ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

イェイツ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

喜びとは?

「よろこび」という漢字には、
喜び
歓び
悦び
慶び
があり、それぞれニュアンスが異なるらしい。
だが、これは、嬉しい、楽しい、面白いといった「快」の感情を示す言葉で、最もシンプルに言えば「良い気分」ということだと思われる。
とりあえず、最もよく使われる「喜び」と書くが、では、「喜び」とは何だろう?

「喜びとは」
「飲むことよ」
なんていう、日本酒のCMがあるが、沢山の人にそうあっていただかなくては酒造メーカーとしては困るだろうが(笑)、『ルパン三世 血の刻印』という映像作品で、ルパンが次元に、
「お前は何のために泥棒するんだ?」
と尋ねると、次元はあっさりと、
「美味い酒を飲むためさ」
と答え、ルパンは、
「そうじゃねえ・・・いや、俺もある意味そうなんだが、それだけじゃねえ」
とかいったことを言うが、「それだけじゃねえ」の中に、問題の核心があるのだろう。
まあ、そう難しいことではなく、「生き甲斐」とか「アイデンティティ」とかいうものだが、酒を飲むことにしろ、生き甲斐にしろ、それらがもたらすのは、やっぱり「喜び」だ。

ウェーバーの歌劇『魔弾の射手』の第三幕の中の『狩人の合唱』は、刈りの喜びを高らかに歌い上げる。
ここでは、刈りこそ、無上の喜びなのだ。
農耕は仕事であり、あまり楽しいと思わない場合もあろうが、刈りが楽しい理由は、スポーツの最も楽しい要素である「予測不能」ということが大きな喜びをもたらすのである。
サッカーで日本とブラジルが戦って、日本が勝つのは、ブラジルサポーターにとっては大きな落胆だが、日本のサポーターにとって、これほどの喜びはない。予測出来ないからね(笑)。

つまりね、本当の喜びとは「予測不能」なのである。
ウィリアム・バトラー・イェイツの戯曲『カルヴァリー』の中で、ローマ兵は、
「サイコロが我々の神である。予測出来ないことでさえあれば、起こることが最善」
と言い、イエス・キリストをも屈服させる。
まあ、あくまでイェイツの創作であるが、本当に核心を突いている。

私はよく引用するが、CLAMPの漫画作品『カードキャプターさくら』の中で、エリオルとスピネルがこんな会話をする。
「この世で一番楽しいことは何か知ってるかね?スピネル」
「何ですか?エリオル」
「予想しないことが起こることだよ」

自分が将来どうなるか分かってしまう人生ほどつまらないものはない。
だから、エスカレーター式人生を強要されると、いかに裕福でも自殺してしまうのだ。
人間にとっては、予期出来ない冒険こそが喜びなのである。
だから、冒険を恐れて、予期出来る道を行きたがる臆病者が一番蔑まれるし、自分も魂では嫌なのだ。

これで分かったであろう。
予期せぬ冒険を駆け抜けた後の美酒こそ喜びである。
次元大介の言う「美味い酒を飲むためさ」は、「予期せぬ泥棒稼業という大冒険の後で飲む酒は美味い」ってことだ。

今年の、初音ミクさんのライブ&企画展「マジカルミライ2020」のテーマは「夏まつり」と「Winter Festival(冬まつり)」で、共に「祭(まつり)」である。
祭とは、本来は、何があるか分からないから楽しいのだ。
荒っぽい祭で大怪我をしたり、死んだりすることもある。
それはもちろん悲しいことであるが、それがあるからこその喜びでもある。
ルパンや次元の泥棒と同じだし、イェイツがあえて、イエス・キリストに逆らった『カルヴァリー』を作ったのも、そのためだ。
岡本太郎は、祭をこの上なく尊び、「芸術は爆発だ」とは言ったが「祭は爆発だ」とも言ったのだ。
「歓喜、成功、富」の三語を保てば人生は素晴らしいものになるというのが、ジョセフ・マーフィーが教えた秘法であることの理由がこれで分かるのである。
祭、冒険を大切にしよう。








愛さないと負ける

結局のところ、愛が足りないとうまくいかないのだが、愛というのは難しい。
「20世紀最大の詩人」と言われた、アイルランドのウィリアム・バトラー・イェイツ(ノーベル文学賞受賞)は、
「愛は神の領域だから、人に愛することは出来ない」
と言ったくらいである。
イェイツは、アンチ・キリストだったのだが、イエス・キリストは、最も大切な掟は何かと聞かれたら、
「神を愛すること」
と答えた。
神、あるいは、仏なら愛することが出来るかもしれない。
しかし、イエスは、「汝の敵を愛せよ」とも言っている。

そこで、ちょっと思い出すのは、物理学者で合気道家の保江邦夫氏が、強そうな空手家と試合をした話である。
「女子大生なら簡単に愛せるが、ごっつい空手家だと愛し難い。しかし、愛さないとボコボコにされてしまう」
と思い、なよっとしながら向かっていった(笑)のだそうだ。
愛を持ったものには勝てないのである。戦いでも。
保江氏は、猫でも何でもいいから愛せと書かれていたと思う。
しかし、猫好きと猫を愛するのは同じなのかなと思うが・・・いや、同じだ(笑)。
要は、相手の反応に一切おかまいなく・・・つまり、無償の愛を注げるなら、それはやはり愛なのだろう。

ところで、上に述べたイェイツが面白いことを言っている。
彼は、上で書いたように、
「愛は神の領域だから、人に愛することは出来ない」
とは言った。
しかし、こうも言っている。
「だが、憎しみは人の領域だ。人は憎むのをやめることは出来る」
イェイツ自身、憎むのをやめると、奇跡が起こると言っていた。

リン・ウッド弁護士だったと思うが、トランプ大統領はアメリカ国民を愛していると言う。
そうであるからこそ、彼を憎む主要マスコミは伝えないが、実は、トランプ大統領は、歴代のどの大統領よりも、実際に大きな成果を上げたのだろう。
ただ、トランプ大統領にしろ、リン・ウッド弁護士にしろ、敵への愛が見られないし、敵を憎んでいるようにすら思える。
イエスの「あなたの敵を愛しなさい」は、よくよく難しいことなのだろう。
それに、トランプ大統領やウッド弁護士にとって急務なのは、アメリカの見主主義を守ることである。
一概に責める訳にはいかないのかもしれない。

先月末、初音ミクさんのライブ「マジカルミライ2020」に行ってきたが、ミクさんは最後の曲『愛されなくても君がいる』を歌った後、
「みんなー、愛してるよお!!!」
と言ったが、彼女の愛は信じられるのである。
彼女には、体温も心もないのだからだ。
すると、分かるのである。
体温はともかく、心を消せば、憎むのをやめるし、それが愛なのだろう。
そして、釈迦は、それを出来るのは念仏しかないと言ったのだ。
だが、念仏といっても、別に「南無阿弥陀仏」だけではないと思う。
「南無妙法蓮華経」でも良いし、世界平和の祈りでも良い。
ノーマン・ヴィンセント・ピールが『積極的考え方の力』の中で取り上げたような聖書の言葉、
「私を強くして下さる方によって、私は何でも出来る」
「もし神が我々の味方なら、誰が我々に敵対出来るだろうか」
でも良いし、その他の聖書の言葉でも良い。
七田眞氏の本に書かれていた、
「神様の奇跡が起こる」
でも、ラマナ・マハルシの有名な言葉、
「私は誰か?」
や、ニサルガダッタ・マハラジが最高のマントラと言う、
「私は在る」
でも良い。
真理の言葉は、心を魂に引き戻し、さ迷わせない。
そうであれば、自我は消え、憎しみは消える。








凡人が神秘性に目覚めると飛躍する理由

人間は、3歳までに育った環境から刷り込まれた記憶が根本的な性質となり、これは一生変わらないらしい。
だから、何度も裏切られて人間不信になるのではなく、元々、他人に嫌われるような性質を親によって刷り込まれていたというのが正解なのだと思われる。
どれほど成功哲学の本を読もうとも、親から貧乏根性を刷り込まれた者は、ケチな人生を送るしかない・・・のかもしれない(笑)。
こういったことが完全に本当ではないとしても、幼い時に過ごした環境の影響は、大岩や大木のように、容易に動かせるものでないことは確かと思う。

そして、3歳以前の記憶は思い出すことは出来ない。
だが、潜在意識にその記憶があるので、年齢を退行させていく催眠術で、3歳以前の年齢に戻り、そこで記憶を改ざんしようなどという、自己開発の手法は昔からあるが、成功した試しはない。
トム・クルーズらが信仰する宗教であるサイエントロジーでは、ダイアネティックスという手法で、それを可能にすると言っている。
だが、私はダイアネティックスの本は一頃、熱心に読み、かなり面白かったが、実践はまず無理だと思う(やり方が曖昧過ぎ、矛盾も多いと私は思った)。

発明家で能力開発研究家の中山正和氏は、3歳までに刷り込まれ作られてしまった性質とは、うまく付き合っていくしかないと述べていた。
その性質は好き嫌いに現れるので、とにかく、自分が好きなことをしないと絶対成功しない。
ただ、ロクな好きが構築されていない人は困る。
まあ、私がそうなのだが(笑)。
その場合は、自分のそのけったいな好きを(笑)、何か有用なものに「こじつける」しかない。
3歳までに、母親の「チョコレート食べたい、チョコレート食べたい」という言葉を沢山聞いていたら、さぞ、チョコレートが好きだろうが、こんなもの、何の役にも立たない。
それなら、チョコレート菓子の職人になれば良さそうなものだが、生憎、探求心や創造力に関わる性質は構築されなかった・・・という場合が多い(笑)。
だが、そんなケースも絶望ではない。
そこで登場する有難いものが神秘主義だ。
チョコレートの美味しさを神秘的に捉え、神秘を探求するのである。
これは、うまくやれば良い道を作れる。
私が思うに、神秘家、神秘研究家として名を上げた人というのは、言っては悪いが、幼い頃に、ロクな記憶を持てなかったので、大人になりかけた時、自分の将来性に自信が持てず、神秘を求めて内向的になったのだと思う。
池田満寿夫という世界的版画家は、エロチシズムエロチシズムとばかり言っていたが(笑)、下手したら彼は生涯、役立たずの変態だったかもしれない。
しかし、本人に自覚があったかどうかは分からないが、エロチシズムというかエロを、神秘的に捉え、それによって精神の奥にあるものを探求出来、それが芸術として花開いたのだと思う。
彼は、若い頃は、それほど神秘性は見せず、あくまで現実的なエロを追求していたが、歳を取ってからは、宗教的な作品を作るようになり、私も彼の晩年の陶器作品の写真集を持っているが、非常に神秘的と思うのだ。

医者の息子の家庭教師で苦労した知人がいる。
その医者としては、息子に医学部に入ってもらい、病院の後を継がせたいが、家庭教師に行った知人は、その医者の奥さんが若くて美人であるのを見て、直観的に嫌な予感がした。
およそ医療の世界と関りのない奥さんは、その息子に、全く医者向きでない性質を与えてしまっていたのだ。
だが、その美人妻が不思議大好き少女だったらしく、息子は自分の趣味に神秘性を見出して美大に進み、楽しくやっているらしい。

アイルランドのノーベル賞作家で、「20世紀最大の詩人」と言われたウィリアム・バトラー・イェイツは「神秘を信じない者には想像力がない」と言ったが、神秘的想像力は有難いものだ。
才能というのは、所詮、3歳までに刷り込まれた記憶である。
ロクな才能の源を刷り込まれていないのであれば、成功するには神秘的想像力に頼るしかないかもしれない。
「自分は凡人だ」と言う事業家に、神秘家や熱心な宗教信仰者が多いのは、彼らが神秘性に目覚め、自分の好きなものを神秘的想像力で探求したからである。
で、どうせなら、良い神秘性を。








神のサイコロ

アインシュタイン(1879~1955)の「神はサイコロをふらない」という、よく知られた言葉がある。
全知全能たる神がサイコロをふる理由は確かになさそうだ。

しかし、神にしたって、人間に思考や行動の自由を与えていると思われるので、人間が神のサイコロなのかもしれない。
つまり、ある人間が、「正しい選択をするか、誘惑に負けて罪を犯すか」は、その人間の自由意志であり、神は、その人間がどんな選択をするか、ただ見守るのである。
ところが、「そんなこと、神様はお見通しだろう」と言う者もいるだろう。

だが、そんな議論をする者や、そして、アインシュタインにも、致命的な間違いがある。
致命的とは言っても、気付かないのも仕方がないと言うべきかもしれないが。
そのことに気付いていたのは、アインシュタインより14年ほど早く生まれ、アインシュタインより16年ほど早く死んでいる、アイルランドの詩人・劇作家、ウィリアム・バトラー・イェイツ(1865~1939)だ。
ちなみに、アインシュタインは1921年にノーベル物理学賞を、イェイツは1923年にノーベル文学賞を受賞している。

イェイツは戯曲『カルヴァリー』の中の注釈の中で、アラブ人の言葉として、こんなことを書いているらしい。
※『イェイツ』(渡辺久義著。あぽろん社刊)より

私が骰子(さいころ)筒から骰子を投げるなら、それぞれの骰子には6つの目しかありません。しかし、神が投げる時には、神はあらゆる数とあらゆる目を持った骰子を使うのです。

つまり、アインシュタインも、サイコロには6つの目があることを前提としている。
しかし、神が使うサイコロには無限の目があるのだ。
そして、イェイツも知らなかっただろうが、神のサイコロは、全ての目が同時に出るのである。

分かり易く話そう。
あなたが男で、ある可愛い女の子に告白したところ、その女の子は、
「サイコロをふって、3が出たら付き合ってあげる」
と言う。
それであなたはサイコロをふったところ、1から6の目が全部出るということだ。
これは、サイコロをふった瞬間に、6つの世界が生まれたということだ。
つまり、パラレルワールド(並行宇宙、並列宇宙)が6つ生まれるということだ。
そして、現実の問題は、1から6で決められるようなものばかりではないので、神のサイコロの目は無限であるのである。
だが、この告白の話で言えば、あなたは、3の目が出た並列宇宙を選べば良いだけである。
もし、彼女が、「3911039の目が出たら・・・」と言うなら、その目が出た宇宙を選べば良い。

どうやれば選べるかって?
それはこうだ。
彼女が「3が出たら私はあなたのもの」と言うなら、「3が出た宇宙がある」と思えば良いのである、実際、あるから。
想像出来る限り、いかなる状態の宇宙も存在するのだからだ。
その宇宙があると分かったら、その宇宙を、当たり前に感じるのだ。実際、当たり前にある。
何の興奮もなく、心静かに、それが当たり前の世界だと感じるのだ。実際、当たり前の世界なのだ。
あなたが毎日使っているコップや茶わんが、当たり前に存在するように、その宇宙は当たり前に存在する。

パラレルワールドを扱った小説でも読んで、感覚を身に付けると良い。
『果てしなき多元宇宙』(角川文庫『時をかける少女』に収録)
『少年たちは花火を横から見たかった』 (角川文庫)
『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(角川つばさ文庫)
等々。








イェイツ式引き寄せの神秘

「20世紀最大の詩人」と言われたノーベル賞作家、ウィリアム・バトラー・イェイツ(1865~1939)は、日本の能に大変に惹かれていたという。
ただ、我々日本人にだって、能、歌舞伎、文楽、狂言の区別がついている人は、ほとんどいないのだから、イェイツに、これらの違いが分かっていたということは、おそらくないだろう。
では、イェイツは、能などの一体何に惹かれていたのかというと、そこに表現された「異世界」にではないかと思うのだ。
能でも、歌舞伎でも、舞台の上には、我々の住む世界とは全く別の、不思議な世界がリアルに立ち現われ、心の奥で、「ああ、この世界とは別の世界が確かにある」と思わせてくれる。
人間にとって、それは、実に心楽しいことなのだ。

イェイツは最高の戯曲家でもあったが、戯曲は、普通の小説と異なり、舞台設定を細かく書くので、自ずと、舞台演出にも関わる可能性がある。
イェイツもまた、自分の戯曲作品が舞台になる中で、能の、あの、観客を異世界に導く手法を取り入れた。
イェイツは、新しい世界を作りたかったのだ。
さらに、元々は画家を志し、正式に絵の修行もしたイェイツは、舞台の構図を創造する能力も抜群だったのだ。
そんなイェイツは、まさに、引き寄せの達人で、芸術家として異常に成功したし、老人になっても、若い乙女にモテモテだった。この点はゲーテやピカソもそうだったが、イェイツはもっと凄いかもしれない。
なんと言っても、イェイツは「年寄の本当の願いは、また若くなって、あの娘を抱きたい」と詩の中で主張していた。
もちろん、平和的で、皆が幸福になれるようにである。
これほどの威力のあるものなら、是非、学ばねばならないが、彼の手法は、実は分かり易い。
ただし、イェイツの作品の表側を真面目に見れば、これほど難解なものはない。
だが、彼の作品の最大の特徴は、「色彩豊かな妄想」であることを見抜けば良い。

尚、私は、このことについて何時間でも語れるが、重要なことは、誰もが楽しく簡単に引き寄せを行うことなので、やはり、話は簡単でなければならない。
私は芸術評論家ではない。
では、結論を。
これは、『ザ・シークレット』の中の賢人達すら語らなかったが、言われてみれば、すぐに納得することである。
それは、「実現して欲しい状態」は、「大きく、近く、明るく、カラーで」イメージすることである。
それで、その状況は、必ず実現する。
なぜか?
脳は、これらの条件を満たす想像であるほど、それ(想像)と現実の区別が付かないからだ。
そして、現実が、そんな想像とギャップがあれば、脳の神秘的な機能(「X」とでも呼ぶしかない)が、危機を感じ、宇宙空間に特殊な波動を放射して宇宙の力を呼び込み、現実は想像通りに作り変えられる。
再度言う。
「大きく、近く、明るく、カラーで」願望が実現した様子をイメージするのである。
願いが叶わない人のイメージは、「小さく、遠くにあり、暗く、モノクロ」なのである。
良ければ、イェイツの自伝的小説である『まだらの鳥』を読んで欲しいと思う。
これは未完の作品の原稿をつなぎ合わせたものだが、翻訳であっても、これほど鮮明なイメージが浮かぶ作品はないと私は思う。
この作品でイメージ作りのコツを掴めば、引き寄せの力は格段に向上するのではと思う。
また、初音ミクさんの『超歌舞伎』は、桜が咲き乱れる舞台で、ミクさんが舞うシーンが実に美しかった。これこそ「リアルな妄想」の世界である。実際に劇場に行くことをお薦めする。
あるいは、黒澤明監督の『夢』で、桃の精達が躍る様子は、まさに、幽玄な異世界。見ておくと良いと思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード