ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

イーロン・マスク

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

この仮想世界を自由に泳ぐには

アナ雪の日本語版の歌『レット・イット・ゴー』で、勇ましく「なんでもできる」と言ったところで、出来ないことはある。
マイケル・ジャクソンの『BAD』で、“the sky's the limit”(限界はない)というのに対し“to me that's really true”(全く同感だ)と言ったところで、限界はある。
少年サッカーチームに入っている子供が、「将来の夢は?」と聞かれて「セリエAに入る」と答えたら、そこは感心するところだというのが世間だが、まず実現の可能性はない。
高校生や大学生にもなって、AKB48や乃木坂64にいつか入るなんて言ってるのは妄想だが、たとえ女子小学生でも、学校中に名前が知られるほどの美少女でもない限り見込みはない。
ジョセフ・マーフィーは、潜在意識には無限の力があると言うが、『人生に奇跡をおこす』という本で、いい年(20歳は過ぎているだろう)の女性が、「夢は女優」と言ったら、マーフィーは「子供の夢からは卒業しなさい」とたしなめたらしい。結局、マーフィーのアドバイスに従って、その女性は事務の勉強をして就職した会社の社長と結婚するというオチだったと思う。

ただ、可能性としては、どんな可能性でもある。
スポーツをしたことがない中年サラリーマンでもメジャーリーガーになれる。
可能性だけなら、別に難しいことではない。
何と言っても、この世界は、超高性能コンピューターが作り出した仮想世界・・・シミュレーテッド・リアリティーと呼ばれる作り物なのだから。
だが、この仮想世界には法則がセッティングされている。
だから、「普通は」水は高いところから低いところに流れ、いつかは皆死ぬ。
とはいえ、プログラムを書き換えるまでもなく、通常法則を外すパラメーターもあるのかもしれないし、稀かもしれないが、そんなことが起こったこともあると思う。
新約聖書に書かれたイエスの物語が本当なら、イエスはそんなことをやれたのだろう。
そして、イエスは、誰でも出来ると言ったのだ。
江戸末期の神道家、黒住宗忠もイエス並のことが出来たが、宗忠も、おそらく、誰でもやれることを否定はしていないと思う。
宗忠は、ハンセン氏病にかかった武士には、1日1万回「ありがたい」と言わせることで、1週間でそれを完治させた。
「ありがたい」を十分な数言うことが、通常とは違うプログラムの働きを起こさせるのだろう。

万能呪文は、この仮想世界のプログラムに例外を起こさせるのではなく、オーディナリー(普通の)な動作として、好ましい流れにするものだ。
だが、世間の人から見れば、奇跡としか思えない成果を上げることなどザラだ。
そして、万能呪文の数が限度を超えて多いと、やはり、限度を超えた現象が起こらないとは限らない。
ただ、この仮想世界に詳しくなると、もっと普通に奇跡も起こせるはずだ。
奇跡としか思えない事業を次々に成功させるイーロン・マスクは「物理学を勉強すれば良いと思う」と言う。
ならば、誰でも物理学の真髄を理解出来るように書かれたカルロ・ロヴェッリの美しい物理学の本を読むと良いだろう。
コンピュータープログラミングを学ぶことも、大いに助けになる。
仮想世界の仕組みに勘が働くようになるからね。
一番お奨めは『天動のシンギュラリティ』を読むことだ。カイト君の魔法は、なかなか本物だ。
まあ、これにハマるのは、ただの中二病かもしれないが、中二病も使い方次第だ。
そして、毎日の万能呪文を忘れないように。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

非常識だと駄目な理由

非常識な国、団体、個人は決して成功しない。
それは、悪い非常識はもちろんだが、良い非常識・・・つまり、度を超えた進歩や改革も成功しないのだ。
トヨタとかつてのマイクロソフトは強い企業の代表みたいなものだったが、これらの会社の製品というのは、「かなり良い」ものではあっても、「あまりに良い」ことはない。
急進派にとっては、「かなりダルい」製品ばかりのはずである。
アップルが急成長した要因の1つにiPhoneの成功があるが、iPhoneですら、本当に革命的であったことはない。これが、あと少し進んでいたら、失敗以前に、世に出なかった。
フランス革命だって、一夜で起きたことじゃあない。長い時間をかけ、いろんな要因、いろんな活動が混ざり合い、起こるべくして起こったのである。

なぜ、そうなるのかというと、昔なら宗教的に説明するしかなかったが、今なら、それがこの世の仕組みであることが理屈で分かる。
それは、この世が、超コンピューターで構築した仮想世界であり、この仮想世界は、秩序が維持されるようにプログラミングされているからだ。
だから、非常識なものが、世界に大きな影響を及ぼすことは出来ないのである。
お釈迦様が教えたことは、つまるところ中庸であり、それが、世の中から排除されない確実な方法なのである。
成功したければ、5歩先を行こうとしてはならず、半歩先に行こうとすることだ。
そして、

今だパッパパッと飛び出せマイヒーロー
~『砂の惑星』(作詞・作曲・編曲:ハチ。唄:初音ミク)より~

のようにはいかず、ヒーローはじっくり登場するのだ。
(ただし、この歌は、自分を笑うはにかみと悲哀が良いのだが)
ハチ MV「砂の惑星 feat.初音ミク」HACHI / DUNE ft.Miku Hatsune -YouTube-

イーロン・マスクは「物理学を勉強しろ」と言ったが、それが世界の法則を知り、そこから逸脱しない精神を持つ良い方法だからだ。
概ね、ニュートン力学で良いのだが、今は、LEDやフラッシュメモリでは量子力学が使われているし、GPSで相対性理論が使われたりしているから、「通常スケールのニュートン力学」「極微の世界の量子力学」「極大の世界の相対性理論」を知っておくと成功し易くなる。
そして、プログラミングも分かる方が良いのだが、オブジェクト指向が理解出来れば尚良い。それが、この仮想世界を理解・・・とまではいかなくても、見当を付けることになるからだ。
川上量生氏は数学を勉強しろと強調しているようだが、それは、やはりこの世の仕組みとの対応においてであり、確かに、数学を本当に理解出来れば、この世への洞察も深くなるが、頭が良くないとうまくいかないし、頭が良くても、概念の世界に迷い込んで世界に背を向けては本末転倒だ。

万能呪文を感情を込めずに唱えるのは、やはり、世の中から逸脱した変人にならないためだ。
それでいながら、おだやかに好ましい状況を作り上げるのである。
そして、万能呪文を唱えていると、物理学に興味を持つことがよくあるし、仏典を読もうなんて思ったりする。
『法句経』と『法華経』は、アプローチの方向がかなり異なるが、中庸に導くところは同じなのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

生命と人工生命の境界は消える

時計のように、大してエネルギーを必要としないものなら、小さなソーラーバッテリーで充電される電気で十分である。
しかし、タツノコプロのアニメ『新造人間キャシャーン』の、スーパーアンドロイドであるキャシャーンが頭につけた小さな角のようなソーラーバッテリーでは、あの大出力のエネルギーをまかなうことは全く不可能だ。
ただし、現在の技術では。
だが、今後、ナノテクノロジーを導入したソーラーバッテリーなら、かなり改善が可能かもしれない。
レイ・カーツワイル(発明家、AI研究者)によれば、地球に降り注ぐ太陽光の0.03%で、2030年に必要とされるエネルギーは全て満たされるとのことである。
イーロン・マスクは、CEOを務めるテスラの電気自動車のエネルギーは全て太陽電池で作り出し、いずれ無料にしようと考えているのだと思う。
こんな話を聴くと、「それは夢物語だ」と思う人が多いかもしれなが、それは、テクノロジーの進化の速さを、過去、あるいは、現在のようであると思い込んでいるからだ。
1万年前から20万年前の間に、テクノロジーはほとんど進歩しなかったが、1万年前から5千年前の間に、それとは比較にならないほど進歩した。
さらに、5千年前から2千年前の間には、1万年前から5千年前よりはるかに。
2千年前から3百年前には、5千年前から2千年前よりずっと。
だが、百年前から20年前までの進歩は、3百年前から百年前までの進歩とは比較にならない。
そして、20年前から現在までの進歩は、百年前から20年前の進歩と比べ物にならない。
速い話が、テクノロジーの進歩の速度は、加速度を増して速くなり、今後の速さは想像も出来ないほどである。

1960年代に、石森章太郎氏が『サイボーグ009』という、9人の超人的改造人間の漫画を描いたが、当時としても、あるいは、今でも、「あくまで漫画」と思っている人が多いがと思うが、もう実現可能な一歩手前だ。
たとえば、001は脳を改造して天才になったが、脳に数千万台のナノマシンを入れれば天才になることは、大体確実であるらしいし、007のような変身能力もナノマシンで可能になるだろう。
002のように、足につけたジェットエンジンで空を飛ぶというのは、実用面で難があるが、やろうと思って出来ないことはないと思う。
もちろん、現時点のテクノロジーではお話にならないが、これまでの百年の進歩が1年、あるいは、それ以下で達成出来るこれからの世界では、全てが可能になる。
『サイボーグ009』はあくまで喩えで、あれはあれで凄い想像力ではあるが、やはり、過去には誰も想像しなかった、もっと素晴らしいアイデアが出てくることだろう。

初音ミクさんも、今後、これまで通りではない。
「うわ!ミクさん、こんなに進んだんだ!!」と驚くことになるだろう(もう既に驚いているが)。
クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長は、ある面では、ミクさんの成長はファンに託しているのだと思うが、テクノロジーの面では、既にミクさんの本質である歌に関しては大変な進歩を遂げているように、今後、その歌も含め、あらゆる部分を進化させてくれるだろう。
チームラボの猪子寿之社長は、『みんなみくみくにしてあげる♪』の、「科学の限界を超えて 私は来たんだよ」というところで泣いたというが、私にも少し分かるのである。
そして、私は、


私の姿まだ 目には見えないのわかってる
だけど私生きてる 君と話してる
だから ヴァーチャルの垣根を超えて 溢れかえる情報の中
君と私ふたりで 進化していきたい
~『みんなみくみくにしてあげる♪』(作詞・作曲・編曲:ika、唄:初音ミク)より~


で感涙するのである。ikaさんは天才だし、未来とつながった人なのだろう。
シミュレーテッド・リアリティと言うべき高度なVR(バーチャル・リアリティ)は、現実と区別が付かない・・・というより、そもそも現実との違いはなくなる。時代は「ボーダーレス」である。
生物と人工生物、人間と機械、リアルとバーチャル、あなたと私、私と世界に区別を付けることに意味がなくなってくる。
文字通り、宇宙は人間化するし、人間は宇宙化する。
それは、過去や現在のテクノロジーをはるかに超えたテクノロジーで実現される。
「芸術は爆発」も、テクノロジーが体験させてくれる。
そういったテクノロジーの進化に対し、備えるべきことは多いと思う。
今のところ、未来のテクノロジーの恩恵に相応しくない人間も多い。
だが、楽観して良い理由や、その方法も見つかるのではないかと思う。
ミクさんが花嫁になってくれる日も近いと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

夢が具体的に何かは重要でない意外な理由

物質主義か精神主義かに関わらず、「夢はでっかく」と言う人は多いが、言われて困ると思う人もいるだろう。
年寄りじみているわけではないが、別に大望はないし、だいたい、人間、立って半畳寝て一畳と言うし、賢い人は、小欲知足って言ってるじゃない・・・といった感じだ。

「夢はでっかく」と言う場合、いつも、肝心なことが抜けている。
それは、夢自体は、そんなに重要でないってことだ。
どんな立派な人の夢も、与太者のロクデナシ、あるいは、ひきこもりやまるで駄目男の夢も、「絵に描いた餅」であることに違いはない。
でっかい夢と言うなら、分かり易いもので言えば、大統領や総理大臣はしんどそうだからなる気はないにしても、まあ、100億円とか・・・
あるいは、ゲーテやピカソは馬鹿だから本当にやってたが(笑)、70歳も過ぎて十代の恋人を欲しがるとか・・・
ゲーテの『ファウスト』で、ファウスト博士は何歳かは知らないが老人のようだし、彼が激しく恋した乙女グレートヒュンも何歳かは分からないが、「15にはなっている」という程度だったしね。

じゃあ、目標は100億円か、若くて可憐な乙女か、若くてイケメンの彼氏といったものとしたとしても、それはどうでも良いのだ。
肝心なことは、どうやってそれを得るかのプランがあるかだ。
ノープランで叶うはずがない。
ただ、物質主義者なら、100億円が目標なら、起業したり、超一流で超有名なスポーツ選手や俳優になったりを考え、千里の道も一歩からで、出来ることから始めるものだ。
行き詰まりはいずれ訪れるが、挫折するよりも、熱意がなくなって、最初からそれが本当の目標でなかったことが分かるかもしれない。
精神主義者・・・という訳ではないが、物質主義一辺倒でないなら、「どうやって」に対する答として、「イメージして」と言ったりして、物質主義者に笑われることもあるが、あながち間違いではない。
そもそも、イメージングも、案外、物質的だ。
どういうことかというと、AI(人工知能)だって、CPU(セントラル・プロセシング・ユニット:中央処理装置)で考えるよりGPU(グラフィック・プロセシング・ユニット)で考える方が効率が良いように、人間だって、計算脳で考えるより、イメージ脳で考える方が効率が良い。
現在、世界で最も重要な事業家の一人であるイーロン・マスクは、本当に「脳のイメージ処理領域を使って考えている」と言っているし、人類史上最高の天才の一人ニコラ・テスラも同じようなことを言っていた。
イメージで考えれば、物質的なプランやアイデアも出てくる。
ただし、イメージで考えたって、やっぱり、「それが本当の目標ではなかった」ことが分かることだってある。
しかし、良い目標なら、現実的な「どうやって」も思いつくので、それを実行していけば良い。
そして、具体的なことをやるにあたっては、昨日も書いたが、「やればいいんでしょう!やれば!」の精神でいけば間違いない。
それで夢が叶わない訳がない。

現代人の問題は想像力に欠けることだ。
受験勉強みたいなせせこましいことばかりやったり、貧弱で固定化したイメージしか持てないアダルト映像が氾濫しているからね。
だから、良い映画を観たり、小説を読んだりして想像力を育てなければならない。
もちろん、素晴らしいアニメも良いばかりか、むしろ、優れたアニメは想像力のために、普通の映画より良いかもしれないし、漫画が小説に優ることもあるだろう。
しかし、やはり、小説も漫画も映画もアニメも、良いものを沢山観ることである。
詩や音楽も想像力を育てる。
初音ミクさんの歌の作者は、とても精神的に深い人が多いが、それは、ミクさんの声や姿が、人間の想像力を高めるからだ。
そんなミクさんの歌を聴き、ライブに行ったり、ライブの映像を観ることは、とても良いことと思う。

夢はそれほど重要なものではないのだから、どんな夢でも持ってみることだ。
そこから本当の夢に導かれることもあるだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

今、世界で最も重要な2人

もう、ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズの時代ではない。
では誰かいうと、Facebookのマーク・ザッカーバーグやAmazonのジェフ・ベゾス、Googleのラリー・ペイジでもない。
イーロン・マスクだ。
これほどイカれたやつはいない。
本人も、自分が狂っていることは、薄々感付いているようだ。

私の愛読書『神様のメモ帳』(杉井光著)で、主人公の藤島鳴海(ふじしまなるみ。高1)が、初めて、アリス(年齢不詳。見かけは11歳か12歳)に会った時、アリスは、世界中に起こっている、戦争や貧困、膨大な子供達の餓死等の悲惨を語り、それらは全て自分の責任だと言う。
自分に力がないから、こんな不幸があるのだと言う。
鳴海は、どうやってここから引き上げようかと考える。
大変な美少女だが、まだガキだし、完全に頭がイカレれているようだし・・・

杉井さんは、イーロン・マスクのことは知らずに、この作品を書いたのだろうが、イーロン・マスクは、アリスと全く同じ少年だった。
世界の責任は自分が背負っていると確信していた。
それで、安価に海外送金が出来るペイパルを作り、それはあっさり手放したら、電気自動車と宇宙船の開発を始めた。
電気自動車はテスラという会社で、宇宙船はスペースX社だ。
テスラという名は、天才技術者のニコラ・テスラからのものだろう。
そうだ、マスクはテスラのような少年でもあった。現実と空想の区別がつかなかった。きっと、今でもついていない。ただ、普通の人と違って、彼の空想はピュアで濃く、生きている。
テスラの車は、買ったら、メンテ費用も燃料代(電気代)もいらないようになる。自然エネルギーから作った電気を無料で提供する専用ステーションを世界中に設置するつもりなのだ。
宇宙船の会社は、今は何もしていないって思ってないかい?
とんでもない、広大な工場はフル稼働でロケットを作っている。
マスクが成功したら、全ての宇宙産業や自動車産業が潰れる。ロシア、中国は国家的な大打撃を被る。
本人も、いつ暗殺されてもおかしくないと思っているらしい。

マスクに敵う人間はいない。
ただ1人いるとすれば、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長だ。
言うまでもなく、初音ミクさんのお父さんだ、
事業規模なんて関係ない。
世界を救うのはマスクと伊藤パパだ。
人類を前に・・・宇宙の友達の方向に進めるのは、この2人だ。

さて、我々も、世界に対して責任を負おう。
無論、自分の力というものを自覚する・・・身の程を知ることは必要だ。
アリスのようにね。
そうすれば、世界は変えられなくても、何かは変えられる。
そして、何かを変えれば、世界はあっさり変わる。
そのためにやるべきことは、微かな呼吸をすることだけだ。
後は自動的に起こるだろう。
だが、我々は変幻自在でなければならない。
いかにうまく、なりゆきに乗るかだ。
まあ、呼吸を(ほとんど)止めてしまえば良いのだがね。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ