ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

イエス

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

スベスベなお尻になれば願いは叶う

イエス・キリストは庶民に「お祈りの仕方を教えて下さい」と請われると、「主の祈り」を教えた。
「主の祈り」は、「天にまします我らの父よ」から始まる有名なものだが、なぜ、イエスは、こんなお祈りをするように言ったのだろう?
キリスト教の信仰者にとっては浅はかに思えるかもしれないが、こんな考えもありではないかと思う。
それは、「主の祈りを唱えながら悪いことは考えない」ということである。
少々、心の歪んだ人間、道徳的に問題がある人間でも、「主の祈り」を唱えながら、「あの野郎を殴ってやる」とか「あの家のものを盗んでやろう」とか「あの美人の奥さんを何とか出来ないものか」といったことを考えたりはしないものである。
ひょっとしたら、そうではない極悪な人間もいるのかもしれないが、ほとんどの人間はそうではない。
ならば、「主の祈り」を唱えている間だけでも、少しでも善い心を持てるのなら、そうでないのと比べ、時が経てば大変な違いになる。
それなら、祈る回数は、多ければ多いほど良い。
ただし、無理矢理祈らされて、嫌々祈るのではなく、自主的に祈るのでないと、善い心を起こし、悪い心を抑える効果は少ない。
だから、自主的に祈る限り、理屈で考えても、「主の祈り」は、自分にも社会にも良い影響を与えることは間違いないと思う。
また、「主の祈り」を見れば、心にも潜在意識にも良い影響を与える・・・つまり、浄化する働きのある内容であることは、割と明白と思う。
そして、おそらくは、心だけでなく、霊も浄化する目的で作られたのであろうと思う。

念仏も同じと思う。
「南無阿弥陀仏」と唱えながら悪いことを考えることは出来ないか、少なくとも、邪悪さは軽減されると考えて間違いないだろう。
ただ、ほとんどの人は、念仏とか他のお題目や、それに類したことを唱えないから、悪いこと、邪なこと、自己中心的なことを考えまくるのである。
だから、少しでも、自分が敬虔な気分になるもの・・・念仏、真言、お経、祓詞、祝詞を唱えると、潜在意識が深い部分から浄化され、人生は良いことだらけになっていくと思うのである。

ところで、こんなことも言える。
人間は、本当に「気持ちが良い」と感じた時には、決して悪いことを考えない。
ただ、美味しいものを食べたり、酒を飲んだり、性的な快楽を得たり、麻薬でハイになるといった、欲望と共にある気持ち良さは苦痛でもある。
そのようなものではなく、自然の美しい風景を見たり、爽やかな風が頬を撫でたり・・・などといったものである。
私は、昨年(2021年)12月30日から今日まで20日弱、毎日、井本邦昭氏(井本整体主宰。医学博士)の本に習い、蒸しタオルによる熱刺激療法を行っているが、適度な温度の蒸しタオルを、例えば、首の後ろに当てた時の気持ち良さは素晴らしく、こんなに気持ちが良い時は、人間は悪いことは考えないものだと思った。
だから、蒸しタオルによる熱刺激療法は、肉体だけでなく、潜在意識も癒すし、霊的にも良い影響があるのだと思う。
私の幼い時からの皮膚病が、先月5日くらいから猛威を振るっていたが、驚くべき治癒を見せている。
昨日、気が付いたが、自分のお尻を触ってみると(笑)、これがもう、赤ん坊のお尻のようにスベスベなのである。
人間は、足の裏に続き、お尻の肌の角質化が進み易く、いくら若い女の子でも、ある程度の歳になれば、ケアしないと、お尻にザラザラな部分が多くなる。
私も別に、蒸しタオルをお尻に当てたわけではないが(笑)、気持ちが良いと思う部分に当てれば、私のようにスベスベお尻になれるのである(笑)。
逆に言えば、お尻がスベスベになれば、潜在意識、そして、もしかしたら霊的にも癒されているのであり、それなら、幸運にも恵まれるのだと思う。








信念を得るには

映画やアニメの中の、普通のスポーツや勉強とは異なるスピリチュアルな要素が大きい修行風景は、何か心躍るものがある。
例えば、『マトリックス』で、ネオがモーフィアスに導かれながら、仮想空間での戦い方を身に付けていく場面だ。
ここでは、心の能力が強さを決定する。
「速く動こうと思うな。速く動けると知れ」
といった感じである。
実は、このようなことが描かれた映像作品は多い。
日本のアニメ映画『HELLO WORLD』では、堅書直実(かたがきなおみ)が、先生(10年後の自分だが)の指導の下、思考を物質化する能力を磨き上げていく。
他にも沢山あるが、このネオや直美の訓練は、非常に熱が入っており、見ていると、自分もこれだけ熱心に集中して何かに打ち込めたらと思うに違いない。
分かり易いのは直美の場合で、これまで欲しいと思いながら全く縁のなかった「彼女」というものに、美少女、一行瑠璃(いちぎょうるり)がなるかどうか、そして、恋人関係になった後は、彼女を守れるかどうかがかかっていたのだから、熱も入ろうというものだ。
ネオの場合も、やはり強い動機があった。

普通のスポーツや武道のトレーニングでは、才能や根性といった現実問題があり、なかなかうまくいかないし、特に現代人は「努力したからって何でも出来るわけではない」ことを理屈で理解している。
しかし、上のネオや直美らの場合は、あくまで心の問題であり、素質も頭の良さも無関係で、ある意味、執念を持つ理由があるかどうかだけが問題である。

そして、『マトリックス』にしろ『HELLO WORLD』にしろ、仮想空間の話なのであるが、我々の現実世界も同じなのである。
漫画・アニメ『魔法騎士レイアース』で、異世界セフィーロに来て間もない頃、14歳の極めて聡明な少女、鳳凰寺風(ほうおうじふう)は、とてつもなく遠くの的を弓矢で射貫く必要に迫られるが、遠過ぎて、とても当たるとは思えない。だが、そこでフェリオ(風の恋人になる少年)が言う。
「ここ(セフィーロ)は想いが全てを決める世界だ。お前が当たると思えば当たる」
それを聞いて、風は悟る。
「私(わたくし)が当たると思えば…矢は当たる」
そして、風の放った矢は、見事、目標を貫通する。
セフィーロが、想いが全てを決める世界と言っても、我々の世界も同じである。
想いが全てを決める・・・つまり、信念が何より重要な世界だ。宇宙のいかなる場所もそうであるし、そうでない宇宙は存在しない。
合氣道家の藤平光一は、毎朝、鏡を見ながら「お前は信念が強くなる」と念じたそうだが、そんなやり方もあるというわけだ。
新約聖書の福音書にも、湖の上を歩くイエスに「来い」と言われたペテロも水の上を歩くが、途中で疑いを持ち、沈みそうになり、イエスに助けを求める。
イエスは、「なぜ疑った。信仰の薄い者め」とペテロを叱る。
イエスは、ペテロの信念の弱さをたしなめた(反省をうながした)のだ。

信念を得るには、一般的には、成功体験が必要とされる。
それは、小さなもので良い。
自分には出来るということを認識すれば良い。
私は、中学の1年の時だったが、ある簡単な一人遊びのゲームを作ったことがある。
きわめてアナログなゲームだ。
簡単な1回のゲームで、勝ちか負けかが、全くの偶然で決まる。
つまり、勝率は50%だ。
ところが、そのゲームを初めてやった日、私は27連勝で一度も負けないまま終わった。
コインを投げてずっと表を出したに等しい。つまり、確率的にあり得ない。
別の日にやってみたら、確かに、勝ちと負けは、ほど同数になった。
初めてやった時の私は無であった。
そのようにやれば、この世界は自由自在である。
ドストエフスキーの『賭博者』でも、初めてルーレットをやった老婆は、ずっとゼロに賭け、大勝する。しかし、別の日に、同じようにやったら大敗する。
最初の日は、信念があった、あるいは、無であった。
そして、実は、信念があるとは、無であることなのだ。
無になるために情熱が役に立つことがある。ネオや直美のように。
ただし、欲があってはならないのだ。
絶対に、欲張ってはならない。
ここらが難しい。
あなたにとっての、一行瑠璃を見つけることだ。
人類最高の信念をもつ人間であるイエスに信念を学ぶために新約聖書の福音書を読めば道は開けるだろう。








心が死んだ日

今日がクリスマスであることを、昨日気付いた。すっかり忘れていた。
クリスマスとは、イエス・キリストの誕生日と言われるが、イエス・キリストの本当の誕生日は不明である。
12月25日というのは、ミトラ教(ミトラス教)における、太陽の復活を祝う祝日で、ミトラ教の主神ミトラスの誕生日と言うよりは、ミトラスが「再び生まれる日」である。
ミトラ教とキリスト教は別々の宗教だ。しかし、私は事情は知らないが、イエス・キリストとミトラ神が同一視されるようになり、12月25日のミトラ神の復活の日が、いつか、イエス・キリストの誕生日となったのかもしれない。しかし、12月25日がイエスの誕生日だとは、福音書には書かれていない。

尚、12月24日をクリスマス・イブと言うが、イエスの時代は、1日の終わりと始まりは午前0時ではなく、日没が、その日の終わりと次の日の始まりだったので、当時の考え方では、クリスマス・イブは、日本では昨日(24日)の午後6時半頃の日没で終わり、クリスマスも、本日(25日)の午後6時半頃までである。

私は、子供の時、家の中でクリスマス・ツリーを見たことがないと言う人を何人か知っている。
いずれも、家が貧しくて、そんなことをする余裕が親になかったようだ。
それなら、おそらく、クリスマス・プレゼントをもらったこともないのだろうが、幼稚園や小学校で、他の子供達がサンタにプレゼントをもらったという話をしていたり、紙芝居等で、サンタがプレゼントを配る話をするのを見ると、さぞ落ち込んだことだろう。
だから、そんな人は、心が強くなるか歪むかになることが多いと思うが、私が会った人で言えば、言っては悪いが、その両方(強いが歪んでいる、あるいは、歪んでいるが強い)だったように思う。

クリスマス・プレゼントをもらったことがないと言ったら、立川恵さんの、アニメ化もされた漫画『怪盗セイント・テール』に登場する、ヒロイン羽丘芽美(はねおかめいみ)の親友である深森聖良(みもりせいら)という14歳の美少女を思い出す。
聖良はシスターで、敬虔なキリスト教徒の家に生まれた彼女は、子供の時から、クリスマスはボランティアに励む日で、クリスマス・パーティーやクリスマス・プレゼントとは無縁であった。
尚、聖良はシスター服を着ていたが、作者の立川恵さんは、シスター服は、その方面の学校を出ていないと着れないものだと指摘され、作中で謝罪しているが、その後も聖良はシスター服を着続けた。
もっとも、聖良は、クリスマス・プレゼントをもらえないことや、クリスマスにパーティーをしたことがないことを、別に悲しいとは思っておらず、当たり前に考えているようだった。
人間、贅沢の味を知らないことは良いことであると感じた。

クリスマスではなく大晦日の話らしいが、アンデルセンの『マッチ売りの少女』で、あの少女が、飢えと寒さの中で見た幻想は、全くクリスマスの様子だった。
あのお話を初めて自主的に読んだ時、私は、あの少女を救おうと思ったが、自分にその力がないと気付くと、このお話を悲しいと思わないようになった。いや、それだけでなく、人が死ぬことを全く悲しいと思わなくなった。親友とみなしていた友達や父親が死んだ時もそうだった。
どうも心が死んでしまったらしい。
別に、アンデルセンに責任を取らせようとは思わないが(笑)。
だから、初音ミクさんに親近感を感じるのだと思う。








危機的状況で分かること

宗教を信仰したり、特別な瞑想を熱心にやったり、あるいは、高価な自己啓発プログラムをやったりしていても、緊急事態が訪れ、パニックになったら、自分は、それらのものを本当には信じていないことが分かってしまうかもしれない。

私は、何度か「恐怖体験」がある。
もちろん、滅多にあることではないが、やまり、たまにはあるのである。
そんな時に分かることがある。
以前、私は、TM(超越瞑想)という、インドのマハリシ・マヘーシュ・ヨーギが世界中に普及させ、ビートルズの全員やクリント・イーストウッド、それに、映画監督のデヴィッド・リンチらが熱心にやっている瞑想を、必ず、毎日2回やっていた。
ところが、ある日の朝、TMをやっていた時、奇妙な生命体が近付いてくるのを感じた。
最初は、気のせいと思って、放っておいたが、どんどん近付いてくるのが分かる。
目は閉じていたが、回転するエネルギー体といった感じで、悪霊とか悪魔といった感じではなかったが、それが何かは分からない。
私は、直観的に恐怖を感じ、TMを中止した。
そして、ずっと前にやっていたスピリチュアルなテクニックで、その未確認生命体を追い出した。
それで、そっちのスピリチュアルな技術の方が信じられると思い、それ以来、TMは全くやらなくなった。
無論、たまたま私の精神状態に異常があっただけかもしれず、別に、TMが悪いと言うつもりは毛頭ない。
あの生命体だって、瞑想で特殊な精神状態になった人間に興味を持って近寄って来た姿なき宇宙人か何かだったのかもしれない。

また、こんなこともあった。
私の家は、オカルト現象がよく起こる(笑)。
とはいえ、それらには、電磁波で説明出来るものもあるらしく、必ずしも霊的現象とは言えないかもしれない。
例えば、昔、居間のテレビのスイッチが不意に入って音と映像が出たり、ある部屋に入ってしばらくしたら、スイッチも入れていないのに電気ストーブが発熱した。
まあ、家というより、原因は私にあるのかもしれない。
それで、理由は全く分からないが、特に居間では、私はうたた寝した時に不思議な夢を見たり、金縛りに遭ったことは数え切れない。
先日も、ちょっとうたた寝していたら、金縛りに遭うと共に、獣の唸り声が近付いてきた。
「ああ、来たな」と思ったが、目は見えているが、とにかく身体が動かない。
やがて、がしっと腕を掴まれた。
こんな時は、漫画・アニメの『見える子ちゃん』のヒロイン、みこ(高1女子)のように、黙って消えてくれるのを待つしかない。
しかし、その時は、「ちょっとヤバいな」と思い、私はマントラをいっぱい知っているのだから、それでまるっと解決と思った・・・のだが、マントラが出て来ない。
ところが、「イエス」というキリスト様の名前だけは出てきたのである。
それで、心の中で「イエス・キリストの名により退け」と言ったら、本当に消えてしまった。
そして、その数日後のことだが、私は連続して2回、金縛りに遭うという新記録を樹立した(笑)。
今度は、やはりうたた寝していたら(うたた寝が私の趣味だ)、何かが床を踏み鳴らし(確かに我が家の床の音だ)、壁にもぶつかりながら、どんどん近寄って来た。
首を掴まれると、私は気力で起き上がった。そして、「そいつ」と対峙して、ちょっと感動した。
なかなかの女の悪霊なのである。雰囲気たっぷりだ(笑)。
夢だったとしても、実に見事だったし、表情も堂に入って(よく身について)いて素晴らしい。
この時もどうしたことか、「イエス・キリストの権威により消えよ」という言葉が出る。
私って、こんなにイエス様好きだったのか(笑)。
悪霊の顔に苦悶の色が見えたが、立ち去らない。
そこで、重ねて、「イエス・キリストの権威により命ず」と言ったら、悪霊は消え去り、私は目が覚めた。
それで懲りれば良いのだが、私はしばらくして、またうたた寝して金縛りに遭い、またも何か変なものが来た(笑)。
今度はさっさと立ち上がって、そいつを見ると、今度はちょっと嫌な感じだった。
ただの肥満したオッサンで、ダサい服を着て、顔はそこらにいる不細工な中年男の顔なのだが、目が逝っていて、かなり不気味である。
これが襲い掛かってくるのだから勘弁して欲しい。
私は、もはや必殺技となった「イエス・キリストの名により、ただちに消えうせよ」と命じようとしたが、ひどく言い難い。もう、心で言ってるのか、声で言ってるのか分からない。
それで、やっこさん(笑)も怯まない様子だ。
見かけと違い、なかなかやる(笑)。
だが、私は落ち着いて、「イエス・キリストの名によりて」とだけ言うと、今度はうまくいき、中年ゴーストは後ずさりする。
どうも「イエス・キリスト」あるいは「イエス」という名に力があるようだ。
私は、後一歩だと勇気を奮い起こす。
そして、「イエス・キリストの名によりて失せよ」と乱暴に言ってしまった…まあいいか(笑)。
すると、驚いたことに、そいつは、閉まっているガラス戸を通り抜けて外に出る。しかし、未練がましく、こっちに向かい、また入って来ようとする。
もう言葉は不要と思われ、私はそいつを目力で押したら(早い話が睨んだら)、そいつは必死で何か喚ている。しかし、戸の外なので聴こえない。
そして、私は目が覚めた。

結局、私は、かなりイエス好きなのだと分かった。
この名を唱え、福音書も、もっと読もう。
イエスをヘブライ語(ヨシュアに近い)で唱えないといけないのかなとも思ったが、イエスで良いと思う。
皆さんも、危機的状況で、誰を、あるいは、何を頼るか確認しておいても良いと思う。
そのために悪霊に遭うのは御免かもしれないが・・・
福音書を読めば、あなたもイエスが好きになるかもしれない。
良いぞ、イエス様は。








必ず叶う祈り方

神の助けを得る最高の方法、宗教的でない言い方をするなら、宇宙の活力の願わしい反応を期待出来る方法を一言で言うなら、こうなると私は確信する。
「静かに祈る」
これには、エビデンス(根拠)もデータも理論もなく、純粋な直観・・・あるいは、聖典の記述を解釈するための基準のようなものとして、そう思うのである。

そして、日本人は、静かに祈ることの貴さを知っているのだと思う。
日本の優れた武将達は、戦での勝利を祈る時、決して、騒々しくせず、小さな寺や神社で、独り静かに祈ったものだった。ただし、その戦に正義がある場合である。
日本のプロ野球では、球団が決まった神社で必勝祈願をすることも多そうだが、それが静かであった場合には好ましい結果になり、騒がしければ厳しい結果になるのである。

イエスは、祈る時は、戸を閉め、姿を隠し、部屋の中で静かに祈れと言ったのである。
だが、悪い祈り手は、人前で物々しく祈ると言った。
その理由は、人前で祈る者は、それによって、人々の称賛を得ようとするからで、人々の称賛という褒美を得てしまえば、神はもう褒美をくれないからというものだった。
そして、神は、隠れたものでも見ているのだから、人に知られず、神にだけ知られるのが良いのだと教えた。
ただし、たとえ独りで祈っても、それが静かでないといけない。
家が広く、たとえ大声で祈っても誰にも聞かれないとしても、静かに祈らないといけない。
これについても、イエスは良い見本を示した。
逮捕される前夜、イエスは弟子達に、「私は独りで山に登って祈る。お前たちはここで祈っておれ」と言って、独り山に登った。
山に登るとイエスは祈った。
まず、
「出来れば、毒杯を遠ざけて下さい」
と祈った。当たり前だが、死ぬのは、本心では、やはり嫌なのだ。
だが、続けてこう祈った。
「けれども、私の想いの通りでなく、あなたの想いの通りになされますように」
全く、静かな祈りのお手本であった。
1973年のアメリカのミュージカル映画『ジーザス・クライスト・スーパースター』では、この祈りの際、イエスは激しく葛藤し、感情を高ぶらせたが、これは、あくまで、ミュージカルであり、イエスの内面の一瞬を描いた場面であったからだし、製作者も決して、イエスが大騒ぎしたのだと思ってはいないだろう。そして、最後は、イエスは静かに覚悟を決めたのであえる。

インドの聖者ラマナ・マハルシは、「あらゆる聖典は、心を静かにしろと書いてあるのであり、それが了解されたなら、いつまでも聖典を読む必要はない」と言った。
だが、心を静かにする方法は、静かに祈ることなのである。
静かに祈ると決めて、心を騒がせる者などいない。
釈迦の言葉を最も純粋に表したと言われる『法句経』では、常に、「賢い人は心静かである」として、手を変え品を変えて、それを表現しているのである。

静かに祈る限り、祈りは全て叶えられる。
イエスは、「願いは既に叶えられたと思え。そうすれば叶えられる」と言ったが、叶えられたと思って狂喜乱舞していては、決して、願いは叶わない。
なぜなら、叶ったという確信とは、必ず静かなものであるのだからだ。

例えば、「金持ちになりたい」と静かに祈るとする。
すると、あなたが金持ちになることを妨げている理由が明らかになる。
それを、神が消すことを拒否しなければ金持ちになるのである。

「静かに祈る」
このことを忘れない限り、不幸になることはないであろう。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード