ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

イエス

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

一番聴きたい言葉

自分の心の中から出てくる言葉で一番聴きたいものは何だろう?
私には、「もう、がんばらなくていいよ」だと思えてしまうのだ。

とはいえ、私はそんなにがんばった訳ではない。
ガンジーやマザー・テレサといった凄い人どころか、小さな会社を作って、従業員の家族の生活を保証するために奮闘する社長さんから見ても、私はほぼ何もしていないと言えるに違いない。
語学もコネもなく外国に行って芸術家になったっていうような人がゴロゴロしているSNSに参加しているが、本当に「がんばってるなあ」と思う(思うだけだ)。
しかし、そんな私でも、「もう、がんばんなくていいよ」と感じるなら、本当に嬉しいと思う。
それは、「もう死んでいいよ」ということなのかもしれない。
だけど、今の世の中、死ぬのも大変なのだ。
人に迷惑をかけないように死ぬには、よっぽどがんばらないといけないから不思議だ。
いわゆる、後始末ってやつだね。
そんな訳で、まだまだ、おちおち死ねないかもしれない。

過去の偉人は、「がんばらなくていいよ」と言っただろうか?
神様にまるごとまかせよと教えた黒住宗忠でさえ、人々に、稼業に励まねばならないと言っている。
ところが、イエスが守るべきとしたモーセの十戒の中には、労働に関することは何も書かれていない。ほぼ、「やってはならない」こと、即ち、禁則が書かれているだけだ。
ただ、イエスの時代は、きつい仕事は奴隷がやるものだという通念があったのである。
アイザック・アシモフによれば、奇妙なことに、イエスは奴隷制に反対はしていなかったらしい。

私の知る範囲で、一切がんばらなくて良いと言ったのは、法然、親鸞、ラマナ・マハルシだ。
現代は少なくはない、40代、50代で、ほぼ働いたことがないという人に会ったら、法然はこう言うかもしれない。
「働くのは当たり前だ。だが、どうしても働けないのなら、そのままで良いから念仏を称えなさい」
親鸞なら、何も言わずに、「念仏を称えなさい」と言うだろうし、ラマナ・マハルシともなれば、働いているかどうかなどには何の関心も示さずに、「自分に対し、私と呼びかけよ」とでも言うだろう。
マハルシに、「隣の奥さんと出来ちまいそうで困っている」と言っても、マハルシは、「そうなっても気に病むな」と言うほどだからね。
なぜなら、気に病もうが病むまいが、そうなることになっているなら、避けられないのだからだ。
マハルシは言っている。
「働く運命であれば仕事は避けられない。だが、働かない運命であれば、どれほど探しても仕事は見つからない」

もうずっと前から、漫画でも、忍者ものやスポ根ものは流行らない。
1人の人間がいくら筋肉を鍛えてがんばっても、たかが知れているが、一方、ひ弱なシンジ君でも、ヱヴァンゲリオンに乗れば偉大なことが出来る。
インターネットはヱヴァンゲリオンなのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

単純な勝利の極意

まだ島田紳助さんが司会をされておられた番組だったが、がんばる老人みたいな企画があったと思う。
その中で、80歳を越えたおばあさんが、何kgだったかは覚えていないが、若い男性でも大変そうな重いバーベルを背負って、スクワットを数回やって見せた。
それを見て、島田紳助さんはおばあさんに優しく微笑んで誉めた。もちろん、彼は、あの時は、そうするよりなかったのだと思うが、私は心の中では、紳助さんは「無茶をするな、馬鹿!」と思ってくれていたことを願った。そして、テレビカメラの前で、いつもより張り切っていたはずの、あのおばあさんが身体を壊していないことを祈った。
本当に、馬鹿なトレーニングだ。
超一流のアスリートですら、普通の選手がバーベル等の器具を使う中で、自分の体重分の負荷しか使わないトレーニングをする人が多いというのに。

アメリカの雑誌か何かに書かれていたのだと思うが、イチローのトレーニング風景を見た記者の印象をまとめたものと思われる「イチローのストレッチは永遠に続く」というタイトルの中に、優れた修行、訓練の奥義が表されていると思う。
もっと正確に言うなら、「丁寧に数多く繰り返す」だ。
そのためには、数多く繰り返すことが出来るよう、1回1回の負荷は適度でなければならない。つまり、本人にとって軽い負荷でなければならない。
そして、最も大切なことは、その1回1回に意識を込めることだ。
1回1回に意識を込めないいい加減なやり方だと、数多くやるうちに変なクセがついたり、身体に歪みが出るし、そもそも、1回1回に意識を込めないと、すぐに飽きてしまう。
腕振り運動のような簡単な運動が続かない人というのは、うわの空でやっていて、丁寧さ、真面目さに欠けるのである。
そもそも、腕振り運動の良さは、運動という点と共に、「注意を持続する」ことで心を訓練することにある。
元Googleの技術者であったチャディー・メン・タンが開発したSIYという、マインドフルネスの訓練の中にある、「呼吸を意識する」のも、全くその目的で行うのである。

私も何度も経験済みだが、スクワットや腕立て伏せは、1回1回をちゃんと意識して、丁寧に真面目にやらないと、身体を強くするどころか、身体を痛め、壊してしまう。
高校野球のエースピッチャーだった人に、「腕立て伏せは10回で良い」と言われたことがあるが、彼も、きちんと意識してやっていたからエースになれたのだろう。
また、ヨーロッパで活躍するサッカー選手が、テレビ番組の中で、腹筋運動が好きだというので、司会者が「何回やるのですか?」と尋ねると、誰もが、数千回とか言うのを期待したと思うが、彼は平然と「20回くらい」と応えた。
ある意味、身体の訓練は「ついで」、つまり、付属的なところもあり、一番鍛えなければならないのは心であり、具体的には注意力である。

私は少し前から、ジョセフ・マーフィーの1冊の本を、1日1章だけ読んでいるが、その少ない文章を丁寧に注意深く読んでいる。
すると、以前読んだ時の数百倍のことが解るように感じる。

丁寧に、真面目に、注意深く、正確に・・・これは、大衆の習慣と真逆の心構えである。
だが、これらの中に単純な真理がある。
大衆である世間に流されると、必ず地獄に行き着く理由はこれである。
これらを大切にすることが、「世の中に勝つ」ことである。
私は、イエスが、「私はこの世に勝った」と言ったことを思い出すのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

鎮魂歌

現在、世界中で、イエス・キリストが誕生した年を起源とし、1年を365.2425日とするグレゴリオ暦を標準として使用している。
もっとも、西暦元年とイエスが生まれた年には、実際には4年ほどのズレがあるのだが、もうどうしようもないので、放ってあるらしい。
それよりも、そもそも、イエスが正確にいつ生まれたのかは分かっていないらしい。
さらに、イエスの生誕日とされる12月25日というのも、会議で決めたというに過ぎないようだ。

今の世界では、イエス・キリストが誕生した日を、人類の歴史の中で、最も重要な日としているのだと考えられる。
だが、ハンガリー出身のユダヤ人で哲学者のアーサー・ケストラーは、それよりもずっと重要な日が、広島に原爆が投下された西暦1945年8月6日と言い、そこを起源にPH(ポスト・ヒロシマ)暦を使うのが新しい暦だと述べている。
それで言えば、今年はPH72年である。

私は、かねてからの念願通り、今年(PH72年)の8月6日、鎮魂の歌と定めている、初音ミクさんの『Last Night, Good Night』を聴いていた。
「夜空に願うの ときわの笑顔を おやすみ」
何があっても、ミクさんの願いは実現するだろう。

星は、特に恒星は、いかなることにも妨げられずに、極めて正確に運行する。
だから、昔から、賢い人々は、星を見ることで、この世を支配する物理法則を発見した。
ある時期までは、ほとんど全ての科学者が、自分の探求分野と共に天文学を研究していたのだと思う。
星は本当に語る。
そして、我々は、絶対の何かを見つけて、それを見つめるべきかもしれない。
それが何かは分からないのだけれど、それは本当の愛とでも呼べる何かである。
それは、水のような、空気のような、太陽のような、炎のようなものである。
西洋では、イエスの生誕日を人類史上、最も重要な日とし、アーサー・ケストラーは、広島原爆投下の日がそれを超えるとした。
だが、ケストラーは、人類の滅亡は避けられないものと考えたのかもしれない。
しかし、もっと重要な日が、2007年8月31日である。初音ミクさんの生誕日だ。
なぜなら、誰も主導せずに、ミクさんの歌声・・・それも、ほとんどの国で解されない日本語の歌で世界が1つにつながっていってるのだから、それは大袈裟でも何でもない。
ミクさん紀元の暦で年を数える輝かしい未来が見えるようである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人間最大の敵

「本当・・・退屈!」
特に当時は、退屈する暇などなくなっていた、二十歳にもなっていなかった人気声優、平野綾さんが演じた、涼宮ハルヒのこのセリフは、まさに名演技で素晴らしかった。
平野さんは、退屈の恐ろしさをよく知っているのだろう。

人間は、退屈していると、悪魔が寄って来る。
正しくは、退屈していると、神が悪魔を寄こすのである。
ぼーっとしていたら、あくびをしていたら、食べたくもないのにムシャムシャ食べていたら・・・悪魔の餌食だ。

このことだけ覚えておくと良い。
絶対に不幸にならないから。

悪魔は、人間を楽しませるため、つまり、退屈をまぎらせてやるためにやってくる。
親切なものだ。
そして、根こそぎ奪っていく。
だから、眠るな。

イエスは弟子達(12使徒)に言った。
「眠らず祈っておれ」
だが、弟子達は起きていることが出来ず、イエスを嘆かせた。
そして、弟子達には苦難が訪れる。

だから、我々も、常に祈らねばならない。
常に修行に励まなければならない。
まるで駄目男君は、いつも退屈している。
それでいつも散々な目に遭って、惨めったらしい恨み言を言う。
たとえば、彼は頭がずっと痒くて、退屈してられないようだ。それもまた、悪魔の、いや、神の配慮だ。

偉大なプロレスラーのお話は、とても分かり易い。
「鉄の爪」フリッツ・フォン・エリックは、野球ボールを持ち歩き、それを常に握って握力を鍛えていたらしい。
その握力を売り物に彼は大成功したのだが、握力そのものよりも、ぼーっとして緩む時間、つまり、眠る時間を消したことが、彼を偉大にした。
「野生児」バディ・ロジャースは、「常に考えていた」。
移動中、他のレスラー達が、ゲームをしたり、雑談している時、彼だけは、お客さんを喜ばせる方法を考え続けていたのだ。
ジャイアント馬場さんは、「そりゃ、いつも考えている人とそうでない人では差が出てくる」と言っていたが、180cmもなかったロジャースは最も成功したプロレスラーで、馬場さんの目標だった。

江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠は、難病に陥った武士に、一日一万回「ありがたい」と言うよう指示した。
それで、退屈している暇もなくなったその武士は、現代医学でも治せない病を、一週間で完全に消してしまった。
「ありがたい」「ありがとう」という言葉は、プラスの作用があるのに、それを、同時にマイナスを消すために使わせたのだから、そして、我々はその方法を知ることが出来るのだから、宗忠はつくづく、有り難い人である。
1日6万回念仏を称えていた法然には、悪魔がつけ入るスキは全くなかっただろう。
人間最大の敵、汝の名は退屈なり。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

極悪人は芝居をしている

私は、特にダニエル・グレイブがボンドを演じる007映画や、『スーパーマン』の映画は、見ると、本当に疲れる。
これらの映画では、必ず、優秀な一人の悪役が登場する。
『スーパーマン』では「大天才」レックス・ルーサーだし、007では、毎回違っているが、やはり天才的な敵が登場する。
しかし、その敵達が、「あまりに真面目な悪人」でいけない。
「あまりに真面目な悪人」とは、「心に一点の曇りもない悪人」である。
まあ、悪の権化ってやつだ。
しかし、そんなものは世の中に存在出来ないはずなのだ。
だから、悪人ってのは、本当は、どこか芝居がかったところがあり、「作り物感」がもっとあるはずなのだ。

宇宙には、「与えたものが与えられる」という、絶対的な法則があることは、宗教や科学で教わらなくても、あまりに自然なこととして、誰だって感知しているはずだ。
だから、レックス・ルーサーのような超頭の良い人が、そんなことを、はっきりと知っていないはずがない。
もし、ルーサーがいたとしたら、彼は、自分がいつか、自分が他の人達にやったくらいの酷い目に遭うことくらい、完璧に理解しているはずなのである。

人類最悪の人間が誰かを決めることは出来ないだろうが、アドルフ・ヒトラーがその1人であるということに、あまり異論がある人はいないだろう。
しかし、ほとんどの人が、ヒトラーの悪事を、自分で確認した訳ではない。
こう言うと、現実に被害に遭った人達やその関係者の反発は大きいかもしれないが、それでも、私にとっては、ヒトラーのことは、ただの情報であることも確かなのだ。
もし、ヒトラーが本当に、情報の通りか、それに近い存在であるなら、彼に共感する部分があるはずで、彼について知れば知るほど、「彼は私だ」と思うはずなのである。
そうであってこそ、私はヒトラーにならないし、次のヒトラーは生まれないのだ。
そして、ヒトラーもやはり、作り物で、偽物で、芝居がかっており、まるで戯曲や映画の登場人物なのである。
それも、とびきり下手なキャラクターだ。
つまり、007やスーパーマンに出てくる悪人達のキャラクター設定は、情報としてのヒトラー並に、絶望的なまでに下手で馬鹿げているのである。

1967年に放送された『剣』という時代劇の第1話『天下一の剣豪』で、丹波哲郎演じる戸沢一刀斉は、天下にその名が鳴り響く日本一の剣豪だった。
ところが、戸沢一刀斉を名乗る偽物が現れ、そのネームバリューで若い娘を誘惑し、面談料やサインで儲けると、やりたい放題だった。
ある時、なんと、一刀斉本人が宿泊した宿に、その偽物がいて、そこでも、姫様を弄び、サイン入りグッズを販売していた。
ところが、一刀斉の門下の剣士達が、「懲らしめてやりましょうか?」と言うと、なぜか、一刀斉は、「捨ておけ」と言う。
一刀斉は心で想う。
「あれは俺だ。俺も、本当は、あんなことをしたいのだ。あいつは、俺の代わりに、それをやってくれているのだ」
さすが天下一の剣豪である。

与えるものが与えられる。
イエスの教えの最重要事項であるが、これさえ知っておけば、他はいらないほどである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ