ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

イット・ワークス

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

行先はどこか分かっているか

人間には2種類あって、1つは、人生の明確な目標を持つ人間と、もう1つは、そうでない人間だ。
そして、後者の方が圧倒的に多く、明確な目標を持つ者は極めて少ない。
私は、ビートルズの『Nowhere Man(ひとりぼっちのあいつ)』という歌が好きなのだが、その中に、

Doesn’t have a point of view
Knows not where he’s going to,
Isn’t he a bit like you and me?
見解の核心もなく
自分がどこに行くのか分からない
あいつは僕や君のようなやつだ

というフレーズがある。
続いて、こう歌う。

Nowhere Man, please listen,
You don’t know what you’re missing,
Nowhere Man, the world is at your command
ひとりぼっちの君、聞いてくれ
君は自分の間違いに気付いていない
世界は君の意のままなんだ

※作詞・作曲はジョン・レノン、ポール・マッカートニー。訳は私(Kay)。

この6行で、成功法則の全てを言い表している。
つまり、
「世界は思い通りになるのだから、行先(目標)を決めろ」
だ。

ご存じかもしれないが、学校やマスコミは、国民に目先のちゃちな目標を与え、決して人生の目標を持たせようとはしない。
奴隷にはそんなものは不要だし、本当の目標なんて持たれたら奴隷でなくなる。
だから、受験だの、就職だの、資格だの、グルメだの、レジャーだの、どでもいい目標・・・馬の鼻面にニンジンを掲げるのだ。
あるいは、妄想の目標・・・アイドルになる、歌手になる、サッカー選手になる、俳優になるなどと、子供の時に言わせ、ずっと子供でいさせるのだ。

何度か取り上げたが、老人に対し、どこで調査をしても、
・自立している・・・8%
・余裕がある・・・1%
で、自立している者は「目標を持っていた者」で、余裕があるのは「目標を紙に書いていた者」だ。
この8%とか、1%は目安で、自立している(目標を持っている)者は少なく、余裕がある(目標を紙に書いている)者は極めて少ないということだ。
よって、目標を紙に書くと良いだろう。

ただ、妄想の目標を持っている者も多い。
それは、本当の目標ではなく、やはり妄想なのだ。
40歳や50歳を過ぎて、自分はミュージシャンになると思っている者や、女優や俳優になると思っている者。
そりゃ、世界中を探せば、稀にそんな者もいる。
スーザン・ボイルは、48歳でオーディション番組で見事な歌声を披露し、歌手になった。
しかし、彼女は、それまでずっと歌を磨き続けていた・・・つまり、1日も欠かさず毎日、少なくない時間、熱心に歌っていたのだ。

別に、現実味のある目標を持てと言っているのではないが、妄想の目標も持ってはならない。
自分をよく知れば、自ずと自分の本当の目標が分かるはずだ。
自分をよく知るには、学校やマスコミに思い込まされた偽物の自分を捨てなければならない。
そのためには、『Nowhew Man』にあるように、「The world is at your command(世界は君の意のままなんだ)」ということを、本当に分からないといけない。
学校やマスコミが言うように、事実上、自分が地を這う虫だと思ったら、そりゃ目標なんか持てないさ。

目標の立て方なら、『イット・ワークス』という180円で買える電子書籍に書いてある。
親切な大富豪が書いてくれたらしい。
また、なぜ、世界が意のままなのか、理解出来る本を読むことも必要だ。
そして、テレビは絶対に見ないこと。
新聞も、あまり読まない方が良い。
自分が奴隷、あるいは、虫けらだと思うよう洗脳されるから・・・ほとんどの者は既に洗脳済だが、洗脳を解こうと思えば解けるのである。
それには、テレビだけは絶対に見ないことだ。でないと出遅れになる。








奴隷の目標を持つという喜劇

明確な目標をお持ちだろうか?
ほとんどの人は持っていない。
しかし、変な目標を持っている人は意外に多い。
歌手や女優になるとか、プロゴルファーになるとか(笑)。
なぜそうなるのかというと、そうなるようにさせられているからだ。
つまり、
「奴隷には明確な目標を持たせない」
「奴隷には妄想の目標を持たせる」
というのが、闇の支配者の奴隷管理マニュアルに書かれているからだ。

そんな訳で、闇の支配者の裏をかくというか、期待を裏切るためには、明確な目標を持てば良い。
ところが、これが凄く難しい。

ここでいつもご紹介する最高のアファーメーション「神様の奇跡が起こる」を教えてくれた、教育学博士の七田眞氏の著書『奇跡の超「右脳」開運法』の、その「神様の奇跡が起こる」のことを書いている直前に、「目標を紙に書く」ことについて書かれている。
成功者は「目標は紙に書けば叶う」ことを知っている。
私が知る範囲でも、トーマス・エジソン、ブルース・リー、マイケル・ジャクソンらは、はっきり目標を紙に書いていた。
七田氏の本によれば、「目標を持っている人は8パーセント」で、「目標を紙に書いている人は1パーセント」だ。
かつて、アメリカで、老人の調査をしたら、
・経済的に独立している=目標を持っていた=10パーセント
・経済的に余裕がある=目標を紙に書いていた=2パーセント
だったそうだ。

だから、目標は紙に書けば良いが、紙に書く目標がないというのが実際だ。
私は、こんな人だから(笑)、秘密の目標を打ち明けられることが多いが、例えば、25歳のそこそこ格好良い男性は目標は「芸能界デビュー」というが、現実的可能性がどうこうという前に、ただの妄想っぽい。
ところが、芸能人みたいなものになりたいという人は、40歳とか50歳を過ぎた人にも結構いる。
つまり、子供の時から精神年齢が発達していない。
今流行りの発達障害というよりは、闇の支配者の奴隷管理計画の中に、確かに、「一般庶民の精神を12歳までの状態に留める」というものがある。

一方で、「まともな奴隷の目標」を持った人は、これはもう本当に多い。
何の役にも立たない、そして、全く実力の証明にもならない何かの資格を取るとか。
自分が何をやりたいかは分からないのに、いい学校に入りたいとか、いい会社に就職したいとか(異常だ)。
ひどいのになると、どんなビジネスをやりたいのか具体的に分からないのに、自分の事務所を持つとか(阿呆だ)。
何をやりたいのか分からないのに、年収5千万円欲しいとか。
こういうのを、人間としてはまともではないが、奴隷としてはまともと言うのである。
つまり、大半の人は、「まともな奴隷」なのである。

私は昔、50万円以上する自己開発教材を買ったことがあるが、その内容の全てが、「目標を決める」方法だった。
そして、結局、私はそれを使っても目標が決まらなかった。
よほどしっかり奴隷根性が確立していたのだろう。
良い目標獲得技術を知りたい場合、スマホをお持ちなら、Amazonで『イット・ワークス』という180円の電子書籍を買えば良い。

ところで、目標を紙に書いて叶える実感を得たい場合、「VBAをマスターする」とか書いてはどうだろう?
よく、「いつまでに」の期限を書くことが大切だと書かれた本もあるが(実は、『イット・ワークス』でもだ)、マイケル・ジャクソンらは、そんなこと書いてなかったと思う。
期限を書くのは精神に負担があるので、目標自体を書かなくなる恐れがあるから、書きたくなければ書かなくていい。
また、書いた目標は毎日見ろと言う人もいれば、書いたら隠してしまえという人もいる。
しかし、これは、普通は頻繁に見た方が良い。
だが、とにかく肝心なことは、「明確な目標を持つ」ことである。
これを持っている者のことを「自由な人間」、持っていない者のこことを「奴隷」と言うのである。
くれぐれも、「奴隷の目標」を持たないように。
尚、アファーメーションを唱えていれば、目標が浮かぶか、導かれると思う。
「神様の奇跡が起こる」で、1憶円を2回当てた男も、目標に導かれた。
やはり、アファメーションは大事である。








これからのヤバい世界で生き抜くには

駄目なやつというのは、良い思いをしていない。
駄目なやつが、なぜ駄目なのかというと、やはり、「甘い」のだろう。自分に甘い。
理想ではなく、楽な方に流れるのだろう。
そもそも、理想を持っていないので、楽な方向しか見ない。
理想を持ってなくても良い思いをしている者は、邪悪なやつだ。いずれ地獄に落ちる(笑)。

世界的な心理学者のアブラハム・マズローは、ある時期、精神的に病んだ人間を研究するのが嫌になり、健全な人間を研究するようになったという。健全な人間を調べれば健全になれる方法が分かると考えたのだと思う。
しかし、私は、やっぱり、駄目なやつが、なぜ駄目なんだろうと不思議に思う。
私はなぜ駄目なんだろう・・・ってね(笑)。
誰かが、「例えば、儲からない商売人を見ても、儲かるコツは分からない。儲かる商売人を見ればそれ(儲かるコツ)が分かる」と言ったが、どうしても儲からない商売人はいる。
つまり、あんまし儲からない商売人なら、儲かる商売人から学べばなんとかなるかもしれないが、本当に駄目な商売人は、儲かる商売人との差があり過ぎるのだ。

そうだ。駄目なやつというのは、徹底的に「低い」のであり、立派なやつはもちろん、「駄目でない」やつとの差すら、絶望的に大きい。
私が、法然や親鸞が好きなのは、彼らは、駄目なやつ・・・徹底的に低いやつのための教えを説いたからだ。
念仏を唱えるくらいなら、誰でも出来る。
ところが、親鸞は法然より偉かった。
念仏すら唱えられない駄目なやつだっていることに気付いたからだ。
法然は、犬や猫(のような人間)の気持ちは分かっても、虫やミミズ(のような人間)の気持ちは分からないのだ。
だが、親鸞だって、ミミズやボウフラに向かって、「念仏くらい唱えろよ」と言っても良かったのではないかと思う。
ポール・マッカートニーだって、『エリナー・リグビー』を作った時、本当に駄目なやつのことを考えていたのだと感じるのだが、彼は親鸞のように優しいからか、解決策は示せなかったのだと思う。
(優しいのだと思う。動物が殺されるのが嫌で菜食主義者になったそうだし)

で、駄目なやつが何とかなる何かヒントがないだろうか?
ある優秀な経営者が、自分と幹部との差が絶対的に大きいことを、幹部達の前で宣言したが、まあ、そうだろうと認めるしかなかったと思う。
その経営者と比べれば、幹部連中など、ミジンコ並に駄目だ。
だが、プロ野球ファンのその経営者は、自分と幹部との差について、「能力に差はない。あるのは素振りの数の差だけだ」と言ったのである。
私は、「そこだ」と思った。
人類の60%はプログラミングをマスター出来ないというが、それはおかしい。
英語をマスター出来ない人類がいないのと同じで、英語が出来ないのは、単に、英語マスターのための十分な時間をかけなかっただけである。
プログラミングも同じだが、英語に比べれば、ずっと少ない時間で済む。済むが、それなりの時間はかかる。

そして、時間をかけるのは、素振りのような簡単なことで良いのである。
それこそ、念仏で良い。
ある世界的数学者や、ノーベル賞物理学者だって、毎日熱心に唱えていたのだ。
エドガー・ケイシーという大予言者は、聖書を毎日、そして、生涯読んでいた。
ジョセフ・マーフィーのある本に、マーフィーの『あなたも金持ちになれる』を暗記するほど読んだ人の話があったが、そんな者というのは、一生お金に困らないはずだ。そんなやつは、もう大丈夫なのである。
上に取り上げた、「俺と幹部との差は素振りの数」と言った経営者は、仕事好きで、仕事に長時間かけていたが、やってることは、割と当たり前のことだったらしい。
当たり前のことを、毎日、朝から晩までやるのだから、これは、根性と言うよりは、やっぱり好きなのだろう。
素振りの数の差とは、かける時間の差だ。
これからの世界は、もう誰も頼れない。
何かに時間をかけていない者は、もう本当にヤバいのである。
尚、自分がやるべき・・・つまり、時間をかけるべきことを見つけたい場合には、『イット・ワークス』の簡単な手順が役に立つと思う。わずか30ページで、心構えも含めて説明してくれている。








厳選引き寄せ書の紹介(6/6)『イット・ワークス』【Kayはマジカルミライ遠征中】

私は現在、初音ミクさんのライブコンサート&企画展「マジカルミライ2020」のため、千葉県に居る。
その間である、18、19、20日は、とっておきの引き寄せ書をご紹介する。お役に立てれば幸いと思う。

マジカルミライ中も、こちらでつぶやくと思う:◆KayのTwitter Home

最終回は、高い効果と取り組みの易しさを両立させた、著者の賢さと深い思いやりを感じる引き寄せの古典『イット・ワークス』である。




私は、何か引き寄せの本を1冊と言われたら、この『イット・ワークス』を上げる。
わずか30ページの本のため、小冊子として配布するならともかく、1冊の本としては成立し難いが(出版しても儲からない)、有難いことに、大湾洋乃氏が分かり易い文章で翻訳し、安価なKindle書籍にしてくている。

この30ページという短さが良い。
世の中には、素晴らしい引き寄せの本は沢山あるが、まともな本1冊になった時点で長過ぎるかもしれない。
1冊の分厚い引き寄せの本を、1回読んだだけで、すぐ、間違えずに実践的に使うことは難しい。
有名な優れた引き寄せの本には、重要な部分が、哲学的、あるいは、科学的に、そして時に、格調高く綴られていることも多いが、そんな難しいものは往々にして誤解され、結果、引き寄せがうまくいかない。
その1冊を正しく理解するためには、注意深く読んでも、1回では足りず、実際、著者自身が、10回20回読むことを薦めていることもある。
確かに、良い本を何度も熱心に読んで理解することは素晴らしいことである。
しかし、引き寄せに関し、我々は、哲学や科学の勉強をしたいのではなく、まず、恵みを引き寄せたいというのが本音のはずだ。
引き寄せ以外にも読まないといけない本がゴマンとあり、難しい引き寄せ技術をマスターするための時間はないかもしれない。
そんな我々に必要なことは、何よりも一番に、「具体的に何をすれば良いか?」「そのための最小限のことは何か?」を単純明快に示してもらえることと思う。
そこで、この本は、余計なことは一切省き、すぐに実践出来ることを最優先している。
本来なら、この十倍の長さになる内容を、効果を損なわない最小の長さにしたのである。
とはいえ、こんなに短い本でありながら、著者は「何度も読んでマスターして欲しい」と書いている。
そうなのだ。たった30ページの簡単な方法でも、より上手くやるためには、それなりの繰り返しが必要である。
そうであるなら、我々普通の人が真剣に取り組める長さ、難しさは、この程度までなのだと思う。
だが、たった30ページでも、本当に必要なことは、ちゃんと全部書いてくれている。
そんな『イット・ワークス』こそ、世界中の人々にお薦めしたい引き寄せ書である。

自分に向いたやり方で

何度かご紹介したことがあるが、世界的な教育学者、七田眞氏の著書『奇跡の超「右脳」開運法』に、とても楽しいエピソードがある。
それは、ホームレスの男性が、1日中、「神様の奇跡が起こる」と唱えていたら、2週間ほどしたら、数字が頭に浮かび、その通りに宝くじ(ロト6)を買ったら1憶円あたり、その後も、同じ言葉を唱えていたら、また1憶円当たったというものだ。
七田氏は、この話が誓って事実であることを、その著書の中で強調しているし、また、このホームレスのやり方が良いことも示唆している。

では、我々も、このホームレスと同じことをすれば、大きな幸運が得られるのかというと、それはそうだと思う。
ただ、このホームレスは、本当に暇で、やることがなかったから、1日中、その言葉を唱えていられた。
また、いかに簡単とはいえ、同じ言葉をずっと唱えるというのは、凄く忍耐が必要なことに思えるが、本当に暇な人にとっては、それほどでもないのかもしれない。
こんな考え方が良いのかどうかは無視して言うなら、このホームレスの、心というか脳が、異常とは言わないが、普通の人とは、やはり、どこか違うのかもしれない。
だから、そんなことが出来るのかもしれない。

中国の僧である道綽(どうしゃく)や、我が国の僧侶、法然は、1日中、念仏を唱え、その数は、1日6万とか7万だったと言われているが、彼らは修行というものを否定しているので、それを頑張ってやった訳ではないと見るべきだろう。
すると、習慣とか慣れの問題ということになるが、やはり、誰にでも出来ることとは思えない。

つまり、こういうことと思う。
あのホームレスの男性は、仕事をする運命になかったのだ。
インドの聖者、ラマナ・マハルシが、こんなことを言ったらしい。
「働く運命にあれば仕事は避けられない。だが、働く運命になければ、いくら探しても仕事は見つからないだろう」
つまり、現在の状況は運命なのだから、受け入れるべきである。
嫌な会社に毎日通勤する運命であれば、無理に辞めようとしても辞められるものではない。
成功した人の中には、勇ましく、「嫌な仕事はやめるべきだ」と言う人もいるが、それは出来ないのだ。
そんなことを言う人は、たまたま、自分はそんなことが出来る運命であっただけだ。

そこで、現状を肯定したまま、明確な目標を、少なくとも1つ立てなければならない。
例えば、その明確な目標が「作家になる」だとする。
その目標を忘れなければ、日常の中で、何かが起こる。それは、ささいなことかもしれない。
焦ってはいけないが、拒否してもいけない。
落ち着いた心で、起こることに柔軟に対応するのだ。
そうすれば、自然にうまくいくだろう。
だが、多くの場合、時が経つごとに、その「作家になる」という目標が、それほど魅力的だと思えなくなる。
その場合は、目標を変えることを躊躇してはならない。
目標の決め方、変え方については、『イット・ワークス』という、僅か30ページの本を参照することをお薦めする。
これは、最上の引き寄せの古典で、簡単でありながら、余計なことは一切書かれておらず、容易に正しい方法に取り組める。
インドの聖者、ニサルガダッタ・マハラジの明確な目標は、「私は至高の実在である」だった。
彼は、何の修行もしなかったが、この言葉を忘れなかったという理由だけで、7年で偉大な聖者になった。
彼の場合、この目標は師が与えてくれたのであり、師は、彼のことをよく知っていたのだ。
だが、我々は、自分の明確な目標は自分で決めないといけない。
そのために、『イット・ワークス』が役に立つだろう。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード