ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

アンデルセン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

おとぎ話は引き寄せの教科書

どんな国、どんな民族も、おとぎ話や神話を持つ。
おとぎ話は、教訓を伝えるものであるとか、あるいは、もっと深い人間や世界の真理が隠されているものだとも言われる。
神話や伝説に関しては、神話が伝えられなくなったら、その国や民族は滅ぶと言う人もおり、その民族を護る重要な教えが神話の中に秘められているという主張もある。
※「おとぎ話」は「日本の童話」という意味だが、ここでは、両者を区別しない。

神話となると、何か壮大なものが込められているのかもしれないが、多くの場合、おとぎ話は、引き寄せの方法を子供に教えるために作られたのである。
とはいえ、意図しておとぎ話の中に引き寄せの方法を入れたと言うよりは、自然にそうなったのであり、その分、押しつけがましさがなく、子供達は自然に引き寄せを覚えていたのである。
神話は壮大であると言ったが、むしろ、壮大な引き寄せの秘法であるかもしれない。その点、将来大物になる子供向けであるし、大人向けでもある。

幼い頃に、おとぎ話に親しんだ人は、自然に引き寄せのノウハウが身に付いており、一生、概ね安楽である。
神話に親しんだ子供は大物になる可能性が高い。
おとぎ話というのは、だいたいがハッピーエンドであるが、ハッピーエンドを導く要因がどれも美しく、その美しいものを身に付けてしまえば、人生勝ったも同然なのである。
例えば、グリムの『ヘンゼルとグレーテル』で、兄妹は、なぜ魔女に勝利出来たのだろう?
それは、妹のグレーテルが、魔女をかまどに押し込む勇気と行動によってである。
幼くて、兄を頼るだけで、自分では何も出来なかったグレーテルが、兄の助けを得られない状況で、行動を起こしたから勝利したのである。
まさに、「キャシャーンがやらねば誰がやる」である(「キャシャーン」知らない方、御免なさい)。

グリムの『星の銀貨』には、やや微妙さはあるが、別にこれを教訓として教えるのではなく、童話としてマインドを導くためのお話である。
優しい女の子が、持っているものを欲しがっている人に次々にあげ、最後には、着ている下着まであげてしまい、全てを失ったが、その時、神様が沢山の銀貨と、新しい上等の服をくれるのである。
これは、イエスの言う「与えるものは与えられる」を、自然に教えるお話である。

グリム版、ペロー版がある『シンデレラ(サンドリヨン、灰かぶり)』は、辛い状況が訪れても、耐えて真面目に務めた方が良いことを、まず教えている。
そうやって培う、忍耐、技術、要領(合理性)、礼儀などは一生の宝であり、シンデレラも、そういったものを身に付けたからこそ、美しさを引き立て、王子様の目にも留まったのである。
そして、12時までに帰らないといけないといったように、楽しむことにも制限があることを認識し、勝手きままさを抑えることが重要である。
シンデレラの足が、小さなガラスの靴に収まるほど小さいのは、足の大きさというのは、実は、放埓(ほうらつ。勝手きままなこと)さが小さいことを示しているのである。
シンデレラの義姉達は、放埓に過ごした、つまり、足が大きいので、王子様に相応しくないのである。

伝説ではなく、アンデルセン童話のように、1人の作家が作ったものにだって価値がない訳ではない。
童話の形で語られる物語は、やはり、貴重な精神法則、つまり、引き寄せのテクニックなのである。
『マッチ売りの少女』のように、あきらかに大人を含む全ての人への教訓を込めたものもあるが、それにだって深い精神法則が込められている。
それは、心が持つ驚くべき力だ。普通の人は、それを見過ごし、ないがしろにしているが、この物語を子供の時に味わった人は、そうはならないのである。
『人魚姫』では、人魚姫は髪で身体を隠す慎み深さを持ち、声を出して自己主張をせず(声を失って、話すことが出来なかったのだが)、最後は、王子様を殺すよりは自分が犠牲になった。
海の泡となった人魚姫であるが、神様によって高次の存在にされ、そして、誰からも愛される永遠の乙女になったのであり、この物語を胸に秘めている者も、そうなるのである。








「終わりよければ・・・」はなかなか実現しない

小説でも映画でも、あるいは、思想書でも、素晴らしい内容なのだが、最後で駄目になってしまう作品は多いと思う。

最後が素晴らしい作品としては、映画では1953年の『宇宙戦争』(H.G.ウェルズの原作小説も同じとは思うが、記憶にない)、小説では、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』を挙げて良いと思う。
一方、ほとんどの作品は、最後で、それなりに価値を「下げる」。
そういえば、人生にしたって、最盛期が偉大であった人物ほど「晩節を汚す」と言うように、最後はなかなか立派に終われない。
いや、高校や大学の最後(あるいは、学生時代の最後)、1つの会社で勤務していた最後、結婚生活の最後、恋人時代の最後・・・全部、散々だと思わないか?
「終わりよければ全てよし」とか言うが、なかなかそうはいかない。

きっと、スタートが良ければ、多くの場合、フィナーレは駄目になる。
逆に、始まった位置が低いほど、割合にハッピーエンドになる。
最初に恵まれると、どうしても、間違えやすいのだ。

面白いのが、作品としては最後が素晴らしいが、ものごとは最後が悪くなり勝ちであることを語る作品が、アンデルセンの『モミの木』だ。
モミの木は、現状に不満を持ち、明日はもっと良くなる、素晴らしい未来が自分にはあるはずだと思ったが、状況はどんどん悪くなり、そして、悲惨な最後で終わる。
これほど洞察に満ちた作品はない。
イエス・キリストも、根本的には「今の恵みを想え」と教えた。
英国の作家・投資家のマックス・ギュンターが、『運とつきあう』の中で引用した最強の投資家が言った、投資で成功する秘訣は「欲張らないこと」だったが、それは、いかなることでも同じと考えて良いだろう。
モミの木も、欲張らなければ、いつでも幸福だったのだ。
モミの木が最後、炉の中に投げ込まれるのを悲惨と思うかもしれないし、イエスも、悪人が最後は炉に投げ込まれることを述べたが、実際には、誰でも最後は炉や海や地に入れられるのだ。
だが、ぼーっとしている者は、素粒子に乗って世界を逍遥(あちこちをぶらぶら歩くこと)する。
かつて、ソクラテスの身体を構成したことがある原子が、我々個々の身体に10万個はあるらしい。
素粒子レベルでは、もっと共有されて自由だ。
そして、素粒子の中に、超知性のエイリアンもいる。
ぼーっとしていれば、全ての知性と和し、何の問題もないだろう。








真の人生目標

ナチス強制収容所に送られながら奇跡的に生還したユダヤ人精神科医のヴィクトール・フランクルは、著書『夜と霧』で、「人間は、まともな人間とまともでない人間の2種類しかない」と述べていることは前にも書いたが、私の感覚では、世の中には、まともでない人間がひどく多い。
その中で、自分がまともな人間になることが、人生の最大の目標になった。
では、「まともな人間」とは何だろう?

「まともな人間」と「小善人」は、表面的には似ているが、根本的に違う。
共に、善いことをし、悪いことをしないよう心掛けてはいるのだが、小善人の目的は唯1つ、「保身」である。
一方、まともな人間が、なぜ善いことをし、悪いことをしないのかというと、「モラル(道徳。倫理)」のためである。
もちろん、まともな人間のモラルとは、小善人のような、保身のための、見せ掛けのモラルではない。

「まともな人間とは何か?」「モラルとは何か?」を理屈で言うのは難しいに違いない。
だが、フランクルが『夜と霧』で報告した、ナチス強制収容所という極限的に異常な場所で、被収容者側にも、ナチス側にもいた、良心を持ち続けた人達が「まともな人間」と言って間違いないと思う。
フランクル自身がまともな人間であることは『夜と霧』からも読み取れるが、今でも読まれている、旧版『夜と霧』の翻訳者、 霜山徳爾氏が、新版(池田香代子訳)で「『夜と霧』と私ーーー旧版訳者のことば」として述べていたことから、それを強く感じる。
こんな話である。
フランクルを最初に日本に招待したのは、この霜山氏であったが、霜山氏は貧しく、羽田空港にタクシーを手配出来ず、これ以上古いルノーはないという彼のルノーの助手席にフランクルを押し込んでホテルに向かう途中、霜山氏は、ルノーが故障しないよう祈り続けたと言う。
そして、霜山氏がフランクルに、車が狭くて申し訳ないと言うと、フランクルは真顔で、これだけのスペースがあれば充分だと答えた。
私は、これこそがまともな人間なのだと思った。
フランクルも生涯貧しかった。高齢になって、やっと、中古の小型車を買うことが出来たらしい。
極めて優秀な精神科医であり、世界的ベストセラーを数多く書き、世界中から招待されて講演をしていたに関わらずである。
私は、これに関し、世界的童話作家のアンデルセンが、デンマーク国王から支給されるわずかな年金で旅をしている中、切羽詰った事情から、名前は売れていたアンデルセンに資金援助を求めた人に対し、自分には人を援助するだけの資産がないことを申し訳なく思いながら話したことを思い出す。
また、真偽のほどは確認しようがないが、『ヒマラヤ聖者の生活探求』の著者ベアード.T.スポールディングは、援助を求める人に対し、即座に、持っているもの全てを与えたという話も想起する。
そして、何の根拠もないが、まともな人間は、それでも最終的には困ることはない。
ひょっとしたら、そのことは、量子物理学で科学的に説明出来るのかもしれないと思う。
既にこの世にはいないが、フランクルに友人と呼んでもらえるようになれたら、この上ない幸福であると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

アンデルセンに学ぶ

世界は変わった。
少年時代は終った。
その自覚がある者だけが、新しい世界に住む。
そこは自分の王国である。
この仮想世界・・・シミュレーテッド・リアリティの世界のモジュール(プログラムの一群)「コード:ハァルバァドゥ」があなたの意思と新しいコネクション形態を持つのだ。
コードの名前は便宜上のものなので忘れて良いが、これで、世界は意のままだし、あなたの要求は絶対になる。
要求の仕方はどうでも良いと言えば、どうでも良い。
怪獣ガメラの昭和時代の映画で、少年達が乗ったUFOは、「ホットケーキが食べたい」と言ったら、壁からホットケーキが出てきた。
ただし、「武器」とか、武器になりそうな「ナイフ」と言っても出てこない。AIがちゃんと制御しているのだ。
あなたの新しい世界も、多少、そんなところがあり、「ハーレム」とか言っても、なかなかハーレムにならない。

新しい世界では、早く目標を持つことが大事なのだが、イチローが子供達に「早く夢を見つけろ」と言って、「じゃあ、野球選手になる」と応じるようじゃあ駄目なんだ。
「女優になりたい」「プロレスラーになりたい」「YouTuberになりたい」といった、子供の夢からは卒業しなければならない。
もちろん、そんなものになって、正しい意味で成功する者もいるが、それは、そんな心構えがある人だけだ。
あなたが女優になったり、YouTuberになって、誰が喜ぶかということだ。
ハンス・クリスチャン・アンデルセンだって、最初は俳優や歌手を目指したのだ。
趣味で人形の洋服を縫いながらね。
だが、とても苦しい学生時代に耐え抜き、作家の才能を育て、お金持ちではなかったが、国家から生涯支給される年金で、一生、旅をしながら作品を作り続けた。
彼は、家庭環境のせいで、心に逸脱を抱えていた。
彼は、それを、自分では治すことが出来なかったが、治す方法は童話で後世に伝えたのだ。
そして、彼は、自伝には書いていないが、呪文を唱えていたはずだ。
「大丈夫、絶対夜明けが来る」ってね。
いや、そんな言葉で常に神に祈ったとは書いていて、それが有効だったと認めてはいるので、同じことなのだが、科学的でなかったので、少々苦労が多かった。
新しい精神科学の研究によっても、呪文を唱えていることに気付かなかった成功者、勝利者が多いのだ。
だが、時代は変わったのだから、意識的に呪文を唱えれば良い。
それこそ、「女優になります」と、感情を込めず、されど丁寧に、心の中でずっと唱え続ければ女優になれる。
だが、いつか、自分が女優向きでないと悟って、呪文が続かなくなることもある。
それはそれで良いことなのだが、時間の無駄で、下手に、親に食べさせてもらえる環境にいたら、そのまま過ごして、本当のスタートが30歳とか40歳、あるいは、もっと後になってしまうのである。
その目標が、どれだけの人を救うかを考えなければならない。
それを考えられないうちは、まだ幼いのだということだ。
アリス(『神様のメモ帳』のヒロイン)も、イーロン・マスク(テスラやスペースXのCEO)は、子供の時から、世界を救う責任は自分にあると思っていたのだ。

「僕は仏陀だ」と、感情を込めず、けれども丁寧に、心で何度も唱えれば、自分の立場で仏陀がすることをするようになる。
そうすれば、自ずとうまくいくであろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

新しい世界の始め方

あなたの人生は辛かった。
しかし、醜いアヒルの子の時代は終わる。
『BEATLESS』で、リョウがアラトに、
「人類を終わらせる気か?」
と言った時、アラトは、
「人類が終わるんじゃない。人類の少年時代が終わるんだ」
と応えたのと同じだ。
世界は変わる。
あなたの王国が始まるのだ。

あなたが何かに注意を向け、勝利の言葉を唱えると、「力」があなたに味方し、全てが回り出すだろう。
勝利の言葉は、感情を込めず、ゆっくり丁寧に唱えることだ。
無表情に、呼吸は静かなままで、心の中で、呪文を唱える。
ただ、喜びが湧き上がるなら、そのままにすれば良い。

醜いアヒルの子は、何て言ったっけ?
ハンス・クリスチャン・アンデルセンの醜いアヒルの子っぷりは半端でなかった。
アヒルの子は、美しい白鳥に「僕を殺して下さい」と言ったのだ。
醜いアヒルの子の新しい世界には、醜いアヒルの子だった僕はいない。
古い世界は終り、あなたの王国が始まる。
終わった。
はい、お疲れ様。
これからは、新しい世界の支配者として語るのだ。
「僕は仏陀だ」
「私の要求は絶対だ」
「世界は意のままだ」
「私が良いと言えばそれが価値になる」
とりあえず、無表情に、王の顔で、呼吸を整え、心の中で言えば良い。
声で言うまでもないことだからだ。
感情を込めて言うと、ただの誇大妄想狂、阿呆である。
キリストは、生きている間、特に故郷では尊敬されなかった。
だが、仏陀は、国王すら平伏した。
自分が仏陀であることを忘れないことだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード