ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

イエス

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

我々は法華経や新約聖書に登場する転落した息子である

新約聖書の福音書と、仏教の最も有名な経典である法華経に似たお話があって面白い。
イエスと釈迦が語ったことになっている。
いずれも、金持ちの息子の転落と復活のお話だ。
「俺、金持ちの家の出じゃなから関係ない」なんて思わないで欲しい。釈迦もイエスも、「これはあなたのお話」と言っているのである。

イエスの方のお話はこうだ。
金持ちの地主に、2人の息子がいた。
うち1人の息子が父に、家を出るから財産を分けてくれと願い、父はその通りにしてやった。
だが、出て行った息子は遊び暮らして財産を失くし、貧乏のどん底に陥る。
そこで、父に下僕として雇ってもらおうと思って家に戻ると、父は大歓迎し、盛大なお帰りなさいパーティーまで開いてくれた。
面白くないのは、長年、真面目に働いてきたもう1人の息子だが、父は、その息子の機嫌も取る。

釈迦の方の話はこうだ。
途方もない金持ちがいたが、その息子が幼い時に行方不明になってしまう。
金持ちは必死に探すが見つからなかった。しかし、50年後、遂に息子を見つける。
しかし、貧しい息子は、すっかり貧乏根性が身に付き、父親が近付くとビビってしまい、話が出来そうにない。
そこで、父親は、自分が父であるとは言わず、息子を下僕に雇い、自分も下僕のふりをして一緒に働きながら息子を導く。
20年かかったが、なんとか息子は立派になり、死が迫った父は、有力者達と共に息子を呼び、「お前は私の息子で、私の全財産の相続者である」と皆の前で宣言し、息子もそれを受け入れる。

イエスの話の金持ちの地主は神であり、一度出て行った息子は、我々のことだ。
そして、釈迦の話の大金持ちは仏であり、貧しくなった息子は、我々のことだ。

つまり、人間というのは、宇宙最大の富と権力のある親がいて、その親と一緒に居れば良いのに、(精神的に)離れてしまうことで不幸になるということを言っている。
だが、親の元に戻りさえすれば、欠けているものは何もないのである。
ここまでは、それぞれの宗教の信者は分かっていることであるが、どうすれば親の元に戻れるか、はっきり教えていない。
いや、妙好人(在家の優れた念仏信者)として知られる因幡の源左という教育のない明治時代の農民や、江戸末期の神道家、黒住宗忠らが、苦労の末、それは、神や仏にまかせきることであると教えていて、その通りなのであるが、肝心のところが隠されたままだ。
その最も肝心なことは「気分を良くする」こである。
イエスの話の息子は、家の仕事が嫌で気分が悪かったから、大金を持っても、心の隙間を埋めるために遊び狂って全財産を潰し、気分が悪いので何をやってもうまくいかなかった。
しかし、どん底の中で、わが身を振り返り、少し気分が良くなったので、父の元に帰るというアイデアが浮かび、自分は愚か者だから下僕で良いと覚悟したので、気分爽やか・・・つまり、気分は良かった。
そして、家に帰ると、神である父は「私のものは全部お前のもの」と言ったのである。
けれども、家に残って真面目に働いていた息子が「なんであんなアホが僕と平等以上の扱いを受けるのですか」と文句を言うが、父は、「そんなこと考えちゃいけないよ。私のものは全部、お前のものじゃないか」と言うが、おそらく、その後、「だから気分良くいなさい」と言ったことは削られているのだ。
父が両方の息子に「私のものは全部お前のもの」と言ったことに引っかかる必要はない。神の財産は無限なのだからだ。
釈迦の話の息子は、長い貧乏生活の中で、すっかり、気分を悪くする習慣が身についていたので、どんどん駄目になっていた。
息子は、気分さえ良ければ、父は「私はお前の息子。私のものは全部、お前のもの」と言って、息子もそれを簡単に受け入れ、すぐに幸せになれたのに、父があの手この手で、息子に、気分が良くなることを教えるまで、それが出来なかった。

我々は、気分を良くしさえすれば、すぐに神や仏の財産を与えられる。
宇宙は、人間の気分に同調し、気分が良い者には、さらに気分が良くなる出来事を、気分が悪い者には、さらに気分が悪くなる出来事を起こすのである。
ある意味、我々は、笑顔やガッツポーズで、気分を良くする訓練をすると良いと思う。
訓練とは楽しいものであり、イチローのように、多くやればやるほど上手くなる。
イチローも、トレーニングが楽しいので、毎日長時間やりたいと言っていたはずだ。
仏典も聖書も、「気分を良くすればOK」という最も肝心なことは隠されてしまった。
今、こう言われても「そんな馬鹿な話は信じません」と言う人が多いのである。
ロンダ・バーンの『ザ・シークレット』の本やDVDを見ると、『ザ・シークレット』が出る前から金持ちで、バーンの手下でも何でもない成功者達が、気分の秘法をあっけらかんと明かしているので、一度見てみると良いと思う。
だが、この本も、こう言ってやらないと解らない人は多いと思うのだ。








キリストは本当はこんなに簡単で楽なことを教えた

イエスより先に現れ、イエスの活動の準備を整えた「洗礼のヨハネ」と言われる人物がいたことが、新約聖書の福音書に書かれている。
イエスは、ヨハネのことを、「天では一番下」と言いながら、「地上では最も偉大」と言った。
ヨハネの第一の教えは「悔い改めよ」だった。
「悔い改める」とは、自分が愚かな人間であることを自覚し、善い人間になる決意をしろという意味と言って良いだろう。
それなら・・・私は、ヨハネがそんなことを言ったのは嘘だと思うのだ。
つまり、福音書(あるいは新約聖書)は改ざんされているのだろう。
考えてみれば分かると思う。
欲張りで、自己中心的で、怠惰で、不親切で、助べえな人間(つまり、我々普通の人間だ)が、「お前は全然アカン。反省せい」と言われて、「はい、分かりました!ちゃんとした人間になります」なんて言うはずがないじゃないか?
そんな偉そうなことを言われたら、「ほっとけ、ボケ!」と言い返すなら、まだマシで(これなら、多少は自分はダメダメという自覚があるからだ)、普通は、「失礼な!私のどこが自己中だ」とか、「ワレ、頭おかしいんとちゃうか!?」といった反応しか得られないだろう。
ここらへんは、今も昔も、東洋も西洋も、そんなに変わらない。
じゃあ、ヨハネは本当は何と言ったか?
「悔い改めよ」ではなく「気持ちを切り替えよ」と言ったのだ。
つまり、圧制の中、民衆は皆、腐り、暗い気分になっていたのだが、気持ちを切り替えて、良い気分になれることをしろと言ったのである。
ではなぜ、この言葉が書き換えられたのか?
それはもう明らかだ。
数千年の昔から、支配者というのは、人民のマインドを憂鬱で不安な暗い状態・・・一言で言えば、悪い気分に陥らせることが、最も効果的な支配の方法とはっきり心得ていたのだ。
悪い気分の人間には力がなく、よって、恐れる必要が全くなく、楽々支配出来ることを知っていたのだ。
(フランス革命の場合は、民衆に力があったというよりは、快楽に耽った王侯貴族が帝王学を忘れてしまっていたのだと思う。)

だが、そこにヨハネが現れて、「気持ちを切り替え、良い気分になりなさい」と教えるのだから、権力者達は慌てた。
ただ、民衆は、これまでの洗脳によって、ヨハネに反発することは分かっていたので、民衆の反発者を煽り、ヨハネの教えを無効化し、さらに、罪をデッチ上げてヨハネを捕え、殺した。
ヘロデ王の妃へロディアが、娘のサロメをそそのかして、ヘロデ王にヨハネの首を要求したという聖書の話は、多分、これもデッチ上げと私は思う。
そして、いよいよ真打のイエスが、人々の気分を良くする教えを、ヨハネと比較にならないほど巧みに説いたので、イスラエルを支配していたローマ帝国を激怒させ、イエスは処刑されてしまった。
無論、イエスは見事な防戦を見せたが、普通の人には分からないような理由で、十字架に甘んじたのである。
これが真相と思う。

宇宙は、人間の気分と同調し、気分が良い人には、さらに気分が良くなる状況を与え、気分が悪い人には、さらに気分が悪くなる状況に陥らせる。
その真理を知ることが許されるのは、支配者だけであった(必ずしも強欲のためだけではなく、それも民衆の平和の手段と考えていたかもしれないが)。
それを、ヨハネ、イエスがバラそうとしたのだから、支配者によってイエスらは排除されたが、実は、イエスの良い教えの一片は、福音書や外伝の中に細々と残ったのである。
我々は、イエスの高貴で親切な志を無にしてはならない。
今も、支配者達は、この教えを隠そうとしている。
しかし、もうバレつつある。
我々は、力を得なければならないのである。
尚、上に書いたことを知って福音書を読むと、よく理解出来ると思う。








イエスの秘法を分かり易く言えば

成功のノウハウを教える通信講座を元に編纂された書物である、チャールズ・ハネルの『ザ・マスター・キー』の日本語版の訳者あとがきには、「引き寄せの法則」を初めて提唱したのは、この本の著者のハアネルであり、ロンダ・バーンの『ザ・シークレット』にも、この本の内容が随所に引用されているが、この『ザ・マスター・キー』が有名になったのは、ハーバード大学生だったビル・ゲイツに起業を決意させたのが、この本であるという噂からだったと書かれている。
ビル・ゲイツの件はあくまで噂であり、ゲイツは読書家だから、一度は読んでいたとしても不思議はない。
私も以前、『ザ・マスター・キー』は一度、目を通しているが、しっかりした本だと思う。
その中で、最高の成功の奥義は、新約聖書の福音書に書かれている、イエスが言った、「願いがあれば、すでに叶ったと思え。そうすれば叶う」であると書かれていたと思うが、これは、ハアネルに限らず、あらゆる成功哲学が重んじていると思う。

ただ、イエスがそう教えた時、微妙な言い方をしていた部分は、福音書作者は、省略したか、忘れたか、あるいは、元々は書かれていたが、転写の際に省かれた箇所があるのではないかと思う。
あくまで現代風に言えばだが、イエスは、こんなふうに言ったのではないかと思う。
「願いがあればね、例えば、船が欲しいなら、自分が欲しい船を思い描き、それを既に得たと思いなさい。ところで、それを得たら、どんな気分になる? うん、そうだね、嬉しいだろう? つまり、いい気分になる訳だ。その、船を得たという、いい気分を感じるのだ。そうすれば叶う」
「さらに効果を上げる方法を教えよう。新しい船を得たとして、いい気分になる前に、既に、今持っているもの・・・例えば、今、船を持っているなら、それを持っていることに感謝するのだ。また、住む家があること、着る服があること、履く靴があること、家族や友人がいること、以前、誰かが手助けしてくれたこと、何かを譲ってもらったこと、昨日、漁がうまくいったこと・・・何でもいいから、既に得ている良いと思うものに対し、『ありがたい』と感謝するのだ。そうすれば、今、願うことも、既に叶ったと思い易くなり、ありがたいと思って、良い気分になるだろう」
話し言葉を文章にするのは、文章術が発達した現代でも難しく、まして、当時はそうで、かなり省略されていると思う。だから、どこか変に感じる部分もあるのではないかと思う。
聖書にしろ、仏典にしろ、名説教者というのは、略された部分を、優れた想像で補いながら、分かり易く話すのである。

『ザ・シークレット』には、こんな事例がある。
ある男の子が、家族とディズニーランドに行ったが、乗り物に乗るには、長い時間、並ばないといけなかった。
そこで、その男の子は、1日目が終わった夜、次の日は、並ばずに乗り物に乗れると思い、いい気分になって寝た。
翌日、彼の家族は、VIP待遇される家族に選ばれ、どの乗り物も、並ばずに乗れる優待券を貰った。

私も、コンピューターシステムの仕事で、難しい問題が降りかかると、それが既に解決したとして、いい気分になると、ほとんど知らぬ間に解決することを発見した。
「妖精さんって、本当にいるんだ」って感じである(笑)。
いや、寝てる間に仕事をしてくれる妖精の寓話は、それを示しているのかもしれない。








FEEL FINE

ビートルズの『I feel fine』という歌がある。
歌の中で、I feel fine と何度も繰り返される。
I feel fineは、「気分がいい」って意味だが、この歌では、大好きな女の子と一緒にいるシチュエーションなんだから、そりゃ気分がいいだろうさ。
他にも、ビートルズの歌では、歌詞の中で、feel alright(alright=all right)、feel betterといった、ほぼどれも、「いい気分」という意味の言葉がよく出てくる。
そのことに、私は、昔、ビートルズを聴き始めたばかりで、全く歌詞も知らない頃から気付いていた。
そして、今思えば、これが、ビートルズという異常に成功したバンドの秘密の1つではないかと思うのだ。
人間にとって、気分ほど大切なものはない。
気分が良ければ、健康で幸運で何もかもうまくいくが、気分が悪ければ、不健康になり、不運で、何をやってもうまくいかない。
全ては気分次第だが、気分を良くするのは自分の責任である。

ロンダ・バーンの有名な引き寄せ書『ザ・シークレット』を同タイトルで映画化した作品の最後で、ロンダ・バーン自身が、砂浜に、“FEEL GOOD”と書く。
引き寄せのために、一番大切なことが、まさに FEEL GOOD …気分よくいることなのだ。
ビートルズは、その実践者であったのだと思う(ビートルズの曲の作詞作曲は、ほぼ全て彼ら自身が行った)。

新約聖書の福音書の中で、イエス・キリストは引き寄せの奥義中の奥義を、
「願いがあるなら、既に叶ったと思え。そうすれば叶う」
と言ったと書かれているが、きっとイエスは、
「願いがあるなら、既に叶ったと思って、いい気分を味わえ」
と言ったに違いないのだ。
でないと、願いが叶ったなどと思えないからだ。

ところで、願いが叶っていい気分になると、我々はどうするだろう?
欲しい車を買うための300万円が手に入ったら。
好みのタイプの可愛い彼女や、理想のタイプの素晴らしい彼氏が出来たら。
当然、笑顔になり、ガッツポーズの1つも出ようというものだ。
逆に言えば、無理にでも笑顔になったり、ガッツポーズをすれば気分が良くなる。
それを、願いがかなったことを想像しながらやれば、それが、「叶ったと思う」ことなのである。
イエスも、実際は、ここまで言ったはずだと思うのである。
だが、人間は、放っておいたら、願いが叶わないと思って憂鬱な気分に陥り、「どうせ無理だ」という言葉が出まくるものである。
だから、それに負けないよう、あまり見られていない所では、可愛い女の子とデートしている情景を思い浮かべながら笑顔になったり、可能ならガッツポーズをすると良い。
ネガティブな想いが強いようなら、それに飲み込まれないよう、十分な回数行うことが必要だ。

用途は違うが、根本的に元気を出したい時は、舌を思いっきり出せば良い。
それで生体エネルギーが高まり、元気が出来るだろう。
その上で、上に述べたように、気分を良くすることをすれば、願いは自ずと叶うだろう。

『ザ・シークレット』は完璧な引き寄せ書だが、つまるところ、肝心なことは上に挙げたことだけであると思う。
それが分かった上で読むと、よく理解出来ると思う。








「ペテロよ、ガッツポーズだ」とイエスに言って欲しかった

この世界は、信じて疑わないこと、つまり、信念の通りになるようだ。
我々の周囲の状況は、自分の信念が現れているだけである。
ところが、「絶対うまくいくと思っていたこと」が、悲惨な失敗に終わることがある。
それは、心の中に、成功することに対する少なからぬ疑い、あるいは、不安があったからだと考えられる。
世界は、信念の通りになること、そして、信念の力を得る方法について書かれた、70年以上ロングセラーを続けている著作が、クラウド・ブリストルの『信念の魔術』(Magic of Believing. 1948)だ。

ところが、人間というのは、疑う生き物だ。
新約聖書の福音書に、それについての面白いお話がある。
夜、イエス・キリストの弟子達が船に乗って、湖の沖(岸から遠く離れた場所)にいた。
用事を終えたイエスは、岸から、水の上を歩いて(彼は超能力者のようなものだ)弟子達のいる船に近付いていった。
それを見た弟子の1人ペトロは、遠かったので、それがイエスだと分からず、幽霊だと思って恐れた。
それを見てイエスは、「私だ。怖がるな」とペテロに言った。
イエスが水の上を歩いていることに感激したペテロは興奮状態になり、「先生!私も歩かせて下さい。あなたが来いと言ってくれれば、私にも出来ます」と言った。
すると、イエスは、「よし、来い!」と言い、ペテロは船を降り、水の上を歩いた。
ペテロは、精神が高揚していたこともあり、また、イエスが堂々たる態度で「来い」と言ったので、自分が水の上を歩けることを信じて疑わなかったのだ。
しかし、徐々に興奮が醒めて冷静になり、理性が戻ってきた時、ペテロに疑いが起こったのだろう。
ペテロは沈みかけ(冷静に考えれば、人が水の上を歩けるはずがない)、慌ててイエスに「先生!助けて下さい」と懇願した。
ペテロを支えたイエスは、「馬鹿者、なぜ疑ったのだ。信仰(信念と同じ意味と思って良いだろう)の薄い者よ」と、ペテロを窘(たしな)めた。

多くの人の状態がこれだと思う。
一瞬は、やる気とか情熱があって、成功を疑わず、うまくいくが、一度、疑いの気持ちが起こると、それに飲まれてしまい、結局、駄目になる。
それどころか、最初から自分を信じることが出来ない者も多いだろう。
「うまくいく、うまくいく」と自分を説得しようとしたり、暗示をかけようとしても、恐れや疑いは静まってくれない。
いや、理性で信じようとするほど、かえって疑いは大きくなるのだ。

イエスは、ペテロを叱ったところで終わってしまっている。
イエスは、ペテロに適切なアドヴァイスを与えるべきではなかったのかと思う。
いや、実際は、イエスはそうしたかもしれないが、福音書作家が書かなかった、あるいは、書いたが、その部分がなぜか消えてしまったとか・・・。
沈みかけて怖がるペテロに対し、イエスに、「ペテロ、スマイルだ」と言って微笑んで欲しかった。
(そこで、超ロングのツインテールの緑色の髪の天使が現れ、『Freely Tomorrow』を歌って欲しかった。「顔を上げて微笑めば笑顔取り戻す魔法になる」)
だが、もし、イエスがそう言っても、ペテロは笑うことが出来ないか、ひきつった不自然な笑顔になってしまったかもしれない。
そこでイエスは、「こんな状況で無理にでも笑える者は強い」と教えれば良かったと思う。
また、舌を思いっきり出す、ヨガのライオンのポーズでの顔を教え、「毎日、これをやれば、心が強くなる」と教えたり、ガッツポーズも薦めて欲しかった。
いや、実際のところ、イエスは、こんなことを教えたのではないかと思う。
そこらが、福音書から、そっくり削除されたのではないだろうかと私は思っている。
だって、それらは実際的で、あった方が間違いなく良いからね。
ペテロだって、怒られただけで、「努力しろ」みたいな感じのことを言われただけでは戸惑うだろう。
それは、我々も同じなのであえる。
笑顔、ガッツポーズ、舌出し・・・これらを忘れなければ、負けることはないだろう。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード