ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

イエス

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

イエスの今今メソッドは「待つわ」

誰だって、幸運でありたいし、楽しい気分でいたいし、生命力に満ち健康で元気でいたい。
ところが、そのための本当に良い方法を、親も学校もテレビも教えてくれないので、誰も知らない。
その、誰も教えてくれない唯一の方法は、「今、この瞬間に生きる」ことだけである。
「今、この瞬間に生きる」と、全てが得られる。
なぜなら、元々、全てを持っているのだが、それは「今、この瞬間」にあり、過去や未来にはないからだ。
このあたりの理屈を探ると、不毛な堂々巡りになるが、そんなことは、全てを得れば簡単に分かることだ。
泳ぎもしないうちに、泳ぐことを議論しても仕方がないのと同じだ。
泳ぎ方を知って泳いでみれば良いだけである。

「今、この瞬間に生きる」ことは、スピリチュアル界隈でも「今今メソッド」と呼ばれ、実践者も増えているのだと思うが、今一つ、分かり難いと思う人が多いのだと思う。
それなら、「今、今、・・・」と心の中で連呼すれば良いのだが、それもどこかピンと来ない。
実は、昔から、聖者達は、「今今メソッド」を教えるために苦心したのである。
イエスや釈迦は、うまく教えたのだが、直接教えた人以外にはなかなか伝わらず、後に文章にした人達は教えを誤解して、拙い文章になったのだと思う。

イエスは、「今今メソッド」を「待つ」こととして教えたという話があり、ちょっと面白い。
イエスは、「主人の帰りを待つしもべのようであれ」と言った。
良いしもべは、いつ主人が帰ってきてもいいように、きちんとして注意している。
だが、悪いしもべは、注意を怠り、つまらないことに心を引っ張られ、主人が帰ってきても気付かない。
主人の帰りをちゃんと待っているしもべは、今、この瞬間を意識している。つまり、「今今メソッド」をしているのだ。

待っている状態が、今を意識した今今メソッドであるのだが、もちろん、良いことを待つのである。
上のしもべの例でも、主人は、しもべがちゃんと待っていたことを知ると褒めてくれると言っているように、良い主人なのである。
今今メソッドとしての「待つ」は、悪いしらせを待っているようなことではない。
そこで、イエスは、待つ人を、花婿を待つ花嫁にたとえた。
10人の乙女がいて、夜中に、ランプを持って花婿を待っていたが、5人は十分な油を持っていなくて、途中でランプの灯が消えかけた。
そこで、油を買いにいったが、買いに行っている間に花婿が来て、捨てられてしまう。
花婿をちゃんと待ち続けた5人の乙女は花婿の屋敷に迎えられた。

賢い人には、釣り好きが多い。アインシュタインもそうだった。
魚を得ることが目的ではなく、浮きが引くのを待つことが好きなのだ。
それは、今を意識することであり、それで不思議な安心感が得られ、なぜか分からないが幸福になることを体験的に知っているのだ。

釣りと同じことを、UFOを見つけることでやることを勧めたのが、宇宙人とのコンタクティー(接触者)として有名な、「アダムスキー型UFO」に名を残す、ジョージ・アダムスキーだ。
アダムスキーは、UFOを見つけるコツは、なるべく空を見ることだと言う。
UFOが現れるのを待つことが、今今メソッドになるのである。
実際、UFOを見つけるには、見るしかない。
UFOは究極のステルス機で、レーダーにキャッチ出来ないことが多いし、そもそも、UFOは突然に「出現」することがよくある。
UFOは、人間が注意を向けることで「空間から湧いて出る」のである。
しかし、いつ現れるのかは分からない。
そこで、釣りのように、空を見上げて待ち続けるのである。

関英男博士は、若い頃、通信企業の研究所で、宇宙から来る電波をずっと観測していたらしい。
ただひたすら待ち続けたら、不思議な電波を観測し、それが宇宙人からの通信と思えた。
その時に、関博士の中で何かが起こり、関博士の人生が変わってしまった。
我々にも、何か良いものをひたすら待ち続けるという方法があるはずで、それを見つけてやれば良い。

あみんという女性2人組ユニットの楽曲『待つわ』(1982)をご存じの方は、高校生ですら、そこそこいるらしい。
歌の内容は、ある男性を好きな女性が、その男性がフラれて自分のところに来るのをひたすら待つという、歌の内容も、その歌い方も暗く、ある意味、怖い歌である。
これを、女子大生みたいだが、華やかさに欠け、ある意味「イモっぽい」、歌手としても素人っぽい2人が歌ったのである。
この曲が、あみんのデビュー曲なのだが、なんと、年間オリコンランキング1位で、120万枚を売り上げた、奇跡の楽曲である。
私は、この歌の女性は、待つことが決して苦痛でなく、いくらかは楽しかったのだと思う。
それで、今に生き続けた。
歌の良さと共に、そんなところも伝わったのかなと思う。








本物の聖者の教えは全て現実的で実用的

聖者や賢人達は、解脱(真の自分になることと考えて良い)のための方法を教えながらも、目的はあくまで解脱だけで、それによって現世利益が得られるとはほとんど言わず、むしろ、現世利益のような欲を捨てろと教えた。
イエスは、現世利益についても、かなり言っているはずだが、イエスの教えが宗教になると、それが隠された。
だが、親鸞は『現世利益和讃』により、念仏を唱えることで、あらゆる現世利益が得られると説いたし、親鸞の師の法然も、控え目ながら、『選択本願念仏集』の中で、念仏を唱える者は、仏の大きな加護が得られることを保証している。
(『現世利益和讃』は『三帖和讃』の『浄土和讃』の中にある)
親鸞や法然は正しく、念仏を唱えれば、現世利益は思いのままだ。
ただ、それは、念仏に神秘的な力があるからというのではなく、念仏を唱えれば、思考をする暇がないので、精神が引き寄せ状態になるからである。
実際、妙好人と呼ばれる、在家の、教養がない者が多い念仏者が、仏の加護としか思えないような幸運や奇跡に恵まれた記録は数多くある。
だが、法然が言うように、絶えず念仏を唱えるには、強い信仰が必要で、それは難しいことだ。
それで親鸞は、それほどの数は要求しないが、仏(阿弥陀如来)への感謝の気持ちを持つよう教え、これは、法然には気に入らなかったが、これでうまくいったのが妙好人である。とはいえ、やはり、成功率はそれほど高くはない。

だが、我々は、多くの聖人の教えの情報を得られ、解脱、および、それに準じる状態になることが難しくなくなった。
そして、解脱に近付けば、現世利益は容易く得られる。
解脱の技術をちゃんと使えば、無理に欲望を抑えなくても、自ずと、慎み深くなる。なぜなら、解脱の方が、物質的利益より圧倒的に楽しいからだ。
とはいえ、現世利益を楽しむことも重要なのである。

解脱の方法はいろいろあり、人によって、合う合わないがある。
アファーメーションは、念仏やマントラと同じで、思考を止めると共に、肯定的な思考の性質を育むが、とにかく、それなりの期間、数多く唱えないといけない。
だが、これが向いている者は確かにいる。

一方、万人向きで、間違いのない方法は「今、この瞬間」を意識することで、この方法は巷では「今今メソッド」と呼ばれている、
やり方は、取り立てて言うほどのことはなく、ただ今をしっかり意識するだけで、何かをしているなら、そのやっていることをしっかり意識しながらやるのである。
歩いているなら、歩いていることをしっかり意識し、食べているなら、食べていることをしっかり意識する。
だが、どうしても分からないなら、「今、今、今、・・・」と心の中で唱えれば良い。ただし、少しでも、今を意識しながらね。
詳しく学びたいなら、エックハルト・トールの本が、一番うまく書かれていると思う。








最も自然な引き寄せ

「私はこれこれである」と宣言した瞬間、その通りになる。
いかなるロクデナシであろうが、「私は」で自己主張する時は、人間はそんな力を持つ。
どんな願いであろうが、それで必ず叶っている。
だが、成ったと同時に、エゴがそれを否定し、元の、願いが叶っていない状態に戻る。
なぜそうなるのかというと、別に、エゴに凄い力があるのではない。
単に、あなたがエゴの想いを受け入れるからだ。
そりゃ、エゴは、1分に300のつぶやき、1日で数万の思考をするのだが、現代人は、それらのつぶやきや思考は概ね否定的であると考えられる。
そして、普通の人は、エゴの想いに同調する習慣がある。
それで、あなたの願望は簡単に否定され、あなたはそれに従う。

だが、一瞬は願いが叶っていることを知らないといけない。
その願いがいかに大きなもの、奇跡的なものであろうが、実際に実現している。
だから、あなたは、イエスと同じように、
「汝敗れたり。わが後方に退けサタン(エゴのこと)」
と言わないといけない。

そのためにはどうすればいいかというと、まず、次のような事実に注目したい。
それは、否定的なエゴを黙らせることが出来る者は、精神の変容が起こっているということだ。
そのために、瞑想をしたり、マントラを唱えたりの修行をする者も確かにおり、長期間、毎日長時間念仏を唱えていたら、ある朝、精神が変容していることを感じたといった記録をいくつか見たことがある。
政木和三さんは、小学5年生の時、毎日、腹式呼吸の練習をして、それ(精神の変容)を起こし、確かに万能になった。
ところで、このような方法でうまくいった人にもまた特徴があり、それは、かなりの苦境にあったということだ。

それで、楽な・・・というか、自然な方法は、どうせ自己主張すれば、一瞬でも願いが叶うのだから、それを何度もやることだ。
そうすれば、願いが叶った感覚を少しずつでも覚えることが出来、その感覚が強くなれば、エゴが否定する力が弱くなっていくのだ。
そして、いずれは、願いが叶った状態が自然になる。
たとえば、「私は金持ちだ」と思えば、一瞬で、自分が思うような意味で実際に金持ちになる。
その一瞬の感覚を、少しでも掴むのである。
最初は、すぐに、元の状態に戻るかもしれない。
しかし、諦めずに何度もやるのだ。
無理に連続して行うより、思い出した時に、気楽に一度ずつやると良い。
その際、実際に金持ちになったかどうか、確認してはならない。
本当に金持ちなら、自分が金持ちであることの確認なんかしない。
確認なんかしなくても、確信が起こる。
中学生は、自分が中学生であることに確信があるので・・・つまり、それが自然であるので、決して「私は中学生か?」と確認しないようなものだ。
「自然(ナチュラル)な」ということほど、疑いを起こさせない、肯定的で間違いのないことはない。
そして、上のやり方が、最も自然な引き寄せの方法であると思うのである。








引き寄せるために使った苦しい方便

引き寄せの方法は、根本を言えばたった1つで、新約聖書の福音書でイエスがそれを民衆に教える様子が書かれている。
その方法とは、「願いはすでに叶えられたと思え」である。

政木和三さんはよく、こんなことを言われていた。
「神は人の願いを聞かない。だが、どうしても叶えて欲しいなら、過去完了形で願え」
そして、具体的な例として、好んで話したのが次の話だ。
ある夫婦の赤ん坊が死にそうになっていて、ほぼ絶望的であった。
その夫婦は、政木さんに電話をして、赤ん坊を助けて欲しいと言った。
政木さんはこう答えた。
「赤ん坊は助かりません。諦めなさい。その上で、こう祈れ。『赤ん坊の命が助かりました。ありがとうございます』」
夫婦が言われた通りにしたところ、赤ん坊は助かった。
諦めながら「助かってありがとうございます」とは変な話だと思うはずだ。
本当は、願いが叶ったと思えば叶うのだから、赤ん坊が助かったと思うだけで良い。
だが、それだけ言うと、夫婦は、赤ん坊が助かることに執着してしまう。
執着は、願いが叶うことを妨げるのだ。
そこで、夫婦には、「赤ん坊は助からない」と言って諦めさせたのである。
ある意味、政木さんはテクニックというか方便を使ったのだが、政木さんも苦しかっただろう。
そして、願いが叶ったことを信じるためには、「ありがとうございます」と先に感謝するのが良い方法である。

願いが叶ったと信じることはとても難しい。
なぜ難しいのかと言うと、「叶った」と思っても、エゴが「そんなの叶うわけないだろ」と疑いの声や思いを発し、信じる心をぐらつかせるからだ。
「銀行預金が1憶円になった」と信じようとしても、エゴは、「どうやって1憶円得るのだ。無理に決まってるだろ」と言うだろう。
そこで、「どうやってなど知らん。だが1憶あるのだ」と本当に思うならそうなる。
しかし、それはやはり難しい。

ビル・ゲイツが大学生時代に愛読したという『ザ・マスター・キー』の16週のレッスンにこう書かれている。

わたしたちが万物の根源物質である宇宙精神と一体であると認識することでもたらされます。
(中略)
そのような心の姿勢を生み出すことに成功したら、願望がすでに実現された事実であると認識するのは容易です。

『ザ・マスター・キー』には、何度も「宇宙精神」という言葉が出て来る。
この本は、宇宙精神とは何で、それと自分が一体であるということを理解するために読めば良いのだが、そんなアドバイスなしに、この長い本を読んでも、なかなか成果は出ないのではないかと思う。
引き寄せの本はどれも長く、余分なことが書かれ過ぎているので、引き寄せが出来るようにならないという弊害はあると思う。
そして、『ザ・マスター・キー』の宇宙精神の説明は決してうまくない。そもそも、ちゃんと書かれていないと思う。
良い本ではあるが、多分、原本は隠されてしまっていて、見つからないのではないかと思う。

まとめて言おう。
引き寄せはこうやれば出来る。
「願いはすでに叶ったと思う。そして、欲望を捨てれば叶う」
これだけである。
だが、「願いが叶ったと思うこと」そして「欲望を捨てること」が、とてつもなく難しい。
エゴが、この2つに徹底的に抵抗するからだ。
銀行預金が1憶円になったと思おうとしたら、エゴはこう反発する。
「そんなの無理だろう」「実際は預金は10万円しかないじゃないか」
そして、欲望を捨てたくても、エゴは、「欲しい欲しい」と言うだろう。

さあ、どう解決するか?
やり方は分かっている。
まず、誰も、こんな認識が抜けている。
1憶円を願った瞬間に、すでに、1憶円は「本当に」ある。
つまり、願いは、願った瞬間に、既に「本当に」叶っているのである。
こう言われたら、100人中100人が「そんなわけないだろ」と言う。
それなのに、願いが叶ったと信じられるわけがないじゃないか?
この大矛盾に気付くべきなのだ。
「願った瞬間に叶う」は、方便・・・つまり、引き寄せのテクニックでも何でもない。
ただの事実なのだ。
だが、やはり、「願ったが、俺の預金は10万円だ」と言う。
いや、そう思うから10万円に戻っただけなのだ。
ところで、やっぱり1憶円欲しいかね?
「そりゃ欲しい」と言うなら、それが間違いだと気付かないだろうか?
だって、1憶円持っている人が1憶円欲しがるかね?
欲望なんて、あえて捨てなくても、1憶円得てしまえば、欲望を持ちたくても持てない。
「いや10憶だ」と言うなら10憶願えば良い。それだけのことだ。1憶も10憶も100億も変わらない。
だが、10億だと、慣れない人はエゴの抵抗が半端ないので、まずは、それなりの額にした方が無難というだけのことだ。

引き寄せが下手な人は、「1憶円得る。そしてそれが消える」を何度も繰り返しているのである。
そこで、1憶円があることを前提に考えないといけない。
ベンツを買おうとか、マンションを買おうと思わないといけない。
そんなことを気楽に考えていたら、エゴの抵抗が少なくなり、いずれ、抵抗してこなくなる。
そうしたら、願いが叶った状態のまま世界は続くのである。
別に、「銀行預金が1憶円になって安心だ」でも良いのだが、それだと、せっかく1憶円を得た瞬間、「銀行預金が1憶円になった空想をする」に現実が変わってしまうのである。その証拠に、少しも安心感が起こらない。








これさえ憶えていれば願いは叶う(決定版)

引き寄せ。あるいは、潜在意識の法則で願いを叶える過程が、新約聖書の「マタイによる福音書」の中の短いお話に簡潔に書かれている。
私が好きなお話なので、何度も書いたが、よくよく味わう価値があると思う。

イエスの弟子達が湖の沖に浮かぶ船に乗っていたが、風が強く波が大きかった。
夜が明ける頃、イエスは湖上を歩いて船に向かったが、それを見た弟子達は、幽霊だと思って恐怖し、叫び声を上げた。
イエスは、「私だ。安心しなさい。恐れるな」と言った。
すると、ペトロ(ペテロ)が、イエスに、
「私に命じて、私を水の上を歩いてそちらに行かせて下さい」
と言い、イエスが、
「私は命じる。来い」
と言うと、ペトロは船から降りて水の上を歩き、イエスの方に向かった。
だが、途中でペトロは強い風が吹いていることに気付き、怖くなって沈みかけたので、イエスに助けてくれるよう懇願すると、イエスは手を伸ばしてペトロを捕まえて、
「信仰の薄い者よ。なぜ疑ったのか」
とペトロを叱った。

マルコ福音書やヨハネ福音書にも、イエスが水の上を歩く話はあるが、ペトロが水の上を歩くのはマタイ福音書のみである。
ルカ福音書では、イエスが水の上を歩く話すらない(最初から船に乗っていた)。

上の話を憶えておけば、どんな願いも叶えられる。
まず、イエスが水の上を歩いたことは、潜在意識との間の壁がない者は、潜在意識の力により万能であることを示す。
ペトロは、その事実を信じ、自分もそれをやるよう命じて下さいとイエスに願ったら、イエスは「私は命じる」と言った。
ペトロの望みは水の上を歩くことだった。
そして、イエスが「私は命じる」と言ったことが重要である。
この「私」は、イエス個人のことではなく、「真の自己」のことで、真の自己が命じたら潜在意識は何でも叶えるのである。
ペトロの真の自己が命じたので、ペトロもイエスと同じように水の上を歩いた。
だが、ペトロは強い風に気付いてしまった。
それまでは、ペトロは風を意識しなかったのである。
意識しないものは存在しないのと同じである。
つまり、一切の困難、問題は、意識するから存在するのであり、意識を逸らせてしまえば存在しない。
ここが、普通の人がなかなか分からないことであるが、引き寄せのマスター達は皆知っている。
理解したければ、ジョセフ・マーフィーが天才と讃えたネヴィル・ゴダードの『世界はどうしたってあなたの意のまま(原題:At Your Command)』に詳しく説明されている。
ペトロは、せっかく望みを叶えたのに、強い風という問題を意識してしまったために、望みが叶っていない状態に戻ってしまったのである。
ところで、少し戻るが「真の自己が命じる」は、どうすれば良いのだろうか?
つまり、どうすれば、自分が願うことを、真の自己に命じてもらえるのだろうか?
何もする必要はない。
願望が浮かんだ瞬間に、真の自己は「それを得よ」と命じているのである。
ペトロは、考えて「水の上を歩きたい」と思ったのではない。
ペトロは、イエスが水の上を歩くのを見た瞬間、「水の上を歩く」という願望が浮かんだ。これが即ち、真の自己の命令である。
そして、願望が浮かんだ瞬間に、願望は叶うのである。
これは凡人でも例外ではない。
だが、すぐに強い風(「そんなことがあるはずがない」という疑い)が浮かぶ。
これはエゴの声で、凡人は、真の自分の声ではなく、エゴの声に従ってしまい、願望はキャンセルされ、願望が叶った状態が消えたのである。
イエスは、「なぜ、真の自分の声ではなく、エゴの声を信じたのか」と叱ったのである。

1つだけ付け加える。
願望は真の自分の声であるなら、誰かを殺したいという願望もそうなのだろうか?
そうではない。
誰かを殺したいというのは、真の自己の声を歪んで解釈しただけだ。
誰かを殺したいというのは、欲求を叶えるための短絡的な考えだ。
『南から来た用心棒』という映画の中で、大悪党が初めて殺人をした時のことを語る。殺したのは自分の父親で、その悪党が子供の時だった。
子供の時、彼は、父親の懐中時計が欲しいと思った。
父親は「俺が死んだらお前のものだよ」と言った。
悪党は笑って言う。
「5秒後に俺のものになっていた」
我々は、このように短絡的に考える愚か者になってはならない。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード