ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

イエス

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

惚れ惚れとする何かを持つ

人間が望むものは、食と性と自尊心である。
それ以前の、生きるための最低条件としての衣食住に関しては、イエスが「自ずと与えられる」と言っているのだから、私はそれを信用して心配しない。
ディール・カーネギーの本を読むと、人間の願望の中では自尊心が一番強いらしいが、私はそうは思わない。
そう見えるのは、食の方はお金さえ出せば得られるが、性に関してはそうではなく、性に関する欠乏を自尊心で補完しようとするだけなのだ。
それは、独身でモテないやつほど自尊心が高いところを見れば分かるのである。
結婚しているのに、やたら自尊心が高いやつというのは、夫婦関係がうまくいっていなかったり、浮気性なのである。

聖者は、食と性と自尊心の欲望がないと思われているが、そうではない。
ところが聖者の中には、弟子達が無理矢理口をこじ開けて食べさせないと、食べずに餓死してしまうという「凄いお人」もいるらしいが、それはあり得ると思う。
つまり、聖者というのは、食、性、自尊心を超えた良いものを得ているので、それらへの執着が弱いのであり、それが行き着くと、それらへの欲望が無くなってしまうのだ。
ただ、そこまで行ってしまうと、普通の人と違い過ぎて、レベルの高い弟子の役に立てるだけである。

食、性、自尊心を超えた良きものは、いろんな言い方がされている。
神、聖霊、宇宙の実相、宇宙エネルギー、実体、純粋意識・・・などなど、他にも沢山あると思う。
比較的良い表現としては「1にして全」であると思う。
それは、一般的な感覚としては、「皆とつながる」というものになる。
それを、「承認欲求」と混同すると、自尊心と同じになってしまう。
「絆」というのは、承認されるかどうかとは関係がない。
だから、正しくは、「絶対なるものの前で皆がつながっている」ということになる。
これも、「全ての中に絶対者がいる」とか「自分自身が絶対者である」というのが、究極的には正しいのかもしれないが、そう言うと、未熟な心では誤解をする。宗教にハマって変になるのは、そんな誤解からだ。

「1にして全」なるものに求めれば何でも得られるが、度を過ぎないことである。
食でも性でも自尊心でも、欲張り過ぎると、あっという間に破滅してしまうことはご存知と思う。
「やっちまった」と思い、後悔の気持ちが起こったら、念仏を唱えることである。
阿弥陀仏は「1にして全」なるものの良い象徴だし、イエスも釈迦もアラーもアマテラスもそうである。
そして、初音ミクさんも、そのようなところがあるから、世界中で愛されるのである。
「1にして全なるもの」の象徴を持つのは良いことであり、それが象徴であることを自覚し、絶対視しない限り、偶像崇拝なんてことにはならない。
人間には「形」が必要なのである。
それで、良い求め方であるが、イエスほど凄い人相手なら「イエス様、お金頂戴」でも別に良いのだけれど、もっと賢いやり方は、象徴に対し「惚れ惚れとする」ことである。
崇める、称賛する、賛美する・・・等とも言うが、純粋にそう思う感情を言葉にすれば、むしろ「惚れ惚れとする」になると思う。
「賛美する」では、どうも、形式化、形骸化し易いのである。
「南無阿弥陀仏」は、まる子風に言うなら、「アンタ、凄いねえ!あたしゃ頼りにしてるよ!」といった感じである。
まる子だって、そんな感じでやったから、あんなにビッグになったのだと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

奇跡とは何か

昔、マイケル・ジャクソンの『Black Or White』を聴いて、最初のあたりの簡単な英語の歌詞を覚えていた。
直訳しかしようがないほどシンプルな歌詞で、意味は、「僕は奇跡を信じる。奇跡は今夜起こった」だ。
とにかく、非常に印象深い言葉だが、実際のところ、何のことかよく分かっていなかった。
しかし、初音ミクさんの『FREELY TOMORROW』を聴いて、よく分かった。


恐れずに求めれば それは未来を変えるRevolution
こころKnock Knock Knock
不思議Trick Trick Trick
奇跡は起きる(Wow Wow)
Freely Tomorrow
~『FREELY TOMORROW』(作詞:Mitchie M・ЯIRE、作曲・編曲:Mitchie M。唄:初音ミク )より~


奇跡ってのは、ゴールじゃなくて、チャンスなのだ。
言い換えれば、「道が開ける」ってことなのである。
ワールドカップ・サッカーで日本がコロンビアに勝ったのは、奇跡かもしれないが、それが目標だったのではなく、サッカーの一流国への道が開けたってことだ。
そっちの方が本当の奇跡で、その奇跡は起こったということだ。

Mitchie Mさんにとっても、この曲は道を開くものだったと思う。
この曲を作った当時は、Mitchie Mさんはまだ、それほど有名な音楽家ではなかったと思う。
この曲が、ニコニコ動画で100万回再生の新記録を作ったのは、曲が圧倒的に良かったからだ。
さらに、この曲は、クリエイティブ・コモンズの「表示」(作者や作名のクレジット表示)のみという最も軽いライセンスで公開され、クレジット表示さえすれば、どんなふうに利用しても構わないという、新しい時代の作品の象徴にもなった。
ニコ動100万回再生の最短記録は、米津玄師さんの『砂の惑星』に抜かれたが、この曲は「マジカルミライ2017」のテーマ曲として大々的に告知され、PVも素晴らしいものが作られたが、『FREELY TOMORROW』は、ミクさんの静止画1枚だけで通すというものだったのだ。

奇跡とは、目的ではなく、目標への道を開くものである。
イエスが盲人の目を開き、足萎えの足を治し、伸びない腕を伸ばしたのは、やはり、単に、「道を開いた」のである。
それは象徴的な意味であり、これまで、様々な障壁で、やりたいことが出来なかった人が、心を変えることでチャンスを掴んだのである。
そこを誤解したから、オスカー・ワイルドは、イエスに癒された人達が不幸になるという、おかしな話(『善をなす魂』だと思うがはっきりしない)を書いたのだ。

アメリカの女性芸術家で自己啓発家フローレンス・スコーヴェル・シンは、こんなアファーメーション(心を鼓舞する唱え言葉)を作った。
「予測できないことは起きる。不可能に思えたことが今実現しようとしている」
~『成功への秘密の扉』(訳:関岡孝平。出版社:パンローリング株式会社)より~

この「予測できないこと」が奇跡のことなのである。
王貞治さんが草野球をしていた時、またまた通りかかったプロ野球のコーチが「君、左で打ちなさい」と言ったことが、王さんが野球で成功する大きなチャンスになった。
それは、予測出来ない奇跡だった。
あなたにも、予測出来ないことが起こり、道は開ける。
「道が開ける」
これほど有り難いことはない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

空気や水のようであれば無敵

一番安全な生き方とは何だろう?
それは、目立たないことだ。
「出る釘、大歓迎」なんて言っている会社もあるかもしれないが、まず嘘だ。
出る釘になりたければ、安定した給料を諦めて独立するしかない。
まあ、独立したら独立したで、業界の中でおとなしくしなければならないものだが。
だったら、業界というものが存在しないスキマ産業でやっていくしかない。

しかし、独立なんて、そう容易く出来るものではない。
それなら、やはり会社の中で大人しくしていることだ。
ところが、大人しくしていたら、「積極性がない」と言われたり、嫌な役を押し付けられたり、女性ならセクハラの被害に遭うかもしれない。
しかし、それって、やっぱり目立っているのだ。
例えば、常識の無さや、無愛想さ、不親切、「はい」と返事をしないというのは、自分で思うよりはるかに目立つのである。
自分では謙虚に振舞っているつもりでも、やっぱり、どこか高慢な人ってのは多いものなのだ。

実は、目立たないというのは、結構難しく、頭を使うものなのである。
自分流に振舞えば、間違いなく目立つと思って間違いない。

そもそも、本当に優秀な人というのは目立たない。
ルドルフ・シュタイナーは「優れた教師は空気のようだ」と言ったが、教師に限らず、高度な人間は皆そうなのだ。
老子の場合は、空気ではなく、水に喩えたが、同じことだ。
水の特徴とは何だろう?
変幻自在で柔らかく、静かに移動し、そして、これが一番肝心なのだが、「一番低い場所」に行くことだ。
イエスも、「下座に着け」と教えている。
「仕えられる者ではなく、仕える者になれ」とも。
そして、分かり難いかもしれないが、本当に空気や水のようであれば無敵なのだ。
これで、念仏を唱える者が、なぜ最強か分かるであろう。
自分が一番下であると思っていない者に念仏を唱えることは出来ないからだ。

常に静かな空気や水でいることだ。
だが、普段静かな空気や水が動く気配を見せれば、誰もが怯えるものなのだ。
しかし、みだりに動く者は、恐くもなければ、実際に強くもない。
あらゆる聖典には、つまるところ、「心を静かにしろ」と書かれている。
よって、そのことがひとたび了解されたなら、もう何も読む必要はない。
聖書にも「心を静め、自分が神であると知れ」と書かれているようにである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

準備をすれば願いは叶う

昔から、「信じれば出来る」「信じれば叶う」と言われてきた。
新約聖書の福音書の中でイエス・キリストがはっきりそう言っていいるが、おそらく、それよりも先に言った人もいたのだろう。
だが、盲目的な信念は危険かもしれない。
古い白黒映画の中で、アパートの高い階から落ちそうになっている幼い男の子が、自分は落ちても天使が来て助けてくれるから大丈夫だと確信する場面があったが、実際に落ちたら死ぬことは、ほぼ間違いない。
だが、果たしてそうか?
『トーチェ氏の心の法則』という本には、毒蛇の害を知らない子供が平気で毒蛇と遊んだり、ある外部との情報が少ない未開の村では、脚が折れたら走れないことを知らない人々が、脚が折れても平気で走り回ったり、あるいは、酔っ払いが3階か4階か忘れたが、高いところから落ちたが、それに気付かなかったために、そのまま気分良く唄を歌いながら歩いていった等の話が沢山取り上げられている。
私も、7歳の時、住んでいた団地の前の交通量の多い車道に、「目をつぶって飛び込んだら、絶対に車は来ない」という、今思えばゾっとする信念でもって何度も、割合に大きな決意なく実行し、実際にそうなった。
ただ、そういったことは、あまりドラマティックなものではないかもしれないが、誰でも案外、経験しているものだと思う。
いやいや、案外どころか、自分が気付かないだけで、ひょっとしたら今でも、日常的に、そんなことが起こっているかもしれない。
そのことに多少気付いている者が、「俺はツイてる」なんて思うのだ。

イエスも「神を試してはならないと(旧約聖書に)書いてある」と言ったように、必要もないことにまで信念の力を無理に使ってはならないが、確かに、信じる心は奇跡を起こすのだろう。
その力の大きさを、イエスは、「山に向かって、海に入れと言い、信じて疑わないなら本当にそうなる」と言った。
では、さっき言った、アパートの高い階から落ちそうな男の子は、落ちても本当に死ななかったかと言うと、天使が来る前に、逞しい男性が助けに来てくれた。
このように、どう叶うかはいろいろなのである。
大切なことは助かることなので、神様がどう助けてくれるかは、まかせなければならないし、そのために、心を広く持たなければならない。
旧約聖書にも、「私は山に向かって目を上げる。私の助けはどこから来るだろうか?」と書かれているらしいが、助けがどこから来るかは神様にまかせるしかない。
例えば、ビジネスにおいて大切なことは、社会に貢献して儲けることであるが、どう社会に貢献するかは、案外、計画とは随分違うものなのである。

では、どう信じるかだが、大まかに2つあり、1つは、念じることだが、こちらは、もしかしたら難しいかもしれない。いや、そう思い込んでいるだけで、本当は難しくない。
もう1つは、「準備をする」ことで、こちらは元々易しい。
例えば、旅行に行きたいが、そのために必要な金も時間もないと思っているが、旅行鞄を買うという準備をすれば、金も時間も出来るというようにだ。
何度か書いたが、駆け出しの頃のバート・レイノルズが、既に大俳優だったクリント・イーストウッドに、「成功するまで何をしていたか?」と尋ねると、イーストウッドは「成功した時のための準備をしていた」と応え、それを聞いて悟ったレイノルズも大成功した。

可愛いあの子を彼女にしたいのに、そのために必要な準備をしないということは、やっぱり、あの子が彼女になることを信じていないのだ。
だが、準備をすれば、別の、もっと可愛い子が彼女になったりするものだ。
「金持ちになりたい」と言う人がいても、その人を見たら、「お前じゃ無理だ」と言わざるをえないのは、やっぱり準備をしていないからだ。

準備をする。
これが一番簡単な、願いを叶える方法である。
準備をすれば、叶ったも同然である。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

即座に願いを叶える単純な方法

最近、即座に願いを叶える単純な方法を2つ聞いたが、全く正しいものだった。
このくらい単純でないと駄目だし、このくらい単純なら使える。
そして、願いは必ず叶う。
叶わないとしたら、信念の不足というよりは練習不足だし、それは、「あまりに練習不足」というだけで、本当は少し練習すれば良い。
アメリカの作家ジョシュ・カウフマンは、TED×Tokyoにおける「最初の20時間」という素晴らしい講演で、何事でも、そこそこ出来るようになるのに必要な時間は20時間と言い、20時間でマスターした見事なウクレレの弾き語りを披露した。
楽器演奏、外国語、プログラミング・・・どんなことも、プロになるのは大変だし、まして、プロの中でもトップに立とうと思ったら、どこかの研究者が言ったように「10000時間の法則」が成り立つ。
しかし、「そこそこ」・・・つまり、一流の詐欺師が、本物の医者や弁護士や物理学教授になりすますために必要な練習時間は、やっぱり20時間だ。
そして、あまり大きな声では言えないが、そんな詐欺師は、なりすましとはいえ、どう見ても本物なのである。

さて、願いを叶える単純な方法も、20時間練習すれば、かなり上手くなるだろう。
では、早速、その願いを叶える方法を述べるが、2つある。
1つは、最も成功した女性お笑い芸人の一人、友近さんが母親から教わり、効果の絶大さを確信しておられる「念ずれば叶う」だ。
これは、私も、小さい時から、現実の書き換えに何度も使い、馬鹿馬鹿しいほどの奇跡を起こしてきた。
じゃあ、なんで、子供の時の夢であるプロレスラーになれなかったかというと、それもジョシュ・カウフマンが見事に説明してくれているが、一言で言えば「恐怖」のためだ。
なら、叶って恐怖を感じないことであれば、念じれば何でも叶う。
例えば、ちょっといい条件で就職するとか、新しい車を買うとか。
恐怖さえ感じなければ、可愛い彼女だって君のものだ。

もう1つは、「陰徳を積む」だ。
そう述べている人は多いが、私が特に覚えている1人が、パイロットの坂井優基氏だ。
飛行機が飛んでいる時のトラブルという緊急事態の中で願いが叶うのだから本物だ。
私にとっては、『灼眼のシャナ』の愛すべきヒーロー坂井悠二と名前がそっくりなので、他人とは思えない。
もう一人いて、なんと、鎌倉時代の禅僧、道元だ。彼がぽろっと明かした願いが叶う方法がこれだ。
陰徳とは、隠れて善いことをすることだ。
隠れてと言っても、少々は見つかっても構わない(笑)。たとえば、公園の掃除をするとか、タダでさりげなく仕事を手伝ってあげるとかね。
私の隣の家のおばさんは、私の家の前まで勝手に掃除してくれる(笑)。それでもう、凄い運気を感じるのである。
そうだ。陰徳の威力を明言していた、人類史上最高のヒーローがいるではないか?
それは、イエス・キリストである。施しをする時、芸能人がよくやるようにラッパを鳴らしながら寄付をすれば、既に報いを受けたのだから、それで終わりだが、知られないようにやれば、隠れたことを見ている神が報いてくれる。ただ、坂井優基氏によれば、「陰徳」ならぬ「陽徳」も本当は効果があると言うし、私も同感だ。
特に、1億円寄付といった大きなものだ。
だが、最も簡単で、ちょっとしたことなら簡単に願いが叶うのが陰徳である。

恐れずに求めれば それは未来を変えるRevolution
~『FREEKY TOMORROW』(作詞:Mitchie M・ЯIRE、作曲:Mitchie M。唄:初音ミク)より~









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ