ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

エス

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

何が2人をくっつけたか

「心身医学の父」と呼ばれるドイツ人医師ゲオルグ(ゲオルク)・グロデック(1866~1934)と、NLP(神経言語プログラミング)の共同開発者リチャード・バンドラー(1950~)が、同じ、ユニークなことを言っている。
それは、「全ての病気は心因性だ」である。
心因性とは何かというと、心が原因ということで、彼らは、病気は例外なく「病は気から」と言っているのである。
グロデックにいたっては、転んで怪我をすることも心因性と断言している。
風邪から癌、さらには、ウイルス感染に関してもね。
もっと細かく言うと、グロデックは、病気になったり、あるいは、治ったりするのは「エス」というものの仕業だと言う。
「エス」は、簡単に言ってしまえば、無意識の活力といったところで、無意識と言ってしまっても良いと思う。
バンドラーは、(病気になったり治ったりは)深層意識によると言うが、これも、無意識と言って良い。
そしてだ。
無意識だって脳の中にあるのだから、全ての病気の原因は脳にある。
これって、斎藤一人さんの論と同じと言って良いと思う。
バンドラーは病気を治すのに、NLPのいろんなテクニックを開発し、グロデックは心理療法とマッサージを使った。
ところが、斎藤一人さんは、直接、脳に、「お前がやってるって知ってるんだぞ」と言えば、治ると言った。おそらく、それが正解だ。

で、上では、病気のことを述べたが、実は、何でも同じなのだ。
上がり症も、気が弱いのも、物忘れするのも、怒りっぽいのも、モテないのも、金がないのも(笑)。
みんな脳がやってるんだから、脳のことを考えながら、「お前がやってるって知ってるんだぞ」と言えば良い。
また、斎藤一人さんによれば、良い方のことについては、「そうならないのはおかしいだろ」と脳に言えば良い。
たとえば、モテないなら、「こんないい女なのに彼氏がいないのはおかしいでしょ」「俺みたいにいい男がモテないなんておかしいだろ」といった感じだ。
客観的にいい女かいい男かは、まあ、どうでも良い(笑)。脳は万能なのだから。それは、バンドラーやグロデックが説明してくれている。
まあ、グロデックに関しては、主に、悪い方のことだが。

エスの力を示す良い例がある。
『カードキャプターさくら』というCLAMPの漫画・アニメの中にある話である。
主人公、木之本桜(きのもとさくら。小学4年生)の母親の撫子(なでしこ)が高校1年生の時、撫子は、巣から落ちた小鳥のヒナを見つけると、運動神経ゼロでありながら、彼女はヒナを持って木に登り、見事、ヒナを巣に返した。
しかし、その直後、撫子は足を滑らせ、乗っていた木の枝から落ちてしまう!
致命的な運動音痴で、か弱い彼女には生命のピンチと言っても過言ではない。
だが、なんとその時、撫子の落下地点をたまたま歩いていた男がおり、撫子はその男の上に落ち、しかも、男はうまい具合に撫子のクッションの役割を果たし、撫子は全く無傷であった。
撫子は慌てて男に謝ると同時に気遣うが、かなり天然でぼんやりした性質のその男は、それなりのダメージがあったに違いないが、平然と微笑みながら「天使が落ちてきたのかと思いましたよ」と、狙ってもなかなか言えない素晴らしい口説き文句を即座に無意識に言う。
男は、撫子が通う高校に赴任してきたばかりの25歳の教師、木之本藤隆(きのもとふじたか)だった。「木之本」の姓が示す通り、後の桜の父親である。
以上、何が起こったのか解き明かそう。
撫子の通学路に、撫子の通学時間に合わせて小鳥のヒナが落ちたのも、撫子がそれを発見し、巣に戻そうとしたのも、そこに藤隆が来て、絶妙のタイミングで撫子が落ちたのも、全部、撫子と藤隆の脳がやったことだ。グロデック流には、エスの仕業である。
斎藤一人さんの真似をするなら、「全部、お前(脳)がやったって知ってるんだぞ」である。
撫子の脳と藤隆の脳がシンクロするなんて、脳には造作もないことだ。脳は量子機関なのだから。
ついでに言えば、藤隆に「天使が落ちてきたのかと思いましたよ」なんて、シラフでは言えないようなセリフも「お前(脳)が言わせたって分かっている」のである。
そして、真面目な青年、藤隆と、清純可憐な乙女、撫子が、すぐに同棲を始めたのも、脳がやらせたことである。
あなたも、「こんないい男の俺に、俺の撫子がいないのはおかしいだろ」と脳に言えば、脳はちゃんと引き寄せてくれる。
ただ、特定の相手を狙わない方が良い。無理ではないが、脳は怠け者なので、面倒な場合は、あなたに諦めさせるように働きかけをすることが考えられる。
しかし「撫子のような」なら、脳にとっては、別に難しいことではない。
1人にこだわるかどうかも、モテるかモテないかの分かれ目なのだ。
良い男は、彼女と別れた時だって、
「おお!神は私に、新しい女性と愛し合う機会を与えて下さった。今度の彼女は、前よりもっと美人に違いない」
と思うのである。
あるいは、脳に、
「彼女と別れたからには、もっと美人の彼女が出来ないとおかしいだろ」
と言えば良いのである。

尚、「エス」について知りたければ、グロデック自身の著作『エスの本』を読むと良い。
2人の優秀な方が手間をかけて訳している。
この偉大な医師が書いた本は、実にエロい(笑)。
女の子には浣腸しなければいけないわけも分かるかもしれない(なんとなく、そんなことが書いてあったような気がするw)。








斎藤一人さんのお話の使い方

最近、斎藤一人さんの脳のお話の講演の録音を聞いて、引き寄せに関し、いろんなことが「噛みあって」きた。
斎藤一人さんのお話というのは、ある意味「独断」である。今流行の「エビデンス(根拠)」はない。
天動説だって、天体の動きをある程度までは説明出来るが、斎藤さんの論も、天動説のようなものかもしれない。
天動説は、どうしても複雑で矛盾が多くなるが、斎藤さんのお話も、そんな面は確かにあると思う。
つまり、斎藤さんのお話も、普遍的真理ではないかもしれないが、それでも、やはり、真理が含まれており、自分に必要な部分を取り入れれば良いのだと思う。
これは、イエスや釈迦の・・・というより、キリスト教や仏教に関しても同じことが言えるだろう。それらの全部が正しいわけではないが、やはり、貴重な真理があるのである。
確かに、斎藤さんのお話は、間違いもあるかもしれないが、極めてユニークで重要な真理もあるのだと思う。
私にとって、斎藤さんのお話で「噛みあって」きたのは、NLP(神経言語プログラミング)と、グロデックのエスに関してで、NLPもエスも、やはり間違いはあると思うが、重要な部分もある。
これに、斎藤さんのユニークなお話と、その他の沢山のことを統合させることで、実用的な技術が生まれる。
それは、極めてシンプルなものになる。
とはいえ、その技術は、スイッチを押しさえすれば、あらゆる問題が解決するといったものではない。
どうしても、最後は心の問題になるからだ。
その心を捨てれば、ある意味で世界は消えてしまうので、心の問題は無視出来ない。
そして、心には、操作マニュアルも、取り扱い説明書も作ることは出来ない。
なぜなら、操作マニュアルは理屈の世界のものであり、心は理屈を超えているからだ。
だが、現代人は、マニュアルとか「スイッチ」を欲しがる。「このスイッチを入れれば金持ちになれる」「このスイッチを押せば結婚出来る」といったものだ。
これは、マニュアルとスイッチが全てである現代の学校教育の影響である。
学校では、先生が答を持っている問題しか扱わない。それで、生徒は、どんな問題も、誰かが答を持っているという、壮大な勘違いをするようになる。
よく、教育者が「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教える」とか言うが、教育で教えられるのは魚の釣り方の基本だけだ。それを学んだからといって、実際に魚が釣れるわけではない。
真の答は、自分で見つけるしかないのである。

私が昔から好きだった話の1つについて、斎藤さんの教えを適用してみよう。
失敗続きの人生を送ってきた35歳の夏目志郎さんが、ある時、神様にこう祈った。
「神様、これまでの人生の失敗は私の責任です。でも、これからの人生はあなたに責任を取って欲しい」
すると、翌日、夏目さんが言うには、さっそく神の使者が来て、夏目さんの人生が動き始めた。
夏目さんの、それまでの人生の失敗も、その後の人生の成功も、全て、脳がやったことだ。
だが、やらせるのは、いずれも、夏目さんの意思なのだ。
分かり易い言い方をすれば、それまでは、夏目さんは「失敗しないとおかしい」と脳に言い、その後は、「成功しないとおかしい」と脳に言ったのだ。
それだけのことである。
夏目さんは中国人で、日本で失敗して膨大な借金を背負ってはいたが、姉から手紙が来て、
「中国に帰ってきなさい。私の夫の会社の重役のポジションを用意しています。良い家がありましたから、あなたのために買っておきました。車も運転手もつけます。借金のことは気にしなくて良いのです(私が払いますという意味)」
と言ってきたのだ。
つまり、脳は楽をするために失敗し続けたのだ。

では、脳がどれほどの力を持っているかの実例を、グロデックの論文から取り上げる。
戦争中、ある兵士が、自分の膝を指さし、「ここに弾が当たれば、俺は故郷に帰れる」と言うと、すぐに流れ弾が飛んできて、まさに、その膝に当たり、その兵士は望み通り、故郷に返れた。
それだと、脳は楽なのである。そして、脳は、そんなことは楽々出来るのだ。
斎藤さんが言われる通り、脳はサボりたがりで、放っておいたら、楽をしようとする。
だが、この兵士が、「俺は故郷に素晴らしい彼女がいるのだから、無事に帰れないとおかしいんだ」と脳に言えば、ちゃんと生き抜いた後、故郷に返れたのである。脳の仕事は多少ハードになるが・・・
しかし、多くの兵士は「自分が生きて帰れたらおかしい」と脳に言い、それで本当に死んでしまうのである。

斎藤一人さんのお話は、ただ「いいなあ」と思って聞いているだけでは効果はない。
自分で使い込み(いい思いをし)、検証し、自分にとってのエビデンスを作れば良いのである。








驚くべきチャクラの力

いかなる奇跡も、願望の成就も、幸運な偶然も、引き寄せも、チャクラ(人体にある霊的中枢。7つある)の力によらないものはない。
普通の人に出来るチャクラ覚醒法は、私が知る範囲では、腕振り運動をしながら、チャクラに意識を向けることだけであると思う。
瞑想や呼吸法でチャクラを活性化することは、おそらく、普通の人には極めて難しい。

このブログで、何度、紹介したかもしれないが、七田眞氏の著書『奇跡の超「右脳」開運法』に書かれた、この世界的教育学者が「正真正銘の実話」という、こんな話がある。
あるホームレスの男性が、「神様の奇跡が起こる」と1日中唱えていたら、2週間ほどした時、頭に数字が浮かんだので、その通りに宝くじを買うと1憶円当たり、ローマ法王に謁見する機会にも恵まれた。
そして、さらに、「神様の奇跡が起こる」と唱えると、また、1憶円当たった。
このホームレスの男性は、「神様の奇跡が起こる」と唱えているうちに、胸のチャクラ(ハート・チャクラ、アナハタ・チャクラ)が活性化したのだろう。
ハート・チャクラは、宇宙の声を伝える。これは、一般には直観と言うだろう。
この男性は、神様を信じていたので、「神様の奇跡が起こる」と唱えている間に、胸に意識が集中し、それを続けることで、胸(あるいは心臓)にあるハート・チャクラが活性化したのだと私は思う。

また、昔のこんな話がある。
インドの話だ。
悟りを求める修行僧達が瞑想していたが、ここでの瞑想のやり方は、眉間に矢が刺さっているようイメージしながら瞑想するのである。
眉間には、「第三の目」と言われるブラウ・チャクラ(アジナ・チャクラ)があり、予知や透視の力がある。
すると、ある日、修行僧達が瞑想していると、矢が飛んできて、一人の修行僧の額に命中した。
第三の目に予知能力があると言っても、未来に起こることを作るのは人間の心である。
つまり、修行が進み、ブラウ・チャクラが活性化した僧の額に、イメージ通りに矢が刺さったのである。
荒唐無稽な話と思うかもしれないが、似た話が、「心身医学の父」と言われる著名なドイツ人医師、ゲオルグ・グロデックの論文にある。
戦争中、ある兵士が仲間の兵士に、自分の膝を指さしながら、こう言った。
「ここに弾が飛んできて当たれば、故郷に帰れるのになあ」
すると、本当に弾が飛んできて、まさに、その膝に当たり、この兵士は故郷に帰還した。
グロデックは、これが、エスという、心の中の不可思議なエネルギーの力であると述べる。
しかし、エスがこのように働くためには、チャクラの活性化が必要で、この兵士も、何らかの理由で額のチャクラが活性化していたのだろう。

瞑想でチャクラを活性化させることは、やはり難しい。
なぜなら、そんな、じっと座ってやる方法では、退屈だし、血行も悪くなって、心身ともに不快になり、長続きするはずがないからだ。
しかし、腕振り運動をしながら、活性化させたいチャクラに意識を向けることなら、少し根気があれば、毎日、ある程度の時間、行うことが出来るだろう。

例えば、若く美しくいたいなら、喉のチャクラであるスロウト・チャクラ(ビスダ・チャクラ)に意識を向けながら、腕振り運動をすると良いだろう。
作家になりたいなら、『チャタレイ夫人の恋人』で知られる、D.H.ロレンス同様、太陽神経曹である、胃の後ろにあるネェベル・チャクラ(マニピュラ・チャクラ)を活性化すると良いだろう。
事業で成功する人は、やはり、ハート・チャクラが活性化し、直観の冴えた人が多いと思う。








願いを叶える力

無欲を説く高名なインドの聖者すら、願いの強さが願いを叶えると言う。
言い換えれば、願いが叶わないのは、願いが弱いからだ。
そして、願いの強さは、その願いに、どれだけの生命力を注ぎ込めるかであるが、生命力の流れは自然に起こるものであり、意図的な操作は出来ない。
ちょっとややこしいことを言うと、フロイトの精神分析学的には、生命力とは、無意識の中のエスと呼ばれるものであるが、ほぼ、無意識=エスと言える。
そして、人間は、無意識を操作出来ないので、願いの強さも自分で自在に決めることは出来ない。
だから、願いを叶えたいなら、自然に、何の強制もされずに、強い願いが起こるものでなくてはならない。
簡単な言い方をすれば、
「自分のすごく好きなものを見つけろ」
「3度の飯より好きなものは必ずあるので、それを見つけろ」
ということになる。

ただ、気をつけるべきことは、色恋ごとを願いとしてはならないことだ。
それは天に任せるしかない。
どんなに好きだろうと、結ばれるかどうかは、自分では決められないのだ。
『あしたのジョー』で、矢吹丈が、
「女は星の数だが、ホセ・メンドーサ(世界チャンピオン)は1人だ」
と言ったのが、まさに正しい態度なのである。
丈は、葉子や紀子といった素晴らしい女性達に心を寄せられるが、丈自身は、全く、無関心というより、どうでも良いように思えた。
あなたもそうでなければならない。
「いや、俺はこの人だけと心に決めたのだ」
と言ったところで、同じかそれ以上に素晴らしい女性は、少なく見積もっても千人はいるのである。

とにかく好きなことを見つけることだ。
そのことだけが、願いを叶えるエネルギーを引き出せるのだ。
そして、再度言うが、その好きなことには、色恋事は外さなくてはならない。
何とも残念なことである(笑)。

『時をかける少女』で、中学3年生の芳山和子は、
「いつか、誰か素晴らしい人物が、私の前に現れるような気がする」
と感じる。
これが全く正しい態度である。
そして、その素晴らしい人物は、大抵の場合は、自分の好みとはまるで違うのである。

なぜ若いうちの方が成功し易いかというと、若い時の方が、好きなものを、より好きになれるからだ。
だから、いくつになっても、強く好きだと思えるものがあれば成功出来るのである。
ただし、特に若いうちは色恋事に夢中になり易いので、大抵の者は成功しないのである。

『イット・ワークス』という、1926年に出版された引き寄せの古典がある。
そして、今でも、これが最も優れた引き寄せのテキストと思う。
わずか30ページの本で、簡単に書かれているので、誰でも間違えずに実践出来る。
この本がまさに、自分の好きなことを見つけることが出来る最適な手順を示してくれている。
たとえ何歳であっても役に立つだろう。








驚異のエス

CLAMPの漫画・アニメ『カードキャプターさくら』に、こんな場面がある。
高校1年生の天宮撫子(あまみやなでしこ)は、巣から落ちた雛を巣に戻そうと木に登るが、運動神経は無いに等しいとまで言われる撫子は、雛を巣に帰すことには成功したが、直後、足を滑らせて落下する。
しかし、撫子は、たまたま下を通りかかった、彼女が通う高校に赴任してきたばかりの男性教師、木之本藤隆(きのもとふじたか)の上に落下し、藤隆がクッションになったおかげで、ほとんど怪我はなかった。
その時、藤隆は、
「天使が落ちてきたのかと思いましたよ」
と、咄嗟に憎い言葉を発するが、おそらく、彼の性格から考えれば、それはごく自然に出た言葉で、妙な意図はなかった。
それから2人は付き合い始め、すぐに同棲に至り、毎朝、手をつないで登校。お弁当は料理が得意な藤隆が作った。
この藤隆と撫子が、主人公、桜(さくら)の両親である。

20年以上前の話とはいえ、本当なら、藤隆は即、懲戒処分だろうが、それは置いておく(笑)。
藤隆と撫子は、大変な偶然で出会ったように見える。
作者のCLAMP(女性4人のチーム)の重要思想が「この世に偶然はない。全て必然」であるから、この出来事も必然なのであろうが、それを、1つの説から話す。
「心身医学の父」と呼ばれたドイツ人医師、ゲオルク・グロデックは、人間の内部には、「エス」というエンティティ(生命体)が存在すると提唱した。
このエスは、後にフロイトが精神分析学に取り入れることで知られるようになるが、グロデックのエスは、フロイトのエスよりはるかに驚異的だ。
そして、藤隆と撫子の出会いは、こう考えられるのである。
この、藤隆と撫子のドラマティックな出会いは、全てエスが仕組んだものだ。
撫子のエスは、撫子を木に登らせ、藤隆のエスは、藤隆をその下を通るようにさせた。
そして、エスは、絶妙のタイミングで撫子の足を滑らせ、藤隆の上に落下させるが、2人のエスは2人の身体を功名に操作し、目立った怪我はさせない。いや、ドラマ性を高めるため、藤隆には、多少の負傷をさせたかもしれない。
さらに、藤隆のエスは、藤隆に、「天使が落ちてきたのかと思いましたよ」と、シビれるセリフを、動転している撫子のハートを撃ち抜く笑顔で言わせ、1万本の薔薇どころでない無敵のプロポーズになってしまった。
雛が巣から落ちたことすら、エスの仕業かもしれない。

「そんなアホな」と思うかもしれないが、グロデックが論文に引用した実話に、こんなものがある。
戦場で、1人の兵士の男が、同じ部隊の男に、自分の膝を指さしながら、
「ここに弾が当たったら、おれは故郷に帰れるのになあ」
と言う。
すると、その直後、流れ弾が飛んで来て、まさに、膝の指を指したところに命中した。
グロデックは、これもエスが行ったことだと推測している。

私は、小さい頃、何度も交通量の多い車道に目をつぶって飛び込んだが、危ない目に遭ったことはない。
これも、私は、無意識に、エスに危険を避けるよう頼んだからだったのかもしれない。
※決して真似しないように。

エスが、どれほどの力を持っているのかは分からない。
グロデックは、いかなる病気でも、罹(かか)るのも治るのもエスが起こしており、どれほどの難病でも、治る時は何もしなくても治ると言う。
簡単なことでは、エスは、女性の手を、好きな男性に前では冷たくさせ、その男性に暖めてもらうよう促すといったこともするらしい。

グロデックもフロイトも、エスは、肉体とか細胞とかではなく、無意識の中に存在すると考えている。
精神そのものが謎であり、エスの実態など、全くの未知と言って良いだろう。
引き寄せの古典で、いまだ引き寄せの最上のテキストである『イット・ワークス』の著者は、人間の内部にある、いかなる願いも叶える力をインマヌエルと呼んでいるが、エスは、その一面であるのかもしれない。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード