ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

イェイツ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

若返りたいと願うか

私が子供の時、何かの雑誌で、「若い時に戻りたいか?」をテーマにした文章を読んだのを覚えている。
その筆者自身は、「私は戻りたくない」だった。
なぜかというと、彼の若い頃というのは戦争中だったからだ。
私は、「若い時に戻るとは、今、この場で若返るのではなく、昔に戻るということなのか?」と奇妙に感じたが、そもそも、その私が子供の時は、「戦争中だったから、若い時に戻りたくない」というのも不思議に思えたものだ。
確かに、若さが一番というのは、ある意味、真理であるが、複雑な面もあるはずだ。

「20世紀最大の詩人」と言われる、アイルランドのW.B.イェイツは、何かの詩で、「老人の本音なんて、もう一度若くなって、あの娘を抱きたいってことなんだ」といったことを書いていたが、こちらは、今、この場で若返るってことだ。
老人全部がそうなのかどうかは分からないが、まあ、解るような気はする(笑)。
ちなみに、このイェイツも、そして、ゲーテも、老人になってからだって、若い娘を熱心に口説いていたようで、イェイツの方は知らないが、ゲーテはかなり達成していたのだと思う。
「芸術家は60代が青春」と言うピカソのように、60歳過ぎても美術学校の十代の女生徒達に次々言い寄り、挙句、結婚までしてしまったのもいるし、そもそもの起源は、見境なしに若い娘に子供を産ませた神々の王ゼウスがいる。

なんて冗談はともかく、私も、若い頃に戻れるとしても、気が進まない。
その理由は、若い時は、あまりに馬鹿だったからだ。
まあ、今も救いようのない馬鹿なんだろうが(自覚は薄いが)、それなら、若い時は半端ない馬鹿であったに違いない。
後でひどい後悔をしないためにも、出来れば、子供のうちに謙譲(謙遜と同じ。へりくだりゆずること)の美徳を身に付けさせると良い。
おそらく、MITを主席で卒業する秀才でも、オリンピックで金メダルを取ったり、年間何十億円も稼ぐプロスポーツ選手であってすら、傲慢であると、必ず悲惨なことになる。人類史上、例外はない。ましてや、我々凡人は。
自信があるのと謙虚であるというのは両立するし、何かで自信がなければ、本当に謙虚であることは出来ない。
傲慢さは、劣等感の裏返しであることは、皆、ご存知と思う。

臨死体験をした人が成功する場合が多いのは、自分以上の存在を感じ、謙虚になるからだ。
他にも、宇宙飛行士が、宇宙で神の存在を感じ、少なくとも、当分の間は敬虔さを備えた良い人間になるらしい。
ただ、宇宙飛行士は、持ち上げられる機会も多いので、油断すると傲慢になってしまうのだと思う。
だが、臨死体験も宇宙飛行も、なかなか出来るものではない。
そこで、神仏の名を唱えるジャパやナーマスマラナ、あるいは、念仏といったものの意義が大きくなる。
あるいは、量子力学や微生物学などを学び、大自然を作った英知に比べ、いくら賢い人間の知恵も猿知恵以下に過ぎないことを実感する手もあるかもしれない(賢い人向きか)。
自然運動を通じて、高次な力を感じることが、ヨーガや仙道の目的ではなかいと思う。
それなら、腕振り運動を熱心にやったり、呼吸を静かに細いものにするのも効果的だ。
自信はあるが謙虚である。
そんな人間が成功しないはずがない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人生という劇のストーリーを決める自己暗示

誰がそうであるかは重要ではないので、あるダンスパフォーマンスで有名なグループにいた元芸能人(元ダンスパフォーマー)とするが、グループを脱退して長く経ち、すっかり肥満していた。
それが、一大決心をして鍛え直し、現役時代並の身体を取り戻した。
これは、なかなか出来ることではないし、本人も、初めはとても無理と思ったらしい。
ところが、結局うまくいった最大の要因は、トレーナーが「絶対、大丈夫」と言い続けてくれたことだった。
「絶対、大丈夫」は、CLAMPの漫画・アニメ『カードキャプターさくら』のヒロイン、木之本桜の最強の呪文である。
さくらの場合は「絶対、大丈夫だよ」であるが、普通は「だよ」まではいらないだろう。
この元ダンスパフォーマーの場合は、トレーナーからの他者暗示ということになるが、暗示療法で世界的に知られるエミール・クーエが言う通り、いかなる暗示も自己暗示なのである。
他者から与えられる暗示も、自分が受け入れなければ効力を発揮しない。
だから、この元ダンスパフォーマーも、トレーナーからの暗示を受け入れ、自己暗示になったから成功したのであり、本来は、最初から自己暗示でやれば良かったのである。
確かに彼は、最初は、自分では成功の自信がなく、他者暗示が必要に思えたかもしれない。
しかし、自信などなくても、自分で「絶対、大丈夫」と唱えていれば、やがて自信を持てるのである。

イエスは、「山に向かって、海に飛び込めと言い、その通りになると信じて疑わないなら、その通りになる」と言ったが、そんな自信は、無理に持とうとして持てるものではない。
人間は、自分の心をコントロール出来ない。
しかし、言葉だけは支配出来る。
その言葉で、「全てうまくいく」と自分に言い続ければ、自然に自信が持て、山は海に飛び込むことになる。
ただ、その呪文、あるいは、自己暗示は、「感情を込めず、静かに、淡々と」唱えなければならない。
感情を込めて唱えると長続きしない。
1日、少なくとも30回、出来るだけ、思い出した時はいつでも、自分のお気に入りのただ1つの呪文を唱えることで、何でも望む通りになる。
呪文は、上記のように「絶対、大丈夫」でも良いし、「全てうまくいく」、あるいは、その組み合わせ「絶対、全てうまくいく」、「大丈夫だ、全てうまくいく」でも良い。
あるいは、全く別の言葉でも良い。
しかし、個々の願い・・・例えば、「ダイエットに成功する」「お金持ちになる」「格好良い彼氏を作る」「可愛い彼女を作る」は入れない方が良い。
これも、エミール・クーエが言ったように、「全てうまくいく」とすれば、「全て」に含まれるからだ。
個々の願いを言葉にすると、欲望にかられて、結果、大抵は失敗する。
そして、やはりイエスが言ったように、神はあなたの必要なものなど、とっくにご存知だ。
言い換えれば、潜在意識は、あなたの願望を、あなた以上に知っている。
さらにいえば、神、あるいは、潜在意識は、あなたの10年先の願望すら知っているのである。
全てを、神、あるいは、潜在意識にまかせることである。

さて、「マジカルミライ2018」が終わってしまうと、全てのことが些事に思え、どうでも良く思えるが、これは悪いことではあるまい。
つまらないことにこだわらず、「マジカルミライ2018」で巡音ルカさんが歌ったジミーサムPさんの『No Logic』のように、気楽にやりたいことをやれば良い。
ある程度は力を抜き「ソフトタッチ」でやることが必要である。
呪文を忘れずにね。
それにしても、私にとって、今や世界は幼稚園のお遊戯だ。
『燃えよドラゴン』で、ブルース・リーも言ってたではないか?
「良い闘いは、少人数でやる劇に似ている」
と。
「20世紀最大の詩人」W.B.イェイツは「良い役者は自分が泣いたりしない」と言った。
ハムレットもリア王も陽気なのだ。
良い役者は、それが劇であることを自覚している。
あるいは、劇でしかないと分かっている。
人生は面白い夢でしかない。
まあ、楽しくやろうってことだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

オタクよりキチガイでありたい

オタクという言葉は、肯定的な意味に使われることも多くなったが、やっぱりどこか、ドンヨリしてキモい感じがする。
そもそも、オタクは「お宅」から来ていて、家に閉じこもった感があり、積極性・・・ましてや、攻撃性に欠ける。
やはり、本当に好きなものに対しては、アグレッシブ(攻撃的、侵略的)でなければならない。

そこで、差別用語として忌み嫌われることがあるが、「キチガイ」の方がよほど良いと思う。
キチガイ・・・そうだ、狂気こそ最高の友ではないだろうか?
テクノロジーオタクでは革命を起こせないが、テクノロジーキチガイなら、何かやらかしそうな気がする。
車オタクは単なる車マニアだが、カーキチならレーサーになれるかもしれない・・・と言うか、少なくとも、その気が感じられるのである。

私は、プログラミングオタク・・・程度ではあったかもしれないが、プログラミングキチガイではなかった。
実際、プログラミングキチガイには敵わない。

何のキチガイにもなれない・・・つまり、狂気を持って生きられない人生に何の意味があるだろう?
『閑吟集』という、昔の庶民の歌集だったものに、「何せうぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂へ」(真面目くさってどうする? 人生は夢だ、ただ狂え)とあるが、全くその通りではないかね?
「20世紀最大の詩人」W.B.イェイツは、老人になっても安らぎを拒否し、不良老人として狂い続けた。
だから、死の寸前にも凄い詩を書いた。
我々若いモンが、そんなアイルランドの爺さんに負けてはならない。

まあ、狂うにも元気が要る。
元気のない狂人なんて、ただのオタクだ(笑)。
リリカルなのはのように、全力全開で狂わなければならない。
出来るだけ人様に迷惑をかけないように・・・ね(笑)。

夢を叶えるのはキチガイだけなのだ。
夢の途中で、前のめりに果てることこそが最高の夢ではないか?
それは、死ぬまで自分でいたってことだからね。
「あいつはキチガイだ」
そう言われなくて何の人生ぞ。
人生はどうせ夢だし、世界は幻想だ。
狂わずにいられようか?









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

勝利の最大の秘訣

昔、「想定内」という言葉が流行ったが、本当に賢い人とは、「想定外も想定内」である人だ。
幸福とか成功とは、思いがけないことから始まる・・・いや、思いがけないことからしか始まらない。

収穫豊かで災害がなく、よく収まった平和な村がありました・・・なんて言ったら、そんな村ほど恐ろしいものはない。
そんな村では、必ず起こる問題には蓋がされ、内部は腐りきっているものだ。
普通の学校や会社がそうじゃないか?
表面的な平和だけ大事にする年寄りに支配されたところから、さっさと出て行くが良い(精神的にで良い)。
思わぬ出来事を歓迎すれば、自然に情熱に満たされ、自ずと進歩向上する。

アニメの『美少女戦士セーラームーンSuperS』で、ちびうさが、「女の子だって待ってるだけじゃ駄目。時には白馬に乗って王子様を探しに行かないといけないの!」という名文句を吐くが、あくまで、「時には」である。
黙っていても、そうしなければならない出来事は起こる。
ちびうさだって、エリオスがやって来るという、予期せぬ出来事があったから、そう思ったのだ。
そして、エリオスがやって来たことを喜んだから、ちびうさは本物のプリセンスなのである。
ただ、ちびうさは、すぐに出かけたのではない。
まずは受け入れたのである。

それを分かり易く表現した場面が、アニメ『灼眼のシャナIII(ファイナル)』にあった。
力を奪われ、監禁されていたシャナは、最初は無駄な抵抗もした。
確かに、適度に試してみることは悪くない。
しかし、彼女は本当に賢かった。
だから、彼女は「待った」のだ。
「何かが起こる」と。
彼女は期待して待った。
だから、それが起こった時、彼女は「来た!」と即座に反応出来た。
今も衰えないネットの、
「キタ―――(゚∀゚)―――― !!」
は、本来、予期せぬ出来事の意味があったはずで、だから流行ったのである。
しかも、「期待して待った」の雰囲気があるから良いのである。
何が来るか分からないけどね。

そして、W.B.イェイツの戯曲『カルヴァリー』が究極である。
イエスが、「私が神に願えば、どんなことも叶えてくれる」と言うと、ローマ兵達は言う。
「それがどうした?サイコロが我々の神だ。予期せぬことでさえあれば、起こるのが最善なのだ」
彼らの強さに屈服したイエスは言う。
「私の神よ。なぜ私を見捨てた?」
これは、あくまで、アンチ・キリストであったイェイツの言い方である。
このイェイツにしても、やはり、アンチ・キリストだったニーチェにしても、アンチ・キリストであったからこそ、イエスの偉大さをよく分かっていた。
だが彼らは、彼らの作品の中の人物に言わせた通り、イエスに逆らわずにはいられないのだ。
1つには、イエスを権威化している世間を馬鹿にしていたのだろう。

何度か引用したが、『カードキャプターさくら』の、エリオルとスピネルの対話が印象深い。
「この世で一番楽しいことは何か知ってるかね?スピネル」
「何ですか?エリオル」
「予想しないことが起こることだよ」

予期せぬことは起こる。
でないと、あなたの願いは叶わない。
どんな予想しなかった出来事も、良いこととして受け入れることだ。
そうすれば勝てる。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

神に近付く時

あるアラブの賢者は、家族を殺された時、家と地位を奪われ奴隷になった時、そして、自分の死期を悟った時、歓喜を感じた。
誰かが、
「全ては神の意思として尊重するのか?」
と尋ねると、賢者は、
「そうではない。全ては私の意思である。私はだいたい神なのだ」
と応えた。
これは、運命を自分の意志とするニーチェの哲学とだいたい同じである。
「だいたい」を多用したのは、ドワンゴ会長の川上量生さんの真似であるが、わりといい感じだ。
「わりと」も川上さんはよく使っていたと思う。

私は、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」のチケットの抽選にだいたい8回落選し、一般販売では、アクセス集中のため申込み画面にも進めないまま終わり、そして、おそらく最後の抽選の結果の発表が昨日(8月10日)あったが、それもすっかりおなじみになってしまった「残念ながらチケットを用意することができませんでした」だった。
1回の落選、獲得逃しですら、相当こたえるのに、それをだいたい10回味わった。
矢吹丈のクロスカウンターを10発喰らったようなものだ。
これを自分の意志とするなら、私はだいたい神なのだがなあ(笑)。

平凡な人間の立場としては、マジカルミライも、チケットの本人確認を実施して欲しいものだと思う。
そうすれば、転売目的でチケットを買い占める者はずっと少なくなる。
それだと確かに、本当に都合で行けなくなったので誰かにチケットを譲るということも出来なくなるが、高額な転売チケットが増えるよりずっと良い。
私は、ミクさんのコンサートのためなら、10万円や20万円、あるいは、それ以上でも少しも惜しくはないが、転売チケットは死んでも買わない。
もちろん、善意でチケットを譲ってくれるというのなら、相手の気持ちを汲んで、手間賃も払わず、正価のチケット代金と郵送料だけで有り難くいただく。そうすれば、相手には神の祝福がある。
ミクさんを邪まな目的で利用した人の運命は哀れである。

さて、私は、マジカルミライ2017に向けて、絶賛修行中だ。
食をさらに慎み、朝晩のトレーニングにも熱が入り、身体はますます絞れてきた。
そして何より、果てしないチケット落選で心が大いに鍛えられた。
これは、どんな聖典を読むことより価値ある修行であった。
やっぱりこれで良かったのだろう。
だいたい神である自分の意志に報いるためにも、大きな心を持つことにした。

ちなみに、私は、3日(日曜)の昼公演に行く。
土曜は、企画展のみとなる。いまだ、未練がましくも少し残念に感じるが・・・
新幹線のチケットも既に取得した。
では、幕張メッセで逢いましょう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ