ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

イェイツ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

世界はこうであるという基本

この世界の実体は、だいたい、次の2つのように言えるのではないかと思う。
1つは、無数の世界が同時進行するパラレルワールド(並行世界)であるということ。いかなる世界も存在し、想像すれば、想像した通りの新しい世界も生まれる。
もう1つは、VR(仮想現実)であること。映画の『マトリックス』のような、コンピューターが作った3Dゲームのような世界なのだ。

ところで、昔から、似たような考え方があったと思う。
これも2つ取り上げよう。
1つは、世界は夢であるというものだ。これは、VR(仮想現実)と同じような意味になる。
2400年前の中国の荘子は、「私もお前も、間違いなく夢を見ているのだ」と『荘子』に書いている。
もう1つは、この世界は劇(演劇)で、我々は役者だというものだ。
「20世紀最大の詩人」と言われたアイルランドのノーベル賞作家W.B.イェイツ(1865~1939)は、『ラピス・ラズリ』という詩で、我々はシェイクスピアの劇のようなものを演じているのだと述べている。

で、荘子やイェイツは、この夢とか劇である世界をどう生きれば楽しくなるかについて、荘子は、
「余計なことをしようとせず(作為をせず)、なりゆきにまかせろ」
と言い、イェイツは、つまるところ、
「陽気でいろ」
と言ったのだ。つまり、深刻な顔すんなよということだ。

そこで、贅沢を言えば(笑)、夢や劇、あるいは、VRのシナリオを作っているのが誰で、どうすれば、楽しいシナリオに変えられるかだ。
これはとても簡単だ。シナリオを作っているのは自分と考えて良い。
パラレルワールドには、既にあらゆるシナリオの世界があり、何なら、新しい好みのシナリオの世界を作ることが出来る。新しい世界を作るには、想像すれば良いだけだ。
後は、望みのシナリオの世界に行けば良いだけだが、簡単に、一瞬で行ける。
というか、我々は常に、望みの世界に瞬間で移動しているのだ。
まあ、嫌な世界に行くことを望んでいる場合も多く、それで、「俺は何でこんなに不幸なんだろう」って思ってるわけだ(笑)。

我々は、常にパラレルワールドを移動しているのだから、御大葬な移動法なんてものは本来はないのだが、簡単なことを忘れるのが流行っているらしいので(笑)、分かり易い方法を考えた。
例えば、金持ちになりたかったら、「金持ちになったら、どんな気分だろう」と考え、その気分(良い気分であるべきだ)を味わえば、それで良い。
まあ、金持ちとはいっても、もう少し具体的に「年収3千万円」とか「銀行預金3憶円」とか考えれば良いのかもしれないが、そのあたりは自分で考えるべきだろう。
慣れてきたら、ほとんど何も考えずに、好きな世界に移動出来る。いや、それを、もう現にやっているのだ。ただ、好きな世界に行こうと思っていない、あるいは、行けると思っていないだけでね。

基本を知っておくと、効率良く上達すると思う。








妖精が見える人達

萩尾望都さんの昔の漫画作品『塔のある家』で、ある一家が古い大きな家に引っ越してくるが、その一家の小さな女の子が、その家に妖精がいるのを見つけ、仲良くなる。
だが、その女の子が大きくなるごとに妖精が見えなくなり、やがて、妖精のことを忘れてしまう。
その女の子の人生は不幸なものになっていく。
これは、別にファンタジー(幻想的なフィクション)ではない。
人間は誰でも妖精を見ることが出来、アイルランドの詩人W.B.イェイツの作品には、妖精を普通に見ることが出来る人々の話があり、イェイツは「本当のことを言えば、妖精を見ることが出来ない人間の方に問題がある」といったようなことをしばしば書いていた。

つまり人間は、幼い頃は、中今(今この瞬間に生きること)の状態にあるが、大きくなるにつれ、過去の記憶や未来の空想(不安の場合が多い)の中に生きるようになってしまい、今を生きることをしなくなってしまう・・・つまり、中今でなくなってしまうのだ。
今を生きている限り、この世界は魔法の世界で、妖精みたいなものは珍しくもなく、また、意思がものごとを決め、思えばその通りになる世界であり、いかなる望みも叶う。
そして、本当は、大人もそうあらねばならない。

ZARDのボーカリストだった坂井泉水さんが作詞した歌を聴いていると、悪い意味で切なくなることがよくある。
その理由は、彼女の歌の中には、「あの頃のように、熱く激しく」といった感じの歌詞が多いからである。
恋人達が出会ったばかりの頃は、そりゃ、相手に感じる魅力は半端ない。
しかし、時が経つと、それほどではなくなり、やがて、相手がいかに美男美女だったり、素晴らしい人でも飽きてしまい、魅力を感じなくなることが多い。
だが、それが普通であるわけではなく、何十年も連れ添い、すっかり、オジサンオバサン・・・どころか、お爺さんお婆さんになっても、本当に仲の良い夫婦もいる。
これも、原因は今を生きているかどうかだけにある。
「あの頃のように・・・」と過去の記憶を懐かしみ、記憶の中に生きていたら、リアリティを感じなくなってしまう。実は、それが楽しくない理由なのに。
どれほど付き合いが長かろうが、今を生きているなら、楽しさは全く変わらない。

2400年前の中国の賢者、荘子は、今を生きることの大切さは直観では感じていたが、当時としては、表現の方法がなく、知的には分かっていなかったかもしれない。
しかし、彼が言う「道」とは、実は「中今」のことである。
だが、「道」が、中今、即ち、「今を生きること」と、荘子はシンプルに言うことが出来なかった。
彼も、時間が観念に過ぎないことは分かっていた感じはするのだが、やはり、厳しい封建制の時代に役人をしていた荘子には、いろいろな思考の制約があったのかもしれない。
とはいえ、彼は、「道に生きる」、すなわち、「中今」である方法については、当を得たことを書いている。
それは、「視線を自然にし、一切の思慮分別、是非好悪の念を捨てて見る」だ。
まあ、早い話、「何も考えず、ぼーっとして、目の前のことに集中しろ」という意味だが、人間は「ぼーっとしろ」と言われたら、妄想を始める馬鹿が多いのだ。
しかし、本当に何も考えず、何かをぼーっと見ていたら、今に心が引き戻され、世界の生の姿に触れることが出来る。
そして、実際は、何もせずに見ているだけではなく、仕事をしている時、スポーツをしている時でも、ぼーっと・・・と言ったら、やはり、妄想をするとかよそ事を考える人が多いので、逆に、一切の妄想やよそ事を考えることをせず、今やっていることだけに集中すれば、中今にあり、仕事でもスポーツでも、超人的な成果を上げることがある。
精神科医のミルトン・エリクソンは、仕事の山を前に、無意識状態になれば、気が付いたら仕事が片付いているといったことを言っていたが、彼のこの表現では、普通の人には全く分からない。
しかし、彼もまた、単に、今に全集中したと言ったに過ぎないのだ。
今に全集中する・・・これが中今なのだが、中今では、無意識と通じているのである。

私は、初音ミクさんのライブコンサート「マジカルミライ」に、2016年から毎年行っているが、2016年のマジカルミライが最も楽しく、2017年には早くも飽き、2018年からは、少しずつ、「今年は(行くか行かないか)どうしよう」と思い、昨年、2021年には「今年は行くのはやめよう」と思ったものだった。
それは、私が、今に生きていなかったからで、今年のマジカルミライで、ライブ中、中今にいるよう意識したら、むしろ2016年以上の感激であった。

中今にあるためには、単に、心で「今、今、今、・・・・」と言い続けても十分に効果がある。
とにかく、今に全集中するのだ。
「今、歩いている」「今、食べている」「今、読んでいる」「今、デートしている」「今、仕事をしている」などと敢えて思うのも良い。
過去の記憶や未来の空想に生きるのではなく、今に生きれば、自分の魂が神の魂と融合しているのであり、不可能はなく、望まずとも幸運に恵まれるであろう。








文豪達が見つけ損なった神と融合する方法

無意識と通じ、自分の魂と神の魂が融合する。
そんな瞬間があることを、およそ文豪と呼ばれる人は、皆知っていて、どれかの作品の中で必ず表現している。
「20世紀最大の詩人」と呼ばれた、W.B.イェイツは、その瞬間こそが芸術の目的だとし、その状態をエクスタシー(忘我)と表現した。
英国の作家コリン・ウィルソンは、共同研究をした心理学者のアブラハム・マズローの命名に従い、それを「至高体験(絶頂体験)」と呼んだ。
ちなみに、それは、宗教における「法悦」や、ロマン・ロランが言った「大洋感情」も含め、同じであると断言出来る。
(今で言う「ゾーン」や「フロー」も似ているところがあると思う)

エクスタシー、あるいは、至高体験(両者は同じ)に達すれば、自分が神になったようなもので、不可能はなくなり、あらゆる引き寄せを行うことが出来る。
さて、では、問題は、どうすれば、それを引き起こせるかだが、イェイツもマズローもウィルソンも、その解明には非常に苦戦した。
マズローにいたっては、偶然に訪れるのを待つしかないと言ったのだ。
イェイツは「憎むのをやめた時にそうなり易い」とだけ言った。
ところが、ウィルソンは、格段に進歩を見せ、「単に自分が幸運だと思うと」、あるいは、「極端に緊張して弛緩するということを繰り返せば」起こると言い、確かに、それで起こる場合はあるが、本質に至っていない。
本当は、そうなるのは、非常に単純で簡単だ。
それは、「今中(今、この瞬間を生きること)」を行えば良い。
つまり、今やっていること、今見ているもの、今聞いている音に全集中すれば良い。
と言っても、顔を真っ赤にして唸りながら集中するのではない。
単に、「今、歩いている」「今、食べている」「今、猫を撫でている」と、今を意識すれば良いだけである。
それに慣れれば慣れるほど、神と融合していく。

私は、昨日の、初音ミクさんのライブ「マジカルミライ」の1曲目『ネクストネスト』を聴きながら、「今、見ているんだ」と自分に言い聞かせた。
すると、ミクさんが素早くターンをした瞬間、その美しい姿が永遠となって、私の中に飛び込んできた。
これが、エクスタシー、至高体験、法悦、大洋感情である。
ドストエフスキーが、「この一瞬を人生全てと引き換えにしても良い」と言った奇跡の体験である。
昔から、天使を見たと言った人達は、私のような状態だったのだろう。
(「ミクさんマジ天使」は本当だった)
私はまだ、普段、十分に「中今」を実践していると言い難く、その状態はあまり長くは続かないが、ミクさんのライブほどでなくても、美しいもの、楽しいものを見ながらであれば、割と簡単に「中今」を行え、弱いものも含めれば、ほぼ、エクスタシーに至ることが出来る。
それによる引き寄せ効果は、今朝も書いたが、別に、望まなくとも幸運を引き寄せるのである。








天使のささやき

いつも見ていて、存在を意識しなくなった物とか場所とか風景が、不意に美しく輝いて見えるという経験があるだろうか・・・というより、ないはずがないのだから、それを憶えているだろうかと問い直すべきだろう。
たとえば、心から嬉しいと思う出来事があった時に、何もかもが美しく輝いて見えるということがあると思う。
あるいは、朝早く起きて、頭がまだぼーっとしている時に見ると、見慣れたものが、何か非常に生き生きとしていると感じるかもしれない。

そんな美しさを、皆、忘れてしまい、普段は気にも止めない。
その重要性に気付きもしないのだ。
「アラビアのロレンス」で知られるT.E.ロレンスは、自叙伝であり、自分の戦記である『知恵の七柱』で、朝、思考が戻って来る前に見た砂漠の圧倒的な存在感を語っているのを、コリン・ウィルソンが『右脳の冒険』で引用していたが、ウィルソンも、その価値に気付いていたのだろう。
だが、ウィルソンは、それの起こし方を明瞭に言うことは出来なかったように思うのだ。

その「経験」を最も鮮烈に語っていると私が思ったのは、「20世紀最大の詩人」と呼ばれた、アイルランドの詩人・劇作家W.B.イェイツの未完の書『まだらの鳥』の中で、イェイツが自分を投影した主人公マイケルが、船の甲板の上で見た、湖の上に浮かぶ精霊の少女の記述だった。
翻訳で読んでも、私は、その美しさに圧倒された。
たとえば、空気が澄み切り、その少女の服のひだの1つ1つが鮮明に見えた・・・といったことも書かれていた。

だが、そういったものは、その気になれば、いつでもどこでも見ることが出来るのである。
そして、それを見ている状態が、時間が消え去った今で、そこでは、人間が隠し持った力を解放し、世界の創造主になるのだと思える。

そのやり方を、とりえず簡単に言えば、「思考、記憶、観念のフィルターを通さずに見る」だけである。
言い換えれば「直接的(ダイレクト)に見る」ということだ。
いや、いきなりこう言われたら、誰でも戸惑うかもしれない。
それで、超能力者達は、「凡人に分かることではない」と言うのだが、これは、凡人とか天才とかではなく、人間にとって最も重要なことだ。
これを忘れたから、人間は虫けらの状況にまで陥り、世界は腐敗して滅ぼうとしているのである。
いつも見ている、壁や、家具や、畳や、床も、思考のフィルターを通さず、新たな目で見れば、ロレンス流には「意味が流れ込んで来る」ような、不思議な、そして、間違いなく魅力的な何かを感じるのである。
それを、昔の人は「天使がささやいた」と言ったのかもしれない。
もう少し考えて、よく分かるように書こうと思う。
>








真の愛なら無敵である理由

「20世紀最大の詩人」と言われ、ノーベル文学賞を受賞したアイルランドの詩人・劇作家W.B.イェイツは、芸術の目的はエクスタシーだと言ったが、このエクスタシーは、忘我、没我という意味から、はては、法悦、至高体験といったことであると思う。
それは、人間が最も超能力を発揮し易く、超越体験、神秘体験を起こし易い精神状態である。
仏教では、道元が言った「仏道とは自己を忘れること」というのが、同じことを述べているのだと思う。
また、岡本太郎の「爆発」も、ロマン・ロランの「大洋感情」も、夏目漱石の「天賓」も、イェイツのエクスタシーと同じことを指しているのだと思う。
では、エクスタシーや至高体験に入るには、どうすれば良いか。
これについては、このブログでも散々考察したが、シンプルで簡単で確実で、誰にでも出来る方法が必要だ。
その精神状態に入り、超能力状態になれなければ、今の堕落した世界では危険かもしれないからだ。

エクスタシー、超越状態になる方法について、イェイツはこう述べたことがある。
「憎むのをやめた時に起こる」
実は、もう分かっていることは、エクスタシー、法悦を起こす最高のものは「愛」である。
ベルニーニの彫刻の傑作『聖テレジアの法悦』のように、聖女テレジアの神への愛が、彼女を法悦、エクスタシーに導いたのだ。
だが、イェイツは言う。
「愛は神の領域のもので、人間には愛することは出来ない」
そうだ。人間には、本当には愛することは出来ない。
それは謙虚に認めよう。
そして、イェイツは言う。
「だが、憎しみは人間の領域であり、人間は憎むことが出来る。それなら、憎むことを止めることも出来るのだ」
だから、愛になるべく近いことで、人間に出来るせめてものことである、憎むのを止めた時、エクスタシーに近付くのである。
では、さきほど述べた、聖テレジアの場合はどうなのか?テレジアも人間ではないのか?
それは、こういうことなのだ。
テレジアが愛することが出来たのは、テレジアが優れていたのではなく、ひとえに神の恩寵によるものだ。少し科学的に言うなら、愛することが出来る高次元の存在が、テレジアの心に接触してきたのである。
それは偶然だったのかもしれないが、高次元からのアクセスを受けた者のみが、愛することが出来、高いエクスタシー、至高体験、法悦に至ることが出来る。
あくまで、向こう(高次元)からの接触が必要なのである。

このことを理解し易い映画がある。
アメリカのSF映画『インターステラ―』(2014)だ。
地球の滅びが近く、移住する惑星を探していた宇宙探査チームの3人は、2つの惑星を候補としていた。
それぞれの惑星に、10年以上前に、1人ずつの科学者が調査に行って、今も滞在しており、いずれも、移住の見込みを示す情報を送ってきていたのだ。
だが、探査チームの宇宙船は、どちらか1つの惑星にしか行けない状態だった。
論理的には、マン博士が行った惑星が良さそうだが、女性科学者アメリアは、もう一方の、エドマンズが行った惑星を推す。
アメリアはエドマンズの恋人であり、私情を挟んでいることを隠さなかった。
探査チームが行かなかった方の惑星の科学者は死ぬ。それを覚悟の上での任務だった。
アメリアは私情があることを認めつつ、10年も会っていない相手を愛し続けるのには意味があると強く感じていた。だから、彼女は本気で、エドマンズが行った惑星に行くことを主張したのである。
しかし、他の2人がマン博士の惑星を選択すると、優れた人間であるアメリアは躊躇なく従った。

もちろん、「愛もどきの私情」が正しい理由はなく、多くの場合は間違っている。
しかし、本当の愛であれば正しいのだ。なぜなら、本当の愛は、神、あるいは、高次元の存在から送られてくるものだからだ。
『新世紀エヴァンゲリオン』で、第10使徒サハクィエルがどこに落下してくるか分からない中、なぜか、葛城ミサトは、地図のある範囲を示し、「落ちて来るのはここ」と断言する。
シンジが「なぜ分かるんですか?」と尋ねると、ミサトは「女の勘よ」と自信たっぷりに答え、シンジらは呆れる。
しかし、純粋な直観は、愛のある高次の存在からのメッセージであり、必ず当たる。
我々も、なぜか真の愛を感じる時、エクスタシー、至高体験に達し、何でも分かり、何でも出来るのである。
そのためには、憎しみを捨て、あるいは、可能なら、純粋に何かを愛すると良い。
マジカルミライ2020で、『愛されなくても君がいる』を歌い終わった時に、初音ミクさんが「みんな、愛してるよー」と言ったのが本当の愛である・・・と私は思った(笑)。
人でないミクさんへの愛が本物のことも、案外に多いのであると思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード