ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

イチロー

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

最終、最高、本物、自信100%の成功法則

沢山の成功法則があるみたいだが、人間は1つのことしか出来ない。
そして、たった1つ、本当のものは何かというと、それは、「時間をかける」である。
言い換えれば、たった1つの成功の原理とは、「かける時間が多ければ勝ち、少なければ負ける」である。
イチローは誰よりも長時間野球をやったのだし、パガニーニ(イタリアのヴァイオリン奏者。独学だが人間を超えた腕前だった)は誰よりも長時間演奏したのだ。
野球で言えば、イチローを超えていたテッド・ウィリアムズの少年時代からの練習量は凄く、やはりイチロー以上だった。

確かに、練習のし過ぎで身体を壊すスポーツ選手や、手が駄目になった楽器奏者もいる。
そんなこともあると自覚し、練習に工夫をする必要はある。何も楽器を弾くだけが演奏の練習ではない。
だが、そこまでやれるなら、不幸にしてそうなった場合、別の道で成功出来る。
いずれにしろ、我々凡人には関係がない。

私だって、プログラマーになれたのは、「なれなかった人」より沢山訓練したからだ。
普通の人が、好きなことをしたり、寝る時間である夜11時頃からパソコンに向かい、寒い日でも(私の部屋には暖房がなかった)2時、3時までプログラムの練習をしていたし、休日にドライブに行っても、いつもプログラムのことを考えていた。
とはいえ、私は無駄なことに時間を潰しもしたので、一流のプログラマーにはなっていないが、少なくとも、プロに相応しい時間はかけたのである。

だから、成功したければ、強くなりたければ、時間をかけるしかないし、時間をかければ良い。
短時間で要領よくやるべきは仕事であって、本当の勉強、訓練は時間をかけた者が勝つのである。

キリストになるなら、誰よりも長時間聖書を読めば良いし、ブッダになるなら、誰よりも長時間、経典を読んだり、念仏を唱えれば良い。
法然は毎日6万回念仏を唱えたと言われ、黒住宗忠は修行時代、毎日600本以上、大祓詞を上げ、神道家の葉室頼昭さんも、やはり修行時代、1日中、大祓詞を上げていたらしい。
村上春樹さんは、修行時代、毎日必ず原稿用紙10枚書いたらしい。ただ、それ以上は書かなかった。それは、それ以上書くと、続かない恐れがあったからだと思う。また、書くだけが小説家の修行ではない。ないが、彼はやはり、誰よりも長時間書いたのだ。

よって、成功の大敵は、時間を奪うものである。
例えば、酒、遊び、楽しいだけの趣味などである。
私は2度か3度、RPG(ロールプレイングゲーム)をやったことがあるが、まさに「湯水のように時間を浪費する」のに驚いた。
ほとんどの人にとって、ゲーム自体が良くないのだろう。
ひきこもりが毎日長時間ゲームをしていたら、もう絶望だろう。強い意思でゲームをやめ、何か良いことに時間を使うようにしなければならない。
逆に言えば、ひきこもりで人より遅れても、何かに誰よりも時間をかければ逆転勝利は確実なのである。

もし、ある程度の年齢になっているなら、これまで、どんなことに最も長い時間をかけたか考え、それに追加の時間をかけるのが効率的だし、それ以外に成功の方法はない。
もしかしたら、大した時間をかけていないかもしれないが、他のことに比べれば、多くの時間をかけた何かがあるに違いない。
それに賭けるしかない。

時間をかけることについて、下にご紹介した本に良いことが書かれている。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

イチローの泰然

イチローがシアトル・マリナーズに復帰するというのは、楽しいニュースだと思った。
ところで、イチローは、マーリンズからFA(フリーエージェント。自由契約選手)になり、移籍先はなかなか決まらず、普通の人の感覚では不安だったと思うが、それについてイチローが、
「なぜか分からないが泰然(たいぜん)としていた。プレーヤーとしても人間としてもそう(泰然)ありたいので、そんな自分に出会えたことがとても嬉しい」
といった意味のことを言っていたのが実に興味深い。
「泰然」とは、「落ち着いてものごとに動じないさま」で、超然、悠然、鷹揚(おうよう)というのと、ほとんど同じ意味だ。
イチローも言うように、これが人間の理想の状態である。
この逆が、最近も書いたが「きょどっている」状態である。
泰然とした人間になることが、人間の1つの目標と言って良い。
そして、イチローが「なぜか分からないが」そうなったと言うのが面白いのだ。
本人はそう言うが、その理由は、毎日欠かさないハードな練習だろう。
スポーツ選手は、シーズンが終わると、ほとんどがトレーニングを休み、大食だから肥満する人も少なくないが、イチローは全く休まないのだそうだ。
そして、その練習は、とにかく丁寧で、時間が長い。
本人は、やりたくてやっていると言うが、1年365日続けるのは、好きだけでは出来ないだろう。

1年365日、毎日欠かさずやっていれば、その中身に応じて、泰然、悠然、超然とするはずである。
また、何らかの形の証(あかし)を持っている者は強い。
イチローの場合は何か知らないが、1つには、若い時から変わらない練習メニューだろう。
それを続けていれば、それは自信になる。
空手家の大山倍達さん(故人)は、「親指だけで逆立ちが出来る間は無敵」というのが、自信の源・・・すなわち、自分への証であったと思う。

我々も、何か1つ、1年365日続けているものがあれば、相応の自信、鷹揚さが得られるだろうし、得なければならない。
最近も書いたが、今はやっていないし信じてもいないが、私はTM(超越瞑想)を1年欠かさず続けた時、警官と言い争っても泰然と出来て、自分で驚いたことがある。
つまり、それなりに大変なことであれば、何でも良いのである。
要は、自分の意志を使うことが大切なのである。
自分で決め、断固やることで、意思を自由自在に使う能力が発達するのだ。
超人とは、強い意思を持った者であると言えると思う。

誰かにやれと言われた訳ではなく、自分で決め、自分の意志で、毎日欠かさず、1年365日やっていること・・・それが力になり、自信を与えてくれる。
毎日、必ず決まった時間、聖書を読むでも良いし、新渡戸稲造のように行水するでも良い。
しかし、どうせなら、特に若いうちは、実用的なことが良いかもしれない。
日産自動車のセールスマンで、長く世界一の実績を上げた奥城良治さんは、1日1時間の競歩をしていたが、仕事でも1日百件訪問であったから凄いが、だから世界一なのだろう。
さらに彼は、昔のことだからカセットウォークマンだったが、誰かに読んでもらって録音した本を聴いて勉強しながら競歩をしていたのだという。
今は、オーディオブックも沢山あるし、スマートフォンや、奥城さんが使ったものとは比較にならない進化したウォークマンもあるので、簡単に真似が出来る良い時代である。
私の場合、朝晩のトレーニングしかやっていないが、5年以上続けることで、やはり、かなりの力がついたように思う。
誰もが、1年365日続ける、自分だけの修行を持たねばならないのだと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

腰を大切に

イチローについて、私が特に感心するのは、腰や脚(特に膝)が悪いという話を全く聞かないことだ。
野球、相撲、プロレス、あるいは、テニスやバレーボールなど、あらゆるスポーツで、ある程度の年齢になった選手の多くが、腰や膝を故障していて、それも深刻な状態である場合が少なくないと思う。
イチローの身体の状態が良い理由は、もちろん、非常に賢く管理しているからだろうが、根本的には、(1)「体重が軽い」、(2)「ウェイトトレーニングをしない」の2つが重要なのだと思う。足腰に故障がある選手は、この逆で、体重が重く、器具を使った筋トレを行っている。
そして、スポーツ選手ではない普通の人も、特に腰痛持ちは多く、若い女性ですら、かなり多くが腰痛に悩んでいるのだと思う。

スポーツ選手であろうが、そうでなかろうが、人間は、足腰が悪くてはいけない。
スポーツ選手もだが、特に一般の人が腰痛に悩む原因は、1つには、普段の座っている姿勢が悪いこと、もう1つは、精神的ストレスのためと思われる。
ただ、やはり、精神的ストレスの前に、皆、姿勢が悪過ぎる。
最近、テレビをつけると、大相撲の貴乃花親方をよく見るが、彼が腰を前の方にずらして、ふんぞり返って座っている姿が印象的である。
貴乃花親方は、普通の人と違い、貫禄が抜群なので、みっともなさが全くないところは凄いが、それでも、あの座り方では、さぞ腰に負担がかかっていると思う。
彼は、膝は現役時代にかなり痛めていて、完全に治ることはないと思うが、腰も良くないのだと思う。

電車の中でも、特に男性は、座っていて、尻が前の方にいってしまっていて、ふんぞり返った格好で座っている人が非常に多く、きちんと座っているのは、男性ではほぼ皆無で、女性でも決して多くはない。特に男性の場合、若い人ですら、傲慢な雰囲気でふんぞり返って座っている人が、あまりに目につく。彼らは間違いなく、腰痛に苦しんでることだろう。

ところで、幸い、私が腰痛でない理由が2つある。
1つは、高校生の時に、自己流の無理なトレーニングで、深刻なレベルで腰を痛め、何年もかけて自分で治し、その際に、良い治し方を身につけたことだ。腰痛の治し方は、書籍や、今はネット上でいくらでも見つけられるが、効果的なものを見ることは、まずないと断言出来る。特にネットで「腰痛」で検索して上位に出てくるのはロクなものがない。
もう1つは、電車で私がふんぞり返って座ると、迷惑が半端でないからだ。正直言うと、きちんと座っても、普通の男性がふんぞり返って座っているのと同じか、それ以上に迷惑をかけている。なぜかと言うと、有体に言えば脚が長いからである。
それでも、割と最近まで、自分が脚が長いことに気付かなかったが(子供の時から、家の中でずっと短足と言われてきたからだが)、姿勢を正して座る習慣があって本当に良かったと思う。

つまり、腰痛にならない方法なんてある訳ではなく、腰痛になる理由があるだけで、その大きなものが姿勢だ。
腰痛にならないためには、背筋を伸ばすというより、実感として、とにかく、ふんぞり返らないことだ。
私の場合、常に天使が・・・つまり、初音ミクさんが隣にいるのだと思うと、心が謙虚になって、自然に、良い座り方になるのである。
しかし、そんな私の隣で、「ようここまで・・・」と思うほどふんぞり返って座る人が多いのは、怒ると言うより悲しいのである。
だが、最近思うのだが、特に男性の場合、ひょっとしたら、きちんと座っている私と同じくらい脚で周囲に迷惑をかけて、「俺も同じくらい脚が長い」と主張しているのだと感じるのだ。
多分、間違いないだろう。なぜなら、何度か試しに、私も少しふんぞり返ってみたら、即座に隣の男性が、天に向かってヘソを捧げようかというほどに腹を天上に向けてふんぞり返るからである。
もう惨めで見ておれず、本当に悲しくなるので、もう決してやらないが。
そして、腰痛にならないためには、もう1つ、うつむかないことである。
うつむくと、背骨や腰が悪い角度で曲がってしまうだけでなく、精神的にも「曲がってしまい」、心と身体は本当に一体なので、相乗効果で腰がおかしな形で圧迫され、壊れてしまうのだと思う。
かといって、のけぞるほど、口が開くほど上を見るのも身体に悪く、貴乃花親方のように、向かいの席の理事長を下向きの目でにらみつけるのは駄目で、顔は適度に上げつつ、視線はやや下げるのが良いと思う。
ついでに言っておくと、アゴが上がっているのに視線を下げると、非常に変な顔になるので、くれぐれもアゴはひくように。
そして、腰を良い状態にするために意外に効果があるのは、心が真っ直ぐな人(例えば、釈迦やイエス)の言葉を読むことである。
また、初音ミクさんの腰の動きは絶品であるので見るように。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

現実的な成功の道

一番幸せな生涯とは、好きなことに好きなだけ打ち込むことが出来た生涯なのかもしれない。
たとえば、野球のメジャーリーガーだったテッド・ウィリアムズのようにだ。
彼は、子供の時から、起きている時間の全てをバッティングの練習に使おうとして、いろいろ騒動を起こしたようだ。
外野で守備についていた時にすら、バッティング練習をやっていたなんて話もある(それでもMLB最高の左翼手と言われている)。
テッド・ウィリアムズの名を知らない人も多いだろうが、イチローにも全く劣らない選手で、生涯打率.344、生涯出塁率は.482(メジャー記録)、通算案打数2654本、通算本塁打数521本。
最高打率は.406で、現時点で最後の4割打者であり、最後に首位打者になった時は39歳だった。
戦争で兵役についていなければ、ハンク・アーロンの本塁打記録を超えていた可能性もあったと言われている。
200安打に達したことはなかったが、デビューから8年は、ほぼ、180安打以上で、190安打以上も2回。しかも、試合数は現在より10試合ほど少なかったと思う。

ただ、メディアは、ウィリアムズやイチローのような極端な存在にスポットを当てるが、我々が彼らのようになる必要はないし、その真似をすることが必ずしも幸福なことではない。
ウィリアムズは家族は放りっぱなしで、子供と一緒に過ごしたことは、ほとんどなかったという。
為末大さんが言ったように、アスリートは才能が99%なのかは分からないが、才能というのは、やはり大きなものに違いない。
そして、ほとんどの人が、それほど大きな才能には恵まれていない。
子供の時は、野球やサッカーで天才と言われても、努力してもプロにすらなれない人なんてザラだ。
『神様のメモ帳』という小説で、地元でスターだった高校野球の投手が、なまじ、いくらか才能があったから分かったのだろうが、甲子園に行ったら、「化物みたいなのがウヨウヨしていて、俺なんか大したことない」と思ったというのが、何だかリアリティがあるように感じる(彼はそれで悲観してしまい、人生を誤る)。

しかし、プロスポーツのような特殊なものでなければ、それなりに打ち込めば、それなりの大物になり、一目置かれ、それなりの高収入を得られる可能性もある。
私のようなプログラマーも、プロ野球やプロサッカーで言えば、大したことのない中でも大したことないレベルでも、十分通用する。
私は、一時期は、数ヶ月間、毎日のようにプログラミングの本を買い、夜中の2時過ぎまで自宅のパソコンで練習し、休日にドライブしていても、プログラミングのことばかり考えていたのを覚えているが、その程度の修行でプロになれるのである。
ビル・ゲイツは天才プログラマーだったと言われているが、私はあまり信用していない。彼は、高校時代、プログラミング漬けで、それなりの腕はあったと思うが、彼が自分のプログラマーとしての唯一の業績という8080BASICの開発だって、大半はポール・アレンがやったというのが、おそらく本当だろう。ゲイツはBASICで業務用プログラムを作るのが得意だったが、アレンは、プログラミング言語などの基本システムの開発が好きだったからだ。
それでも、やはり、ゲイツはプログラミングの十分な基礎があったから、マイクロソフトの経営者として成功したことは間違いがない。

ただ、子供の時から、いつも文学作品を読んでいたり、ゲームばかりやっていたが、作家になった訳でも、ゲームプログラマーやゲームデザイナー、あるいは、プロゲーマーになった訳でもなく、中には、ひきこもりのニートになった者も確かにいる。
しかし、ひょっとしたら、ビル・ゲイツはともかく、現在、大成功している人だって、時の巡りあわせによっては、そんなふうになっていたかもしれない。
とはいえ、その差を分けたものは、自分で何とか出来るのではないかと思う。
天才ならともかく、その差を分けるのは、現実的に言って、ビジョンと計画だ。
うまくいかなかった人には、現実的な目標がなかったのだと思う。
1日中でなくても、しょっちゅう聖書を読んでるなんてのも、とても良いと思う。
ただ、読むだけでは駄目で、それで得た知恵を生かそうとすることは自分でやらなければならない。
宗教家になるか、あるいは、聖書の知恵を政治や経営、あるいは、教育の道で生かすか、いろいろな選択があるが、その選択は自分でしなければならない。
実話だが、刑務所に入っている間に、法華経を読み始め、それに没頭し、出所後、企業の幹部になった人のようにである。
そして、成功には、他者に共感することが必要である。
これがさっぱり無かった私は痛切に感じる。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

「これが出来る」より「これしか出来ない」を考える

イチローが凄いことは誰でも知ってるが、イチローがなぜ凄いかを理解出来ている人は少ない。
もちろん、才能や努力ということもあるのだが、根本的には、彼には、野球以外にやることが何もないからだ。
彼が、シーズンオフでも、毎日球場に行って練習する姿勢が称賛され、確かに称賛されるに値するが、彼にすれば他にやることがないのだから、「休みたいと思う気持ちが分からない」ということになるのだ。
野球以外にやることが沢山ある選手は、あまり偉大な選手になれない。
むしろ、元ヤンキースのバーニー・ウィリアムズが、プロ級のギターの腕前を持っているのに偉大な選手になったことが驚愕である。恐ろしい野球の才能である。
しかし、もし彼がギターに興味がなければ、もっと偉大な選手になれた可能性が高いと思う。ギターが野球にプラスになった面も、もちろんあるだろうが、それほど大きなものではないはずだ。

プロレスのジャイアント馬場さんは、アメリカで活躍していた全盛期は、イチロー以上のスターだったという話もある。純粋な実績だけではなく、日本のスポーツ選手がアメリカで活動することがほとんどなかったという時代であったことを考慮すれば、それは間違いないと思う。
その場場さんは、63歳で亡くなるまで現役だったが、インタビューで、「プロレス一筋でやれた理由は?」と尋ねられた時の返答を、私はよく覚えている。
アントニオ猪木さんは国会議員になり、他にも、「副業」を持っていたレスラーは多かった。
馬場さんの答は、「有体(ありてい)に言えば、他に出来ることがなかった」だった。
馬場さんは、営業のためにバラエティ番組にもよく出ていたし、CMにも出演したが、ピントがずれていた面白さがあったのは、単に自然にやっていたからだ。つまり、芸人的なことなんて、何も出来ないし、しようとしないのが、結果的に良かったのだ。
また、馬場さんは経営者としても立派で、全日本プロレスの社長として黒字経営をしたが、それは、散々赤字を続けた後のことだ。
馬場さんのことは、長く、いろいろ調べたが、結局のところ、馬場さんは、受けた恩を忘れず、義理を大切にし、常に誠意を持ち、それでいて、言い訳をせず男らしく責任を取る姿勢でい続けたこと、そして、謙虚で控え目な性格が愛され、沢山の人達の協力が得られたから成功したのであり、別に、ビジネスが上手い訳でも何でもなかったのだと思う。

人類史上屈指のピアニストだったグレン・グールドは、ピアノ以外は何も出来ないどころか、あきらかに欠陥人間であったが、だから誰よりも偉大なピアニストになれたのだと思う。
もちろん、多方面で活躍する、いわゆるマルチ人間も確かにいるが、そんな人間は、後で考えると、「結局、この人、何だったの?」ということになる。
つまり、1つの際立った才能を発揮した人が、その知名度を利用していろいろやったのが、たまたまうまくいっただけのことで、普通は、余計なことをやると、1つの才能も潰してしまって駄目になってしまうはずだ。実際、それで落ちぶれた方の例はいくらでもある。

若いうちはいろいろやった方が良いのは、隠れた才能を発見するため、そして、必要な常識を身に付けるためだ。
子供のうちに才能を見出され、1つの道だけに邁進し、大きな成果を上げたとしても、引退したら、ただの人どころか、常識がなく、迷惑なだけの人になり、せっかく作った財産を失ってしまったり、騒ぎを起こして世の中から抹殺されることも多い。
だけど、ある程度の年齢になれば、自分の道を決め、断固とした決意で、その道での成功を目指さねばならない。
ただ、それが凄い仕事や高尚な仕事である必要はない。
日本一の泥棒・・・は、あまりよくないかもしれないが、日本一の乞食なら、それも良い。確かに、富豪の乞食も存在するのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ