ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

イチロー

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

所詮(しょせん)は数の勝負

イチローがなぜ、誰よりも優れた選手だったのかというと、誰よりも長時間練習したからだ。
とはいえ、昔のスポ根漫画のように、鉄のバットで鉄のボールを打つようなことも、ロッキーのように、雪山で重いものを運んだ訳でもなく、練習そのものは、およそ野球選手なら誰でも出来るものだった。しかし、それを誰よりも長時間やったし、シーズンオフで他の選手が休んでいる時でも、「好きで」練習していた。
「時間より練習の質が大事だ」というのも、その通りだが、今どき、どの選手も良い練習をしている。ただ、筋トレのような、短時間で効果を上げる練習が好きな選手が多くて、結果、身体を駄目にしてしまうが、イチローは筋トレはしなかった(彼が使っていたトレーニングマシンは、一般で言う筋トレマシンではない)。
「所詮は時間」なのだ。

私が、「所詮は数」と思い知ったのは、セールスマンをしていた時だった。
セールスマンは口がうまく、いろんなセールステクニックを持った人が、ある程度は成績を上げるが、最高の成績を上げる人というのは、誰よりも沢山訪問する人だった。
私がセールスをしていた会社で全国トップのセールスマンは、非常に口下手で、およそセールスマンに似合わない大人しい人だった。だが、それが彼に幸いした。
「どうせ自分はセールスが下手。他の人に勝つには件数で稼ぐしかない」と悟り、誰よりも数多く訪問したのである。
例えは悪いが、ナンパの達人が、声をかける女の子がことごとくなびくかというと、それはとんでもない誤解で、半端ない数の断りに耐えて声をかけ続けてこそ、ナンパに成功するのである。数の前には、イケメンも普通の顔も、あまり差はない。

正確ではないかもしれないが、斎藤一人さんが、著書で、「上場(会社が株式公開すること)するにはどうすれば良いか」に対し、「上場する」と口に出して言えば良いと書いておられた。それだけにして、余計なことをその何倍も書かなければいいのにと思うが、それだけでは本にならないのだから仕方がないだろう。また、斎藤さんは千回と数を指定しておられたが、数は多ければ多いほど良い。「上場する」と言った数が多い方が勝つのである。
昔のNHK大河ドラマ『毛利元就』で、戦国大名で知将の尼子経久(あまごつねひさ)が、元就に、「策多ければ勝ち、少なければ負ける」と言ったのを私はよく覚えている。
だが、そのドラマでは、その教えに従って、元就が行う策がことごとく成功したように描かれてたのは駄目だった。
実際は、1つ成功する裏に何度もの失敗もあり、失敗した時のリスク管理が大切なのだが、そんなお話は面白くないのだろう。
そのドラマでの「策略家」元就の成功は、セールスで言えば、訪問する家で全部売れるようなものであるが、それはどんなセールスの達人でも無理で、1つのセールスが成功する裏には、沢山の断りがあるのである。
だが、言葉で「上場する」には失敗はないので、数多く言えば良い。
では、我々はが何をすれば良いかというと、自分の目標を言葉にして言えば良いのである。
「体重を60kgにする」「Pythonをマスターする」「ネットで月百万円稼ぐ」でも良いが、多くの成功法則では、過去形(あるいは過去完了形)で言うのが良いとされるので、「私の体重は60kgだ」「私はPythonをマスターしている」「私のネット収入は百万円だ」などでも良いが、あまりこがわらず、自分が良いと思うようにやれば良いと思う。
しかし、イエス・キリストもまた、「願い事はかなったと思えば叶う」と、過去形が推薦のようだ。
だが、数多く唱えれば良いと福音書に書かれてはいないが、これは、感情を込めてクドクド唱えるなということと解釈したい。
斎藤一人さんも書いておられたと思うが、言葉は、感情を込めず、淡々と唱えるのが良いのである。








普通にやればうまくいく

イチローがやった練習は、おそらく、特殊なことではなく、特に若い選手なら、誰でも同じことが出来ると思う。
ただ違うのは練習時間で、イチローは誰よりも長い時間練習したし、逆に言えば、長い時間やれる練習を考えたのだと思う。
スポーツでは、よく「秘密練習」なんてことをやるが、それは単に、先発が誰になるかバレないようにする程度の理由で、練習方法自体を隠す必要はない。

私が知っている優秀な経営者は、専門でも何でもないITのことでも若い社員よりよっぽど知っている。
それで、「どうしてそんなに詳しいのですか?」と尋ねたら、「普通に本を読んでたら分かるやろ」と言う。
特別なノウハウなど何もなく、普通に本を読めば分かるのだが、それを普通の人はやらないだけなのだ。
その経営者は以前、予備校を経営していて、生徒を志望校に合格させなといけないのだが、その方法についても、「受験に出る問題を覚えていればいい」と単純明快で、それは単に、時間をかければ出来ることだと言う。
そして、どんなことでも、当たりを出すには、黙ってクジを引き続ければ、いつか必ず当たりが出るように、成功するまでやれば良いと言う。
だが、普通の人は、うまくいかないとすぐに挫折したり、あるいは、近道をしようとして、取り返しのつかない失敗をするのだ。
そこらは、元セールスマンだった私には明確に分かる。
売れなくても我慢して百件訪問すれば、1件は売れるものなのだ。だが、駄目なセールスマンは、30件とか60件とか99件で諦めてしまうのだ。
だが、300件で売れなくても諦めないと、やがて、連続で売れる時も来る。そんなことも、私はよく経験していた。

どうすれば、プログラミングをマスター出来るかとよく聞かれる。
しかし、それはおかしな質問だ。
答は、「マスターするまで勉強する」で、多少の早い遅いがあるとしても、長い人生から考えると、全く差はなく、誰でもマスター出来る。
私は、駆け出しの頃、C言語をマスターした時、C言語の本を肌身離さず持ち歩いた。当時は、C言語の実践が出来ない状況だったが、それでも、大した時間をかけずにマスター出来たのである。

神通力(超超能力か)?
「アジマリカン」を唱え続ければ良いのである。








人間に才能なんてものはない

モーツァルトは神童の代名詞のようなもので、幼い時に、いきなり、ピアノを凄い腕前で弾き、素晴らしい曲を作った・・・なんて聞いたか見たかした覚えがある。
しかし、そんな話は、必ずと言って良いほど誇張がある・・・ないはずがない。
幼いモーツァルトがロクに練習もせず名演奏をしたという話は、実際は、モーツァルトは、なんらかの理由でそれなりの期間、猛練習していたに違いないのだ。
幼いモーツァルトが作った曲も、実際は大したことないものだったが、「立派な曲」にされてしまったのだろう。
よくある話じゃないか。
ただ、モーツァルトが恵まれた環境にあり、音楽をやる時間がたっぷりあり、また、音楽を好きになる出来事や状況があったのは確実だと思える。

イギリスの作家コリン・ウィルソンが『至高体験』で書いたように、「天才とは全て、内なる衝動」なのである。
イチローは、天才と言われるのが嫌なように思うが、彼も、どれだけ練習したかはあまり言わない。
しかし、メジャーの大打者テッド・ウィリアムズ(出塁率メジャー記録保持者。最後の4割打者。三冠王2度はメジャーの歴史で2人)は、少年時代から、起きている時間の全てをバッティングの練習に注ぎ込んでいると言われるほどだった。
イチローも負けていなかったのだとと思う。
国際的な陸上選手だった為末大さんは「アスリートは才能が99%」と言ったらしく、私も長く信じていたが、多分、それは間違いだ。
ある人類屈指の水泳選手がいて、その選手の体形が泳ぐためにいかに有利かと語られたことがあったが、名スイマーの全部が、そんな体形をしている訳ではない。
短足で不向きと言われながら、陸上の短距離で無敵を誇ったマイケル・ジョンソンは極端な例だが、どう見ても、向いているとは思えない競技で成功したアスリートは多いし、成功したら、向いている点が無理矢理に強調されるものなのだ。

まあ、超一流の話は我々に縁遠いので、私がなぜプログラミングが上手くなったかという話をすれば、暇で他にやることがなかった・・・以外に特に理由はない。
昔の話だが、パソコンの普及期、標準言語だったBASICをマスター出来る者は100人に1人とか言われたが、それが極端な言い方であることは確かとしても、実際、プログラミングをマスターした者は少なかった。
しかし、プログラミングをマスター出来なかった理由は、その気がないか、暇がないかのどちらかでしかない。
理系か文系か、若いか年配か、男か女か、要領が良いかドン臭いか、対話などでの感じで頭が良いか悪いか・・・一切、関係ない。
集中力があるとか、のめり込む・・・などと言えば聴こえは良いが、自分の殻に閉じこもるとか、周囲を無視して自分勝手に行動出来る者がプログラミングをマスターしたように思う。私が全くそうだ。
だが、テッド・ウィリアムズやイチローも、伝え聞く範囲では、極端なまでにそうなのだ。
イチローは修学旅行が嫌で、それに行かなくて済むよう、甲子園に出るために大活躍したと言うし、テッド・ウィリアムズは周囲の都合を一切無視してバットを振ったし、私も社員旅行などは、どれほど常務等の役員に脅されても絶対に行かなかった(あれほどの時間の無駄と精神の苦痛はない。今は、私がいた会社でも無理に社員旅行に行かせるのはパワハラであるという認識が外部から教えられた)。

人間に才能などない。
その気になって時間を注ぎ込んだ者だけが勝利する。それだけが事実だ。
スポーツでも仕事でも、スタート時点で頭抜ける者がいるものだが、そんな者は大抵、ある時期からうまくいかず、むしろ、スタート時点で「向いてない」と言われた者が逆転してトップに立つものである。
才能で成功したかのような者の裏側に何があったかなんて誰も知らないし、ジャーナリズムなんてのは、本当に肝心な情報を知らせないのが鉄板(確実なこと)である。







死ぬほど好きなこと

イチロー以上のバッターは誰かと尋ねられて、確信を持って答えられる人は、特に日本人では少ないだろう。
私なら、テッド・ウィリアムズがそうではないかと思う。
テッドは、メジャーでは1936年から1960年まで活躍したが、途中3年は戦争でリーグは閉幕、1952年と1953年もほとんど軍隊生活を送っている。
戦争中は、実際に空軍で戦闘機に乗り、戦闘も行った。
実質のメジャーでのキャリアは19年ということになる。
それで、通算安打2654本、本塁打521本、生涯打率.344、打点1839。
最高打率は.406で、最後の4割バッターと言われるが、そのシーズンの最終試合には出場している(周囲からは欠場を勧められた)。
三冠王を2度獲得している。
オールスター戦で左肘を骨折したシーズンも106安打、28本塁打を記録した。
テッドは、少年時代から、起きている時間の全てを野球につぎ込み、野球のことだけを考えていた。
学校では、野球の練習に時間を作るだけの理由で、宿題が少ないクラスを選んだ。
その学校は、朝早く登校して野球の練習をし、放課後は近所のグラウンドで照明が消える9時まで練習し、それから帰っても、両親にせかされてベッドに入るまで練習した。
練習はもっぱらバッティングで、守備に興味はなかったが、メジャーでの失策は生涯で113(守備率.974)と、特に多くはない。
イチローも、少年時代から、「いつでもどこでも」練習していたらしいが、テッドも負けていないと思う。

おそらくだが、誰でも、テッドやイチローのように、好きなことがあって、それに打ち込めることを羨ましく思うのではないだろうか?
たとえ、それほどの才能がなくてもである。
初音ミクさんのお父さん、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長は、高校を出て夜間大学に通いながら北海道大学の職員をしていた時、4畳半の部屋に電子音楽機器を詰め込み、その上に板をおいて食事をしたというが、彼も、自分の好きなことをやり通していたのだろう。そして、やはり、私は、そんなことをしたいと思うのだが、それは誰もが同じであろうと思う。
イチローが常々、子供達に「早く好きなことを見つけて欲しい」と言う気持ちが少し分かるような気がする。イチロー自信が、それが良かったと思っているのだろう。

彼らを羨ましいと思う通り、私は、それほど打ち込むものを持っていなかった。
生まれ変わったら、野球選手になって、1日中、素振りをしたいと本当に思うことがある。
私も、プログラミングを始めた頃は、1日中、プログラミングのことを考えていたと思う。
日曜にドライブしながら、頭の中でプログラムの問題を考え続けていたことを覚えている。
しかし、熱意が足りず、他のこと(つまらないことも多い)を考えるようになってしまったのだ。
テッドは、妻にプロポーズする時、彼女に「私を1番に考えてくれる?」と聞かれると、「ノー」と即答し、「1番は野球、2番は釣りで、君は3番だ」と言ったらしいが、それでも結婚してもらえたのは正直だったからだろう。
私なら、ミクさんに「私のこと1番に考えてくれる?」と訊かれたら、「もちろんだよ」と答えるが、やはり凡人である。

武術家の堀部正史さんが子供の時から、テッド・ウィリアムズ並に好きだったのは喧嘩で、実践にも励んでおり、喧嘩ノートをつけて研究も怠らなかった。
そんな彼を見咎めた教師は、彼の母親に通告したが、母親は息子が好きなことにケチをつけず、教師を呆れさせたという。
しかし、テッドが好きなものが野球でなく喧嘩であったら、両親は止めたかもしれないし、それが良いか悪いかは分からない。
ニコラ・テスラは学生時代、1日13時間、技術の勉強をしていて、父親に止められた。
だが、いずれにしても、それほどやりたいことがあることは幸せである。
そして、それはいつからでも遅くはない。
私も、何か見つけようと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

大芸術家はエロい絵が描きたいから生きていた

自分が何に向いているか?
つまり、自分の天職は何かが分からないまま歳を取り、死んでしまうことが多いのだろう。
そんな悲惨なことが多い理由は、学校教育というものが、従順な労働者を作るためのものだからで、優等生や、少しも成績は良くないが卑屈で真面目という者が、特に自分の才能を見つけられない。

最近、ある50歳過ぎの男性に、イーロン・マスクの火星開発計画について話したことがある。
2024年に火星に人間を送り、2060年に100万人の人間が火星に住む・・・といったものだ。
すると、その男性は、「で、火星に行って何が良いの?」と、せせら笑うように言った。
その男性は、大変な努力家で、仕事は出来、その歳で毎朝ジョギングを欠かさず、引き締まった身体をした立派な人だ。
しかし、学校教育が染み付き、世間と完全に一体化している。
私は話すのをやめた。言うだけ無駄だ。この男には何も理解出来ない。
イーロン・マスクは、「人類は他の惑星に進出するようなものになるべきだ」と言った。
そして、「朝、今日も生きようと思う目標を持ちたい」とも。
向上心、そして、夢とロマンだ。
そういったものがなければ、自分が何に向いているか、本当は何をしたいかが分からない。

イチローなんかは、朝起きたら、「今日もトレーニングしたいから生きよう」と思うのではないかと思う。
オフでも毎日トレーニングするそうだが、その理由を聞かれると、「休む理由がないから」で、つまり、トレーニングがしたくて仕方がないのだ。
法然は、朝起きたら、「今日も念仏を唱えたいので、今日も生きよう」と思っていたはずなのだ。
池田満寿夫さんは、「エロい絵を描きたいから、今日も生きよう」と思っていたのではないかと思う。

「今日も生きよう」と思う理由があるだろうか?
そりゃ、死にたくはないだろうが(笑)、そうではなく、生きたいと思う明確な理由だ。
それがあると、目覚めは楽しい。
それが、「音楽を作る」なら、米津玄師になれるかもしれない。
私は少し前、「静かな呼吸をしたいから、今日も生きたい」と思った。つまり、人間の潜在能力に興味があるのだ。
それが、「今日もマントラを唱えたいから生きよう」になることもあるが、あまり真面目に「今日も潜在能力の研究をしよう」などとは思わないものだ。
優れた野球選手は、「今日も、3割を打つためにあれこれしたいから生きよう」というのではなく、「今日もバットを振りたいから、今日も生きよう」と思うはずだ。
人間は単純で、特に、朝起きた時は直感的で論理はないものだ。
目覚めが良ければ全て善しである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード