ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

イェイツ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

奇跡によってのみ人生は面白くなる

人間は、奇跡によって成功し、奇跡によって幸せになる。
つまり、平凡な日常の中に、予想しなかったことが起こり、運命が開け人生が変わるのである。

「この世で一番楽しいことは何か知っているかね?スピネル」
「何ですか?エリオル」
「予想しなかったことが起こることだよ」
~CLAMP『カードキャプターさくら』より~

「予期せぬことでさえあれば、起こることが最善だ」
~W.B.イェイツの戯曲『カルヴァリー』より~

私はプログラミングを覚えなければ、ロクでもない人生になっていたと思うが、プログラミングを始めたきっかけも奇跡だった。
営業の仕事をしていた時、少し前に会社を辞めていた同じ営業部の先輩だった人に偶然電車の中で会い(後にも先にも一度しか会わなかった)、彼が、「今、プログラマーをやっていて、営業の時と違ってやりがいがある」と言うのを、私は印象深く覚えていた。
私はその後転職した時の仕事は管理事務だったが、たまたま前の席だった技術課長が私と同じ大学の出身で(私は中退だが)、彼が私に「プログラムをやっておくと良い」と言ったのである。
その他にも、プログラミングを始める動機になる出来事が立て続けに起こったのは不思議なことだった。

フィリップ・フリードリヒ・ジルヒャー作曲の『ローレライ』(原詩はハイネ)の訳詩で、誰もが誘惑されずにいられない金色の髪の美少女ローレライのことが「奇(くす)しき魔が歌う」と語られている。
「奇しき」とは「普通とちがっている。めずらしい。すぐれている。ふしぎ。」「思いがけない。」ということで、それはやはり、「滅多にないこと」「奇跡」の意味が込められている。

若い時は、比較的よく奇跡が起こる。
なぜなら、若さとは危ういことで、その不安定さが奇跡を呼ぶのだ。
早い話、奇跡には冒険が必要である。
若くても危うさがない者、安定志向で冒険をしない者には奇跡は起こらない。
良い大学を出て、良い会社に入ったり公務員になって安定している者に奇跡が起こることはない。
奇跡を起こすには、ゆらぎが必要なのだ。

もっと
クラクラクラ クラクラさせてよ
ユラユラユラ ゆらぎを見せてよ
キラキラキラ きらめいていてよ
~『テオ』(作詞・作曲・編曲:Omoi。唄:初音ミク)より~

思想家の東浩紀さんは『弱いつながり』の中で、ゆらぎを起こす有効な手段として旅を挙げていたが、確かに、たとえパックツアーでも珍しい場所に行き、珍しいものを見ればゆらぎは起こる。
ゆらぎとは、非日常である。

一休さんの遺言は「心配するな。なんとかなる」だったという話がある。
どうにもならなくなった時の心構えとしての言葉であったと思う。
それは、「奇跡が起こるから大丈夫」という意味なのだ。
つまり・・・心配しなければ奇跡が起こるのである。
だが、その前に、心配したくなる危機がなければばらず、そのためには、冒険、ゆらぎ、非日常が必要なのだ。

変わったこと、新しいこと、非日常的なことをやって、ゆらぎを起こし、何が起こっても超然としている。
そんな人に奇跡はバンバン起こる。
どんな時も、「大丈夫」「奇跡は起きる」「ありがたい」を口癖にして落ち着いていると奇跡は起こるのである。
「神様の奇跡が起こる」と1日中唱え続けたホームレスが、頭に浮かんだ数字でロト6を買ったら1億円あたり、その後、いろいろあってローマ法王に会い、その後、また1億円あたったように。











人生は芝居、あるいは、バーチャル・ゲーム

インドや中国では、古代の賢者達がそう言ったからかもしれないが、人生は夢のようなものだという考え方があると思う。
日本でも、室町時代の歌謡集である閑吟集(かんぎんしゅう)に、「なにせうぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂へ(人生は夢だ。深刻にならずただ狂え)」というものがあり、それはインドや中国の(仏教や道教の)影響もあるだろうが、やはり、人生は儚い夢と考えることもあるのだと思う。
私の場合は、誰かに教えられた訳でもないと思うのだが(実際は何かの影響はあったかもしれないが)、子供の時から、人生は芝居の舞台のようなものだと思っていた。
我々は皆、舞台で演技をする役者なのだが、人生が芝居であることを忘れてしまっている。
しかし、舞台での自分の役割が終わると・・・即ち、死ぬと、普通は、「ああ、これは芝居だった。つい真剣になって本物の世界だと思い込んでしまった」などと言うのだと「解っていた」。
芝居が終わった後の世界のことがよく分からないような気もするが、そうでないと芝居が面白くならないのだろう。

アイルランドの「20世紀最大の詩人」と言われたW.B.イェイツも、やはり人生は芝居だと思っていたのかもしれない。
彼は、人々が自分が舞台の役者であることを忘れ、ハムレットやリア王のように悩んでいる様子を滑稽だという詩を書いている。
だが、優れた役者・・・即ち高度な人間は、人生が芝居であることを自覚し、「良い役者は(観客は泣かせても)自分が泣いたりしない」と詩の中で述べている。
映画『燃えよドラゴン』で、ブルース・リー演じる、少林寺の拳法の達人リーが師に、「良い闘いは少人数で真剣に演じる劇に似ている」と言ったのも、何か面白いと思う。

いかに人生が芝居だとしても、盗みでもやったら、かなり嫌な役割になる・・・いや、実は、盗みをするのも、その後、悪い展開になるのも既定のシナリオであるのかもしれない。これもまた、古代の賢者達がよく言ったことである。

じゃあ、辛い役柄にある人は、どうすれば良いかと言うと、先程の閑吟集の歌のように、「真面目くさってないで、ただ狂え」ということになる。
また、やはり上で取り上げたイェイツは「リア王もハムレットも陽気なのだよ」と言う。つまり、悲劇を演じていても、醒めているばかりか、内心では演技を楽しんでいるのである。
芝居なんだから、隣の美人の奥さんにちょっかいを・・・出したら、まあ、ロクでもない展開が待っている。しかし、そんな役割が決まっているなら避けられない。
ラマナ・マハルシは、「働く運命なら仕事は避けられないが、働かない運命なら、いくら探しても仕事は見つからない」と言ったらしい。
なら、ニートも運命なのであるから、ニートも、その親も、真面目くさって深刻にならず、陽気で・・・とは、なかなかいられない。普通の人は三流の役者なのだ。

もちろん、現代では、人生は芝居というより、バーチャル・ゲームであるという認識に進みつつある。
『ソードアート・オンライン』などを見て、隠しコマンドを探してみても良いかもしれない。
そういえば、昔にだって『ゲームの達人』なんてものがあったのだよ。








陽気に狂え

ゲーテの『ファウスト』の序章に書かれていたが、人間は怠り勝ちで、すぐに休みたがる。
その結果、進歩が止まり、硬直した状態になってしまうのだろう。
では、それを防ぐにはどうしたら良いだろう。
一般的には、「本を読め」「人と会え」「新しいことにチャレンジしろ」とか言う。
東浩紀さんは、『弱いつながり』で、インターネット時代にGoogleに取り込まれてしまわないようにといった意味で言われていたが、移動する・・・つまり、旅が良いと書かれてたと思う。
未来工業という、残業禁止、ホウレンソウ(報告、連絡、相談)禁止という面白い会社では、全従業員のアイデア1つを500円(仕事と直接関わりないことでも良い)で買うことで会社を活性化しているらしいが、これも、停滞・硬直化を免れ、変化・進歩する方法だろう。
「遊べばいいんだ」と得意気に言う者もいる。
あるいは、「仕事が一番じゃ」と言う者は多いだろう。
しかし、いくら本を読もうが、沢山の人と会おうが、ずっと旅をしようが、遊ぼうが、働こうが、ある時期からは進歩しなくなるし、未来工業の従業員の全部が進歩している訳でもないだろう。

一方、E.E.スミスのSF『レンズマン』シリーズに登場する、宇宙で最も進歩した生命体アリシア人は、1つのことを百年見続ければ宇宙的な進歩があると言う。
これは、上に挙げたもののように、自分が動き、考えることとは違って、静的で受動的なものと思える。
ラマナ・マハルシは、「働く運命にあれば仕事は避けられないが、働く運命になければ仕事はいくら探しても見つからない」と言う。つまり、ニートも運命って訳だ。
ニーチェは偶然を自分の意志と思えと言い、イェイツは予期せぬ出来事を喜べと言うが・・・ここまで高度になると、哲学的で解らない。

だが、つまるところこうなのだ。
神様は、楽しむために、個々の人間を作り、個々の人間に乗り移った。
ならば、面白いことをして楽しめば良い。
つまり、涼宮ハルヒの生き方が一番正しい。
伊達政宗だって、晩年に、「生き長らえているからには、楽しまずになんとする」と言っている。
ただし、食欲、性欲、名誉欲、物欲を叶える快楽は、一定の楽しさはもたらすが、すぐに苦痛に変わる。
閑吟集には、「ただ狂え」とあるが、確かに、どこかクレイジーな遊びでなくてはならない。
イタリア映画『愛のほほえみ』の中で、10歳くらいの美少女オルガが、「あたし、やっちゃいけないって言われることは全部したいの」と言っていたが、そんなことである。
だが、明るさが大切だ。
それを、イェイツはgay(陽気な、明るい)と言った。
つまり・・・本心から陽気に狂うことである。
まさに、涼宮ハルヒのように。








人生は喜劇であるのが一番

小説でも映画でも、あるいは、漫画でもアニメでも、悲劇もあまりに度が過ぎると、何と言うか、白けてくる。
もちろん、現実世界にも大きな悲劇というものはある。
しかし、作り物の悲劇は、話を面白くするという作為のあまり、法則から外れてしまうのである。

人生や世界は夢である。
閑吟集(かんぎんしゅう。1518年頃の小歌集)の中の有名な言葉、
「何しようぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂え」(そんなに真面目くさってどうする?人生は夢だ。ただ狂え)
の通りだ。
悲劇と言えば、文学的には何と言ってもシェイクスピアだ。
しかし、『ハムレット』や『リア王』の悲劇は、どこか滑稽で面白い。そこが、シェイクスピアの天才たる所以だ。
アメリカの作家カート・ヴィネガットは、「シェイクスピアは作家としては下手な方だ。しかし、彼は人間をよく知っている」と言ったが、それよりも、彼は、世界や人生をよく知っていたのだ。
それを明確に語ったのは、アイルランドの詩人W.B.イェイツ(20世紀最大の詩人とも言われるノーベル賞作家)だ。
彼は、
「リア王も、ハムレットも陽気だった」
と言った。全くその通りだ。
そして、こうも言ったのだ。
「主役を演じるほどの役者は、(悲劇を演じていても)自分が泣いたりしない」
リア王も、ハムレットも、名役者のはずなのだ。

人生は、夢と言っても良いし、演劇と言っても良い。
ニサルガダッタ・マハラジとなると、幼稚園のお遊戯とまで言ったものだ。
『燃えよドラゴン』では、リーは、「良い戦いとは少人数で演じる劇に似ている」と意味深いことを言っている。

酒池肉林(しゅちにくりん)の人生は楽しいものではない。飽き飽きすると言うか、シンドいものである。
『若草物語』で、姉妹達の賢明な母親が、「足りない目の方が良い」と言った通りだ。

夢だって全く自由にならないし、演劇だって、それなりに不自由なシナリオにしないとおかしくなる。
『スーパーマン』の映画の中のどれかで、「スーパーマン不要論」なんて傑作なものが出たが、それは言わないのが約束だ。だって、あまりにそうなのだからだ。
スーパーマンを存在させようとすると、スーパーマンに対抗出来る悪が必要になるが、レックス・ルーサーやゾット将軍なんて、あまりにいびつで、脚本家はとんでもない工夫を強いられる。まともに書くと、あまりに下らない話になってしまうからだ。

荘子も散々言っているではないか?
「私もあなたも、間違いなく夢を見ている」
と。
どうせなら楽しい夢を見たい?
では、楽しい夢とは何だろう?
ロリコンが可愛い少女を享楽する?
そういったことほど滑稽でシンドいものはないことを、ナボコフは『ロリータ』で書き、それをキューブリックが映画で見せてくれたはずである。
面白いシナリオではなく、どちらかというと、優雅なシナリオを求めた方が良いかもしれない。
それには、ぼーっとして、シナリ創作者の意思にフォーカスすることだ。
いや、それで案外、悲劇に目覚めてしまうかもしれないが・・・
人生は、ベートーヴェンが最後に悟ったように、そして、森鴎外が『神曲』なんて阿呆なタイトルをつけたダンテの叙事詩の本当のタイトルのように『喜劇』であるのが一番なのだ。








先細る一般日本人

SE(システムエンジニア)やプログラマーの仕事で、大きなシステムの開発というのは、大抵、面白くないし、スキルも上がらない。
なぜなら、そんなプロジェクトって、結果が見えているからだ。
大きなプロジェクトなら、受注額も大きいので、それを発注する側も受託する側も、未知のシステムを作るリスクは普通、冒さない。
だから、珍しくもない、普通のシステムを普通に作るだけになる。
大きなシステムに関わったことを自慢するSEはよくいるが、そんなSEが、よく言われるように35歳で限界になる。

もちろん、GoogleやMicrosoftのような超一流のIT企業では、規模が大きく、尚且つ、ユニークな仕事ばかりだろうが、それは例外的だ。
それでいえば、私なら、1人でやる、開発開始時点では、結果のイメージが見えないものが好きだし、面白い。
「こんなこと、本当に出来るのか?」と思えるシステムや、面白いけど、日本では誰も使ったことがないツールで作るなんてのも、面白いことがある。

コンピューターシステムだけでなく、この世のことは全て、先が分からないことが面白い。
高校でも大概そうだと思うが、中学なら、クラスメイトであっても、異性と交際すれば、その先どうなるか分からないので、とてもワクワクして楽しいだろう。
しかし、社内恋愛なんて、先は見えているので、本当はちっとも面白くない。
大人になれば、もっと広い世界(や異性)を相手にした方が良い。
友達となると、もう中学生くらいになると、自分と似た者と付き合う場合が多くなるが、それは馬鹿馬鹿しい。
まして、大人になると、よほど自分と違った人間でもない限り、会社の中とかでなく、外の世界に友を求めた方が良い。しかし、実際は、同じ会社でも、個性的な人間は敬遠され、似た者どうしで、ありきたりなぬるい付き合いをして、鈍化していく一方なのだ。

ヘレン・ケラーが簡潔に指摘したように、「人生は、恐れを知らぬ冒険か、それとも無かのどちらか」なのである。
W.B.イェイツの戯曲『カルヴァリー』で、「予期出来ないことでさえあれば、起こるのが最善」と言うローマ兵の強さにイエスは屈した。
『カードキャプターさくら』で、エリオルは、人生で一番楽しいことは「予想しないことが起こること」と言った。
しかし、日本では、ある程度の年齢を超えると、そんな面白いはずのことを必死で避けようとするのだから愚かだ。
まあ、そうなるよう、国や学校や大企業に教育されてしまっているのだから仕方がない。
せめて、面白いことのために少しはリスクを取ることだ。

「ヘイヘイ!少年、朦朧(もうろう)してるぜ。安全優先?先細ってくぞ、ほら」
~『アメリカ~We are all right!~』(作詞・作曲・編曲:じん。唄:IA)より~









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード