ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

イエス

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

力ある信念を持つ易しい方法

引き寄せは、信念の強さ・・・つまり、信じて疑わない心が起こす。
それを端的に表した言葉が、イエスが言った、
「山に向かって、海に入れと言い、そうなると信じて疑わないならそうなる」
であろう。
また、イエスは、
「出来れば…と言うのか?信じる者には何でも出来る」
と言い、人間の内なる万能の力は、信じることで発動するのだと示した。
さらに、引き寄せの具体的な方法は、
「願いはすでに叶ったと思え。そうすれば叶う」
であると教えている。

ところが、人間にとって、信じることは大変に難しい。
だから、信念の強い者は称賛されるのである。
これについて、私は、あるセミナーで、こんな話を聞いた。
「大概の子供は親の言うことを信じる。だから、子供にスプーンを持たせ、親が『曲がるよ』と言えば、子供はスプーンを曲げることが出来る」
ただし、それは、親の言葉にブレがない場合で、親の言葉にゆらぎがあると、子供はそれを敏感に察する。
そして、大抵の親の言葉は、レーザーのように真っすぐではなく、乱れがある。

力を求める者、志ある者は、信念を求めてさ迷い、そして、残念ながら多くは挫折する。
わずかの、幸運に恵まれた者だけが、純度の高い信念を得る。
ところで、何度も書いたが、私は、子供の時から、あり得ない奇跡を何度も起こしている。それは、限定的にだが、強い信念を持つことが出来たからである。
その限定的な信念を持つ方法を普遍化すれば良い。
それで、奇跡を自在にコントロール出来る。
そして、そのやり方は2つあることが分かった。
1つは、純粋に私が子供の時にやっていたもので、ヒトラーやナポレオンが使っていたものだが、彼らは最後は破滅している。
私は、偶然、それを思い出したが、これは、今のところ、公開しない方が良いと思っている。
もう1つは、斎藤一人さんが教えているものの強化版だ。
たとえば、斎藤さんで言えば、「俺は16の時から商売をしているのだから、金がないとおかしい」と思い、心を「俺は金がある」という一方向に向けるのである。
この「Xだから、Yでないとおかしい」というパターンで、人は、引き寄せに必要なだけの信念を持てる。
Xは、何でも良い。
「俺はいい男だから、可愛い彼女がいないとおかしい」
で良いが、「俺はいい男」の客観的真偽はどうでも良い。人間は己惚れ屋だから、自分を、いい男、いい女と肯定的に言うのは易しい。
Xは、肯定的であり、それほど抵抗がないことであれば何でも良いが、当然のこと、あるいは、事実であれば、さらに完璧だ。
たとえば、斎藤さんが16歳から商売をやっているというのは、事実であるから、疑いようがない。
家柄が良い者、親が偉大な者であれば、「私は〇〇家の者であるから」とか「私は〇〇の息子(娘)であるから」と言うのが、極めて良いXになる場合がある。

だが、人間の性質上、もっと良いXを設定する方法がある。
それは、何かを、毎日続け、それをXとすることだ。
私の場合は、こんなことがあった。
昔、私はTM(超越瞑想)を毎日、数か月やっていた。ほぼ1日も欠かさず、毎日2回、20分ずつやっていた。
つまり、その時の私にとってのXは「TMをやっている」である。
そんな中、私は、交通違反(運転中の信号無視)で警官に捕まった。
一瞬、動揺したが、私は「私はTMをやっているのだから大丈夫だ」と思った。
すると、あり得ないことだが、警官は何もせずに去った。
このように、毎日、欠かさず、何かを行い、「だから、こうでないとおかしい」と思えば、容易くそうなる。
毎日行うことは、肯定的で、良いと思えることであれば、何でも良い。
ただ、しんどいと思いながら、嫌々やっていることでは、あまりうまくいかないだろう。

江戸時代、ある修行を積んだ武士が、一人の町人に目を留めた。
ただ者とは思えない。
そこで、武士は、その町人に言った。
「お前は何者だ。その立ち居振る舞い、お前がただ者でないことは分かっている」
だが、その町人は、自分はただの商人だと言う。
ただ、その町人は、幼い時からの臆病を治そうと、毎日、夕刻に墓場に行くことを長年、日課にしていると言う。
それで、意識はしていないかもしれないが、「私は毎夕、墓場に行っているので、心が落ち着いていないとおかしい」という信念が出来ていたのかもしれない。
透明な信念を持つ人間はただ者ではなく、彼は意図せずとも、世界を支配しているのである。








暇な時間を持つ大切さ

コンピューター科学者で、有名なLispプログラマーであるポール・グレアムの『ハッカーと画家』によればアメリカも同様のようであるが、日本では、庶民は、ある時期までは学校に、学校を終えてからは、会社を始めとする職場に長時間拘束される。
その結果、どうなるかというと、人間本来の優れた精神と身体を持つ機会を逸する。
我々は、身体や心を磨くには、厳しい、辛い鍛錬をすることが必要だと思い込まされている。
上位の人間になるためには、猛烈な勉強やトレーニングを、1日4時間、5時間もやる必要があるといった具合だ。
しかし、そんな訓練では、若い時に一時的に、そして、極めて限定された能力を持てるに過ぎない。
そして、そこそこ優秀な人間になるためには、やはり、辛い訓練を毎日2~3時間やるといった具合だ。
だが、人間が本来持つ、本物の力は、そんなやり方では顕在化出来ない。
とはいえ、正しくやれば、誰でも、苦しむことなく得られる。
すなわち、誰でも出来る軽い訓練を、長時間やれば良い。
しかも、一般のスポーツや勉強と違い、やることの種類は少なく、たった1つのことをやれば良い場合もある。
実際、キリストのような高度な神秘力を得た者は、たった1つのことを、毎日、6~10時間以上やった者が多い。

釈迦は王子様で、29歳まで、かなり自由な時間を持ち、仙人の行に励んでいたのだと思われる。それは、決して苦しい行ではなく、むしろ、楽しいものだったはずだ。
その後、釈迦は城を出て、35歳まで修行三昧したが、能力そのものは、城を出る前に得ていたのだと思う。
だから、釈迦を霊視したルドルフ・シュタイナーは、釈迦が悟りを開いたのは29歳の時だったと言うのである。
釈迦の29歳から35歳までは、修行と言うよりは、探求の期間、人々を導く準備をするための期間だったのだと思う。
イエスの場合も、王子様でこそなかったが、30歳頃まで実家暮らしで、理解のある両親の元で自由に知恵の探求をしていたと思われるフシがある。
江戸末期の偉大な超人神道家、黒住宗忠も、完全にそう(実家暮らしの苦労知らず)であり、彼はイエス並の奇跡の力を備えていた。

引き寄せの能力が強い者というのは、子供の時から友達が少なく、また、時間を取られる趣味もなかったので、多くは偶然に、精神、あるいは、肉体を時間をかけて磨いていた者が圧倒的だ。
概ね、そんなふうな状況で育った者の中でも、特に、読書好きで、しかも、その読書内容が精神的なものであった場合は、魔法的な力を獲得している場合がよくある。
アイザック・ニュートンがまさにそうで、彼は、数学や物理学、あるいは、天文学の研究は、ついでにやっていただけで、本当に熱心に行っていたのは神秘学や聖書の研究だった。

引き寄せの能力も、訓練で得られるところがあり、それには長時間かかる。しかし、訓練そのものは、誰でも出来る、楽なものだ。
仙人や導師や超人ヨーギのような、超人的な身体や精神力を得るのも同じであると思われる。
それこそ、腕振り運動をしたり、佐川幸義流の、足踏みに近い四股を、毎日、長時間踏んだりである。
だが、我々は、学校や会社等に長時間拘束されてしまっている。
しかし、たとえそうであっても、なるべく学校や会社等に関わる時間を減らし、また、つまらない友達付き合いや、下らない趣味や、飲酒や美食に時間を取られることなく、楽しい充実した修行に時間を注ぐ込むべきであると思う。
また、学校や会社の中でも、なるべく自由な時間を作り、修行するのだ。
私の場合は、若い時から、少なくとも会社では、大半の時間は自由にしていたが、不可思議な力により、いつも良い想いをしていたのである。








親や神様に聞いてもらえる願い方

難しい願いが有る時は、神様に頼みたくなるかもしれない。
私はなる(笑)。
そして、イエスは、願いごとは叶ったと思えば叶うと言うが、この話は、優れた人物達も、よく正しいこととして引用するのである。
だが、叶ったと信じることが難しい。
それなら・・・
神様にとって我々は、親に対する子供に似ているらしく、黒住宗忠も神様(彼の場合は天照大神)のことを親様と呼ぶこともあったが、悟った人は、神仏に対して、そのように考えていることが多いと思う。
そして、多少愚かな人間であっても、自分の子供に対しては、案外に神様のように考えるものである。
では、そんな親に子供が、「お願い」を聞いてもらう良い方法とは何だろう?
それが分かれば、神様にも正しく願うことが出来るかもしれない。

「言うこと聞いてくれないと勉強しないぞ」なら、よほど馬鹿な親でない限り、怒鳴られて終わりで、願いは聞いてくれないだろう。
逆に、「勉強するから言うこと聞いて」ではどうかというと、さっきのよりマシとしても、成功率は高くない。
これは、勉強に限らず、「何かしてあげるから」でも、だいたい同じである。
なぜなら、勉強にしろ、良いと思われる他のことにしろ、それは、自分のためにするのであり、相手のためにするわけではない。
だから、それを、「あなたのためにやるから、言うこと聞いて」と言うのは、おかしなことであると、いやしくも親なら気付かないといけない。
たとえ、お使いをする、親の肩を叩いてあげるなどでも、そんな行為を商取引に使うなんて馬鹿げており、下手にそれで成功体験を持ってしまえば、その子供はロクな大人になれない危険がある。
そんな良いことは、無償で、喜んでやるようでないといけないのではないか?

では、どうするか?
そんなの、「言うこと聞いてくれるまでゴハン食べない」に決まってる(笑)。
子供にそれが長続きするはずもないが、それでも、3食ほど食べなかったら、親も、「なるほど、半端な願いではないな」と、願いを叶えてやることを真面目に検討することだろう。
たとえ下心があっても、特に子供にとって、食べないことは辛いことだ。
その気合いだけは認めてやっても良いと思うだろう。
そして、個人的欲望を抑えることが修行なのだから、その子供は、一応は修行をしたのである。
神様においても、食の慎みには応えてくれることが多いと思う。
そして、特に食でなくても、放埓(ほうらつ。勝手気まま)に振る舞いたい心を抑えれば、神様は応えてくれるのだと思う。
例えば、修行と言うに値するだけ、念仏や真言を唱えたたり、坐禅を組んだり、静坐をしたり、その他の行をやれば良いのである。
そんなわけで、延々、腕振り運動をしたり、四股踏みをするのも良いと思う。
もちろん、何でも良いのである。
その中でも、例えば、四股踏みをする時、階下の人の迷惑にならないよう、つま先は床につけたまま、踵だけ上げ下げするというのは、良い修行である。
(この四股に関しては、『月刊秘伝3月号』の大森悟氏の四股を参考にした。私も、あのような話が大好きである)
親としても、そんな気遣いのある子供が愛おしいように、神様もそうであるに違いないと思う。
さあ、良い修行をしよう。








なぜ偉くなった者の大半が落ちぶれるのか

モラルがない人間が成功することは決してないし、成功どころか、平安すら得られないだろう。
もし、モラルがない人間が富や地位を得ると、間違いなく破滅が訪れる。モラルがない人間が、外面上は、豊かだったり権勢を保っているように見えても、普通の人以上に惨めなのである。
なぜなら、モラルがない者の判断は異常であり、大きく間違っているが、それを無理に通そうとすれば大きな反動が来るし、また、身近な者からは避けられるようになるからだ。

モラルとは、個人的欲望に自ら制限をかけることで、一言で言えば、自己制約のことである。
人間は、誰しも放埓(勝手気まま)でありたいが、それを制限した倍の力を神、あるいは、自然に与えられる。そのように感じるのである。

ところで、ある成功した事業家は、やはり、モラルの重要性を理解しており、社員や家族が簡単にモラルを持てるような指導をしようとした。そこで、その事業家は、誰でも自己制約が出来る簡単な方法を考えた。
それは、家に上がる時、脱いだ靴をきちんと揃えることと、傘をたたんで傘立てに立てることであった。
もちろん、自分の家、他人の家、靴を脱ぐ必要のあるお店や公共の場を問わない。
そういえば、こんな話がある。
ある平凡な男性が、こんなことを言っていたという話がある(かなり昔の話だ)。
「私は、死んで閻魔様の前に出たら、『私は、人生で大したことは何もしなかったが、便所の下駄だけはきちんと揃えていました』と言うつもりだ」
この男性は、モラルがあり、富や栄光とは無縁でも、幸福であると思われた。

だが、その事業家の会社や家庭は、ある時期までは順風満帆だったが、やがて、そうではなくなった。
それなら、上の、便所の下駄を揃えていたという男性も、必ずしも幸福な状態とは限らない。
つまり、小市民、小善人では駄目なのである。
モラルがある人間は、正しい判断力があり、それは、優秀であるということだ。
そうであるなら、リーダーにならなければならないのだ。まあ、いろんな意味でだが。
そしてである。
リーダーは、モラルから挑戦を受ける。
つまり、モラルを捨てる危険にさらされる。
そして、残念ながら、多くの者は、その危険に躓(つまず)き、挑戦に敗れてモラルを失い転落する。転落先は、普通の人よりはるかに低い位置・・・地獄のようなものだ。
その意味、成功などしない方が幸福という面は確かにある。
簡単な喩えで言えば、普通の人は、自分が靴を揃えたり、便所の下駄を揃えればそれで良い。
偉くなりたければ、イエスが言ったように、むしろ、人に仕えないといけない。即ち、他人の靴や下駄も揃えないといけない。
そして、偉くなったら偉くなった分、大勢の人に、靴や下駄を揃えさせないといけない。
さらに、次々襲い来る、モラルを捨てる誘惑に打ち勝たないといけない。
そういったことが出来ないと、たかが人間の成功者など、哀れなものである。

何かのヤクザ映画で、偉いヤクザの妻が言っていたものだ。
「人間、神仏に手を合わせる気持ちがなくなったら終わりです」
特に、大きな自由を持つ者はそうだと言いたいのだと思う。
モラルを保つ優れた方法は感謝の心を持つことで、黒住宗忠も言っていたように、まずは口先だけでもいいから「ありがたい」「ありがとう」と出来る限り唱えることだ。
宗教っぽい感じがするかもしれないが、誰にも強制されず、自主的に、「ありがとう」「ありがたい」などと唱えることは、自己制約の気持ちを起こさせる。つまり、モラルを持てる。
そうであるなら、嫌でも成功するだろう。
小さなことで、ついついモラルをないがしろにする者が多い。そんな者が、いわゆる「うだつが上がらない」のである。それに気付き、「ありがとう」「ありがたい」と唱えれば、豊かになれるだろう。








言った通りの状況になる明確な原理

日本には、江戸時代の末期に、イエス・キリストにも匹敵する神人と思える黒住宗忠(1780~1850)という神道家がいた。
ところで、イエスも宗忠も実家暮らしだった。特に宗忠は、神道の家だから当然かもしれないが、生涯、実家暮らしで、30歳を過ぎて親が亡くなるまで、今で言う子供部屋おじさん(実家で、子供の時からの部屋に住み続けること)だった。
そして、宗忠は、両親が相次いで亡くなると、ショックのために病気になり、そのまま死にかけた。
言ってはなんだが、ちょっと情けないと言えなくもない。
だが、病気から快復した時に、宗忠は神人に生まれ変わり、そこから厳しい修行を積み、本物の徳と力を身に付けたのだと思う。
宗忠は、相手の身分で態度を変えることはなかった。
強盗すら丁重に扱った。強盗の中にだって神様がいるのだからだ。
ある時、強盗に刃物を突き付けられ、「十両出せ」と脅されたら、宗忠は「五両しかない。残りは明日」と言って五両を渡すと、翌日、五両を借りて本当に持って行った。強盗は、宗忠の弟子になった。

宗忠の教えは、丸ごと・・・つまり、一切合切、神様にまかせてしまうというものだった。
そこまでは、他にも多くの宗教家が言うが、宗忠の特徴は、実際のやり方をシンプルに言うことだ。
そのやり方は、「ありがたい」と言うことだった。
これも、多くの宗教家や啓蒙家が言う。
だが、宗忠は、心を込めて言うのが良いとしても、それが出来ないなら、口先だけでも良いから言えと教えた。
切羽詰まった状況にある者には、一度に百回、あるいは、千回、あるいは、一万回と指示したことはあるが、基本、何回ということもなかったと思う。
今の指導者の中には、5万回とか十万回「ありがとう」と言えと教える者がいるが、私は、それはどうかと思う。
欲望を叶えるための欲望の十万回を唱えるより、余計なことを思わずに、淡々と出来るだけ唱えればよく、1回でも良いと思う。
念仏で言えば、法然が一日中唱えよと教えたのに対し、親鸞は1回、あるいは、唱えようと思えば良い(1回も唱えなくて良い)と教えたが、親鸞のように言われた方が、念仏を唱え易いと思われる。
あるいは、宗忠は、「笑え」と言ったこともあるが、これは、特に、心が頑なになっている人には良いことであるが、あくまで、メインは「ありがたい」と唱えることである。
要は、1回でも良いが、出来るだけ多く、「ありがたい」と唱えると、神様に全てまかせたことになり、後は心配いらないのである。
神様や仏様にまかせれば心配いらないと言ったのはイエスも同じだが、イエスの実践方法は難しいし、後の人が、もっと難しくしてしまったと思う。

なぜ「ありがたい」「ありがとう」と言えば良いのかは、科学的なことだ。
これは、とても面白い話である。
新しい言葉を覚えたら、その言葉を偶然によく見るようになる・・・という経験を持っている人は多いと思う。
これは、1つには、脳が自動的に、新しく覚えた言葉を、見える言葉、聞こえる言葉の中から探そうとするのだが、あり得ないような珍しい偶然で、その言葉が見つかり驚くことがある。
それは、脳が刺激を送った先の潜在意識が、その言葉が書かれた何かや、言葉が言われる状況を作り出してしまうからである。
それと同じで、「ありがたい」と言い続けると、ありがたい状況を潜在意識が作り出してしまうのだ。
宗忠も、細かい教えの中では、「嬉しい」と言えば嬉しい状況が現れるし、「面白い」と言うと、面白い状況になると教えているのである。
「豊かだ」と言えば豊かになるし、「穏やかだ」と言えば、穏やかな状況になる。
逆に、「悲惨だ」「最悪だ」「惨めだ」「散々だ」「ウザい」「面白くねー」と言えば・・・である(笑)。
くれぐれも、良い言葉を言い、思うことである。
ちなみに、私の知り合いのお金持ちの口ぐせは「儲かってしゃーない」で、本当に、そうなっている。その人自身、「事業も、俺の言った通りになるから、皆、ついて来るんだ」と言っていたのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード