ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

エマーソン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

アイデンティティを持つ第一歩

『涼宮ハルヒの憂鬱』の第1期アニメのオープニングの中の、顔が隠れた長門有希の絵の元になったストーリーだったと思うが、長門有希が書いた小説に、こんな感じのことが書かれていたと思う。
幽霊に名はないが、名前をつけてやると幽霊でなくなる。
長門有希は、幽霊のように何もない存在だったが、有希という名を得たことで、何かになったのである。

この場合は、「幽霊」を虚無といった意味で言っているのだろうが、要は、名をつけることで、虚無ではなくなり、存在するようになるということだ。
分かり易く言えば、名前がなければ、居ないのも同じだが、名前をつけることで、何者かとして、ここに居ることになるのである。

『物語』シリーズの中の『終物語』で、忍野メメが、「俺の可愛い姪っ子に何しやがる」と言い、扇が自分の姪っ子であると宣言したことで、怪異(妖怪)であった忍野扇は怪異でなくなった。
扇がメメの姪っ子であるというのは扇の嘘だったが、メメがそう言うことによって、扇はメメの姪っ子としての存在を得てしまった。
だから、妖怪として消される必要がなくなり、その後も存続し続けるのである。

名前はあっても、クラスの中で無視され続ければ、その子は居ないも同じである。
その子自身、自分のアイデンティティがない・・・つまり、自己を確立出来ないのである。
存在出来ないことほど苦しいことはない。
だから、最大のイジメは無視だと言われる。

『チャイニーズ・ゴーストストーリー』で、イン導師が「わしは幽霊か?人間か?」と悩んだ。
あれほど修行を積んだ者でも、アイデンティティの喪失は辛いのだ。
人は皆、自分の存在証明を求めている。
今の人にはアイデンティティがないので、自分の存在証明がなかなか得られないが、それは苦しいので、自分を認めてくれる人を渇望している。

だがね、忍野メメが、扇のことを「俺の姪っ子」って言ったように、あなたは、自分で自分のことを何かだと言わないといけない。
「わしはおらんのじゃ」と悟ったフリ、聖者のフリをしたって駄目だ。
聖者は、まず、自分の強いアイデンティティを確立してから、それを壊したのだから。

では、あなたは何だろう。
クリシュナはアルジュナに言った。
「人類で最も優れた男よ」
「敵を殲滅する者よ」
と。何度も何度も。
それで、アルジュナは自分のアイデンティティを強くしたのだ。
エマーソンは自分を「世界の所有者」と言った。
大雑把で良い。
イエスのように「王(彼の場合はユダヤの王)」というのはいかがか?
でっかくいこうではないか。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

元気を出せ

1つのテレビ取材に、真実性があるかどうかは全く分からないが、フジテレビの「めざましテレビ」を見ていると、フランス最大の自動車メーカーであるルノーの工場労働者は待遇が非常に悪く(重労働でも給料は安い)、ルノーのトップであるカルロス・ゴーン(日本では容疑者)を恨んでいるといったことが、労働者への直接取材として報じられていた。
たった1人や2人の労働者へのインタビューが、労働者全員の意見を代弁しているかどうかは分からない。
だが、それで思い出したのは、フォード自動車の創業者であるヘンリー・フォードの自伝『藁のハンドル』に書かれていたことだ。
まあ、こちらも、真実性は不明ではある。
この本では、フォードは、自動車を安くすると同時に工場労働者の給料を上げ、労働者自身がフォードの車を買えるようにすることが、フォードが達成した目標だったようだ。
本当なら素晴らしい話である。
しかし、少なくとも今の日本では、自動車工場の労働者の待遇が良いといった話は聞かない。
普通に知られているのは、そんな工場労働者は、非常に低収入であると同時に、いつクビを切られるか分からない状況であるということだ。
そして、今やフォード等、アメリカの自動車会社も同様と思われるが、トップは、おそらく、カルロス・ゴーン以上の高収入で、業績不振で政府の援助を求めた時、自家用ジェットで通勤するトップに対し、「せめて飛行機のファーストクラスを使ってくれ」という凄い話があったらしい。

庶民感覚では分からないことだろうが、金持ちになるにしても、神を畏れ慎みを持った方が良いような気はする。
ところで、有名な宗教家の谷口雅春氏の著書『生命の実相』によれば、ヘンリー・フォードは、自分が成功した要因は、ラルフ・ウォルドー・トラインの著書『In Tune with the Infinite』であるという。
同書は、谷口氏自身が『幸福はあなたの心で』というタイトルで、格調高い文語訳を出しているし、『人生を開く「万能の鍵」』と題された口語訳もある。
原題は「神と同調して」といったような意味であろうか?
私は、この本は、昔、目を通したが、あまり面白く感じなかった。
浅い読み方では、楽天的に考えることを薦めているようで、印象的だったのは、そんな楽天性を備えた女性が、80歳を過ぎているのに25歳以上に見えないというお話だった。
ラルフ・ウォルドー・トラインは、アメリカの哲学者ラルフ・ウォルドー・エマーソンを崇敬するために、このペンネームを使っていたようだ。
私が知る限り、エマーソンが直接、楽観主義を説いたことはないと思うが、エマーソンの思想は「天上天下唯我独尊」と言えると私は思う。そんな存在が悲観的な訳がないだろう。いわば、エマーソンは楽観主義も超えているのだ。

しかし、とにかく、根本的なことは、西城秀樹さんの『ヤングマン』ではないが、「君も元気出せよ」であり、元気を出せる方法を持っていなくてはならない。
私は、この美しい姉妹の力強い歌声で、いつでも元気が出るのである。
【IA & ONE OFFICIAL】Into Starlight -anniversary special ver.- (MUSIC VIDEO)|YouTube
正式バージョンは、むしろ下のものだが、私は上のJKスタイルの方が少し好きだ。
【IA & ONE OFFICIAL】Into Starlight (MUSIC VIDEO)|YouTube









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ひきこもりは『幻魔大戦』を読むべし

ひきこもり、あるいは、そこまでいかなくても、自分を無力だと思っているせいで社会や他人とうまくやっていけない人は『幻魔大戦』という漫画を読むと良い。
原作はSF作家の平井和正さん、漫画は石森章太郎さん(後に石ノ森章太郎と改名)という超大物コンビの作品で、石森さんもかなりストーリーに関わっているはずだ。その石森さんは「新しい聖書を書くつもりで書いた」という力の入れようだった。
この作品後も、『新幻魔大戦』として、平井さんと石森さんコンビで作品を発表したが、その後、『幻魔大戦』を、平井さんは小説で、石森さんも単独で漫画を、長期に渡って壮大な規模で発展させたが、原点は『幻魔大戦』である。

『幻魔大戦』の主人公である東丈(あずまじょう)は、高校3年生で、姉と弟がいる3人きょうだいだ。
丈は、背が低く、腕力もなく、勉強も駄目だった。
父親が「きょうだいで1人くらいは出来損ないがいるものさ」と言うのを聴いてしまったこともあるが、まさに「出来損ない」こそ彼に相応しい名称だった。
そんな丈が、ちゃんとした高校生になれたのは、彼を盲目的に愛する姉のおかげで、この姉は、間違いなく、石森さんの実の姉がモデルだと思う。
姉は、丈には素晴らしいものが隠されていることを信じ、自分が結婚出来なくても、丈が誰にも尊敬される立派な人になるまで支えることを誓っていた。
だが、丈は、劣等感の反動で誇大妄想となり、異常、あるいは、異様な頑張りも見せる。
崇拝するのは、ヒットラーとナポレオンだ。
だが、実力が伴わない。
野球部では、ユニフォームがボロ雑巾のようになるまで練習に励むが、さして熱心でない親友がレギュラーになれたのに、自分のポジション(サード)は新入部員の1年生に取られてしまう。勉強の方も、やはり頑張ってはいるが、思うような成績が取れない。
そんな丈に、超能力が目覚めたのだから、ロクなことにならない。
それも、人間としてはハイレベルな超能力だ。天才と言っても、宇宙の超能力者を知る者すら認める。
さらに、彼の素質は、そんなものではなかった・・・

人類屈指の賢者ラルフ・ウォルドー・エマーソンは、「英雄の物語を読む時は、それが自分について書かれたものだと知れ」と言っているが、あなたは、丈の物語を自分の物語として読めば良い。
その後、数十年に渡る、平井さんと石森さんの作品を考えれば、それは正しいことであることが分かる。
あなたは、実は、とんでもない大物であり、神話のアポローン、天照大神、阿弥陀如来、大日如来に匹敵する。
エマーソンの提案を受け入れれば、あなたは、究極の呪文を自然に唱えることになる。
「私はアポローンである」
「私はアマテラスである」
「私は阿弥陀如来である」
「私は大日如来である」
エマーソンも、自分(あるいはあなた)がユピテル(ジュピター。ゼウス)であることを認め、一休さんも誰もが阿弥陀如来であることを、黒住宗忠も、人間が天照大神と一体であることを、はっきり述べていた。空海もそうではなかったか。
アポローンが、たかが人間社会や、その構成員である人間に負けるはずがない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

恐ろしい自信の力

私は時々、超一流セールスマンで事業家だった夏目志郎さんの話を書くが、もう随分前から、夏目さんの本は絶版になっていて、夏目さんは、もう亡くなっておられるのかもしれないと思う。
夏目さんは若い時、散々な目に遭ってきた・・・元々、中国のお金持ちの子息だったのだが、昭和30年代に、大金と高級車を持って来日し、事業を始めたが、詐欺に遭い、多額の借金を抱えてしまった。
絶望の中、キリスト教徒になり、ボランティアで布教発動を手伝うも、交通事故で脚を折ってしまう。
弱り目に祟り目(不運が重なること)の見本のような人生のまま、30代も半ばにさしかかる。
その時の、夏目さんのお祈りが忘れられない。
だいたいで、こんなものだ。
「神様、これまでの私の人生の責任は私にあります。でも、これからの人生の責任はあなたに取って欲しい。いい仕事下さい」
すると、翌日、スカウトが来たって訳だ。
これって、仏教でいう「他力」、つまり、自分の力でがんばるのではなく、神様仏様の力に頼るというものと同じだ。
他力の代表が、「南無阿弥陀仏」の念仏を唱えれば、死後、極楽浄土に行けるという、浄土仏教の教えで、法然が布教し、親鸞や一遍が受け継いだ。
『法華経』の第25章の「観音経」でも、「南無観世音菩薩」と唱えれば、観世音菩薩のスーパーミラクルパワーで万事OKとある。

もう1つ、夏目さんの話で覚えているのが、「テーブルツー」と覚えているものだ。
外国で、夏目さんが、ある男性に、その夜開催されるナイトショーの話をすると、その男性が「じゃあ行こう」と言う。
いや、招待券無いし・・・と言ったが、その男性は気にせず(アホじゃないのか?)、会場の中に平気で入って行き、マネージャーを捕まえると、偉そうに、「2人分のテーブルだ(テーブルツー)」と命ずる。
マネージャーは近くの部下に「テーブルツー」と言い、部下もその部下に・・・といった感じで、最後に「テーブルツー」と、命じられたボーイが、どっかからテーブルを運んできて、テーブルクロスをかけてテーブルが出来上がり、夏目さん達はショーを楽しみましたとさ・・・と、なかなか迷惑な話である(笑)。
まあ、「気合が大事」ってことだろうか?

いや、この気合ってのは、なかなか役に立つし、私もかなり無茶やってきたと思う。
言い換えれば、「態度が大事」ってことだ。
エマーソンだって、「なんでみんな、自分が公爵だって態度をしない」と人々に文句言っている。
自分は、世界の所有者、プラトンの頭脳、シーザーの手腕、シェイクスピアの詩の能力の所有者だと言ってね。
もう、完全な妄想狂だが、彼は、誰もが認めるアメリカ1の賢者で、人々にも「英雄の話を読む時、それは自分の話だと思え」と、妄想仲間に引き込もうとする。
じゃあ、仲間になってやろうじゃないか?
私は最近、『天動のシンギュラリティ』という漫画に夢中だが、主人公の天童カイト君がまさに、エマーソンの教えを実践してるかのような厨二(中二病)で、「さすが俺」のセリフがよく似合う。
もうカイト君にならずにいられない(笑)。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

世界は私のためにある

私は、自己暗示やアファーメーションなどもひっくるめ、呪文と呼んでいるが、人間を向上させ、世界を塗り替え、願いを叶える第一のものは呪文なのである。
もし、呪文を唱えていないなら、「大丈夫」とか「何でもできる」で良いから、唱えるようにした方が良い。
唱えるのと唱えないのとでは、恐ろしい差になる。
例えば、全く運動しないのと、たとえ、スクワット10回、腕立て伏せ1回でも、やらないよりやった方がはるかにマシで、しかも、そのマシは月日の経過と共に、とんでもない違いになってしまうが、呪文がもたらす違いは、それどころではない。

呪文は、「たった1つの言葉を、感情を込めず、しかし、丁寧に、心の中で出来るだけ多く」唱えることで最大の効果がある。
そして、慣れてくれば効果が加速する。
「自信がある」という呪文を唱えていたら、呪文の上級者になると、数日で唱える必要がなくなる。もう、自信があるのが当たり前になるからだ。
そもそも、人間は、勇気や元気や自信があるのが正常な状態なのだが、現代は、それらがないのが当たり前で、そんな「あって当たり前のもの」を得なければならないのである。

今の日本の、大半の小学生、中学生、高校生は、「どうやって今日のおまんまにありつこうか」とか「ナイキのスニーカーを買う金をどうしようか」などと考えない。
ご飯は自動的に出てくるし、欲しいものは「パパ(言うまでもなく本当のお父さん)買って」と言えば、パパは父親の面子にかけて買ってくれる。
そんな少年少女のことを、「世間知らず」「ガキ」などと思ったり言ったりする人も多いと思うが、アメリカ最大の賢者エマーソンは、そんな少年少女の態度を賞賛する。
そして、我々大人もそうでないといけない。
家はそう滅多に買うものではないが、自動車程度なら、欲しいならいつでも買えるし、まして、イギリスのツイードのジャケットは良いものを買わないといけない。
少年少女のように、手に入って当たり前と思っていると、当然そうなる。
もちろん、欲しくもないのに無理に欲しがらなくて良いが、必要なものなら買えば良い。「パパ買って」の感覚でね。
この世界は、超高性能コンピューターが作る仮想世界、シミュレーテッド・リアリティなので、プログラムが厳密に定義した物理法則に外れない限り何でも可能だ(稀にはだが、物理法則から外れることもあるかもしれない)。
だから、イーロン・マスクのような常識外れの事業家は「物理学を勉強しろ」と言うのだろう。彼も、当然、この世界が仮想世界であることを認めている・・・いや、知っている。
彼は、礼儀正しいが、全くガキの態度だ。
少年少女の頭の中には「食うに困るぞ」といったつぶやきはないのである。
彼らの頭の中には、程度の差こそあれ、良い呪文が流れている。
だが、それが、親や教師や世間のせいで続かなくなる。
だから、意識的に「大丈夫」とつぶやくと良いが、感情を込めて「大丈夫」と唱えたら、かえって「大丈夫じゃないんじゃないか」と不安が大きくなる。
本当に、さりげなくやることだ。
私には好きな女子高生がいるが、彼女の自然で気ままな態度には本当に癒される。
大人も、あんなふうにいられるのである。

呪文の目的は、人間本来の力・・・それを潜在能力とか言うのだろうが、それを引き出すことだ。
それは少しも難しいことではない。
そして、それが出来たら、世間がどんなに甘くなかろうが、子供の遊び場も同然なのである。
「世界は私のためにある」と気合いを込めて唱えたら、身の程知らずの傲慢な阿呆だが、感情を込めず、ただし、丁寧に唱えれば、それが当たり前になる。
実際、世界はあなたのためにある。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ