ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

イエス

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

ちょっとだけ我慢することの魔力

この世界のカラクリは、沢山の賢い人達が見抜き、説いてくれている。
釈迦やキリストは、それらの人達の中でも最高位なのだし、その釈迦やキリストの教えを基に、その時代にあった解説をしてくれる人達も少なくはないと思う。
ところが、なぜかいまだ、
「そうか、じゃあ、こうすれば、お金がザックザクと入って来て、女(男)も選り取り見取り」
というふうにはいかない。

一応、この世のカラクリを簡単におさらいすれば、こうである。
・世界は、心が作り出した幻であり、実体がある訳ではない。
・心の操作法が分かれば、世界は自由自在に支配出来る。
・この世界を作る目的は、楽しみながら進化するためである。
だいたい、これで合っているだろう。

しかし、ではなぜ、世界が思い通りになるように思えないのかというと、それでは面白くないからだし、進歩も出来ないからだろう。
ただし、進歩と言っても、
「鉄のバットも振ります!重いゴロゴロしたのも引っ張ります」(優子)
「修行のイメージ、古くない?」(桃)
~『まちカドまぞく』より~
といったギャグを本当にやっている者も多いのだろう。

また、「すべては幻じゃ」と聖人ヅラしてたら、面白くない状況になる一方だ(笑)。
世界は楽しむためにあるのだから、ちゃんと楽しまないといけない。
怠惰は良くない。
あるいは、「わしは酒を飲むのが何より楽しい」と、ずっと酒を飲んでいたら、やっぱりヤバいことになる(笑)。
アイドルの追っかけばかりやっていたらキモくなり(笑)、どんどん世界は楽しくなくなる。

「かと言って、働きたくないし、ボランティアも嫌だし・・・」
何もやりたくない、何をすればいいのか分からない・・・
それは、ハングリーでないのが原因で、行動に対する食事の量が多過ぎることから起こる。
それがあまり続くと、病気になったり、お金がなくなって、強制的に食べられなくなる。
だから、すらりとした身体になる程度に食事の量を減らすと、何かしたくなる。
と言って、あまりに小食なのも良くない。

つまるところ、この世界は、何事も「ほどほどにやる」と楽しいように出来ている。
そう言うと、「いや、徹底的にやることが喜びだ」と言う者がいるだろうが、それは決して長くは続かない。

ところで、良い方法を1つ教えよう。
「おあずけ」を躾ける犬は賢くなる。
人間も同じだ(笑)。
だから、食事の時、食べるのを20分待つのだ。
それで、空腹に耐える訓練が出来、それが力を与えてくれる。
TM(超越瞑想)という有名な瞑想法があり、クリント・イーストウッド、ポール・マッカートニー、キャメロン・ディアス、マーティン・スコセッシ、その他、沢山の著名人達が熱心に行っているという。
TMを導入した学校は大変に素晴らしい成績を収める。
そして、TMというのは、空腹な時に20分行うのが決まりで、普通は食事前になる。
つまり、なんと、これらは、20分の「おあずけ」の効果なのだ。
かなり良い状態で食事を我慢する方法がTMだ。

キリスト教では、本来、食事の前に長いお祈りをして、空腹に耐えたが、その習慣がなくなったのは悪いことだった。
日本ではお祈り自体は「いただきます」と、短いが、お父さんが帰ってくるまで食事を待つことが素晴らしい修行だったのに、これもなくなった。
「おいしいものを少し我慢する」
これこそが、世界を動かす力を得る秘儀だったのである。
これを、意識的にやれば、世界は自由自在だ。
食事に限らず、その他の楽しみも同じである。
ただし、やり過ぎもいけない。
ほどほどに。













当ブログ著者、KayのAI書。
街中ではリムジンやスーパーカーではなく、小型でキビキビ走る車が必要なように、また、危険があるかもしれない未知の世界ではバズーガやミサイルではなく小型の光線銃が役に立つように、AIも、リムジンやミサイルのようなAIではなく、小型車や光線銃のような手軽ですぐに役に立つAIが必要です。
つまり、数学やプログラミングや難しい理論がないと作れないAIではなく、Excelでデータを整え、軽快で高性能なツール(本書ではソニーの無料AIアプリNNC)で作るAIが我々には必要です。
本書では、手軽だが実用的なAIを、日常の言葉と馴染みのあるテーマを使って作れるよう工夫し、面白い問題で応用力を高めていきます。
ほぼ全ての実習が出来るデータを作れるExcelマクロ(VBAプログラム)を無料でダウンロード出来ます。

子供の時に貼られた力の封印はこう破る

生き辛い人というのがいる。
生き辛い人というのは、自信がない。
自信がない人は、力がない。
そして、力がない人というのは、力が封印されているのである。
力を封印したのは、普通は、育てた親で、多くの場合は実母であるが、そうでない場合は、幼い時に、最も多く接した大人ということになる。
おかしなことに、親に力を封印された子供は、その後、さらに封印を強化する大人や子供に出会うものだ。
力を封印された者は、なるべく早く封印を解除しなければならない。
でないと、下手をしたら、一生、力を封印されたままだ。

海外の場合はさておき、日本人は、大なり小なり(大抵は「大」だが)、力を封印されている。
子供の時に多く封印された者は、学校で致命的に封印され、子供の時に大きな封印を免れた者も、学校でかなりの力を封印される。
岡本太郎は、学校の授業中、両手で耳を固く塞ぎ、神聖なる頭脳に教師の邪悪な教えが入って来ぬよう・・・つまり、力を封印されぬようがんばったが、所詮、学校に行く限り、力の大半を封印されることを避けられなかった。

力は封印されても、若い間は腕力があるので、弱い者同士が集まって、暴力などの犯罪を行うことがよくある。
子供の時と学校で力を大きく封印された者しか暴力などの犯罪を行わないのだが、世の中でどんどん犯罪が増えている通り、子供の力の封印は大きくなっている。
「いや、犯罪は減っているのでは?」と言いたい人は多いだろうが、あまりに力を封印された者の犯罪は隠れたところで行われる。いじめ、セクハラ、パワハラ、SNSでの誹謗中傷などがそれで、もはや、力のない者は、隠れないと、あるいは、自分の身の保全を徹底的にはかった上でないと悪いことが出来ない。
そんな犯罪を行う者は、やはり、弱くて生き難いのだ。

では、力の封印を解除しなければならない。
そのために、宗教や心理学がしゃしゃり出てくることがあるが、それらは、ある程度封印が解除されてからでないと、全く役に立たない。
力の封印の解除には、生贄が必要だ。
生贄は自我である。
どういうことかというと、自我が屈辱にまみれて死ななければならない。
自我とは偽物のプライドなので、そのハリボテのプライドをズタボロに切り裂かれなくてはならない。
殺したいほど憎い相手に、這いつくばって命乞いをしなければならない。
路地裏で残飯を漁(あさ)らねばならない。
そうやって、自我を生贄にして殺した時、封印が解けるのである。
キリスト教の4つの福音書は、それをいろんな角度から描いているのである。
もちろん、だからといって福音書など読んでも無駄で、自我がイエスのように、磔にされて滅ばねばならない。そうすれば、復活があるだろう。
心配しなくても、磔はやってくる。
逃げ出そうとしたことはイエスも同じなのだ。
解雇されるとか、左遷されるなんて、小さな十字架だが、それを利用して自我を殺せば良い。
ニートだって、親に「見捨てないで」と土下座すれば良い。
うまく十字架にかかるべきで、かかり方を間違えて自我を守ってしまい、さらに駄目になっても、それは自分の責任である。

自我が瀕死の状態であれば・・・つまり、プライドがズタボロで、惨めさのどん底であれば、福音書や『バガヴァッド・ギーター』を読めば良いだろう。
尚、変な宗教団体に入ると、自我が復活するので、そんなものには近寄らないことである。













当ブログオーナー、KayのAI書。
紙の本は明日(5月30日)発売。Kindle版は販売中。
昔は、自分の仕事に電気をプラスすれば勝てました。
例えば、電気の黎明期、ポンプを作っていれば電気ポンプを作ればライバルに勝てたようにです。
電話も、コピー機も、ファクシミリも、早く導入した者が勝ちました。
近年では、パソコンや電子メールやモバイルやSNSです。
そして、真打AIの登場です。AIは、一般の者に使わせたくない勢力があるのですが、それを出し抜いてこそ実りは大きいのです。
この本では、Excelを使うスキルがあれば、誰でもAIを自分で作れます。

沈黙の力

本当の目標を叶えることは、悟りを開くこととセットである。
悟りを開くとは、真の自分を知ることであるが、真の自分を知るとは、偽りの自分を捨てることである。
とはいえ、悟りを開くこと自体を、考えては(目的としては)ならない。
というのは、やりたいことをやっていれば、自然に悟れるものなのだから、やるべきことをやれば良い。
では、やるべきこととは何だろう?
それは、「延々と丁寧に繰り返す」ことだ。
多くの人が、サラリーマンを延々やっているはずだが、悟れないのは、丁寧さに欠けるからである。
なぜ、丁寧さに欠けるかというと、好きでないからだ。
なら、好きなことをやれば良い。
それは、別にサラリーマンをやりながらでも良い。

そこで、自分がやりたいことを、丁寧に延々繰り返すとする。
だが、ここで、多くの人がつまづく。
もう1つ、掟があり、それは確かに古代から伝えられてきた。しかし、ほとんどの人が守らない。
それは、「沈黙する」ことだ。
自分が何をしているか・・・それは、目標や夢を表してもいるのだが、それを話してはならないのだ。

ところで、「人に話してはならない」どころか、「どんどん周囲に話せ」と言う大物が2人いて、困ったことがある。
その2人とは、評論家の竹村健一さんと、プロサッカー選手の三浦知良さんだ。
だが、竹村さんは、利用されるだけ利用され、有名にはなったが、いざ、本物の活動をすべき時期からは停滞してしまったし、あれほどの選手だった三浦知良さんが最大の目標だったFIFAワールドカップに遂に出場出来なかった。

夢とは1つの点ではなく、自分らしく生きることである。
だが、沈黙を守らないと、エネルギーが漏れてしまい、十分な力が発揮されない。
TOKYO MXの「マジカルミライ」の特別番組で、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長が、初音ミクさんについて「まさか日本武道館でコンサートをやることになるとは思わなかった」と言われていたが、それなら、最初から、初音ミクさんについて大それたことを話すことはなかったのだろうと思う。そもそもが、ソフトウェアパッケージとしての初音ミクさんが、そんなに売れるとは思っていなかったらしい。

私の周囲に、何をやってもまるで駄目な男がいて、私は彼に、本を読むことやプログラミングの勉強をすることを勧め、うまくいきそうな雰囲気もあったのだが、彼は、自分がやっていることを話すことを我慢出来なかった。
「昨日、10ページ読みました」「昨日読んだところに、こんなことが書いてました」「このプログラムやってみましたが、うまくいきませんでした」など、とにかくウザい(笑)。
黙ってやらなければならない。
自分のやっていることについては、沈黙しなければならない。
沈黙は金である。
イエス・キリストとなると、「右手がやっていることを左手に悟られてはならない」と言うほど、秘密主義を徹底していたのである。

延々と、丁寧に、沈黙して、繰り返す。
これで、何でもうまくいくはずである。













当ブログオーナー、KayのAI書。
紙の本は5月30日発売。Kindle版は発売中。
まずは、Chapter.1を、淡々と丁寧にやってみて下さい。あまりに易しいので、ひょっとしたら退屈かもしれませんが、それで、AIを作る原理を掴めます。
そのためには、ExcelがインストールされたWindows8.1/10パソコンが必要です。ソニーNNC(Windows版)もインストールしておいて下さい。
出版社サイトから、実習用データが作れるExcelマクロ(VBAプログラム)が無償ダウンロード出来ます。
※Excel2016以上で動作確認しています。多分、Excel10以上なら動くと思いますが分かりません。
特に手軽に出来て面白いのは「モンティ・ホール問題」と思います。この問題をプログラムで解くExcelマクロ(機械学習用データも作れます)も無償ダウンロード出来ます。

本当の褒め方

昔、小さかった私の従弟が従妹に「馬鹿」と言ったら、従妹が即座に従弟に「馬鹿って言う人が馬鹿」と言い返すのを聞いて、私はちょっと衝撃を受けた。
それは、お釈迦様が前世で、人食いの怪物が、「不変のものはない」と歌うのを聞いて、「おお!これぞ真理!」と感激し、怪物に向かって、「俺を食うのはちょい待ち!今メモるから」と言って岩に言葉を刻んでから、「お待たせ!」と言って怪物に身を差し出した話を思い出すほどだった。
「馬鹿って言う人が馬鹿」
これこそが真理だろう。

テレビを見ると、他人を激しく罵り、馬鹿にするものが非常に多いのは、そんなものが見ていて面白く、視聴率が取れるからだろう。
けれども、他者をこき下ろす者の姿は、やはり、嫌なものだと思うのだ。
だが、確かに、精神レベルを著しく落とすと、それが面白く感じるのである。
とはいえ、そんな低劣な精神レベルでいる自分がたまらなく嫌なのも確かなのだ。

一方、人気スターなどに陶酔し、誉めそやす人もまた、見ていて嫌なものである。
なぜかと言うと、外見が格好良いスターを称賛する者というのは、格好の良くない人を蔑むものだからだ。
たとえ、その対象がマザー・テレサであっても、過激に褒める者というのは、欠点のある人間を口汚く非難するものなのである。
だが、スターを絶賛してくれないとプロダクションは儲からないので、ファンが過激にフィーバーするように誘導するのである。

人間が、本当に誰かを敬っている時というのは、冷静であるはずだ。
イエス・キリストを本当に敬っている人は、「おお!イエス様!!」と、両腕を振り回し、髪を振り乱し、コロナウイルスを撒き散らすように口角泡を飛ばすことはない。
私が初音ミクさんを褒める時はちゃんと「ミクさんは地球を救う天使」と、控え目に厳かに言っているのである(笑)。

人の行いは非難しても、それを行った人を、いくら何でも罵倒するまで責めてはいけない。
激しく非難すればするほど、それは自分にもあてはまることを示しているのだからだ。
「なんて邪まやなつだ!」と言う者が一番邪まなのである。
自分のことしか考えない者が、他人に対して、「あいつら、自分のことしか考えていないのか!」と罵るのである。
「エッチにもほどがある!」と言う者が一番エッチだ(笑。いや本当なのだが)。

一方、誰かに対し、静かに「大したものだ」と言う人は大した人である。
ミクさんを見て、「本当に可愛いな」と静かに微笑む人は、まことに可愛い。
そして、人は、心から褒める相手と同じになる。
とはいえ、「心から」を、恣意的(勝手気まま)にすることは出来ない。
だが、「静かに」「丁寧に」やれば、それが本物になる。
静かに、丁寧に、心で褒めれば、それは、神が自分を褒めているのに等しいのである。













当ブログオーナー、KayのAI書。5月30日発売。
機械学習としては易し過ぎるかもしれません。厳密でないところもあるかもしれません。
それよりも、役に立つAIを、誰でも作れることに重点を置きました。
自動車を走らせるために、「エンジンを始動させる手順を実施する」と正確に言わなくても「エンジンをかける」でも良いのと同じです。
著者達(Kayと数学講師Mr.Φ)は、ほぼこの本の知識の範囲で、企業で実際に役に立つAIを作っています。

『太陽がいっぱい』の続きは

映画や小説の傑作は、続きを考えると面白い。
有名な映画評論家だった淀川長治さんは、アラン・ドロン主演のフランス・イタリア映画『太陽がいっぱい』を400回以上見て、その度に必ず涙を流したという。
それは、淀川さんの生い立ちに、そうさせるものがあるからで、単に感性が鋭いといった問題ではない。
そうった場合、「どうしても欲しい何かが得られなかった」か「大切なものを奪われた」かの、いずれかだったわけで、それは不幸な出来事なのだろうが、淀川さんについて言えば、そんなことがあったから、彼はあれほどの人間になれたのである。

『太陽がいっぱい』のラストは、アラン・ドロン演じる主人公トムが、豪華な屋敷でくつろぐ場面だった。
友を殺し、友の財産を騙し取り、若くて素晴らしい女性を騙し、全てはうまくいき、幼い時から貧しく、見下され、辛い想いをし続けてきた自分が、ついに勝った。
そんな満足感に浸り、「いい気分だよ」と微笑む。
だが、破滅はすぐそこまでやって来ていて、次の瞬間には「かつてよりずっと下に落ちる」。
トムが逮捕される場面は描かれなかった。
ところで、誰か、そのトム逮捕の瞬間、あるいは、その直後を想像しなかっただろうか?
案外というか、誰も、そんなことを考えていない・・・興味がないのだ。
しかし、私の最大の関心事はそこだった。
そして、解らなかったことが解る。
逮捕される瞬間は、確かに、トムは慌て、少しは抵抗するかもしれない。
しかし、明白な証拠を掴まれてしまっていることを理解すると、観念するしかなくなる。
その時、トムはどうするだろうか?
1つは、今回もまた努力が報われなかったことに、激しく落胆するだろう。
しかし、心の奥では、ほっとするのだ。
だが、そのほっとする気分は、普通の人では全く分からない。
同時に、惨めにもなるが、その惨めさも、普通の人には決して分からないのだ。
その両方を、淀川長治さんなら解るかもしれない。
すると、トムの嘘が解る。
全てうまくいったと思い、ゆったりとくつろぎ「いい気分だよ」と言ったのは、いつわりの「いい気分」だった。
心はいい気分だったが、魂(深い心)はストレスの限界だった。
そして、魂は破滅の現実を引き寄せてしまったのだ。

友人フィリップの遺体が、船の網にからまっていたのは、偶然のように見えて、トムの魂がわざとやったことだろう。
では、トムは元々、どうすれば良かったのだろう?
別に、フィリップの子分扱いされることに満足する卑屈さを持つ必要はない。
その時はその時で、なりゆきにまかせ、楽しい気分でいるべきだった。
焦って無理な・・・不自然なことをしなくても、自分はフィリップらをものともしなくなる。いずれ。
邪魔だったのは、子供の時から叩き込まれてきた貧乏根性だった。

トムはあなたなのだ。
本当は、最初からいい気分でいれば、そして、なりゆきにまかせていれば天国は待っている。
「明日を思い煩うな」
「願いは叶ったと思え」
「天国は約束されている」
イエスの言った通りである。













KayのAI書。2020年5月30日出版。

特権者にしか使えなかったコンピューターは、スティーブ・ジョブズやビル・ゲイツがパソコンを作ることで誰でも使えるようになりました。
王侯貴族でもなければ持てなかったオーケストラは、シンセサイザーにより誰でも持てるようになりました。
初音ミクさんが「あなたの歌姫」になってくれたことで、誰でも自分の歌を素敵な歌手に歌ってもらえるようになりました。
そして、ソニーNNCによって、AIは誰でも使えるようになりましたが、スムーズに取り組めるよう、易しくて面白いテーマを用意しました。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード