ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

エマーソン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

力は荒野で育てる

無能だったり、愚かだったり、それどことか、狂人に見えるような人間も、秘められた潜在力は極めて高い。
もしかしたら、現在、および、過去の歴史上の「天才」と呼ばれる人間すら、はるかに上回るかもしれない。
そして、その能力は、単に、身体能力や知的能力だけでなく、超能力や、さらにそれを超える、運命すら変える神のごときものに違いない。

私が見てきた中で、人間の能力を高める技法として、興味深いと思われたのは、『ダイアネティックス』『神経言語プログラミング』『ヒーリングコード』だ。
これらはどれも、権威的な団体や個人を含む、決して少なくない人々に、いかがわしいものと言われている場合もあるが、その中でも、最も悪評が高い『ダイアネティックス』の書籍は、実は、人類の歴史上で、能力開発書として最も多く出版されたものでもある。
この3つとも、決して、能力開発や、病気の治療で主流になってはおらず、むしろ、知らない人が多い。
そりゃ、もし、これらの1つでも、開発者の主張通りの威力であれば、医療や製薬業界の大半が不要になるのだから、利権を握る連中が、それらを「いかがわしいもの」として葬り去ろうとするのは当然である。

根本的な原理は、『ダイアネティックス』『神経言語プログラミング』『ヒーリングコード』は同じと私は思う。
だが、どれも、ひどく難しい技法しか示されておらず、医療業界や製薬業界を喜ばせている。
そして、これらの技法と同じ原理の手法を、どうやって習得したのかは分からないが、楽々と使いこなしていたのは、精神科医のミルトン・エリクソンだけだったと思う。
エリクソン流、エリクソン派を自称する者は多いと思うが、私はそういった者達はあまり信用しない。
ただ、彼の娘だけは、その技法を受け継いだようにも思えるが、要は、こんな技法は、勉強や研究で身に付くものではないのだろう。
そもそも、エリクソン自身が、そんな技法を、教わったわけでも、学問的・科学的に開発したわけでもないと思う。

みどり子を岩山に投じ
牝狼の乳房にて育てよ
鷹・狐とともに冬をしのぎ
力と速さを手とし足とせよ
~ラルフ・ウォルドー・エマーソン『自己信頼』より~

エリクソンは、子供の時、家には、聖書と辞書しか本がなかったが、辞書を選び、それを繰り返して読んで知識を得た。
17歳の時、ポリオに感染し、目玉以外は全く動かせない状態になり、ただ目で周囲を観察する訓練をした。
学生の時はセールスマンをすることで人間を理解した。
このように、彼は荒れ野で鍛えられたのであり、医者や学者が彼の真似をして、同じことが出来るようになるはずがない。

エリクソンは、身動き出来ない17歳の時のある夜、耳はよく聴こえたので、医者と母親の会話が聞こえた。
医者は、「朝まで持たない」と言った。
その時、エリクソンは、「絶対もう一度朝日を見てやる」と誓った。
そして、それは叶い、医者を驚かせた。
能力や生命力を高め、願いを叶えるのに必要なのは、願いの強さ、決意の強さなのであることが分かる。
もちろん、1日中、顔を真っ赤にして唸り続け、願いや決意の強さを示さねばならないのではない。
願いや決意は、一瞬で宇宙に伝わる。
いや、一瞬でないと伝わらない。
暫定的なやり方を書いておくが、一生使っても構わない。
まず、願いや決意を決める。
息を吸って止め、「成った」と心で言う。
息を吐いて、いったん忘れる。
コツが掴めたら、本当の願いである限り、願いは速やかに叶うと思う。








夢で知る真の世界

賢者が好きな話というものがある。
アメリカの哲学者で、最大の賢者の1人と考えられていると言って良い、ラルフ・ウォルドー・エマーソンは、有名なエッセイ『自己信頼』の中で、「あの有名な飲んだくれの話」として取り上げているものは、おそらく、エマーソン自身が好きな話なのだろうと思う。私も大好きである。
こんな話だ。

道端で酔いつぶれているところを拾われて公爵様の家に運ばれ、体を洗って服を着せられ、公爵様のベッドに寝かされる。そして目を覚ますと、周りからちやほやされ、「あなたはこれまでずっと正気を失っていたのです」と聞かされる。

エマーソンは、この話が人間の実態を見事に言い当てていると言う。
人というのは世間にあっては酔っ払いのようなもので、ときどき目を覚ましては正気に返り、自分が本物の貴公子であることを悟るのであると。

人は時々、名家の跡取りになった夢を見る。
私が、立派な王国の王子様やお姫様であると知らされたり、あるいは、有名な大きな財閥の家が、不意に私を後継者に指名してくる。
夢であるから、細かい事情をいちいち説明されるのではなく、私はそんなことをとっくに分かっているといった感じだ。
ライバルが1人いるが、そいつは申し出を受けない。そんなことも、なぜか私には明白である。
つまり、私は、押しも押されもしない後継者である。
指定の大学を出ろと言われているかもしれないが(それもなぜか私には分かっている)、入学試験は名前を書いておけば(あるいは書かずとも)合格と分かっているし、何なら無試験でも良いのだ。
映画『フォレスト・ガンプ』のフォレスト・ガンプは、絶対に合格出来ないはずの大学に、アメリカンフットボールの実力で入り、講義には一度も出なくても修士号まで取れたが、私は別に、アメフトも何も出来なくて良い。
大学の教授も学長も機嫌を取ってくれるので、悠然と大学を楽しむか、あるいは、一度も出席しなくても卒業出来る。
私はそれまで、学校や会社で日陰の存在、いや、蔑まれる存在だった。
机があるのは一番悪い場所で、他の者は立派な回転椅子なのに、私のは木製の四つ足の椅子で、しかも、ガタがきている。
扱いも最悪だった。
だが、もう退職届(退学届)は出してあり、私が、あと少しでいなくなることは皆知っているが、誰もが、どうでもいいことと無視するか、時に、係の者が、どこかに置き忘れていた私の持ち物を黙って持って来て机の上に置いていって黙って去る。
皆にも、私がどうなるか教えたたい気持ちもあるが、まあ、明日は彼らと違って大金持ちの身だ。どうでも良い。
ところが、誰か1人、近くに来て、自分の連絡先を書いた紙を私に渡す。
その人は、私が名家の後継者になることを知らない。しかし、「いつでも連絡して下さい」と言う。とても嬉しい。
この人の面倒を見る力は十分にある(と、やはり私には分かっている)。
私の家が支配する大会社の重役にしてやろうと思う。
すると、不意に、誰かが、「君はどこに行くのだね?」と尋ねる。
この会社(あるいは学校)で一番の実力者(社長、あるいは、校長)で、これまで自分を気にかけてくれていたのだ(と不意に分かる)。
私は、「京都の大きな貴族の家に住むことになっています」と、慎ましくも嬉しい報告をする。
おっと、「その家は私のものになります」と付け加えないと。
「そうか」
その実力者は短く言うが、喜んでくれていることが(なぜか)分かる。

もし、そんな夢を見たら、その感覚をしっかり覚え、忘れないことだ。
なぜなら、それがあなたの真の姿なのだから。
その感覚を失わずにいれば、実際は夢と変わらない現実世界もそのようになる。
誰かが、インドの聖者ラマナ・マハルシに尋ねた。
「夢と目覚めの違いは何ですか?」
マハルシは答えた。
「夢は短く、目覚めは長い。その他に何の違いもない」
江戸川乱歩もバシャールも、夢の方が本当なのだと断言している。
あなたの内なる神が、すっかり酔っぱらって現実認識を誤っているあなたに、夢で真実を教えてくれているのである。








本物の自信

世の中には、まるで駄目な人間もいるが、そうではなく、「そこそこ出来る」し、努力もするのだが、限界が見えてしまっている者もいる。
そんな者の中には、トップに立ちたいという願望を持っている者も少なくないが、せいぜいがCクラス。例えば、野球で言えば、プロ野球のスター選手を夢見ているのだが、現実には、強豪ともいえない高校の野球部で、「頑張ればレギュラーになれないこともない」ようなポジションなのである。
言ってしまえば凡人で、そんな者が大化けしてトップクラスに入ることは、まあ、ない。

上昇志向はあるが、低空の壁に阻まれる者・・・そんな者は、子供の時、自信をつけさせてもらえなかった場合が多い。
漫画家だった楳図かずおさんは、3歳の時、家のふすまいっぱいに絵の落書きをしたのだが、それを見た両親は、その絵を絶賛したらしい。
もしかしたら、実際、3歳にしては凄く上手かったのかもしれないが、そんな親でなければ、後の楳図かずおはなかっただろう。
その楳図かずおさんが漫画家をやめた理由も、聞くところでは些細なことだった。
それは、出版社の者が、楳図かずおさんに、「あなたの手の描き方が良くない」と言ったことらしい。
この2つは、人間は、いかに褒められ認められることが大事で、貶されることがダメージになるか、かなり極端に示しているが、大方では、誰でも、だいたいこの通りなのだ。

子供は褒めないといけない。
ただし、闇雲に褒めて良いわけではない。
その子が好きなことで、自主的にやったことを褒めないといけないのだ。
小さな女の子が、テレビでバレリーナが踊るのを見て、その真似をして踊ると、親が、「まあ!バレリーナのようだわ!」と言うと、その子は「いい気」になるが、自信を得たりはしない。
また、子供にピアノを習わせ、やる気を出させようとして、ピアノを弾くその子を大絶賛するようなのも駄目だ。そもそも、その子は、自主的にピアノに取り組む気はないかもしれないし、あまり楽しくない練習をしている子にとって、わざとらしい称賛は、自信をつけるどころか、馬鹿にされた感じがするのである。

つまり、子供が何が好きか、また、自主的にやっているかを分かる親でなければ、子供に自信をつけてあげる褒め方は出来ない。
何でもかでも、褒めれば良いってものではないのである。
そして、ほとんどの者は、そんな褒め方をされたことがないので、自信がないのだ。

インドの聖者パラマハンサ・ヨガナンダの自伝『あるヨギの自叙伝』に、タイガー・ババという、虎と戦うヨギ(ヨガ行者)が登場する。
どんな強い人間だって、健康な大人のライオンと戦って勝つことは不可能だが、ライオンより身体が大きい虎では、さらに無理である。
向こう見ずにライオンと戦って、九死に一生を得た者はいたが、虎相手では、救助される間もないし、そもそも、それに挑むほどの愚か者もいない。
だが、タイガー・ババは虎と戦い、無傷で勝った。
そして、タイガー・ババによれば、これは誰でも出来ることだと言う。
タイガー・ババは、普通の人は「冷静な自信」に欠けると言う。
冷静な自信・・・静かな自信と言っても良い。
この言葉を覚えておくべきである。
タイガー・ババは、幼い時、親の本気の称賛を受けたか、あるいは、何らかの努力で、そのようにされた人間と同じ心を持ったのだ。

ほとんどの者は、幼い時、親に馬鹿にされ続け、あまりに自信を失っている。
そんな者だって、エマーソンの『自己信頼』を読めば、本物の自信を持った人間に憧れ、それが人間の正しい姿だと分かるかもしれない。
その本を読むことは有益だろうが、おそらく、十分ではない。
ところで、エマーソンが『歴史』の中で、こんな方法を教えている。
「英雄の物語を読む時、それを自分の物語と見なさなければならない」
突飛なアイデアに聞こえるかもしれないが、全く正しい。
英雄の物語は、実際に、あなたの物語なのだ。








根拠のない自信を持つ方法

「根拠のない自信を持て」と言ったのは誰かというと、ひろゆき(西村博之。2ちゃんねる創設者として有名)さんだって言う人がいるが、私が考えているのはラルフ・ウォルドー・エマーソン(アメリカの哲学者)だ。
ひろゆきさんの本を読んでないので、ひろゆきさんが、そのことを、自分で思い付いたのか、エマーソンを引用したのかは分からないが、YouTubeの動画で、ひろゆきさんが、「根拠のない自信を持て」って言われているところを見ることが出来た。
それによれば、ひろゆきさんは、「根拠がないから崩されない」と言われていたが、なるほどと思う。
例えば、「俺は女にモテる」という自信を持っている人に、その根拠を尋ねるとする。
すると彼は、「俺は顔がいい」と言うが、「大したことないじゃないか」と言われたら、1つ根拠が崩れる。
それならと、「俺、頭いいし」と言うが、「お前、大学B級だし、何か頭いいって根拠があるのか?」と言われて、ちゃんと答えられなかったら、また根拠が崩れる。
そうやって、自信を支えている根拠が崩れていったら、自信がなくなってしまうのである。
詳しい論理は省くが、そもそもが、根拠の上に成り立つ自信って、意外に脆いのである。
だが、根拠なく「俺はモテる」と思っているなら、その自信を崩せないし、また、そんな人の方が本当に自信があるのだ。
そして、根拠のない本当の自信を持っている者は、自信を裏付ける実力があるものだ。

普通の人は、「実力があれば自信が出来る」と思っているが、知恵のある人は、「自信があれが実力は後からついてくる」が正しいことを知っている。
例えば、小学校では、成績が良いから自信がつくのではなく、自信があるから、成績がついてくるのである。
だから、子供に勘違いさせて「僕は出来る」と思わせることが大事なのである。
私が、最初にプログラミングを勉強した本にも、「自信を持って下さい。自信があれば、実力は後からついてきます」と書かれていたが、そんな本で勉強したことはラッキーだった。
自信とは、信念と同じようなものだが、信念があれば、どんな奇跡も起こせると訴えたのが、クラウド・ブリステルの世界的著書『信念の魔術』なのである。

では、どうすれば「根拠のない自信」を持てるか?
自信は、心の問題だ。
だが、人間は、心を支配出来ない。
しかし、フローレンス・スコーヴェル・シン(画家。著作家。啓蒙家)は、「人間は心は支配出来ないが、言葉は支配出来る」と言った。
「言うだけならタダ」である。
そして、言い続ければ、それが信念になる。
だから、フローレンス・スコーヴェル・シンは、「アファーメーション(肯定的確言)」を重視したのだ。
「俺はモテる」とずっと言っていれば、「俺はモテる」という根拠のない自信がつき、そして、強制的にモテるのである。
斎藤一人さんは、著書に「千回言えばそうなる」と書かれていたが、それは少ない。
自信を持ちたいことや、その人の資質にもよるが、まあ、十万回と思っておくと良い。
しかし、それでも、たった十万回だ。無理すれば、1日で言うことだって不可能ではなく、十日なら十分に言える。








高貴な言葉とは

良い気分でさえいれば、幸運に恵まれ、全て良い流れになり、幸せになれる。
ただし、その「良い気分」は、魂にとってのものでなくてはならない。
大勢で弱い者いじめをしたり、立場の弱い者に無理難題を吹っかけて喜んだり、圧倒的な立場にモノを言わせてセクハラ、パワハラをすることも「良い気分」と言われる。
だが、これらは、低い自我にとっての「良い気分」であり、魂にとっては「辛い気分」なのだ。

つくづく、言葉は大切だと思う。
汚い言葉は低い自我に属し、高貴な言葉は魂に属す。
だから、高貴な言葉を使わなければならない。
高貴な言葉とは、決して、難しい言葉、古めかしい言葉、格式ばった言葉ではない。
高貴な言葉とは、単に、丁寧な言葉だ。
高貴とは、丁寧ということに他ならない。
そして、丁寧な言葉を使えば、容易く、「魂の良い気分」は得られる。
決して「すっげえいい気分」だの「バリいい気分だの」だの「気分サイコー」だのといった言葉を使わないことだ。

こういった言葉を使うと良いと思う。
「私は穏やかな気分だ」
「私はとてもいい気分だ」
「私は安らかな気分だ」
「私は澄み切った気分だ」
「私は静かな気分だ」
「私は満ち足りた気分だ」
「私は神に祝福された気分だ」
「私は天使が傍(そば)にいる気分だ」
「私はイエスと共にいる気分だ」
「私は楽園にいる気分だ」
「私は万物と一体になった気分だ」
「私は初音ミクさんに触れている気分だ」
他にいくらでも考えられるが、自分のフィーリングに合った、「いい気分」になれる言葉を選んで、心の中で、丁寧に、おだやかに、ゆっくり唱えると良い。
高貴さを示す丁寧な言葉を丁寧に唱えるのであるから、あなたの存在は高貴そのものになり、あなたの身体は神の宮となる。
そうであれば、願わずともあらゆる幸運が訪れる。
物質的にも必要なものは豊富に得られ、誰もあなたを傷付けることは出来ない。

穏やか、丁寧、静かこそが高貴である。
どんな高価な服を着ても、穏やかでなく、丁寧でなく、騒がしければ下品なのである。

良い気分でいる時、何が起こっているのだろう?
ラルフ・ウォルドー・エマーソンがこう言っている。
「私の魂の中に神の魂が流れ込み、神の魂の中に私の魂が流れ込む経験を忘れることは出来ない」
上に挙げた言葉を唱え、いい気分でいると、そのようなことが起こる。
神の魂が自分の魂の中に、そして、自分の魂が神の魂の中に流れ込む・・・それは、自分と神とが一体になるということだ。
そして、元々、人と神は一体なのである。
そんな正常な状態に戻るだけだ。
イエスは、
「私にはこの世の一切の権限が与えられている」
と言ったが、決して、
「私、イエスには、この世の一切の権限が与えられている」
と言ったのではないことが、賢者達によって指摘されている。
「私」という言葉を使う誰もが同じなのである。
その「私」が良い気分でいれば良いだけである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード