ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

エマーソン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

苦しまない

結局のところ、自分は完璧であると分からない限り、カラクリ人形のように生きることになるのだと思う。
だが、「私は完璧」ということほど、受け入れられないこともない。
けれども、同時に、心の奥から「それが正しい」という声が聴こえるのである。
一切の説明なしに言えば、いかなる場合でも、「私は完璧である」と心で言うべきである。
いかなる場合でもと言うからには、条件一切なしである。
「腕立て伏せを毎日欠かさずやっているから完璧」ではない。
やれても、やれなくても完璧なのである。
毎日やれば完璧という条件なら、やらない日があったら完璧でないことになる。
そうではないのである。
そうは言っても、「あれほど毎日やると決めたのに、それが出来ない俺は駄目なやつだ」と思うかもしれない。
そして、「そう思ってはいけない。出来ない日があっても完璧だと思わねばならない」でもないのである。
「俺は駄目なやつだ」とがっかりしている自分も完璧なのである。

不動心という、何にも揺るがない強い心が欲しいと思う者は多い。
それで、掟や規律を決めて自制したり、いろいろな修行をしたりして、心を磨く。
しかし、どこまで行っても、自分の心が不動心とは程遠い、つまらないことでグラグラする弱いものだと思い知らされることになる。
『方丈記』という鎌倉時代の歌人・随筆家である鴨長明が書いた随筆がある。
長明は、貴族社会での出世争いに嫌気が差し、山に小さな小屋を作り、そこで自然のままの生活をして、穢れを祓うことで素晴らしい人間になろうとした。
月日が経ち、長明は、いよいよ自分も穢れがなくなり、聖人のようになれたと思っていたが、ある時、自分は以前と全く変わらない、煩悩に穢れた俗物であることを悟って愕然とする。
長明もまた、不動心を求めたのだろう。
だが、やり方が完全に間違っている。
不動心を求めること自体は、それはそれで趣味として完璧である。
趣味だから、別にしなくても、つまり、不動心を求めなくても良いのだが(笑)。
しかし、小さなことで心を乱しても、心を乱した私は完璧なのである。

女の子に限らないが、特に女の子は、中学生とか高校生になっても、母親に酷いことを言ったことを悔やみ、心が苦しむことがある。
しかし、母親に酷いことを言った自分も完璧なのである。
「母親に、あんなことを言うお前は醜い。天使と程遠いじゃないか?」と言うのはエゴ(自我)である。
一見、エゴは正しいことを言っているように感じるが、エゴはいつも、単に、「私は駄目」と言うだけで、何も解決しない。
つまり、エゴはただ、自分を貶めたい・・・つまり、「私は駄目」「私は安い」「私は低レベル」「私は醜い」「私は優れた人間の仲間ではない」と認定したいだけだ。
「母親にあんなことを言った私も完璧」と宣言すると、エゴは騒ぐ。
「お母さんが可哀そうじゃないか?そう思わないのか?でなきゃ、お前は人間じゃない」とかワン・パターンなことを言ってね。
しかし、反論する必要はない。
ただ、「だが私は完璧だ」と静かに、しかし、はっきりと宣言するのである。
やがてエゴは黙るようになる。
それだけが、言う必要がないことを言わなくなる唯一の方法なのである。

アニメなどで、エロ本を多数所持する男の子を明るく描く場面がよくある。
「そんなのあって当然」と言いたいのだろう。
だが、それは誤魔化しだ。
高校生はともかく、二十歳をとおに過ぎても、エロ本(あるいはDVD等)が欲しくて仕方がない人がいる。
ある、元教師という40代の男が病死した部屋には、山のようなエロ本、エロDVDがあったという。
なぜそうなったのかというと、やはり、「こんなもの欲しがる俺は駄目なやつ」というエゴの声を受け入れたのである。
そうではなく、エロ本が欲しい俺は完璧だと宣言しなくてはならない。
そうすれば、やがて、エロ本、エロDVDに興味がなくなる。もちろん、エロがきらいなわけではないが、そんな低レベルなものを好まなくなる。
かと言って、「エロ本やエロDVDに興味がなくならない俺は駄目」ではない。
どこまで行っても、「私は完璧」である。

聖書には、イエスは、「神が完璧であるように、お前達も完璧であれ」と言ったと書かれている。
しかし、誤訳というのではないが、本当は、イエスの時代の言葉には、現在形しかなかったらしい。
だから、この言葉は、「神が完璧であるように、お前達も完璧である」が正しい。
エマーソンは、「自分を信じろ、無謀なまでに信じろ、根拠なく信じろ」と力説した。
これは、イエスの言う「お前達は神のごとく完璧」と同じなのだ。
ただ、エマーソンは、簡単なやり方を提示しなかった。
だから、あなたは、何があっても、何をしようとも、何を考えようと、「私は完璧だ」と堂々宣言する・・・早い話が、心の中で静かに落ち着いて言うべきである。
すると・・・
この後を誰も言わないのだが、お金がザックザクでモテモテになるのである。
なぜかと言うと、当たり前過ぎて説明する気にならないし、本当は、説明は難しいのだ。
だから、やってみるのが一番である。
やるかやらないかだけである。








時代劇に秘められた引き寄せ

笹沢佐保さんの時代劇小説『木枯らし紋次郎』は、非常に面白いだけでなく、あまり言われることはないが、英知とでもいうべきものに満ち、神話的にすら感じるのである。
笹沢さんにそんな意図はなかっただろうが、主人公の紋次郎は引き寄せの達人である。でなければ、生きていられなかったはずだ。
アメリカの作家カート・ヴォネガットが、「シェイクスピアは下手な作家だったが、人間をよく知っていた」と言っていた。つまり、シェイクスピアは人間をよく知っていたから、人類史上屈指の作家であったということなのだ。
エマーソンも、エッセイ『歴史』の最初に掲げた詩で、カエサル、プラトン、キリストと共に、シェイクスピアの名を上げていた。
そして、笹沢佐保さんは、本当に人間をよく知った、しかも、おそらく、上手い作家だったと思う。

『木枯らし紋次郎』は、紋次郎という名の渡世人のお話である。
渡世人とは、まあ、博打打ちのヤクザであるが、紋次郎が渡世人になったのは、他に選択肢がなかったからだった。
紋次郎は、貧しい農家に生まれ、生まれたら間引き(生まれた赤ん坊をすぐに殺すこと)されるはずだったが、6つ(8つだったかもしれない)年上の姉の機転により、命拾いする。
だが、やはり家は貧しく、食べられない苦しい子供時代を送り、唯一信頼する姉が別の村の男に嫁ぐと、10歳で家を出てあちこちに移り住み、やがて渡世人になったのだった。

ところで、紋次郎は、非常に剣の腕が立った。
紋次郎が持っている刀は長脇差で、俗に「長ドス」ともいう、55cmから61cm程度の長さの、ヤクザ者が一般に持っていた刀であった。
腕が立つとは言っても、紋次郎の剣法は、あくまで我流の、勘と度胸が頼りの喧嘩剣法であった。
作品の中で、紋次郎は数度、本物の剣の達人と戦う羽目(はめ。事態)になるがになるが、もちろん、そんな者を相手にまともに戦って歯が立つはずがない。
しかし、多少出来る程度の武士なら、紋次郎の方が強いし、若い時には、30人のヤクザ者を1日かけて倒したこともあった。
それに、本物の剣の達人を相手にしても、簡単に切られることもない。
紋次郎がなぜ、そんなに強いのか、ついに最後まで明かされることはなかった。
もちろん、命懸けの戦いの中で自ずと剣の腕を得たという面もあるが、それだけでは、あの超人的強さは説明出来ない。
ところが、『木枯らし紋次郎』が完結した数年後に書かれた『帰っていた木枯らし紋次郎』シリーズで、それが明かされ、それが実に良いものだった。
ネタバラシになるが、古い作品だし、これを知ってから読んでも、作品の面白さは変わらないと思う(私が思うだけだが)。

事情があってだが、紋次郎は、38歳になって、身体も衰えて来た頃、ある豪商の静かな別宅に身を寄せ、人生で初めて、丁重に扱われながら贅沢な暮らしをしていた。
だが、何もしないのは紋次郎の性に合わないというより、やっていられなかった。
すると、紋次郎は、そこの豪商でも、多くの薪を必要としていることに気付いた。当時の薪の需要は半端でなかったが、特に、この豪商ではそうだった。
そこで、紋次郎は薪割りをすることにした。
豪商は、紋次郎に、「そんなことはせず、のんびり過ごして欲しい」と懇願したが、紋次郎が押し切った。
ところが・・・
紋次郎の薪割りの腕前が、あまりに見事だったのだ。
名人、達人と言って良かった。
実は、紋次郎は十代の時、長く木こりをやっており、毎日、山で木を切ると、それを運び、薪を作っていたのだ。
それにより、足腰と腕力が鍛えられ、また、毎日長時間、淡々と薪割りをすることで、正確に振り下ろす力が自然に鍛えられたのだった。
それが、紋次郎の剣の腕の基礎となったのだ。
山岡荘八の時代劇小説『柳生宗矩 春の坂道』だったと思うが、柳生新陰流の達人、柳生宗矩は、徳川家光が少年の時、当時は竹千代と呼ばれていた家光に、刀で鉄の兜を切る神技を見せ、毎日同じところに打ち込む修行をすれば出来るようになると言い、家光は、部屋の中に立てた杭を、毎日、木刀で叩き続けた。
また、創作ではあろうが、本宮ひろ志さんの漫画『武蔵』で、少年時代の宮本武蔵は、山の中で、ひたすら1本の杭を1日中、木刀で打つ修行を1年続けた。
丁度、野球の素振りのようなものだと思うが、私の独断であるが、良いバッターは素振りの数が多いバッターだと、私は確信している。
イチローも、イチロー以上のバッターだったとも言えるテッド・ウィリアムズも、子供の時から、素振りの数が半端なかったことが知られている。

小説を読めば分かると思うが、紋次郎は引き寄せも達人である。そうでなければ、生き残ることが出来そうもない。
そして、誰でも出来る引き寄せの達人への道は、アファーメーションのひたすらの繰り返しである。
紋次郎がアファーメーションをやったわけではないが、彼の若い時の薪割りが、彼に、引き寄せが可能な精神力を得させたのだと確信する。
他に良い方法もあるかもしれないし、後になれば、必ずしも必要ではないだろうが、もし今、悪い状況にあるなら、自分の力でなんとかしようとせず、ひたすらアファーメーションをして、後は天にまかせるのも手かと思う。








洗脳されないされない

テレビを見ず、新聞を読まなくても、外部からの強くて悪い考え方の影響は確実に受けている・・・露骨に言えば、思想統制・洗脳されている。
そうでなくなるには、ネット環境もない無人島や山奥に1人で住むしかない。
とはいえ、今、世界で何が起こっているかは知っている方が良いし、普通は、知りたいと思う。
そうしたら、即座に、「本当のような嘘の情報」が流れ込んで来る。
報道や授業・講義だけでなく、広告宣伝も強力な洗脳である。
SNSにも、国家や大企業が入っているし、一般人にだって、悪い影響力を持つ者はいくらでもいる。
いや、SNSの誰もが他者に悪い影響を与えている。

我々は、正気を保ち、まともに考える能力を持つことが非常に難しいのである。
未開発国には未開発国の思想の歪み・偏見があるが、まだ健全な部分を残している場合が多い。
一方、文明国では、科学により多くの真理を知っている面はあるが、誤った情報も未開発国と比較にならないほど多くあるのである。

こんな世界で、最も賢い態度を持つ2人の人間がいたと思う。
1人は、アメリカのラルフ・ウォルドー・エマーソンで、著書『自己信頼』で書いたように、自分を徹底的に信じることを勧めた。
もう1人は、インドのジッドゥ・クリシュナムルティで、彼は、「私は何も信じない」と言った。
だが、彼らとて、世間との付き合いは避けられず、普通の人よりは随分マシだったかもしれないが、それでも、かなり洗脳されていたのではないかと思う。彼らすら!
まして、我々は、自分は相当に洗脳されていると自覚した方が良いのだと思う。
私も、自己を顧みれば、恐ろしいほど洗脳されていることに愕然とし、恐怖を感じることもある。

ところで、世の中がどうだ、人類がどうだと言う前に、正直なところ、自分の幸福を願うものであるが、それは悪いことではない。
最も無私な人間であったと思われるラマナ・マハルシでさえ、生きとし生けるものは全て、自己への至上の愛を持ち、自分の幸福を願うものだと述べている。
そして、洗脳というものは、洗脳する者の幸福のために行われるものであり、洗脳する者は、される者の幸福には全く関心がない。
実際は、大なり小なり洗脳されている我々は、自分を不幸にする思想が頭の中に詰め込まれている。
そして、人間の脳というものは、作られた思想を強化する働きをするように出来ている。
たとえば、初音ミクが好きなら、ますます好きになるように働くのである(笑)。
だから私は、初音ミクが好きでもグッズの類はほとんど持っていない。持っているとすれば、単に、それが美しいから持っているだけで、正直、それが初音ミクでなくても良い。
また、初音ミクが好きな理由は、「自我を持たない」「若くて理想的な身体を持つ」などの象徴としてであるに過ぎない。
それらに関しては、初音ミクは、他のものに比べ、大きなアドバンテージがあるが、他にもっと良いものがあれば、そちらに乗り換えることになるだろう。

そして、自己の幸福を願うなら、自分を幸福にする思想を持たなければならない。
だが、多くの人が持つ思想は「なんとか主義」といった、誰かが作った思想になってしまっており、「なんとか主義」というのは洗脳であり、洗脳する側の幸福のためのもので、洗脳される側の幸福は、全く配慮されていない。
そして、人間の脳は、起きている限り働き(実際は寝ている間も)、思想を強化し続けている。
具体的には、脳は、思想から出る言葉を1分間に300回もつぶやいている。
だから、放っておけば、脳は、持っている思想を維持するだけでなく、自動的に強化していくのである。
そして、それは決して自分を幸福にしない。
「いや、自分を幸福にする思想が入っているかもしれないじゃないか」と思うかもしれないが、上で何度も述べたように、洗脳である限り、洗脳する側の幸福だけが目的で、洗脳される側を幸福にする可能性は限りなくゼロである。
よって、自分を幸福にする思想を自分で与える必要があるが、その最も単純で効果的な方法がアファーメーション(肯定的確言)である。
ただ、世の中には、アファーメーションを利用して洗脳する者も非常に多い(笑)ので、本当に困ったものであるし、アファーメーションというもののイメージが悪い場合も少なくない。
だが、アファーメーションは注意して賢く使う限り良いものである。
だから、単純で、洗脳であるはずのないアファーメーション「生きている」をお勧めするのである。
また、庶民は富を得ないようになる思想を洗脳されているので、それを打ち消すために「お金がある」というアファーメーションをすると良いと思うが、これだけで、本当にお金が沢山出来てしまうのである。
ただ、洗脳がきつい人は、こんな簡単なアファーメーションも続かないのでる。








自分にこんな名を付けよう

実をいうと、今回の記事を書いている途中、かなり書きあがったところで、久々に、間違えて全部消してしまった。
もちろん、記事復活のやり方は誰よりも知っているが、全て不能な状態であった。
これも何かの必然だろう。
そこで、昨日書いた、自分の理想とする姿を示す名を、自分の2つ目、3つ目の名にするという話を具体的にしよう。

西洋では、アポローンやヴィーナスといったギリシャ神話の神の名を持つ者は珍しくはない。
また、シンシアというよく聞く(?)名も、月の女神(本来は狩猟の女神)アルテミスの別名であるキュンティアの英語読みだ。
そして、ご存じのように、西洋では、1人の人間が多くの名を持つ国が多く、自然に、好ましい名を沢山持つことが出来る。

別に、役所に届けたり、公的に使う必要はなく、自分で「これは私の名」と承認すれば、それが自分の名になる。そのくらいの自律の心構えがなくてはならない。
野茂英雄という有名な野球の投手がいたが、やはり名付け人は、英雄(えいゆう)のような男になるよう願いを込めたのだと思う。
しかし、世間で使うことを考えれば、当然「ひでお」のような読み方になるが、我々は、英雄(えいゆう)のような男になりたければ、そのまま「英雄(えいゆう)」と付ければ良いのである。
『古事記』にも、英雄である神、可憐な女神などは多く、是非、自分の名とすれば良い。
ちなみに、私も「大国主(おおくにぬし)」とか「ホオリ」という名を持っている。大国主命(オオクニヌシノミコト)は博愛で知恵があり、ホオリノミコトは美男子だ。

世間で使われているような名にする必要は全くない。
例えば、あくまで分かり易くするために言うが、天使のような少女が好きになる男でありたいなら、名は「天使のような少女が好きになる男」で良いのでる。
1つくらいは、こんな長い名も良い。
「誰もがうっとりする美女」「天下一の美男子」など、もう何でもありだが、実際に、付けた名の通りになるのである。
仙人になりたいなら「仙人」という名にすれば良い。それで仙人になれるのである。
誰かに、「仙人」と呼ばれ、当たり前に「はい」と返事をする場面を想像したりなどで、その名を自分の心に焼き付けると、早く仙人になるだろう。
「大金持ち」「天才」「超人」「魔法使い」など、好ましい名前は沢山あり、いくつでも付けて良いのである。

エマーソンのエッセイ『歴史』の冒頭に付けられた詩の書き出しは「私は世界の所有者」だ。
このくらいの自信があることが好ましい。
さすが、アメリカ一の賢者である。
それなら、我々は。「世界」「宇宙」、あるいは、「世界の所有者」という名を持てば良いのである。
「キリスト」「ブッダ」、あるいは、お好みなら「ソクラテス」「プラトン」も良い。
「アインシュタイン」「シェイクスピア」「レンブラント」「モーツァルト」・・・全く良い。

ただ、沢山ある自分の名前を忘れるのはよくあることなので、何かに書いておくと良いだろう。








偉大な人物はなぜロクデナシを見捨てないのか

岡本太郎は、なかなか面白いことを言っていると思う。
それは、こんな言葉についてだ。
「嫌われたっていいじゃないか?いや、嫌われないといけない」
「認められなくたっていいじゃないか?いや、認められてたまるか」
「売れなくてもいいじゃないか?いや、売れてたまるか」
皆、本心では、こんな言葉を爽快に感じると思う。
もちろん、世間的な考え方は、
「嫌われたくない。嫌われないようにしないといけない」
「認められたい。認められるようなことをしなくてはならない」
「売れて欲しい。どうすれば売れるだろうか」
である。
そして、岡本太郎の考え方を否定しない場合でも、
「岡本太郎のように言えるのは天才だから」
と言うのだろう。
つまり、凡人は彼のように考えてはいけないというわけである。

岡本太郎の態度は、どこか子供っぽいというか、幼児っぽい。
そして、岡本太郎は「4~5歳くらいの時に、いい絵を描く」と言う。
言い換えれば、「歳を取ると、いい絵を描けなくなる」ということだろう。
これは、別に、絵を描くことだけではない。
エマーソンは、「赤ん坊は誰にも従わない。周りが赤ん坊に従うのだ」と言う。もちろん、それが正しい態度と言うのだ。
名画の前では、人々は黙るか、せいぜい、「私には良さが分かりません」と言う。
しかし、良い悪いを決めるのは自分なのだ。
これに関してもエマーソンは言う。
「絵はあなたの評価を待っている」
いかなる名画であろうが、あなたがどんな評価の言葉を言うか待っている。あなたは評価してやらなければならないのである。

まさに、伝説で釈迦が生まれてすぐ言ったと云われている、
「天上天下唯我独尊」
つまり、「全宇宙の中で私だけが尊い」のである。
傲慢も、ここまでくれば芸術だ。
もちろん、釈迦もエマーソンも、傲慢になれなどとは言っていないし、むしろ、傲慢であってはならないと言うだろう。
つまり、冷静で慎み深い態度が、上で述べたようなものなのだ。

上で、エマーソンは、「絵はあなたの評価を待っている」と言ったが、そんなことを言われたら、我々は、
「人々が納得する、気の利いた意見を言わないといけない」
と思う。あるいは、「せめて、人に笑われない意見を言わないと」と思うのだろう。
評価の対象によっては、「皆に嫌われない意見を言わないといけない」と思うこともあるだろう。
岡本太郎もエマーソンも、それを「卑しい」と言うのだ。
ここで、最初に戻って、「嫌われる意見を言う」「認められない意見を言う」、「企業の面接で言うと、採用されない意見を言う」のが正しいのだ。
だからと言って、『モナリザ』を見て、「太ったオバサンは嫌いだ。若い子が良い」というのはエゴの意見であり、ロクなものではない。
これは、岡本太郎やエマーソンが言ったことではないが、こういうことだ。
『モナリザ』は、今、あなたが描いたのだ。
それが分かると、ちゃんとした意見が言える。
自分がどんなつもりで描いたか言えば良いのだからだ。

岡本太郎やエマーソンが間違いなく思っていたことは、自分が宇宙の所有者であるということだ。
もちろん、彼らだって、彼らのエゴは、そんなことは考えない。
しかし、岡本太郎はカラスを飼っていたらしい。
人になつかないカラスはどこかエゴに似ている。しかし、岡本太郎はカラスを飼い馴らしていた。
また、エマーソンだって、嫌々ではあるが、慈善団体の要請に応じて寄付をすることもあることを告白している。
ちょうど、偉大な人物が、たまたま縁あって身近に来たロクデナシの面倒をずっと見るように、エゴを見捨てない。
しかし、エゴに出しゃばらせることもない。

岡本太郎やエマーソンのような態度を身につけないと引き寄せは出来ない。
だが、実際のところ、彼らよりずっとうまく引き寄せが出来る者は、いくらでもいる。
彼らだって、若い人を見て恥じ入ることはあったのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード