ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

エマーソン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

ひきこもりは『幻魔大戦』を読むべし

ひきこもり、あるいは、そこまでいかなくても、自分を無力だと思っているせいで社会や他人とうまくやっていけない人は『幻魔大戦』という漫画を読むと良い。
原作はSF作家の平井和正さん、漫画は石森章太郎さん(後に石ノ森章太郎と改名)という超大物コンビの作品で、石森さんもかなりストーリーに関わっているはずだ。その石森さんは「新しい聖書を書くつもりで書いた」という力の入れようだった。
この作品後も、『新幻魔大戦』として、平井さんと石森さんコンビで作品を発表したが、その後、『幻魔大戦』を、平井さんは小説で、石森さんも単独で漫画を、長期に渡って壮大な規模で発展させたが、原点は『幻魔大戦』である。

『幻魔大戦』の主人公である東丈(あずまじょう)は、高校3年生で、姉と弟がいる3人きょうだいだ。
丈は、背が低く、腕力もなく、勉強も駄目だった。
父親が「きょうだいで1人くらいは出来損ないがいるものさ」と言うのを聴いてしまったこともあるが、まさに「出来損ない」こそ彼に相応しい名称だった。
そんな丈が、ちゃんとした高校生になれたのは、彼を盲目的に愛する姉のおかげで、この姉は、間違いなく、石森さんの実の姉がモデルだと思う。
姉は、丈には素晴らしいものが隠されていることを信じ、自分が結婚出来なくても、丈が誰にも尊敬される立派な人になるまで支えることを誓っていた。
だが、丈は、劣等感の反動で誇大妄想となり、異常、あるいは、異様な頑張りも見せる。
崇拝するのは、ヒットラーとナポレオンだ。
だが、実力が伴わない。
野球部では、ユニフォームがボロ雑巾のようになるまで練習に励むが、さして熱心でない親友がレギュラーになれたのに、自分のポジション(サード)は新入部員の1年生に取られてしまう。勉強の方も、やはり頑張ってはいるが、思うような成績が取れない。
そんな丈に、超能力が目覚めたのだから、ロクなことにならない。
それも、人間としてはハイレベルな超能力だ。天才と言っても、宇宙の超能力者を知る者すら認める。
さらに、彼の素質は、そんなものではなかった・・・

人類屈指の賢者ラルフ・ウォルドー・エマーソンは、「英雄の物語を読む時は、それが自分について書かれたものだと知れ」と言っているが、あなたは、丈の物語を自分の物語として読めば良い。
その後、数十年に渡る、平井さんと石森さんの作品を考えれば、それは正しいことであることが分かる。
あなたは、実は、とんでもない大物であり、神話のアポローン、天照大神、阿弥陀如来、大日如来に匹敵する。
エマーソンの提案を受け入れれば、あなたは、究極の呪文を自然に唱えることになる。
「私はアポローンである」
「私はアマテラスである」
「私は阿弥陀如来である」
「私は大日如来である」
エマーソンも、自分(あるいはあなた)がユピテル(ジュピター。ゼウス)であることを認め、一休さんも誰もが阿弥陀如来であることを、黒住宗忠も、人間が天照大神と一体であることを、はっきり述べていた。空海もそうではなかったか。
アポローンが、たかが人間社会や、その構成員である人間に負けるはずがない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

恐ろしい自信の力

私は時々、超一流セールスマンで事業家だった夏目志郎さんの話を書くが、もう随分前から、夏目さんの本は絶版になっていて、夏目さんは、もう亡くなっておられるのかもしれないと思う。
夏目さんは若い時、散々な目に遭ってきた・・・元々、中国のお金持ちの子息だったのだが、昭和30年代に、大金と高級車を持って来日し、事業を始めたが、詐欺に遭い、多額の借金を抱えてしまった。
絶望の中、キリスト教徒になり、ボランティアで布教発動を手伝うも、交通事故で脚を折ってしまう。
弱り目に祟り目(不運が重なること)の見本のような人生のまま、30代も半ばにさしかかる。
その時の、夏目さんのお祈りが忘れられない。
だいたいで、こんなものだ。
「神様、これまでの私の人生の責任は私にあります。でも、これからの人生の責任はあなたに取って欲しい。いい仕事下さい」
すると、翌日、スカウトが来たって訳だ。
これって、仏教でいう「他力」、つまり、自分の力でがんばるのではなく、神様仏様の力に頼るというものと同じだ。
他力の代表が、「南無阿弥陀仏」の念仏を唱えれば、死後、極楽浄土に行けるという、浄土仏教の教えで、法然が布教し、親鸞や一遍が受け継いだ。
『法華経』の第25章の「観音経」でも、「南無観世音菩薩」と唱えれば、観世音菩薩のスーパーミラクルパワーで万事OKとある。

もう1つ、夏目さんの話で覚えているのが、「テーブルツー」と覚えているものだ。
外国で、夏目さんが、ある男性に、その夜開催されるナイトショーの話をすると、その男性が「じゃあ行こう」と言う。
いや、招待券無いし・・・と言ったが、その男性は気にせず(アホじゃないのか?)、会場の中に平気で入って行き、マネージャーを捕まえると、偉そうに、「2人分のテーブルだ(テーブルツー)」と命ずる。
マネージャーは近くの部下に「テーブルツー」と言い、部下もその部下に・・・といった感じで、最後に「テーブルツー」と、命じられたボーイが、どっかからテーブルを運んできて、テーブルクロスをかけてテーブルが出来上がり、夏目さん達はショーを楽しみましたとさ・・・と、なかなか迷惑な話である(笑)。
まあ、「気合が大事」ってことだろうか?

いや、この気合ってのは、なかなか役に立つし、私もかなり無茶やってきたと思う。
言い換えれば、「態度が大事」ってことだ。
エマーソンだって、「なんでみんな、自分が公爵だって態度をしない」と人々に文句言っている。
自分は、世界の所有者、プラトンの頭脳、シーザーの手腕、シェイクスピアの詩の能力の所有者だと言ってね。
もう、完全な妄想狂だが、彼は、誰もが認めるアメリカ1の賢者で、人々にも「英雄の話を読む時、それは自分の話だと思え」と、妄想仲間に引き込もうとする。
じゃあ、仲間になってやろうじゃないか?
私は最近、『天動のシンギュラリティ』という漫画に夢中だが、主人公の天童カイト君がまさに、エマーソンの教えを実践してるかのような厨二(中二病)で、「さすが俺」のセリフがよく似合う。
もうカイト君にならずにいられない(笑)。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

世界は私のためにある

私は、自己暗示やアファーメーションなどもひっくるめ、呪文と呼んでいるが、人間を向上させ、世界を塗り替え、願いを叶える第一のものは呪文なのである。
もし、呪文を唱えていないなら、「大丈夫」とか「何でもできる」で良いから、唱えるようにした方が良い。
唱えるのと唱えないのとでは、恐ろしい差になる。
例えば、全く運動しないのと、たとえ、スクワット10回、腕立て伏せ1回でも、やらないよりやった方がはるかにマシで、しかも、そのマシは月日の経過と共に、とんでもない違いになってしまうが、呪文がもたらす違いは、それどころではない。

呪文は、「たった1つの言葉を、感情を込めず、しかし、丁寧に、心の中で出来るだけ多く」唱えることで最大の効果がある。
そして、慣れてくれば効果が加速する。
「自信がある」という呪文を唱えていたら、呪文の上級者になると、数日で唱える必要がなくなる。もう、自信があるのが当たり前になるからだ。
そもそも、人間は、勇気や元気や自信があるのが正常な状態なのだが、現代は、それらがないのが当たり前で、そんな「あって当たり前のもの」を得なければならないのである。

今の日本の、大半の小学生、中学生、高校生は、「どうやって今日のおまんまにありつこうか」とか「ナイキのスニーカーを買う金をどうしようか」などと考えない。
ご飯は自動的に出てくるし、欲しいものは「パパ(言うまでもなく本当のお父さん)買って」と言えば、パパは父親の面子にかけて買ってくれる。
そんな少年少女のことを、「世間知らず」「ガキ」などと思ったり言ったりする人も多いと思うが、アメリカ最大の賢者エマーソンは、そんな少年少女の態度を賞賛する。
そして、我々大人もそうでないといけない。
家はそう滅多に買うものではないが、自動車程度なら、欲しいならいつでも買えるし、まして、イギリスのツイードのジャケットは良いものを買わないといけない。
少年少女のように、手に入って当たり前と思っていると、当然そうなる。
もちろん、欲しくもないのに無理に欲しがらなくて良いが、必要なものなら買えば良い。「パパ買って」の感覚でね。
この世界は、超高性能コンピューターが作る仮想世界、シミュレーテッド・リアリティなので、プログラムが厳密に定義した物理法則に外れない限り何でも可能だ(稀にはだが、物理法則から外れることもあるかもしれない)。
だから、イーロン・マスクのような常識外れの事業家は「物理学を勉強しろ」と言うのだろう。彼も、当然、この世界が仮想世界であることを認めている・・・いや、知っている。
彼は、礼儀正しいが、全くガキの態度だ。
少年少女の頭の中には「食うに困るぞ」といったつぶやきはないのである。
彼らの頭の中には、程度の差こそあれ、良い呪文が流れている。
だが、それが、親や教師や世間のせいで続かなくなる。
だから、意識的に「大丈夫」とつぶやくと良いが、感情を込めて「大丈夫」と唱えたら、かえって「大丈夫じゃないんじゃないか」と不安が大きくなる。
本当に、さりげなくやることだ。
私には好きな女子高生がいるが、彼女の自然で気ままな態度には本当に癒される。
大人も、あんなふうにいられるのである。

呪文の目的は、人間本来の力・・・それを潜在能力とか言うのだろうが、それを引き出すことだ。
それは少しも難しいことではない。
そして、それが出来たら、世間がどんなに甘くなかろうが、子供の遊び場も同然なのである。
「世界は私のためにある」と気合いを込めて唱えたら、身の程知らずの傲慢な阿呆だが、感情を込めず、ただし、丁寧に唱えれば、それが当たり前になる。
実際、世界はあなたのためにある。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

家康の大嘘、釈迦の正直

今朝、「狂気」について書いたが、狂気って何だろう?
それは、自分が一番だと思うこと、天下を取ろうと思うこと、天上天下唯我独尊と思うことだ。
お釈迦様も、かなりイっちゃってたのだと思う。
イエスだって、自分はソロモン以上の賢者、神の子、ユダヤの王って言ってた、あるいは、言われて否定しなかった。
エマーソンは、「私は世界の所有者」と詩に書いている。

これほどの根性、気合いがないなら、成功しようなどと思わず、平穏無事な人生を願うことだ。
そして、エマーソンは皆に、王になることを薦めている・・・いや、正確には、元々、王であるのだから、それらしくしなさいと言っていたのだと思う。
「英雄について書かれたものを読む時は、それは自分の話として読むべきである」
とね。
『マジック・ストーリー』では、プラス・エンティティ(プラスの自分)は、
「世界は私のものだ。私は人にものを頼まない。要求するだけだ。私の要求は絶対だ」
と言う。
この呆れ返る、凡人からすれば狂気でしかない気構えが、本当の自分には必要なのである。

ずっと前に書いたが、徳川家康が、天下を取る秘訣を聞かれた時、家康が、
「長い方、短い方、どっちが良いか?」
と言うので、「両方」と願うと、家康は、
「短い方は、『上を見るな』。長い方は、『身の程を知れ』だ」
と言った。
大嘘だ!!
身の程知らずで、上を見続ける狂気を忘れなかった家康が天下を取ったのだ。
家康のその答は、家康が家臣を従える方便か、日本国家が国民を治めるために、家康を利用したのだろう。

「弾は俺には当らぬ」と悠然と戦場を歩いた信長の、そして、藤平光一氏の狂気を見習うべきだ。

無論、何の根拠もなく、闇雲に傲慢に構えれば、たちまち潰される(弾も当っちゃう)。
だから、呪文を唱えよ。
「世界は意のままだ」
「俺に不可能はない」
「内なる全能の力を信じる」
「いかなることにも自信がある」
「天上天下唯我独尊」
「私は世界の所有者」
「鉄の自信がある」
「天が味方だ」
大事なことだから、何度でも言うが、呪文は、
「ただ1つの呪文を、感情を込めず、けれども丁寧に、心の中で、出来るだけ多く」
唱えるのである。
すると、このシミュレーテッドリアリティである仮想世界に、現実歪曲空間が発生し、全てが回り始めるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自己信頼

人気が出たからスターになるのではなく、スターだから人気が出るのである。
スターは初めからスターなのである。
AKB48みたいなアイドルグループでも、トップになれる人と、駄目になって消える人は、最初から分かるものだ。
スポーツのスター選手が魅力があるのは、マスコミが作ったイメージということもあるだろうが、本物の輝きがなければ、人気、そして、活躍が長続きするものではない。
そして、スター選手が引退後、必ずしも忘れられる訳ではない。
すっかり「過去の人」になってしまう「元スター」は、その人をスターにした何かを失くしたのである。
人を上に押し上げ、それが無くなるとただの人になるもの、それは自己信頼である。

軽んじられる人間、能力を発揮出来ない人間に欠けているものは、ただ自己信頼である。
では、手っ取り早く自己信頼を得る法方はと言うと、やはり呪文なのである。
「私は自分を信じる」
この呪文を使えば良い。
これも、高度な万能呪文だ。
これまで教えてきた万能呪文、
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
は、やはりどれも効果があり、自己信頼だって向上させる。
しかし、世の中には、致命的なまでに自己信頼に欠ける人がいる。
ラルフ・ウォルドー・エマーソンは名著『自己信頼』で、無謀なまでの自己信頼の重要性を熱く説いたが、では、それをどう得るかについては全く書いていない。
その方法は、言葉によるしかない。なぜなら、我々は、心を自由にコントロール出来ないので、自在に自分を信頼することは出来ないからだ。
だが、言葉だけは支配出来る。
「私は自分を信じる」
この言葉を、万能呪文の流儀に従って、感情を込めず、丁寧に、心の中で、出来るだけ多く唱えることだ。
自分を信じることが出来れば、全てを得る。

私が、レイシア(BEATLESS)や香々地アイリス(天動のシンギュラリティ)に強く惹かれるのは、彼女達はブレることなく自分を信じていることが感じられるからである。
初音ミクさんの場合は、その穢れなき歌声と、軽々とした理想的な少女の姿によるところが大きいのだが、やはり自分を信じていることを感じるのである。
セーラームーンは、月野うさぎとしては迷うこともあったが、究極の場面ではいつも自分の信念を貫いた。クイン・メタリアとの絶望的な戦いの中でも「私は世界を信じる」と断言した。これは自分を完全に信頼する者にしか言えない言葉だ。だから、彼女は世界的なスターだったのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ