ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

イェイツ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

目標は大雑把な方が良い

願いを潜在意識に送り込むと叶うという。
ところで、その願いをどう表現するかであるが、2通りの方法があり、
(1)ディテール(詳細)までしっかり決める
(2)大雑把に決める
で、その中間もあるだろう。
正しいのは、絶対に(2)だ。
もし、詳細が分かり、それが叶ったとしたら、それは未来予知であり、強い予知能力を発揮した場合には、確かに、細かいところまではっきり分かることもあるだろう。
しかし、これから何かを願う・・・つまり、現実を創造する場合には、(2)でやらなければならない。
お金が欲しい場合、金額と、それを得る期限を決めよという話は多い。
それは、集中力を高めるためには有効であるが、大抵は、うまくいかない。
たとえ、金額と期限を決めて、結果、大金を得たとしても、金額や取得時期は、自分の設定とかなり違うものである。
「いや、俺はぴったりだった」と言う人もいるし、私も言ったことがある(笑)。
しかし、それは不正確なこじつけの場合が多いだろうし、私もそうだったのだ。
ただ、繰り返すが、未来予知の場合は、そこらが先に正確に分かることもあるだろう。

ただし、大雑把な目標は必ず持たないといけない。
「良いお客さんが沢山来るスナックを持つ」
「VBAで楽しく仕事をする」
程度の大雑把さで良いだろう。
なぜ大雑把で良い、あるいは、大雑把でないといけないかというと、未来のことなんて分からないからだ。
もっと正しく言えば、分からないから楽しいのである。
「20世紀最大の詩人」と言われた、W.B.イェイツの戯曲『カルヴァリー』で、聖書では敵であるはずのローマ兵に、「予測出来ないことでさえあれば、何でも起こることが最善」と言われたイエスは、敗北感にうな垂れる。彼らの強さを認めざるを得ないからだ。
また、『カードキャプターさくら』で、桜のクラスメイト、小学4年生のエリオルが、聖獣スピネルに、
「この世で一番楽しいことは何か知っているかね?スピネル」
と尋ねるが、スピネルは答が分からなかったのか、
「何ですか?エリオル」
と、質問で返す。
すると、エリオルは自信を持って、
「予測しないことが起こることさ」
と言う。

人間に出来るのは、大体の流れを決めることだ。
面白い例では、貧しくて煙草も吸えなかった男が、
「煙草くらい吸えるようになろう」
と決めたら、お金持ちになってしまったという、印象的なものがある。
大雑把に願えば、拡大して叶うことが多いことは、よく指摘される。
ある意味、慎み深さが良いのだろう。
東大の教授になりたいと思ったら、ハーバードの教授になるようにね。
こういったことは、矢追純一さんの本にうまく説明されていると思う。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

象徴(シンボル)の力

私は、特に子供の時に頻繁に奇跡のようなことを起こしたが、どうやってそんなことが出来たのかというと、要因は、強い願いと、絶対に叶うという信念だった。
願望成就法で言われる「叶ったものとして感謝する」「過去完了形で祈る」「強くイメージする」その他のテクニックではなく、大切なものは、あくまで、強い願いと信念なのである。
言葉もイメージも、一切の想いすらない。
「叶わないんじゃないだろうか?」という不信、不安は一切あってはならない。
テクニックみたいなものに頼るから、不信や不安が起こるのである。
無念無想であれば、そんなものは起こらない。
そして、無念無想は難しくない。強い願いと、それを諦めない意思の強さがあれば、自ずと無念無想になる。

イメージは無いと言ったが、シンボルはあった。
「願望が叶った様子を想い描け」なんて言う人がいるが、願いの大半は、叶った時の様子はイメージしようのないものだ。
例えば、優勝して金メダルをもらうシーンは、想像は出来るだろうが、明らかに現実感は無いだろう。
実際にもらう金メダルがどんなものか分からない場合もあるだろうし、金メダルを映像で見てはいても、それを手にしたり首にかけたりした感じは、実際とは全然違うかもしれないのだ。
しかし、シンボルでなら、心の中に持てる可能性が高い。
それは、個人的なものであり、人によって千差万別である。
例えば、優勝のシンボルが黄金の鷲であるという人もいれば、自分が空に舞い上がることであるという人もいる。

私が、小学4年生の時、初めて天体望遠鏡を手に入れたが、星に関する何の知識もないのに、いつも容易く土星を見ることが出来た。その時に使ったシンボルは、土星の白くて小さなイメージで、図鑑に載っているような土星の大きな映像ではなかった。
それは、真っ暗な空間の中の小さな白い土星だった。それだと、とてもイメージし易く、集中出来た。
また、これは決して真似しないで欲しいが、7つか8つの時、交通量の多い車道に目をつぶって飛ぶ込んだ時は、もう訳の分からないものだったが、やはり何かのシンボルが心の中にあった。本当に、こんなことで真似をしないで欲しいが、それは、仏様や天使の像であることがよくあったと思う。
以前見た、あるドラマのある回を録画したいと思い、一切の放送予定など調べず、ただ、録画装置のリモコンを握っていた(客観的に言うと度の過ぎたアホだ)時は、そのドラマの一瞬の場面がシンボルだったが、テレビ画面の中の、その中でも一部の映像なら、容易くイメージ出来た。
そして、何度も(奇跡としか言いようがないが)、そんな希望のものを録画出来た。
しかし、考えるに、象徴(シンボル)は何でも良いのだ。
例えば、願いを叶えたい時は、いつも奈良の大仏様を想う・・・でも良いのだと思う。それが、世界を動かす力の象徴と感じればね。
実は、私もよくやるのだ。大仏様、大好きだからね(笑)。
それで、ミクさんライブのSS席も引き寄せたし(笑)。
疾走する馬の姿のイメージが難しかったら、その像(彫刻)を手に入れるか、像の映像をよく見て(像の方が本物より簡単だ)、いざという時は、それを勝利の象徴として思い浮かべるのも良いかもしれない。
カール・グスタフ・ユングや、ウィリアム・バトラー・イェイツら、直観の天才達が、象徴(シンボル)の重要さを重ね重ね強調していると思う。
イェイツが、アニマ・ムンディ(世界霊)のイメージのことを述べていたことがあったが、そのイメージって、案外にショボい象徴なのかもしれないと思う。

願望達成術の本に書かれていることを参考に、好きな女の子とデートしている場面を想像したって、まあ、叶うことはない。
そんなキモい、根暗なことでは駄目だ(笑)。
そんな時は、彼女の一瞬の表情とか、彼女の持ち物で印象に残っているものを、シンボルとして集中するのが良いと思う。

天皇陛下というのは、昭和天皇、平成天皇、そして、令和天皇も、イメージが凄く安定していて、思い浮かべ易いことが分かるだろうか?
だからこそ、不思議と日本は強く、安定していて、平和なのである。
確かに、それだけではないが、それが象徴の力であることも確かなのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

言わなくても知っている

幸運を得て幸せになる間違いのない方法は、他人の幸福を祈ることであるらしい。
他人を差別することなく、全ての人の幸運、幸福を祈るのである。
比較的古くは、ノーマン・ヴィンセント・ピールが世界的ベストセラーの本に書いていたし、斎藤一人さんも、著書によく書かれていると思う。
脳科学者の中野信子さんは『脳科学からみた「祈り」』で、嫌いな人・・・それどころか、憎む相手(その本の例では旦那の浮気相手)の幸せを祈れ、最初は難しくてもその気になれば出来るようになる・・・と書かれていた。

だが、この「他人の幸運、幸福を祈る」やり方で、うまくいった人は、おそらく、とても少ないだろう。私にはゼロと思える。
なぜなら、そんなことをするのは、ほとんどの人にとっては「自分の幸運、幸福のために、他人の幸運、幸福を祈るフリをする」ことになり、そういった利己的な想いが良い結果を生むことはない。
さらには、他人・・・中でも、嫌いな人に善きことがあれと祈るのは辛いことであり、祈る度に心が歪み、穢れていくのである。
すると、幸運も幸福も逃げ、全く逆効果となる。

私の場合、人嫌いが幸いし、そんな試みは数度で諦めたが、それをやった時のストレス、心のダメージはきついものだった。
だから、やってはならないとまでは言わないが、無理はするなと言いたいし、そんなことが出来る、聖者のような斎藤さんや中野さんには、我々凡人には無理だから、あまり無茶言わないで欲しいと言いたいものである。

では、どうすれば良いだろう。
これに関しては、アイルランドの詩人、W.B.イェイツがこう述べている。
「愛は神の領域のものであり、人間に愛することは出来ない。だが、憎しみは人の領域のものであり、人間は憎むことが出来ると共に、憎むのを止めることも出来る」
そして、イェイツは、憎むのをやめた時によく起こる不思議な体験について語っている。
目の覆いが外されたように視界が開け(世界やものごとが鮮明になること)、壁の絵が親しげに話しかけてくる。
本来、それは言葉で言うのは難しい状態かもしれないが、ロマン・ロランの言う大洋感情、アブラハム・マズローの言う至高体験、いや、およそ文豪であれば、一度は作品の中で語る、万物と一体となったような忘我、没我の体験である。
道元は「仏道とは自己を忘れること」と言ったが、それが悟りを示すなら、まさに悟りの瞬間である。
イェイツも、「芸術の目的はエクスタシー(没我)である」と言ったようだ。
岡本太郎の「芸術は爆発だ」も、おそらく、同じ体験なのだろう。

だが、もっと良いのが念仏である。
これは宗教と言うより科学である。
念仏は、「南無阿弥陀仏」にしろ「南無観世音菩薩」にしろ、自分より高位の存在を認め、それに頼ることである。
運命に翻弄される自分が、最も上位の存在でないことは明らかで、さほど謙虚でなくても、自分をはるかに超えた存在が在ることは、よほどの馬鹿でない限り解る。
「天上天下唯我独尊」というのは、内なる真の自分のことかもしれないが、「私は」「私が」と言う(思う)自我のことではない。
その、自分とは比較にならない高い存在にまかせるのであるから、悪くなるはずがない。
では高い存在は願いを聴いてくれるかというと、あらゆる時代のあらゆる賢者に共通する見解は「聴く前に聴いている」である。
そのくらいレベルが違うのだ。
言葉であれこれ祈る必要はないので、「南無阿弥陀仏」と唱えるのであるが、そこは、それぞれ、好きなように祈れば良いのである。
改めて言うが、これに関し、賢者、聖者、予言者の見解が一致することは、驚くほどである。
従って、証拠がなくても(本当は優れた人達の見解の一致が証拠であると思うが)信じることが出来るのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

9割いい加減に、だが、1割は生真面目に

私は、アニメは、萌えキャラが登場するものしか見ない。
いや、萌えキャラしか見ない。
どういうことかというと、萌えキャラが出ていると、その作品は、作り物っぽくなる・・・もっと言えば、嘘っぽくなる。
アニメは、非現実的でなくてはならない。

ウィリアム・バトラー・イェイツ(ノーベル賞を受賞した、「20世紀最大の詩人」と言われるアイルランドの詩人・作家)は、
「良い役者は自分が泣いたりしない。ハムレットもリア王も陽気だ」
と詩作の中で言っている。
つまり、シェイクスピアの作品なんて、全部、浮世離れしているから良いのである。
リア王のお話も、お伽噺のようなもので、幕が引けば、リア王も笑顔を振りまき、可愛い末娘役の子に萌えているかもしれない。
『燃えよドラゴン』でも、ブルース・リー演じる武道家リーは、
「良い戦いとは、少人数で演じる劇に似ている」
と言っていたのが面白い。
つまり、どこか醒めた、どこか傍観者的な態度が必要なのであると思う。

イーロン・マスクも、ニック・ボストロムも、この世界はシミュレーテッド・リアリティ・・・超高性能コンピューターが作り出す仮想世界・・・早い話が、作り物であると断言している。
『投影された宇宙』では、著者マイケル・タルボットは、主に量子物理学の立場から、この世界はやはり実体ではない、見せかけのものであると説く。
古代インド哲学では、この宇宙が幻影であるというのは、よく知られている。
室町時代の歌謡集である『閑吟集』の有名な唄、
「何しようぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂え」
(そんなに真面目くさってどうする。人生は夢だ。ただ狂え)
の通りと言って良いだろう。

ただ、『天使のささやき』の中で、植島啓司氏が、良い心構えを語っていたのを覚えている。
つまり、「9割いい加減に、しかし、1割は生真面目に」だ。
悲劇の王を演じるリア王も、9割陽気だが、1割は真面目にやっているし、リーは、9割お遊戯でも、1割は真面目に戦っている。
私の好きな言葉、「神を信頼しろ。だがラクダはつないでおけ」も同じ意味だ。
今朝も書いたが、「安心しろ。だが控え目に」「安心しろ、だが欲張るな」である。
そして、念仏を唱えるのが一番である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ちなみに愛とは

成功するかどうかは、本当のところは、愛の大きさで決まるのだろうなあと思う。
どんな成功のためのテクニック、技術、秘法を駆使しようが、愛がなければ、一時的に上手くいっても、ほどなく転落する。
一方、特に成功のためのセオリーみたいなことを何1つ知らなくても、愛を持ってやるべきことをやれば必ず成功する。

しかし、お気付きと思うが、愛とは何かが難しいのだ。残念ながら。
「好き」と「愛」とは似ているが、美味しいものが好きなことを愛とは言わないし、美男美女が好きなことも愛ではない。
世の中では「愛」で通ることが多い、母親の子供への愛着も、その正体は愛ではない。
これらは全て、執着であり、引力としては強いが、時として愛と正反対である場合も珍しくはない。
聖人の崇高なる善行すら、それが愛の発現かどうかは疑わしく、実際、ひいき目に言ったところで、それらのほとんどは愛ではない(実際は全て愛ではない)。

では、愛とは何だろう?
そんなこと、誰も教えてくれないし、どんな本にも書かれていない。
これに関して、「20世紀最大の詩人」と言われたアイルランドのノーベル賞作家で神秘家であったウィリアム・バトラー・イェイツは、実に素晴らしいことを言っている。
「愛は神の領域であり、人間には解らない」
こう言ってくれると助かる・・・というのもおかしいが、納得出来る。
「なーるほど」だ。
そして、イェイツはもう1つ、やはり有り難いことを教えてくれた。
「だが、憎しみは人間の領域である。人間は愛することは出来ないが、憎むのをやめることが出来る」
「憎む」は、呪う、妬むでも良いし、それは、人の存在自体を嫌うことだ。

イェイツは、至高体験、大洋感情といった言葉は使わなかったが、それである、万物と一体となる忘我、没我の体験は、憎むのをやめた時に起こることに気付いた。
以前も書いたが、アブラハム・マズローは、「偉大な人間とそうでない人間の違いは1つだけ。至高体験があるかどうかだ」と言い、それは正しいが、イギリスの作家コリン・ウィルソンは、「至高体験はありふれたもので、単に、自分を幸運だと思うこと」と言い、マズローも認めた。
要は、至高体験への親しみ、馴染みの度合いの問題だろう。

それなら、やはり、憎むのをやめれば成功するのだが、それは、テクニックでもセオリーでもないが、納得出来ることで、これが、実際は人間には到達出来ない愛に近付くことである。
『地獄少女』を見ていて思うのだ。
「人を呪わば穴二つ」
あのアニメを客観的に観ていても、「別に恨まなくていいじゃない」と思うのだ。
恨み、憎しみ、呪い・・・言葉は違っても根は同じであるが、それをやめることは出来るに違いないし、やめるべき・・・少なくとも、やめた方が良い。
まあ、それがなかなか難しいのかもしれないがね。
とはいえ、答はそれなのだ。
憎むのをやめれば、確かに結果的に成功する。
だが、きっと、憎まない人には、成功なんてどうでも良いのだろう。

『あしたのジョー』のアニメの有名な主題歌に「憎いあんちきしょうの顔めがけ、叩け!叩け!叩け!」なんてあるが、丈は、「憎いあんちきしょう」を本当は愛しているのだ。
ジュリー(沢田研二さん)の歌にも『憎みきれないろくでなし』なんてのがある(作詞は阿区悠さん)。
好きが愛でないように、嫌いも憎しみではない。
一目惚れには愛は少ないが、初めは嫌いだったのが好きになった時には愛がある。
そこらにもヒントはあるのだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ