」ではないだろうか?
私なら、「ミク廃」はともかく、最低でも、「恐ろしい人でした」、「訳の分からない人でした」、「未確認生命体」と言われたい。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

本当に騎士になれる方法

「騎士になりたければ、騎士のように振る舞え」
という言葉は成功哲学でよく言われるし、これが真理であることは直感的に分かるので、あなたも良いと思って試してみたことがあるかもしれない。
しかし、騎士には全然なれなかったと思う。
丁度、まるで駄目男君(私の職場にいる30歳過ぎの人生の落伍者。派遣の雑用係)が、高尚な人間であるように振舞っても、猿の滑稽な芸にしか見えないようなものだ。

なぜうまくいかないのかというと、口で呼吸することが多かったからだ。
口を閉じ、常に鼻で呼吸するようにすれば、これからはうまくいく。
「そんな簡単なことで」と言われるか?
そうだ、そんなに簡単なのだ。

だが、今の時代、家庭や学校の教育はデタラメで、それが染み付いてしまっているだろうから、ひょっとしたら、鼻呼吸しても、時間がかかるかもしれない。
成就のためには、自分を信頼しなければならない。
人類史上、最も重要な書物の1つである、エマーソンの『自己信頼』に、そのことが力強く書かれている。
ただ、エマーソンは、「自分を信頼しろ」とは言うが、どうすればそれが出来るかは、一切教えていない。
エマーソンにしてみれば、
「え?どうすれば自分を信頼出来るかって?・・・いや、自分を信頼すればいいんだ」
と言うしかないのだろう。
苦労なく出来るやつには、出来ない者のことは分からないものだ。

で、やり方はこうだ。
自分に、「大丈夫だ」と言うだけだ。
「大丈夫、騎士になれる」
ってね。
さくらちゃん(カードキャプターさくら)のように、
「絶対大丈夫、騎士になれる」
と言うと、さらに良いだろう。

後、良ければだが、初音ミクさんが歌う『ray』を聴けば完璧と私は思う。
ミクさんが可愛い声で、ただし力強く、4回も「大丈夫だ」って歌で言ってくれるのだから。









自信ほど大切なものはない

「私は対人恐怖症です」なんて馬鹿なことを絶対に認めてはならない。
医者に言われようが誰に言われようがだ。
人間の不幸の大半は、「他人が恐い」と感じることである。
ひきこもりの中には、「他人が嫌い」「他者と関わるのが煩わしい」「穢れた世の中が嫌い」などと言う者が多いだろうが、本当は、他人が恐いだけなのだ。
そして、他人が恐い理由は、自分が弱いと思っているからだ。
自分は弱い、自分は他人より劣っていると思うのを、普通、劣等感と言うのだと思う。
つまり、あらゆる不幸の根源は劣等感だ。

ソウルオリンピックの女子100m、200m、4×100mリレーで金メダルを獲得し、いまだ、100mと200mの世界記録保持者であるフローレンス・ジョイナーは、「走るクレオパトラ」などと呼ばれ、派手な化粧とマニキュアで競技を行ったが、インタビューで、「お化粧して綺麗になると自信がつく」と言っていたのが印象的だった。
案外、彼女は、本来は劣等感が物凄く強いのではないかと思う。だから、メイクアップの助けが必要だったのに違いない。
『美少女戦士セーラームーン』では、セーラー戦士達は、変身の際、あからさまに「メイクアップ」と称えるが、この作品が世界的に人気があり、今だ、初音ミクさん並にコスプレーヤーも多いのも、深い意味がある。
つまり、人間には自信が必要なのだ。

そして、残念ながら、メイクアップ一発で自信を持てる訳ではない。
自信は、自分で作らなければならない。
しかし、逆に言えば、自信さえ持てれば、世の中に勝ったも同然なのだ。
人類最高の書の1つと言える、エマーソンの『自己信頼』は、傲慢なまでに自信の重要性を説くが、やはりそれが正しいのである。
たとえば、いかなる世界的な美術品であろうが、「私の評価を待っている」、つまり、私が誉めなければ価値はないと、清々しいまでに言い切っている。そして、それは絶対に正しいのだ。

自信とは、とりもなおさず、「自分を信じる」ことである。
平原綾香さんの大ヒット曲『ジュピター』の中に、「夢を失うより悲しいことは、自分を信じてあげられないこと」という歌詞があるのを、私は一度聴いて覚えたが、まあ、その通りかもしれない。
自信とは、続けることでしか得られない。
しかし、続ければ、確実に得られる。
それこそ、ジョギングでも、聖書を読むことでも、1年365日、よほどのことがない限り1日も欠かさずに続ければ、光線銃を手にい入れたも同然だ。
1年で駄目でも3年やれば間違いないだろう。
腕振り運動も、500回なら一応の自信になるし、2000回なら無敵だ。
微かな呼吸は、身につきさえすれば、これには時間圧縮効果があるので、1秒で1万年分の効果があるが、自分のものになるまでは、やはり、毎日続けることである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

無謀で豪快で爽快な自信

仏典の『涅槃経(ねはんぎょう)』と、エマーソンの『自己信頼』を比べると面白い。

仏典、聖典の言葉をそのまま引用したって、学者ぶった人の書いた難しい言葉に翻弄されるだけで意味が分からない。
大切なことは、「つまるところ、何を言っているのか?」である。
そして、それは自己解釈に過ぎない。
それで言えば、『涅槃経』の教えとは、
「敬うべきものを敬え」
「してはならないことをするな」
「平等であれ」
だ。
だが、エマーソンの『自己信頼』をそれらに当てはめると、
「敬うべきは自分である」
「自分がすべきと思うことをやれ」
「偉大なのは自分である」
になる。
「自分がすべきと思うことをする」だけは共通していると見なして良いだろう。
しかし、それを決めるのは自分なのであるから、結局はエマーソンが勝つのである。

だが、『自己信頼』だけでは、どうすれば良いのか分からない。
ところが、エマーソンは『歴史』の中で、こう述べている。
「英雄についての話を読む時、自分について書かれていると考えなければならない」

『ラーマーヤナ』とは、「ラーマの物語」という意味である。
誰もが崇拝する英雄ラーマの物語「ラーマー鑑(かがみ)」である(鑑は手本の意)。
そして、ラーマとは自分なのである。
新約聖書に描かれたイエスは自分であり、『神仙伝』『列仙伝』に書かれた仙人とは自分なのである。
いや、徳川家康を敬愛するなら、自分は家康だし、山本五十六がそうであるなら、私は山本五十六である。
エマーソンも言う。
シーザーもプラトーンもキリストもシャイクスピアも自分なのであると。
だから、自分はシーザーの手腕、プラトーンの頭脳、キリストの愛、シェイクスピアの詩を持っているのだと。

そこまで無謀で豪快で爽快な自信こそが自己信頼である。
人間は、無謀なほど豪快で爽快でいたいものなのである。
では、そうすれば良い。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ