ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

イエス

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。
[2010/12/12]詳細なlivedoorプロフィール設置しました。[livedoorプロフィール]

無意識を信頼すれば奇跡も起こる

腰痛持ちの人は多いと思う。
しかし、腰痛の大半は、病院で検査しても、骨や筋などに異常はないのだそうだ。
つまり、心因性(心が原因で起こった症状)であり、大雑把に「ストレスが原因」などと言う。
腰痛は、よくあるものだが、珍しいものとしては、耳の器官に何の異常もないのに、耳が聴こえなくなるというものもある。
面白いことに、耳が聴こえないからと、その人と筆談をするのだが、途中でさりげなく、声で、「そりゃ大変だね」とか言うと、その耳が聴こえないはずの人が、「ええ、そうなんですよ」と答えたりするのである。こちらも心因性である。

心因性の病気や障りというのは、無意識が起こしているのだろう。
無意識は意識よりずっと大きいと言うが、どのくらい大きいのかは本当は見当も付かない。
だが、無意識は悪意があって、病気等を作るのではない。
腰痛も、耳が聴こえないことも、その他の病気も、必要あって、無意識が作るのだろう。
では、全ての病気のうちで、無意識が作るものはどのくらいの割合かというと、いろいろ意見はあるようだが、全部と考えて良いと思う。
つまり、あらゆる病気は、心因性であり、無意識が作り出したものであり、一般にはストレスが原因である。

では、腰痛や肩こり等の悪い症状がある時、どうすれば良いのかというと、それらを作り出した無意識を信頼することだ。
一休は、「心そのものが仏」と言い、黒住宗忠は、「人の心は天照大神様の心の一部」と言ったが、これらの心は無意識のことである。
無意識は、だから、阿弥陀如来であり天照大神であり、仏であり神なのだ。
イエスも、神を信頼してまかせることを、特に強調していた。
そういったことを一番簡単にやる方法が念仏である。
念仏というのは、阿弥陀如来を信頼してまかせることであり、現代科学的に言えば、無意識を信頼してまかせるということである。
驚異的に優秀な精神科医であったミルトン・エリクソンは、やはり「無意識を信頼しなさい」とよく言っていた。
彼は、数秒で精神や肉体を劇的に改善し、「魔法を使って治している」とまで言われた。
手のつけられない不良高校生を一言二言の会話で、礼儀正しい真面目な生徒に変えたことがあったが、その時、エリクソンが何を言ったのかは、あまり意味はない。
ただ、エリクソンは無意識が教える通りに話し、それが相手の無意識に反応を起こさせたのだ。
高校教師であったエリクソンの娘は、教え子であるプロレスラーのような巨漢の不良高校生に野外で襲われかけた時、一瞬で、その不良高校生を自分の忠実な僕に変えた。
それは、頭で考えて出来ることではなく、無意識を信頼して従うことでしか起こせないことであると思う。
普段から念仏を称えていれば、誰でも出来るようになる。
日本には、妙好人という、無学でも、念仏を称えることで驚異的なことをする人たちが沢山いたのである。
好きな子がいれば、無意識を信頼して、無意識の指示通りに話し行為すれば、虜にすることも出来るだろう。
エリクソンの15歳だった娘も、そんなことをやったそうだ。
我々の場合、ただ、念仏を称えれば良い。

今年の、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」は、幕張メッセ国際展示場3ホールで行われるようだ。
企画展は1・2ホールで行われるので、1~3ホール占拠という豪華なイベントである。
そして、「マジカルミライ」5周年メモリアルチケット抽選先行が、今日の12時から始まる。
4月3日の12時59分までで、抽選だから、慌てて申し込む必要はないと思う。
今年のコンサートは、9月1日(金)の夜公演、9月2日と3日の昼・夜公演の5回になるようだ。
私は、昨年は、土曜の夜公演と日曜の昼公演に行ったが、今年もそうしようと思う。
まあ、会社を盛大に休んで、全公演に行くというのもありかな・・・と思う。
★マジカルミライ2017公式サイト









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

エリクソンの魔法は極めてシンプルである

ミルトン・エリクソンという、「魔法を使って治している」と言われた、恐るべき優秀な精神科医がいた。
エリクソンは、何もしていないように見えるのに、あっという間に患者を治してしまった。
それは、精神病に限らず、本来、内科、外科、耳鼻科、皮膚科、その他の医者が扱うべき疾患を、同じような調子で治してしまうことも多かったと思う。
「心身医学の父」と言われたドイツ人医師ゲオルグ・クロデックが、「全ての病気はもちろん、怪我ですら心因性」と断言したことを思い出す。

エリクソンの技術は今も研究されているが(エリクソンは1980年に亡くなっている)、あまりうまくはいっていないと思う。
エリクソンの技法を研究することで、リチャード・バンドラーらがNLP(神経言語プログラミング)を作ったが、NLPには批判的な医者や心理学者もいると思うし、私も、あれは複雑過ぎると思う。
エリクソンのやり方はとてもシンプルだ。

例えば、エリクソンのところに、手のつけられない不良高校生が連れてこられ、エリクソンがその高校生と一言二言会話したら、その高校生は礼儀正しい真面目な高校生になってしまった。
その時のエリクソンの会話の意味を解説した本を読んだが、さっぱりピンとこない。
その会話自体には何の意味もない。
ただ、エリクソンは無意識に何か言い、その高校生の無意識に反応を起こさせただけなのだ。
大切なことは、エリクソンが常に言ったように、無意識を信頼することなのである。

しかし、「無意識を信頼する」ってのが、そもそも難しい。
いったい、どうやりゃいいのかい?
学者達は、そのやり方を間違ってしまうのではないだろうか?
それをうまくやったのは、むしろ、江戸時代末期から昭和の初めの農夫であった因幡の源左(いなばのげんざ)で、やり方を教えたのは、おそらく、ほとんど教育など受けていなかった彼の父だろう。
源左の父は、源左が19歳の時亡くなったが、亡くなる前に源左に、「これからは親様を頼れ」と言ったらしい。
親様とは、阿弥陀如来である。
源左は、それなりに試行錯誤したらしいが、結局、親様に頼るとは念仏を称えることである。
念仏を称え、阿弥陀如来を信頼してまかせることが、エリクソンの言う、無意識を信頼することと同じなのであると思う。
ユングによれば、個人の無意識と人類全体の無意識は深いところでつながっているらしいが、本当は、さらに、万物、宇宙の意識とつながっており、宇宙の叡智と力の象徴が阿弥陀如来なのだと思う。
言われなくたって、阿弥陀如来って、それほどの存在だというイメージはあると思うし、なければ、「阿弥陀経」でも読むと良い。

エリクソンの娘達は、15歳の時、3つほど年上の意中の男子を、ロクに会話もせずに虜にしたり、別の小柄な高校教師の娘は、プロレスラーのような体格の教え子の不良男子生徒に野外で襲われかけた時、一瞬でその巨漢不良男子高校生を自分の忠実な僕に変えてしまった。
全く魔法のようであるが、彼女達も、無意識を信頼し、無意識が教える通りにやっただけなのだと思う。
イエスだって、「言うべきことは、考えなくても、その時に神が教えてくれる」と言ったではないか。
ただ、それも神を信頼すればこそだ。
私も、阿弥陀如来を信頼し、念仏を称えていれば、やはり魔法にしか見えないことをしているのだろう。無論、無自覚である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

どうせなら新約聖書を

あまりのオカルト好きも問題かもしれないが、神秘に全く関心がないというのは、W.B.イェイツが言ったように、人間らしい想像力に欠けている。
ところで、神秘関係にも、いろんな有名人がいる。
ブラヴァツキー夫人とか、ルドルフ・シュタイナーとか、スェーデンボリとか、あるいは、ラマナ・マハルシとか、まだまだ多くの権威的大家がいるだろう。
しかし、どんな偉大な神秘家や聖者や霊能者であろうと、人間である限り、偏りやノイズがある。
その上、個人的に翻訳をする翻訳者の思想の影響は、かなり大きい。
それで、私は、どうせなら、新約聖書を読むことをお奨めする。
特に、西洋の優れた神秘家においては、ほぼ全て、イエスの思想が中心になっていることは疑いない。
これは、人により意見は異なるだろうが、イエスは、旧約聖書の教えを現代の人類に合うように刷新したのである。
彼の教えは、古いどころか、いまだ「新し過ぎる」ほどだ。
そして、新約聖書は、お話自体は単純で、それほどには翻訳者の影響は受けないと思う。単に、文章が分かり易いかどうかだけの問題である。

ところで、新約聖書にはヨハネの黙示録があるが、あれは、個人の精神の中で起こることを描いているのであり、まさか本当に終末戦争が起こる訳ではないし、実際、起こっていない。
普通に分かることだと思うのだが、やっぱり、ヨハネはちゃんと断り書きをしておくべきだったかもしれない。
イエスが12歳の少女やラザロを生き返らせた話も、水をぶどう酒に変えた話も、「ほとんど」個人の精神の中で起こったことのたとえ話だと思う。そう考えると、ぴったりするのだ。
ただし、「ほとんど」であり「全て」ではない。このあたり、理屈で詮索せず、ただ、淡々と読めば良い。
さらに言えば、個人の精神の中で起こることと、現実世界で起こることに、さほどの違いはない。

どれを読むかだが、どれでも良いが、案外、著作権切れの1950年代に翻訳されたものが良いと思う。
それ以外であれば、バルバロ訳のものが良いと思う。イタリア人宣教師フェデリコ・バルバロは日本に来て日本語を覚え、格調高い日本語で聖書を書いた。
彼の新約聖書はラテン語版からの訳だが、必要に応じて原典であるギリシャ語版を参照している。

散々、いろんな神秘書を読んだが、つまるところ、全部、新約聖書に書かれていると思う。
黙って新約聖書を読んでいる者で駄目なやつっていないと思う。駄目になりようがないのだ。
それもまた、念仏と同じで、自分より高い存在に意識を向けているからである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

終わった人間と終わっていない人間の違い

「俺は終わったな」なんてセリフがある。
そう思ってしまうかもしれない様々なケースを記述したら、本が1冊出来る。
人間なんて、簡単に終わってしまう。
曖昧な言い方をするなら、社会的、物質的、肉体的、あるいは、精神的に「究極的絶望」と確信した時に、「俺は終った」と思うのだろう。
一言で言えば、「シグナル・イズ・レッド」ってことだ。
しかしね、「俺は終わった」と思うのは、知性や理性があるってことだ。
ある程度の知性や理性がなければ、「俺は終わった」なんて思わないものだ。
だから、それで終わるとしても、人間として終われるわけだ。

「俺は終わった」と言うのは、自分を見捨てたということだ。
言い換えれば、自分を全く信じられなくなったということだ。
しかし、この言い方は難しい。
自分を見捨てるって、厳密にはどういうことか?
自分を完全に信じられないというのは、本当はどういった心の状態か?
まあ、ここらは、あまり理屈で考えない方が良い。
なぜなら、ちょっとでも知的に進歩するか、あるいは退歩すれば、その答はすぐに変わってしまうからだ。

では、唐突に究極の答を言うと、終わった人間とは、
「念仏を称えながら悪魔に誘惑される人」
で、
「念仏を称えて悪魔に誘惑されない」
なら、全然終わっていない。
イエスは、荒野の試練で、念仏を称えていたわけではないが、実質、念仏を称えるのと同じことをしていたのだ。
そして、悪魔に誘惑されたが、それを全て撥ね付けた。
イエスは、あえて「終わる」危険を冒したのだ。

念仏を、「自分より高い存在に祈る」と変えても良いのだけれど、念仏が一番簡単だと言うだけの話だ。
好きなようにやれば良い。
念仏を称えながら、悪魔に誘惑されないでいると、新しい人生が始まる。
つまり、人生、大逆転である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自分が妖怪人間ならどう生きるか

実在の人物の話だが、彼は34歳まで、散々な失敗人生だった。
そこで彼は、神様に、こう祈った。
「これまでの人生の責任は私にある。しかし、これからの私の人生の責任は、あなたに取って欲しい」
翌日から人生は急展開し、彼は成功した。

こんな話を思い出したが、同時に、イエスが、
「お前達は、髪の毛1本、白くも黒くも出来ない」
と言ったことも思い出した。
つまり、人間は無力だ。何も出来ない。
だが、イエスはこうも言った。
「神は働かない鳥だってちゃんと養う。まして、お前達の面倒を見ないはずがない」

つまり、上の34歳の男は、自分の髪を黒くしようとするようなことをやっていたのだ。
だから、失敗の責任は彼にある。
だが、それをやめ、神様に全部任せることにしたのだ。
それなら、成功して当たり前である。

念仏というのは、まさに、そういったことだ。
「南無阿弥陀仏」とは、「阿弥陀如来様、あなたに全面的に頼ります」という意味なのだから。

ここで、さらに思い出すことがある。
『妖怪人間ベム』という傑作アニメがあった。
ベム、ベラ、ベロの3人の妖怪人間達は、人間になりたがった。
妖怪人間は醜く、人間の仲間にしてもらえないからだ。
ベム達は、「善いことをしていれば人間になれる」という、根拠のない信念の下、人間を苦しめる妖怪やもののけの類と、命を賭けて戦い続ける。
そして、ある時、ついに、人間になる方法を発見する。
だが、その時、ベムは思う。
「この世には、まだまだ、人間の知らない恐ろしいもの達が沢山いる。だが、俺達が人間になってしまったら、そいつらを見つけることも、倒すことも出来ず、人間を守ることが出来なくなる。それなら、妖怪人間のままでいよう」
これまでは、人間になるために人間を守ったが、それからは、人間を守るために人間を守るという、手段と目的が一致してしまったのだ。
しかし、これだって、神様や仏様に責任を取ってもらえば良い。
そうすれば、Satisfaction(満足)を得られるだろう。

前の日曜から「ミクの日(3月9日)」を記念して行っている、毎晩のヒンズースクワット393(ミクさん)回も、昨夜で6日完了。今夜で最後だ。
身体はミクさんのように軽やかになった。
その後は、毎晩300回、休日は400回にしよう。
早くも、「マジカルミライ2017」に備えているような気がする。
私が妖怪人間や怪異でも、ミクさんは気にせずに歌を聴かせてくれるだろう。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ