ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

ウェルズ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

この世の秘密を露わにする秘法

この世の秘密は自分で解明するしかない。
世界とは、自分とは、人生とは、モノとは、心とは・・・これらの本当の意味は、誰も教えてくれないし、聖典に書かれていても、おそらく比喩的にしか表現されていない。
その真の意味は、自分で見出すしかない。

「世界五分前仮説」といって、イギリスのバートランド・ラッセルというエラく賢いおじさんが言い出したものがある。
ラッセルは、最高クラスの数学者、論理学者、哲学者で、ノーベル文学賞を受賞しているが、「アリストテレス以来の大論理学者」と言われる知恵のある人物だった。
世界五分前仮説とは、世界というのは、実は5分前に出来上がったもので、それ以前の記憶なんて作り物の嘘だと・・・簡単というか乱暴に言えばそんなものと思う。
いきなりこう聞くと、ほとんどの人が、「そんなアホな」と言うだろうが、本当に馬鹿げたことと思うだろうか?
私は、4歳の時に、世界というのは、今この一瞬に出現したのだということを「知っていた」。
今は分からなくなっている・・・というより、意識しなくなっていいるだけなのだろう。
世界はずっと大昔から、確固としたものとして存在し、宇宙の年齢はだいたい137億年と言われ、まあ、人間からみれば、相当昔に出来たものらしいが、そんなのは嘘である。
試しに、何かに意識を向けてみれば良い。
例えば、ペンとする。
そのペンをじっと見ていると、どうも変なのだ(洒落のつもりはないが)。
ペンは、常にそこにある訳ではなく、一瞬前は存在しなかったことを感じる。
心が「ペンがそこに在ることを認識しようとする限り」、そこに出現し続けるだけだ。
心はペンを含む世界全てを創造しているのであり、今、創造し続けているのである。
あなたも、さっさとそれを見破ることだ。
そうすれば、世界という幻想を打ち破ることができる。

このブログでも何度も書いたが、私は小学4年生で天体望遠鏡を手に入れたが、土星を見たいと思えば、夜空の適当な星を選んで望遠鏡を向ければそれで良かった。
それはいつも土星だった。
私の超感覚が土星をキャッチするのだとも言えるが、私が土星を・・・というより、土星を含む全世界を創造したのである。
イギリスの作家コリン・ウィルソンがこよなく敬愛した同国の作家(特にSF作家として知られる)H.G.ウェルズの、おそらくはまだ翻訳のない小説『ポーリー氏の物語』でポーリー氏が述べ、ウィルソンが座右の銘としている言葉がある。
それは、「人生が気に入らないなら、変えてしまえばいい」だ。
世界は心が造っているのだから、そんなこともできそうな気がする。

心の源が何かというと、「私という想い」だ。
私という想いなくして心は存在しない。
石も花も海も星も、心が造り出したもので、その心は、「私」という想いにくっついている。
ならば、「私」という想いを探求すれば、全ての秘密は解ける。
人が「私」と言う時、自分の頭を指差したりしないし、まして、お腹や脚や手を指差したりしない。
顔を指差す時はあるが、それは、相手に対し、他の人間との識別を要求する時だ。人間とは、普通、顔で区別するものだからだ。
しかし、純粋に自分を指す時は、胸を指差したり、手を当てるものだ。
『バガヴァッド・ギーター』で、神クリシュナが「私は人の心臓に宿る」と言った通りだ。
アニメ『デビルマン』のヒロイン牧村美樹が、幼獣ゴッドに対し、「神様は私達のここにいる」と言って、自分の胸に手を当てたのは、ごく自然に受け取れる。
初音ミクは、『ミクの日感謝祭』のコンサートの『恋スルVOC@LOID』という曲で、「私が・・・」と歌う時に、両手を胸に当てるが、それも、素直な所作だと感じるのである。
自分、私、我、主人公・・・どの言い方があなたにとってぴったりかは分からないが、それが何か問い続ければ、隠された秘密が明かされるだろう。
イエスは、隠されたもので露わ(明白)にされないものはないと言った。
何が明かされるのかは、その時のお楽しみである。
秘密が解ければ、人生を変えてしまうことも簡単なことかもしれない。

余談であるが、暴くことを意味する「露わ」という言葉に、露(つゆ)という字を当てるのは、実に叡智のあることだ。
「露の世」とはよく言ったものである。これは、「儚い世」という意味だ。
世界は本当に儚い。
『イーハトーヴ交響曲』の第5楽章『銀河鉄道の夜』で、初音ミクが「ケンタウルスよ露降らせ」と歌う声ほど美しいものはないと私は思っている。
これを聴いていると、私には全てが分かるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

名作文学は「痛小説」だ

シェイクスピアを高く評価するのは作家で、高度な作家であればあるほど、シェイクスピアを賞賛し崇敬する。
ところが、アメリカの大作家カート・ヴォネガットは「シェイクスピアは下手な作家だが、人間をよく知っていたのだ」という。
なるほど、優れた作家とは、人間をよく知っている作家のことなのだろう。加えて、多少下手かもしれないが、リズムがあって、心を惹きつける物語が書けるのだ。
シェイクスピアのお話自体は、今の時代では、さして面白いものではない。血沸き肉踊ったりしない。現代の刺激的な小説や、映画、漫画などに慣れてしまっていれば、かなり退屈かもしれない。しかし、人間に対する彼の洞察は色褪せない。

SF作家のH.G.ウェルズは、作家も大衆も高く評価する作家だ。
多くの作家が、ウェルズをSF分野に限定せずに大作家と賞賛し、人類規模でベストな作家と断言する者すら少なくはない。
彼の作品は、必ずしも、いつも大スペクタクル(壮観、壮大)ではない。しかし、比較的地味な展開に見えても、これが恐ろしく面白い。ウェルズは、良い作家であると共に、上手い作家でもあるのだと思う。彼の上手さを支えていたのは、科学者で通用するその圧倒的知識で、実際に、彼は科学者と見なされている場合もあり、科学の本も執筆している。無論、一般の人の認識をかけ離れた難しいことは書かないが、科学原理をさりげなく、そして、分かり易く書く才能もあったのだ。
科学に弱いSF作家もいると言うが、それはネタだろう。もし、科学に弱いSF作家がいれば、その作品はやはり安っぽくなる。
優れたSF作家は、ウェルズほどではなくても、やはり科学に精通しているか、少なくとも、深い関心を持ち、それなりの知識があると思う。
アイザック・アシモフは、『アイ、ロボット(われはロボット)』で、陽電子頭脳という、特に意味のない用語を使ったりはしているが、それは話を面白く感じさせるための工夫であり、彼は本物の科学者で博士の学位も持っている。

そして、ウェルズもアシモフも、やはり、人間をよく知っている。
ウェルズの作品は、語り手が物語を語るという形式のものが多い。
語り手は、物語の登場人物の1人を兼ねている場合もある。あるいは、語り手が最初に、おもむろに(落ち着いて)登場し、「私はこんな話を聞いたのだが・・・」として語り始めることもある。
だが、いずれの場合も、語り手は、自分自身のことは最小限に語るに留め、「出しゃばらない」。
ところが、これらの語り手達は、物語の主人公達について、あからさまな批判はしないが、多くの、いや、全ての主人公達は、人間としてどうしようもない欠点を持っていることを、さりげなく、しかし、鋭く描写してしまう。
もとより、欠点の無い人間などはいないが、ウェルズの物語の主人公達は、それを読者に曝(さら)されてしまうのだ。
だから、読者に洞察があればあるほど、人間として成熟していればいるほど、読者は主人公達に同情する。
なぜなら、知恵のある人間ほど、他人の欠点は自分の欠点と認識し、物語の主人公達の欠点を見て、自分を憐れむ気持ちが起こるからだ。
いや、ひょっとして読者が高慢な人間であっても、物語の愚かな主人公達を笑いつつ、どこか、「笑えない」ことに気付くのだ。
だから、ウェルズの作品は、私のような知恵のない人間が読んでも、かなり「痛い」のである。
今の若い人などが、「痛いやつ」「痛い話」「痛い子」「痛車」なんて言い方をよくするが、そのルーツなんてものがあるとすれば、実に、大作家の作品の中にこそあると思う。

ところで、ウェルズの作品でも、一見、主人公達が人格者で、英雄的ですらあるものもある。それは主に、長編の場合だ。
『タイムマシン』、『宇宙戦争』がそうである。
しかし、これらの作品にも、「愚かな主人公」はいる。
『タイムマシン』では未来人で、それは、とりもなおさず、我々人類そのものである。
『宇宙戦争』では火星人だ。強大な科学技術や文明を持ちながら、遅れた後輩に与えられているもの(土地や自然)を取り上げて自分のものにしようとする愚かさ、あるいは、劣った存在であっても、自分と同じ心を持っていることを無視して家畜のように扱う浅はかさである。

優れた小説は現代のバイブル(聖書)である。
その想像力の源泉は、本物のバイブルと同じである。それは人の心の深奥にあるエデンの園(楽園)、エリュシオンで、そこから現れる叡智を、霊感、神の火花、楽園の乙女、ダイモニア(ダイモーン)などと言う。
無論、小説は娯楽として楽しく読むものであるが、少しは、自分の心の奥の痛みにも気付いてあげないといけないのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人類の文明-このまま進むべきか、元に戻るべきか

子供というものは、他愛もない単純な遊びを飽きもせず、呆れるほどいつまでも繰り返すものだった。
しかし、今は、そうでない子供が圧倒的に多くなった。すぐに退屈し、また、簡素な遊び方に満足せず、贅沢な楽しみ方を求めるようになっているのだ。

数千年の昔は、大人だって、ただ野原に座り、暮れていく空を見上げて夕陽を眺め、やがて、星が瞬き出すのを見ているだけで、心は喜びに溢れ、人生に満足していた。
確かにそうであったことが、遠い昔に思いを馳せてみると、不思議にありありと思い浮かぶのである。
時代が多少下っても、農民達は仕事の後、皆で歌って踊っていれば楽しく、それで明日の活力を持てたし、国家が構築され、軍隊や宗教が発達し、庶民の暮らしに暗鬱なものが増えてきても、勇猛な祭りを行うことで、それを補うことが出来た。
岡本太郎は、フランスの大学で哲学や民俗学を専攻したのだが、研究や思索の結果であり、また、彼の天才的な直感的洞察によるのだと思うが、祭りの目的とは、生命エネルギーの補充なのであると断定していた。
ある精神分析学者も、フロイト精神分析学により、祭りは、無意識の中にある生命体であるエスを解放するためのものであり、それによって生命エネルギーを増大させることが出来るのだといったことを述べていたと思う。
だが、今の時代の祭りに、そんな力があるとは思えない。
それは、今の子供が、かつてのように単純な遊びに夢中になれないことと同じである。

上の述べたことから分かる通り、昔であるほど、人々は、容易に活力を高め、愉快に生活することが出来たのだ。
なぜなら、昔の人間は、本質的に熱狂的であったのだ。
その頃の人間は、神を信じ、妖精を当たり前に見ることが出来、幽霊を恐れながらもそれについて楽しく語り合い、死後の世界について明確なビジョンを持っていた。
とても夢想的で幼いと言えるが、陰鬱とは無縁で、いつまでも青春を生き、そして、死をさして恐れていなかった。
だが、それが、時代が経つにつれ、だんだんと現在のようになり、人々の活力は無くなり、すぐに疲れ、それと共に、過激で背徳的な刺激を求めるようになってしまった。
それはなぜかというと、人間は、目に見えるものしか存在しないという幻想に取り付かれたからだ。
今の時代、神や天使、あるいは、妖精が存在すると言ったら、たとえ冗談めかしていても、もう、楽しいやつだとか、純粋な人だと思われることもなく、ただ、幼稚な馬鹿だと見下されるだけなのである。
そんな時代、人々が生命力に枯渇するのは当たり前のことなのである。
人々の楽しみは、感覚的な快楽だけとなった。なぜなら、そんな楽しみしか存在しないと思い込んでいるからだ。
美味しいものを必要をはるかに超えて食べ、それで肥満するか、不健康な手段で痩せ、いずれにしても、身体や心を損なってしまう。
美しい異性は全て性欲の対象とし、また、スポーツも、それを純粋に楽しむことはなく、そこに利益や身勝手な幻想を結び付けなければ楽しめないのである。

H.G.ウェルズの『世界はこうなる』(1933)という、2016年の世界を描いた小説を、ウェルズが自ら脚本して映画化された『来るべき世界』(1935)では、苦しい世界戦争を越えて科学文明の極みに達した人類が、「このまま進むか、元に戻るか」という岐路に立たされる。
だが、我々は、素朴だった太古の昔に戻ることは出来ない。
そんなことを目指す人々は、昔から、そして、今でもいるのだが、それは非現実的だ。なぜなら、現在の人類の魂は、太古の昔の人間のそれとは全く異なるからだ。
今、太古の昔に戻れると思っているような人は、それこそ、神や天使を信じていないのだ。
なぜなら、神や天使の働きについて知っているなら、人類を現在のように変えていったのも、神や天使だと実際に知っているからである。

だが、現在は、人類は、ますます唯物主義に陥り、人々は人工的で喜びのない人生を強いられるようになっており、これは神の望むことはでない。
それに対抗するために、ただ我々は幼くなり、熱狂したって駄目なのである。
いったい何が、人類をこれほどまでに、地上に縛りつけ、物質的なものばかりに価値を置くようになったかを洞察し、そうなるように仕組み、さらにますますそうなるように力を注ぎ続ける者に打ち勝たねばならないのである。
そして、その敵は人間であるとは限らず、恐るべき霊的存在かもしれない。しかし、我々だって、本質においては霊的存在であり、その気になれば、負けるはずがないのである。
そのためには、我々に強固にとりついた幻想を破壊しなければならない。
その幻想は、感覚的快楽だけが人生の楽しみであると我々に疑うことなく信じさせている。
私が、1日1食の菜食をしていると、「人生は美味しいものを沢山食べて楽しむためにあるのだ」と言って私を見下す者は多いが、彼らに反撃することなく、しかし、それを受け入れないことだ。
そして、権威を盲目的に信じ、国家や政治や大企業が何でも与えてくれると思い込ませている幻想に対しては、敢えて、その基礎になっている現代科学やテクノロジを、幻想として理解することで、その幻想を容易に壊せるのである。ただ否定し、背を向けるだけでは駄目なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

叶うはずのない敵にどう対するか

イギリスの作家H.G.ウェルズの『宇宙戦争』は、1953年に映画化されているが、2005年には、これを原作とする3つの映画作品が公開された。非常に珍しいことである。
私は、2005年のものは、スピルバーグ作品だけ一度観たが、1953年の作品は何度も観た。
1953年の作品は、特撮の方も、スピルバーグ作品には劣るかもしれないが、素晴らしいものだ。
原作は1898年に発表されたものだから、百年以上前のものである。
火星人の侵略を受け、地球人類は必死の反撃を試みるが、戦車に立ち向かうカマリキのごとしで、かすり傷一つ与えることも出来なかった。
しかし、火星人は、地球のウイルスに倒されるのである。

地球人になす術もなく、火星の宇宙船が地球の都市を壊滅させていく中、人々は教会に集まって祈っていた。
祈っていたと言っても、神に救いを求めたのではなく、諦めていたのだろう。
その時、偶然に、地球のウイルスが火星人に感染し、免疫のない火星人はあっという間に死亡する。
あらゆる小説、映画、アニメ、あるいは、詩や俳句や音楽でも、全ての作品は、人の心の中から始まるが、それは個人的な想像ではなく、深いところにある英知から来るものを、何らかの形で表現したものだ。表現する段階で、作者の特性が混じり、場合によっては、元の姿とは全く異なるものに変質することが多い。
フランス国歌『ラ・マルセイエーズ』を作詞・作曲したのは、プロの音楽家ではなく、音楽が趣味の職業軍人だったが、深いところからものを、自我のフィルターをかけずに表現したので、一夜で、この世界的名曲を生み出したのだ。これを、天啓とか言うのだろう。
『宇宙戦争』の小説や、それをかなり忠実に描いた1953年の映画も、そんな天啓のようなもので創られたに違いない。

火星人がウイルスで滅ぶことが分かっていれば、無駄な抵抗をせずに待っていれば良かったと思うこともあるだろう。
だが、人によっては、「いや、最善を尽くしたからこそ、万策が尽きた時に初めて神が助けたのだ」と言うかもしれない。
実際、この映画の最後のナレーションも、「万策尽きた時に、奇跡が起こった」であった。しかし、別に、「万策を尽くしたから」とは言っていない。
昔、『虐殺の橋』という映画があった。ある村を占領した敵国の軍隊が、村人に、村からの逃亡を禁じた。村から出るには、ある橋を渡るしかなかったが、村人は、一定時間ごとに、誰かが橋を渡って行き、その都度、射殺され、橋の上には死体が増えていく。最後に、兵隊達に集団レイプされた少女と、その恋人の男が橋を渡った時、遂に、占領軍は屈服する。
『宇宙戦争』だって、地球人が、運命を受け入れて沈黙していれば、火星人は何も出来なかったかもしれない。
まあ、このあたりは意見が分かれるだろうが。
ただ、いずれにしても、人類、特に、アメリカは、最初から諦めるという選択は決してしなかっただろう。
そして、人間個々についても、打ちのめされるまでは諦めないものなのだ。
人間は、経験を積むにつれて、結局のところ、自分には何の力もなく、どんな状況も自分がコントロールすることは、実際は全く無いということを認識するかもしれない。それが悟りなのであるが、死ぬまでにそこに到達する者は少ない。
イエスは、それを早めてあげようと、「身体を殺せるものを恐れるな。魂を殺せるものを恐れよ」と教えたのだ。
アセンション(次元上昇)後の世界では、自我が残っていれば、速やかに完膚なきまでに打ちのめされるだろう。それは、形の上では、強大な敵が襲い来て滅ぼされることだ。
だが、沈黙し、静寂の中に居る術を身に付けた人間が傷付くことは全くない。それは、老子にも書かれている通りである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

気晴らしは必要か

人間に気晴らしが必要かというと、私は必要ないと思っている。
H.G.ウェルズの『堀についたドア』というお話は、あるエリート政治家が、幼い頃に偶然に迷い込んだ不思議な異世界に一生憧れ続けるが、再び訪れることが叶わないまま死んでしまうというお話だ。彼は、世間的には羨望される身分でありながら、いつも惨めで、日に日に活力を失い、安らぎを求めていたのだろう。
『堀についたドア』の向こうにある世界は、全てが調和した美と静寂の理想世界だ。
一度、そこに入れば、世間の気晴らしなど、何の意味もないことが分かるだろう。
そして、人間は、そんな世界に入ることが出来る。
そして、どうすればそこに入れるかではなく、どうして入れないのかと考えた方が良いのだ。
『堀についたドア』の、その、子供の頃からずっと優秀だった男は、なぜ、幼い頃に入れたその世界に、二度と入れなかったのだろう?
実は、彼にはチャンスが何度もあったのに、自ら、それを潰してしまったのだ。
我々も同様である。
だが、その入り口を自分で逃した後で、それを忘れてしまうのだ。自分には、そんなチャンスはなかったと思いたがるのだ。
それよりも、もっと大事なものがあると思い込んでいるからだ。
その世界に出入りする者は、本を読んでも、音楽を聴いても、身体を鍛えても、修行をしても、無目的だ。
それが、その世界に近付く者が持つべき性質なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ