ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

イエス

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

本当の好きは、なかなか見られない

本当の愛なんて、滅多にあるものではない。
「愛」なんて難しい感じはするが、「好き」や「関心がある」と同じことだ。
つまり、「本当に好き」や「本当に関心がある」が、「本当の愛」なんだろう。
ところが、子が親を好きなのは、自分を保護してくれるからで、自分を保護してくれない親は好きではない。
つまり、親に対する好きの半分以上は、自分に対する好きなのだ。
親が子を好きなのは、それよりは少し優る場合が多いが、親だって、自分に対する好きを感じさせてくれない子供は嫌いになるのだ。
つまり、親子の愛は不純過ぎる場合が多い。

電車の中などで、若いカップルがベタベタしているのを見ると、気恥ずかしいよりは、気味が悪いだろう?
どういうことかと言うと、そういった連中は、相手に対する好きも少しはあるかもしれないが、相手を利用して自分への好きを感じているだけなのだ。

我々は、本当に好きなものを見つけたいのだ。
「私はこれが好きです」「私は彼女が好きです」と言っても、その好きの大半は、「自分が好き」なのだ。
例えば、空手が好きだと言って熱心に練習していても、それは、喧嘩になったら勝てて気分が良いとか、「俺、格好良い」と思えるとか、皆(特に女の子)に自慢出来るからといった自己愛がほとんどだ。
ある幼い女の子が、近所のお兄さんが好きだと言うが、理由は、「脚が長くて格好良いし、優しいから」だった。つまり、それも、脚が長い格好良いお兄さんと一緒だと自慢に思えるのと、優しくて自分を快適にしてくれるという自己愛だ。
自分の「好き」が、自己愛だと気付けたら、少しは大人になったということだが、特に理屈の世界、教科書の世界、勉強の世界で過ごしてきた者は、それがなかなか分からない。

イエス・キリストやマザー・テレサのような愛を、普通の人が持ってしまったら、あっという間に破産する。
マザー・テレサは、道で倒れている人がいたら、みんな抱えて連れて帰るし、イエスは、「お前が磔になって死んだら人類を救ってやる」と言われたら、「あいよ」と引き受けるのだから。

「猫が好き」というのは、本来は、なかなか純度の高い好きかもしれない。
しかし、写真や動画にしてSNSに投稿すると、かなり愛が減ると思う。
だって、それ、自分のためにやっているのであり、自己愛を育ててしまうのだから。
惜しいことだと思う。
私は、野良の鳩や烏や亀が大好きで見惚れるが、写真に撮ろうとはあまり思わないし、まして、それを人に見せるなど想像も出来ないのだ。
猫の写真集も、可愛いとは思うが、全く好きでない。

私は、昨日も書いたが、『まちカドまぞく』というアニメで、桃の優子に対する「好き」に、極めて純度の高い「好き」、つまり、本当の「愛」を感じるので、本当に、何度繰り返して観ても楽しいのである。
初音ミクさんに関しては、ミクさんは、「自分はこう歌いたい」という気持ちが全く無いし、自分の感情を一切乗せないのだから、音楽に対する愛を感じるのである。
人間の歌手や演奏家でも、無になって歌う歌手や演奏家がいたら、きっと好きになれるが、クラシックの名門楽団の演奏家でも、やっぱり、名誉欲などの自己愛が強い人が多いので、あまり演奏を聴きに行きたくない。
ただ、Bump of Chickenの藤原基央さんが、自分達は「自分のではなく音楽の意思を実現する」ことを目指していると言っていたことがあったと思う。その意味で、初音ミクさんを尊敬しているとも。
観ていると、概ね、そう感じることもあるのである。








感心なことは、こそこそやる

世界を思う通りに構築するには、信じきることが出来れば良いのだし、超能力を発揮するには、固定観念を捨てれば良い。
例えば、合気道家の藤平光一氏が23歳で隊長として参戦した太平洋戦争で、銃弾飛び交う戦場の中を「俺に弾は当たらない」と信じきって歩いたようにである。
真似して欲しくないが、私も、子供の時、交通量の多い車道で、「目をつぶって飛び込めば車は来ない」と思い込んで、実際に、ずっとそうやって、遠くの信号のある横断歩道まで行かずに道路を渡っていたものである。
超能力と言っても、霊的でないものでは、『トーチェ氏の心の法則』に書かれているが、ある場所では、脚が折れた人が元気に走り回っているが、それは彼らが、脚が折れたら走れないことを知らない・・・つまり、脚が折れたら走れないという固定観念を持たないためで、こんな例は無数に上げられる。

自在に強い信念を持てたり、固定観念を捨てることが出来れば、世界は思うがままになる。
例えば、自分は安い給料しかもらえないという信念、あるいは、固定観念を持ち、実際に、安月給でギリギリの生活をしている者が、自分は高給をもらえると信じきれば、やはり、そのようになる。
私はここでわざと、「信じきる」ことと「固定観念を捨てる」ことを統合してみせた。
意思の力で信じきることは難しいし、かえって、逆効果になる場合が多い。
しかし、固定観念を捨てれば、自在に信念を持てる。固定観念を捨てるには、難しく言えば「無になれば」良いが、簡単に言えば、思考を捨てる・・・つまり、考えることをやめれば良い。
思考を捨てるとは、心を澄みきらせることで、心を澄みきらせるとは、自己重要感、つまり、優越感、プライドを消さなければならない。
自分は偉い、頭が良いと冗談にでも言う者は、我の塊であり、見込みはない。そんな者に対しては、非難するつもりはなく、気の毒と思う。

コニカミノルタは、コニカとミノルタという大手光学機器メーカーが統合して出来た企業だが、ミノルタは「実る田」で、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」から来たものらしい。
歳を取れば、自然に我が弱くなるという意味であるが、それが本当なら、誰もが歳を取ると偉大になるはずだが、なかなかそうはいかない。

「自信に満ち溢れてる」者にも2種類あり、1つは単なる自惚れで、そんな者は、本当に強い者の前では卑屈になる。しかし、我を持たないことで森羅万象と通じて自信を持っている者は、いつも静かで偉ぶらず、自分が偉いとか頭が良いなどと、冗談にでも言わないし思わない。そんな者は、どれほど偉大な人物の前でも平静である。

では、どうすれば我を捨てられるかというと、おばあさんが幼い孫に教えられるほど簡単である。
ある人が、「私が死んで閻魔様の前に出たら、私は人生で大したことは何1つ出来なかったが、便所の下駄だけはきちんと揃えたと言いたい」と述べていたが、彼は、社会的にかなり重要なポストにある人だった。
このように、例えば、靴をきちんと揃えるとか、傘をきちんとたたむ、あるいは、毎朝仏壇や神棚に手を合わせるなど、何か1つ、欠かさずやれば良い。
まあ、「私ほど偉い者が、毎朝、社員達と掃除をしている」などと自己満足しているなら駄目であるが。
だから、イエスも言ったように、良いことはこっそりやるものなのである。








それぞれの掟

「明日は明日の風が吹く」
「なんとかなるぜ、世の中は」
「風の向くまま、気の向くまま」
これらは、ある意味、悟りの境地だし、こんな態度でいれば間違いない。
ただし、「当たり前のことが出来れば」である。
借りたものは返すとか、挨拶されたら挨拶を返す、人を脅さない・・・等々、言うまでもないことだ。
それが出来れば、まあ、不幸になることはない。

それをイエスは、分かり易いように、「モーセの十戒を守れ」と言ったのだ。
Wikipediaから引用すれば、十戒は、

01.主が唯一の神であること
02.偶像を作ってはならないこと(偶像崇拝の禁止)
03.神の名をみだりに唱えてはならないこと
04.安息日を守ること
05.父母を敬うこと
06.殺人をしてはいけないこと(汝、殺す勿れ)
07.姦淫をしてはいけないこと
08.盗んではいけないこと
09.隣人について偽証してはいけないこと
10.隣人の財産をむさぼってはいけないこと

で、01から04は宗教に関わるので、05から10が一般的だろう。
ただし、あくまで、「当たり前のスタンダード」を示しただけであり、特に、現代人がこれにこだわることはない。
アメリカの作家カート・ヴォネガットは、地球の掟はただ1つと言う。
それは、「人に優しくしろ」だ。

私は、スーフィーの格言が、最もうまく言ってると思う。
それは、
「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
これは、ラクダを使う人のためのものだが、要は、「自分がやるべきことはちゃんとしろ」という意味だ。
その程度のことで良いから。

しかし、やるべきことは、自分で決めれば良い。
酒好きなら、「飲み過ぎない」とかね。
「女性を敬う」「老人を敬う」でも良い。
水野南北は、大好きな酒を「一日一合」と定めていた。

釈迦も、7つの法を説いていた。
簡単に言えば、

1.皆の意見を聞け
2.助け合え
3.決まりを守れ
4.老人を敬え
5.女性を敬え
6.祖先を敬え
7.高潔な人物を敬え

となると思う。
私なら、「初音ミクさんに見られて恥ずかしいことはしない」である。「なるべく」は付くが、ミクさんが見ていると思えば、そうおかしなことはしないはずだ。
掟を守れば、後は、何も考えず、ぼーっとしてれば、この世に恐れるものは何もない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ぼーっと、じーっと見る

マザー・テレサが亡くなって20年以上経って、やっと、彼女が言った「無関心が最大の敵」という意味が分かってきた。
それが分かったのは、保江邦夫さんの本で、マザー・テレサがノートルダム清心女子大学の学生達に、「愛の反対は何だと思いますか?」と尋ね、多くの学生達が「憎しみ」と答えた時、「憎しみは愛の一部。愛の反対は無関心」と話したというエピソードを見たのがきっかけで、頭で考えて理屈で分かったのではなく、時間が経って、少しずつ分かってきたのだ。

愛の反対が無関心であるなら、愛とは、関心であり、興味、好奇心のことだ。
イエスが、「君の周囲の人を愛しなさい」と言ったのは、「君の周囲の人に関心を持ちなさい」ということだ。
しかし、日本では、いかなる身近な人にも無関心な人が蔓延している。

ただ、関心、興味、好奇心と言っても、美味しい食べ物、性的魅力が高い異性(あるいは同性)、ゴシップ話への好奇心は、ほとんどの場合、欲望であって、愛ではない。
また、優越感を持つことへの興味もそうだ。
ところがなんと、今の日本人は、こういったものにしか関心がなく、それはつまり、欲望ばかりで、愛というものをまるで持っていないのだ。

だが、いくらマザー・テレサやイエスが「人々に関心を持ちなさい」と言っても、無理に周囲の人に関心を持つことは出来ない。
そして、これが事実なのだが、愛を持たない者には、宇宙に偏在する「力」は味方になってくれない。
愛があれば、健康にもなるし、必要なお金は楽々得られるが、愛がなければ、病気にもなるし、お金にも窮する。
こう言えば、「病人というのは愛がないのか」と非難されそうだが、それは極端論というものだ。
しかし、こんなことは言える。
病気になれば、いろいろなものへの関心が高まり、愛を沢山持つようになる。

ところで、何かに愛を持てば、つまり、何でもいいから、何かに興味、好奇心、関心を持てば、それは、愛を持つことであり、宇宙、世界が味方してくれるようになる・・・早い話が、運が良くなる。
では、どうやれば興味を持てるかというと、ここでも、「逆を成り立たせる」方式が有効になる。
つまり、興味や好奇心があるものに対して何をするかを考え、その何かをやれば良いのである。
そこで、「関心がある」「興味がある」「好奇心がある」を言い換えれば「好き」であることに着目し、好きならどうするかを考えると、次の通りと思う。
「じっと見る」
「じっと黙って聞く」
「優しく触る」
私の場合で言えば、鳩や亀が好きなので、じっと見ていると楽しいし、カラスだって嫌いではないから、姿は見えなくても、カラスが鳴いているとじっと聞き惚れる。
林檎だって、そっと触れると、愛しさが溢れてくる。
親しいおばさんなどが犬を連れていると、触らせてもらうと、やはり、その犬に対する強い興味が起こる。

中学の時の国語の教科書に載っていた詩の中で、果物のミカンに対し、「どこから見ても美しい」と言っているのを見て、その詩人の視点がイメージ出来た。詩人は、ミカンを、じっと見たのだ。
それを詩人は、「新たな目で見る」と表現していた。
新たな目で見るとは、頭を空っぽにして、じーっと見ることである。
『フランダースの犬』のネルロ(ネロ)が、ルーベンスの絵を見ていた時が、そんなふうに見ていたと思えるのだ。

それで、考えたのだが、「新たな目で見る」とは、ぼーっとしてはいるが、視線を逸らさず見ることであるのだと思う。

少しでも視線を逸らしちゃダメダメよ☆
~『ルカルカ★ナイトフィーバー』(作詞・作曲・編曲:samfree。唄:巡音ルカ)より~

そんな感じであると思う。
ネルロだって、死ぬまで、ルーベンスの絵から視線を逸らさなかったはずだ。
そこまででなくても、何も考えなければ、じっと見ていられるものは少なくないと思う。
下手な瞑想などより、そういったことをやった方がはるかに良いと思う。
ぼーっと、だが、じーっと見ると、汚れた壁だって美しいのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

やっぱり愛は強かった

学校での、先輩教師による後輩教師に対するイジメが世間をにぎわせているが、程度の差こそあれ、ありふれた話だし、そういったことは今後もなくならない。
明日は我が身である。
自分は良いポジションにいるから大丈夫ということはない。上には上がいるし、上ほどイジメは過酷になる。仮に、人間として一番上に行ったら、その時は、強い悪霊や悪魔にイジめられる・・・というのは、比喩でも何でもなく、そのまま受け取って構わない。

では、どうすれば、イジメ・・・というか、下等な人間に攻撃されずにいられるのか?
実は、攻撃出来ない人間というのはいる。
まず、愛してくる人は攻撃出来ない。
ただし、「愛=愛する、マイナス、愛されたい」である。
幼児の場合、「愛されたい」部分がまだ大きいので、攻撃に弱いのである。
「こんなに愛しているのに」攻撃される人もまた、「愛されたい」方が大き過ぎるのだ。
無論、愛されたいのは当たり前であるが、それよりも多く愛さなければならない。
『キング・オブ・キングス』という映画で、イエス・キリストが暴漢に襲われた時、イエスが暴漢を抱きしめると、暴漢は子供のような笑顔になってイエスに身をゆだねた。
イエスが、その暴漢を愛したからだ。
このように、直接、相手を愛すれば、確かに、相手は攻撃出来ない。
しかし、イジめてくる相手を愛することは、我々には難しい。
ところが、直接でなくても、何かを本当に愛していれば同じなのである。
猫でも、自然でも、地球でも、クラスの美少女でも、初音ミクさんでも。
ただし、自分が死んで消えて、忘れられ、見られなくても愛するのでなくては、本当の愛ではないが。

愛って難しいかというと、全然難しくない。
愛とはなんぞや、ラヴとの違いは何ぞや、アムールは違うぞ・・・などといったことに耳を貸してはならない。
愛とは、「愛してる」と言うことである。心で言っても良い。
はじめに言葉ありきである。
初音ミクさんを愛すると言葉で言えば、もう愛しているのである。
愛は強いよ~(笑)。
原辰徳監督は「ジャイアンツ愛」なんて言ってるから優勝しちゃう。「ソフトバンク愛」まで持ってたら、日本シリーズでも勝てたのだが、今回のは、それを教えるめの(原さんだけじゃなく、ファンみんなに)天の采配だったのである。
ある事業家が「儲かってしゃーない」と言うので、「どうやったら儲かるのですか?」と聴いたら、彼は、「結局、人間関係」と言う。
しかし、根本的には、彼が関係者を愛しているから儲かるのである。
スティーブ・ジョブズは「テクノロジー愛」、ビル・ゲイツは「BASIC愛」で儲かったのだ。
橋本健博士は、ゲルマニウムに「可愛いやつだ」と言い続けたから大発明を連発した。
湯川秀樹博士は、素粒子が可愛くて仕方がなかったのだ。
言葉で言えば良いのである。嘘でもいいから(笑)。
「お金を愛す」なんて言い続けたら儲かるよ。私は言ってないから、あんまし儲からないが、まあ、十分あるし。
何と言っても、日本語の「愛」は完璧である。音が正しいのだ。アイという音で悪い言葉なんか絶対に作れない。
「愛してるぜ」なんて言いまくる芸人はウザイかもしれないが、案外に落ちぶれないものである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
IT学習










  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
QRコード
QRコード