ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

アンデルセン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

運命に逆らわない

年配の人は別かもしれないが、我々は子供の時から、「叶わない夢はない」「なりたいものになれる」などと言われてきたと思う。
しかし、世界的なスポーツ選手や音楽家になるには、努力以前に才能が必要という考え方も、かなり定着してきた。
一方で、「人間に差はない。かけた時間で決まる」という「一万時間の法則」のようなものも信奉者がいる。
村上龍氏と坂本龍一氏の対談書で、村上氏が、こんな話をしていたのを憶えている。
「今の坂本があるのは(彼らは呼び捨て出来る間柄)、才能ということもあるが、3歳の時から十年、みっちりピアノを弾いたからだ」
しかし、「才能がなければ、十年ピアノを弾いても駄目」とは言っていない。
だから、
「大工になるなら、中学生の時から十年、みっちり大工の修行をした方が良い」
という結論となるわけである。
まあ、一般人の場合はしょぼいのは仕方がないが、重要なことを言っているのである。
チームラボの猪子寿之社長と、現在はドワンゴの社長をしている夏野剛氏の対談でも、猪子氏は、
「人間の能力に差はない。イチローは元々大したことない選手だったが、誰よりも野球に時間をかけたから成功した」
というが、イチロー並に時間をかけて日本の一軍選手にすらなれない選手もいるかもしれない(多分いる)。
しかし、自分に見合ったことで時間をかけることには意味があるだろう。

イチローや坂本龍一どころか、ちょっとした人気歌手や、そこそこの規模の会社の経営者にだって、なれない人はなれないのである。
それは、努力の問題ではなく、さして努力しなくても、そんなものになれる人もいれば、いくら努力してもさっぱりな人もいる。
「天は人の上に人を作らず」と言った人がいるが、それは疑わしい。
才能と言えば才能なのだろうが、才能が必要ないようなことでも、うまくいかない人はうまくいかないように思うのである。
まるで駄目男は、どこまで行ってもまるで駄目男である。

つまり、運命は決まっているということだ。
大物になる運命にない人は、どうあがこうが、大望を持とうが、トンビが鷹になれないようなものである。
どんなに頑張っても、猫は虎に勝てない。
ラマナ・マハルシは、
「働く運命にあれば仕事は避けられない。しかし、働く運命になければ、いくら探しても仕事は見つからない」
と言った。
ニートも運命かもしれない。
ハンス・クリスチャン・アンデルセンは、元々、故郷のオーデンセで職人として生涯を送る運命だったが、運命に逆らって、14歳で1人でデンマークに出て作家になったと思っている人が多い。
しかし、作家になることがアンデルセンの運命で、彼だって、歌手や俳優を目指していた頃はさっぱりだったのだ。

だが、自分の運命を見極め、運命に従うことに決めれば、良い人生になる。
例えば、ジョージ・ワシントンやアブラハム・リンカーンだって、運命に従わなかった40歳くらいまでは、かなりの駄目男だったのである。
ワシントンは見栄っ張りで、金持ちの名士になるのが目標で、金持ちの未亡人と結婚したり、危ない事業をやったりしたが、それは運命に合わないことだったので、いつも大失敗して散々な目に遭ってきた。
彼は、軍人のような、苦しい上に、出世して儲かるかどうか分からないことなど、元々、やる気はなかった。
しかし、そのような運命にあることを悟り、運命に従うことを決意し、まず、軍人になって、ついに、アメリカを独立させた英雄になった。
まあ、やはり、我々のほとんどは、英雄どころか、トップにもなれないのだと思う。
だが、運命に従えば、英雄にだって味わえない甘露を得られるかもしれない。

「人間は無になれば不可能はない」という。
しかし、正しくは、「人間は無になれば運命を悟る」のではないかと思う。
無になるにはどうすれば良いかというと、それはいろいろあるだろうが、ある意味、考えることをやめることが必要だ。
そのためには、例えば、お経を上げたり、祝詞を唱えたり、真言を唱えたりするのが効果的な方法であることを示してくれる人が多くなってきたと思う。








ハッピーエンドは賢い準備から

中国出身の女性実業家、自己啓発指導者、作家であるチン・ニンチュウの『誰でも小さなことで大切な願いがかなえられる』に、夢を叶えるための、ある簡単な秘訣が書かれているが、それは聖書にも明確な例が見られるもので、本物の引き寄せ指導者が好んで語るものである。
『誰でも小さなことで大切な願いがかなえられる』では、こんな話だ。

ハリウッド・スターのバート・レイノルズがまだ駆け出しの頃、既に大スターだったクリント・イーストウッドに、
「人気が出るまで何をしていましたか?」
と尋ねると、イーストウッドは、
「成功するための準備をしていた」
と答え、それを聞いたレイノルズは成功への階段を駆け上がった。
しかし、この本の著者は、これについて、ただ、レイノルズは「深遠な原則を理解し」としか書いてくれていない。
何て不親切なんだ・・・と思うが、まあ、要は、成功の準備をすれば良いのである。
偉大なる引き寄せマスターのフローレンス・スコーヴェル・シンは、お金がないが世界一周旅行に行きたいという男性に、旅行カバンを買って、旅行の準備をするよう薦めた。
その男性がそれに従うと、思いがけないところから大金が入り、彼は旅行に出かけた・・・こんな感じである。

旧約聖書の『列王紀略下』に、エリシャが砂漠に雨を降らせた話がある。
エリシャは、どんな準備をしたのだろうか?
エリシャは王に、砂漠に、水路となる溝を掘るよう要請し、王はエリシャを信じて溝を掘らせた。
すると、大量の雨が降った。
つまり、溝を掘って、雨が降った時に必要な水路の準備をしたのである。

これらの準備は適切だった。
しかし、少し注意が必要だ。

可愛いあの子を彼女にしたいなら、まず、格好良い服を買い、髪型も決めてデートの準備をするべきだし、さらに、デートでのエスコートを余裕で出来るよう、お店をしっかり調べておくことも必要だろう。
だが、モテないやつは、この方面の準備が下手なものであり、準備がかえって逆効果になることも多い。
準備とは、決して表面上のことではなく、心の問題であり、あの子を彼女に出来る心の準備が出来ているかどうかなのである。
これについては、新約聖書の『マタイ福音書』の「十人の乙女のたとえ」のイエスの話が参考になる。
十人の乙女が花婿を迎えに行った。
十人の乙女はランプを持っていたが、予備の油を持っていたのは五人だけだった。
だが、花婿の到着が遅れ、ランプの油が切れてしまった。
五人の乙女は予備の油を持っていたので大丈夫だったが、残りの五人は油を買いに行く間に花婿が来てしまい、婚礼の宴の建物に入れてもらえず、油を準備していた五人だけが結婚出来た。
油を準備していなかった五人の乙女も、下らないものの準備はしていたかもしれない。
だが、知恵がなかったので、肝心の油を準備していなかったのだ。
知恵のない者の準備の例を上げれば、例えば「病気になった時のためにお金を貯めておこう」といったものだ。
すると、準備した通り、病気になるのだ。
知恵のない準備は虚しい結果を呼ぶ。

知恵のない準備をした者の例に、あの童話作家のアンデルセンがいる。
24歳のアンデルセンは、好きな女性が出来、彼女を得るための準備をした。
その準備とは、自分のことを知ってもらうための自伝を書いたのだ。
当然、振られた(笑)。
一般的なオタクが失敗するパターンだ。
つまり、自分のことを知ってもらうのではなく、相手を理解することが必要なのだ。
この点、アンデルセンもただの阿呆で、もちろん、彼は一生独身だった。
だが彼は、14歳でデンマークに出て来てから長い間、作家として成功するための長い準備をしたのだ。
志した歌手や役者としては全く認められずに馬鹿にされ、その後、教師のパワハラに耐え続けて学業を終えたのである。
『人魚姫』や『マッチ売りの少女』などのヒロイン達の苦しみを、アンデルセンが美しく描けたのは、自身の辛い経験があったからである。
準備は、パートタイムでやるものではない。
常に、怠りなく備えなければならない。
根気も必要であるが、自然でまっとうなことをやれば良いのであるから、それほど辛くはなく、むしろ楽しいし、もし、辛いならば報いも大きいであろう。
アンデルセンも、苦難が報われた時の感動(学生たちの称賛の儀式)を自伝で熱く語っている。








暇を作ることに努力せよ

アインシュタインのような才能の持ち主は、案外、沢山いるが、そんな本当は優れた者達のほとんどが、ありふれた仕事に就き、ありふれた人生を送る場合が多いのだと思う。
では、なぜ、アインシュタインが才能を発揮出来たのかというと、子供の時に、たまたま科学の本を与えられ、それに興味を持ったということもあるが、何より、時間があったからだ。
早い話が暇だった。
アインシュラインは劣等性で、学校の勉強に時間をつぎ込むことはなく、習っていたヴァイオリンは、先生が嫌いだから止めてしまったし、友達と元気に遊び回る腕白坊主でもなかった。
自分が働かないとやっていけない家庭状況でもなく、今日のようなスマホやテレビゲームがある訳でもない。
実際、時間が有り余っていて、ぼーっと空想していることが多かったという。
大学受験には失敗しているが、元々、大して受験勉強はしていなかったと思うし、指定予備校に1年通えば無試験で大学に入れる制度があったので、大学に入るまでの1年も暇だった。
大学に入ってからも、講義には全く出ず、それでも卒業出来る制度だったのが良かったのだろう。
唯一、大学を卒業するのに必要な試験に合格するために詰め込み勉強をしなければならず、これについてアインシュタインは散々文句を言っているが、ぞれ以外は自由時間だったのである。
大学の成績も良くなく、大学や企業に就職出来なくて、なんとか特許局の事務員になったが、そこでも、仕事中に読書したり、論文を書いているが、それは、仕事が大して忙しくなかったからだ。
こんなふうに、彼は時間に恵まれていたから成功したのである。

童話作家のアンデルセンもそうだった。
幼い時、家にたった1冊しかなかった童話の本を、お母さんが繰り返し読んでくれたことが、アンデルセンの想像力を育てたのは、水木しげるさんのお婆さんが、水木さんが幼い時に、毎夜、枕元で妖怪話を聞かせてくれたのと似ている。
そして、やはり、アンデルセンも暇だった。
女の子のような性格で、他の男の子達と遊ぶことはなく、学校も不登校なことが多かった。
そして、彼のような庶民の家の子は、皆、10歳くらいになったら工場などに働きに行くのが当たり前だったが、アンデルセンには務まらずに彼は家に居た。
だから、アンデルセンには時間がたっぷりあり、一人遊びをしたり、ぼーっとして、想像力をさらに伸ばしたのだ。

あくまで小説だが、日本では人気がある『フランダースの犬』の主人公の少年、ネロにしたって、貧しいはずが、生活面は高齢のおじいさんにまかせ、自分は、炭しか画材はなかったとはいえ、絵を描いていられた。
それで思い出すのは、かのゴッホが、生活の一切、さらには、画材の購入や調達も、弟のテオが全部面倒を見ていて、ゴッホは働く必要もなく、時間がたっぷりあったので、絵画の制作に時間を注ぎ込み、沢山の作品を残したのである。

それに比べ、現代人は、子供の時から、習い事だ、塾だ、宿題だ、予習だ復習だと忙しく、勉強嫌いなら、スマホやゲームに時間を食い尽くされてしまう。
中学からは部活・・・そうでないなら、やっぱりスマホにゲームに動画視聴(昔はテレビだった)。
本当に好きなことをやる時間が全然ない。
正直、全然知らないのだが、米津玄師さんなんて、子供の時から暇な時間がたっぷり持てる環境にあったのだと思う。
彼が、お稽古事や塾や部活に忙殺されていたら、こんなふうにはなっていなかったはずだ。

サラリーマンなんて、朝から晩まで会社に勤め、スマホやゲームを含め、他にも下らない娯楽が溢れているので、そんなもので時間を潰したら、もう何も出来ない。
休日も、エネルギーが残っていないこともあるだろうが、受け身でやれる娯楽ばかりやるようになり、何か1つくらいはあるはずの才能を伸ばす余裕はない。
職人やお店をやっている人や、その他の大半の自営業者も、身を粉にして働いても収入が低い仕組みに世の中がなってしまっていて、サラリーマンよりも厳しい状況だろう。

とにかく、何かやりたい、才能を伸ばしたい、楽しい人生にしたいなら、必要なのは時間・・・というか暇である。
小泉元総理は、サラリーマン時代、会社で仕事をしなくても給料を貰えたことについて追及されると、「人生いろいろ、会社もいろいろだ」と言ったが、結局、彼はツイてたのである。
古い話だが、大俳優だった丹波哲郎さんも、最初はサラリーマンだったが、いったん会社に出勤したら、すぐに遊びに行ってしまって会社には居らず、たっぷりある時間を使って大いに創造性を磨いたのではないかと思うが、そもそも、彼は、子供時代から好きなことをやる時間が有り余っていたのである。

学校や会社や、あるいは、家庭で、優等生になってしまっては、家畜の牛や豚、あるいは、奴隷と変わらない人生しか得られない。
偉人たちから学ぶべきことは、勉強だの修練もだが、それよりも、彼らがいかにして暇を作ったかである。
家がお金持ちであったり、ゴッホのように献身的な兄思いの弟がいたなど、恵まれていた場合もあったが、そうでない偉人もいたはずである。
だが、特に子供向けの伝記では、一番肝心な「怠け方」「押しつけの義務からの逃亡法」といった部分が省かれてしまっており、作り物の真面目人間の姿に描かれていることが多い。
とはいえ、偉人は自由を得るために戦った部分もあるのだ。アインシュタインもそうだった。
とにかく、優等生の称号など、決して決して決して求めてはならない。
学校の教師や、毎日テレビを見ているような親には怒られるようでないといけない。
また、テレビは見てはいけないし、スマホもなるべく使ってはならない。
下らない付き合いはやめ、会社では、定時になったら、他の者が忙しそうにしていても気にしながらでも帰る。
そういったことを「努力」と言うのである。








旅をした人の人生に学ぶ

人生は旅だと言うが、旅が人生だったというほど旅をした人と言えば、私は、『東方見聞録』を書いたマルコ・ポーロ(1254~1324)と、童話作家として名高いハンス・クリスチャン・アンデルセン(1805~1875)を思い出す。
マルコ・ポーロは、いかに商人とはいえ、13世紀という時代に、イタリアからアジア各地を広く旅した。ちなみに、彼は、日本のことを「黄金の国ジパング」と紹介しているが、これは、マルコ・ポーロが中国で聞いた話であって、彼が日本に来た訳ではない。
当時の旅がどんなものか想像も出来ないが、快適さとはほど遠く、言葉も法制度や風習も分からない所に、軍隊としてではなく商隊として行くのだから、度胸と言うよりも、太々しさ、楽観的な精神性が絶対に必要と思う。

アンデルセンが旅をしていたことは知らない人も多いと思うが、それは、日本では江戸時代末期で、特に日本では普通の人が趣味で旅行をすることはない時代だったと思う。
アンデルセンの場合、この「普通の人が趣味で旅行」というのが当てはまり、別に、彼が旅行をする必然性はなかった。
ただ、当時のヨーロッパでは、日本と違い、鉄道や客船も、ある程度、発達していたようである。
アンデルセンは、14歳で、故郷のオーデンセの村からコペンハーゲンに単独で出て来て、一度も故郷に帰っておらず、オーデンセを出た時は父親は既に亡くなっていたが、母親とも、それが永久の別れだった。
私もあまり覚えていないが、アンデルセンは旅行で訪れたヨーロッパの各地で、有名な文学者や音楽家と会っているし、ゲーテは既に亡くなっていたが、墓を訪れていると思う。
そして、童話と言えば、日本では、アンデルセンとグリムのものが有名だが、グリム兄弟とは会っている。ただし、グリムはアンデルセンのことは知らず、あまり友好的な会合ではなかったようである(アンデルセンは、最初はグリムに会ってもらえなかった)。
私がよく憶えているのは、アンデルセンが、スペインの神殿で、11歳位の貧しい、黒髪で盲目の少女と出会ったことだ。
アンデルセンは、髪に花を差しただけの、このボロをまとった少女のことを、「美の化身」とまで言い、その美しさに感動したようだ。
アンデルセンは、後に、自分を主人公のアントニオに投影したと思われる小説『即興詩人』を書いているが、この中に、あの少女をララという名で登場させている。
ララはやはり盲目の絶世の美少女で、アンデルセンは、あの少女に施しをしなかった(し忘れた)ことを悔んでいたのか、アントニオはララに銀貨を与えている。ただ、そのついでにララの額にキスをしたところ、ララは悲鳴を上げて逃げ去ったのだが、なぜそんなふうにしたのか謎である。

さて、私がグリム童話で最も好きなお話は『星の銀貨』だ。
『シンデレラ(サンドリヨン)』も好きだが、ほとんど同じお話がペロー童話にあるので、グリムとしては『星の銀貨』を上げたい。
『星の銀貨』は非常に短いお話で、信仰深い優しい少女が、出会う人達に請われて、自分が持っているものを次々に全て与え、丸裸になってしまうが、神が服と共に沢山の銀貨を少女に与え、少女は一生、裕福に暮らしたというものだ。
神を信じ、与えれば与えられるという、イエスも言ったことを、少女が見事に実践したのである。
ところで、アンデルセンは、自分の生涯は、神のおかげで幸福であったと言う。
アンデルセンが14歳でコペンハーゲンにやって来た時、彼は、奇跡というほどの幸運を体験している。
本来、引きこもりで女の子っぽい性格のアンデルセンが、天涯孤独で、行く当てもなくなった時、アンデルセンは、他に出来ることがなかったので、神に祈った。
すると、親切で裕福な女性達の援助が得られ、ちゃんとした生活の場が与えられた。
イエスは、「神は、働かない鳥も養う。まして、人間は鳥より値打ちがあるのだから、神が面倒を見ないはずがない。だから、生活のことで心配するな」と言ったが、これら(『星の銀貨』と少年アンデルセンの話)の話を思い出すと、本当にそうではないかと思う。
ラマナ・マハルシは、「全ては神の至高の力が動かすのだから、何をすべきか、何をすべきでないかで悩むなど、愚かなことだ。汽車に乗ってまで荷物を頭に乗せて苦労する必要はない。荷物を降ろして安心しなさい」と言った。
我々も、「神様の奇跡が起こる」と唱えて安らかでいれば良い。








おとぎ話は引き寄せの教科書

どんな国、どんな民族も、おとぎ話や神話を持つ。
おとぎ話は、教訓を伝えるものであるとか、あるいは、もっと深い人間や世界の真理が隠されているものだとも言われる。
神話や伝説に関しては、神話が伝えられなくなったら、その国や民族は滅ぶと言う人もおり、その民族を護る重要な教えが神話の中に秘められているという主張もある。
※「おとぎ話」は「日本の童話」という意味だが、ここでは、両者を区別しない。

神話となると、何か壮大なものが込められているのかもしれないが、多くの場合、おとぎ話は、引き寄せの方法を子供に教えるために作られたのである。
とはいえ、意図しておとぎ話の中に引き寄せの方法を入れたと言うよりは、自然にそうなったのであり、その分、押しつけがましさがなく、子供達は自然に引き寄せを覚えていたのである。
神話は壮大であると言ったが、むしろ、壮大な引き寄せの秘法であるかもしれない。その点、将来大物になる子供向けであるし、大人向けでもある。

幼い頃に、おとぎ話に親しんだ人は、自然に引き寄せのノウハウが身に付いており、一生、概ね安楽である。
神話に親しんだ子供は大物になる可能性が高い。
おとぎ話というのは、だいたいがハッピーエンドであるが、ハッピーエンドを導く要因がどれも美しく、その美しいものを身に付けてしまえば、人生勝ったも同然なのである。
例えば、グリムの『ヘンゼルとグレーテル』で、兄妹は、なぜ魔女に勝利出来たのだろう?
それは、妹のグレーテルが、魔女をかまどに押し込む勇気と行動によってである。
幼くて、兄を頼るだけで、自分では何も出来なかったグレーテルが、兄の助けを得られない状況で、行動を起こしたから勝利したのである。
まさに、「キャシャーンがやらねば誰がやる」である(「キャシャーン」知らない方、御免なさい)。

グリムの『星の銀貨』には、やや微妙さはあるが、別にこれを教訓として教えるのではなく、童話としてマインドを導くためのお話である。
優しい女の子が、持っているものを欲しがっている人に次々にあげ、最後には、着ている下着まであげてしまい、全てを失ったが、その時、神様が沢山の銀貨と、新しい上等の服をくれるのである。
これは、イエスの言う「与えるものは与えられる」を、自然に教えるお話である。

グリム版、ペロー版がある『シンデレラ(サンドリヨン、灰かぶり)』は、辛い状況が訪れても、耐えて真面目に務めた方が良いことを、まず教えている。
そうやって培う、忍耐、技術、要領(合理性)、礼儀などは一生の宝であり、シンデレラも、そういったものを身に付けたからこそ、美しさを引き立て、王子様の目にも留まったのである。
そして、12時までに帰らないといけないといったように、楽しむことにも制限があることを認識し、勝手きままさを抑えることが重要である。
シンデレラの足が、小さなガラスの靴に収まるほど小さいのは、足の大きさというのは、実は、放埓(ほうらつ。勝手きままなこと)さが小さいことを示しているのである。
シンデレラの義姉達は、放埓に過ごした、つまり、足が大きいので、王子様に相応しくないのである。

伝説ではなく、アンデルセン童話のように、1人の作家が作ったものにだって価値がない訳ではない。
童話の形で語られる物語は、やはり、貴重な精神法則、つまり、引き寄せのテクニックなのである。
『マッチ売りの少女』のように、あきらかに大人を含む全ての人への教訓を込めたものもあるが、それにだって深い精神法則が込められている。
それは、心が持つ驚くべき力だ。普通の人は、それを見過ごし、ないがしろにしているが、この物語を子供の時に味わった人は、そうはならないのである。
『人魚姫』では、人魚姫は髪で身体を隠す慎み深さを持ち、声を出して自己主張をせず(声を失って、話すことが出来なかったのだが)、最後は、王子様を殺すよりは自分が犠牲になった。
海の泡となった人魚姫であるが、神様によって高次の存在にされ、そして、誰からも愛される永遠の乙女になったのであり、この物語を胸に秘めている者も、そうなるのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード